議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 潮来市

平成18年 12月 定例会(第4回) 12月20日−04号




平成18年 12月 定例会(第4回) − 12月20日−04号









平成18年 12月 定例会(第4回)



     平成18年第4回潮来市議会定例会議事日程(第4号)

                         平成18年12月20日(水)

                         午前10時開議

 (追加議案、朗読、説明、質疑、討論、表決)

日程第1 同意第6号 潮来市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて

日程第2 同意第7号 潮来市監査委員の選任につき同意を求めることについて

日程第3 同意第8号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

 (委員会報告、質疑、討論、表決)

日程第4 総務委員会付託 陳情審査報告

      陳情第9号 要望書 民間交番・日の出防犯センター活動費予算化依頼

日程第5 教育福祉委員会 所管事務調査報告書

日程第6 閉会中の継続調査申出書(建設委員会)

日程第7 閉会中の継続調査申出書(議会運営委員会)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(23名)

    1番   笠間丈夫君      2番   篠塚貴美子君

    3番   柚木 巌君      4番   吉川 俊君

    5番   橋本きくい君     6番   大平幸一君

    7番   内田正一君      8番   薄井征記君

    9番   根本又男君     10番   今泉利拓君

   11番   加藤政司君     12番   小沼英明君

   13番   藤崎忠徳君     14番   杉本俊一君

   15番   大久保英雄君    16番   長谷川幸雄君

   17番   塙 信一君     18番   芝田 貢君

   19番   粟飯原治雄君    21番   中野庄吾君

   22番   須田富次君     23番   小峰義雄君

   24番   高塚 直君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

   市長      今泉 和君   助役      小沢一廣君

   収入役

           久保木 裕君  教育長     根本健助君

   職務代理者

   総務部長    佐野憲一君   市民福祉部長  久保木貞夫君

   環境経済部長  鈴木美知男君  建設部長    吉川利一君

                   行財政改革

   教育次長    内田正雄君   推進室長兼   矢幡安一君

                   秘書広聴課長

   総務課長    根本勝雄君   企画財政課長  窪谷俊雄君

   農業委員会

           秋永克昭君   水道課長    橋本静一郎君

   事務局長

   社会福祉課長  石田裕二君   農政課長    香取昌衛君

   都市建設課長  今泉栄一君   牛堀出張所長  大川正夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長  佐藤文男君   係長      大堀絹代君

   書記      草野敏夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(高塚直君) 直ちに本日の会議を開きます。

                    (午前9時58分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第6号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第1、同意第6号 潮来市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 市長。



◎市長(今泉和君) 潮来市固定資産評価審査委員会委員の選任につきまして、平成18年12月22日が任期満了ということでございますので、谷村裕氏をご推薦申し上げますのでよろしくお願いいたします。



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 4番。



◆4番(吉川俊君) ちょっと確認させてください。固定資産評価審査委員会の委員さんですけれども、選任の基準というのはどこに書いてあるんでしょうか。これだけちょっと教えてください。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) お答えいたします。

 選任の基準というものは、別に定められておりません。固定資産−−失礼しました。

 まず、審査委員には次のような制限があるというようなことがあります。兼職の禁止事項、それから請負の禁止、欠格事項としては破産者等の者であります。

 選任につきましては、市町村税の納税義務がある者、それから固定資産の評価について学識経験を有する者というようなものがございます。

 以上です。



○議長(高塚直君) 4番、吉川君。



◆4番(吉川俊君) ありがとうございました。

 それは、そうしますと市の条例ではないですよね。地方税が根拠ですか。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 地方税法の固定資産の価格に関する不服審査ということで、第6款に入っています。



○議長(高塚直君) 4番、吉川君。



◆4番(吉川俊君) ありがとうございました。

 それから、市の方の事務の所管はどこが担当になるんでしょうか。総務部の、これは全課ですか。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 総務部の税務課です。



○議長(高塚直君) ほかに質疑ありませんか。

 16番、長谷川君。



◆16番(長谷川幸雄君) ついでですから、何人で構成される委員会であるのかというのと、地域性を兼ねていないのか、全体的なところから選任されているのか、慣例上。ちょっとその辺を教えてください。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 人数は3人です。

     (「あと、もう1点、地域性というのは、バランスよく至るところから、大体という感じで」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 一応、各地区からということで代表されております。今は、牛堀1人、それから水原の方から1人、それから、塚本さんが、今までやってました方は潮来からということで選ばれております。



○議長(高塚直君) ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第7号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第2、同意第7号 潮来市監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 市長。



◎市長(今泉和君) 潮来市監査委員の選任につきまして、監査委員の任期満了が平成18年12月31日ということでございまして、岩本富雄氏をご推薦申し上げますのでよろしくお願いいたします。



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第8号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第3、同意第8号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 市長。



◎市長(今泉和君) 人権擁護委員候補者の推薦につきまして、平成19年3月31日が任期満了でありまして、加藤勉氏、河野好雄氏、両名をご推薦申し上げますのでよろしくお願いいたします。



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 10番、今泉君。



◆10番(今泉利拓君) 私は人選については異存はありませんけれども、ただ、手続の問題で、人権擁護委員の任期満了が平成19年3月31日まであるんです。この後、新市長のもとで3月議会が行われるわけでありますが、法務大臣に対して推薦をするための時間的な問題があるから、この12月議会で推薦をするのかどうか、その辺だけ確認をさせてください。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) おっしゃるとおりであります。担当の方から二、三カ月かかるということなので、ぜひ12月でお願いしますということです。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はございませんか。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。

 2点ほどちょっと確認させてください。

 1点は、現在の委員の方の構成、何名いて、男性が何名、女性が何名というのをちょっとお聞かせください。

 それから、今、法務大臣に対して推薦したいということなんですけれども、委員と市との関係はどのようになっているか、これだけお聞かせください。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 人権擁護委員は6名であります。6名のうち女性が2人です。

 それから、ちょっと質問がよくわからなかったのですが……。

     (「委員の方と市との関係はどうなっているんですか。ただ推薦して終わりですか」と呼ぶ者あり)



◎総務部長(佐野憲一君) ちょっと意味がよくわからないんですけれども。

 これは法務大臣所管になりますので、うちの方でということではありません。

     (「じゃ、推薦するだけ」と呼ぶ者あり)



◎総務部長(佐野憲一君) そうです。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第9号の審査結果報告、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第4、陳情第9号 要望書 民間交番・日の出防犯センター活動費予算化依頼を議題といたします。

 ただいまから本件について、総務委員長より審査結果の報告を求めます。

 総務委員長、小沼英明議員。

     (総務委員長 小沼英明君 登壇)



◆総務委員長(小沼英明君) それでは、陳情審査報告を申し上げたいと思います。

 本委員会に付託された陳情を審査した結果、下記のとおり決定をしましたので、潮来市議会会議規則第136条の規定により報告をいたします。

 記。

 受付番号、付託年月日、件名、審査の結果の順に申し上げます。

 陳情第9号、平成18年12月12日、要望書 民間交番・日の出防犯センター活動費予算化依頼、不採択。

 1、本委員会は平成18年12月13日に委員会を開催し、付託された陳情を審査した。

 2、審査意見。他のボランティア団体との兼ね合いもあり、予算化については不採択である。ただし、帽子、腕章等の不足する物品については、市は協議の上、対応されたい。

 以上、報告を申し上げますが、議員一同のご賛同をよろしくお願い申し上げたいと思います。

 以上です。



○議長(高塚直君) 以上で、総務委員長の審査結果報告が終わりました。

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

 杉本議員。



◆14番(杉本俊一君) 14番、杉本です。

 日の出の民間交番につきましては、最初、日の出にぜひ交番をつくってほしいというような要望がありまして、行方署管轄の中でも潮来市が事件等が一番多いということの中で、特にまた日の出が多いということで、空き巣ねらい、それから車上荒らし、それから自販機荒らしとか多くの事件がありました。

 そんな中で、民間交番を設置して以来、半分以上の空き巣ねらいが減ったというような話も聞いております。そんな中で、防犯パトロール中というような旗があったわけですけれども、その旗が非常に防犯に役に立ったということが明らかにわかっております。そんな中で、台風とかそういうもので、その旗が壊れてしまったということで、私はその件については、ぜひとも予算化を全部してくれということではありませんけれども、その旗についてはぜひ何とかつくっていただきたいというふうに思いますけれども、いかがでしょうか。

 よろしくお願いします。



○議長(高塚直君) 12番、小沼委員長。



◆総務委員長(小沼英明君) 12番、小沼です。

 杉本議員の質問といいますか要望でありますけれども、総務委員会一同といたしましても、日の出の防犯センターの活動に関しましては重々理解をしておりまして、代表区長の方から出ました予算依頼の要望書ですけれども、実績その他はもう十分認めた上で、委員会といたしましても自主活動、それからボランティア、その意味合いといいますか、本来十分活動されているということは理解しているところであります。

 また、そののぼりの件でありますけれども、まず、この要望書に出ているように、のぼり製作100本3,000円、これが30万。それから活動費20万円。合計50万というようなことが出ておりますが、他の議会をちょっと調べましたところ、やはりその具体的な金額、それから年度を明記するのはいかがであろうかというような部分も委員会の審査の中でございました。

 それから、延方地区、皆さんご存じかと思いますけれども、ここでは自主的にパトロールカーを購入して、油も、またそのパトカーも自費で活動しているというような経緯がございました。

 それから、防犯ののぼりに関しましても、仮にこれを日の出のものを市の予算で買い上げたという場合に、他地区から要望があった場合には、これはどうするのかというような部分もございました。

 日の出の防犯センターができた時点で、これは地域の企業からのぼり旗の寄贈があったというような話も伺っておりますが、やはりそののぼり旗の扱いに関しても、若干立てっぱなしであったというようなことも意見の中ではちょっぴり出てまいったようなところもあったので、防犯ののぼり、多分、これを要望するのは仮に日の出地区で、それを市が寄贈したということになれば、全地域で、これは市の予算で買わざるを得なくなるのではという、やはりその自主活動、それからボランティアという定義の部分で不採択というような結論になったことをまず報告をしなければいけないということと、しかしながら、意見書の中についておりますとおり、帽子、腕章等不足する物品については、市は協議の上、対応されたいというような部分と、委員会の中では、市としても、立派に自主活動している日の出防犯センターに対しましては、ソフト面では十分サポートしていただきたいと委員会としてはお伝えしてあることを申し上げたいと思います。

 以上です。



○議長(高塚直君) はい。ご苦労さまでした。

 杉本議員。



◆14番(杉本俊一君) わかりました。ありがとうございます。

 防犯につきましては、やはり事件がないのが一番いいことでありますから、住民の安全・安心というようなことも一番大事なことだと思いますので、私も総務委員のときに、玄関前に張る防犯のシール等もつくったらどうだというような意見もあったんですが、それはちょっと実施できなかったこともあったので、ぜひとも前項の玄関等に張る防犯のシール等でもいいですから、要するに、犯人が警戒をするようなものがあればいいかなと思いますので、またこれからそのような審議もしていただければというふうに思います。

 ありがとうございました。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はありませんか。

 23番。



◆23番(小峰義雄君) 23番、小峰です。

 総務委員会にどうこうということはございません。しかし私は、人情的にどうなのかなということを感じました。

 行方警察署の中での軽犯罪、いつも潮来が61%。いつも私は防犯の会長としてあそこに行っておりましても、身が引けます。さらにその中で68%が日の出地区と、潮来の中での犯罪が68%を示しておったと、非常に大きな問題を掲げられておりました。

 そこで、日の出の住民は県会の方にも、非常に、交番をつくってほしいよとお願いを再三したと。しかし、駐在を1つなくして日の出につくること以外はできないというような結論が出まして、防犯連絡会の方でも日の出の皆さんと、5回にわたって日の出交番ができる前に会議を重ねました。

 そうしますと、日の出の住民はいろいろでございますが、意見が出ました。なぜ、自主的にやらなければならないのか。しかし、私どもの防犯の方においても、今の時代、自主、自立というのが防犯でございますから、もう人のせいにすることはできない。地域が、みんなが一つになって、自分のところは自分で努力しようよと、自主防犯ということが掲げられているわけでございます。

 そして特に、行方警察署においても、日の出地区においては非常に力を入れております。何とか日の出をよくしなくちゃ困るということで、行方警察署が日の出に出向いて来てくれているということに対しましては、皆さんとともに謝意を申し上げたいと存ずるものでございます。

 そして、警ら班に関しましても、元行方郡全部を回りますと1回しか回れないと。しかしながら、日の出、出島地区、特にこれは1日2回回ってくれていると。警ら班の審議会でも、私も警ら班の副会長やっていますから、そのときもお願いしました。やはりパトカーが回るというのは非常に防犯には役に立つんだと。ですから1回でなくて2回回ってほしいというお願いをしましてから、2回回っております。

 それに加えまして、地元の皆さん方もそのように日の出を重視してくれているんだと、何とか自主的に地域ぐるみの防犯をしていかなければならないと、しかしながら日中巡視をしておりますから、勤めている人がなかなか出られないと。どうしても定年上がりの人がボランティアで活動しているわけでございます。

 そこで、特に夏場などにおきましては、私もタッチしましたけれども汗をかくと。汗かきますれば水分も入れなくちゃならないということで、質疑と討論一緒になっちゃいますが、そういうことで、どうしても費用がかかるということで、本年度総務課の方におきましてジュースを差し入れしてくださいました。日の出の皆さん方、非常に喜んでおりました。どうぞひとつ、委員会の方ではこのように決定したようでございますが、日の出の住民が不採択となりますと、非常に感じが悪いでしょうという気がいたします。

 どうかひとつ、執行部の皆さん、寛大なる対応をしていただきたいとお願いを申し上げて、質疑と討論一緒になっちゃいました。よろしくお願い申し上げます。



○議長(高塚直君) 12番、小沼委員長。これ、答弁……

     (「いいです、答弁要らないですよ。委員長に対しては賛成なんだから」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) じゃ、結構です。

 ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) ございませんね。

 これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 10番、今泉議員。



◆10番(今泉利拓君) 私は、大変申しわけありませんが、委員長報告に反対であります。

 と申しますのは、きのうも一般質問で質問をいたしまして、執行部の方から、月に8万円ほどの運営費がかかっているという話がございました。要望では50万でございますから、恐らく地元では、半分くらいは市の方でも補助をしてもらいたいという願いを込めての要望書であったというふうに思います。

 私は、町長時代から日の出地区は新しい潮来の心臓部になるというふうなとらえ方をしておりましたので、この地区が他の地区よりも安心・安全な所であってほしいという願いを持っております。その意味合いからいって、私は財政厳しいのはわかりますけれども、せめて活動費の半分くらいは市の方で負担をしてもらっても、これはいいんではないかと。

 他のボランティアとの兼ね合いということでございますが、安心・安全なまちづくりは、市長を初め、執行部、議会ともども掲げているスローガンでありますから、その一つのモデル地区として、私は日の出地区の活動は、財政状況は十分わかりますけれども、積極的にサポートをすべきであるという観点から、委員長報告には反対であります。



○議長(高塚直君) ほかに討論はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) それでは、討論なしと認めます。

 それでは、暫時休憩いたします。

                    (午前10時24分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                    (午前10時29分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) これから本案に対する採決を行います。

 この採決は起立によって行います。

 本案に対する委員長の報告は不採択です。

 陳情第9号について、委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立を願います。

     (賛成者起立)



○議長(高塚直君) 起立多数と認めます。

 よって、陳情第9号は委員長報告のとおり不採択となりました。

 よって、陳情第9号は原案のとおり採択されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△教育福祉委員会 所管事務調査報告書の調査結果報告



○議長(高塚直君) 日程第5、教育福祉委員会 所管事務調査報告書の件についてを議題といたします。

 教育福祉委員長より、会議規則第103条の規定により調査結果の報告を求めます。

 教育福祉委員長、根本又男議員。

     (教育福祉委員長 根本又男君 登壇)



◆教育福祉委員長(根本又男君) 所管事務調査報告書。

 本委員会は、所管事務調査のため次のとおり委員会を開催しましたので、潮来市議会会議規則第103条の規定により報告いたします。

 記。

 1、調査項目。

 (1)潮来市には、市における福祉ゾーンの施設の状況について。

 (2)潮来第二中学校体育館建設工事の進捗状況について。

 2、調査期日、平成18年12月13日水曜日。

 3、調査内容。

 (1)本市では、旧潮来保健センター周辺及びかすみ保健福祉センター周辺の福祉ゾーンとして位置づけられている。本年11月に潮来市社会福祉センター建設検討委員会が設置されたことから、所管委員会として、各施設の配置及び機能等を視察し、現状を把握した。

 ●視察場所、旧潮来保健センター、高齢者センター、かすみ保健福祉センター、旧八代小学校校舎。

 (2)潮来第二中学校体育館(18年度内完成予定)の建設現場を視察し、現在の進捗状況、体育館の合同棟の説明を受け、予定どおり順調に工事が進められていることを確認した。

 以上、報告いたします。

 以上です。



○議長(高塚直君) 以上で、教育福祉委員長の調査結果報告が終わりました。

 これは報告でございますので、質疑の方は省略させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) ただいま、私、若干訂正いたします。

 小沼委員長の報告の件でございますけれども、私ちょっと皆さんに申し上げた間違いを訂正させていただきます。

 「委員長の報告のとおり不採択となりました」と、私はこれでよかったんですけれど、委員長から出されたことが不採択として採択されたということにつきまして、「原案のとおり採択されました」と申し上げました。この点をお詫び申し上げます。訂正願います。「委員長の報告のとおり不採択となりました」で切っていただきたいと思います。勘違いして申しわけありませんでした。

 以上です。その点、事務局の方でちょっとご訂正願います。

     (「採択のとおり採択になりましたと言ったらおかしいでしょう。不採択の報告でしょう。だから、委員長報告は採択されたということじゃないんですか。不採択の報告を採択するということでしょう」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) ですから、不採択を私は採択、それで私はいいと思ったんですけれど……。

     (「いや、違うよ」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) ちょっと休憩いたします。

                    (午前10時36分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                    (午前10時37分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査申出書(建設委員会)



○議長(高塚直君) 日程第6、建設委員会の閉会中の継続調査申出書の件を議題といたします。

 建設委員長より、目下委員会において審査中の案件につきまして、会議規則第104条の規定によりお手元に配付いたしました申請書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。

 委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査申出書(議会運営委員会)



○議長(高塚直君) 日程第7、議会運営委員会の閉会中の継続調査申出書の件を議題といたします。

 議会運営委員長より、会議規則第104条の規定によりお手元にお配りいたしました次期議会の会期日程等の議会運営に関する事項について、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議及び閉会の宣告



○議長(高塚直君) 以上で、本定例会に付議されました案件はすべて終了いたしました。

 議員各位には慎重なるご審議をいただき、まことにありがとうございました。

 また、今泉和市長には、本日で定例会の最後となりました。まだ任期を残しており、少々早いのですが、3期12年の市政運営と数々のご功績に対し、議会を代表して深甚なる敬意と感謝を申し上げたいと思います。

 長い間、本当にご苦労さまでした。

 以上をもちまして、平成18年第4回潮来市議会定例会を閉会といたします。

                    (午前10時40分)

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成18年  月  日

        議長     高塚 直

        署名議員   長谷川幸雄

        署名議員   塙 信一

        署名議員   芝田 貢

        署名議員   中野庄吾