議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 守谷市

平成21年第 4回臨時会−11月24日-01号




平成21年第 4回臨時会

                平成21年第4回
               守谷市議会臨時会会議録
       ──────────────────────────
         平成21年11月24日 午前10時05分開会
       ──────────────────────────
1.出席議員 20名
    議長 18番 又 耒 成 人 君  副議長 17番 山 田 清 美 君
        1番 高 梨 恭 子 君       2番 高 木 和 志 君
        3番 鈴 木   榮 君       4番 高 橋 典 久 君
        5番 浅 川 利 夫 君       6番 山 崎 裕 子 君
        7番 酒 井 弘 仁 君       8番 川 名 敏 子 君
        9番 唐木田 幸 司 君      10番 市 川 和 代 君
       11番 尾 崎 靖 男 君      12番 佐 藤 弘 子 君
       13番 伯耆田 富 夫 君      14番 松 丸 修 久 君
       15番 梅 木 伸 治 君      16番 平 野 寿 朗 君
       19番 中 田 孝太郎 君      20番 倉 持   洋 君

1.欠席議員
        な し

1.出席説明者
        市長                会 田 真 一 君
        副市長               橋 本 孝 夫 君
        教育長               北 村 裕 信 君
        総務部長              寺 田 功 一 君
        生活経済部長            下 村 文 男 君
        保健福祉部長            茂 呂   茂 君
        都市整備部長            笠 見 吉 代 君
        教育部長              弘 澤   廣 君
        上下水道事務所長          染 谷 精 一 君
        総務部次長             笠 川 悦 範 君
        総務部次長             横 瀬   博 君
        生活経済部次長           松 丸 美恵子 君
        保健福祉部次長           比 前 静 代 君
        都市整備部次長           高 橋   要 君
        教育次長              染 谷   隆 君
        会計管理者             椎 名 一 夫 君
        総務部参事補            岡 田 宏 美 君
        農業委員会事務局長         瀬 尾 勝 重 君

1. 本会議に職務のため出席した者
        議会事務局長            上 野 久 芳
        書記                菅 谷 智 弘

1.会議録署名議員
        6番 山 崎 裕 子 君
        7番 酒 井 弘 仁 君


1.議事日程
       ──────────────────────────
                議 事 日 程
                       平成21年11月24日(火曜日)
                             午前10時05分開会

日程第1.会議録署名議員の指名について
日程第2.会期の決定について
日程第3.報告第17号 専決処分事項の報告について
           (損害賠償額の決定)
日程第4.議案第92号 専決処分事項の承認について
           (平成21年度守谷市一般会計補正予算)
日程第5.議案第93号 守谷市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例

1.本日の会議に付した事件
 日程第1.会議録署名議員の指名について
 日程第2.会期の決定について
 日程第3.報告第17号 専決処分事項の報告について
            (損害賠償額の決定)
 日程第4.議案第92号 専決処分事項の承認について
            (平成21年度守谷市一般会計補正予算)
 日程第5.議案第93号 守谷市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例
       ──────────────────────────
               午前10時05分開会
○議長(又耒成人君) ただいまから平成21年第4回守谷市議会臨時会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので,会議は成立いたします。
 これから本日の会議を開きます。
 日程に先立ちまして,ご報告いたします。
 本臨時会に提出されております案件は,報告1件,議案2件であります。
 また,説明のため出席を要請した者は,市長,副市長,教育長,各部長,上下水道事務所長,各次長,会計管理者,参事補,農業委員会事務局長であります。
 本会議の書記として,上野事務局長,菅谷書記を命じました。
 それでは,日程第1,会議録署名議員の指名を行います。
       ──────────────────────────
△会議録署名議員の指名について

○議長(又耒成人君) 会議録署名議員は,会議規則第81条の規定により,
    6番 山 崎 裕 子 君
    7番 酒 井 弘 仁 君
を指名します。
 次,日程第2,会期の決定についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△会期の決定について

○議長(又耒成人君) お諮りします。
 本臨時会の会期は,本日1日限りとしたいと思います。これにご異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) ご異議なしと認めます。よって,会期は本日1日限りと決定しました。
 次,日程第3,報告第17号 専決処分事項の報告についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△報告第11号 専決処分事項の報告について(損害賠償額の決定)

○議長(又耒成人君) 内容の説明を求めます。
 都市整備部長笠見吉代君。
◎都市整備部長(笠見吉代君) 専決処分に対します説明をさせていただきたいと思います。
 本事例は,平成21年9月5日,守谷郵便局付近の本町686番地6地先の市道3200号の道路端を走行しました富原氏所有の自家用車が,アンカーピンのつきました市の境界プレートを踏んでしまいました。タイヤがパンクをしたものであり,パンク修理費3,150円を損害賠償するものでございます。
 どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(又耒成人君) これより質疑に入ります。
 質疑ありませんか。
 佐藤弘子君。
◆12番(佐藤弘子君) 12番の佐藤です。
 字句がわからないところがあるので,教えてもらいたいと思います。
 アンカーピンというものはどういうものなんでしょうかというのが一つと,それから,損害賠償額が3,150円でありますけれども,これが総額なんですか。それとも,免責あるいは自己負担等がこれだけのものなんでしょうか。
○議長(又耒成人君) 都市整備部長笠見吉代君。
◎都市整備部長(笠見吉代君) 道路の境界を区分けを,道路と民地を区分けをするのに,市の「守谷市」と入った境界がございますけれども,今回の場合には隣地が宅地造成をしてございます。そして,その境界を,U字溝と民地という形になってございますんで,U字溝の端に守谷市の境界プレートを張りつけました。その上にボルトでとめをしたわけでございますけれども,通行が非常に多いということから,その市の境界プレートが外れて反対側になりまして,上にそのピンがついていたんで,車で踏んでパンクをしたものでございまして,総額3,150円でございまして,市の管理不行き届きと,こういう形になってお支払いをすることになったものでございます。
○議長(又耒成人君) ほかに質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) これで質疑を終わります。
 次,日程第4,議案第92号 専決処分事項の承認についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第92号 専決処分事項の承認について(平成21年度守谷市一般会計補正予算)

○議長(又耒成人君) 専決処分の理由を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案理由を申し上げます。
 本件は,新型インフルエンザ予防接種の助成費用について,11月2日に専決処分を行ったものでございます。
 歳入は,県支出金で保健衛生費補助金の増額,繰入金で財政調整基金繰入金の増額でございます。歳出は,衛生費で予防接種事業の増額でございます。
 よろしくご審議くださるようお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 補足説明を願います。
 総務部長寺田功一君。
◎総務部長(寺田功一君) 議案第92号 平成21年度守谷市一般会計補正予算(専決第1号)につきまして補足説明をさせていただきます。
 初めに,1ページの裏をお願いいたします。
 今回の補正は,歳入歳出それぞれ4,128万円の増額補正でございます。
 歳入についてご説明申し上げます。
 3ページをお開き願います。
 款14県支出金,項2県補助金,目3衛生費県補助金の702万9,000円の増額は,国の平成21年度新型インフルエンザワクチン接種助成費臨時補助金交付要綱に基づき,生活保護世帯や非課税世帯のワクチン接種者に対して,国からの補助金2分の1と県の補助金4分の1,合計4分の3の額を県補助金として受け入れるものでございます。
 款17繰入金,項2基金繰入金,目7財政調整基金繰入金の3,425万1,000円の増額は,今回の補正の財源不足額を繰り入れるものでございます。
 次に,歳出についてご説明申し上げます。
 3ページの裏をお願いいたします。
 款4衛生費,項1保健衛生費,目2予防費,説明欄の予防接種事業の4,128万円は,新型インフルエンザワクチン接種の助成費用とその事務経費でございます。
 インフルエンザワクチン接種の助成につきまして説明をさせていただきます。
 助成の方法としましては,国,県の補助が伴う助成と守谷市独自の助成の2種類がございます。
 まず,国,県の補助を伴う助成としましては,生活保護世帯と市民税非課税世帯の接種対象者,つまり妊婦や基礎疾患を有する方,1歳から高校生までの児童生徒,1歳未満児の保護者及び65歳以上の高齢者につきましては,接種費用の全額を助成します。対象者としましては2,177人おりますが,接種率を70%と見込み,1,524人と想定し,1人当たり2回の接種費用が6,150円となりますので,助成額937万3,000円を見込んでおります。そのうちの4分の1が市の負担となります。
 次に,守谷市独自の助成としましては,ただいまご説明しました以外,つまり生活保護世帯や市民税非課税世帯でない世帯の妊婦や基礎疾患を有する方,1歳から中学生までの児童生徒,1歳未満児の保護者及び65歳以上の高齢者を対象に,予防接種1回につきまして1,000円の助成を行うものでございます。対象者としましては,2万2,095人おりますが,こちらも接種率を70%と見込みまして,1万5,465人と想定し,接種回数を2回分の助成,3,093万円を見込んでおります。
 なお,接種回数につきましては,11月11日,厚生労働省の発表によりますと,新型インフルエンザワクチン接種回数の対応方針の見直しを行い,13歳以上の方の接種回数につきましては,臨床試験結果を踏まえて1回接種としておりますが,中高生につきましては当面2回接種,今後見直し,1回というような検討もされるようですが,との厚生労働省の方針が決定されたところでございます。
 しかし,専決処分を行いました12月2日時点におきましては,厚生労働省の方針が決定されておりませんでしたので,それぞれ2回の接種を見込んで計上しておるところでございます。
 以上が,平成21年度守谷市一般会計補正予算(専決第1号)の内容でございます。
○議長(又耒成人君) これより質疑に入ります。
 質疑ありませんか。
 佐藤弘子君。
◆12番(佐藤弘子君) 12番の佐藤です。
 説明を受けましたけれども,そうしますと,今の説明の中では生活保護や非課税世態に対しての全額補償ということでよろしいわけですね。
 新聞報道の中で,茨城県の国民健康保険証がとめ置きになっているのが報道されました。その中で,無保険の家庭の子供がおる,守谷におきましては10名もいるということが報道されました。これは,まさに命にかかわることと同時に,この方々が受診されなかった場合には蔓延の可能性があるということで,非常に重大なことだと思います。
 私は,この11月に入りましてから国保税の減免の適用につきましての相談をいたしましたけれども,その時点においては,ないということでありましたんですね。今の説明の中では,その分が全額補償されるというふうになったということであり,私は,この専決処分と同時に,子供に対しての接種は無償で全額,集団接種をすべきと考えておりまして,きょう,発言しようと思っていましたけれども,全協の中でそういったことをこれから説明があるということでありますけれども,まさにそういう時代になってきているのではないかと思いますので,私は,この説明の中の,新聞報道の10名のこういった問題の対策というものは同時に考えていたかどうかということを質問といたします。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長茂呂 茂君。
◎保健福祉部長(茂呂茂君) お答えいたします。
 まず,1点目でございますけれども,非課税世帯,それから生活保護世帯につきましては全額補助でございます。
 それから,無保険というお話がございましたけれども,無保険ということを考えますと,保険料の納入がされていないということが考えられますので,当然,低所得者ということで考えられますので,非課税世帯の方で拾えるものと判断をしております。
○議長(又耒成人君) ほかに質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。
 議案第92号については,会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) ご異議なしと認めます。よって,議案第92号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これより討論に入ります。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから議案第92号を採決します。
 本案を承認することに賛成の方は起立願います。
                 〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第92号は承認することに決定しました。
 次,日程第5,議案第93号 守谷市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第93号 守谷市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 本案は,平成21年8月の人事院勧告に準じ,守谷市職員の給料月額,期末手当並びに勤勉手当の額の改定,自宅に係る住居手当の廃止,時間外勤務手当の支給割合の改定並びに時間外勤務代休時間の新設及び市長,副市長並びに教育長の期末手当の額の改定を行うため,守谷市職員の給与の関する条例等の一部を改正するものでございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 補足説明を願います。
 総務部長寺田功一君。
◎総務部長(寺田功一君) 議案第93号 守谷市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例につきまして補足説明をさせていただきます。
 今回改正する条例は,守谷市職員の給与に関する条例,守谷市職員の勤務時間,休暇等に関する条例,守谷市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例,守谷市特別職の職員の給与,報酬,議員報酬,旅費及び費用弁償に関する条例,守谷市教育委員会教育長の給与,勤務時間,その他の勤務条件に関する条例の5件で,改正内容は,月例給,住宅手当,期末勤勉手当,時間外勤務手当の支給率の引き上げ及び代休制度の新設関係のいずれかとなります。
 具体的な改正内容でございますが,月例給につきましては平均で0.2%の引き下げとなります。また,あわせて減給補償についても一律0.24%の引き下げを行うものでございます。
 次に,住居手当については,自宅取得後,5年間に限り支給している月額2,500円の住居手当を廃止するものでございます。
 次に,期末勤勉手当については,さきに実施しました6月期の凍結と合わせました支給月数の年間合計において,市長,副市長,教育長の特別職が現在より0.25月マイナスの 3.1月,一般職及び特定幹部職員が0.35月マイナスの4.15月,再任用職員及び再任用特定幹部職員が0.2月マイナスの2.2月となります。
 次に,時間外勤務手当につきましては,労働基準法の見直しに伴い,月60時間を超える時間外勤務に対し,手当の支給率を現在の100分の125から100分の150に引き上げるものでございます。また,この超過勤務に対しては,手当のみでなく,代替休暇にも変更できるという制度を新設するものでございます。
 以上が,本議案の主な内容でございます。
○議長(又耒成人君) これより質疑に入ります。
 質疑ありませんか。
 浅川利夫君。
◆5番(浅川利夫君) 5番の浅川です。
 ページ数の9ページでわからない点がありますので,教えてください。
 この中で,再任用職員という項目がありまして,その中に金額がそれぞれ入っています。その中で,4点ばかり関連で不明な点が,ちょっとわからない点があるんでお願いします。
 一つは,金額の算出基準,それから再任職員の活用について,それから対象は今何人いるのか,それから再任期間,その4項目についてわからないんで教えてください。
○議長(又耒成人君) 総務部長寺田功一君。
◎総務部長(寺田功一君) 現在,再任用,守谷市の場合はことしの4月1日から実施しておりまして,現在の給料表でいきますと,主任級と同じような形での給料表を使っているところでございます。
 それから,再任用の人材の活用でございますが,今までの市職員としての経験を生かしていただくような部署ということで,現在は企画課の行政評価,それから外部評価等の担当をしていただいている部署と,それから,生活保護等の担当を経験されている方に引き続きお願いしているところでございます。
 任用の期間でございますが,1年契約という形になっております。
○議長(又耒成人君) ほかに質疑ありませんか。
 佐藤弘子君。
◆12番(佐藤弘子君) 説明をいただきましたけれども,なぜかということを,これからの見通しはないのかということ,住宅手当がこれまで5年間に限り2,500円の月額の手当がありましたということですけれども,これを廃止するというわけでありますけれども,これはこれまでのことで,これからのことはどのように考えているのか,それを伺います。
○議長(又耒成人君) 総務部長寺田功一君。
◎総務部長(寺田功一君) 今回,廃止しますのは,持ち家の,自分の持っている建物に対して,新築から5年間については月額2,500円住居手当ということで支給していたところでございますが,これについては今後廃止するということでございます。当然,借家でアパート等を借りている方については,今までどおりの支給を行う予定になっております。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆12番(佐藤弘子君) これからでも職員の中には自分の持ち家を持つという方もいると思います。そのときの対応はなくなるということでありますけれども,そういった今後の方法というものは考えていないということでありますね。
○議長(又耒成人君) 総務部長寺田功一君。
◎総務部長(寺田功一君) 前のときにも質問等もございましたが,今回,人事院の勧告をそのまま準用して行っております。それは,守谷市の場合,人事委員会というものがございませんので,職員の適正な給与等を調査する機関がございませんので,今まで人事院,それから県の人事委員会の勧告等に準拠して行ってきたということで,住宅手当等については民間との格差ということで今回なくなったものだと解釈しておりまして,今後まだ見直しがあるのかどうかについては,人事院で勧告されればそれらを考慮しながらまた改正を行っていきたいと思います。
○議長(又耒成人君) ほかに質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) これで質疑を終わります。
 お諮りします。
 議案第93号については,会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) ご異議なしと認めます。よって,議案第93号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これより討論に入ります。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから議案第93号を採決します。
 本案は,原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                 〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第93号は原案のとおり可決されました。
 以上で,本日の臨時会の日程は全部終了いたしました。
 これで平成21年第4回臨時会を閉会いたします。
               午前10時26分閉会


 地方自治法第123条第2項の規定により署名する


       守谷市議会議長     又 耒 成 人


       署名議員        山 崎 裕 子


       署名議員        酒 井 弘 仁