議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 ひたちなか市

平成18年第 4回12月定例会−12月21日-付録




平成18年第 4回12月定例会

△議会活動概況報告書
  議会活動概況報告書

 平成18年第3回市議会9月定例会以降の議会活動は,次のとおりであった。

       (平成18年9月22日〜平成18年12月6日)
┌─┬────┬────────────────────────────────┐
│月│  日  │       概                 要       │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│9│   22│議会運営委員会開催                       │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │ 24〜1│茨城県市議会議長会海外行財政調査(オセアニア)議長参加     │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   25│議会だより編集委員会開催                    │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   26│行財政改革推進特別委員会開催                  │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │ 27〜29│政友クラブ行政調査(北海道網走市,中標津町)          │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│10│   3│茨城県東海地区環境放射線監視委員会(水戸市)議長出席      │
│ │    ├────────────────────────────────┤
│ │    │埼玉県足立北部正副議長会来訪                  │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │  4〜7│公明党議員団行政調査(北海道函館市,青森県むつ市)       │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   11│平成17年度決算審査特別委員会開催                │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   13│平成17年度決算審査特別委員会開催                │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   17│平成17年度決算審査特別委員会開催                │
│ │    ├────────────────────────────────┤
│ │    │茨城県市議会議長会定例会(日立市)議長出席           │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   18│平成17年度決算審査特別委員会開催                │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   23│平成17年度決算審査特別委員会開催                │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   24│県北鹿行市議会議長会定例会(潮来市)議長出席          │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   26│行財政改革推進特別委員会開催                  │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   26│関東市議会議長会理事会(栃木県宇都宮市)議長出席        │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │ 27〜28│自民クラブ行政調査(栃木県那須塩原市)             │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   30│平成17年度決算審査特別委員会開催                │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   31│広域都市行政調査特別委員会開催                 │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│11│  1〜2│茨城県市議会議長会議員研修会(土浦市)             │
│ │    │井坂議員,西野宮議員,横須賀議員,樋之口議員,薄井議員参加   │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   9│全国市議会議長会評議員会(東京都千代田区)議長出席       │
│ │    ├────────────────────────────────┤
│ │    │議会だより編集委員会開催                    │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   16│全国市議会議長会基地協議会理事会(東京都千代田区)議長出席   │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   17│全国市議会議長会基地協議会関東支部総会(埼玉県狭山市)議長出席 │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   24│全員協議会開催                         │
│ │    ├────────────────────────────────┤
│ │    │会派代表者会議開催                       │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   27│行財政改革推進特別委員会開催                  │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   28│環境対策調査特別委員会開催                   │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   29│ひたちなか・東海行政連絡協議会及びひたちなか地区開発整備推進協 │
│ │    │議会合同中央要望(東京都千代田区,神奈川県横浜市)議長出席   │
│ │    ├────────────────────────────────┤
│ │    │首都圏都市開発区域関係都市協議会要望活動(東京都千代田区)議長 │
│ │    │出席                              │
│ │    ├────────────────────────────────┤
│ │    │茨城県高速道路ネットワーク実現大会・要望(東京都千代田区)副議 │
│ │    │長出席                             │
├─┼────┼────────────────────────────────┤
│ │   30│議会運営委員会開催                       │
│ │    ├────────────────────────────────┤
│ │    │大韓民国尚州市議会来訪                     │
└─┴────┴────────────────────────────────┘


△議案付託表

 平成18年第4回ひたちなか市議会12月定例会議案付託表

〇総務委員会〔平成18年12月18日(月)午前10時開議、議事堂全員協議会室〕
  議案第128号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳入全款、歳出中第1款議会費、第2款総務費(第10項住民基本台帳費を除く)、第9款消防費、第2条第2表債務負担行為補正、第3条第3表地方債補正
  議案第135号 ひたちなか市消防機関設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について
  議案第136号 ひたちなか市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例制定について
  議案第137号 ひたちなか市消防団員の定員,任免,給与,服務等に関する条例の一部を改正する条例制定について
  議案第138号 ひたちなか市火災予防条例の一部を改正する条例制定について
  議案第141号 土地の処分について

〇文教福祉委員会〔平成18年12月18日(月)午前10時開議、議事堂第2委員会室〕
  議案第128号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳出中第3款民生費、第4款衛生費中第1項保健衛生費中第1目保健衛生総務費、第5目予防費、第5款労働費、第10款教育費
  議案第139号 茨城県後期高齢者医療広域連合設置に関する協議について

〇経済生活委員会〔平成18年12月18日(月)午前10時開議、議事堂第3委員会室〕
  議案第128号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳出中第2款総務費中第10項住民基本台帳費、第4款衛生費(第1項保健衛生費中第1目保健衛生総務費、第5目予防費を除く)、第6款農林水産業費、第7款商工費
  議案第132号 平成18年度ひたちなか市水道事業会計補正予算(第2号)

〇都市建設委員会〔平成18年12月18日(月)午前10時開議、議事堂第4委員会室〕
  議案第128号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳出中第8款土木費
  議案第129号 平成18年度水戸・勝田都市計画ひたちなか市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
  議案第130号 平成18年度水戸・勝田都市計画事業東部第2土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
  議案第131号 平成18年度水戸・勝田都市計画事業第一田中後土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
  議案第133号 ひたちなか市手数料条例の一部を改正する条例制定について
  議案第134号 ひたちなか市都市計画法の規定による開発行為の許可等の基準に関する条例制定について
  議案第140号 東中根高場線道路改良工事(18国補緊道第1号―1)請負変更契約の締結について
  議案第142号 市道路線の認定及び廃止について


△陳情文書表

 陳情文書表
                          平成18年ひたちなか市議会12月定例会
 ┌──────┬───────────────────┬─────────┬─────┐
 │ 受  理 │                   │         │     │
 ├──┬───┤     件  名  要  旨     │ 住 所 氏 名 │付託委員会│
 │番号│年月日│                   │         │     │
 ├──┼───┼───────────────────┼─────────┼─────┤
 │  │   │ 安全でゆきとどいた地域医療を実現  │         │     │
 │ 陳 │ H │ するための医師・看護師の大幅増員  │東茨城郡茨城町  │ 文教福祉 │
 │ 情 │ 18 │ を求めることについて        │     谷田部295│     │
 │ 第 │ ・ │                   │県民要求実現茨城共│     │
 │ 34 │ 11 │ いま地域医療は、病院勤務医の減少によ│同運動連絡会   │     │
 │ 号 │ ・ │る産科・小児科診療の縮小などで深刻な事│会長 桜井 和夫 │     │
 │  │ 20 │態に直面している。医師・看護師を大幅に│      外1名│     │
 │  │   │増やし、安全でゆきとどいた医療・看護を│         │     │
 │  │   │実現することは、国民的な緊急課題である。│         │     │
 │  │   │ 医師に関しては、全国の6分の1の病院│         │     │
 │  │   │が、医療法に規定された人数を満たせない│         │     │
 │  │   │深刻な事態となっており、全国各地で救急│         │     │
 │  │   │医療や産婦人科・小児科などでの供給体制│         │     │
 │  │   │の悪化や地域偏在が起こっている。茨城県│         │     │
 │  │   │でも各地域で同様の問題が顕在化しており│         │     │
 │  │   │、住民の不安が広がっている。     │         │     │
 │  │   │ 看護職員の実態も、極端に少ない人員配│         │     │
 │  │   │置の下で、仕事に追われ、満足な医療・看│         │     │
 │  │   │護ができず、健康破壊も深刻な状況である。│         │     │
 │  │   │ この背景には、医療従事者の配置基準が│         │     │
 │  │   │長年低いままで据え置かれ、さらに入院日│         │     │
 │  │   │数の短縮化や医療の高度化によって、業務│         │     │
 │  │   │量の増加と濃密化が急激に進んでいること│         │     │
 │  │   │があげられる。医療現場の声を受けて今春│         │     │
 │  │   │から新たな看護基準が設けられたものの、│         │     │
 │  │   │その基準の取得をめざした看護師確保競争│         │     │
 │  │   │が激化し、結果的には地域医療を担う病院│         │     │
 │  │   │の体制悪化につながっている。医療の現場│         │     │
 │  │   │はもはや限界であり、安全・安心の地域医│         │     │
 │  │   │療の上からも人員増は緊急課題である。 │         │     │
 │  │   │ こうした趣旨から、下記事項について、│         │     │
 │  │   │政府に対する意見書を提出されるよう陳情│         │     │
 │  │   │する。                │         │     │
 │  │   │                   │         │     │
 │  │   │1.安心でゆきとどいた医療・看護を実現│         │     │
 │  │   │するために、医師・看護師を大幅に増員す│         │     │
 │  │   │ること。               │         │     │
 │  │   │2.そのために需給計画の見直しと増員に│         │     │
 │  │   │必要な法的・制度的な整備、診療報酬その│         │     │
 │  │   │他での財政措置を行うこと。      │         │     │
 └──┴───┴───────────────────┴─────────┴─────┘

 ┌──────┬───────────────────┬─────────┬─────┐
 │ 受  理 │                   │         │     │
 ├──┬───┤     件  名  要  旨     │ 住 所 氏 名 │付託委員会│
 │番号│年月日│                   │         │     │
 ├──┼───┼───────────────────┼─────────┼─────┤
 │  │   │ 住民の暮らしを守り、公共サービス  │         │     │
 │ 陳 │ H │ 拡充を求めることについて      │東茨城郡茨城町  │ 総  務 │
 │ 情 │ 18 │                   │     谷田部295│     │
 │ 第 │ ・ │ 5年あまりの「構造改革」は国民の「安│県民要求実現茨城共│     │
 │ 35 │ 11 │心・安全」を破壊し、個人間、地域間、企│同運動連絡会   │     │
 │ 号 │ ・ │業間などあらゆる分野で「格差」を拡大し│会長 桜井 和夫 │     │
 │  │ 20 │ている。同時に、三位一体改革の名による│      外1名│     │
 │  │   │地方交付税の削減が「地方切り捨て」を象│         │     │
 │  │   │徴している。             │         │     │
 │  │   │ 「骨太方針2006」では、「構造改革│         │     │
 │  │   │」のさらなる推進にむけ、歳出・歳入一体│         │     │
 │  │   │改革の名のもとで、地方財政や社会保障費│         │     │
 │  │   │の一層の削減、労働諸法制をはじめとする│         │     │
 │  │   │社会的規制の緩和、公共サービスの市場化│         │     │
 │  │   │・民営化を打ち出し、一方では、大企業の│         │     │
 │  │   │成長力・競争力強化が強調されている。 │         │     │
 │  │   │ 国の責務は、大企業の経済活動最優先の│         │     │
 │  │   │諸施策を打ち出すのではなく、貧困層の増│         │     │
 │  │   │大や「格差」を是正するために、大企業・│         │     │
 │  │   │資産家優遇の不公平税制の是正、社会保障│         │     │
 │  │   │の充実など所得再配分機能を強化すること│         │     │
 │  │   │である。               │         │     │
 │  │   │ こうした趣旨から、下記事項について、│         │     │
 │  │   │政府に対する意見書を提出されるよう陳情│         │     │
 │  │   │する。                │         │     │
 │  │   │                   │         │     │
 │  │   │ 1.地方自治体が果たすべき役割である│         │     │
 │  │   │地域住民を守るために、必要な地方財源で│         │     │
 │  │   │ある地方交付税の財源保障機能を守り、人│         │     │
 │  │   │口・面積による基準で削減する新型交付税│         │     │
 │  │   │制度を導入しないこと。        │         │     │
 │  │   │ 2.医療、教育、福祉などの公共サービ│         │     │
 │  │   │スの水準を維持・向上させるため、機械的│         │     │
 │  │   │な公務員の削減や企業の利潤追求の場とす│         │     │
 │  │   │る市場化テストなどの「規制改革・民間開│         │     │
 │  │   │放」、国の出先機関の統廃合などは行わな│         │     │
 │  │   │いこと。               │         │     │
 │  │   │ 3.「格差社会」の是正を図るために、│         │     │
 │  │   │社会保障制度を充実すること。また、消費│         │     │
 │  │   │税などの増税を行わず、大企業・大金持ち│         │     │
 │  │   │優遇税制を是正し、応能課税を行うこと。│         │     │
 │  │   │ 4.地域住民の合意と納得を得ない郵便│         │     │
 │  │   │の集配局の廃止再編は行わず、また現在の│         │     │
 │  │   │集配機能を維持すること。       │         │     │
 └──┴───┴───────────────────┴─────────┴─────┘

△決算審査特別委員会審査報告書
  平成18年12月7日

ひたちなか市議会
議 長 面 澤 義 昌 殿

                         平成17年度決算審査特別委員会
                         委 員 長 鈴 木 勝 夫

            平成17年度決算審査特別委員会審査報告書

 本委員会に付託された議案は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。

                     記

1 議案番号及び件名
  議案第 94号 平成17年度ひたちなか市一般会計決算認定について
  議案第 95号 平成17年度ひたちなか市国民健康保険事業特別会計決算認定について
  議案第 96号 平成17年度ひたちなか市老人保健事業特別会計決算認定について
  議案第 97号 平成17年度ひたちなか市介護保険事業特別会計決算認定について
  議案第 98号 平成17年度水戸・勝田都市計画ひたちなか市公共下水道事業特別会計決算認定について
  議案第 99号 平成17年度勝田駅東口地区市街地再開発事業特別会計決算認定について
  議案第100号 平成17年度水戸・勝田都市計画事業東部第1土地区画整理事業特別会計決算認定について
  議案第101号 平成17年度水戸・勝田都市計画事業東部第2土地区画整理事業特別会計決算認定について
  議案第102号 平成17年度水戸・勝田都市計画事業佐和駅中央土地区画整理事業特別会計決算認定について
  議案第103号 平成17年度水戸・勝田都市計画事業佐和駅東土地区画整理事業特別会計決算認定について
  議案第104号 平成17年度水戸・勝田都市計画事業武田土地区画整理事業特別会計決算認定について
  議案第105号 平成17年度水戸・勝田都市計画事業第一田中後土地区画整理事業特別会計決算認定について
  議案第106号 平成17年度水戸・勝田都市計画事業阿字ヶ浦土地区画整理事業特別会計決算認定について
  議案第107号 平成17年度ひたちなか市農業集落排水事業特別会計決算認定について
  議案第108号 平成17年度ひたちなか市奨学資金特別会計決算認定について
  議案第109号 平成17年度ひたちなか市地方卸売市場事業特別会計決算認定について
  議案第110号 平成17年度ひたちなか市墓地公園事業特別会計決算認定について
  議案第111号 平成17年度ひたちなか市公共用地先行取得事業特別会計決算認定について
  議案第112号 平成17年度ひたちなか市水道事業会計決算認定について
  議案第113号 ひたちなか市ホテルニュー白亜紀事業欠損金の資本剰余金による処理について
  議案第114号 平成17年度ひたちなか市ホテルニュー白亜紀事業会計決算認定について

2 議決の結果
  次の意見をつけ、議案第94号ないし議案第112号、議案第114号以上20件は認定すべきもの、議案第113号は可決すべきものとする。

3 意見
  (1)違法と認める事項   なし
  (2)不当と認める事項   なし
  (3)特に留意すべき事項
   「一般会計について」
    ア 市税については、歳入の確保、公平性の観点から納税意識の高揚、相談体制の充実など徴収力強化を図り、滞納整理に効果的な対策を講じるとともに、不納欠損額の処理にあたっては十分注意され、さらなる収納率向上に努められたい。
    イ 受益者負担である使用料及び手数料の滞納については、適切な措置と対策を図り徴収に努力をされたい。
    ウ 施設管理業務等の委託にあたっては、金額など契約の妥当性を点検し、適正な執行に努められたい。
    エ 各種団体に対する補助金・助成金・負担金については、事業目的、成果、団体の収支状況等を精査し、徹底した見直しにより適切な執行を図られたい。
    オ 「三位一体改革」の影響等により市の財政状況は極めて厳しく、事務事業の執行にあたっては、従来の固定観念にとらわれず、費用対効果及び受益者負担の原則を常に検証・評価し、効率よい執行に努められたい。
「特別会計について」
    ア 国保会計などについては、納税意識の高揚を図り、滞納整理に一層の努力をされ、収納率の向上に努められたい。
    イ 公共下水道事業については、財源確保と制度の周知徹底を図り、受益者負担金の滞納整理に特段の努力をされたい。また、普及率の向上とともに水洗化の促進に努められたい。
    ウ 土地区画整理事業の施行については、保留地処分を積極的に進めるなど財源確保に努め、完結間近な事業は集中的に取り組み、早期に完結が図られるよう特段の努力をされたい。
    エ 水道事業については、企業債利息の軽減など引き続き経営の効率化を進め、より一層安全で良質な水道水の供給に努められたい。

△総務委員会審査報告書

  平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            総務委員会
                            委員長 高 崎 修 一

                 総務委員会審査報告書

 本委員会に付託された議案は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。

                     記

1 議案番号及び件名
  議案第128号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳入全款、歳出中第1款議会費、第2款総務費(第10項住民基本台帳費を除く)、第9款消防費、第2条第2表債務負担行為補正、第3条第3表地方債補正
  議案第135号 ひたちなか市消防機関設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について
  議案第136号 ひたちなか市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例制定について
  議案第137号 ひたちなか市消防団員の定員,任免,給与,服務等に関する条例の一部を改正する条例制定について
  議案第138号 ひたちなか市火災予防条例の一部を改正する条例制定について
  議案第141号 土地の処分について

2 議決の結果
  原案のとおり可決すべきものとする。

3 議決の理由
  提案の趣旨及び質疑を通しておおむね妥当であると認める。


△文教福祉委員会審査報告書
  平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            文教福祉委員会
                            委員長 牧 野 米 春

                文教福祉委員会審査報告書

 本委員会に付託された議案は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。

                     記

1 議案番号及び件名
  議案第128号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳出中第3款民生費、第4款衛生費中第1項保健衛生費中第1目保健衛生総務費、第5目予防費、第5款労働費、第10款教育費議案第139号 茨城県後期高齢者医療広域連合設置に関する協議について

2 議決の結果
  原案のとおり可決すべきものとする。

3 議決の理由
  提案の趣旨及び質疑を通しておおむね妥当であると認める。


△経済生活委員会審査報告書
  平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            経済生活委員会
                            委員長 川 崎 三 郎

                経済生活委員会審査報告書

 本委員会に付託された議案は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。

                     記

1 議案番号及び件名
  議案第128号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳出中第2款総務費中第10項住民基本台帳費、第4款衛生費(第1項保健衛生費中第1目保健衛生総務費、第5目予防費を除く)、第6款農林水産業費、第7款商工費
  議案第132号 平成18年度ひたちなか市水道事業会計補正予算(第2号)

2 議決の結果
  原案のとおり可決すべきものとする。

3 議決の理由
  提案の趣旨及び質疑を通しておおむね妥当であると認める。


△都市建設委員会審査報告
  平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            都市建設委員会
                            委員長 深 川 澄 子

                都市建設委員会審査報告書

 本委員会に付託された議案は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。

                     記

1 議案番号及び件名
  議案第128号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳出中第8款土木費
  議案第129号 平成18年度水戸・勝田都市計画ひたちなか市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
  議案第130号 平成18年度水戸・勝田都市計画事業東部第2土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
  議案第131号 平成18年度水戸・勝田都市計画事業第一田中後土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
  議案第133号 ひたちなか市手数料条例の一部を改正する条例制定について
  議案第134号 ひたちなか市都市計画法の規定による開発行為の許可等の基準に関する条例制定について
  議案第140号 東中根高場線道路改良工事(18国補緊道第1号―1)請負変更契約の締結について
  議案第142号 市道路線の認定及び廃止について

2 議決の結果
  原案のとおり可決すべきものとする。

3 議決の理由
  提案の趣旨及び質疑を通しておおむね妥当であると認める。

△陳情の審査報告書
  平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            総務委員会
                            委員長 高 崎 修 一

                  陳情の審査報告書

 本委員会に付託された陳情を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第136条第1項の規定により報告します。

                     記

┌──────┬───────┬────────┬───────┬───────┐
│  受 理  │       │  陳情者の  │  委員会の  │       │
├──┬───┤  件 名  │        │       │ 審査の結果 │
│番号│年月日│       │  住所・氏名  │   意見   │       │
├──┼───┼───────┼────────┼───────┼───────┤
│ 陳 │ H │中国における法│東京都足立区  │地方議会の議論│不採択とすべき│
│ 情 │ 18 │輪功学習者の臓│谷在家1−18−1 │になじまないた│ものとする。 │
│ 第 │ ・ │器摘出の実態調│特定非営利活動法│め、不採択とす│       │
│ 33 │ 6 │査を求めること│人       │る。     │       │
│ 号 │ ・ │について   │日本法輪大法学会│       │       │
│  │ 27 │       │代表 鶴薗 雅章│       │       │
└──┴───┴───────┴────────┴───────┴───────┘


△請願・陳情の審査報告書
  平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            経済生活委員会
                            委員長 川 崎 三 郎

                請願・陳情の審査報告書

 本委員会に付託された請願・陳情を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第136条第1項の規定により報告します。

                     記

┌──────┬───────┬───────┬─────┬──────┬─────┐
│  受 理  │       │  陳情者の  │ 委員会の │      │     │
├──┬───┤  件 名  │       │     │ 審査の結果 │ 措 置 │
│番号│年月日│       │ 住所・氏名 │  意見  │      │     │
├──┼───┼───────┼───────┼─────┼──────┼─────┤
│ 陳 │ H │公契約法の制定│ひたちなか市 │願意を妥当│採択すべきも│意見書を提│
│ 情 │ 17 │についての意見│  幸町14−16│と認める。│のとする。 │出する。 │
│ 第 │ ・ │書提出を求める│ひたちなか市 │     │      │     │
│ 26 │ 4 │ことについて │ 湊建築業組合│     │      │     │
│ 号 │ ・ │       │委員長    │     │      │     │
│  │ 8 │       │ 八文字 敏郎│     │      │     │
│  │   │       │    外1名│     │      │     │
└──┴───┴───────┴───────┴─────┴──────┴─────┘

┌──────┬───────┬───────┬─────┬──────┬─────┐
│  受 理  │       │  請願者の  │     │ 委員会の │     │
├──┬───┤  件 名  │       │ 紹介議員 │      │審査の結果│
│番号│年月日│       │ 住所・氏名 │     │  意見  │     │
├──┼───┼───────┼───────┼─────┼──────┼─────┤
│ 請 │ H │米国産牛肉の輸│ひたちなか市 │ 井坂 章 │国においては│不採択とす│
│ 願 │ 18 │入に抗議し、B│  津田2718−2│     │対策が取られ│べきものと│
│ 第 │ ・ │SEの万全な対│食とみどり・水│     │ており、厳し│する。  │
│ 32 │ 6 │策を求めること│を守るひたちな│     │い検査が行わ│     │
│ 号 │ ・ │について   │か市民の会  │     │れていること│     │
│  │ 9 │       │代表     │     │から、不採択│     │
│  │   │       │  益子 茂 │     │とする。  │     │
└──┴───┴───────┴───────┴─────┴──────┴─────┘

△閉会中の継続審査申出書

  平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            総務委員会
                            委員長 高 崎 修 一

                閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、次のとおり閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

                     記

1 件 名
  陳情第35号 住民の暮らしを守り、公共サービス拡充を求めることについて

2 理 由
  慎重審査の上結論を出したい。


                                 平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            文教福祉委員会
                            委員長 牧 野 米 春

                閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、次のとおり閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

                     記

1 件 名
  請願第24号 社会保障制度の抜本改革を求めることについて
  陳情第34号 安全でゆきとどいた地域医療を実現するための医師・看護師の大幅増員を
求めることについて

2 理 由
  慎重審査の上結論を出したい。


                                 平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            都市建設委員会
                            委員長 深 川 澄 子

                閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、次のとおり閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

                     記

1 件 名
  陳情第31号 はしかべ地区水害防災に関することについて

2 理 由
  慎重審査の上結論を出したい。


△閉会中の継続調査申出書
  平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            文教福祉委員会
                            委員長 牧 野 米 春

                閉会中の継続調査申出書

 本委員会は、所管事務のうち次の事件について、閉会中の継続調査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

                     記

1 事 件
  (1)教育の今日的課題について
2 期 限
  平成18年12月22日〜平成19年2月28日


                                 平成18年12月21日

ひたちなか市議会
議長 面 澤 義 昌 殿

                            議会運営委員会
                            委員長 薄 井 賢 司

                閉会中の継続調査申出書

 本委員会は、所管事務のうち次の事件について、閉会中もなお継続して調査を要するものと決定したので、会議規則第104条の規定により申し出ます。

                     記

1 件 名
  (1) 議会運営に関する事項
  (2) 議会の会議規則、委員会条例等に関する事項
  (3) 議長の諮問に関する事項
2 理 由
  円滑な議会運営を図るため。

△議案の提出について
  平成18年12月21日

 ひたちなか市議会
 議長 面 澤 義 昌 殿

                   提出者 ひたちなか市議会議員 川 崎 三 郎
                   賛成者      〃     木 村 時 郎
                    〃       〃     山 本   繁
                    〃       〃     打 越   浩
                    〃       〃     山 田 雅 則
                    〃       〃     清水 伝吾兵衛
                    〃       〃     吉 田   実

                 議案の提出について

 次の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

                     記

1.議案番号及び件名
  議案第145号 公共工事における賃金等確保法(公契約法)の制定を求める意見書提出について


       公共工事における賃金等確保法(公契約法)の制定を求める意見書

 今日,デフレ経済のもと建設投資全体が落ち込み,ダンピング受注競争も激しく,公正な元下取引の最低ルール(書面契約)さえ無視され,指値発注が蔓延し,建設現場で働く職人や労働者の労働条件・賃金が大きく切り下がり,生活危機がさらに深刻化している。
 生活していくための賃金・労働条件が「市場任せ」に放置されるのではなく,とりわけ公共工事の現場において,現場で汗して働く建設労働者の最低限の生活をささえる賃金,労働条件が確保されることがどうしても必要と考える。また,これによって建設産業の健全な発展と公共工事を含む建設生産が適正に行われる条件となることが期待されている。
1949年ILO(国際労働機関)で「公契約における労働条項に関する条約」が決議されており,この趣旨を生かした公共工事におけるルールが必要である。
 すでに「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」が全会一致で成立し,参議院で「地域の雇用と経済をささえる優良な中小・中堅建設業者の受注機会が確保されるよう配慮するとともに,建設労働者の賃金,労働条件の確保が適切に行なわれるよう努めること」の附帯決議も採択されている。
 よって政府においては,生活するための建設労働者の賃金を,資材や商品と同じ市場にならべるのではなく,賃金を底支えする制度となる「公共工事における賃金等確保法」(公契約法)の制定を検討するよう強く要望する。

以上,地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成18年12月21日
                                    ひたちなか市議会

内閣総理大臣
総務大臣
厚生労働大臣    あて
国土交通大臣
衆議院議長
参議院議長

△常任委員会名簿
        ひたちなか市議会常任委員会名簿

                           平成18年12月7日
 ┌───────┬───────────────────┬──────┐
 │ 常任委員会名 │   常  任  委  員  名   │ 委員定数 │
 ├───────┼───────────────────┼──────┤
 │総務委員会  │ ◎高 崎 修 一 ○横須賀 すみ子 │  7人  │
 │       │  薄 井 賢 司  鈴 木 勝 夫 │      │
 │       │  面 澤 義 昌  山 中 輝 夫 │      │
 │       │  安   雄 三          │      │
 ├───────┼───────────────────┼──────┤
 │文教福祉委員会│ ◎牧 野 米 春 ○井 坂   章 │  7人  │
 │       │  後 藤 正 美  永 井 利 男 │      │
 │       │  樋之口 英 嗣  住 谷 勝 男 │      │
 │       │  栗 原   昭          │      │
 ├───────┼───────────────────┼──────┤
 │経済生活委員会│ ◎川 崎 三 郎 ○木 村 時 郎 │  7人  │
 │       │  山 本   繁  打 越   浩 │      │
 │       │  山 田 雅 則  清水 伝吾兵衛 │      │
 │       │  吉 田   実          │      │
 ├───────┼───────────────────┼──────┤
 │都市建設委員会│ ◎深 川 澄 子 ○西野宮 照 男 │  7人  │
 │       │  佐 藤 良 元  高 橋   康 │(現員6人)│
 │       │  磯 前 勝 一  吉 原 桂 一 │      │
 └───────┴───────────────────┴──────┘
                           ◎委員長 ○副委員長


△特別委員会の設置
 特別委員会の設置
                                    平成16年3月22日 設置
                                    (平成18年12月7日)
┌───┬──────────────┬──────────────┬──────────────┐
│ 名称 │行財政改革推進特別委員会  │広域都市行政調査特別委員会 │環境対策調査特別委員会   │
├───┼──────────────┼──────────────┼──────────────┤
│ 付 │              │              │              │
│ 託 │(1)行財政改革に関すること│(1)ひたちなか地区に関する│(1)自然環境に関すること │
│ 事 │(2)議会改革に関すること │  こと          │(2)生活環境に関すること │
│ 項 │              │(2)広域行政に関すること │(3)都市環境に関すること │
│   │              │(3)観光振興に関すること │              │
├───┼──────────────┼──────────────┼──────────────┤
│ 調 │              │              │              │
│ 査 │ 当委員会は、議会の閉会中も│ 当委員会は、議会の閉会中も│ 当委員会は、議会の閉会中も│
│ 期 │継続して活動できるものとし、│継続して活動できるものとし、│継続して活動できるものとし、│
│ 間 │本件の調査終了まで継続して調│本件の調査終了まで継続して調│本件の調査終了まで継続して調│
│   │査を行うものとする。    │査を行うものとする。    │査を行うものとする。    │
├───┼──────────────┼──────────────┼──────────────┤
│ 設 │              │              │              │
│   │ 地方分権の進展に伴い、自己│ 国際港湾公園都市としてふさ│ 県下有数の工業都市として、│
│ 置 │責任のもと、自主性・自立性の│わしい魅力的な都市づくりを実│かつ、水産都市として着実に発│
│   │あるまちづくりを一層推進して│現するために、その核となるひ│展してきた本市は、法令に基づ│
│ 理 │いかなければならない。それと │たちなか地区開発に主体的・積│く諸施策により大気や水質など│
│   │ともに、新たな行政課題や多様│極的に関わり、開発の促進とあ│環境悪化の克服、公害防止の取│
│ 由 │化する市民ニーズに的確かつ柔│わせて、魅力ある資源を有効に│り組みに努めてきた。    │
│   │軟に対応するためのシステムづ│活用した観光振興を推し進めて│ 近年の大量生産・大量消費・│
│   │くり、行財政改革の取り組みが│いく必要がある。       │大量廃棄といった社会経済活動│
│   │急務である。本市における行財│ また、交通体系の整備に伴っ│の定着に伴い、日常生活におけ│
│   │政環境は極めて厳しい状況にお│て、生活圏の拡大・広域化が進│る環境負荷は増大し、従来の事│
│   │かれており、効率的・弾力的な│み、一自治体の政策で対応でき│案対処行政では対応できなくな│
│   │行財政運営の確立に向け、調査│ない課題も多く見られるように│っている。海と自然・史跡に恵│
│   │・研究する必要がある。また、│なった。このため広域的な視点│まれた循環型社会の構築に向け│
│   │議会自らもこれら時代の要請に│に立った施策について、全国的│て、調査・研究する必要がある│
│   │的確に対応するため、調査・研│な合併の動向を踏まえ調査・研│。              │
│   │究をする必要がある。     │究する必要がある。     │              │
├───┼──────────────┼──────────────┼──────────────┤
│ 委 │              │              │              │
│   │◎住谷 勝男 ○西野宮照男 │◎山田 雅則 ○永井 利男 │◎後藤 正美 ○牧野 米春 │
│ 員 │ 樋之口英嗣  木村 時郎 │ 高崎 修一  横須賀すみ子│ 井坂  章  深川 澄子 │
│   │ 山本  繁  打越  浩 │ 川崎 三郎  鈴木 勝夫 │ 薄井 賢司  佐藤 良元 │
│ 名 │ 高橋  康  栗原  昭 │ 山中 輝夫  安  雄三 │ 清水伝吾兵衛 吉田  実 │
│   │ 吉原 桂一        │ 磯前 勝一        │              │
│   │       (定数 9人)│       (定数 9人)│       (定数 8人)│
└───┴──────────────┴──────────────┴──────────────┘
                                        ◎委員長 ○副委員長