議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 鹿嶋市

目次 06月08日−議案上程、説明−01号




平成19年  6月 定例会(第2回) − 06月08日−議案上程、説明−01号







平成19年  6月 定例会(第2回)





            鹿嶋市議会第2回定例会会議録

議事日程(第1号)

                        平成19年6月8日(金曜日) 午前10時開会

第1 会期の決定について                                 
第2 議案第46号 平成19年度鹿嶋市一般会計補正予算(第1号)               
   議案第47号 鹿嶋市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正す
         る条例                                 
   議案第48号 鹿嶋市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例        
   議案第49号 鹿嶋市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例          
   議案第50号 鹿嶋市国民健康保険条例の一部を改正する条例               
   議案第51号 鹿嶋市保育所の保育の実施に関する条例の一部を改正する条例        
   議案第52号 鹿嶋市監査委員の選任について                      
   議案第53号 鹿嶋市公共下水道根幹的施設の改築工事委託に関する基本協定締結について  
   議案第54号 豊津小学校大規模改造工事請負契約について                
   議案第55号 (仮称)リサイクルセンター建設工事請負契約について           

〇会議に付した事件
 日程第1 会期の決定について
 日程第2 議案第46号ないし議案第55号について

〇出席議員(22名)
   1番  西 塚 保 男 君       2番  小 澤   ? 君
   3番  原 田 雅 也 君       5番  内 野 健 史 君
   6番  向 後   茂 君       7番  小古井 芳 一 君
   8番  篠 塚 洋 三 君       9番  河 津   亨 君
  10番  桐 澤 いづみ 君      11番  立 原 弘 一 君
  12番  坂 本 仙 一 君      13番  田 口   茂 君
  14番  池 田 芳 範 君      15番  野 口   洋 君
  16番  中 津 三 郎 君      17番  根 崎   彰 君
  18番  内 田 政 文 君      19番  浅 野 愼 一 君
  20番  飯 塚 俊 雄 君      21番  大 鷲   栄 君
  22番  風 間 裁 司 君      23番  白 川   勇 君

〇欠席議員(なし)
                                           
〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
       市     長      内  田  俊  郎  君
       副  市  長      永  野  正  道  君
       副  市  長      和  泉  利  雄  君
       教  育  長      青  柳  誠  司  君
       企 画 部 長      高  田  国  男  君
       企 画 部 次 長      人  見  次  男  君
       総 務 部 長      大  橋  正  彦  君
       総 務 部 次 長      小 岩 井  善  一  君
       納 税 対策室長      児  山     博  君
       納税対策室次長      大  川  秀  治  君
       市 民 協働部長      前  島  達  男  君
       市民協働部次長      黒  沢  正  明  君

       市 民 福祉部長      宮  沢  政  治  君
       兼福祉事務所長

       市民福祉部次長      内  野  良  雄  君
       市民福祉部次長

       兼 福 祉事務所      大  川  か つ 江  君
       次     長

       環 境 経済部長      木 之 内  健 治 郎  君
       環境経済部次長      荒  原     稔  君
       建 設 部 長      坂  本  勇  作  君
       建 設 部 次 長      小 神 野     榮  君
       上 下 水道部長      山  本  有  明  君
       上下水道部次長      大  川  洋  文  君

       会 計 管 理 者      内  田  輝  雄  君
       兼 出 納 室 長

       教 育 委 員 会      西  川     潤  君
       事 務 局 部 長

       教 育 委 員 会      細  田  秀  夫  君
       事 務 局 次 長
       兼 社 会 教 育
       担 当 参 事

       農 業 委 員 会      小  原  二  郎  君
       事 務 局 長

       監 査 委 員      久  保  武  男  君
       事 務 局 長
                                           
〇本会議に出席した事務局職員
       事 務 局 長      貴  達  厚  夫
       事 務 局 課 長      石  津  太  一
       事 務 局 係 長      久  保  禮  子



                                           



△開会の宣告



○議長(白川勇君) ただいま出席議員は22名で定足数に達しておりますから、議会は成立いたしました。

 ただいまから平成19年第2回鹿嶋市議会定例会を開会いたします。

                                   (午前10時10分)

                                           



△開議の宣告



○議長(白川勇君) それでは、これより本日の会議を開きます。

                                           



△会議録署名議員の指名



○議長(白川勇君) まず、会議録署名議員を定めます。鹿嶋市議会会議規則第81条の規定により、立原弘一君、桐澤いづみ君、河津亨君を指名いたします。

                                           



△諸般の報告



○議長(白川勇君) 日程に入るに先立ちまして、諸般の報告をいたします。

 市長から地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、平成18年度鹿嶋市一般会計、特別会計繰越明許費繰越計算書、地方自治法施行令第145条第1項の規定に基づき、平成18年度鹿嶋市特別会計継続費繰越計算書、地方自治法施行令第150条第3項の規定に基づき、平成18年度鹿嶋市一般会計事故繰越し繰越計算書並びに地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、鹿嶋市土地開発公社ほか2団体の平成18年度事業報告書及び平成19年度事業計画書の提出がありましたので、それらの写しをお手元に配付してあります。

 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定に基づき、平成19年4月分の例月出納検査の結果報告について提出がありましたので、その写しをお手元に配付してあります。ご確認お願いします。

 次に、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者につきましては、お手元に配付の印刷物によりご了承をお願いいたします。

                                           



△議案の送付



○議長(白川勇君) 次に、市長から議案が提出されましたので、報告をさせます。

 事務局長。

          〔事務局長 貴達厚夫君登壇〕



◎事務局長(貴達厚夫君) 命により報告いたします。

                                     鹿総第110号

                                     平成19年6月8日

 鹿嶋市議会議長 白 川   勇 様

                                    鹿嶋市長 内田俊郎

          議 案 の 提 出 に つ い て

 平成19年第2回鹿嶋市議会定例会に下記の議案を提出するため、説明書を添えて別添のとおり送付します。

                      記

議案第46号 平成19年度鹿嶋市一般会計補正予算(第1号)

      =ないし=

議案第55号 (仮称)リサイクルセンター建設工事請負契約について

 以上でございます。

                                           



△会期の決定



○議長(白川勇君) これより議事日程に入ります。

 日程第1、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りします。今回の定例会の会期は、お手元に配付の会期日程表のとおり、本日6月8日から6月22日までの15日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(白川勇君) 異議なしと認め、会期は本日6月8日から6月22日までの15日間と決定いたしました。

                                           



△議案第46号〜議案第55号の上程、説明



○議長(白川勇君) 日程第2、議案第46号ないし議案第55号を一括して議題といたします。

 市長から提出議案の説明を求めます。

 市長、内田俊郎君。

          〔市長 内田俊郎君登壇〕



◎市長(内田俊郎君) 平成19年第2回鹿嶋市議会定例会の開会に当たり、当面の施策の概要及び提出いたしました議案等の説明を申し上げます。

 去る5月18日、住友金属工業鹿島製鉄所において第3高炉の火入れが行われました。これにより鹿島製鉄所は、平成16年9月に操業開始した第1高炉とあわせて、双子の大型高炉体制となり、粗鋼生産能力が年産50万トン増加し、年産800万トンのフル操業体制を確立させております。こうした技術革新と経営の合理化によって、世界最高レベルの品質とコスト競争力をより一層高めており、これら地元企業の活況を市民に有効に還元できるよう、市としても行財政運営になお一層の努力をしてまいります。

 今般、「新鹿嶋市総合計画」の後期基本計画の5カ年がスタートするにあたり、計画に掲げられた各種施策の実現に向けて、中長期的な展望のもとに限られた財源の効果的・効率的な運用を基本に、健全な財政運営を行うための指針として「鹿嶋市財政計画」を策定いたしました。

 鹿嶋市は、平成7年の合併・市制施行に伴い、新市建設計画に基づく都市基盤整備を早急に進めた結果、平成9年度には199億円という市債(借入金)を抱えることとなり、長期化する景気の低迷による市税収入の減少、地方交付税の縮減などと相まって、深刻な財源不足に見舞われ、かつてない厳しい財政状況が続きました。

 市ではこの間、人件費の削減を始め、補助金の見直しや行政評価制度導入による事務事業の見直し、民間委託の推進、使用料等の受益者負担の適正化、市税等の収納体制の強化、予算編成時における枠配分方式の導入など、徹底した行財政改革を進めることにより対応してまいりました、

 こうした努力と、その後の景気回復も受けて、平成17年度末では、市税収入はほぼ合併・市制施行当時の水準まで回復し、市債残高も184億円まで縮小するなど、鹿嶋市の財政は、これまでの厳しい状況を脱し、県内平均が5割台の自主財源比率は、平成18年度は7割に達する見込みであります。

 しかしながら、市税収入は景気の変動等の要因により大きく左右されること、市税に次ぐ財源であった地方交付税は、国の三位一体改革における見直しや合併特例の段階的な縮減により大幅な減収となり、平成23年度には普通交付税が不交付となる見込みであること、さらに歳出面においては、少子高齢化を背景に、扶助費が年々増えていることに加え、公共施設の老朽化に伴う施設整備費や維持補修費が増加する見込みであることなど、今後の財政運営は決して楽観視できない状況にあります。

 この間の苦難の経験と今後の中長期的な見通しを踏まえ、将来の景気変動等にも耐え得るよう、義務的経費を抑えたコンパクトな行財政運営を目指すとともに、引き続き財政基盤の強化を図ってまいります。

 また、地方分権が推進される中、本年は三位一体の改革の一環として、国から地方自治体への「税源移譲」が実施されます。これは、本年1月から所得税の納税額が減り、代わりに6月から住民税の納税額が増えるという「税金の移し替え」であります。しかしながら「税源移譲」によって市税が増える分、国からの補助金などが廃止・縮小されており、市の財政力強化にはつながっていないのが実態であります。こうした三位一体の改革が進行する中、地方自治体の自立が大きく問われ、自主財源の確保、とりわけ税収の確保は、市民サービスの質と量に直結し、自治体運営に大きな影響をもたらすことから、より一層の収納率向上に取り組んでまいります。

 以下、新鹿嶋市総合計画におけるまちづくりの目標に沿って、当面の事業概要についてご説明申し上げます。

 第1に、「スポーツ先進のまち」について申し上げます。

 去る6月1日から3日にかけて、カシマスポーツセンターを会場に第55回関東高校柔道大会が開催され、1都7県それぞれの代表校と代表選手による熱戦が繰り広げられました。鹿嶋市を会場とする各種スポーツ大会や大規模大会の開催が増えつつあり、引き続き積極的な大会誘致に努めながら、スポーツ先進のまちづくりを進めてまいります。

 また、愛好者の急増するグラウンド・ゴルフの2コースが高松緑地公園内に完成し、この6月から供用開始となりました。加えて、同公園の園路=延長2,200メートルをウオーキングやジョギングに活用できるヘルスロードとして今年度整備いたします。健康づくりや生きがいづくりに、多くの市民の皆様に利用していただくことを期待しております。

 第2に、「世界に羽ばたく人づくりを進めるまち」について申し上げます。

 市は、国際理解教育の一環として全小学校で英語教育に取り組んでおり、更なる英語教育の充実を図るため、鹿嶋英語教育特区の認定を受け、5月21日に安倍内閣総理大臣から直接認定書をいただいてまいりました。このことにより、今後は英語を教科として位置づけることができることから、より積極的な英語教育に取り組めることとなりました。英語に触れ、慣れ親しむことで、基本的な英語コミュニケーション能力と豊かな国際感覚を育んでまいります。

 また、子どもたちの豊かな人間形成と情操教育を図るため、学校図書室を充実させ、波野小学校をモデル校として「本だいすきっ子推進プラン」に取り組むなど、各学校それぞれに積極的な読書活動を推進しております。

 学校施設面では、子供たちが安心して勉強ができる教育環境の整備として、今回議案として提案しておりますが、豊津小学校大規模改造工事を平成19年度・20年度2カ年の継続事業として実施いたします。また、老朽化した学校施設についても、計画的に改修を実施してまいります。

 新学校給食センターは4月9日から、大野中学校を除くすべての幼稚園・小学校・中学校に学校給食の提供を開始しております。食育の発信拠点として、安全な食材と徹底した衛生管理の下で、未来を担う鹿嶋っ子に食事への正しい理解と食習慣を身につけてもらうために、充実した学校給食を提供してまいります。

 第3に、「健康で安心・快適に暮らせる福祉のまち」について申し上げます。

 放課後に学校から帰っても、就労等により昼間家庭に保護者がいない子供たちが安全に過ごせる居場所づくりとして、大野東幼稚園跡を活用し、大野区域では2カ所目となる「中野東小学校児童クラブ」を4月2日から開設いたしました。この「放課後児童クラブ」については、現在高松小学校でも開設の準備を進めております。

 また、子供たちが放課後自由に遊んだり学んだりできる「放課後子ども教室」を、地域の皆様や学校の協力をいただきながら、この6月12日から波野・豊郷・豊津・大同西・中野西の五つの小学校区で開設いたします。これにより、すべての小学校区において、放課後の子供たちの居場所づくりが整うことになります。健やかな鹿嶋っ子の育成は、全市民の願いです。地域全体で地域の子供たちを見守り育てる風土づくりや、保護者が安心して働き、子育てできる環境整備を引き続き推進してまいります。

 防犯対策については、自警団の組織化が進み、11番目の組織がこの5月に須賀宮中野区で発足しました。約1,500名の会員が、自分たちの地域は自分たちで守ろうという意識を持って、地域の定期的な監視や見回り活動を展開しております。こうした活動によって犯罪件数も減少傾向にあり、犯罪の抑止効果として地域の安全・安心づくりに大きな役割を果たしております。これらの活動支援・拡大を積極的に推進してまいります。

 次に、道路整備についてであります。3.3.11都市計画街路整備事業は、これまでの用地取得に併せて、本年度から道路改良工事に着手し、事業の早期完成を目指してまいります。また、和地内の市道0154号線、地元では「小見の坂」と呼ばれている延長300メートルの区間について整備着工いたします。現況幅員が5メートル前後と狭く、また崖地もあり大変危険な状況であることから、3カ年計画で「安全で快適な道路整備」を行ってまいります。

 第4に、「みんなが誇れる美しいまち」について申し上げます。

 去る5月27日に、環境サポーター統一行動を実施いたしました。「じいちゃんと朝の散歩でごみ拾い」、「ポイ捨てをやめる気持ちを育てよう」、「町の美化一人ひとりの思いやり」。これは、今年度優秀賞に輝いた不法投棄撲滅標語であります。平成16年度を不法投棄撲滅元年と位置づけ、不法投棄監視員制度をさらに拡大して環境サポーター制度を創設し、監視体制の強化及びモラル向上の啓発活動を推進する中で、環境サポーターの参加人数の増加に伴って、確実に不法投棄の件数は減ってきております。現在約560名の環境サポーターの皆さんが、それぞれの地域で不法投棄に監視の目を光らせており、「地域の環境は地域の目(監視の目)、足(啓発の足)、手(清掃する手)で守る」をスローガンに、引き続き美しい鹿嶋市づくりに市民一丸となって取り組んでまいります。

 また、鉢形地区においては、「九反田池」の再生を目指し、地域住民と「かしま環境ネットワーク」が連携して、「鉢形九反田池再生委員会」が発足しました。これは、昔なれ親しんだ九反田池を、かつてのように蛍の飛び交う美しい池に再生したいと、地元の人たちが立ち上がったものです。

 豊津小学校では、学校敷地内のビオトープで育成したアサザを北浦に植え戻す活動など環境美化の取り組みを継続しており、この度その功績が全国11校の一つとして認められ、環境省後援の「地球ピカピカ大賞」に輝きました。

 豊郷地区においても谷津田再生への取り組みが始まっておりますし、鹿嶋の大きな資産である水と緑を再生し、憩いのあるふるさとづくりのために、市民主体のさまざまな運動が広がりを見せており、こうした取り組みに対して積極的な支援をしてまいります。

 第5に、「交流がつくる魅力と活力のある新しい産業のまち」について申し上げます。

 鹿島アントラーズのホームゲーム観戦者を対象に、市内の観光スポットを巡る無料の観光周遊バス「鹿嶋めぐりト伝号」が運行を開始しました。4月4日当初の12名から5月12日の6回目には41名と、その認知度に伴って利用者は増えております。せっかく鹿嶋を訪れる人たちに、サッカー以外の鹿嶋の魅力をリピーターとして広げていただくことを期待して、アントラーズファンが鹿嶋ファンに連動していく仕組みづくりとして、来訪者に喜ばれる周遊バスを運行してまいります。

 次に、塚原ト伝の生誕地である鹿嶋を全国にPRし、NHK大河ドラマ化の実現を目指して、5月9日に鹿島神宮関係者や鹿島新当流関係者、有識者などで構成する塚原ト伝研究会を立ち上げ、活動を始めました。鹿嶋市観光協会が中心となって「塚原ト伝全国キャンペーン事業」として、のぼりやステッカー、立て看板などを設置してPRを展開し、「魅力あふれる鹿嶋」を全国にアピールしながら、地域の観光振興を図ってまいります。

 第6に、「行政のスリム化と市民がつくるまち」について申し上げます。

 これまで鹿嶋市の行財政改革は、「財政運営健全化」を最重点課題に取り組み、徹底した事務事業の効率化と重点化によって、平成11年度から平成18年度までに約30億円という大きな効果額を生んでおります。そして、本年3月には、新たな指針となる「第4次行財政改革大綱及び行動計画」を策定いたしました。

 新大綱では、これまでの改革を堅持しながら、分権型社会が求める「公(おおやけ)」像の実現に向け、市民協働の推進による「新しい公共空間の創出」と「市民納得度の向上」を掲げ、新たな改革に取り組んでまいります。

 本年度は、教育・福祉・環境問題など、さまざまな分野で市民意見が反映できる市民参画の制度づくり、地域コミュニティが主体的に運営する住民自治の形成とその支援方策について、調査検討を進めてまいります。

 次に、今般「協働のまちづくり」の基本的な考え方・方向性を明らかにし、まちづくりに関わるすべての人が、それぞれの特色や個性を生かしながら協力・連携していくための基本的な指針となる「鹿嶋市市民協働のまちづくり推進大綱」を策定いたしました。今後は、この大綱に基づき、市民・事業者・行政がそれぞれの役割と責任を理解し、お互いに対等な立場で、より広がりのある「協働のまちづくり」を推進してまいります。

 さらに、行政委員及び区長会事務を、これまでの総務部所管から市民協働部所管に移し、市民活動の基盤となる行政区と自治会活動への支援を強化しながら、協働を基本としたまちづくりを進めてまいります。

 また、協働のまちづくりを進める地域の活動拠点として、三笠小学校余裕教室を活用した三笠まちづくりセンターが4月にオープンいたしました。学校施設を活用した公民館の整備は県内でも初めての試みであり、学校と地域が一体となった様々な活動が効果的に展開されるものと期待しております。

 以上、当面の事業概要についてご説明申し上げました。

 続きまして、提出いたしました議案等についてご説明申し上げます。

 提出議案は、予算関係議案が1件、条例関係議案が5件、委員の選任関係議案が1件、工事委託関係議案が1件、工事請負契約関係議案が2件であります。

 予算関係議案は、一般会計の補正予算であり、歳入として生活保護費から自立支援医療費への医療扶助費の組み替えに伴う関連負担金などを見込み、歳出としては人工透析に係る医療扶助費の組み替えに伴う生活保護扶助経費の減額や、自立支援医療給付事業費などであります。

 条例関係議案は、地域自立支援協議会の設置に伴う委員の費用弁償の設定、職員の特殊勤務手当の廃止、上位法の改正による用語等の整理、健康保険法等の改正に伴う保険医療機関等の窓口での一部負担割合の改正、及び保育所保育料算定の基準となる所得税の定率減税等に伴う保育料徴収基準額表等の改正であります。

 委員の選任関係議案は、鹿嶋市監査委員の選任について議会の同意を求めるものであります。

 工事委託関係議案は、鹿嶋市浄化センターの老朽化に伴い、改築工事を委託するに当たり、基本協定を締結するものであります。

 工事請負契約関係議案は、豊津小学校大規模改造工事、(仮称)リサイクルセンター建設工事について、請負契約を締結するものであります。

 以上で説明を終わりますが、なお詳細につきましてはお手元の議案書によりご審議の上、適切な議決を賜りますようお願いいたします。



○議長(白川勇君) ただいま説明のありました議案について、質疑のある議員は6月15日午後5時までに、討論のある議員は6月21日午後5時までに、議長あて発言通告書の提出をお願いいたします。

                                           



△散会の宣告



○議長(白川勇君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 大変どうもご苦労さまでした。

                                   (午前10時36分)