議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 潮来市

平成17年 12月 定例会(第4回) 12月06日−01号




平成17年 12月 定例会(第4回) − 12月06日−01号









平成17年 12月 定例会(第4回)



潮来市告示第127号

平成17年第4回潮来市議会定例会を次のとおり招集する。

 平成17年11月29日

                             潮来市長  今泉 和

               記

1 招集の日時  平成17年12月6日(火)午前10時

2 招集の場所  潮来市議会議場

          ◯応招・不応招議員

応招議員(24名)

     1番   笠間丈夫君      2番   篠塚貴美子君

     3番   柚木 巌君      4番   吉川 俊君

     5番   橋本きくい君     6番   大平幸一君

     7番   内田正一君      8番   薄井征記君

     9番   根本又男君     10番   今泉利拓君

    11番   加藤政司君     12番   小沼英明君

    13番   藤崎忠徳君     14番   杉本俊一君

    15番   大久保英雄君    16番   長谷川幸雄君

    17番   高塚 直君     18番   芝田 貢君

    19番   粟飯原治雄君    20番   塚本誠一君

    21番   中野庄吾君     22番   須田富次君

    23番   小峰義雄君     24番   塙 信一君

不応招議員(なし)

     平成17年第4回潮来市議会定例会議事日程(第1号)

                         平成17年12月6日(火)

                         午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期の決定について

日程第3 諸般の報告について

 ●市長あいさつ並びに提出議案等の説明

 (朗読、説明、質疑、委員会付託、委員会付託省略、討論、表決)

日程第4 議案第67号 潮来市職員の再任用に関する条例の制定について

日程第5 議案第68号 潮来市職員の定年等に関する条例の一部改正について

日程第6 議案第69号 潮来市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について

日程第7 議案第70号 潮来市職員の育児休業等に関する条例の一部改正について

日程第8 議案第71号 潮来市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について

日程第9 議案第72号 潮来市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について

日程第10 議案第73号 潮来市職員の給与に関する条例の一部改正について

日程第11 議案第74号 潮来市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について

日程第12 議案第75号 潮来市市営住宅条例の一部改正について

日程第13 議案第76号 潮来市立図書館の設置及び管理に関する条例の制定について

日程第14 議案第77号 市道路線の認定について

日程第15 議案第78号 市道路線の廃止について

日程第16 議案第79号 茨城県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少について

日程第17 議案第80号 茨城租税債権管理機構規約の一部改正について

日程第18 議案第81号 鹿行地方広域市町村圏事務組合規約の変更について

日程第19 議案第82号 平成17年度潮来市一般会計補正予算(第3号)

日程第20 議案第83号 平成17年度潮来市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

日程第21 議案第84号 平成17年度潮来市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

日程第22 議案第85号 平成17年度潮来市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

日程第23 議案第86号 平成17年度潮来市介護保険特別会計補正予算(第2号)

 (請願・陳情審査)

日程第24 請願第3号 建設残土搬入に関する請願書

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

    1番   笠間丈夫君      2番   篠塚貴美子君

    3番   柚木 巌君      4番   吉川 俊君

    5番   橋本きくい君     6番   大平幸一君

    7番   内田正一君      8番   薄井征記君

    9番   根本又男君     10番   今泉利拓君

   11番   加藤政司君     12番   小沼英明君

   13番   藤崎忠徳君     14番   杉本俊一君

   15番   大久保英雄君    16番   長谷川幸雄君

   17番   高塚 直君     18番   芝田 貢君

   19番   粟飯原治雄君    20番   塚本誠一君

   21番   中野庄吾君     22番   須田富次君

   23番   小峰義雄君     24番   塙 信一君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

   市長      今泉 和君   助役      小沢一廣君

   収入役

           久保木貞夫君  教育長     根本健助君

   職務代理者

   総務部長    箕輪強志君   市民福祉部長  佐野憲一君

   環境経済部長  鈴木美知男君  建設部長    本宮弘一君

                   行財政改革

   教育次長    内田正雄君   推進室長兼   矢幡安一君

                   秘書広聴課長

   総務課長    久保木 裕君  企画財政課長  根本勝雄君

   農業委員会

           秋永克昭君   水道課長    根本静一郎君

   事務局長

   社会福祉課長  前島 操君   農政課長    香取昌衛君

   都市建設課長  吉川利一君   牛堀出張所長  志村敏夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長  佐藤文男君   係長      大堀絹代君

   書記      小谷野美樹夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



○議長(塙信一君) おはようございます。

 皆さん大変ご苦労さまでございます。

 平成17年第4回潮来市議会定例会の開会に当たり、一言ごあいさつ申し上げます。

 師走に入り、朝晩めっきり肌寒くなりました。ことしも残すところあとわずかとなりましたが、当市においては、天皇、皇后両陛下のご臨席を仰ぎ開催されました全国植樹祭と牛堀小学校訪問、前川あやめ園の見学等、まことに印象深いものがことしはありました。

 議員各位には公私ともご多忙中の中ご参集を賜り、まことにご苦労さまでございます。本定例会は、条例関係と補正予算を合わせて20件の議案審議が予定されており、一般通告質問については10人の方から提出をいただいております。後ほど市長から提出議案のご説明があろうかと存じますが、議会としては、住民福祉の向上と潮来市発展のため、十分な審議を尽くしてまいりたいと存じます。

 なお、議員各位には十分ご自愛をいただき、議会運営に格段のご協力とご支援を賜りますことをお願い申し上げまして、開会のあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会及び開議の宣告



○議長(塙信一君) それでは、ただいまの出席議員は24名、欠席議員は0名で、定足数に達しておりますから、地方自治法第113条の規定により、ただいまから平成17年第4回潮来市議会定例会を開会いたします。

 これから本日の会議を開きます。

                    (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(塙信一君) 議事日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、19番、20番、21番議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(塙信一君) 日程第2、会期決定の件を議題とします。

 お諮りする前に、過日、議会運営委員会を開いておりますので、議会運営委員長から会期等について委員会の結果報告を願います。

 議会運営委員長。



◆議会運営委員長(高塚直君) 議会運営委員会の報告を申し上げます。

 ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定いたしました会期日程(案)等についてご報告をいたします。

 去る11月22日、議会運営委員会を開催いたしました。出席委員は8名で、潮来市議会委員会条例第16条の規定により成立をいたしました。

 平成17年第4回潮来市議会定例会会期日程(案)を議題といたしました。

 告示の際に各議員のお手元に配付されております資料に基づき、ご説明をしてまいりたいと思います。

 資料の方をお願い申し上げます。

 平成17年第4回潮来市議会定例会会期日程(案)、会期10日、期日、曜日、開議時間、会議別、議事の順番に朗読、説明をしてまいります。

 12月6日、火曜日、午前10時、本会議。開会、諸般の報告、市長あいさつ及び提出議案の説明、朗読、説明、質疑、委員会付託(省略、討論、表決)、議案第67号より議案第86号。朗読、説明、質疑、委員会付託(省略、討論、表決)、請願・陳情審査。

 12月7日、水曜日、午前10時、委員会。付託案件審査、環境経済委員会、議員控室にてお願いを申し上げます。

 12月8日、木曜日、午前10時、委員会。所管事務調査、教育福祉委員会、議員控室にてお願いを申し上げます。

 12月9日、金曜日、休会でございます。議事整理でございます。

 12月10日、土曜日、休会。

 12月11日、日曜日、休会でございます。

 12月12日、月曜日、午前10時、本会議、市政一般に関する通告質問。

 12月13日、火曜日、午前10時、本会議、市政一般に関する通告質問でございます。

 12月14日、水曜日、休会とさせていただきます。議事整理でございます。

 12月15日、木曜日、午前10時、本会議。追加議案審議、報告、質疑、討論、表決、委員会付託案件審査をもって、閉会でございます。

 以上のとおり、議会運営委員会は平成17年第4回潮来市議会定例会会期日程を、本日12月6日から15日までの10日間と決定をいたしました。

 なお、本定例会で審議をいただく議案、陳情等については、既に告示の際に各議員に配付をしており、提出議案付託表に沿って審査をいただくことに決定をいたしました。

 なお、一般質問議員につきましては10名の方を予定しております。

 以上、報告とさせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(塙信一君) お諮りいたします。

 ただいまの議会運営委員長の報告のとおり、本定例会の会期は、本日12月6日から15日までの10日間としたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から15日までの10日間と決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(塙信一君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 議員派遣の件につきましては、お手元にお配りしたとおり報告をいたします。

 以上、諸般の報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ並びに提出議案等の説明



○議長(塙信一君) それでは、市長よりごあいさつ並びに提出議案の説明をお願いいたします。

 市長。

     (市長 今泉 和君 登壇)



◎市長(今泉和君) 潮来市議会議員の皆様方におかれましては、ご多忙中のところ、平成17年第4回潮来市議会定例会にご出席をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 本定例会の開会に当たりまして、提出させていただいております議案等について説明をさせていただきながら、ごあいさつをさせていただきます。

 まず初めに、平成15年度から主要事業として取り組んでおります潮来第二中学校改築事業でございますが、建設委員会や保護者を初め、関係する皆様方のご協力によりまして、校舎本体の第1期工事がこのほど竣工に至り、さらには、速やかな新校舎での授業対応が図られましたことは、まことに喜びにたえない次第であります。今後は、体育館、特別教室などの整備を進め、平成19年度に完了すべく努力をしてまいります。

 次に、11月に本体工事が完了し、本定例会にも設置及び管理に関する条例の制定を提案させていただいております潮来市立図書館整備事業につきましては、専門性や効率性から、受け付けや図書の案内、相談業務などを民間委託といたしまして、入館者へのサービス向上を図ってまいりたいと考えております。また、今後は、公民館や各学校との連携、ボランティアの協力もいただきながら、その体制づくりなどを含め、市民の皆様の生涯学習活動のサポート、そして地域交流の場として愛される施設となるよう、来春の開館を目指して鋭意整備を進めてまいります。

 また、公共施設の管理運営を民間やNPO法人に門戸を開く指定管理者制度につきましても、平成18年度事業からの導入に向け、現在、関連手続を進めております。

 続きまして、本定例会に提案させていただいております補正予算を初め、議案などについて申し上げます。

 総務費では、市政運営の基本としております安心安全なまちづくりの一環でございます地域の防犯灯の新設や、カーブミラーなどの交通安全施設の充実をしてまいります。

 次に、社会福祉では、子育て支援施策の主要な施策として、利用者が増加しております放課後児童クラブの運営体制充実のための補正のほか、障害者福祉サービス利用者の増加や生活保護費の増加に伴う補正となっております。

 農政関係では、永山、堀之内、馬之峰地区の営農集団へ、水田農業構造改革推進事業の一環として、県事業による、買ってもらえる米づくり産地育成支援事業により、良質米づくりのための支援をしてまいりますほか、貴重な平地林を構成する釜谷地区の山林を中心に、平地林保全整備事業を実施してまいります。

 土木費関連では、日の出地区にございます茨城県の霞ヶ浦水郷流域公共下水道終末処理場の施設拡充に伴う負担のため、下水道特別会計への繰出金の増額のほか、第1回定例会所信でも触れさせていただいております大生市営住宅の将来的な用途廃止に向け、その準備をしていくための予算措置をしてまいります。その他、日の出地区内歩道の改修や都市公園の修繕などでございます。

 教育関係では、各小・中学校の修繕などの補正となっています。

 それでは、本定例会の提出議案等について申し上げます。

 潮来市立図書館の設置及び管理に関する条例の制定や補正予算などの議案が20件、請願1件、合わせて21件でございます。

 以上、補正予算の概要等について述べさせていただきました。

 なお、諸議案の内容につきましては各担当部長に説明をさせますので、何とぞよろしくご審議くださいまして、ご議決またはご承認を賜りますようお願いを申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発言の注意



○議長(塙信一君) これから議案の審議に入るわけでありますけれども、その前に、9月の定例会の吉川議員の発言に対して若干申し上げたいというふうに思います。

 9月の定例会におきまして、税の滞納に関する質問の中で、市長が来れば払うと言っている人がいるという発言がございました。その後の経過を見ますと、これにつきましては、個人名にかかわる質疑は細心の注意を払うべきものと私は思います。これからいろんな発言の中で、議員各位お互いに、確証に基づいた質疑をされますようご注意を申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第67号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程に入ります。

 日程第4、議案第67号 潮来市職員の再任用に関する条例の制定についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川でございます。

 この条例の3条について、ちょっとお伺いしたいと思います。

 3条関係で見ますと、勤務実績が良好である場合には更新ができるということでありますけれども、この勤務実績が良好という、その判断の基準はどこにあるのかということが1点であります。それから、この勤務実績が良好と認定するのはだれかということ。この2つだけお伺いしたいと思います。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 勤務実績が良好であるという、判断ということでございますが、これにつきましては市長の方の判断ということになります。また、任命につきましても市長の任命ということになります。



○議長(塙信一君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 今、判断基準ということを申し上げましたけれども、判断基準は、この下の規則か何かで決まっているのかどうかでございます。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 判断の基準ということですが、これにつきましては選考という形になります。選考ということになりますと、日ごろの勤務状況等につきます報告が各課長の方からなされております。そういうものを見ながらの選考ということになろうかと思います。



○議長(塙信一君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。

 そうしますと、比較的アバウト的な評価になってしまうのかなと、私心配しておりますけれども、その辺はぴしっとした形で、点数つけるわけにいかないでしょうけれども、そういう評価をしていく必要があるのかと思いますけれども、その辺お伺いしたいと思います。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) その評価がアバウト的になるのかなというようなことでありますが、この目的が、定年でやめる、それによりまして、片方では年金との絡みがあるわけでありまして、この辺をよく参考にしながら決めていく。働く意欲のある方につきましては、こういう制度がありますという内容でございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(塙信一君) ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第68号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第5、議案第68号 潮来市職員の定年等に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川でございます。

 この、きょうここに68号出ておりますけれども、これ最終チェックされるのはどなたなのでしょうか。といいますのは、この68号、今、総務部長からるる説明ありましたけれども、提案の理由がここに書いてありません。これ提案の理由が書いてない理由は何か。これだけお答えください。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 提案の理由がなかったということでございます。

 大変申しわけございません。これは漏れてしまったということでございます。



○議長(塙信一君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 漏れたということはわかりました。

 議会に出す場合には、必ずよくチェックして出していただきたいと思います。私もこれ何回も見ましたけれども、なぜこれ提案理由が出てないのかなと疑問に思っておりました。

 ありがとうございました。



○議長(塙信一君) ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第69号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第6、議案第69号 潮来市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。

 2つ目の、地方公務員法の勤務時間ということでありますけれども、休憩時間を除き、4週間を超えない期間につき1週間当たり16時間から32時間の範囲とありますけれども、この16時間から32時間までの範囲、この根拠についてご教示ください。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 地方公務員法の28条の5、この中に1週間当たりの勤務時間が定められております。この中で、短期の労働者につきましては、先ほど申し上げましたような時間帯で勤務をすることを認めるという内容でございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(塙信一君) ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第70号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第7、議案第70号 潮来市職員の育児休業等に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第71号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第8、議案第71号 潮来市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第72号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第9、議案第72号 潮来市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第73号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第10、議案第73号 潮来市職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 10番、今泉議員。



◆10番(今泉利拓君) 再任用職員の給料ですね、1級から8級までありますけれども、退職したらばみんな同じですね、条件は。そこで1級から8級の差が出てくるということは、例えば、退職をする前に総務部長をやっていた人と一般職員で終わった人の差というふうに考えてよろしいんですか。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) この国の指導の内容によりますと、例えば、8級職におった方につきましては、その方を再任用するというような場合につきましては、8級職の33万200円という金額以内で再任用をしなさいということでございます。



○議長(塙信一君) ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第74号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第11、議案第74号 潮来市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川でございます。

 何点かちょっと確認させてください。

 後段の方の図書館の問題ですけれども、ここに潮来市立図書館長、それから、潮来市立図書館協議会委員等出てきますけれども、この法的根拠はどこにあるのかということをまず知りたいと思います。そして、もう1点は、図書館、先ほど、市長の冒頭のごあいさつでは来春という話がありました。来年の春、具体的には何月、あるいは何日、わかればそこまでお伺いしたいと思いますし、それから、もう1つはですね、この条例改正は緊急性があるのかどうかということをお伺いしたいと思います。

 とりあえず、この3点お伺いしたいと思います。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) まず、1点目のですね、法的根拠ということでございますが、図書館法という法律がございまして、その中で館長を決めるという規定がございます。それから、図書館協議会委員の報酬の件でございますけれども、これも同じく図書館法によりましてですね、図書館協議会を置くことができるという規定を受けまして、このように改正するものでございます。

 それから、開館でございますけれども、今、鋭意開館に向けて努力しているところでございますけれども、5月中には何とか開館をしていきたいというふうに思っております。

 その緊急性の問題でございますけれども、やはりですね、法律の定めによりまして設管条例をこの後制定させていただくことになっておりますので、緊急性があるというふうに考えておりまして、また、いろんなその開館に向けての準備もございますので、設管条例と館長関係の報酬関係も緊急性があるというふうに判断しまして、今回、改正をお願いしたところでございます。



○議長(塙信一君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。

 わかりました。図書館長、それから図書館協議会委員は、図書館法に基づいたということですね。

 ただし、私が思ったのは、今、教育次長からも答弁ありましたけれども、これから設管条例が出てくるということですよね。設管条例の方が先ではないかというふうに、私はこう認識しました。本当は設管条例があって、図書館法があって、それで市の図書館の設管条例ができる。そして、その上でこの報酬でしょうか、これを決めていくのが手順ではないかなと思いまして、なぜこのようになったのかというのをまず1つ知りたいということであります。設管条例をまずやるべきではないかということであります。

 それからですね、本来ですともう設管条例はできてなくちゃならないのかなというふうに私は認識しておりますけれども、9月あたりの議会で設管条例ができていれば、今回このまま出てきてもすんなりいくと思いますし、設管条例そのものが、この後、何秒か後に上程されるんですけれども、ちょっと時間差があって、果たしてこれでいいのかなということであります。

 今ここで思うんですけれども、何か教育委員会と総務部の方と、ちょっと意思の疎通が欠けていたからこういうような状態になってしまったのかと今心配しておりますけれども、その辺はいかがでしょうか。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) この条例と設管条例と報酬の関係でございますが、これらにつきましては、私どもで調整をしておったわけでありますが、事務のミスでこのようなことになってしまいまして、まことに申しわけございません。後段の76号につきまして設管条例が入っておりますので、この順序を誤ってしまいましたものですから、おわびして訂正させていただきます。申しわけございませんでした。



○議長(塙信一君) あともう1つ、意思疎通がなかったのかと。

 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 十分に総務の方とも詰めてまいったわけですけれども、こんな結果になってしまいました。



○議長(塙信一君) 吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。

 それぞれわかりました。

 それと、もう1点ちょっと疑問があるのはですね、議案第74号の次に改正案と現行とありますよね。新旧対照表があります。この新旧対照表で見ますと、図書館長、それから図書館協議会委員の方が上になっております。児童扶養手当判定医というのが下になっていますけれども、これなぜここで議案の方では児童扶養手当判定医が上で、図書館関係が下なのか。この辺もお伺いしたいと思います。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) この順序でございますが、現在、改正する前のものですね、この部分につきましては、福祉の部門なら福祉の部門というように分かれております。ですから、福祉事務所の嘱託医の下に児童手当判定医というような形で、現在あるものに継ぎ足していったからこういうような結果になってしまったということでございますので、ご理解のほどお願いしたいと思います。



○議長(塙信一君) ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第75号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第12、議案第75号 潮来市市営住宅条例の一部改正についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 都市建設課長。

     (都市建設課長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第76号の朗読、説明、質疑、討論、採決



○議長(塙信一君) 日程第13、議案第76号 潮来市立図書館の設置及び管理に関する条例の制定についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 教育次長。

     (教育次長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川でございます。

 いわば潮来市立図書館ができれば、これが図書館のよしあしにかかってくる、基本的な、いわゆる憲法的な発想で私は見ております。したがいまして、何点か質問させてください。

 まず第1点は、この条例案は教育福祉委員会で審議されたかどうかということ、まず第1点お伺いしたいと思います。

 それから、もう1点は、市の法令審査委員会でしょうか、ではどういう問題点が指摘されたのか。

 それから、3点目として、図書館整備委員会というのがあったようでございますけれども、この方たちの意見はどのように反映されたのかということをお伺いしたいと思います。前の本会議でも、パブリックコメントということ、私お尋ねしておりますけれども、これが実際生かされてこの条例ができたのかどうかということをお伺いしたいと思います。

 それと、先般、公民館へ行きましたら、市民に呼びかけた図書館資料リクエストというのがありました。この辺の実態をお聞かせください。

 それから、何カ所か図書館回ってきましたけれども、困っているところは利用者の対策ということで、何かというとホームレス対策なんですね。今の時期、寒くなってきますとホームレスが本を読む目的でなくて入ってきてしまう。あるいは、暑い時期には涼を求めてそこに入ってきていると。大変困っているというお話を聞いております。この辺はこの条例でどのように対応していくのか。

 まず、この点についてお伺いしたいと思います。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 5点ほどご質問いただきましたけれども、法令審査委員会の件を除いて答弁させていただきます。

 この条例に関しましてですね、教育福祉委員会にご相談したかということでございますけれども、教育福祉委員会の協議会でですね、ご相談申し上げました。これは済んでございます。

 それから、整備委員会の意見が反映されているかということでございますけれども、これは教育委員会でですね、当然、潮来市の図書館の条例をどうするかということでいろいろな検討をした中でつくってまいりましたけれども、あるいは図書館法の意を酌んでですね、当然、整備委員会の方にはこういう条例をつくるということはお話ししてございます。

 それから、リクエストですけれども、今集約中でございましてですね、どういう本が、市の方で今整備している図書と競合しても、する部分ございますので、その辺を整理しながら今進めているところでございます。

 それから、ホームレスの対策、確かに吉川議員ご心配するようにですね、そのほかにもいろいろな問題があるようでございます。それは、一部委託するわけですけれども、その職員とも十分その辺はマニュアル化を図りながらですね、サービスの低下につながらないように十分注意を払って、快適な利用できるように努めていきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 法令審査会の方のことでございますが、これにつきましては、法令審査会の方ではこの条例案につきましては別段注意する部分はなかったというふうに記憶しております。



○議長(塙信一君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。

 では、さらに引き続いてちょっとお尋ねしたいと思います。

 図書館整備委員会の方の意見が反映されているということをお伺いしましたけれども、図書館整備委員の方から、条例のことはさっぱり聞いてないよという話が入っております。この辺はどのようにご認識かお伺いしたいと思います。

 先ほど言いましたようにパブリックコメント、水戸市などでは、もう案の段階でもって広く市民の方に知らせているんですよね。その意見を導入しているということなんですけれども、さきの定例会でもパブリックコメントについて私お尋ねしましたらば、行財政改革担当室長さんの方から、これから導入していきたいという意見がありました。その辺との兼ね合いはどうでしょうか。

 それから、今度は個別にちょっとお尋ねしたいと思いますけれども、第2条の設置のところであります。

 潮来市立図書館、これをもっと愛称を公募したらということであります。市立図書館というのはどこも同じになってしまっているということなものですから、潮来は潮来のカラーを出して、もっとニックネーム、愛称的なものを公募してはどうかということであります。これはご提案であります。

 それから、次、3条の職員の関係。

 職員は大体何人くらいになるのかということも知りたいと思います。常勤か非常勤かということ。館長は何か非常勤かなという話も聞いておりました。

 それから、司書の方は常勤だとこう聞いておりますけれども、新しく採用するのか、あるいは既にもうそういう資格を持った方がおられるのか、その辺をお伺いしたいと思います。あるところの図書館では、資格を持っていても実務経験がなければ実際は役立たないですよということもアドバイス受けております。わかりやすく言えば、車の運転免許と同じでペーパードライバー、もう時代がどんどん過ぎているから、3年、5年、10年とたってくると、もうほとんど、司書の資格を持っていても、その方ではちょっと対応できないのではないですかというようなことも聞いております。この辺はどのようにされていくのかもお伺いしたいと思いますし、それから、司書に対する研修の実態、何か鹿嶋の図書館で1週間くらいやられたという話聞いておりますけれども、それだけで果たして十分なのかどうかという問題ですね。

 それから、この中では事務職員とあります。事務職員は何人くらいなのか。先ほど、市長の中でも、管理者制度云々という話がありました。この辺との絡み。それから、その他必要な職員を置くということですが、その他必要な職員というのはどういう職員のことを言っているのか。私ちょっとわかりません。この辺もご教示ください。

 図書館法を見ますと、技術職員ということ出てくるんですよね。潮来の場合にはこの技術職員は要らないのかどうか。図書館法の中では、職員の中に技術職員を置くということにもなっております。

 それから、第4条でありますけれども、この管理の部分です。

 図書館は教育委員会が管理するとなっておりますけれども、管理者はだれなのかということですね。だれを予定するのか、どういった人を予定しているのか。図書館の利用者は、管理者の指示した事項を遵守しなければならないとしております。管理者とはだれかということをお尋ねしたいと思います。

 そして、後ろの方へ行きますと、今度は図書館長が出てくるんですよね。管理者と図書館長との関係はどのようになっているのか、同じなのか。図書館法で見ますと管理者という言葉は出てきておりません。すべて図書館長です。この辺についてもご教示いただきたいと思います。

 それから、次に第5条の図書館協議会の関係であります。

 図書館法では協議会を置くことになっていると、先ほど教育次長の方からありました。15条では委員は……



○議長(塙信一君) 吉川議員、今、設管条例の文言ですので、その運営等についてはこれから審議をされると思うんですよ。その辺ちょっと、何か余りこう、運営面でどうだこうだというような質問ですけれども、設管条例に関しての質問に絞ってほしいというふうに思います。



◆4番(吉川俊君) はい、わかりました。

 第5条関係、これは図書館法の第15条では、委員は教育委員が任命するとなっております。潮来では委嘱になっています。これは違いはどこにあるのでしょうか。

 今、議長の方からありましたから省略しますけれども、第6条の施設の貸与及び使用料、この関係であります。生涯学習振興のため、それから、生涯学習振興を目的にとあります。具体的にはどのような場合を想定しているのか。これをお伺いしたいと思います。

 とりあえず、じゃ、そこまでの点お願いしたいと思います。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 質問に沿って上手に答弁できるか、ちょっと自信がありませんけれども、たくさんいただきました。

 まず、整備委員会の意見が反映されていないのではないかというご質問でございますけれども、これはですね、きょうも整備委員会を開催しておりましてですね、十分委員さんの意見は聞いてございます。ただ、意見がそのままですね、その他の政策といいますか、それに反映されるかどうかというのはちょっと疑問だというように思っております。

 それから、何人職員ということでございました。これはこれから人事等が予定されるわけですけれども、私どもでは、職員が三、四名お願いしたいなというふうに考えてございます。それから、一部管理委託しますので、それのシフトにもよりますけれども、7人ぐらいは要るのかなというふうに考えております。

 それから、館長は非常勤を考えてございます。

 それと、司書でございますけれども、職員の中にも司書を持っている方がおりますけれども、まず、一部委託しますので、その中でですね、司書を持っている方を5割程度お願いしてございます。それで、その中には実務経験、当然レファレンスの問題もございますので、実務経験がある方をお願いしたいなというふうに思っております。

 それから、鹿嶋市の方にお願いしまして研修に行ってまいりましたけれども、大分、1週間やりましたので、すべてのサイクルといいますか、流れがわかったということで、非常にためになったというふうに報告を受けてございます。

 それと、事務職員は、先ほど三、四名ということでお答えを申し上げました。

 それから、技術職がということでございますけれども、これは別にいろんな機械とかそういうのは、メンテ、委託しますのでですね、それは考えてございません。

 それから、管理者と館長の考えでございますけれども、これは管理者はですね、教育委員会のトップは教育長でございますので、教育長の意を酌んでですね、館長がそれに当たるというふうに考えてございます。

 それから、協議会でございますけれども、これは規則の方でですね、定めてございまして、これから委嘱をしていきたいというふうに考えております。委嘱というのは、館長が諮問した部分について審議するというような協議会でございますので、こういう形をとらせていただきました。

 それから、振興でございますけれども、これは団体でですね、要は生涯学習に真剣に考えている方のそういう団体に貸し出ししたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(塙信一君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) ありがとうございました。

 先ほど法令審査会のことをお尋ねしましたけれども、条例をつくるのにはこんな審議では足りないと思います、私は。もっともっと内容を検討して、そして、それがこの条文になる。9条だけの条文ですけれども、こんなものでは果たして潮来市の図書館はどうなのかなと、もう先が見えてしまったような感じがいたしました、私はですね。

 そこで、あえてまたお尋ねしますけれども、今、議長から条文だけのというあれがありました。条文だけでは市の条例などというのは、形はあるけども魂入らないと思います、正直言って。魂を入れるためにその議論が必要なのではないかと思います。ですから、法令審査会ではどういう問題がありましたかということをお尋ねしました。何の問題もなかったということですから、もしかしたら本当に魂が入ってないのかなと私心配になりました。

 図書館の利用者の範囲についてちょっとお伺いしたいと思います。

 条文を見ますと、図書館、これ条文にちゃんと書いてありますからね、議長ね。図書館奉仕を受けることができる者は、市内に居住し、または通勤もしくは通学する者とする。基本的には、潮来市に住んでいる、あるいは通学している、通勤している、この方だけだというふうになりますけれども、館長が特に必要と認めたときはこの限りでない。こううたっております。

 こう見ますと、基本的には市民以外は利用させないということになってしまうのかなという気がいたします。私は、鹿嶋の図書館十分利用させてもらっていますし、この近隣の図書館も、必要があれば行って利用させてもらっています。この辺はどうなのかということであります。

 そして、図書館法の17条、これは入館料という規定があります。公立図書館は、入館料その他図書館資料の利用に対するいかなる対価をも徴収してはならないとあります。要するに無料だということであります。ということなのですけれども、他の市町村から来て利用するという方がいる場合には、その自治体から応分の財政的負担をいただけるかどうか。この辺までご検討されたかどうかということをお伺いしたいと思います。

 また、そのほかいろいろ聞きたいことありますけれども、とりあえず、そこまでお伺いしたいと思います。

 以上であります。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 利用者の範囲でございますけれども、今、吉川議員からお話がありましたようにですね、今まで近隣の方を利用させていただきました。それも当然、今度新しくできてもですね、ほかの方はだめだということではありませんので、近隣の市町村の方が利用できるようになると思います。

 それから、図書館法の17条関係でございますけれども、一部負担ということは、ここの規定の趣旨にありますようにですね、無償ということでございますので、そういう検討はしませんでしたし、考えてはございません。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) ただいま吉川議員の方から法令審査会の話が出ましたけれども、潮来市が行っている法令審査会につきましては、各担当課の方から、こういう条例をつくりたいという案が出てまいります。その案の条文の書き方、それから字句、表現、こういうものが正しいか正しくないかという審査でありまして、こういうことはどうなんだ、そういうことはどうなんだという内容の方の審査は法令審査会の方ではしておりません。

 以上であります。



○議長(塙信一君) ほかに質疑ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第77号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第14、議案第77号 市道路線の認定についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 都市建設課長。

     (都市建設課長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第78号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第15、議案第78号 市道路線の廃止についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 都市建設課長。

     (都市建設課長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。

 ちょっと確認だけさせてください。

 ?と?、ともに起点と終点が同じ番地ですよね。これはそれぞれ同じ筆というふうに理解してよろしいでしょうか。同番地地先で延長が83.9メートル、それから、もう1つが21.4メートルとありますけれども、同番地ということ、この辺の説明をお願いしたいと思います。



○議長(塙信一君) 都市建設課長。



◎都市建設課長(吉川利一君) 同番地でございます。



○議長(塙信一君) ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第79号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第16、議案第79号 茨城県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第80号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第17、議案第80号 茨城租税債権管理機構規約の一部改正についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第81号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第18、議案第81号 鹿行地方広域市町村圏事務組合規約の変更についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第82号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第19、議案第82号 平成17年度潮来市一般会計補正予算(第3号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑される方はページ数を言ってから質疑をお願いしたいと思います。

 質疑ありませんか。

 3番、柚木議員。



◆3番(柚木巌君) 3番、柚木です。

 ページ数、13ページですけれども、10目の防犯対策費のところなんですけれども、防犯灯の新設工事、これで41万の補正ということなんですけれども、年間で80万弱というふうなことになろうかと思うんですが、この41万の補正した理由と、あと、その工事の内容をお聞かせ願いたい。

 それと、あと18年度に向けて、現状の防犯灯を設置しなければならない基数、それが分母で、今年度が全部で何基ぐらい設置するということと、あと、18年度は何基ぐらいつけて、どのくらいの予算でというところまでちょっとお聞かせ願いたいと思います。

 以上です。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 13ページの防犯灯新設工事41万円ということでございますが、これ等につきましては18カ所を整備していくというようなことで、区長さんの方から追加要請があったところでありますが、そこの部分も市の方で現地を見まして、必要性のあるところというようなことで18カ所設置させてもらっております。

 また、18年度どのようにしていくかというような内容でありますが、現在、予算のヒアリングの中でその辺をどのくらいつけていくかというようなところ、担当課の方ではこのくらい欲しいという部分がまずありますが、完全には決まっていないというような内容で、今調整中というようなことでございます。



○議長(塙信一君) 3番、柚木議員。



◆3番(柚木巌君) 3番、柚木です。

 あと、この防犯灯の、先ほどの回答ですと、あと、今年度の東電の寄附というのがあると思うんですけれども、大体12月ぐらいにあるかと思うんですが、これの予想といいますか、そこら辺もしあれば。

 それとあと、ちょっと18年度のその金額のところまで言っておられなかったのですが、今回、38万弱の当初の予算で来たんですけれども、区長さんからもそういうのは要望とかも含めて、何年ぐらいで区長さんからの要望の件数、当初100件強あったと思うんですけれども、そこら辺の分をどういうふうに計画的にしていくのか、もう一度お聞かせ願いたいと思います。

 以上です。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 東電からの寄附ということで、例年ですと12月ごろには話があるわけでありますが、今のところ東電からの寄附の申し込みは来ていないというような状況です。

 それから、区長さんからの要望の件数をどのようにして対応していくのかというようなことでありますが、確かに、区長さんかわって1年目のときは防犯灯の要望が非常に多い地区でございます。どこをつけてほしい、ここをつけてほしいというような要望が多いのでありますが、全体的を見てみますと、区長さんの方から見れば、ここの部分が必要なのかなというようなところなのでしょうけれども、市の方から見てみますと、ここのところに防犯灯はどうなのかなというような部分もございます。ですから、今は現地を見まして、それで区長さんと協議をしながらつけていくというようなことであります。

 どのように対応していくかというようなことでありますが、あくまでも区長さんと話し合いをして、この辺のところにつきましてはどのようにやっていくかというようなことを話し合いながらつけていく。ここのところに何基つけますというようなことは、今のところ申し上げられない状況でございます。



○議長(塙信一君) ほかに。

 16番、長谷川議員。



◆16番(長谷川幸雄君) 23ページあたりから教育費関係が載っておりますけれども、ちょっと総枠の件でお尋ねしますけれども、ちょうど今、マスコミを、マスコミというより社会、悪い社会情勢で、子供らが忌まわしい事件が、小学生の殺人事件が発生しましたけれども、潮来市の子供らは、16年度でしたか、防犯ベルをみんなに預けたと思うんですよね。それの管理状況、なくしちゃった子供とか使ってない子供とか、これはっきり言って私も自分の子供に聞いたんですけれども、「防犯ベル持ってんの」と言ったら、学校で預けられたけども、何ともそれを持ってこうとか使用にたえられるかとか何も、そこまでの表現では言わないだけど、「持ってかないの」と言ったら、「自転車の場合はいいんでねの」。「先生に怒られるんど」と言っても、全然それが野放しになっているのではないかと今ちょっと思ったんですよ。

 せっかくこれ、防犯ベルを預けてやったものが、全然使われてなかった。確かに壊れてるのもあるでしょうし電池切れもあると思うんですけれども、その辺、この総枠でもってどんな管理しているか。もしそれがなくなっていれば必ずもう、管理してあれば、それの修繕費幾らで、予算計上されていると思うんだけども、その管理がどんなことになっていますか。ちょっとそれ総枠でまずお尋ねしますけれども。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 確かに今、栃木県、それから広島県で非常に痛ましい事故が発生しておりまして、登下校の対策については教育委員会でもいろいろ考えているところでございまして、その中でですね、今お尋ねの防犯ベルにつきましては、きのう、教育長名で、確実に持つようにということで各校長に指示をしたところでございます。

 確かに、実態はですね、持っていない、あるいは作動しないというようなものがあるかと思いますので、きのう指示したところですので、その辺は今後早急に使えるように、また持つようにですね、指導していきたいというふうに考えています。よろしくお願いします。



○議長(塙信一君) 16番、長谷川議員。



◆16番(長谷川幸雄君) 要望になりますけれども、せっかく市の方から子供らの安全ないところに、そういうことがあってはならないように預けたものが、1年以上もそれが使えるものだかもわからない、子供ら、先生が持ってこうとも言わないということになったら、それでもし事件があったらとんでもないことになってしまうから、三月に1回とか何カ月に1回、なくした子供はないですかとか、あと抜き打ちに、みんな持ってきてるかぐらいな教育は私はあってもしかるべきだと思うんです。

 以上で、そういうようなことをひとつ管理を要望するものです。終わりです。



○議長(塙信一君) 6番、大平議員。



◆6番(大平幸一君) 6番、大平です。

 ページ数が19、これの塵芥処理費、補正で609万7,000円というようなことで、光熱水費、これ先ほどのお話で水道分だというようなことですけれども、これをひとつ詳しく説明願いたいと思います。これ1点で結構です。



○議長(塙信一君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 先ほどのですね、水道というお話がございましたけれども、これは水道ではなくて電力料金です。

 実はですね、これまでセンターの電力料金は施設全体を一元化した電力計によって消費電力が表示されていました。それでですね、灰溶融施設を停止した後とその実績の差がかなり出ました。それはそれぞれの施設、3施設大きなものがありますけれども、これらを一つ一つの電力計でやっていれば、灰溶融をとめたときに、これが幾らだからということで下がる実態がわかるんですけれども、一元化されていたためにですね、当初予算がちょっと甘かったのかなと。その他では石油の値上がり等の影響もございますけれども、主なものとしてはその当初予算の関係でございます。

 以上です。



○議長(塙信一君) 6番、大平議員。



◆6番(大平幸一君) そうすると、今お話したようにですね、これは水道ではなくて電力だというようなことなんですけれども、これは原因はやはり今お話したように当初の予算の見きわめが甘かったというようなことで、少ない数字で計上したやと、確認してみたらこのように約600万ですね、このような形でやはり補正しなければならないということでわかったというような状況で判断してよろしいですか、これは。



○議長(塙信一君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) そのとおりでございます。



○議長(塙信一君) 11番、加藤議員。



◆11番(加藤政司君) 11番、加藤です。

 ちょっと確認かたがたお聞きしますが、23ページ、教育費、学校管理費の11節需用費143万9,000円の修繕料、これはどこの小学校なのでしょうか。と申しますのは、区長さんから、潮来小学校あたり排水の件でクレームがついて、そのところなのかどうなのか、その辺が1点ですね。

 それから、24ページ、次の学校管理費の、また同じく需用費109万4,000円、修繕料ですね。これはどこの学校なのか、ちょっとお聞かせ願います。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) まず、小学校関係の修繕でございますけれども、今お話に出ました潮来小学校の排水関係はこの中に入ってございません。具体的にはですね、徳島小学校の蛍光灯の交換、それから外トイレの浄化槽、それから、日の出小学校のキューピクルの修理、それから消防施設の修繕ということでございます。

 それから、中学校につきましては、まず、牛堀中の体育館屋根の修理、それから校舎の雨漏り、これの修理でございます。それから、二中の外トイレ、一部近いうちに壊すんですけれども、その最小限の経費で修理ということです。あと消防施設の修理ということでございます。

 以上です。



○議長(塙信一君) 11番、加藤議員。



◆11番(加藤政司君) 潮来小学校のやつは一応教育委員会の方に出ていますか、その区長さんから修理してもらいたいということは。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) その話はちょっと届いてございません。



○議長(塙信一君) 暫時休憩します。

                    (午前11時55分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                    (午前11時55分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) ほかに質疑ございませんか。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川でございます。

 先ほどの長谷川議員の質問とちょっと重なるかもわかりませんけれども、13ページの防犯対策費と、それから学校教育ということであります。

 先ほど来出ていましたけれども、今、栃木県の今市市、それから広島市との関係でああいった忌まわしい事件ができております。しかし、潮来市においては、その事件までいかないけれども、声かけ事犯だとか、電話による、誘拐したような電話がかかってきておるということも聞いております。そういった、今回、補正なんですけれども、予算措置がされていなくてもこれは対応できるのかということをまずお伺いしたいと思います。対応できるというのならそれでいいんですけれども、対応できないとすれば、どういった考えをお持ちかということをお聞かせください。

 それから、もう1点でありますけれども、これは18ページの3款民生費、生活保護費であります。

 生活保護費、扶助費が2,902万ということでありますけれども、先日、11月17日ころの新聞だったでしょうか、読売新聞読みますと、この扶助費、生活保護費の関係が取り上げられておりました。ちなみに、潮来市は県内で上から数えて4番目くらいにランクされているということなんですね。

 その中で指摘されているのが、チェックの甘さじゃないかという部分も若干あります。そのためにどうするかというと、人を採用しなくてはならない、人件費がかかるという課題等があったようであります。潮来市の場合は、今回また2,905万6,000円という補正が計上されておりますけれども、その辺の考え方についてお伺いしたいと思います。



○議長(塙信一君) 時間ですので、答弁は1時からにしてほしいと思います。

 暫時休憩をいたします。1時再開をいたします。

                    (午前11時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開をいたします。

                    (午後0時58分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 吉川議員の質疑に対する答弁を求めます。

 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 防犯関係の予算化の件でございますが、補正予算は要求していないのですけれども、今、市では防犯パトロールの強化ということで、職員にですね、出勤、それから退勤途中もですね、そういう不審者に注意を払っていただくということをお願いしております。

 それで、きょうからですね、防災無線でその不審者に注意を払うように市民の方にもお願いをしてまいりたいというふうに今考えております。さらに、広報紙でですね、11日、日曜日になりますけれども、広報紙に載せてお願いするということを予定しております。

 また、教育委員会の方では学校の方を指導しましてですね、校長、教頭がみずから通学路の点検をしていただくということで指示してございます。やっぱり、実際足で出向いてやらないと効果がないというふうに思っております。

 それから、対応でございますけれども、何といいましても地域ぐるみで防犯に努めていくことが大変重要だと思っておりますので、地域とPTA、学校、そういう連携を図りながらですね、そういう事件がないように努めていきたいというふうに考えております。



○議長(塙信一君) 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(前島操君) 次に、生活保護の事務についてのご質問です。

 生活保護につきましては、担当区を持つケースワーカー3人、その上にケースワーカーを指導する立場の査察指導員1人の4人体制で行っております。相談、面接には2人体制で面接をし、生活保護制度を理解をしていただいております。県の指導監査も毎年実施されており、適正な保護に努めております。



○議長(塙信一君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。

 教育関係者の方には、本当に大変かと思いますけれども、ぜひ頑張っていただきたいなと思います。

 それでですね、私、ふだんから考えていたんですけれども、教育委員会、それから、当然、安心安全ですから総務、そして今回は福祉、一体になってやってもらっていいのかなと感じております。

 きのうあたり文部科学省なんか聞きますと、子供たちの送迎のためのバスを出させようかという考えになっているようです。そこまで今、国も真剣に考えておりますし、県内では茨城町が、学校周辺の安全ということで警備員を教育委員会で雇って、そして警備させているというところも出てきております。

 いずれにしても学校周辺というふうに限られておりますし、それから、今、教育次長の方からありましたけれども、職員の出退勤時ということがありました。出退勤時も確かにその必要あると思うんですけれども、子供たちの登下校時、今、登下校時に絞ってやっていこうかということかと思うんですよね。3者でもってやってはどうかということを今申し上げました。地域の方を巻き込んでやるという大変重要なことなんですが、いかんせん予算はないということですので、学校と、それから総務と、それから、福祉と言ったのは、お年寄りですね。私、過去に現職で県警にいた当時ですが、大変よかったことがあるんですよ。

 というのは、痴漢がしょっちゅう出たということで、何回も会合を持った中で出てきたのが、お年寄りの方たちが、じいちゃんばあちゃんが、じゃ、おれらにできることをおれらがやるということで、その仲間に入ってくれたんですよね。そして、自宅の前で子供たちが通る時間にそこで見守ってくれた。最終的には、とても遠いところから来ていた犯人だったんですけれども、犯人検挙ができたということがありますので、ぜひ教育委員会が中心になって、総務と、それから福祉、お年寄りの方も巻き込んでですね、地域ぐるみの本当に活動を展開してほしいなと思います。多少予算は必要かと思いますけれども、そうすればそれなりの効果が出てくるのかなと思って私は考えております。

 今、全国で子ども110番の家というのがあります。そもそもそれがスタートしたのは栃木県警でありました。その大もとは何かというと、今言ったお年寄りの方の発想から、栃木県警は子ども110番の家というふうにつながった。そして全国に広がっておりますので、ぜひその辺も参考にしていただいてですね、子供たちをいかに守るかということを取り組んでほしいなと思います。これは要望で結構です。

 それから、もう1点は生活保護の関係であります。

 大変少ない体制でやられているなというふうに今感じました。これも困った問題であります。正直言って、その方が申請、もらうときには骨折ったんだけども、その後状況が変わったと。にもかかわらず変更になってないんですよというのがあります。

 そういう問題がありますから、ぜひもっと厳しいチェック、本当に弱者に対しては温かい手を伸べなくてはならないと思いますけれども、そういうチェックすれば当然対象の枠から外れるという方もいるようでございますから、その辺も慎重に審査いただいて、有効に予算が使えるように、これも要望しておきたいと思います。

 以上であります。



○議長(塙信一君) ほかに質疑ございませんか。

 22番、須田議員。



◆22番(須田富次君) これはね、一言申し上げたい。ということは、質疑と質問は違うだからね、質疑と質問は。そこの境界をはっきりして進行していただきたい。



○議長(塙信一君) はい。

 ほかに質疑ございませんか。

 20番、塚本議員。



◆20番(塚本誠一君) 1点だけお伺いしたいと思います。

 14ページの選挙費であります。

 今回、夏、秋でしたか、9月に選挙がありまして、いわゆる行革の一環でですね、投票所の統合というか、そういうことがありまして最初の選挙だと思います。この補正予算書にもございますように相当数減額されて、そういう意味での行革の効果はあったと思うんですが、投票率が非常に極めて低かったように思えるんですね。その辺がですね、いわゆる投票所を統合したがゆえに投票率が下がったのではないかというふうな見方を私はちょっと危惧していたのですが、執行部においてはその辺はどのように評価をなさっておりますか。

 もう1つはですね、いわゆる、当然ながら啓発運動というか、投票に対しての啓発、そういうものが今後相当費用がかかってくるのではないかなというような気がするんですよね。そういう部分では、今回の衆議院と県知事選挙においての本市の選挙に対しての啓発というか、これは公職選挙法がありますから、どういうふうな啓発運動があるかわかりませんが、それに抵触しないような啓発運動というものもしていかなければならないだろうというふうに思っているんですが、私はかねがね総務委員会の折には、逆行しているのではないかと、むしろ投票所をもう少し広げるのがいいのではないかというようなことも発言した経緯があるのですが、その辺において執行部はどのような評価をしておりますか。また、啓発に関しての取り組みといいますか、そういうものはどのようにおやりになったのかお伺いをしたいと思います。



○議長(塙信一君) 総務課長。



◎総務課長(久保木裕君) 今回初めて投票所の統合で選挙が実施されたわけなのですけれども、その結果について、投票率の問題のご指摘でございます。

 衆議院選挙と、今回、知事選が一緒になりました。そういうことで、前回の投票率と比較してみますと、平成15年11月9日に衆議院の小選挙区が投票ありましたけれども、このときの投票率は57.59%、今回は59.86%となっておりまして、前回よりは若干ですけれども上回っております。しかしながら、茨城県内と比較してみますと下位に位置しているということで、議員ご指摘のとおりでございます。

 我々、選挙管理委員会委員とも話し合ったのですけれども、この原因としましては、地区によって低いところもございますし、また、急に夕方天気が異常になりまして、一部停電する騒ぎにもなった状況がございました。そういうことも1つの原因かなということもありますけれども、投票所の統合につきましては、我々、選管の委員さんとともどもですね、多くの皆様の意見を聞こうと。本来ですと選挙管理委員会で決めることはできるのですけれども、議員の皆さん方にもですね、1年以上の猶予を置きまして、二、三回皆さんの意見を聞きながら進めたところでございます。そういうことでのことでございますので。

 あと、このPR活動につきましては、従前と変わりないかもしれませんが、選挙管理委員会としましても、広報車による街頭宣伝、チラシの新聞折り込み、市広報紙への掲載、市役所・出張所への垂れ幕、アイモア、ララルーでの街頭啓発、市内事業所を巡回しましての投票率アップの依頼、それから、期日前の投票を啓蒙しまして、若者を立会人にするなどの若者の投票率アップも目指しました。

 そういうことで、普及啓蒙の方もPR活動はやったわけなのですけれども、結果としては、そのように県内ではちょっと落ちているということでございますので、次回はですね、もっと投票率が上がるように努力したいというふうに思っております。



○議長(塙信一君) ほかに質疑ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおりに決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第83号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第20、議案第83号 平成17年度潮来市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第84号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第21、議案第84号 平成17年度潮来市水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 建設部長。

     (建設部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第85号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第22、議案第85号 平成17年度潮来市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 建設部長。

     (建設部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第86号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第23、議案第86号 平成17年度潮来市介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 一番最後のページ、7ページですけれども、1款総務費の一般管理費、この中で介護保険システム改修委託というのがありますけれども、これ具体的にどういうことなのでしょうか。わかりやすく説明お願いしたいと思います。



○議長(塙信一君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(佐野憲一君) 先ほどもちょっと触れましたけれども、今までの電算では対応できない、要するに新しい新予防給付等が入る、それから、今入りましたように第4段階、高額介護サービスにつきましては3段階だったものが4段階になる。その辺の対応できるシステムに変更するということであります。

 以上です。



○議長(塙信一君) ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第3号の朗読、説明、委員会付託



○議長(塙信一君) 日程第24、請願第3号 建設残土搬入に関する請願書を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 紹介議員の説明をお願いします。

 18番、芝田議員。



◆18番(芝田貢君) 18番の芝田でございます。

 紹介議員、中野議員、そして内田議員おりますが、代表して趣旨の説明をさせていただきます。

 まず、場所でございますが、潮来二中の前の県道を水原方面へ向かいまして約1キロに夢八というラーメン屋さんがございまして、そこを左側へ入ります。古高方面ですが、中途の100メートルぐらいのところの左側の山一帯の地域でございます。

 この地域は昭和59年から、届けによりまして土採取がなされてきましたが、しかし、条例どおりには行われず、土をとり過ぎてしまいました。そこへ外部からの搬入によりまして土を埋め戻すという、そして改修するという申請があったわけでありますが、そこに運び入れたものがですね、コンクリートがらや汚泥など、いわゆる産廃だったため、地元の住民によります反対によりまして撤退をしたという経緯がございます。

 そしてですね、今回、4月21日付で県知事あてに、土地の埋め立て等に関する事前協議書が出されたわけでありますが、これまでの経緯によりまして、土壌の汚染あるいは地下水の汚染など、地域の生活環境への影響は大きいものがあると思われます。したがいまして、周辺の住民は不安と怒りでいっぱいでございます。

 以上の理由によりまして、1,500余名の署名を添えまして、この地域に建設残土を搬入することに対して反対をするというものであります。

 以上でございます。



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 お諮りいたします。

 本件については、お配りしました付託表のとおり環境経済常任委員会に付託をすることにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、請願第3号は環境経済常任委員会に付託をすることに決定いたしました。

 審査結果を最終日に報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(塙信一君) 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれで散会いたします。

 ご苦労さまでした。

                    (午後1時40分)