議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 守谷市

平成19年第 1回定例会−03月19日-05号




平成19年第 1回定例会

                平成19年第1回
            守谷市議会定例会会議録 第5号
       ──────────────────────────
         平成19年3月19日 午前10時11分開議
       ──────────────────────────
1.出席議員 15名
    議長 15番 又 耒 成 人 君  副議長 19番 倉 持   洋 君
        1番 酒 井 弘 仁 君       2番 川 又 昭 宏 君
        3番 川 名 敏 子 君       5番 唐木田 幸 司 君
        6番 市 川 和 代 君       7番 尾 崎 靖 男 君
        8番 佐 藤 弘 子 君       9番 伯耆田 富 夫 君
       10番 松 丸 修 久 君      12番 梅 木 伸 治 君
       13番 平 野 寿 朗 君      14番 山 田 清 美 君
       20番 倉 持 和 夫 君

1.欠席議員  3名
       11番 長 江   章 君      16番 小 関 道 也 君
       17番 中 田 孝太郎 君

1.出席説明者
       市長                 会 田 真 一 君
       助役                 西 野 賢 一 君
       収入役職務代理者           菊 地   充 君
       教育長                北 村 裕 信 君
       総務部長               下 村 文 男 君
       生活経済部長             石 塚 秀 春 君
       保健福祉部長兼福祉事務所長      山 本 キ ヨ 君
       都市整備部長             橋 本 孝 夫 君
       教育部長               弘 澤   廣 君
       上下水道事務所長兼上下水道課長    染 谷 精 一 君
       総務部次長兼企画課長         笠 川 悦 範 君
       生活経済部次長兼くらしの支援課長   寺 田 功 一 君
       保健福祉部次長兼国保年金課長     茂 呂   茂 君
       都市整備部次長兼都市計画課長     笠 見 吉 代 君
       教育次長兼学校教育課長        五十川 芳 道 君
       総務部参事補兼収納推進室長      大 徳   清 君
       保健福祉部参事補兼福祉事務所次長兼介護福祉課長
                          松 丸 美恵子 君
       農業委員会事務局長          瀬 尾 勝 重 君
       秘書課長               岡 田 宏 美 君

1. 本会議に職務のため出席した者
       議会事務局長             高 橋 繁 樹
       書記                 菅 谷 智 弘


1.議事日程
       ──────────────────────────
             議 事 日 程 第 5 号
                        平成19年3月19日(月曜日)
                             午前10時11分開議

日程第1.市政に関する一般質問
    11.佐 藤 弘 子 議員
    12.長 江   章 議員
    13.伯耆田 富 夫 議員

1.本日の会議に付した事件
 日程第1.市政に関する一般質問
       ──────────────────────────
               午前10時11分開議
○議長(又耒成人君) これから本日の会議を開きます。
 ただいまの出席議員は15名であります。定足数に達しておりますので,会議は成立いたします。
 本日の日程は,昨日に引き続き市政に関する一般質問であります。
       ──────────────────────────
△一般質問

○議長(又耒成人君) それでは,通告順位11番佐藤弘子君,登壇を願います。
 佐藤弘子君。
              〔8番佐藤弘子君登壇〕
◆8番(佐藤弘子君) 11番に通告をいたしております日本共産党の佐藤弘子です。
 今回5点ほどお願い申し上げましたけれども,住民の立場で明確なお答えをいただきたいと思います。きょうは,私トップでやるのは初めてなのですね,いつも後半の方で眠いときにやるのですけれども,きょうは頑張って,きのうおとといと寝たので大丈夫かなと思います。
 それではまず最初に,今回,国民健康保険税値上げの条例案が出ておりますけれども,これにかんがみました問題ということで,順番を先にしていただきたいと思いますが,議長,よろしいでしょうか。
○議長(又耒成人君) 通告範囲でありますので,順番については結構です。
◆8番(佐藤弘子君) わかりました。ありがとうございます。
 今回,国保の値上げがされることに連動いたしまして,介護保険料も当然上がるわけでございますけれども,保険料を,本当に払いたくても払うことができない人がふえているということでありますので,今回の条例案が通ることによって,さらに払えない人がふえるのであろうとも懸念されるわけであります。そういう中で保険証の取り上げなどがされるということであれば,まさに命と,格差が広がっている行政の中で,この守谷市からもこういう事態を生みかねないということは,だれも否めないと思います。
 こんなにも負担がふえているということで,私,このようなものをつくってまいりました。今回の決まるであろう値上げによって,大きく住民の負担がふえるということを,執行部の方から計算していただいて出させてもらいました。平均的な試算でもって出させていただいたわけですけれども,実際これでは生活ができない状態になります。
 皆さん,こんなわけでございますけれども,例えば所得 280万円ぐらいの方の4人家族,子供が学童に行っている家庭としまして,国保,介護,そして,もろちん自営業等であれば年金も払わなければならない,住民税,所得税,残りが年間約 200万円ですよ。皆さん, 200万円で4人の世帯の人が生活できるには10万円……聞こえません,何か私に対して反発して。
 そういうわけで,とても大変な事態が生まれるということを,皆さんによく知っていただきたく,できないながらもつくってまいったわけでございますけれども,ちょっと小さいから見えないかなと思うのですが,こういう事態が生まれると,実際こういう例が出ております。
 リストラに遭っている方が,この高い保険料が払えないということで,実際にこの方も55歳でリストラに遭ったと。それで,計算すると,いろいろ支払ってしまうと10何万円ぐらいにしかならないと。これでは子供が大学生,あるいは高校生,高校生2人とかということであれば,どうやって生活することができるのであろうと訴えられていました。
 そういう意味で,この守谷市の中でもそういう事態が生まれるのではないかということでありますので,あしたの採決には,よく慎重に,住民の立場で審議していただきたいということでございます。
 そういうわけで,私の内容といたしましては,保険税の滞納ということ,あともう一つは,保険証の取り上げをやめてほしいということで通告しているわけでございますけれども,自営業者そしてフリーター,もちろん無職の人などの,今度改正する国民健康保険税の払えない問題でありますが,滞納世帯が全国でも 480万人ぐらいの方がいらっしゃると報道されております。これは実際に厚生労働省の方で調査してわかったことでございますので事実でございます。1年以上滞納して保険料を払えない方は,保険証が取り上げられると。それによって資格証明書が発行されているという世帯も,何と35万世帯もいるというのですから,驚きますね。こういう立場の中で,本来は国民健康保険税は,だれでもどこでも保険証が交付されて,その1枚で安心して健康を維持することができる内容のものではないかと思うのですが,こういう問題が,実態としては空洞化が進んでくるのではないかということでございます。
 守谷市でも,今までの累積を含めました滞納金額は何と4億 6,000万円近くあるということでございます。守谷市の場合,資格証明が出されているということを県の資料で見ました。 1,600世帯あたりが資格証明が出されているということでありますけれども,今回資料をいただいた中には,守谷市での滞納されている方の年代別,これを出していただいたのでございますが,20代もいらっしゃるということです。多いのは30代の子育て世代,50代,こちらも子育て世代と思います。70歳以上の高齢者の方にも何人かいて,これは高齢者にとって悲劇でございますね。88名の世帯があるというのですから,これは本当に深刻ではないかと思います。
 それでは,このような資格証明書を出されている方,払えない人にどのような対応をしていっているのですかということが一つと,これらの調査をしているのですかということの数字を出してもらいたい。
 また,三つ目には,資格証が発行されたらどうなるかということですね。窓口で10割を払わなければならないわけでございます。この払う金額が多ければ,受診を控えるという事態も生まれているわけですけれども,この調査もしておりますか。
 四つ目には,資格証を発行すると国保の滞納者は本当に減るのですか。
 こういう立場で四つほど先に伺います。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部次長茂呂 茂君。
◎保健福祉部次長(茂呂茂君) お答えいたします。
 まず,1点目のどういう対応ということでございますけれども,今回資格証という話がございましたが,資格証につきましては,長期,1年以上滞納があるという形の中で発行しております。この資格証発行者の方々につきましては,窓口等で随時納税相談をしていただきまして,その状況にあわせて納付をしていただいて,資格証から短期証に移行していただくという形で運営を行っているところでございます。
 それから,その内容でございますけれども,資格証のほかに短期証といいまして,1カ月滞納ですとか,2カ月滞納という形の短い滞納の方がいらっしゃいますが,この方たちにつきましても,その都度窓口等で相談を行います。
 それから,そのほかにも徴収嘱託員等がお宅にお邪魔をいたしまして,その中で対応しているというのが現状でございます。
 それから,その内容としましては,資格証につきましては,件数で申しますと 217件ございます。
 それから,それ以外に短期証の方につきましては,年間で17年度が 950件という件数になってございます。こちらの方につきましては,件数が多くなっておりますけれども,これにつきましては先ほど申しましたように,1カ月あるいは2カ月という,本当に短期の滞納の方もいらっしゃいますので,それはその状況に応じて対応していくということでございますので,おおむねは解消していくという形になっているところでございます。
 状況としては以上でございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 今,件数を出していただきましたけれども,短期が 950件,長期が 217件ですか。
 そうしますと,その相談をしていただいたということでけれども,内容的にはどういう内容が多いのですか。もしお答えがいただけるようでしたらお願いしたいのですけれども。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部次長茂呂 茂君。
◎保健福祉部次長(茂呂茂君) 内容につきましては,その窓口等での対応ということで,まず納付等について,滞納についてまず周知をいたします。その方が今後どういった形で完納できるようにしていただくかということで相談を申し上げます。その内容に基づきまして,あるいはその生活の状況とかも踏まえまして,ある程度の納付をいただいて,その保険証を延長して交付するという対応をしているところでございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 要するに,金を払っていただかなければ発行しないということですよね。本当に払えない人は,もっと親身になって考えていただいて,憲法の25条でもって生活保護の対象にさせてもらうとか,そういうことではお話はされるのですか,されないのですか。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部次長茂呂 茂君。
◎保健福祉部次長(茂呂茂君) 状況としてそういう家庭状況であれば,その担当の方につなぐということはございますけれども,それに至らないというケースがほとんどかと認識しております。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) そうしますと,内容を相談すれば払っていただけるという方があると,私,今受けとめましたのですけれども,では,なぜこの滞納4億 6,000万円近いお金がいただけないのかと,そこの努力はどういうふうにしていますか。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部次長茂呂 茂君。
◎保健福祉部次長(茂呂茂君) 低所得者等で払っていただけないという場合には,先ほど申しましたような状況がございますけれども,それ以外にも,ある程度高額な所得があるにもかかわらず滞納するという家庭も,現にあるわけでございまして,こちらの方につきましては,先日の質問の中にもありましたように,差し押さえ等の,これは国保としては若干でございますけれども,そういった措置もしているということで,高額の方に対しても払っていただけるような措置ということで,例えば徴収嘱託員を毎日伺わせるということで対応しておりますし,それから,前にもありました保健福祉部と総務部の合同滞納整理ということで,私たちが臨戸訪問をするということも行っておりますし,そういった形で滞納整理はしているのですけれども,相変わらず滞納の根絶はできないというのが現状でございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 守谷市の場合は県内でも収納率もいい,さらに高所得の階層が多いということが報道されております。そういう中で資格証明書の発行が,昨年の6月の段階で 1,800世帯ぐらいあるのですね。これは,ほかの自治体に比べてはるかに多いのですよ。というのは,今,次長の方からも,大変努力していると,それは認めます。本当に夜遅くまでご苦労さまですということは思いますけれども,本当にその効果が上がっていないということですよ。実際にお金が払えないのではなくて,払えるわけですから。そこが,この年代別でいく本当に所得がある人,高額所得がある人,この40代,50代,60代のどこに値するかわかりませんですけれども,これは,つらいでしょうけれども,やっていただくということですね。それを根こそぎ,お金のない人からも取るということが問題だと,私は言いたいのですよ。そこのところ二つに区別してもらえませんか。
 それで,要するに高額で払える人に対して,今後,本当に次長,ご自分の考え,皆さんの考えをもとにしてやりますと,このような4億 6,000万円もの滞納金額,これが入ることによって国保税の値上げをしなくても済むのではないですか。そういうふうに問い詰めたら,あなたは,皆さんはどう思いますか。やれますか。やっていただけますか。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部次長茂呂 茂君。
◎保健福祉部次長(茂呂茂君) お答えいたします。
 ただいまの件ですけれども,確かに高額の滞納があるということで,私たちも今後も一丸となって,その滞納解消に努力していく必要性があると感じておりますし,また,先ほど申しました資格証につきましては,もちろん議員がおっしゃるように,払いたくても払えないという方もあると思いますけれども,それ以外に,例えば税の申告をしないですとか,全くこちらからの意思に対して何の反応も示さないという方もおられるわけでございまして,一概に払えないという方だけが資格証になっているということではないと,私は認識しております。
 ですから,その辺のところも踏まえまして,今後もより一層力を入れていきたいとは考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 払えない人ばかりが資格証ではないということは,努力が足りないということではないでしょうか。そういうふうに私は受けとめました。
 それによって受診を控えているのは,どういう調査をしましたかというお答えはまだいただいていないのですけれども,それについてはいかがですか。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部次長茂呂 茂君。
◎保健福祉部次長(茂呂茂君) 医療機関の受診ということかと思いますが,これにつきましては,例えば資格証でありましても,支払いは 100%個人負担になりますけれども,受診はできるわけでございまして,後から納付相談等に応じていただければ,あるいは納付に応じていただければ,その分の保険適用がされるということもございますので,そういった対応をしておりますし,また,資格証以外でも短期の方につきましては,その都度病院等にかかっていただいて,後から精算をするという方法もございますので,必ずしも,短期証が発行されているので医療機関にかかれないということにはなっていないのが状況でございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) わかりました。
 一つだけいいですか,もう一度,重複して申しわけないのですけれども,滞納を努力すると,私,認識いたしました。その滞納の努力をどういう形で,報告はいつということでお答えできますか。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部次長茂呂 茂君。
◎保健福祉部次長(茂呂茂君) 今ここで報告ということは申し上げられませんけれども,先日の質問の中にもありましたように,総務部長の方からお話がありましたように,収納について今後といいますか,次年度以降力を入れるということの表明もございましたので,またそういった連携を図って,なおかつ国保としても,あくまでも国保の使命は保険という部分でありまして,納税ということが主眼ではないと認識しておりますので,保険としての適正な運用に努めるとともに,その滞納につきましても,今後なお一層の努力をするということで考えていきたいと思っております。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 最後になりますけれども,保険ということだから,滞納整理を一生懸命やらなくてもいいんだという考え方なのでしょうか。
 だって滞納は滞納ですもの,それを明確に,本当にこの人は払えない,この方は払える,そういうふうに明確にすべきだと言っているのですけれども,それに答えていないのですが,次長。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部次長茂呂 茂君。
◎保健福祉部次長(茂呂茂君) そういうことではございませんで,なお一層努力するというのは当然のことと認識しております。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 資格証を発行すると滞納者が本当に減るのかどうかが疑問でございますけれども,払いたくても払えない現状があるわけですので,この国保税をしっかりと,これからも頑張っていただきたいということと,所得が減っている一方で,ことしもまた定率減税が廃止されまして,課税世帯がまたさらに,払えない世帯がふえるのではないかということでありますけれども,本当に命も金次第という時代になってしまいました。
 昨年の6月の住民税の増税によって,市民の皆さんから「どうなっちゃっているの,これ」ということを私も伺いましたけれども,昨年の増税によって市民の皆さんから,正確なところはもう出たと思いますが,問い合わせ等はどのくらいあったのですか。これは国保税も含めてですよね。住民税も連動して上がっているから。
○議長(又耒成人君) 総務部参事補大徳 清君。
◎総務部参事補(大徳清君) 確かに改正点での問い合わせはございます。老年者控除が一番多かったかと思います。
 あと,年金改正の関係,控除額が引き下げになりましたので, 100件近くはありました。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 今聞こえなかったのですが, 100件ですか。
◎総務部参事補(大徳清君) はい。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君)  100件,実際に電話をしなくても,おうちの中で悶々としている人はいると聞いたわけでありますけれども,本当にお年寄り,それから,所得の少ない人,大きく負担がふえているということでありまして,そういう人たちが泣かないように配慮してもらいたいと思います。
 次に移ります。関連した国保税の滞納,そして保険証の取り上げをやめてもらいたいということでありますけれども,先ほど答弁いただいた中とも重複するところも出てくるかと思いますが,この保険証を取り上げられてお医者さんにかかれない,そして命を落とした,こういう事例もたくさんあります。中でも,子供の保険証を取り上げないようにしていただけないでしょうか,ということが一つ。
 千葉県の千葉市では,乳幼児医療費対象の子供は,保険証を取り上げないということが報道されておりましたけれども,守谷市でも短期発行がずっとされているわけでありますので,保険税を払えないために,これは実際の話ですよ,1カ月ずつの保険証をもらっているという方がおります。病気になっても医者へ行くことを考えてしまうと,金があれば払うよ,本当に払うよ,ないから払えないんだということを切に言っておりました。
 こういう話を聞いて,払えない人には今度差し押さえまですると,預金はもちろんのこと,物品でも差し押さえをすると言われておりますけれども,本当に命が金次第,命も切り捨てられる,本当にこれでいいでしょうか。こういう切実な命の痛みを感じなければいけないと思うのです。
 先ほど親身になって相談にのるとおっしゃいましたけれども,これがどの程度なのかは把握できませんですが,今お願いできるのは,こういう人たちのためにも,払えない人たちのために,減免制度の拡充がさらに必要ではないかということですけれども,この二つ,先に伺います。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部次長茂呂 茂君。
◎保健福祉部次長(茂呂茂君) お答えいたします。
 まず,1点目でございますけれども,医療福祉等にかかっておられる方ですね,今回もすこやか医療費ということで条例を出しておりますけれども,こちらの方々につきましては,ほとんどと言っていいぐらい,この資格証等に関連する方がおられませんで,おおむねの方につきましては,医療費の方の支給はしているという状況がございます。
 それから,減免等の措置ですけれども,これにつきましては,当然国保の法定減免がございますが,これらにつきましては自動的に対応されておりまして,それ以外の方につきましても,守谷市の場合には減免要綱がございますけれども,こちらの方につきましては申請減免ということでございますが,やはり内容的に相当の困難さがあるという場合に判断されるということでございますので,画一的に何パーセント減免というわけにはいきませんけれども,それぞれ個々の担税力に応じた減免ということがいわれておりますので,それらに基づいて行っているという状況でございます。
 ただ,こちらの申請減免の方につきましては,状況として申し上げますと,16年,17年度につきましては,若干の申請がありまして減免がなされております。これは災害に基づくものでございましたけれども,平成18年度,現時点につきましては,この適用はないところでございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) これから聞こうかと思ったところを答えていただいたわけですけれども,対象者がいないですよということですね。そうすると,16年,17年度は若干あったけれども,18年度はないということでは,要するに,払えない人はいないと見てもいいのか。減免申請に来られないということですから。できないということ,わからないということもあるのかもしれませんけれども,それでいて拡充しろと言ったって,何言っているんだということになりますが,そういう意味で,減免申請についても,ないからやらなくていいというわけでもないし,知らないという人もいるかもしれないので,そこは今後もありますれば親身になって相談にのってあげていただきたいというお願いでございまして,今回の保険料の滞納,それから,保険証の取り上げをやめてほしいということではわかりました。ぜひよろしくお願いします。
 若干時間がありましたので,私,前回の一般質問の中で,今,全国的に産婦人科の不足が問題になっておりまして,当市におきましても第一病院に大きくご協力いただいているということで一般質問させてもらったのですけれども,その一般質問の後に,今月の初めに第一病院の方に行ってまいりました。いろいろ実情を訴え,向こう側からの要望もお聞きしたわけでございますけれども,産婦人科をやめることはしない,続けてまいりますということでありました。それは大変よかったと思っておりますけれども,中でお医者さんが非常に不足していると,非常勤でも対応しているということを言っておりましたので,やはりここは医者の確保ということでは,何らかのそういう声にこたえる必要があるのではないかと思いました。
 あちら側の施設の面におきましても,これ以上の受け入れをすることはできないと。ですから,この市では里帰りお産というのがよくあると聞いておりますけれども,里帰りお産についてはご遠慮願っていると,はっきり言っておりました。そういう中で苦しい立場もあるということを伺うことができたわけですけれども,山本部長がことし定年をされるということ,平野議員の発言の中でもわかりまして大変お世話になりました。そういう中で,実力のある山本部長でございますので,あと数日ということで,こちらに3月31日で切れるのかどうかわかりませんけれども,ぜひ山本部長,県の方の窓口でございますので,医師の確保に対しての要請を,守谷市としても唯一この病院がなくなると困るわけですから,援助のお願いをしていただきたいと思います。そういう意味で,いろいろと一般質問の中ではありました。いろいろお世話になりましたけれども,今後ともそういう立場から,実力を私も認めておりますので,ぜひ県の方にお願いしたいと思います。私どもが行くよりも,もちろん担当部長が行くということが,一番親身に考えていただけるかなと思いますので,よろしくお願いいたします。
○議長(又耒成人君) ここで,総務部参事補大徳 清君の方から答弁がございます。
◎総務部参事補(大徳清君) 先ほどの税制改正に伴う問い合わせの件ですが,電話問い合わせがありましたので 200件になっているそうです。訂正方をお願いします。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) そうしますと,先ほど 100件と聞いたから,少ないのかなと思いましたけれども,やっぱりそうですよ,だから住民が怒っているのですよ。
 今回もこの6月に住民税が,また定率減税が廃止されるわけですから,それと同時に介護保険料が,何とこの数字でいきますと60何%かになっているよ。そういう意味で,本当に大変な事態が生まれると思います。よろしく,皆さん,住民の皆さんにこたえて上げていただきたいと思います。
 次に学校にいかせてもらってよろしいでしょうか,学校。
 施政方針の中で,学校のゆとりというか,今回の整備の中では,大変市長も頑張ったかなという感じを受けました。7年度の予算は,県においても教育問題,重点施策とうたわれております。中でも少子化対策と教育に力を入れていくということで,その教育の中のいじめ対策,子育ての環境を整備するとありました。守谷市においても,市長が,まず一番にこのことを今回の施政方針の中で述べているわけでございます。
 さて,いじめの対策事業ということで重点施策に置いていただくのは大変結構でございますが,いじめって本当になくならないと思っております。それによって学校に行かれない子供が生まれている。これはどこの地域でも起きている,今,大変な問題かと思います。
 中でもこの問題につきましては,仲間づくり,コミュニケーションづくりということではないかと思いまして,本当に今専門家を派遣することが必要とされていると思います。県の今回の予算の中でも,スクールカウンセラーをたくさん派遣するということが出されました。私も前に一般質問の中でお願いをしましたけれども,本当にそういう状況に今来ているということですね。そういう意味で,会田市長の今回の施策はすばらしいと思います。県もそのことをバックアップしてくださっているように思いますけれども。そして,これらが大きく予算,そして住民の中に反映されなければならないと思います。
 そこで,今やられているのは本当に対処療法的な措置ですよね。根本的な解決にはなっていないと思います。ですからいじめは減らないのです。ですから,本当に今,教師と子供,地域一人一人の関係づくりが大事ではないかと思いますし,教師の立場からも,時間的な余裕がない,やはり人をふやしてほしいということを言っているわけであります。ですから,もっと教育予算をつけるということではないかと思います。そして,子供と本当に1対1で向き合える環境,時間をつくることが,いじめをなくしていく手がかりになるのではないかと思いますけれども,守谷市の教育予算の拡大,さらにふやしていただくことを願うわけでございます。
 ある方からこういうことを言われました。いじめは,まじめで気持ちの優しい子供がいじめられるんだよと。そうかもしれませんね。生徒は先生にいじめられて,先生は校長にいじめられる。校長は教育委員会にいじめられる。教育委員会は大臣にいじめられる。安倍さんにいじめられる。大臣はだれにいじめられますか。
             〔「総理」と呼ぶ者あり〕
◆8番(佐藤弘子君) 総理にいじめられるのですよ。
 そういうふうに,アメリカのために日本が今政治をやるというのが,今の安倍さんの方針でありますからそうなるわけです。
 やはり,おとなしくて優しい子がいじめられる,これが実態ではないかと思うのです。では,何をすればいいでしょうか。ゆとりある教育が求められるのは当たり前でありますけれども,環境の面でも,教育に力を入れる。それしかないんじゃないかと思います。
 私,教育長に答弁は求めていないのですけれども,そういう立場から,子供のいじめをなくして,子供たちが学校生活を楽しく送れる,このまちではそんな悲劇を生まない,そういう立場で考えていただいているとは思いますが,もし答弁を許していただけるのでしたらお願いしたいなと思いますけれども,いかがでしょうか。
○議長(又耒成人君) 教育長北村裕信君。
◎教育長(北村裕信君) お答えいたします。
 今の佐藤議員おっしゃるような,そういう状況は,今,市内の学校及び教育委員会との関係の中では,ございません。常に学校の状況を早期に把握しながら連携をとって,いろいろな課題改善解決に向けて取り組んでおります。いろいろな面で日ごろからご助言等もいただきながら,一方的に指示をしたり,そういう形ではありませんので,本当に子供たちを第一に,市長の施政方針もありますように,次世代を担う子供たちの教育,そして,豊かな人間性を備えた子供たちの教育に全力を挙げてまいりたいと思います。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) ありがとうございます。
 ぜひ本当に地域の子供たち,このまちの将来を担う子供たちをみんなで支え合う,そういう環境づくりをしていかなければならないということでは,私たち個人一人一人の責任でもあると思います。そういう中でありがとうございました。
 通告しております,環境づくりをしてほしいということでお願いしたわけでございますけれども,高野小,守小,大野小の耐震化対策の一環から新たな改築,新たな改修,新たなものを設置するということを伺ったのですけれども,前進されることが住民にとって喜ばしいことであります。
 二つお伺いしたいのですけれども,高野小の体育館の改修ということでありますが,高野小は今子供たちが大分ふえているということでありまして,運動会もあの校庭でみんな入れないんだよというのが親の声でございます。それぐらい狭いのか,そういう中で改築をするということでありますけれども,どういう形で改築をされるのか。前に聞いたときにはプレハブだと言ったのですけれども,その内容。
 それともう一つ,守小の改築に当たりまして,用地の取得が今回出ておりますけれども,実際にはどういう形で用地の取得等,そしてまたその内容がどういうものなのか,わかればお願いしたいと思います。
○議長(又耒成人君) 教育次長五十川芳道君。
◎教育次長(五十川芳道君) お答えします。
 若干打ち合わせと違うところがあるので困るのですけれども,最後までかみ合わないのかなということで。
 まず,高野小学校の体育館の改修というのは,現在の体育館の雨漏り等がひどいものですから屋根改修ということで,建物自体を増築するとかそういうあれはありませんので,高野小学校の場合に校舎の増築ということで考えております。それは,ご存じのように,南守谷地区の西友の南側,それから,美園とか比較的若い世代の入居が多いということで,19年度に1クラス,それから,20年度に1クラスということで,不足する見込みが出てきました。既に18年度も特別教室,視聴覚室を普通教室に変更して使用している状況であります。
 また,最近ではけやき台3丁目,学校建設予定地の跡ですか,ここも住宅建設が計画されているということで,今後も児童の増加が見込まれるということで,19年度に実施計画,20年度に増築工事をしていきたいということで,こちらについて校庭に影響のないようにということで十分検討いたしまして,新しい校舎がありますが,その校舎の南側に3階建ての3教室を確保するような形で工事を考えております。
 それから,2点目の守谷小学校の改築事業ということですが,こちらは耐震化の対象の建物でありますし,また老朽化によって雨漏り,亀裂等があるために,大改修を要することということで,改築を進めているところでございます。
 また,ひがし野地区,それから,県営住宅の付近と,住宅建設が進んでおりますので,こちらも児童生徒の増加が見込まれるということで,現在,18年度で15クラス 413人ですけれども,19年度に3クラスがふえる予定になっております。
 また,23年度には5クラス,27年には11クラスということで,27年度が大体ピークのころかなということで考えておりますけれども,そういうことで,それに対応した形の改築をしていかなければならないのかと考えております。
 ただ,今の場所だと面積的に1万 7,417平方メートルということで,ほかの学校から比べると約 6,000平米ほど狭いということで,校庭が十分確保できない状況になってくるのかなということで,用地の拡張,それから,工事用道路を都市計画道路の郷州沼崎線から進入するような形で確保したいということで,以上のことから,学校の東側に県の所有地,教職員の住宅がありますけれども,そちらの方の隣接地を含めて 8,400平米ほどになりますが,それを取得して一体的に活用した改築事業を進めたいということで,19年度に基本計画,用地買収,それから,20年度に実施設計,21年,22年の2カ年に分けて改築工事を計画しております。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 細かく説明いただきまして,よくわかりました。
 大野小学校の改築でございますけれども,3教室できるということですが,父母の皆さんが,校庭が狭いんだよね,運動会みんな入れないんだよということを聞いたのですけれども,本当……。
            〔「高野小学校」と呼ぶ者あり〕
◆8番(佐藤弘子君) 高野小学校でございます。何と言いましたか。
            〔「大野小学校」と呼ぶ者あり〕
◆8番(佐藤弘子君) 失礼いたしました。訂正いたします。
 高野小学校でそういうのを聞きましたけれども,本当にあれ校庭は狭いのでしょうか。そうなると当然人口増もあるので,そこら辺も考えているのでしょうかということ。
 打ち合わせどおり,マニュアルどおりにいかないのですよ,次長,生き物ですから。そういう意味で,それを心配されておりまして,本当にどうなんでしょうかねということで,そこら辺はお考えがあれば願いたいと思います。
○議長(又耒成人君) 教育次長五十川芳道君。
◎教育次長(五十川芳道君) 校庭の方は,今はそんなに狭くはなっていないと思いますので,そちらの校庭の方は全然影響しないような形で増築の方もやっていきたいと考えております。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 本当に影響が,でもそういうふうにお母さんたちが言っているのですけれども,そういうことに,将来的にはそうなると思いますよ。
 市長,市長の田んぼでも少し提供するとか,そういう意味で,教育環境については施政方針どおり進んでいくだろうということでございますけれども,子供たちのために,ぜひそういうものを整えていただきたいということでございます。ありがとうございました。
 それでは,防災についてと防犯灯の整備ということで通告をさせていただきました。
 私も防災,防犯につきましては何回か質問しているのでございますけれども,この7年度の防災対策ということで伺うわけでございますが,国の方では計画をつくったそうでありまけれども,地方分権,役割分権が出されまして,自治体の方にもそれらが来ているということが予算の中で出ております。中でも,東海,東南海,首都圏直下型が叫ばれておりますけれども,茨城県におきましては,茨城県南部直下型地震が想定されるということを考えているというわけであります。このことでございますけれども,対策の内容とかを明示する必要があるのではないかと思うのですね。住宅とか,それから特定建築物といいますか公共施設も含まれると思いますけれども,耐震化率の目標,国の基本方針が義務づけられているというのですね。2015年までにはその目標をしなさいということなのですけれども,今,マンション等が守谷市でもこれから建設されるわけですが,マンション等のエレベーターの地震に際しての急停止,あるいはそれに対しての支援,それに対しての避難路,こういうものが表示しなければならないと出されておりますけれども,国の方では,言うだけだから金は要らないよ,金は出さないけれども,それを地方自治体にやりなさいということが国の方針なのです。そうは言っても,住民の安全・安心を願うのは地方自治体であるかと思いますし,当然これは市が考えなければならないとなっております。国に対しても意見を述べるべきだと思うのです。言うだけではだめだよと,金も出しなさいよと,そういうことを皆さんが考えて,皆さんが言っていただくということではないかと思います。
 この問題ですけれども,私は,どういうわけか,この勉強をさせていただくようなことができまして,いろいろ知らないことがたくさんございましたけれども,町内会で自主防災組織をつくりなさいよということが言われていますね。これは国だって地方に,こういう目標と指示をしなさいと言っているわけです。だから市も,市だけではできないから,地区住民に自主防災組織をつくりなさいということを一生懸命言っておりますね。
 それは,いい面もあるし悪い面もありますけれども,そういう立場から私どもこのことを勉強してきたわけでございますが,ひとつ障害がぶつかっている部分もありますけれども,方向性としては自主防災組織をつくる必要性はあるというわけであります。
 そこで,守谷市は地震の想定する震度が,震度6弱となっているのですね。本当にこの震度6弱でもって予防対策が安全かということが疑問視されるのですけれども,本当にこの想定でこれからも進むのでしょうか。
○議長(又耒成人君) 総務部長下村文男君。
◎総務部長(下村文男君) お答えさせていただきます。
 守谷市の地域防災計画というのがございます。それで,いろいろ避難所等も指定してございますので,その中に地域の職員がいち早く行きまして,一つの係員ということで中心になって動いてもらうということを想定しておりますし,また,先ほど議員おっしゃいました地域防災組織なども中心になっていただく,あるいは自治会の会長さんも,その中で中心となって動いていただくということで考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) きょうの配布物を見ておりますけれども,もっとその枠を超えたものが出ておりますが,私たち住民は自主防災をつくるかつくらないか,必要か必要ではないかということを論議しているのです。そういう立場で,大枠で決めるのは必要でありましょうけれども,本当に住民と一緒になってやれるようなものを,ですから住民の皆さんが言うには,本当に災害が起きた場合に,例えば液状化現象,危険区域,地盤が軟弱,そういう状況が生まれて,本当に今の守谷市のビジョンがないと言っているのですね。防災体制のビジョンがないと。
 そういうことも含めまして,今,部長からおっしゃっていただきました,職員が中心になってその場合は動きますよということですけれども,そういうものを明確に住民にお知らせしないと,協力体制というのはできないのですよ。「なんだ何も言っていないでやれやれと言っているじゃないか」というのが本当の中なのです。ですから,いろいろ論議をしていった中で,ぶつかったのがそこなのですよ。
 そういう意味で,やっぱり市の姿勢はちゃんと示してほしいと。このこときはこう,このときはこうなのよということを,しっかりと示す必要があるのではないかと思うのです。そういう意味で,もう一度部長にそのことをお答えしていただきたいということが一つ。
 次に,確かに自主防災組織をつくったとしても,役員は1年交代でくるくる変わるわけでございますので,果たして防災の意識,それから,行動力,この強化ができるかどうかということが二つ目。
 三つ目には,その組織がそのまま本来はずっと継続して,その方針を前進させながらやっていく必要があるのではないかと思うのです。これやってきてみた結果そう思うのですけれども,それが三つ目。
 四つ目ですけれども,火災が発生した場合に,消防用具等の格納箱がありますけれども,これらの設置状況とかというものを実際には把握していないのですよ。ですから,本来は火災の場合,初期段階で消火すれば延焼を未然に防ぐこともできるわけです。そういうもの,それから訓練,それら位置づけの必要をどう考えているか。
 五つ目でございますけれども,火災でございますが,火災が発生した場合の煙の感知器,煙で亡くなる子供が年間60人から80人ぐらいいるというのですね。そういうデータが出ているということでありますけれども,特にやけどをして亡くなる,煙によっての窒息ということだそうであります。ですから,幼児の場合は,自力が脱出することはとても無理でありますので,そういう意味で率が高いのかなと思います。
 それで,煙に関する感知警報機,外国では,アメリカもイギリスも95%以上は装備しなければならないといわれているということであります。日本でも住宅防火基本方針の中に出ているのでございますけれども,新築住宅に対しては義務づけがされました。2010年度からは,既存の住宅にもこの設置義務がされるということでありますが,こういうものも考えているかどうか,こういうわけで質問の中身をお答え願いたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長下村文男君。
◎総務部長(下村文男君) お答えします。
 まず1点目ですが,市民の方が,災害が起きたときにどういうふうな行動をとればいいのかということで,悩んでいる方がたくさんいるということでございますけれども,毎年1回防災訓練,1回ではございますけれども,防災訓練をやるということで周知いたしまして,各避難所ごとの防災訓練を行っているところでございますので,ぜひそこへ参加していただいて,でないと一人一人私どもが行って,こうしろ,ああしろということできませんので,そういった訓練のときに皆さんで来ていただいて,いろいろなことを学んでいただくというのが大事なのかなと思います。
 それから,自主防災組織もつくっていただいてございます。現在34団体ということで若干少なめかなと思っております。これも,市民の方の意識の低さかなというところもあります。守谷市の場合,災害に強いんだみたいなことで,若干安心しているところがあるのかもしれませんけれども,うちの市としても,そうした組織をつくっていただきたく,広報等を通じましてお願いをしているところでございますけれども,なかなかそういった組織ができないというのが現状でございます。
 また,補助金も,国の方からカットされまして,市の補助金のみとなっているところでございます。県は来ています。
 それから,自主防災組織,やはり代表の方が1年交代ということが結構あるのですが,私どもの方でアンケートをとらせていただきましたのですが,その結果を見ますと,やはり自治会長と自主防災組織の長が別であるというのは4団体しかございませんでした。残りは同一の会長さんということになっているようでございまして,これが市としましても,やはり単年度ではなく複数年にわたって,せめて2年,3年はお願いしたいということでは言っているのですが,その地域の実情もあるかと思いますので,これを無理強いしてそうしなさいということもできませんので,その辺のところはやむを得ないのかなと感じているところでございます。
 それから,地域防災組織あるいは自治会,これらの連携をしていただくということで,今回,守谷市協働のまちづくり市民会議の中の地域社会委員会というのがございまして,この方たちが中心になりまして,守谷の地域防災を考える会というのを立ち上げようじゃないかと,設立しようじゃないかということで,それの準備会ができたわけでございます。この準備会を経まして,正式に守谷の地域防災を考える会を結成していただきましたならば,各自治会とか自主防災組織の連携を図っていただきながら,災害に強いまちづくりの推進をしていただけると期待をしているところでございます。
 それから,消火栓のボックスの設置数,あるいは消火栓の設置場所ですが,今のところ消火栓は 820カ所程度ございます。ボックスの設置は 558カ所でございます。これらの設置場所の状況,あるいは土地の所有者の土地の利用などから,なかなかボックスがつけられないというところがございますので,これもやむを得ないのかなと思います。
 火災のときの訓練ということでございますが,やはり先ほど申しましたように,防災訓練の際にも行っているところもございますし,それで自主防災組織の方々独自で行っているところでございます。
 そういったことで,ぜひ訓練がしたいんだということになれば,こちらにお申し込みいただいて,消防署あるいは消防団の方で指導の方をしていきたいと考えてございます。
 報知機は,議員ご指摘のとおり2010年からということで,これは義務づけられますので,これを市の方でどうこうというよりも,やはり各自で対応していかなければならないのかなと。ただ,市の方でも以前に回答申し上げましたけれども,広報などで,それに関する違法な商売をやっている方,そういったところには間違いがないようにという広報もしていますし,広報ではこの2010年から義務づけられますよという広報もしてございますので,ぜひ各自で設置をお願いしたいということでございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) ちょっとわからない部分は,最初に申し上げましたマンション等ができるわけですけれども,これに関しての,前回もお話しましたが,本当に今30階でも50階でもスプリンクラーを設置しなければならないということですけれども,スプリンクラーそのものが,本当に効果があるかどうかはわからないですよね。そういう意味で,これから進行していきますマンションを計画建設している会社に,そういうことも含めて,市が指導をするという点が不足しているのではないかと思うのですけれども,そういう点。
 特にエレベーター,シンドラーの故障事故はたくさんありましすけれども,茨城県はシンドラーは入れないでしょうが,大体日立,東芝が多いのでしょう。そういう意味ではエレベーターがとまっても大変な状態が生まれるので,そこら辺の事故に対しての,災害に対しての市の方針,姿勢みたいなものを伺いたいのですが,それはあるのですか。
○議長(又耒成人君) 総務部長下村文男君。
◎総務部長(下村文男君) お答えいたします。
 火災等に関しましては,我々専門知識が薄いところもございます。専門的に消防署の方で,常総広域の方で専門職がございますので,そちらから指導していただいていると思いますし,今後も指導していただこうと思っております。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) そうですね。広域の弊害と申しましょうか,そういう意味で,広域でやっているんじゃないかという程度で済ませてしまう。そこら辺があるのではないかと思います。
 実際,マンションの火災というのは,天ぷら油から発生する火災が多いわけですから,30階だから火災がないということはあり得ませんし,こういう不注意は,してはいけないのですけれども,結構あるのですね。ですから,そういう意味からも,広域に責任を持つ自治体がそういうことに責任を持って指導,あるいは皆さんの方針を出していただきたいと思います。
 ちょっと時間がなくなったので,あと二つありますから,申しわけございません。また次回に不足した分は。
 自主防災を立ち上げるに従いまして,いろいろなことを勉強いたしまして,34自治体の防災組織ができたということでありますけれども,全地区でそういう皆さんの関心度を高める必要があるのではないかと思います。
 次に,景観についてということで出させてもらいました。
 鉄道が敷かれたということで,まち並みは大きく変わります。ここでちょっと気がかりなのですね。美しまちをみんな願っているのですよ。安倍さんは,美しい国をつくりますと,何を美しいと称するのかわかりません。守谷の中でも美しい道路,美しいまちという掲示を見ることがあります。本当に美しいまちをつくっていくのであるならば,見せかけだけではだめですよ。言葉だけではだめですと思います。
 それで,つくばエクスプレスの高架線の壁面についてですけれども,できたばかりの新しいコンクリート壁に落書きがされております。これらの取り締まりはできないでしょうかということで,私お願いするわけでありますけれども,人のものを勝手に言えないよと言われてしまえばそれまでです。でも,この線路を敷くに当たって,住民の方たちがどれだけ努力しましたか。市民一人一人は直接お金は出さなくても,市民の税金を使っているはずであります。そういう立場からも,このような落書きを許さない。それには,迷惑防止条例等に値するかもしれませんけれども,そういう規則ができないかということでお願いしたわけでありますが,できないと返ってくるのはわかっているのですけれども,ご判断をお願いします。
○議長(又耒成人君) 都市整備部次長笠見吉代君。
◎都市整備部次長(笠見吉代君) つくばエクスプレスとふれあい道路が交差するところに,実は落書きがされました。その時期でございますけれども,2月26日から27日にかけてであろうと思っております。
 現地でございますけれども,すべて鉄道敷,フェンスを張って人が入らないという形で一部対策はとってあるわけですが,そこを乗り越えて入ったということで,非常に悪質であると私どもも思っております。
 こういう行為ですけれども,軽犯罪法の第1条33項の中で器物損壊罪というものに該当すると思っておりまして,これによりますと,刑法 261条に基づいて3年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金,あるいは科料となると思いますが,これらにつきましては,既に写真をつけまして鉄道会社の方に報告をしてございまして,何とか対策を講じていただけないかというお願いもしているところでございます。
 参考までに,市が既にそういう落書き防止の対処策としまして,ふれあい道路の御所ケ丘,あるいは久保ケ丘,さらには南守谷の駅前の落書き防止をした実例をつくりまして,そして,その後,こういう落書きはないよということで善処策をお願いをしているところでございます。
 そして,今,迷惑防止条例という話がございました。これにつきましては,生活環境課の方とも協議をいたしましたので,私の方から回答させていただきたいと思いますけれども,このようにマナーの悪い,一部の方だと思いますが,いるのも事実でございまして,公共施設への落書き,特に公園,あるいは便所とか,そういうものが多いわけでございますけれども,そのほかにごみのポイ捨てやペットのふんの放置など,大分あるのも事実がございます。
 こういうことを防止するために,マナー向上を促して清潔で美しい景観を確保するための条例化も検討する必要があるであろうと,担当課の方との協議がなってございますので,ご報告を申し上げたいと思います。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 「美しいまち」と文字にして,これだけ出しているわけですから,これで対策を立てないということは,何もやらないと,言葉だけなんだということだと思うのです。でも,今,次長の方から,前向きなことで考えておりますということでは,大変私は一生懸命やっていただいているのかなと思いました。
 それで,一つお願いがあるのですけれども,落書きする人の精神的な面はわかりません。しかし,内容的には,何かの不満とかうっぷんとかいろいろあるのかもしれませんが,あるいは見る人によってはアートと見る人もいるかもしれません。アートと見れば腹が立たないのです。でも私は腹が立つのです。アートと見ないから,そして,きれいにつくったものをなぜあのような落書きを,理解に苦しむようなものを書きなぐるのかということなのですね。それで,私一つお願いがあるというのは,守谷市は何でイメージをしようかということで皆さんも考えていらっしゃると思うのです。市長もいろいろ考えて,守谷市は緑と水という環境の面で言っています。私は,このアートというふうに置きかえて,このまちに,例えば御所ケ丘,久保ケ丘,南守谷駅前につくった子供たちの絵のアート,あれをこのまちに取り入れるということなのです。
 なぜこのようなことを言うかと言いますと,私,駅でバスを待っておりましたら,住民の方がおばあちゃんを連れて,子供さんを連れて,親御さんが3人で来たのです。どこへ行くのかなと思ったら,「おばあちゃん,おばあちゃん,うちの子供がここに絵かいたんだよ」と言ったのですよ。わざわざ電車に乗ってきているんだと思うのですね。あれを見て,やっぱり自分が書いたものは汚さない,ずっとそのことを思ってまた訪ねてくる。訪ねてくれば,このまちの何かの商品が売れれば経済効果が出るということを感じましたのですよ。
 それで,このアートのまちにすると,1区画幾らと。アートだからいいんですよ,専門家にやっていただいたのでしょう,御所ケ丘と久保ケ丘の絵を塗ったのは。ですから,もとの絵は皆さんから公募するのですよ,1区画 1,000円とか, 100円ではあれですから 1,000円とか値段をつけて公募する。そうすると全国から来るかもしれません。守谷市は全国的に有名だということを皆さんがご存じですから。そうすると,そのお金を利用して御所ケ丘,久保ケ丘でやったようなアート,きれいなアートをつくるということを提案したいのですね。
 それで,この間,次長に伺ったら,あれは50万円もかかっているわけでしょう。プロがやって,子供たちの下絵で,とても絵はきれいですよ。それが取手の鉄道の下のガードは藝大の子供たちのものですね。あれは相当かかっていると思いますけれども,お金がないないとおっしゃる皆さんが,お金を出さなくても考えられる,そういうものを入れたらどうかなと思うのです。
 駅のところの銅板ですか,あれを見に来たところを私が見ていて,こういうふうに皆さん関心を持つんだなということで,ぜひこれは発想の転換をして,アートのまちづくり,そして橋脚は市のものではないから,第三セクターの鉄道会社のものだけれども,そうすればお互いに気分よく生活できる,他から人は来る,お金は出さなくてもいい,こういう提案なのですけれども,いかがでしょうか。
○議長(又耒成人君) 都市整備部次長笠見吉代君。
◎都市整備部次長(笠見吉代君) 落書きをされないために,子供たちの絵をつけて,その製作者,学校の名前ですけれども,入れてやりました。非常に効果があったと私どもも思っております。
 ただ,特殊材料を使ってございます。と申しますのは,そこにペンキであるとか,そういうところに書かれましても,後からすぐに消せるというように少しガラス繊維的なものを上に乗せてございます。その費用が大きな金額でございます。したがいまして,ほかの実例を見ますと,その上に落書きをされてひどくなっているというケースが非常に多いのが実情でございます。そういうことを防止するために,少し特殊材料を使った形でやってまいりました。今後もそういう形でやることが,消すような処理も楽にできるかなと思いますので,続けてまいりたいなと思っているところでございます。
 ただ,先ほど言いましたように,子供たちの発想,そういうものは大切に活用させていただきたいと考えているところでございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) わかりました。
 やはり特殊なものを使うということではお金もかかるわけですね。でも,そういう効果の面が得られているということで,期待する必要があるだろうと思いますし,市長,私が先ほど申しました駅前の銅板での高いお金をかけた子供たちの絵よりも,もっと安く上がるかもしれません。アートのまちとするのは,アイデア市長としてどうですか。
○議長(又耒成人君) 市長会田真一君。
◎市長(会田真一君) あの銅板も売ったのです。あれ陶板なのです。粘土,粘土,あれも1枚 3,000円で売ってやったのです。あれは観光協会でやっていただいたものです。今の佐藤議員のアイデアは非常にいいと思います。
 今おっしゃったように,橋脚は鉄道会社のものですから,それがどうか,話はしてみますので,もう少し検討させてください。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) そうですか。認識不足で申しわけございませんでした。
 でも,鉄道会社は今は黒字なのですよ。単年度黒字。やっぱりこれは当然やらないのではなくて,やらせる。やらせるべきだと思うのです。まちもきれいになれば,あなたの鉄道に乗る人もいっぱいふえますよということですから,これは一挙両得の両面から考えられるということでありますし,こういう市民の声を取り上げていく,そして守谷市のお知らせをインターネットでお知らせしますという報道がされましたね。そういう意味でも,いろいろな催し物ばかりではなくて,こういったものも,子供たちのこんなものとかアートのまちとか,緑のまちとか,そういうものをぜひやっていただきたいと思いますし,今後,皆さんのご努力に期待したいと思います。
 時間がございませんけれども,申しわけございません。障害者問題について進めていきたいと思いますので,よろしくお願いします。
 障害者問題は,今,自立支援法ができてから多くの皆さんが悩んでいると聞いておりますけれども,地元にあります地域の障害者支援のひこうせんのところの問題でございますが,ひこうせんが今年度から自立の方向で,就労応援のための訓練事業所として新たな方向で進んでいくという報告を受けました。その中で,事業主体として何かやらなければならないと。その中で一つ提案がされましたけれども,資源的には空き缶等は高く売れているわけですから,空き缶つぶしを考えていると言われましたが,ではこのような事業をさらに継続発展させるために,年間どのくらいの作業の実績のできる計画を持っているのか,自立のための方向,そしてそれに対して市として協力は考えられているかどうか,まずこの二つをお願いします。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長山本キヨ君。
◎保健福祉部長(山本キヨ君) 空き缶回収ということで,議員おっしゃるとおり,ひこうせんの方に空き缶回収の場をつくりました。また,役所の公用車の駐車場の中にも空き缶回収の場をつくりまして,皆さんにご協力をいただいております。
 どのくらいの収入を見込めるかということでございますが,平均工賃を月額 3,000円以上ということで就労継続支援の中ではうたわれておりますので,今現在,就労継続支援で通所している方が5人いらっしゃいます。この5人の方に月 3,000円以上の賃金をということでの対策で,空き缶つぶし,回収ということでやってきております。お1人に対して 3,000円月お渡しするのには,1人ですけれども,1日で 125缶必要なのですね。そこに20日として掛けていきまして,それが5人ということでございますので,月目標を1万 2,500缶ということで考えております。1年間で15万缶ということで,1缶が20グラムですので,1キロ60円の収益になります。ですから,年間で15万缶回収を目標としております。
 これは先ほど申しおくれましたけれども,回収にはみずき野の町内会の方々,それから,市内の事業所の方,それから,センター周辺の松前台6丁目,7丁目の方々が回収に前々から協力をしてくださいまして,きれいに洗ってストックをしてくれたり,また持ってきてくれたりしておりますので,報告をさせていただきます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) それは大変いい方向に進んでいるということで,皆さんのご協力があったということですけれども,子供たち一人一人が自立するに当たって,利用料も払わなければならないという障害者の人たちの立場ではないかと思います。そういう中で,できるところからということで,早速部長が取り入れてくれまして軌道に乗せられる方向で進んでいったということでありますので,それぞれの地域でも協力をする必要があるのかなと。
 ただ,私,量が不足していて回収ができないのではないかと見たものですから,もっと強力に要請する場を求めないとだめなのかなという観点で思っていたのですけれども,実際には,今のところ何とかめどが立つというふうに見てよろしいのでしょうか。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長山本キヨ君。
◎保健福祉部長(山本キヨ君) ご協力をいただけるということでございますけれども,今現在就労継続支援の方が5人だけなのですね。ですから,今のところで空き缶は十分に足りていると思っております。5人の方々が毎日午前と午後と,休憩を挟んででございますけれども,空き缶をつぶして,それを業者さんに売るということで,今のところは空き缶は大丈夫と解釈をしております。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 資源が不足ということで,お寺の鐘から工事現場の鉄まで盗まれるような時代でありますので,そんなことがないように,子供たちが一生懸命労働したものが実るように,気を配りながらやっていかなければならないと思います。わかりました。ありがとうございます。
 それでは,同じ障害者の方でも精神障害者の作業所の実施の方向ということで,担当者の方から,こちらも自立ということでNPOを立ち上げなければならないということを聞いたのでございますけれども,その後,どのような経過をしておりますでしょうか。お願いいたします。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長山本キヨ君。
◎保健福祉部長(山本キヨ君) 精神の方の立ち上げ,ということでございますか。
 精神の方は,今は保健センターの裏にあります精神の共同作業所というところで作業をしておりまして,そこが今度4月からですけれども,家族会を中心にNPOが立ち上がりまして,一つの事業所として共同作業所,精神の方の受け入れをしていくということで準備をしております。まだ市とは契約をしてございませんけれども,そういう準備をしておりまして,契約をした場合には,契約金ということで,そこにお渡しするような形になります。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 認可はおりたということですよね。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長山本キヨ君。
◎保健福祉部長(山本キヨ君) はい,NPOの方の県の認可はおりておりますが,そのNPOと市の方との契約はまだでございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) 本当に障害者の皆さんが,自立のためにさまざまな問題で降りかかっていると思います。できるだけ市独自の予算もふやしていただくということも,ぜひお忘れなくお願いしたいと思います。
 次に,障害者であっても希望する子供や親は,公立,私立を問わずに保育所に入所を希望するということを広げるべきではないかと思いますけれども,幼稚園の方は,障害を持ったお子さんでも受け入れ態勢を聞いているとご報告いただきましたけれども,保育園につきましては,障害を持ったお子さんは公立で面倒みるよということが大前提にあるのでしょうか。
 私は,それは,思いやりということでいけないわけではありません。しかし,公立であっても私立であっても,障害を持った親や子供が希望すれば,その受け入れをしなければならないと思います。一つには,子供の差別をしている。入所を希望するにもかかわらず窓口で差別をしている。あなたは障害を持っているから,公立の方でやっているからこちらへどうぞ,ではなくて,やっぱり一人一人が希望するところに,障害児教育も,私立であってもしてもらわなければらならないと考えておりますけれども,その辺が,これ極論と受けとめられては困るのですが,やっているよということは聞いていますけれども,では具体的にどうなのでしょうかということを伺いたいのですが。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長山本キヨ君。
◎保健福祉部長(山本キヨ君) お答えいたします。
 障害児のお子さんは,健常児等々と一緒にいることが,障害児を伸ばすということで言われておりますので,保育所の入所の際には,障害児の入所を最優先に考えております。
 保育所を例にとりますと,保育に欠けるお子さんをお預かりするということで,保護者がお勤めをしているということが大前提でございますけれども,障害児をお持ちのお母さん方につきましては,病院に行かれたりとか,それから,ふだん療育教室に行かれたりということでありますので,必ずしもお勤めをしていなくても受け入れ態勢をしているのが現状でございます。
 それから,公立が大前提で,私立の方は,入所希望があるにもかかわらずということでございますが,これは保育所に関しましては,公立,私立同じでございます。入所選考委員会を経まして,それで保育所に入るわけですけれども,その申請の段階で第1希望,第2希望ということで,希望の保育所を書いていただいて申請をしていただいております。ですから,私立の方で障害児を受けないということではなくて,保護者の方が公立を多く希望されているということでございます。
 今の現状でございますけれども,障害児のお子さんを13人受け入れしてございます。お1人は私立でございます。あと12人の方は公立でお預かりしているということでございます。
○議長(又耒成人君) 佐藤弘子君に申し上げます。発言時間が残り1分となっておりますので,ご認識をいただきたいと思います。
 佐藤弘子君。
◆8番(佐藤弘子君) そういう枠はされてないよということでありますけれども,これから子供たちはもっとふえると思います。また,そういう障害を持ったお子さんが希望されると思うのですけれども,やはり,その枠をしていないということであれば,これからもぜひそのようなことを,ぜひ親御さんなりにお話をして,窓口で差別をしない,希望するところを切に切にお願い申し上げまして,あと1分ということでありましたので,これで私の一般質問を終わりにいたしますけれども,いろいろご協力ありがとうございました。
 また,五十川次長にも,怒らないでくれよなということを再三言われました。私は怒っているわけではないのですけれども,性格がこんなものですから,田舎っぺなものですから,怒っているように聞こえたと思います。このたび退職されるということでありましたけれども,大変お世話になりました。きょうもどうもありがとうございました。
○議長(又耒成人君) これで佐藤弘子君の一般質問を終わります。
 ここで5分間暫時休憩をいたします。
               午前11時39分休憩
         ──────────────────────
               午前11時46分開議
○議長(又耒成人君) 休憩前に復し会議を再開いたします。
 それでは,引き続き一般質問を続行いたします。
 お諮りいたします。
 次の通告は長江 章君となっておりますが,本人から,本日欠席のため一般質問を取り下げたいとの申し出がありました。よって,通告順位13番の伯耆田富夫君の一般質問を行いたいと思いますが,これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) ご異議なしと認めます。よって,次の通告順位13番伯耆田富夫君の質問に入りたいと思います。
 通告順位13番伯耆田富夫君,登壇を願います。
 伯耆田富夫君。
              〔9番伯耆田富夫君登壇〕
◆9番(伯耆田富夫君) 通告13番,伯耆田富夫でございます。
 平成19年第1回定例会の大トリを務めさせていただきます。
 通告12番の長江議員が体調不良で一般質問を取り下げたということで,一つ繰り上がっての質問でございます。もう少しの辛抱でございますので,よろしくお願いします。
 通告は3点してありますが,何から切り出すかいろいろ考えておりました。初日には平野議員からモクレンの花が出ていましたけれども,今まさに春でございます。私,3月半ばごろから咲き始めた,6月いっぱい楽しませていただいておりますツツジの花から切り出す予定でいたのでございます。しかし,いろいろな時間の関係もございまして,ツツジも少しさわりの部分を話させていただきたいと思います。
 今,3月後半に入りましたが,ヤシオツツジというツツジが市内でも時々見ることができます。そして,平成13年12月に皇太子家にお生まれになりました愛子様の御印の花としての花がヤシオツツジのシロヤシオということで,清楚で気品が高く可憐な花があるのですけれども,シロヤシオツツジというのはなかなか市内では見ることができません。こういう季節の順を追って,そういったいろいろなツツジが私たちの目,そして心をなごませていただいております。四季の里公園,またアサヒの工場周辺やログハウス,いろいろなツツジが植えてあります。特にオオムラサキツツジというのは,花の輪が大きくてアサヒ周辺,また四季の里公園とか,かなり時期になりますとそういった話が咲き乱れ,私たちの心をなごませていただいております。その中にも愛子様の御印であるシロヤシオツツジがないのがちょっと残念かなと思っております。
 こういったように,春夏秋冬を目で見て心で触れることができるこの守谷,私はすばらしいものだなと感じる次第でございます。
 ツツジの方はこの辺にしておきまして,急に話は変わりますが,きのう3月18日午前9時10分ごろでございます。私の家に市民から電話が入りまして,アサヒの工場近くの信号機の交差点の車どめが,何者かにいたずらされていると。そういう電話が入っておりまして,急いで私も行きました。実際現場に行ったならば,5本の車どめが,根元からボルトが外されておりまして,いつでも抜けるような状態でございました。その車どめ5本の中の1本だけが,ボルトが固くて緩まなかったのか,その辺は定かではないのですけれども,そういう状態でした。
 私,すぐ警察の方に電話して,現場検証に入ったのですが,その近辺を見渡すと,その場所から約30メートルぐらい離れた場所で,やはりU字形の車どめがなくなっていました。その車どめがどこにあるかというと,その5本の車どめを外した場所から10メートルぐらい離れた場所に,一般にはわからないように隠してあったのですね。今多く発生しておりますこの種の犯罪,警察の人の話によれば,分業化されておりまして,ボルトを外すチーム,そして後日それを回収するチーム,またその回収したものを売りさばくチームと,かなり手の込んだ方法だと警察の人は言っていましたが,この車どめは管理が守谷市のものでございます。安全のための車どめなので,このままというわけにいかないために,休日にもかかわらず警察の呼び出しがかかり,建設課の間島係長に飛んできていただきまして,その後の処理で大変だったのではないかと思います。本当に急なあれで,大変ご苦労さまでございました。市内にもそういうところが何カ所か多くあると思うのですけれども,一応これは至急確認をとった方がいいのではないかと思いますので,よろしくお願いします。
 神社の屋根をはがしたり,また最近通電している電線をぶった切って,今まで考えのつかないような事件が多く発生しております。
 こういう事件もあったそうです。ナンバーを外した放置自動車が盗まれる。盗まれるという言葉が妥当かどうかちょっとよくわからないのですけれども,私たち市民も一緒になって,行政,そして警察,議会と連携をとって,犯罪のない守谷をつくっていきたいなと思っております。前置きが長くなりましたが,本題の質問に入らせていただきます。
 最終バッターなのでかなりダブる点が多くあろうかと思いますが,ご了承願いたいと思います。
 先ほど佐藤議員が防災関係の方の質問をしておりました。若干私の質問の内容と同じようなところがありますので,ひとつ佐藤議員ご了承願いたいと思います。その中で多少違った角度からの質問をしてみたいと思います。
 守谷市では防災に関しましては,地域防災計画に基づく市の体制づくりから,一般市民向けの防災訓練,防災倉庫の整備や備品の充実,さらに防災ガイド等による市民への啓発など,その強化整備充実に努力していることは十分認識しているところでございます。しかし,守谷市は幸か不幸か,幸いなことだと思いますが,これといった大きな災害に見舞われることはありません。災害の少ないまちであることは間違いありませんが,そこに大きな落とし穴があると考えております。災害が少ないがゆえに,行政はある程度,行政間の情報交換等があり災害の認識はありますが,一般の市民の方々については,安全である,またはこの地区については大丈夫との安心感が優先し,その結果,災害時に対応できないという事態になりかねないのではないかと,私自身も懸念しているところでございます。
 このようなことから,災害が発生した場合,第1に行わなくてはならないのが,当然人命救助です。そのため訓練等を行っていることはだれもが承知しております。問題は,災害時に自分たちがどういう行動を行わなければならないかを,判断しなければならないかだと思います。そのための情報提供が,重要な位置づけとなってくるのではないかと考えております。ここで,今,守谷市で災害が仮に発生した場合,災害状況や行動などの情報を伝える手段としてどういうものが想定され,その効果がどの程度のものなのか,わかる範囲で結構でございますから,お知らせ願いたいと思います。
○議長(又耒成人君) 間もなく正午になろうとしておりますが,このまま伯耆田富夫君の一般質問を続行したいと思いますが,よろしいでしょうか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(又耒成人君) よろいですか。
 それでは,引き続き一般質問を続行いたします。
 総務部長下村文男君。
◎総務部長(下村文男君) お答えさせていただきます。
 現在の市の地域防災計画におきましては,災害時の広報手段ということで,第1に広報車による広報が上げられます。市所有の公用車で,拡声器のついた車両を駆使しまして,情報とか避難についての手段をお知らせしているところでございます。もちろんその中には消防車両も含まれてございます。
 さらに,避難所にはいち早く,先ほども佐藤議員の質問の中にありましたとおり,避難所の係ということで,市の職員が急行することになってございますので,その係員からの情報提供,あるいは地域防災無線による本庁からの情報,指示の伝達などが市民に対して行われることになります。
 また,本年度の3月1日から実施しております「メールもりや」というのがございまして,これに従いましての情報提供などが考えられるのかなと思われます。
○議長(又耒成人君) 伯耆田富夫君。
◆9番(伯耆田富夫君) ありがとうございます。
 広報車や「メールもりや」で知らせるということでございます。
 しかし,果たしてこれだけの施設で市民に情報が届くのでしょうか。当然 100%市民にお知らせできることは考えておりませんが,少なくても今お答えいただいた方法では不十分ではないかと思います。
 以前の質問で,防災無線の整備を行うため基本設計を行っているが,同報系,つまりスピーカー型のものは検討中であるという答えをいただいております。これは防災とは多少異なってきておりますが,国の施策として,市町村の無線に国が強制的に関与し情報提供するシステムを開発し,推進しているとのことを聞き及んでおります。
 これらを考慮すると,守谷市においてもスピーカー型の防災無線が必要ではないかと。特に災害時には,要援護者の避難指示等は一般の市民よりも早く出すこととなってきているようです。これらを考え合わせますと,必要な施設ではないかと考えますが,今後市としてどういう方向性でいくのか,その辺をお答え願いたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長下村文男君。
◎総務部長(下村文男君) お答えします。
 ご指摘の国が市町村の防災無線に関与するというものでございますけれども,これは津波とか地震,あるいは弾道ミサイル攻撃,これらの緊急情報を自治体に一斉に伝えるという全国瞬時警報システムということかと思われます。
 茨城県におきましても推進しているところでございますけれども,方法によっては,国が直接市町村に警報などを流すことができるシステムということでございます。最近では気象庁の地震情報とか津波情報,これを瞬時に流す試みも始まっているようでございます。このシステムは同報系の無線設備がないと運用されないものでございます。
 守谷市では,現在使用している移動系無線の更新時が迫ってきているところでございまして,その関係上,先ほど議員のおっしゃられました地域防災無線の基本設計を行ったわけでございます。当然この設計は移動系と同報系の両面から行っているわけでございますけれども,両方の無線を行いますと,4億円から5億円という多額の費用がかかってしまいます。
 今回の移動系につきましては,やはり更新時期でございますので,これはやむを得ず更新しなければならないということでございますけれども,同報系の無線につきましては,かなりの費用がかかるということから,先ほど「メールもりや」ということで申し上げましたけれども,3月1日から行っておりまして,これはパソコンあるいは携帯電話におきまして登録をしていただきます。登録費用は若干通信費とかかかるかと思いますけれども,それによりまして,災害等ございましたら,こちらから一方的に情報を流すというシステムでございます。災害等ございますと,お互いの携帯電話もまず使えなくなるような状態でございますが,この「メールもりや」につきましては,相手方からこちらへの通信はできませんが,こちらからの一方的な通信はできるようになってございますので,このシステムをもっともっと広報いたしまして,各個人,特に携帯電話はほとんど,子供まで持っているような時代でございますので,携帯電話で登録をしていただいて,こちらからそういった災害があったときには,それを利用したいと考えているところでございますので,同報系につきましては,今のところ考えていないところでございます。
○議長(又耒成人君) 伯耆田富夫君。
◆9番(伯耆田富夫君) ありがとうございます。
 私,この同報系,スピーカー型の無線も必要と考えております。一部では聞きづらい,うるさいなどの苦情もあると聞いておりますが,災害時は最も有効なものになるのではないかと思います。代替的なものがあれば,それはそれでよいと思うのですが,慎重な検討をお願いしたいと思います。
 次に,自主防災組織の育成と今後のあり方についてですが,去る2月に市民の方々の自主的な行動により,守谷の防災を考える会,準備会が発足したように聞いております。この会の最終目的は,自主防災組織間での訓練方法や団体のコミュニケーションの取り方,防災意識の高揚などについての情報交換や相互協力で,まちづくり市民会議,地域社会部会へと,一部の自主防災組織がメーンとなり始まったということでございます。このことは守谷市にとって大きな力であり,市民みずからが考え行動を起す,これこそ市長が言っております協働のまちづくりではないかと思っております。
 しかし,自主防災組織の現状はどうでしょうか。相変わらず組織を結成する団体は増加しておりません。また,以前結成した団体も有名無実の状況で,自主防災の防災倉庫の存在すら知らない自治会長もいるように聞いております。今後,これら結成済みの自主防災組織の活性化を図る方法があるのか。また,自主防災組織の結成の促進について,今までと違った何か考えがあればお聞かせ願いたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長下村文男君。
◎総務部長(下村文男君) お答えいたします。
 自主防災組織が必要なことについては,皆さんご理解していただいているところと思いますが,なかなか進まないのが現状でございます。その要因といたしまして,一つは常備消防の充実というのが上げられますけれども,もう一つは地域のコミュニケーションの低下ではないかと思われます。核家族によるものとか,隣近所のつき合いが煩わしいといった点から,共同や連帯感が薄れてきている,こういったことが原因ではないでしょうか。
 市としましても,防災の観点からばかりでなく,広くコミュニティーの復活を行うべく,自治会の加入促進,あるいは協働のまちづくりでの地域コミュニティーを推進しているところでございまして,徐々にではありますけれども,成果をおさめてきているのかなと思っております。
 先般の守谷の地域防災を考える会の設立準備会の発足も,その一例でございまして,市民の方々の自主的な行動で準備会が立ち上げられ,今後,防災とコミュニティーを考えていこうというものでございますので,これらについても市はバックアップしていくつもりでございます。これをきっかけに防災組織の活性化が図れればと思っております。
 ご指摘のように,現在,市内には34の自主防災組織が結成されておりますのですが,実際自主的に活動している団体は数少ない状態でございます。市としましても,今後も補助金等を活用して自主防災組織の結成促進を行っていくと。それと同時に,あらゆる機会を通して,また,実際に結成した防災組織の事例などを紹介しながら,結成に向けてのお手伝いを行っていきたいと考えております。
 また,育成指導についてですが,先ほど申し上げました準備会の皆様の協力,あるいはボランティア団体,消防署,消防団などの協力を得ながら,防災のリーダー育成,あるいは活動のマンネリ化を防止し,常に地域の防災意識が欠落しないよう,側面から応援しまして,自分の地域は自分で守るんだという連帯意識も同時に構築できるようにしていきたいと考えてございます。
○議長(又耒成人君) 伯耆田富夫君。
◆9番(伯耆田富夫君) ありがとうございます。
 今,下村部長からお答えいただいたように,自主防災組織の活性化,さらに組織の結成促進に今後とも努力していただきたいなと思っております。
 次に,守谷市国民保護計画と守谷市地域防災計画との関係についてですが,平成16年9月に施行されました国民保護法に基づき,地方公共団体は国民保護計画を策定し,武力攻撃等から国民の生命,財産を守るとされております。守谷市でも国民保護計画を策定中と聞いております。
 一方,防災については,守谷市地域防災計画の見直しが行われており,内容を見させてもらった限りでは,両計画とも生命,財産を守るということから共通点が多く見られます。これらの関係について説明をお願いしたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長下村文男君。
◎総務部長(下村文男君) お答えいたします。
 国民保護計画と地域防災計画の関係でございますが,いずれも議員おっしゃるとおり,生命と財産を守るという点では同じ目的を持ったものでございます。その中でも大きく異なっている点は,まず当然のことでございますが,対象が自然災害で,片方は武力攻撃災害,こういった違いでございます。
 国民保護は,他国からの武力攻撃あるいはテロ攻撃,これに対処するものと,避難,誘導,救援などが主な内容でございまして,防災につきましては,積極的な災害防止,それから,復旧に重きが置かれておるところでございます。
 また,防災は,地方公共団体が施策を実施しなければならないのに対しまして,国民保護は,国の基本方針に基づいて市町村が対応するものでございます。
○議長(又耒成人君) 伯耆田富夫君。
◆9番(伯耆田富夫君) ありがとうございます。
 違いについてわかりました。
 次に,防災関係については,防災倉庫に資機材や緊急のための食料,水を備蓄しております。また,避難場所や避難所も指定されており,先ほどの質問のとおり,ガイドマップなども発行し市民の皆さんに承知されておりますが,国民保護の場合はどうなのでしょうか。新たに防災と同様,避難所を指定したり,非常食料を備蓄したりするのでしょうか。だとすれば非合理的だと考えます。防災も国民保護も生命,財産を守る点では同一と考えております。財政的にも余裕のない時代です。合理的な運用をお願いしたいと思いますが,いかがでしょうか。
○議長(又耒成人君) 総務部長下村文男君。
◎総務部長(下村文男君) お答えいたします。
 議員ご指摘のとおりでございます。と同時に,国民保護においても,地域防災計画と整合を図るということになってございます。国民保護のために新たな備蓄や施設の指定を図るのではなく,防災で既に市町村が整備したものにつきましては,それを活用するということになってございます。
 不足するものについては整備することになりますが,例えば県内の各施設の破壊等が起きたことが想定しますと,滅菌されたタオルや防護服,あるいはマスク,最悪の場合,安定ヨウ素剤というものが上げられると思います。
 いずれにしましても,国民保護につきましては,計画の策定が行われている段階で,詳細なマニュアル的なものについては,今後,防災計画と整合を図りながら策定したいと考えてございます。
○議長(又耒成人君) 伯耆田富夫君。
◆9番(伯耆田富夫君) どうもありがとうございます。
 防災も国民保護も市民を守る点では同じでございます。合理的で遺漏のないよう進めていただきたいと思っております。
 次に,防災から離れまして最後の質問になります選挙について質問いたします。
 3月4日日曜日発行のある新聞の特集記事で,「選挙の開票作業を効率作業で経費節約,開票時間短縮に約 400自治体がチャレンジし,4年間で人件費60億円から70億円が削減可能」,これは早稲田大学マニフェスト研究所発表ということで載っておりました。
 またある自治体では,昨年暮れの県議会選挙の開票作業を,民間企業の組み立てラインを開票作業に取り入れ,大幅に開票時間が短縮され経費が節減されたということでございました。もちろん正確さも要求されることは当然でございますが,市民も早く結果を知りたいということでございます。
 昨年暮れ守谷市で行われた県議選の結果のことを振り返ってみますと,20時の投票締め切り後,各投票所から投票箱が黒内小学校に運び込まれまして,選挙管理委員長の号令のもと開票作業が始まったと思います。
 厳粛な中,集中して正確に行われた中で,その中には疑問票,無効票など分けながら,手際よく実施したことと思いますが, 100%の最終発表が,たしか10時45分ごろになっていたのかなと思います。定数1で候補者2名,1万 6,000票の票を分けるのに,それだけの時間がかかるのかなと,そう思っておりました。
 この夏の参議院選挙,そしてまた来年2月の市議会議員選挙と続くわけですが,今回以上に開票時間が早くなるような手立てはとっているのでしょうか。その辺をちょっとお聞きしたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長下村文男君。
◎総務部長(下村文男君) お答えいたします。
 選挙事務につきましては,議員ご指摘のとおり,迅速かつ正確な作業が求められまして,我々も1分でも早い結果を出したいと努力しているところではございます。
 1点目の選挙経費,特に人件費でございますけれども,投票所の人員については,最少の人員で運営しているところでございまして,これ以上削減は難しい状況なのかなと思われます。
 次にご指摘の開票作業でございますけれども,従来は職員1人が一つの係の担当ということで行っておりましたが,数年前から複数の係を1人で担当してもらっているところでございます。
 次に,開票作業をもっとスピーディーにということでございますけれども,確かに取手市,前回の県議選で市内の企業から社員の派遣をいただきまして,開票事務をラインに見立てて開票を行いまして,成果を上げたと聞いてございます。守谷市におきましても開票台の高さの調整,あるいは選別方法など幾つかの改良をしてまいったところでございます。
 今回,議員ご指摘のとおり,早稲田大学のマニュアル研究会主催の開票事務研究会にも職員を参加させましたし,また,今後さらに4月には統一選挙が執行される予定でございますので,取手市などの開票事務を見学させたいなと思っております。今後さらに開票のスピードアップの研究,実践してまいりたいと考えてございます。
○議長(又耒成人君) 伯耆田富夫君。
◆9番(伯耆田富夫君) ありがとうございます。
 たまたまお隣の市が,開票作業を民間の組み立てラインを参考にして,大きな成果が上がったという新聞の記事を私例えましたが,守谷市は早稲田大学マニフェスト研究会の研修会に職員を派遣し,改善すべきところは改善しているということでございました。その町,その市,歴史文化の違いを,そこに合った方法で,いかに早くスピードのアップを図っていただきたいなと思っております。
 そして,ついに団塊の世代の退職が始まってまいりました。昭和30年代に金の卵として迎えられた年代,私なども戦後生まれのそういう年代でございますが,日本経済の高度成長の一翼を担い,そして,その人たちの退職により,中小企業では後継者不足のため廃業に追いやられ,長く続いておりました日本の職人,そしてその技,文化の衰退が懸念されております。
 選挙の開票作業も私は同じように思います。この作業も開票作業の技,そして開票作業のたくみといった,一朝一夕ではまねのできない仕事に関しては,後継者の育成もあるはずでございます。そういった開票作業を職員技でてきぱきとさばく,そういった技を補うべきすべは何かあるのか,その辺をお聞きしたいと思います。
○議長(又耒成人君) 総務部長下村文男君。
◎総務部長(下村文男君) お答えしたいと思います。
 その前に,先ほどの質問の中で,早稲田大学マニフェスト研究会というのに,マニュアルと言ったようでございますので,訂正させていただきます。済みません。
 ご指摘のとおり,10数年前までは選挙事務につきましては,できるだけベテランの職員ということで行ってきたところでございます。しかし,若い職員がふえてきたということもございまして,この若い職員を育てるために,数年前から50歳以下の職員に事務をお願いしてきているところでございます。
 また,選挙事務の手続上,市内の職員を優先で行ってきたところもございまして,ただ職員が大分減ってきたということなので,市外の職員も含めることで人員の確保を行っているところでございます。
 有権者が増加する中で職員の削減ということもありまして,選挙事務に携わる職員の不足が考えられますけれども,今後,投票率アップなど,選挙の啓発も考えあわせまして,先ほどお話しましたように,開票事務のスピードアップにも考慮しながら,今後検討していきたいと思っております。
○議長(又耒成人君) 伯耆田富夫君。
◆9番(伯耆田富夫君) ありがとうございました。
 投票率のアップ,そして選挙の啓発に力を入れるということでございます。
 今ここにいらっしゃいます山本保健福祉部長,そして五十川教育次長の2人が,今年度で奉職を退官されます。ほかにも定年を迎えられる職員の方が3人,そして早期退職の方が6人いると聞いております。
 4月からは,一民間人として守谷市を後方支援していただけると思っておりますが,ともに皆さん,その道,その分野,たくみの技を持った職人さんでございます。「名刀生涯さびを持たず」,いつまでもその道の技を守谷市発展のために磨き続けていただきまして,そして継承をしていただきたいと思っております。いかがでしょうか,山本保健福祉部長。
○議長(又耒成人君) 保健福祉部長山本キヨ君。
            〔保健福祉部長山本キヨ君登壇〕
◎保健福祉部長(山本キヨ君) 本当にお世話さまになりまして,3月31日で退官させていただきます。
 今,議員から「たくみ」というようなお言葉をちょうだいいたしましたけれども,果たして勤めた中で「たくみ」を発揮したものがあるかということで,ちょっと考えたのですが,私は人の輪というものをすごく大切にしてまいりました。市民との輪,それから,職員との輪ということで,その輪の中で知恵を出し合う,風通しのいい職場づくりをする,また市民との交流をするということで,そこから生まれてくるものがすごく大きなものがあると感じ取っております。
 今後,4月から守谷市民として活躍をさせていただきたいと思いますが,その輪を第一に考えて今後ともやっていきたいと思います。ありがとうございました。(拍手)
○議長(又耒成人君) 伯耆田富夫君。
◆9番(伯耆田富夫君) どうもありがとうございます。
 同じような質問になります。五十川教育部長。
○議長(又耒成人君) 教育次長五十川芳道君。
            〔教育次長五十川芳道君登壇〕
◎教育次長(五十川芳道君) 私は昭和41年の5月からということで,約40年という大分長い間,皆さんにご指導,ご鞭撻をいただきまして,無事3月31日をもって退位ということで,私,おかげさまで住民の方の直接かかわりのある部署,税務課とか福祉課とか学校教育課とか,そういうことでいろいろと勉強させていただいて,この後地域に戻って,皆さんに何か恩返しができればということで,そういうふうに考えております。
 皆さんの希望に十分こたえられなかったと,多少反省しながら,大変長い間,ご指導,ご鞭撻,本当にありがとうございました。(拍手)
○議長(又耒成人君) 伯耆田富夫君。
◆9番(伯耆田富夫君) どうもありがとうございます。
 先ほど申しましたが,いつまでもその道の技を,この守谷市発展のためにお願いしたいと思います。本当に長い間,どうもありがとうございました。
 以上で,今定例会最終になりました私の一般質問を終わらせていただきます。
 執行部の皆さん,どうも誠意ある答弁ありがとうございました。
○議長(又耒成人君) これで,伯耆田富夫君の一般質問を終わります。
 これをもちまして,本会期中の一般質問を終わります。
 以上で,本日の日程は全部終了しました。
 なお,あすの本会議は午後1時から開会をいたしますので,よろしくお願いいたします。
 本日は,これで散会をいたします。
               午後零時22分散会