議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 潮来市

平成16年 12月 定例会(第4回) 12月06日−01号




平成16年 12月 定例会(第4回) − 12月06日−01号









平成16年 12月 定例会(第4回)



潮来市告示第134号

平成16年第4回潮来市議会定例会を次のとおり招集する。

 平成16年11月29日

                             潮来市長  今泉 和

               記

1 招集の日時  平成16年12月6日(月)午前10時

2 招集の場所  潮来市議会議場

          ◯応招・不応招議員

応招議員(24名)

     1番   笠間丈夫君      2番   篠塚貴美子君

     3番   柚木 巌君      4番   吉川 俊君

     5番   橋本きくい君     6番   大平幸一君

     7番   内田正一君      8番   薄井征記君

     9番   根本又男君     10番   今泉利拓君

    11番   加藤政司君     12番   小沼英明君

    13番   藤崎忠徳君     14番   杉本俊一君

    15番   大久保英雄君    16番   長谷川幸雄君

    17番   高塚 直君     18番   芝田 貢君

    19番   粟飯原治雄君    20番   塚本誠一君

    21番   中野庄吾君     22番   須田富次君

    23番   小峰義雄君     24番   塙 信一君

不応招議員(なし)

     平成16年第4回潮来市議会定例会議事日程(第1号)

                         平成16年12月6日(月)

                         午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期の決定について

日程第3 諸般の報告について

 ●市長あいさつ並びに提出議案等の説明

 (朗読、説明、質疑、委員会付託、委員会付託省略、討論、表決)

日程第4 議案第51号 字の区域の変更について(牛堀地区)

日程第5 議案第52号 字の区域の変更について(延方地区)

日程第6 議案第53号 平成16年度潮来市一般会計補正予算(第3号)

日程第7 議案第54号 平成16年度潮来市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

日程第8 議案第55号 平成16年度潮来市老人保健特別会計補正予算(第2号)

日程第9 議案第56号 平成16年度潮来市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 (請願・陳情審査)

日程第10 陳情第18号 郵政事業民営化に反対する要望

日程第11 陳情第19号 「食料・農業・農村基本計画」見直しに関する陳情書

日程第12 陳情第20号 WTO・FTA交渉に関する陳情書

日程第13 陳情第21号 前川入口に強力な排水ポンプを設置する陳情書

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

    1番   笠間丈夫君      2番   篠塚貴美子君

    3番   柚木 巌君      4番   吉川 俊君

    5番   橋本きくい君     6番   大平幸一君

    7番   内田正一君      8番   薄井征記君

    9番   根本又男君     10番   今泉利拓君

   11番   加藤政司君     12番   小沼英明君

   13番   藤崎忠徳君     14番   杉本俊一君

   15番   大久保英雄君    16番   長谷川幸雄君

   17番   高塚 直君     18番   芝田 貢君

   19番   粟飯原治雄君    20番   塚本誠一君

   21番   中野庄吾君     22番   須田富次君

   23番   小峰義雄君     24番   塙 信一君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

   市長      今泉 和君   助役      小沢一廣君

   収入役     萩原正吉君   教育長     根本健助君

   総務部長    箕輪強志君   市民福祉部長  佐野憲一君

   環境経済部長  鈴木美知男君  建設部長    本宮弘一君

                   行財政改革

   教育次長    内田正雄君   推進室長兼   矢幡安一君

                   秘書広聴課長

   総務課長    久保木貞夫君  企画財政課長  根本勝雄君

   農業委員会

           秋永克昭君   水道課長    橋本静一郎君

   事務局長

   社会福祉課長  前島 操君   農政課長    香取昌衛君

   都市建設課長  吉川利一君   牛堀出張所長  志村敏夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長  佐藤文男君   係長      大堀絹代君

   書記      小谷野美樹夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



○議長(塙信一君) おはようございます。

 皆さん、大変ご苦労さまでございます。

 平成16年第4回潮来市議会定例会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 師走に入り、朝晩めっきり肌寒くなりました。きのうは大変残念なことに強風のため、水郷潮来ハーフマラソン大会が中止となりましたが、 500万人トーチランは盛大に開催をされました。参加されました議員各位初め、関係者の皆様に深く感謝を申し上げます。

 ことしも残りあとわずかになりましたが、来年こそはいろいろな意味で、本当によい年であってほしいものと思うものであります。

 議員各位には、公私ともご多忙の中ご参集を賜り、まことにご苦労さまです。

 本定例会は、字界変更や補正予算等を合わせて6件の議案審議が予定されており、一般通告質問には10人の方から提出をいただいております。後ほど市長から提出議案のご説明があろうかと存じますが、議会としましては、住民福祉の向上と潮来市発展のため、十分な審議を尽くしてまいりたいと存じます。

 なお、議員各位には十分ご自愛をいただき、議会運営に特段のご協力とご支援を賜りますことをお願い申し上げまして、開会のあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△答弁の注意



○議長(塙信一君) 議事に入ります前に、先ほどの臨時議会においてのことでございます。吉川議員の方からの発言でございますけれども、一部不適切な発言があったというふうに思われます。今後、確証に基づいた質疑をされますよう注意を申し上げたいと思います。

 休憩。

                    (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開をいたします。

                    (午前10時11分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会及び開議の宣告



○議長(塙信一君) それでは、ただいまの出席議員は24名、欠席議員は0名で定足数に達しておりますから、地方自治法第113条の規定により、ただいまから平成16年第4回潮来市議会定例会を開会いたします。

 これから本日の会議を開きます。

                    (午前10時12分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(塙信一君) 議事日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、16番、17番、18番議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(塙信一君) 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りする前に、過日、議会運営委員会を開いておりますので、議会運営委員長から会期等について委員会の結果をご報告願います。

 議会運営委員長。



◆議会運営委員長(高塚直君) ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定しました会期日程(案)等についてご報告をいたします。

 去る11月19日、議会運営委員会を開催いたしました。出席委員は8名で、潮来市議会委員会条例第16条の規定により成立をいたしました。

 平成16年第4回潮来市議会定例会会期日程(案)を議題といたしました。

 告示の際に各議員のお手元に配付されております資料に基づき、ご説明をいたします。

 別の資料を、皆さんのお手元の資料をご覧いただきたいと思います。

 平成16年第4回潮来市議会定例会会期日程(案)。

 会期9日。期日、曜日、会議時間、会議別、議事という順で朗読をしてまいります。

 12月6日、月曜日、午前10時、本会議、諸般の報告、市長あいさつ及び提出議案の説明、朗読、説明、質疑、委員会付託(省略、討論、表決)となっております。議案第51号から議案第56号まででございます。朗読、説明、質疑、委員会付託(省略、討論、表決)にいたしております。請願・陳情審査でございます。

 12月7日、火曜日、午前10時、委員会、付託案件審査、総務委員会、議員控室でお願い申し上げます。

 12月8日、水曜日、休会でございます。議事整理を事務局の方でいたします。

 12月9日、木曜日、午前10時、本会議、市政一般に関する通告質問。

 12月10日、金曜日、午前10時、本会議、市政一般に関する通告質問でございます。

 12月11日、土曜日、休会でございます。

 12月12日、日曜日、休会といたします。

 12月13日、月曜日、休会でございます。これも事務局の議事整理でございます。

 それから12月14日、火曜日、午前10時、本会議、追加議案審議。報告、質疑、討論、表決、委員会付託案件審査。それで、閉会といたします。

 以上のとおり、議会運営委員会は平成16年第4回潮来市議会定例会会期日程を、本日12月6日から14日までの9日間と決定いたしました。

 なお、本定例会で審議をいただく議案、陳情等については、既に告示の際に各議員に配付をしております。提出議案付託表に沿って審査をいたすことに決定をいたしました。

 なお、一般質問議員につきましては10名の方を予定しております。

 以上、報告とさせていただきます。よろしくご審議のほどをお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(塙信一君) お諮りします。

 ただいまの議会運営委員長の報告どおり、本定例会の会期は、本日12月6日から14日までの9日間としたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (何事か呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 暫時休憩に入ります。

                    (午前10時17分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開をいたします。

                    (午前10時20分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) この議会運営委員長の報告どおり、ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、会期は本日12月6日から14日までの9日間と決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(塙信一君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 議員派遣の件につきましては、お手元にお配りしておりますとおり報告をいたします。

 芝田議員。



◆18番(芝田貢君) この議員派遣の件なんですが、4番目の議員運営委員会研修視察についてですね、1番、2番、3番まではよろしいんですが、4番、芝田貢議員が抜けておりますので、私も参加しましたのでよろしく訂正をお願いします。

     (「失礼しました」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 派遣の件、これは会期中に差しかえしますのでよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ並びに提出議案等の説明



○議長(塙信一君) それでは、市長よりごあいさつ並びに提出議案の説明をお願いいたします。

 市長。

     (市長 今泉 和君 登壇)



◎市長(今泉和君) 潮来市議会議員の皆様におかれましては、ご多忙中のところ、平成16年第4回潮来市議会定例会にご出席をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 本定例会の開会に当たりまして、提出させていただいております議案等について説明をさせていただきながら、ごあいさつをさせていただきます。

 まず初めに、新潟県中越地震により亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、震災から約1カ月、新生活の第一歩として仮設住宅への入居も始まる中、改めて被災されました方々へのお見舞いと、一日でも早い復興を願うものでございます。

 さて、先般の台風22号、23号による災害に際しまして、地元消防団を初め市民の皆様、議会、関係機関のご尽力をいただき、感謝を申し上げる次第です。特に前川を中心とする水害対策は平成3年の教訓を生かせないまま残念な事態となり、沿線住民の皆様にも大変ご心配をおかけしているところです。

 市といたしましても、排水ポンプの設置は治水対策のかなめであり、茨城県の河川改修とあわせ、これまでにも国土交通省の設置方針を受け、前川を考える検討委員会等、住民組織の意見を踏まえながら事業主体となります国土交通省に設置要請をしてまいりました。今後なお一層、国土交通省、茨城県、潮来市の三者会議を密にし、改めて排水事業の具体化に向け、国・県と一体となって整備を推進してまいる所存です。

 また、このような治水対策を十分踏まえた上で、貴重な交流資源であります前川を基軸としたまちづくりは、やはり潮来市の将来計画に不可欠と考えます。関連しますサンアントニオ市への中学生派遣の継続を含め、今後とも長期的な視点から事業推進を図りたいと考えておりますので、議会を初め、市民の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 続きまして、現在17年度の予算編成を進めているところでございますが、引き続き公債費の増加や財政調整基金の減少の中で、国の構造改革の一環として進める三位一体改革の骨子がこのほど示されましたが、依然として論議の渦中であり、地方主導という改革の趣旨とは別に、その動向次第では財源の減少枠は拡大するものと予想されます。さらに、市民の皆様の生活実感としても、まだまだ明るさが見えない景気雇用情勢でございますので、市を取り巻く状況は依然厳しいことから、より行財政改革を進めながら予算の編成並びに事業推進を図ってまいりますので、議員各位のご理解とご協力を心からお願いを申し上げます。

 こうした中、本定例会補正予算に現市庁舎の改修を提案させていただきました。これは合併建設計画における主要事業でございます。新庁舎建設が、計画期間である22年までの着手が難しいと判断してのものであります。財政環境の悪化より、広域的なまちづくりも視野に入れた検討の必要性からでございますが、17年度中に策定する後期計画の中で明らかにしていきたいと考えております。一方、現市庁舎の改修につきましては、植樹祭を来年6月に控え、議会からの改修提言もいただきましたので、当面は市政運営拠点として、庁舎建設基金の繰り入れにより必要最小限の改修を実施し、対応したいと考えますので、ご審議のほどをよろしくお願いを申し上げます。

 続きまして、本定例会に提案させていただいております補正予算の概要について申し上げます。

 まず、このたびの台風22号、23号による災害関連経費として、前川あやめ園等の観光施設、道路、学校施設等の災害復旧費を計上させていただきました。

 次に、施策事業でございますが、まず今月12日に潮来市を会場に内閣府との共催による男女共同参画宣言都市奨励事業の成功に向け、万全の準備を進めていきます。関連しまして、昨今、家庭内暴力に代表されるパートナー間のトラブルも増加し、相談内容も深刻化していることから、ドメスティックバイオレンスを含んだ専門の相談員配置事業を実施してまいります。さらに、安全・安心まちづくりの一環として防犯灯の新設及び修繕を進めてまいります。

 続きまして、生活保護世帯及び医療費の増加に伴う補正のほか、老人福祉及び障害者福祉事業における在宅サービスや受給者の増加に伴う補正となっております。また、16年1月から小児救急初期医療に対応すべく鹿島市の保健センターで実施しております平日・夜間小児救急運営事業の実績確定に伴う負担をしてまいります。さらに健康づくり事業の一環として、昨年の潮来市ヘルスウオーキング連合会の発足時に設定をいたしましたヘルスロードへ、県補助により案内板の設置を実施してまいります。現在の会員は約250名でございますので、今後ともより多くの市民が利用されますよう期待をしております。

 さらに、開業以来、順調に推移しております道の駅「いたこ」の農産物の出荷組織でございます水郷潮来直販委員会への販売管理システム導入を、県のいばらき園芸産地改革支援事業補助により実施してまいります。また、森林資源の育成保全のために釜谷・中池周辺地区における平地林事業を県補助により実施します。商工費では、富士金融利用者の代位弁済に係る信用保証協会への損失補償寄託金を計上しております。

 続きまして、稲井川周辺整備事業に関連し、下水道残土搬入のため県道水戸・神栖線の歩道切り下げを実施するほか、水原地区の急傾斜地崩壊対策事業への県負担金を計上しております。

 さらに、教育関連費では、義務教育施設や公民館の修繕費を計上させていただいております。

 最後に、主要事業でございます。図書館建設事業につきましては、来年10月の工事完了を目指し、11月に建設工事及び電気設備工事の発注をさせていただきました。今後は、このたびの補正予算にも計上させていただいておりますが、第1期の図書購入の発注を年内に予定しております。また、運営面ではより専門性や効率性から民間委託等を視野に入れ検討を進めるほか、公民館や各学校との連携、ボランティアの協力も必要と考えますので、今後はその体制づくりなどを含め、市民の皆様の生涯学習活動のサポート、そして地域交流の場として愛される施設となるよう整備を進めていきたいと存じます。

 その他の案件といたしまして、牛堀地区及び潮来地区におけます字の区域の変更となっております。

 それでは、本定例会の提出議案等について申し上げます。

 議案が6件、陳情が6件、合わせて12件でございます。

 以上、現在本市が進めております主要事業の進捗状況及び補正予算の概要について述べさせていただきました。

 なお、諸議案の内容につきましては、各担当部長に説明をさせますので、何とぞよろしくご審議くださいまして、ご議決またはご承認を賜りますようお願いを申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第51号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第4、議案第51号 字の区域の変更について(牛堀地区)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 牛堀出張所長。

     (牛堀出張所長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第52号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第5、議案第52号 字の区域の変更について(延方地区)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 小峰議員。



◆23番(小峰義雄君) 23番、小峰です。

 ただいまは字の変更に対しまして部長より説明がございまして、その後議員の皆さん方にご賛同をいただきましたことは、執行部並びに私にとりましても感激ひとしおの言葉でございます。

 私は合併前に今泉和町長に対し、合併を契機として延方甲乙丙、私ども出島地区は徳島、米島、福島丙でございますから、丙というのは今どき何事も使われていないと、この時期を契機として丙を除いてほしいという無理なお願いをいたしました。大変な難しさもあったと思いますけれども、市長を初め、部長、課長、担当職員の皆さん方には大変各戸数を歩きながら、嫌なこと、おしかりをいただくこと、そしていろんな激しい言葉で職員が帰されたと、その辺の苦痛を私はしみじみと感じ、謝辞を申し上げなければならないと思っているものでございます。

 今現在、なかなかできないことをやるということは、大変な首長の英断ではありますけれども、やってみてこのような結果が出ますれば、非常にうれしいと。特に昨今、併合地区並びに郵便局の配達等に聞きますと、非常にいいことをしてくれたという感激の言葉をいただいております。それもこれも、私は議員になりまして、この機会に出島地区を直さなければ直らないということでお願いをいたしました。そうしたときに、延方地区の区長さん全体が全部直そうという声が多くなりまして、このような結果が出たわけでありますけれども、しかし、やはり先に立っていろいろ提案をいたしますれば、非常に批判はされます。だれがこれを言ったんだ、議場の中で小義商事が言ったんだということで非常に電話もいただきました。何でこんなことするんだ、こんな厳しいことをしなくてもいかっぺ、もとどおりにしておいていいじゃないかという脅迫のような電話もいただきましたけれども、偉い人の、小泉総理がテレビで言った言葉を忘れることができません。迷わず、恐れず、力を尽くすことが政治家なんだと、恐れず、迷わず、たまげないでやれよというのが小泉総理の言った言葉でございました。私もいろいろ批判はされましたけれども、今になってみてよかったという声が非常に多いということで、感激ひとしおでございます。

 この間、大変な手数をかけたことに対し、心から御礼を申し上げ、謝辞といたします。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第53号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第6、議案第53号 平成16年度潮来市一般会計補正予算(第3号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 総務部長。

     (総務部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

 20番、塚本議員。



◆20番(塚本誠一君) 20番、塚本です。

 まず、先ほど冒頭の市長のごあいさつの中に庁舎の改修工事ということで触れられておりました。それで、私9月の一般質問の折にですね、合併建設計画の見直しはあるのかというような質問をしたところでございます。当面はありませんというような答えが返ってきたところであります。それで、先ほどの市長のごあいさつの中に庁舎建設は無理というような云々になっておりましたが、述べておられましたけれども、私が9月に言った時点では合併建設計画の変更はない、しかしながらきょうの先ほどのごあいさつの中には、この合併建設計画10カ年のうちには無理というような判断をしたと云々というようなことが述べられておりましたが、その辺の理由をもう一度お伺いしたいなというふうに思います。

 当然ながら、私はもうこの合併建設計画は、すべてにおいては見直しせざるを得ないのではないかなというふうに思っておるんですが、そういうことで、そういうような判断に至った経過といいますか、理由をお尋ねをいたしたいと思います。

 それから、先ほどからずっと総務部長の説明を聞いておりましたらば、職員増によります給料の更正というものが出ておりました。これは途中、いわゆる人事異動をした中の職員増というふうに考えていいんですね。総計、いわゆる総体数の職員は変わらないと。そういう中で人事異動を途中やったと、それに伴っての給料の増減のということでいいんですね。その理由をですね、人事異動をどのような形で、理由でやられたのか、何カ所かありましたね、2人とか3人とか、かわったというようなことがありましたが、そういう中で職員の人事異動をやったという理由というか、その辺のことをお尋ねをしたいと思います。

 それから、臨時職員というか、嘱託職員の件であります。昨年の10月ごろでしたか、いろいろ嘱託職員契約を1年でかえるということで、非常に先生方また父兄の皆さん方からいろいろ問題がありました。私も相談を受けまして、当然ながら部長、課長ともご相談しながらですね、当面1年かけていろいろ話し合いをしながら納得のいく形で、また納得させるようにしてほしいと、こういうことで1年延ばしてきたと思うんですが、その後の経過をぜひお聞きしたいなと。ちょっとそういう中で一度も直接、当該の臨時職員といいますかな、この先生方との話し合いがないんだというような話も聞いておりましたんで、どういうふうな経過の中で今日まで来ているのかお尋ねをしたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(塙信一君) 答弁願います。

 市長。



◎市長(今泉和君) 庁舎の改修工事に関連してのご質問でございますが、9月に塚本議員より建設計画の云々というようなご質問がございました。その時点では、新庁舎の建設につきましては、現在のところ、まだ合併建設計画については見直しはないというような答弁をしたというように存じます。

 平成13年、両町が合併をしましての合併建設計画を議会にも議決をいただいて決定をし、その後建設計画に基づいてまちづくりを進めてきたところでございますが、平成13年度の当時の財政状況と比べまして、平成15年、わずか2カ年でありますが、国の構造改革というものが地方の財政計画に相当な影響が出たわけでございます。これは議員はご承知のとおりであろうというように存じます。交付税の減、そしてまた景気低迷による住民税、法人税等の減が潮来市の財政計画をまともに、極端に減ってきたところでありまして、予算編成がままならない状況になっているところでございます。そういう中で改修工事につきましても、私どもはこのままで我慢しようというような執行部の考えでもございましたが、過日の台風等によりまして、雨漏りも何カ所かあったところでございまして、また議会の方からも決しようというような提言もいただきましたので、これはやらざるを得ないなというような判断をしたところでございまして、22年までの着手は、新庁舎ですけれども、建設が難しいというような判断をしたところでございまして、何といいましても財政の環境の変化というものが最大の原因でございます。

 また、周辺の自治体の合併というものも、平成13年ころは合併というものがこんなに早く進むというものは予想はできなかったというような状況であります。3万2,000の市民の自治体がこのまま続けることができるのかどうかというような点も、これから十分に精査していかなければならないと、そういう中で周辺自治体の動向も見きわめての建設をすべきではないかというような判断もしたところでございまして、平成17年度がちょうど合併をして5年になりますので、前期が終わるわけでありますので、当然これから後期の計画というものをもう一回見直しをしなければならないというように考えておりまして、この後期の計画の中で新庁舎の建設が可能なのかどうか、また、先ほど言いましたように、周辺の自治体という点での新たな合併というものも視野に入れるのかどうか、大きな判断の分かれ目に来ているのかなというように存じます。

 なかなか、ある9月にまだ建設計画を見直しはしないと、そしてわずか3カ月で建設が難しいというような点を言われますと、私といたしましても、非常に何と答えていいかわからない状況でありますが、ぜひ塚本議員の今までの見識をよく私どもの方にご指導をいただいて、ご理解をしていただければというふうに存じます。

 以上です。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 各節の中の人事異動によるというような表現でございますけれども、これにつきましては、16年度の予算編成をする時点が、編成方針が11月ごろにいつも出されるというようなことでございます。そうしますと、基準とする月を定めますから、10月現在の職員数の中で算出をしてくださいというような指示が出ているわけであります。そういうことでございます。よろしくお願いいたします。

 また、その退職者が20人おったというようなことによりまして、こういう結果が出てきたということでございます。

 それから、保育所の件でありますが、議員おっしゃるとおりのことでございます。団体交渉の中で、市の方の説明責任が足りなかったというようなことで1年間延長したというようなことでありますが、今思ってみますと説明責任が足りなかったことは事実でありますが、契約上の中では何ら問題もなかったことというふうに私どもは思っているところであります。

 その後の経過等につきましては、福祉部長の方から説明をさせていただきます。



○議長(塙信一君) 市民福祉部長。



◎市民福祉部長(佐野憲一君) それでは、保育所の嘱託職員につきまして、採用につきまして経過措置をご説明いたします。

 保育所の嘱託職員につきましては、昨年度1年間の雇用契約ということで契約書を結んだわけでございますけれども、職員組合の方から継続してできないかというようなことがございました。それで、せんだって職員組合、それから総務部長、それから私ども等ということで話し合いを持った時点の中では、要するに雇用契約は1年だと、ただ来年度採用の職員を募集するときに、私どもの方では、現在いる職員にも受験の機会を与えて広く公募をして採用を行いたいという申し入れをいたしております。そうすることが、子供たちへの最高の先生にお願いできる方法ではないかと私どもの方では考えております。

 前回の議会で、放課後の保育、学童保育の件につきましても要望事項がありましたときに、教育、それから厚生福祉委員会の方からありましたけれども、できればそちらの方も広く、ことしやっていた方に対しても受験機会を与えてできるような方法ができればということで、今その部の方と詰めているところでございます。

 以上です。



○議長(塙信一君) 終わりました。

 塚本議員。



◆20番(塚本誠一君) 合併建設計画の見直しは、私はもう当然しなければ、せざるを得ないだろうというふうに思って、9月に一般質問に取り上げたところでございますから、ぜひとも来年度はですね、変更に向けて委員会の組織編成をしながら、よりよい後期基本計画をつくれるように準備体制をお願いをしたいなと思います。

 それから職員増に関しましては、私の無知でございまして、大変失礼をいたしました。了解をいたしました。

 それから、保育所の先生方の雇用の、これはいわゆる保育所ばかりではなくて臨時職員の皆さんはみんな該当するのではないかなと。要はですね、3年契約で契約している者がばっさり1年目に来年で終わりですよというふうに言われたというか、そういうことのいら立ちというか、そういうものがあったのではないかなというふうに思っておるんですが、今聞くところによると、全然当事者との話し合いというのが今までないんだと。いわば組合でも先生方の組合というものがあるんですか、嘱託員だけの組合というのがあるのかな。そこでやっていてね、それは執行部の方の問題ではなくて、この組合の中で何か2つあるような話も聞いているんですが、そういう中での話し合いの欠如というものもあるんではないかなというふうに思うんですが、よくよくそういうような雇用に関しての問題というのは、言うならば非常にやりたいけれども、だめだというふうに言われるというそういう中で、非常に執行部に対して悪い印象といいますか、そういうものにどうしてもとりがちなんですよね。話聞いていても、そうではないんではないですかと言うんですが、なかなか雇用される側については、いろいろな言い分といいますか、そういうものがあるようでございます。

 ぜひとも該当する皆さん方と直接話し合う機会を、福祉部長なり総務部長が話し合っていただいて、円満にいくように努力をしていっていただきたいというふうに思います。

 これはお願いでございますから、答弁結構でございます。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) ちょっと説明いたしますけれども、3年契約をしておりまして、1年で切って、残りの2年は働いてもらわなかったというようなことはやっておりません。3年契約を結んでおれば、3年間は働いてもらうというようなことで、これは通しておりますので、ご理解のほどお願いしたいと思います。



○議長(塙信一君) ほかに質問ありませんか。

 10番、今泉議員。



◆10番(今泉利拓君) 予算書の15ページ、今、塚本さんからも若干お話がありましたけれども、庁舎の改修工事ですね、これが決まりました。加藤議員もいろいろ質問をされていて、実現をすることになったわけでありますが、実施設計がこれからですから、 9,089万 7,000円、塗装工事にどれくらい、それから設備の改修、空調関係、雨漏り防止というようなことで、幾ら各部門に使うのかということについてはまだわからないと思いますけれども、実はこの前、図書館の請負工事の際に、電気部分を分離させたということを思い切りやっていただいて、電気屋さん大変喜んでおります。と申しますのは、今まではある元請が取ったのをどうしても下請でやるということだったんですが、それをおれたちの存在、私たちの存在を認めてくれたということで大分喜んでいるようであります。

 ぜひ、今度の庁舎改修のこの工事に当たりましても、塗装屋さんは塗装屋さん、空調屋さんは空調屋さん、雨漏り防止の工事屋さんは工事屋さん、それぞれあるわけですから、ひとつその独自性を思い切って発揮してもらうように、分離発注をしてもらいたいというふうに思っておりますが、執行部の方では、今のところで結構ですからどうお考えか伺います。



○議長(塙信一君) 助役。



◎助役(小沢一廣君) 今、実施設計をしている段階であります。金額が出ましたら、今泉議員が言うとおり市内の業者も施工業者は冷え切っておりますから、市内の業者を競争してもらって、この庁舎を直してもらうと、こういう気持ちでおります。



○議長(塙信一君) そのほかありますか。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川です。

 3点ほどちょっとお伺いしたいと思います。

 最初15ページの2款の通信運搬費の関係でありますけれども、きょうは郵政民営化の問題が出ております。この通信運搬費の現在の実態はどのようになっているのか、ひとつお聞かせください。郵便局、あるいは高い業者等をやっていると思いますけれども、場合によってはシルバー人材センターあたりも活用されるといいのかなと思います。

 それから次に、先ほど塚本議員からもありましたけれども、19ページの保育士の委託ということで、ちょっと先ほど関連質問しようと思いましたけれども、すばらしい先生が保育所にいたんだけれども、今は図書館に行っちゃったりなんかしていると、大変そういうライセンスを持っている先生が別の方に行っているということを聞いております。もったいないなという気がいたしますので、人事も含めましてちょっとお尋ねしたいと思います。

 それから、もう一つは同じ19ページですけれども、生活保護費。今回は 8,225万 1,000円が補正で計上されております。この内容を具体的に知りたいところなんですけれども、そうもいきませんから、ただここで生活保護を受けながら、毎晩酒を飲んでいるという方がいるんだそうです。実際、私も会いました。そういうところの生活保護を、現に生活に困っている方はこれは当然でありますけれども、そういう働かないでぶらぶらしながら毎晩酒を飲んでいるというような方にも生活保護が出ているという話を聞いておりますので、その辺のことについてもお伺いたしたいと思います。



○議長(塙信一君) 総務課長。



◎総務課長(久保木貞夫君) 通信運搬費の補正でございますけれども、関連して実態ということのお尋ねでございます。郵便局が主でございますけれども、そのほかに宅急便、宅配ではクロネコヤマトが入って利用しております。議員が言われたシルバー等につきましては検討したこともあるわけですが、現在のところは利用しておりません。



○議長(塙信一君) 市長。



◎市長(今泉和君) 人事異動に関しましては、私が人事権を持っておりますのでお答えをさせていただきます。

 毎年、各職員の皆さん方から、人事異動、また若干その年度におきましてのまちづくり等の提案をいただくような自己申告をしておりまして、その自己申告書をもとに人事異動を、総務課の方でまとめるわけですが、最終的に私の方で判断をし、決裁をしているところであります。私は常に管理職は大体2年から3年、そして一般職に関しましては、5年経験をしますと他の部署に配置転換をすべしというような考えを持っています。それは一つの専門職ばかりでなく、広範囲に事務を経験をしていただきたいというのが、最終的にはいずれの職員も年月経験を踏まえて管理職になる人材がいるわけでありますので、多くの職務を経験をしていただきたいというような形で人事異動をしているところでありまして、最近は幼稚園の先生を一般職の方に上げるとか、保育所の所長さんを今、市民課長に抜てきをしておりますので、そういう点から人事交流も進めているところであります。

 しかしながら、人事は非常に難しい点がございます。私どもといたしましては、適正な人事をいたしたつもりではおりますが、なかなか職員の立場からいいますと、もう少し私の意向を入れてくれとか、いろんな点があろうというふうに思いますが、先ほど議員は保育所から図書館というような……、図書館はまだできておりませんので、そういう人事もあります。ですから、私どもの方は全般的な考えの中で人事異動をしておりますので、いずれの職員も優秀な職員ばかりでありますので、その優秀な保育士さんが公民館の方に異動するといたしましても、その後任としてはその人に負けないだけの人事をしておるというようなつもりでおりますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(塙信一君) 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(前島操君) 生活保護を受けながら、毎晩お酒を飲んでいるという方でございますけれども、生活保護世帯それぞれ担当するケースワーカーがおります。そういった情報が入りましたときにはケースワーカー、訪問しまして指導などをしております。また改善されない場合が多いということなんですけれども、それでまた、働かないでぶらぶらしているということですけれども、働ける方には働いていただくということが生活保護の基本でございまして、何らかの事情で働けないという状況にあるかと思います。働ける方には働いていただく指導もしております。

 以上です。



○議長(塙信一君) 市長。



◎市長(今泉和君) 生活保護の関係で社会福祉課長が答弁をいたしましたが、ただいま吉川議員より酒を飲んだくれているという中で生活保護費を受けているというような、そういうことを耳にするということでありますので、後で情報を教えていただいて、そしてまた議員の意見でありますので重く受けとめて、これから厳しく指導をするようにいたしたいというように存じます。



○議長(塙信一君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) わかりました。

 それで、一番最初の通信運搬費の関係ですけれども、ぜひシルバーの方の方ですね、ご検討いただきたいと思います。

 それから、保育士の関係についてはわかりました。人事の厳しさというのは私も承知しておりますので、ぜひ職員の方を初め、それから父兄の方の意向等も聞いていただいて適切にやっていただければありがたいと思います。

 それから、生活保護費の関係、これにつきましても、自宅で多少やっている分には仕方ないんでしょうけれども、毎晩飲み歩いているということでございますので、あの人に我々が税金を払っているのという話も出ておりますので、ぜひこれも適切な対応をお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(塙信一君) ほかにご質疑ありませんか。

 12番、小沼議員。



◆12番(小沼英明君) 12番、小沼です。

 1点だけお伺いしたいと思いますが、22ページの商工振興費。損失補償寄託金、これが多分、自治金融の補填金かと思うんですけれども、300万の補てんをしたということで、本来自治金融というのは保証協会の保証つきで融資を受けると思うんですけれども、それを保証協会が代弁して市が一定の、確か補償を行うというようなことは聞いたことがあるんですけれども、商工業者の業績不振によりまして、こういう事態はあるであろうと思うんですが、実際その現況はどのようなのか、簡単でいいからご説明をお願いしたいと思うんです。



○議長(塙信一君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 損失補償寄託金に関するご質問でございます。この内容なんですけれども、先ほど議員が言われたようにですね、支払いができないということになりますと、保証協会が貸し金を代位弁済いたします。その中で、国から7、80%の保険金が入るんですけれども、それを差し引いて残ったものを寄託金の方からの補てんでということになっております。

 これ現況なんですけれども、融資の状況なんですけれども、全体を見ますと平成6年から8年くらいまでは1億ベース、大体33件くらいですね。それから9年から11年まででは大体 7.5億くらいの大台で動いています。これがピークです。そして、12年からは5億台、40件くらいということです。債務残高ですけれども、平成13年には 623件、17億がピークになっております。これは平成13年以前から緩和がございましたので、その点でのピーク時かと思っております。平成15年には13億 5,000万に減っている状況でございます。

 以上です。



○議長(塙信一君) いいですか。

 12番、小沼議員。



◆12番(小沼英明君) ありがとうございました。

 もう1点だけ、ちょっとすみません、伺いたいんですが、この下の観光費の用地取得が 1,200平米あったそうですけれども、この場所のところをお教えいただけますか。



○議長(塙信一君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) 浅間下のふるさと館の前のあやめ公園内に取得しております。

 以上です。



○議長(塙信一君) 18番、芝田議員。



◆18番(芝田貢君) 18番です。

 今、小沼議員が言われました用地取得費ですね、1,200平米ということで、今、浅間下のあやめ公園ということですね。仕入れは借地しているところがあると思うんですが、そういった中で、借地料と比較して、買い上げてしまった方が将来長い目で見ると安いであろうというような考えの場所があればですね、そういった考え、買い上げるのか、あるいは借りている地主さんがどうしても買ってほしいというような案件が、現在何件かあるのかどうか、そういったことを伺います。

 それで、24ページですね。工事請負費で、歩道の切り下げ工事ということなんですが、ちょっと詳しく聞けなかったものなんですが、その説明の中では港湾のしゅんせつ残土の埋め立てにかかわっての歩道の切り下げということなんですが、場所については須賀、曲松下でよろしいんでしょうか。その辺詳しくお願いします。

 以上、2点です。



○議長(塙信一君) 環境経済部長。



◎環境経済部長(鈴木美知男君) ご質問のケースですけれども、原則は借地でございます。しかしながら、今般の用地買収につきましては、その点を含めましてさまざまな内容がございます。特に借地の面で言えば、原状回復というお話も出ましたので、その辺も検討させていただきました。それから、やむを得ないという事情もございます。そういう中での今後ということでございますけれども、私どもとしては、これらの点については適切な歯どめとしてですね、諸般の事情から判断基準を明確にして、そのような事情がある場合については、十分なる執行部としての認識をしていきたいということで思っております。今回については買収を進めたいと思っています。



○議長(塙信一君) 建設部長。



◎建設部長(本宮弘一君) 24ページの工事の請負費、歩道切り下げ工事等でございますが、この場所につきましては、県道の水郷有料道路、これの歩道の切り下げでございます。入れる砂につきましては、日の出地区で下水道の工事を実施をする予定でございまして、それの残土をこれまで観光農園のところで置いておったんですが、このたびこちらの方が用地が100%買収になったというようなことから、こちらの須加、曲松下の道路用地、ここへ搬入をするものでございます。



○議長(塙信一君) 18番、芝田議員。



◆18番(芝田貢君) あやめ公園ですか、そこもそうなんですが、私の聞いているのは、市の借地をしているところでそういったところが何カ所もあるわけですが、その借地料等いろいろとこう勘案して、将来にわたって借地料を払い続けるよりも買い上げてしまった方が割安であるというか、そういうところがあったら、買い上げるのかというそういう考え方と、さらには地主さんが買い上げてほしいという要望について、そういったものがこれまであるのかどうかということなんです。



○議長(塙信一君) 総務部長。



◎総務部長(箕輪強志君) 用地の取得でありますが、借地をしているところにつきましての買い上げてほしいという要望が出ているところは、現在のところございます。今のところの考えでいきますと、借地をしながら進めていきたいというふうに思っておるところでございます。



○議長(塙信一君) ほかにありませんか。

 2番、篠塚議員。



◆2番(篠塚貴美子君) 2番、篠塚です。

 25ページ、学校管理費の中で修繕費が 300万 9,000円となっていますよね。消耗品が36万 8,000円の、 337万 7,000円の修繕料の内訳を知りたいんですけれども。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 小学校費の修繕ということでございまして、総額で 300万 9,000円、今回補正をいただきました。これはですね、それぞれの学校がございますので、主なものだけを述べさせていただきますと、例えば延方小学校の音楽室の雨漏り、これが39万 2,700円ほど見込んでございます。それから日の出小学校の北側校舎の配膳室のあたりの雨漏りということで73万 800円。いろいろ細かいものもございまして、あと消防設備の誘導路のバッテリーの交換とか細かいものもございます。それから大原小学校の防水工事のシートがはがれたその辺の調査とかですね、そういうのが20万ほどありまして、ほとんどの学校が入ってございまして、トータルで 300万 9,000円ということでございます。

 以上です。



○議長(塙信一君) 2番、篠塚議員。



◆2番(篠塚貴美子君) 実はですね、区民運動会で潮来小学校の外トイレをいつも利用しているんですけれども、かなりの老朽化で、ことしは色を塗って大変きれいになっておりました。だけど、ドアの部分がもう朽ち落ちて、色はきれいに塗られていても、中の内容は大丈夫なんですが、何とか使えそうなんですが、ぜひ潮来小学校の外トイレの改修工事もお願いしたいと思います。それが入っているかなと思って質問いたしました。



○議長(塙信一君) 教育次長。



◎教育次長(内田正雄君) 今回、潮来のその部分につきましては入ってございません。何点か修繕が入っているんですけれども。今後、その辺を考えていきたいというふうに思います。

     (「質疑なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑ないということでございます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 暫時休憩をいたしまして、1時再開をいたします。

                    (午前11時54分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開をいたします。

                    (午後0時59分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第54号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第7、議案第54号 平成16年度潮来市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第55号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第8、議案第55号 平成16年度潮来市老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 市民福祉部長。

     (市民福祉部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第56号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第9、議案第56号 平成16年度潮来市下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いします。

 建設部長。

     (建設部長説明)



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第18号の朗読、委員会付託省略、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第10、陳情第18号 郵政事業民営化に反対する要望を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。

 陳情第18号については、会議規則第134条の規定により委員会付託を省略したいと思います。

 ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第18号については委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから陳情第18号 郵政事業民営化に反対する要望を採決します。

 この採決は起立によって行います。

 陳情第18号を採択することに賛成の方はご起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(塙信一君) 起立多数と認めます。

 よって、陳情第18号を採択することに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第19号の朗読、委員会付託省略、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第11、陳情第19号 「食料・農業・農村基本計画」見直しに関する陳情書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。

 陳情第19号については、会議規則第134条の規定により委員会付託を省略したいと思います。

 ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第19号については委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから陳情第19号 「食料・農業・農村基本計画」見直しに関する陳情書を採決します。

 お諮りします。

 陳情第19号を採択することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第19号は採択することに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第20号の朗読、委員会付託省略、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第12、陳情第20号 WTO・FTA交渉に関する陳情書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。

 陳情第20号については、会議規則第134条の規定により委員会付託を省略したいと思います。

 ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第20号については委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから陳情第20号……。

     (「反対討論をしたいと思います。よろしいですか」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) はい。



◆20番(塚本誠一君) まず、私の考え方というか、今回、委員会付託を省略をして即決というようなことでございます。これは議会運営委員会で決定したことでございますから、尊重したいというふうに思います。

 しかしながら、市になりましてですね、議会運営の中で委員会審議が先になるといいますか、重要視するということの中で、緊急を要するもの以外は委員会付託ということで、これまでやってきたように覚えがございます。この問題に関しましてですね、貿易に係ることでございます。しかも、農業だけのものではなくて産業全般に係る、いわゆる貿易に関することでございます。正直言いまして私も判断がつかない状態でございますから、自分なりに勉強不足ということも認識し、否めない事実であると、今は反省をしております。

 そうした中で、あいまいな賛成といいますか、ということよりは、わからないことですから、私は反対をしたいというふうに思って、反対の討論をいたしました。



○議長(塙信一君) ほかに討論ありませんか。

     (発言する者なし)



○議長(塙信一君) ないようですので、これから陳情第20号 WTO・FTA交渉に関する陳情書を採決します。

 この採決は起立によって行います。

 陳情第20号を採択することに賛成の方はご起立をお願いします。

     (賛成者起立)



○議長(塙信一君) 起立多数と認めます。

 よって、陳情第20号は採択することに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第21号の朗読、委員会付託省略、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第13、陳情第21号 前川入口に強力な排水ポンプを設置する陳情書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

     (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 お諮りいたします。

 陳情第21号については、会議規則第134条の規定により委員会付託を省略したいと思います。

 ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第21号については委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

 反対討論ですか。

  (「反対ではありません」「討論ですから反対か賛成か」「賛成」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから陳情第21号 前川入口に強力な排水ポンプを設置する陳情書を採決します。

 お諮りいたします。

 陳情第21号を採択することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第21号は採択することに決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(塙信一君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。

 本日はこれで散会いたします。

 大変ご苦労さまでした。

                    (午後1時34分)