議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 ひたちなか市

平成18年第 3回 9月定例会−09月22日-05号




平成18年第 3回 9月定例会

           平成18年第3回ひたちなか市議会9月定例会

                議事日程(第 5 号)

                          平成18年9月22日午前10時開議
日程第1 諸報告
日程第2 議案第115号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第1号)
             ないし
     議案第126号 高場雨水1号幹線JR横断工事委託事業に関する協定の締結について
             (以上12件、委員長報告、質疑、討論、採決)
日程第3 陳情第 28号 米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求めることについて
     陳情第 29号 「公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める意見書」提出に関することについて
     陳情第 30号 出資法の上限金利の引き下げを求めることについて
             (報告、質疑、討論、採決)
日程第4 議案第127号 出資法の上限金利の引き下げを求める意見書提出について
             (提案理由の説明、質疑、討論、採決)
日程第5 閉会中の継続審査申し出について
日程第6 閉会中の継続調査申し出について
日程第7 議員派遣の件について
 ─────────────────────────────────────────
〇本日の会議に付した事件
日程第1 諸報告
日程第2 議案第115号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第1号)
             ないし
     議案第126号 高場雨水1号幹線JR横断工事委託事業に関する協定の締結について
             (以上12件、委員長報告、質疑、討論、採決)
日程第3 陳情第 28号 米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求めることについて
     陳情第 29号 「公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める意見書」提出に関することについて
     陳情第 30号 出資法の上限金利の引き下げを求めることについて
             (報告、質疑、討論、採決)
日程第4 議案第127号 出資法の上限金利の引き下げを求める意見書提出について
             (提案理由の説明、質疑、討論、採決)
日程第5 閉会中の継続審査申し出について
日程第6 閉会中の継続調査申し出について
日程第7 議員派遣の件について
 ─────────────────────────────────────────
〇出席議員 27名
                         1番  後 藤 正 美 議員
                         2番  井 坂   章 議員
                         3番  西野宮 照 男 議員
                         4番  高 崎 修 一 議員
                         5番  牧 野 米 春 議員
                         6番  横須賀 すみ子 議員
                         7番  永 井 利 男 議員
                         8番  樋之口 英 嗣 議員
                         9番  深 川 澄 子 議員
                        10番  薄 井 賢 司 議員
                        11番  川 崎 三 郎 議員
                        12番  鈴 木 勝 夫 議員
                        13番  住 谷 勝 男 議員
                        14番  木 村 時 郎 議員
                        15番  佐々木 忠 男 議員
                        16番  佐 藤 良 元 議員
                        17番  山 本   繁 議員
                        18番  打 越   浩 議員
                        19番  山 田 雅 則 議員
                        20番  面 澤 義 昌 議員
                        21番  高 橋   康 議員
                        22番  清水 伝吾兵衛 議員
                        23番  山 中 輝 夫 議員
                        24番  吉 田   実 議員
                        25番  安   雄 三 議員
                        26番  磯 前 勝 一 議員
                        27番  栗 原   昭 議員
 ─────────────────────────────────────────
〇欠席議員  0名
 ─────────────────────────────────────────
〇説明のため出席した者
                        本 間 源 基 市長
                        松 本 正 宏 助役
                        池 田   聰 収入役
                        山野邉 義 文 教育長
                        川 崎 敏 雄 水道事業管理者
                        飛 田   修 企画部長
                        永 田   仁 総務部長
                        兼 山   隆 財務部長
                        海 野 芳 彦 市民生活部長
                        加 藤 雄 二 福祉部長
                        山 田   博 経済部長
                        葛 宇 芳 樹 建設部長
                        澤 畠 雄 也 都市整備部長
                        大 塚 忠 雄 水道部長
                        山野井 洸 俊 教育次長
                        川 上 隆 幸 消防長
                        清 水 芳 徳 教育委員会委員長
                        伊 藤 幸 一 選挙管理委員会委員長
                        小 瀧   廣 農業委員会会長
 ─────────────────────────────────────────
〇事務局職員出席者
                        田 口 信 夫 事務局長
                        河 又 敏 雄 次長
                        大 内 康 弘 副参事兼議事係長
                        小 池   洋 次長補佐兼庶務調査係長
                        秋 元 正 彦 主幹
                        武 石 泰 文 主事
                        雪   和 洋 主事



          午前10時 開議
○面澤義昌 議長  これより本日の会議を開きます。
 議事日程を報告します。本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付しました日程により議事を進めたいと思います。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第1 諸報告
○面澤義昌 議長  日程第1諸報告を行います。
 去る9月15日に設置されました平成17年度決算審査特別委員会の正副委員長の互選が行われ、委員長に鈴木勝夫議員、副委員長に西野宮照男議員がそれぞれ選任された旨の通知がありましたので、報告します。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第2 議案第115号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第1号)
              ないし
      議案第126号 高場雨水1号幹線JR横断工事委託事業に関する協定の締結について
○面澤義昌 議長  日程第2議案第115号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第1号)、ないし議案第126号 高場雨水1号幹線JR横断工事委託事業に関する協定の締結について、以上12件を一括して議題とします。
 本件について、総務委員長の報告を願います。4番高崎修一議員。
         〔4番 高崎修一議員登壇〕
◎4番(高崎修一議員) 総務委員会の審査報告をします。
 本委員会に付託された議案は審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。
 1.議案番号及び件名 議案第115号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第1号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳入全款、歳出中第9款消防費、第2条第2表債務負担行為補正、第3条第3表地方債補正
 2.議決の結果 原案のとおり可決すべきものとする。
 3.議決の理由 提案の趣旨及び質疑を通しておおむね妥当であると認める。
 以上、報告を終わります。
○面澤義昌 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 次に、文教福祉委員長の報告を願います。5番牧野米春議員。
         〔5番 牧野米春議員登壇〕
◎5番(牧野米春議員) 文教福祉委員会の審査報告をします。
 本委員会に付託された議案は審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。
 1.議案番号及び件名 議案第115号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第1号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳出中第3款民生費、第10款教育費
 議案第116号 平成18年度ひたちなか市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第117号 平成18年度ひたちなか市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第122号 ひたちなか市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例制定について
 議案第123号 ひたちなか市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について
 2.議決の結果 原案のとおり可決すべきものとする。
 3.議決の理由 提案の趣旨及び質疑を通しておおむね妥当であると認める。
 以上、報告を終わります。
○面澤義昌 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 次に、経済生活委員長の報告を願います。11番川崎三郎議員。
         〔11番 川崎三郎議員登壇〕
◎11番(川崎三郎議員) 経済生活委員会の審査報告をいたします。
 本委員会に付託された議案は審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告いたします。
 1.議案番号及び件名 議案第115号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第1号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳出中第6款農林水産業費
 議案第121号 平成18年度ひたちなか市墓地公園事業特別会計補正予算(第1号)
 2.議決の結果 原案のとおり可決すべきものとする。
 3.議決の理由 提案の趣旨及び質疑を通しておおむね妥当であると認める。
 以上、報告を終わります。
○面澤義昌 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 次に、都市建設委員長の報告を願います。9番深川澄子議員。
         〔9番 深川澄子議員登壇〕
◎9番(深川澄子議員) 都市建設委員会の審査報告をいたします。
 本委員会に付託された議案は審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。
 1.議案番号及び件名 議案第115号 平成18年度ひたちなか市一般会計補正予算(第1号)第1条第1表歳入歳出予算補正中歳出中第8款土木費、第11款災害復旧費
 議案第118号 平成18年度水戸・勝田都市計画ひたちなか市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第119号 平成18年度水戸・勝田都市計画事業佐和駅中央土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第120号 平成18年度水戸・勝田都市計画事業第一田中後土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第124号 ひたちなか市営駐車場設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について
 議案第125号 高場雨水1号幹線管きょ布設工事(17国補公下雨第4号)請負変更契約の締結について
 議案第126号 高場雨水1号幹線JR横断工事委託事業に関する協定の締結について
 2.議決の結果 原案のとおり可決すべきものとする。
 3.議決の理由 提案の趣旨及び質疑を通しておおむね妥当であると認める。
 以上、報告を終わります。
○面澤義昌 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 これより討論を行います。討論は一括して行います。
 討論の通知がありますので、発言を許可します。13番住谷勝男議員。
         〔13番 住谷勝男議員登壇〕
◆13番(住谷勝男議員) 議案第126号に反対の立場で討論します。
 私は、市民の安全、安心を考えると、高場排水路の一日でも早く早期完成を臨むものであります。そしてただ反対ではないのです。質疑のとき申しましたが、新シールド工法でも通常の工法の値段より高いのです。同じようなトンネルを掘るのに、その単価の6倍。幾ら安全を考えての工事でも常識外の値段となっているからです。質疑のとき、工事費、管理費と区別し、工事費1億3,200万円で1メートル単価400万円といって、新シールド工法とあまり変わりないようなお話をしていますが、一般的には全体工事費に対し単価はどのくらいというのが常識。例えば家をつくるとき、坪単価は幾らとお話しすると思います。当局の言われておりますのは、その場しのぎの目くらまし答弁であります。管理費等4億1,300万円、このようなべらぼうな管理費は何ですか。市当局においていろいろな工事を発注し、管理費とは工事価格の何%ぐらいなのかわかっているでしょう。工事期間が2年になるのか、2年6カ月になるかよくわかりませんが、1カ月20日間働くとし、1日4時間作業で工期2年と仮定すると、1日8時間労働に置きかえると240日、1年間作業ができる計算となります。全長33メートルのトンネルで1日のトンネルの掘削は14ミリメートルです。工期そのものもでたらめと思います。
 現在、市財政は非常に厳しいと常日ごろより当局は言っていながら、この契約協定はちょっと言わせてもらえば、自分の金を使うわけでないので、安易な協定としか思われません。また、3月議会の答弁によれば、JR以外の会社にも発注できるようなことを言っておりましたが、今回の答弁によれば、JRでないと工事はできないと食い違っております。アリが象にけんかするようで、勝ち目がないからやめろと言う人もおりますが、議員の職務は何なのか考えたとき、おのずとおわかりになると思います。勝田駅舎33億円を見てもわかると思います。また、JR線にかかる陸橋の補修、踏切の拡幅等、これからもJR敷地内の工事があるでしょう。そのようなことを考えると、この工事金額5億4,500万円を簡単に認めるわけにはいきません。当局に再度JRとの交渉機会を与えるために、この議案に反対をいたします。
○面澤義昌 議長  ほかに討論はありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  討論なしと認め、討論を終了します。
 ただいまの討論において、議案第126号については反対討論がありましたので、別に採決します。
 これより議案第115号ないし議案第125号、以上11件を一括して採決します。本案に対する委員長報告は可決すべきものです。本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、議案第115号ないし議案125号、以上11件は可決されました。
 次に議案第126号を採決します。本案に対する委員長報告は可決すべきものです。本案は委員長報告のとおり決定することに賛成の議員の起立を願います。
         〔賛成者起立〕
○面澤義昌 議長  起立多数です。よって、議案第126号は可決されました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第3 陳情第28号 米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求めることについて
      陳情第29号 「公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める意見書」提出に関することについて
      陳情第30号 出資法の上限金利の引き下げを求める意見書提出について
○面澤義昌 議長  日程第3陳情第28号 米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求めることについて、陳情第29号 「公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める意見書」提出に関することについて、陳情第30号 出資法の上限金利の引き下げを求めることについて、以上3件を一括して議題とします。
 本件について総務委員長、経済生活委員長より審査を終了し、お手元に配付のとおり審査報告書が提出されています。
 これより総務委員長に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 次に、経済生活委員長に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 これより討論を行います。討論は一括して行います。討論ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  討論なしと認め、討論を終了します。
 これより陳情第28号、陳情第29号、陳情第30号、以上3件を一括して採決します。本案に対する委員長報告は、陳情第28号、陳情第29号は不採択とすべきもの、陳情第30号は採択すべきものであります。本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、陳情第28号、陳情第29号は不採択、陳情第30号は採択と決定しました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第4 議案第127号 出資法の上限金利の引き下げを求める意見書提出について
○面澤義昌 議長  日程第4議案第127号 出資法の上限金利の引き下げを求める意見書提出についてを議題とします。
 提案理由の説明を願います。4番高崎修一議員。
         〔4番 高崎修一議員登壇〕
◎4番(高崎修一議員) 賛成者横須賀すみ子議員、薄井賢司議員、鈴木勝夫議員、山中輝夫議員、安 雄三議員、以上の賛成を得まして、次の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。
 議案番号及び件名 議案第127号 出資法の上限金利の引き下げを求める意見書提出について
 朗読をもって内容の説明にかえさせていただきます。
 出資法の上限金利の引き下げを求める意見書。
 今日、破産申立件数は、平成14年に20万件を突破して以来、平成15年24万件、平成16年21万件と依然として高水準にある。サラ金・クレジット・商工ローンなどで多額の債務を負い返済困難に陥った多重債務者や中小零細事業者が主で、リストラ・倒産による失業や収入減・生活苦・低所得などを理由とする「不況型」「生活苦型」自己破産が大半を占めている。
 警察庁の統計によれば、平成15年度の経済的理由による自殺者は8,897人にものぼり、さらにこの多重債務問題が、ホームレス、離婚、配偶者間暴力、児童虐待、犯罪などの被害を引き起こす要因となっているケースも多く、マスコミに「借金」「借金を苦に」という言葉が出ない日はないほどの深刻な社会問題である。
 現在、出資法は原則として年29.2%を超える利息の徴収に対して、刑事罰を科しているが、利息制限法の制限利率(15%〜20%)と出資法の刑事罰対象利率との間に狭間ができてしまっている。この様な民事上無効だが、刑事罰の対象にならないという、あいまいな領域(グレーゾーン)があるために、多くの貸金業者が利益のためにグレーゾーン内の利率で貸し付けるという実態を生み出し、本来払わなくていい利息を払うことにより、多重債務に陥る主な原因となっている。
 リストラ・倒産による失業や収入減等、厳しい経済情勢の中で喘ぐ一般市民が安心して生活できる消費者信用市場の構築と、多重債務問題の抜本的解決のためには、出資法の上限金利を、少なくとも利息制限法の制限金利まで早急に引き下げることが必要である。
 よって、多重債務問題について下記の事項を実施されるよう強く要望する。
記 出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)の上限金利を利息制限法の制限利息まで引き下げること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成18年9月22日 ひたちなか市議会
 内閣総理大臣、総務大臣、法務大臣、財務大臣、衆議院議長、参議院議長あて
○面澤義昌 議長  これより質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第127号は会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決定しました。
 これより討論を行います。討論ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  討論なしと認め、討論を終了します。
 これより議案第127号を採決します。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、議案第127号は可決されました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第5 閉会中の継続審査申し出について
○面澤義昌 議長  日程第5閉会中の継続審査申し出についてを議題とします。
 各常任委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りします。これを承認することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、各常任委員長の申し出のとおり、これを承認することに決定しました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第6 閉会中の継続調査申し出について
○面澤義昌 議長  日程第6閉会中の継続調査申し出についてを議題とします。議会運営委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りします。これを承認することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員長の申し出のとおり、これを承認することに決定しました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第7 議員派遣の件
○面澤義昌 議長  日程第7議員派遣の件についてを議題とします。
 議員派遣の件について、地方自治法第100条第12項及び会議規則第159条の規定により、お手元に配付の一覧表のとおり派遣することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、議員派遣の件について、お手元に配付の一覧表のとおり派遣することに決定しました。
 以上で、今期定例会に付議されました案件はすべて終了しました。
 これをもちまして、平成18年第3回ひたちなか市議会9月定例会を閉会します。
          午前10時23分 閉会