議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 潮来市

平成18年  9月 定例会(第3回) 09月15日−06号




平成18年  9月 定例会(第3回) − 09月15日−06号









平成18年  9月 定例会(第3回)



        平成18年第3回潮来市議会定例会議事日程(第6号)

                          平成18年9月15日(金)

                          午前10時開議

 (追加議案、朗読、説明、質疑、討論、表決)

日程第1 同意第3号 潮来市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて

日程第2 発議第5号 出資法の上限金利の引き下げ等を求める意見書

 (委員会報告、質疑、討論、表決)

日程第3 建設委員会付託 陳情審査報告

     陳情第7号 潮来市上水道加入金の適正化に関する要望書

日程第4 閉会中の継続調査申出書(議会運営委員会)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(23名)

    1番   笠間丈夫君      2番   篠塚貴美子君

    3番   柚木 巌君      4番   吉川 俊君

    5番   橋本きくい君     6番   大平幸一君

    7番   内田正一君      8番   薄井征記君

    9番   根本又男君     10番   今泉利拓君

   11番   加藤政司君     12番   小沼英明君

   13番   藤崎忠徳君     14番   杉本俊一君

   15番   大久保英雄君    16番   長谷川幸雄君

   18番   芝田 貢君     19番   粟飯原治雄君

   20番   塚本誠一君     21番   中野庄吾君

   22番   須田富次君     23番   小峰義雄君

   24番   高塚 直君

欠席議員(1名)

   17番   塙 信一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

   市長      今泉 和君   助役      小沢一廣君

   収入役

           久保木 裕君  教育長     根本健助君

   職務代理者

   総務部長    佐野憲一君   市民福祉部長  久保木貞夫君

   環境経済部長  鈴木美知男君  建設部長    吉川利一君

                   行財政改革

   教育次長    内田正雄君   推進室長兼   矢幡安一君

                   秘書広聴課長

   総務課長    根本勝雄君   企画財政課長  窪谷俊雄君

   農業委員会

           秋永克昭君   水道課長    橋本静一郎君

   事務局長

   社会福祉課長  石田裕二君   農政課長    香取昌衛君

                   牛堀出張所

   都市建設課長  今泉栄一君           奥村 栄君

                   所長補佐

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長  佐藤文男君   係長      大堀絹代君

   書記      草野敏夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(高塚直君) 皆様、大変ご苦労さまです。定例会の最終日を迎えました。

 ただいまの出席議員は23名で定足数に達しておりますから、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の欠席議員を申し上げます。17番、塙議員が家事都合により欠席でございます。

                              (午前9時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 私よりおわび申し上げます。

 昨日、本会議終了後に際しまして、「散会」と宣言すべき言葉を「解散」と言ってしまったようでございます。後で気になりましてテープを確認いたしました。確かに「散会」を「解散」と宣言したようになっておりました。ここで訂正願います。お詫び申し上げます。

     (「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 暫時休憩いたします。

                              (午前9時58分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                             (午前10時03分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第3号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) それでは、日程に入らせていただきます。

 日程第1、同意第3号 潮来市教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 総務部長。



◎総務部長(佐野憲一君) 同意第3号についてご説明をいたします。

 教育委員であります飯塚フク子さんが9月30日をもって任期満了に達します。そのために、次期の教育委員の任命を同意を求めるわけであります。次期の教育委員さんにつきましては、再任ということで飯塚フク子さんを推薦しております。議会の同意を求めるものであります。

 以上です。



○議長(高塚直君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 10番、今泉議員。



◆10番(今泉利拓君) 人事案件ですから、どうのこうの最後まで反対するつもりはありません。

 ただ、全員協議会の席で、市長の方からこの飯塚さんについてはこれまでの実績があるから何とかよろしくお願いしたいということも言われていますということもございました。

 そこで、具体的にどういう実績があるのかということは、市長もわからないようでありましたので、参考までに教育長、これは教育委員さんの活動ぶり、よく知る立場にあるわけですから、具体的にどういう発言をしたり活動をして、実績としてそれが評価されているのか、ちょっと説明をお願いいたします。



○議長(高塚直君) 教育長。



◎教育長(根本健助君) それでは、ご説明いたします。

 教育委員会の業務は月1回開催する教育委員会の定例会、それから臨時会、あるいは小中学校の入学式とか卒業式とか、そういうものへの出席、あるいは教育施設で行われるイベントなどへの参加、あるいは各種研修会への参加、学校訪問などがございます。

 それ、もう少し具体的にお話ししますと、教育委員会の定例会は毎月1回、25日前後、25日を基準にしてその前後に行われます。あと臨時会というのは年に何回か、2回、3回行われます。それから研修会でございますけれども、1つは関東甲信越市町村教育委員会連合会総会及び研修会、これ毎年5月に行われております。それから茨城県市町村教育委員会連合会総会及び研修会、これも毎年5月に、あと市町村教育委員会教育委員研究協議会というのが、これ毎年7月と2月、県庁の。そしてあと、議会・教育福祉委員会との合同視察研修、これは2年に一度。本年度も行ってまいりました。それから、議会・教育福祉委員会との合同学校視察、これは毎年6月に行っております。今年も行いました。そしてそのほかに、先ほど申しましたように各小中学校の入学式、卒業式。それから各小中学校の運動会、あるいは地区運動会。それから、小中学校で行われる部会の音楽界、あるいは学習発表会、それから陸上記録会、そのようなもろもろの行事、授業に出席参加ということでございます。

 それから、そういうような中で、私が教育長になって一緒に仕事を進めてきた上でその様子の事実というか、私が感じたことについて申し述べたいと思います。

 一つは、女性の立場から、目配り気配りしながら、いろいろものを見たり観察したり、そんなことをしております。例えば学校訪問したときに、男の人ではなかなか気づかないようなトイレの中の清掃の状況はどんなふうになっているのか、あるいは用務員さんの動きはどんなふうになっているのか、働きぶりとか、そういう細かいところまで目配り気配りができる、これは男の委員さんよりもすぐれているところなのかなというふうに感じながら見ていました。

 それから、自分の意見とか考えとかをしっかり持っている方でございます。そして、それをはっきり物を申す。

 例えば一昨年ですか、幼稚園の人事異動をしました。大変今まで長い間同じところに勤務したので、思い切って私、人事異動しました。そのときに、教育長、めちゃくちゃじゃないか、この異動はというようなことで、そのときはおしかりを受けたのですが、それから1年過ぎてから、教育長、わかったと、その人事異動、教育長のねらいとしていることがわかったと。私は先生方を信じていましたし、私の考えでやったのですが、今までの伝統と、それからそれぞれの別々の幼稚園でやったものを、新しいものを持ち込んで幼稚園が活性化しているというのを自分で確かめたというようなことを、はっきりおかしいことはおかしいとはっきり言うし、わかったらそれはいいと、そういうふうに物事をはっきり言える人だなというふうに思っております。

 それから、物事を客観的に、あるいは冷静な目でいろんな目で見ているというふうに感じております。

 それから、いろいろなものを感じたこと、思ったことについては提言したり、あるいは提案してくれたり、教育委員としては大変すばらしいんじゃないないかなというふうに思っております。それから、ちなみに今持っているのですが、こういうふうに自分で感じたことについて、私の方に毎月毎月、このことについてはこう思う、このことについてはこう思う、これはどうなんだというふうに、きっちりその都度、私の方に申し出てきたり、言ったりしておりますので、緊張感のあることは大変良いと思います。

 そういうことで、私が今まで見てきた感謝、飯塚委員についてはそういうことでございます。よろしくお願いします。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はありませんか。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川でございます。

 2、3ちょっと確認させてください。今回は再任ということですので、余り詳しい説明がありませんでした。プロフィールというか経歴というか、個人情報保護法に触れない程度で結構ですから、お聞かせいただきたいと思います。

 非常勤の特別職であるということですので、お話ししている中で、どんな方ですかと、日の出の方ですとしか、我々答えられなんですよ。ですから、もう少し答えられるような経歴などもお聞かせいただければありがたいと思います。

 それからもう1点は、今回再任ですけれども、再任の理由をもう一度お聞かせいただきたいと思います。

 2つです。



○議長(高塚直君) 教育長。



◎教育長(根本健助君) 経歴、大ざっぱになるかと思うのですが、若い時分には高等学校の教諭と私立高等学校の教諭と講師、そういう経験をなさっております。それからその後、市内の病院等にも勤務していた経験がございます。それから再任の理由ですか、先ほどお話ししましたように、日ごろの仕事ぶりを見て、私は適任ではないかなと、私から見たならばそういうふうに感じております。それから、教育委員さんはどこでもやはり男ばかりじゃなくて女の人も必要だというふうに、こう感じております。



○議長(高塚直君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) ありがとうございました。今なぜそんなことをお伺いしたかといいますと、昨年のちょうど第3回の定例会でした。けさ、議事録をちょっと確認しましたけれど、そのときに学校の経験、先生の経験がある方は今の教育長、それから高崎委員というふうに私、認識しておったんですよね。今改めて飯塚フク子さんも先生だったということを聞きまして、学校の先生からどうしても必要なんだということを、市長から何かそんな話を聞いたと思うのですけれども、それはそれでいいとして。

 それで、きょう、議事録確認しました。これは私の質問に対して市長がこのようなことを言っていました。「私は、基本的に多くの皆さん方にいろいろな機会を経験していただきながら、多くの皆さん方の意見を拝聴しながら進めるということがやはり基本だろうというふうに存じています」ということを述べられたんですよね。だとすれば、今回再任ですけれども、新たな人という検討もされたのかどうか、これ市長にお伺いしたいと思います。



○議長(高塚直君) 市長。



◎市長(今泉和君) 教育委員の選任につきまして、教育長から飯塚さんが任期満了ということでございますので、教育長の方には飯塚教育委員さんの再任も検討しながら、後輩に人材はいないのかどうかということも教育長の方にお願いをして、そして全体の点を見回した結果、1期4年ということでありますので、あと1期お願いしたいということでございますので、そのような形にしたわけであります。



○議長(高塚直君) 吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。

 わかりました。決して反対するものじゃありませんけれども、教育委員の公募制も前にちょっと提案したと思いますけれども、その辺は検討されたかどうか、これだけお聞かせいただきたいと思います。



○議長(高塚直君) 市長。



◎市長(今泉和君) 今回の教育委員さんの推薦につきまして、公募は検討しておりません。



○議長(高塚直君) 他に質疑はございませんか。

 11番、加藤議員。



◆11番(加藤政司君) 11番、加藤です。

 確認なんですが、教育委員というのは教科書選定、これ一番大事な問題。教科書の選定には教育委員の方、やっておりますか、その辺の確認でございます。水戸方面におられるのは非常に教諭が熱心でね、やっているのですが、こっちの方はちょっと選定に薄いなという感じは、私耳に入っているんですよね。先ほど教育長の話の中には、教科書選定の話、私が聞き漏らしたとか入っていなかったので、確認の意味でお願いします。



○議長(高塚直君) 教育長。



◎教育長(根本健助君) 教科書選定のことにつきましては、茨城県には7つの教育採択地区がございます。ここは第4採択地区といいまして、行方、鹿島、鹿行地区で1つのまとまりとなって第4採択地区というふうになってございます。

 その中で、まず第4採択地区で選定をしたものが、今度は各教育委員会で採択するというふうになってございます。それで当然そのとき、先ほど話ししなかったんですが、教科書採択、第4採択地区で決まったらば臨時の教育委員会、先ほど臨時の教育委員会ということで言いましたけれども、2、3回とお話ししましたけれども、その1つが臨時の教育委員会が教科書を採択する議会、臨時教育委員会、そこで議決をとることにしております。

 それから、今、教科書は無償配布になってございます。そして、第4採択地区で採択をされていない、教育委員会で別の教科書を採択してもそれは構わないんですけれども、そのときにはそれぞれの自治体でその教科書代を出す、無償にはならない、そういうようなことになってございますので、第4採択地区で採択されたものを、そのままほとんどが、ほとんど恐らく全国どこでもそうだと思うんですが、そういうことで一応議決したということになってございます。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はありませんか。

 5番、橋本議員。



◆5番(橋本きくい君) 私は別に反対のための反対をするわけではありませんが、もしこの方をご推薦なさるならば、今後私は要望させていただきたいと思うんですね。

 1つは老人問題について、教育委員の立場から、女性の立場からどういう考え方を持っているか。前にまちづくり懇談会でいろいろな話し合いをしたときに、一番早く老人問題を提案した方でございますので、その後心が変わっているかどうだか、1つね。それからもう1つ、女性団体との交流に積極的に出てきて、そういった教育委員で働いている、いろいろなことを報告したり、それから地域の人たちいま少し温かい目で、学校出たとか出ないとかという問題外に、人間としての交わりを持ってもらうように要望いたします。

 別に反対のための反対をしてるわけではない、意見です、私は。お願いいたします。



○議長(高塚直君) これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第5号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第2、発議第5号 出資法の上限金利の引き下げ等を求める意見書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明を省略し、これから質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 意見書を関係機関に送付いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第7号の審査結果報告、質疑、討論、表決



○議長(高塚直君) 日程第3、陳情第7号 潮来市上水道加入金の適正化に関する要望書を議題といたします。

 ただいまから本件について、建設委員長より決算、審査結果の報告を求めます。

 建設常任委員長、大久保英雄議員。

     (建設常任委員長 大久保英雄君登壇)



◆建設常任委員長(大久保英雄君) 陳情審査報告書。

 本委員会に付託された陳情を審査した結果、下記のとおり決定したので、潮来市議会会議規則第136条の規定により報告いたします。

 記。

 受付番号、陳情第7号。付託年月日、平成18年9月6日。件名、潮来市上水道加入金の適正化に関する要望書。審査の結果、採択。

 1、本委員会は平成18年9月11日に委員会を開催し、付託された陳情を審査しました。

 2、審査意見。潮来市の水道加入金は、近隣市町村に比べ高い、特に一般家庭の加入が期待される20ミリの加入金の引き下げは必要と考える。20ミリの加入金の改定が住宅建設の促進につながり、人口減の歯どめに寄与することを期待したい。

 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。

 以上であります。



○議長(高塚直君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 討論なしと認めます。

 これから陳情第7号について採決を行います。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は、採択です。陳情第7号について、委員長報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第7号は委員長報告のとおり採択とさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査申出書(議会運営委員会)



○議長(高塚直君) 日程第4、議会運営委員会の閉会中の継続調査申出書の件を議題といたします。

 議会運営委員長より、会議規則第100条の規定により、お手元に配布しました所管事務の調査事項、次期議会の会期日程等の議会運営に関する事項について、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議及び閉会の宣告



○議長(高塚直君) 以上で、本定例会に付議されました案件は全て終了いたしました。

 これにて平成18年第3回潮来市議会定例会を閉会といたします。

 議員各位には、慎重なるご審議をいただき、まことにありがとうございました。

                             (午前10時31分)

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成18年  月  日

       議長     高塚 直

       署名議員   藤崎忠徳

       署名議員   杉本俊一

       署名議員   大久保英雄