議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 鹿嶋市

目次 09月05日−議案上程、説明−01号




平成20年  9月 定例会(第3回) − 09月05日−議案上程、説明−01号







平成20年  9月 定例会(第3回)





            鹿嶋市議会第3回定例会会議録

議事日程(第1号)

                        平成20年9月5日(金曜日) 午前10時開会

第1 会期の決定について                                 
第2 議案第50号 平成20年度鹿嶋市一般会計補正予算(第2号)               
   議案第51号 平成20年度鹿嶋市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)         
   議案第52号 平成20年度鹿嶋市老人保健特別会計補正予算(第2号)           
   議案第53号 平成20年度鹿嶋市介護保険特別会計補正予算(第1号)           
   議案第54号 平成20年度鹿島臨海都市計画下水道事業公共下水道特別会計補正予算(第2号)
   議案第55号 平成20年度鹿嶋市農業集落排水特別会計補正予算(第1号)         
   議案第56号 鹿嶋市農水産物直売所施設の設置及び管理に関する条例           
   議案第57号 鹿嶋市議会議員の議員報酬、費用弁償等に関する条例            
   議案第58号 鹿嶋市附属機関に関する条例の一部を改正する条例             
   議案第59号 鹿嶋市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正す
         る条例                                 
   議案第60号 鹿嶋市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例      
   議案第61号 鹿嶋市職員の公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例 
   議案第62号 鹿嶋市児童クラブ設置条例の一部を改正する条例              
   議案第63号 鹿嶋市教育委員会委員の任命について                   
   議案第64号 鹿嶋市教育委員会委員の任命について                   
   議案第65号 鹿島南部地区消防事務組合の解散について                 
   議案第66号 鹿島南部地区消防事務組合の解散に伴う財産処分について          
   議案第67号 鹿島地方事務組合規約の変更について                   
   議案第68号 鹿嶋勤労文化会館舞台照明設備改修工事請負契約について          
   議案第69号 市道路線の認定について                         
   議案第70号 市道路線の廃止について                         
   議案第71号 市道路線の変更について                         
   諮問第1号 人権擁護委員の候補者の推薦について                   
   諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦について                   
   諮問第3号 人権擁護委員の候補者の推薦について                   
   認定第1号 平成19年度鹿嶋市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について      
   認定第2号 平成19年度鹿嶋市水道事業会計決算認定について              
   認定第3号 平成19年度鹿嶋市大野区域水道事業会計決算認定について          
〇会議に付した事件
 日程第1 会期の決定について
 日程第2 議案第50号ないし議案第71号及び諮問第1号ないし諮問第3号並びに認定第1号ないし
      認定第3号について
〇出席議員(22名)
   1番  西 塚 保 男 君       2番  小 澤   ? 君
   3番  原 田 雅 也 君       5番  内 野 健 史 君
   6番  向 後   茂 君       7番  小古井 芳 一 君
   8番  篠 塚 洋 三 君       9番  河 津   亨 君
  10番  桐 澤 いづみ 君      11番  立 原 弘 一 君
  12番  坂 本 仙 一 君      13番  田 口   茂 君
  14番  池 田 芳 範 君      15番  野 口   洋 君
  16番  中 津 三 郎 君      17番  根 崎   彰 君
  18番  内 田 政 文 君      19番  浅 野 愼 一 君
  20番  飯 塚 俊 雄 君      21番  大 鷲   栄 君
  22番  風 間 裁 司 君      23番  白 川   勇 君

〇欠席議員(なし)
                                           
〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
       市     長      内  田  俊  郎  君
       副  市  長      永  野  正  道  君
       副  市  長      和  泉  利  雄  君
       教  育  長      青  柳  誠  司  君
       企 画 部 長      高  田  国  男  君
       企 画 部 次 長      人  見  次  男  君
       総 務 部 長      大  橋  正  彦  君
       総 務 部 次 長      箕  輪  与 志 雄  君
       納 税 対策室長      久  保  武  男  君
       市 民 協働部長      小 岩 井  善  一  君
       市民協働部次長      黒  沢  正  明  君

       市 民 福祉部長      宮  沢  政  治  君
       兼福祉事務所長

       市民福祉部次長      内  野  良  雄  君

       市民福祉部次長      大  川  か つ 江  君
       兼 福 祉事務所
       次     長

       環 境 経済部長      木 之 内  健 治 郎  君
       環境経済部次長      荒  原     稔  君
       建 設 部 長      小 神 野     榮  君
       建 設 部 次 長      谷 田 川  延  秀  君
       上 下 水道部長      大  川  秀  治  君
       上下水道部次長      小  堀  富  男  君

       会 計 管 理 者      山  本  有  明  君
       兼 出 納 室 長

       教 育 委 員 会      西  川     潤  君
       事 務 局 部 長

       教 育 委 員 会      細  田  秀  夫  君
       事 務 局 次 長
       兼 社 会 教 育
       担 当 参 事

       農 業 委 員 会      小  原  二  郎  君
       事 務 局 長

       監 査 委 員      大  宮  健 一 郎  君
       事 務 局 長
                                           
〇本会議に出席した事務局職員
       事 務 局 長      貴  達  厚  夫
       事 務 局 課 長      石  津  太  一
       事務局課長補佐      山  口  信  行



                                           



△開会の宣告



○議長(白川勇君) ただいま出席議員は22名で定足数に達しておりますから、議会は成立いたしました。

 ただいまから平成20年第3回鹿嶋市議会定例会を開会いたします。

                                   (午前10時13分)

                                           



△開議の宣告



○議長(白川勇君) それでは、これより本日の会議を開きます。

                                           



△会議録署名議員の指名



○議長(白川勇君) まず、会議録署名議員を定めます。鹿嶋市議会会議規則第81条の規定により、河津亨君、篠塚洋三君、小古井芳一君を指名いたします。

                                           



△諸般の報告



○議長(白川勇君) 日程に入るに先立ちまして、諸般の報告をいたします。

 議会運営委員会委員の辞任について報告いたします。

 平成20年6月20日付で根崎委員から出されておりました辞任願については、7月14日付で許可いたしましたので、ご報告いたします。

 次に、地方自治法施行令第145条第2項の規定により、平成19年度鹿嶋市特別会計継続費精算報告書について提出がありましたので、それらの写しをお手元に配付しております。

 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定に基づき、平成20年5月、6月、7月分の例月出納検査の結果報告について提出がありましたので、その写しをお手元に配付してあります。ご確認をお願いします。

 次に、市長から、地方自治法第180条の規定に基づく専決処分についての報告がありましたので、お手元に配付してあります。

 次に、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき、平成19年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率の報告がありましたので、お手元に配付しております。

 次に、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者につきましては、お手元に配付の印刷物により、ご了承をお願いいたします。

                                           



△議案の送付



○議長(白川勇君) 次に、市長から議案が提出されましたので、報告をさせます。

 事務局長。

          〔事務局長 貴達厚夫君登壇〕



◎事務局長(貴達厚夫君) 命により報告いたします。

                                     鹿総第158号

                                     平成20年9月5日

 鹿嶋市議会議長 白 川   勇 様

                                    鹿嶋市長 内田俊郎

          議 案 の 提 出 に つ い て

 平成20年第3回鹿嶋市議会定例会に下記の議案を提出するため、説明書を添えて別添のとおり送付します。

                      記

議案第50号 平成20年度鹿嶋市一般会計補正予算(第2号)

      =ないし=

議案第71号 市道路線の変更について

      =及び=

諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について

      =ないし=

諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について

      =及び=

認定第1号 平成19年度鹿嶋市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について

      =ないし=

認定第3号 平成19年度鹿嶋市大野区域水道事業会計決算認定について

 以上でございます。

                                           



△会期の決定



○議長(白川勇君) これより議事日程に入ります。

 日程第1、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。今回の定例会の会期は、お手元に配付の会期日程表のとおり、本日9月5日から9月19日までの15日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(白川勇君) ご異議なしと認め、会期は本日9月5日から9月19日までの15日間と決定いたしました。

                                           



△議案第50号〜議案第71号、諮問第1号〜諮問第3号並びに認定第1号〜認定第3号の上程、説明



○議長(白川勇君) 日程第2、議案第50号ないし議案第71号、諮問第1号ないし諮問第3号、認定第1号ないし認定第3号を一括して議題といたします。

 市長から提出議案の説明を求めます。

 市長、内田俊郎君。

          〔市長 内田俊郎君登壇〕



◎市長(内田俊郎君) 平成20年第3回鹿嶋市議会定例会の開会に当たり、当面の事業概要及び提出いたしました議案等の説明を申し上げます。

 まず初めに、8月8日に開幕をした4年に1度のスポーツの祭典・北京オリンピックでは、数々のドラマが繰り広げられ、多くの国民に夢と感動を与えてくれました。私自身も、各国を代表する選手たちの全身全霊を打ち込んだ競技を観ながら、更なる夢や可能性を追及していこうとする選手たちに大いに勇気づけらけれました。本市からは鹿島アントラーズFCの内田篤人選手がサッカー日本代表として出場し、強豪国の選手に引けをとらない積極的な動きをしていた姿が印象的でしたが、チームとしては予選敗退と残念な結果でした。今後のワールドカップ最終予選での活躍に期待をしたいと思います。

 さて、夏の終わりを告げる恒例の花火大会が、今年は第30回を記念して盛大に実施されました。1日日延べをしたおかげで好天気に恵まれ、記念花火の尺玉108連発が北浦湖畔上空を見事に彩りました。翌日には鹿島地方の秋を告げる御神幸祭が始まり、天高く実り多き収穫の季節へと時節を移してきました。市役所業務も後半に向けて、改めて気を引き締めながら、市民協働のまちづくりに邁進していきます。

 以下、新鹿嶋市総合計画におけるまちづくりの目標に沿って、当面の事業概要についてご説明申し上げます。

 第1に、「スポーツ先進のまち」について申し上げます。

 今年度は既に、過去最高となる24の団体と7名の選手が全国大会に出場あるいは出場権を獲得しています。全国中学校体育大会には、大野中学校柔道部、全国高等学校総合体育大会には鹿島学園高校のサッカー部・レスリング部・水泳部、鹿島高校の陸上部・水泳部、清真学園高校の弓道部が出場し、鹿島学園高校レスリング部の長谷川公俊君は、74キログラム級で準優勝という輝かしい成績を残しました。全国高等学校定時制通信制総合体育大会には、鹿島灘高校が陸上、柔道、剣道、サッカー、バドミントンなど6部門で出場を果たしています。また、社会人では、住友金属鹿島の壮年と実年のソフトボール部がそれぞれ全国出場を勝ち取り、壮年ソフトボール部は今月13日から香川県で開催される全国大会での2連覇を目指しています。スポーツ先進のまち鹿嶋の誇りとして、その活躍を期待するとともに、市民の皆さんの力強い応援をお願いいたします。

 次に、11月1日から9日にかけて「第23回国民文化祭・いばらき2008」が開催され、県内各地で文化芸術の発表・競演・交流が繰り広げられます。本市では、「文化のいぶき・未来へキックオフ」と題して「かしま・潮騒交流文化フェスティバル」を開催し、フットサル大会やサッカーをテーマにしたフォトコンテストや講演会などを実施しながら、「スポーツ先進のまち鹿嶋」を全国にPRしていきます。また、この期間中は、農・水産物の販売や観光物産展など、関係団体の協力を得ながら地場産品のPRもしていきます。

 第2に、「世界に羽ばたく人づくりを進めるまち」について申し上げます。

 8月3日から13日にかけて、教員の海外派遣研修として、中学校英語教諭の3名をカナダのニューウエストミンスター市に派遣しました。現地大学での語学研修とホームステイによる日常生活の交流を通して、英語教育の指導力や実践会話力の研修を行ってきています。8月17日から20日にかけては、姉妹都市=韓国・西帰浦市へ、8月17日から27日にかけてはオーストラリア・カラウンドラ市へ、それぞれ24名の中学生たちが、ホームステイをしながら外国との文化交流を体験してきました。そして、10月には友好都市=中国・塩城市との交流を計画しています。これらの体験をきっかけにして、子どもたちが視野を大きく広げながら社会に羽ばたいていくことを期待しています。

 昨年発足した鹿嶋師範塾では、教員及び学習指導補助員の指導力等の資質向上を目指して、教科指導や生活指導、特別活動や進路指導、保護者や地域とのかかわりなど、子どもたちの学校生活に直結する講座を年間を通して開設しています。今年度からは、学校教育に関心のある市民などを対象とした学校支援者育成講座も開講しています。引き続き子どもたちの教育環境の充実を図っていきます。

 第3に、「健康で安心、快適に暮らせる福祉のまち」について申し上げます。

 今年も12の小学校区と5つの高齢者福祉施設で敬老会が開催されます。今年の71歳以上の対象者は8,425名で、100歳を超える長寿者は6名おられます。市の発展の礎となり、多大な貢献をされてきた皆さんに感謝を申し上げますとともに、引き続き地域の皆さんと一緒になって地域福祉の増進を図っていきます。

 次に、今年度から生活習慣病を予防するための特定健診・特定保健指導がスタートし、6月に実施した国民健康保険加入者の特定健診では2,808名の方が受診され、その健診結果に基づいて特定保健指導を行っています。初年度は受診率20%を目標にしていますが、既に約18%に達し、まだ受診されていない方を対象に10月にも健診を実施することから、目標を上回ることは間違いありません。こうした健康チェックにより、いつまでも健やかな生活を送ることができるよう、引き続き健康づくり対策に取り組んでいきます。

 次に、子育て家庭の支援策として、現在の就学前の乳幼児を対象にした医療費の一部助成を、10月から小・中学生まで拡大します。同じく10月から、市内8カ所目となる「波野小学校放課後児童クラブ」を開設します。こうしたソフト面、ハード面にわたる子育て環境を整備することによって、保護者が安心して働き、子育てできる環境を拡充していきます。

 市は、地区自警団の組織化とともに、市内の事業所と「地域安全の防犯協定」を結ぶ取り組みを推進しており、8月7日には本市の水道検針委託事業者である「(株)ジェネッツ」と防犯協定を締結しました。今回の締結は、鹿嶋郵便局、水戸ヤクルト鹿嶋支店、鹿嶋市危険物安全協会に続いて4件目となり、各家庭への戸別訪問時の防犯パトロールにより、さらに安全の厚みが増すものと期待をしています。引き続き鹿嶋警察署と連携しながら、市民組織と事業所の取り組みを市内外に広くアピールし、防犯力を高めて、「市民が安心して暮らせるまちづくり」を推進していきます。

 第4に、「みんなが誇れる美しいまち」について申し上げます。

 市役所では、昨年から茨城県が実施する「ノーマイカーデーいばらき〜マイカー利用を控える日〜」に参加しています。地球温暖化や高齢社会の進行、エネルギー問題など、現代社会が抱えるさまざまな問題の解決に向けて、改めて公共交通の有用性や目的・距離に応じた使い分けが注目されています。環境と気候変動の問題が主要テーマの1つとなった北海道洞爺湖サミットの開催に先立ち、7月4日に実施したノーマイカーデーの取り組みでは、市職員の自家用車通勤者547人中、314人が自転車や徒歩、相乗りなどに切り替え、二酸化炭素排出量に換算すると851キログラムの削減量になりました。これは、平均して車1台が半年間に排出する二酸化炭素の量に匹敵します。10月には各水曜日をノーマイカーデーと位置づけ、事業所ごとに実施日を決めて取り組むことを呼びかけており、本市でも事業所等への啓発など、地球規模での環境を考えながら、地域一人一人の行動を促していきたいと考えています。

 第5に、「交流(ふれあい)がつくる魅力と活力のある新しい産業のまち」について申し上げます。

 本年度の茨城県「商店街活性化コンペ事業」に茨城大学地域総合研究所鹿嶋研究センターの「鹿嶋人(かしまびと)ギャラリー」開設準備会が提案した活性化プランが、優秀プランに選定されました。このプランは、神宮前商店街の空き店舗を活用し、“鹿嶋オリジナリティ”を基本に、手づくり品の販売や手づくり工房と展示ギャラリー、情報発信拠点などをあわせ持つ店舗づくりによって、商店街の賑わいをつくり出そうとするもので、地域のさまざまな人たちの連携と協働により事業計画が組み立てられています。このような市民提案とその実践活動を積極的に支援しながら、引き続き活力のあるまちづくりを推進していきます。

 「塚原卜伝全国キャンペーン」についても、観光協会や商工会が主体となって、運動の輪が県内全域へと広がりを見せています。県知事への協力要請を初め地元鹿行4市からも署名活動など積極的な支援・協力をいただき、7月には専用のホームページを立ち上げ、全国から署名を募る運動を展開しています。引き続き100万人の署名を目標に取り組むとともに、今年中にNHK本社へ「塚原卜伝」の大河ドラマ化を要請していく計画です。

 農業振興については、カシマスポーツセンター前で土曜、日曜日の午前中にテント販売を実施している農水産物直売所が、毎日終日営業ができるよう簡易店舗の設置準備を進めています。管理運営方法については現在、しおさい農協と協議を進めており、生産者が地元でとれる新鮮な野菜や水産加工物を毎日提供でき、更に地産地消が促進されるよう大いに期待しています。

 次に、サッカースタジアム周辺の活性化策として、道の駅設置についての基本構想を策定するため、7月9日に「鹿嶋市道の駅設置計画検討委員会」を設置し、具体化に向けて検討を開始いたしました。委員には市民や関係団体、国や県の方々に加わっていただき、設置に関する行政手続やインフラ整備、施設等の機能や管理・運営等について、各方面からの意見を踏まえながら調査検討を進めていきます。

 第6に、「行政のスリム化と市民がつくるまち」について申し上げます。

 本年10月から、本市の公共工事入札制度を改善し、インターネット上で競争入札執行が可能な電子入札システムを導入します。この入札システムは、茨城県と参加する県内市町村が共同利用できるもので、入札制度のIT化を推進することにより、参加者の利便性、事務の効率化、不正行為の抑制、透明公平性等の確保を図ります。

 また、本市が共同整備に参画している茨城県域の統合型GIS=「いばらきデジタルまっぷ」が10月から運用開始します。行政事務での活用はもとより、市民の皆さんにとっても、防災・防犯情報、医療機関や薬局などの健康福祉情報、教育施設や文化施設などの教育文化情報、主要観光地やロケ地等の歴史・観光情報などの提供や独自の地域安全マップが作成できるなど、地図情報がさまざまに活用できるようになります。

 以上、当面の事業概要等についてご説明申し上げました。

 最後になりますが、汚泥再生処理センター建設工事に係る損害賠償請求義務づけ住民訴訟裁判の判決に基づく本市からの損害賠償請求に対し、(株)クボタから支払い拒否の回答があったため、市は7月28日、地方自治法に基づき、(株)クボタを被告とする「損害賠償請求訴訟」を水戸地方裁判所に提訴いたしました。

 また、同住民訴訟裁判の原告から弁護士報酬の支払い請求がありましたが、請求額の算出基礎に市との相違がある旨の回答を行ったところ、8月14日に「弁護士報酬の支払請求訴訟」の訴状が水戸地方裁判所から送達されました。現在、所要の手続を進めていることをご報告いたします。

 続きまして、提出いたしました議案等についてご説明申し上げます。

 提出議案は、補正予算関係議案が6件、条例関係議案が7件、任命案件が2件、一部事務組合案件が3件、契約案件が1件、市道路線案件が3件、諮問案件が3件、認定案件3件であります。

 予算関係議案は、一般会計補正予算及び国民健康保険、老人保健、介護保険、公共下水道、農業集落排水の各特別会計の補正予算であります。

 条例関係議案は、農水産物直売所の設置及び管理に関する条例の制定、地方自治法の一部改正により、議員の報酬の支給方法等に関する規定を他の特別職の規定から分離するための条例の制定、地方自治法等関連法の一部改正等による現行条例の一部改正及び新たな児童クラブの設置による現行条例の一部改正であります。

 任命案件は、鹿嶋市教育委員会委員の任命に当たり、議会の同意を求めるものです。

 一部事務組合案件は、鹿島南部地区消防事務組合が鹿島地方事務組合と統合することに伴う組織の解散、財産処分及び規約の変更であります。

 契約案件は、鹿嶋勤労文化会館設備改修工事の請負契約であります。

 市道路線案件は、8路線を認定し、20路線を廃止し、10路線を変更するものです。

 諮問案件は、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求めるものです。

 認定案件は、平成19年度の一般会計及び特別会計、水道事業会計並びに大野区域水道事業会計の決算認定であります。

 以上で説明を終わりますが、なお詳細につきましては、お手元の議案書によりご審議の上、適切な議決を賜りますようお願いいたします。



○議長(白川勇君) ただいま説明のありました議案について、質疑のある議員は9月11日午後5時までに、討論のある議員は9月18日午後5時までに、議長あて通告書の提出をお願いいたします。

                                           



△散会の宣告



○議長(白川勇君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 大変ご苦労さまでございました。

                                   (午前10時38分)