議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 守谷市

平成20年第 4回定例会−12月11日-02号




平成20年第 4回定例会

                平成20年第4回
             守谷市議会定例会会議録 第2号
       ──────────────────────────
         平成20年12月11日 午前10時08分開議
       ──────────────────────────
1.出席議員 20名
    議長 18番 又 耒 成 人 君  副議長 13番 伯耆田 富 夫 君
        1番 高 梨 恭 子 君       2番 高 木 和 志 君
        3番 鈴 木   榮 君       4番 高 橋 典 久 君
        5番 浅 川 利 夫 君       6番 山 崎 裕 子 君
        7番 酒 井 弘 仁 君       8番 川 名 敏 子 君
        9番 唐木田 幸 司 君      10番 市 川 和 代 君
       11番 尾 崎 靖 男 君      12番 佐 藤 弘 子 君
       14番 松 丸 修 久 君      15番 梅 木 伸 治 君
       16番 平 野 寿 朗 君      17番 山 田 清 美 君
       19番 中 田 孝太郎 君      20番 倉 持   洋 君

1.欠席議員
        な し

1.出席説明者
       市長                 会 田 真 一 君
       副市長                西 野 賢 一 君
       教育長                北 村 裕 信 君
       総務部長               橋 本 孝 夫 君
       生活経済部長             下 村 文 男 君
       都市整備部長             石 塚 秀 春 君
       教育部長               弘 澤   廣 君
       上下水道事務所長兼浄化センター長   染 谷 精 一 君
       総務部次長兼企画課長         笠 川 悦 範 君
       総務部次長兼収納推進室長       横 瀬   博 君
       生活経済部次長兼くらしの支援課長   松 丸 美恵子 君
       保健福祉部次長兼児童福祉課長兼福祉事務所次長
                          比 前 静 代 君
       都市整備部次長兼都市計画課長     笠 見 吉 代 君
       教育次長兼学校教育課長        染 谷   隆 君
       会計管理者兼会計課長         寺 田 功 一 君
       生活経済部参事補兼経済課長      椎 名 一 夫 君
       農業委員会事務局長          瀬 尾 勝 重 君
       秘書課長               岡 田 宏 美 君
       国保年金課長             野 口 英 世 君
       介護福祉課長             豊 田 みよ子 君

1. 本会議に職務のため出席した者
       議会事務局長             高 橋 繁 樹
       書記                 菅 谷 智 弘

1.議事日程
       ──────────────────────────
             議 事 日 程 第 2 号
                       平成20年12月11日(木曜日)
                             午前10時08分開議

日程第1.利根左岸対策特別委員会委員の選任について
日程第2.乙子立体交差建設対策特別委員会委員の選任について
日程第3.報告第13号及び議案第94号〜議案第106号に対する質疑
日程第4.議案第94号〜議案第106号及び請願・陳情について各委員会付託

1.本日の会議に付した事件
 日程第1.利根左岸対策特別委員会委員の選任について
 日程第2.乙子立体交差建設対策特別委員会委員の選任について
 日程第3.報告第13号及び議案第94号〜議案第106号に対する質疑
 日程第4.議案第94号〜議案第106号及び請願・陳情について各委員会付託
       ──────────────────────────
               午前10時08分開議
○議長(又耒成人君) これから本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので,会議は成立いたします。
 なお,本日は,国保年金課長及び介護福祉課長の出席を求めました。
 それでは,日程第1,利根左岸対策特別委員会委員の選任についてを議題といたします。
       ────────────────────────────
△利根左岸対策特別委員会委員の選任について

○議長(又耒成人君) 利根左岸対策特別委員会の委員の選任については,委員会条例第8条第1項の規定により,議長において高梨恭子君を利根左岸対策特別委員会委員に指名いたします。
 次,日程第2,乙子立体交差建設対策特別委員会委員の選任についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△乙子立体交差建設対策特別委員会委員の選任について

○議長(又耒成人君) 乙子立体交差建設対策特別委員会委員の選任については,委員会条例第8条第1項の規定により,議長において高梨恭子君を乙子立体交差建設対策特別委員会委員に指名いたします。
次,日程第3,報告第13号及び議案第94号から議案第106号に対する質疑に入ります。
       ──────────────────────────
△報告第13号及び議案第94号〜議案第106号に対する質疑

○議長(又耒成人君) 初めに,報告第13号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,議案第94号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,議案第95号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,議案第96号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,議案第97号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,議案第98号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 佐藤弘子君。
◆12番(佐藤弘子君) 皆さんは,よくご承知ですから質疑いたしませんでしょうけれども,私,わかりませんので。
 議長。
○議長(又耒成人君) はい。
◆12番(佐藤弘子君) 98号につきましての今回出されました地区計画に関しての建物の制限に関します条例でありますけれども,これまでにも,こういったことを我々言ってきたわけでありますけれども,もっと早く,このような条例が出せたんじゃないかというふうに思うんです。これからに関しても,非常に大事な点ということでは評価できるものでありますけれども,例えばひがし野地区においての高さの制限をしてほしいという,やっぱり住民の物すごい強い要求があったにもかかわらず,建物の高さの制限ができなかった例がありまして,今,大きな,その分も引き続いている問題となっているわけでありますけれども,今後,こういった問題が,今回7地区ということに地区名が具体的にされましたけれども,今後において,ある程度の規制の中で,さらにまた,守谷のまちづくりの中で,こういった,例えばもっと細かく言えば,高度地区などとも関連していくわけなんですけれども,そういった点も,今後,考えられるのかどうなのか。今回の七つの地区に関してのこの条例はいいんですけれども,これをほかのところに当てはめていくに当たって,さらに進んだまちづくりの中で,そういったものもできるのかどうか,先の見通しまでどうなんだろうなと,ちょっと疑問に思ったので質問いたします。
○議長(又耒成人君) 都市整備部次長笠見吉代君。
◎都市整備部次長(笠見吉代君) 早いうちの条例化というようなこと,それと,高度地区というような話もございましたけれども,いずれにいたしましても,今まで条例を地区計画の中で条例化していた地区が3地区ほどございます。その3地区につきましては,住宅系が2,それから,工業系が1ということで,この後ご審議いただく部分も含みますけれども,まず,その中で,今回,それぞれ土地区画整理事業の中で地区計画をしてまいりましたので,当時の名称で,まず条例化されていたと。それを今,新しい地域ができましたので,名称を変更するのが一つでございます。
 それと,7地区も条例化するわけですけれども,この中で,建築基準法に基づきまして地区計画の制限というものを条例化をしたと。特に,第4条の2と4条の3,これは容積率,建ぺい率でございますけれども,守谷の場合には,地区計画は道路界で地区計画をしておりますので,この条例に該当するものは,基本的にはないというふうには思っておりますけれども,それぞれの地区計画がある場合,あるいは,地区計画のない区域,こういうものにつきましても,それぞれ制限をするというような条例になってございます。したがいまして,今まで以上に建築確認の中での審査事項になるというふうにご理解をいただきたいと思います。
 それと,高度地区関係でございますけれども,高さ制限を入れて高さを制限するということだと思いますけれども,今,高さを制限している最高高で一定層の部分がございますので,これらにつきましては9メートル,それから,駅周辺につきましては,住宅系と商業系に,最低高,最高高を入れたところではございますけれども,今後の対応といたしましては,高度地区というような形の中で少し精査をしていければというふうに考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) ほかに質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) これで議案第98号の質疑を終わります。
 次,議案第99号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,議案第100号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,議案第101号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,議案第102号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,議案第103号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 佐藤弘子君。
◆12番(佐藤弘子君) この103号については,介護保険ということで今回の補正の部分のところには値しないんですけれども,値しないというか,大枠ではもちろん入っていることなんですけれども,今回,この補正に関しては節3の部分ですか,これは。私,福祉が,お年寄りにも住みやすいまちということもあるということを市長の公約の中にありますけれども,本当に高齢者の皆さんが,今回の選挙を通じましても,非常に怒っているわけです。後期高齢者医療制度の問題初めとする,高齢者に何だ,こんな仕打ちはと。今回,守谷市だって,おむつは外されちゃうわ。おむつって外すものなんですけれども,おむつは外されちゃうわ,本当に楽しみにしていたマッサージのものも外されちゃうわ,あげくの果てにはタクシーも外された,足も外されるというような,まさにお笑いともつかいない怒りがある中において,本当にこれでいいのかということを,私,感じておりまして,やっぱりお年寄りに優しいまちであるなら介護保険料だって,今回,一般質問通告しておりますけれども,一番県内で高いは自慢にならないです。保険料の負担が多いということでは,そういう意味での怒りがあるわけで,そこら辺をどういうふうに,本当に,お年寄りのこの苦しみを。この議題の質問ではないんですけれども,言わせていただきたい。言わせてください。
○議長(又耒成人君) これは質疑でよろしいですか,意見ですか。
 佐藤議員,よろしいですか。
 ほかに質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) これで議案第103号の質疑を終わります。
 次,議案第104号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次,議案第105号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 質疑なしと認めます。
 次に,議案第106号について質疑を行います。
 質疑ありませんか。
 佐藤弘子君。
◆12番(佐藤弘子君) 今回の106号の後期高齢者医療制度の広域の部分の一部改正ということでありますけれども,この今回の理由の中身は,広域議員の定数を広げるということであります。当然,この問題は,今,広域議員の中では,44市町村のうち選出されているのは現行では22名でありますので,当然,これをふやすのは当たり前でありますと同時に,比例部分として,この定数を広げる考え方をしなけれればならないんじゃないかということが一つと,制度そのものをやはり廃止をするということじゃないかというふうに思うんですけれども,その点では,どのように考えておりますか。
○議長(又耒成人君) 国保年金課長野口英世君。
◎国保年金課長(野口英世君) お答えをさせていただきます。
 今回の規約の改正につきましては,今,議員おっしゃるとおり22から44ということで,各市町村から,それぞれ議員を出しましょうということで定数が改正されていこうということでございます。目的は,あくまでも,この広域連合の運営が円滑に進められるということと,それから,各市町村の意見の反映を見るということにあるわけです。
 後期高齢者医療制度の廃止ということにつきましては,これは高齢者の医療の確保に関する法律というものに基づきまして運営されておりまして,この法律が改正されない以上は,この後期高齢者医療制度は存続されるということでございますので,その辺はご理解をいただきたいというふうに思っております。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) ほかに質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) これで議案第106号の質疑を終わります。
 次,日程第4,議案第94号から議案第106号及び請願・陳情について各委員会付託を行います。
       ──────────────────────────
△議案第94号〜議案第106号及び請願・陳情について各委員会付託

○議長(又耒成人君) お諮りします。
 この際,お手元に配付した付託表のとおり,それぞれ所管の委員会に付託したいと思いますが,これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) ご異議なしと認めます。よって,お手元の付託表のとおり各委員会に付託することに決しました。
 以上で,本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれで散会いたします。
               午前10時21分散会