議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 潮来市

平成19年  3月 定例会(第1回) 03月12日−01号




平成19年  3月 定例会(第1回) − 03月12日−01号









平成19年  3月 定例会(第1回)



潮来市告示第43号

平成19年第1回潮来市議会定例会を次のとおり招集する。

 平成19年3月5日

                            潮来市長  松田千春

               記

1 招集の日時  平成19年3月12日(月)午前10時

2 招集の場所  潮来市議会議場

          ◯応招・不応招議員

応招議員(24名)

     1番   沼里真一郎君     2番   笠間丈夫君

     3番   篠塚貴美子君     4番   柚木 巌君

     5番   吉川 俊君      6番   橋本きくい君

     7番   大平幸一君      8番   内田正一君

     9番   薄井征記君     10番   根本又男君

    11番   今泉利拓君     12番   加藤政司君

    13番   小沼英明君     14番   藤崎忠徳君

    15番   杉本俊一君     16番   大久保英雄君

    17番   長谷川幸雄君    18番   塙 信一君

    19番   芝田 貢君     20番   粟飯原治雄君

    21番   中野庄吾君     22番   須田富次君

    23番   小峰義雄君     24番   高塚 直君

不応招議員(なし)

     平成19年第1回潮来市議会定例会議事日程(第1号)

                         平成19年3月12日(月)

                         午前10時開会

日程第1 議席の指定及び変更について

日程第2 常任委員の選任について

日程第3 会議録署名議員の指名について

日程第4 会期の決定について

 ●市長所信並びに提出議案等の説明

 (朗読、説明、質疑、委員会付託、委員会付託省略、討論、表決)

日程第5 議案第2号 潮来市個人情報の保護に関する条例の一部改正について

日程第6 議案第3号 潮来市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

日程第7 議案第4号 潮来市職員の給与に関する条例の一部改正について

日程第8 議案第5号 潮来市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について

日程第9 議案第6号 潮来市放課後学童保育対策事業条例の一部改正について

日程第10 議案第7号 潮来市観光船運送条例の一部改正について

日程第11 議案第8号 茨城県租税債権管理機構規約の一部改正について

日程第12 議案第9号 茨城県市町村総合事務組合規約の一部改正について

日程第13 議案第10号 平成18年度潮来市一般会計補正予算(第6号)

日程第14 議案第11号 平成18年度潮来市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

日程第15 議案第12号 平成18年度潮来市老人保健特別会計補正予算(第2号)

日程第16 議案第13号 平成18年度潮来市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

日程第17 議案第14号 平成18年度潮来市介護保険特別会計補正予算(第4号)

日程第18 議案第15号 平成18年度潮来市水道事業会計補正予算(第2号)

日程第19 議案第16号 平成18年度潮来市工業用水道事業会計補正予算(第1号)

日程第20 同意第1号 潮来市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて

日程第21 茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について

 (請願・陳情審査)

日程第22 陳情第1号 要望書 国道51号バイパス工事における、道路横断箇所の信号機設置について

日程第23 陳情第2号 住民の暮らしを守り、公共サービス拡充を求める陳情書

日程第24 陳情第3号 安全でゆきとどいた地域医療を実現するための医師・看護師の大幅増員を求める陳情書

日程第25 陳情第4号 素鵞熊野神社境内に消火栓の設置を求める陳情書

 (朗読、説明)

日程第26 議案第17号 平成19年度潮来市一般会計予算

日程第27 議案第18号 平成19年度潮来市国民健康保険特別会計予算

日程第28 議案第19号 平成19年度潮来市老人保健特別会計予算

日程第29 議案第20号 平成19年度潮来市下水道事業特別会計予算

日程第30 議案第21号 平成19年度潮来市農業集落排水事業特別会計予算

日程第31 議案第22号 平成19年度潮来市介護保険特別会計予算

日程第32 議案第23号 平成19年度潮来市水道事業会計予算

日程第33 議案第24号 平成19年度潮来市工業用水道事業会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

    1番   沼里真一郎君      2番   笠間丈夫君

    3番   篠塚貴美子君      4番   柚木 巌君

    5番   吉川 俊君       6番   橋本きくい君

    7番   大平幸一君       8番   内田正一君

    9番   薄井征記君      10番   根本又男君

   11番   今泉利拓君      12番   加藤政司君

   13番   小沼英明君      14番   藤崎忠徳君

   15番   杉本俊一君      16番   大久保英雄君

   17番   長谷川幸雄君     18番   塙 信一君

   19番   芝田 貢君      20番   粟飯原治雄君

   21番   中野庄吾君      22番   須田富次君

   23番   小峰義雄君      24番   高塚 直君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

   市長      松田千春君   助役      小沢一廣君

   収入役

           久保木 裕君  教育長     根本健助君

   職務代理者

   総務部長    佐野憲一君   市民福祉部長  久保木貞夫君

   環境経済部長  鈴木美知男君  建設部長    吉川利一君

                   行財政改革

   教育次長    内田正雄君   推進室長兼   矢幡安一君

                   秘書広聴課長

   総務課長    根本勝雄君   企画財政課長  窪谷俊雄君

   農業委員会

           秋永克昭君   水道課長    橋本静一郎君

   事務局長

   社会福祉課長  石田裕二君   農政課長    香取昌衛君

   都市建設課長  今泉栄一君   牛堀出張所長  大川正夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長  佐藤文男君   係長      大堀絹代君

   書記      茂木 豊君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会及び開議の宣告



○議長(高塚直君) 皆さん、大変ご苦労さまです。

 議員各位には、何かとお忙しい中、ご参集を賜り、厚く御礼申し上げます。

 過日の市長選並びに議員の補欠選挙により、1番、沼里真一郎議員が議席を獲得されました。また、新市長には松田千春さんが見事当選されました。皆さんとともに、心からお祝いを申し上げるものでございます。

 それでは、ただいまの出席議員は24名で定足数に達しておりますから、地方自治法第113条の規定により、ただいまから平成19年第1回潮来市議会定例会を開催いたします。

                              (午前9時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議席の指定及び変更



○議長(高塚直君) それでは、これより議事日程に入ります。

 日程第1、議席の指定及び変更についてを行います。

 今回、当選されました沼里真一郎議員の議席は、会議規則第4条第2項の規定により1番に指定します。

 次に、それに関連した他の議員の議席の変更は、会議規則第4条第3項の規定により、ただいま着席のとおり変更いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、議席の変更については、ただいま着席のとおりと決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員の選任



○議長(高塚直君) 日程第2、常任委員の選任についてを行います。

 沼里真一郎議員の所属委員会は、委員会条例第8条第1項の規定により、総務委員会といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、沼里委員の所属委員会は、総務委員会と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(高塚直君) 日程第3、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、4番、5番、6番議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(高塚直君) 日程第4、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りする前に、過日、議会運営委員会を開いておりますので、議会運営委員長から会期等について委員会の結果をご報告、お願いいたします。

 芝田議員。



◆議会運営委員長(芝田貢君) 19番、芝田です。

 ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定をしました会期日程案等についてご報告いたします。

 去る2月26日、議会運営委員会を開催いたしました。出席委員は8名で、潮来市議会委員会条例第16条の規定により成立をいたしました。

 平成19年第1回潮来市議会定例会会期日程(案)を議題としました。

 告示の際に各議員のお手元に配付されております資料に基づき、ご説明をいたします。

 3月12日、月曜、午前10時、本会議、開会、市長所信表明及び提出議案の説明、朗読、説明、質疑、委員会付託(省略、討論、表決)、議案第2号から議案第16号、同意1号、茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙、朗読、説明、質疑、委員会付託(省略、討論、表決)、請願・陳情審査、朗読、説明、議案第17号から議案第24号(平成19年度予算)。

 3月13日、火曜、休会、議事整理。

 3月14日、水曜、午前10時、本会議、朗読、説明、質疑、委員会付託、議案第17号から議案第24号(平成19年度予算)。

 3月15日、木曜、午前10時、委員会、付託案件審査、総務委員会、(議員控室)、教育福祉委員会(第1会議室)。

 3月16日、金曜、午前10時、委員会、付託案件審査、環境経済委員会(議員控室)、建設委員会(第1会議室)。

 3月17日、土曜、休会。

 3月18日、日曜、休会。

 3月19日、月曜、午前10時、本会議、市政一般に関する通告質問。

 3月20日、火曜、午前10時、本会議、市政一般に関する通告質問。

 3月21日、水曜、休会。

 3月22日、木曜、休会、議事整理。

 3月23日、金曜、午前10時、本会議、追加議案審議、報告、質疑、討論、表決、委員会付託案件審査、閉会。

 以上のとおり、議会運営委員会は、平成19年第1回潮来市議会定例会会期日程を本日3月12日から23日までの12日間と決定いたしました。

 なお、本定例会で審議をいただく議案、陳情等については、既に告示の際に各議員に配付しており、提出議案付託表に沿って審査いただくことに決定いたしました。

 なお、一般質問議員につきましては9名の方を予定しております。

 以上のとおり報告とさせていただきます。よろしく審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(高塚直君) ご苦労でした。

 お諮りします。

 ただいまの議会委員長の報告のとおり、本定例会の会期は、本日3月12日から23日までの12日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から23日までの12日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長所信並びに提出議案等の説明



○議長(高塚直君) それでは、市長よりごあいさつ並びに提出議案の説明をお願いいたします。

 市長。

     (市長 松田千春君 登壇)



◎市長(松田千春君) 潮来市長の松田千春でございます。

 本日、平成19年第1回潮来市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位のご出席をいただき開会の運びとなりましたことに、心より感謝と御礼を申し上げさせていただきたいと思います。

 今定例会は、就任後初めての議会であります。お許しを賜り、就任のあいさつを含め、平成19年度当初予算案を初めとし、当面の市政運営について私の所信の一端を申し述べさせていただきたく存じます。

 このたび、多くの市民の皆様のご支持のもと、過日の選挙におきまして当選の栄を賜り、勇退をされました今泉和市長の後を受け、第2代市長として市政を担わせていただくことになりましたことはまことに光栄の至りであり、その職責の重さに改めて身の引き締まる思いであります。

 私は、先輩方が築かれました、このすばらしい潮来のさらなる飛躍と市民の福祉増進のため、一身を投げ打って必要な市政改革に邁進する覚悟ですので、市議会並びに市民の皆様におかれましては、何とぞご理解とご協力を賜りますよう心からお願いを申し上げます。

 当面の市政運営の方針。

 少子高齢化が進む一方、国はあらゆる面で構造改革を加速・拡大させており、今後の財政事情も一段と厳しくなっていく中、地域間の格差はますます拡大し、二極化がさらに進むものと考えられています。これらの現状を受け、各自治体は、改めて行財政基盤の強化とより一層スリムで効率的な行財政運営が求められています。まさに自治体の経営そのものが問われる時代です。自慢のふるさと潮来が将来にわたって持続・発展していくために、「潮来を変えたい、もっと元気にしたい」、私の素直な思いであります。

 「この潮来に生まれてよかった」「この潮来に住んでよかった」と実感できることこそが、まちづくりの原点であります。これを施策の根底とし、皆様から寄せられた信頼と期待におこたえしていくために、皆さんのご意見に耳を傾ける謙虚さと、「開かれた・公平・公正な市政」を旨とし、21世紀にふさわしい「魅力的で活力ある市民が主役のまちづくり」を目指し、私は、この「潮来にもっと元気」を合い言葉に市民の皆様と一緒になって邁進してまいります。

 そのために、私は大胆な施策を投入し、思い切った経営手法によって英知を結集し、限られた財源の中から施策の優先順位を適切に導き出し、最も有効で合理的な市政を展開してまいります。そして、当面の市政運営の柱を「元気で活気に満ちた潮来」「安心して快適な暮らしができる潮来」「市民に便利でオープンな、市民協働の市政」の3つとして、各施策を進めてまいります。

 第1に「元気で活気に満ちた潮来」についてであります。

 潮来市は、水郷の豊かな自然に抱かれた道路交通基盤や宅地整備、上下水道などの都市基盤、さらには、教育施設、公民館等のコミュニティ施設のしっかりとしたまちです。今後は特に、広域的な幹線道路として事業化が決定された国道51号バイパスの早期開通や東関東自動車道水戸線の早期事業化、さらには潮来市民の悲願でもあります水郷有料道路の早期無料化を目指し、近隣自治体とも連携しつつ、国・県へ強力に要請してまいります。

 潮来市は、いよいよ人口減少が現実のものとなり、課題は「定住の促進」にほかなりません。私は、高速バス事業も定住促進の一環として期待をし、その利便の向上に努めてまいります。これら広域的な道路交通網などの交通インフラに加えて、前川やあやめ園などの水郷のにぎわう水辺、今や産業振興と交流の場として成長した道の駅「いたこ」、さらには水郷県民の森などの交流インフラを最大限に活用し、大きくは定住の促進、そして雇用の場の確保、地域の活性化、自主財源の確保などからも不可欠な企業誘致を積極的に進めてまいります。これらとともに、「元気」の源でございます市民の底力をはぐくむため、子育て支援への対応を初め、健康づくりやさまざまな福祉施策、将来の潮来を担う人材の育成、さらには産業の振興に全力で取り組んでいかなければならないと考えております。

 農業の振興では、私は付加価値の高い元気な農業を育成するために、認定農業者及び後継者の育成、さらには農産物のブランド化と特産品開発に積極的に取り組みます。

 また、商工業のさらなる活性化と雇用の増大のための優良企業の誘致を強力に推進してまいります。これにより、女性が働ける場を提供することで、若者の流出を防ぎ、少子化にも歯どめをかけたいと考えております。

 さらに、新たな観光資源として、水郷県民の森を野外イベント会場として多目的に活用するなど、四季型観光の強力な推進により新たな魅力の発掘を目指すほか、香取市、鹿嶋市との水郷三都を含めた広域的な観光ルートや、成田空港への近接性を生かした外国人の誘客、さらには水郷いたこ大使の皆様の力をおかりするなど、効果的なふるさと情報の発信に努めてまいります。

 そして、にぎわいのあるまちづくりには、中心市街地が元気でなければなりません。特に潮来駅周辺地区は観光、交流の拠点であり、前川及び周辺地区の整備と一体となって駅前広場の整備や道路景観整備、さらには集客機能等の強化による回遊性の高い地域として整備を考えていかなければなりません。

 これらの推進のためにも、市街化調整区域を初め、より多角的な土地利用が図られる環境づくりが求められます。潮来インター周辺地域の準工業地域の指定や潮来前地区の商業地域の拡大を初め、「区域指定」や「地区計画」制度等を活用し、必要な都市的土地利用の推進を図るとともに、さらには、将来を見据え「線引きを含めた都市計画」の見直しを進めてまいります。

 次に、学校・家庭・地域教育の連携と生涯スポーツの振興を図ります。

 教育につきましては、次代を担う子供の個性と可能性を伸ばすための教育を基本に、教育委員会と福祉事務所が連携しつつ、確かな学力、豊かな心、健やかな身体を養うために、家庭・地域が学校と一体となって教育の向上に努めてまいります。そのためにも、教育施設の充実に努めてまいります。また、市民一人ひとりのライフスタイルに応じた生涯学習の推進を図ってまいります。特に生涯スポーツの振興を図るためにも、市民ニーズにこたえながら、前川運動公園などを初めとした各スポーツ施設の充実を図ります。

 第2に「安心して快適な暮らしができる潮来」についてであります。

 人間として最大の幸福は、安心・安全で暮らせることです。安心とは心がいつも安堵しているということであり、安全とは身体及び財産に危害が及ばないということです。これを市政運営の基本とします。

 まず、少子化対策・子育て支援、医療・福祉・高齢者対策など、福祉の充実です。

 健康は市民の最大の関心事であり、市民の皆様が生涯を通じて健康で豊かな生活を送ることができるよう、積極的な健康づくりの推進を図ることが必要であります。このために、医療・福祉の充実を目指し、だれもが住みなれた地域でいつまでも安心して暮らせるように、地域住民、NPO、ボランティア団体、医療・福祉・介護の専門家などとの連携による「健康で地域の人々が助け合う社会」の実現を目指してまいります。

 そして、大きな課題が子育て支援であります。子供たちは未来の潮来市を担う宝です。余裕教室などを有効に利用し、子供たちの健全育成や子育て支援などに積極的に取り組み、だれもが子供を産み育てることに夢が持てる社会、「子供の声が響き合うまちづくり」として、その実現に努めてまいります。

 次に、市民の皆様が安心で安全な生活が送れるように、地震などの災害対策を初め、環境保全の充実などの生活環境づくりに努めてまいります。特に災害時の対応や子供の安全確保には、行政が地域に必要な危機管理体制を整える一方で、さまざまな施策を通じて「地域の底力」が発揮できる地域の自主防災組織や防犯組織の充実に力を注ぎたいと考えております。

 続いて、環境保全では、前川など身近な利根水系のさらなる水質浄化を目指してまいります。

 前川は、水郷潮来の象徴であります。前川の整備は、引き続き治水と景観、交流機能を一体として、国や県と共同で長期的な整備を進めてまいりたいと考えております。

 前川の治水対策は、河川改修事業を残しますものの、懸案でありました強制排水対策の事業化により一定の見通しがつきましたことから、今後は、水質の浄化を最大の目標とした取り組みを進めてまいります。貴重な財産であります霞ヶ浦や北浦などの河川や湖沼の水質浄化につきまして、市民団体などの皆様の取り組みを支援しつつ、水質監視の実施や家庭排水対策など、身近な取り組みやその啓発に努めてまいりますとともに、前川の水質浄化のために「国家的な事業」の誘致をぜひ実現したいと考えております。

 また、流入河川の一つでもある「石田川」につきましても、河口部の河岸跡整備構想も視野に入れ、景観整備や水質浄化及び親水事業を兼ねた新たな河川整備を目指します。

 第3に「市民に便利でオープンな、市民協働の市政」についてであります。

 私は、短い期間でありましたが、かつてない深刻な財政逼迫状況を初め、私なりに市政の直面する懸案・課題の一端を直視し、改めて今後の市政運営の厳しさを受けとめた次第であります。

 もとより、安心安全な暮らしの実現には財政再建が不可欠でございます。私は、この難局を乗り切るため、各種事務事業を聖域なく検証・評価しつつ、「行財政の健全化」に向け、現行の行財政改革大綱をさらに発展的に進めるべく、早急に取り組まなければならないと考えております。

 徹底した情報公開、さらには収税体制などの効果や自主財源拡大のための施策そして目標の数値化など、市議会などのご意見を踏まえて、積極的に行政のスリム化、組織の活性化を推進してまいります。

 行財政改革は、健全な行財政運営のためにはさらに進めていかなければなりません。既に管理職手当の一部支給停止など内部経費の削減が進められており、私自身、立候補に際しても厳しい試練に立ち向かう決意と姿勢を示したいと考え、いち早く「市長給与の30%削減」を公言しました。これについても、速やかに事務手続を開始するよう指示し、早期にご提案を申し上げたいと考えております。

 また、市民の皆様の利便の向上からも、近隣市との広域交流による、文化施設、スポーツ施設、環境施設等も含めた相互利用を促進し、地域連携に積極的に取り組んでまいります。

 これまでの拡大、成長型の志向から、質と多様性を重視する創意工夫のある新たな施策の立案、高齢者・女性の労働市場での受け入れや団塊世代の継続した社会参加、増大する社会保障費など、国と地方それぞれで実効性のある対策が求められており、これらの諸課題に私みずからが先頭に立ち、市民の皆様とともに一つ一つスピード感を持って結果を出していくことが重要と考えております。

 私自身、役所は最大のサービス業と位置づけ、「市民参加」の市政を遂行するため、市民の皆様に、優しく、便利で、身近に感じる市役所とするため、スピード感のある行政を実現すべく、窓口行政サービスの充実に努めます。

 そして、このような社会経済環境の中で、潮来市の活力を維持し発展させ、さらには市民満足度を高めていくためには、市民の皆様が市政の運営にみずから参画し、協働で市政運営を行っていくこそが最善の道ではないかと考えております。その上で、市民と行政が役割と責任を明確にして協働することができれば、潮来市の活力はさらに増してくるものと確信しております。

 そのために、あらゆる分野での男女共同参画の実現や、市民一人ひとりが個性と能力を発揮できる環境づくりを進めていかなければなりません。そして、市民の皆様との対話は、私の市政運営で今後最も大切とするところでありますので、市民の皆様が主体的に参加できる広聴活動を進めてまいります。

 以上、当面の市政運営について述べさせていただきました。これらが一朝一夕にできるものとは思っておりません。現在の市政が直面する課題や懸案事項を直視し、常に相手の立場に立った信頼関係を築きながら、職員とともに一丸となって市政運営に邁進したいと考えております。

 なお、将来の潮来市を創造すべく、私は長期的なまちづくりのビジョンにつきましては、本年度から市民参画の中で策定を進める「潮来市第6次総合計画」の中で示してまいります。

 平成19年度予算及び主要事業の概要。

 続きまして、平成19年度予算について申し上げます。

 平成19年度予算編成は、国の構造改革、いわゆる「三位一体の改革」による国庫補助負担金減額分の税源移譲や地方交付税改革など、地方財政の大きな変革期となっており、今後の市財政運営をはかる上で重要な年度として編成を行っております。ゼロベースの視点に立ち、全般的な見直しを方針として対応しましたが、慢性的な財源不足を多額の基金繰り入れ(2億7,810万円)で対処せざるを得ず、基金も枯渇に向かい、かつてない危機的な状況に陥っております。

 ここで予算総額について申し上げます。

 一般会計104億4,200万円、対前年度比0.1%増、特別会計87億1,570万円、対前年度比5.3%増、水道事業会計12億4,498万円、対前年度比0.5%増、合計204億268万円、対前年度比2.3%増となっております。

 歳入では、市税収入が税源移譲や定率減税廃止の影響から大幅増となっているものの、地方譲与税や地方交付税が調整されているため、一般財源総額では前年度並みとなっております。

 一方、歳出では、職員採用調整や昨年に引き続き管理職手当の一部支給停止により職員人件費の削減などを行うものの、子育て支援関連経費を初めとする扶助費の増加や公共施設・備品などの老朽化に伴う維持管理関係経費、介護保険・老人保健への繰出金の追加などがあるため、経常的経費については前年度に比し1%の減にとどまっています。

 投資的経費では、潮来二中建設関連経費(校舎2期工事は18年度補正)を計上したほか、継続的に実施されている道路関係経費などを計上しておりますが、基本的には18年度の予算ベースを超えないよう配慮し、その中で重点配分を行っております。

 今後とも、国・県の動向に留意しつつ、適正な歳入の把握に努めるとともに、自主財源の拡大を図りながら健全な財政運営に向け努力をしてまいります。

 また、上下水道事業を初め、各特別会計につきましても、一般会計同様、内部経費等の節減を行いながら、より健全な財政運営を目指してまいります。

 続きまして、平成19年度の主な事業等について順次説明をさせていただきます。

 まず、教育・文化の振興について申し上げます。

 潮来第二中学校改築事業は、18年度から継続して実施する特別教室の建設(4億300万円)のほか、一部外構工事を進めてまいります。

 また、昨年から旧牛堀第二小学校へ設置した適応指導教室(のびのびルーム)を活用し、相談体制を充実させるほか、引き続き児童生徒一人ひとりの個性に合った教育を充実させていくとともに、基礎的かつ基本的な学習内容を確実に定着させるため、ALT(英語指導助手)配置事業や社会人TT配置事業等の各種事業を実施してまいります。

 さらに、学校教育における多様化したICT教育に対応するため、校内LANの整備や老朽化した中学校のパソコンの再整備を進めてまいります。

 また、平成20年11月開催の「第23回国民文化祭・常世の国こくぶん祭」における潮来市開催事業の実施計画の策定や啓発広報、プレイベントなどを開催しその機運醸成に取り組むほか、「登録有形文化財制度」を活用し、市内の文化的・歴史的な建造物を、新たな地域資源・観光資源としても保存・活用を検討すべく、調査及び登録申請を進めてまいります。

 スポーツの振興では、老朽化したボートの再整備を進めるほか、「総合型地域スポーツクラブ」として本年4月に発足します「いきいきITAKOスポーツクラブ」と連携をしつつ、子供から高齢者まで、だれでも気軽に参加できる多種・多様なスポーツの振興を進めてまいります。

 続きまして、保健・医療と福祉の充実について申し上げます。

 初めに、子育て支援事業ですが、本年度の主な事業としては、放課後児童クラブ事業やつどいの広場事業を実施しますほか、新たに本年度から全国展開される「放課後子どもプラン推進」のため、「放課後子ども教室」の年度内開設を目指し準備を進めてまいります。今後は、放課後児童クラブ事業と一体化させ子供の安全な居場所を確保し、勉強やスポーツ、文化活動、地域住民との交流活動、子育て支援の一層の充実を図ってまいります。

 また、地域コミュニティの振興とともに、重要な子育て支援事業でもあるファミリーサポートセンターを開設してまいります。

 次に、医療福祉制度の推進についてですが、市単独事業として引き続き小学生の入院費用の無料化や未就学児の所得制限の撤廃などにより、制度の効果的な運用を図ってまいります。そのほかでは、母子家庭の自立支援のために新たに相談窓口の開設など、「母子自立支援員」を配置してまいります。

 続きまして、高齢者福祉関連事業については、第3期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画に基づき、引き続き介護保険サービスを中心とした高齢者施策の一層の充実、取り組みの強化を図ります。また、介護保険事業の拡充のために18年度に設置した地域包括支援センターを拠点に介護予防事業を推進してまいります。

 さらに、障害者自立支援法の制定を受け、現在策定中の「障害者福祉計画」の推進を図ってまいります。なお、旧牛堀第二小学校跡地に鹿島育成園の作業訓練施設が開設し、今後、「就労支援施設」として事業展開が大いに期待されるところです。今後も、身体・知的・精神の三障害に係る必要施設につきまして、ニーズを把握しつつ、広域的な視点からもその充足に努めてまいります。

 続きまして、都市基盤の整備について申し上げます。

 前川につきましては、国土交通省と茨城県の治水対策の促進を図りつつ、今後とも、地域住民にご理解をいただき、自然に親しめる快適な水辺空間づくりのために、本年度も「前川景観形成モデル助成事業」を継続してまいります。

 次に、都市計画関連事業について申し上げます。

 「牛堀環状道路整備事業」との調整を図りながら進めております「潮来駅・江寺線整備事業」は、引き続き立金山までの400メートルの整備と、立金山〜台上戸までの延長500メートル区間の用地測量を実施してまいります。

 また、稲荷川周辺地域内の幹線道路整備につきましては、盛り土及び排水工事を実施するほか、地元「須賀・曲松地区盛土推進協議会」を支援しつつ、将来的に高度な土地利用が図られるよう事業の実現に努めてまいります。

 さらに、前川運動公園の総合的な整備を進めるため、18年度に策定した基本計画に基づき、全体の実施計画及び園路の一部工事を実施してまいります。

 その他、道路の新設改良の主なものとしては、引き続き日の出地区幹線道路や牛堀小中学校の通学路となっている市道(牛)2級6号線の歩道整備や永山地区内道路の整備を進めるほか、観光交流そしてまちなか回遊の拠点的な道路として下丁地区内市道1059・1026線を電源立地対策交付金事業により整備を進めてまいります。

 また、水郷潮来バスターミナルの利用者の利便の向上を図るとともに、バス乗降所の風雨対策として屋根等を設置するほか、島須第?・第?地区の地籍調査を継続してまいります。

 上水道事業につきましては、新たに石綿セメント管の更新事業に着手するほか、経営計画を策定しつつ、経営の効率化と健全化や施設の適切な維持管理に努めてまいります。

 生活環境の整備について申し上げます。

 生活環境の向上と推進浄化対策として、引き続き公共下水道の整備並びに高度処理合併浄化槽の設置に取り組みます。今年度は、新宮地区と日の出地区外周の管路敷設工事を進めてまいります。なお、農業集落排水事業を含め供用区域内については、引き続き加入促進に取り組むとともに、従来の合併処理浄化槽設置事業(個人設置型)が本年度で終了することから、平成20年度より浄化槽市町村整備事業(市町村設置型)に移行するための計画調査を実施してまいります。またあわせて、集落排水事業計画地区については、地元住民の意向や財政状況を踏まえつつ、適切な事業の方向性を示してまいります。

 次に、塵芥処理事業につきましては、焼却施設等の維持管理の適正化に努めているところですが、本年度につきましても、焼却炉耐火レンガの交換などを予定しており、維持補修の増加が顕著となるなど、今後も高負担化が進むものと思われますので、広域化も視野に入れた処理形態の検討を進めてまいります。

 また、ごみの排出抑制や発生から最終処分に至るまでの適正な処理を進めるために、潮来市一般廃棄物処理基本計画に基づき対応を図るほか、廃棄物の不法投棄を未然に防止するため「産業廃棄物不法投棄総括監視指導員」を設置し、専門的な観点から対応の強化を図ってまいります。

 さらに、市民が安心・安全に暮らせるまちづくりを目指し、さまざまな視点から取り組みを進めてまいります。計画的に防犯灯を設置するほか、子供の安全対策として「子どもを守る110番」事業を推進します。また、昨年から開設しております「消費者生活相談センター」を継続しますとともに、防災では引き続き地域の自主防災組織を中心とした防災訓練の実施などに取り組みます。そして、民間木造住宅の耐震化を促進するため耐震診断事業を実施するほか、新たに計画的な耐震化のためのハザードマップの作成や、心停止等、公共施設における緊急時の迅速な対応を図るため、AED(自動体外式除細動器)を設置してまいります。

 続きまして、産業の振興について申し上げます。

 生産者及び農業者団体が主体となる需給システムの確立に向け、本年度から新たな制度への移行が予定されます「水田農業構造改革推進事業」を引き続き農業者の皆様の協力を得ながら事業推進に努力してまいります。

 また、農業生産基盤整備としまして、引き続き排水対策事業などを初めとする土地改良事業を推進するとともに、農地の流動化や担い手の育成、営農支援を進めてまいります。

 潮来産コシヒカリが、昨年茨城県地域オリジナル米に認定されており、引き続き都市部へのPR活動等の販売促進を実施するほか、農地・水・環境の良好な保全とその質的向上を地域ぐるみで進めるべく、津知地区を対象に「農地・水・環境保全向上対策事業」に取り組んでまいります。

 さらに、フィルムコミッション事業を推進するとともに、引き続き「花菖蒲1人1鉢運動」並びに「市民あやめ園整備事業」を市内全域的に展開してまいりますほか、「市民の森」として、また、新たな地域資源としても親しまれるよう、市民の皆様と協働し稲荷山公園の森林環境の再生に取り組んでまいります。

 次に、企業誘致について申し上げます。

 潮来インター周辺地区及び道の駅周辺地区は、企業誘致環境の向上を図るため、今後とも進出希望等の動向を注視しながら、その条件整備に取り組む考えであり、道の駅周辺地区については、本年度は「地区計画」の策定を進めてまいります。引き続き、「財団法人潮来市開発公社」への業務委託により進めてまいります。

 最後に、男女共同参画社会の構築に向けて申し上げます。

 引き続き、男女共同参画総合相談員等の相談事業を実施するなど「男女共同参画基本計画」の推進を図ってまいります。

 以上、私の市政に対する基本的な考え方及び平成19年度における主要施策等について述べさせていただきました。なお、本定例会の提出議案は24件、陳情4件でございます。

 国が示します「再チャレンジが可能な社会の構築」の意義を踏まえるならば、やる気のある自治体のみが発展できる時代ととらえ、改革、創造に邁進していかなければなりません。もとより私は、地方行政に携わることは初めての経験でございます。足らざる点があることを思い、今後、皆様のご叱声をいただきつつ、市政の推進に当たっては市民の目線で総点検し、皆さんに大変お世話とご指導をいただいた国会議員秘書時代の25年間の経験とその間築かせていただいた国や県の人的交流を最大限生かしつつ、市民の皆様と一緒になって「元気で夢のあるふるさと潮来」を築くため全力を注いでまいる所存ですので、ご指導、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 なお、諸議案の内容につきましては各担当部長に説明させますので、何とぞよろしくご審議くださいますよう、ご議決またはご承認を賜りますようお願いを申し上げます。

 ご清聴ありがとうございました。



○議長(高塚直君) ご苦労さまでした。

     (「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) はい。



◆11番(今泉利拓君) ただいまの所信表明の中で、これは、これからの4年間のまずは市政を占うものですから、私どもに手元に配付された資料と言葉が違っている部分があるんですよ。端的に申しますと、2ページの「さらには水郷県民の森などの交流インフラを最大限に活用し」、私どもの資料には「大きくは定住の促進、そして雇用の場の確保」とあるんですが、今、市長は「大きくは」を「多くは」と発言されているんですね。それから、もう一つ、5ページ、「以上、当面の市政運営について述べさせていただきました。これらが一長一短にできるとは思っていない」ということで、これは一朝一夕でしょうね。ですから、これは、私どもが配付いただいた所信用紙、これによって議事録はつくってください。これは大事なものですから、あえて要望しておきます。



○議長(高塚直君) よろしいですね。

     (「はい」と呼ぶ者あり)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) それでは、日程第5、議案第2号 潮来市個人情報の保護に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 5番、吉川でございます。

 2つほど確認したいと思ったんですけれども、まず、第1点は、今、ご説明がありました提案理由ですが、提供の制限の例外規定を設けるということなんですが、その効果というものはどういうことなのか。

 それから、もう1点は、この条例改正によって市民への影響はどうなのか、これをお聞かせください。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) 効果ということでございますが、新旧対照表の中で、改正案と現行同じなんですが、5号の中で、あくまで提供する場合のことでございますが、一つはここで、提案理由で言いましたように、公益上必要なものということでうたっているわけです。その中で、今回も案件等で処理しなければならないものがありますが、一つ出てきている案件が、農政関係の水田台帳の活用の件、これが農政事務所の方から調査がありまして、これまで実際に市の方で転作等の割り当てなり指示をしていたわけです。これが、生産者が主体となって今後米の需給を行っていくということで、今、実施機関、我々市が持っています情報等をこれらの生産者団体を組織する団体が情報をもらいたいと。それをもらわないと米の生産調整の需給調整等がスムーズに進まないということで、これまでも関係機関一体となって進めてきたわけです。そういうことで、これらの、今まで実施機関が持っている情報をこちらの組織に流すことによって、公益性の中では必要な情報ということで、その中では効果の面からいけばあるということでございます。

 そういうことで、その中でも、これまで5号の中でもうたっていた件なんですが、さらに審査会の意見を聞いて客観的に判断してもらって、それが公益的な理由に当てはまれば、7を追加した中で処理をしていきたいと、そういうことでございます。

 個人情報の関係につきましては、あくまで情報は実施機関が活用するものでございます。そういうことでございますから、最大限この法に努めるものでございますが、今追加した内容は客観的に審査会の意見を聞いてやるということでございますので、これまでもいろいろ農政の問題については使われていた情報でございますので、問題はないというふうに考えております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 5番、吉川です。

 ありがとうございました。

 何か具体的事例を説明していただいたんでしょうけれども、もっと簡単に言うと、一言で言うとどういうことなんでしょうか。それだけ聞かせてください。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) 客観的に判断するために、審査会の意見を聞くということでございます。

 以上です。



◆5番(吉川俊君) わかりました。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第6、議案第3号 潮来市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 17番、長谷川議員。



◆17番(長谷川幸雄君) 17番です。

 私が忘れていたか何だか知らないんですけれども、地域包括支援センターの参考までに、高齢者虐待防止ネットワークの実績とどれぐらいの人数を今までやってあったのか。実績というのを、私、今、頭の中に入っていないもので、その辺、まずご説明をしていただきたいと思います。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(久保木貞夫君) それでは、実績ということでございますので、担当部としてお答えをさせていただきます。

 地域包括支援センターの運営協議会につきましては、年2回ほど開催しております。この運営協議会においては、設置要綱の中で申し上げますと、包括支援センターの適切な運営、公平・中立性の確保、その他センターの円滑かつ適切な運営を図るためという目的を持っておりますが、その中で介護保険サービス等につきましての連携の形成等を協議しております。具体的には、包括支援センターのあり方、介護保険制度の運用、その他を協議してまいります。この件につきましては厚生労働省令というものでございます。

 それから、高齢者虐待防止ネットワークでございますけれども、この委員会につきましては、昨年4月1日に高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律の施行がされまして、それをもとに運営委員会をつくっております。これにつきましても2回ほど開いておりますけれども、高齢者虐待防止、法律ができましたおかげで、言葉はちょっと変かと思いますけれども、泣き寝入りをしていた方々が表に報告するということで、実際に件数は目に見えてふえております。私どもの方で、虐待防止ネットワークにかけて対処する事案が出てきた場合に対応するということでございます。特に、この委員会にかかる前に地域包括支援センターの職員が、高齢者虐待につきましては18年度においては実績としまして五、六件になりますけれども、成果を上げております。昨日も、お耳に達している方があるかと思いますけれども、事件・事故になりますが発生しております。なかなか個人の問題ではありますけれども、虐待につきましてはいろいろな事案がございますけれども、今後ともふえるものと思われております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 17番。



◆17番(長谷川幸雄君) 何かわかったような、わからないような、地域包括支援センターというのは介護の一助であると位置づけしていいのかな、介護行政の。それで、何人ぐらい、こういう人がいるかというのも、私お聞きしておきます。あと、高齢者虐待防止ネットワークというのは、虐待された高齢者がこの人らに通報して、この人らが行政と対応するということじゃないんですね。そういう事例があった場合にこの人ら委員の方を年2回集めて、この案件はどう処理するかということをやる組織なのかしら。これが何名ぐらいいるか、年2回、その辺、もう少し詳しく教えてください。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(久保木貞夫君) まず、地域包括支援センターは、介護保険法の改正に伴いまして、昨年4月1日に設立をいたしました。潮来市の場合は、このセンターは直営で現在事務を進めております。これの、センターは介護予防が今後大事だということで、改めて地域包括支援センター、この中で高齢者に関する問題のすべてを把握して事務を進めるというふうな位置づけになっております。正確な人数、ちょっと申しわけございません、後ほどお答えさせていただきますが、十四、五名だったというふうに思います。

 それから、高齢者虐待防止ネットワーク運営委員会、その事案が出るたびにこの運営委員会を開くものではありません。この運営委員会には、保健・医療・福祉それから関係機関がおおむね10名程度で組織いたしておりますけれども、高齢者の虐待防止に関します早期発見等の計画、相談体制の充実等を協議するということで、高齢者虐待の事案が発生するたびに開くものではありません。それは各機関で常時対応しております。その中心になるのが地域包括支援センターという位置づけになっております。説明が下手で申しわけありませんが、そういうことでございます。



◆17番(長谷川幸雄君) 前年度は、これで何人かにかえて、それに審議された人数もあるということですね、4月から始まって1年経過しているわけですけれども。こういう制度が、介護関係が、こういう関係が今からは必要な社会整備の保護の、どんどんこういうのが充実されてくるんでしょうけれども、既に4月1日からで何件かの事例としてこれの活動があったということが、四、五件あったと申しましたよね、実績は。私もよくわからない。高齢者の人がここさ電話かけて「おれは虐待を受けているよ」というのを、救済措置とか、そういうのは関係ないでしょう。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(久保木貞夫君) この運営委員会は、関係機関の連携を強化するために開くもので、事案の発生がもしあった場合には包括支援センターが中心になって対応しております。ですから、運営委員会と切り離していただければいいかなと思います。



○議長(高塚直君) よろしいですか。



◆17番(長谷川幸雄君) わかりました。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はございませんか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 何点か確認させてください。

 まず1点ですけれども、地域包括支援センター運営協議会の設置はいつかということ、もう一つは、高齢者虐待防止ネットワーク運営委員会の設置はいつかということを、まずお聞かせください。

 それから、もう1点は、日額の、今まで謝礼ということで、これが今回報酬になったという言葉の読みかえだけかと思って私認識しましたけれども、医師については日額8,000円、委員については日額3,200円ということで聞きましたけれども、この積算の根拠、これだけ教えてください。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(久保木貞夫君) 地域包括支援センターの設置ということでございますけれども、要綱をつくったのが平成18年1月18日、告示第15号で公布しております。それから、高齢者虐待防止ネットワークは、平成18年3月29日、告示第71号で要綱を設置しております。地域包括支援センターにつきましては公布の日から施行ということになっていますが、平成18年4月1日から施行という形をとっております。

 それから、金額の根拠ですが、これにつきましては、国・県等の指示によるものでございまして、全国一律の金額だというふうに思います。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 5番、吉川です。

 ありがとうございました。

 そうしますと、18年1月18日それから18年3月29日、今わかりましたけれども、今回、提案理由になっているのは、協議会なり運営委員会の設置のためとあるけれども、これ、おかしいですよね。設置じゃないですよね。この辺は新しくできたのかなという認識しましたけれども、活動もされているということなものですから、この提案理由は若干おかしいのかなと思います。この辺をひとつご答弁いただきたいと思います。

 それから、もう一つは、新市長おいでですのでお伺いしますけれども、今、マスコミ等で費用弁償の問題が出ております。費用弁償がここに絡んできています。潮来市特別職の職員の非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例ですから、費用弁償についてのご認識をお伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) 提案理由の件でございますが、「ため」ということでございますが、設置に基づきということで、これまで謝礼でやってきたものを報酬条例に載せるもので、こういう表現を使いました。

 以上です。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 費用弁償についての質問でございますので、私の方で答えさせていただきます。

     (「議長、いいですか」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) はい。



◆5番(吉川俊君) 今、私は市長に答弁を求めたので、市長、もし答えられなければ部長に答えさせるということを一言言ってください。そうしていただきたいと思います。



○議長(高塚直君) 市長、「部長に答弁を」と言ってください。

 市長。



◎市長(松田千春君) それでは、部長に答弁させていただきたいと思います。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 費用弁償につきましては、新旧対照表にもありますとおり、これは条例で定められているものであります。条例に定められたとおりの支給をしていくという考えで進めているところであります。

 以上です。



○議長(高塚直君) ほかにございませんか。

 6番、橋本議員。



◆6番(橋本きくい君) 6番、橋本です。

 この間、中央公民館で講演会がありまして、潮音寺の副住職の話がありまして、あのときに包括支援センターという名前で、これだけの人数の団体を包括していくのかなと思って私はやったんですが、いいですか、ちょっと聞きたい。



○議長(高塚直君) これは、ただいま協議されている内容と違いますので……



◆6番(橋本きくい君) いや、包括支援センターというものを知らないから、中身を教えていただきたいんですよ。こういう団体を全部包括されたのが、団体として届を出して、それをおたくさんの方で管理してやっているのかなと思って、違うんですか。



○議長(高塚直君) 暫時休憩いたします。

                             (午前11時23分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                             (午前11時24分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第7、議案第4号 潮来市職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 5番、吉川です。

 何点か質問させてください。

 まず、第1点はこの条例改正は、法律の改正に伴うということですので、このままかなと思いますけれども、管理職手当ですね。100分の25を超えてはならないと定められておりますけれども、最高の号給の給与は月額幾らでしょうか。

 それから次にもう1点は、扶養親族に対する手当ですけれども職員の方にとってはプラスになるのかなと思いますけれども、その辺の認識ですね。

 それともう1点は、職員組合との協議はなされたのかどうか、これだけお聞かせください。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) 初めに、最高月額でございますが、人事院勧告に準じてやっておりまして、潮来の一番最高は、7級まで使っています。部長職が7級でございますので、7級の最高月額でいきますと、ここまで潮来の該当職員はおりませんのでそこまでは至りません。7級の最高月額を使っている職員はおりませんので、最高月額……。

     (「幾らということですか、最高なら。これ使っていなくても、現在、実際に」と呼ぶ者あり)



◎総務課長(根本勝雄君) 現在ということですね。

     (「はい」と呼ぶ者あり)



◎総務課長(根本勝雄君) 申し上げます。部長職が条例では給料月額の15%、それで4割削減しまして、今9%で支給しております。以下述べます。課長職、条例が10%ですが、3割カットで7%、課長補佐職、条例で8%ですが、カットしまして5%、それから、係長職で管理職3部署あるんですが、これが6%のところを4%にカットしております。以上が管理職手当の内容でございます。

 それから、扶養手当でございますが、扶養手当は今まで新旧対照表の現行、3項の中でありますように2人までは6,000円だったのを、少子化対策等それらの絡みを含めまして、そのほか1人につき5,000円だったのが1,000円上がって、これにつきましては当然職員にとってはプラスでございます。

 それと、職員組合の件でございますが、この点については特に問題視はされておりません。

 それから、最高給与の月額ですか。職員の給料表の最高月額でしょうか。

     (「そうですね」と呼ぶ者あり)



◎総務課長(根本勝雄君) 給料表は、最高月額、表にありますのが7級の61号で46万300円です。

 以上です。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) ありがとうございました。

 そうしますと、今、市の最高給料をもらっている方は46万300円と。

     (「違います、給料表の」と呼ぶ者あり)



◆5番(吉川俊君) そこのところ、もう一回説明してください。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) 最高の給与額を給料表で今申し上げました。議員の方の指摘は、該当する職員ですか。それでは、申し上げます。潮来市の一般職の部長職で、最高職は7級の52号でございます。基準額が45万3,700円でございます。

 以上です。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第5号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第8、議案第5号 潮来市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 11番、今泉議員。



◆11番(今泉利拓君) 先日の全員協議会の席でも私申し上げましたが、特殊勤務手当の考え方ですね。これが果たして、今度の改正でもされてはおりますけれども、いいのかなという疑問が今でも私はあります。と申しますのは、市税事務に従事する職員の特殊勤務手当、これは税金を取り立てる徴収係ですね。それから、動物の死体処理手当、これは犬、猫とか、そういうものが死んだのを処理する手当、それから、福祉業務手当、これは生活保護の関係なんですけれども、この中で、私は動物の死体処理手当は、これはいいと思うんですよ。ただ、税金の徴収に歩く、これは税務職員である以上は当然の仕事なんですよ。なぜこの人に特殊勤務手当を払わなければならないのか。それから、もう一つは、生活保護に関する仕事も、その担当なら当然やらなければならない仕事なんですね。むしろ、現行の中で残しておかなければならないのは、感染症等防疫作業に従事する職員の特殊勤務手当、これはやはり特殊勤務だと思うんですよ。だから、こういうのを削っちゃって、当然給料の中に入れてもいいような税金を取り立てる徴収の職員にわざわざ特殊勤務手当を払わなければならないのか、それから、生活保護を担当する人もそのための仕事になっているわけですから、特殊勤務手当は必要ないというふうに私は思っているんですよ。だから、なぜ必要なものを削っちゃって、私から言わせれば必要でないものまで払う必要があるのか。行財政改革と言うけれども、こういうことからやっていかなければ改革は進みっこないと私は思うんですよ。

 ですから、なぜ感染症等防疫作業に従事する職員の特殊勤務手当を削って、市税事務に従事する職員の特殊勤務手当を残し、福祉事務所の職員に対する福祉業務手当を残すのか、この辺、わかりやすく説明してください。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) ただいまの質問にお答えをいたします。

 まず、特殊勤務手当の考え方であります。確かに議員申しますとおり、業務の一端だという考えもあります。ただ、国・県等におきましても特殊勤務手当という存在を否定はしておりません、これを認めております。特殊勤務というものはあるという考えであります。

 そういった考えの中で検討しました結果、税金の徴収、生活保護のケースワーカーにつきましては、勤務状況等は大変過酷であります。これは、徴収に行ったときに、例えば灰皿を投げられたり、そのたびごとに罵詈雑言を投げつけられるというようなことがございます。生活保護につきましても、先日、相談に来られた方が暴力を振るってパトカーを呼んだような事態も起きているわけです。こういったことがたびたび起きていて、精神的にかなり参るような仕事も行っているわけであります。そういうことを考えれば、特殊勤務手当として我々は支給してよいのではないかということで、この2つについては残しました。

 それから、感染症のことでありますが、感染症の防疫につきましては、これは県の仕事であります。県の仕事でありますが、県の求めに応じて指示された場合には防疫活動も行うということになっています。ですが、今までのケースでそういったことは起きておりません。また、大概の場合見てみますと県の方で行っているというような状況でありました。そういうようなことがありましたので、今回は削除したということであります。

 以上です。



○議長(高塚直君) 11番、今泉議員。



◆11番(今泉利拓君) 感染症等のことについてはわかりましたけれども、私も町長時代、収納に歩きました。罵詈雑言も受けました。しかしながら、これはやはり税務課の職員で、そこに配属された人間である以上は、十分覚悟してもらわなければならないことなんですよ。罵詈雑言を浴びるから特殊勤務手当を払います、そういうものではない。その職務に従事しろと言われた以上は、いろいろなことを言われてもこれを乗り切っていくのが職員でしょう。わざわざそれに対して金を与えるということは、私はおかしいと思う。また、福祉業務手当、生活保護のケースワーカー、それはいろいろなことを相談かけられるでしょう。だけれども、それは職務の中に初めから入って、覚悟の上でケースワーカーを受けているんじゃないですか。

 だから、私が言うのは、行財政改革ならば、国・県が特殊勤務手当の存在自体を認めていると。それはそうでしょう。しかし、地方分権というのは何で言われるのか。国・県がやっているから、みんなやらなければいけないんですか。潮来市には潮来市の判断があってしかるべきでしょう。そういう一つ一つの積み重ねが潮来の行財政改革の実を結ばせることになっていくのではないですか。もう一度、税務課の職員、福祉事務所の職員に対する特殊勤務手当、私は納得いかない。説明を聞かせてください。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) お答えをいたします。

 要するに、国とか県は、まだたくさんの勤務特殊手当を設けております。我々は、これが通常の勤務等にかえて、それから徴税の事務、ケースワーカーにつきましては、これは特殊なものだと理解したところであります。ですから、特殊勤務手当というこれが支給できるということになっておりますので、これは残すべきだと。我々の通常の業務を行っているような仕事のものではないと、そう我々は理解したということであります。



○議長(高塚直君) ほかに質疑ありませんか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 5番、吉川です。

 今説明があったところですけれども、特殊勤務条例は昭和32年に施行されていますよね。性格的なものは大体わかりましたけれども、近隣自治体でのこの条例の取り扱いというか、現況はどのようになっているか、これをまず1点お伺いしたいと思います。

 それから、もう1点は、先般の全協でもお尋ねしました。国からの指導があって今回見直したということをお答えになられましたけれども、国からの指導というのはいつあったのか、これだけとりあえずお伺いしたいと思います。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) 近隣の状況でございますが、鹿行市内の中でその市によって勤務手当の支払状況は変わっておりますが、2番目の質問にあります人勧というか、国ですね。この中でうたわれて、人事院勧告の中で特殊勤務手当の整理というのが続けて出されております。06年の人勧でも出されております。そういう意味で、整理をしている自治体も出てきております。

 今、潮来市で議論されております3つの部分については、大体支払いをしているところ、そのほかも多く支払っているところはあるんですが、これらは残っているところもあります。それともう一つ多いのが、行旅人の死亡等の取り扱い、これは残っているところが多いです。整理の中では神栖市等はこれまで整理されておりませんで、以前から変わっていないようで、かなりの手当等が多く見られます。その他の自治体では整理を若干してきているところでございます。潮来市としましても、近隣の町村へも、状況等を教えてもらいたいということで調査しまして、組合等との話し合いの資料としまして、今回改正案で話し合いをして、一部改正ということで上程させていただきました。そういうことで、ぜひご理解いただいて、お願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) ありがとうございました。

 そうしますと、人事院勧告で06年に指導があったということ、先ほども市長所信の中にありましたけれども、スピード感を持って行政運営をやっていただきたいなということでございます。まだやっていないところもあるかと思いますけれども、ぜひこういう指導があったときには速やかに対応していただければなと思っております。

 それから、もう1点、動物の処理がありましたけれども、動物の死体の処理、これは担当課はどこなんでしょうか。といいますのは、先般、あるところに犬の死骸があった、市役所に電話したと。そうしたら市役所からは保健所を紹介されたというんですね。保健所に電話したらば、今度は笠間の動物指導センターを紹介されたと。たらい回しになっちゃったということがあるんですよ。今、ここを見ますと死体処理については特殊勤務手当を払うということになっているんですけれども、何か市の方ではこれをどういうふうにしちゃっているのかなと疑問があります。この辺についても明快な答弁をお願いしたいと思います。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 犬・猫が主に死する原因は交通事故等が多いと思うんですね。死んだ場所、その場所の所有者、これが原則的な責任ということになっています。先ほど言われています、市の職員が行って対応するというときになりますのは、それに属さないものということになります。客観的に見てその必要性が大であるかどうかということですね。それから、市であれば市道とか、そういう、市の管理施設等に関しての対応を積極的にしています。

 以上です。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 11番、今泉議員。



◆11番(今泉利拓君) 私は、この条例改正案には反対であります。

 と申しますのは、税務課職員の特殊勤務手当、最近は難しい税金の取り立ては県の方に委託をしているんですね。そうすると、私が町長をやっていたときとは状況が大分変わっている。難しいものは県の人たちがやってくれるのにもかかわらず、特殊勤務手当まで税務課の職員に払う必要はないというのが私の考えであります。それから、福祉事務所の生活保護の関係につきましても、これは当然それを認識した上で職員になっているわけですから、その人に対して特殊勤務手当を払う必要はないということでありますから、私は、この条例改正案には反対であります。



○議長(高塚直君) 討論ありませんか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 私の意見を申し述べます。私は、とりあえず賛成という立場から申し上げたいと思います。

 今、反対の意見、わかりました。しかし、潮来市の場合には特殊勤務手当の条例が一部改正されて、十あるうちの3つが廃止されたということでございますから、一歩前進かなと思います。またさらに研究されまして、早い段階で全廃するか、あるいは他の市町村等を見まして検討していただいて、私は今回は賛成したいと思います。

 以上であります。



○議長(高塚直君) ほかに討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで討論を終わります。

 これから本案に対する採決を行います。

 この採決については起立によって行います。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方の起立を願います。

     (賛成者起立)



○議長(高塚直君) 起立多数と認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第6号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第9、議案第6号 潮来市放課後学童保育対策事業条例の一部改正についてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明を願います。

 社会福祉課長。

     (社会福祉課長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 暫時休憩いたします。

                             (午前11時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開いたします。

                              (午後0時58分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△答弁漏れに対する答弁



○議長(高塚直君) 午前中の答弁漏れについて、市民福祉部長より説明願います。



◎市民福祉部長(久保木貞夫君) 長谷川議員より、第3号議案の質問の中で答弁漏れかありましたのでお答えします。

 包括支援センター運営協議会委員でございますけれども、構成メンバーは19名であります。そのうち17名が報酬を支払う委員さんです。それから、高齢者虐待防止ネットワークですが、11名で構成しておりまして、そのうち4名が報酬を支払う委員でございます。

 以上です。



○議長(高塚直君) ご苦労さまでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 午前中の提出者の説明についての質疑をお願いいたします。

 これから質疑を行います。

 質疑ございませんか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 議案第6号について若干確認させてください。

 まず、第1点は保育料の問題ですけれども、学校の休業日は1人月額1万2,000円としておりますけれども、この根拠をお聞かせください。

 それから、先ほど説明ありました、2人以上の場合には特典があるよということでありましたけれども、そういうふうに認識してよろしいですよね、わかりました。

 それと、保育料について近隣自治体の状況はどうかということでございます。潮来の場合は高いよという話を聞いていますので、この辺の1万2,000円とした積算の根拠をお聞かせください。



○議長(高塚直君) 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(石田裕二君) それでは、ただいまの質問に対してお答えしたいと思います。

 まず、1万2,000円の根拠でございますが、通常の7,000円の場合には1日当たり500円という設定をさせていただいております。臨時にお預かりする場合には800円という夏休みの設定がございますから、その割合で1万2,000円が妥当かなという数字を出させていただきました。通常が1万円でございますから、その上に1万2,000円という臨時の預かりの設定をさせていただいたところでございます。

 続きまして、近隣の市町村の学童保育の保育料についてでございますが、非常に安い設定が多くございます。神栖市ですと2,000円、高いところでも鹿嶋で4,000円という設定でございまして、本市の学童保育の保育料というのはそれに比べると高い設定ではございます。

 ただ、全国的に見ますと、県内でもそうなんですが、市によっては民間にゆだねているあるいは委託しているという場合がございます。本市においても2カ所の保育所と幼稚園に補助金を提供しまして学童保育を実施していただいておりますが、その場合には1万円以上の価格の設定があると。そのほかに、ゆだねている場合には1万円から2万円まで、非常に幅広く、民間にゆだねている場合には設定があるという状況がございまして、本市の7,000円というものを将来にわたっては民間の方にゆだねるという方向でもございますから、そのような当初の設定があったということでございます。

 以上でございます。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 引き続き質問させてください。

 市長所信の第2で「安心して快適な暮らしができる潮来」ということを言っております。その中で、大きな課題は子育て支援だということですよね。早速ここで指導力を発揮していただいて、学校休業日の1人月額1万2,000円となっておりますけれども、これを今、石田担当課長から説明がありましたけれども、1万円にしてほしいけれども、市長の考えをお聞かせください。



○議長(高塚直君) 市長。



◎市長(松田千春君) 引き続き、担当課長から答弁させていただきたいと思います。



○議長(高塚直君) 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(石田裕二君) それでは、市長にかわりまして、担当課の方よりお答えさせていただきたいと思います。

 まず、1万円ということでございますが、私ども担当課としましては、子育て支援全般を見ておりまして、19年度からは母子自立支援員あるいはファミリーサポートセンター事業というような新たな展開を多角的にやっていこうという、市民のニーズにこたえたい、そういう観点から施策展開をしているわけでございます。学童保育につきましても、全児童が対象であれば、価格の設定というのは低く抑えるということも可能であろうと思うんですが、学童保育の場合は限られた子供たちを預かるという観点から、受益者負担の原則上、ある程度の負担を強いていきたいと。その中で、市としては全体的な施策の中で子育て支援としてやっていければというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) もう一つだけお聞かせください。

 これは予算書を実は見まして、放課後児童クラブ指導員でしょうか、18名、1,519万円の予算が計上されております。この方たちは、この前も何カ所か見てきたんですけれども、大変苦労の多い仕事なんですよね。ちなみに、今、時給はたしか800円ということなんですけれども、今回、この辺の時給についての見直し、こういったものに反映されているかどうか、これだけお聞かせください。



○議長(高塚直君) 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(石田裕二君) 指導員の賃金についてお答えしたいと思います。

 これまでは臨時職という扱いでございまして、賃金については800円の設定を時間当たりさせていただいておりました。19年度からは嘱託員制度にのっとりまして時給900円ということで、さらには社会保障、通勤手当等も若干ではございますが計上させていただいているところでございます。

 以上でございます。



◆5番(吉川俊君) 結構です。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第10、議案第7号 潮来市観光船運送条例の一部改正についてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 環境経済部長。

     (環境経済部長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 5番、吉川です。

 ちょっと確認させてください。今、説明はわかりました。この中で、第10条1項2号に「客引案内」と「客引行為」とありますけれども、この違いはどのようなことなのでしょうか。これに違反した場合の罰則はどうでしょうか、まず1点、それをお伺いしたいと思います。

 それから、昨年の客引きによる苦情の実態について把握していましたらお聞かせください。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 客引き行為の案内に関するものと行為ですけれども、行為は、実際に行動に移して、その結果まで進むことと私どもは解釈しております。案内については、その前行為ですね。例えば、あやめ橋のところで歩道に立っていた客引き行為をする方と見られる者が、寄っていって案内をするようなふりをするわけですね。それから行為に入っていくということで、案内そのものもみなすということで考えております。

 それから、昨年の苦情の実情ですけれども、昨年にとらわれず、客引き行為については何度もございます。毎年あります。そういう中で特に危険を感じておりましたので、例えばあやめ橋の歩道についても対策をしていただきましたし、苦情の実態でいいますと非常に危険な状態まで案内行為ということで差し迫ってくると。件数も多いということで、我々も直接現地指導をして対応しております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) お尋ねします。

 客引き案内と客引き行為はほぼ同じという解釈でよろしいんでしょうか。客引き案内はその前段階と今聞きましたけれども、客引き案内の段階から罰則適用になるというふうに理解してよろしいですね。罰則、今ありませんので、罰則はどのくらいなのか、これをお聞かせください。

 それから、苦情はたくさんあるということでわかりました。そうしますと、あと潮来の観光船業者の方は何社あるのか。それから、従業員の方はどのくらいいるのか、これを把握していたらば教えてください。

 以上です。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) それでは、罰則関係ですけれども、これは第15条に、10条の行為の禁止に反した者については10万円の罰金に処するということになっております。

 それから、遊覧船の関係なんですけれども、業者数についてははっきりした数字は後日述べます。それから、従業員の数ですね。はっきりした数字は調べてから報告させていただきます。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 今、観光業者の方と従業員の数、わかりませんでしたけれども、市として、こういった方への周知方法はどうするのかということをお伺いしたいと思います。

 それから、罰則はついたけれども、取り締まりは当然警察がやるのではないかと思うんですよね。警察なり検察との協議がどうなっているのか、これもお聞かせください。

 それから、客引き問題については前々から課題になっていたということを聞きましたけれども、私も、たしか16年と17年の定例会でいろいろお尋ねしました。今、松田市長おりますけれども、スピード感を持って対応するということを今回言っていますので、そういったものについては早目、早目の対応、これも要望しておきたいと思います。今、お伺いしたことについて答弁をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 客引き行為に対しての指導監督ですけれども、これはあやめ祭り前に、警察、財団法人日本大型船舶検査機構、観光業者、市を交えて、実際に現場で詳しく指導等を行っております。そういうところで詳しくやっているんですけれども、認識がなされていないというんですか、毎年やるんですけれども、なかなか守られていないというのが現状です。

 それから次の、これらに対する周知なんですけれども、事前に説明会をやる前のお話とか、あるいは、こういう案内行為が違反とならない、あるいは、なる状況下を見つけ次第、直接その業者にも行きますし、事前の周知のために業者への訪問もして指導しております。それにもかかわらず、なかなか守っていただけないということで、このような罰則適用がこれからはなされるのではないかなというふうに考えております。

     (「警察、検察との協議はどうですか」と呼ぶ者あり)



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 法律そのものの協議ですか。

     (「法律そのものもそうだし、これから取り締まりがあるでしょう。それらの協議はどうなっているんですかということをお伺いしたいと思うんです」と呼ぶ者あり)



◎環境経済部長(鈴木美知男君) これは、法律をつくる前に事前に協議していますので、実際の行動については、当然今言ったように、あやめ祭り開催前にも合同でやりますし、その手順については、前回のこのような指導のときにも取り締まりについての内容、罰則規定の内容も、私も立ち会ってやっていますので、その辺は問題ないかと思います。そういう中で、明確に罰則規定を適用するに当たっての条例改正ということでしています。

     (「わかりました」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) ほかに質疑ありませんか。

 12番、加藤議員。



◆12番(加藤政司君) 今、吉川議員が尋ねました観光船業者数、従業員数、それを調べてもらうついでに−−ついでと言うのは失礼ですが、1そうにつき4,000円納入していますね、登録ね。それ、何そうぐらいあるか一緒に調べてください。



○議長(高塚直君) 環境経済部長、後ほどまたよろしくお願いします。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) はい。



○議長(高塚直君) ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第11、議案第8号 茨城租税債権管理機構規約の一部改正についてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 16番、大久保議員。



◆16番(大久保英雄君) 規約の内容についてお伺いしたいと思います。

 まず管理者、副管理者はどなたがなっているかということと、債権機構にゆだねた意味というか、潮来市でずっと滞納整理していて、なかなか取れないというのを債権機構にゆだねると思うんですが、その場合に、ゆだねて、ある事情があった場合に潮来市にまた差し戻しができるかという、2点をまずお伺いしたいと思います。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) お答えいたします。

 7ページに選挙区ということで8区に分かれております。この中から代表して、管理者は各長になっておりますので、その中から選挙で選ばれております。

 続きまして、2点目ですが、市から管理機構の方へ委託した物件につきましては報告がありまして、成果等報告を受けて、また通常の収納が終わった後は、そこで精算が済まないもの、あとは税が後から続くものについては引き続き市で続けるという形になっております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 16番、大久保議員。



◆16番(大久保英雄君) 私が聞いているのは、今の管理者がだれで、副管理者がだれかということなんですよ。

 それと、管理機構にゆだねた物件が、管理機構ではなかなか話がしづらいので、第三者的な人が、債権を支払うから潮来市へ差し戻せといった場合に差し戻しができるのかできないのかお聞きしているんですよ。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 現在の管理者、副管理者につきましては知りませんので、後でお答えをさせていただきます。

 それから、第2番目につきましては、それは当然できます。委託しているものは、こちらが差し戻してというよりも、これは契約ですので、1年間を過ぎて戻って場合にはやりますけれども、委託した場合には委託先でやってもらうというような形です。

 以上です。



○議長(高塚直君) 16番、大久保議員。



◆16番(大久保英雄君) よく意味がのみ込めないんですが、それと、大事なことなのでよく聞きたいと思います。当然管理機構に委託するまでには、かなり元金プラス金利が課せられていると思うんですが、地縁、血縁の方以外の第三者の方がお支払いする場合に、元金だけでまけてくれよといった場合には債権機構でお話ししなければならないのか。ですから、その前に前段で聞いたのは、潮来市に戻してもらえばそういう話もできるんですけれども、債権機構だと、先ほどお聞きしたように管理者がどこの市町村長だかわかりませんからなかなか話しづらいという面もあると思うんですよ。ですから、その辺をお聞きしたかったんですよ。潮来市へ差し戻せば、当然、規約の中で現市長とか助役さんとかの判断で金利をまけるというか、そういう話もできると思うんですが、その辺をちゃんと説明していただかないと、なかなか話がしづらいのかなと思って先ほど聞いたんですが、金利をまけてくれる、金利というか、元金はいたし方ないと思うんですよ。これは、税の法則からいっても、当然みんな平等ですからね。ですけれども、金利の場合には、今までの例では、ゼロになっちゃうならば元金だけでも回収したいというのが各自治体でもあったと思うんですよ。ですから、その辺を、金利をまけてもらうときに本市に戻してもらってからの方が話がしやすいので、その辺を、明確に説明をお願いします。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 要するに、まず金利をまけるとかまけないとかにつきましては、これはどちらでやっても同じことなんですが、そういう相談であれば管理機構の方からこちらに言ってもらえば、管理機構でやっていても、管理機構と我々と相談して決めることになると思います。ですから、管理機構にあってはできないということではございません。管理機構の方へ、そちらに言っていただければ、管理機構でこちらの方に相談がありますので、そうしていただければと思います。契約上では当然そちらで、これは1件幾らということで契約することでありますので、通常は途中で返すということはありません。相談ごとはそういうことでできるということで、ただ、延滞金につきましては通常はどちらでやっても同じように現在はいただいております。ただ、どうしても経済状況がというような場合には考慮しているところでありますが、そういった以外の場合についてはすべていただいておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(高塚直君) 16番、大久保議員。



◆16番(大久保英雄君) まず、債権機構にゆだねて、回収不能年月が経過して、何年ぐらいで無効になっちゃうかということ、それから、先ほども話しましたけれども、本人が経済的破綻をして本当に何もなくなっちゃったといったときに、「昔、あのやろうに世話になったから、義理人情でこれはおれが持ってやっぺ」っといった場合の話なんですよ、金利をまけてくれという話は。ですから、本人は経済的にはゼロ、ですけれども、人間社会、義理人情もありますので、そのときに第三者が義理で、よし、じゃ元金だけは何とかしてやっぺっといったときの、金利をまけるかまけないか、それをお聞きしたいと思います。



○議長(高塚直君) 助役。



◎助役(小沢一廣君) その件につきまして若干名前は伏せて大久保議員から話があったということは総務部長から聞いております。これは、債権機構にあろうと、市で処理するにしても、その内容について十分話し合って、例えば引き受けても、この方が引き受けるならば利息ももらえるだろうというときにはおまけいたしません。ですから、これはどうしても弟が引き受けるとか親戚の人が引き受けて、引き受ける人も大変だなと思うときにはそれなりのことをしますから、ケース・バイ・ケースによってそういうことで処理していきますから、ここで云々ということは言えません。



○議長(高塚直君) ほかに質疑ありませんか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 確認しながらお伺いしたいと思います。

 国の三位一体の改革に伴って、所得税から個人住民税へ3兆円、税源が移譲になりますよね。そして、これからは徴税努力によって交付税が算定されるということになっておりますが、市町村民税の徴税率向上は従来にも増して意味があると思います。そういった中で、租税債権機構、これは全国的な組織でしょうけれども、この辺の絡みはどうなのかお尋ねしたいと思います。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 租税債権機構につきましては、茨城県が全国に先駆けて、滞納が大変ふえてきたということで、どうにかしようということでつくったものであります。潮来市でも、当初の初回のときから職員を送って、それらの手法等を学び、進んで現在に生かしているところであります。徐々にその成果が上がり、かなり進んで上げてきているところでありますので、これからも大いに進んでいきたいと考えております。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 何かわかったような、わからないような感じになってしまいましたけれども、引き続きお尋ねしますけれども、県の平成18年6月末のデータを実は調べてみました。潮来市の滞納者は2,212人、徴税担当職員は6名でありました。徴税職員は1人当たり、滞納者369人を抱えているという状況になるんですが……



○議長(高塚直君) 吉川議員、それは後ほどのあれにしまして、茨城租税債権管理機構の規約の点でございますから、横へ広げないように、脱線しないようにひとつ。



◆5番(吉川俊君) 脱線していないと思いますけれども……



○議長(高塚直君) 今、提案されている議題についてお願いします。



◆5番(吉川俊君) わかりました、後ほどにしましょう。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はございませんか。

 16番、大久保議員。



◆16番(大久保英雄君) 市長の所信表明でも、自治体というのは住民サービスが第一だということを載っていましたので、特に金銭的なものは、確かに金利云々というのもありますけれども、第三者とか本当に地縁、血縁でない方がお支払いする場合には、極力実のあるような行政をしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(高塚直君) これは要望ですか。



◆16番(大久保英雄君) 要望でいいです。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これから討論を行います。

 討論はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第9号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第12、議案第9号 茨城県市町村総合事務組合規約の一部改正についてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第10号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第13、議案第10号 平成18年度潮来市一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 3点ほど確認させてください、ちょっと理解ができないところがあったものですから。

 まず、14ページ、21款市債のところです。農業農村整備事業債2,740万円の減額補正の内容をもう一度お聞かせください。

 それから、もう1点は、これは説明なかったと思うんですけれども、15ページの総務費、特別旅費33万円の減額、この内容をお聞かせください。

 とりあえず、この2つを教えてください。



○議長(高塚直君) 香取農政課長。



◎農政課長(香取昌衛君) 先ほど総務部長の方からもお話がありましたけれども、起債対象外の事業費が含まれていたことと、21ページをごらんいただきたいと思います。5款農林水産業費、4目農地費813万7,000円の減額補正をさせていただいています。これは、各土地改良区の総事業費の変更によるもので、県土地改良事務所の決定により減額補正を行うものでございます。これらの事業費の変更によりまして、農業債の減額補正を行うものでございます。

 以上です。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) すみませんが、特別旅費の方、調べさせていただきたいんですが。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) じゃ、後ほど答弁いただけるということで、わかりました。

 そして、今度は27ページ、今、説明がありましたけれども、一般職の方の給与ですけれども、現在、総括表を見ますと職員の数は255名、給料が10億6,074万7,000円、共済費が2億7,292万8,000円、補正後の職員手当8億642万円を加えると、潮来市の人件費総額が20億4,009万5,000円ということであります。そして、職員手当のうち、時間外手当は159万6,000円と管理職特別勤務手当26万8,000円の減額補正になっていますよね。職員退職手当を増額補正して2億5,502万4,000円となっておりますが、先ほど説明があったと思うんですけれども、私聞き取れませんでした。3,378万1,000円を増額した理由をもう一度お聞かせください。



○議長(高塚直君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(窪谷俊雄君) 職員退職手当3,392万1,000円のご説明ですけれども、これは、毎年3月の補正で行っておりまして、先ほど12名という退職を申し上げましたけれども、細かく言いますと、定年退職特別負担金、これが7名で633万1,000円です。それから、勧奨退職特別負担金、5名で2,945万円、合わせて3,392万1,000円になります。

 以上です。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 5番、吉川です。

 わかりました。

 それで市長にお伺いしたいと思うんですけれども、市長は所信において、行財政改革は健全な行財政運営のためさらに進めていかなければならない、既に管理職手当の一部支給停止など内部経費削減を進めている、市長給与の30%削減の事務手続を指示したということでありますけれども、今回の補正予算の26ページ、給与明細書、特にここで人件費ですよね。見た市長の所感をお伺いしたいと思います。

 といいますのは、私、調べてみました。県内44市町村のうち、2005年度の決算から見た地方税に対する人件費支出比率ランキング、これは、潮来市の順位は44市町村のうち35位です。地方税収入に対する人件費支出の比率は82.52%、歳入に占める地方交付税の割合は28.41%、ちなみに、この近くの神栖市は2位で、人件費支出比率は34.66、地方交付税割合は2.22、鹿嶋市は6位で、人件費比率が44.14、地方交付税割合は4.87でありました。これから見ると、潮来市はどうなのかなということを感じておりますので、市長の所感をお伺いしたいと思います。



○議長(高塚直君) 市長。



◎市長(松田千春君) 担当部長よりお答えさせていただきたいと思います。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 人件費につきましては、合併以後、削減に努めてまいりました。現在までで、今年度中で、今まで退職者がことしの予定者を入れまして66名、採用が今までで19年度4月のを入れまして18名であります。今まで50名近い削減を行ってきたということであります。これからも、23年度260名を目指してまいりたいと思っております。人件費の抑制につきましては、時間外等もかなり抑制しておりまして、支給率は県内でもかなり低い状況となっております。それらを踏まえまして、これからも鋭意それらに向けて進めていく所存であります。

 以上です。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 今、総務部長から市長にかわって答弁いただきました。市長に、最後に一言で結構ですから、市長は所信の中でも行政のスリム化ということをきょう言われましたよね。その辺についての考え方をもう一度ここで、今、総務部長が言われたとおり、23年を目標に260という数字が出ましたけれども、どういうふうに取り組んでいくのか、これを一言だけ答弁をお願いしたいと思います。



○議長(高塚直君) 市長。



◎市長(松田千春君) 計画書を策定してあるということでありますので、後ほどお示しさせていただきたいと思いますので、ご理解のほどをいただきたいと思います。



◆5番(吉川俊君) 結構です。



○議長(高塚直君) 答弁、総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) 先ほどの旅費の関係、すみません、私、勘違いしまして、研修費も旅費で支払っていまして、職員研修は自治研修所それと鹿行広域で行っている共同研修、それと民間の日本経営協会とその他いろいろと研修場所があるんですが、ことしは特に自治大学の長期研修を予定していたんですが、人選とあるいは仕事の関係でそちらへ送られなかった関係の旅費が主でございます。

 以上です。



○議長(高塚直君) 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) ぜひ、そういう研修はどんどん行かせてほしいと思うんですよ。仕事は忙しいかもしれない、しかし、人づくりが基本ですから、ぜひ職員研修は前向きに考えていただきたいと思います。要望です。



○議長(高塚直君) 11番、今泉議員。



◆11番(今泉利拓君) 予算書を見まして、実は潮来でロケが行われていますね。今もアイモアわきの市営駐車場でやっておりますけれども、あれは八代小学校の南側校舎でもやっているというふうに伺っていますけれども、ただでやらせているんですか。全然収入として計上がされていませんけれども、その辺、どうなんですか。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 当初予算には載っていますけれども、公共施設の使用料としてはいただいております。



○議長(高塚直君) 11番、今泉議員。



◆11番(今泉利拓君) そうすると、それは当初予算で公共施設使用料として計上してあるから、補正で出す必要はないということなんでしょうか。アイモアわきの駐車場の場合には、特別に駐車代金取っていないですね。1台の駐車料だけなんですよ、場所使用料というのは取っていないんですよ。こんな恵まれたロケ地はないとみんな言っていますよ。だから、補正予算とはちょっと離れますけれども、できることならば、車は三、四台しかないですよ。だけれども、広い面積を駐車禁止にしてやっているんですから、場所の使用料ぐらい取った方がいいような気がしますけれども、担当部長としてはどう考えますか、これ。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 今、ご指摘の点については、内部へ持ち帰りまして検討させていただきます。



○議長(高塚直君) ほかにございませんか。

 16番、大久保議員。



◆16番(大久保英雄君) 13ページの不動産売払収入というので、先ほどの説明で国から移管された無番地が売れなかったという説明だったと思うんですが、差し支えなければ、場所と平米数と筆数はどのぐらいだか、お聞かせください。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) 法定外で受けました場所、2カ所の売り渡しが済んでおります。1カ所が牛堀の、これは地区の読み方なので宮脇後というところ、ここで76平米、平米当たり6,780円です。これで51万5,280円、もう1カ所が同じく牛堀字山下です。これが67.87平米、平米単価3,390円、23万79円でございます。それで、当初300万予定していましたので、売り渡しの価格の分を差し引いた分を減額させていただいております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 16番、大久保議員。



◆16番(大久保英雄君) 無番地の売り払いという方法は、欲しい方がいたら金額の方の設定は、平米数も小さいですし、不動産鑑定士等を入れたら赤字になっちゃいますから、その辺は金額というのは相対で決められるものなのでしょうか、その辺、お聞きしたいんですが。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) 基本的に、本来ですれば、今言ったように近傍類似あるいは不動産鑑定士も含めて頼めばいいんでしょうが、小さい面積のほかの件等も扱っています。基本的なる固定資産税の評価、これらを基本にして今のところ売り渡しをしているところです。

 以上です。



○議長(高塚直君) 16番、大久保議員。



◆16番(大久保英雄君) 例えば水路で、今、市街化で水も流れていない、事実見たら宅地化されているような水路というのもございますよね。その場合に、両隣が両方欲しいという場合には、強い人が買うといえばこれもおかしいでしょうけれども、半々で買える形という−−半々というか、お互いに譲り合って、じゃ私も半分、そっちも半分という売り方もできるかできないかお聞きしたいです。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(根本勝雄君) いずれにしましても、国から払い下げられた土地でございますので、今ありましたように、もし関係者が何人にもなる場合は、関係者で話し合ってもらって一番いい形をとっていきたいと、そういうふうには考えております。

 以上です。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第11号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第14、議案第11号 平成18年度潮来市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ございますか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 2つほど確認させてください。

 最初は、7ページですけれども、歳入関係です。療養給付費が減額補正されました。1億3,184万6,000円ですよね。この理由はわかりましたけれども、減額補正することによって市民への影響はどうなのかということをお聞かせください。

 それから、歳出関係、9ページです。老人保健拠出金が、これは額の確定によるものという説明がありましたけれども、8,129万8,000円だったでしょうか、減額補正わかりました。これも市民に対する影響はどうなのか、これだけお聞かせください。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(久保木貞夫君) 18年度の医療費の確定に伴いますものですから、市民に対する影響というものは、特別、この補正予算上程の中でのものはございません。



◆5番(吉川俊君) わかりました。



○議長(高塚直君) ほかにございませんか。

 6番、橋本議員。



◆6番(橋本きくい君) 橋本です。ちょっとお尋ねします。

 高額療養費というのは、何人ぐらいの方に、どういう病気で高額というのをつけて支払っているのか教えてください。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(久保木貞夫君) 医療費の内容につきましては、手元に資料を持っていませんので、これは県の方に国保連合会の方で共同処理をしておりまして、70万円を超える額につきましては、対応していただくために拠出するわけです。そのためのもので、高額医療費そのものが減ったということにはなりますけれども、詳細は後で、申しわけないです。



○議長(高塚直君) ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第15、議案第12号 平成18年度潮来市老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はございませんか。

 5番、吉川議員。



◆5番(吉川俊君) 5番、吉川です。

 1点だけ確認させてください。

 6ページの1款医療諸費、このうちの1目医療給付費とありますけれども、現物分5,665万4,000円とありますけれども、この内容についてご説明ください。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(久保木貞夫君) 6ページの現物、現金というふうに説明で簡単に書いてありますけれども、現物分、これにつきましては医療機関に直接の支払いをするということであります。それから現金分、これは被保険者個人に直接払うということであります。



◆5番(吉川俊君) わかりました。



○議長(高塚直君) ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 暫時休憩いたします。

                              (午後2時55分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                              (午後3時28分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第13号の朗読、説明、質疑、討論、採決



○議長(高塚直君) 日程第16、議案第13号 平成18年度潮来市下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 建設部長。

     (建設部長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 はい。



◆6番(橋本きくい君) 私が去年質問したとき、都市計画税というのか、それを下水道関係で使っているという話を聞きましたので、その後、今は使わないと。だけれども、前からの経営でもって都市計画税というのは取っているんでしょう。それはどこに科目があるかなと思って見ていたんだけれども、これは下水道に入っていないのかな。



○議長(高塚直君) これは総務関係になると思うんですよね。ですから、そちらの方でまた。



◆6番(橋本きくい君) いや、下水道の方で私が質問したから、それが入っているというふうにその当時はあったので、どこに繰り入れしているのかなと思って。



○議長(高塚直君) よろしいでしょうか。



◆6番(橋本きくい君) いいですよ。



○議長(高塚直君) できるだけ、議長が進行しちゃわない前に挙手願えますか。



◆6番(橋本きくい君) はい。



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第14号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第17、議案第14号 平成18年度潮来市介護保険特別会計補正予算(第4号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第15号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第18、議案第15号 平成18年度潮来市水道事業会計補正予算(第2号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 水道課長。

     (水道課長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第16号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第19、議案第16号 平成18年度潮来市工業用水道事業会計補正予算(第1号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 水道課長。

     (水道課長説明)



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 暫時休憩いたします。

                              (午後3時54分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 16番、大久保議員、17番、長谷川議員、通院のために休みとなっております。よろしくお願い申し上げます。

                              (午後4時04分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第1号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第20、同意第1号 潮来市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 暫時休憩いたします。

                              (午後4時04分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                              (午後4時06分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(高塚直君) 提出者の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙について



○議長(高塚直君) 日程第21、茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙についてを議題といたします。

 本件について簡単にご説明いたします。

 広域連合は、本年1月24日に設立され、設立後初めて行われる選挙で市議会議員から選出される広域連合議会議員の推薦候補者が、規約第7条第2項第3号で定める議員定数8名を上回ったため、県内各議会で選挙を実施するものでございます。

 なお、この選挙は、広域連合規約第8条第3項の規定により、県内すべての市議会の選挙における得票総数により当選人を決定することとなりますので、潮来市議会会議規則第32条の規定に基づく選挙結果の報告のうち、当選人の報告及び当選人の告知は行いません。

 そこで、お諮りいたします。

 選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することといたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決定いたしました。

 これより選挙を行います。

 選挙は、投票で行います。

 それでは、議場の出入り口を閉鎖いたします。

     (議場閉鎖)



○議長(高塚直君) ただいまの出席議員数は22名でございます。

 これから候補者名簿を配付させます。

     (候補者名簿配付)



○議長(高塚直君) 名簿の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 配付漏れなしと認めます。

 これから投票用紙を配付させます。

     (投票用紙配付)



○議長(高塚直君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

     (投票箱を開示し異状ないことを確認)



○議長(高塚直君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長から議席番号と氏名を読み上げますので、順次投票を願います。

     (事務局長の点呼により1番議員より順次投票を行う)



○議長(高塚直君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○議長(高塚直君) これから開票を行います。

 潮来市議会会議規則第31条第2項の規定により、立会人に小沼議員、藤崎議員、杉本議員を指名いたします。

 小沼議員、藤崎議員、杉本議員、開票の立ち会いをお願いいたします。

     (立会人のもと事務局職員開票)



○議長(高塚直君) 開票が終わりました。

 選挙の結果を議会事務局長に報告させます。



◎議会事務局長(佐藤文男君) それでは、ご報告いたします。

 投票総数22票、有効投票22票、無効投票ゼロ票です。

 有効投票のうち、吉澤範夫候補1票、小松崎常則候補20票、佐藤文雄候補1票。

 以上のとおりです。



○議長(高塚直君) ただいま事務局長が報告したとおり、茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙に関する規則第8条の規定に基づき、直ちに広域連合の選挙長へ文書をもって報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第1号の朗読、委員会付託



○議長(高塚直君) 日程第22、陳情第1号 要望書 国道51号バイパス工事における、道路横断箇所の信号機設置についてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。

 本件については、既にお手元にお配りしてあります付託表のとおり、総務委員会に付託することにいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第1号は総務委員会に付託することに決定いたしました。

 審査結果を最終日にご報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第2号の朗読、委員会付託



○議長(高塚直君) 日程第23、陳情第2号 住民の暮らしを守り、公共サービス拡充を求める陳情書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。

 本件については、既にお手元にお配りしてあります付託表のとおり、総務委員会に付託することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第2号は総務委員会に付託することに決定いたしました。

 審査結果を最終日にご報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第3号の朗読、委員会付託



○議長(高塚直君) 日程第24、陳情第3号 安全でゆきとどいた地域医療を実現するための医師・看護師の大幅増員を求める陳情書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。

 本件については、お配りしました付託表のとおり、教育福祉委員会に付託することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第3号は教育福祉委員会に付託することに決定いたしました。

 審査結果を最終日にご報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第4号の朗読、委員会付託



○議長(高塚直君) 日程第25、陳情第4号 素鵞熊野神社境内に消火栓の設置を求める陳情書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。

 本件については、お配りしました付託表のとおり、総務委員会に付託することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第4号は総務委員会に付託することに決定いたしました。

 審査結果を最終日にご報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第17号の朗読、説明



○議長(高塚直君) 日程第26、議案第17号 平成19年度潮来市一般会計予算を議題といたします。

 なお、本件から議案第24号 平成19年度潮来市工業用水道事業会計予算につきましては一連して説明を行い、その後、一般会計予算の質疑、そして特別会計予算全部の質疑ということにしたいと思います。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 次に、関係部局の説明をお願いするわけですが、歳入については総務部長から、歳出については各担当部課局長からの説明となります。

 ページ数もかなりありますので、変更になった事項や新規事業等を重点に、要領よく説明をお願いする次第であります。

 それでは、歳入からお願いいたします。

 総務部長。

     (総務部長説明)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△延会の宣告



○議長(高塚直君) 説明の途中でありますが、お諮りいたします。

 本日の会議はこれで延会といたしたいと思います。ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本日はこれで延会することに決定いたしました。

 ご苦労さまでした。

                              (午後4時57分)