議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 潮来市

平成16年  9月 定例会(第3回) 09月21日−06号




平成16年  9月 定例会(第3回) − 09月21日−06号









平成16年  9月 定例会(第3回)



     平成16年第3回潮来市議会定例会議事日程(第6号)

                         平成16年9月21日(火)

                         午前10時開議

 (追加議案、朗読、説明、質疑、討論、表決)

日程第1 同意第4号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

 (委員会報告、質疑、討論、表決)

日程第2 環境経済委員会付託 請願審査報告

      請願第7号 「北浦の水質改善対策」に関する請願書

日程第3 発議第6号 (追加日程)北浦の水質を改善させるための諸対策の実現を求める意見書

日程第4 教育福祉委員会付託 請願審査報告

      請願第5号 義務教育費国庫負担制度の堅持を求める請願

日程第5 発議第7号 (追加日程)義務教育費国庫負担法の堅持を求める意見書

日程第6 総務委員会付託 陳情審査報告

      陳情第10号 要望書(牛堀地区小学校跡地利用)

日程第7 教育福祉委員会付託 陳情審査報告

      陳情第11号 民間保育所運営費・施設整備費国庫負担制度の確保を求める要望書

      陳情第12号 陳情書 県文化財潮来市辻二十三夜尊堂塗装工事への財政補助のお願い

      陳情第15号 要望書「学童クラブ指導員の継続雇用と研修制度について」

      陳情第16号 「県立高校の一方的な統廃合を見直し、30人以下学級実現でゆきとどいた教育を求める意見書提出」に関する陳情

日程第8 発議第8号 (追加日程)民間保育所運営費・施設整備費国庫負担制度の堅持を求める意見書

日程第9 発議第9号 (追加日程)県立高校の一方的な統廃合を見直し、30人以下学級実現でゆきとどいた教育を求める意見書

日程第10 建設委員会付託 陳情審査報告

       陳情第13号 要望書(下水道整備)

日程第11 議員派遣の件

日程第12 閉会中の継続審査申出書(総務委員会)

日程第13 閉会中の継続審査申出書(環境経済委員会)

日程第14 閉会中の継続審査申出書(教育福祉委員会)

日程第15 閉会中の継続審査申出書(議員定数調査特別委員会)

日程第16 閉会中の継続調査申出書(議員定数調査特別委員会)

日程第17 閉会中の継続調査申出書(議会運営委員会)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(24名)

    1番   笠間丈夫君      2番   篠塚貴美子君

    3番   柚木 巌君      4番   吉川 俊君

    5番   橋本きくい君     6番   大平幸一君

    7番   内田正一君      8番   薄井征記君

    9番   根本又男君     10番   今泉利拓君

   11番   加藤政司君     12番   小沼英明君

   13番   藤崎忠徳君     14番   杉本俊一君

   15番   大久保英雄君    16番   長谷川幸雄君

   17番   高塚 直君     18番   芝田 貢君

   19番   粟飯原治雄君    20番   塚本誠一君

   21番   中野庄吾君     22番   須田富次君

   23番   小峰義雄君     24番   塙 信一君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

   市長      今泉 和君   助役      小沢一廣君

   収入役     萩原正吉君   教育長     根本健助君

   総務部長    箕輪強志君   市民福祉部長  佐野憲一君

   環境経済部長  鈴木美知男君  建設部長    本宮弘一君

                   行財政改革

   教育次長    内田正雄君   推進室長兼   矢幡安一君

                   秘書広聴課長

   総務課長    久保木貞夫君  企画財政課長  根本勝雄君

   農業委員会

           秋永克昭君   社会福祉課長  前島 操君

   事務局長

   農政課長    香取昌衛君   都市建設課長  吉川利一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長  佐藤文男君   係長      大堀絹代君

   書記      小谷野美樹夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(塙信一君) 澄みきった青空で第3回定例会の最終日を迎えました。9月18日に行われました第11回おどりの響演は天候にも恵まれ大勢の参加者の中で開催されました。議員の皆様方には大変ご苦労さまでございました。

 田んぼの稲刈りもほとんど終わり、コスモスの便りも聞かれるようになりました。最後まで、真剣に議会の使命を果たしていきたいと思います。

 それでは、ただいまの出席議員は24名、欠席議員はゼロ名で、定足数に達しておりますから、地方自治法第 113条の規定により、ただいまより本日の会議を開きます。

                             (午前10時02分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 建設委員長。



◆建設常任委員長(大久保英雄君) すみません。建設委員会の陳情審査報告の報告書の件で建設委員会をちょっと開きたいと思うんですが。



○議長(塙信一君) 暫時休憩ですか。



◆建設常任委員長(大久保英雄君) はい。



○議長(塙信一君) 暫時休憩をいたします。

                             (午前10時02分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開をいたします。

                             (午前10時21分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 志村牛堀出張所長が欠席になっております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△同意第4号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第1、同意第4号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題とします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

        (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の説明をお願いいたします。

 市長。



◎市長(今泉和君) 人権擁護委員の推薦でございますが、松本久男さんは上戸区長を歴任をいたしまして、現在、人権擁護委員でご活躍をいただいているところであります。今回任期満了ということでございますので、さらに人権擁護委員としてご活躍いただくため、ご推薦を申し上げるところでございます。

 それから、早川緑さんでございますが、あすの茨城を考える女性フォーラムなどで活躍をしております。人権擁護委員さんとして再び適格だというように考え、ご推薦を申し上げるところでございますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第7号の審査結果報告、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第2、請願第7号 「北浦の水質改善対策」に関する請願書を議題といたします。

 ただいまから、本件について環境経済委員長より審査結果の報告を求めます。

 環境経済委員長、藤崎議員。

        (環境経済常任委員長 藤崎忠徳君 登壇)



◆環境経済常任委員長(藤崎忠徳君) 請願審査報告書。

 本委員会に付託された請願を審査した結果、下記のとおり決定したので、潮来市議会会議規則第 136条の規定により報告いたします。

 記。

 受付番号、付託年月日、件名、審査結果。

 平成16年請願第8号、平成16年8月27日、「北浦の水質改善対策」に関する請願書、採択。

 1、本委員会は平成16年9月13日に委員会を開催し、付託された請願を審査した。

 2、審査意見。

 水質浄化運動をさらに展開するに当たっては、市担当部局と十分連携を図りながら進められたい。

 議員各位の賛同をよろしくお願いします。

 以上です。



○議長(塙信一君) 以上で環境経済委員長の審査結果報告が終わりました。

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから請願第7号について採決をいたします。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は採択です。

 請願第7号について委員長報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、請願第7号については委員長報告のとおり採択することに決定いたしました。

 暫時休憩をいたします。

 資料をお配りします。

                             (午前10時26分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開をいたします。

                             (午前10時27分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) ただいま藤崎委員長より、朗読説明がございました受付番号でございますけれども、請願第8号ということでございますが、7号の誤りです。訂正をお願いいたします。

 それから、付託年月日ですけれども、8月27日というような報告をされましたけれども、9月8日ですので訂正をお願いしたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(塙信一君) お諮りいたします。

 ただいま藤崎議員外3名から、発議第6号 北浦の水質を改善させるための諸対策の実現を求める意見書が提出されました。これを日程に追加し、追加日程第3として日程の順序を変更し、直ちに議題としたいと思います。これにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、発議第6号を日程に追加し、追加日程第3として日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第6号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 追加日程第3、発議第6号 北浦の水質を改善させるための諸対策の実現を求める意見書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

        (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 趣旨説明をお願いします。

 13番、藤崎議員。



◆13番(藤崎忠徳君) 説明というのは朗読だけでいいんですか。



○議長(塙信一君) 暫時休憩します。

                             (午前10時34分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                             (午前10時36分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆13番(藤崎忠徳君) 趣旨説明をします。

 北浦の水質を改善するということは、非常にいいことだと思います。

 よって、委員会でも先ほど付託がありました請願7号を全会一致で採択したわけでございますけれども、潮来市だけではどうにもならないことでありますから、国・県に要望して、速やかに水質改善策を行ってもらいたいということであります。

 以上です。



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 意見書を関係機関に送付をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第5号の審査結果報告、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第4、請願第5号 義務教育費国庫負担制度の堅持を求める請願を議題といたします。

 ただいまから、本件については教育福祉委員長より審査結果の報告を求めます。

 教育福祉委員長、小沼議員。

        (教育福祉常任委員長 小沼英明君 登壇)



◆教育福祉常任委員長(小沼英明君) 請願審査報告書。

 本委員会に付託された請願を審査した結果、下記のとおり決定をしたので、潮来市議会会議規則第 136条の規定により報告をいたします。

 記。

 受付番号、付託年月日、件名、審査の結果の順に申し上げます。

 請願第5号、平成16年9月8日、義務教育費国庫負担制度の堅持を求める請願、採択。

 1、本委員会は平成16年9月14日に委員会を開催し、付託された請願を審査した。

 議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げたいと思います。



○議長(塙信一君) 以上で教育福祉委員長の審査報告が終わりました。

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから請願第5号について採決をいたします。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は採択です。

 請願第5号について委員長報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、請願第5号については委員長の報告のとおり採択することに決定いたしました。

 暫時休憩をいたします。

 資料をお配りいたします。

                             (午前10時38分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                             (午前10時40分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(塙信一君) お諮りいたします。

 ただいま小沼議員外3名から、発議第7号 義務教育費国庫負担法の堅持を求める意見書が提出されました。

 これを日程に追加し、直ちに議題としたいと思います。これにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、発議第7号を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第7号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 追加日程第5、発議第7号 義務教育費国庫負担法の堅持を求める意見書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

        (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の趣旨説明をお願いいたします。

 12番、小沼議員。



◆12番(小沼英明君) 12番、小沼です。

 ご説明を申し上げます。

 義務教育は国民として必要な基礎的資質を培うものであり、国は地方公共団体とともに、憲法上の要請をして、国民の教育を受ける権利を保障するという重大な責任を担っております。このため、教育の機会均等と教育水準の維持向上を図り、地域間において教職員配置などの不均衡を生じさせないこと等を目的に、義務教育費国庫負担制度が位置づけられてまいりました。

 しかし、いわゆる構造改革、この路線の中で、極めて容易に国の歳出抑制の矛先がこの制度に向けられたことは、いかがなものでありましょうか。

 一人一人の子供たちに行き届いた教育をするために、この意見書を提出するものでございます。

 議員各位のご賛同をお願いしたいと思います。



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 意見書を関係機関に送付いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第10号の審査結果報告、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第6、陳情第10号 要望書(牛堀地区小学校跡地利用)を議題といたします。

 ただいまから、本件について総務委員長より審査結果の報告を求めます。

 総務委員長、杉本議員。

        (総務常任委員長 杉本俊一君 登壇)



◆総務常任委員長(杉本俊一君) 陳情審査報告書。

 本委員会に付託された陳情を審査した結果、下記のとおり決定したので、潮来市議会会議規則第 136条の規定により、報告いたします。

 記。

 受付番号、付託年月日、件名、審査の結果。

 平成16年、陳情第10号、平成16年9月8日、要望書(牛堀地区小学校跡地利用)について、採択。

 1、本委員会は平成16年9月13日に委員会を開催し、付託された陳情を審査した。

 2、審査意見。

  図書館建設の中で、2階に4教室分のスペースを確保した資料展示室を計画しており、要望には十分こたえられると思うが、収集資料が多いので、その保管場所の確保のために空き教室の利活用を図られたい。

 以上、議員諸兄のご賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(塙信一君) 以上で総務委員長の審査結果報告が終わりました。

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから陳情第10号について採決を行います。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は採択です。

 陳情第10号について委員長報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第10号は委員長報告のとおり採択されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第11号、陳情第12号、陳情第15号、陳情第16号の審査結果報告、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第7、陳情第11号 民間保育所運営費・施設整備費国庫負担制度の確保を求める要望書、陳情第12号 陳情書 県文化財潮来市辻二十三夜尊堂塗装工事への財政補助のお願い、陳情第15号 要望書「学童クラブ指導員の継続雇用と研修制度について」、陳情第16号 「県立高校の一方的な統廃合を見直し、30人以下学級実現でゆきとどいた教育を求める意見書提出」に関する陳情を一括議題とします。

 ただいまから本件について教育福祉委員長より審査結果の報告を求めます。

 教育福祉委員長、小沼議員。

        (教育福祉常任委員長 小沼英明君 登壇)



◆教育福祉常任委員長(小沼英明君) 陳情審査報告書。

 本委員会に付託された陳情を審査した結果、下記のとおり決定したので、潮来市議会会議規則第 136条の規定により報告いたします。

 記。

 受付番号、付託年月日、件名、審査の結果の順に申し上げます。

 陳情第11号、平成16年9月8日、民間保育所運営費・施設整備費国庫負担制度の確保を求める要望書、採択。陳情第12号、平成16年9月8日、陳情書 県文化財潮来市辻二十三夜尊堂塗装工事への財政補助のお願い、採択。陳情第15号、平成16年9月8日、要望書「学童クラブ指導員の継続雇用と研修制度について」、不採択。陳情第16号、平成16年9月8日、「県立高校の一方的な統廃合を見直し、30人以下学級実現でゆきとどいた教育を求める意見書提出」に関する陳情、採択。

1、本委員会は平成16年9月14日に委員会を開催し、付託された陳情を審査した。

2、審査意見。

  陳情第15号、地方公務員法及び潮来市臨時職員の雇用等に関する要綱により、雇用期間は1年と定められているため不採択としたが、今年度の学童クラブ指導員募集時の応募状況を考えると、来年度指導員を新たに募集した場合には定員に満たないことが予想されるので、そのような場合には指導員の質の向上等も考慮し、本年度採用している指導員にも応募の機会を与えるべきである。

 3、少数意見の留保。

 陳情第15号、学童保育の運営に当たっては、父母の立場も十分考えていただきたい。

 以上、ご報告を申し上げます。

 議員各位のご賛同をお願い申し上げます。



○議長(塙信一君) 以上で教育福祉委員長の審査報告が終わりました。

 ただいまの委員長報告に対する質疑を一括で行います。

 10番、今泉議員。



◆10番(今泉利拓君) 私は陳情第15号について、委員長に質問をいたします。

 審査の結果は不採択となったわけでありますが、やはりそれなりの理由をもって、学童保育で子供さんをお預けになっている皆さん方は要望書を出されてきたと思うんでありますが、果たして教育福祉委員会の審査に当たって要望書の提出者を呼んで事情を聞いたのかどうか。その辺説明を願いたいと思います。



○議長(塙信一君) 12番、小沼議員。



◆教育福祉常任委員長(小沼英明君) 今泉議員の質問に対してお答えをいたしたいと思います。

 実は、委員会の方では提出者をお招きはしておりません。

 しかしながら、学童クラブの父母会のある方からお電話をいただきまして、これは私委員長だけが受けたものであるんですけれども、この学童クラブ指導員の継続雇用に関しましては、委員会の中でもかなり時間を割いて審議をしたんですけれども、話は戻りますが、そのご父兄の方とは私、四、五十分間お話をいたしまして、その意の部分は委員会の中でもまた執行部の方でも、強くその意見を言ったつもりではおります。

 と言いますのは、やはり地方公務員法第22条の中で、臨時職員は6カ月、延長しても1年間しか雇用できないという法がございまして、その法が非常に足かせになる。かつ、子供たちのことを考えると、やはりなれた先生がそのまま学童保育を行うことが一番いいのではないのかということで、委員会の中でもかなり熱く議論をいたしまして、意見書にも書いてありますとおり、やはり人数に満たない場合には再雇用の道も考えてはいかがかなという結論になった次第で、私、委員長としましては、父兄の意見は十分に反映させた意見を委員会の中で申し上げたつもりではおります。

 以上です。



○議長(塙信一君) 答弁が終わりました。



◆10番(今泉利拓君) 要望でございますが、これは一括採択ではなくて、陳情11号、12号、15号、16号、各陳情によって、採択、不採択、決定を願いたいと思います。



○議長(塙信一君) そのように、予定しております。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川でございます。

 私は陳情12号について、ちょっとお尋ねしたいと思います。

 陳情書、県文化財潮来市辻二十三夜尊堂塗装工事への財政補助のお願いと、審査結果は採択になっております。この件について、ちょっとお尋ねしたいと思います。

 今、大変潮来市の財政は逼迫しているということでありますけれども、今回陳情、出てきた内容ですけれども、県の文化財ということで、これは昭和49年3月31日に県の指定文化財にされているものであります。県の文化財、これは県の方の担当で、予算あるいは補正等を組まれていると思うんですけれども、その辺の経緯はどのようになっているのか。まず県に働きかけて、それから内容によっては市におりてくるのが筋ではないのかと思っておりますし、工事代の見積もりは 126万円、このうち自己負担ということで地元の方々が95万円負担しますと、それで市の方には31万円補助をお願いしますと来ておりますけれども、これは県の方には出ているのかどうか。県の方に出さないで真っすぐ市の方に来ているのかどうか、その辺まずお伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(塙信一君) 12番、小沼議員。



◆教育福祉常任委員長(小沼英明君) 12番、小沼でございます。

 二十三夜尊堂の役員の方とお話をしたところ、県の方には申請はされたそうなんです。ところが、県の文化財というのはかなりの数がございまして、所家の住宅を見てもわかるように、数年待って初めて県の文化財のお金が市におりてくるというような状況でありまして、この二十三夜尊堂に関しましても、非常に塗装がはげてきてしまっておるというようなことで、緊急性を帯びて何とか県の方にもお願いをしたようなんですが、やはり書類が非常に多く重なっておりまして、このまま順番待ちをすると数年先になってしまうということで、県の文化財の場合に、出される金額が 126万円の申請であれば、恐らく31万円かと思うんです。市の応分の負担が31万円ということで、この二十三夜尊堂の役員さんの方は、もう県の方はしばらくかかってしまうので、このままだとお堂自体が傷んでしまう。4分の1の市の31万円だけいただければ、早々にでも塗装工事をしたいということがございまして、この31万円で納得をしていただいたというか、市の方の31万円がいただければというお考えがあったようでございます。

 我々教育福祉委員会としても、何とか執行部の方で早くこのお金を補正で組んでいただいて、緊急にも、非常にいい文化財でございますので工事につけるよう、私どもも見届けていきたいというようなことでございます。

 以上です。



○議長(塙信一君) 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 趣旨はわかりました。大変地元の方は一生懸命これを守るために努力されているようですので、趣旨は十分わかりました。ただ、財政的に潮来市の場合はこういうのがこれから出てきたら、果たしてどうするのかなというような私の素朴な疑問がありまして、お尋ねさせていただきました。

 ありがとうございました。



○議長(塙信一君) それでは、教育福祉委員会の方から出されております1本1本、採決をしていきたいというふうに考えております。

 これから陳情第11号 民間保育所運営費・施設整備費国庫負担制度の確保を求める意見書に対する採決を行います。

 討論ありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は採択です。

 陳情第11号について委員長報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長報告のとおり採択されました。

 続きまして、陳情第12号 陳情書 県文化財潮来市辻二十三夜尊堂塗装工事への財政補助のお願いに対する採決を行います。

 討論はありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は採択です。

 陳情第12号について委員長報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第12号は委員長報告のとおり採択されました。

 陳情第15号 要望書「学童クラブ指導員の継続雇用と研修制度について」に対する採決を行います。

 討論はありませんか。

 10番、今泉議員。



◆10番(今泉利拓君) 私は、不採択に反対であります。

 やはり、要望書を出した皆さん、それぞれの考えがあって、また希望を持って議会に対して要望書を出されているわけでありますから、ここで不採択を決めてしまうんではなくて継続審査にして、十分に要望者を呼び意見を聞いた上で決定をしてほしかったと、そういう意味で私は反対であります。



○議長(塙信一君) そのほか、討論ありませんか。

 1番、笠間議員。



◆1番(笠間丈夫君) 1番、笠間でございます。

 関連なんですけれども。



○議長(塙信一君) 賛成ですか、反対ですか。



◆1番(笠間丈夫君) 継続にしていただきたいと思うんです。

 その理由としまして、ここで言う臨時職員というのと、あと市の条例の方で言う4編の人事にあります非常勤嘱託員という項目があると思うんですけれども、それによりますと、採用は引き続き可能とか、上限は3年を限度にするとか、必要によっては市長の判断により延長もあり得るというような項目もありますので、今の条文というか、陳情の意見書そのままですと、来年も指導員の応募の機会を与えるべきというのを、やはりこのままであれば法令にひっかかってしまいますので、継続審議していただいて、採用の方法を臨時というか、それを今度、非常勤の嘱託員扱いのような、そういうふうな方策があるんではないかと思いますので、私もこの際は継続の方がよろしいかなと思います。

 以上です。



○議長(塙信一君) 討論ありませんか。

        (発言する者なし)



○議長(塙信一君) これで討論を終わります。

 この採択は起立によって行います。

 本案に対する委員長の報告は不採択です。

 陳情第15号について、委員長報告のとおり決定することに賛成の方の起立をお願いします。

        (賛成者起立)



○議長(塙信一君) 起立多数と認めます。

 よって、陳情第15号は委員長報告のとおり、不採択されました。

 これから、陳情第16号 「県立高校の一方的な統廃合を見直し、30人以下学級実現でゆきとどいた教育を求める意見書提出」に関する陳情に対する採決を行います。

 討論を行います。

 討論ありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は採択です。

 陳情第16号について、委員長報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第16号は委員長の報告のとおり採択されました。

 暫時休憩をいたします。

 資料をお配りいたします。

                             (午前11時07分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開をいたします。

                             (午前11時08分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(塙信一君) お諮りいたします。

 ただいま小沼議員外3名から、発議第8号 民間保育所運営費・施設整備費国庫負担制度の堅持を求める意見書が提出されました。これを日程に追加し、直ちに議題としたいと思います。これにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、発議第8号を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第8号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 追加日程第8、発議第8号 民間保育所運営費・施設整備費国庫負担制度の堅持を求める意見書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

        (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の趣旨説明をお願いします。

 12番、小沼議員。



◆12番(小沼英明君) ご説明を申し上げます。

 三位一体改革のもと、税源移譲を前提に、削減する補助金の具体案を地方自治体が取りまとめることとされました。補助金が削減されることにより、各自治体の財政状況により保育に格差が生じ、一定水準の保育を実現できなくなり、さらに少子高齢化が進む懸念もされます。現行の保育所運営費・整備費の国庫負担制度を確保するため、ここに意見書を提出するものでございます。

 議員各位のご賛同をお願い申し上げたいと思います。

 以上、説明を終わります。



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

 暫時休憩。

                             (午前11時10分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                             (午前11時10分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 質疑はありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 意見書を関係機関に送付いたします。

 暫時休憩いたします。

                             (午前11時12分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開をいたします。

                             (午前11時13分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(塙信一君) お諮りします。

 ただいま小沼英明議員外3名から発議第9号 県立高校の一方的な統廃合を見直し、30人以下学級実現でゆきとどいた教育を求める意見書が提出されました。これを日程に追加し、直ちに議題としたいと思います。これにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、発議第9号を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第9号の朗読、説明、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 追加日程第9、発議第9号 県立高校の一方的な統廃合を見直し、30人以下学級実現でゆきとどいた教育を求める意見書を議題といたします。

 朗読をさせます。

 議会事務局長。

        (事務局朗読)



○議長(塙信一君) 朗読が終わりました。

 提出者の趣旨説明をお願いします。

 12番、小沼議員。



◆12番(小沼英明君) 12番、小沼です。

 ご説明を申し上げたいと思います。

 中学校卒業生徒数の減少を理由に、県立高等学校再編整備が行われようとしています。学校を減らし、子供たちの選択肢を少なくし、地域文化経済にも重大な影響を及ぼすものであります。

 意見書にも記してありますように、30人以下学級を実現し、過度な受験競争をやめて行き届いた学校教育を実現をしてほしいという県民の声を反映させるために、ここに意見書を提出する次第でございます。

 議員各位のご賛同をお願い申し上げたいと思います。

 以上です。



○議長(塙信一君) 説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 質疑なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 意見書を関係機関に送付いたします。

 暫時休憩をいたします。

                             (午前11時17分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開いたします。

                             (午前11時18分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第13号の審査結果報告、質疑、討論、表決



○議長(塙信一君) 日程第10、陳情第13号 要望書(下水道整備)を議題といたします。

 ただいまから本件について建設委員長より審査結果の報告を求めます。

 建設委員長、大久保議員。

        (建設常任委員長 大久保英雄君 登壇)



◆建設常任委員長(大久保英雄君) 陳情審査報告書。

 本委員会に付託された陳情を審査した結果、下記のとおり決定したので、潮来市議会会議規則第 136条の規定により報告いたします。

 記。

 受付番号、平成16年、陳情第13号、付託年月日、平成16年9月8日、件名、要望書(下水道整備)について、審査の結果、不採択。

 1、本委員会は、平成16年9月14日に委員会を開催し、付託された陳情を審査しました。

 2、審査意見。

 下水道の全体計画区域外であるため、設置者側において工事及び維持管理を行うものとする。

 なお、市の潮来市第2期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画に沿った施設であるので、市も何らかの協力をすべきである。

 以上です。

 議員各位の賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(塙信一君) 以上で建設委員長の審査結果報告が終わりました。

 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。

 10番、今泉議員。



◆10番(今泉利拓君) 大久保委員長に一つだけ説明を求めるものでありますが、初め私どもがいただいた報告書によりますと、一番最後のところ、何らかの支援策を講ずるべきであるというふうにあるんですが、これが訂正の報告書を見ると、何らかの協力をすべきであるというふうに変わっているんです。これは、支援策の場合には財政支援を含めるからだめだという意味なんですか、その辺、どういう判断をされたんですか。



○議長(塙信一君) 15番、大久保議員。



◆建設常任委員長(大久保英雄君) 会議が始まる前に暫時休憩をいただいたんですが、その辺で委員の皆さんから意見が出まして、支援策だとお金の面もあるだろうということで、実はその以前に、施設の云々というのは、我々建設委員会の範疇を逸脱しているものですから、その辺でもちょっと皆さんとお話があったんですが、ただ、私委員長の立場としましては、こういう高齢化社会でこういう施設はこれからも町でも、現在ももう足りない状態でこういうのを早急に施設をつくっていただきたいと、私事の意見で申しわけないんですが、そういう意見がありましたので、支援でも何でもやってもらいたいという気持ちがあったので支援策という文言になったんですが、委員会の逸脱しているというようなこともちょっと出ましたので、いろいろ許認可の云々から、全部そういう面で協力という、支援も含めてだとは思うんですが、許認可の云々まで含めて市の協力を仰ぎたいということで、文言を検討させていただきました。

 以上です。



○議長(塙信一君) そのほか、質疑ございませんか。

 4番、吉川議員。



◆4番(吉川俊君) 4番、吉川俊です。

 委員長にちょっと一つだけお伺いしたいと思います。

 要望書の中を見ますと、この建設計画に当たっては、市と県とたび重なる協議の上、市の計画に沿った一中学区、日の出学区に建設地を決定した旨潮来市の協力を得ということでありますけれども、そして県の方へ申請したということなんですが、今回不採択になってしまいますと、この施設そのものが立ち上がらなくなってしまうのかなとちょっと心配がありました。実は、きのう水戸の方へ行って、こういったお年寄りの方の勉強会がありまして、50人ほど集まっていろいろな討議をやってきたんですけれども、ぜひ、こういったものはこれから前向きに考えてつくっていった方がいいんではないのかということがありましたので、潮来市の協力を得たということがありますので、この辺はどんなふうにご理解されたか、それをちょっとお聞かせください。

 以上です。



○議長(塙信一君) 15番、大久保議員。



◆建設常任委員長(大久保英雄君) 要望書の中身、前段の介護計画の云々というのはさておきまして、下水道の整備をお願いいたしたく存じますということでありますので、下水道の整備に関しましては、今までそういう申請者の負担で整備するというのが建前だったものですから、その件では不採択という結果になりましたが、委員の皆さんも建設には皆さん賛成であるということでありますので、ご了解いただきたいと思います。



○議長(塙信一君) そのほか質疑ございませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) なしと認めます。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

        (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 討論なしと認めます。

 これから本案に対する採決を行います。

 お諮りします。

 本案に対する委員長の報告は不採択です。

 陳情第13号について委員長報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、陳情第13号は委員長報告のとおり不採択とされました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員派遣の件



○議長(塙信一君) 日程第11、議員派遣の件を議題といたします。

 会議規則第 159条の規定により、お手元に配付しました資料のとおり議員派遣をしたいと思います。ご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、お手元の資料のとおり、議員派遣をすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査申出書(総務委員会)



○議長(塙信一君) 日程第12、総務委員会の閉会中の継続審査申出書の件を議題とします。

 総務委員長より、目下委員会において審査中の案件につきまして、会議規則第 104条の規定によりお手元に配付しました申し出のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査申出書(環境経済委員会)



○議長(塙信一君) 日程第13、環境経済委員会の閉会中の継続審査申出書の件を議題とします。

 環境経済委員長より、目下委員会において審査中の案件につきまして、会議規則第 104条の規定によりお手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

 22番、須田議員。



◆22番(須田富次君) 暫時休憩をお願いします。



○議長(塙信一君) 暫時休憩をいたします。

                             (午前11時28分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(塙信一君) 休憩前に引き続き再開をいたします。

                             (午前11時41分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査申出書(教育福祉委員会)



○議長(塙信一君) 日程第14、教育福祉委員会の閉会中の継続審査申出書の件を議題とします。

 教育福祉委員長より、目下委員会において審査中の案件につきまして会議規則第 104条の規定によりお手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査申出書(議員定数調査特別委員会)



○議長(塙信一君) 日程第15、議員定数調査特別委員会の閉会中の継続審査申出書の件を議題とします。

 議員定数調査特別委員会委員長より、目下委員会において審査中の案件につきまして会議規則第 104条の規定によりお手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査申出書(議員定数調査特別委員会)



○議長(塙信一君) 日程第16、議員定数調査特別委員会の閉会中の調査申出書の件を議題とします。

 議員定数調査特別委員長より、目下委員会において調査中の案件につきまして会議規則第 104条の規定によりお手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、委員長より申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査申出書(議会運営委員会)



○議長(塙信一君) 日程第17、閉会中の継続審査申出書の件を議題とします。

 議会運営委員長より、所管事務のうち、会議規則第 104条の規定により、お手元に配付しました所管事務の調査事項、次期議会の会期日程等の議会運営に関する事項について、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ございませんか。

        (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(塙信一君) 異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議及び閉会の宣告



○議長(塙信一君) 以上で本定例会に付議されました案件はすべて終了しました。

 議員各位のご精励、ご協力に対し深く敬意を表しますとともに、心から御礼を申し上げる次第であります。

 また、執行部各位におかれましては、各議員からの意見、要望等を積極的に市政運営に反映されるよう望むものであります。

 終わりに、市長初め執行部各位のご協力に対し御礼を申し上げるとともに、各位のご健勝をご祈念いたしまして、平成16年第3回潮来市議会定例会を閉会といたします。

 大変ご苦労さまでした。

                             (午前11時44分)

地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。

  平成16年  月  日

        議長     塙 信一

        署名議員   今泉利拓

        署名議員   加藤政司

        署名議員   小沼英明