議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 潮来市

平成17年  6月 定例会(第2回) 06月22日−04号




平成17年  6月 定例会(第2回) − 06月22日−04号









平成17年  6月 定例会(第2回)



     平成17年第2回潮来市議会定例会議事日程(第4号)

                      平成17年6月22日(水)

                      午前10時開議

 (追加議案、朗読、説明、質疑、討論、表決)

日程第1 議案第38号 物品購入契約の締結について(図書館平成17年度図書納品業務)

日程第2 議案第39号 物品購入契約の締結について(図書館システム機器購入業務)

日程第3 発議第3号 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書

日程第4 発議第4号 地方議会制度の充実強化に関する意見書

日程第5 発議第5号 住民基本台帳の閲覧制度の早期見直しを求める意見書

日程第6 閉会中の継続審査申出書(環境経済委員会)

日程第7 閉会中の継続調査申出書(総務委員会)

日程第8 閉会中の継続調査申出書(環境経済委員会)

日程第9 閉会中の継続調査申出書(教育福祉委員会)

日程第10 閉会中の継続調査申出書(建設委員会)

日程第11 閉会中の継続調査申出書(議会運営委員会)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

    1番   笠間丈夫君      2番   篠塚貴美子君

    3番   柚木 巌君      4番   吉川 俊君

    5番   橋本きくい君     6番   大平幸一君

    7番   内田正一君      8番   薄井征記君

    9番   根本又男君     10番   今泉利拓君

   11番   加藤政司君     12番   小沼英明君

   13番   藤崎忠徳君     14番   杉本俊一君

   15番   大久保英雄君    16番   長谷川幸雄君

   17番   高塚 直君     18番   芝田 貢君

   19番   粟飯原治雄君    20番   塚本誠一君

   21番   中野庄吾君     22番   須田富次君

   23番   小峰義雄君     24番   塙 信一君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

   市長      今泉 和君    助役      小沢一廣君

   収入役職務代理者         教育長     根本健助君

           久保木貞夫君

   総務部長    箕輪強志君    市民福祉部長  佐野憲一君

   環境経済部長  鈴木美知男君   教育次長    内田正雄君

   行財政改革推進室長兼秘書広聴課長 総務課長    久保木 裕君

           矢幡安一君

   企画財政課長  根本勝雄君    農業委員会事務局長

                            秋永克昭君

   水道課長    橋本静一郎君   社会福祉課長  前島 操君

   農政課長    香取昌衛君    都市建設課長  吉川利一君

   牛堀出張所長  志村敏夫君    下水道課長   天川正一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長  佐藤文男君    係長      大堀絹代君

   書記      小谷野美樹夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(塙信一君) 皆さん、おはようございます。

 本日は梅雨空の中、早いもので第2回定例会の最終日を迎えました。潮来市議会としましても、大いに議論し、晴れやかに終わりたいと思います。

 それでは、ただいまの出席議員は23名、欠席議員は1名で定足数に達しておりますから、地方自治法第113条の規定により、ただいまより本日の会議を開きます。

 粟飯原副議長、20分ほどのおくれの連絡が入っております。

                         (午前9時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△答弁漏れに対する答弁及び答弁の訂正



○議長(塙信一君) 昨日の一般質問に対する答弁漏れがありますので、その回答をお願いしたいと思います。

 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(佐野憲一君) それでは、先日の柚木議員からの質問に対する答弁漏れがございましたので、お答えいたします。

 まず、心の相談室の相談件数でございますけれども、平成16年度は5件でありました。平成17年度につきましては、4月に1回行われていまして、この4月には2件あったそうでございます。

 それから、さくらの入浴料金、それからグラウンドゴルフ等の敬老の日に記念品として配った場合の経費でございますけれども、単純計算いたしますと、さくらの場合は1日1回200円ですので、3,688人1回券を贈呈しますと73万7,600円、2枚ですと147万5,200円ということになります。

 グラウンドゴルフにつきましては、1ラウンド300円、それから半日600円、1日1,100円と、これは平日の料金でございますけれども、これは通常料金でございます。単純に計算しますと、1ラウンドで110万6,400円、半日券では221万2,800円、1日券では400万6,800円ということであります。

 以上です。



○議長(塙信一君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(根本勝雄君) それでは、きのう、柚木議員の方からご質問がありました地方バス路線等の支援事業の関係でございますが、柚木議員からの質問の事業につきましては地域が限定されていまして、当潮来市の場合は該当しないということでございますので、よろしくお願いします。



○議長(塙信一君) 総務課長。



◎総務課長(久保木裕君) 吉川議員の防犯連絡協議会の会員数を訂正させていただきます。198名と申し述べましたが、140名の誤りでしたので、訂正させていただきます。



○議長(塙信一君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 吉川議員からの桜の木の本数でございますけれども、大山団地内の周囲800メートルに対しまして114本、これ外周でございます。吉田神社周辺、これ参道でございますけれども、750メートルに対しまして70本、北利根川沿いでございます。約3,100メートルで206本です。富士屋ホテルから十番までです。それから、前川あやめ園沿い約2キロメートル、274本、いたこホテルから大洲までです。稲荷山周辺が53本、合計で717本でございます。

 以上です。



○議長(塙信一君) 日程に入る前に執行部より全協の要請が来ておりますので、ここで暫時休憩をいたしまして、全協を開きたいと思います。

 よろしくお願いいたします。

 議員控室にお集まりください。

                         (午前10時02分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き、再開をいたします。

 粟飯原議員が出席されております。

                         (午前10時28分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第38号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第1、議案第38号 物品購入契約の締結についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読を終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 教育次長。

     (教育次長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 10番、今泉議員。



◆10番(今泉利拓君) 10番でございます。

 図書館の図書納品業務でございますが、この入札に当たっては、いわゆる予定価格を下回った場合、失格にするという最低ラインは設けなかったのか、それから落札率が99.98%、まことに立派な数字だ。これで執行部の方は疑問も何も持たないのかどうか、この2点についてお答えをいただきたい。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 予定価格でございますが、これを超えた場合については無効というようなことになっています。ただ、この99.98%の落札率でありますが、この高さにつきましては、算出の方の段階で、設計の方の段階で16年度に発注をいたしました部分があります、前回ですね。この部分の落札が85.57%というようなことでございます。ですから、今回の入札に関しましては、初めから85.57%の率にして設計をしたというふうに担当の方から聞いておりますが、教育次長の方で補足する部分がありましたら、ご説明願います。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) ただいまの総務部長の方からのご説明のとおりでございますけれども、書籍には再販制度が認められておりまして、定価販売されております。前回、初めて入札にかけまして、非常に有利な購入ができたわけでございまして、それを基準に設計を組んだために、当然、例えば1,000円の本を前回850円で買ったわけですから、それをまた1,000円で買えますよということになりますと、非常にまずい結果が予想されましたので、例えば900円になってしまった場合、説明がつきませんので、前回の850円を基準に設計を組んだために、それ以上もう再販制度のこともありますし、こういう結果になったというふうに考えておりまして、高どまりというふうには考えてございません。

 以上でございます。



○議長(塙信一君) 10番、今泉議員。



◆10番(今泉利拓君) 総務部長の答弁で予定価格を超えたら、これは失格というのはわかります。私が聞いたのは、下の方、要するに余り価格を下回ってしまって悪い図書を納めたのではまずいから、これ以下の値段で入れたらだめですよと、最低ライン、それを引かなかったのかということを聞いているんです。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 最低ラインは引きませんでした。



○議長(塙信一君) 18番、芝田議員。



◆18番(芝田貢君) 今までの説明ですと、残りの4社ですか、これは予定価格をオーバーして失格だったということになりますけれども、そうですか。ちなみに入札額を教えていただければ。

 お願いします。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 有限会社敬文館であります。入札額1億1,349万円。それから、株式会社オカミ、これは辞退をなさいました。株式会社ナミキ、1億3,459万6,710円ということでありますが、予定価格より超えているため、これは無効でございます。日販図書館サービス、1億1,346万4,912円ということでございます。この方が落札。それから図書館流通センター、1億1,349万円という金額でございます。

 以上であります。



○議長(塙信一君) 18番、芝田議員。



◆18番(芝田貢君) ナミキさんというのは幾らでしたですか。ちょっと聞き取れなかったんですけれども。

 それと、敬文館さんと流通センターが全く同額ですね。ですから、非常に偶然といえば偶然なんでしょうけれども。

 とりあえず、ナミキさんが幾らですか、ちょっと教えていただきたい。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 株式会社ナミキでありますが、1億3,459万6,710円であります。

     (「オカミさんは」「辞退です」「もう一回」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 18番、芝田議員。



◆18番(芝田貢君) そうしますと、これが同額が敬文館さんと流通センターさんで、ナミキさんは10万違いくらいですか。

     (「1,700万くらいの違い」と呼ぶ者あり)



◆18番(芝田貢君) この1億1,000万からの契約の中で、これほどシビアというか、似通った金額というものは、非常に我々素人目から見ますと不思議だなというふうな気がしますが、こういったことはよくあり得ることなんでしょうか。その辺、ひとつ。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 今回の入札でありますが、何回も申し上げましたように、16年度に入札を行いました。そのときの落札率が85.57%であります。この落札率に基づきまして、積算をして予定価格を決めたということでありますから、それで図書につきましては再販制度というものがございます。そういうようなことを考慮してみますと、前回の落札率と同じ程度のものの落札になっているのかなというふうに私どもは思っております。99.何%という落札率に実際はなっておりますが、価格の方で初めから引いてありますから、前回と同じ85.57の落札率になったのかなというふうに考えております。



○議長(塙信一君) 18番、芝田議員。



◆18番(芝田貢君) そうしますと、最初から85.57%、15%弱を定価から引いて、それで予定価格を決めたと。そうしますと、もう少し、ではまけていただけるんではないかというふうに私どもは思うんですが、我々民間の考え方としては。その辺はいかがでしょうか。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 設計額と予定価格とは同じではありませんけれども、それは予定価格を決めたんですから、そこで競争が働いての話ですから、私どもはもっと安く落とせればもっと図書が買えるなというふうには思っております。

     (「もっと安く買えるというふうに思っています」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) ですから、あくまでも設計して予定価格を決めたんですから、上限が予定価格ですから、それより下回れば、その中で公正な競争が行われば、それに従うということでございます。



○議長(塙信一君) ほかに質問ありますか。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川でございます。

 まず最初にちょっと提案申し上げたいと思いますけれども、今、総務部長の方から……。



○議長(塙信一君) 提案ではなく、質疑をお願いします。



◆4番(吉川俊君) 質疑とあわせてですけれども、5社が指名されていまして、株式会社オカミが辞退されていますよね。この辞退の理由は把握しているかどうかというのを、まず1点、お聞きしたいと思います。

 それから、有限会社敬文館と株式会社図書館流通センター、これが予定価格と同額で応札している、これは問題はないと思うんですけれども、そうしますと、実際は、株式会社ナミキ、これは予定価格より高く応札していますから、当然無効であるということなんですけれども、実際はなかなか勝負する相手がいなかったみたいですよね。この辺について、執行部の方はどのようなお考えかということ。

 それから、99.98%というのはウルトラCです、まさしく。そして、今までちょこっと聞いている話ですけれども、大変その99.98%と、それから100%で遠くの方の業者の方が競っていますけれども、この辺についてもお考えがあったらば、どういうふうに見られているか、答えられる範囲で結構ですからお答えいただいて、なおかつ、これはホームページに出ております。これを議会に配ってはどうでしょうか。ぜひ、これからそういうふうにしていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(塙信一君) 助役。



◎助役(小沢一廣君) この図書館の本の購入については初めてのことでしたものですから、選考委員としてもいろいろお聞きしました。茨城県で入札を行った図書館はないと、先ほど言った再販制度というもので、1,000円のものは1,000円で買うんだという制度があるんだということで、私も非常に勉強不足で、何、この時代にと思ったんです。ところが、今回県の方で入札制度を行ったという話をお聞きしましたものですから、市長からも指示があって、こういう金額をすることだから、きちっと選考委員会としては入札制度で多く入れてやった方がいいのではないかと指導ももらいましたし、私なりに選考委員と相談して、これは入札で行こうということでやった結果、ああいう85.になったものですから、最初、1,000円のものが85.5になったわけですから、よし、それでは今度設計は85.引いたやつ、先ほど説明したとおりですから、多少なりこれはもう公表しているわけですから、近づくのは仕方がないかなと。私もそう、最初は1,000円のものを1,000円で、二、三%しか引かないという話を聞きましたものですから、これはと思ったんですが、事実、努力の結果、15%も引けたというので、なるほどなと思ったんです。

 笠間へ聞いてもどこへ行っても、そのくらいしか引いてもらえなかったということですから、努力の結果があったなと、こう私たちは自負しているところでございます。



○議長(塙信一君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 今、助役の方から聞きまして、大筋わかりました。ただ、私が思っていたのは、先般、笠間の図書館に行ったんです。そこで聞いてきたときに、図書というのはそのまま買うのではなくて、かなり幅があるよという話聞いていましたので、その辺どうなのかなと今、お聞きしました。助役の説明で一応納得したいと思います。わかりました。



○議長(塙信一君) そのほか質疑ありますか。

 これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     (発言する者なし)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第39号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第2、議案第39号 物品購入契約の締結についてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 教育次長。

     (教育次長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第3号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第3、発議第3号 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の趣旨説明をお願いします。

 17番、高塚議員。



◆17番(高塚直君) それでは、地方六団体改革案の早期実現に関する意見書について趣旨説明をさせていただきます。

 議員各位もご承知のとおり、三位一体の改革につきましては、昨年8月24日、地方六団体の総意として国庫補助金負担金等に関する改革案を小泉内閣総理大臣に提出以降、8回に及ぶ国と地方の協議の場等を経て、昨年11月26日、平成17年度及び18年度における三位一体改革に関する全体像が政府において決定されました。しかしながら、この全体像については、負担金及び義務教育費国庫負担金等の事項について、平成17年秋までに結論を得るとされて、なお多くの課題が先送りにされております。

 そこで、先ほど事務局長から朗読がありましたとおり、地方六団体の改革案の早期実現を強く要望するものであります。議員各位のご賛同をよろしくお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 意見書を関係機関に送付いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第4号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第4、発議第4号 地方議会制度の充実強化に関する意見書を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の趣旨説明をお願いします。

 17番、高塚議員。



◆17番(高塚直君) それでは、地方議会制度の充実強化に関する意見書について趣旨説明をさせていただきます。

 現在、内閣総理大臣の諮問機関であります第28次地方制度調査会におきまして、地方議会のあり方について検討がなされております。地方分権の進展に伴って首長の権限が強化される一方で、地方議会の権限は依然として手つかずのままでございます。市長の権限が強化され、また三位一体改革により税財政面における自主性が増すことに伴って、地方議会の監視機能や住民を取り巻く環境変化にいち早く対応できる体制づくりが急務であります。今後の地方制度調査会の議論の推移いかんによっては、議会改革の方向性が決まってしまうことから、議会として政府、国会、地元関係国会議員等へ意思表示をしていただくことが必要と思われます。

 したがいまして、先ほど事務局長から朗読がありましたとおり、地方議会制度の充実強化を強く要望するものであります。議員各位のご賛同をよろしくお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 意見書を関係機関に送付をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第5号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第5、発議第5号 住民基本台帳の閲覧制度の早期見直しを求める意見書を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の趣旨説明をお願いします。

 3番、柚木議員。



◆3番(柚木巌君) 3番、柚木巌です。

 住民基本台帳の閲覧制度の早期見直しを求める意見書の提出に当たりまして、趣旨説明をさせていただきます。

 住民基本台帳は、法の制定時から、住民の居住関係について公証する唯一の公簿として、公開することが住民の利便の増進に役立つものであることなどの理由から、原則公開とされてきました。最近では、この閲覧制度を悪用した悪徳商法、顧客名簿の流出等で埼玉の老姉妹のリフォーム被害等がございます。また、不幸な犯罪事件が発生、これは最近のところですと、自治体の管理する住民基本台帳、これが原則公開のままということで、商業利用どころか、1月には台帳の写しを利用した女子中学生への強制わいせつ事件も発生しております。

 住民の権利を著しく侵害しておるというところでございまして、総務省は請求自由の厳格な審査や請求者の確認などの徹底を指示しております。また、ことしの4月1日、閲覧制度の見直しを図るため、検討会を設置して、ことしの秋までに結論を出すというところまで来ております。

 したがいまして、国・政府に対し、何人でも閲覧を請求することができると規定されている閲覧制度を、原則として、行政機関などの職務上の請求や世論調査などの公益に資する目的に限定するなど、抜本的な改革を早急に講ずるよう強く要望するものでございます。議員諸兄のご理解とご賛同をお願いするものでございます。

 以上です。



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 意見書を関係機関に送付いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査申出書(環境経済委員会)



○議長(塙信一君) 日程第6、環境経済常任委員会の閉会中の継続審査申出書の件を議題とします。

 環境経済委員長より、目下委員会において審査中の案件につきまして、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査申出書(総務委員会)



○議長(塙信一君) 日程第7、総務常任委員会の閉会中の継続調査申出書の件を議題とします。

 総務委員長より、所管事務のうち、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました所管事務の調査事項について、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査申出書(環境経済委員会)



○議長(塙信一君) 日程第8、環境経済常任委員会の閉会中の継続調査申出書の件を議題とします。

 環境経済委員長より、所管事務のうち、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました所管事務の調査事項について、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査申出書(教育福祉委員会)



○議長(塙信一君) 日程第9、教育福祉常任委員会の閉会中の継続調査申出書の件を議題とします。

 教育福祉委員長より、所管事務のうち、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました所管事務の調査事項について、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査申出書(建設委員会)



○議長(塙信一君) 日程第10、建設常任委員会の閉会中の継続調査申出書の件を議題とします。

 建設委員長より、所管事務のうち、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました所管事務の調査事項について、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査申出書(議会運営委員会)



○議長(塙信一君) 日程第11、議会運営委員会の閉会中の継続調査申出書の件を議題とします。

 議会運営委員長より、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました所管事務の調査事項について、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議及び閉会の宣告



○議長(塙信一君) 以上で、本定例会に付議されました案件はすべて終了いたしました。

 議員各位のご精励、ご協力に対し、深く敬意を表しますとともに、心から御礼を申し上げる次第であります。

 また、執行部各位におかれましては、各議員からの意見、要望等を積極的に市政運営に反映されるよう望むものであります。

 終わりに、市長初め執行部各位のご協力に対し御礼を申し上げますとともに、各位のご健勝をご祈念いたしまして、平成17年第2回潮来市議会定例会を閉会といたします。

 大変ご苦労さまでした。

                         (午前11時19分)

地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成17年  月  日

        議長     塙 信一

        署名議員   吉川 俊

        署名議員   橋本きくい

        署名議員   大平幸一