議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 ひたちなか市

平成20年第 4回 9月定例会−09月03日-01号




平成20年第 4回 9月定例会

           平成20年第4回ひたちなか市議会9月定例会

                議事日程(第 1 号)

                          平成20年9月3日午前10時開議
日程第1 会期決定
日程第2 会議録署名議員の指名
日程第3 諸報告
     (1)議案等
     (2)経済生活委員会、議会広報委員会、議会運営委員会調査報告
日程第4 報告第 25号 平成20年度ひたちなか海浜鉄道株式会社事業計画及び予算について
             ないし
     報告第 29号 平成19年度財団法人ひたちなか市勤労者福祉サービスセンター決算について
             (以上5件、報告)
日程第5 報告第 30号 平成19年度一般会計等健全化判断比率の報告について
     報告第 31号 平成19年度公営企業会計資金不足比率の報告について
             (以上2件、報告、質疑)
日程第6 議案第 70号 平成19年度ひたちなか市一般会計決算認定について
             ないし
     議案第 97号 ひたちなか市土地開発公社定款の変更について
             (以上28件、提案理由の説明)
日程第7 休会の件
 ─────────────────────────────────────────
〇本日の会議に付した事件
日程第1 会期決定
日程第2 会議録署名議員の指名
日程第3 諸報告
     (1)議案等
     (2)経済生活委員会、議会広報委員会、議会運営委員会調査報告
日程第4 報告第 25号 平成20年度ひたちなか海浜鉄道株式会社事業計画及び予算について
             ないし
     報告第 29号 平成19年度財団法人ひたちなか市勤労者福祉サービスセンター決算について
             (以上5件、報告)
日程第5 報告第 30号 平成19年度一般会計等健全化判断比率の報告について
     報告第 31号 平成19年度公営企業会計資金不足比率の報告について
             (以上2件、報告、質疑)
日程第6 議案第 70号 平成19年度ひたちなか市一般会計決算認定について
             ないし
     議案第 97号 ひたちなか市土地開発公社定款の変更について
             (以上28件、提案理由の説明)
日程第7 休会の件
 ─────────────────────────────────────────
〇出席議員 27名
                         1番  井 坂   章 議員
                         2番  薄 井 宏 安 議員
                         3番  清 水 立 雄 議員
                         4番  三 瓶   武 議員
                         5番  深 谷 寿 一 議員
                         6番  横須賀 すみ子 議員
                         7番  永 井 利 男 議員
                         8番  佐 藤 良 元 議員
                         9番  深 川 澄 子 議員
                        10番  山 形 由美子 議員
                        11番  樋之口 英 嗣 議員
                        12番  後 藤 正 美 議員
                        13番  打 越   浩 議員
                        14番  武 藤   猛 議員
                        15番  西野宮 照 男 議員
                        16番  山 本   繁 議員
                        17番  薄 井 賢 司 議員
                        18番  川 崎 三 郎 議員
                        19番  住 谷 勝 男 議員
                        20番  山 田 雅 則 議員
                        21番  安   雄 三 議員
                        22番  鈴 木 勝 夫 議員
                        23番  高 崎 修 一 議員
                        24番  牧 野 米 春 議員
                        25番  吉 原 桂 一 議員
                        26番  面 澤 義 昌 議員
                        27番  清水 伝吾兵衛 議員
 ─────────────────────────────────────────
〇欠席議員  0名
 ─────────────────────────────────────────
〇説明のため出席した者
                        本 間 源 基 市長
                        松 本 正 宏 副市長
                        青 野 紘 也 教育長
                        永 田   仁 水道事業管理者
                        高 柳 保 幸 企画部長
                        兼 山   隆 総務部長
                        飛 田   修 市民生活部長
                        山 田   篤 福祉部長
                        葛 宇 芳 樹 経済部長
                        大 内 明 良 建設部長
                        平 野 正 人 都市整備部長
                        山 田   博 会計管理者
                        鹿志村 信 男 教育次長
                        住 谷 明 雄 消防長
                        大和田   一 教育委員会委員長
                        澤 畠 雄 也 代表監査委員
                        清 水 八洲雄 選挙管理委員会委員長
                        木 内 一 之 農業委員会会長
─────────────────────────────────────────
〇事務局職員出席者
                        郡 司 峰 雄 事務局長
                        澤 畑 隆 一 次長
                        大 内 康 弘 副参事
                        小 池   洋 次長補佐兼庶務調査係長
                        秋 元 正 彦 議事係長
                        武 石 泰 文 主任
                        雪   和 洋 主事


          午前10時 開議
○打越浩 議長  ただいまから平成20年第4回ひたちなか市議会9月定例会を開会します。
 これより本日の会議を開きます。
 議事日程を報告します。本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付しました日程により議事を進めたいと思います。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第1 会期決定
○打越浩 議長  日程第1会期決定を議題とします。
 お諮りします。今期定例会の会期は、本日より29日までの27日間としたいと思います。異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○打越浩 議長  異議なしと認め、会期は27日間と決定しました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第2 会議録署名議員の指名
○打越浩 議長  日程第2会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、12番後藤正美議員、14番武藤 猛議員、以上2名を指名します。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第3 諸報告
○打越浩 議長  日程第3諸報告を行います。
 今期定例会に提出されました議案等について事務局職員に報告させます。澤畑隆一次長。
         〔澤畑隆一次長登壇〕
◎澤畑隆一 次長  今期定例会に提出されました付議事件につきましてご報告申し上げます。
 まず、報告案件としまして、市が出資している法人の経営状況に係る報告1件、同じく出資法人の平成19年度決算報告4件、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく報告2件、計7件となっています。
 次に、議案としまして、平成19年度各会計決算認定19件、補正予算3件、条例制定4件、その他2件、計28件となっています。
 次に、監査委員より6月、7月分の出納検査の結果報告がございました。これらの関係書類につきましては事務局に備えつけてありますので、後ほどご参照賜りたいと存じます。
 以上で報告を終わります。
○打越浩 議長  次に、閉会中の調査事項となっていました経済生活委員会、議会広報委員会の行財政調査、議会運営委員会の議会運営調査について、その報告書が提出されています。
 最初に、経済生活委員長の報告を願います。17番薄井賢司議員。
         〔17番 薄井賢司議員登壇〕
◎17番(薄井賢司議員) 経済生活委員会の調査報告をします。
 本委員会付託の調査について、その経過並びに結果を会議規則第103条の規定により報告します。
 調査期日 平成20年7月1日より3日 調査場所 鹿児島県鹿屋市、志布志市 調査事項 (1)行財政運営について(2)中心市街地活性化について(3)廃棄物(生ごみ)の資源化について 調査経過 標記都市を訪問し、調査事項の説明を受け、質疑応答による調査を行った。 調査結果 別紙調査結果のとおりであります。
 以上、報告を終わります。
○打越浩 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○打越浩 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 次に、議会広報委員長の報告を願います。6番横須賀すみ子議員。
         〔6番 横須賀すみ子議員登壇〕
◎6番(横須賀すみ子議員) 議会広報委員会の調査報告をいたします。
 本委員会付託の調査について、その経過並びに結果を会議規則第103条の規定により報告をいたします。
 調査期日 平成20年6月26日から27日 調査場所 愛知県日進市、岡崎市 調査事項 (1)行財政運営について(2)議会だよりの編集について(3)議会ホームページについて 調査経過 標記都市を訪問し、調査事項の説明を受け、質疑応答による調査を行った。調査結果 別紙調査結果のとおりであります。
 以上、報告を終わりにいたします。
○打越浩 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○打越浩 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 次に、議会運営委員長の報告を願います。12番後藤正美議員。
         〔12番 後藤正美議員登壇〕
◎12番(後藤正美議員) 議会運営委員会の調査報告をいたします。
 本委員会付託の調査について、その経過並びに結果を会議規則第103条の規定により報告します。
 調査期日 平成20年6月24日から26日 調査場所 愛知県瀬戸市、一宮市、豊田市 調査事項 (1)行財政運営について(2)議会運営について 調査経過 標記都市を訪問し、調査事項の説明を受け、質疑応答による調査を行った。調査結果 別紙調査結果のとおりでございます。
 以上、報告を終わります。
○打越浩 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○打越浩 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第4 報告第25号 平成20年度ひたちなか海浜鉄道株式会社事業計画及び予算について
             ないし
      報告第29号 平成19年度財団法人ひたちなか市勤労者福祉サービスセンター決算について
○打越浩 議長  日程第4報告第25号 平成20年度ひたちなか海浜鉄道株式会社事業計画及び予算について、ないし報告第29号 平成19年度財団法人ひたちなか市勤労者福祉サービスセンター決算について、以上5件を一括して議題とします。
 本件について提出者の説明を願います。本間源基市長。
         〔本間源基市長登壇〕
◎本間源基 市長  平成20年第4回ひたちなか市議会9月定例会に当たり、提出議案につきまして概要をご説明申し上げます。
 報告第25号 平成20年度ひたちなか海浜鉄道株式会社事業計画及び予算につきましては、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、経営状況を説明する書類を提出するものであります。
 報告第26号 平成19年度財団法人ひたちなか市文化・スポーツ振興公社決算について、報告第27号 平成19年度ひたちなか市土地開発公社決算について、報告第28号 平成19年度財団法人ひたちなか市住宅・都市サービス公社決算について、報告第29号 平成19年度財団法人ひたちなか市勤労者福祉サービスセンター決算について、以上4件につきましては、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、経営状況を説明する決算書類をそれぞれ提出するものであります。
 内容につきましては、報告書記載のとおりであります。
 以上、ご報告申し上げます。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第5 報告第30号 平成19年度一般会計等健全化判断比率の報告について
      報告第31号 平成19年度公営企業会計資金不足比率の報告について
○打越浩 議長  日程第5報告第30号 平成19年度一般会計等健全化判断比率の報告について、報告第31号 平成19年度公営企業会計資金不足比率の報告について、以上2件を一括して議題とします。
 本件について提出者の説明を願います。本間源基市長。
         〔本間源基市長登壇〕
◎本間源基 市長  ただいま議題となりました報告第30号及び報告第31号につきまして、概要をご説明申し上げます。
 健全化判断比率及び資金不足比率につきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律の施行により、平成19年度決算から報告することとなったものであります。
 報告第30号 平成19年度一般会計等健全化判断比率につきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により監査委員の審査を経ましたので、同項の規定により議会に報告するものであります。
 実質赤字比率を算出する一般会計等につきましては、一般会計並びに奨学資金、墓地公園事業及び公共用地先行取得事業の各特別会計であり、連結実質赤字比率を算出する会計につきましては、一般会計並びに水道事業会計を含む18の特別会計であります。平成19年度はすべての会計において黒字決算でありましたので、実質赤字比率及び連結実質赤字比率はそれぞれゼロとなっております。また、一般会計等における実質公債費比率は12.8%、将来負担比率は98.1%であり、それぞれ早期健全化基準を下回っております。
 報告第31号 平成19年度公営企業会計資金不足比率につきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により監査委員の審査を経ましたので、同項の規定により議会に報告するものであります。
 資金不足比率を算出する公営企業会計につきましては、公共下水道事業、勝田駅東口地区市街地再開発事業、東部第1、東部第2、佐和駅中央、佐和駅東、武田、第一田中後及び阿字ヶ浦の各土地区画整理事業、農業集落排水事業、地方卸売市場事業及び水道事業の各特別会計であります。平成19年度は、この12の特別会計すべてにおいて資金不足を生じておりませんので、資金不足比率はゼロとなっております。
 以上、ご報告申し上げます。
○打越浩 議長  これより質疑を行います。質疑は一括して行います。
 質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○打越浩 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第6 議案第70号 平成19年度ひたちなか市一般会計決算認定について
             ないし
      議案第97号 ひたちなか市土地開発公社定款の変更について
○打越浩 議長  日程第6議案第70号 平成19年度ひたちなか市一般会計決算認定について、ないし議案第97号 ひたちなか市土地開発公社定款の変更について、以上28件を一括して議題とします。
 提案理由の説明を願います。本間源基市長。
         〔本間源基市長登壇〕
◎本間源基 市長  ただいま議題となりました提出議案につきまして、提案の理由をご説明申し上げます。
 初めに、議案第70号から議案第88号までの平成19年度各会計の決算認定についてご説明申し上げます。
 まず、議案第70号から議案第87号までは、平成19年度一般会計及び地方公営企業を除く特別会計の決算認定でありまして、地方自治法第233条第1項の規定に基づき会計管理者から決算書の提出があり、同条第2項の規定により監査委員の審査を経ましたので、同条第3項の規定により議会の認定に付するため提出したものであります。
 また、議案第88号は、地方公営企業の特別会計の決算認定についてでありまして、地方公営企業法第30条第1項の規定に基づき水道事業管理者から決算書の提出があり、同条第2項の規定により監査委員の審査を経ましたので、同条第4項の規定により議会の認定に付するため提出したものであります。
 平成19年度の一般会計及び地方公営企業を除く17の特別会計決算について総括させていただきますと、歳入総額781億4,388万8,000円、歳出総額760億5,601万1,000円であります。
 一般会計決算につきましては、歳入総額418億1,534万2,000円、歳出総額404億1,759万5,000円、歳入歳出差引額は13億9,774万7,000円となりますが、繰越明許費繰越額に係る繰越財源1億2,859万5,000円を差し引いた実質収支額は12億6,915万2,000円であります。平成18年度と比較いたしますと、歳入総額が0.9%、歳出総額が0.9%のそれぞれ増となっております。
 主な歳入を科目別で見ますと、市税が60.4%を占め、次いで国庫支出金が7.7%、市債が5.3%となっており、地方交付税は3.3%となっております。平成18年度と比較いたしますと、市税が16.9%、国庫支出金が3.1%の増、市債が20.6%、地方交付税が42.8%の減となっております。
 歳入の特色としては、まず、根幹である市税につきましては、平成18年度と比較して36億4,629万7,000円、16.9%の増収となりました。これは、所得税から個人住民税への税源移譲や定率減税の廃止など税制改正に伴う増、並びに企業決算が好調だったことによる法人市民税の増、さらに、新築家屋の増加等に伴う固定資産税の増等によるものであります。
 また、普通交付税が10億2,775万6,000円、59.6%、普通交付税を補完する臨時財政対策債が1億3,040万円、9.7%のそれぞれ減となり、また、所得譲与税及び減税補てん債が税制改正に対応して廃止されたことに伴い、それぞれ11億1,811万8,000円、1億9,850万円の減となっております。
 次に、歳出につきましては、目的別では、民生費が歳出総額の27.5%を占め、次いで土木費が16.7%、公債費が13.3%、総務費が12.7%となっております。平成18年度との比較では、民生費が2.8%、公債費が0.2%、総務費が8.9%の増となったのに対し、土木費が1.5%の減となっております。
 また、性質別では、人件費が22.3%を占め、次いで物件費が16.2%、扶助費が15.9%、繰出金が13.8%、公債費が13.0%、普通建設事業費が7.9%となっております。平成18年度との比較では、扶助費が6.3%、繰出金が6.8%、公債費が0.3%の増となったのに対し、人件費は0.5%、物件費は1.2%、普通建設事業費は21.0%の減となっております。
 歳出の特色としては、義務的経費は人件費が減少したものの、扶助費の増加に伴い1.7%増加する一方で、投資的経費は東中根高場線稲田高架橋工事等の大規模事業が18年度に完了したことから、21.1%の減となりました。
 普通会計ベースでは、財政構造の弾力性を示す経常収支比率が91.0%で、平成18年度との比較では1.5ポイント低下しております。これは、税制改正等により経常一般財源である市税が大きく増収となったことによるものであります。しかしながら、依然として90%を超えており、人件費の抑制に努めておりますものの、扶助費及び臨時財政対策債や減税補てん債に係る公債費が増加傾向にある一方で、経常一般財源である普通交付税が平成16年度以降大きく減額されており、非常に厳しい状況にあることに変わりはないと認識しております。引き続き行財政改革により経費の節減に努めるとともに、産業の活性化などにより自主財源を確保し、自立的で健全な財政運営を図ってまいりたいと考えております。
 地方公営企業を除く特別会計決算につきましては、17会計合わせまして歳入総額363億2,854万6,000円、歳出総額356億3,841万6,000円で、歳入歳出差引額は6億9,013万円となりますが、繰越明許費繰越額に係る繰越財源5,541万7,000円を差し引いた実質収支額は6億3,471万3,000円であります。平成18年度と比較いたしますと、歳入総額が2.9%の増、歳出総額が3.4%の増となっております。
 特別会計に占める各会計の歳出の割合は、国民健康保険事業会計が34.6%、次いで老人保健事業会計が24.2%、介護保険事業会計が16.6%、公共下水道事業会計が14.6%、区画整理事業会計が8.3%などとなっております。歳出の18年度との比較では、国民健康保険事業会計が9.3%、老人保健事業会計が1.9%、介護保険事業会計が7.9%それぞれ増となったのに対し、公共下水道事業会計が12.1%、区画整理事業会計が0.6%それぞれ減となっております。
 次に、地方公営企業の特別会計であります、議案第88号 平成19年度水道事業会計決算につきましてご説明申し上げます。
 平成20年3月末の水道利用状況につきましては、給水人口が前年度に比べ599人増の15万685人で、給水区域内人口15万5,240人に対する水道普及率は97.07%であります。
 次に、収益的収入及び支出でありますが、水道事業収益は31億6,574万7,000円、水道事業費は30億8,507万3,000円で、消費税精算後の差引当年度純利益は4,506万6,000円であります。
 次に、資本的収入及び支出でありますが、資本的収入が15億2,640万7,000円、資本的支出が25億7,555万8,000円で、配水管布設等の水道施設整備に要する建設改良費及び現有施設建設に要した企業債の償還金等が主なものであります。
 なお、これらの財源は自己財源、企業債、他会計負担金等であります。
 特別会計の決算につきましては、各会計ともそれぞれの目的に沿った適切な執行に努めたところでありますが、厳しい財政状況を勘案し、なお一層効率的な運営に努力してまいる所存であります。
 以上が平成19年度一般会計及び特別会計決算の概要でありますが、詳細につきましては決算書、決算事項別明細書、実質収支に関する調書、財産に関する調書及び決算説明資料等をご参照願いたいと存じます。
 次に、議案第89号から議案第91号までの平成20年度各会計補正予算についてご説明申し上げます。
 まず、議案第89号 平成20年度一般会計補正予算第2号につきましては、予算総額に8,316万6,000円を追加し、433億5,156万2,000円と定めようとするものであります。
 歳出の主な内容につきましては、総務費は、総務管理費において茨城県次世代エネルギーパーク推進協議会負担金を追加するとともに、湊鉄道線振興基金を活用し、湊鉄道線の環境整備を図るための補助金を追加しようとするものであります。また、徴税費において地方税電子化協議会負担金を追加しようとするものであります。
 民生費につきましては、社会福祉費において地域活動支援センター1カ所が障害福祉サービス事業所に移行したことに伴い、地域活動支援センター運営補助金を減額するとともに、障害福祉通所系サービスの報酬単価の引き上げ、及び障害者自立支援法施行令の一部改正に伴う利用者負担の見直し等により、障害福祉サービス費助成を増額しようとするものであります。また、児童福祉費において、新たに県補助により、妊婦や乳幼児の保護者に対して身近な保育園がきめ細かな子育て支援を行うため、民間保育所マイ保育園登録事務費補助金を追加するとともに、3人以上の子供を持つ世帯に対して第3子以降の3歳未満児の保育料を軽減する、いばらき3人っこ家庭応援事業実施のため財源補正をしようとするものであります。
 土木費につきましては、都市計画費において下水道事業に係る市債の増額に伴い、公共下水道事業特別会計への繰出金を減額しようとするものであります。
 教育費につきましては、教育総務費において研究指定校事業費を増額しようとするものであります。また、小学校費及び中学校費において、学校施設の耐震化を進めるため、耐震診断委託料を追加しようとするものであります。さらに、社会教育費において、民間学童クラブに対する県補助単価等の見直しに伴い、放課後児童対策事業委託料を増額しようとするものであります。
 歳入につきましては、歳出補正予算との関連等において、国庫支出金、県支出金、特別会計繰入金、基金繰入金、前年度繰越金を増額し、分担金及び負担金を減額しようとするものであります。
 次に、議案第90号 平成20年度介護保険事業特別会計補正予算第1号につきましては、保険事業勘定の予算総額に1億5,195万9,000円を追加し、65億321万3,000円と定めようとするものであります。
 歳出につきましては、平成19年度の事業費の確定に伴い、介護給付費準備基金積立金、国県支出金返還金、介護給付費交付金返還金、地域支援事業支援交付金返還金及び一般会計への繰出金を増額しようとするものであります。
 歳入につきましては、歳出補正予算との関連において、前年度繰越金を増額しようとするものであります。
 次に、議案第91号 平成20年度公共下水道事業特別会計補正予算第1号につきましては、歳入予算の財源を組みかえるとともに、地方債を補正しようとするものであります。
 歳入につきましては、市債を増額し、一般会計繰入金を減額しようとするものであります。
 地方債につきましては、公共下水道及び流域下水道の資本費平準化債を増額しようとするものであります。
 次に、条例その他の一般議案につきましてご説明申し上げます。
 まず、議案第92号 ひたちなか市職員の公益法人等への派遣等に関する条例の一部を改正する条例制定につきましては、公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律の改正に伴い、条例中の「公益法人」を「公益的法人」に改めようとするものであります。
 次に、議案第93号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例等の一部を改正する条例制定につきましては、地方自治法の改正に伴い、関係する条例中の「議員の報酬」について、名称を「議員報酬」に改めるとともに、引用している条項を改正しようとするものであります。
 次に、議案第94号 ひたちなか市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例制定につきましては、市営住宅の入居者及び周辺住民の生活の安全確保等を目的として、入居資格の規定に「暴力団員でないこと」、明け渡し請求の該当要件に「入居者又は同居者が暴力団員であることが判明したとき」をそれぞれ加えようとするものであります。
 次に、議案第95号 ひたちなか市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例制定につきましては、スポーツ振興法の改正に伴い、本条例で引用している条項の改正をしようとするものであります。
 次に、議案第96号 市道路線の認定及び廃止につきましては、市道認定時の錯誤等による2路線の廃止及び認定であります。
 次に、議案第97号 ひたちなか市土地開発公社定款の変更につきましては、民法及び公有地の拡大の推進に関する法律の改正などに伴い、監事の職務について本定款で引用している法律及び条項を改めるなど、所要の改正をしようとするものであります。
 以上、慎重審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願いを申し上げます。
○打越浩 議長  ただいま議題となっています議案第70号ないし議案第97号、以上28件に対
する質疑は12日に予定しています。質疑は通告されますよう、議会運営にご協力をお願いします。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第7 休会の件
○打越浩 議長  日程第7休会の件を議題とします。
 お諮りします。会議規則第10条第2項の規定により、あす4日から9日までの6日間は議案調査等のため休会としたいと思います。異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○打越浩 議長  異議なしと認め、あす4日から9日までの6日間は休会とすることに決定しました。
 以上で、本日の日程は全部終了しました。本日はこれをもちまして散会します。
          午前10時30分 散会