議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 ひたちなか市

平成17年第 7回12月定例会−12月08日-01号




平成17年第 7回12月定例会

           平成17年第7回ひたちなか市議会12月定例会

                 議事日程(第 1 号)

                          平成17年12月8日午前10時開議
日程第1 会期決定
日程第2 会議録署名議員の指名
日程第3 諸報告
     (1)議案等
日程第4 議案第 64号 平成16年度ひたちなか市一般会計決算認定について
             ないし
     議案第 84号 平成16年度ひたちなか市ホテルニュー白亜紀事業会計決算認定について
             (以上21件、委員長報告、質疑、討論、採決)
日程第5 報告第 43号 専決処分の報告について〈茨城租税債権管理機構を組織する市町村数の減少に伴う規約の変更について〉
     報告第 44号 専決処分の報告について〈茨城県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少について〉
             (以上2件、提案理由の説明、質疑)
日程第6 議案第119号 平成17年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)
             ないし
     議案第146号 姉妹都市の締結について
             (以上28件、提案理由の説明)
日程第7 休会の件
 ─────────────────────────────────────────
〇本日の会議に付した事件
日程第1 会期決定
日程第2 会議録署名議員の指名
日程第3 諸報告
     (1)議案等
日程第4 議案第 64号 平成16年度ひたちなか市一般会計決算認定について
             ないし
     議案第 84号 平成16年度ひたちなか市ホテルニュー白亜紀事業会計決算認定について
             (以上21件、委員長報告、質疑、討論、採決)
日程第5 報告第 43号 専決処分の報告について〈茨城租税債権管理機構を組織する市町村数の減少に伴う規約の変更について〉
     報告第 44号 専決処分の報告について〈茨城県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少について〉
             (以上2件、提案理由の説明、質疑)
日程第6 議案第119号 平成17年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)
             ないし
     議案第146号 姉妹都市の締結について
             (以上28件、提案理由の説明)
追加日程第1 議長辞職の件
追加日程第2 選挙第1号 ひたちなか市議会議長選挙
追加日程第3 副議長辞職の件
追加日程第4 選挙第2号 ひたちなか市議会副議長選挙
日程第7 休会の件
 ─────────────────────────────────────────
〇出席議員 27名
                         1番  後 藤 正 美 議員
                         2番  井 坂   章 議員
                         3番  西野宮 照 男 議員
                         4番  高 崎 修 一 議員
                         5番  牧 野 米 春 議員
                         6番  横須賀 すみ子 議員
                         7番  永 井 利 男 議員
                         8番  樋之口 英 嗣 議員
                         9番  深 川 澄 子 議員
                        10番  薄 井 賢 司 議員
                        11番  川 崎 三 郎 議員
                        12番  鈴 木 勝 夫 議員
                        13番  住 谷 勝 男 議員
                        14番  木 村 時 郎 議員
                        15番  佐々木 忠 男 議員
                        16番  佐 藤 良 元 議員
                        17番  山 本   繁 議員
                        18番  打 越   浩 議員
                        19番  山 田 雅 則 議員
                        20番  面 澤 義 昌 議員
                        21番  高 橋   康 議員
                        22番  清水 伝吾兵衛 議員
                        23番  山 中 輝 夫 議員
                        24番  吉 田   実 議員
                        25番  安   雄 三 議員
                        26番  磯 前 勝 一 議員
                        27番  栗 原   昭 議員
 ─────────────────────────────────────────
〇欠席議員  0名
 ─────────────────────────────────────────
〇説明のため出席した者
                        本 間 源 基 市長
                        松 本 正 宏 助役
                        池 田   聰 収入役
                        山野邉 義 文 教育長
                        川 崎 敏 雄 水道事業管理者
                        飛 田   修 企画部長
                        永 田   仁 総務部長
                        兼 山   隆 財務部長
                        海 野 芳 彦 市民生活部長
                        加 藤 雄 二 福祉部長
                        山 田   博 経済部長
                        葛 宇 芳 樹 建設部長
                        澤 畠 雄 也 都市整備部長
                        後 藤   忍 水道部長
                        山野井 洸 俊 教育次長
                        川 上 隆 幸 消防長
                        清 水 芳 徳 教育委員会委員長
                        安 島   明 代表監査委員
                        伊 藤 幸 一 選挙管理委員会委員長
                        小 瀧   廣 農業委員会会長
 ─────────────────────────────────────────
〇事務局職員出席者
                        田 口 信 夫 事務局長
                        河 又 敏 雄 次長
                        小 池   洋 次長補佐兼庶務調査係長
                        大 内 康 弘 次長補佐兼議事係長
                        秋 元 正 彦 主幹
                        武 石 泰 文 主事



          午前10時 開会
○磯前勝一 議長  ただいまから平成17年第7回ひたちなか市議会12月定例会を開会します。
 これより本日の会議を開きます。
 議事日程を報告します。本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付しました日程により議事を進めたいと思います。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第1 会期決定
○磯前勝一 議長  日程第1会期決定を議題とします。
 お諮りします。今期定例会の会期は本日より22日までの15日間としたいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、会期は15日間と決定しました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第2 会議録署名議員の指名
○磯前勝一 議長  日程第2会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、27番栗原 昭議員、1番後藤正美議員、以上2名を指名します。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第3 諸報告
○磯前勝一 議長  日程第3諸報告を行います。
 今期定例会に提出されました議案等について事務局職員に報告させます。河又敏雄次長。
         〔河又敏雄次長登壇〕
◎河又敏雄 次長  今期定例会に提出されました付議事件につきましてご報告申し上げます。
 報告案件といたしましては、専決処分の報告が2件となっております。次に、提出議案につきましては、平成17年度一般会計及び特別会計補正予算7件、条例制定10件、工事請負契約2件、その他9件、計28件となっております。
 次に、監査委員より10月分の出納検査の結果報告がございました。これらの関係書類につきましては事務局に備えつけてありますので、後ほどご参照賜りたいと存じます。
 以上で報告を終わります。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第4 議案第64号 平成16年度ひたちなか市一般会計決算認定について
             ないし
      議案第84号 平成16年度ひたちなか市ホテルニュー白亜紀事業会計決算認定について
○磯前勝一 議長  日程第4議案第64号 平成16年度ひたちなか市一般会計決算認定について、ないし議案第84号 平成16年度ひたちなか市ホテルニュー白亜紀事業会計決算認定について、以上21件を一括して議題とします。
 本件について、平成16年度決算審査特別委員長の報告を願います。14番木村時郎議員。
         〔14番 木村時郎議員登壇〕
◎14番(木村時郎議員) 平成16年度決算審査特別委員会の審査報告をします。
 本委員会に付託された議案は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告します。
 1.議案番号及び件名 お手元の審査報告書に記載のとおり、議案第64号 平成16年度ひたちなか市一般会計決算認定について、ないし議案第84号 平成16年度ひたちなか市ホテルニュー白亜紀事業会計決算認定について、以上21件です。
 2.議決の結果 次の意見をつけて認定すべきものとする。
 3.意見 (1)違法と認める事項 なし(2)不当と認める事項 なし(3)特に留意すべき事項「一般会計について」ア.市税については、公平性の観点から納税意識の高揚、相談体制の充実及び徴収力強化を図り、滞納整理に一層の努力をされ、さらなる収納率向上に努められたい。イ.受益者負担である使用料及び手数料の滞納については、適切な措置と対策を図り徴収に努力されたい。ウ.管理運営等の委託に当たっては、契約の妥当性等を点検し、適正な執行に努められたい。エ.各種団体に対する補助金・負担金については、事業目的・内容等を再評価し、徹底した見直しにより適切な執行を図られたい。オ.地方分権推進のための三位一体の改革が進む中、市の財政状況は極めて厳しく、事務事業の執行に当たっては、費用対効果及び受益者負担の原則を常に検証・評価し、効率よい執行に努められたい。「特別会計について」ア.国保会計については、市税の滞納整理と同様に一層の努力をされ、収納率の向上に努められたい。イ.公共下水道事業については、制度の周知徹底を図り受益者負担金の滞納整理に努力されたい。また、普及率の向上とともに水洗化の促進に努められたい。ウ.土地区画整理事業の施行については、長期間にわたる事業は財源確保に努め、完結間近な事業は集中的に取り組み、早期に完結が図られるよう特段の努力をされたい。エ.水道事業については、経営の効率化を図るとともに、より一層良質な水道水の供給に努められたい。
 以上で審査報告を終わります。
○磯前勝一 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 これより討論を行います。討論は一括して行います。討論ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  討論なしと認め、討論を終了します。
 これより議案第64号ないし議案第84号、以上21件を一括して採決します。本案に対する委員長報告は認定すべきものです。本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、議案第64号ないし議案第84号、以上21件は認定されました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第5 報告第43号 専決処分の報告について〈茨城租税債権管理機構を組織する市町村数の減少に伴う規約の変更について〉
      報告第44号 専決処分の報告について〈茨城県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少について〉
○磯前勝一 議長  日程第5報告第43号 専決処分の報告について〈茨城租税債権管理機構を組織する市町村数の減少に伴う規約の変更について〉、報告第44号 専決処分の報告について〈茨城県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少について〉、以上2件を一括して議題とします。
 提案理由の説明を願います。本間源基市長。
         〔本間源基市長登壇〕
◎本間源基 市長  平成17年第7回ひたちなか市議会12月定例会に当たり、提出議案につきまして、概要をご説明申し上げます。
 報告第43号 茨城租税債権管理機構を組織する市町村数の減少に伴う規約の変更及び報告第44号 茨城県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少に係る専決処分の報告につきましては、関連しますので一括してご説明申し上げます。
 本年8月1日の神栖町及び波崎町の合併による神栖市、9月2日の麻生町、北浦町及び玉造町の合併による行方市、9月12日の古河市、総和町及び三和町の合併による古河市、10月1日の石岡市及び八郷町の合併による石岡市並びに岩瀬町、真壁町及び大和村の合併による桜川市、10月11日の旭村、鉾田町及び大洋村の合併による鉾田市がそれぞれ新設されたところであります。
 以上6件の市町村合併に伴い、報告第43号につきましては、茨城租税債権管理機構規約中の組織する地方公共団体及び議員選挙区の改正を去る11月28日付で専決処分したものであります。
 また、報告第44号につきましては、茨城県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少について、去る11月28日付で専決処分したものであります。
 以上、ご報告申し上げます。
○磯前勝一 議長  これより質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第6 議案第119号 平成17年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)
              ないし
      議案第146号 姉妹都市の締結について
○磯前勝一 議長  日程第6議案第119号 平成17年度ひたちなか市一般会計補正予算(第3号)、ないし議案第146号 姉妹都市の締結について、以上28件を一括して議題とします。
 提案理由の説明を願います。本間源基市長。
         〔本間源基市長登壇〕
◎本間源基 市長  ただいま議題となりました提出議案につきまして、提案の理由をご説明申し上げます。
 初めに、議案第119号から議案第125号までの平成17年度各会計補正予算についてご説明申し上げます。
 まず、議案第119号 平成17年度一般会計補正予算第3号につきましては、予算総額に2億6,077万7,000円を追加し、410億3,942万7,000円と定めるとともに、債務負担行為及び地方債を補正しようとするものであります。
 歳出の主な内容につきましては、総務費において、平成18年6月に予定しております総合窓口の開設のための庁舎改修工事費を追加しようとするものであります。この工事につきましては、2カ年事業として本年度内に契約し着手する必要がありますので、平成17年度工事費の計上及び総額に係る債務負担行為の設定をしようとするものであります。
 民生費につきましては、社会福祉費において、医療給付が増加している国民健康保険事業特別会計への繰出金を追加しようとするものであります。
 衛生費につきましては、清掃費において、原油価格の高騰に伴い不足が見込まれる勝田清掃センターの燃料費を追加しようとするものであります。また、環境保全対策費において、まちづくり特例市として県からの平成18年度の水質汚濁防止法関連の事務権限委譲に伴い、来年度当初から必要となる分析測定機器類の購入費を追加しようとするものであります。
 教育費につきましては、小学校費において、緊急に撤去等が必要と判断される前渡小学校音楽室ほかのアスベスト対策工事費を追加しようとするものであります。また、小学校費及び中学校費において、アスベストが使用されている給食用調理機器の買いかえのための購入費を追加しようとするものであります。
 これらのほか、各款において人事異動及び給与改定に伴い確定した人件費並びに特別会計繰出金の過不足額を補正しようとするものであります。
 歳入につきましては、国民健康保険制度の改正及び医療給付の増加に伴い、保険基盤安定に係る国庫負担金を減額し、県負担金を追加するとともに、市債については確定に伴う追加を、さらに歳出補正予算との関連において、県支出金、前年度繰越金を追加し、諸収入を減額しようとするものであります。
 債務負担行為につきましては、総合窓口化改修事業のほか、指定管理者制度の導入に伴い、平成18年4月1日から5年間の管理運営協定を本年度内に締結するため、勝田駅東口・西口自転車駐車場指定管理委託事業ほか4件を追加するとともに、平成18年度の庁舎管理委託事業について、水道部事務所の移転により企業合同庁舎の管理業務が増加するため、限度額を変更しようとするものであります。
 地方債につきましては、発行額の確定に伴い臨時財政対策債及び減税補てん債の限度額を変更しようとするものであります。
 次に、議案第120号 平成17年度国民健康保険事業特別会計補正予算第1号につきましては、予算総額に2億9,990万8,000円を追加し、108億7,851万3,000円と定めようとするものであります。
 歳出の主な内容につきましては、医療費の増加に伴う一般及び退職被保険者等に係る療養給付費並びに高額療養費、介護給付費の確定等に伴う介護納付金をそれぞれ追加するとともに、老人保健事業費の確定に伴い老人保健医療費拠出金を減額しようとするものであります。また、人事異動及び給与改定に伴い確定した人件費について不足額を追加しようとするものであります。
 歳入につきましては、その財源として、国庫支出金、療養給付費交付金、一般会計繰入金、前年度繰越金を追加しようとするものであります。
 次に、議案第121号 平成17年度介護保険事業特別会計補正予算第2号につきましては、予算総額に515万3,000円を追加し、54億8,706万円と定めようとするものであります。
 歳出につきましては、人事異動及び給与改定に伴い確定した人件費について不足額を追加しようとするものであり、歳入につきましては、その財源として一般会計繰入金を追加しようとするものであります。
 次に、議案第122号 平成17年度公共下水道事業特別会計補正予算第1号につきましては、予算総額に1,908万円を追加し、58億1,945万2,000円と定めるとともに、地方債を補正しようとするものであります。
 歳出につきましては、公共下水道整備補助事業に係る浄化センター水処理施設更新工事委託料を減額し、雨水幹線整備補助事業に係る大島1号雨水幹線管きょ布設工事費を追加するとともに、人事異動及び給与改定に伴い確定した人件費について過不足額を補正しようとするものであります。
 歳入につきましては、歳出補正予算との関連において、前年度繰越金及び市債を追加しようとするものであります。
 地方債につきましては、公共下水道汚水事業債及び公共下水道雨水事業債の限度額を変更しようとするものであります。
 次に、議案第123号 平成17年度佐和駅東土地区画整理事業特別会計補正予算第1号につきましては、予算総額に245万円を追加し、4億6,185万8,000円と定めようとするものであります。
 歳出につきましては、人事異動及び給与改定に伴い確定した人件費について不足額を追加しようとするものであり、歳入につきましては、その財源として一般会計繰入金を追加しようとするものであります。
 次に、議案第124号 平成17年度墓地公園事業特別会計補正予算第1号につきましては、予算総額に190万円を追加し、1億5,818万3,000円と定めるとともに、地方債を補正しようとするものであります。
 歳出につきましては、たかのす霊園発掘調査委託料を追加しようとするものであり、歳入につきましては、その財源として、市債を追加しようとするものであります。
 地方債につきましては、たかのす霊園整備事業債の限度額を変更しようとするものであります。
 次に、議案第125号 平成17年度水道事業会計補正予算第2号につきましては、収益的収入及び支出、資本的収入及び支出並びに債務負担行為の補正をしようとするものであります。
 収益的収入及び支出のうち収入につきましては、営業外収益の799万3,000円を増額し、支出につきましては、人事異動及び給与改定に伴う人件費の差額1,656万9,000円の減額並びに浄水費1,500万円の増額により156万9,000円を減額しようとするものであります。
 資本的収入及び支出のうち支出につきましては、人事異動及び給与改定に伴う人件費の差額654万7,000円を減額しようとするものであります。
 債務負担行為につきましては、事務所移転に伴い企業合同庁舎管理等委託業務の881万5,000円を減額しようとするものであります。
 次に、条例その他の一般議案につきましてご説明申し上げます。
 まず、議案第126号 ひたちなか市農業委員会の選挙による委員の定数等に関する条例の一部を改正する条例制定及び議案第127号 ひたちなか市消防機関設置等に関する条例の一部を改正する条例制定につきましては、関連しますので一括してご説明申し上げます。
 高野小貫山土地区画整理事業施行地内の換地処分に伴う町名を小貫山一丁目、同二丁目とすることについて、去る11月25日の県告示により効力が発生したことから、各条例において所要の改正をすべく、今回提案するものであります。
 議案第126号は、農業委員会委員選挙における選挙区の区域に、議案第127号は、中央消防署の管轄区域に、それぞれ小貫山一丁目、同二丁目を加えるものであります。
 次に、議案第128号 ひたちなか市一般職の任期付職員の採用に関する条例の一部を改正する条例制定につきましては、任期付職員が従事する業務の種類を追加するため、所要の改正を行おうとするものであります。
 次に、議案第129号 ひたちなか市那珂湊児童館設置条例の一部を改正する条例制定につきましては、那珂湊社会福祉会館を廃止し、その施設を那珂湊児童館として使用するため、所要の改正を行おうとするものであります。
 次に、議案第130号 水戸・勝田都市計画事業阿字ケ浦土地区画整理事業施行規程を定める条例等の一部を改正する条例制定につきましては、土地区画整理事業法の改正により関係条例における同法の引用条項を改正するものであります。
 次に、議案第131号 ひたちなか市都市公園設置及び管理条例の一部を改正する条例制定、議案第132号 ひたちなか市体育館設置及び管理条例の一部を改正する条例制定、議案第133号 ひたちなか市那珂湊第二野球場設置及び管理条例の一部を改正する条例制定及び議案第134号 ひたちなか市運動ひろば設置及び管理条例の一部を改正する条例制定につきましては、関連しますので一括してご説明申し上げます。
 平成18年3月19日に予定されております笠間市、友部町及び岩間町の合併による笠間市の新設に伴い、水戸地方広域市町村圏協議会の構成市町村であり、公の施設の広域利用に関する協定を締結している笠間市、友部町及び岩間町が同協議会を脱退し、新たに笠間市が加入するため、各条例において所要の改正をしようとするものであります。
 次に、議案第135号 ひたちなか市火災予防条例の一部を改正する条例制定につきましては、ボイラーの構造を定める基準における蒸気管を被覆する遮断熱材の例示から石綿を除外するため、所要の改正をしようとするものであります。
 次に、議案第136号 水戸地方広域市町村圏協議会を組織する地方公共団体数の減少及び水戸地方広域市町村圏協議会規約の変更につきましては、来年3月19日予定の笠間市の新設に伴い、笠間市、友部町及び岩間町が同協議会を脱退し、新たに笠間市が加入するため、規約において委員数等の改正をしようとするものであります。
 次に、議案第137号 湊1号雨水幹線管きょ布設工事(17国補公下雨第7号)請負契約の締結につきましては、一般競争入札により契約金額1億9,215万円をもって東鉄・井上特定建設工事共同企業体と契約を締結しようとするものであります。
 次に、議案第138号 東中根高場線道路改良工事(17国補緊道第1号−1)請負変更契約の締結につきましては、架設支保工の設計変更に伴い、契約金額を176万4,000円減額し、5億3,793万6,000円に変更しようとするものであります。
 次に、議案第139号 公有水面埋立てに関する意見につきましては、茨城県知事を出願人とする那珂湊漁港岸壁整備に係る公有水面埋立免許申請について、漁港管理者である茨城県知事から意見を求められたため、同意をしようとするものであります。
 次に、議案第140号 公有水面埋立てに関する意見につきましては、茨城県知事を出願人とする那珂湊漁港残土処理護岸整備に係る公有水面埋立免許申請について、漁港管理者である茨城県知事から意見を求められたため、同意をしようとするものであります。
 次に、議案第141号 あらたに生じた土地の確認及び議案第142号 字の区域の変更につきましては、関連しますので一括してご説明申し上げます。
 茨城県の施行による常陸那珂港港湾区域内の中央埠頭地区に係る公有水面埋め立て工事が竣功したことに伴い、議案第141号において本市の区域内に新たに土地が生じたことを確認するとともに、議案第142号においてその土地を大字長砂字渚に編入するため、字の区域を変更しようとするものであります。
 次に、議案第143号 市道路線の認定及び廃止につきましては、開発行為及びたかのす霊園整備事業の施行による認定14路線及び廃止3路線であります。
 次に、議案第144号 公の施設の広域利用に関する協議につきましては、来年3月19日予定の笠間市の新設に伴い、水戸地方広域市町村圏協議会の構成市町村であり、公の施設の広域利用に関する協定を締結している笠間市、友部町及び岩間町が同協議会を脱退し、新たに笠間市が加入するため、8市町村間において協定を締結することについて議会の議決を求めようとするものであります。
 次に、議案第145号 姉妹都市の締結につきましては、本市と姉妹都市締結をしていた宮城県石巻市が本年4月1日に同県河北町、雄勝町、河南町、桃生町、北上町及び牡鹿町と合併し石巻市が新設されたことに伴い、石巻市と新たに姉妹都市の締結をすることについて議会の議決を求めようとするものであります。
 次に、議案第146号 姉妹都市の締結につきましては、本市と姉妹都市締結をしていた栃木県黒磯市が本年1月1日に同県西那須野町及び塩原町と合併し那須塩原市が新設されたことに伴い、那須塩原市と新たに姉妹都市の締結をすることについて議会の議決を求めようとするものであります。
 以上、慎重審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願いを申し上げます。
○磯前勝一 議長  ただいま議題となっています議案第119号ないし議案第146号、以上28件に対する質疑は、16日に予定しています。質疑は通告されますよう、議会運営にご協力を願います。
 暫時休憩します。
          午前10時28分 休憩
 ─────────────────────────────────────────
          午前11時 開議
         〔副議長、議長と交代〕
○山本繁 副議長  休憩前に引き続き会議を開きます。
 議長を交代します。
 ご報告します。ただいま磯前勝一議員から議長辞職願が提出されました。
 お諮りします。この際、これを日程に追加し、議題としたいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○山本繁 副議長  ご異議なしと認めます。よって、この際、議長辞職の件を議題とすることに決定しました。
 ─────────────────────────────────────────
△追加日程第1 議長辞職の件
○山本繁 副議長  追加日程第1 議長辞職の件を議題とします。
 地方自治法第117条の規定により、26番磯前勝一議員の退席を願います。
         〔26番 磯前勝一議員退席〕
○山本繁 副議長  最初に、事務局職員に辞職願を朗読させます。河又敏雄次長。
         〔河又敏雄次長登壇〕
◎河又敏雄 次長  辞職願を朗読いたします。
 辞職願。今般、一身上の都合により議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。
 平成17年12月8日 ひたちなか市議会副議長山本 繁殿 ひたちなか市議会議長磯前勝一
 以上でございます。
○山本繁 副議長  お諮りします。磯前勝一議員の議長辞職を許可することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○山本繁 副議長  ご異議なしと認めます。よって、磯前勝一議員の議長辞職願を許可することに決定しました。
 しばらくお待ちください。
         〔26番 磯前勝一議員着席〕
○山本繁 副議長  お諮りします。この際、議長選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○山本繁 副議長  ご異議なしと認めます。よって、この際、議長選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定しました。
 暫時休憩します。
          午前11時4分 休憩
 ─────────────────────────────────────────
          午後4時29分 開議
○山本繁 副議長  休憩前に引き続き会議を開きます。
 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長します。
 ─────────────────────────────────────────
△追加日程第2 選挙第1号 ひたちなか市議会議長選挙
○山本繁 副議長  追加日程第2選挙第1号 ひたちなか市議会議長選挙を行います。
 議場出入り口を閉めます。
         (議場閉鎖)
○山本繁 副議長  ただいまの出席議員は27名です。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に2番井坂 章議員、3番西野宮照男議員を指名します。
 投票用紙を配付します。
         (投票用紙配付)
○山本繁 副議長  投票用紙の配付漏れはありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○山本繁 副議長  配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検します。
         (投票箱点検)
○山本繁 副議長  異常なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて議席順に順次投票を願います。
 河又敏雄次長。
◎河又敏雄 次長  それでは、ただいまより議席番号順に点呼をいたしますので、順次投票をお願いいたします。
   1番 後 藤 正 美 議 員
   2番 井 坂   章 議 員
   3番 西野宮 照 男 議 員
   4番 高 崎 修 一 議 員
   5番 牧 野 米 春 議 員
   6番 横須賀 すみ子 議 員
   7番 永 井 利 男 議 員
   8番 樋之口 英 嗣 議 員
   9番 深 川 澄 子 議 員
  10番 薄 井 賢 司 議 員
  11番 川 崎 三 郎 議 員
  12番 鈴 木 勝 夫 議 員
  13番 住 谷 勝 男 議 員
  14番 木 村 時 郎 議 員
  15番 佐々木 忠 男 議 員
  16番 佐 藤 良 元 議 員
  18番 打 越   浩 議 員
  19番 山 田 雅 則 議 員
  20番 面 澤 義 昌 議 員
  21番 高 橋   康 議 員
  22番 清水 伝吾兵衛 議 員
  23番 山 中 輝 夫 議 員
  24番 吉 田   実 議 員
  25番 安   雄 三 議 員
  26番 磯 前 勝 一 議 員
  27番 栗 原   昭 議 員
  17番 山 本   繁 議 員
 以上でございます。
○山本繁 副議長  投票漏れはありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○山本繁 副議長  投票漏れなしと認めます。
 投票を終了します。
 開票を行います。2番井坂 章議員、3番西野宮照男議員、立ち会いをお願いします。
         (開  票)
○山本繁 副議長  選挙の結果を報告します。
 投票総数27票、これは先ほどの出席議員数に符合しています。そのうち有効投票20票、無効投票7票、有効投票中、面澤義昌議員13票、打越 浩議員7票、以上のとおりです。
 この選挙の法定得票数は7票です。よって、面澤義昌議員が議長に当選されました。
 議場の出入り口を開きます。
         (議場開鎖)
○山本繁 副議長  ただいま議長に当選されました面澤義昌議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知します。
 議長に当選されました面澤義昌議員のあいさつがあります。面澤義昌議員。
         〔20番 面澤義昌議員登壇〕
◆20番(面澤義昌議員) 一言ごあいさつ申し上げます。
 ただいま同志議員の支援をいただいて、議長の指名をいただきました。改めて感謝を申し上げます。
 国は、国家運営を中央集権から地方分権へと大きくかじを切りました。その波が地方へ地方分権という形で押し寄せております。これからのまちづくりに、我々、執行部ともども精いっぱい頑張っていきたいと思います。さらに今後の議会運営につきましては、全員でご協力いただいて、スムーズなる運営を心がけていただきたいと思います。
 大変ありがとうございました。(拍手)
○山本繁 副議長  議長、議長席にお着き願います。
 ご協力大変にありがとうございました。
         〔副議長退席。議長、議長席に着席〕
○面澤義昌 議長  暫時休憩します。
          午後4時45分 休憩
 ─────────────────────────────────────────
          午後5時25分 開議
○面澤義昌 議長  休憩前に引き続き会議を開きます。
 ご報告します。ただいま山本 繁議員から副議長辞職願が提出されました。
 お諮りします。この際、これを日程に追加し、議題としたいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、この際、副議長辞職の件を議題とすることに決定しました。
 ─────────────────────────────────────────
△追加日程第3 副議長辞職の件
○面澤義昌 議長  追加日程第3副議長辞職の件を議題とします。
 地方自治法第117条の規定により、17番山本 繁議員の退席を願います。
         〔17番 山本 繁議員退席〕
○面澤義昌 議長  最初に、事務局職員に辞職願を朗読させます。河又敏雄次長。
         〔河又敏雄次長登壇〕
◎河又敏雄 次長  辞職願を朗読いたします。
 辞職願。今般、一身上の都合により副議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。
 平成17年12月8日 ひたちなか市議会議長面澤義昌殿 ひたちなか市議会副議長山本 繁
 以上でございます。
○面澤義昌 議長  お諮りします。山本 繁議員の副議長辞職を許可することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、山本 繁議員の副議長辞職願を許可することに決定しました。
 しばらくお待ちください。
         〔17番 山本 繁議員着席〕
○面澤義昌 議長  お諮りします。この際、副議長選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、この際、副議長選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定しました。
 暫時休憩します。
          午後5時27分 休憩
 ─────────────────────────────────────────
          午後7時14分 開議
○面澤義昌 議長  休憩前に引き続き会議を開きます。
 ─────────────────────────────────────────
△追加日程第4 選挙第2号 ひたちなか市議会副議長選挙
○面澤義昌 議長  追加日程第4選挙第2号 ひたちなか市議会副議長選挙を行います。
 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選によって行いたいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることと決定しました。
 お諮りします。議長により指名することにしたいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、議長により指名することに決定しました。
 副議長に24番吉田 実議員を指名します。
 お諮りします。ただいま指名しました24番吉田 実議員を副議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました24番吉田 実議員が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました24番吉田 実議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をします。
 副議長に当選されました吉田 実議員のあいさつがあります。吉田 実議員。
         〔24番 吉田 実議員登壇〕
◆24番(吉田実議員) ただいま議員皆様方の心温まるご推選をいただき、副議長という大変重責を担うことになりました。議長を補佐し、議会運営に全力で取り組んでまいります。どうぞ議員皆様方、さらには執行部の皆様方のご支援、ご協力をいただき、精いっぱい取り組みます。どうぞよろしくお願いします。
 ありがとうございました。(拍手)
 ─────────────────────────────────────────
△日程第7 休会の件
○面澤義昌 議長  日程第7休会の件を議題とします。
 お諮りします。会議規則第10条第2項の規定により、明日9日から13日までの5日間は議案調査等のため休会したいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○面澤義昌 議長  ご異議なしと認めます。よって、明日9日から13日までの5日間は休会とすることに決定しました。
 以上で本日の日程は全部終了しました。本日はこれをもちまして散会します。
          午後7時17分 散会