議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 筑西市

平成25年  6月 定例会(第2回) 06月05日−議長選挙・副議長選挙−01号




平成25年  6月 定例会(第2回) − 06月05日−議長選挙・副議長選挙−01号







平成25年  6月 定例会(第2回)





                 平成25年第2回
              筑西市議会定例会会議録 第1号

平成25年6月5日(水) 午前10時06分開会
                                 
       平成25年第2回筑西市議会定例会議事日程 第1号 
                        平成25年6月5日(水)午前10時開会
第1 会期の決定
第2 常任委員会委員の選任
第3 議会運営委員会委員の選任
第4 選挙第 2号  筑西広域市町村圏事務組合議会議員の選挙について
第5 選挙第 3号  筑西市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について
第6 議案第42号  公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて
第7 議案第43号  教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて
   議案第44号  教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて
   議案第45号  教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて
                                     (以上3案一括上程)
第8 議案第46号  財産の取得について
    議案第47号  筑西市特別職の職にある者で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について
   議案第48号  筑西市老人福祉センター条例の一部改正について
   議案第49号  筑西市協和ふれあいセンター条例の全部改正について
   議案第50号  筑西市あけの元気館条例の全部改正について
   議案第51号  筑西市立図書館条例の全部改正について
   議案第52号  平成25年度筑西市一般会計補正予算(第2号)
   議案第53号  平成25年度筑西市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
   議案第54号  平成25年度筑西市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
   議案第55号  平成25年度筑西市水道事業会計補正予算(第1号)
                                     (以上10案一括上程)
第9 請願第 2号  年金2.5%の削減中止を求める請願
   請願第 3号  TPPへの参加に反対する請願
   請願第 4号  国益に反するTPPに参加しないことを求める請願
                                     (以上3件一括上程)
                    
本日の会議に付した案件
 日程第1 会期の決定
 追加日程第1 議長の辞職について
 追加日程第2 選挙第4号  議長の選挙について
 追加日程第3 副議長の辞職について
 追加日程第4 選挙第5号  副議長の選挙について
 日程第2 常任委員会委員の選任
 日程第3 議会運営委員会委員の選任
 日程第4 選挙第 2号  
 日程第5 選挙第 3号  
 日程第6 議案第42号
 日程第7 議案第43号ないし議案第45号
 日程第8 議案第46号ないし議案第55号
 日程第9 請願第2号ないし請願第4号
                                
出席議員
   1番 保坂 直樹君     2番 小島 信一君     3番 田中 隆徳君
   4番 稲川 新二君     5番 大嶋  茂君     6番 増渕 慎治君
   7番 津田  修君     8番 内田 哲男君     9番 仁平 正巳君
   10番 塚原 鉄雄君     11番 石島 勝男君     12番 加茂 幸恵君
   13番 真次 洋行君     14番 尾木 恵子君     15番 外山 壽彦君
   16番 堀江 健一君     17番 藤川 寧子君     18番 秋山 恵一君
   19番 赤城 正?君     20番 箱守 茂樹君     21番 齊藤  晃君
   22番 榎戸甲子夫君     23番 三浦  譲君     24番 鈴木  聡君
                                 
欠席議員
   な し
                                 
説明のため出席した者
   市長        須藤  茂君      教育長       上野  怜君
   市長公室長     稲見  猛君      総務部長      佐藤 千明君
   企画部長      小堀 幹也君      税務部長      濱野 京一君
   市民環境部長    中里  仁君      健康増進部長    鈴木 重衛君
   福祉部長      嶋田 則夫君      経済部長      市塚 克己君
   土木部長      小島 一夫君      上下水道部長    鈴木 敏雄君
   会計管理者     北條 洋子君      市民病院事務部長  菊地 達也君
   教育次長      佐藤  宏君      農業委員会事務局長 川澄 啓一君
   秘書課長      稲見 浩之君
                                 
議会事務局職員出席者
   事務局長      星野  豊君      書記        國府田 弘君
   書記        岩岡 和宏君





○議長(堀江健一君) 開会に先立ちまして、全国市議会議長会及び茨城県市議会議長会から、永年勤続議員の表彰がございましたので、その伝達式をただいまより行います。

 受賞者につきましては、事務局に発表いたさせます。

 星野議会事務局長。



◎議会事務局長(星野豊君) 全国市議会議長会から、外山壽彦議員、加茂幸恵議員、真次洋行議員に、また茨城県市議会議長会から、津田修議員、増渕慎治議員に永年勤続議員の表彰がございました。

 初めに、全国市議会議長会からの表彰でございます。なお、真次洋行議員が受賞を辞退されておりますので、外山壽彦議員と加茂幸恵議員への表彰伝達といたします。

 外山議員、ご用意をお願いいたします。演壇前にお越しください。



○議長(堀江健一君) 

     表  彰  状

  筑西市 外 山 壽 彦 殿

 あなたは市議会議員として10年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第89回定期総会にあたり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成25年5月22日

                        全国市議会議長会

                             会長 佐 藤 祐 文(代読)

 おめでとうございます。

          (拍手)



◎議会事務局長(星野豊君) 加茂議員、ご用意をお願いいたします。演壇前にお越しください。



○議長(堀江健一君) 

     表  彰  状

  筑西市 加 茂 幸 恵 殿

 あなたは市議会議員として10年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第89回定期総会にあたり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成25年5月22日

                        全国市議会議長会

                             会長 佐 藤 祐 文(代読)

 おめでとうございます。

          (拍手)



◎議会事務局長(星野豊君) 次に、茨城県市議会議長会からの表彰でございます。

 津田議員、ご用意をお願いいたします。演壇前にお越しください。



○議長(堀江健一君) 

     表  彰  状

  筑西市議会議員 津 田   修 殿

 あなたは市議会議員の職にあること8年、熱誠地方自治の伸張発展に尽瘁し、市政の向上振興に貢献された功績はまことに顕著であります。よって、ここに表彰します。

 平成25年4月22日

                        茨城県市議会議長会

                             会長 渡 辺 政 明(代読)

 おめでとうございます。

          (拍手)



◎議会事務局長(星野豊君) 増渕議員、ご用意をお願いいたします。演壇前にお越しください。



○議長(堀江健一君) 

     表  彰  状

  筑西市議会議員 増 渕 慎 治 殿

 あなたは市議会議員の職にあること8年、熱誠地方自治の伸張発展に尽瘁し、市政の向上振興に貢献された功績はまことに顕著であります。よって、ここに表彰します。

 平成25年4月22日

                        茨城県市議会議長会

                             会長 渡 辺 政 明(代読)

 おめでとうございます。

          (拍手)



◎議会事務局長(星野豊君) これをもちまして、表彰状伝達式を終わります。

 まことに、おめでとうございました。

                                          

          〔議長 堀江健一君議長席に着く〕



○議長(堀江健一君) これより平成25年第2回筑西市議会定例会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は24名であります。よって、会議は成立いたしております。

 これより本日の会議を開きます。

 まず、会議規則第81条の規定により、会議録署名議員に6番 増渕慎治君、21番 齊藤晃君を指名いたします。

 次に、報告事項を申し上げます。地方自治法第121条第1項の規定に基づく出席要求による出席者及び事務局職員出席者は、お手元に配付した文書のとおりであります。

 議長会等の報告については、お手元に配付した文書のとおりであります。

 監査委員から例月出納検査の結果について報告がありましたので、その写しをお手元に配付いたしました。

 本定例会に提出する議案につきましては、市長から既に送付されております。

                                          

                                      筑総務第40号

                                      平成25年6月5日

筑西市議会議長 堀 江 健 一 様

                               筑西市長   須 藤   茂

       平成25年第2回筑西市議会定例会提出議案等の送付について

 平成25年第2回筑西市議会定例会に、別記議案等を提出するため、別添のとおり送付します。

  別   記

        市長提出議案等目録(平成25年第2回筑西市議会定例会)             

 議案第42号   公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて            

 議案第43号   教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて            

 議案第44号   教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて            

 議案第45号   教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて            

 議案第46号   財産の取得について                            

 議案第47号   筑西市特別職の職にある者で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部

          改正について                               

 議案第48号   筑西市老人福祉センター条例の一部改正について               

 議案第49号   筑西市協和ふれあいセンター条例の全部改正について             

 議案第50号   筑西市あけの元気館条例の全部改正について                 

 議案第51号   筑西市立図書館条例の全部改正について                   

 議案第52号   平成25年度筑西市一般会計補正予算(第2号)               

 議案第53号   平成25年度筑西市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)        

 議案第54号   平成25年度筑西市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)       

 議案第55号   平成25年度筑西市水道事業会計補正予算(第1号)             

                                          



○議長(堀江健一君) また、本日の日程は、お手元に配付した日程表のとおりであります。

 次に、議会運営委員長に議会運営委員会の協議結果についての報告をお願いいたします。

 議会運営委員長 榎戸甲子夫君。

          〔議会運営委員長 榎戸甲子夫君登壇〕



◆議会運営委員長(榎戸甲子夫君) 議会運営委員会の結果についてご報告をいたします。

 円滑な議会運営を図るべく、去る5月31日、午前10時から当委員会を正副議長室に招集し、正副議長出席のもと開催をいたしました。慎重に審査した結果、次のとおり決定いたしましたので、ご報告をいたします。

 初めに、会期でございますが、6月5日から6月18日までの14日間といたします。

 次に、今議会の日程については、5日は開会、議案上程、説明、質疑、採決。請願の委員会付託。

 7日、10日、11日、12日は、一般質問。

 13日は、議案質疑。議案の委員会付託。

 14日は、常任委員会。

 18日は、委員長報告、質疑、討論、採決、閉会。

 なお、6日、8日、9日、15日、16日、17日は休会といたします。

 次に、議案外報告4件提出されておりますが、申し合わせにより繰越明許費繰越計算書等の3件は説明を省略し、継続費繰越計算書について説明を受けることとなりました。

 次に、議案質疑を予定されている議員は、事務局で聞き取りを行いますので、明日6月6日、午後3時までに通告願います。

 なお、本会議での議案質疑は、申し合わせにより、常任委員会での審査が可能な議案への質疑は、極力控えていただきますようご協力をお願いいたします。

 以上、これら決定事項を遵守され、円滑なる議会運営にご協力をお願いし、委員長報告を終わります。



○議長(堀江健一君) これより議事日程に入ります。

 日程第1 「会期の決定」についてを議題といたします。

 お諮りいたします。今定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり本日から6月18日までの14日間といたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(堀江健一君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は14日間と決定いたしました。

 なお、今後の日程は、後刻文書をもって配付いたさせたいと存じます。

 この際、市長より発言を求められておりますので、これを許します。

 須藤市長。

          〔市長 須藤 茂君登壇〕



◎市長(須藤茂君) 皆さん、おはようございます。

 平成25年第2回筑西市議会定例会の開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 4月24日に市長に就任いたしまして、約1か月半が経過しようとしております。この間、無我夢中で公務に邁進してまいりましたが、厳しい財政状況、山積する問題の実態に触れ、改めてその責任の重大さを痛感しているところでございます。

 平成17年3月の合併により「筑西市」が誕生してから8年が経過いたしました。限られた税源の中で将来を見据えた市政運営をするためには、新たな手法、新たな分野に挑戦する力が求められています。私は、市民の皆様が夢と希望を持って、心から住んで良かったと思える「筑西市」の実現に向け、チャレンジ精神を持って力の限り頑張ってまいりますので、議員皆様のご理解と力強いご支援を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

 まず、市政運営の基本方針について申し上げます。

 私の市政運営の基本方針は、『市民が主役の安心・安全なまちづくり』でございます。市政は市民のためのものであり、主役は市民の皆様です。私は、市民の皆様が心豊かに安心して安全に暮らせる「筑西市」を創るため、市民の皆様、そして議員の皆様のご意見を幅広くお聞きし、また、十分に議論を尽くすことにより市政を進めてまいります。

 次に、新中核病院について申し上げます。

 5月21日の市議会臨時会におきましてご説明申し上げましたとおり、「建設推進会議」を立ち上げるため、5月31日に本市と桜川市の市長及び議長の4者会談を行ったところでございます。「建設推進会議」の立ち上げの合意までには至りませんでしたが、お互いの主張を述べ、再度、早急に4者会談の実施を申し入れたところでございます。

 地域医療再生臨時交付金の活用期限が迫っておりますので、今後も桜川市に対し、有識者を交えた協議の場を持てるよう、誠心誠意伝えてまいりたいと考えております。

 次に、企業誘致について申し上げます。

 近年、本市は若者の流出などによる人口減少が顕著となっており、人口減少対策が急務となっております。市民の雇用機会の拡大や、税収増による自主財源の確保、さらなる本市経済の活性化を図るため、企業誘致活動を積極的に推進してまいります。企業誘致活動を専門とする「企業誘致推進室」を企画部内に新たに設置したところでございますが、私自身が先頭に立ち、企業や研究機関の誘致に全力で取り組んでまいります。

 次に、スピカビルの活用について申し上げます。

 スピカビルの有効活用に関しましては、本庁舎機能の移転を基本とし、まずは、市民の皆様や職員の安全を早急に確保する対策を考えているところでございます。

 今後につきましては、本庁舎機能移転と併せて、各フロアの利活用計画や管理体制等について調査、検討を重ねてまいりたいと考えております。

 続きまして、今年度の主な事務事業の進捗状況等についてご報告を申し上げます。

 初めに、ご当地ナンバープレート作成事業について申し上げます。

 昨年、市の魅力をアピールでき、世代を問わず広く愛されるマスコットキャラクターとして「ちっくん」が誕生しました。同年11月には、「ちっくん」の着ぐるみも完成し、様々なイベント等に参加し、好評をいただいているところでございます。

 今年度は、走る広告塔として市のイメージアップを図るため、50ccの原動機付自転車のナンバープレートに「ちっくん」をデザインし、8月1日から申請者に交付することとなりました。今月の14日から28日までの間、希望ナンバーを募集いたしますので、この機会にぜひご利用いただけますようお願い申し上げます。

 次に、風しんワクチンの予防接種事業について申し上げます。

 今年に入り、首都圏を中心に風しんが流行しております。茨城県におきましても、風しん患者数が急増しており、茨城県健康危機管理対策室によりますと、5月26日時点の患者数は、81人に達しております。

 妊婦、特に妊娠初期の女性が風しんにかかりますと、胎児にも感染し、生まれてくる赤ちゃんが、難聴、心疾患、白内障、精神運動発達遅滞などの「先天性風しん症候群」を発症する場合があります。しかし、風しんの予防接種を受けることにより、この「先天性風しん症候群」の発症を予防することができます。

 そこで今年度は、妊婦や赤ちゃんを守るために妊娠を希望する女性や妊婦の配偶者等に対しまして、予防接種費用の一部を助成してまいります。今議会に関連する補正予算議案を提出してございますので、ご賛成賜りますようお願いいたします。

 次に、人間ドック・併診ドック健診費助成事業について申し上げます。

 生活習慣の変化などにより、本市におきましても糖尿病などの生活習慣病又はその予備群と診断される方が近年増加しております。生活習慣病は、自覚症状がないため、早い段階で自分の体の変化に気づくことが大切だと言われております。そこで、国民健康保険及び後期高齢者医療保険の被保険者に対しまして、健康の保持増進を図るため、従来からの脳ドックの助成に追加いたしまして、人間ドック及び併診ドックにつきましても健診費用の一部を助成し、疾病の早期発見と早期治療を促進してまいります。

 次に、農業の振興について申し上げます。

 本市の農作物につきましては、梨、こだますいか、きゅうり、小菊が銘柄産地に指定され、トマト、いちご、にらが銘柄推進産地に指定されております。現在、これらの青果物等は、激しい産地間競争を繰り広げております。この産地間競争を勝ち抜くために、支援を行うとともに、県内外に積極的にPR活動を行い、銘柄産地としての維持拡大を図ってまいります。

 また、農業従事者の高齢化、後継者不足が深刻化する現在、新規就農者の確保が重要となってまいりますので、圃場整備事業や農地の集約及び効率化を図り、農業経営の安定、合理化を進めてまいりながら、新規就農者に対する就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、就農総合支援を行ってまいります。

 水田農業に関しましては、転作促進事業として、米殻の需給及び価格の安定を図るため、生産調整の円滑な推進に取り組むとともに、転作作物の生産振興を図ってまいります。また、昨年度までの「農業者戸別所得補償制度」が、今年度から「経営所得安定対策」と、名称の変更や制度の見直しが見込まれます。この事業の円滑な実施に向け、関係団体と連携しながら、農家の皆様への制度内容の周知徹底を図ってまいります。

 次に、地籍調査事業について申し上げます。

 地籍調査事業につきましては、旧下館市内について平成7年度から国土調査法に基づき実施しているところであります。

 計画面積42.15平方キロメートルのうち、平成24年度末で9.74平方キロメートルの現地調査を完了し、進捗率は約23.1%であります。今年度の事業におきましては、西方5地区0.35平方キロメートルの地籍調査と川島B1地区の地籍簿・地積図の閲覧及び川島A3地区、西方3地区、西方4地区の認証登録事業を実施いたします。

 次に、住宅リフォーム助成事業について申し上げます。

 今年度の住宅リフォーム助成事業につきましては、4月の受付開始から現在まで30件の申請があったところでございます。今後、さらに申請が増える見込みであり、住宅リフォームによる市内事業者への経済効果に好影響を与えるとともに、快適な生活住環境の創出にも寄与しているものと考えているところでございます。

 次に、商店街活性化事業について申し上げます。

 日本ハムファクトリー株式会社や同社の関連施設である下館工房、あぐりパーク筑西などを訪れる県内外の来訪者を市内の商店街に誘導し、市内滞留型の集客を図り、交流人口の増加を目指すため、相互に連携しながらPR冊子等の無料配布を実施し、商業の振興を促進してまいります。また、業種を超えて組織するグループ等が、自ら商店街活性化のために行う事業につきましても、継続して支援してまいります。

 次に、消費者行政活性化事業について申し上げます。

 本市の消費生活センターでは、月曜日から金曜日までの間、消費者が抱える問題につきまして、消費者の立場に沿ったきめ細かい対応を心がけ、相談に応じております。

 昨今、社会問題となっている多重債務者の救済等につきましても、関係機関と連携を図りながら、早期発見・早期解決に努めているところでございます。今年度は、国の基金を活用した事業を予定しており、農作物の風評被害による消費低迷を解消するため、安心・安全な商品のPRなどのイベントや啓発活動を実施してまいります。

 次に、観光事業について申し上げます。

 夏の訪れとともに、各地域で筑西市を代表するイベントが開催されます。まず、7月25日から28日まで「下館祇園まつり」が行われます。また、27日には「わっしょいカーニバル」が開催され、大人神輿、子ども神輿に加え山車も繰り出して、下館駅周辺は祇園まつり一色になります。8月3日には「灯ろう流し」、4日には「川島地区花火大会」、15日・16日には「下館盆踊り大会」、さらに17日には「小貝川花火大会」25日には「どすこいペア」、8月31日から9月8日までは「ひまわりフェスティバル」が開催されます。市内外から多くのお客様にご来場いただき、楽しんでいただけますよう、市民の皆様とともに大いに盛り上げていただきたいと存じます。

 次に、河間北部地区農業集落排水建設事業について申し上げます。

 農業用排水の水質保全や農村生活環境の改善を図るため、今年度から河間北部地区農業集落排水建設事業に着手いたします。受益面積28ヘクタール、対象戸数が225戸、総事業費15億円余を見込み、完成は平成30年度を予定しております。

 次に、しもだて美術館の企画展について申し上げます。

 6月8日から7月28日まで、「笑う花・遊ぶ鬼―左時枝 市田喜一 二人展」を開催いたします。映画・テレビ・舞台で活躍する女優の左時枝さんは、花を大胆に表現する油彩画を描き続け、またその夫であり舞台美術やデザイナーとして著名な市田喜一さんは、ユーモラスな表情あふれる鬼たちの版画や鳥のオブジェを製作しています。この展覧会は、お二人の作品約100点を紹介し、企画展初日の6月8日にはトークショーも開催いたします。

 最後に、今議会への提出議案等について申し上げます。

 人事議案が4件、財産取得議案が1件、条例議案が5件、補正予算議案が4件、議案外報告が4件でございます。

 議案等の内容及び提案理由など詳細につきましては、各担当者が御説明いたしますので、十分御審議の上、賛成賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(堀江健一君) 暫時休憩いたします。



                                休  憩 午前10時30分

                                              

                                再  開 午前10時41分





○副議長(尾木恵子君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 地方自治法第106条第1項の規定により議長席を交代いたしました。

 ただいま議長 堀江健一君から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。この際、議長の辞職についてを日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(尾木恵子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

 追加日程第1 「議長の辞職について」を上程いたします。

 地方自治法第117条の規定により堀江健一君の退席を求めます。

          〔16番 堀江健一君退席〕



○副議長(尾木恵子君) それでは、議長 堀江健一君から提出されました辞職願を朗読いたさせます。

 星野議会事務局長。



◎議会事務局長(星野豊君) 

                                          

                辞   職   願

 今般、一身上の都合により議長を辞職したいから許可されるよう願い出ます。

                             平成25年6月5日

                              筑西市議会議長 堀江健一

 筑西市議会副議長 尾木恵子殿

                                          



○副議長(尾木恵子君) お諮りいたします。

 堀江健一君の議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(尾木恵子君) ご異議なしと認めます。

 よって、堀江健一君の議長の辞職を許可することに決しました。

 堀江健一君の除斥を解きます。

          〔16番 堀江健一君入場〕



○副議長(尾木恵子君) それでは、堀江健一君のご挨拶をお願いいたします。

          〔16番 堀江健一君登壇〕



◆16番(堀江健一君) このたび一身上の都合によりまして議長職を辞職いたしたいと存じますので、一言ご挨拶を申し上げます。

 私は、平成23年5月18日の臨時会におきまして、議員の皆様の選任を受け、第7代目の議長として拝命をさせていただきました。そして、あれからきょうまで2年間、故前百目鬼晋副議長、そして現の尾木恵子副議長を初め、各議員さん、そして須藤市長を初めとする執行部の皆様方の温かいご支援、ご協力によりまして、筑西市議会議会運営、そして筑西市発展のために微力ながら議長職の責務を全うしてきたと思っております。

 この2年間の間には、私のよいこと、悪かったこと、いろいろありますけれども、その思い出を2つや3つちょっと話してみたいと思います。

 まず、一昨年の未曽有の東日本の大震災、原発事故によりまして、当市も公共施設やライフライン、また民家の皆様方の屋根の落石や塀の倒壊など甚大な被害があったわけでございます。その復旧・復興に市当局は全力を挙げて傾注してまいりました結果、ようやくここに来て落ちつきを取り戻してきているわけでございますけれども、しかしながら公共施設や風評被害などまだまだ残っていて、完全復旧には至っておらないわけでございます。

 また、我が筑西市の最大の懸案事項でございます市民の皆様方の健康と命を守るべく、新中核病院につきましては、皆さんご承知のとおりでありますし、私といたしましても水面下で非公式に桜川の市長並びに議長と何度か会談をさせていただきましたけれども、私の力不足で、残念ながら建設推進会議を立ち上げることができなかったことは、市民に対しましても、私といたしましても非常に残念でありまして、心残りの1つでもございます。

 しかしながら、前市長の独断と偏見の独裁政治から市民を主役としたガラス張りの市政を掲げて新須藤市長を誕生させたことは、我々与党にとって大きな誇りであり、これからの筑西市民のためにも大いに有意義なことではなかったかと思っております。どうか須藤新市長におかれましては、今後、筑西市民の11万市民の皆さんが、先ほど招集の挨拶にもあったように、安全で安心して、そして心豊かに、筑西市に住んでいてよかったなと、そういったまちづくりを市民の皆さんと議会と執行部が一体となって邁進していただけるようお願いをいたしたいと存じます。

 いずれにいたしましても、この2年間、私も皆さんのご協力いただきながら、いろいろ勉強したり経験をさせていただきました。ですから、今後、私もこの議会運営、そして筑西市発展のために、微力ながら皆さんとともに今後ともその経験を生かして努力していきたいと存じますので、どうか皆さん方のさらなるご指導をお願いしたいと思います。

 結びといたしまして、筑西市議会、そして須藤丸のますますのご繁栄と、そして議員各位また執行部の皆様方の今後のご健勝、ご活躍、ご多幸をあわせてご祈念申し上げまして、大変粗辞ではございますけれども、私の辞職の御礼にかえさせていただきます。

 本当に2年間ありがとうございました。(拍手)



○副議長(尾木恵子君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(尾木恵子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長の選挙を日程に追加することに決しました。

 追加日程第2 選挙第4号「議長の選挙」を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(尾木恵子君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については、副議長において指名することにいたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(尾木恵子君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長において指名することに決しました。

 議長に、19番 赤城正?君を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま副議長において指名いたしました赤城正?君を議長の当選人と定めることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(尾木恵子君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました赤城正?君が議長に当選されました。

 ただいま当選されました赤城正?君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 議長 赤城正?君のご挨拶をお願いいたします。

          〔19番 赤城正?君登壇〕



◆19番(赤城正?君) ただいまは全議員の皆さんのご支持を賜り、指名推選によりまして当選させていただきました。まことにありがとうございます。

 筑西市は、東に男体、女体の山々を臨み、豊かな自然と美しい環境、文化、歴史、伝統、産業など、特に農業におきましては、特産品にすぐれたまちであります。だが、救急医療問題、スピカビル問題、人口減少問題、少子化、子育て支援や高齢者福祉、産業の振興と雇用の促進など問題が山積しております。

 筑西市議会は、10万6,000余の市民の意見を集約して市政に反映し、これらの課題を解決に導く使命を負っております。議会としてその政策形成機能を発揮していかなくてはなりません。

 私は、当議会が効率的で建設的な論議を重ねて、その権利と能力が発揮できますよう、微力ではありますが、公正・中立・民主的な議会運営に全力で努めてまいりたい、こう思っております。議員の皆様のご理解とご支援をお願いするものであります。

 それと、須藤市長初め執行機関の皆さん、緊張の中に理解と信頼関係を持って、お互いに切磋琢磨し合い、市民の皆さんの福祉の向上と市勢発展が実現できますよう論議を尽くしてまいりたい。

 そして、市長が掲げる市民が主役の安心・安全なまちづくりを推進してまいりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 最後に、議長当選のお礼を重ねて申し上げまして、ご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○副議長(尾木恵子君) 赤城議長、議長席にお着き願います。

          〔議長 赤城正?君議長席に着く〕



○議長(赤城正?君) それでは、書類整理のため暫時休憩いたします。



                                休  憩 午前10時57分

                                              

                                再  開 午前11時 9分





○議長(赤城正?君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 ただいま副議長 尾木恵子君から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。この際、副議長の辞職についてを日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決しました。

 追加日程第3 「副議長の辞職について」を上程いたします。

 地方自治法第117条の規定により尾木恵子君の退席を求めます。

          〔14番 尾木恵子君退席〕



○議長(赤城正?君) それでは、副議長 尾木恵子君から提出されました辞職願を朗読いたさせます。

 星野議会事務局長。



◎議会事務局長(星野豊君)  

                                          

                辞   職   願

 今般、一身上の都合により副議長を辞職したいから許可されますよう願い出ます。

                            平成25年6月5日

                             筑西市議会副議長 尾木恵子

 筑西市議会議長 赤城正?殿

                                          



○議長(赤城正?君) お諮りいたします。

 尾木恵子君の副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認めます。

 よって、尾木恵子君の副議長の辞職を許可することに決しました。

 尾木恵子君の除斥を解きます。

          〔14番 尾木恵子君入場〕



○議長(赤城正?君) 尾木恵子君のご挨拶をお願いいたします。

          〔14番 尾木恵子君登壇〕



◆14番(尾木恵子君) このたび私の一身上の都合によりまして副議長を辞職させていただきました。思い返せば昨年の第1回定例会におきまして、故百目鬼副議長の後を受け、皆様からご推挙いただきまして、第8代の副議長とさせていただきました。この1年3カ月の間、本当に微力ではありましたが、皆様の心からのご協力をいただきながら、無事今日まで副議長を務めることができました。本当にありがとうございました。

 今後とも本当に、まだまだ未熟ではありますけれども、経験を生かしながら筑西市発展のためにしっかりと頑張ってまいりますので、今後ともご指導、ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 本当にありがとうございました。(拍手)



○議長(赤城正?君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長の選挙を日程に追加することに決しました。

 追加日程第4 選挙第5号「副議長の選挙」を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議あり」「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) それでは、ご異議がございますので、選挙の方法は投票によることにいたします。

 議場の閉鎖を命じます。

          〔議場閉鎖〕



○議長(赤城正?君) ただいまの出席議員は24名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

          〔投票用紙配付〕



○議長(赤城正?君) 投票用紙の配付漏れはございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

          〔投票箱点検〕



○議長(赤城正?君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 点呼を命じます。

 星野議会事務局長。

          〔事務局長点呼・投票〕



◎議会事務局長(星野豊君) 

    1番 保坂 直樹君   2番 小島 信一君   3番 田中 隆徳君

    4番 稲川 新二君   5番 大嶋  茂君   6番 増渕 慎治君

    7番 津田  修君   8番 内田 哲男君   9番 仁平 正巳君

   10番 塚原 鉄雄君  11番 石島 勝男君  12番 加茂 幸恵君

   13番 真次 洋行君  14番 尾木 恵子君  15番 外山 壽彦君

   16番 堀江 健一君  17番 藤川 寧子君  18番 秋山 恵一君

   19番 赤城 正?君  20番 箱守 茂樹君  21番 齊藤  晃君

   22番 榎戸甲子夫君  23番 三浦  譲君  24番 鈴木  聡君

 以上でございます。



○議長(赤城正?君) 投票漏れはございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕



○議長(赤城正?君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に16番 堀江健一君、18番 秋山恵一君を指名いたします。

 よって、2名の立ち会いを願います。

          〔開  票〕



○議長(赤城正?君) 選挙の結果をご報告いたします。

 投票総数24票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち

  有効投票        22票

  無効投票        2票

 有効投票中

  藤 川 寧 子 君   8票

  真 次 洋 行 君   7票

  塚 原 鉄 雄 君   7票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は6票であります。

 よって、藤川寧子君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました藤川寧子君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 副議長、藤川寧子君、ご挨拶をお願いいたします。

          〔17番 藤川寧子君登壇〕



◆17番(藤川寧子君) ただいまは副議長に選任いただきまして、ありがとうございました。

 議長の支えをするのは当然のことながら、これからの筑西市発展のために、議長に相談しながら、さらなる議会改革とそして皆様の議員活動の充実のために下支えをさせていただきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。(拍手)



○議長(赤城正?君) 次に、日程第2 「常任委員会委員の選任」を行います。

 常任委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたします。

 まず、総務企画委員会の委員に、1番 保坂直樹君、2番 小島信一君、4番 稲川新二君、8番 内田哲男君、14番 尾木恵子君、15番 外山壽彦君、22番 榎戸甲子夫君、23番 三浦譲君、以上8名であります。

 福祉文教委員会の委員に、3番 田中隆徳君、5番 大嶋茂君、6番 増渕慎治君、9番 仁平正巳君、11番 石島勝男君、12番 加茂幸恵君、13番 真次洋行君、18番 秋山恵一君、以上8名であります。

 経済土木委員会の委員に、7番 津田修君、10番 塚原鉄雄君、16番 堀江健一君、17番 藤川寧子君、19番 赤城正?、20番 箱守茂樹君、21番 齊藤晃君、24番 鈴木聡君、以上8名です。

 それぞれの常任委員会の委員に選任いたします。ただいま選任されました各委員の方は、それぞれ各委員会室において常任委員会を開いていただき、委員長、副委員長を互選して議長までご報告願います。

 その間、暫時休憩いたします。



                                休  憩 午前11時28分

                                              

                                再  開 午前11時46分





○議長(赤城正?君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 各常任委員会の正副委員長の報告をいたさせます。

 星野議会事務局長。



◎議会事務局長(星野豊君) ご報告いたします。

 総務企画委員会委員長、外山壽彦君、副委員長、内田哲男君。

 福祉文教委員会委員長、石島勝男君、副委員長、加茂幸恵君。

 経済土木委員会委員長、津田修君、副委員長、齊藤晃君。

 以上でございます。



○議長(赤城正?君) 次に、日程第3 「議会運営委員会委員の選任」を行います。

 議会運営委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名いたします。

 議会運営委員会の委員に、7番 津田修君、8番 内田哲男君、13番 真次洋行君、16番 堀江健一君、18番 秋山恵一君、21番 齊藤晃君、22番 榎戸甲子夫君、23番 三浦譲君、以上8名を選任いたします。

 ただいま選任されました委員の方は、議会運営委員会を開いていただき、委員長、副委員長を互選して議長までご報告願います。開催場所につきましては、正副議長室にてお願いいたします。

 次に、広報委員会の報告を行います。広報委員会は、会議規則第166条及び別表の規定により、協議等の場として設置するものでありますが、各委員から辞任願が提出され、新たに委員を選出しましたので、ご報告いたします。

 広報委員会の委員に、5番 大嶋茂君、9番 仁平正巳君、11番 石島勝男君、13番 真次洋行君、15番外山壽彦君、17番 藤川寧子君、19番 赤城正?、23番 三浦譲君、以上8名が選出されました。

 ただいまご報告いたしました委員の方は、議会運営委員会終了後、広報委員会を開いていただき、委員長、副委員長を互選して議長までご報告願います。開催場所につきましては、正副議長室にてお願いいたします。

 それでは、その間、暫時休憩いたします。



                                休  憩 午前11時49分

                                              

                                再  開 午後 0時58分





○議長(赤城正?君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 議会運営委員会の正副委員長の報告をいたさせます。

 星野議会事務局長。



◎議会事務局長(星野豊君) ご報告いたします。

 先ほど開催されました議会運営委員会において、委員長に堀江健一君、副委員長に齊藤晃君が互選されました。

 以上でございます。



○議長(赤城正?君) 次に、広報委員会の正副委員長の報告をいたさせます。

 星野議会事務局長。



◎議会事務局長(星野豊君) ご報告いたします。

 先ほど開催されました広報委員会において、委員長に三浦譲君、副委員長に大嶋茂君が互選されました。

 以上でございます。



○議長(赤城正?君) 日程第4 選挙第2号「筑西広域市町村圏事務組合議会議員の選挙」を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 筑西広域市町村圏事務組合議会議員に、3番 田中隆徳君、4番 稲川新二君、6番 増渕慎治君、14番尾木恵子君、16番 堀江健一君、18番 秋山恵一君、19番 赤城正?、20番 箱守茂樹君、22番 榎戸甲子夫君、24番 鈴木聡君、以上10名を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました諸君を筑西広域市町村圏事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認め、ただいま指名いたしました10名の諸君が筑西広域市町村圏事務組合議会議員に当選されました。

 ただいま当選されました10名の諸君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 次に、日程第5 選挙第3号「筑西市選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙」を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によりたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 筑西市選挙管理委員会委員に、筑西市村田1571番地、昭和12年11月9日生まれ、大木安史君、筑西市黒子200番地、昭和14年2月13日生まれ、柴康雄君、筑西市二木成463番地、昭和16年7月29日生まれ、渡邊等君、筑西市桑山1714番地2、昭和22年4月7日生まれ、秋山智子君、以上4名を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました大木安史君、柴康雄君、渡邊等君、秋山智子君を筑西市選挙管理委員会委員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました4名が筑西市選挙管理委員会委員に当選されました。

 続いて、筑西市選挙管理委員会の補充員について指名いたします。

 筑西市選挙管理委員会の補充員に、補充順位第1番、筑西市新治2004番地7、槙野正十君、昭和6年6月24日生まれ、補充順位第2番、筑西市関本上1401番地、齋藤孝君、昭和14年12月23日生まれ、補充順位第3番、筑西市茂田1362番地、中村吉和君、昭和16年11月18日生まれ、補充順位第4番に、筑西市松原2997番地1、中里榮子君、昭和15年1月24日生まれ、以上4名を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました第1順位、槙野正十君、第2順位、齋藤孝君、第3順位、中村吉和君、第4順位、中里榮子君を筑西市選挙管理委員会の補充員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました4名が筑西市選挙管理委員会の補充員に当選されました。

 次に、日程第6 議案第42号「公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて」を上程いたします。

 直ちに説明を求めます。

 須藤市長。

          〔市長 須藤 茂君登壇〕



◎市長(須藤茂君) 議案第42号「公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて」をご提案申し上げます。

 筑西市等公平委員会委員が任期満了となるため、下記の者を選任したいので、地方公務員法第9条の2第2項及び筑西市等公平委員会規約第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。

 記といたしまして、住所、筑西市向上野261番地、氏名、星野雅孝氏、昭和26年4月5日生まれでございます。

 星野さんには、6月14日をもって任期満了となります小里治委員さんの後任として選任するものでございます。

 参考といたしまして、裏面に経歴等を記載しておりますので、ご参照願いたいと思います。

 よろしくお願いを申し上げます。



○議長(赤城正?君) 説明を終わります。

 質疑を願います。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認め、採決いたします。

 議案第42号「公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて」、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛 成 者 起 立〕



○議長(赤城正?君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

 次に、日程第7 議案第43号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」から議案第45号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」まで、以上3案を一括上程いたします。

 直ちに説明を求めます。

 須藤市長。

          〔市長 須藤 茂君登壇〕



◎市長(須藤茂君) 議案第43号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」ご提案申し上げます。

 筑西市教育委員会委員として下記の者を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。

 記といたしまして、住所、筑西市小川1554番地17、氏名、吉澤貴美子氏、昭和26年4月17日生まれでございます。

 吉澤さんには、4月17日をもって辞任された豊?功委員の後任として任命するものでございます。

 参考といたしまして、裏面に経歴等を記載しておりますので、ご参照願いたいと思います。

 以上、よろしくお願いいたします。

 それから、議案第44号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」ご提案を申し上げます。

 筑西市教育委員会委員が任期満了となるため、下記の者を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。

 記といたしまして、住所、筑西市海老ヶ島727番地2、氏名、鶴見毅氏、昭和39年10月1日生まれでございます。

 なお、鶴見さんには、7月1日をもって任期満了となります中島靖司委員の後任として任命するものでございます。

 参考といたしまして、裏面に経歴等を記載しておりますので、ご参照願います。

 以上、よろしくお願いします。

 それから、議案第45号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」をご提案申し上げます。

 筑西市教育委員会委員が任期満了となるため、下記の者を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。

 記といたしまして、住所、筑西市関本下103番地1、氏名、斉藤裕光氏、昭和37年1月5日生まれでございます。

 なお、斉藤さんには、7月1日をもって任期満了となります横島郁代委員の後任として任命するものでございます。

 参考といたしまして、裏面に経歴等を記載しておりますので、ご参照願いたいと思います。

 以上でございます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(赤城正?君) 説明を終わります。

 質疑を願います。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は、委員会付託及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、これにご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認め、逐条採決いたします。

 議案第43号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛 成 者 起 立〕



○議長(赤城正?君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

 次に、議案第44号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛 成 者 起 立〕



○議長(赤城正?君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

 議案第45号「教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて」、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

          〔賛 成 者 起 立〕



○議長(赤城正?君) 起立全員。よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

 次に、日程第8 議案第46号「財産の取得について」から議案第55号「平成25年度筑西市水道事業会計補正予算(第1号)」まで、以上10案を一括上程いたします。

 直ちに説明を求めます。

 まず、議案第46号及び議案第47号について、佐藤教育次長。

          〔教育次長 佐藤 宏君登壇〕



◎教育次長(佐藤宏君) 議案第46号「財産の取得について」ご説明申し上げます。

 筑西市教育情報ネットワーク機器整備のため、下記のとおり財産を取得することについて、筑西市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(平成17年条例第46号)第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 記といたしまして、1、購入物品及び数量、筑西市教育情報ネットワーク・PC教室システム等機器一式。

 2、契約の方法、指名競争入札。

 3、取得予定金額、1億3,805万4,000円。

 4、相手方、筑西市一本松1755番地2、関彰商事株式会社ビジネスソリューション部下館支店、支店長、増渕智彦。

 平成25年6月5日提出でございます。

 なお、財産取得の売買契約につきましては、5月20日入札、翌日の21日に仮契約を締結したところでございます。

 次に、参考資料1ページをお開き願います。筑西市教育情報ネットワーク・PC教室システム等機器調達の概要でございます。納入場所につきましては、下館西、下館北中学校及び下館、伊讃、川島、竹島、養蚕、五所、中、河間、嘉田生崎の各小学校でございます。

 納入期限につきましては、契約の効力の発生する日の翌日から平成25年9月30日まででございます。

 調達目的につきましては、下館地区の下館中学校、下館南中学校及び大田小学校を除く小中学校11校のPC教室システムは、平成17年度に導入したコンピューター機器で、老朽化し、保守部品の調達が困難な状況でもあることから、購入により入れかえを行うものでございます。

 続きまして、2ページをお開き願います。筑西市教育情報ネットワーク・PC教室システム等機器調達明細書でございます。

 主な調達機器でございますが、コンピューター教室では、デスクトップパソコン、教師用、生徒用合わせて435台のほか、教材提示装置、プロジェクター、映写テーブル、マグネットスクリーンをそれぞれ28台、デジタルカメラ55台等となっております。普通教室、特別教室ではノートパソコン82台となっております。

 続きまして、3ページから7ページにかけましては、筑西市教育情報ネットワーク・PC教室システム等機器調達仕様概要を記載しております。なお、情報教育環境につきましては、国のIT基盤の整備方針や筑西市総合計画に基づきまして各小中学校のコンピューター機器等を計画的に更新し、教育情報ネットワークの充実に努めているところでございます。

 以上が議案第46号でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 次に、議案第47号についてご説明申し上げます。筑西市特別職の職にある者で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、標記について次のとおり提出する。

 平成25年6月5日でございます。

 今回の条例改正は、非常勤特別職の報酬額を規定する別表第2第7項、これは教育委員会関係になりますが、このうち結核対策委員会の会長及び委員の報酬を削除するものでございます。

 結核対策委員会につきましては、筑西保健所長、結核の専門医2名及び医師会の代表、学校医の代表、学校長の代表、養護教諭の代表各1名の計7名で組織され、児童生徒の結核検査について精密検査対象児童生徒の選定、検討を実施しておりました。しかし、平成24年4月に学校保健安全法施行規則が改正され、本年度から同委員会の意見を聞かずに学校の学校医を主体に結核対策を進めることとなり、結核対策委員会を廃止するのに伴い、報酬を削除するものでございます。

 最後に、附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行するものでございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(赤城正?君) 次に、議案第48号及び議案第49号について、嶋田福祉部長。

          〔福祉部長 嶋田則夫君登壇〕



◎福祉部長(嶋田則夫君) 議案第48号「筑西市老人福祉センター条例の一部改正について」ご説明申し上げます。

 筑西市老人福祉センター条例の一部改正について、標記について次のとおり提出する。

 平成25年6月5日提出でございます。

 条例改正の理由を申し上げますと、筑西市の老人福祉センターにつきましては、3カ所設置しており、このうち関城老人福祉センター及び明野老人福祉センターの2カ所の利用料金につきましては、部屋ごと及び利用時間ごとに設定されておりますが、筑西市総合福祉センター内に設置されている老人福祉センターの利用料金につきましては、市内居住者及び市外居住者等の区分ごとに、1人1回につき料金が設定されております。このため明野及び関城老人福祉センターの利用料金を筑西市総合福祉センター内の老人福祉センターの料金、別表第8条関係になりますけれども、そのように改正し、統一することにより、市民の老人福祉センター利用料金の公平性を確保することにより、市民サービスと利便性の向上を図るものでございます。

 ご審議のほどよろしくお願いいたします。

 続きまして、議案第49号「筑西市協和ふれあいセンター条例の全部改正について」ご説明申し上げます。

 筑西市協和ふれあいセンター条例の全部改正について、標記について次のとおり提出する。

 平成25年6月5日提出でございます。

 条例の全部改正の理由を申し上げます。協和ふれあいセンターにつきましては、平成26年度から指定管理者制度に移行するために、指定管理者における施設の管理運営に関することを新たに条例に規定するものであり、あわせて協和ふれあいセンター施設の利用料金について、現在は部屋ごとに設定されておりますが、ただいま議案第48号「筑西市老人福祉センター条例の一部改正」でご説明申し上げましたように、協和ふれあいセンターの利用料金を下館、関城、明野3地区の老人福祉センターと同一の料金体系に改正しようとするものでございます。

 それでは、改正の主な条文につきましてご説明申し上げます。

 第3条は、管理であり、ふれあいセンターの管理については、指定管理者に行わせるものとするものです。

 第4条は、指定管理者の業務であり、利用許可に関する業務や利用料金の徴収等に関する業務等を規定しております。

 第5条は指定の期間、第6条は利用時間、第7条は休館日、第8条は利用の許可、第9条は利用の制限、第10条は利用料金、第11条は利用料金の減免、第12条は利用料金の返還、第14条は利用許可の取消し等、第15条は利用者の義務を規定しており、これらの条項につきましては、平成26年度からの指定管理者制度移行に伴い規定するものであります。

 その他の条項につきましても、3地区の老人福祉センターと同様に規定し、別表の料金につきましても同一料金とするものでございます。

 ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(赤城正?君) 次に、議案第50号について、鈴木健康増進部長。

          〔健康増進部長 鈴木重衛君登壇〕



◎健康増進部長(鈴木重衛君) 議案第50号についてご説明申し上げます。

 議案第50号「筑西市あけの元気館条例の全部改正について」、標記について次のとおり提出する。

 平成25年6月5日提出でございます。

 今回の条例改正につきましては、あけの元気館内各施設の指定管理者制度導入を目的とするものでございます。

 あけの元気館には、明野保健センター、明野デイサービスセンターやすらぎが併設されており、施設の指定管理者制度を導入する上で複合施設の維持管理を施設ごとに業務化し、あけの元気館の運営、利用許可及び利用料金に係る業務を区分する必要があることから、それぞれの施設の説明を章立てして区分し、全体の名称を複合施設としたものでございます。

 改正条例の名称につきましては、あけの元気館等複合施設条例でございます。

 指定管理者制度の導入としましては、施設の管理運営を専門の民間事業者に委託することでのサービスの向上と経費の節減等でございます。

 行政に代用する民間のすぐれた能力を幅広く活用できるこの制度の導入は、行政と民間との協働の観点からも特に有効であると言われており、近年、他の自治体においても導入が進んでおります。本市におきましても、行政改革の一環としてこの制度の導入に向けた調査の結果、平成26年度からのあけの元気館等複合施設の指定管理者制度導入に向け、準備を進めているところでございます。

 次に、改正条例についてご説明いたします。まず、それぞれの条文を見やすく整理するために目次を追加いたしまして、全文を章立てといたしました。

 第1章、第1条から第5条が総則、第2章、第6条から第14条が筑西市あけの元気館、第3章、第15条が筑西市明野保健センター、第4章、第16条が筑西市明野デイサービスセンターやすらぎ、第5章、第17条から第20条が雑則、続いて附則となっております。

 次に、条文を追って概要を説明させていただきます。

 1ページ、下段の第1章、総則におきましては、第1条において、この条例の趣旨を規定しております。

 続いて、2ページをお開き願います。第2条においては、複合施設の設置及び施設の構成を規定しております。

 第3条においては、管理について規定し、同条第2項において、今回の条例改正の目的である複合施設の管理について、指定管理者に行わせることを規定しております。

 なお、明野保健センター及び明野デイサービスセンターやすらぎにつきましては、施設の管理のみ指定管理者に行わせることとしております。

 第4条では、指定管理者の業務内容を、第5条第1項では、指定の期間を5年と規定しております。

 下段、第2章、筑西市あけの元気館におきましては、第6条から、5ページの第14条において、施設の内容、利用時間及び休館日、利用の許可、利用の制限、利用料金の徴収等、目的外利用及び利用権譲渡等の禁止、利用許可の取消し等について規定しております。

 なお、これらの規定の内容につきましては、指定管理者の導入に係る部分以外は、従前と特に変更はございませんが、利用料金につきましては、別表に掲げる額の範囲内で指定管理者が市長の承認を得て定めるものとしております。

 続いて、5ページ上段でございます。第3章、筑西市明野保健センターにおきましては、第15条において、筑西市明野保健センターの設置及び管理を、第4章、筑西市明野デイサービスセンターやすらぎにおきましては、第16条において、筑西市明野デイサービスセンターやすらぎの設置及び管理を規定しております。第5章、雑則におきましては、第17条において、損害賠償を、第18条において、目的外使用許可等の権限を、第19条においては、複合施設の適正かつ円滑な運営を図るための筑西市あけの元気館等複合施設運営協議会の運営等について規定しております。

 5ページ最下段から6ページにかけての附則におきましては、この条例を平成26年4月1日から施行すること及び経過措置等について規定してございます。

 最後に、別表でございますが、通常利用、回数券及び会員券による利用料金について規定しております。筑西市あけの元気館は、人々が安心して楽しく日常生活が送れるよう、健康の維持・増進、保健福祉の向上及び世代間の交流を支援する目的で旧明野町が建設し、平成12年12月10日に開館いたしました。その後、この施設は社会情勢の著しい変化の中で市民のニーズに適合し、10年余りの期間、合併とともに市民に愛され続けている施設でございまして、近年は入館者は多少減少傾向にあるものの、いまだにその人気は衰えておりません。この施設をさらに有効活用し、市民の健康の維持・増進、保健福祉の向上及び世代間の交流を図るため、指定管理者制度の導入をしてまいりたいと考えておりますので、ご理解をいただきますようお願いいたします。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(赤城正?君) 次に、議案第51号について、佐藤教育次長。

          〔教育次長 佐藤 宏君登壇〕



◎教育次長(佐藤宏君) 議案第51号についてご説明申し上げます。

 筑西市立図書館条例の全部改正について、標記について次のとおり提出する。

 平成25年6月5日でございます。

 この条例改正でございますが、筑西市立図書館の管理運営を民間事業者等に委託するため、指定管理者制度の導入を目的とするものでございます。

 本市の図書館は、筑西市立中央図書館、筑西市立明野図書館、関本公民館図書室、協和公民館図書室の4館でございます。

 ご審議いただきます筑西市立図書館条例の全部改正には、この図書館のうち関本公民館図書室及び協和公民館図書室を市立図書館の分館とする改正もございます。指定管理者制度の目的でございますが、施設の管理運営を専門の事業者に委託することで、専門的知識や経営力を最大限活用し、市民サービスの向上と経費の削減が図れることでございます。

 公立図書館の指定管理者制度導入につきましては、民間の柔軟な発想により利用者の満足度を上げつつ、より多くの利用者の確保が見込めるということもあり、他の自治体におきまして導入が進んでいるところでございます。特に栃木県内の公立図書館では、半数以上がこの制度を導入しているという情報もございます。本市においてもこの制度の導入に向けた調査を進めてきた結果、平成26年度から筑西市立図書館の指定管理者制度導入の準備を進めているところでございます。

 それでは、改正条例についてご説明申し上げます。1ページ下段の第1条において、この条例の趣旨を規定してございます。第2条においては、図書館の設置を規定し、市立中央図書館と市立明野図書館を、第2項において、図書館に分館を設置する旨を規定してございます。

 2ページをお開き願います。分館として市立図書館関城分館と市立図書館協和分館を規定してございます。第3条においては、管理について規定してございます。同条第2項において、今回の条例改正の目的であります市立図書館の管理について、指定管理者に行わせるものと規定してございます。

 なお、関城分館及び協和分館につきましては、図書資料の収集、整理等に限り指定管理者に業務を行わせることとしてございます。

 第4条におきましては、指定管理者の業務内容を規定してございまして、同条各号に規定しておりますように、図書館の管理運営全般の業務を指定管理者に行わせるものでございます。

 第5条においては、指定の期間について規定してございまして、同条第1項において指定の期間を5年としてございます。

 第6条においては、職員について規定し、館長その他必要な職員を置くことができるとしてございます。

 第7条においては、図書館及び分館の利用時間を規定し、指定管理者は教育委員会の承認を得て利用時間を変更することができるよう規定してございます。

 3ページをごらん願います。第8条においては、休館日を規定してございます。前条と同様、指定管理者は教育委員会の承認を得て休館日を変更することができるよう規定してございます。また、この休館日につきましては、これまで規則において特別整理期間及び館内整理として休館日を設けておりましたが、これらの規定を削除し、それらにかかる休館日の設定につきましては、指定管理者に委ねるものでございます。

 第9条においては、入館の制限等について、第10条においては、図書館内の施設利用の許可として指定管理者が施設利用の許可をする旨を規定してございます。

 第11条においては、利用の制限として指定管理者が同条各号の規定に該当する場合は、施設の利用を許可しない旨を規定してございます。

 第12条においては、目的外利用及び利用権譲渡等の禁止について、第13条においては、利用許可の取消し等について規定してございます。

 4ページをお開き願います。第14条においては、損害賠償について、第15条においては、目的外使用許可等の権限として、第1項は、図書館における目的外使用許可、使用料の徴収、減免等の権限について、第3項では、財産の貸し付けまたは私権の設定の権限について、それぞれ教育委員会または市長にあることを規定してございます。

 第16条においては、市立図書館の適正な運営を図るため、筑西市立図書館協議会の設置等について規定してございます。

 第17条においては、必要な事項は教育委員会規則で定めるよう規定してございます。

 5ページをごらん願います。附則でございます。この条例を平成26年4月1日から施行すること及び経過措置等について規定してございます。本市の公立図書館が市民が気軽に集える広場として、またさらなる市民サービスの向上を目指すため、指定管理者制度を導入してまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(赤城正?君) 次に、議案第52号について、まず小堀企画部長。

          〔企画部長 小堀幹也君登壇〕



◎企画部長(小堀幹也君) 議案第52号についてご説明いたします。

 予算書1ページをごらんいただきたいと存じます。

 平成25年度筑西市一般会計補正予算(第2号)、平成25年度筑西市の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億129万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ377億1,513万7,000円とする。

 2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年6月5日提出でございます。

 続きまして、企画部所管の補正予算についてご説明いたします。4ページ、5ページをお開き願います。

 歳入歳出補正予算事項別明細書、1、歳入でございます。款20項1目1繰越金につきまして、今回の補正予算に伴う財源調整のため9,236万5,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 次に、6ページ、7ページをお開き願います。2、歳出でございます。款2総務費、項1総務管理費、目6企画総務費、説明欄、常総北線施設整備支援事業237万円の補正をお願いするものでございます。緊急老朽化対策事業として関東鉄道株式会社が行う水海道駅以北の常総北線における鉄道設備の更新に対して、国、県、沿線3市、沿線3市というのは、常総市、下妻市、筑西市ですが、協調して支援を行うものでございます。更新を予定している設備は、踏切遮断機30カ所、電気転轍器、一般的にはポイントと言われているものが9基、総事業費は3,600万円、負担の割合は国が5分の2、県が5分の1、沿線3市で5分の1、事業者の関東鉄道が5分の1となっております。

 続いて、8ページ、9ページをお開き願います。款12項1公債費、目1元金883万円の増額及び目2利子72万6,000円の減額でございますが、今年度限りの特例措置として、東日本大震災の特定被災地方公共団体を対象に、年利4%以上の旧公営企業金融公庫資金に係る貸付金について、補償金免除繰上償還が認められることとなったことから、今後の利子負担の軽減を図るため、繰上償還を行うとするものでございます。一般会計において対象となる借り入れは2件、残債は3,330万1,000円となっており、繰上償還により元金及び利子に過不足が生じますことから、補正をお願いするものでございます。

 なお、この2件の繰上償還による今後の利子負担の軽減額としては、総額で101万1,000円を見込んでいるところでございます。

 以上でございます。よろしくご審議のほどお願いいたします。



○議長(赤城正?君) 次に、鈴木健康増進部長。

          〔健康増進部長 鈴木重衛君登壇〕



◎健康増進部長(鈴木重衛君) 健康増進部所管の補正予算についてご説明申し上げます。

 歳出でございます。6ページ、7ページをお開き願います。款4衛生費、項1保健衛生費、目2予防費520万円の増額補正につきましては、妊婦の配偶者と同居家族、妊娠を希望されている女性と配偶者等に対する成人風しん予防接種の助成費でございます。妊娠初期に風疹に感染しますと、心臓病や白内障、難聴などの障害を持った先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれる可能性があることから、感染予防を図るための予防接種費用の一部を助成するものでございます。

 説明欄、節13成人風しん個別接種委託料348万円につきましては、本年7月1日から来年3月31日までの予防接種者に対する医療機関への委託料を。節19成人風しん予防接種補助金172万円につきましては、本年4月1日から6月30日までの接種者に対し、さかのぼって償還払いをするための補助金をそれぞれ計上するものでございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(赤城正?君) 次に、嶋田福祉部長。

          〔福祉部長 嶋田則夫君登壇〕



◎福祉部長(嶋田則夫君) 福祉部所管の補正予算につきましてご説明申し上げます。

 4、5ページをお開き願います。歳入歳出補正予算事項別明細書、1、歳入でございます。款15国庫支出金、項2国庫補助金、目3民生費国庫補助金、節2生活保護費補助金、説明欄、2生活保護適正実施推進事業費補助金202万8,000円の増額補正をお願いするものです。国による生活保護法の一部見直しによる生活保護システム改修費補助金でございます。

 次に、款16県支出金、項4交付金、目3民生費交付金、節1社会福祉費交付金、説明欄の11介護基盤緊急整備等臨時特例交付金370万3,000円の増額補正をお願いするものでございます。この交付金につきましては、既存の地域密着型介護サービス施設に係るスプリンクラー等の消防設備整備に対する交付金でございます。詳細につきましては、歳出でご説明申し上げます。

 次に、6、7ページをお開き願います。2、歳出でございます。款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費、説明欄、社会福祉施設維持事業3,529万円の増額補正をお願いするものです。内容につきましては、建築基準法第12条第1項の規定に基づいて実施した平成24年度特殊建築物定期調査報告書を県に報告した結果、平成25年2月19日付で県から速やかに是正が必要と認められる旨の勧告がなされたことから、総合福祉センターの改修工事を実施するための設計監理委託料242万6,000円及び改修工事費3,286万4,000円の増額補正をお願いするものです。なお、この改修工事が完了した場合は、改善完了済み報告書を県へ提出することとなっております。

 次に、その下の目5老人福祉費、節19負担金補助及び交付金、説明欄の介護基盤緊急整備特別対策事業370万3,000円の増額補正をお願いするものです。内容につきましては、地域密着型サービス施設整備事業補助金であり、認知症高齢者グループホームなごみの家が実施するスプリンクラー整備に対し、1平米当たり9,000円に267平米を乗じた240万3,000円を、そのほか小規模多機能ホームひまわりが実施する自動火災報知設備及び消防機関へ通報する火災通報設備の整備事業に対し130万円を補助しようとするものであります。この補助金は、全額県の交付金を財源とし、筑西市地域密着型サービス施設整備費補助金交付要綱に基づき、施設の整備に対し補助をするものでございます。

 次に、その下の目6老人ホーム費、説明欄、老人ホーム改修事業2,192万2,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 この事業は、ことぶき荘老人ホームの改修事業であり、先ほど総合福祉センター改修事業でご説明しましたように、特殊建築物定期調査報告書を県に報告した結果、平成25年2月19日付で県から速やかに是正が必要と認められる旨の勧告がなされたことから、ことぶき荘老人ホームの改修工事を実施するための設計監理委託料159万9,000円及び施設改修工事費2,032万3,000円の増額補正をお願いするものです。

 次に、その下の項3生活保護費、目1生活保護総務費、節13委託料、説明欄、生活保護適正実施推進事業202万9,000円の増額補正をお願いするものです。内容につきましては、歳入でもご説明させていただきましたが、今年度8月から生活扶助基準が見直される予定に伴い、国の生活保護適正実施推進事業費補助金を活用して、現在のシステムを改修するための電算システム改修委託料でございます。

 以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(赤城正?君) 次に、市塚経済部長。

          〔経済部長 市塚克己君登壇〕



◎経済部長(市塚克己君) 経済部所管の補正予算についてご説明申し上げます。

 4ページ、5ページをお開き願います。歳入でございます。款16県支出金、項2県補助金、目7商工費県補助金、節1商工費補助金、説明欄5消費者行政活性化基金事業補助金として320万1,000円の増額補正をお願いするものでございます。消費者行政活性化基金の第2次配分によるもので、補助率は100%でございます。

 次に、8ページ、9ページをお開き願います。歳出でございます。款7商工費、項1商工費、目3消費者行政費、説明欄、消費者行政活性化事業301万5,000円の増額補正でございます。歳入でご説明いたしました消費者行政活性化基金事業補助金の増額によるものでございます。内訳につきましては、節8報償費5,000円は、講演会開催時の託児所開所謝礼金でございます。節9旅費2,000円は、消費生活相談員の通勤手当の増額でございます。節11需用費76万2,000円は、消費者教育の一環としての啓発パンフレットなどの購入経費66万7,000円と、講演会開催周知ポスター作成経費9万5,000円でございます。節12役務費12万円は、食の安全・安心をテーマとした講演会講師手数料の増額でございます。節13委託料100万円は、消費者と生産者の安全・安心農産物フェアとしてのイベント開催委託経費でございます。節18備品購入費112万6,000円は、軽自動車の購入経費でございます。消費生活センターの相談員が出前講座を実施する際や研修会参加時に使用するものでございます。

 次に、目4観光事業費、説明欄、観光客誘致拡大事業50万円の補正をお願いするものでございます。これは、わっしょいカーニバルがことし10回目の記念すべき年であり、筑西ケーブルテレビという新たな情報メディアを活用した情報発信等を図るため、わっしょいカーニバルPR事業補助金の増額をお願いするものでございます。

 以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(赤城正?君) 次に、小島土木部長。

          〔土木部長 小島一夫君登壇〕



◎土木部長(小島一夫君) 土木部所管の補正予算についてご説明申し上げます。

 8から9ページをお開き願います。歳出でございます。款8土木費、項2道路橋梁費、目4橋梁維持費、節13委託料、説明欄、橋梁調査点検事業の120万円の増額補正をお願いするものでございます。内容は、平成23、24年度の2カ年におきまして、橋長15メートル以上の橋51カ所の点検を実施いたしまして、平成25年度に橋梁長寿命化修繕計画を策定し、順次修繕していくものであります。この計画を策定することにより、橋梁修繕費に国の補助金を受けられる制度となっております。

 計画策定の委託料でございますが、当初の計画内容では、橋梁の径間数の数にかかわらず1橋単位で計上しておりましたが、4月になりまして、径間ごとに策定することと変更になり、策定業務内容が増加し、当初予算では対応できなくなったため増額補正をお願いするものでございます。

 以上でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(赤城正?君) 次に、鈴木上下水道部長。

          〔上下水道部長 鈴木敏雄君登壇〕



◎上下水道部長(鈴木敏雄君) 上下水道部所管の一般会計補正予算につきましてご説明を申し上げます。

 最初に、農業集落排水事業の一般会計補正予算につきましてご説明を申し上げます。予算書の6、7ページをお開き願います。2、歳出でございます。最下段から次の8、9ページにかけまして、款6農林水産業費、項1農業費、目6農地費、節28繰出金に523万3,000円の増額補正をお願いするものでございます。農業集落排水事業特別会計繰出金でございまして、農業集落排水事業特別会計での補償金免除繰上償還及び借換債の発行に伴うものでございます。

 詳細につきましては、議案第54号「平成25年度筑西市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)」でご説明を申し上げます。

 続きまして、公共下水道事業の一般会計補正予算につきましてご説明を申し上げます。歳出でございます。8、9ページの中段やや下でございますが、款8土木費、項4都市計画費、目5公共下水道費、節28繰出金に1,273万1,000円の増額補正をお願いするものでございます。

 公共下水道事業特別会計繰出金でございまして、公共下水道事業特別会計での補償金免除繰上償還及び借換債の発行に伴うものでございます。

 詳細につきましては、議案第53号「平成25年度筑西市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)」でご説明を申し上げます。

 以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(赤城正?君) 暫時休憩いたします。



                                休  憩 午後 2時

                                              

                                再  開 午後 2時15分





○議長(赤城正?君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 次に、議案第53号から議案第55号までについて、鈴木上下水道部長。

          〔上下水道部長 鈴木敏雄君登壇〕



◎上下水道部長(鈴木敏雄君) 議案第53号「平成25年度筑西市公共下水道特別会計補正予算(第1号)」につきましてご説明を申し上げます。

 平成25年度筑西市の公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億4,913万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ27億1,278万3,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

 第2条 地方債の追加は、「第2表 地方債補正」による。

 平成25年6月5日提出でございます。

 今回の補正予算でございますが、東日本大震災の特定被災地方公共団体を対象に、平成25年度限りの特例措置として、年利4%以上の旧公営企業金融公庫資金に係る地方債について、補償金免除繰上償還が認められることとなりました。その財源としまして、地方公共団体金融機構資金による低利の借換債が発行できることとなったため、対象となる地方債について繰上償還及び借換債の発行を行い、今後の利子負担の軽減を図ろうとするものでございます。

 それでは、4ページをお開き願います。第2表、地方債補正の1、追加でございます。公共下水道事業補償金免除繰上償還借換債の限度額3億2,870万円及び流域下水道事業補償金免除繰上償還借換債の限度額770万円を追加しようとするものでございます。

 起債の方法、利率、償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。

 次に、6、7ページをお開き願います。歳入歳出補正予算事項別明細書の1、歳入でございます。款6繰入金、項1目1節1一般会計繰入金に1,273万1,000円の増額補正をお願いするものでございます。繰上償還及び借換債発行に伴う元利償還金の差額分に充当するため、一般会計繰入金を増額するものでございます。

 次に、款9項1市債、目1下水道事業債、節1公共下水道事業債に3億2,870万円の増額補正をお願いするもので、11件の公共下水道事業補償金免除繰上償還借換債でございます。

 次に、節2流域下水道事業債に770万円の増額補正をお願いするもので、2件の流域下水道事業補償金免除繰上償還借換債でございます。

 次に、8、9ページをお開き願います。2、歳出でございます。款2項1公債費、目1元金、節23償還金利子及び割引料の地方債償還元金に3億5,333万5,000円の増額補正をお願いするものでございます。補償金免除繰上償還及び借換債発行に伴う償還元金の差額分でございます。

 次に、目2利子、節23償還金利子及び割引料の地方債償還利子につきまして、420万4,000円の減額補正をお願いするもので、借換債発行に伴う償還利子の差額分でございます。

 なお、対象となる借り入れは13件、未償還元金は3億3,711万2,000円でございます。借換債の利率を2%程度と想定しており、この借りかえによりまして、利子負担の軽減額を4,683万4,000円程度見込んでございます。

 続きまして、議案第54号「平成25年度筑西市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)」につきましてご説明を申し上げます。

 平成25年度筑西市の農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億273万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億9,572万4,000円とする。

 第2項 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

 第2条 地方債の追加は、「第2表 地方債補正」による。

 平成25年6月5日提出でございます。

 今回の補正予算でございますが、東日本大震災の特定被災地方公共団体を対象に、平成25年度限りの特例措置として、年利4%以上の旧公営企業金融公庫資金に係る地方債について、補償金免除繰上償還が認められることとなりました。その財源として、地方公共団体金融機構資金による低利の借換債が発行できることとなったため、対象となる地方債について繰上償還及び借換債の発行を行い、今後の利子負担の軽減を図ろうとするものでございます。

 それでは、4ページをお開き願います。第2表、地方債補正の1、追加でございます。農業集落排水事業補償金免除繰上償還借換債の限度額9,750万円を追加しようとするものでございます。

 起債の方法、利率、償還の方法につきましては、記載のとおりでございます。

 次に、6、7ページをお開き願います。歳入歳出補正予算事項別明細書の1、歳入でございます。款5繰入金、項1目1節1一般会計繰入金に523万3,000円の増額補正をお願いするものでございます。繰上償還及び借換債発行に伴う元利償還金の差額分に充当するため、一般会計繰入金を増額するものでございます。

 次に、款8項1市債、目1節1農業集落排水事業債に9,750万円の増額補正をお願いするもので、16件の農業集落排水事業補償金免除繰上償還借換債でございます。

 次に、8、9ページをお開き願います。2、歳出でございます。款2項1公債費、目1元金、節23償還金利子及び割引料の地方債償還元金に1億393万3,000円の増額補正をお願いするものでございます。補償金免除繰上償還及び借換債発行に伴う償還元金の差額分でございます。

 次に、目2利子、節23償還金利子及び割引料の地方債償還利子につきまして、120万円の減額補正をお願いするもので、借換債発行に伴う償還利子の差額分でございます。

 なお、対象となる借り入れは16件、未償還元金は9,828万円でございます。借換債の利率を2%程度と想定しており、この借りかえによりまして、利子負担の軽減額を1,625万2,000円ほど見込んでございます。

 続きまして、議案第55号「平成25年度筑西市水道事業会計補正予算(第1号)」についてご説明を申し上げます。

 1ページでございます。第2条、平成25年度筑西市水道事業会計第3条に定めた収益的支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。

 第1款水道事業費用について、既決予定額から228万円を減額補正いたします。内容につきましては、繰上償還借換債発行に伴う支払利息、償還影響額でございます。

 次に、第3条は、予算第4条、本文括弧書き中、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額9億212万3,000円を9億1,209万3,000円に改め、また過年度分損益勘定留保資金8億7,680万5,000円を8億8,677万5,000円に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正するものでございます。

 まず、収入で第1款資本的収入について、既決予定額に1億7,100万円を増額補正いたします。内容につきましては、繰上償還に伴う借換債発行によるものでございます。

 続いて、支出で、第1款資本的支出について、既決予定額に1億8,097万円を増額補正いたします。内容につきましては、補償金免除繰上償還金の増額分補正でございます。

 次に、第4条は、予算第5条で定めた企業債の補正について、起債の目的に水道事業補償金免除繰上償還借換債、限度額に1億7,100万円を補正するものでございます。

 平成25年6月5日提出でございます。

 今回の補正予算でございますが、東日本大震災の特定被災地方公共団体を対象に平成25年度限りの特例措置として、年利4%以上の旧公営企業金融公庫資金に係る地方債について、補償金免除繰上償還が認められることとなりました。その財源として、地方公共団体金融機構資金による低利の借換債が発行できることとなったため、対象となる地方債について繰上償還及び借換債の発行を行い、今後の利子負担の軽減を図ろうとするものでございます。

 対象となる借り入れの件数は4件、未償還元金は1億7,114万8,500円でございます。借換債の利率を2%程度と想定しており、この借りかえによりまして利子負担の軽減額を3,011万7,000円程度見込んでございます。

 なお、議案書2ページから5ページまでは、先ほど説明いたしました内容をより詳細にしたものでございます。

 以上でございます。ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(赤城正?君) 以上で説明を終わります。

 次に、議案外報告4件についてご報告申し上げます。

 平成24年度筑西市繰越明許費繰越計算書等3件につきましては、議会運営委員長報告のとおり、議会運営申し合わせにより説明を省略し、平成24年度筑西市継続費繰越計算書についての説明を求めます。

 継続費繰越計算書について、佐藤教育次長。

          〔教育次長 佐藤 宏君登壇〕



◎教育次長(佐藤宏君) 議案外報告のうち平成24年度筑西市継続費繰越計算書についてご報告申し上げます。

 議案外報告の4ページをお願いいたします。一般会計でございます。款10教育費、項3中学校費、事業名、下館西中学校校舎整備事業、継続費の総額15億717万6,000円、平成24年度継続費、予算現額の予算計上額9億4,620万8,000円、前年度逓次繰越額5億6,096万8,000円、計15億717万6,000円、支出済額及び支出見込み額4億6,604万2,500円、残額及び翌年度逓次繰越額10億4,113万3,500円でございます。左の財源内訳でございますが、繰越金1億3,270万8,500円、特定財源のうち国支出金1億9,092万5,000円、地方債7億1,750万円でございます。

 次に、その下、事業名、下館北中学校整備事業、継続費の総額17億9,179万6,000円、平成24年度継続費、予算現額の予算計上額7億8,314万9,000円、前年度逓次繰越額9億1,515万5,550円、計16億9,830万4,550円、支出済額及び支出見込み額8億235万5,900円、残額及び翌年度逓次繰越額8億9,594万8,650円でございます。

 左の財源内訳でございますが、繰越金1億4,499万650円、特定財源のうち国支出金1億4,035万8,000円、地方債6億1,060万円。

 平成25年6月5日報告でございます。

 この2件につきましては、国の平成24年度第1次補正予算におきまして、学校施設環境改善交付金の採択を受けたことから、去る3月議会で議決をいただきました継続費の全額を繰り越しさせていただくものでございます。

 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(赤城正?君) 以上で説明を終わります。

 次に、日程第9 請願第2号「年金2.5%の削減中止を求める請願」、請願第3号「TPPへの参加に反対する請願」及び請願第4号「国益に反するTPPに参加しないことを求める請願」、以上3件を上程いたします。

 本件は、請願文書記載のとおり関係常任委員会に付託いたします。

 なお、この際お諮りいたします。今後の日程は、お手元に配付した会期日程表のとおり、6日休会、7日本会議、8日、9日休会、10日、11日、12日、13日本会議、14日常任委員会、15日、16日、17日休会、18日本会議という日程にご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(赤城正?君) ご異議なしと認め、さよう決定いたします。

 なお、議案質疑に対する通告でございますが、通告用紙をお手元に配付してあります。通告時には事務局で聞き取りを行います。あす6日の午後3時まで、時間厳守の上、通告されるようお願いいたします。

 本日の会議はこれにて散会いたします。

 皆さん、どうもご苦労さまでございました。



                                散  会 午後 2時34分