議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 ひたちなか市

平成20年第 3回 7月臨時会−07月24日-付録




平成20年第 3回 7月臨時会

△議案の提出について
  平成20年7月24日

ひたちなか市議会
議長 打 越   浩 殿

                            議会運営委員会
                            委員長 後 藤 正 美

                 議案の提出について

 次の議案を、別紙のとおり地方自治法第109条の2第5項及び会議規則第14条第2項の規定により提出します。

                     記

1.議案番号及び件名
  議案第69号 ひたちなか市農業委員会委員の推薦について


議案第69号

            ひたちなか市農業委員会委員の推薦について

 農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号)第12条第2号の規定により、ひたちなか市農業委員会委員に次の者を推薦するものとする。

                     記

1.推薦する人数   3人
2.氏名・住所等
  ┌─────────┬───────────┬──────────────────┐
  │ 氏     名 │  生 年 月 日  │   住          所   │
  ├─────────┼───────────┼──────────────────┤
  │ 清 水 勝 男 │昭和19年10月 6日│ひたちなか市大字堀口593番地の2 │
  ├─────────┼───────────┼──────────────────┤
  │ 鹿志村 源 七 │昭和17年11月11日│ひたちなか市大字稲田176番地   │
  ├─────────┼───────────┼──────────────────┤
  │ 黒 澤 靖 英 │昭和18年 3月14日│ひたちなか市部田野842番地    │
  └─────────┴───────────┴──────────────────┘

 平成  年  月  日 議決


 ひたちなか市農業委員会委員に推薦される 清 水 勝 男 氏の主な経歴は次のとおりである。

                     記

1.氏  名  清 水 勝 男(しみず かつお)
2.生年月日  昭和19年10月 6日
3.本  籍  茨城県ひたちなか市
4.現 住 所  ひたちなか市大字堀口593番地の2
5.職  業  農 業
6.公 職 歴  な し

 ひたちなか市農業委員会委員に推薦される 鹿志村 源 七 氏の主な経歴は次のとおりである。

                     記

1.氏  名  鹿志村 源 七(かしむら げんしち)
2.生年月日  昭和17年11月11日
3.本  籍  茨城県ひたちなか市
4.現 住 所  ひたちなか市大字稲田176番地
5.職  業  農 業
6.公 職 歴  ひたちなか市農業委員会委員
        (平成14年8月5日就任、現在に至る。)

 ひたちなか市農業委員会委員に推薦される 黒 澤 靖 英 氏の主な経歴は次のとおりである。

                     記

1.氏  名  黒 澤 靖 英(くろさわ やすひで)
2.生年月日  昭和18年3月14日
3.本  籍  茨城県ひたちなか市
4.現 住 所  ひたちなか市部田野842番地
5.職  業  農 業
6.公 職 歴  ひたちなか市農業委員会委員
        (平成17年8月5日就任、現在に至る。)


┌──────┐
│ 参考法令 │
└──────┘
              農業委員会等に関する法律(抜粋)
(選任による委員)
第12条 市町村長は,選挙による委員のほか,次の各号に掲げる者を委員として選任しなければならない。
1 農林水産省令で定める農業協同組合,農業共済組合及び土地改良区がそれぞれ推薦した理事(経営管理委員を置く農業協同組合にあっては,理事又は経営管理委員)又は組合員各1人
2 当該市町村の議会が推薦した農業委員会の所掌に属する事項につき学識経験を有する者4人(条例でこれより少ない人数を定めている場合にあっては,その人数)以内

               地 方 自 治 法(抜粋)
第96条 普通地方公共団体の議会は,次に掲げる事件を議決しなければならない。
(15) その他法律又はこれに基づく政令(これらに基づく条例を含む。)により議会の権限に属する事項

               農業委員推薦の方法について
 議案として発議するものであるが,それまでの過程としては法令上の制限はなく,指名推選,投票いずれの方法でもよいが,投票の場合でも地方自治法第118条(投票による選挙・指名推選及び投票の効力の異議)の規定の適用はない。