議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 潮来市

平成18年  3月 定例会(第1回) 03月07日−02号




平成18年  3月 定例会(第1回) − 03月07日−02号









平成18年  3月 定例会(第1回)



     平成18年第1回潮来市議会定例会議事日程(第2号)

                         平成18年3月7日(火)

                         午前10時開議

 (朗読、説明)

日程第1 議案第29号 平成18年度潮来市一般会計予算

日程第2 議案第30号 平成18年度潮来市国民健康保険特別会計予算

日程第3 議案第31号 平成18年度潮来市老人保健特別会計予算

日程第4 議案第32号 平成18年度潮来市下水道事業特別会計予算

日程第5 議案第33号 平成18年度潮来市農業集落排水事業特別会計予算

日程第6 議案第34号 平成18年度潮来市介護保険特別会計予算

日程第7 議案第35号 平成18年度潮来市水道事業会計予算

日程第8 議案第36号 平成18年度潮来市工業用水道事業会計予算

 (上程議案に対する質疑、委員会付託)

日程第9 議案第29号 平成18年度潮来市一般会計予算

日程第10 特別会計・企業会計

       議案第30号 平成18年度潮来市国民健康保険特別会計予算

       議案第31号 平成18年度潮来市老人保健特別会計予算

       議案第32号 平成18年度潮来市下水道事業特別会計予算

       議案第33号 平成18年度潮来市農業集落排水事業特別会計予算

       議案第34号 平成18年度潮来市介護保険特別会計予算

       議案第35号 平成18年度潮来市水道事業会計予算

       議案第36号 平成18年度潮来市工業用水道事業会計予算

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(23名)

    1番   笠間丈夫君      2番   篠塚貴美子君

    3番   柚木 巌君      4番   吉川 俊君

    5番   橋本きくい君     6番   大平幸一君

    7番   内田正一君      8番   薄井征記君

    9番   根本又男君     10番   今泉利拓君

   11番   加藤政司君     12番   小沼英明君

   13番   藤崎忠徳君     14番   杉本俊一君

   16番   長谷川幸雄君    17番   塙 信一君

   18番   芝田 貢君     19番   粟飯原治雄君

   20番   塚本誠一君     21番   中野庄吾君

   22番   須田富次君     23番   小峰義雄君

   24番   高塚 直君

欠席議員(1名)

   15番   大久保英雄君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

   市長      今泉 和君   助役      小沢一廣君

   収入役

           久保木貞夫君  教育長     根本健助君

   職務代理者

   総務部長    箕輪強志君   市民福祉部長  佐野憲一君

   環境経済部長  鈴木美知男君  建設部長    本宮弘一君

                   行財政改革

   教育次長    内田正雄君   推進室長兼   矢幡安一君

                   秘書広聴課長

   総務課長    久保木 裕君  企画財政課長  根本勝雄君

   農業委員会

           秋永克昭君   水道課長    橋本静一郎君

   事務局長

   社会福祉課長  前島 操君   農政課長    香取昌衛君

   都市建設課長  吉川利一君   牛堀出張所長  志村敏夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長  佐藤文男君   係長      大堀絹代君

   書記      小谷野美樹夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(高塚直君) おはようございます。皆様、ご苦労さまです。

 定例会の2日目を迎えました。

 ただいまの出席議員は23名で、定足数に達しております。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の欠席議員を申し上げます。15番、大久保英雄議員でございます。お父さんが検査入院のため欠席になっております。以上の方が欠席でございます。

                    (午前9時56分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第29号の説明



○議長(高塚直君) 日程第1、議案第29号 平成18年度潮来市一般会計予算を議題といたします。

 なお、昨日も申し上げましたが、本件から議案第36号 平成18年度潮来市工業用水道事業会計予算につきましては一連して説明を行い、その後一般会計予算の質疑、そして特別会計と企業を一括して質疑ということにいたします。

 それでは、昨日に引き続き、歳出の初めから説明になります。要領よくご説明をお願いいたします。

 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 企画財政課長。

     (企画財政課長説明)



○議長(高塚直君) 社会福祉課長。

     (社会福祉課長説明)



○議長(高塚直君) 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 秘書広聴課長。

     (行財政改革推進室長兼秘書広聴課長説明)



○議長(高塚直君) 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 牛堀出張所長。

     (牛堀出張所長説明)



○議長(高塚直君) 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(高塚直君) 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 企画財政課長。

     (企画財政課長説明)



○議長(高塚直君) 秘書広聴課長。

     (行財政改革推進室長兼秘書広聴課長説明)



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(高塚直君) 社会福祉課長。

     (社会福祉課長説明)



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(高塚直君) 環境経済部長。

     (環境経済部長説明)



○議長(高塚直君) 農業委員会事務局長。

     (農業委員会事務局長説明)



○議長(高塚直君) 農政課長。

     (農政課長説明)



○議長(高塚直君) 環境経済部長。

     (環境経済部長説明)



○議長(高塚直君) 建設部長。

     (建設部長説明)



○議長(高塚直君) 総務課長。

     (総務課長説明)



○議長(高塚直君) 教育次長。

     (教育次長説明)



○議長(高塚直君) 社会福祉課長。

     (社会福祉課長説明)



○議長(高塚直君) 教育次長。

     (教育次長説明)



○議長(高塚直君) 企画財政課長。

     (企画財政課長説明)



○議長(高塚直君) 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(高塚直君) それでは、次に移ります。

 以上で平成18年度潮来市一般会計予算の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第30号の朗読、説明



○議長(高塚直君) 日程第2、議案第30号 平成18年度潮来市国民健康保険特別会計予算を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 関係部長の説明をお願いいたします。

 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(高塚直君) 以上で平成18年度潮来市国民健康保険特別会計予算の説明が終わりました。

 ここで暫時休憩をいたします。再開は午後1時とさせていただきます。

                    (午前11時59分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後0時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第31号の朗読、説明



○議長(高塚直君) 日程第3、議案第31号 平成18年度潮来市老人保健特別会計予算を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 関係部長の説明をお願いいたします。

 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(高塚直君) 以上で平成18年度潮来市老人保健特別会計予算の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第32号の朗読、説明



○議長(高塚直君) 日程第4、議案第32号 平成18年度潮来市下水道事業特別会計予算を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 関係部長の説明をお願いいたします。

 建設部長。

     (建設部長説明)



○議長(高塚直君) 以上で平成18年度潮来市下水道事業特別会計予算の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第33号の朗読、説明



○議長(高塚直君) 日程第5、議案第33号 平成18年度潮来市農業集落排水業特別会計予算を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 関係部長の説明をお願いいたします。

 建設部長。

     (建設部長説明)



○議長(高塚直君) 以上で平成18年度潮来市農業集落排水事業特別会計予算の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第34号の朗読、説明



○議長(高塚直君) 日程第6、議案第34号 平成18年度潮来市介護保険特別会計予算を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 関係部長の説明をお願いいたします。

 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(高塚直君) 以上で平成18年度潮来市介護保険特別会計予算の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第35号の朗読、説明



○議長(高塚直君) 日程第7、議案第35号 平成18年度潮来市水道事業会計予算を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 関係部長の説明をお願いいたします。

 水道課長。

     (水道課長説明)



○議長(高塚直君) 関係部長の説明が終わりました。

 以上で平成18年度潮来市水道事業会計予算の説明を終わりといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第36号の朗読、説明



○議長(高塚直君) 日程第8、議案第36号 平成18年度潮来市工業用水道事業会計予算を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(高塚直君) 朗読が終わりました。

 関係部長の説明をお願いいたします。

 水道課長。

     (水道課長説明)



○議長(高塚直君) 以上で平成18年度潮来市工業用水道事業会計予算の説明が終わりました。

 以上で議案第29号から議案第36号まで、一連して説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第29号の質疑



○議長(高塚直君) 日程第9、議案第29号 平成18年度潮来市一般会計予算に対する質疑行います。

 なお、質疑につきましては、お手元にお配りしてありますとおり、議案付託表のとおり各常任委員会においての審査が予定されております。したがいまして、この場に所管以外の質疑でとめていただいた上、ページ数を言ってからお願いいたしたいと思います。

 質疑を行います。

 16番、長谷川君。



◆16番(長谷川幸雄君) 16番、長谷川です。

 それでは、教育関係と建設の方を2点ほど簡単にお尋ねをいたします。

 教育関係の方を91ページから予算化されているようですけれども、私、前の定例会で子供らの防犯ベルの対応、例えば紛失したとか、電池が切れたとか、壊れたものに対しての対応はいかがなっていますかということをお尋ねしたことがあるわけですよ。それで、それに対して、この需用費は各課でもって、小学校費たくさん需用費はとっていますけれども、そういうことは需用費の中で想定していますかということ。その防犯ベルが子供たちに配ってあったものが、生きてるだけの予算対応はしていますかということ。1点目はね。

 あとは、これは教育関係で総括的なお話になりますけれども、教育長も言われているぐらいですから、潮来市の小学校、中学校で国旗掲揚とか、国歌斉唱というのは、公の場所ではどのような指導をしているか。もし去年の今ごろでしたかな。アイモアジョイホールで社会何がって、市が協賛した、教育委員会が協賛した優秀な子供らの発表会があったんですよね。

 私もアイモアのひな壇のところへ行ったんですけれども、市長さん初め、皆さんおいでになって気がつかないか何だかわからないけれども、日の丸もなにも飾ってないんだよね、後ろに。それで、そこで読み上げる子供らも何も頭を下げないで、ただ演壇さ上がっていって、これは思想という関係ですから、強制できるものではございませんけれども、潮来市の教育としては、国旗掲揚に関してはどういうような指導で行われているか。これは強制的なものではないですけれども、お尋ねしたいと思います。

 あとは、94ページごろに道路新設改良費というのがあります。私、これちょっと場所も説明あったと思いますけれども、道路新設改良費の場所と延長と幅員ですか。これ何か日の出と漠然と聞いたように思い出したんですけれども、ただ通常ですと、ざっと目を通してみますと、委託料の測量設計3,300万円と、莫大な費用で、これ内容を私聞かないっちゃったもので、それちょっと教えてください。測量設計費の3,300万円。これは平地測量とそういう構造物の断面設計ですから、違いますけれども、一般的に言えば牛堀の地積調査で、七、八町歩やっているものの測量委託が七、八百万円で、これは全然対比するわけにはいかないですけれども、そういうような件の問題で3,300万円の、測量一本で3,300万円なのか、まずその2点をお尋ねいたします。



○議長(高塚直君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 長谷川議員のご質問にお答えいたします。

 防犯ベルのことでございますけれども、これは昨年の11月の栃木県の事件から、いろいろ学校の安全につきましては、各学校で通学路の総点検とかいろいろやってまいりました。

 この防犯ベルにつきましては、当然見直しの確認をしまして、鳴らないものがあった場合、それから壊れてしまった場合とかいろいろあるわけでございますけれども、電池切れの場合は個人の対応でしていただきたいということでございます。

 それから、さきに銀行の方からもらった防犯ベルがございますので、その辺の在庫がありますので、その辺の補充をしながら、対応していきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(高塚直君) 教育長。



◎教育長(根本健助君) 国旗の問題ですけれども、間もなく各学校で卒業式、あるいは4月になれば入学式がございます。これは当然そういうときには必ず、特に教育委員会の方から指導とかなさなくてもどこの学校でもこれはやることになっております。

 それから、ふだん学校でも国旗掲揚塔がございますので、それもふだんの日するように、あるいは学校によってはまだ忘れているところがあるかもしれませんけれども、注意しながら、ふだんの日でも学校には上げさせたいというふうに考えております。



○議長(高塚直君) 都市建設課長。



◎都市建設課長(吉川利一君) それでは新設改良ですが、新設改良は市の計画路線としましては、1級3号線、18年度のやつで1−3として、築地地区の方で予定しております。事業費で2,000万円ほどです。それから清水で1級2号線と、清水地区ですね。それからララルーと、市道2279号線と。それから市役所のところですね、市役所のわきのところがあります。

 それから、水原地区、それから旧牛堀農協付近、それから日の出の歩道の改修工事と、それから日の出の歩道の切下げ作業とか、それから大賀のあやめタクシー付近と、それから牛堀の2級6号線の中学校の付近の歩道の整備ですね。これが歩道の整備があります。それから日の出の幹線道路ということです。その路線が主な路線となります。

 日の出の方は4車線ありますので、それの排水路とそれから歩道と、それから舗装の方ですね、歩道と排水と舗装があります。5カ年計画でやっております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 16番。



◆16番(長谷川幸雄君) まず、教育の方ですけれども、そうしますと防犯ベルというのは個々に修理をしてあって、まんべんなく持たせてもって、個々の管理は個々の、そのうちの人らに任せると。結構です。そういう形でいいんで、その維持管理、電池が切れるとか、故障したとか、紛失したのもこの需用費の中から該当する予算でなくて、家庭に持ってもらうと。それならそれであるものを管理してもらえば、子供らが持っているか持っていないというのを管理してもらえれば使えるものがあればいいと思うんです。

 あともう一つ、国旗掲揚の問題ですけれども、公の小・中学校ではほとんどが卒業式、入学式シーズンを控えて国旗掲揚するんですけれども、去年の場合はアイモアのジョイホールでやったとき、私も見たんですけれども、潮来市教育委員会も協賛していると思うんですよ。なるべくそういうときには演壇に対して、国旗に対して頭を下げて、演壇にごあいさつもらうようなのがいいかなと思って、私は思うもので、要望ですけれども、お願いをするところです。

 あと建設課の方ですけれども、これはそうしますと、何か私も日の出の5年間とか何とかというのを最初説明のときに聞いたんですけれども、何本にこれは建設課長、そうすると分かれているということですね。道路新設改良、改良工事とかそういうふうに分類しなくて、これ1本に入っていることだね。それで道路維持費も、それから工事が道路新設改良はここへ全部入っていて、ちょっとこれ表示だったもので、3,300万円の測量といったら、これはもう莫大な金額の測量費が、これ知らない人が見たら、これはすごいわというようなとんでもない甘い工事だろうと測量がというようなことも思うんですよ。ひとつ説明のときには、何本くらいやって、工事費の2割ぐらいが通常の、2割か2割5分くらいが設計費でしょうから、私ももう少し丁寧なる説明をお願いするところですが、内容的には納得いたしました。

 以上です。



○議長(高塚直君) よろしいですか。



◆16番(長谷川幸雄君) よろしいです。



○議長(高塚直君) 都市建設課長。



◎都市建設課長(吉川利一君) ちょっと説明不足で申しわけありませんでした。

 測量の委託費の3,300万円ですが、その中の内訳としましては、清水地区の委託が500万円と、それからララルーが700万円と、そのように市役所が500万円と、それから水原が500万円と、それから日の出の方で2,000万円というような内訳になっております。そのような測量委託は委託ということで細かく分かれているんですけれども、それを合算して3,300万円ということです。



◆16番(長谷川幸雄君) 了解です。



○議長(高塚直君) よろしいですか。

 ほかに質疑はございませんか。

 18番、芝田君。



◆18番(芝田貢君) 18番です。

 93ページでですね、負担金の中で、51号線鹿島・潮来バイパス建設促進期成同盟会、あるいは東関東道潮来・鉾田間期成同盟会というふうに負担金があるわけですが、きのう議決されました水郷潮来まちづくり後期計画の中で、都市基盤の整備の中の交通体系の整備ということがございますが、その中でも東関東自動車道水戸線、あるいは国道51号バイパスの早期整備促進を図るというようなことでございます。

 現在、潮来インターから道の駅の4車線道路ですか、あそこが西区の地先でとまっているわけですが、潮来・佐原線として新神宮橋まで整備をしたわけでございますが、ワールドカップの関係で行いました。そこから西の地先から小泉地先まで1.2キロの区間の整備を2月10日ですか、地元地権者等の説明会があったと聞いております。

 そこで、私は資料をあるところからいただきまして、51号の潮来バイパスの現状についてということなんですが、当面の道路整備の考え方として、潮来バイパスのルートは東関東道水戸線の延伸(潮来・鉾田約28キロ)、これを考慮して、構造は一部区間を東関東水戸線と一体で計画するというふうになっています。ということは、この西の地先から小泉の地先間まで約1.2キロの区間は、東関道の路線と51号を同一、一体で計画するというようなことなんですが、それで、その幅員が約50メートルというふうに計画されております。ということでありまして、現状の小泉地先の51号を50メートルの幅員で横断をすると。その先のJRの鹿島線ですね、その辺まで行って、51号と東関道が分離して、それぞれ延伸していくようなことらしいんですが、ここに図面があるんですが、そういうことで今後整備をされてくるわけですが、そうしますと延方周辺、あの51号をまたいで、潮来市街を横断していくというようなことなんですが、非常に今後の潮来市のまちづくり、あるいは交通体系の面から見まして、非常に大事な路線ではないかと思われますので、その辺について、どのような考えがあるのかお尋ねをします。まず、それが一つですね。

 それと、132ページですね。今、2007年問題というふうなことで、マスコミ等で言われておりますが、要するに団塊の世代と言われる世代の人たちが来年度以降、60歳の定年を迎えるというようなことでございます。

 その中で来年度、職員の退職手当等が2億2,266万5,000円というようなことでございます。先ほど言いました134ページの中で、4号級、5号級、6号級、合わせてこの級の中で255名中、77%、205名がいるわけなんですが、今後そういった団塊の世代が退職する時期に差しかかってきまして、ほかの自治体等におかれましては、退職金の手当をするために借金をして、そのお金を用意するというような自治体もあるように聞いておりますが、今後、潮来市において、そういった事態が起きるのかどうか、その辺についてもお伺いをいたします。



○議長(高塚直君) 建設部長。



◎建設部長(本宮弘一君) ただいま1点目にご質問等がございました県道潮来・佐原線の延伸の関係だと思いますが、これは既に昨年の3月の議会のときに、同じく芝田議員の……、違いますか。



◆18番(芝田貢君) 51号バイパスと東関道の同一ルートについて質問したんですが。



○議長(高塚直君) 暫時休憩します。

                    (午後2時25分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後2時26分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 都市建設課長。



◎都市建設課長(吉川利一君) その東関道と51号バイパス、この間2月10日に国交省の方で、51号バイパスについて地元説明会がありましたよね。それは平成17年度に5,000万円ほどの予算がつきまして、それについて測量をすると。現地に入るというようなことでの地元説明でありました。

 その中に東関道が入る入らないというのは、私たちもよく、それはそこまではわからないんですけれどもね。それらを想定しながらということも考えられると思います。幅50くらいの測量範囲でありますのでね。まだ、そこで私たちが言うことでもないとは思うんですが、国交省の方ではそれらもどうなってもいいような測量でやっているかと思いますけれども。ということで17年度から事業化、51号バイパスについてはやっているということです。



○議長(高塚直君) よろしいですか。

 もう1点ありますね。

 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 132ページというようことでお話がありましたが、退職金のことかというふうに思っておりますけれども、退職金につきましては37ページをちょっとお開き願いたいと思います。

 37ページの総務費の一般管理費の中での3節で職員手当等というのがございます。下から2番目に職員退職手当6,457万1,000円というのが計上してありますが、これが平成18年度に負担をする職員の分、全体でございます。この中には平成18年度退職を予定しております7人分の負担金2,615万2,000円が含まれているということでございますから、現在18年度の部分でいきますと、退職の手当の借り入れをしなくても、今予算の中で対応ができているということであります。

 また、今後のことでありますが、18年で退職する人、18年ですから、19年の3月31日で退職をする方が7人というようなことで見込んでおりますが、その後少し間がありまして、それからまたふえてくるというような段階でございますから、そのときになります財政状況の中で対応をしていくものと考えております。



○議長(高塚直君) 18番、芝田君。



◆18番(芝田貢君) 建設課長ですね、わからないということですが、将来の両計画ですね。51号のバイパスと、東関道の路線ですね。この計画の整合を図るために、東関道水戸線の都市計画時に潮来バイパスも同時に都市計画をするというふうになっているんですよ。平面、断面図ですね、こういうふうになっているんですよ、ちゃんと。わかっていますよね。

     (「はい、わかっています」と呼ぶ者あり)



◆18番(芝田貢君) ですから、こういった幅員50メートルという潮来市内をですね、特に延方、小泉の住宅密集地を横断していくわけですので、まちづくり等についてもかなりの影響があるとは思うんですよね。その周辺の地域にとってはですね。そういったことで、今後いろんな都市計画等においてもかなりの影響がありますので、どういった考え、今わからないと言いましたけれども、わかっているわけでしょうから、潮来市の道路のネットワーク等も考えまして、よく考えていただきたいというふうに要望いたします。

 それと、先ほどの退職手当なんですが、先ほど言いましたように、今後40代からの方が、この4級、5級、6級ということは、30代から40代の方が255名のうちの約77%、200何名を占めているわけです。ですから、そういった年代に当たってきますと、やはり退職手当が足らなくなるというような事態が起きることも予想されますので、現実にそういった問題があるわけですから、対策といいますか、その辺も立てておいた方がいいのかなというふうに思っております。

 以上です。



○議長(高塚直君) ほかに質疑。

 6番、大平君。



◆6番(大平幸一君) 6番、大平でございます。

 ページ数が38ページ、ここに委託料というようなことで、職員の成人病の検診の委託というようなことで表示されております。それで、当然のこと潮来市の十分の方の検診をやるというようなことで、検診を進めているわけでございますが、こういう中でその住民と一緒に職員の方々も、これ300名弱の職員の方がおりますけれども、そういうものができないかどうか。そういうことができれば、こういう計上もしなくてもいいというような状況ですので、人員的な問題も300名弱ですから、そういうのが可能かどうか、その辺もちょっとお話ししていただきたいと、これが1点です。

 それから、44ページ、これの工事請負費で安全の標示等の設置工事、この辺も詳しくちょっとお話ししていただきたいと思います。

 それから、77ページの点検整備委託料というようなことで3,756万円ですか、前年度が1,329万4,000円というようなことで、約2,400万円の増というような形になっております。この辺も先ほどお話がありましたとおり、点検についても詳細にわたる点検をするというようなことです。点検はやっておるんじゃないかと思いますけれども、その辺ですね、この2,400万円増というようなことで、この辺までやるんだよというふうなことで、わかっている範囲内でちょっとお答え願いたいと思います。

 それから、その下にあります資源物の処分の委託というようなことで、これが前年度251万2,000円と、今回2,900万円、約3,000万円で、約5,000万円ぐらい増というようなことなんですけれども、この資源物の処分のやつなんですけれども、この資源物が字のごとく、何かこれ有料で売買できるようなものがないかどうか。資源物と書いてありますので、この辺を500万円増になっているけれども、その辺のこの増の理由、それと今お話しした資源物のものですからね。何か処分費を払ってやるんじゃなくて、逆にお金をもらうようなことができないかどうか。その内容をお話ししていただきたいと思います。

 それから、じんかい処理の施設工事費として約8,900万円、9,000万円近くになりますけれども、これも詳しくお話ししていただければ幸いに存ずるところでございます。

 それから、90ページ、90ページにおかれまして工事請負費の前川あやめ園の改修工事、これが667万5,000円というようなことで、どのような改修をするんだか、この辺もちょっと説明をお聞きします。

 以上です。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(佐野憲一君) 大平議員の質問にお答えいたします。

 まず、最初に38ページの職員検診についてであります。

 まず、健康診断は国民健康保険の加盟者の健康診断は市がやる、市の健康増進課の方の我々の担当でやる。それから職員の社会保険者の場合には、社会保険の事業者がやることになっております、法律上なっております。ですので、市役所職員の健康診断を市の予算でやるということはありません。通常の場合には、市で行っております健康診断は、来てしまった場合にはやっておりますけれども、通常は行いませんので、大平議員のおっしゃいました職員検診につきましては市が行うことになっております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(久保木裕君) 44ページの15節工事請負費のご説明申し上げます。

 この内訳でございますが、前年度450万円で、今年度550万円つけさせていただきました。100万円増でございます。主なものとしては、100万円の増は新宮地区の区長から要望がございましたし、また議会でも通告で質問がございました北浦ハクチョウ、水原から神宮橋までの堤防の交通安全対策を100万円で区画線等をやっていこうという考え方でございます。

 また、ガードレール設置工事を200万円、これは別工事ですけれども、場所はですね。ガードレールの設置工事が200万円、それからフェンス設置工事100万円、歩道の切り下げ工事75万円、それからカーブミラー設置工事7万5,000円くらいで10カ所ですね。これを75万円、合計で550万円を予定しております。

 ガードレールとかフェンス、カーブミラー等につきましては、今後随時申請が上がってくると思いますので、そこにこたえていきたいというふうに思っております。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 点検整備委託料の内容ですけれども、一つ一つお話しいたします。点検の中で点検をしないと作業ができないというような部分も含めてお話ししたいと思います。

 最初に、暮れの点検でございます。これはピットに入れる前の点検で、これが壊れていますと、もう入れることができない。自主点検の分も含めての問題です。

 それから、これは有害ガス除去装置の点検です。これは非常に難しい内容でございまして、これは法に基づいての対応でございます。

 それから、4分析計点検整備(HLC)等を含めて、これは有害ガスが出ないための点検整備でございます。それ以外にストーカー、トラックスケール、電気装備点検整備、電気点検整備というのは中央制御装置の関係でございます。これを含めて、あと幾つかあります。これらが代表的な部分になっております。

 次に、資源物の処分委託でございます。お話がありましたように、きのうの補正予算でもありましたけれども、資源物の中に、中身というのは主に瓶類、それから紙類ということと、それからペットボトルもございますけれども、そういう中でこれまで日本容器包装リサイクル協会にどちらかというと納めておりました。その理由は平成17年度まででは、有償で処分できるという民間的な発想もあったんですけれども、これに対してもし民間がストップした場合には、日本容器の方では引き受けてくれないという要素もございまして、それらの勘案をして、最終的な調整で、平成18年度では日本包装リサイクル協会ですね、これに対して3分の1、それから残りの3分の2については、自己処分の有償でやっていこうということで、収益性を考えた内容で予算を計上しております。

 それから、塵芥処理施設工事費の8,900万円でございますけれども、冒頭に申し上げましたように、部品交換の中でも安価なものと高価なものがございますよという話もしました。それから、一般可燃ごみの焼却施設は耐久年数もありますけれども、その耐久年数の半ばで当然取りかえなくてはならないものがございます。そういう要素の中で、一つは耐火レンガ、耐火モルタル、これは大体5年に一遍最低取りかえないと、これは消耗ですね。これが大きな予算で1,600万円くらいの費用がかかってきます。

 それから、もう一つ代表的なものとしては、3,000万円ほどの予算がかかりますけれども、2号炉の灰配送ポンプエア改修工事です。これはもともと灰溶融の方へベルトコンベアが全部延びて、飛灰と言われる焼却施設でダイオキシンまじりの残渣が飛んでいたわけですね。それを落として、きれいに整理して、いよいよそれを固形化して処分するときに灰溶融炉の方へ持っていって焼却するわけです。そのときのコンベアを、コンベアは相当傷んでいたんですが、前も一部事務処理したと。これはもう使えない、終わりましたので、シャットアウトしました。今回、これを直接可燃ごみの方で対応できるような形で、老朽化したものなんですけれども、これを新しい取りかえると、これが3,000万円ぐらいです。主な大きな原因はここにあります。

 それから、あやめ園の改修工事の中身ですけれども、先ほどの予算説明の中で幾つか施策内容はお話ししました。それ以外には補助ということで、あやめ園内で老朽化している歩いていく歩道の板橋ですね。ああいうところとか、あるいは盛り土が崩れたときとか、そういういろんなもの、園内の改修を含めまして、我々一言で言えば圃場整備ということで、480万円を組んでいます。それ以外に園内の改修も含めております。それから、先ほど言ったお話で、それで667万5,000円の金が含まれております。

 いずれにしてもあやめ園に来るお客さんをスムーズにお迎えして、喜んでいただけるということで、あやめ前にはきちっと整理したいと思っています。

 以上です。



○議長(高塚直君) 6番、大平君。



◆6番(大平幸一君) よくわかりました。

 それでですね、この辺は一応この塵芥処理の方で、まず点検の方、有害ガスが主なものだというふうなことなんですけれども、これが業者、これは今までなんですけれども、ある程度の業者がいて、その辺の業務の金銭的な数字的なものも比べるような状況も行っての委託というようなことが行われているのかどうか。

 また、現在においては独占だというようなことで、1社当たりが独占でやっているというようなこともあろうかと思うんですけれども、その辺ちょっとお話ししていただいて、これはいろいろと自治体においては処分をやっているわけですけれども、そういうこの金銭的な、数字的な問題の比べなんかも精査もその辺は実施しているのか。今回は一応2,400万円のアップというようなことで、詳しくは詳細にやるための金銭的なアップというようなことなんでしょうけれども、今お話ししたようなことをちょっとまた再度質問します。

 それから、当然のこと、この資源物の処分の委託というようなことでお話がございました。日本包装容器リサイクルというようなことで、ここへ頼めば安心だというようなことで、今までそういう形のものでやっていましたけれども、今のお話ですと、3分の1はこの日本包装容器リサイクルの方へもやって、あとの3分の2は有償でできるものはやるというようなことですね。当然こういうことになりますと、計上する数字も、私はアップじゃなくて、逆に言うとダウンするんじゃないかというようなことも考えられるんですけれども、そうしてもやっぱり500万円アップなんですか。これもちょっと再度ご答弁願いたいと思います。

 それから、この問題については、ごみ処理上の問題、この塵芥処理については、やはり炉についても平成3年から稼働しているというようなことで、いろいろと修理等もかかるというようなことで、私も理解しております。今のこの点検についての業者の問題、そしてこの処分の問題、資源のですね、500万円アップ、この辺も再度ご答弁願えたらと、このように思います。

 あと、90ページの今お話ししたあやめ園の問題、この問題に関しまして、いろいろと整備をしていただきまして、観光客にすばらしい施設ができるような体制づくりをつくるんだというようなことで、大変結構なお話でございます。

 それでですね、このあやめ園に関しては、今、無料で入園していただいて、皆さんに見ていただいているような状況になっているんですけれども、これも維持管理に関しても結構な金額がかかっております。そういう中で経費をかけるんだけれども、今後は何か入園者に少しでも負担していただくような形のものも考えられないものか。以前にも一般質問の中にもそういうお話もございましたけれども、現在の現時点で、今後の課題として、そういうものを考えられないのかどうか、その辺もひとつご答弁願いたいと思います。

 以上です。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) この点検整備の中で、特殊性のあるもの、先ほど言ったように中央制御室ですね。こういうものは外部を入れてということではなくて、これはやはり責任ということで、何か不祥事が発生したら、これはもう大変なことになりますので、そういうところからいきまして、先ほど言った点検とか、そういうものは別にしても、これはその方々に責任を持ったやり方でやっていただかなければならないというふうに考えております。

 それから、2点目のお金がアップしているよということで、私はそういう意味での話、ちょっと漏れましたけれども、厳密に言いますと、平成17年度ではガラス残渣といいまして、ガラスの落ちこぼれ、殻ですね、こういうものに対する計上はしていませんでした。これは18年度で初めてのガラス残渣の処分ということでの予算計上になっておりましたので、この辺の影響でふえてきているということになります。よろしくお願いしたいと思います。

 それから、あやめ園の有料化については、これまで他の方々からもいろいろ出ています。いろいろ意見が大きく2つに分かれます。1つは有料化して、もっともっといいものを、グレードの高いもので呼んだらどうだということ。もう一つはお金を取らない、どこからでも入れる。別の意味の意見もございまして、なかなかそれを取りまとめして、有料化にするというところまで踏み切りまではまだ行っていないのが現状ですので、きょうご質問いただいた件については、まだ内部でそれなりに検討させていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(高塚直君) 6番、大平君。



◆6番(大平幸一君) 大変わかりました。

 それで、今の最後のそのあやめ園に関しましては、今後の課題として、隣接する佐原市等におきましては、入場料700円というようなことですので、なかなか徴収する体制が非常に難しい場所でもあります。私もそれは認識しております。

 そういう中で、金額はその半分でも、そのまた3分の1でもというようなことになりますと、それを人数が多ければ結構な金額になってきますし、そういうことも今後の課題として、ぜひ考えていただいて、少しでもあやめ園に対する財政的な問題もそうですけれども、寄与できればというようなことで、一つの考え方として、ひとつ今後とも我々としても考えていきますし、また執行部ともども今後進めていきたいというようなことですので、ぜひその辺も要望しておきます。

 以上です。



○議長(高塚直君) 10番、今泉君。



◆10番(今泉利拓君) 3時まで五、六分ですから、簡単に質問しますから、簡単に答えてください。

 1点目は、38ページ、委託料で区長回覧物配布委託というのが30万円のっているんですね。これは果たして、だれにどう委託して、区長さんに渡す回覧板、全部この人たちが配ってくれるのかどうか、それが第1点。

 それから、第2点といたしまして、43ページ、企画費ですね。企画費の中で、補助金、自治総合コミュニティ総合助成金、これ東区の子供みこしだそうですが、250万円、これは幾らのものをつくって250万円補助出すのか。これは前例として、こういうものが出た場合には、これから後も支給してくれるのかどうか、それが第2点。

 それから、59ページですか、敬老会、一般質問の中でも大分今のやり方は余り評判がよくないんで、考えたらどうですかと、やり方をね。そういうふうに申し上げてあるんですけれども、従来どおりの予算が組まれていると。果たしてまた昨年と同じようなやり方でおやりになるのかどうか、その辺を説明してください。

 それから、68ページですね、これは言葉の意味ですけれども、負担金、補助及び交付金のところで、負担金で日本学校健康と書いてあるんです。6万7,000円、額は少ないんですけれども、これは一体どういう意味なんですか、さっぱりわからないです。これ説明してください。

 それから、72ページ、委託料のところで、休日在宅当番医診療委託で310万5,000円のっかっているんですね。これは玉造と麻生の境に行方地域総合病院ができましたけれども、今でもやはり休日当番医というのを置いておかなければいけないのかどうか。その辺はどういうお考えなんでしょうかね。

 それから、額が小さいんですが、114ページで文化協会への補助が198万5,000円、これも額は小さい、団体の割に小さいんですが、果たして平成18年度は17年度に比べて、ふえているのか減っているのか、それ説明してください。

 以上です。簡単でいいですよ、回答は。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(久保木裕君) 区長回覧配布物の委託でございます。30万円新たに予算化しました。これにつきましては、月2回ほど頼む予定でございまして、12カ月で30万円予算計上しました。これについては、職員OB等を考えております。



○議長(高塚直君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(根本勝雄君) 43ページの自治総合コミュニティ助成金の事業でございます。これにつきましては、これも宝くじの事業でございまして、この250万円は交流地域振興の中での限度額でございます。今年度も、17年度も日の出を実施しております。希望をこちらでとっておりまして、今も多くの部署が出てきていますが、順次県の方というか、自治総合の方で認められた分から実施をしているところでございます。

 以上でございます。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(佐野憲一君) 敬老会の質問にお答えします。

 敬老会につきましては、昨年と同様におおよそ250万円ほどの経費を予算化しております。敬老会につきましては、毎年実行委員会等を開きまして、その開催方法等、開催日等を決定しております。こちらに議会等、それからいろんな区長会等からも要望が出ておりますので、18年度につきましては、なるべく早い時期に実行委員会等を開いて、どういうような敬老会がいいのか、検討しながら進めていきたいと思っております。それにあわせて予算の流用ができるものは流用して、またできないものは補正をお願いして対応するつもりでおります。



○議長(高塚直君) 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(前島操君) 68ページの19節日本学校健康でとまっております日本学校健康センターで、これは子供たちが保育園でけがをしたときの保険を掛けているところでございます。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(佐野憲一君) 休日当番医についてのご質問にお答えいたします。

 休日当番医につきましては、休日69日分の委託料を1日4万5,000円で計上しております。

 緊急等につきましては、病院の輪番制、あるいは鹿嶋市、平日夜間小児診療所、それから、こちらの休日当番医制度で対応するというような傾向をとっております。

 以上でありますので、これからも必要であると考えておりますので、当分はこれを見守っていきたいと考えております。



○議長(高塚直君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 文化協会の補助金でございますけれども、17年度と18年度と同額でございます。

 以上です。



○議長(高塚直君) 暫時休憩をいたします。再開は3時30分といたします。よろしくお願いを申し上げます。

                    (午後3時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後3時26分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 10番、今泉君。



◆10番(今泉利拓君) 先ほど答弁をいただきましたが、一つだけ、38ページの区長回覧物配布委託30万円、市役所のOBを使うということですが、助役に伺いますけれども、年がら年じゅう経費削減、金がない。そうした中で、これ新たな予算づけでしょう、30万円は。違うんですか。なぜその市役所のOBに頼まなければいけないのか。市役所の職員が忙しくてしようがないということですか、私はそう見えない。この辺どうなんですか。



○議長(高塚直君) 助役。



◎助役(小沢一廣君) これは総務部のいろいろ苦慮したところでありまして、今、月に2回、職員が区長さんに回覧をしてもらうにように、回覧の文書を運んでいるそうであります。そういうことで今回12名の職員が退職して、3名の職員しか入ってきませんし、各部課減らしていかなければなりませんので、退職者等から、またシルバーか、そういう方からそういう配達してくれる方を1回5,000円とか3,000円とか、そういうふうに決めてやったらどうかという提案がありましたものですから、それは経費節減でいいじゃないのかなということで、オーケーを出したわけであります。



○議長(高塚直君) 10番、今泉君。



◆10番(今泉利拓君) どうしても人数が足りないということなんでしょうか。私はやっぱり少なくなったら少なくなったということを念頭に置いて、職員の割り振りをすれば、これは乗り切れるというふうに思います。安易に数が足りなくなったから、外部の人に頼む、これでは行政改革になりませんよ。あえて申し上げておきます。



○議長(高塚直君) 助役、答弁ございますか。



◆10番(今泉利拓君) 要らない。答弁要りません。



○議長(高塚直君) 5番、橋本君。



◆5番(橋本きくい君) 私は提言の方なんですが、2年間の委託の運営を見たり、あるいはすべてに対して年寄りの目から見て、いろいろ考えていますけれども、みんな答弁しているあやめの公園の問題もこんなに毎年毎年1,000万円近くの維持費をかけて、お金も入らないということは、そこに何が原因しているのかなということを考えたことがあるのかどうだか。

 そして、私の提言は思い切った観光行政を考えなければ、あやめに頼ることはどうかなと。これ以上ね、あやめ公園を毎年毎年きれいにしたからって、人はそんなに金をおろしていきませんよ。やはり観光行政ですよ。そういうことをこれから幅広く皆さんに問いかけて、観光行政を見直した方がいいと思う、私は。だから、1億円ぐらいかけて、温泉をひくこと。これは今、佐原の先の方に温泉を引いたところあるのよ、山の中に。いや人が毎日のように大勢ね。そういうことで発想の転換をしなければ、私は潮来は生き延びられないと思う。

 そういうことは我々のような過去を持つ人間が何か提案するということがね、だから、観光行政の答弁はだれかしてください。提言。



○議長(高塚直君) 5番議員さん、ちょっと失礼します。質疑ですから、先ほど申し上げましたように、これに対しての質疑でお願い申し上げます。



◆5番(橋本きくい君) ああ、そうけ。私はあやめ公園のことを聞いたから、継続で、私も質問させてもらおうかなと思ったものだから、あのとき手を挙げたら、ほかの人が出てしまったから、今継続でお願いしています。



○議長(高塚直君) ほかにございませんか。

 4番、吉川君。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川でございます。幾つか確認させていただきながらやっていきたいと思います。

 まず、第1点でありますけれども、平成17年度の予算では水郷潮来ハーフマラソン、これが休止になりました。大変厳しい財政事情だということで、私もそういう認識をしておりますけれども、平成18年度、来年の予算ですけれども、事業の見直し等が行われて、むだを省いた予算が編成されたものと確信をしております。

 そういった中で、休止、あるいは廃止されたものがあると思います。先ほどもるる聞いていたんですけれども、なかなかちょっと自分でメモをするまでもいかないという状態だったものですから、この辺をまず要領よくまとめて、もう1回答弁いただきたいと思います。

 次に、18年度選挙の年でもあります。県議選、あるいは市長選、農業委員会とか何かとありました。ここを見ますと、ここだけでも時間外勤務手当が相当あるんですよね。潮来市全体での時間外勤務手当はどのくらいなのか。そして、諸手当のうちのどのくらいの構成率になっているのか、これをまずお伺いしたいと思います。

 次に、これは所管になってしまいますけれども、議長、簡単にちょっとお願いしたいと思いますけれども、議会の旅費のうち、特別旅費というのがあります。これはどういう内容なのか。今答弁結構ですから、この次の本会議のときにはペーパーでいただければ、きょう全員いますので、ぜひお願いしたいと思います。これ要望しておきたいと思います。

 次に、これは前の定例会にもちょっと質問しているんですけれども、提言もしているんですけれども、37ページの旅費、特別旅費の中に、市長の海外渡航費が今回は含まれているのかどうか。含まれているか、含まれていないか。もし含まれているとすれば、幾らかと、これだけで結構です。

 それから、もう1点、これ10節の市長交際費であります。予算を見ますと、247万円という金額が出ております。16年度の決算では234万円だと、若干ふえていますけれども、この積算の根拠について項目をお願いしたいと思います。

 次に、103ページに行きます。103ページの13節委託料であります。海外派遣委託、これが457万5,000円という内容になっております。海外派遣は、ことしはどこへ行かれるのか。そして何人か、個人負担はどのくらいかかるのか。きょうは2004年のを持ってまいりました。大変すばらしい成果が上がっているんですよね。サンアントニオに行った成果、教育長のリポートがここに入っていますから、大体わかりましたけれども、ポイントだけもう1回まとめていただきたいと思います。

 それから、これは市長にお伺いした方がいいんでしょうかね。サンアントニオからのかつては潮来にも来ていただいたと。こちらから行っていますけれども、今後、友好都市として締結してやっていってはどうかなと。何か中国とはやっているという話を聞いておりますけれども、ぜひその辺をお伺いしたいと思います。

 次に、121ページであります。9目文化財保護費、この19節の補助金とあります。郷土芸能の潮来ばやし、この保存会に予算が6万5,000円ついております。この6万5,000円という根拠は何かと。何か太鼓、鼓、その他やるだけでも大変な負担がかかるということであります。郷土芸能ですから、これからますますこれ重要に保存していかなければならないことじゃないのかなと思いますので、この辺に対する心配りというか、考え方をお伺いしたいと思います。

 それから、これは124ページでありますけれども、図書館の備品の購入、この内容についてお伺いしたいと思います。

 市長の所信を見ますと、図書館が大きな財政負担になっているということを述べております。これはもうつくる前から当然わかったことだと思います。地方財政難を反映して、公立図書館の資料が6年減少だということが先般新聞に出ておりました。1年間に出版される新刊書は、全部買うと大体2億円最低必要なんだそうであります。図書館機能に支障が出てくるんじゃないのかというのが今私が心配していることであります。今後の対応をどのようにするのか、この辺に答弁をお伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(高塚直君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(根本勝雄君) 予算全体の中での休止、廃止ということでございますが、なるべくできるものについてはやっていくということで、このマラソンの事業を休止したという中で、大きな休止、廃止が18年度予算編成の中ではありません。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 市全体の時間外というようなことでございますが、まことに申しわけないんですけれども、手元に資料を持ってきませんでしたので、後日お話ししたいと思います。

 方針としては、給料の2.3%というふうに記憶はしておりますが、定かでございませんので、後でご報告させていただきます。



○議長(高塚直君) 行財政改革推進室長。



◎行財政改革推進室長兼秘書広聴課長(矢幡安一君) 特別旅費の中に海外分が含まれているかでございますが、含まれております。金額にしまして65万円であります。

 それから、市長交際費の積算の根拠というふうなことでのお尋ねでございますけれども、平成16年度決算値が234万2,000円というのが出ておりまして、17年度当初予算で270万円ありましたものを23万円、8.5%を減額して247万円というような形で実績値に近づけた次第であります。

 以上です。



○議長(高塚直君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) まず海外派遣のお尋ねでございます。17年度は生徒が18名、それから引率が学校の先生を含めて2名ということで、20名ということで実施しておりまして、18年もその以内ということで実施したいというふうに思います。

 それから、個人負担ですけれども、生徒7万円ということで負担していただいております。

 それから、成果でございますけれども、これは異文化体験で、子供たちもホームステイしまして、非常に中学時代にすばらしい経験してきて、今後それがあらわれていくのかなということでの成果というふうにとらえてございます。

 それから、121ページの文化財の6万5,000円の潮来ばやしの補助でございますけれども、これは楽器といいますか、その辺の修理等補てんする、賄う補助ではないというふうに考えておりまして、運営、会議とかそういう集まったときの費用に充てているというふうに考えております。

 それから、気配り、心配りということでありますけれども、なかなかそこまで補助するというのは難しいというふうに考えております。

 それから、124ページの図書館の備品でございますけれども、これは先般お話がありましたように、図書館の図書購入費が6年間減っているということもありまして、うちの方は幸い5月開館で、9万6,000冊新しい本があるわけでございまして、18年度はこれだけ予算をつけていただければ、新しいものが入って、利用者にも喜ばれるんじゃないかというふうに思っております。

 今後のことでございますけれども、やはりこのぐらいの予算を最低でもつけていただければありがたいというふうに思っております。



○議長(高塚直君) 市長の友好都市との関係という。

 市長。



◎市長(今泉和君) アメリカ・サンアントニオ市との友好姉妹都市等につきましては、できればすばらしいことだなというふうに思っていますけれども、現在のところ、その機運はまだまだ先の話かなというように考えております。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 時間外の件でございます。給料全体の2.3%というようなことで、2,630万円を計上してございます。

 以上です。



○議長(高塚直君) 4番、吉川君。



◆4番(吉川俊君) 吉川です。

 答弁いただきましてありがとうございました。

 まず、時間外勤務手当のことでありますけれども、2,630万円、これ大変な額だと思います。何かこれを減らす方法をいろいろ考えてみましたけれども、後に休むと、休んでもらうということで、時間外は変わらない方法と、こういったことをぜひご検討いただきたいと思うんですよ。現に私の前にいた職場ではそうだったんです。県の予算がもう決められていました。ですから、もう徹夜で仕事をした。次の日休めということで代休で対応した。ですから、その時間が入らないということをやっていましたんですね。そういったことをぜひこれから市の方でも考えていただきたいと思います。

 それから、海外渡航費は65万円、わかりました。予算組んであるということを確認できました。ありがとうございました。

 それから、市長交際費ですけれども、先般お尋ねしたときには、減らす努力をしているということでありましたけれども、さっぱり減らされていないなというのが私の今感じている実感であります。予算は組んだけれども、執行の段階で努力していくというふうに今理解しましたけれども、そういうことでよろしいでしょうか。それまたちょっと答弁いただきたいと思いますけれども、ですから決算の段階では……、いいですか、何か市長からいろいろ指示があるようですが、いいですか。決算の段階では、少なくなっていることを期待しています。

 それから、海外派遣であります。海外派遣18名の方が行かれたと。そして、きょうこちらへ持ってまいりましたけれども、これ見ますと62名の方が応募されているんですよね。行きたいと希望しているんですよ。実際に行った方が16名、これ2004年ですけれども、これでいいのかなと感じを実は持ったんですよ。ですから、1人7万円補助しているんですよね。これを半分にして倍の方がいらっしゃれないということもぜひご検討いただきたいと思うんですよ。まるっきり自費で行けということでなくて、少しは補助しましょうよと。それでもって多くの方に体験させるというのが将来の潮来市のためにはなるのかなと。日本のために……

     (「自己負担7万円」と呼ぶ者あり)



◆4番(吉川俊君) 自己負担7万円でしたっけ、自己負担7万円でいいですね。ですから、そういうふうに幅広く多くの方に行く機会を与えてやるということが、これ教育行政の大事なところかなと感じておりますので、その辺のお考えをお聞かせいただきたいと思います。

 それから、潮来ばやしの関係であります。今、郷土芸能というのはあちこち見直されております。補正を組んだり何かしてやっているところもあります。ですから、潮来もこの潮来ばやし、ふるさと回帰というんでしょうか。ふるさとへ帰ってくるのはお盆よりもお祭りが多いということを聞いております。まだまだ力を入れて潮来市の再生のためにもその辺を考えていただくと大変ありがたいと思います。

 それと図書館の備品のことで関連してご提案申し上げたいと思うんですけれども、もっと広域的な発想で取り組みできないかということであります。行方は今度市になります。行方市も単独で場合によっては図書館をつくるのかなと、一部そんなふうに聞こえてきております。だったら潮来と一緒に図書館の運営をやってはどうかと。できるかどうかわかりませんけれども、この辺もご検討いただきたいと思います。そして、かかったらば、その幾らかでも行方市の方にもご負担いただくということでやっていけば、財政的な負担は少しは軽くなるのかなと。私も現に鹿嶋、神栖の方の図書館を利用させてもらっています。潮来市からお金が行っているかそこまでわかりません。多分行っていないと思います。潮来市と行方市で連携しながらやっていってはどうかということをご提言いたします。

 次に、43ページです。19節の補助金、これでアヤメ・花ショウブ花いっぱい運動の話が出ました。これは具体的にはどのような考えで進められるのかお伺いしたいと思います。

 そして、次に、59ページであります。13節の委託料、外出支援サービス事業委託99万2,000円とあります。これは具体的にどのような支援なのか、これ民生費ですね、お伺いしたいと思います。

 そして、61ページ、20節扶助費の老人保護措置費2,222万5,000円とありますけれども、この性格はどのような性格なのかお伺いしたいと思います。

 それから、62ページであります。6目の障害者福祉費、この中で障害者福祉計画調査業務委託料400万円と入っております。先ほど若干説明ありました。この400万円と既に潮来市福祉事務所編ということで、潮来市障害者計画、平成15年から24年までのものがありますけれども、これとの絡みはどのようになっているのかお伺いしたいと思います。

 それから、70ページであります。生活保護費の20節扶助費、生活保護費4億1,860万5,000円あります。先ほどは社会福祉課長から件数と人数のご説明がありました。金額はわかりますけれども、県内でも上から数えて潮来は大変多く補助を出しているということであります。この辺の考え方と、今後さらにどのように、余り負担をかけないようにですね、そしてお年寄りには−−お年寄りばかりじゃないでしょうかね、生活保護ですから−−対応していくのかお伺いしたいと思います。

 それから、衛生費のうちの72ページであります。2目の予防費、これは多分お年寄りが対象なのかなと思いますけれども、小さい子供を対象にさらにここに入らないかどうかということであります。

 次に、86ページであります。農林水産費の関係でありますけれども、7目の道の駅潮来維持管理負担金385万円とありますけれども、この性格はどのような性格なのか。そして、市が負担しなければならない根拠を教えてください。

 次は、今度商工費であります。91ページ、19節の補助金、あやめ祭り大会、これ先ほどありましたから結構です。このあやめ祭り大会のときに、あやめ祭り関東俳句大会というのが行われているようであります。私も通知をいただきました。これに対して、市はどのようなかかわりを持っているのか。

 関東俳句大会ですけれども、これ全国大会にはならないのかどうか。ちなみに調べてみましたら、新治村は小野小町のところなんですよね。小野小町の里文芸大会とか何かということで全国からこうやっているんですよね。たくさんの方が応募されています。俳句、短歌、川柳、それから都々逸、そんなものまで、そしてすばらしい本まで出しております。これは観光、6款商工費ですけれども、ちょっと視点を変えて、これは教育生涯学習的な観点からご答弁いただければありがたいと思います。

 それから、9款、102ページであります。102ページの2目事務局費、ここに教育相談員の3人、先ほどもご説明ありました。456万円というのがありますけれども、これ対前年比ではどうなのかということであります。決算では調べてみますと、15年度が396万円、16年度も396万円、同じ金額であります。若干ふえていますけれども、この辺の内容についてお伺いしたいと思います。

 そして、適応教室が今回できるということで、大変すばらしいなと思っておりますけれども、この職員の経費はどこにあるのかと。この辺もご教示いただきたいと思いますし、教育相談員につきましては、先般の毎日新聞ですけれども、記者ノートに載っておりました。これ教育長さんごらんになっていますよね。毎日新聞ね。潮来の教育相談、大変すばらしい成果を上げているということが出ておりました。実はある方から、今度先生がやめてしまうんだというような話を聞いたんですよね。そのようなことがあるのかどうか。何か3月いっぱいでやめてしまうんだそうですか。ですから今訪問相談を受けている方が、いやもう大変心配になってしまったというようなことでお話がありましたので、その辺はどのような取り組みをされているのか、まずこれもお伺いしたいと思います。

 次に、104ページであります。19節の補助金で、清真学園私学振興対策10万円、佐原高校定時制教育振興1万4,000円、鹿島学園私学振興対策10万円、なっておりますけれども、潮来市が補助金を出している理由、それから、それぞれこの学校に潮来から−−潮来市民の方ですよ、何人お世話になっているのか、この辺を当然つかんでいると思いますので、教えていただきたいと思います。

 それから、123ページであります。15目の国民文化祭事業負担金が26万9,000円とありました。先ほど若干説明ありましたけれども、もうちょっとわかりやすくご説明いただきたいと思います。

 同じく123ページの13節であります。給料、これは図書館の職員の方の給料はどこに入っているのか、幾らなのか、この辺をお知らせいただきたいと思います。

 以上であります。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 時間外の件でございますが、全体で先ほど言った金額であります。代休とか休みをとってやってもらった方がいいでしょうというようなお話でありますが、確かにそういうふうなことで、振りかえ制度をとってやっております。振りかえ制度をとってやっていながらも、どうしても時間的に払わなければならない部分がございます。こういうようなことで節約はしているんですけれども、こういう金額になってしまうということでございますので、ご理解のほどをお願いしたいと思います。



○議長(高塚直君) 行財政改革推進室長。



◎行財政改革推進室長兼秘書広聴課長(矢幡安一君) 先ほどの特別旅費で訂正をお願いしたいと思います。特別旅費、先ほど65万円というふうに申し上げましたけれども、63万円にお願いしたいと思います。63万円で積算をしています。

 それから、市長交際費の方でございますけれども、市長の交際費については、前年と比較として23万円、8.5%削減をして予算計上しています。議長交際費、それから市長交際費、各5%削減ですので、さらに踏み込んで経費節減に努めているところでひとつご理解をお願いしたいと思います。



○議長(高塚直君) 農政課長。



◎農政課長(香取昌衛君) すみません、ちょっと休憩を。



○議長(高塚直君) 暫時休憩を願います。

                    (午後3時56分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後3時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 花いっぱいということでのご質問でございます。これは毎年市営あやめ園につきましては、園内の土壌の改良を3年ないし4年に一遍交換しながらやらないと、アヤメというのは適切に咲いてくれません。そういうことで土壌改良をやりながら、花ショウブの植えかえを行っているところなんですけれども、その際に花ショウブの株が出てきます。捨てるものと新しく植えかえるものというふうに分け方するんですけれども、そういう株を利用してということで、市民の方々から希望を募って、貴重な花ショウブの苗を利用して、1人1鉢運動を展開しようということで進めているんです。

 その中身としては、現在具体的にどうだということでは言えませんけれども、対応についての協議を今進めております。これらについての効果ですね、このアヤメを後世に伝えていくということが大きな目標の一つでございます。と同時に市民への観光客に対するもてなしの醸成も図れるのではないかということで、現在対応を協議会の中で進めておるところでございます。

 以上です。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(佐野憲一君) 59ページの外出支援サービスの内容についてお尋ねでしたので、お答えいたします。

 この外出支援サービスにつきましては、おおむね65歳以上の高齢者であって、一般の交通機関を利用することが困難な方、あるいは下肢不自由な方等に対しまして、月2回社会福祉協議会へ申し込んでご利用はできるというような制度であります。現在65名程度の登録者がおりまして、利用者数は32名ほどであります。

 続きまして、61ページ、扶助費、老人保護措置費であります。これらにつきましては、鹿行潮来荘へ委託している扶助費であります。現在8名ほどの入所者がおります。ほかに埼玉県のひとみ園というところに1名が入って入所している扶助費であります。

 続きまして、62ページの障害者福祉計画の委託料であります。この計画につきましては、昨年来、支援法が制定いたしまして、今までつくってありました障害者計画を改定して、新たな計画をつくるということで、これは法律がたしか定められていたと思います。18年度策定をしていきたいと考えております。

 それから、もう一つ、72ページの予防費、ちょっと休憩をお願いいたします。



○議長(高塚直君) 暫時休憩いたします。

                    (午後4時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後4時01分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎市民福祉部長(佐野憲一君) では予防費についてお答えいたします。

 この委託料、13委託料でやっているわけですが、これらについては当然この中にも予防接種法に基づきまして、子供の分も含んでいるということであります。



○議長(高塚直君) 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(前島操君) それでは、70ページの生活保護費の関係でございます。

 県内で潮来市の生活保護の状況ということでございますけれども、毎月県内市町村の生活保護の状況というものが送られてまいります。その中に市町村の保護率が出ておりまして、潮来のその保護率は県内では一番高いときで3番、それから5番という、その辺のところの位置になっております。やはり保護率は人口が3万1,000余りと少ないですので、生活保護受給者がふえますと、この保護率はすぐ上がってしまいます。潮来の状況はそういう状況です。

 それから、今後の対応ということですけれども、現在も生活保護の開始に当たりましては、それぞれケースワーカー、生活保護法に基づいた調査を適正に行っております。今後も生活保護受給者に対しても、自立に向けた指導を行ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(高塚直君) 農政課長。



◎農政課長(香取昌衛君) 86ページの19節負担金、補助及び交付金の道の駅委託を維持管理負担金385万円でございますけれども、24ページの歳入で、県支出金農林水産業県負担金ということで385万円、同額を計上させていただいております。県施設に伴う維持管理費でありまして、電気、水道、電話、下水、放送受信料に対する負担金で、県より385万円を受け入れまして、管理しております株式会社潮来の方へ支出をしております。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 第55回潮来あやめ祭り観光俳句大会ということでのご質問でございますけれども、この行事につきましては、年々会員の方がふえていると思われます。今回も私どもの方の所管の観光商工課の方にお願いが来ておりまして、6月11日に潮来公民館についての手配を私どもの方で全館とっております。これからも協賛行事として、これからも頑張ってまいりたいと思っております。

 それから、提案のありました生涯学習課との協議については、今後対応してまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) まず、海外派遣の件でございます。負担金をふやして海外派遣の子供を多くしたらいかがかということでご提案ございましたが、これはホームステイということの制約がございまして、向こうの家庭が子供たちを受け入れてくれないとならないということもございます。それから、この社会情勢下、負担金をふやして、果たして応募がふえていくのかどうかということもございますので、今後の研究課題というふうにとらえてございます。

 それから、102ページの教育相談の予算のまず関係でございますけれども、まず嘱託員ということでございますので、報酬ということで、ここに3人456万円ということで掲載してございます。前年は396万5,000円ということで若干伸びております。

 それから、適応教室の方、18年併設していきたいということでの予算づけが7節の賃金に277万2,000円ということで計上しております。この辺を使いながら、組み合わせながら実施していきたいというふうに考えております。

 それから、今申し上げましたように、嘱託員ということでございますので、現在相談員の先生方、長い方で平成7年から継続してやっておりますので、市としましては、平成16年に嘱託員の見直しが総務課の方でありまして、その辺の総務課の指導もございまして、まず5年契約の、最初5年と、1年ずつ契約していくというような指導もありました。そういうことを勘案しまして、今回このようにさせていただいたわけでございます。

 それから、今相談されている児童・生徒の不安もございましょうけれども、それはきちっと継続して、そのようにないようにしていきたいというふうに思っております。

 それから、104ページの清真学園等の補助金でございます。これは去年と同じなわけでございますけれども、人数等につきましては、ちょっと手持ちに資料を持ち合わせないので、後で調べて報告させていただきます。

     (「行っているんですね」と呼ぶ者あり)



◎教育次長(内田正雄君) 行っています、これは。

     (「全然行っていないということはないですね」と呼ぶ者あり)



◎教育次長(内田正雄君) ないです。よろしいですか。はい、わかりました。

 それから、123ページの国民文化事業でございます。これは平成20年に一たん茨城県に回ってくるということで、それの準備といいますか、それの実行委員会の補助でございまして、昭和61年に東京都で第1回国民文化祭が開催されたということでございます。それで、ことしは山口県で開催されます。そういうことで、そういう全国各地でさまざまな文化活動を一堂に集って、そこで発表して交流を図ると、そういう事業でございます。

 これからのことでございますけれども、今準備は始めたんですけれども、こういうチラシができております。

     (「答弁漏れがあります」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) ちょっと待ってください。



◎教育次長(内田正雄君) 失礼しました。図書館のこの6,900何がしの中には人件費は入ってございません。それで社会教育総務費の中に、これ1月1日現在の人件費ということで、予算づけしますものですから、図書館に何人来るかわかりませんけれども、そちらの方に入ってございます。

 以上です。



○議長(高塚直君) 4番、吉川君。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。それぞれご答弁いただいてありがとうございました。

 時間外の件ですけれども、半分でも3分の1でも結構ですから、減らすような努力をぜひして、市民の方にわからせるように努力してください。これお願いしたいと思います。

 それから、サンアントニオホームステイ、これ大変難しいかもわかりませんけれども、希望している方はたくさんいると。しかし、財政的にはなかなかそのようにいかないということでありますから、ぜひこの辺も一度にはホームステイなかなかだめだと思います。しかし、水戸市なんかはいい例なんですよね。アメリカのアナハイムシティとちゃんと手をつなぎまして、アナハイムの名誉市長には幡谷祐一さんがなって、そして大変交流もよくやっております。そして、水戸市内の通りですけれども、アナハイム通りという道路もつくってしまいまして、向こうから持ってきたハナミズキ、こういうのを植えてちゃんと管理してやっているんですよね。ですから、そういったところまで発展させていただけると、行った方もいいでしょうし、それから周りの方の応援もどんどんできるのかなということでございますので、この辺もぜひそういったことでお願いしたいと思います。答弁結構です。

 それから、先ほど答弁いただけなかったんですが、行方市と潮来市で図書館の運営はどのようにするかというようなことを、そういったことも考えていたらちょっと教えていただければありがたいと思います。

 それから、先ほど市民福祉部長からいただきました外出支援サービス事業99万2,000円ですね。これについては65歳以上の方が月2回でしょうか。残念ながら市民の方は知らないという人がたくさんいます。ですから、今回私は通告でもって輸送サービスの問題をお尋ねしようと思っていました。またお尋ねしますけれども、この件については、現在65名の方が登録−−65名の方とおっしゃいましたっけ、登録されているのは。そうですよね、利用された方は32名ということでしたよね。ぜひ広く多くの方に知らせていただけるとありがたいと思うんです。

 家の中にこもってしまった方がお年寄りの方がたくさんいます。足がなくて動きがとれないんだということで、家の中に縮こまっているんですよね。大変気の毒です。ですから、こういうことがありますよということを知らせていただければ、若干負担がかかっても、その方たちは利用していただけると思います。

 それから、62ページの障害者福祉費の関係ですけれども、これは別物というふうに理解してよろしいですね。全然別個だというふうに、これ市民福祉部長ですけれども、潮来障害者計画、この既存のがありますよね。それとは全然別個と。

     (「改訂版です」と呼ぶ者あり)



◆4番(吉川俊君) 改訂版ですか。はい、わかりました。

 それから、これは前島課長の方からありましたけれども、ぜひ自立させる方法、自立してもらう方法、これをご検討いただきたいと思うんですよ。でなければ、またまた出てくると思います。読売新聞にも先般報道されました。ですから、潮来は何でこういう実態なのということが出ております。ぜひ自立していただくような方策もご検討いただければありがたいと思います。

 それから、先ほどあやめ祭りの関東俳句大会のことを鈴木部長から答弁いただきましたけれども、これは教育サイドからはご答弁いただけませんでした。教育サイドではこの辺はどのようにお考えか。先ほど新治村のお話ししました。小野小町の里ということをお話ししましたけれども、ぜひ潮来市は一つですから、ついでですから、ちょっと参考までお話ししましょう。



○議長(高塚直君) 4番、吉川議員さん、途中ですけれども、たくさんまだ質疑があると思いますので、できるだけ省略してお願いします。



◆4番(吉川俊君) わかりました。これは山形県の鶴岡市なんですよ、渥美町という、これ中学生が修学旅行で東京へ行きまして、東京でキャンペーンやっているんです。ですから、観光行政と同じなんですよ、学校教育。そういった取り組みをやっていましたので、ここには2学年修学旅行隊としまして、聞いたらば80名来ている。東京都内の駅、3カ所に分かれてキャンペーン、郷土芸能を披露していたんですよ。マスコミも各社来ていました。そういったこれからは発想も必要なのかなと思います。

 そういった意味で今言いましたように、俳句大会、これ教育サイドからもご答弁いただければありがたいと思います。

 わかりました。では、その辺できょうは終わりにしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(高塚直君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 先ほど図書館の広域のことで答弁漏れまして失礼しました。

 複数の自治体が経営する図書館の公益性というのはちょっと難しいのかなというふうに考えております。ただ、図書費用につきましては、これは当然利用者の利便を考えて、借り入れられるように連携を図っていきたいというふうに考えております。

 それから、俳句大会のご提案でございますけれども、先ほど環境経済部長がお答えしたとおり、うちの方では初めてのことの提案でございましたので、ちょっと研究していきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(高塚直君) 5番、橋本議員。



◆5番(橋本きくい君) ちょっとお尋ねしますが、この書類の中に前川ふるさと整備事業の予算とか何かが入っているんですか。



○議長(高塚直君) 暫時休憩します。

                    (午後4時15分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後4時17分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 今の質疑にご答弁願います。

 企画財政課長。



◎企画財政課長(根本勝雄君) それでは、橋本議員の質問の前川の関係でございます。いろいろご協力ありがとうございます。

 ご協力いただいている件につきましては、県の管理用道路等については、県の事業の範囲なんです。ですので、一応県の方で要望のところを中心にやっているんですが、市の方もやはり地元のことですので、いろいろと一緒に進めている状況です。事業はあくまで県の事業でございます。ただ……

     (「私はそういうふうに聞いてはいないんですけれどもね」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 橋本議員、ちょっと待ってください。質疑は質疑でまた別に行ってください。

 はい、どうぞ続けてください。



◎企画財政課長(根本勝雄君) これまでもお話ししましたように、ふるさとの川の整備事業は、治水関係、排水事業ですね、これは所管が国で、霞ヶ浦の河川事務所が今やっていると。それに伴って川の幅を拡幅したり、管理用道路、側道をつくっていますね。そうすると堤防のかさ上げ等、これについては茨城県が河川課でございます事業主は茨城県でございます。

 市の方は、それに伴って景観等も伴いますので、河岸整備とか、あと今絵にかいてあります二列河川の中之島公園とか、そういう部分は市が持っているわけです。ただ、地元としても、やはり県の方の用地交渉とか、そういうものについては当然一体のものでありますので、協力をしていくということでやっていることでございます。そういうことでございます。



○議長(高塚直君) 5番、橋本君。



◆5番(橋本きくい君) これはあれじゃないですか、市長がアメリカの方さ行って決めてきたふるさと事業の一環で、それをメーンにして、市長は一生懸命子供たちを集めたり何かしてと、勉強させているんじゃないですか。私のそのために一生懸命市長を応援した方だから、一生懸命4年も前から説得してね。それで1軒ば片づけてきれいになっているんですよ。あとは3年ほど私は話ししているわけ。一番の大事な森のある、うちの本家なんですけれども、うちのお父さんが生まれた家なの。だから市長に協力しなければならないと、助役の親戚だから。奥さんが兄弟なんです。だから、一生懸命やっていたらば、何だかこのごろへんちくりんになってしまった。私はそういう人間的な太い棒と言ったらおもしろくないけれども、太い棒というのは人間的な愛情ね、本質的には。それを言っているのよ。

 だから、私らの気持ちを聞いてくれないなら、それは太い棒であるんでしょうというのは、そういうことよ。だから私は今からあと3年、私の懇意の人だから、面倒見ようと思っているんだけれども、そういうことでどこにあるのかなと思って。これは市長のメーンでしょう、あそこは。そういうわけです。



○議長(高塚直君) 答弁いただきますか。

 企画財政課長。



◎企画財政課長(根本勝雄君) その事業費的なものの予算、今話したように県がやっております。この進める中で、市の方も企画費、42ページの中に謝礼と。42ページの7目が企画費なんですが、この中で一部謝礼等にも予算を見ておりますし、それと需用費等にも、今後先ほども言いましたポンプ場関係、それらも地元とも説明等入る場合がありますので、それらの事業費等を一部見ています。それと関連しまして、43ページの19節の中で、一番下から2番目なんですが、町並み景観モデル助成事業、これは前川の県の方で管理用道路等をやったときに、一部垣根とかそういうのを直す方が出た場合は、市の要綱に基づきまして、一部補助をするということで、一応20万円を計上しております。

 以上でございます。



○議長(高塚直君) 5番、橋本君。



◆5番(橋本きくい君) これの交渉のときには、市の方の豊野さんがおいでになったんですよね。なかなか決まらなくて、しようがないから、何とかということで、私がわざわざ電話して来てもらって交渉していたわけです。ようやく反対なくなりまして、何とかまとめるように、今、だから物すごく木があるでしょう。あれをみんな潮来の人たちは相談したらば、潮来の景観だというんです、あれはね、前川は。だからあれを全部切ってしまっては困るという要望があるの。

 だけども、我々の方から見れば、あの木をこれから何年たってあのまま置いてしまったら、切るのにね、運ぶのに大変だろうということで、あれは県の方でも出ないんですね、お金が。前の2軒ぐらいのところは軒端まで取られてしまう。だから、そういうことで今迷っているんですが、私は枝おろしぐらいはやるしかなんめえと、入っていけなくなってしまうから。

 そういう点で、市の方も私らの相談に乗ってくれて、どうした方がいいか。潮来町のメーンですから、あそこ、橋のところね。それでこの間、県にお伺いしたときには、あそこに蔵が3つあるんですよ。うちのお父さんはあそこで産まれたの、あの蔵で。おんぼろな。それできのう、おととい見に行ったら、穴があいて、雨降っているんだよね。だけどもあやめ園公園の方から見れば、あそこの蔵が物すごくいいから、残しておいてくれというんだそうですけれども、修理なんか大変でしょうよ。だから、天皇陛下が来たときにはあそこへブリキなんか張って見えなくしたの。私があそこさ現地入って、部長に話しして、あそこが橋のところから見たらば、あんなぼろ屋ね、何があるんだと言われては、いま少しきれいにしなくてはしょうめねいと言ったら、こういう事業でもって何とかできないかなという話ししたんですよ。

 だけども、ことしはそういうわけで予算がつくというから、早く言えば本人の言うのも予算がついたと言わなければ、手を貸せないんですよね、相談に乗ってもらえないから。今まで我慢していたんですけれども、18年度から予算がつくからというので、あそこの蔵が3つ、あれをほごしたり、周りの木を切ったりね、それで前を2軒、それは一応確認したんですよ。しゃあんめえって、母屋を引くかなと言ったけれども、母屋が……、そういうわけです。



○議長(高塚直君) 手短に願います。

 ほかにございませんか。

 20番、塚本議員。



◆20番(塚本誠一君) 市長の所信表明の中からちょっとお伺いしたいんですが、私も先般……



○議長(高塚直君) 途中ですけれども、長谷川議員が退席いたしました。

 続けてお願いします。



◆20番(塚本誠一君) 昨日、市長の所信表明をお伺いしまして、18回所信表明をお伺いしたんですが、拍手が出たのは初めてでございました。

 考え方というか、これの基本方針という形で出ておりますが、非常によくできているのなというふうに感じたところであります。その中で、3ページの中にいろいろありますが、中段に「市民みずからが地域資源を活用し、地域の課題を活用する多彩なコミュニティビジネスやNPO法人の設立支援に引き続き取り組んでまいります」ということがうたわれております。これが予算の中でどのように反映をされてきておるのか。いわゆる支援体制というものは、どういうものが支援をされていこうとしているのか、その辺をお伺いをしたいと思います。

 それから、ちょっとページ数がメモでやりましたから、ご勘弁をいただきたいんですが、まず、じんかい処理であります。昨年ですね、一般廃棄物処理基本計画策定業務委託ということが予算化されております。その成果表は出てきておるのかどうかお伺いをしたいと思います。

 それから、地域医療の関係でありますが、先般の総務委員会でもこの辺は提案したんですが、いわばこの辺はある意味では医療の過疎地といいますか、このはざまになってしまいましてね、今年度の県の茨城県の施策を見ましても、特に小児科、また産婦人科への対応として、病院と診療所の連携による地域医療機能分担モデル事業ということで、鹿行が指定をされているというようなことが出ております。

 4月から行方総合病院の救急医療が始まるというようなことでございます。潮来の患者さんというのは、例えば救急車を要請して、救急車が来たときに、なかなか救急車が出発をしない。病院探しをやっているという時間が結構あるんですね。何やっているんだろうと、こういうようなことで周りの近所の人はいつも危惧する局面があるんですよ。

 そういう中で、潮来の医療体制というものはどのように取り組もうとしているのか。それで潮来の住民はいろんな病名があります。ありますが、どこにかかるか。とにかく市内にはないわけですよね。そういう中で、先ほどの救急車を依頼しても、いわゆる診察券といいますか、一度かかったことがなければ、病院はなかなか受け入れてくれないと、こういうような状況にあるわけですよね。

 ですから、私は先日も総務委員会で言いましたけれども、潮来市民に必ず大きい病院に1回かかっておきなさいよと、診察券だけは持っていなさいよと。こういう運動といいますか、周知をすべきだろうというふうに思っているんですが、そういう中でこの救急医療の問題ね。この潮来市民がどのようなふうで、どこにかかったらいいのかという、そういう部分を心配するものですから、事務サイドとしてはその辺はどのように対応して考えていくのか。今後考えていただきたいといふうに思うんですが、どうしろこうしろは言いません。ぜひひとつその辺の医療に対して潮来市民がどのようにかかったらいいのかと、その辺のご検討をいただきたいと、この要望だけはしておきたいと。

 もう一つ、医療圏の問題なんですね。潮来は、これは前から私この提案というか、提言をしておったわけですが、潮来というのは鹿嶋医療圏に包含されています。しかしながら、行方総合病院というのもできて、そこに負担金も納めているわけです。そういう中で行方総合病院が今度救急病院を開設したということになるとですね、潮来市民というのは優先的な受け入れというものはできるのかどうか、その辺だけお尋ねをしたいと思います。

 それから、商業であります。何年か前に大々的といいますか、精力的にマコモというものを取り上げてまいりました。最近このマコモがどうも話に出てこなくなってしまったんです。どういう実態になっているのか、その辺の今年度の、18年度取り組みをお尋ねしたいと思います。

 これも県の方の今年度予算の中の方針で、食の王国茨城販売促進強化事業ということで、メロンだとか各地区の特産品を首都圏での販路拡大を担うと、こういうようなことで、助成金をつけておるようでございます。先ほど米に関しましては、地域オリジナル米ということで潮来はその辺は取り組んでいるようでございます。そういうもので、せっかく取り組んだマコモに対して、やはりそういう制度を利用しながら、もう少しやってはどうかなというふうに思うんですが、部長の考え方をお伺いしたいと思います。

 それから、建設の問題で、道路新設の問題であります。これも本会議場でも私2回も申し上げてきたわけですが、潮来の遊覧船組合の乗り場から下町の松崎、大森歯医者さんまでの道路がありますね。あそこが観光客はいらっしゃるわけですが、非常に道路がひどいんですよね。あの辺の人に聞きますと、18年度に何かやるようなことを言っていましたというようなことで聞くんですが、先ほど建設課長の中では、あそこのことに触れておりませんでしたが、その辺はどういうふうになっておりますか、お伺いをしたいと思います。

 まだまだありますが、時間もあれですから、これで終わりにしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。



○議長(高塚直君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(根本勝雄君) 塚本議員の方の1番目の市長所信の中でのコミュニティビジネスやNPO法人の設立支援ということでございますが、特に予算措置の部分では入っておりません。こういう取り組みをしたい部分についての相談とか、そういう形で対応したいということで、企画財政課の方で取り組んでいるわけなんですが、このコミュニティビジネスなりNPO等、広報でも出しているんですが、やはりちょっとなじみがないということがあるかと思います。

 これはあくまでみずからがこういうものをやりたいという方、あるいはそれに考えを同じにする方たち等で事業を行う内容でございます。あるいはNPO法人につきましても、一応法人の設立時に必要な計画内容等が11項目ほどありますが、それらの目的に合った形で貢献したいということで、そういう形での設立支援、これらの問い合わせについて手続等の相談に乗っていると、そういう形で今支援という形をとっているわけです。

 以上でございます。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(佐野憲一君) 塚本議員の地域医療に対するご質問でありました。これにお答えいたしたいと思います。

 議員おっしゃいますとおり地域医療につきましては、いろいろ問題がありまして、とりあえず我々が今医療の体制は先ほどもちょっと触れましたけれども、救急病院につきましては、病院に輪番制、あるいは行方総合病院の救急医療ということで第2次救急は対応しているところであります。

 行方総合病院につきましては、設立当時県と行方郡の市町村で建設の補助、あるいはそれから5年間の経常経費の補助をやってきたところであります。それらから勘案すれば、議員おっしゃいますとおり優先的なということがありましたけれども、ちょっとその優先的な受診とか、そういうものがどういったものが優先的かというのはちょっと判断しかねますけれども、それらを勘案して対応してくれているものと思っております。

 それから、小児科等につきましては、昨年度補助等を差し上げましたとおり済生会病院で対応すると。済生会病院がそれらについて小児科を設置して、救急等にも対応するということで始まっております。ですが、まだ医師の数が足りなくて、毎日の対応はとれていないようであります。夜間の救急の対応はとれていないようであります。いずれにしましても、これらの救急体制につきましては、まだまだ不足のところがあると思いますので、各医療機関等に要請を重ねたいと考えております。

 潮来町の医療につきましては、それから先ほど申しましたとおり、夜間の救急医療に対しましては、鹿嶋市に平日夜間小児救急診療所というものを設けまして、これは済生会病院ができるまでということで、対応してきたわけでありますけれども、まだまだ需要等がたくさんあるということで、当初は18年度はこれらはなくそうということで、済生会病院ができた時点でなくす予定でおりましたけれども、続けていこうということで、今年度につきましても予算を計上させていただいております。

 それから、先ほど今泉議員から要望がありました休日の当番医制度につきましても、そういった観点から、大体月平均休日当番医につきましては100件くらいの受診があるということが報告されておりますので、これらでとりあえずは医療等の体制をやっていきたいと考えておりますので、よろしく願いしたいと思います。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 一般廃棄物計画の成果表ということでございますけれども、現在誤字、あるいは用語の使い方、内容の調整を行っておりまして、3月の中旬以降には完成する予定でございます。

 これからのスケジュールとしましては、環境経済委員会、全員協議会へ報告をしてまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(高塚直君) もう1点、マコモの問題が。

 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) それでは、マコモにつきましては、これまでの計画からは、これまでは……

     (「簡単でいいですよ、これからどうなるのか」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) どのように。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 今、現在道の駅の虹工房で、マコモ中華まんじゅう1万個をつくって好評に販売しております。さらには3月中旬にマコモアイスを販売する予定でおります。シーズン中にはかあちゃん手むすびによる弁当のおかずとしての1個を加えて対応しているという成果がこれまでございます。今後とも商品開発に努めてまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 都市建設課長。



◎都市建設課長(吉川利一君) それでは、道路の遊覧船の立原さんの前の道路ということだと思います。その道路の整備については、町中回遊道路というような中で、区域の中のエリアで整備をしようという計画でおりましたけれども、町中回遊そのものが今他の事業との優先順位の中で中断をしているところでありますので、それと新設改良の中でも18年度に実施しようかなと思ったんですが、今のところは広報とか、そういう点で18年度は一応今中断しております。やる予定は、18年度は今のところはありません。

 以上です。



○議長(高塚直君) ほかにございませんか。

 よろしいですか。

     (「はい」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 12番、小沼君。



◆12番(小沼英明君) 12番、小沼です。

 時間も押してまいりましたので、簡単なお答えだけいただければ結構ですから、数点伺いたいと思います。

 まず、58ページの一番上の委託料ですけれども、社会会館調査設計費となってございますが、これは福祉会館と称されるものであるのかどうか、まずお答えいただきたいと思います。

 続いて、71ページです。これの保健衛生総務費の負担金、補助及び交付金の潮来地区共同作業運営85万5,000円と説明がございますけれども、この金額はどちらに行かれるのかと、この共同作業所、ちょっと簡単にご説明いただきたいと思います。

 それから、91ページです。観光費になると思いますが、91ページの中ごろの水郷三都推進協議会、去年佐原市で旧三菱銀行跡で、助役、鈴木部長を初めとした職員、それから観光協会の人間とともに、私もオブザーバーとして出席をさせていただいたんですが、去年は佐原が当番ということで、ことしは鹿嶋になられたのかなとも思うんですが、150万円ずつ、たしか合わせて450万円の予算で、昨年はポスター及び共通のビデオの政策というようなことだったのかなと思うんですけれども、先日台湾から観光客を招いたということで、話は伺いましたが、このポスター及びビデオ等をもしつくられていたら、どちらに配布しているのか。私どもも拝見しておりませんので、その辺の処遇をちょっと伺いたいと思います。

 その下へ行きまして、先ほど部長から説明がありましたあやめ祭り大会、それから潮来節復活全国踊りの共演大会ですけれども、こちらもあやめ祭りのてこ入れとして全国踊りの共演大会、これ第1回実行委員会の中ではあやめ祭りの期間中にやることも考慮しているというような話だったことがあったと思うんですが、その辺のこともちょっと簡単にご説明いただきたいのと、それから嫁入り舟の娘船頭を育成するというようなことでしたけれども、これは土日の間だけやってもうらのか、それともまた育成方法として、どのようにお考えかを伺いたいと思います。

 それから、112ページ、こちらの教育振興費の中で、私立幼稚園の園児就園等私立幼稚園の助成金100万円がついたということは非常に喜ばしいことだと思っておるんですけれども、その中で先ほど説明の中では制度改正によって増額になっているということでしたけれども、これはもうおのおのの私立幼稚園の額がふえたという解釈をしていいのか、そこをご説明いただきたいと思います。

 それと、もう1点だけ最後に伺いたいんですが、124ページの図書館の委託料になるかと思うんですけれども、運営管理業務、こちら大新東サービスというんだか、ちょっとよくわかりかねますが、こちらが12月から多分求人をされて、2月にも試験をしたというような話は聞いておるんですけれども、オープン二月前を迎えて、もうぼちぼち5名の社員と10名のパートさんぐらいをとるというようなお話を伺っておるんですけれども、そろそろ研修やら作業やらということをこの委託した会社にお願いしなければいけないと思うんですけれども、その辺の日程といいますか、予定がもしわかっているようでしたら、お答えいただきたいと思います。

 簡単に全部お答えいただければ結構ですので、よろしくお願いします。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(佐野憲一君) 小沼議員の質問にお答えいたします。

 まず、58ページの委託料であります。この委託料につきましては、八代小学校跡地の利用をどのようにしていったらよいかということの検討の委託料であります。これらにつきましては、一応委託料で組んでありますけれども、いろいろこの中から検討会、あるいは八代小学校の跡の教室がどのように使えるかというような検討、いろいろ入ってくると思います。そちらの検討のお金であります。

 続きまして、71ページの19節の潮来地区共同作業所運営費の補助85万5,000円であります。この補助金につきましては、精神障害者のための潮来地区の共同作業所の補助金であります。これにつきましては、構成市町村が潮来市、それから行方市、鹿嶋市、神栖市で構成しております。そのための潮来市の負担金が85万5,000円であります。それと歳入の方でありました19ページの分担金、負担金の中の衛生費負担金であります。これらの296万円の負担金につきましては、潮来が事務局となっておりますので、鹿嶋市からの負担金114万9,000円、神栖市からの137万4,000円、行方市からのが41万9,000円の負担金を潮来で受け付けて、それを潮来市の先ほどありました85万5,000円を合わせて共同作業所の方へ支払うというような形になっております。これにはそれに加えまして、18年度は県の予算が336万9,000円ついております。合計でその他の収入85万1,000円を加えまして、825万7,000円の共同作業所の予算となっております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 三都交流事業の関係ですけれども、今般台湾の方からプロデューサーが来まして、それでそれぞれの市の観光案内をしながら、撮影班とともに歴史・文化、その他の観光スポットを含めての撮影をしております。DVDですけれども、私どもにはまだ届いておりませんので、仕上がり次第、課長室の部屋かと思います。大きなポスターはできておりますけれども、もう少し時間がかかれば一括してまとまると思いますので、ご報告申し上げたいと思います。

 それから、嫁入り舟の関係ですけれども、これまで……、ごめんなさい、嫁入りじゃなくて、娘船頭なんですけれども、どちらかというと男性の方が船頭をしまして、何人でもなかったです。若い何人かの方に何とか無理をお願いしてやっていただいているということでございますので、これからはそういうことがないように、今、後世に引き継ぐための対応として、これからということになるかと思いますので、育成について頑張ってまいりたいと思っております。

 次に、踊りの共演なんですけれども、これらに対応するために、踊りの共演大会の開催時期の変更を含み、さらに観光ニーズに対応したイベントの時期ということで、これらに対応するために来週には会議が予定されております。通知文ができて私の机にあったんですけれども、きょう議会のためにちょっと読んでいなかったんですが、もう通知文は出してあるということになっております。その後の状況で対応が可能になると思います。

 以上です。



○議長(高塚直君) 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(前島操君) それでは、112ページの19節私立幼稚園児就園奨励費ですね。これはこれまでも国の事業で個人に対して、また所得に応じて支払われたものです。幼稚園に入っている1子、2子、1子よりは2子目の方が多い金額が支給されます。これが今度制度改正がございまして、小学校3年生までに子供がいる場合、それを1子と数えます。ということで幼稚園の子供が2子、3子になる場合がありますので、その分の増ということになります。

 私立幼稚園助成金の方は、園に対して、このたび新たに助成金として計上したものです。

 以上です。



○議長(高塚直君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 図書館の一部委託の件でございますけれども、大新東ヒューマンサービスの方からは間もなく決まるというふうに話を聞いております。それで、研修作業等でございますけれども、17年度の予算で図書のデータの入力等の一部委託をしてございますので、5月中には開館できるものと思っております。

 以上です。



○議長(高塚直君) 12番、小沼君。



◆12番(小沼英明君) 大体もう結構なんですけれども、まず社会会館という名称でちょっと印字されていたことで、非常に福祉会館、福祉ゾーン、八代小跡の利用ということで、私どもの委員会で、今回も付託案件として預かっているわけですけれども、非常にこの名称だけでも不安定な名称があったので、これをわざわざ伺ったわけです。

 それと、連盟ということでいいですよね。共同作業所。陳情書の方にあった110万円の減ということは、数字上はこれはないという解釈でいいのかしら。そこだけちょっと伺いたいと思う。私どももこれ付託案件として審議しなければいけないのでお答え願いたいと思います。



○議長(高塚直君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(佐野憲一君) お答えいたします。

 私どもがいただいています18年度の負担金審議会に要請した総括表にありますものの中には、110万円が減額さているかどうかはちょっとわかりません。その他の収入で、市負担金、これは県との合わせてでありますが、716万6,000円、その他に個人の負担金が24万円、それからその他の収入ということで85万1,000円の計上がなされております。ですから、国庫補助等がどのようになされていたかはちょっとわかりませんけれども、その他の収入で85万1,000円が入っているということは、ここに入っているのではないかと想定されます。その合計がその収入は3つの項目でありまして、合計が825万7,000円で予算書を策定してあり、負担金要請額が来ております。

 いずれにしましてもこれらの負担金につきましては、県と構成市町村が4市ありますので、これらを検討していくというような形になるとは思います。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 58ページの表示でありますが、社会会館というような表示になっておりますが、これミスプリントでございますので、まことに申しわけございません。ここに市長の所信の方にも書いてありますように、仮称ではありますが、潮来市社会福祉センターの整備ということで、こういうふうに訂正をさせていただきます。



○議長(高塚直君) よろしいですか。

 一般会計に対する……

 23番、小峰君。



◆23番(小峰義雄君) 時間が大分超過しておりますから、私もやりたくなかったんですが、この時間が足らなかった原因は、内示会のときに説明だけで終わった証拠でございます。私はあのときに何で内示会というのは、内示会、説明、そのほか少々質疑というのが私の帳面に12年からずっと書いてあるの。ことしは随分変わったことをするなと。3時ごろまではかかるだろうと思ったら、11時20分に終わってしまったと。そういうことで、きょうの質疑がまだまだやる人はあろうと思いますが、時間が来てしまいましたから、みんなできなくなってしまいました。私は1点だけやらせていただきます。

 その問題に対しましては、来年からは内示会のときは説明、その他少々の質疑はもらうということを要望しておきます。どっちの関係で、議長の判断でやったのか、執行部の方で言ったのか知りませんが、いまだかつてないことをやったと。昔は内示会というのは、橋本義衞さんのときは2日もやった。内示会でよく。そういうこともありますから、ひとつ来年からは内示会のときは説明と質疑をもらうと、それでないとこういうような議会になってしまうということをまずもって要望をしておきます。

 私は1点だけね。町のころからなんですが、防犯連絡会の会長、これ10年もやっています。そうしますと、区長さんが2年に1回ずつかわるわけ。新たになってしまうと、防犯連絡委員会134名、これが毎年総会やりますけれども、予算がつけない。つけない予算で大きな効果と、非常にいい言葉なんですが、そのように私は皆さんに納得を受けているわけでございますけれども、21万6,000円、さらにまた1戸50円ずつもらっているんですね。7,200件。もらえないところあるので、7,200件からいつももらっているんですが、そうすると五、六十万円で、総会をやるたび県会議員、市長、議長、来賓、警察の署長にしっかり来てもらって、もう気の毒なんですね。ですから、ことしは幾らか予算計上されるのかなと思っていましたら、いつも同じ。恐らく総務課長が予算は要求したと思うけれども、切られてしまったんだろうというふうに推測はいたしますけれども、特に私は日の出の自主交番です。この問題を言わなければしようがないなと思いましたから言ったんです。

 17年3月30日……。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(高塚直君) 途中でありますが、会議時間を延長いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆23番(小峰義雄君) はい、どうぞ、どんどん延長をやってください。

 そういうことで、3月30日、自主交番が設立されました。非常に1週間に2回、1丁目から4丁目まで1回、5丁目から8丁目まで1回と、3時から5時まで自主交番をしてくれると。前は麻生に防犯連絡会の会長が、町長がやったんですね。そこで、その防犯連絡会の中でも麻生地区警察の中の犯罪は63%がいたことがあった。さらにその潮来の中の63%が日の出だということで、よくても悪くても日の出さ、行ってしまった、最後は。そういうことで、市長の案で自主交番という名称がついたわけでございますが、非常にまじめに一生懸命努力をしてくださっております。

 そこで、全区の区長さん方からは、そのときに防犯連絡会長、予算がなくて設立したって、これは幾ら何でもひどいでないかと。地域自主交番、地域ぐるみの安全・安心、取り組むことはいいけれども、ちょっとおかしいでないかというような話がありましたから、防犯の方で何とかしてくれるんだろうと。18年度の予算には計上してくれるんだろうよというように区長さん方には言っておりました。

 しかし、きょう見てみますと、計上されていないと。これは一体日の出の区長さん方が集まってお茶を飲む、何するというのはどこから持ってくるといったら、全区から持ってくるそうです。人を集めて、お茶一杯出さないわけにいかないということですから、模範的な自主交番が誕生したわけですから、何とかひとつそれだけに多少のことはつけてやるのが必要かなと。私は5万か10万円乗っかるのかなというように見ておりましたら、ゼロでございましたら、その点に関してご答弁をいただきたいと思います。

 総務課長に申しわけありませんが、よろしくひとつ。



○議長(高塚直君) 総務課長。



◎総務課長(久保木裕君) 防犯連絡会の補助金についての質問にお答えいたします。

 各区長さんが連絡員になりまして、防犯活動に努めてもらっております。21万7,000円、非常に少ない予算でございますが、現在補助金は全額使ってなく、少し余剰がございます。そういう中から皆さんのボランティア精神で熱心に活動していただいているのかなということで、今年度も増額の予算はしておりません。しかし、今質問がありましたように、日の出地区の民間交番の方々の力というのは非常に大きな成果がございまして、犯罪の抑制にもなっていまして、犯罪件数も少なくなっている実績がございます。

 ことし地元から防犯用のいろいろな備品等の要求がございましたが、市行政から一方的に予算をつけるのでなくて、地元の企業の方々から何かそういう賛同する方がいるんじゃないかということを提案しましたところ、民間の方々、企業の方がこの間のぼりを寄贈させていただきましたし、ほかにもまだいるようでございます。そのように民間の方々と、それでも足りない部分ですね、何かありましたら、何か予算化しますよという話はしてありますので、今後連携をとっていきたいというふうに思っております。



○議長(高塚直君) 23番、小峰君。



◆23番(小峰義雄君) ありがとうございます。

 余剰金があるんだったらば、自主的に金は出さないんだっけな。非常に区長さん方に負担をかけて、いつも少ない経費で大きな効果を出してほしいよということで、集まるとき2,000円か3,000円もらっているんですよ。銭がない銭がないということだから。余剰があるんだったら、ことしからボランティアですから、みんなから金取らないようにやっていきたいと考えております。いつも2,000円から3,000円もらっています。何か集まったものだから、懇親を深めながら、少し会議をしようと、区長さんから要請があるんですよ。私はだめだと言えないからね、じゃやりましょうと。それで2,000円か3,000円の会費なんですよ。21万7,000円の余剰金があるなんて初めて聞いたから、びっくりした。18年度からたっぷり使わせていただきますから、ひとつ残すことはいけない。個人負担かけて申しわけない。私の立場もありますから、集まるたびに1万円私は出さなければならないんだから、銭がないということだから大変ですよ。そんなに余るんなら余っているように言ってもらわなければ困るな。そういうことで私の質問は終わります。



○議長(高塚直君) ほかに質疑はございませんか。

 よろしいですか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 以上で平成18年度潮来市一般会計予算に対する質疑を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第30号〜議案第36号の質疑



○議長(高塚直君) 日程第10、議案第30号 平成18年度潮来市国民健康保険特別会計予算から議案第36号 平成18年度潮来市工業用水道事業会計予算までを一括質疑といたします。

 所管以外の質疑は、会計名とページ数を言ってからお願いをいたします。

 3番、柚木君。



◆3番(柚木巌君) 3番、柚木です。

 時間の方が大分たちましたので、質問の方も簡潔にしたいというふうに思っております。

 私の方からは水道事業会計の方をお願いします。

 8ページ、13の委託料のところなんですけれども、これ活性炭再生充填委託、これにつきましては前年比で138万円ぐらい増になっておりますね。あと天日乾燥床汚泥引き抜き委託、これにつきましては前年比に1,330万円増になっております。それから田の森浄水場の運転管理委託、これが18年度は3,000万円ということで、前年比ですと1,000万円の減というふうなことになっております。3点言った分の増の分が2つと、減の分が1つ、ここのちょっと内容、またこの増減の理由をお聞かせ願いたいと思います。

 それから、2点目ですけれども、平成17年度はジェネッツという会社に浄水場の運転管理、これは16年は夜間のみ、これはどこの会社か知りませんけれども、運転管理委託していたと。17年からジェネッツに全面委託したようですけれども、この全面委託したいきさつと申しますか、その際の入札があったと思うんですけれども、その結果を会社名とあと入札金額、これを伺います。

 それから、3点目としまして、ジェネッツですね。私の知るところでは、業務内容としてはその料金徴収が主というふうに認識しておるんですけれども、今回17年度、ここ4月から3月まで、今日までですね、浄水場の運転管理業務に対して問題はなかったのかということを伺いたいと思います。

 それと同時に、業務上の事故、また設備、トラブル、故障、こういったところはどういうぐあいだったのか、具体的に件数とか、その内容も伺いたいというふうに思います。

 また、そうした事故とかトラブルに対して、処置とか再発防止、そこら辺の対策はどうだったのか、ここら辺も伺いたいと思います。

 1回目、これで終わります。



○議長(高塚直君) 水道課長。



◎水道課長(橋本静一郎君) ただいまの柚木議員のご質問ですけれども、3点ということで、1点目でございますけれども、活性炭の1,638万円、昨年より増額になったと。この経過ということでございますけれども、これはオイル関係ですね、その値上げによって昨年度の単価では運転ができないというような業者からの話でございますので、若干の繰り上げをいたしました。これは1棟ですね、5棟あるわけですけれども、1棟が23.5立米の活性炭の再生炭を行いまして、あと新炭で2.35、再生炭で2.15、合計23.5立方メートルを入れかえるわけです。その関係で通常8回でございますけれども、その重油の値上げによりまして、若干の上乗せをしたということでございます。

 それから、天日乾燥でございますけれども、今年度は、昨年はちょっと休憩してよろしいですか。



○議長(高塚直君) 暫時休憩いたします。

                    (午後5時12分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後5時14分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎水道課長(橋本静一郎君) 天日乾燥床汚泥引き抜き委託につきましては、昨年度は有価物ということで、農地還元という方策をとりましたけれども、次年度につきましては、産業廃棄物というような基本的な考え方に基づいて処分をしていく考えでございます。

 次に、田の森浄水場の運転管理3,000万円でございます。これにつきましては一昨年までは企業公社さん、土曜、日曜、祭日、夜間と、7名の方に委託をしておりました。委託金額で約2,600万円でございます。

 それで、17年度の方針といたしまして、民間委託できるものについては、民間委託をしていくという市の方針に基づきまして水道課で16年度ですね、重々検討いたしまして、そして24時間の運転管理をしていくということで方針が決まりまして、これは入札しなく、見積もり合わせてで行いました。結果は2,540万円だと思うんですけれども、この金額で17年度は実施をいたしました。そういう関係で1,000万円を削りまして、3,000万円の予算を計上したところでございます。

 2番目の企業公社、なぜジェネッツということで、入札ということでございますけれども、これについてはきょう資料を持ってこなかったものですから、後で札を入れた業者、そして金額ですね、報告をさせていただきたいと思います。

 次の3点目のジェネッツに委託して、問題はなかったのかと、故障等何件あったのかと、件数までは把握してございません。ただ、やはり水づくりの専門会社ということでお願いをしました。ただ、そういう中で一昨年、私どももジェネッツさんが業務委託をしていました千葉県−−ジェネッツという会社は千葉県が結構自治体でも数自治体ですね、水処理関係で請け負っているところでございまして、そういう中でこの受託金額と委託金額ですね、この内容等含めて、ジェネッツさんは問題ないだろうということで、指名に入れまして、結果ジェネッツさんになったわけですけれども、多少のやはり運転管理上でまだまだ未熟な点がございまして、機器の操作ですね、未熟な点も何回かございました。

 そういう点で、いろいろ問題はあるにしても、基本的な水つくりに関しては問題はなかったというふうに私は認識しております。ただ、件数につきましては把握しておりませんので、もし件数等ということであれば、後ほど調べてお答えしたいというふうに思います。トラブル件数と故障等ですね、後ほど報告したいと思いますけれども、よろしくお願いします。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 水道課の入札の件でございますが、これは市長部局の方でございますから、市長の方の管理でやるわけでありますが、市長及び助役がやっていただきたいというようなことで、お話がありまして、一般会計の方で入札の例に倣いまして行ったわけであります。

 指名された業者でありますが、茨城県企業公社、それから株式会社ジェネッツ、それから月島テクノメンテサービス(株)、日本ヘルス工業(株)、鹿島都市開発(株)、荏原エンジニアリングサービス(株)というようなことで、6社を選びました。この中で入札をやったわけでありますが、入札の結果、2,480万円というような金額で株式会社ジェネッツが落札したというわけでございます。

 以上であります。



○議長(高塚直君) 答弁が終わりましたけれども。

 3番、柚木君。



◆3番(柚木巌君) どうもありがとうございました。

 たった今回答をいただいた落札の金額は2,480万円というのがわかったんですが、ほかの会社の入札価格は出せないんですか。

     (「出せますよ」と呼ぶ者あり)



◆3番(柚木巌君) 出せるの。それ会社名と入札金額、全額ちょっと紹介してほしかったんですよね。

 それでは再質問といいますか、18年度の予算に対してその増減というのはわかりました。今回17年度はジェネッツで2,480万円で委託したということですよね。この金額というのはかなり平成16年の企業公社7名でやっていた分と比べて、かなり低い金額というか、24時間やって、企業公社よりも安いというのがちょっと不思議なんですけれども、人員的に少ないのか、どんなふうなぐあいで、ジェネッツさんもそういうふうに計算されてやったのかわかりませんけれども、そこら辺がちょっと不思議だなというふうに思うと同時に、あとジェネッツという会社の内容をちょっと課長の方から教えていただきたいんですよね。どういう会社なのか。本当に先ほど課長が言われたように、水づくりの専門会社ということならば、ちょっとそこら辺の内容もどういった意味でそういうふうに言われているのか教えていただきたいんですよね。

 あと会社のその実態といいますかね。水づくりをいつごろから始められたのか、そこら辺もあわせて。これやっぱり入札というかね、こういったところにジェネッツさんにも加わってもらったわけですから、会社の実態というのはご存じですよね。そこら辺がちょっと水づくりの専門会社と言われていたのがちょっとああそうなのという感じがしたんですけれども、わかりました。

 次、行きますね。一応、平成17年度のジェネッツの運転管理委託料は2,480万円というふうに認識していいかと思うんですが、そうすると平成18年度の3,000万円というのは、逆に前年比500万円強というふうなことで、増加というふうに考えてよろしいのでしょうかね。そこら辺の理由を伺いたいと思います。

 それから、ここに来て18年度の委託する会社もジェネッツということで、継続して委託する方針と考えてよろしいんでしょうか。そこら辺もちょっと伺いたいと思います。

 それから、浄水場の管理というと水道技術管理者、これ国家資格なんですけれども、そういった有資格者が業務の総括責任者となると、またそういった人を選任しなければならない。それか水道業務を10年以上経験した水道技術管理者たる資格を有するもの、そういうふうなことなんですけれども、ジェネッツもきょう現在でもよろしいんですけれども、その状況といいますかね、その有資格者はどういう状況なのかということなんですが、浄水場の運転及びすべての作業をする上で、必要な資格、免許、これはどういうものがあるのか。それとあとその有資格者の配置の状況、これを伺います。

 それから、あと水のことですから、特に浄水場というふうなことになりますと、市民の命の水を守ると、また管理するというふうな、そういうような施設でございますので、法的にもきっちりそれにのっとった責任者といいますか、そういったところを配置されているというふうに思うわけなんですが、現在副総括責任者という方は選任されておるのかどうかと。そして特化物、特定化学物質というんですけれども、あと第二種の酸欠作業主任者ですかね。そういった資格は、副統括責任者はお持ちなのかどうか。

 それから、トップといいますか、ジェネッツの所長である総括責任者の方はどのような資格を持っているのか、ここら辺も伺います。

 あと先ほど事故トラブルはあったかもしれないけれども、件数的にはわからないというようなことで、だけどそんなに大した事故はなかったというふうに橋本課長は認識されているということですよね。水を扱うところで、私の方でちょっと把握している事故報告が、もっとあるかもしれませんけれども、私の方では5件ほど把握していまして、ここら辺も本当に市の職員さんといろいろ確認したいし、また本当にこういったことがあってもジェネッツにそのまま随契でやってもらっていいのかどうかというふうなちょっと心配が私自身はしました。

 そこら辺のところで、ちょっと認識が橋本課長の方が私よりもう専門家ですので、特に問題はなかったんだよということでしたら、そうなのかもしれません。私自身も専門家でありませんから、老婆心といいますか、そういうふうなところで思っているのかもしれませんけれどもね。そこら辺も現場の職員さんとか、そういった方々にもちょっと考えといいますか、伺えればいいなと私は思います。

 あと、市長に伺いたいんですが、水道課の直轄の管理者として、事故、トラブルが全くなかったわけではないというふうに言われましたけれども、そういった事故、トラブルの報告を受けられていたのかどうか。またその状況を把握されていましたのでしょうか、そこら辺をちょっと伺いたい。把握されていたならば、再発防止に向けて、どのような指示をされて、またその結果を確認されたのか伺いたいと思います。その具体的に内容がわからないことやちょっと市長も答弁しにくいかと思いますが、思い出せる範囲で結構ですので、そこら辺を伺いたいというふうに思います。

 再質問は以上です。



○議長(高塚直君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 入札の結果でありますが、茨城県企業公社4,203万円、株式会社ジェネッツ2,480万円、月島テクノメンテサービス4,200万円、日本ヘルス工業4,300万円、鹿島都市開発5,270万円、荏原エンジニアリングサービス(株)3,850万円、この時点でありますが、私どもの方でも指名をかかった部分、調査をしましたが、株式会社ジェネッツにつきましては、現在やっているところが佐原市の排水機場をやっておると、それから鹿嶋もやっておったと。それから千葉県東庄町、それともう1社千葉県で、とにかく千葉県が多くこのジェネッツ株式会社を使っていたということで、実績も十分あるなというふうな判断は当時はいたしました。その入札の結果は、それでこういうような形になったというようなことでございます。



○議長(高塚直君) 水道課長。



◎水道課長(橋本静一郎君) それでは、2点目の業務内容ですけれども、当社は集金業務から出発したと聞いております。その後、今総務部長言われるように千葉県を中心に配水、あるいは浄水、佐原の玉造浄水場ですけれども、総務部長、今言われたようなところですね、業務契約を結んで運転管理をしているというふうに聞いております。

 それと、ジェネッツの実態ということですか。3点目。

     (「水の関係の業務をいつごろからやっているのかと」と呼ぶ者あり)



◎水道課長(橋本静一郎君) ちょっと申しわけありません。いつごろかという、これについては後でお答えしたいと思います。要するに水処理をいつごろから行っていたかということでよろしいですね。

 次に、水道技術管理者ですけれども、水道事業管理者は水道技術管理者を置かなければならないと。これは水道法に基づいて、水道法の第19条で水道事業者は水道技術管理者を置かなければならないというふうに言われています。職員の方はいるわけですけれども、ただ、議員が言われている真意がちょっとわかりませんけれども、ジェネッツの運転管理を委託しているのは業務委託でございます。業務委託については最終的には市が責任を持つということになっているんですよ。議員が言われるのは、第三者委託、要するに民間、水道事業が民営化になった場合、この場合は企業の責任ですよということで、水道技術管理者を置かなければならないというふうに水道法で定められております。ただ、そうかといっても置かないわけにはいきません。そういう中で17年度委託した中では、仕様書の内容は水道技術管理者は社内に入ればいいというような仕様書になっております。これは法的に問題ないというふうに思っております。

 それから、各玉掛けとか、あるいは溶接とか、危険物扱い、こういう資格については、現在従業員として登録されている10名近くいるわけですけれども、実質現在は9名ですけれども、資格はすべて持っている。要するに仕様書の内容にはすべてクリアしているところでございますので、何ら問題ないというふうに思います。

 それから、副責任者、あるいは所長の資格はどうなのかというと、所長さんは長谷川さんといいまして、この方については、集金業務からこの田の森運転管理に当たりまして、そこの総括責任者として来られた方です。確かに議員言われるように資格、あるいは10年の経験もございません。ただし、副責任者でいました伊東さんという方がおりますけれども、この方が9月まで副責任者としておりました。この方については10年、あるいはいろいろの資格を有していることは事実でございます。

 ちょっと休憩してもらって。



○議長(高塚直君) 暫時休憩いたします。

                    (午後5時36分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後5時36分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) どうぞ。



◎水道課長(橋本静一郎君) 最後のご質問だと思いますけれども、去年が4,000万円で、3,000万円、1,000万円、来年3,000万円で、去年が2,480万円ということで、500万円増額になっているわけですけれども、それとあわせて次年度はジェネッツいう会社と随契で考えています。

 ただし、ジェネッツさんの方から、やはり早く言えば田の森浄水場、潮来の浄水場ですけれども、他の自治体、他の場所では市の職員の指示に従って運転管理をしているというのが実態でございますけれども、これは例えば県の鹿嶋の水道事務所でも職員の指示に従って運転管理は民間が行っていると。ただ、田の森浄水場については24時間運転管理をすべてジェネッツという会社に任せてございます。そういう委託の内容です。

 そういう中で、先ほども出ましたように、多少の問題はあると。そういう中で次年度につきましては、ジェネッツさんの方から実際今の委託内容と金額ですね、これではお引き受けできないという返事をいただきました。そういう中で、部長、市長とも相談をした中で、やはりジェネッツさんにお願いする、そのためには条件を出してもらうということで、そうした単独じゃなくて、水世という、これは丸紅さんと水道機工さん、これ大手でございますけれども、それとジェネッツ、この3社で水世というこの会社を昨年立ち上げまして、9月だと思いますけれども、立ち上げまして、そこのJVという条件だったらやるということで、協議の中でですね、じゃそれでもいいだろうということで、ジェネッツさんと水世のJVで随契でお願いすると。金額につきましても約500万円、要するに水道技術管理者も置く、あるいは有資格者もそろえる。そういう中で本当に市民が安心して、安心・安全な水道水を供給できるように、そういう体制をひこうと、強化を図ったわけですね。そういう中で来年度は3,000万円という予算を計上させていただきました。

 以上です。



○議長(高塚直君) 市長。



◎市長(今泉和君) この水道水の民間の会社に委託をするという、24時間運転管理ですけれども、基本の考え方は安心しておいしい水を安い値段で市民に提供をしたいと。当然公共料金の値上げ等いろんなことはなるべく先送りしながら、経営的な中で収支がとれるような、そういう状況の中で民間の委託というような考えが出てきたというように思っているところでありまして、この民間委託というのも、私がこういうような立場になりましてから、今から私の記憶では四、五年くらい前に水道法の改正によりまして、民間に委託ができるというような、それまではやはり公務員の方々がみずから直営でつくるということが水道法の決まりだというふうに私理解をしておるところでありまして、果たして民間の会社に大事な命のもとであります水道水づくりに対して、果たして民間に委託をして、いろいろ問題が出ないのかどうか。これは私も最終判断をしたときには心配をいたしました。そういう中で私が管理者でありますけれども、水道課長と一体となって会社を選定するんでなく、潮来市として組織として会社、こういう実績のある会社に声をかけて、その中で競争をしていただいたということでありまして、しかしながら、議員がどういうような立場でおっしゃっているか私わかりませんけれども、大事な市民の命のもとであります水づくりに対して、私ども発注者、そして受託者でありますジェネッツさんとの信頼を損ねるような、そういう何かふぐあいがあったということになれば、これは大変な問題になりますので、そういうことに対しての報告は私どもに水道課長からの報告はございませんです。

 そしてまた、夏に若干気温が上がったということで、臭気が大分あるというような、そういう報告は受けておりました。しかしながら、その臭気があるということは、やはりその管理の体制で努力をしても、3日か4日くらいはどうしてもとれないというようなそのために活性炭を入れかえるような、そういう作業で努力をしてきている。それに対する予算もとっているところでありますので、そういう努力はしているということであります。

 そして、会社そのものが先ほど言いましたように、水道法の改正によりまして、もう20年も30年も経験のあるような会社は、私はいないというように思います。今後もジェネッツさんもそういう大手企業との合弁会社をつくりながら、努力をするというような考え方でありますので、1年間だけで果たして判断をしていいのかどうか。もう少しそういうような体制をとって努力をするというような申し出があったわけですので、私はそうすべきだというような考えを持っているところであります。やはり大事な命のもとである水づくりに対して、我々とその業者との信頼関係を損ねるようなことが万が一あったらば、すぐ契約の中で破棄をするということは当然なことだろうというふうに思っているところです。



○議長(高塚直君) はい。



◆3番(柚木巌君) 答弁漏れがあったので。現時点で副総括責任者はいらっしゃるのかどうか。それで特化物とか、第二種の酸欠をお持ちなのかというのをちょっと質問したんですけれども、先ほど。



○議長(高塚直君) 水道課長。



◎水道課長(橋本静一郎君) 今の点につきましては、副総括責任者は現在おりません。

     (「聞こえない」と呼ぶ者あり)



◎水道課長(橋本静一郎君) いないです。

 それと資格ですけれども、現在の17年度の仕様書の内容からいいますと、そこまでは要求しておりませんので、ただし、今の従業員の方で資格はすべてクリアされていると思います。



○議長(高塚直君) よろしいですか。

 3番、柚木君。



◆3番(柚木巌君) わかりました。

 では、ちょっと順番がいろいろありますけれども、まずJVで何か丸紅さんと水道機工ですかね、これで水世さんというところ、水世という名前にするんですか。



○議長(高塚直君) はい。



◎水道課長(橋本静一郎君) 先ほど申しましたように、丸紅さんと、それと水道機工さん、そしてジェネッツの3社で株式会社水世という水つくりの専門会社を立ち上げております。



○議長(高塚直君) はい。



◆3番(柚木巌君) じゃ、この水世という会社、新しい会社、その後、その割合、従業員の割合とかですね、そういうようなところがわかれば、水道機工とジェネッツさんと丸紅の。

 それと、あと先ほど佐原とか、ほかのところで水管理やっておられると。配水とかね、やっておられるというふうに聞いたんですが、私が聞いたところによると、夜間の電話当番といいますかね、その程度の担当といいますか、業務しかやっていないんじゃないかと思いますが、もう一度確かめてみた方がいいと思いますね、ちゃんと。先ほども市長が信頼関係というふうに言われていましたので、余りジェネッツさんを怒らせてもあれでしょうけれども、先ほどの答弁の中で、まずジェネッツさんに全幅の信頼を置いておられるということですよね。そうですよね、市長も。まあいいです。

 先ほども副総括責任者というのが解任というか、退職したり、それから転籍したりしたら、すぐ選任しなければならないという、またこの運転管理業務仕様にもこの浄水場の、それにもうたっていますし、ほかの資料でも何かそれをやらないと、危険な酸欠が発生するような場所とか、硫化物が発生するような、だから汚泥地とか、それから泥砂地、砂がたまるようなところ、そういうようなところの清掃作業をやるのに、作業主任者が無資格で作業をするというのは、本当に今まで何もなかったからいいようなもののですね、もうちょっと企業、私も民間企業にいましたから、そういう作業主任者がいないということは、ずぶの素人がやっていると。また、そういった教育、訓練もされないまま、作業前にちゃんと危険予知とか、それからいろいろな測定とかいろいろやって入ったりですね、しなければならんのですよ。だから、そういう作業をするのに、そういった作業主任者を責任されていないということは、ちょっとおかしいしですね。先ほど何か自信を持って資格の分が全部ありますよというふうにおっしゃられていたので、また後日ですね、きょうこのままでもうね、なかなか難しいと思いますので、いろいろ調べられるところはやっぱり調べてもらいたいし、私自身も有資格の一つをとってもちょっと何か不安なところがございまして、一覧表みたいな形で、そのかわり本当にその資格を個人個人で持っているのかどうかというところまで、すみませんけれども、確認してもらえたらなというふうに思います。これはこのままちょっと資格ないけれども、いいやというふうなことで進めていて、また大事故なんか起こしたら、もう大変ですから、そういうような心配があります。

 事故報告の5件については、ちょっとこれここで口頭で言って、これが本当に市長の耳に入っていて、どうなのかというところを確認したいんですけれども、5件ほど言いますので、それが報告もされていて、どういうふうな対応をされているかというような、わかれば、後日でいいですから、教えていただきたいんですよね。

 一つは、6月19日、送水ポンプ及び復旧作業ミス、送水ポンプの故障及び復旧作業ミスによる断水事故を1時間28分起こしているんですけれども、午前0時14分から1時間28分。それから10月10日に配水池の水位が9メートル60センチと高くなって、取水を停止、対処方法が全く把握できずに水位が上がって、その通常の水位よりもかなり上がってしまって、そこら辺の砂とかほこりとか、そんなのがタンクに入ったと。それから11月2日にはゴ次亜塩素注入ポンプ、これのボルトの折損があったんですね。もう全部何か橋本課長の判こが押してあるんで、だからご存じかと思うんですが、これはもう修理をしたときに、そのボルトをちゃんと締めていなかったと。でも折損して、最終的にジェネッツで負担して処理したというのがあったそうです。

 それから、あとは11月3日から4日にかけて、排泥ポンプというのはわかりますよね−−が運転したままの状態で長時間排水したために、土地改良区、水路及びポンプ場のスクリーンが満水状態となって、だから3日から4日までですから、かなり長時間だと思うんですが、これも点検時のポンプの停止忘れと。それから12月5日には、これは2系沈殿地清掃作業時、ジェット洗浄器よりガソリンが漏れて、1系の沈殿地、1から2ですか、1の2というのかな−−の1に流出したと。これが結局水道水にまざったというふうなことを聞いておるんですが、本当かどうか。そのほかですね、残塩管理と、残留塩素のそこら辺の管理もかなりちょっと余りよくないというのがありまして、先ほど市長も言われていましたけれども、改修をして、給食センターとか、地元の人からもちょっとクレームが来たとかというのもありますけれども、それでかなりジェネッツさんも一生懸命対応されていたのだろうというふうには思うんですが、だから、今後のことでちょっとこれでJVでやって、本当に改善された形で、また作業主任者もきっちりつけて、完璧というのは難しかもしれませんけれども、先ほど市長言われたように、本当に安全な水を供給できる、そういうふうなことになればいいと思うんですね。

 最後に、あと伺いたいのは、全面委託といえども市の職員が全責任を負うということなんですね。先ほど。



◎水道課長(橋本静一郎君) 責任は市です。



◆3番(柚木巌君) そうですね。はい、わかりました。



○議長(高塚直君) 23番。



◆23番(小峰義雄君) 質問、答弁真っ最中でございますけれども、なかなか聞いておりますと、柚木さんも心の中にもっと思い切ったことを言いたいような、濁っているようなことがしっかりありそうで、水道課長の立場もいろいろ何かはっきりしないようなところがありますから、ここでとことんまで追求していてもしようがないでしょうから、よく調べてもらって、それで柚木さんは大分資料を持っているようですから、また後でどうでしょうか。

 後でどうですか、このまま続投でいいの。柚木さんと。



◆3番(柚木巌君) きょうはちょっとその事故に対しても記憶にあるのとないのとがあると思いますので。



◎水道課長(橋本静一郎君) 確かにこれ私も承知しております。これすべてジェネッツさんの単純ミスですから、それはわかっています。だから、こういう単純ミスをしないように社内教育、研修をやってほしいと、そういうのは常々やっておりました。これはわかっています。

 ただ、柚木議員が言われる私は真意がちょっとわからないんですが、なぜこういうようなご質問されるのか、私にはわかりません。一つ私言いますけれども……。



◆23番(小峰義雄君) 言いたいようなことがあるようだよ、何か話聞いていると。ですから、このままやっていったら、お互いにまずい思いも受けるし、まずい思いができたと、はっきり勝負してもらった方がいいだべと、これは議場ですからね。ただ、どうもしゃべれないでしょう、どっちも何か腹の中にあるような気がして、聞いていてね。ですから、単純ミスがあったというのも、今はっきり水道課長が言ったようですから、こっちは事故があったとか何とか言っているわけですから、きょうはこのままやっていたって、難しいから、いま1回。



○議長(高塚直君) これは委員会の方でということではいかがでしょうか。

     (「ちょっと待ってください」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 10番。



◆10番(今泉利拓君) 水道の方は建設委員会の所管になりますね。きょうは残念ながら、大久保委員長は欠席でございますが、私どもの方の委員会の審議の際にも、この事故の明細、なぜ起きたか、その辺のところをきちんと提出を願いたい。

 それから、6月議会で柚木さんと橋本課長、もう1回、この問題を取り上げていただきたい、このようにお願いしておきます。



○議長(高塚直君) 3番、柚木議員、よろしいですか。



◆3番(柚木巌君) 6月議会ですか、随分あるな。随分おそい……

     (「じゃ時間延長で言ってくださいよ、何だか奥歯に物が挟まったような、わけわからない。はっきり言ってくださいよ」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 5分休憩いたします。

                    (午後5時59分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後6時28分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) ただいま休憩をいただきまして、3番の柚木議員さんの発言に対しましては、後ほどこれは建設委員会の方へ付託をいたしたいと思います。

 よろしいでしょうか。

 それでは、ほかに質疑ございませんか。

 10番。



◆10番(今泉利拓君) 柚木議員の発言を建設委員会に付託するということはおかしいですよね。要するに柚木さんが指摘をした事項についての資料、これを建設委員会に提出をする。また問題を提起した柚木議員にもこの資料を提出する。そして、一応所管委員会ではもみますけれども、最終日にこれ特別委員会ですからね、特別会計だから、当然採択するかどうか諮るでしょう。そのときに質疑がありますね。そのときに柚木さんに機会を与えて、疑問点があれば、さらにただして採決を諮るというふうな手順を踏んでください。



○議長(高塚直君) はい。



◆20番(塚本誠一君) ただ、その場合ですね、委員長報告が先になってしまった場合に、慣例で委員長に対する質疑になってしまいますから、ですから、その辺議長の方で、この柚木議員の質疑というものを委員長に対して質疑ということになったら、またおかしくなってしまいますから、その辺のお取り計らいをお願いしたいと思います。



○議長(高塚直君) ただいま10番議員、それから20番議員が提案されました。このような形でよろしいでしょうか。



◆23番(小峰義雄君) 議長、どうもすっきりしないんだけれども、議長は委員会付託と言った。そして今質疑の意見の方では委員会付託となると、委員長の報告があって質疑ができなくなってしまうということですから、これは委員会付託は別個にした方がいいと思うんですね。別。これは時間をとって、お互いに話し合いをしながら決着してもらうと。それでないと、委員会付託となると、難しい。委員会法に、今度は議員の立場で委員長さ質疑できないもの。ですから委員長報告は賛成に行くように、その前に時間をとって、何とかいい方の解決策を議長、副議長、議運の委員長でやってくださいよ。お願いしますよ。委員会付託はおかしいから。



○議長(高塚直君) はい、どうぞ。

 12番。



◆12番(小沼英明君) 私も柚木議員と当事者から話を聞いた1人でありますが、今もお時間をちょうだいして執行部の皆さんと話ししたんですけれども、まだまだ柚木議員とともに一緒に議論したい部分もあるんで、小峰議員の言われたとおりに、もう少し話し合う場をいただければと考えます。

 以上です。



○議長(高塚直君) 暫時休憩いたします。

                    (午後6時32分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後6時44分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 議会運営委員長。



◆議会運営委員長(芝田貢君) 長い間すみませんでした。

 先ほど3番、柚木議員の水道企業会計の問題につきましては、14日、一般質問がございます。その終了後、全員協議会を開きまして、協議をしていただくと。納得いかない場合は次の日、15日もございますので、納得いくまで議論をしていただくということで、ご報告申し上げます。

 以上です。



○議長(高塚直君) ただいま議会運営委員長より……

     (「いいですか」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) はい。



◆10番(今泉利拓君) 議運の委員長、じゃそれ納得するまでやって、その結果は、これは発言でいろいろ出たのを議場で報告するんですか、結果は。



○議長(高塚直君) 18番、議会運営委員長。



◆議会運営委員長(芝田貢君) 議場で報告といいますか、それはですね、予算、採決がございますので、あとは各議員の判断に任せるということでございます。全員協議会の中で徹底的に議論をしていただくということでございます。



○議長(高塚直君) 23番。



◆23番(小峰義雄君) 議運の委員長、申しわけないんですが、ですから、ここでこれだけ時間をつぶして議論を交わしているわけですから、全協で決着ついたときには、ここで改めてこういうことだという報告しないとまずい。そういうことですね、そうでしょう。議運だけで終わってしまったらだめよ。全協だけで終わっては。ここの席でまた報告すると、結果をね。



○議長(高塚直君) 21番。



◆21番(中野庄吾君) 今の話だと、柚木さんの考え方というか、柚木さんはもうこれ以上は質問するという気があるのか、その辺はどういうものなのかね。

     (発言する者あり)



○議長(高塚直君) 18番、議運委員長、もう1回ご報告願います。



◆議会運営委員長(芝田貢君) 報告については、議論の継続ということでございます。委員会付託になりますので、ここで一応議論を打ち切らないと、きょうは終了できませんので……

     (「そうじゃないんだよ」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 暫時休憩いたします。

                    (午後6時47分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) 休憩前に続いて再開をいたします。

                    (午後6時49分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(高塚直君) ほかに質疑はありませんか。

 4番、吉川君。



◆4番(吉川俊君) 吉川です。

 先ほど時間外勤務手当の話したものですから、簡単に終わります。1分間で終わります。

 8ページの委託料の活性炭の関係でありますけれども、潮来で水づくりのプロは橋本課長ということを認識しております。イエスかノーだけでお答えください。それだけで結構です。といいますのは、暮れの12月31日の朝早く、私のところへ電話がありました。市民の方からです。大変きょうの水はひどいけれども、何か事故があったのかということなんですよ。早速田の森へ電話しました。もちろん会社の方がいたんですけれども、後ほど聞いたらば、橋本課長さんところには全然報告がなかったということなんで、その辺の危機管理体制の問題、この辺をこれからちゃんとやってもらわなくてはならないのかなという感じがいたしておりました。

 それで提言でありますけれども、今、潮来の水のつくり方と違うつくり方が実はもう出ているんですよね。沈殿させて塩素など使わないというような話が出ていましたけれども、そういったことを承知しているかどうか、これイエス、ノーだけで結構ですから、ご答弁いただきたいと思います。何かあちこちから随分視察が見えているということで、今私が調査しているところではそういう話がありました。イエスかノーだけでお答えください。それだけで結構です。



○議長(高塚直君) 水道課長。



◎水道課長(橋本静一郎君) まことに申しわけないんですが、承知しておりません。



◆4番(吉川俊君) わかりました。結構です。

 質問を終わります。



○議長(高塚直君) ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第29号〜議案第36号の委員会付託



○議長(高塚直君) お諮りします。

 ただいま議題となっております議案第29号 平成18年度潮来市一般会計予算から議案第36号 平成18年度潮来市工業用水道事業会計予算については、会議規則第37条の規定により、お手元の付託表のとおり、各常任委員会に付託して審査することにいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(高塚直君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第29号から議案第36号については、付託表のとおり各常任委員会に付託をすることに決定をいたしました。審査結果を最終日にご報告お願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(高塚直君) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日はこれで散会いたします。

 ご苦労さまでした。

                    (午後6時52分)