議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 守谷市

平成19年第 4回定例会−12月11日-03号




平成19年第 4回定例会

               平成19年第4回
            守谷市議会定例会会議録 第3号
          ──────────────────────────
        平成19年12月11日 午前10時08分開議
          ──────────────────────────
1.出席議員 16名
    議長 15番 又 耒 成 人 君  副議長 19番 倉 持   洋 君
        1番 酒 井 弘 仁 君       2番 川 又 昭 宏 君
        3番 川 名 敏 子 君       5番 唐木田 幸 司 君
        6番 市 川 和 代 君       7番 尾 崎 靖 男 君
        8番 佐 藤 弘 子 君       9番 伯耆田 富 夫 君
       10番 松 丸 修 久 君      11番 長 江   章 君
       12番 梅 木 伸 治 君      13番 平 野 寿 朗 君
       14番 山 田 清 美 君      17番 中 田 孝太郎 君

1.欠席議員  2名
       16番 小 関 道 也 君      20番 倉 持 和 夫 君

1.出席説明者
       市長                 会 田 真 一 君
       副市長                西 野 賢 一 君
       教育長                北 村 裕 信 君
       総務部長               橋 本 孝 夫 君
       生活経済部長             下 村 文 男 君
       保健福祉部長兼福祉事務所長      茂 呂   茂 君
       都市整備部長             石 塚 秀 春 君
       教育部長               弘 澤   廣 君
       上下水道事務所長兼浄化センター長   染 谷 精 一 君
       総務部次長兼企画課長         笠 川 悦 範 君
       生活経済部次長兼くらしの支援課長   寺 田 功 一 君
       保健福祉部次長兼介護福祉課長兼福祉事務所次長
                          松 丸 美恵子 君
       都市整備部次長兼都市計画課長     笠 見 吉 代 君
       教育次長兼学校教育課長        染 谷   隆 君
       会計管理者兼参事補兼会計課長     菊 地   充 君
       総務部参事補兼収納推進室長      大 徳   清 君
       生活経済部参事補兼経済課長      椎 名 一 夫 君
       農業委員会事務局長          瀬 尾 勝 重 君
       秘書課長               岡 田 宏 美 君

1. 本会議に職務のため出席した者
       議会事務局長             高 橋 繁 樹
       書記                 松 井 貫 太

1.議事日程
       ──────────────────────────
             議 事 日 程 第 3 号
                       平成19年12月11日(火曜日)
                             午前10時08分開議

日程第1.市政に関する一般質問
    6.川 又 昭 宏 議員
    7.酒 井 弘 仁 議員
    8.松 丸 修 久 議員
    9.市 川 和 代 議員
    10.平 野 寿 朗 議員

1.本日の会議に付した事件
 日程第1.市政に関する一般質問
       ──────────────────────────
               午前10時08分開議
○議長(又耒成人君) これから本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は15名であります。定足数に達しておりますので,会議は成立いたします。
 日程に先立ちましてご報告いたします。
 本日の本会議の書記は松井書記を命じました。
 本日の日程は,昨日に引き続き市政に関する一般質問であります。
       ──────────────────────────
△一般質問

○議長(又耒成人君) それでは,順次発言を許します。
 初めに,通告順位6番,川又昭宏君,登壇を願います。
 川又昭宏君。
               〔2番川又昭宏君登壇〕
◆2番(川又昭宏君) 通告順位6番,川又昭宏でございます。よろしくお願いいたします。
 2日目のトップバッターということでございます。元気よくやるというのが私のモットーでございますので,朝からですけれども,エネルギーいっぱいに頑張っていきたいと思いますので,執行部の皆さん方にも変わらぬ誠意あるご答弁をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。
 私の質問は,今回,2問を通告しております。1問目が,20年度の予算編成事業ということでございます。それと,2点目が,地域資源,地域の活性化,こういった部分についての2問でございます。
 早いもので,私,こういった登壇をしまして,4年,16回目になるわけでございますが,私は,この4年間,つまりつくばエクスプレス,TXが走る前の2年,そして走った後の2年,これは守谷の大転換期の中で一番重要な4年ではないだろうかということで,この場に同僚議員とともに議員をさせていただいたということでございます。
 その中で,五つのポイントがあるのではないかということで,言ってみれば,私の信条という部分を掲げて議員になったわけでございます。一つ目は,やはり何といいましても市民が一番気になるところの税金のむだ遣い,こういった部分をなくして透明性ある行政をしていこうという部分。それと2点目には,文化予算,こういった部門を拡充してソフト事業というものを大事にしていきたい,そういう部分でございます。それと,3点目には,地域が生きる中小企業,創業等の育成を支援するためにどうしたらいいのかということをつくばエクスプレスの開業とともに考えていこうと。それと,子供,あるいは高齢者,障害者,女性,そういった安心できる優しいまちづくりが今後の守谷には必要なのではないだろうか。そして,最後には,守谷らしさ,守谷の引力と私は称しましたけれども,そういった部分の文化の都市宣言みたいな部分も含めて,そういう新しい守谷のまちづくりを進めていくためにはどうしたらいいのかという部分を,私なりに考えて議会活動をしたものでございます。
 そういう予算という部分で早速質問に入りますが,総括的に,やはりそういった方針を実行していくということは,予算という部分が大きな部分でございますので,そういった意味で,今回,予算という形の中で,そういった五つの視点の中から,まずは私なりに感じる部分を質問させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
 その予算の件でございますが,今申したようにつくばエクスプレス開業で3年目,きのうの答弁でもありましたように,順調に人口も推移をしていると。10年のスパンで見れば,おくれを取り戻すぐらいの開業からの人口増があり,増収も見込めるというような部分が見えてきたところでございます。明らかに,TX効果というものが見え始めてきたのかなということだと思います。
 今,守谷にとって何が必要かなと私なりに考えてみますれば,これは行政の方針にもあるんでしょうけれども,一つは,都市化に向けたハード事業,そういった都市化の対応というものがあるのかなと。これはハード事業でございます。
 それと,今,私の申し述べた部分で,2番目に市民生活,あるいは協働のまちづくり等々のソフトの部分の推進というのもあるだろうと。
 そして,3番目には財政健全化,それを推進するためにも財政的にきちんとした部分が必要であり,そういった土台があって,この二つ,ハード,ソフトがバランスよくとらえていくのかなと。そういう新たなまちづくりの視点が見えてきた以上は,つくばエクスプレスというのが見えてきた以上は,それをうまく活用して,あるべき守谷の成長につなげていかなきゃならないのかな。つまりは創業から本格稼働へ,20年度はその第1段階のステップを踏んだのかなというようなことかなと思います。
 それは何かというと,来年度は守谷の駅周辺の一体化の土地区画整理事業が終息するということがございます。そういった意味でも,新たなステップを踏まえた上で,どういうふうに守谷が20年度以降やっていくのかという部分では,大事な予算編成になるのかなということでございます。
 ちょっと前置きが長くなりましたけれども,早速,1番の予算編成上の基本的な考え方と特徴というところに進んでいきたいと思います。
 予算編成,これは非常に守谷は進んでいる市なのかなと思います。行政評価があり,それを踏まえた上での経営方針というのがなされ,そういった中で基本的な考えを構築して具体策の基本施策,枠の方へ配分していく,まさにすばらしい流れをとっているところは承知しているところでございます。
 まず,最初の質問なんですけれども,20年度,私は通過の第2ステップではないかと,つくばエクスプレスの創業から本格稼働だと認識しているところでございますが,20年度における経営方針の変化,あるいは行政運営の方針,あるいは財政運営の方針,そういう部分において,19年度等々と比べまして,従前と比べて何か変化があったのかどうか。予算編成の大前提でございます。そういう部分の質問からさせていただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) それでは,お答えをさせていただきます。
 1点目の経営方針でございますけれども,今ありましたとおり,守谷市では経営方針を定めているところでございますけれども,大きく言いまして,19年度と重点施策等も変わっておりませんので,大きくは変わっておりません。ただ,その中で,19年度の経営方針の前書きにありました形で,児童福祉施設の建設という形のものが含まれておりましたけれども,これは南守谷児童センター,それから北守谷の児童クラブ,市民交流クラブ等を指していたわけでございますけれども,こういうものが今年度完成するという形の中で,この文言を削らせていただいております。
 ただ,新たに守谷小学校用地の取得と,これから学校教育の中で人口増に伴います形の中でそういう文言を加えさせていただいたところでございます。
 さらに,個別という形の中で,行政運営の中に指定管理者制度を含む民間委託の推進という形の中で,これは今回も3議案ほど出させていただいておりますけれども,この指定管理者を含め,また,まだ決定には至っておりませんけれども,給食センターの調理部門のみ,これは民間委託の方向で調整をさせていただいているところですけれども,こういう文言は入ってございますけれども,基本的なスタイルは変わっておりません。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 川又昭宏君。
◆2番(川又昭宏君) 基本的スタンスがそう大きく変わるということはないと思うんですが,ただ,重点施策の方が,これから論じますところの重点の課題とか,そういうのを踏まえた上で,少し重点の部分がより色濃く出てきたのかなという感じがいたしております。
 その課題,あるいは経営方針という部分は,相当いろいろな分析をした上で,あるいは外部の評価を受けた上で政策決定をされている,市長の方が決定をされているということで認識をしているところでございます。新しい声というか,外部評価も入れました。そういう部分は,よく私も評価するところでございます。
 我々議員の方に,実は,経営方針とかそういう部分,従前ですと,財政健全化というふうな流れの中で議会の方にも報告があったような記憶もしております。私,通告させていただきましたので,そういった経営方針ですとか重点施策の部分,方向性を書類として持っておるところでございますが,やはり今後,そういった市政の部分に反映していくには,外部評価ももちろん必要でございますし,積み上げのそういった評価も非常に大事だと思っているんですが,やはり評価そのものが,非常に細かい部分で,議員の皆さんもよく承知だろうと思うんですけれども,シートそのものが非常に分析が細やかにできている部分がございますから,そういった重要な書類を議員の方も分かち合って,議員も一生懸命そういった書類を検討しながら,よりよい経営方針等々を認識するというのも大事なのかなと,私個人的にというか,議員として思ったりしているところでございます。
 経営方針的には変わりはないということで,運営部分では指定管理者の部分があったりとか,今お話をいただいたところでございます。そういった基本方針のもとに,今申しました重点課題や重点の施策等というふうに,いよいよ具体的に枠配分をされているところでございます。
 そういうところの変化,20年度はこういうふうに変わるんだということですとか,あるいはその中で一番大事なのは,やはり市民あっての施策でございますので,そういった市民ニーズ,あるいは市民の声というものをどう反映をさせて,そういう施策,枠づけをしていったのかということを質問させていただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) お答えさせていただきます。
 経営方針の中に,今年度も,重点課題という形の中で,一つ目が「次代を担う子どもたちを育むまちづくり」,二つ目が「市民とあゆむ協働のまちづくり」,そして3点目としまして「つくばエクスプレスを活かした魅力あるまちづくり」と,こういう重点課題,3本を掲げさせていただいているところでございます。
 やはり第1番目に,守谷市に住んでよかった,住んでもらいたいと。そういう中で,これからの形の中では,子供たち,これは幼児等も含めてでございますけれども,青少年まで含めた形の中で,健全育成というものがまず第1になるであろうと。当然,その中には,保護者等への負担軽減とかそういうものも含めての形でございますけれども,これらを決めるに当たりまして,昨年は,総合計画の後期基本計画を策定するに当たりまして,アンケート調査をしたり,それから毎日のようにございますけれども,市長への提言という形の中で,メール,はがき等をご利用いただきまして提言をいただいているところでございますので,それらを勘案した形の中で,このようなものを重点課題として重視した形の中で,予算的も重点配分をして,平成20年度,まだ編成作業中でございますけれども,細かい数字は固まっておりませんけれども,そういう方針で臨んでおります。
○議長(又耒成人君) 川又昭宏君。
◆2番(川又昭宏君) 市民のニーズも把握しながら,市のあるべき方向性で重点施策課題へ配分していくんだと。従来の形の中で適正にそういった予算編成をされているというご答弁は,評価できることだと思っております。
 ただ,その枠配分の中で,特に私が思うのは,子供の育成支援,どうしても今の文言,大きな予算という部分の中でいきますと,やはりハード整備,耐震ですとかそういった大きな部分,建てかえですとか,補修とか,改修ですとか,そういう部分が大きくなってくるわけですが,ソフトの部分,これをバランスよく,これはもしかするとお金かからない部分かもしれませんが,そういった視点を忘れずに予算編成というのはなされるべきなのかなと思います。
 どうしてもハードの部分がお金が大きくかかりますので,そちらに重点が置かれる可能性もありますので,そこの部分はよろしく編成の部分でもお願いをしておきたいと思います。
 そういう基本重点の中で,次に,枠の細かい施策の配分に入っていくわけでございます。まず経営方針があり,重点の施策があり,枠の配分をされるという流れ,その枠の中は,全部で31ですか,市の方ではなっているのかなという認識をしております。
 これも,いつも毎年議論をされるんですが,枠の方向性ですとか,つまりは予算をかける,前年より向上させるか,維持させるか,削減するかという三つの部分,それと効果は向上させるのか,維持させるのかという視点で予算の枠の配分をしていくと。行政評価に基本的には基づいてしていくんだろうと思いますけれども,その枠の部分についての質問をさせていただきたいんですが,その枠の部分で,一つは,何か昨年と比べて違いがあった部分,そういう部分がどういうものがあるのか。
 それと,若干私が事前にいただいた資料の中では,総コストの方向性と実際の配分されるコストの部分,ここの部分で差異があるような施策が見受けられます。こういう部分のことが幾つぐらいあって,どういう理由なのか。通告もしておきましたので,その辺のご答弁。
 それと,再度,枠配分の行政評価という部分との関係,その差異の部分と密接に関係してくるんじゃないかと思うんですが,行政評価の関係と,もう一つ違いがあるならば,そういう具体的なことがあって配分が違っているんだということが予算編成上の今の過程の中であれば,まずご答弁をいただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) お答えをさせていただきます。
 まず,枠配分でございますけれども,大きく六つに分けてございます。一つが,のびのび育ちいきいき子育て支援の充実から始まりまして,要するにソフト面ですね。大くくりとしましては,安心して暮らせるまちづくりという形の中で,五つの施策を含んでおるわけでございますけれども,これにつきましては,枠配分,これは一般財源という形で,国庫補助金とか起債とかそういうものは含まない。あくまでも純然たる形の中で使えるお金という形で配分をしているわけでございますけれども,20年度の配分額が21億9,821万円,平成19年度が20億3,947万3,000円という形の中で,1億5,873万7,000円伸ばしてございます。これは先ほど申し上げました最重点課題という形の中でこのような枠配分をさせていただいているところでございます。
 それから,安全でうるおいのまちづくりという形の中で,20年度20億3,620万1,000円,19年度が19億4,800万円ですので,これにつきましても8,211万2,000円ふやさせていただいております。
 それから,豊かな心を育むまちづくりという形の中では,20年度が18億296万1,000円ですけれども,19年度が18億920万7,000円という形の中で,ここは624万6,000円ほど減額させていただいております。
 それから,快適でゆとりのあるまちづくりという形の中で12億1,120万8,000円,19年度が11億885万2,000円という形の中で,1億225万6,000円ふやしてございます。これは主に公園の補修経費,一般質問でもございましたけれども,10年間かけて見直ししようという形の中でふやさせていただいております。
 それから,活力とにぎわいのあるまちづくりという形の中で,1億484万8,000円,19年度1億2,829万9,000円から2,345万1,000円ほど減額させていただいております。
 それと,心と心がふれあうまちづくりという形の中で8億620万3,000円,19年度が7億7,358万7,000円で,3,270万6,000円の経費を増額をさせていただいたところでございますけれども,それらの個々具体的に方針と差異のある部分でございますので,少し申し上げさせていただきたいと思いますけれども,最初に,総コストの方向性が維持という形の中で位置づけられておりますけれども,枠配分におきまして増額している施策を申し上げます。
 いきいきと暮らせる高齢者福祉の推進という形の中で増額をさせていただいております。3,016万4,000円ほど増額をさせていただいておりますけれども,これは介護保険特別会計への繰出金が増額になる見込みでございます。
 それから,暮らしを支える社会保障の運営という形の中でも3,012万1,000円ほど増額をさせていただいておりますけれども,これは医療福祉費の増額でございます。
 また,計画的かつ効率的な行政運営の推進という形の中で2,470万円ほど増額しておりますけれども,これは情報政策経費がどうしても必要でございますので,これらを増額しているところでございます。
 それから,総コストの方向性が維持という形で位置づけられている施策の中で,逆に減額している施策もございます。
 生きがいと喜びのある生涯学習の推進という形の中で減額をさせていただいておるところでございますけれども,これらにつきましては,中央公民館の屋上の防水工事が平成19年度入っておりましたので,これがなくなりますので,これらを減額させていただいております。
 それから,協働によるまちづくりの推進につきましては,平成19年度に市勢要覧を作成する経費を見込んでおりますので,当然20年度ございませんので,そういう形で減額をさせていただいております。
 最後に,総コストの方向性が削減と位置づけられている施策にもかかわらず,枠配分におきまして増額させていただいておりますのが,ともに歩む障害者福祉の充実という形の中で,平成20年度から指定管理者制度を導入いたしますので,これに伴います額を増額させていただいております。
 それから,視野を広げる国際交流の推進につきましては,国際交流研修センター,ログハウスですね。外壁等の維持補修工事を予定しておりますので,これらを増額しております。
 それから,健全な財政運営の推進という形の中で1,839万5,000円ほど増額しておりますけれども,これらにつきましては,庁舎の照明器具関係ですね。これの交換工事を予定しておりますので,増額をさせていただいているところでございます。
 今申し上げましたとおり,それぞれ臨時的な経費が19年度あったり,20年度あったりと,そういう形の中で特殊事情によりまして総コストの方向性と相違する形になっておりますけれども,それらを除きますれば,総コストの方向性と整合するような形の中で枠配分をしているという形でございます。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 川又昭宏君。
◆2番(川又昭宏君) 編成時にもかかわらず,細かい予算編成の部分をお話しいただき,ありがとうございました。
 その中で感じたこととしましては,一つ,生涯学習,生きがいのある生涯学習の推進という部分ですね。これ,私の市民との約束の中でも,こういった部分を増額して本当に住んでよかったまちづくりを実感していただけるというような予算には少ない予算なんですが,うまくやりくりをして拡充することによって,実感をしてもらう分には非常にいいのではないかといつも話しているところなんですけれども,こういった部分が現状維持という評価,現状の分析という部分ではそういうことかもしれませんけれども,今後のまちづくり,充実期に向かう我が守谷市としては,こういった予算は非常に重要視される部分なのかな,協働のまちづくり等の部分もございますが,まずそういった予算と施策と一致した方がいいのではないだろうかな,考え方を一致した方がいいんじゃないだろうかなと思います。
 それと,活力と人間愛のあるまちづくり,経済あるいは農業も含めた産業支援,ここの予算がどうしても現状維持,あるいはダウンというような形で予算配分がされているのかなと思います。大体,ほかの近隣市町村を見てみましても,総一般会計の1%ぐらい,ですから前年度ですと大体1%ぐらいなのかなと思いますけれども,やはり産業振興にお金も使っているというようなことがございます。我が守谷市としては,TXを利用した県南の玄関のまちづくりということでございますから,この部分の拡充も本当は考えるべきなのではないだろうかと,財政出動も従来とは少し考え方も変えてやるべき部分もあるのかなと思います。
 いただいた書類の中で,若干,今,公園の部分という話がありましたが,水と緑の保全という部分が増加を予算の方向性で中にあります。そういう中では,市民と協力して,さもすれば緑化基金等を拡充をして行いたいんだというようなコメントも載っております。通告もしておりましたが,その辺の部分がどうなのかということをこの部分で質問をさせていただきたいと思うんですが。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) 最初に,おわびと訂正をさせていただきます。先ほどの説明の中で,私,屋上防水工事を中央公民館とお話してしまいましたが,中央図書館の誤りでございますので,おわび申し上げたいと思います。
 それから,生涯学習の充実に力を入れてほしいというお話がありましたけれども,今,議員からもありましたとおり外部評価をしていただいております。特に,昨年度,今年度につきまして,そういう生涯学習にかかわる部分というものを細かく外部評価をしていただいているところでございますけれども,生涯学習にどこまでお金をつぎ込むのかというのは非常に難しい部分でございます。
 例えば子供さんとか,そういう収入のない方につきましては,やはりある一定の費用等につきまして行政が負担せざるを得ないと感じておりますけれども,外部評価の中で,大人の,特に趣味的なものとか,そういうものについては,そこまで税金を投入するのはどうなんだという話が出ております。当然,きっかけづくりとか,そういう面の中では必要な部分というのは十分理解できる。ただし,それらを除きますれば,当然のことながら,趣味,教養の範囲とかそういうものにつきましては,例えば講師の謝金も含めて,一方で,例えば公民館ですと1時間50円とかいただいている面から見ると,行政が講師謝金とかそういうのまで丸抱えでやるのはおかしいでしょうと。それは,当然そこに参加する人が負担してしかるべきではないですかと。
 そのほかにスポーツの分野等につきましても,野球大会とかテニス大会とかいろいろなものもございます。そういう中でも,それぞれ自分たちで審判等をしている部分もありますし,中には,できない部分についてはそれなりの専門の方にお願いしている部分もございますけれども,こういうものにつきましても,チームごとで参加するのであれば,例えば試合のボールとか,そういうものにつきましても,そのチームから持ち寄ることによって,もし大会とかそういうのに必要な部分としては,行政としては,表彰経費とかそういうものは,もちろん出すことはやぶさかではないですけれども,そういう意味合いも含めた形の中で,費用対負担,税金を投入するという形についてもう一度見直しをしてくださいと。
 それから,各種講座,教室等につきましても,原点に立ち返ってもう一度見直ししてくださいという形の中で外部評価委員さんから指摘をされているところでございます。
 特に,教室,講座等につきましては,提言をいただきましたので,これから市の具体的な基本方針等を定めていかなければならないところですけれども,そこからもう一度立ち返った形の中で,その生涯学習活動というものを見直しする必要があるのかなと。
 当然,外部評価委員さんも,生涯学習はどんどんやってもらっていいんだよと。行政とすれば,場の確保とかPRとか,当然それは携わる部分があるでしょうけれども,ただ,税金を投入すべきかどうかというものについて,もう一度原点に立ち返って考えてみてくださいというふうな形で言われているところでございます。
 それから,活力とにぎわいという形の中で,産業振興という形の中ですけれども,確かに守谷市の場合,非常に他自治体に比べて少ないというふうに私どもも認識をしているところでございます。一部,守谷すたいるさん等,ミルク工房さんとか,新たな産業等が生まれてきておりますけれども,前々から市長が言っておりますとおり,自分たちが本気でやる気になってもらわないと,行政が行政指導の中でそういうものを行っていってもなかなか成功しないと。自分たちがやる気になって,本気で取り組んでいただくものにつきましては,行政でもできる限りの支援をしますよという形で言われておりますけれども,それらのものが具体的に出てきますれば,それがまちづくりにとって有効だという形になりますれば,それらにつきましては,行政側としても支援をしていきたいと考えているところでございます。
 それから,水と緑の保全という形の中では,緑化基金の財源を拡充するという形で言っておりますけれども,緑化基金に限らず,新聞紙上等でも,いろいろな自治体で基金条例を設けまして,いろいろな分野に市民,事業者からの基金を募るという形のものを進めている自治体があるわけですけれども,守谷市でも,総務部の次長以下で,いろいろな基金を想定した形の中でそういう作業に入っております。
 したがいまして,例えば水と緑,非常に緑もなくなってまいりますので,市長が前々から言っておりますとおり市民の財産ですので,ただ,こういうものを買い取るという形になりますると相当のお金もかかりますし,維持管理費もかかりますし,水と緑の基金だけに限らず,広い意味でいろいろな意味で基金を,浄財を何とかいただければという作業に着手しておりますので,これが新年度になりますれば実を結んでくるというふうに考えているところでございます。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 川又昭宏君。
◆2番(川又昭宏君) 部長の方から,外部評価委員さんのお話とか,その予算の使い方の話,細かい話まで答弁をいただきました。
 基金の話も最後に出ましたけれども,そういった部分は非常にいいことかなと思います。市民が理解をして,そういう部分でお金を,例えば少しの金額でも集まって大きなお金になる。その果実のもとに,例えば屋敷林,緑化基金だったらそういうものを買うとか,あるいはその果実で協働のまちづくりの植栽の事業を運営するとか,そういった新しい考え方,こういったものをテーブルの上にのせて,予算反映の部分から,編集の部分から討議するのは非常に結構な話だと思います。
 部長の言葉もいただければ,それに限らず,そういったことも視野に入れて,新しいお金の生み出し方ということも検討されればいいのかなと思います。
 生涯学習等につきましては,後段の酒井議員の方でも質問があるようですので,この辺にしておきたいなと思います。
 3番目の公債費と普通建設費についてに移りたいと思います。
 そういった予算の編成の大枠組みを伺ったところでございます。そういうところでは,今度は,三つ目の視点,冒頭に申し上げました財政健全化という中で,やはり健全化をする,プライマリーバランスを整える,あるいは硬直化を少しでも柔軟にするというようなことが,財政運営上は大切なことかなと思います。
 そこで,大きな予算としましては,公債費という部分の予算と普通建設費の予算というのが大きくウエートを占めていくのかなということがございます。そういうことがあるので,突出してそこの部分の質問をさせていただいたところでございます。
 特に公債費の部分,抑えるものは抑えるという形でお話がありましたけれども,財政健全化の数字と予算との兼ね合いがどういうふうになっているのか。同じような形で,普通建設費との関係が20年度の予算編成の現時点ではどのような形で予算反映をされているのか,その辺のことについて質問をさせていただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) お答えをさせていただきます。
 当初の財政健全化計画につきましては,20年度の公債費と関公費を合わせまして25億100万円でしたけれども,その後,市民交流プラザの購入に合わせまして,児童館の建てかえ施工の償還金,これを繰上償還しました。そのほか,守谷東の保留地の取得資金,それから城址公園整備事業債の一部を繰上償還をいたしましたので,ことしの5月に財政健全化計画を見直しをさせていただきましたけれども,その中では24億6,300万円という形の中で見込みを立てております。これは普通会計ベースでございます。
 実質的に,予算編成作業中ですけれども,普通会計ベースで,先ほど申し上げました24億6,300万円に対しまして,24億3,500万円になる見通しでございます。
 それから,普通建設事業でございますけれども,財政健全化計画では19億3,200万円となっております。現時点での見込みですと,16億7,900万円になる見込みでございますけれども,この差2億5,300万円ほどでございますけれども,これらにつきましては,市民交流プラザの改修事業,これが平成19年度予算で2億3,000万円で対応させていただきました。それから守谷中学校の武道場の耐震補強事業,これも19年度に2,100万円で対応させていただきました。
 こういう形の中で,一部19年度に前倒ししたために数字的な違いが出ているというような状況でございます。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 川又昭宏君。
◆2番(川又昭宏君) そうしますと,前倒し等々ございますが,通年見てみますと,大体計画どおりに進んでいるのかなというようなご答弁をいただいたところで,安心をしているところでございます。
 健全化計画というのは,これは計画でございますね,あくまでも。税収あって使い方それぞれ変わってくるところだと思います。基本的なスタンスとしては,やはり1割の財政調整基金を持つとかという部分が変わっていなければ,そのやりくりというのは,それがまさしく予算編成であり,執行の部分なのかなと認識しておりますので,健全化計画と照らし合わせながら,あるいは健全計画も見直しの範囲の部分であったならば適正に見直す,財政の健全化という方向性に向かって,繰上償還等も含めて実質的に将来の負担が少しでも軽減できるように,税金のむだ遣いをしないでやっていただきたいなと思います。
 普通建設費については,前倒し等で予算どおりなのかなと思いますけれども,やはり入札の徹底,あるいはその大もとの数字になりますところの積算の徹底,こういった部分も,市長も大分気を使っているところだと思うんですけれども,価格等の変動もあろうかと思います。こういった諸物価も上がっているところでございますので,そういったものをよく見据えて,適正な積算,そして入札もお願いをするところでございます。何せどちらも額が多いということでございますので,その1%で,もしかすると生涯学習ですとか,いろいろな予算もとれるのかなと思いますので,よろしくお願いしたいと思います。
 それでは,今後の取り組みというところの質問に移りたいと思います。
 市長に対して,総括的な部分で質問,今,予算編成ということで,ご苦労,執行部全体でやっているところは重々認識しているところでございます。一方,今,待ったなしの部分では,医療費ですとか,先ほどの増額の部分では介護という部分もふえるんだよというようなことがあります。守谷においても,まち全体としてはすばらしい発展を遂げているところですが,やはり格差も少しはあるのかなと。これは全国的に,守谷だけではなくてあるのかなという昨今でございます。まさに政治の力で,そういった市民生活を守るということも重要なことかなと思います。
 市長の答弁の中では,国がやるべきことと市のやるべきこと,あるいは民間でやるべきことというようなすみ分けの中で一生懸命やる,私もそれは理解するところでございます。しかしながら,国でできないものを補うのも,守谷の魅力ということでは,魅力を増すという部分で,やりくりの部分で可能ならばできるのかなと。まさしく政治の力で,市民を救うところは救えるのかなというようなことでございます。
 昨日の例えば川名議員からの入院時の小学校,中学校の生徒さんを無料化するということなんかも,もしそういうことが実現できれば,非常にそれはそれで魅力を増すという部分の一例ではないのかなとも認識しているところでございますが,そういった難しい財政の中で,20年度,私はここは少し変わってきているんじゃないかと。政治情勢も含めて,市民の生活,あるいは守谷の置かれた現状,今後のこと,大転換期が一つ落ち着いて本格的な稼働をした時期であると認識しておりますが,その辺の認識度と,あとは予算に取り組む全体的なお考えがあれば,お話をしていただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 20年度の予算編成ということでご質問をいただいております。
 先ほど来から,財政の方の元締めといいますか,総務部長の話にございましたように,基本的にはそんなに大きな変化があるものではないと思っておりますが,今までここ何年間かかけまして,行政評価,あるいは外部評価をいただいておりますし,常々職員にも申しておりますのは,限られた予算です。来年は若干の税収の伸びはあるでしょうということでありますけれども,ここ数年間は交付税もゼロでございますし,そういった意味からすると,若干の税収の伸びというのは相殺されてしまうのかなと思っております。
 いろいろな事務事業,700を超える事務事業がありますので,それらをすべて今点検をしておりまして,やらなくてもいい事業もあるでしょうと,これを削っていかなかったらば新しいことはできないよというふうな話をずっとしているところですが,なかなか削るのが難しいのが実情でございます。
 数日前,国の方で,行政改革担当の大臣がそれぞれの省庁に行って,これはやめてくださいとか言っても,全然回答がゼロだというふうな話がありましたが,確かに行政というのは,やめるのが難しいなと実感をしているところです。
 しかし,本当に今の時代に合っている事業なのかと,既得権のようにずっとやっていて,それが本当にいいのということがたくさんあるんじゃないかなと思いますので,そういったものの見直しも今しているところでございますし,それらを変えていくのが,これからの我々に課せられた大きな課題でもあると思います。
 また,待ったなしというのは,やはり福祉の問題,福祉,医療なんかにとりましてはこれは待ったなしでございますので,そういったものもだんだんふえてくる。人口がふえればそういったものもふえる。ただ,守谷の場合には,茨城県内で一番老齢人口が少ないにもかかわらず介護保険料は断トツに高いというのも事実でございますから,そういったものをいかに抑えていくかというのも大きな課題だと思います。
 いろいろな課題はある中ですけれども,今,議員おっしゃるように,平成20年度は,そういった意味からすると,やはり大きな転換期ではないかなというふうにも思います。先ほど部長の答弁にございましたが,基金にいたしましても,ただ積んでおくだけでは,それがあるよというだけで,うちは基金があるよというだけではいけないと思いますので,特に基金の受け入れにつきましても,こういう基金がありますよと,こういう基金がありますけれどもどこに寄附をいただけますかと。例えば私は緑化基金の方にお願いしますよということであれば,それを引き受けて,それでこういう使い方をさせていただきましたというところまでいけば,気持ちよく寄附してくれる方もいらっしゃるのかなとも思いますので,そういったことも,今,視野に入れて検討しているということでございます。
 ただ,国の方でも,ふるさと納税という話がありますので,あれは住民税からやるということなので,できれば所得税からやっていただければなとは思うんですが,住民税からふるさと納税をやればそれを免除するというふうな話がありますけれども,我々とすれば,所得税の方から,国税の方からやってもらった方がいいなという気はしております。
 いろいろなことを考えながら,来年も健全な財政運営に心がけていきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 川又昭宏君。
◆2番(川又昭宏君) 市長の方から,認識としては大転換期であるという共通の認識のご答弁もいただいたわけでございます。
 予算というのは,市政の一番形に見える部分で,市民の一番目につくところでございます。そういった基金をつくるなり,市民の理解を得るためにも,やはり魅力ある予算をつくり出し,それを真に理解をしていただくということが一番なのかなと思います。魅力ある……今,編成中で,今後また復活ですとか,新規事業の中でどうのこうのとかいろいろな話が出ると思いますので,よりよい市民ニーズに合った予算編成をお願い申し上げまして,1番の質問を終わりにしたいと思います。
 2番の地域資源を生かした活性化の推進という部分に移りたいと思います。
 地域資源でございます。地域資源というタイトルを持ってきましたが,私考えているところは人,物,民間ですと金などということになるんですけれども,事なのかなと思います。人というのは,人材であったり,団体であったり,事業者だったりということでしょうし,物となれば,やはり自然ですとか,文化財ですとか,例えば産業,農産物ですとか,そうものになるのかなと。事となれば,仕事ですとか,行政のサービスですとか,細かいところではイベントですとか,インフラ整備とか,いずれにしても,地域に,守谷市に今現在ある,将来にわたって整備する,そういった人,物,事,こういうものが地域資源なのかなと思います。
 これをどういうふうに生かすのか。それが,国が求めている地域のことは地域に任せるという部分で非常に重要なことなのかなと思います。まず,そういった資源を掘り起こして,そこにスポットを当てて活性化につなげていくという作業ができれば,非常にいいなのかなと思います。
 私は,この質問の中では,協働のまちづくり,今,重点予算の中でも出てきましたところの施策であります協働のまちづくりという部分で,その人の部分ですとか,団体の育成の部分,コミュニティーの育成という形の中で,どういうふうに地域資源というのを位置づけて活性化をしていくのかということと経済活性化という二つの部分で,この質問を組み立てております。
 まず,最初に協働のまちづくりの推進,人の問題でございます。そこの部分で質問に移りたいと思います。
 総合計画の後期ということで,私もその審議委員の一人としてその計画づくりに携わらせていただきました。その中でも,数値目標ですとか,基本事業とか,そういう部分が提言として基本計画の中に織り込まれております。重点施策ということでは,協働のまちづくりというのはもちろんその中に入っておるところでございまして,実際,今,19年度も行われているところでございます。
 実際に,市民と行政が協働で実施した事業ということで,その計画の中には33事業あるというようにうたわれているところでございます。指折り数えて33,どれがあるのかなとちょっとよくわからないところもありますので,それが50事業に計画の終了時にはなっているということがあります。そういった協働の事業というのは市としてはどんなものを考えているのか,具体的にお示しをいただければと思います。
 関連して,市民活動センター,これが具体的な活動としては,現状,19年度なんかでも代表的に活動として見えるところでございます。そういった具体的な動きはどうなっているのか。
 また,団体の育成支援ということで,これは事業の多分請負という部分ですか,委託という部分で,今のところ1件,それを終了時には5件にすると。協働のまちづくりと事業育成なんかも含めて,地域の部分をどう活用して執行部として現状をやっているのか,その辺についての現状をご答弁をいただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 生活経済部次長寺田功一君。
◎生活経済部次長(寺田功一君) お答え申し上げます。
 今,市民と行政が協働で実施できた事業数ということでございますが,守谷市総合計画の後期基本計画の施策の26,協働のまちづくりの推進という中に,市民と行政が協働で実施できた事業数,これらを現状値と数値目標という形で掲げてございます。今,議員の指摘がありましたように,17年度の現状値では33事業ございます。
 このジャンル別に申し上げますと,防災訓練とか防犯パトロールという防犯防災関係,それから環境美化の日の事業,利根左岸河川クリーン作戦といった環境関係,それから子育て支援夢っ子まつりといった子育て支援関係,それから出前サロン,敬老会事業,老人スポーツ大会などといった老人福祉関係等も協働で行っていただいております。
 それから,リハビリテーションとか,公園の里親事業,公園維持管理保持事業,それから立沢の里山の会というところが行っている小学生の田植えの体験事業とか,子どもの居場所づくり事業,それと図書館まつり,そういうものを合わせますと33事業になっております。
 この事業数について,協働のまちづくりの推進条例の精神を庁内各課で具体化し,推進委員会で実施の可能性の高い事業を検討して,職員の意識改革を行いながら,市民が協力できる事業所をふやすということにおいて,平成23年度の目標値としましては,50事業にふやしていきたいと考えているところでございます。
 次に,市民活動支援センターの充実でございますが,市民活動支援センターにつきましては,来年の4月から市民交流プラザの2階に移転する予定になっております。今,中央公民館の施設内で運営しているわけですが,現在,活動の場の提供という,この市民活動支援センターの中では大きな事業の一つでございますが,会議室とか,活動する場所,この提供ができないという状況でございますが,今度移転する場所については,そういう会議室とか活動する場所ができるようになりますので,この施設を大いに活用していただきまして,市民公益活動がより活発化できますようになっていきたいということで,現在,市民活動交流会と市民会議の代表者で構成しております市民活動支援センター活用検討委員会というものを設置しまして,この活用方法等を検討しているところでございます。
 この検討委員会の中で,支援センターの運営方法,どのように運営していったらいいのかとか,機能整備について検討していただいておりますが,その中で,市民公益活動団体を中心としました市民公益活動を育成強化し,支援センターの運営を支援するために新たな組織を立ち上げるべきであろうという提言がありまして,どのような組織にしていくべきかということを模索しているような状況でございます。
 それから,市民団体の育成支援でございますが,市民団体との契約で維持管理できている公益施設ということで,先ほどと同じように平成17年度の現状値では,一つの施設,これは守谷駅の自由通路の清掃作業でございますが,この一つの施設を17年度までの現状値として掲げてございます。
 協働のまちづくりの推進条例では,行政サービスへの参入機会を提供するよう努めるということをうたっておりますので,集中改革プランの中の指定管理者制度の実行に加えまして,可能性のある公益施設から委託をふやすことで,平成23年度最終年度の目標値としましては,五つの施設にふやしていきたいと目標を掲げておりますが,実施方法等については今後の検討課題という状況になっております。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 川又昭宏君。
◆2番(川又昭宏君) 具体的な今の施策についてご答弁いただいて,理解はするところでございます。
 協働のまちづくり推進条例ができて,計画が経過するわけでございますが,来年度は特に,今からもそうなんですけれども,ご答弁からありました市民活動支援センター,これが私が議員になったときは浄化センターにございました。それが中央公民館に移り,まさしく一番まち中に出てきたと。脱皮するごとく,成長するがごとく,協働のまちづくりの市の姿勢というのが形の上では見えてきたのかなと思います。そういった最大のチャンスでございます。したがって,そういう部分のものがどういう目的で建てられたのかとか,市民の協力,まさしく提言等はできているんですけれども,具体的なアクションプラン,市民を巻き込んだ形の部分をどういうふうにしていくのかと。
 先ほど指定管理者のご議論もいろいろあるみたいですけれども,そういった民間委託を含めた施設まで考えているんですよということを言えば,活動も,またあり方も変わってくるのかなと。ただの趣味やそういう部分に限らず,もっとまちづくり全体にかかわりたいなという意欲ある市民も多いところでございますので,ぜひそういった情報をまず開示をしていただいて,このチャンスを,市民協働のまちづくりのチャンスを生かしていただきたいなと申し述べておきたいと思います。
 後でまた課題とかその方向性については伺いたいということにしまして,(2)の地域資源活用のプログラムという経済的な部分に入りたいと思います。
 こちらのパンフレットが,関東経済産業局というところから,生かそう地域資源ということで,本年度から開始された国の施策がございます。まさしく地域の資源,今言いました人であったり,技術であったり,農産物,そういった資源を活用して地域を活性化していこうという国の新しい施策でございます。この取り組みは,国,あるいは県の方で,茨城県の場合に論じますと,200の地域資源を指定して,その中で民間ができることを,活性化に向けることを,アイデアを,あるいはビジネスプランを立てて,地域の活性化に行政もお手伝いをしながら企業も伸ばしていこうという極めて今日的な施策でございます。
 守谷市として,今,この地域資源活用活性化プログラムにおいては,どういう現状があって,どういう取り組みを具体的にしていたり,あるいは今後どういうふうな効果を含めて支援をしていくのかという部分について,担当の方のご答弁をお願いしたいと思います。
○議長(又耒成人君) 生活経済部参事補椎名一夫君。
◎生活経済部参事補(椎名一夫君) お答えいたします。
 ただいま議員の方からお話がありましたとおり,新しい国の施策でございまして,県の現在の対応状況ですけれども,茨城の地域産業資源として,強みとなる資源,ただいまお話がありましたとおり200が規定されました基本構想を,8月に国の認定を受けております。
 これらの今回認定を受けました地域産業資源の中では,県内の全域,あるいは県内地域,それから各市町村という分類の中での指定がございまして,守谷市がかかわる主な農産物としましては,野菜,麦,米,大豆等があります。また,守谷市独自として,今回,当初の指定はございません。
 それで,現在,県がこの基本構想の見直しを行っておりまして,この追加申請に,守谷市の地域資源といたしまして,守谷さんちの牛乳の申請を11月に行っております。この追加申請は,県自体で36申請ございまして,年内にはこの結果がわかるというふうに確認しております。
 それで,今後の取り組みでございますけれども,この県の基本構想に盛り込まれました地域産業資源を活用した事業に取り組む企業に対しまして,補助金,あるいは低利の融資,設備投資,減税の支援等が受けられるということでございますので,地場産業の人がこの事業を使いましていろいろな事業にチャレンジできるように,県も含めまして関係者に広く呼びかけを行うなど,意欲ある中小企業者の積極的な取り組みを支援したいと考えております。
 その効果としまして,現在,茨城県の中でも今認定を受けているのが2企業でございまして,これからの事業だと思いますけれども,やる気のある事業者,それぞれの創意工夫,あるいは民間だからできる,知恵が生かせる,あるいはやる気も出てくるというようなことから,地域間競争にも残れ,地域の活性化が図られると考えております。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 川又昭宏君。
◆2番(川又昭宏君) 守谷市独自として,県の方,地域資源の追加申請をしていると。すばらしいお話をいただいております。36全部でやっているということでございますが,最初の部分の200というのは県と国レベルで,市町村にもヒアリングはあったそうですけれども,これは関門が非常に,地域資源と認定されるのが,相当の認知度,マスコミに何回やるとか,非常な実績も伴うところでございまして,なかなか取り上げられない。ただし,取り上げなければ施策に加われないというようなところでございまして,市として,常々市長がやる気のある事業者さんに育成をしたいんだという形が,こういった施策の追加申請の部分では見えたのかなと。こういった申請をして,36のうち年内に結果がわかるそうですけれども,そういうことがわかれば,今度は大きな,市だけではなくて,これは国の施策でございますので,国の事業認定を受けたような民間の地域の力で活性化が図られるすばらしい企画,事業になってくるのではないだろうか。
 そういった意味では,こういった国や県の施策,さまざまな部分がありますので,一例ではございますが,こういったすばらしい提案,あるいは特区の部分ですとか,いろいろな形もあろうかと思いますけれども,ぜひ施策を利用していただいて,活性化の方に地域資源を使った取り組みをされればなと思います。
 これはちなみに農産物,三つのジャンルがありまして,工業的な技術や文化財,そして観光という部分で,商工部分ではなくて,文部科学省ですとか福祉の部分,そういうのも巻き込んだ縦割り行政を排除した形の地域資源の活用だということで,国も大きく方向変換,施策の変換をしている施策でございますので,そういったものでつなげていっていただければなと思います。
 地域資源については,これから始まって,年間で大体,県に聞きましたら,5から10ぐらいの施策を取り上げていきたいんだと。ことしは2だということでございます。一刻も早く守谷からもこういったビジネスプランが生まれることを,支援を市としても積極的に取り組んでいただきたいと思います。
 今後の取り組みというところで,伺いたいと思います。
 まず,協働のまちづくりのところで,市民活動支援センターという話が先ほど来出ております。それを含めまして,地域人材の交流,情報発信という観点で,協働の部分でどういうふうに方向性を図っていくのか。課題,あるいは推進の方法,先ほど私はアクションプランも必要だという話もさせていただきましたが,どういうお考えがあるのか。
 また,市民活動支援センターですが,今のところ,当初は市が単独で事業という形の中で市が行うということですけれども,こういった部分の組織上の格上げとかとらえ方,あるいは民間委託,指定管理者等へ将来的にはやっていくのか。その辺のお考え,そういった市民活動支援センターのあり方,今後の方向性,こういった部分の質問をさせていただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 生活経済部次長寺田功一君。
◎生活経済部次長(寺田功一君) お答え申し上げます。
 アクションプランにつきまして,議員おっしゃるとおり,協働のまちづくりの啓発ということが大変重要であると考えております。協働のまちづくりの推進条例にもうたっておりますように,市民の役割,市民公益活動団体の役割,事業者の役割,そういうものがうたってございますが,これを認識していただけるように啓発活動に努めていきたいと考えております。
 それと同時に,市の役割としましては,職員の意識改革が大変重要であると考えておりますので,職員の協働のまちづくりに関する啓発,研修等を積極的に実施していきたいと考えておりまして,来る12月18日,条例に基づく協働のまちづくり推進委員会と,それから,庁内組織でございます協働のまちづくり検討委員会の合同研修を開きまして,職員の意識の改革ですか,そういうものにも努めていきたいということで,今後とも啓発活動,PR活動に重点を置いていきたいと考えているところでございます。
 それから,市民活動支援センターの位置づけ等でございますが,先ほども少し申し上げましたが,市民活動支援センターの運営につきましては,市民活動支援センター活用検討会というところで現在検討をさせていただいているところでございますが,先ほど申し上げましたように,市民公益活動を育成強化し,支援センターの運営を支援するための新しい組織が必要であろうということで,この組織をどのようにしていくかということで,今もろもろ検討しているところでございます。
 ただ,現在の支援センター移転したときの人員的ものでは,現在,非常勤のセンター長と非常勤職員2名でいますが,さらに非常勤の職員を1名増員して,開設時間等も長くしていきたいと考えているところでございます。
 先ほど申し上げました支援組織等が充実してくれば,将来的には組織に指定管理者になっていただいて運営をしていただくということも視野に入れて,そういうしっかりとした組織ができるようにしていきたいと考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) 川又昭宏君。
◆2番(川又昭宏君) 市民活動支援センターにつきましては,大きな来年度の目玉になることは間違いないと思いますので,守谷を,地場を守って育て上げていただきたいなとお願いを申し上げておきたいと思います。
 最後の締めくくりの市長への質問ということで,予算の部分と若干かぶるところあるかもしれません。
 先ほどの市長のご答弁もありましたように,大転換期を迎えると,充実に向けての大転換期を迎えるということがあるのかなと思います。
 昨日の山田議員の質疑等でもありましたけれども,クレトイシの問題,いわゆる東口の問題も出てきております。東口といえば,やはり従来の中心市街地というか,商店街の流れにも通じるところでございます。まちのあり方というもの,いわゆる守谷駅周辺土地区画整理事業,終息するわけでございますけれども,その中心市街地という計画で位置づけするならば,駅から中心市街地へ,そして東口へ広がるというような,駅周辺を少し大きくとらえたところの,個別のクレトイシや中心市街地ということではなくて,もっと大きな東口全体の活性化をにらんだような計画づくりなんかも,実は必要なんじゃないかなと私は考えているところでございます。
 そういう大きなビジョンの中で,国の求める,国は,今,駅から中心市街地へどう活性化を図るか,そこには選択と集中ということで予算配分をしていく方針を立てております。守谷としては,そういった駅もできました。これから充実していく東口を含めた開発地域が残っているところでございます。細かにやる部分も結構だと思うんですけれども,大きな部分で,守谷市の中心市街地活性化の基本計画等の取り組みというのも考えたらいいんじゃないかなという時期に来たのかなと思います。
 ちょっと前にさかのぼれば,商業活性化という視点では,TMOという中心市街地活性化基本構想というのが守谷市にもございました。これは駅前の周辺をやったときに,スムーズな予算をとるという一つの形の中から,経済施策ではこういうものがありますよ,区画整理事業ではこういうものがありますよと,区画整理事業にのった形の中でそういう部分が立てられた経緯もあるのかと承知しているところでございます。
 したがって,そういったことを考えて,全体的なビジョン,それは東口だけではありませんけれども,そういった位置づけというのが今必要なのかなと。
 その中で忘れていけないのは,守谷らしさという部分,その経済活性化というのも,これは極めて重要な部分であり,また協働のまちづくり,そこに息づく人たちが,市長がおっしゃる守谷に住んでよかったと実感できるようなまちづくりというのは,やはりそういうビジョンがあったり活動があって実感できるから,そういうふうに住んでよかったと思えるようなことになるのかなという気がしてなりません。
 そういった今後の地域資源,人,物,あるいは事を通じてどのように活性化していくのか,市長のご答弁をいただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) 先ほど来から話が出ております支援センター,そういった形,そういった活動の方向というのが,これから,我々も最後の方になるのかもしれませんけれども,団塊の世代ということで,守谷にも優秀な人材がたくさんいらっしゃると,埋もれていらっしゃるというふうに思います。そういった方々のご協力をいただきながら,これからの守谷のあるべき姿というのをつくっていくのも,一つおもしろいなと思います。
 また,東口,西口,守谷の新しい顔といいますか,そういったことからいいますと,西口の方に,我々も何とか商業施設,にぎわいをつくりたいと思っておりましたが,残念ながらなかなかこれがうまくいかなかったと。特に,現在では大型店が,どこの市町村でも同じような傾向だと思いますが,大型店が郊外に立地するということで,守谷も,ご多分に漏れず,そういったことになっているところでございますが,東口等につきましては,議員の方にこの定例会の全員協議会でもお示しいたしましたように,ある程度のにぎわいをつくっていきたいという思いで,一流の企業にその開発をゆだねたいと思っているところでございます。
 また,大きく考えますと,昨日山田議員の一般質問にもございましたが,クレトイシの跡を三井不動産が取得したということで,これらにつきましても,駅からの一体的な開発ということからしますと,非常に魅力ある開発ができるのではないかなと感じておりますので,それらを踏まえて活力のある守谷市づくりに努めていきたいなと思っております。
○議長(又耒成人君) 川又昭宏君。
◆2番(川又昭宏君) 守谷は,とにかく県南の玄関口,輝く地域でございますので,全体的視野で,本当に地域財産そのもの,地域資源というのは守谷市全体だと思っていますので,その部分を生かし切る開発というか,地域の発展につなげていくような,それには計画という部分非常に大事なので,今,市長からありましたように,大きな形の中でお願いをするところでございます。
 ひいては,駅前一つ形づくるんですけれども,今話があった東口,共有化というような部分で,執行部の方でご尽力をして個々の形までつくられた,市長が常々やる気のある部分を支援するんだと,顔をつくりたいんだという部分の実現をした形が,東口のこの間議会の中で説明を受けた部分なのかなと。私は,まずよい面で,今までのご苦労とそれの意義というものを深く感じ取った,酌み取ったところでございます。
 やり方等につきましてはいろいろあるかもしれませんけれども,そのやる方向性,地場の育成も含めて,そういったお店を含めた活力というものを,守谷の駅一番目立つところから,守谷はこうしているんだと。ほかの沿線間では,多分やれるところはないと思います。守谷しかできないそういった魅力を出すためには,やはり守谷の駅から発するものというのは,近未来的にすぐにできるような部分に今できているところなので,これは市民あるいは議員ともやり方を考えながら,ぜひ成功に導いていただきたいなと私は思っております。
 大転換期の守谷の部分では,やはり市民が住んでいて本当によかったと実感できること,それはまさしく政治が生活の第一主義だと今こそ思えることだと思っています。私はそういうふうに感じております。ぜひ市政が市民のための生活第一ということを考えていただいて,今後も取り組んでいただきたいということを申し述べ,私の質問を終わりにさせていただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) これで川又昭宏君の一般質問を終わります。
 次,通告順位7番,酒井弘仁君,登壇を願います。
 酒井弘仁君。
               〔1番酒井弘仁君登壇〕
◆1番(酒井弘仁君) 通告順番7番,酒井弘仁です。よろしくお願いいたします。
 大変に早いもので,1期4年の最後の定例会になりました。私は,皆さんに心配をかけながら,今ここにおられるのも皆さんの支えと感謝をいたしております。ありがとうございます。
 それでは,早速,1番目の柔軟な組織運営の推進について,1の1,指定管理者制度の今後の導入施設について,どのように選んでいるのか,または選んでいくのか,お伺いいたします。
 なお,どの施設を民間委託,指定管理者を含む検討としているのか。その基準と導入決定の方針,方法と,そもそも民間委託と指定管理者との違いについて市民には理解ができていない部分が多い。詳しく説明をお願いいたしたい。なお,今後の導入予定施設は,民間委託なのか,指定管理者制度なのか,お伺いいたしたい。
 また,利用者の声は導入の際どのように反映しているのか。明確な導入決定の基準はあるか。例えば行政評価,外部評価,集中改革プラン等,初めに国や県からの押しつけ方針と市の財政健全化等ありきの政策推進なのか,また市民サービスの向上は考えているのか。民間委託の場合,地元のしがらみ等はないか。どのように委託業者等を選んでいるのか。地域住民らの市に対する要望も多々あると思います。よく検討の上,よろしくお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) お答えをさせていただきます。
 指定管理者という形の中で,今回,3議案ほど上程をさせていただいているところでございますけれども,この選定等でございますが,まず初めに,なぜこの指定管理者を導入するかという大きなねらいでございますけれども,確かにコスト的な問題もございますけれども,まず第1に,市民サービスの向上ということを大前提として行っているわけでございます。
 例えて申し上げますれば,今までも児童館ありましたけれども,それぞれ週1お休みをいただいていたところですけれども,これから南守谷の児童センター等につきましては,月1日のお休みという形で,この月1日のお休みといいますのは,定期清掃をしたり,いろいろなものをしなければなりませんので,実質的にはあいてはおりませんけれども,中で消防の点検とかいろいろなものもございますので,できる限りあける日にちを多くすると。しかも,時間的に長い時間をあけると。そういうような趣旨のもとで,この指定管理者制度というものがそもそもできた経緯がございますので,市でも,そういう形の中で,コスト面だけではなくて市民サービスの向上というものを大前提として,指定管理者制度の導入に向けて取り組んできたところでございます。
 民間委託と指定管理者制度はどう違うかという形でございますけれども,大きくいいますれば,指定管理者制度につきましても,民間委託の一部分なのかなという形で考えております。
 ただ,今まで民間委託といいますと,市で申し上げますれば,給食の配送業務とか,バスの運転業務とか,清掃業務,警備とか,いろいろな形の中でお願いをしてきたところですけれども,本当の一部の業務のみの委託でございます。指定管理者制度という形の中では,施設の運営,管理,それから使用許可,そういう形の中で施設全体を一括して委託することが可能となったわけでございます。
 そういう意味で,この指定管理者制度と民間委託の中では,市民の皆様方から見ますと非常にわかりづらいという形のものがございますけれども,概していいますれば,すべてをお任せてするのと一部をお任せするものと,そういうような理解をしていただければありがたいなと考えております。
 導入決定という形の中では,庁内に各課それぞれの担当がございますので,これが指定管理者にすることが可能かどうかと,そういうものを含めましてワーキングチームというものを,大体これは課長補佐,係長級でございますけれども,ワーキングチームを組織しまして,月2回,2週間に一遍という形でワーキングチームを開催しまして,決定等をしてきたところでございます。
 導入決定の基準でございますけれども,具体的な基準は,もちろんそれぞれ施設が違いますので基準はございませんけれども,市民サービスが図れるかどうかというものを前提として判断をしてきたところでございます。そこにプラスアルファとして,コストの削減ができるのかというものも加味してきたところでございます。
 そして,これは本会議等でも申し上げたと思いますけれども,実際に,今回はこの3施設を導入すべくお願いしているところでございますけれども,その中でも,施設の導入に当たりましては,公平な形の中で業者を選定していただく必要性があるという形の中で,選定委員会という形の中で10人の委員で構成をさせていただきまして,それぞれ採点をしていただいた中で決定してきたところがございます。
 それから,今後の導入予定というものがありましたけれども,今現在は,中央図書館につきまして,導入できないかという形の中で検討をしております。できれば導入したいという形の中で,今,図書館協議会の方でそれらにつきまして慎重にご審議をいただいているところでございますので,図書館協議会の動向等を見ながら,最終的に導入時期等を含めまして決定していきたいなと考えております。
 それから,先ほども少し申し上げましたけれども,これは指定管理者ではございませんけれども,給食センター,これは公の施設には該当しませんので指定管理者という制度にはなじみませんので,調理部門につきまして,できますれば,これは最終決定には至っておりませんけれども,来年の夏休み明け,通常いう2学期ですね。2学期から調理部門のみ民間委託できればと考えているところでございます。
 それから,地元とのしがらみとかありましたけれども,選定するに当たりまして,当然,まだ決定はされておりませんが,候補者の皆さん方と面接等をしておりますが,地元からできる限り,社員といいますか,契約社員になるんだろうと思いますけれども,できる限り地元にそういう方がいらっしゃれば何とかお願いして働いていただきたいというものがございますけれども,業者そのものと行政という形の中で,しがらみとかそういうものは一切ないのかなと感じております。
 もし答弁が抜けた点がございましたらば,再度質問をお願いしたいと思います。
○議長(又耒成人君) 酒井弘仁君。
◆1番(酒井弘仁君) どうもありがとうございます。
 それでは,1の2,事業者選定の課題と改善について,選定選考の課題はどのように考えているのか。募集期間は,告知の徹底,問い合わせ対応の課題は何か。選考時の評価や利用者の声の反映,不安の解消,要望,期待等,どのように酌み取り対応するのか。
 事業者選定までは現在のところ地元業者が入る余地がないようであるが,市の事業であり,地場の育成という視点も必要と思います。なお,地元の事業者への対応など,指導,育成支援は考えられるのか。
 あいまいさ,しがらみを抜きにした事業者育成,人材育成の必要性を求めます。市行政の対応としてどのように取り組むのか。
 また,改善策について,次回からの選考に際し,市として改善を図るものは。利用者の声の反映として,応募団体に伝える。応募団体をふやす。同じ団体では競争性がない。地域貢献策の明示,どう地域貢献するか等。
 さらに,民間委託も指定管理者選考と同様な考え方はできないのか。利用者,市民の声の反映。業者に対し事前に伝えることで,コスト経費面だけでなく,サービス,付加価値等の向上を図る。ただ単に入札すればよいものでない。
 このようなことを実行できればと考えますので,行政の考え方をお伺いいたします。よろしくお願いします。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) それでは,お答えをさせていただきます。
 課題と改善点という形でございますけれども,選定に当たりましては,先ほど申し上げました10人の委員で選定をしていただいておりますので,そのときに出た反省点も含めまして申し上げたいと思いますけれども,当初に一番先に委員から出たのが,よりよい業者を選ぶ必要性があるのであるから募集期間は長くとってくださいと。そして,ありとあらゆる手段を講じてそういうPRをしてくださいというようなものが言われております。そういう形の中で,一部過程の中では,その募集期間を長く変更したという経緯がございます。
 それから,選考時の課題という形の中では,今回の3施設につきましては,大きく分けまして20の評価項目で評価をさせていただきました。3項につきましては1項10点ですけれども,残りは1項目5点で評価をさせていただいております。中には,類似している項目があるのではないかと。したがいまして,これらにつきましては,今後の中でもう少し改善する余地はあるのかなと。これらにつきましては,当然のことながら,新たな施設が指定管理者に移行しようという形になりますれば,この選定委員会の中で募集要項からすべてご審議をいただきました形の中で募集をかけていくと。スケジュール等につきましても,そういう形の中で今までも行ってきましたので,これは変わることなく続けていく形になりますので,そういうものにつきましては,今後におきまして改善点等も出てくるのかなと感じております。
 それから,利用者の声の反映という問題がございましたけれども,今回の南守谷児童センター,それから北守谷の市民交流プラザにつきましては,新規施設でございます。ただ,南守谷の児童センターにつきましては,指定管理者云々という形ではございませんけれども,どういう施設をつくったらいいのかという形の中で,検討会という,正式名称は私もわかりませんけれども,そういう形の中で,市民の皆さん方から,大勢の子供さんを含めまして意見を聞いた経緯がございますので,そういうものを,担当レベル,それから今回はたまたま指定管理者の中にそこの委員長さんをしていた方にお願いをした経緯がございますので,そういうもろもろを含めた形の中で市民の声というものを取り入れさせていただいた経緯がございます。
 それ以外には,先ほども申し上げましたけれども,いろいろな審議会等がございますので,その中で意見をお聞きして,行政が押しつけるとかそういう形ではなくて,やはりきちっと理解をしていただいた中で進めたいというものがございますので,そういう審議会等でご審議をいただいた中で,それらの結論をもって決定していきたいなと思います。
 ただ,その開設後,開所後といいますか,これにつきましては,それぞれの施設につきまして利用者からの代表者からなる運営委員会をつくってくださいという形の中で募集要項の中で明記してございます。当然,それは応募してきた業者すべて理解の上で応募をしていただいておりますので,開所して一月,二月でつくれと言われても,これはちょっとできないかと思いますけれども,そういう形で市民の声をお聞きした形の中で,より改善すべきものは改善するよう,私どももこれから協定書の締結にも入っていきますので,そういう形の中で利用者の声を,開設後ではございますけれども,反映させるような措置を考えているところでございます。
 それから,地元業者云々という話がございましたけれども,指定管理者の場合,安定して管理運営をしていただかなければならないというものがございます。それから,先ほど申し上げましたとおり,第一の主眼であります行政サービスの向上というものがなくてはならない話ですので,一般にいう,例えば道路工事等々同じような形の中で地元育成というのは非常に難しい点があるのかなと。
 例えて申し上げますれば,地元業者の中では,今回の3施設につきましても,申し込みもいただきましたけれども,全然今までそういう経験がございませんので,その施設を使ってどれだけ住民サービスを向上させるかという点を見たときに,今回候補者として提出させていただきました企業ですと,自主事業も含めまして相当厚い計画書を持ってまいります。しかし,地元から出されたものといいますのは,その辺の部分につきましてはほとんど記載がないというのが現実でございまして,選定委員だれが見ても,どう判断しても,比べようがないというのが現実でございまして,それが,今後におきましては,先ほどの例えば市民活動支援センターも一つの選択肢としては考えられるとかありましたけれども,公民館なんかもこれからどうするんだという形の中で議論をしているところでございますけれども,その施設によって,地元に預けた方がいいもの,例えば極端な言い方をしますけれども,公民館を貸し館業務に徹底するよという形になったときには,これはやはり地元の皆さん方が管理していただくのがきっと一番いいのかもしれない。ただし,生涯学習とは何ぞやというところから,公民館とは何ぞやというところから入っていかないと目的が違っていく形になってしまいますので,そういう部分はありますけれども,当然,その施設,施設によって,地元にお願いできるものもあるのかなと。ただ,そういうものは限られた形の中になってしまうのかなと。
 今回,地元の業者さんで1社申し込みしていただきましたけれども,我々も,その1社さんにつきましては,相当熱意があるという形の中で理解を示しているところでございますけれども,ただ,安定性とかそういう面からいきますと,何団体かが寄った団体でございますので,経営母体とかそういうものがまだまだ乏しいという点もありますので,なかなかそこまで至らなかったんですが,その代表の方なんかは,よその応募しました企業さんのそういうものを情報公開という形の中で求めております。当然,私どもも出せる範囲で出しますので,やはり地元としてもそれらを一つの勉強材料としまして,次回等におきます指定管理者の応募のときに役立てるという形の中で,そのような対応をしているのかなと感じておりますけれども,地元業者という形の中では非常に難しい部分が出てくるのかなということを考えているところでございます。
 もし何かお答えに足りなかった場合にはご指摘をいただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 酒井弘仁君。
◆1番(酒井弘仁君) ありがとうございます。
 1の3,今後の民間委託の推進とその効果等についてなんですが,先ほどの中央図書館等は出たんですが,そのほか委託を考えられているものはないわけですか。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) ただいま検討していただいておりますのは,先ほど申し上げました図書館につきましては図書館協議会の方で,私どもの方も説明をさせていただきまして,図書館協議会では,実際に指定管理者が管理を行っております,これは栃木県の大平町ですけれども,そこを視察に行く……まだ行ってないんですか,これから行くんですね。そこまで話し合いをしていただいている中で,実際に指定管理者で行っている図書館を見てきましょうという形の中で,その後結論をつけていくと。
 もちろん今,守谷市の図書館につきましてはかなり高い評価をいただいているところでございますので,指定管理者に移行するまでには,それなりのクリアしなければならない問題がまだまだたくさんあると思いますので,すぐに結論づけるという形のものはできないかと思います。
 それから,公民館につきましても,指定管理者も一つの方法だという形の中でお願いをしているところですけれども,これは先ほど申し上げましたとおり,公民館とはどうあるべきか,将来どうあるべきかという根本論から始まらないとなりませんので,その辺は,我々素人ではなくて,そういう携わる皆さん方に公民館のあり方そのものから議論をしていただいた中で,指定管理者で運営することもいいのではないのという形になりますれば,それらのことにつきまして,さらに進めさせていただきたいと考えております。
 そのほかにも検討したものは,例えば新守谷の自転車駐輪場とか,いろいろなものを検討はいたしましたけれども,それぞれ今,シルバー人材センター等を利用してコスト的にも低く……指定管理者制度を導入してもサービスの向上が望めないというものにつきましては,指定管理者制度の導入から外したという経緯がございます。
 以上で,説明を終わらせていただきます。
○議長(又耒成人君) 酒井弘仁君。
◆1番(酒井弘仁君) ありがとうございます。
 それでは,市長への質問で,今回選考された3施設の1期1回目を迎え,最終決定はまだにしても,民間委託の際の課題も見え始めてきたと思われます。全体的な推進に対する市長の考え方をお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。
○議長(又耒成人君) 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) これから議会の議決をいただければ始めるということですから,まだ具体的にどうということは今のところは言えないと思います。
 先ほど来から部長の説明のように,サービスの向上に努めていただくということですので,そういったことを十分配慮してやっていただくのがいいのかなと思いますし,今後は,それらの状況を見ながら,また新たな指定管理者,あるいは委託ができるものがあれば進めていくということでございます。
○議長(又耒成人君) 間もなく正午になろうとしておりますが,酒井弘仁君の一般質問を続行したいと思いますが,よろしいでしょうか。
              〔「はい」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) 異議なしでよろしいですね。
 それでは,引き続き一般質問を続行いたします。
 酒井弘仁君。
◆1番(酒井弘仁君) ありがとうございました。
 市の事業と市民の福祉向上のためにある。市民が納得し,民間委託でよかったと実感できる行政運営をお願いしたい。ただ単に,コスト削減,職員数不足とかいう行政側だけの考えを押しつけることのないように。また,初めてのことでもあり,目配り,気配りをしっかりと推進していただきたい。よろしくお願いいたします。
 では,2番目のいきがいと喜びある生涯学習の推進について,2の1,生涯学習に参加する機会増加策について,少子高齢化社会の中で,地域に生き,交流し,生きがいや喜びを感じ,健康に生きていくための生涯学習の重要性は高まっている。平成20年度には国民文化祭が茨城で開催されるので,生涯学習を市民に浸透させる好機である。市は,国民文化祭等に向けて,生涯学習に参加する機会を増加させるためどのような施策を考えているのか。人材,受け皿,予算,広報等についてをお伺いいたします。
○議長(又耒成人君) 教育部長弘澤 廣君。
◎教育部長(弘澤廣君) お答えしたいと思います。
 今,議員からご指摘があった国民文化祭,来年11月1日から9日まで行われるわけでございます。茨城県内で行われるということで,県内28市町村の各市町村の会場で行われるわけでございます。全国からたくさんの来場者があると思われますので,茨城県や,またこれに参加する守谷の文化を発信するよい機会と思っているところでございます。
 このような中,現在,私どもの方で施策として考えているのは,守谷市としましては,二つほど考えてございます。また,計画中のものも一つございます。
 一つとしましては,中央公民館で計画しているところの若い芽のコンサート,これを実施していこうかなと思っております。それから,学びの里におきましては,アーカスプロジェクト,これを実施していこうかなと思っております。
 若い芽のコンサートにつきましては,今,茨城県を通して全国に参加を呼びかけているところでございます。また,市の方でも,関東近県につきましては,音楽関係の大学とか高校などに参加を呼びかけている状況でございます。
 現在,市からの呼びかけに対しましては16団体の申し込みがある,このような状況でございます。また,県からの申し込み状況については,まだ報告期限になっておりませんので,ちょっとその辺は把握できないところでございますけれども,現在,16団体,若い芽のコンサートに申し込みがあるということでございます。
 また,アーカス事業でございますけれども,これは来年度のアーティストの招聘が決定してからということになりますので,まだ詳細は決まっておりません。現在,基本として考えているのは,現代美術の展示,それからワークショップ,これらの二つを柱としてやっていきたい,このように思っているところでございます。
 そのほか現在企画中というのは,広域文化交流事業,これも計画しておりまして,取手,牛久,守谷,これはアート関係で関連があるだろうということで,アートトライアングルツアーとしまして,この3市各市を回る,文化を見回る事業,このようなものも計画していきたい,こんなふうに思っているところでございます。
 もちろんこれにつきましては,参加者に対する支援が必要ということで,文化協会への助成お願い,それからいろいろなボランティア,「かたつむり」とかございますので,それら各種ボランティアの助成を期待し,またお願いしているところでございます。
 このようなせっかくの機会が茨城県で全国的なものが開催されるということでございますので,ぜひ多くの市民に参加していただきまして,また協力していただきまして,それが成功に終わるようにということで,引き続き広報等に力を入れていきたい,このように今思っているところでございます。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 酒井弘仁君。
◆1番(酒井弘仁君) では,2の2,1人1スポーツ運動の促進について,市は,総合計画後期基本計画に生涯スポーツの支援を挙げているが,1人1スポーツ運動はよいキャッチフレーズなので,もっと推進すべきである。行政の考え方をお伺いいたしたい。
○議長(又耒成人君) 教育部長弘澤 廣君。
◎教育部長(弘澤廣君) お答えいたします。
 1人1スポーツ運動でございます。今,茨城県もしくは国で進めているのは,大人,成人が週1回のスポーツ実施,目標50%ということでやっているところでございます。
 守谷市におきましても,いろいろな調査ということでやっていますけれども,平成18年に,日ごろから何かスポーツを行っていますかというアンケート調査をしているところでございます。
 このような感じでスポーツ振興をしているところでございますけれども,このキャッチフレーズでございますけれども,スポーツの啓発にとりましては有効なものの一つとして私どももとらえておりますので,折に触れてこのキャッチフレーズは使っていける……こればかりではありませんけれども,いろいろなキャッチフレーズの一つとして有効なものとして考えておりますので,折に触れて使っていきたい,このように思っているところでございます。
○議長(又耒成人君) 酒井弘仁君。
◆1番(酒井弘仁君) ありがとうございます。
 では,2の3,今後の生涯学習活動支援について,アの部分とイの部分の件とします。
 アの部分として,生涯学習推進のために全体的組織づくり,人材づくりの連携策とその活動施策及び広報をどのように行うのか。市民交流プラザの一室を人材づくりの拠点として活用するなどの方法もあるが,生涯学習活動支援についての考え方をお伺いいたしたい。
 イとして,平成20年度の施策方針の中で,市民生活に密着した重要な生涯学習は,コストも成果も維持する施策になっている。その理由はなぜか。市民が生きがいや喜びを感じ健康に生きていく生涯学習の推進を行うように政策転換すべきではないのか。市民交流プラザのスペース利用など,チャンスを生かす施策の推進に力を入れてほしい。この件についての考えをお伺いいたします。
○議長(又耒成人君) 教育部長弘澤 廣君。
◎教育部長(弘澤廣君) お答えいたします。
 二つほど,今,議員から意見が出されまして,まず,最初のアとしまして,全体的な組織づくりとか連携策ということでございます。
 この生涯学習の推進につきましては,やはり組織づくりや人づくり,これが大切ということは私ども認識しているところでございます。現在,市全体の生涯学習関連の組織としましては,文化関係ですと文化協会,それからスポーツ関係で大会協会と,このような協会がございまして,それぞれ活発に活動していただいているところでございます。
 また,市としましても,活動する人,もしくは団体等がこういう活動に入りやすいように,いろいろな講座や教室,これらを開催しサークルの立ち上げを支援している,このような状況でございます。
 生涯学習の拠点ということでございます。交流プラザ,拠点としてはどうかということでございますけれども,私ども,特に中学校区を単位としまして公民館を建設してございますので,活動の拠点としては,引き続き公民館等を利用してやっていきたいと思っております。
 また,いろいろな支援として,体育館開放や各施設の会議室等の利用も推進,これを図っていきたいと思っているところでございます。
 市民交流プラザでございますけれども,ここにつきましては,児童センターとか市民活動センターとが複合している施設でございまして,生涯学習としては,主にギャラリー部分というふうになろうかと思いますので,拠点としては公民館等と考えているところでございます。
 また,このギャラリーでございますけれども,指定管理者制度ということになりますと,指定管理者が管理するわけでございますけれども,有料の施設ということになろうと思いますけれども,そのギャラリーにつきましても,やはり市民が発表の場として活用していただきたい,このように強く思っているところでございます。
 それから,評価の中で,コストも成果も維持するというイの点でございます。現在,厳しい財政状況にあるところでございますけれども,教育委員会としましても,学校教育と社会教育,特に学校教育と生涯学習は二つの大きな柱,このように認識しているところでございます。教育委員会としましても,この二つの施策が両立していくのが使命,このように感じているところでございます。
 このような中,生涯学習は市民生活に密着した大切なこと,そのように理解しておりますので,各事業に対して工夫して成果が上げられるように努力していきたい,このように思っているところでございます。
○議長(又耒成人君) 酒井弘仁君。
◆1番(酒井弘仁君) ありがとうございました。市としても,大変でしょうが,市民が生きがいを実感できるように,しっかりと支援をお願いいたします。
 大変,毎回ここに来ると上がってしまって,なかなかこの上がるのが直らなくて,聞きづらい点ご迷惑かけますが,また今後ともどうぞよろしくお願いします。
 私の一般質問は以上で終わります。
○議長(又耒成人君) これで酒井弘仁君の一般質問を終わります。
 ここで暫時休憩といたします。
 午後は1時から再開をいたします。
                午後零時06分休憩
         ──────────────────────
                午後1時00分開議
○議長(又耒成人君) 休憩前に復し会議を再開いたします。
 ただいま休憩中に中田孝太郎君が出席いたしましたので,ご報告いたします。
 それでは,引き続き一般質問を続行いたします。
 通告順位8番,松丸修久君,登壇を願います。
 松丸修久君。
               〔8番松丸修久君登壇〕
◆8番(松丸修久君) 通告順番8番の松丸でございます。
 きょうは3点にわたり質問をさせていただきたいと思います。1番として協働のまちづくりと自治会組織について,2番目として保育の問題について,3番目として指定管理者制度についてということで通告をさせていただいております。
 協働のまちづくりと自治会組織についてということでご質問をさせていただくわけでございますけれども,午前中も川又議員の方からありましたように,守谷市も昨年協働のまちづくり推進条例を制定をいたしまして,まちづくりに取り組んでいる最中でございます。
 思い起こせば,7年,8年前から,協働という概念が自治体には欠かすことができないだろうということでいろいろな方から提唱があり,それを守谷市もいち早く取り入れて,市民活動支援センター等を立ち上げてきたというのが,ここ七,八年の経緯かなと思い起こしておりますが,私は,再度,住民自治,自治組織たるものがどういうものかということを切り口として,今回は質問させていただきたいと思っております。
 (1)として,住民自治と「補完性の原理」の理解についてということで項目を立てさせていただいているわけでございますけれども,補完性の原理という言葉そのものの理解でございますけれども,これは,昨今,民主主義国家において,この原理がグローバルスタンダードとして大きく取り上げられております。また,国内においては,第27次の地方制度調査会において,基礎自治体優先の原則ということで,この補完性の原理原則を基本的な概念として取り上げているというところでございます。
 平たく言えば,私どもの守谷市の協働のまちづくりの推進条例の基本理念等にもありますし,市民の役割等の中にも入っておりますけれども,基本条例の第4条に,市民は,身の回りのことについて,みずからできることを考え行動するとともに,まちづくりに進んで参加し,という項目がございます。ここにあるように,市民一人一人が,自分たちでできることはまず自分たちでする。家庭内でできることは家庭でする。それでできない部分は,地域の自治会やらコミュニティーで対応していく。それでもできないときは,市町村とかそういう行政にゆだねていく。そこでできないものは県,それでできないものは国というような,そのできないところをどのように補完していくかというのが,この補完性の原理の基本的な考えでございます。
 そういう中において,今回,私どもが制定をいたしました守谷市協働のまちづくり推進条例等々という部分は成立をして,午前にも答弁の中にありましたように,各種団体等と協働の事業を行っているわけでございますけれども,その自治体に至る前の段階の一人一人の市民が自分たちができることをやるということが,市民から上がってくる要望等を見ておりますと,その辺がなかなかご理解いただけていない部分も多々あるのかなと感じております。
 当然,市民だけでまちづくりはできるわけでもございませんし,議会だけでできるわけではない,また行政だけでできるわけではないということがございますけれども,それぞれがおのおのの立場,おのおのの周りを見回したときに,まずできることからやっていくということをどのように今後周知していくか,また役割分担を明確にしていくかということが,非常に大きなまちづくりにとっては大切なことだなと思いますので,その辺の原理原則の理解を深めていっていただくという意味からして,そのお立場としてどのようにお考えになっているか,ご答弁をいただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 生活経済部次長寺田功一君。
◎生活経済部次長(寺田功一君) 議員おっしゃるとおり,住民みずからやるべきこと,それから行政がやるべきこと,お互い力を合わせてやることが効率的だということ,それがすべて協働のまちづくりの基本理念の中にもとらえているところでございますので,それらの役割分担について,あらゆる機会を通じて,市民一人一人が,自分だけこれやってほしいということのないように,住民みずからできるものについてはみずからやるという姿勢を貫いていただけるように,啓発等をしていきたいと考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) 松丸修久君。
◆8番(松丸修久君) ありがとうございます。これ,なかなか啓発といっても,いろいろの手法があろうかと思いますけれども,私,一つご提案を申し上げたいなと思いますのは,年初の賀詞交歓会がございますね。賀詞交歓会のとき,以前は褒章を受けられた方たちのお祝いということも兼ねておったんですけれども,ここ数年はそれを別の機会に移したということもございますし,せっかくあれだけ多くの方が集まるところでもございますし,1年間を通して,例えばこの方は本当に人の見ていないところでごみ拾いをやったよとか,団体であれば団体が年間通してこういうことをやったよというふうなことを,発表と同時に表彰をしてあげるということも,非常にその方にとっては名誉なことでもあるし,うれしいことだろうなと思いますし,そういうことを通して,市民全体にそういうことをやってくれている方もいるんだということをお知らせすることによって,また市民の意識も違ってくる部分もあろうかと思いますので,その辺の,具体的にまだ検討はされていないかもわかりませんけれども,そのような賀詞交歓会での表彰はいかがでございますでしょうか。
○議長(又耒成人君) 生活経済部次長寺田功一君。
◎生活経済部次長(寺田功一君) お答え申し上げます。
 協働の事業につきましては,先ほど午前中の答弁の中でも申し上げましたように,庁内各課で,いろいろ事業できるものについてはさらに進めていこうということでやっておりますが,それらのほかに,小さな事業,私たちが知らない事業,いろいろなところでいろいろな活動をしていただいておりますので,これらについて小さいところでも紹介していこうということで調査をしているところでございます。そういう調査をしたものをホームページ等を活用しながら事例の紹介をして,皆さんにそういう協働への意識向上を図れるように周知を図っていきたいと考えているところでございます。
 また,賀詞交歓会での表彰ということでございますが,そういうものができるかどうか,今ご提案いただいたところでございますので,今後検討させていただきたいと思っております。
○議長(又耒成人君) 松丸修久君。
◆8番(松丸修久君) 協働のまちづくりの推進条例があって,それをもう一度市民一人一人の自覚を促すという意味からも,何らかの形で表彰,並びにそういう事例紹介等を行っていただきたいということを改めてお願いをいたしまして,次の2番目の質問に移らせていただきます。
 2番目といたしましては,保育についてということで,これも待機児童の問題等々がありまして,それをどう解決するんだというところで私も何度も質問させていただいてきたんですが,今回はちょっと切り口を変えさせていただいて,(1)として,保育費用と保育所料金についてということの中で,公平性,平等性の原則の確保,それから料金体系の見直しと補助についてという,これを読んだだけでは何を聞いて何をどうするのかわからないという部分があろうかと思いますけれども,実際,保育所に子供たちをお預けになっている方たちと,先日の質問にもあったかと思いますけれども,自分で肌身離さず子育てをしているお母さんたちもいらっしゃると。
 そういう中で,やむを得ず保育所に預けざるを得ないという状況にいるお母さんが,数字的にいくと約1割か2割ぐらいになるのかなと思うんですが,それ以外のお母さんたちに保育に対して何らかサービスをしているかどうかという部分,これはちょっと保育という概念そのものが福祉的な要素が非常に強いので,この法律ができた当時は,例えば戦死されたご家族が,母親が働きに出なきゃいけないから子供を預かってほしいよというような,非常に生活に直結するような部分があったやに思いますけれども,今現在は,どちらかというと自分のキャリアが長年休んでいるとなくなっちゃうとか,そういう部分の意向がすごく強いのかなと思いますので,本来の保育の持っている役割と若干質が変わってきているような気もします。
 当然,それはいろいろな環境に応じて,預けなきゃいけないという方もいらっしゃると思うんですが,そういう中でちょっとお尋ねをしたいんですが,保育所に入所されているお子さん1人当たりの費用というのばどのぐらいになりますか。まず,その1点だけお答えいただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長茂呂 茂君。
◎保健福祉部長(茂呂茂君) お答え申し上げます。
 保育所に入所している場合の費用ということでございますが,保育所の場合,公立,私立がございますので,その二つでお話しいたしますが,公立保育所の場合には,1人当たりの費用は,これは年額でございますけれども約132万円,私立の場合には36万円という数字でございます。
○議長(又耒成人君) 松丸修久君。
◆8番(松丸修久君) 公立であると,年額132万円ほど保育に使っていると。私立の場合だと36万円,これは補助金の絡みやなんかもあろうかと思いますので,その数字についてはなにですが,平均すると80万円ぐらいになりますかね。1人当たり80万円,保育しているお子さんたちは受益を受けている。保育所に預けてない方は,何も受けられないということですね。ここのところ,保育サービス,育児サービスという部分では,かなり保育所に預けること以外のサポートのメニューもふえてきたということがあろうかと思います。
 そういう中で,考え方としては,バウチャー的な,要するに子供を育てている例えば1歳児,2歳児,3歳児ぐらいまでの方に,逆に,全額1人当たり80万円の負担するんじゃなくて,それを70万円にして,残り10万円を自分で子育てをする方に何らかの形で交付するとか,免税するとかというようなことが必要ではないかなというふうに思っているんですね。年額80万円の受益を受けているということが,私はちょっと平等という部分からは外れるのかなと思っておりますが,その辺の考え方というのは,どうなのかというのと,イの方で,料金体系の見直しと補助についてということは,つまり料金体系を聞いてみましたところ,国指導の料金体系よりも,当守谷市の体系は保育料に対しての負担を少なくしていると。国はもっと保育に預ける方の負担が重いんだけど,守谷市の場合は親御さんの負担を少なくしているということもお聞きしておりますので,その辺,国並みの料金体系にして,そこで余ると言ったら語弊があるかもわかりませんけれども,その残った部分,出てくるお金の部分を自分で親御さんが育てておられるお子さんのために使うというような,そういうことはお考えになれないでしょうか。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長茂呂 茂君。
◎保健福祉部長(茂呂茂君) お答えいたします。
 今,議員からお話のありましたバウチャー制度ということでございますけれども,今現在,市としては,こういった制度ではなく,先ほど来議員の方からお話があったとおり,待機児童が発生するような状況での保育所運営ということになっておるわけでございますけれども,そのバウチャー制度についてのところですけれども,これまでの子育て支援というのは,どちらかというと子育てと仕事の両立支援ということに重点を置いて進めてきたわけでございます。家庭で子育てをしている母親の不安感や負担感というのが増大してきていると。そういった中で,その子育ての家庭の支援をしていくということが大切だと考えております。
 その公平性という観点から見た場合,今,議員の方から保育料のお話もありましたけれども,確かに守谷市の場合,守谷市だけではありませんけれども,国の基準を大きく下回る形での保育料で運営をしております。
 例えて申し上げれば,保育料で2歳未満児で,階層区分があるんですけれども,第2階層で見てみますと,国の基準が9,000円のところ守谷市の保育料基準では3,000円ということで,大きく下回っている状況がございます。
 こういった形で保育料がなっておりますけれども,その公平性という観点から見た場合,私たちは,今の時点では,例えば保育に欠ける方が,要するに保育所に通う方が,全体から見ると,先ほど議員からもありましたけれども,例えば2割程度ということになりますと,その公平性についてどうなのかということだと思うんですけれども,そういった解消として,私どもでは,例えば保育料を上げることによって公平性を保つというようなことは今のところ考えておりませんで,その部分をどのように還元するか。還元という言い方がどうかわかりませんけれども,市においては,在家庭の方の支援をするために,例えばことしも開設いたしましたけれども,市内の2カ所の私立保育園では子育て支援センターを開設しておりますし,それから一時預かり事業を4カ所行っておりますし,出前保育については7カ所で開始をしております。それから,本年には中核となる野木崎保育所の跡地の子育て支援センターをオープンさせております。主な活動としては,親子のコンサートの開催ですとか,おもちゃの貸し出しですとか,部屋の貸し出しですとかという形で行っておりますけれども,こういった形で,保育所に通わない方々へのサービスといいましょうか,そういう部分で行っているというのが状況でございます。
 また,先ほど来から質問の中にも出てきております南守谷児童センター,あるいは北守谷の児童センターができますし,その中にも子育てセンター的な部分もできますので,そういった中で,特に北守谷の場合には,ファミリーサポートセンターですとか,そういったものができますので,そういった形での保育料によらない還元といいましょうか,そういった施策を進めていきたいと考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) 松丸修久君。
◆8番(松丸修久君) ありがとうございます。
 保育というのは,もともとは生活者支援というか,生活をどういうふうに成り立たせるか,そのためにお子さんを一時的に預かるよということなんだと思うんですね。ところが,今,少子高齢化という中で,その概念が生活支援から子育て支援という形に切りかわってきていると思うんですね。子育て支援の一環として保育所というのを位置づけるのであれば,その保育所で受益を受けられる方だけに子育て支援の手を差し伸べるということであってはならないのかなというような気もしますので,その辺のこと,また新たにいろいろなメニューができてサービスができるようになったことによって,そこにまた不公平感が生じないような対応をお願いしたいなと思います。
 続いて,2番目の民間保育所と公立保育所の役割についてということでございますけれども,税負担割合についてということで,民間保育所の監視体制と行政指導体制についてということが小項目でうたっているわけでございますけれども,先ほど1人当たりの公立と私立の受益額ということで,公立の方は132万円,私立の方は36万円というお答えがあったんですが,これは市単費の持ち出しという額を人数で割った額というふうに考えてよろしいんでしょうか。
 要するに,民間の施設に関しては国県から補助金が出ていますけれども,公立の保育所に関しては出てないということで,この差が生じるのかなと思っているんですが,認識はそれでよろしいでしょうか,。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長茂呂 茂君。
◎保健福祉部長(茂呂茂君) 先ほど1人当たりの費用について申し上げましたけれども,これにつきましては,一般財源の持ち出し額という形でのとらえ方でございます。
○議長(又耒成人君) 松丸修久君。
◆8番(松丸修久君) そうしますと,民間と公立保育所の場合は,4倍近い額が市の税金から出ているという認識になろうかと思います。それで,民間保育所の方は,今,240名程度かなという認識をしておりますし,公立の方は270名程度かなという認識をしておりますので,そういう意味からすると,公立保育所は3億数千万円の税金を使って運営をしていると。民間保育所は7,000万円程度で運営をしていただいているというようなことだろうと思います。
 そういう中で,私は,当然,財政的な一面を見れば,国の方の指導によってどんどん民営化しなさいよと,民間の保育所にしていきなさいよと。そうじゃないと,財政的に大変だよという指導的な部分が強く感じられるわけでございますけれども,民間にしてしまうと,今,親御さんたちが,これは指定管理者の問題しかりなんですが,公立だから安心で,民間だから不安だよという部分もかなりあるんだと思うんですね。それを解消するのは,きちっと行政が指導監督はしていくよ,民間保育所に対しては常に監視体制が整っているよということをきちっと見せていくことが,これからの……民間保育所が当然ふえていくわけでしょうけれども,それがないと,どうしてもそこで不安が生じて,民間じゃなくて公立,公立という流れになるのかなと思うんですが,その辺,今後の民間保育所に対する,監視という言い方は余りよくないのかもわかりませんけれども,その運営がきちっと行われて,預かったお子さんたちに対してきちっとした,公立,もしくは公立以上のサービスが行われているということをどこかで検閲,検査しなきゃいけないと思うんですね。その辺のお考え方,それからもし具体的な対応策がございましたら,ご返答いただきたいと思いますが。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長茂呂 茂君。
◎保健福祉部長(茂呂茂君) お答えいたします。
 民間保育所に対する指導ということでございますけれども,今現在としましては,年に1回茨城県の監査がございますので,これには担当課も当然立ち会いをしながら行っている状況がございます。これが,民間保育所が多くなってくれば,多くならないとしても,市としては,民間保育所のよさというのは大切にしなければなりませんけれども,今,議員からありました,監視と言っては語弊があるかもしれませんが,きちっと運用されているという部分についての見方をしていかなければならないということになると思います。
 まだ具体的ではございませんけれども,厚生労働省の方でも数年前から進めつつあることなんですけれども,市でもほかの評価制度がありますけれども,第三者評価というのが言われておりまして,これはまだ現在では保育所では導入については義務化はされておりませんけれども,できるだけそういったものを取り入れた形で運用していった方がよろしいということになっておりますので,これについては今後のことになると思いますけれども,そういった第三者評価制度などをできれば取り入れていって,そういった中で,つまり第三者から見た場合の公正性ですとか,適正な運営というのができているのかという観点から見ていただいた方が,私たち担当がきちっと見るという部分もあるでしょうけれども,それ以上に,そういった評価制度みたいなものを活用していく必要があるのかなと考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) 松丸修久君。
◆8番(松丸修久君) ありがとうございます。
 今,部長のご答弁にあったように,行政もしかり,民間に移行して,その中で第三者機関による客観的な評価をいただくとか監査をしてもらうということは非常に大切だろうと思うし,そこにお預けになる市民の皆さんも,あれだけきちっと行政でも監視しているんだから,民間だからといって変なことがあるということはないんだという安心感を持っていただけるような体制を組んでいただきたいというふうにお願いを申し上げておきます。
 続いて,3番目の指定管理者制度ということでございますけれども,これは午前中酒井議員の方からの質問で,総務部長もとうとうとすべてを語っていただきましたので,私の方で質問する部分が余りなくなってしまったというのが現実なんですが,1点だけ,今後指定管理者制度を導入して,今回,3者といったらいいのか,3団体という形で,議会の方でも委員会の方でも可決をしたというふうに聞いておりますが,会社の概要等々見せていただきますと,大きい会社であったり,身近なところである意味では内容がわかるような会社であったりということでございますけれども,昨今,福祉関係ではコムスンの問題,それからウサギちゃんのノバの問題,我々からすると,こんな大きい会社がこんなことをするのというようなことが行われていて,結局は会社としての資質を問われ,市場経済の中からどうなっていくのか,これは先は見えませんけれども,経営陣が経営責任を問われるというような状況がございます。
 また,偽装,偽装という形で,出るわ,出るわで,本当に一流と我々が信じているような会社が平気でそういう偽りをするというようなこともございました。
 私は,当然協定書をこれから結んで,その協定の内容はかなり詰められるというご答弁もございましたし,専門的な知識を持っている方々で詰めていただくということも伺っておりますが,1点だけ,指定管理者制度で協定を結んで,一定の期間そこにお願いをするということなんですが,万々が一,その会社に事故がないとも限らないというのが,昨今の情勢じゃないかなと思うんですね。コムスン,それから先ほど言いましたノバという会社も,そのほかの偽装という,古くは牛乳会社いろいろあったりはしましたし,そういう中で,大きい会社だから安心だとか,売り上げが高いから安心だということではなくして,やはり企業体質まではなかなか指定管理者制度の選定に当たっても見えてこないんだろうと私は思いますので,その辺まさかのときの,例えば,一時,請負契約の中で保証会社をつけるとか,そのサービスが途中がとまったときの代替として違う会社をつけるとかという部分もあったやに記憶しているんですが,そのまさかのときの対応という部分はどのように考えているか,その1点お尋ねしたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) お答えをさせていただきます。
 今,松丸議員からありましたとおり,近年,この指定管理者が指定されておりまして,中には,今ご指摘のように途中撤退するというようなものがございます。今,ご指摘ありましたように,工事請負等につきましては,契約という形の中で契約保証金をいただいているところでございますけれども,指定管理者制度につきましては契約行為ではないという解釈で,あくまでも行政処分ということで言われておりますので,契約保証金なるものがとれないという形に考えられております。
 そうはいっても,万一という形のものがございますので,地方自治法の法解釈上は非常に無理があるんですけれども,既にそういう保証金という形の中でとっている自治体がふえてきております。今後,こういう形のものがふえてくるんだろうというふうには思っております。それに伴って法整備もなされてくるのかなという感じはしておりますけれども,ただ,一方で,これを保証金にしたときに,先進事例ですと,大体指定管理料の10%ぐらいという形になりますので,指定管理料が今回の場合でも何千万円でございますので,何百万円を用意しないと指定管理者の申請ができないと。そうしますと,法的に認められておりますNPOとか,先ほど来出ておりましたけれども,新規参入という形になりますと,これもそこに問題点として残っているのかなと。
 私どもの今回の3施設につきましては,市に損害賠償が発生すれば,それは応分の負担はとりますよという形で募集要項の中に明記をさせていただいておりますので,これから候補者のところとそれぞれ詰めていく話になりますけれども,倒産という形になったときには取れないかもしれないんですけれども,やはり何らかの形で途中解約するという形になったときには,賠償金,違約金という形になろうかと思いますけれども,これから詰める話ですけれども,指定管理料は月払いになるのか半年払いになるのか,まだこれからですけれども,仮に月払いになったとしても一月過ぎてから払いますので,そこで損害は発生しません。
 ただ,もし途中でやめてしまいますと,そこに今度は直営で投入する,それから次の指定管理者を募集するという形で,損害金が全然発生しないということはないのかなと。したがいまして,この辺につきましては,私どもの方では違約金という感じで今考えておりますけれども,それらにつきましては,十分今後候補者の方と調整をさせていただきたいと思っております。
○議長(又耒成人君) 松丸修久君。
◆8番(松丸修久君) これはまさかのときの保険みたいなものであるんでしょうけれども,非常に世の中不確実性が増しているような気もしますので,その辺のまさかのときにどうするかという部分は,ぜひ考えておいていただきたいなと思いますし,これはお金の問題じゃなくて,サービスがそこでとまってしまうということが一番我々が懸念する部分だと思いますし,倒産したから社員が全部引き揚げちゃって何もできないよというようなことが一番困るわけですので,その辺の協議等をよく進めていただいて,その中で協定書を結んでいただければなとお願いを申し上げておきます。
 それと,先ほど酒井議員の方からも,地元を育成しないといけないんじゃないのというお話もありましたけれども,私どもの総務常任委員会の中でも,やはり地元が少しでもノウハウを蓄積できるような契約形態も考えてほしいよという要望を出しているわけですけれども,昔で言えばJVみたいな形で地元を抱え込んでいただいて,そこにノウハウを蓄積していくとか,そういう知恵を使った中で,地元の見えるところの会社,団体というのは非常にそういう意味では安心感があろうかと思いますので,その辺も含めて今後の課題ということで認識をいただきたいとお願い申し上げまして,私のきょうの一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。
○議長(又耒成人君) これで松丸修久君の一般質問を終わります。
 次,通告順位9番,市川和代君,登壇を願います。
 市川和代君。
               〔6番市川和代君登壇〕
◆6番(市川和代君) 通告順位9番,市川和代でございます。
 今回,2点について通告をさせていただきます。よろしくお願いいたします。
 まず,第1点目,交通安全対策に一段の努力を,2点目に自転車駐車場の増設をということでお願いいたします。
 それでは,まず,坂町清水線についてお伺いいたします。
 守谷駅に集中する交通を効率的に分散させ,交通の円滑化及び利便性の向上を図るためにつくられたはずの坂町清水線でありますけれども,現在のところ,なかなか計画どおりに進んでいないように思われます。その上,都市軸道路の交差点と県道の交差点が余りにも近過ぎるために,交通事故が多発しております。これまで担当課の方には,いろいろとご苦労いただきまして事故防止に努めていただいているところでありますけれども,なかなか思うようにいっていないのが現状かと思います。
 また,議会といたしましても,市民の安全確保のためにということで,もともとは信号がつけられないと言われていました県道の交差点に,点滅の信号でもいいからつけてほしいというふうに要望いたしまして,つけていただきました。しかし,それらの努力も余りかいがないというのか,事故が減ったようには思えないのですけれども,今までの事故件数はどれぐらいあったか,教えていただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 生活経済部次長寺田功一君。
◎生活経済部次長(寺田功一君) お答え申し上げます。
 議員おっしゃるとおり,最初は信号機の設置難しいということで,現在,一灯式の信号機を昨年の8月23日に設置していただいたところでございますが,残念ながら,信号機を設置した後も物損,人身事故等が17件ほど発生しておるような状況でございます。
○議長(又耒成人君) 市川和代君。
◆6番(市川和代君) 信号機設置前は……。
○議長(又耒成人君) 生活経済部次長寺田功一君。
◎生活経済部次長(寺田功一君) ちょっと今,手元に資料ないんですが,18年8月に当時多いということで設置をしていただいたところですが,今申し上げましたように17件ほどはつけた後もございまして,その後,信号機にかわるような対策ができないかということで,現在,県道上に「止まれ」という,前に信号機を設置したときにその標示を外した方わけでございますが,さらに「止まれ」という標示をことしの10月23日に設置しまして事故防止に努めたわけでございますが,残念ながらその標識後も,ことしの10月23日でまだ近いんですが,物損,人身事故おのおの2件ずつということで4件ほど発生しているという状況でございます。
○議長(又耒成人君) 市川和代君。
◆6番(市川和代君) ありがとうございます。
 信号機を設置する前も大体14件ぐらいあったかと思いますけれども,なかなか事故が減らないというよりも,全然変わっていない状況にあると思います。
 8月24日,交通事故撲滅を目指してということで,交通安全全国キャラバン隊という皆さんが来庁されました。そこでも,交通事故撲滅ということで,副市長の方にぜひよろしくお願いしますという形であったかと思いますし,またこの9月には飲酒運転等の罰則強化をする道交法等の改正がなされています。シートベルト着用の義務化とか,あるいはチャイルドシートを使うとか,それから自動車のエアバッグによって衝突のときの安全性の向上など,交通事故による死亡者数というのは,以前に比べるとかなり減ってきてはいると思うんですけれども,いろいろな形で多くの方々が努力をされているにもかかわらず,交通事故そのものが減っているわけでは,全国的にですけれども減っているわけではありません。
 最近は,よく話題になりますけれども,自転車と歩行者による事故というのが問題視されて,自転車であっても死亡事故を引き起こすということもあります。
 坂町清水線の問題の交差点ですけれども,ここは守谷駅に近いということもありまして,通勤や通学の方も通りますし,守中の生徒の皆さんも通学路として使っております。それから,ロックシティで働いている従業員の皆さんやお客様もたくさん通られるようになりました。ですから,利用度というか,危ないから通らないという人も結構いるんですが,どうしても通らざるを得ないというところでありますので,もし自動車同士で衝突をしたということであっても,その自動車が弾みで歩行者をそのまま巻き込んではねてしまうということも可能性としては十分に考えられることだろうと思います。県道と市の道路の交差点ということもありまして,管理責任というんでしょうか,そういったもので一概に市だけにお願いできる話ではありませんし,先ほども申し上げましたように,本当にどうしたら事故を防げるかということで担当の皆さんも一生懸命考えてくださって,実際にあれやこれややってくださっているのはすごくわかっていての質問なんですけれども,今後事故防止のためにできる限りのことをしていただきたいと思いますので,考えられることがあれば,よろしくお願いいたします。
○議長(又耒成人君) 生活経済部次長寺田功一君。
◎生活経済部次長(寺田功一君) お答え申し上げます。
 議員ご指摘のとおり,県道と市道の交差点ということでございますので,交差部分につきましては,交差点については上位の県道の方で管理するというシステムになっておりまして,交差点そのものは竜ケ崎土木事務所の方でやらなければならない。
 市としての対応としましては,坂町清水線の方の対策しかとれないというのが現在の状況でございますので,市としましては,坂町清水線を通る車両等に交差点があるということを促すような標示等を行っていきたいと思っております。しかし,問題は,交差点部分がどうしても見落としされがちだということでございますので,竜ケ崎土木事務所の方と協議をしながら,交差点の標示,現在もいろいろされてはいるんですが,さらによい方法等があるかどうか,警察と一緒になって協議して,また竜ケ崎土木事務所の方にも要請をしていきたいと考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) 市川和代君。
◆6番(市川和代君) 私も,この問題につきましては,何度か取手警察にも行って対策をお願いしておりますけれども,警察の方としても,基本的には交通ルールを守っていただくということですということで,本当に抜本的な解決策というのは示していただけないのが現状でございます。
 しかし,先ほど答弁をいただきましたように,こんなに事故が多い交差点というのはほかにはないのではないか,守谷の中ではこれだけ危ない交差点はほかにないだろうと思っております。
 その坂町清水線の交差点の先ですけれども,工事が進まないことによって,極端に狭い箇所,突き当たって右折をする箇所なんですけれども,そこには3方向,4方向から車が入り込んでしまうというようなことがあって,車の流れが,そこがとまっていることによって,今まではほとんど生活道路で,そこに住んでいる方ぐらいしか通らないようなところが,すっかり通り抜けの道になってしまっているんですね。そこの道路自体も狭いものですから,なかなか交差ができないということで,これがまた非常に危険な状況になっています。
 警察が言うように,交通ルールを守るというのはもちろん当然のことでありますけれども,坂町清水線については,決して運転者だけの責任だけではないのではないかと。これだけ頻繁に事故が起こっているというのは,やはり道路の構造上の問題ではないかなと私は考えていまして,何とかならないものか,何とかしたいと常々と思っているところなんです。
 私も含めて,その周辺の住民の方たちは,また事故があったの,あそこでと。今度は何とかの車がひっくり返っていたよとか,今度はこうだったよというようなことで,事故があって当たり前ぐらいの感覚になってしまっている道路なんですね。だから,何とか運転者に危ないから注意しろということで,いろいろ今までもそれはやってきたことですけれども,道路条件を危なくないように何とか改善する手だてがないかどうか。
 先ほど次長の方から,警察とか県とかと協議をしてぜひにというふうにおっしゃっていただいていますけれども,ぜひこの坂町清水線の道路の早期全面開通ということをお願いをしたいと思いますし,先ほど来申し上げている交差点につきましては,本当に人の命にかかわるところですので,みんなで知恵を出し合って,お金も時には出さざるを得ないかと思いますので,ぜひ安全な道路にしていただきたいというのが私の切なる要望でございますので,よろしくお願いいたします。
 次に移らせていただきます。
 通学路についてでございます。
 来春小学校1年生になる数人の下ケ戸地区の保護者の方から,松ケ丘小学校か黒内小学校に入学をさせたいんだけれどもというような要望がありました。大野小学校に通わせるのは,道路が危険なため心配だからというのがその理由でした。
 通学路の安全に関しては,通学区域審議会等でも検討されていると思いますし,学校としても当然第一に考えていただいていることだと思いますけれども,野木崎地域の方からも,非常に車の交通量が多いのと,それからあそこは結構カーブが多い道路ですけれども,スピードがかなり出ていて大人でも怖い道路だということでお話がありました。せめて歩道でもきちんと確保されていればいいんでしょうけれども,何とかならないでしょうかということでした。
 今,部分的には拡幅工事もされているようですけれども,今後の見通しについて伺いたいと思います。よろしくお願いします。
○議長(又耒成人君) 都市整備部長石塚秀春君。
◎都市整備部長(石塚秀春君) お答えいたします。
 質問の1が,現在の給食センターの下から大野小学校に向かう大柏地区近辺の道路かと思います。この道路につきましては,都市計画道路大柏野木崎線ということで整備しているわけですけれども,整備が,ちょうど常磐高速道路の大柏橋から大野小学校に向けては竜ケ崎土木の管轄でございます。その工事の進捗につきましては,ご存じのように,一部カーブのところが歩道を確保した上で今工事をしてございまして,今年度中には見通しがつくのかなと思っております。
 それと,大野の野木崎郵便局の十字路ございますけれども,それから大野小学校に向けてにつきましては,竜ケ崎土木事務所に確認したところ,来年度歩道を先行して整備すると,そういうお話を伺ってございます。
 それと,先ほど言いました大柏橋から給食センター寄りにつきましては,県道上の道路工事ではなくて,都市軸道路に向かって行きまして,今ある道路,いずれはTXの下で廃止するものですから,そのかわりの道路をつくってございます。この道路につきましては,今の予定ですと,今もそういう工事はやっていますけれども,一応22年度末には供用を開始したいと,そういうお話を聞いてございます。
○議長(又耒成人君) 市川和代君。
◆6番(市川和代君) ありがとうございました。あそこは守高生も通学する道路でありますので,今の危ない状況が,来年度は歩道をということもありますし,見通しが明るいのかなと,今伺って感じたところです。
 いつも思いますけれども,またここで何遍も私も申し上げさせていただいていますけれども,無灯火だったり,それから信号を無視して走る自転車だったりということで,常々危ないと思うことが今もたくさんあるんですけれども,交通事故,私ももちろんそうですし,起こしても,事故に遭っても,だれも悲しいというか,嫌な思いをすることですので,ぜひ道路を整備していただくことはもちろんのことですけれども,道路を使う私たちの立場としても,市民も本当に交通ルールを守って自分の命を守っていきたいというふうに考えて,ここの通学路については質問を終わらせていただきます。
 それから,3番目の危険箇所を明るくということで質問させていただきます。
 きのうも防犯灯のことがありまして,20ワットから32ワットに切りかえをして,ところどころ本当にすごく明るいところがふえてきていて,ありがたいなと思っていますけれども,道路照明につきまして,例えば294のところ,TXの高架下とか,それから横断歩道,あるいは軸道の歩道のところとか,まだまだかなり暗いというふうに思うところがあります。交差点が暗いと歩行者が見えにくくて危険ですし,294の駅広からこちら側に渡る歩道ですけれども,あそこも夜かなり目立たないというか,暗いんですね。ですから,何とかそういう危険なところを明るくしていただきたいなというふうに思っております。
 それから,乙子立体交差の工事もまだやっているわけですけれども,そういう道路工事をしている箇所の,歩行者とか自転車はこちらを通ってくださいということで,歩行者用や自転車用の道路の部分ですけれども,そこも夜間照明をしっかりつけていただいて,安全に通行できるようにしていただきたいと思いますけれども,いかがでしょうか。
○議長(又耒成人君) 生活経済部次長寺田功一君。
◎生活経済部次長(寺田功一君) 守谷市の道路の交差点や暗い部分については,市の方で随時道路照明等の改修を行って,また新規設置については市民の皆様方の要望などを踏まえ現地調査等を行いながら行っているところでございますが,今ご指摘のございました国道294号のTX高架下の交差点につきましては,管理者が竜ケ崎土木事務所ということになっておりますので,これらについて土木事務所の方に要望をしていきたいと思っているところでございます。
 また,現在,先ほどありました乙子の交差点の工事場所なんかも暗いということでございますが,市内でいろいろなところで道路工事等を行っておりますので,それらの歩行者の安全策等については,前の議会等でもご指摘がありましたが,十分に明るくしていただくように,建設課等と協議しながら業者の指導,要望をしていきたいと考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) 市川和代君。
◆6番(市川和代君) よろしくお願いいたします。
 次に,2番目の自転車駐車場の増設ということで,TXの守谷駅のところのことですけれども,一時預かりのスペースが足りないと言われているんですけれども,市としては現状どのようにお考えなのか,伺わせてください。
○議長(又耒成人君) 生活経済部次長寺田功一君。
◎生活経済部次長(寺田功一君) 現在,守谷駅周辺の自転車駐車場につきましては,財団法人自転車駐車場整備センターと,TXの運営会社でございます首都圏新鉄道株式会社の両方で自転車駐車場を整備していただいて,東口の方に1カ所,西口の方に2カ所という形で,3カ所ほど整備をしているところでございます。
 現在の利用状況でございますと,西口の方が特にいっぱいになってしまうという状況でございますが,当初の計画ですと,定期利用が822台で一時利用が252台の合計1,074台収容という自転車駐車場で整備したわけでございますが,一時利用が満車になってしまうことから,昨年の10月に首都圏新鉄道株式会社に要請しまして,約300台の自転車の収容ができるような駐車場をつくっていただいたという経緯がございます。
 現在のところ,駅に近い方のところについては満車になってしまうという状況でございますが,今申し上げました300台の方を利用していただければ,十分とめられるという状況になっております。
 しかし,今後ますますふえていくであろうということはだれでも予想できますので,鉄道会社の方にも,さらにふやしてほしいという要望をしているところでございます。
○議長(又耒成人君) 市川和代君。
◆6番(市川和代君) 私もそう思います。そう思うというのは,自転車の利用がふえていくでしょうし,ふやしたいというふうに思っているところです。健康のためでもあり,また地球温暖化防止のためにもいいことですし,ことしの冬はガソリンがかなり高騰していますので,経済的な面から考えても,自転車というのは便利でありますし,いろいろな面で結構いいことづくめかなと思っております。
 なかなか駅近くに市の土地がないということもあって難しいのだと思いますけれども,できれば,これはちょっと自転車駐車場から少し離れますけれども,自転車で市内を多くの方がスムーズに走って目的地に行ったり,健康増進のためにというようなことで自転車の活用をしていただけるような施策をお願いできたらなと思っておりますので,そういう意味も含めて,今後ますます,TXの駅も含めて自転車を駐車できるスペースを確保したりとか,道路の整備をしたりとかしていただきたいなと考えているところです。
 自転車の駐車場の整備のことですけれども,ちょっと私,記事が手元になかったので詳しいこと申し上げられないんですけれども,自転車駐車場を駅前に十分に整備したことによって放置自転車の問題が解決したという新聞記事を読んだことがありまして,今,この寒い時期になると,なかなか自転車で通勤とか通学とかというのはおっくうになってしまうのかもしれませんけれども,ぜひ皆さんの要望におこたえしていただけるような形で今後も自転車駐車場をお考えいただいて,増設をしていただけたらありがたいなと思っております。
 以上で,今回の一般質問を終わりにさせていただきます。ありがとうございました。
○議長(又耒成人君) これで市川和代君の一般質問を終わります。
 ここで10分間暫時休憩をいたします。
                午後2時07分休憩
         ──────────────────────
                午後2時16分開議
○議長(又耒成人君) 休憩前に復し会議を再開いたします。
 それでは,引き続き一般質問を続行いたします。
 通告順位10番,平野寿朗君,登壇を願います。
 平野寿朗君。
               〔13番平野寿朗君登壇〕
◆13番(平野寿朗君) 議員をやっていますと,市民の方からお手紙をいただいたり,苦情をいただいたり,いろいろなことがございますが,最近いただいた手紙で,おもしろいものがあったのでご紹介をさせていただきたいと思うんですが,最近の守谷の風景を非常に好意的にというか,僕もそうだなと思うんですが,みずき野にはイチョウの木がたくさんあるんですが,今そのイチョウがどんどん落ちていく。多分,これ同じ方だと思うんですが,前に一回紹介したことがあるんですが,毎朝散歩していると,黄金のじゅうたんを毎日歩ける,こんなぜいたくな生活をしているという方と多分同じだと思うんですが,今度はそれをチョウに例えて,黄金のチョウが舞っているんだ,こういうことを書いたお手紙をいただきました。
 それで,僕,気分をよくしたものですから,それのイメージに合うネクタイをしてみたら,朝,市川議員がすぐ気がついて,その中身がわかっていただけるかどうか,いいネクタイをしていますねと言っていただけました。ところが,私の方から,ネクタイだけですかというふうに申し上げたんですが,それ以上言いますとまた違う手紙をいただくような気がしまして,それでやめましょうということにしたんですが,実は,僕は絵をかくのが好きで,車を運転していますと,前のフロントガラス,これはちょっと広過ぎるんですが,これを一つの絵の額というふうに見て,まちを通るんです。おもしろいですよ,一度やってみてほしいと思うんですが,そうすると,ふれあい道路を通っても非常にきれいに,そういう情緒感があります。
 これは,僕,高校のときに,瀬戸内海で育ったものですから電車,汽車で通った。当時は汽車なんですが,瀬戸内海というのは,海からそのまま山になっていまして,電車,汽車のすぐ五,六メートル先に海が,だから一駅区間に多いところは6カ所ぐらいトンネルがある。汽車のときは煙で大変なんですが,それの汽車の窓を一つの額として見ていて,その海の瀬戸内海のすばらしさというのは,これはルノアールにもかけないなという思いでいたんです。
 これは自分が絵が好きだからというのもあるんですが,ぜひ車を運転するときに,それで事故をやってさっきの市川議員のような質問になると困るんですが,いずれにしても,僕はもう枠をつくらないでも自分でぱっと見たらできるんですが,車の枠を一つの額に見立ててまちを見てみるとおもしろいと思うんです。一度見ていただいて,このイチョウ並木の黄金のすばらしさというのを,これがだんだん緑が少しずつ黄色に変わっていって,黄金になって,そしてそれが落ちていって,また木のすばらしさが出てくるという,これをぜひ楽しんで見てほしいと思うんです。
 最近,そういう先輩のお手紙をいただきまして,これは80幾つの人ですが,みずき野を本当に愛している人で,毎朝散歩している人からそういうお手紙をいただきました。
 なぜこういうことを申し上げるかといいますと,本題に入っていきますが,守谷市の今日を考えてみますと,物すごく乱暴な言い方をすれば,守谷の一番大きな特徴というのは,急激に人口がふえたといいますか,20数年で約四,五倍になったということが一つ言えると思うんです。その一つの大きな要素になったのが,TXが走るよということだったと思うんですね。そういう意味で,鉄道というものが経済に与える影響というのは物すごい大きい。1800年代,1900年代は鉄道の長さで国の経済の指標をはかるということもあったように,このTXが与えた効果というのは物すごく大きいなと思います。
 その中で人口がふえていくわけですが,さまざまなことを会田市長を中心に守谷をいいまちにしていくよ,議会は議会として又耒議長を中心に取り組んでいくよ,こういうことだと思うんですが,そういう中で,急激に人口がふえていって,こういう言葉が適当かどうか,新住民,旧住民。こういう言葉は使わなくていい,そういう区別はしなくていいと思うんですが,現実は,守谷で生まれ育った生え抜きの人と,我々のように40歳近くになって入ってきた人間,あるいは30代に入ってきた,こういう人間で構成されているのが現実なわけですね。そういう人が,一番どういうところで,交流というか,意思統一というか,コミュニティーがとれているか。僕の浅い経験で言えば,文化活動とスポーツ活動が一番じゃないかなということを感じています。
 僕も絵を中央公民館やなんかで出させていただいたり,そういう活動の中でいろいろな方とお知り合いになれたり,あるいはソフトボールやシニア野球という軟式野球やっているんですが,そういう中でいろいろな人と試合をしながら,いわゆる守谷で生まれ育った方と親しくなっていく,こういうことが非常に深くなっていったような気がするわけです。
 そこで質問に入るわけですが,実は,これは私が申し上げるまでもなく,クレトイシが三井不動産,正確に言えば何かつくんでしょうが,そこに買収されて,スポーツ関係では,ソフトボールや野球はあそこを本当に使い放題というか,使わせていただいて本当にありがたかったと思うんですが,30年ぐらいずっとあそこを使わせていただいているということです。僕もやらせていただいていますから,春から夏,秋にかけては,月に3回か4回,最近ちょっと半分ぐらいしか出れていないんですが,使わせていただいたわけですね。
 そういうものができ上がっている中で,あそこが使えなくなるよということで,実は,体育協会の中田議員のご協力もいただきながら,ソフトボールについては大利根グラウンドの自由広場を使わせていただこうじゃないかということがありました。最近になって,シニアの,これは6チームで秋と春リーグ戦やっているんですが,その方々から,自分たちもどこかないと年間行事が組めないなという話が出まして,いろいろご相談をしているところなわけです。
 そこで,まず,守谷市のスポーツ活動の現状といいますか,それを,概略でいいですから述べていただきたいのと,大利根グラウンド,あそこへ野球場と自由広場とか幾つかありますけれども,大まかな活用状況なんかがわかれば教えていただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 教育部長弘澤 廣君。
◎教育部長(弘澤廣君) お答えいたします。
 守谷市のスポーツの活動状況でございますけれども,18年のアンケート調査では,33.8%の方が日ごろから何かのスポーツをしている,このような結果が出ているところでございます。また,体育協会に加盟している状況から見てみますと,現在,加入団体が120団体あります。参加人数2,064人となっているところでございます。
 また,もう一つの質問がございました大利根運動公園の利用状況でございますけれども,ここに野球場A,野球場B,それから自由広場の上流,下流,このように分けて私ども見ているところでございますけれども,その利用時間で見てみますと,野球場Aにつきましては,利用率33%でございます。それから,野球場Bについては28%,自由の広場の上流側で27%の利用でございます。それから下流側で23%の利用でございまして,主にスポーツ少年団,野球とかサッカーが定期的に利用している,このような状況が概要でございます。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) 今のパーセントは,平日も含めた中での貸し出せる時間の割合というふうに理解してよろしいでしょうか。
○議長(又耒成人君) 教育部長弘澤 廣君。
◎教育部長(弘澤廣君) そのとおりでございます。現在,私ども冬時間は8時から16時,4時まで,それから夏時間が8時から18時までやっていまして,合わせますと3,284時間のうちの利用パーセントと,そういうことでございます。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) ありがとうございます。20数%,30数%ということになると,かなりの活用率だと考えて,平日を除けばほぼ活用されているんだなという理解でいいかと思います。
 そこで,2番目に入るわけですが,クレトイシと同じような条件で同じものをというのは非常に難しいわけなんですが,現実には,ソフトボールでいえば,市の大会だけでなく,体育協会に加盟している多くのソフトボールチームが,西部と東部に分かれて西部リーグ,東部リーグ,こういうリーグ戦を年間通じてやっています。大体そのチームが交代をして世話役をしながら年間ずっと試合を組んでいってやっているというリーグ戦もある。それからほかにも大会がございまして,多いときには,クレトイシのグラウンドだと6面ぐらい使えるものですから,1日でいろいろな大会をやったり,市民大会なんかをよくやってきたわけですが,それと同じまでもいかないけれど,そういうものをぜひ引き続いてやりたいということと,もう一つは,シニアリーグというのは,これは始めてまだ五,六年かな,これは市長杯も出しているんですよね。ちょっと違いますかね。
 最初のころ,僕,ラークスというのに入っていて,よく優勝したものですから,一般質問でもよく使わせてもらったんですが,最近は,本当の意味で懇親を多くの人と深めるためには勝ってばかりはいられないだろうということで,4位,5位,6位が多いんですが,それはともかくとして,ここで本当に僕はいろいろな方とお知り合いになれたり,いわばビール飲みながらいろいろやったりそういうことなんですが,本当に人と人が知り合うことができるということで言えば,学ばされたというか,そういうスポーツだとか文化だとかというものを通じて,人というのはその中に根づいていくんだなということを感じています。
 ソフトボールはこの自由広場を使いながらやっていこうというのは,これは中田体育協会会長のお骨折りもあってそういうふうになっているわけですが,実はシニアも使いたいということで,軟式野球となると,草っ原の上で内野だとどうも調子悪いよなとか,あるいはボール投げてキャッチャーが抜かしたら全部草の中に入ってしまうというような現状なわけで,何とかしてほしいというのが要望として上がっています。
 こういうふうにしてほしいというのをちょっと整理してみましたので,メモをしていただいて,お答えをいただきたいと思うんです。
 自由広場の一番上流,川でいえば上流というところになるかと思うんですが,それの入っていった道路に一番近いところに,一つは,いわゆる軟式野球がやれる程度の内野を整備をしたい,若干マウンドも上に上げたいということなんですが,これが一つ。
 あとは,ソフトボールと野球と相談しながら日程はぶつからないようにしましょうよというふうにご相談をしているんですが,ソフトボールあるいは野球にしても共通する問題なんですが,もう一つはバックネットですね。あそこの野球場に仮設のネットがございます。もちろんこれはいろいろ台風のときには苦労されるんだろうと思うんですが,ああいうネットのようなものがとれないだろうかということですね。そうしないと,投げてキャッチーが抜かしてしまうと,全部五,六人で探さなきゃいけないような状態になっている。
 もう一つは,仮設のトイレ,これもソフトボールであろうが,野球であろうが,女性の方も時々参加されたり,家族も応援に見えますので,仮設のトイレが欲しいなと。
 もう一つは,これ行ってみて足で踏んでみてわかったんですが,既に一回ソフトボールではあそこをお借りして使わせていただいたそうです。そのときやってみてわかったのは,外野の方はかなり草が残っていて,草を引くのはみんなが力を合わせてやれば済むことなんでしょうが,草が生えているということは,かなり,ふかふかの土になっているんですね。そういうので,面積も4面,5面とれそうに見えたけど,実際には2面しかとれそうにないと。ですから,砂を入れて,ちょっとローラーで固めるというようなことがあれば助かるなと。一番は,足をとられてけがをするということが怖いなというふうなことをおっしゃっています。
 ですから,以上4点ですね。内野の整備,これも話し合って,砂を入れたら皆さんで人を出して自分たちでならしたりしますかと。それは大いに結構だし,行政がそういうふうに一緒にやろうよということなら声をかけたいとおっしゃっています。それから,外野の方の整備ですね。これもそういうふうに言っています。そういうことを前提ですが,4点,バックネットの問題,仮設のトイレ,外野を含めた全体の整備ですね。これをぜひ早急にやっていただければ,例年どおりとはいかないまでも,例年どおりに近いようなスポーツが楽しめるということなんですが,ぜひお願いしたいんですが,いかがでしょうか。
○議長(又耒成人君) 都市整備部次長笠見吉代君。
◎都市整備部次長(笠見吉代君) それでは,大利根運動公園の自由広場の件で回答させていただきますが,ご指摘のように市内の企業の協力によりましてグラウンドを借用してまいりました。しかし,いろいろなことから利用ができないと,こういう状況でございまして,ソフトボールでありますとか,グラウンドゴルフでありますとか,いろいろなところから問い合わせがあるのも事実でございます。
 ただ,幸い,大利根運動公園の自由の広場,要するに上流側でございますけれども,今まで余り貸し出しをしていないという実情がございましたので,そちらの利用を関係機関,要するに体育協会でありますとか関係課と協議をしていただきまして,何とか活用をしていただければと思っているところでございます。
 4点の整備でございますけれども,私ども,今の自由の広場という草地の位置づけをしているような状況でございます。ただ,市内に今現在7面の野球場がございますので,野球につきましてはうまく調整をしていただければ非常にありがたいかなと考えているところでございます。
 あと簡易的には,今現在,ソフトボール的な形の中でご利用いただければ非常にありがたいなと思っております。
 それと,トイレの件でございますけれども,トイレは,今現在,野球場のところにございます。あそこはちょうどご存じのように高台に少しなってございますので,水が来ても少しはいいということと,それとそれぞれ中央に設置をしてございます。したがいまして,上流にという話になりますと,あそこに3個にしていいのか,2個にしていいのか,その辺のところをもう少し打ち合わせをさせていただきたいと思っております。
 それから,外野の方でございますけれども,外野につきましては,あそこに年に一度もしくは2回ぐらい水が上がってまいりまして,大規模な修繕という形になりますと,一度そういう経過があって,大分費用負担が大きくかさんだ工事をしたということがございましたが,やはり水が上がることによって上流から土を流し込むと。そういうことで,ある程度肥沃の土地でございますので,ふかふかになってしまっていると,こういう状況でございます。
 今現在,大会に合わせて,年に6回ぐらい草を刈っているのが実情でございますけれども,あそこの草を,できたら例えば芝にすることによって,そのふかふか的なものが直るのかどうか,本当に全体的な整備をしなければならないのか,この辺のところは十分検討させていただいた中で,今後の整備方法なんかも見きわめていきたいと考えているところでございます。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) バックネットはおっしゃったですかね,今。内野のマウンド的なことで,バックネットのことをもう一回,済みません。
○議長(又耒成人君) 都市整備部次長笠見吉代君。
◎都市整備部次長(笠見吉代君) 再度細かく回答させていただきますが,ご要望等につきましては,私どもも理解をしてございますが,マウンドをつくる,あるいは内容を草地じゃなく土にするという話になりますと,サッカーでありますとか,先ほども申しましたが,グラウンドゴルフ,野球,そういうことがございますので,関係団体の方ともう少し詰めさせていただければと考えているところでございます。
 野球には,リトルから始まりまして年配方のシニアまでございますと,ベース間もマウンドの距離も若干変わってきたりするように聞いておりますので,その辺の調整が必要ではないかなと考えているところでございます。
 バックネットは,とりあえず現在,ソフトボール的な,そういう簡易的な形の中で,そして内野が決まった時点でどうするという形になった時点で,バックネットの考え方もあわせて検討してまいりたいと思います。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) わかりました。4点とも,ある意味ではごもっともな,すぐに他の団体も使うわけですから,そことのご理解をいただくとか,そういう意味では体育協会の中でお話をしていただくとか,そういうこと等を含めて,バックネットも,仮にあのままで,今のままで,ソフトボールでよくやっていますが,その日のうちにくいでやってその日のうちに自分たちで取り下げていくと,そういうことはやっても構わないよというご理解をさせていただきたいと思います。
 それから,トイレも,野球場の方にあるよというのはありますけど,僕もあそこの現場へ行って歩いてみたんですが,やはり現場を見ないとだめだなと思うんですが,多分,男性と女性を分けるとおしかりを受けるかもわかりませんが,男性の場合は,あれだけ長く歩いて,今ありますね,そこまで行かないだろうなということが考えられますので,その辺も考慮の上でご検討いただくというふうにさせていただきたいと思います。
 それから,外野については,芝生にしたらいいかどうか内容も検討させてほしいということですから,変にお金だけかけてだめになるようなものにもしたくないというのは,使う方もそうでしょうから。
 そこでぜひお願いしたいのは,今のようなご回答で結構だと思うんですが,そういう場合には,体育協会はもちろんですが,ソフトボール部会の中心になっている方とか,シニアリーグの中心になっている方とも,内容についてはご相談いただくということはいかがでしょうか。
○議長(又耒成人君) 都市整備部次長笠見吉代君。
◎都市整備部次長(笠見吉代君) これは教育委員会等も含めまして,体育協会と打ち合わせをさせていただきたいと思います。ただ,それまでの間の暫定的な,例えば整備で悪いところがあれば,砂の入れかえであるとか,そういうものは従来どおり対応させていただきたいと考えております。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) ありがとうございます。今せっかく育っているスポーツの活動が,若干というのか,かなりグラウンドの条件は悪くなるにしても,ぜひ続くように市の方,行政の方もバックアップしていただきたいと思います。
 2番目の指定管理者の選定についてですが,これは酒井議員がおっしゃってなくなったなと思ったら,松丸議員がおっしゃってさらになくなったんですが,簡単に2点だけ。
 指定管理者の選出をする選出委員会ですか,このメンバーと,今回の選出の主な基準,抽象的には市民サービスが1位で2番目がコストだと先ほどおっしゃったんですが,もう少し決定の大きな原因は何だったかをまずお答えいただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) お答えをさせていただきます。
 前のお答えと重複してしまうかもしれませんけれども,選定委員10人で,それぞれ持ち点115点で,最初,応募者からいただきました書類をもとに審査をいたします。その中で,書類の中に書き込まれていない,それからどう解釈したらいいのかという問題がありますので,それを後日改めまして面接審査をいたします。そして,その1社1社ごとの面接が終わりました段階で,各委員さんから点数表を出していただきます。そして,最終的に10人の総合点数を出しまして,総合的な評価を行いまして,決定したというものがございます。
 ただ,今回の場合ですと,最後の総合評価の中で点数が拮抗したというような事実がなかったものですから,総合的な評価の中ではすんなりと上位者に決まったという経緯がございます。
 以上でございます。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) 選定者10名のメンバーをぜひお願いしたい。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) 学識経験を有する者という形の中で3人お願いしてございますけれども,これ氏名は,氏名までという形になりますと,後でお渡しすることはあれだと思いますけれども……それでは,氏名から申し上げます。
 委員長さんは,古川尚道さんという国際科学振興財団の専務理事さん,それから小林さんという常陽銀行の支店長,それから重村さんという元企業役員,それから施設の管理運営について専門的知識を有する者という形の中で八木澤税理士,それから川又議員,これは経営コンサルタント,中小企業診断士という形の中で入っていただいております。その他,市長が必要と認める者という形の中で,染谷保健福祉審議会の会長,それから渡邊雄一さんという形で南守谷児童館の建設検討委員会の委員長,そのほか市の職員としまして副市長,教育長,私の以上10人でございます。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) 今回,総合点でかなり差があったということになれば,経営的に安定しているよということが一番の大きさだと思うんですが,これも松丸議員の回答と重なりますからそこは詳しく申し上げませんが,本当の市民のサービスといったときに,大きな企業がそこに小回りがきくかどうかというのは,僕は残ってくるような気がします,一つは。ノバとかそういうこともありますし,大企業になればなるほど細かいところに手が回らないということは,いろいろなことで感じています。ただ,経営戦略でいえば,大きいところが強いというのはまた当然ですよね。
 ただ,最初ですから地元にはないよと。そうした場合に,地元を育成するような気持ちがあるのかないのか。そういうのがないと,やってないところは永遠にできないということになりまして,いわゆる協働のまちづくりに近いような意味で,それとはまた別でしょうけど,いろいろな意味で,僕もスポーツのサッカーの指導を見たり,いろいろなことを見ていますと,本当に頭が下がるような世話している人もいらっしゃいますよね。そういう人を巻き込んで,お互いに顔が見えるところでの住民サービスができるというのは,本当は地元じゃないかと思う。ところが,財政力がないよいえば,それはそうなると思うんですね。その辺の今後の考え方ですね。
 これで僕はだめだよとか何とか言うつもりはないんですが,地元で育成するためにはどういう方法で育成していくのかと。3年待って,またぽんとやれば同じ結果が出るんでしょうから,その辺をぜひお聞かせいただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長橋本孝夫君。
◎総務部長(橋本孝夫君) 非常に難しい問題だと私どもも理解をしております。
 ただ,地元を育てるという形の中では,先ほど松丸議員から大手の場合もそれなりの危険性があるというご提言をいただきましたけれども,例えばNPOとかで,この部分の指定管理だけに携わるんだという形になりますれば,当然,当初立ち上げるときに費用は必要になると思いますし,それから市ですとどうしても事後払いというものがありますので,1カ月とかそういう運転資金は必要になると思いますけれども,ある反面,それ以外には手を出さないというNPOであったらば,比較的そういう形の中で,必要な経費は市が出すわけですから,別に手を出さなければそれほど大きな危険性というのはないのかなと。
 ですから,地元育成という形の中では,そういうものも一つの方法なのかなと。今回の選定結果を踏まえまして,そのような方法も一つの方法であるのかなという感じで,反省も含めまして,しているところでございます。
 それから,先ほど失礼しました。委員さんの中で,小林さんという常陽銀行支店長と言いましたけれども,途中で交代になって,今,石川支店長さんでございますので,訂正をさせていただきたいと思います。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) ありがとうございます。
 もちろん地元の方だったら何でもいいということも,これは危険なわけですから,そういうことじゃないと思うんですよね。もちろん安定的な……ただ,これは商売で店を出すとかそういうこととは違うので,その辺のリスクは余りないと思うんですよね。そういう意味では,信用問題のリスクが一番大きいかなと思うので,ぜひ今後,地元の人で希望者がいれば,それを今後育成をしながら3年後にも備えてもらうと。そして,もちろん選定委員会にもちゃんとかけていただくと。こういう視点を中に入れていただいて,ちょっと期間を持って事前に取り組んでいただく,こういうことをお願いをして,この項は終わりたいと思います。よろしくお願いします。
 それから,3番目の生ごみ堆肥化事業について,今回,常総広域組合における,いわゆる全体の建てかえの中で,生ごみの堆肥化の問題も出てきたと思うんですが,今回始める堆肥化事業の全容といいますか,一定の数字も示されて,みずき野をモデル地区で始まるわけですが,僕も申し込んではいますし,先ほどどなたかの質問では100人ぐらいだということで,450を目標ということで,一生懸命ふやしたいなとも思っているんですが,そういう前提ですが,この事業が今の計画どおりにいった場合の内容,こういう計画でこういうふうにしていくんだと,それから最後にはできた堆肥をどこに持っていくんだということまで含めて,全容をぜひお願いしたいと思います。
○議長(又耒成人君) 生活経済部長下村文男君。
◎生活経済部長(下村文男君) お答えをさせていただきます。
 昨日の川名議員にもお答え申し上げましたけれども,現在,議員おっしゃるとおり450世帯を守谷では要請をしておりまして,現在100人ちょっとでございますが,数多くの人に参加していただきたく努力しているところでございます。
 20年度からおおむね25年度ごろまでを一つ試行期間,あるいはそれでもだめな場合はその先までということでは考えているようでございまして,25年度にはおおむね1万世帯を目標にということでやっております。
 費用的な問題でございますけれども,施設の建設費が2億9,295万円かかります。それに伴いまして,ランニングコスト等も申し上げたいと思いますけれども,川名議員の方に申し上げた数字は,25年度の1万世帯で年間812トンを搬入させた,そういうことでの処理経費だけを見たランニングコストということで申し上げさせていただきました。
 もう一度,今度,建設費を含めた中でのランニングコストを計算させていただきました。始まってから約20年間を使ったらどうかという仮定をさせていただきまして,現施設のこれまでのランニングコストと,それから新しく施設をつくった場合のランニングコスト,さらには生ごみ堆肥化の施設建設費を含めた中でのランニングコストということで申し上げたいと思いますけれども,現施設の中でのこれまでのランニングコストを申し上げますと,1トン当たりおおむね2万9,600円ほどでございます。これからつくる施設につきましては,管理費等も含んでいるということから,若干安くなりまして2万6,800円ほど。一番の生ごみ堆肥化のことでございますので,そちらの方を申し上げますと,建設費を計算しますとトン当たり約2万円,ランニングコストとして,処理経費,管理経費,委託費を計算しますとトン当たり約5万円かかる。生ごみ堆肥化だけを足しますと,約7万円のトン当たりのランニングコストということでございます。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) リサイクルはお金かかるわけですから,燃やしているよりはお金かかるよということは,僕はある意味では市民に明らかにしてもいいんではないかと思うんですね。それと同時に,生ごみを油をかけて燃やしている時代はだんだん終わっていくだろうし,いろいろな環境面やさまざまなことを考えても,これは……ただ,できたものをどこに処理をするかということも大事かと思うんですが,その辺はいかがでしょうか。
○議長(又耒成人君) 生活経済部長下村文男君。
◎生活経済部長(下村文男君) でき上がった堆肥でございますが,1年目,2年目あたりはそんなに量が出ないということのようでございまして,協力していただいた方に希望があれば無料でお分けしたい。また,市の方にも公園とか街路樹で使用できれば無料で配布したいということも考えているようでございます。そのほかに,余った場合には,農業耕作者への農園とか,実験用にも検討したいということで考えているようでございます。今のところはそういった形で考えておりまして,有料化の検討というのも考えているようでございますけれども,これにつきましても,トン当たり,キロ当たりの値段というのはまだ決まってはいないようでございます。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) 今度は市長にぜひお伺いしてみたいと思うんですが,今の一連のことで。実は,きのうだったか,きょうだったか,前段の質問でも出ましたが,山田議員でしたかね。給食が残ったやつの堆肥化,あれは実は僕はかなり押してやったわけですけど,随分お金かかって,反省もしているところなんです。
 というのは,やはりコストの意識というものが物すごく僕大事だろうと思うんです。今燃やしているのは2万円幾らかかっているよと。それより高くちゃ絶対いけいなよと,これも無理な話かもしれませんが,コストというものは,絶対的にこれを長続きさせるためには必要なことですよね,税金を使ってやっているわけですから。それから,ごみというのが,だんだんある意味では有料化の動きもややもすれば出てくるだろうという一つの流れもあります。
 例えば先ほどお話を伺った中でいえば,1トン当たり5万円とか7万円,これもかなり計画どおりにいった場合にこうだということになれば,計画どおりに集まらないということになれば,これよりコストが上がっていくということを示しているというふうに言えるわけなんですね。
 そうした場合に,その中には,今回示された,例えばポリバケツ2,700円ぐらいかかるよと。これを無料で差し上げますよというのは,随分自慢の種のように聞こえたわけです,私,説明会で。2,700円するのをただであげる,これはある意味では無料で差し上げた方がスタートしやすいし,より参加者があるということかもしれません。それから,袋も無料ですよと。そうすると,今,実際には燃やす袋は有料で出している,有料でみんなが買っているわけなんですね。
 市長は,よく何でもただというのはだめだよと言う。それはそれで僕なりに大いに賛成ですし,本当に税金をきちんと使おうと考えた場合,説明会に行政と所長さんも来られたんですが,そこで若干議論やったんですが,コスト意識がほとんど感じられない。
 市長に伺いたいのは,これ,やりやすいから無料で袋もバケツも……あのとき2,700円と言ったら,参加者の中から,もっと安いのでもできないのという声も出ましたよね。だけど,頑丈でいいのがいいんだみたいになったのですが,その値段よりも,なぜこれ全部無料で始めようとされたか。しかも,単価は随分かかるよと。この辺をもしお考えがあったら。
 というのは,僕,えらいお金……今は実験でやったのかもわからんけど,先ではもっと広げる。そのときも無料でやるのか。今は無料なのか。
 それから,できたやつを,あんまり最初はできないだろうからつくった人にと,これも非常に僕は安易なんじゃないかなと。たくさんふやせばふやすほど持って行き先がなくなるよという,この辺も,僕,何もなしにスタートするのはどうなのかと。その辺は常総広域でやられたと思うので,市長の方から,今,何点か僕若干心配している点があるので,よかったらお答えいただきたい。
○議長(又耒成人君) 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) まず,容器の件からですけれども,前にもお話しましたように,410何トンの予定で今回の建てかえは始まっています。ところが,国の方の補助金の削減やなんかで258トンということで,今でも300トンの施設ですが,今よりも小さくなったわけでございますので,きのう申し上げましたように,人口がふえているところで焼却炉のトン数が減るということですから,非常にこれから厳しくなると思います,焼却施設としては。
 ですから,何とか燃やす量を減らすのには,生ごみの堆肥化というのも理にかなった話だなと。それで,もともとこの施設の建設については,クリーン守谷協議会でありますとか,あるいはそれぞれの構成市から出ていただいた委員さん方に検討していただいてこの施設の計画があるわけで,その中で堆肥化ということが出てまいりましたので,その皆さんにお願いをして進めてきたところでございます。
 ただ,そのバケツでありますとか,最初に買ってくださいでは,多分集まらないというのもありました。ともかく数をふやしていくためにも,やはり参加していただかなくてはならないので,何とかそういうことで提供してもらえないかという話がありまして,なるべく参加をしていただくためにもそういうことも必要だろうということで,説明会に至ったと思います。
 今後,我々も一番心配していますのは,出口なんですね。入り口は何とか集まってきて,今度は出口。これも,今回,このNPOでやっていただきますけれども,その皆さんもかなり地元で既に実験的に使っているところもございますので,そういうところにも配布をしたいというのもありますし,これから今回補正でお願いをしていると思いますが,市民農園なんかでも使っていただけるようにしていきたいなというふうにも思っていますし,ともかくまだまだ規模的に少ない状況ですので,これを何とかふやしていかなければならないと思います。先ほど来からのお話にもありますように,まだまだ参加者が少ない状況がありますので,さらにご協力をいただいてふやしていきたいなと思っています。
 ただ,今後もずっとバケツとかはただなのかということになりますと,今のところは,まだはっきりと,ずっとただですよというふうにも言えませんし,なるべくバケツやなんかは提供していきたいなと思いますが,ほかの構成団体もございますので,その辺はこれから諮っていきたいなと考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) 平野寿朗君。
◆13番(平野寿朗君) 450トンが200トン幾らのという,それはそれで大事なことなんですが,それを生ごみに全部イコールさせると,ちょっと僕,無理があるような気がするんですよね。
 というのは,そういうのがひとり歩きすると,生ごみ金かかっていいんだよと,これ半分にしたんだからと。そうなっても,また困ると思うんですね,一つは。
 あと,僕が感じますのは,民間企業でもいろいろな努力がされています。例えばマイ袋運動がありますね,買い物の。あれも,見ていますと結構進んでいますね。ポイント制にして,たまったら何かがいただけるという,スーパーなんかで。有料のところもできていますね。そういうふうに絶対量を減らすということも,行政も少し考えていくというか,それはそれで僕は……最初は,少しばかにして,というのはおかしいんですが,ジャスコなんかでもやっているんですよ。袋要らないよというのを出すと,希望すれば印鑑押してくれる。20個集まると,トップバリューの商品に限って100円使えるわけですよ。結構これが,今はガソリン高だとか諸物価の値上がりもありまして,ほとんどの人がこれやっていますよ。ほとんどが袋を使わなくなっている。これでどこかでやるにしたら有料だよと切りかえるんだと,8割,7割の人が支持してくれたら。それはそれなりに僕はいい知恵だなと。あれ,全部捨てていますもんね,あの袋なんかは,あと使えないし。
 だから,そういうことも減量ということでは考えていただきながら,ごみにこれだけお金かかっているのよというのは,誤解のないようにうまく説明というか,オープンにしていただいて,このごみも減らそうよということが一番基本だろうと。出るごみは生ごみだよと,こういうふうに生活経済部にはお願いしておきます。
 もう一つ,あえて言うならば,常総広域というのは甘くなりますから,そこをちゃんと,常総広域に出ている議員もいらっしゃいますけど,議会は議会で議員,行政は行政で担当の環境課あるいは生活経済部の方から声を出さないと,コスト意識はないと思うんですよ。ないと思いますよというのはちょっと言い過ぎかもわからんが,ないに近いですね。広域というのはそういう甘さがあるんだろうと思う。
 そういう意味では,管理者の会田市長もご苦労もあるかと思うんですが,ぜひこの問題は,単なる生ごみの問題じゃなしに,生ごみをいかに減らすか,ごみを減らすか,そういう大前提に立ってやっていただく,その中で生ごみのコストについても徹底的にこだわっていただくということをお願いして,しかも我々は我々の力量範囲で,さっき市長もおっしゃったようにやっていただく人をふやしていかないとよりコストもかかるわけですから,私もできる限り広げてふやしていきたいということも申し上げて,一般質問を終わりたいと思います。
 以上で一般質問を終わりますが,4年といいますか,12年といいますか,お世話になりました。市会議員の仲間や諸先輩だけでなく,市長初め執行部の方や職員の方にも随分お世話になって,4年ごとに私は申し上げているんですが,守谷に住んで数えるほどでしかなくて議員にさせていただきまして,何もわからないまま3期もやらせていただきました。これは本当に皆さんのご指導やご忠告,いろいろなご協力がなければできなかったろうと思います。しかし,こういう不十分な人間でも12年間何とか議員をやれてきたという自信はありますし,皆さんに改めてお礼を申し上げて,私の一般質問を終わります。どうもありがとうございました。
○議長(又耒成人君) これで平野寿朗君の一般質問を終わります。
 本日の一般質問はこれをもって終了し,あすは通告順位11番の伯耆田富夫君から続行したいと思います。ご異議ありませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) ご異議なしと認めます。よって,本日はこれで散会をいたします。
                午後3時12分散会