議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 守谷市

平成21年第 2回定例会−06月17日-05号




平成21年第 2回定例会

                平成21年第2回
            守谷市議会定例会会議録 第5号
       ──────────────────────────
         平成21年6月17日 午前10時32分開議
       ──────────────────────────
1.出席議員 20名
    議長 18番 又 耒 成 人 君  副議長 17番 山 田 清 美 君
        1番 高 梨 恭 子 君       2番 高 木 和 志 君
        3番 鈴 木   榮 君       4番 高 橋 典 久 君
        5番 浅 川 利 夫 君       6番 山 崎 裕 子 君
        7番 酒 井 弘 仁 君       8番 川 名 敏 子 君
        9番 唐木田 幸 司 君      10番 市 川 和 代 君
       11番 尾 崎 靖 男 君      12番 佐 藤 弘 子 君
       13番 伯耆田 富 夫 君      14番 松 丸 修 久 君
       15番 梅 木 伸 治 君      16番 平 野 寿 朗 君
       19番 中 田 孝太郎 君      20番 倉 持   洋 君

1.欠席議員
        な し

1.出席説明者
       市長                 会 田 真 一 君
       副市長                橋 本 孝 夫 君
       教育長                北 村 裕 信 君
       総務部長               寺 田 功 一 君
       生活経済部長             下 村 文 男 君
       保健福祉部長             茂 呂   茂 君
       都市整備部長             笠 見 吉 代 君
       教育部長               弘 澤   廣 君
       上下水道事務所長           染 谷 精 一 君
       総務部次長              笠 川 悦 範 君
       総務部次長              横 瀬   博 君
       生活経済部次長            松 丸 美恵子 君
       保健福祉部次長            比 前 静 代 君
       都市整備部次長            高 橋   要 君
       教育次長               染 谷   隆 君
       会計管理者              椎 名 一 夫 君
       総務部参事補             岡 田 宏 美 君
       農業委員会事務局長          瀬 尾 勝 重 君

1. 本会議に職務のため出席した者
        議会事務局長            上 野 久 芳
        書記                菅 谷 智 弘

1.議事日程
       ──────────────────────────
             議 事 日 程 第 5 号
                        平成21年6月17日(水曜日)
                             午前10時32分開議

日程第1.議案第54号〜議案第63号及び請願・陳情について委員長報告
     1.総務常任委員長    松 丸 修 久 議員
     2.都市経済常任委員長  梅 木 伸 治 議員
     3.文教福祉常任委員長  唐木田 幸 司 議員
     討論
     採決
日程第2.議員提出議案第3号 北朝鮮の核実験に対する意見書
日程第3.議員派遣について
日程第4.委員会の継続審査について

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 議案第54号〜議案第63号及び請願・陳情について委員長報告
 日程第2.議員提出議案第3号
 日程第3.議員派遣について
 日程第4.委員会の継続審査について
       ──────────────────────────
               午前10時32分開議
○議長(又耒成人君) これから本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので,会議は成立いたします。
 それでは,日程第1,議案第54号から議案第63号及び請願・陳情について,各委員長の審査結果報告を行います。
       ──────────────────────────
△議案第54号〜議案第63号及び請願・陳情について委員長報告

○議長(又耒成人君) 初めに,総務委員長松丸修久君,登壇を願います。
            〔総務常任委員長松丸修久君登壇〕
◎総務常任委員長(松丸修久君) 守谷市議会会議規則第39条の規定により,総務常任委員会に付託されました案件の審査の経過と結果についてご報告を申し上げます。
 6月8日の本会議におきまして当委員会に付託されました案件は,議案第58号 平成21年度守谷市一般会計補正予算(第2号)の1件のみであります。
 6月10日午後1時30分から,第1委員会室において,全委員出席のもと,説明のため,総務部長ほか関係職員の出席を求め,委員会を開催をいたしました。なお,山崎議員,佐藤議員の傍聴がありました。
 それでは,議案第58号の審査内容を報告をいたします。
 今回の総務常任委員会所管の補正予算は,財政課所管の財源超過に伴う財源調整に関する補正のみであります。
 歳入の繰入金で,財政調整基金繰入金767万9,000円の減額補正は,当初予算で計上しておりました学習支援ティーチャー配置事業の財源につきまして,茨城県の緊急雇用創出事業補助金が活用できることになり,一般財源と県補助金の財源の組み替えを行うことに伴い一般財源に財源超過が生じたことから,財政調整基金の繰り入れを取りやめるものであります。
 次,歳出についてでございますが,諸支出金で,財政調整基金の積立金1,629万2,000円の増額補正については,先ほど説明をいたしました一般財源の財源超過分を積み立てるものであります。
 なお,平成21年度末の財政調整基金残高につきましては,今回の補正により21億8,688万8,000円となります。これに平成20年度の会計閉鎖に伴う歳計剰余金の積立見込額を加算すると,平成21年度末の財政調整基金残高は29億3,000万円となる見込みとのことであります。
 委員から,財政調整基金残高について,財政計画では平成27年度末の残高10億円確保を目標としているが,今後の同基金の動向について質疑があり,平成22年度以降は,これまでのように土地売払収入等の臨時的な財源が見込めなくなることから,平成27年度末の目標残高10億円を最低限確保しながら計画的に取り崩し,財源調整を図っていきたいとの回答がありました。
 審査の結果,当委員会としては,全員異議なく可決すべきものと決しました。
 次に,収納推進課から,平成20年度市税及び国民健康保険税の収納率等についての報告がありました。
 平成20年度の市税総額の収納額は104億7,654万5,752円でした。徴収率は,現年度分で98.5%(前年度と同率),滞納繰越分で21.2%(1.8%増),合計95.2%で,昨年度の合計より0.6%の増となっているとのことでありました。
 国民健康保険税の現年度分は,90.5%(前年度比より1.3%減),滞納繰越分で18.7%(2.8%増),合計74.1%で昨年度より合計で0.6%の増となったとのことであります。
 平成21年度の徴収の課題としては,景気低迷における大規模リストラがあったことから,市税及び国保税ともに滞納額の増が予想されることでございます。
 今後は,滞納額を解消するためさらなる努力が必要となり,また,クレジット納付,マルチペイメント納付の導入について検討するとの説明がありました。
 委員から,優良納税者への多少の経費負担はよいのではないかとの意見がございました。
 その他として,平成21年度から,口座振替を推進するため,はがきによる申し込みを取り入れたところ,4月から5月末までの全税の申込状況は,昨年度が479件であったものが,今年度は,前年度の約3倍の1,463件あったとの説明がありました。
 以上,総務委員会に付託されました議案の審査の経過と結果,また,報告を申し上げまして,委員長報告といたします。ありがとうございます。
○議長(又耒成人君) ただいまの総務委員長の報告に対し,質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,都市経済委員長梅木伸治君,登壇を願います。
           〔都市経済常任委員長梅木伸治君登壇〕
◎都市経済常任委員長(梅木伸治君) 命によりまして,都市経済常任委員会に付託されました案件の審査の経過と結果につきましてご報告を申し上げます。
 今定例会におきまして当委員会に付託されました案件は,議案第58号,第59号,第60号,第61号,第62号,第63号の議案6件,請願3件でございます。
 これらの案件を審査するため,6月11日午前10時から,第1委員会室において,全委員出席のもと,都市経済常任委員会を開催いたしました。
 説明のため,関係職員,また,受理番号第2号及び第3号の請願について,紹介議員でございます佐藤議員の出席を求め,慎重に審議をさせていただきました。
 当委員会の審査に入る前に,議案第60号の提案理由に誤りがあり,市道認定路線数を67路線から68路線に訂正したいとの説明がございました。
 当委員会としては,審査に影響がないと判断し,全員一致で訂正を認めました。
 初めに,都市計画課所管について審査を始めました。
 先に,当委員会に付託されました議案6件は,すべて全員賛成のもと可決したことを,まずもってご報告させていただきます。
 説明に移ります。
 議案第63号 取手都市計画事業守谷駅周辺一体型土地区画整理事業施行規程を定める条例の一部を改正する条例について審査に入りました。
 今回の条例改正は,上位法である土地区画整理法が一部改正されたため,条例を改正するものであるとの説明を受けました。
 次に,請願第1号 松並木の保存・継承に関する請願の審査に入りました。
 委員からは,歴史的に貴重な松並木を保存するためのものであり,当委員会としては,全員異議なく採択するべきものと決しました。
 次に,建設課所管につきまして審査をいたしました。
 初めに,議案第59号 市道路線の廃止についての審査に入りました。
 今回の廃止する路線は,守谷駅周辺一体型土地区画整理事業区域内の道路を整備したことに伴い,廃止するものであるとの説明を受けました。
 次に,議案第60号 市道路線の認定について,審査に入りました。
 今回の認定する路線は,守谷駅周辺一体型土地区画整理事業で整備されたことにより,認定するものであるとの説明を受けました。
 次に,議案第61号 市道路線の廃止についての審査に入りました。
 今回の廃止する路線は,畜産基盤再編総合事業区域内の道路を整備したことに伴い,廃止するものであるとの説明を受けました。
 次に,議案第62号 市道路線の認定についての審査に入りました。
 今回の認定する路線は,畜産基盤再編総合事業で整備されたことにより,認定するものであるとの説明を受けました。
 次に,経済課所管,議案第58号 平成21年度守谷市一般会計補正予算(第2号)について審査をいたしました。
 歳入の県補助金は,緊急雇用対策に伴うものであり,厳しい雇用情勢を踏まえ,国の基金を財源に,県が,この基金をもとに,県や市町村が安定した雇用機会の創出,臨時的な雇用及び就業の機会の緊急的な創出等,就労の支援をするためのもので,ふるさと雇用再生特別基金事業と緊急雇用創出事業がございます。
 まず,ふるさと雇用再生特別基金事業補助金は,平成21年から23年までの民間企業やNPO等事業者に対する委託金であり,守谷駅周辺において,安全・安心な地元野菜の販売を行ない,個人消費だけでなく,飲食店への販路展開も視野に見据えた地元野菜のPRを実施するものでございます。
 また,緊急雇用創出事業補助金は,学習支援ティーチャー配置事業として,小・中学校に配置されている非常勤講師の人件費でございます。
 委員から,緊急雇用創出という定義であれば,新しい発想事業に補助するべきであり,一昨年から提言された学校教育の副担任制へ財源充当ということに対して整合性がとれるのか等の意見がございました。
 次に,請願受理番号第2号 「気候保護法(仮称)」の制定を求める請願について審査をいたしました。
 審査に当たっては,紹介議員の佐藤弘子議員の説明を求めました。委員から,2020年までの温室効果ガス削減の中期目標を,05年比で15%減とすることを発表したこともあり,昨今の世界経済危機の中でも地球温暖化対策に全力を挙げる決意を表明しております。このような厳しい気候保護法の制定を求める請願で制定はできるのかといった意見がございました。
 審査の結果,当委員会といたしましては,賛成者がなく不採択するべきものと決しました。
 次に,受理番号第3号 農地法「改正」に反対する請願について審査をいたしました。
 審査に当たって,紹介議員の佐藤弘子議員の説明を求めました。
 日本の農業の経緯や農業の現状及び守谷市における農業の現状や課題について協議をいたしました。
 農地の確保と効率的利用の促進を目的とした,農地法等の法律を改正する法律案については,各委員,賛成との意見が多く,審査の結果,当委員会としては,賛成者がなく不採択すべきものと決しました。
 以上,当委員会に付託されました案件の審査の経過と結果についてご報告を申し上げます。
○議長(又耒成人君) ただいまの都市経済委員長の報告に対し,質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,文教福祉委員長唐木田幸司君,登壇を願います。
           〔文教福祉常任委員長唐木田幸司君登壇〕
◎文教福祉常任委員長(唐木田幸司君) それでは,命によりまして,文教福祉常任委員会に付託されました案件の審査の経過と結果につきましてご報告を申し上げます。
 今定例会におきまして当委員会に付託されました案件は,議案第54号,55号,56号,57号,58号の議案5件であります。
 これらの案件を審査するために,6月10日午前10時から,第1委員会室において,全委員出席のもと,説明のため,教育長,教育部長,保健福祉部長ほか関係職員の出席を求め委員会を開催いたしました。なお,川名敏子議員,高木和志議員,高梨恭子議員外一般の方2名の傍聴がありました。
 初めに,保健福祉部所管について審査をいたしました。
 議案第54号は,守谷市国民健康保険条例の一部を改正する条例です。
 今回の改正は,緊急の少子化対策の一環として,国民健康保険の被保険者が,平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間に出産した場合の出産育児一時金支給額を,現行の35万円から4万円引き上げて,39万円に変更するものです。
 なお,産科医療補償制度の加入医療機関において出産した場合は,3万円がさらに加算され,合計42万円を支給することになるとの説明がありました。
 また,変更の方法として,現条例を改正するという方法が一般的であるが,期間限定の措置であるため,特例の条例としたものであるとのことでした。
 委員から,期間を限定した意味について質疑があり,国の方針として全国的に統一されているとの説明がありました。
 また,別の委員から,出生件数について質疑があり,国民健康保険の出産育児一時金支給件数について,平成19年度は97件,平成20年度は59件であるとの回答がありました。
 さらに,別の委員から,妊産婦の都道府県別の分娩費用について質疑があり,一番高い東京が51万5,000円,一番安い熊本県が34万6,000円,平均で42万3,957円であるとの説明がありました。
 審査の結果,当委員会としては,全員異議なく可決すべきものと決しました。
 次に,議案第55号 守谷市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例について審査いたしました。
 現在の妊産婦マル福制度は,平成10年11月に創設され,茨城県内44市町村で実施されており,県補助が2分の1であり,現行は,病気やけがの内容にかかわらず,所得制限内の妊産婦が医療費補助の対象となっているが,妊婦健診について,平成21年度から,今までの5回から最大14回まで公費補助することになったこと,及び県の財政難を理由に,平成21年7月から,妊娠の継続と安全な出産のために治療が必要となる疾病に限定して医療費補助を行うこととなるため,市条例においても同様の改正を行うものであります。
 妊娠の継続と安全な出産のために治療が必要となる疾病とは,具体的には,妊娠高血圧症候群,糖尿病,貧血,産科出血,心疾患,切迫早産等の疾病であります。
 県の推計による対象外となる医療費の見込みは約20%で,平成20年度の決算見込みでは,補助対象額が約1,300万円であり,その2割の約260万円が補助対象から外れ,そのうち,県補助相当分である2分の1の額,約130万円を,守谷市すこやか医療費支給に関する条例の一部を改正する条例により,市で単独補助するため,市の持ち出しがふえるとの説明がありました。
 また,所得制限をオーバーした方については,これまでも,守谷市すこやか医療費支給に関する条例により,市単独で助成をしているとのことでありました。
 審査の結果,当委員会としては,全員異議なく可決すべきものと決しました。
 次に,議案第56号 守谷市すこやか医療費支給に関する条例の一部を改正する条例について審査いたしました。
 県の補助である妊産婦マル福医療制度が,平成21年7月から,妊娠の継続と安全な出産のために治療が必要となる疾病に限定して医療費補助を行うこととなるため,守谷市においては,今まで同様,病気やけがの内容にかかわらず市単独で助成していくため,条例を改正するものです。
 今までは,所得制限内であれば,どんな病気やけがであっても県補助が2分の1であったが,今回の県の制度改正により,対象疾病に限定されたため,対象疾病外の部分と所得制限をオーバーしている妊産婦についても,この条例でカバーすることにより,すべての妊産婦について医療費を助成するものであるとの説明がありました。
 委員から,条例改正に伴い増額となる市単独費用について質疑がありました。これまでの助成分も含め,対象外となる疾病全体で約370万円であるとの説明がありました。
 審査の結果,当委員会としては,全員異議なく可決すべきものと決しました。
 次に,議案第58号 平成21年度守谷市一般会計補正予算(第2号)について審査いたしました。
 保健福祉部所管については,児童福祉課のみであります。
 歳出で,児童福祉総務費のパート保育士経費の増額は,土塔中央保育所に6月から1名,7月から1名,計2名のゼロ歳児が入所するため,パート保育士を1名増員するものです。
 委員から,パート保育士の時間単価について質疑があり,有資格者の報酬額は1時間980円であるとの説明がありました。
 また,同委員から,パート保育士の報酬額の引き上げについての要望があり,引き上げについては,総務課と協議し,検討してもらえるよう申し入れる旨の回答がありました。
 審査の結果,保健福祉部所管の議案第58号について,当委員会としては,全員異議なく可決すべきものと決しました。
 次に,教育委員会所管について審査いたしました。
 議案第57号は,学校保健法第16条第2項の規定による学校薬剤師の設置に関する条例を廃止する条例です。
 本案は,上位法である「学校保健法」が「学校保健安全法」に改正され,同法において学校薬剤師の設置に関する規定が既に置かれていることから,条例を廃止するものであるとの説明を受けました。
 審査の結果,当委員会としては,全員異議なく可決すべきものと決しました。
 次に,議案第58号 平成21年度守谷市一般会計補正予算(第2号)について審査いたしました。
 教育委員会所管については,生涯学習課のみであります。
 歳出の補正は,社会教育委員の会議の回数をふやすことに伴う経費の増額です。また,社会教育委員の視察研修1回分の経費の増額との説明がありました。
 委員から,視察はどこに行く予定かとの質疑があり,流山市に行く予定であるとの説明がありました。
 審査の結果,当委員会としては,全員異議なく可決すべきものと決しました。
 以上,本定例会に付託されました案件の審査の経過と結果を申し上げ,議員各位のご賛同をお願いいたしまして,文教福祉常任委員長の報告といたします。
○議長(又耒成人君) ただいまの文教福祉委員長の報告に対し,質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 以上で,各委員会の報告及び質疑が終わりました。
 これから,討論,採決に入ります。
 それでは,議案第54号 守谷市国民健康保険条例第7条第1項に規定する出産育児一時金の支給の特例に関する条例について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議案第54号を採決します。
 本案は,委員長報告のとおり,可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第54号は,委員長報告のとおり可決されました。
 次,議案第55号 守谷市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議案第55号を採決します。
 本案は委員長報告のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第55号は,委員長報告のとおり可決されました。
 次,議案第56号 守谷市すこやか医療費支給に関する条例の一部を改正する条例について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議案第56号を採決します。
 本案は委員長報告のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第56号は,委員長報告のとおり可決されました。
 次,議案第57号 学校保健法第16条第2項の規定による学校薬剤師の設置に関する条例を廃止する条例について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議案第57号を採決します。
 本案は委員長報告のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第57号は,委員長報告のとおり可決されました。
 次,議案第58号 平成21年度守谷市一般会計補正予算(第2号)について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議案第58号を採決します。
 本案は委員長報告のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第58号は,委員長報告のとおり可決されました。
 次,議案第59号 市道路線の廃止について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議案第59号を採決します。
 本案は委員長報告のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第59号は,委員長報告のとおり可決されました。
 次,議案第60号 市道路線の認定について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議案第60号を採決します。
 本案は委員長報告のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第60号は,委員長報告のとおり可決されました。
 次,議案第61号 市道路線の廃止について討論を行ないます。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議案第61号を採決します。
 本案は委員長報告のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第61号は,委員長報告のとおり可決されました。
 次,議案第62号 市道路線の認定について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議案第62号を採決します。
 本案は委員長報告のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第62号は,委員長報告のとおり可決されました。
 次,議案第63号 取手都市計画事業守谷駅周辺一体型土地区画整理事業施行規程を定める条例の一部を改正する条例について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議案第63号を採決します。
 本案は委員長報告のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議案第63号は,委員長報告のとおり可決されました。
 次,請願・陳情について討論を行います。
 初めに,受理番号第1号 松並木の保存・継承に関する請願について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから採決します。
 本件は委員長報告のとおり採択することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,本件は,委員長報告のとおり採択することに可決しました。
 次,受理番号第2号 「気候保護法(仮称)」の制定を求める請願について討論を行います。
 討論ありませんか。
 反対ですか,賛成ですか。
 賛成討論。
 反対の方はいませんか。
 では,反対の方から先に。
 高木議員。
◆2番(高木和志君) ないです。間違えました。
○議長(又耒成人君) では,佐藤議員。
◆12番(佐藤弘子君) 私は,賛成の立場で討論を行います。日本共産党の佐藤弘子です。
 「気候保護法(仮称)」の制定を求める請願書でありますけれども,委員会の中では否決をされておりますけれども,ぜひ皆さんご理解をいただき,ご賛同をいただきますようお願いしたいと思います。
 地球温暖化を防止する上で決定的ともいうべき国際交渉の中の期限が,この半年後に迫っております。2020年までの温室効果ガスの排出削減目標が決められております。日本は,2050年までの長期目標で,60%から80%の削減を掲げていたわけであります。京都議定書の目標では8%減,あれから逆に7%増加をして,何らほとんど変わらないことがわかったわけです。日本の温室効果ガス排出は,半分は大企業の事業所によるもの,茨城県においても,原発やコンビナートや製鉄所などがあり,家庭からの排出は0.5%と言われております。政府は,こういった産業界の自主努力に任せてきた結果,財界言いなりの温室効果ガス削減目標で,国際的に通用いたしません。日本の影響が予測されます。今世紀末には,洪水,はんらんや土砂災害,ブナ林や砂丘の損失,高潮,私の産まれた太平洋の鹿島灘におきましても,30年前までは砂丘が100メートルもあるほど長く続いておりました。けれども,今は堤防ができて,そこまで潮が押し寄せております。高潮のときには,道路を伝わり,陸の方に上がってくるような状態が生まれ出ております。また,熱中症などの被害が,これを年間で計算すると,これから17兆円もかかると予測されております。私たちの次の時代に住みよい地球環境を守り続けていく,そのためにも,私たち先進国日本の歴史というものは,責任をリーダーシップをとってやるべきだと。そして,気候保護法の提出ができるように,皆さんのご賛同をよろしくお願いいたします。
○議長(又耒成人君) ほかに討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) これで討論を終わります。
 これから採決します。
 本件に対する委員長報告は,不採択であります。
 本件を採択することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 起立少数です。よって,本件は,委員長報告のとおり不採択とすることに決定しました。
 次,受理番号第3号 農地法の「改正」に反対する請願について討論を行います。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから採決します。
 本件に対する委員長報告は,不採択であります。
 本件を採択することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 起立少数です。よって,本件は,委員長報告のとおり不採択とすることに決定しました。
 次,日程第2,議員提出議案第3号 北朝鮮の核実験に対する意見書を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議員提出議案第3号 北朝鮮の核実験に対する意見書

 提出者から,提案理由の説明を求めます。
 議会運営委員長中田孝太郎君。
◎議会運営委員長(中田孝太郎君) 提案理由を申し上げます。
 守谷市は,核兵器の廃絶と世界の恒久平和を願い,平成7年7月31日に「非核・平和都市宣言」を行っております。
 北朝鮮が5月25日に実施した2回目の核実験は,国連決議や6カ国協議共同声明,さらには日朝平壌宣言に反した,核兵器廃絶を求める国際世論に逆行する暴挙であり,国際社会全体の平和と安全に対する重大な挑戦であります。
 核実験の実施は,地球環境や生態系を破壊するばかりではなく,人類の生存をも脅かす事態を招くことになり,いかなる国の核実験であろうことも容認することはできません。
 よって,地方自治法第99条の規定に基づき,意見書を提出するものです。よろしくご審議の上,ご賛同のほどお願い申し上げます。
○議長(又耒成人君) これより質疑に入ります。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 これより討論に入ります。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから,議員提出議案第3号を採決します。
 本案は原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 全員起立です。よって,議員提出議案第3号は,原案のとおり可決されました。
 日程第3,議員派遣についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△議員派遣について

○議長(又耒成人君) 本件については,お手元に配付のとおり,地方自治法第100条第13項及び会議規則第159条の規定により,議員を派遣するものであります。
 お諮りします。
 お手元に配付のとおり議員派遣することにご異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) ご異議なしと認めます。よって,お手元に配付のとおり議員派遣することに決定しました。
 次,日程第4,委員会の継続審査についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△委員会の継続審査について

○議長(又耒成人君) お手元に配付してありますとおり,各委員会から閉会中の継続審査の申し出がありました。
 お諮りします。
 申し出のとおり,閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) ご異議なしと認めます。よって,申し出のとおり,閉会中の継続審査とすることに決定しました。
 以上で,本定例会に付議されました案件の審査は全部終了いたしました。
 以上をもちまして,平成21年第2回定例会を閉会いたします。
               午前11時10分閉会


 地方自治法第123条第2項の規定により署名する


      守谷市議会議長       又 耒 成 人


      署名議員          高 木 和 志


      署名議員          鈴 木   榮