議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 守谷市

平成20年第 3回定例会−09月03日-01号




平成20年第 3回定例会

                平成20年第3回
            守谷市議会定例会会議録 第1号
       ──────────────────────────
         平成20年9月3日 午前10時26分開会
       ──────────────────────────
1.出席議員 20名
    議長 18番 又 耒 成 人 君  副議長 13番 伯耆田 富 夫 君
        1番 梶 岡 博 樹 君       2番 高 木 和 志 君
        3番 鈴 木   榮 君       4番 高 橋 典 久 君
        5番 浅 川 利 夫 君       6番 山 崎 裕 子 君
        7番 酒 井 弘 仁 君       8番 川 名 敏 子 君
        9番 唐木田 幸 司 君      10番 市 川 和 代 君
       11番 尾 崎 靖 男 君      12番 佐 藤 弘 子 君
       14番 松 丸 修 久 君      15番 梅 木 伸 治 君
       16番 平 野 寿 朗 君      17番 山 田 清 美 君
       19番 中 田 孝太郎 君      20番 倉 持   洋 君

1.欠席議員
        な し

1.出席説明者
       市長                 会 田 真 一 君
       副市長                西 野 賢 一 君
       教育長                北 村 裕 信 君
       総務部長               橋 本 孝 夫 君
       生活経済部長             下 村 文 男 君
       保健福祉部長兼福祉事務所長      茂 呂   茂 君
       都市整備部長             石 塚 秀 春 君
       教育部長               弘 澤   廣 君
       上下水道事務所長兼浄化センター長   染 谷 精 一 君
       総務部次長兼企画課長         笠 川 悦 範 君
       総務部次長兼収納推進室長       横 瀬   博 君
       生活経済部次長兼くらしの支援課長   松 丸 美恵子 君
       保健福祉部次長兼児童福祉課長兼福祉事務所次長
                          比 前 静 代 君
       都市整備部次長兼都市計画課長     笠 見 吉 代 君
       教育次長兼学校教育課長        染 谷   隆 君
       会計管理者兼会計課長         寺 田 功 一 君
       生活経済部参事補兼経済課長      椎 名 一 夫 君
       農業委員会事務局長          瀬 尾 勝 重 君
       秘書課長               岡 田 宏 美 君
       代表監査委員             田 向 節 三 君

1.本会議に職務のため出席した者
       議会事務局長             高 橋 繁 樹
       書記                 菅 谷 智 弘

1.会議録署名議員
           9番 唐木田 幸 司 君
          10番 市 川 和 代 君


              第3回定例会委員会付託表

〇総務常任委員会
 1.議案第74号 守谷市政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例
 2.議案第75号 守谷市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 3.議案第76号 守谷市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例
 4.議案第78号 平成20年度守谷市一般会計補正予算(第2号)
 5.議案第88号 財産の取得について

〇生活経済常任委員会
 1.議案第78号 平成20年度守谷市一般会計補正予算(第2号)
 2.議案第84号 平成20年度守谷市守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
 3.議案第85号 平成20年度守谷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
 4.議案第86号 平成20年度守谷市水道事業会計補正予算(第1号)
 5.議案第87号 平成20年度守谷市公共下水道事業会計補正予算(第1号)
 6.議案第89号 市道路線の認定について
 7.議案第90号 市道路線の廃止について
 8.議案第91号 守谷市土地開発公社定款の変更について

〇文教福祉常任委員会
 1.議案第77号 守谷市すこやか医療費支給に関する条例の一部を改正する条例
 2.議案第78号 平成20年度守谷市一般会計補正予算(第2号)
 3.議案第79号 平成20年度守谷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 4.議案第80号 平成20年度守谷市老人保健特別会計補正予算(第1号)
 5.議案第81号 平成20年度守谷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
 6.議案第82号 平成20年度守谷市介護保険特別会計補正予算(第1号)
 7.議案第83号 平成20年度守谷市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)

〇決算特別委員会
 1.議案第65号 平成19年度守谷市一般会計歳入歳出決算認定
 2.議案第66号 平成19年度守谷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定
 3.議案第67号 平成19年度守谷市老人保健特別会計歳入歳出決算認定
 4.議案第68号 平成19年度守谷市介護保険特別会計歳入歳出決算認定
 5.議案第69号 平成19年度守谷市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算認定
 6.議案第70号 平成19年度守谷市守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定
 7.議案第71号 平成19年度守谷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定
 8.議案第72号 平成19年度守谷市水道事業会計決算認定
 9.議案第73号 平成19年度守谷市公共下水道事業会計決算認定

1.議事日程
       ──────────────────────────
             議 事 日 程 第 1 号
                         平成20年9月3日(水曜日)
                             午前10時26分開会

日程第1.会議録署名議員の指名について
日程第2.会期の決定について
日程第3.報告第9号 平成19年度守谷市一般会計継続費精算報告
日程第4.報告第10号 平成19年度守谷市水道事業会計継続費精算報告
日程第5.報告第11号 平成19年度守谷市健全化判断比率の報告について
日程第6.報告第12号 平成19年度守谷市の公営企業会計資金不足比率の報告について
日程第7.議案第64号 守谷市教育委員会委員の任命について
日程第8.議案第65号 平成19年度守谷市一般会計歳入歳出決算認定
日程第9.議案第66号 平成19年度守谷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定
日程第10.議案第67号 平成19年度守谷市老人保健特別会計歳入歳出決算認定
日程第11.議案第68号 平成19年度守谷市介護保険特別会計歳入歳出決算認定
日程第12.議案第69号 平成19年度守谷市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算認定
日程第13.議案第70号 平成19年度守谷市守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定
日程第14.議案第71号 平成19年度守谷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定
日程第15.議案第72号 平成19年度守谷市水道事業会計決算認定
日程第16.議案第73号 平成19年度守谷市公共下水道事業会計決算認定
日程第17.議案第74号 守谷市政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例
日程第18.議案第75号 守谷市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
日程第19.議案第76号 守谷市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例
日程第20.議案第77号 守谷市すこやか医療費支給に関する条例の一部を改正する条例
日程第21.議案第78号 平成20年度守谷市一般会計補正予算(第2号)
日程第22.議案第79号 平成20年度守谷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
日程第23.議案第80号 平成20年度守谷市老人保健特別会計補正予算(第1号)
日程第24.議案第81号 平成20年度守谷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
日程第25.議案第82号 平成20年度守谷市介護保険特別会計補正予算(第1号)
日程第26.議案第83号 平成20年度守谷市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)
日程第27.議案第84号 平成20年度守谷市守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
日程第28.議案第85号 平成20年度守谷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
日程第29.議案第86号 平成20年度守谷市水道事業会計補正予算(第1号)
日程第30.議案第87号 平成20年度守谷市公共下水道事業会計補正予算(第1号)
日程第31.議案第88号 財産の取得について
日程第32.議案第89号 市道路線の認定について
日程第33.議案第90号 市道路線の廃止について
日程第34.議案第91号 守谷市土地開発公社定款の変更について
日程第35.請願・陳情について

1.本日の会議に付した事件
 日程第1.会議録署名議員の指名について
 日程第2.会期の決定について
 日程第3.報告第9号
 日程第4.報告第10号
 日程第5.報告第11号
 日程第6.報告第12号
 日程第7.議案第64号
 日程第8.議案第65号
 日程第9.議案第66号
 日程第10.議案第67号
 日程第11.議案第68号
 日程第12.議案第69号
 日程第13.議案第70号
 日程第14.議案第71号
 日程第15.議案第72号
 日程第16.議案第73号
 日程第17.議案第74号
 日程第18.議案第75号
 日程第19.議案第76号
 日程第20.議案第77号
 日程第21.議案第78号
 日程第22.議案第79号
 日程第23.議案第80号
 日程第24.議案第81号
 日程第25.議案第82号
 日程第26.議案第83号
 日程第27.議案第84号
 日程第28.議案第85号
 日程第29.議案第86号
 日程第30.議案第87号
 日程第31.議案第88号
 日程第32 議案第89号
 日程第33 議案第90号
 日程第34 議案第91号
 日程第35.請願・陳情について
       ──────────────────────────
               午前10時26分開会
○議長(又耒成人君) ただいまから平成20年第3回守谷市議会定例会を開会します。
 ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので,会議は成立いたします。
 これから本日の会議を開きます。
 日程に先立ちまして,ご報告申し上げます。
 閉会中において,地方自治法第100条第13項及び会議規則第159条の規定により派遣した議員派遣について,お手元に配付のとおりご報告申し上げます。
 本定例会に提出されております案件は,報告4件,議案28件,請願1件であります。
 また,説明のため出席を要請した者は,市長,副市長,教育長,各部長,上下水道事務所長,各次長,会計管理者,参事補,農業委員会事務局長,秘書課長,代表監査委員であります。
 本会議の書記として,高橋事務局長,菅谷書記を命じました。
 それでは,日程第1,会議録署名議員の指名を行います。
       ──────────────────────────
△会議録署名議員の指名について

○議長(又耒成人君) 会議録署名議員は,会議規則第81条の規定により,
     唐木田 幸 司 君
     市 川 和 代 君
を指名いたします。
 次,日程第2,会期の決定についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△会期の決定について

○議長(又耒成人君) お諮りします。
 本定例会の会期は,本日から19日までの17日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) ご異議なしと認めます。よって,会期は本日から19日までの17日間と決定しました。
 なお,会期日程につきましては,お手元に配付してあります会期日程表のとおりお願いしたいと思います。
 次,日程第3,報告第9号 平成19年度守谷市一般会計継続費精算報告を議題といたします。
       ──────────────────────────
△報告第9号 平成19年度守谷市一般会計継続費精算報告

○議長(又耒成人君) 内容の説明を求めます。
 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) それでは,報告第9号 平成19年度守谷市一般会計継続費精算報告につきましてご説明を申し上げます。
 平成18年度当初に,2年継続で継続費を設定させていただきましたオオタカモニタリング調査業務でございます。これは,都市計画道路郷州沼崎線整備方針検討委員会の検討結果を踏まえまして,郷州沼崎線の測量等の現地における作業の実施に伴いまして,オオタカへの影響の有無や定量等を把握し,必要に応じた保護方策を検討する材料を得るためにオオタカモニタリング調査を実施したものでございます。工期は,平成18年9月30日から平成19年8月31日をもって終了しております。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 次,日程第4,報告第10号 平成19年度守谷市水道事業会計継続費精算報告を議題といたします。
       ──────────────────────────
△報告第10号 平成19年度守谷市水道事業会計継続費精算報告

○議長(又耒成人君) 内容の説明を求めます。
 上下水道事務所長染谷精一君。
◎上下水道事務所長(染谷精一君) 報告第10号 平成19年度守谷市水道事業会計継続費精算報告についてご説明させていただきます。
 今回のこの継続費精算報告につきましては,地方公営企業施行令第18条の2第2項の規定に基づきまして,平成19年度の継続年度の終了によりまして精算した継続費について,その内容を継続するものでございます。
 まず,継続費の電気・中央監視設備においては,建設後25年以上経過しまして老朽化による更新が必要となったために,工事発注に必要な予算措置を平成18年度と平成19年度の2カ年継続事業として設定したものでございます。
 次に,継続費の全体計画につきましては,更新のための工事費10億3,530万円と工事施工監理業務費1,123万5,000円,合計10億4,653万5,000円でございます。工事は,平成20年3月に完成いたしております。
 工事の内容につきましては,主に受変電設備,計装設備,主要監視設備,配水管理局及び井戸遠方監視設備の更新工事でございます。
 次に,工事実績につきましては,表の真ん中の欄にその支払い実績額を示してございます。更新工事費10億1,430万円,工事施工監理業務費1,123万5,000円,合計で10億2,553万5,000円でございます。いずれも平成19年度の支払いでございます。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第5,報告第11号 平成19年度守谷市健全化判断比率の報告についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△報告第11号 平成19年度守谷市健全化判断比率の報告について

○議長(又耒成人君) 内容の説明を求めます。
 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) それでは,報告第11号 平成19年度守谷市健全化判断比率の報告につきましてご説明をさせていただきます。
 平成19年の6月22日に公布されました地方公共団体の財政の健全化に関する法律につきましては,地方公共団体の財政の健全化に関する比率の公表の制度を設けまして,当該比率に応じまして,地方公共団体が財政の早期健全化及び財政の再生,並びに公営企業の経営の健全化を図るための計画を策定する制度を定めるとともに,当該計画の実施の促進を図るための行政上の措置を講ずることにより,地方公共団体の財政の健全化に資することを目的とされたものでございます。
 また,財政指標の算定方法や財政の早期健全化,再生の基準につきましては,これに基づきます政令,省令におきまして定められているところでございます。
 なお,指標の公表ですが,平成20年度作成分,つまり19年度決算から公表する形になっておりまして,財政健全化計画の策定の義務づけにつきましては,平成21年度からの適用となっております。
 ただ,この財政健全化計画につきましては,財政指標が悪い場合につくるという形でございますので,良好の場合にはつくる必要性がございませんので,申し添えておきたいと思います。
 それでは,実質赤字比率でございますけれども,一般会計等の実質収支額の標準財政規模に対します割合をあらわすものでございますけれども,後で決算報告がなされますけれども,一般会計で実質収支額が8億9,835万2,000円の黒字という形になっておりますので,該当ございません。
 それから,連結実質赤字比率でございますけれども,これにつきましても特別会計や公営企業会計までを含めました実質収支額の標準財政規模に対する割合をあらわすものでございますけれども,守谷市の場合,いずれの会計におきましても実質収支が黒字になっておりますので,該当ございません。
 次に,実質公債費比率でございますけれども,一般会計や特別会計の元利償還金に一部事務組合の公債費への負担金や公営企業の元利償還金への一般会計からの繰出金を加えた公債費相当額の標準財政規模を基本としました額に対する割合をあらわすものでございまして,14.5%となっております。
 なお,下に括弧書きで25.0%と記載してございますけれども,これは早期健全化比率の国の基準でございますので,25.0%を上回りますと,先ほど申し上げました健全化計画を作成しなければならないという形になっておりますけれども,それに比較しまして守谷市の場合14.5%でございますので,問題ございません。
 最後に,将来負担比率でございますけれども,一般会計等が将来負担します実質的な負債の標準財政規模を基本とした額に対する割合をあらわすものでございまして,守谷市の場合87.1%でございます。早期健全化基準は350%という形になっておりますので,これらを大きく下回っているところでございます。
 次に,2ページをお願いしたいと思います。
 審査意見書が添付されてございますけれども,地方公共団体は,毎年度,この中段にあります四つの健全化判断比率,今申し上げました実質赤字比率,連結実質赤字比率,実質公債費比率,将来負担比率,これを監査委員の審査に付しました上で議会に報告しまして,公表しなければならない形になっております。このため,20年7月15日から7月24日まで監査委員に審査をしていただきました結果を添付書類として提出されておりますので,よろしくお願いしたいと思います。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 代表監査委員から審査意見書の報告を求めます。
 田向節三監査委員。
◎代表監査委員(田向節三君) お答えいたします。
           平成19年度守谷市財政健全化審査意見書
1 審査の対象
  実質赤字比率,連結実質赤字比率,実質公債費比率及び将来負担比率,並びにその算定の基礎となる事項を記載した書類
2 審査の期間
  平成20年7月15日から平成20年7月24日まで
3 審査の概要
  この財政健全化審査は,市長から提出された健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
4 審査の結果
  (1)総合意見
     審査に付された下記,健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は,いずれも適正に作成されているものと認められる。
 詳細につきましては,下記をごらんいただきたいと思います。
 以上,ご報告いたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第6,報告第12号 平成19年度守谷市の公営企業会計資金不足比率の報告についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△報告第12号 平成19年度守谷市の公営企業資金不足比率の報告について

○議長(又耒成人君) 内容の説明を求めます。
 上下水道事務所。
◎上下水道事務所長(染谷精一君) それでは,報告第12号 平成19年度守谷市の公営企業会計資金不足比率の報告について説明させていただきます。
 守谷市が経営する公営企業につきましては,地方公営企業法を適用する水道事業会計及び公共下水道事業会計と,地方公営企業を適用しない農業集落排水事業特別会計の3会計につきまして,去る7月14日の決算審査に合わせ,会計ごとに資金不足比率とその算出の基礎となる書類を監査委員の審査に付しました。よって,地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定によりまして,監査委員から提出された審査意見書を付して資金不足比率を議会に報告するものでございます。
 水道事業会計及び公共下水道事業会計での資金不足比率につきましては,まず資金不足を求め,これについては貸借対照表に示した流動資産額から流動負債額を差し引きいたします。その差し引きの結果,不足額が発生したときには,当該会計の事業規模で割って資金不足率を求めるものでございます。
 次に,農業集落排水事業特別会計につきましては,決算額の歳入額から歳出額を差し引き不足額を求め,その差し引きの結果,不足額が発生したときには,当該会計の事業規模で割って資金不足比率を求めるものでございます。
 水道事業会計及び公共下水道事業会計,並びに農業集落排水事業特別会計の3会計につきましては,いずれも平成19年度決算において資金不足額はございません。よって,資金不足比率には該当しないため,今回,比率表示についてバー表示といたしました。
 引き続き公営企業について良好な経営状態を図ってまいりたいと思います。
 以上で,報告内容説明を終わります。
○議長(又耒成人君) 代表監査委員から審査意見書の報告を求めます。
 田向節三監査委員。
◎代表監査委員(田向節三君)
 平成19年度守谷市水道事業会計及び守谷市公共下水道事業経営健全化審査意見書
1 審査の対象
  資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類
2 審査日
  平成20年7月14日
3 審査の概要
  この経営健全化審査は,市長から提出された資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
4 審査の結果
  (1)総合意見
     審査に付された下記,資金不足比率及び算定の基礎となる事項を記載した書類は,いずれも適正に作成されているものと認められる。
 詳細につきましては,下記をごらんいただきたいと思います。

     平成19年度守谷市農業集落排水事業特別会計経営健全化審査意見書
1 審査の対象
  資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類
2 審査日
  平成20年7月14日
3 審査の概要
  この経営健全化審査は,市長から提出された資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。
4 審査の結果
  (1)総合意見
     審査に付された下記,資金不足比率及び算定の基礎となる事項を記載した書類は,いずれも適正に作成されているものと認められる。
 詳細については,下記をごらんいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 次,日程第7,議案第64号 守谷市教育委員会委員の任命についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第64号 守谷市教育委員会委員の任命について

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 本案は,教育委員会委員毛利史子氏が平成20年9月30日をもって任期満了になることに伴い,後任の委員として山本キヨ氏を教育委員会委員として任命したいので,地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき提案するものでございます。
 よろしくご審議の上,ご同意のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) これより質疑に入ります。
 質疑ありませんか。
 佐藤弘子君。
◆12番(佐藤弘子君) 12番の佐藤弘子です。
 最初に,二つほど伺います。
 今回の教育委員会委員の任命に当たりまして,山本キヨ氏が任命の選出に挙がりましたけれども,この選出に当たっての根拠は何だったのかということを一つ伺いたいのと,私は,前々から,教育委員に関しましては公選制ですべきだということを主張しておりますけれども,いまだにその考えはあるのかないのか。
 この二つ,先に伺います。
○議長(又耒成人君) 弘澤教育部長,お願いします。
◎教育部長(弘澤廣君) お答えいたします。
 教育委員の任命に当たりましては,知識を有するということで,山本キヨさんにおかれましては,前教育部長の経験もあるということで,またさらに行政経験も豊かだ,このような観点から私どもで提案している次第でございます。
 それから,公選制につきましては,これまでどおり豊かな経験を持っている方が守谷市におりますので,その方を推薦していきたい,このように今思っているところでございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆12番(佐藤弘子君) ただいま説明をいただきましたけれども,一つ目の選任の根拠があんまりはっきりしておりません。
 住民の中には,専門職をしました教職員の退職者というのは相当いると伺っております。そういう中での選任が考えられなかったのかしらということを私は指摘せざるを得ません。
 そして,なおかつ山本氏におきましては,大変優秀なお方だと存じておりますけれども,この間学童保育の有料化やさらには保育所の民営化を推進してきた一番の立役者ではなかったかというふうに思います。
 今,大分県で問題になっております教育委員会の大層な権限の中でいろいろな問題がされております。市町村におきましても,同じように教育委員会の役割権限は非常にあると私は思います。そういう中で,子供たちが今回の学力テストに見られますように,ますます選別をされ,お金のない者はますます教育の水準が下がる,希望することもできないというようなことがあるのではないかということを非常に私は心配しております。そういう立場からも,この選任につきましては,何とも私は賛成しかねる立場なのであります。
 それと,公選制については,推薦で行っていくということで返答いただきましたけれども,やはりこれは公選制にすべきであります。これほど全国的に社会問題化している中において,守谷はあらゆる面で比較的進んでいるというようなことも言われておりますけれども,私は,推薦ではなく公選制をすべきであるということを再度主張いたしまして,意見を述べさせてもらいました。
 以上です。
○議長(又耒成人君) 教育部長弘澤 廣君。
◎教育部長(弘澤廣君) お答えいたします。
 貴重なご意見ありがとうございます。
 ただ,私ども,今回,教育3法もいろいろ改正がございまして,教育委員につきましてもいろいろな角度から教育を論じられる,そういうことで,前回,保護者の立場からも入れなさいと,このような法律改正があったところでございます。教職経験者もたくさんおります。そのような中で,教育経験者ばかりでなくいろいろな角度から見られる,そういう立場から山本氏を上程している次第でございます。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) ほかに質疑ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) これで議案第64号の質疑を終わります。
 お諮りします。
 議案第64号については,会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略することにご異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) ご異議なしと認めます。よって,議案第64号は委員会付託を省略することに決定しました。
 これより討論に入ります。
 討論ありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 討論なしと認めます。
 これから議案第64号を採決します。
 本案は,原案のとおり同意することに賛成の方は起立願います。
                〔賛成者起立〕
○議長(又耒成人君) 起立多数です。よって,議案第64号は同意することに決定しました。
 ただいま教育委員会委員に任命を同意されました山本キヨ君に入場を願い,ごあいさつをお願いしたいと思います。
               〔山本キヨ氏入場〕
◎山本キヨ氏 ただいま教育委員会委員に認定のご同意をいただきました山本でございます。ありがとうございました。身の引き締まる思いをいたしております。
 私は,議案の中にもありますように,昨年の3月,守谷市市役所35年を勤務させていただきまして定年退職いたしました。その中で,8年と6カ月,教育行政に携わることができました。また,子育てをしながら勤務をさせていただきましたので,学校のPTA活動の中で教育行政を外から見ることもできました。
 定年退職後は,子育てのボランティアをしながら水泳をしております。今では四つの泳法を泳げるようになりましたが,これは技術的なものというより,精神的な面,また体力的な面でとても効果があったと思っています。一人一スポーツとよく言われますが,私自身,身をもってそのよさを体験しているところでございます。退職後,そういうような生活をする中で,スポーツの大切さということを実感しております。
 守谷市民の方は,グラウンドゴルフをしたり,それからハンドボールをしたり,ソフトボールのチームに入られたりということで,多くの方がスポーツを愛好していると思いますが,私は,もっともっと一人一スポーツを皆さんに楽しんでいただけたらと思っております。歩くことから始めてもいいと思います。
 そういうことを念願に置きながら,また今までの経験を生かしながら,研さんに努め,教育委員を精いっぱい努めさせていただきたいと思います。議員の皆様,また行政の皆様のご指導,ご支援をいただきながら務めていきたいと思いますので,よろしくお願いいたします。
 本日はどうもありがとうございました。(拍手)
○議長(又耒成人君) ありがとうございました。
                〔山本キヨ氏退場〕
○議長(又耒成人君) 次の日程第8から日程第14の決算認定について,代表監査委員からの審査意見書の報告は一括して行うことでありますので,ご了承願います。
 それでは,日程第8,議案第65号 平成19年度守谷市一般会計歳入歳出決算認定を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第65号 平成19年度守谷市一般会計歳入歳出決算認定

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 平成19年度守谷市一般会計歳入歳出決算につきましては,地方自治法第233条第2項の規定に基づき監査委員の審査を受け,同条第3項の規定に基づき提案するものでございます。
 内容につきましては,決算報告書に詳細を記載してありますので,よろしくご審議の上,認定のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 補足説明を願います。
 会計管理者寺田功一君。
◎会計管理者(寺田功一君) それでは,議案第65号につきまして補足説明をさせていただきます。
 お手元にお配りしてあります平成19年度決算報告書(主要事業の成果説明書)に基づき説明をさせていただきます。
 なお,まだ特別会計については上程されておりませんが,あわせて説明をさせていただきますので,ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
 それでは,決算報告書の2ページをお開きいただきたいと思います。
 決算の概況でございますが,守谷市総合計画後期基本計画の初年度に当たる平成19年度の財政運営につきましては,「夢と希望にあふれるまち」を目指し,行政評価に基づいた経営方針に「次代を担う子どもたちを育むまちづくり」,「市民とあゆむ協働のまちづくり」,「つくばエクスプレスを活かした魅力あるまちづくり」の三つの重点課題を掲げ,施策別の枠配分方式により健全財政の確立を推進してまいりました。
 主な事業としましては,児童の健全育成策として,南守谷地区及び北守谷地区に児童センターを建設するとともに学校施設の整備充実に努めました。また,協働のまちづくりを推進するための拠点整備として,市民活動支援センターの市民交流プラザ内への移設工事を実施いたしました。さらに,守谷駅周辺地区の整備に努めるとともに,交通の円滑化,利便性の向上を図るために都市計画道路用地の取得に努めてまいりました。
 なお,具体的な決算内容につきましては,5日から開催されます決算特別委員会におきまして各担当部長及び課長から詳しい説明がありますので,私からは概況についてのみご説明を申し上げます。
 まず,初めに一般会計でございますが,決算額で申し上げますと,歳入が162億769万円,歳出は145億9,470万6,000円でございます。平成18年度と比較しますと,歳入が7億1,751万5,000円の減額,歳出で12億8,991万1,000円の減額となっております。
 歳入における減額の主な理由を申し上げます。
 決算報告書の12ページをお開きいただきたいと存じます。
 中段に,15財産収入の欄がございますが,平成18年度より14億5,000万円ほど減額しております。これは,土地売払収入が約14億4,000万円の減収になったことによるものでございます。
 また,その2段下の17繰入金につきましても2億5,000万円ほど減額しておりますが,これは,守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計繰入金が前年度より約9億1,000万円減少したことによるもので,これらが歳入の減額に大きく影響をしております。
 歳出における減額の主な理由を申し上げます。
 恐れ入りますが,207ページをお開きいただきたいと思います。
 下から4段目の欄に,11公債費が約4億7,000万円減少しております。また,その下の欄の12諸支出金についても約8億9,000万円減額しております。これは,先ほど歳入のところでご説明申し上げましたとおり,平成18年度においては土地売払収入及び守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計からの繰入金で大幅な歳入の増加がございましたので,その増加分を起債の繰上償還や財政調整基金への積み立てを多く行うことができました。しかし,平成19年度はそのような財源が少なかったため,起債償還金の繰上額や基金への積立額が減少したことによるものでございます。
 大変恐れ入りますが,3ページにお戻りいただきたいと思います。
 上段の一般会計の欄をごらんください。先ほどご説明申し上げましたとおり,歳入の決算額は162億769万521円,歳出は145億9,470万6,596円,歳入から歳出を差し引いた金額を形式収支と呼んでおりますが,支出より収入が16億1,298万3,925円多かったということになります。この16億1,298万3,925円のうち,平成20年度会計に繰り越すべき繰越明許費等の繰越額は7億1,463万1,000円でございます。
 なお,この繰越明許費等の金額と事業内容につきましては,去る6月議会におきましてご報告を申し上げているところでございますので,説明は省略させていただきたいと思います。
 形式収支から繰越明許費等の繰越額を差し引いた実質収支額は8億9,835万2,925円となり,この額が平成20年度会計への純繰越額となります。平成19年度の一般会計は,黒字決算となっております。
 この8億9,835万2,925円でございますが,守谷市財政調整基金条例第3条に各年度剰余金の2分の1を下らない額を基金に積み立てる旨を定めておりますので,その規定に基づき,平成20年度当初予算に計上済みの繰越金1億7,000万円を差し引いた残りの7億2,835万2,925円を財政調整基金に積み立てているところでございます。
 この内容につきましては,別冊になっております決算書の431ページに実質収支に関する調書として記載されておりますので,後ほどごらんいただきたいと存じます。
 続きまして,特別会計についてご説明をさせていただきます。
 2ページをごらんいただきたいと思います。
 平成19年度における守谷市の特別会計は,六つの会計になっております。表の一番下になりますが,歳入合計で107億7,629万1,000円,歳出合計で101億8,139万円でございます。歳入から歳出を差し引いた形式収支は5億9,490万1,000円で,すべての特別会計が黒字の決算になってございます。
 次の3ページをごらんいただきたいと存じます。
 一般会計と六つの特別会計の合計額が,下から3段目の合計という欄に記載しております。これをごらんいただいてわかりますように,決算額の歳入が269億8,398万2,202円,歳出が247億7,609万6,623円,歳入から歳出を差し引いた形式収支は22億788万5,579円でございます。このうち平成20年度会計に繰り越す繰越明許費等の繰越額は7億1,463万1,000円になり,それを差し引いた実質の繰越額が14億9,325万4,579円になります。
 以上,まだ特別会計については上程されておりませんが,決算の概況を申し上げまして,補足説明とさせていただきます。
○議長(又耒成人君) 次,日程第9,議案第66号 平成19年度守谷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第66号 平成19年度守谷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 平成19年度守谷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算につきましては,地方自治法第233条第2項の規定に基づき監査委員の審査を受け,同条第3項の規定に基づき提案するものでございます。
 内容につきましては,決算報告書に詳細を記載してありますので,よろしくご審議の上,認定のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第10,議案第67号 平成19年度守谷市老人保健特別会計歳入歳出決算認定を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第67号 平成19年度守谷市老人保健特別会計歳入歳出決算認定

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 平成19年度守谷市老人保健特別会計歳入歳出決算につきましては,地方自治法第233条第2項の規定に基づき監査委員の審査を受け,同条第3項の規定に基づき提案するものでございます。
 内容につきましては,決算報告書に詳細を記載してありますので,よろしくご審議の上,認定のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第11,議案第68号 平成19年度守谷市介護保険特別会計歳入歳出決算認定を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第68号 平成19年度守谷市介護保険特別会計歳入歳出決算認定

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 平成19年度守谷市介護保険特別会計歳入歳出決算につきましては,地方自治法第233条第2項の規定に基づき監査委員の審査を受け,同条第3項の規定に基づき提案するものでございます。
 内容につきましては,決算報告書に詳細を記載してありますので,よろしくご審議の上,認定のほどをお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第12,議案第69号 平成19年度守谷市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算認定を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第69号 平成19年度守谷市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算認定

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 平成19年度守谷市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算につきましては,地方自治法第233条第2項の規定に基づき監査委員の審査を受け,同条第3項の規定に基づき提案するものでございます。
 内容につきましては,決算報告書に詳細を記載してありますので,よろしくご審議の上,認定のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第13,議案第70号 平成19年度守谷市守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第70号 平成19年度守谷市守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 平成19年度守谷市守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算につきましては,地方自治法第233条第2項の規定に基づき監査委員の審査を受け,同条第3項の規定に基づき提案するものでございます。
 内容につきましては,決算報告書に詳細を記載してありますので,よろしくご審議の上,認定のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第14,議案第71号 平成19年度守谷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第71号 平成19年度守谷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 平成19年度守谷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算につきましては,地方自治法第233条第2項の規定に基づき監査委員の審査を受け,同条第3項の規定に基づき提案するものでございます。
 内容につきましては,決算報告書に詳細を記載してありますので,よろしくご審議の上,認定のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) ここで,代表監査委員より,議案第65号から議案第71号の審査意見書の報告を求めます。
 田向節三監査委員。
◎代表監査委員(田向節三君)
 平成19年度守谷市各会計決算及び各基金の運用状況審査意見書
1 審査の対象
  平成19年度守谷市一般会計歳入歳出決算
  平成19年度守谷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算
  平成19年度守谷市老人保健特別会計歳入歳出決算
  平成19年度守谷市介護保険特別会計歳入歳出決算
  平成19年度守谷市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算
  平成19年度守谷市守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算
  平成19年度守谷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算
  平成19年度各基金の運用状況を示す書類
2 審査の期間
  平成20年7月15日から平成20年7月24日まで
3 審査の方法
 市長より提出された守谷市各会計歳入歳出決算書,同事項別明細書,実質収支に関する調書,財産に関する調書及び各基金の運用状況に関する調書が関係法令に準拠して作成され,その会計処理が適正に行われているか関係書類と照合するとともに,関係職員から説明を聴取し,例月現金出納検査の結果を参考として,収入支出事務の適法性,的確性の確認を行い,予算が適正かつ効率的に執行されているか,事務事業が経済的,効果的に行われているかを審査した。
4 審査の結果
 審査に付された守谷市一般会計及び特別会計の歳入歳出決算書,同事項別明細書,実質収支に関する調書及び財産に関する調書は,関係法令に準拠して調製されており,その計数はいずれも誤りのないものと認められた。
 また,各基金の運用状況を示す書類の計数についても関係諸帳簿,証拠書類と符合しており,誤りのないものと認められた。
5 審査の意見
【一般会計】
 予算執行は妥当と認められた。
 平成19年度はTX開業から3年目を迎え,沿線の開発の進展と相まって利用客も順調に増加し,東京駅の延伸が期待されている。こうした中,守谷市は,社会基盤の先行投資が生きて,東洋経済新報社の住みよさランキングにおいて,昨年の7位から,2008年度は全国784都市中堂々の全国第1位となった。今後は,TX沿線の自治体で駅を中心に住みよさを実感できるような魅力的なまちづくりが要求されるものと思われる。
 平成19年度予算編成においては,厳しい財政環境の中で優先事業の選別を強め,集中配分を行い,健全財政の堅持と施策の重点化に努めた。守谷市の人口流入は,働き盛りの子育て世帯が多いことから,児童の健全育成策のための施設充実と協働のまちづくりを推進する拠点整備のために,市民活動支援センターなる市民交流プラザ及び南守谷児童センターの工事を実施し,効率的運営のため指定管理者制度を平成20年4月に導入したところでもある。
 平成19年度の決算の増減内容の主なものは,以下の4点である。
 ? 守谷駅周辺一体型土地区画整理事業の工事がおおむね完了したことから,土地売払収入114億4,000万円の減収となっている。
 ? 転入による納税義務者の増加と税源移譲等に関する法律改正により,個人市民税が約6億5,900万円増加し,加えて区画整理地内の使用収益が開始となったことから,固定資産税及び都市計画税で約1億1,300万円増加し,市税収入に大きく寄与した。
 ? 公債費の約4億7,000万円の減少は,平成18年度と比べ,平成19年度の繰上償還が減少したことによるものである。
 ? 国県支出金は,郷州沼崎線及び坂町清水線,加えて大野小学校校舎耐震補強工事等の補助金があったため,約4億1,200万円増加している。
 普通会計における財政分析指標では,財政力を示す数値として用いられる財政力指数が1.02ポイント(3カ年平均)であり,前年度と比較すると0.02ポイント上昇している。
 また,財政構造の硬直度や弾力性を示す経常収支率は,歳入では税収の増加,歳出では人件費,繰上償還等による公債費の減少により86.7%となった。前年度と比較すると,1.8%よくなっている。そのほかの財政指標についても数値が好転しており,中長期を見据えた財政運営を着実に行っているものと評価する。
 市税の収納率は,現年度課税分と滞納繰越分を合算すると94.6%となり,これは茨城県内市町村の中で上位4番目にあり,収納体制の強化によるものと,その努力を評価する。
 しかし,平成19年度の不納欠損処分額は約8,300万円と大きく,かつ収入未済総額は,前年度より減少したものの約4億8,900万円に上っている。税の公平,公正の観点から,現状を十分に研究,調査の上,滞納者への適切な徴収対策を行い,滞納繰越分の整理促進を図られたい。
 行政の簡素化,効率化を図るため,業務委託及び入札については,競争原理の導入と透明性をより追求すると同時に,行財政改革については,すべての事業についてさらなる改善を実施するため,職員の意識改革をより進めるよう要望する。
 今後の行政運営を取り巻く環境は,少子高齢化に伴う保健,医療,福祉の充実が期待される。歳入面では,人口増により税収の継続的な伸びがある程度期待できる。歳出面では,扶助費の増大,公債費の償還,さらに,今後は常総環境センターの建てかえ工事も控えており,厳しい財政運営を強いられるものと思われる。
【国民健康保険特別会計】
 予算執行は妥当と認められた。
 団塊の世代の定年退職と社会情勢の変化により,被保険者が増加し,国民健康保険税は前年度比3.4%増加している。しかし,歳出の6割を超えた医療費,保険給付費は前年比10.7%増加し,国保財政を圧迫している。
 平成19年度は,制度運営に係る負担緩和を図るため,国の繰り入れ基準に基づく一般会計からの負担のほかに5,000万円の繰り入れを行っても歳出超過となっている。したがって,平成19年度は,国民健康保険支払準備金から3億300万円を取り崩し決算を行った状況である。高齢化に伴い,年々ふえ続ける医療費によって国保財政は引き続き非常に厳しい財政運営を強いられる。
 ? 歳入の根幹となる保険税については,収納率が滞納繰越分を含めて73.6%となっており,収納未済額は約4億6,000万円に達している。地方自治法の規定による不納欠損額は約6,500万円で,前年度149.6%と大幅に増加していることから,現年度課税を中心に収納対策を徹底し,持続的な制度の維持に向けてさらなる努力を望むものである。
 ? 労働形態の流動化に伴い,加入・脱退者が大幅にふえている。また,制度変更や賦課基準の変更などにより,窓口業務は繁忙をきわめている。今後とも適切な対応を望むものである。
 ? 市民の豊かな生活を維持するとともに,医療費の抑制を図るため,特定健康診査等実施計画に基づき,生活習慣病につながるメタボリックシンドロームを早期に発見,改善するための支援施策の充実を図られたい。
【老人保健特別会計】
 予算執行は良好と認められた。
 老人保健対象年齢の段階的引き上げにより受給者は年々減少しているものの,疾病構造の変化等により,本年度の医療給付費は前年度と比べ2.0%増加している。引き続き高齢者の健康維持施策の充実を図り,疾病の予防,機能訓練等の保健事業を総合的に実施されたい。
 今後,本年4月からスタートした長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が老人保健制度にかわり,75歳以上(一定の障害を持っている者は65歳以上)の方の医療保険制度となるが,茨城県後期高齢者広域連合と連携を密にして,1人でも多くの被保険者が複雑なこの制度を理解されるよう,十分な説明及び事務の円滑な遂行を望むものである。
【介護保険特別会計】
 予算執行は妥当と認められた。
 平成19年度は,平成18年度に改正された介護保険法に基づき介護予防重視型システムに転換した第3期介護保険事業計画における2年目を経過した。要介護認定率が,平成18年度から2年連続下がっていることは評価できる。これらにより介護給付費の伸びは微増となり,計画給付費に対しての大幅な削減効果があらわれた。
 今後も,高齢者が住みなれた地域で生き生きと暮らすことができるように,自立支援に向けた地域支援事業や効果的な介護サービス利用に向けて努力されたい。
【介護サービス事業特別会計】
 予算執行は妥当と認められた。
 平成18年度から設置された当会計は,要支援認定を受けた方の新予防給付に関する居宅介護予防支援を行うものである。サービス内容と料金のチェック,受給者の実態把握について留意し,効率的な運営及び被保険者に対するサービスの向上を図りながら事業を推進されたい。
【守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計】
 予算執行は妥当と認められた。
 平成20年度末の事業完了に向けて,区画整理地(38.7ヘクタール)のすべての工事が完了したことにより市民の利便性や安全性が確保された。さらには,駅周辺地域においてマンションの建設や大型商業施設の建設が進められるなど,拠点性がますます高まっている。
 平成19年度の事業進捗率は91%に達しており,今後は円滑な事業完了に向けて万全を期されたい。
【農業集落排水事業特別会計】
 予算の執行状況は妥当と認められた。
 予算の執行状況については,歳入の収入率は100.2%,歳出の執行率は96.2%である。他会計からの繰入金減少等により,歳入合計が減少している。
 施設の使用状況は,平成20年3月末174戸が使用しており,供用率は97%である。今後も良好な水処理を行う観点から,公共下水道との一体管理により,設備の性能維持のため計画的なメンテナンスが重要である。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 次の日程第15と日程第16の決算認定について,代表監査委員からの審査意見書の報告は一括して行うことでありますので,ご了承願います。
 次,日程第15,議案第72号 平成19年度守谷市水道事業会計決算認定を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第72号 平成19年度守谷市水道事業会計決算認定

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 平成19年度守谷市水道事業会計決算につきましては,地方公営企業法第30条第2項の規定に基づき監査委員の審査を受け,同条第4項の規定に基づき提案するものでございます。
 内容につきましては,決算報告書に詳細を記載してありますので,よろしくご審議の上,認定のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第16,議案第73号 平成19年度守谷市公共下水道事業会計決算認定を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第73号 平成19年度守谷市公共下水道事業会計決算認定

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 平成19年度守谷市公共下水道事業会計決算につきましては,地方公営企業法第30条第2項の規定に基づき監査委員の審査を受け,同条第4項の規定に基づき提案するものでございます。
 内容につきましては,決算報告書に詳細を記載してありますので,よろしくご審議の上,認定のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 代表監査委員から,議案第72号と議案第73号の審査意見書の報告を求めます。
 田向節三監査委員。
◎代表監査委員(田向節三君)
 平成19年度守谷市水道事業会計及び守谷市公共下水道事業会計決算審査意見書
1 審査の対象
  平成19年度守谷市水道事業会計決算
  平成19年度守谷市公共下水道事業会計決算
2 審査日
  平成20年7月14日
3 審査の方法
 審査に付された決算報告書,財務諸表及びこれらに関する附属書類を審査した。
 審査に当たっては,これらの決算書類が関係法令に準拠して作成され,かつ企業の経営成績及び財政状況が適正に表示されているかを検証するため,会計帳簿及び証拠書類の照合を行ったほか,必要に応じて関係職員から説明を聴取し,あわせて事業が地方公営企業法第3条の「企業の経済性を発揮し公共の福祉を増進する」という原則にのっとり運営されているかを主眼として審査を行った。
4 審査の結果
 審査に付された平成19年度守谷市水道事業会計及び平成19年度守谷市公共下水道事業会計については,法令の定めに基づき調製されており,関係帳簿及び証拠書類と照合した結果,誤りなく,その内容も適正かつ正当なものであると認められた。
5 審査の意見
【水道事業会計】
 業務実績について見ると,給水人口は前年度と比較すると2.4%伸びて5万8,376人となり,年度末の水道普及率は99.3%と高水準にある。
 次に,水道料収入のもととなる給水量に対する有収水量の割合を示す有収率は95.9%であり,前年度と同水準である。
 建設改良工事については,管路の耐震化を図るため計画的な石綿管の布設替えを実施し,水の安定供給に努めた。また,平成18年度から2カ年継続事業で実施した電気・中央監視設備更新工事は平成20年3月に竣工し,運用を開始した。
 企業債償還については,国の臨時特例措置に基づく企業債2億3,087万円の繰上償還を行った。
 経営成績について見ると,当期純利益は前年度と比較して2,756万円減少し2億2,354万円となった。引き続き純利益を計上しているが,減少した主な要因は,修繕費の増加によるものである。
 財務の短期流動性を示す流動比率は219.9%となり,資金不足額はなく,極めて良好な経営状態にあると認める。
【公共下水道事業会計】
 業務実績について見ると,水洗化人口は前年度と比較すると3.0%伸びて5万5,674人となり,年度末の公共下水道普及率は98.8%と高水準にある。
 次に,下水道使用料収入のもととなる年間の総有収水量は,前年度より5.1%増加した。これは工業用水を利用する大口特定事業場からの排水量の減少が大きな要因となっている。
 建設改良工事については,浄化センターの改築更新工事を補助事業により実施し,改築更新計画に基づき,沈砂池の電気,機械及び汚水ポンプ設備の更新を行った。
 企業債償還については,国の臨時特例措置に基づく企業債4億4,207万円の繰上償還を行った。
 経営成績について見ると,当期純利益は,前年度と比較して8,392万円増加し3億2,360万円となっている。この要因は,下水道使用料収入の増加と,職員削減による給与費及び支払利息の減少によるものである。
 財務の短期流動性を示す流動比率は773.6%であり,資金不足はなく,極めて良好な経営状態にあると認める。
 上下水道事業会計とも,人口増加に支えられ,営業活動が順調であることから,今年度においても純利益を計上したが,老朽化した施設等の適切な更新と維持管理が必要であることから,資金の確保と計画的な工事を遂行しながら,今後とも独立採算の基本原則にのっとり,安定した経営基盤の確立のため効率的な事業運営を望むものである。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 以上で,代表監査委員の審査意見書の報告が終了しましたので,田向監査委員は退席をしていただいて結構です。大変ご苦労さまでした。
             〔代表監査委員田向節三君退場〕
○議長(又耒成人君) 次,日程第17,議案第74号 守谷市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第74号 守谷市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 本案は,地方自治法の改正に伴い,引用条文の整理をするための改正を行うものでございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第18,議案第75号 守谷市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第75号 守谷市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 本案は,地方自治法の改正に伴い,議員報酬という名称の明文化及び引用条文の整理などの改正を行うものでございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第19,議案第76号 守谷市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第76号 守谷市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 本案は,地方自治法の改正に伴い,議員報酬という名称を明文化するための改正を行うものでございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第20,議案第77号 守谷市すこやか医療費支給に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第77号 守谷市すこやか医療費支給に関する条例の一部を改正する条例

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 本案は,守谷市すこやか医療費支給制度について利用者の利便性や事務の効率性を図るため,窓口申請による償還払いを医療機関に直接支払う現物給付に変更するための改正でございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第21,議案第78号 平成20年度守谷市一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第78号 平成20年度守谷市一般会計補正予算(第2号)

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 今回の補正は,歳入歳出それぞれ4億4,590万9,000円の増額及び債務負担行為の追加でございます。
 歳入の主なものは,県支出金で徴税費委託金の増額,繰入金で老人保健特別会計繰入金,介護保険特別会計繰入金及び守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計繰入金の増額,財政調整基金繰入金の減額でございます。
 歳出の主なものは,総務費で市民税賦課費の増額,民生費で介護保険特別会計繰出金の増額,土木費で道路補修経費及び道路新設改良事業の増額,諸支出金で財政調整基金費の増額でございます。また,各項目にわたり人事異動に伴う人件費の組み替えを行っております。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 補足説明を願います。
 総務部長。
◎総務部長(橋本孝夫君) それでは,議案78号,20年度守谷市一般会計補正予算のご説明をさせていただきます。
 まず,1ページでございますけれども,今回の補正は,ただいま市長から申し上げましたとおり4億4,590万9,000円の増額補正と債務負担行為の追加でございます。
 2ページの裏をお願いいたします。
 債務負担行為補正でございますけれども,学習支援員配置事業としまして5,752万6,000円をお願いしてございます。これは,平成21年,来年度から小学校1,2年生に対しまして,31人から35人の学級におきまして非常勤講師を各学級に配置しまして複数の教員で学習指導や生活指導を行い,また中学校1年生に対しましては,英語,数学,理科,国語,この4教科の教育につきまして,県から少人数加配をされていない学校に非常勤講師を配置しまして,少人数指導やティーム・ティーチング指導を行う予定でおります。このため,来年度の学習支援員の募集を早期に行うために,債務負担行為の補正をお願いするものでございます。
 次に,歳入の主なものを説明させていただきます。
 4ページをお願いいたします。
 中段になりますが,款14県支出金,項3県委託金,目1総務費県委託金,節3の徴税費委託金の3,351万6,000円につきましては,個人県民税の取扱件数がふえたことによります取扱委託金の増額と,年度間所得変動に係る住民税還付,税源移譲に伴いますものでございますけれども,個人県民税分が県委託金として歳入として入るものでございます。
 次,款17繰入金,項1他会計繰入金,目1老人保健特別会計繰入金の7,428万2,000円及び目2の介護保険特別会計繰入金の1,997万2,000円は,前年度精算分を一般会計に繰り入れるものでございます。
 4ページの裏をお願いいたします。
 上段になります。目3の守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計繰入金の3億9,699万5,000円は,繰越金の確定に伴いまして,これまで先行的に繰り出しておりました繰出金の返還を受けるものでございます。
 次,項2基金繰入金,財政調整繰入金の7,964万8,000円の減額は,今回の補正で財源超過額が生じましたので,前回まで予算化しておりました財政調整基金からの繰入金を減額するものでございます。
 次に,歳出に移らせていただきます。
 先ほども市長から申し上げましたとおり,各項目にわたりまして,人事異動に伴います人件費の組み替えがございます。
 それから,6ページをお願いいたします。
 款2総務費,項2徴税費,目2賦課徴収費,市民税賦課費の4,318万3,000円は,平成21年,来年の10月より公的年金から個人住民税を特別徴収するための準備経費,並びに歳入でも申し上げましたけれども,税源移譲に伴います年度間所得変動にかかわります住民税還付金を補正するものでございます。
 次に,8ページの裏をお願いいたします。
 款3民生費,項1社会福祉費,目1社会福祉総務費の障害者自立支援給付事業の157万7,000円は,前年度の精算をしました結果,国庫負担金の返還が生じることから,返還額分を補正をお願いするものでございます。
 次に,9ページをお願いいたします。
 下段になりますけれども,目4の介護保険費,介護サービス事業特別会計繰出金の259万8,000円は,介護サービス事業特別会計におきまして介護支援専門員の増員を行うことによりまして,一般会計からの繰り出し補正をお願いするものでございます。
 次に,10ページの裏をお願いいたします。
 項2児童福祉費,目1児童福祉総務費の317万2,000円は,次世代育成支援対策交付金及び保育所運営費負担金におきまして,前年度精算の結果,国庫補助金並びに負担金が返還が生じることから,補正をお願いするものでございます。
 下になりますけれども,目2の児童保育費,地域子育て支援センター総務費の186万4,000円につきましては,担当職員がファミリーサポートセンターに勤務となりまして,非常勤指導員を1名増員するための増額補正でございます。
 少し飛びまして,13ページの裏をお願いいたします。
 款8の土木費,項2の道路橋梁費でございますけれども,目1道路維持費,道路補修経費の1,500万円は,ふれあい道路の補修工事等を増額補正するものでございます。
 目2の道路新設改良費,道路新設改良事業の1,080万円は,鈴塚及び同地地区の道路の拡幅に伴います側溝敷設がえ工事費と,愛宕踏切工事の市の負担金の補正をお願いするものでございます。
 14ページをお願いいたします。
 項4の都市計画費の目6の街路事業費でございますけれども,坂町清水線整備事業で200万円の補正をお願いしてございますけれども,関東鉄道常総線の踏切,この前後の用地測量を行うための補正をお願いするものでございます。
 次に,16ページをお願いいたします。
 款12諸支出金,項1の基金費,目1の財政調整基金3億7,327万4,000円ですけれども,今回の補正で財源超過額が生じましたので,歳入の財政調整基金繰入金の減額に充てた残りを財政調整基金に積み立てるものでございます。
 以上が,補正予算の主な内容でございます。よろしくお願いします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第22,議案第79号 平成20年度守谷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第79号 平成20年度守谷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 今回の補正は,歳入歳出それぞれ1,577万3,000円の増額です。
 歳入の主なものは,国庫支出金及び繰越金の増額,並びに前期高齢者交付金及び県支出金の減額です。
 歳出の主なものは,保険給付費及び後期高齢者支援金等の増額,並びに老人保健拠出金及び基金積立金の減額でございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第23,議案第80号 平成20年度守谷市老人保健特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第80号 平成20年度守谷市老人保健特別会計補正予算(第1号)

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 今回の補正は,歳入歳出それぞれ7,630万5,000円の増額です。
 歳入は,平成19年度医療費の精算による支払基金交付金,国庫支出金,県支出金及び繰越金の増額です。
 歳出は,平成19年度審査支払手数料及び後期高齢者医療,いわゆる長寿医療制度導入に伴うシステム改修補助金の精算による償還金及び一般会計繰出金の増額でございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第24,議案第81号 平成20年度守谷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第81号 平成20年度守谷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 今回の補正は,歳入歳出それぞれ31万3,000円の増額です。
 歳入は繰入金の増額,歳出は職員手当等の確定による人件費の減額及び後期高齢者医療,いわゆる長寿医療制度に加入する低所得者に対する保険料軽減拡大に伴う通知費用等の増額でございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第25,議案第82号 平成20年度守谷市介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第82号 平成20年度守谷市介護保険特別会計補正予算(第1号)

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 今回の補正は,歳入歳出それぞれ1億2,834万3,000円の増額です。
 歳入は,国庫支出金,支払基金交付金,県支出金,繰入金及び繰越金の増額です。
 歳出の主なものは,総務費の総務管理費,地域支援事業費の介護予防事業費及び諸支出金の償還金及び還付加算金の増額でございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第26,議案第83号 平成20年度守谷市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第83号 平成20年度守谷市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 今回の補正は,歳入歳出それぞれ289万6,000円の増額です。
 歳入の主なものは,繰越金の増額です。
 歳出の主なものは,総務費の総務管理費の増額でございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第27,議案第84号 平成20年度守谷市守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第84号 平成20年度守谷市守谷駅周辺一体型土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 今回の補正は,歳入歳出それぞれ4億1,749万4,000円の増額です。
 歳入の主なものは,繰越金の増額です。
 歳出の主なものは,土地の使用収益開始決定に伴う家屋移転補償費の増額と一般会計繰出金の増額です。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第28,議案第85号 平成20年度守谷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第85号 平成19年度守谷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 今回の補正は,前年度決算額の確定による繰越金の増額と一般会計繰入金の減額でございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第29,議案第86号 平成20年度守谷市水道事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第86号 平成20年度守谷市水道事業会計補正予算(第1号)

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 今回の補正は,収入で,一般会計からの児童手当特例給付補助金の増額です。
 支出では,人事異動に伴う職員給与費の減額でございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第30,議案第87号 平成20年度守谷市公共下水道事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第87号 平成20年度守谷市公共下水道事業会計補正予算(第1号)

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 今回の補正は,人事異動等に伴う職員給与費の減額でございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第31,議案第88号 財産の取得についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第88号 財産の取得について

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 本案は,平成21年度,22年度の2カ年にわたって実施予定の守谷市立守谷小学校の改築に合わせ,従前から狭隘であった学校敷地を拡張するため,隣接する土地を買収するものでございます。
 内容は,買収予定面積8,450平方メートルのうち,地権者の合意が得られた1,341.03平方メートルの取得について提案するものでございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第32,議案第89号 市道路線の認定についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第89号 市道路線の認定について

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 本案は,開発行為により整備された6路線を市道として新たに認定するものでございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第33,議案第90号 市道路線の廃止についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第90号 市道路線の廃止について

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 本案は,後藤光良氏及びシオン有限会社より,市道2359号線を廃止して土地を一体的に利用したい旨申し入れがありました。両氏の所有する土地は市道102号線に接道しており,そのため市道2359号線を廃止しても接道ができなくなることはありません。よって,市道2359号線を廃止するものでございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第34,議案第91号 守谷市土地開発公社定款の変更についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△議案第91号 守谷市土地開発公社定款の変更について

○議長(又耒成人君) 提案理由の説明を求めます。
 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 提案の理由を申し上げます。
 本案は,民法の改正,土地開発公社経理基準要綱の改正等により,守谷市土地開発公社定款を変更するものでございます。
 よろしくご審議の上,ご決議のほどお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 次,日程第35,請願・陳情についてを議題といたします。
       ──────────────────────────
△請願・陳情について

○議長(又耒成人君) 本件は,お手元に配付の文書表のとおりであります。
 以上で,本日の日程は全部終了いたしました。
 本日はこれで散会いたします。
 この後,全協室の方へ集合願います。
               午前11時46分散会