議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 ひたちなか市

平成17年第 2回 6月定例会−06月23日-05号




平成17年第 2回 6月定例会

          平成17年第2回ひたちなか市議会6月定例会

                議事日程(第 5 号)

                          平成17年6月23日午前10時開議
日程第1 議案第 53号 ひたちなか市公の施設に係る指定管理者の指定の手続き等に関する条例制定について
             ないし
     議案第 60号 ひたちなか市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について
             (以上8件、委員長報告、質疑、討論、採決)
日程第2 諮問第  1号 人権擁護委員の候補者推薦について
             (提案理由の説明、質疑、討論、採決)
日程第3 議案第 61号 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書提出について
             (提案理由の説明、質疑、討論、採決)
日程第4 議案第 62号 地方議会制度の充実強化に関する意見書提出について
             (提案理由の説明、質疑、討論、採決)
日程第5 閉会中の継続審査申し出について
日程第6 閉会中の継続調査申し出について
日程第7 議員派遣の件について
 ─────────────────────────────────────────
〇本日の会議に付した事件
日程第1 議案第 53号 ひたちなか市公の施設に係る指定管理者の指定の手続き等に関する条例制定について
             ないし
     議案第 60号 ひたちなか市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について
             (以上8件、委員長報告、質疑、討論、採決)
日程第2 諮問第  1号 人権擁護委員の候補者推薦について
             (提案理由の説明、質疑、討論、採決)
日程第3 議案第 61号 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書提出について
             (提案理由の説明、質疑、討論、採決)
日程第4 議案第 62号 地方議会制度の充実強化に関する意見書提出について
             (提案理由の説明、質疑、討論、採決)
日程第5 閉会中の継続審査申し出について
日程第6 閉会中の継続調査申し出について
日程第7 議員派遣の件について
 ─────────────────────────────────────────
〇出席議員 27名
                         1番  後 藤 正 美 議員
                         2番  井 坂   章 議員
                         3番  西野宮 照 男 議員
                         4番  高 崎 修 一 議員
                         5番  牧 野 米 春 議員
                         6番  横須賀 すみ子 議員
                         7番  永 井 利 男 議員
                         8番  樋之口 英 嗣 議員
                         9番  深 川 澄 子 議員
                        10番  薄 井 賢 司 議員
                        11番  川 崎 三 郎 議員
                        12番  鈴 木 勝 夫 議員
                        13番  住 谷 勝 男 議員
                        14番  木 村 時 郎 議員
                        15番  佐々木 忠 男 議員
                        16番  佐 藤 良 元 議員
                        17番  山 本   繁 議員
                        18番  打 越   浩 議員
                        19番  山 田 雅 則 議員
                        20番  面 澤 義 昌 議員
                        21番  高 橋   康 議員
                        22番  清水 伝吾兵衛 議員
                        23番  山 中 輝 夫 議員
                        24番  吉 田   実 議員
                        25番  安   雄 三 議員
                        26番  磯 前 勝 一 議員
                        27番  栗 原   昭 議員
 ─────────────────────────────────────────
〇欠席議員  0名
 ─────────────────────────────────────────
〇説明のため出席した者
                       本 間 源 基 市長
                       松 本 正 宏 助役
                       池 田   聰 収入役
                       山野邉 義 文 教育長
                       川 崎 敏 雄 水道事業管理者
                       飛 田   修 企画部長
                       永 田   仁 総務部長
                       兼 山   隆 財務部長
                       海 野 芳 彦 市民生活部長
                       加 藤 雄 二 福祉部長
                       山 田   博 経済部長
                       葛 宇 芳 樹 建設部長
                       澤 畠 雄 也 都市整備部長
                       後 藤   忍 水道部長
                       山野井 洸 俊 教育次長
                       川 上 隆 幸 消防長
                       清 水 芳 徳 教育委員会委員長
                       安 島   明 代表監査委員
                       伊 藤 幸 一 選挙管理委員会委員長
                       黒 澤 一 郎 農業委員会会長
 ─────────────────────────────────────────
〇事務局職員出席者
                       田 口 信 夫 事務局長
                       河 又 敏 雄 次長
                       小 池   洋 次長補佐兼庶務調査係長
                       大 内 康 弘 次長補佐兼議事係長
                       秋 元 正 彦 主幹
                       武 石 泰 文 主事



          午前10時 開議
○磯前勝一 議長  これより本日の会議を開きます。
 議事日程を報告します。本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付しました日程により議事を進めたいと思います。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第1 議案第53号 ひたちなか市公の施設に係る指定管理者の指定の手続き等に関する条例制定について
             ないし
      議案第60号 ひたちなか市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について
○磯前勝一 議長  日程第1議案第53号 ひたちなか市公の施設に係る指定管理者の指定の手続き等に関する条例制定について、ないし議案第60号 ひたちなか市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について、以上8件を一括して議題とします。
 本件について、総務委員長の報告を願います。15番佐々木忠男議員。
        〔15番 佐々木忠男議員登壇〕
◎15番(佐々木忠男議員) 総務委員会の審査報告をします。
 本委員会に付託された議案は審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。
 1.議案番号及び件名 議案第53号 ひたちなか市公の施設に係る指定管理者の指定の手続き等に関する条例制定について
 議案第56号 ひたちなか市火災予防条例の一部を改正する条例制定について
 議案第57号 ひたちなか市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例制定について
 議案第59号 町の区域の設定及び字の区域の変更について
 議案第60号 ひたちなか市職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例制定について
 2.議決の結果 原案のとおり可決すべきものとする。
 3.議決の理由 提案の趣旨及び質疑をとおしておおむね妥当であると認める。
 以上、報告を終わります。
○磯前勝一 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 次に、文教福祉委員長の報告を願います。10番薄井賢司議員。
         〔10番 薄井賢司議員登壇〕
◎10番(薄井賢司議員) 文教福祉委員会の審査報告をします。
 本委員会に付託された議案は審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告します。
 1.議案番号及び件名 議案第54号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について
 2.議決の結果 原案のとおり可決すべきものとする。
 3.議決の理由 提案の趣旨及び質疑をとおしておおむね妥当であると認める。
 以上、報告を終わります。
○磯前勝一 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 次に、都市建設委員長の報告を願います。12番鈴木勝夫議員。
         〔12番 鈴木勝夫議員登壇〕
◎12番(鈴木勝夫議員) 都市建設委員会の審査報告をします。
 本委員会に付託された議案は審査の結果、次のとおり決定したので会議規則第103条の規定により報告をします。
 1.議案番号及び件名 議案第55号 ひたちなか市都市公園設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について
 議案第58号 東中根高場線道路改良工事(17国補緊道第1号−1)請負契約の締結について
 2.議決の結果 原案のとおり可決すべきものとする。
 3.議決の理由 提案の趣旨及び質疑をとおしておおむね妥当であると認める。
 以上、報告を終わります。
○磯前勝一 議長  ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 これより討論を行います。討論は一括して行います。討論ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  討論なしと認め、討論を終了します。
 これより議案第53号ないし議案第60号、以上8件を一括して採決します。本案に対する委員長報告は可決すべきものです。本案は委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、議案第53号ないし議案第60号、以上8件は可決されました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第2 諮問第1号 人権擁護委員の候補者推薦について
○磯前勝一 議長  日程第2諮問第1号 人権擁護委員の候補者推薦についてを議題とします。
 提案理由の説明を願います。本間源基市長。
         〔本間源基市長登壇〕
◎本間源基 市長  ただいま議題となりました諮問第1号 人権擁護委員の候補者推薦につきましては、人権擁護委員である黒澤福壽氏が本年6月30日付をもって任期満了となりますので、同氏を再び委員の候補者として推薦することについて、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の意見を求めようとするものであります。
 同氏の経歴を概略申し上げますと、昭和32年に茨城県教育委員会に採用され、茨城県立盲学校教頭、茨城県立友部養護学校長を歴任された後、平成10年から民生委員・児童委員を務められるなど、地域社会の発展のために尽力され、平成8年から人権擁護委員としてご活躍いただいているところであります。
 同氏は、人格が高潔であり、広く社会の実情にも精通され、人権擁護委員として適任と存じますので、よろしくご審議の上、ご同意を賜りますようお願いを申し上げます。
○磯前勝一 議長  これより質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 お諮りします。ただいま議題となっています諮問第1号は会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決定しました。
 これより討論を行います。討論ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  討論なしと認め、討論を終了します。
 これより諮問第1号を採決します。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、諮問第1号は同意することに決定しました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第3 議案第61号 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書提出について
○磯前勝一 議長  日程第3議案第61号 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書提出についてを議題とします。
 提案理由の説明を願います。18番打越 浩議員。
         〔18番 打越 浩議員登壇〕
◎18番(打越浩議員) 賛成者高崎修一議員、薄井賢司議員、川崎三郎議員、鈴木勝夫議員、佐々木忠男議員、佐藤良元議員、以上の賛成を得まして、次の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。
 1.議案番号及び件名 議案第61号 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書提出について
 朗読をもって内容の説明にかえさせていただきます。
 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書。
 地方六団体は、「基本方針2004」に基づく政府からの要請により、平成16年8月に、地方分権の理念に沿った三位一体の改革を実現すべく、地方六団体の総意として、その改革案を小泉内閣総理大臣に提出したところである。
 しかしながら、同年11月の「三位一体の改革について」の政府・与党合意の税源移譲案は、その移譲額を平成16年度分を含めおおむね3兆円とし、その約8割を明示したものの、残りの約2割については平成17年中に検討を行い結論を得るとし、多くの課題が先送りされており、真の地方分権改革とはいえない状況にある。
 よって、政府においては、平成5年の衆参両議院による地方分権推進に関する全会一致の国会決議を初め、地方分権一括法の施行といった国民の意思を改めて確認し、真の「三位一体の改革」の実現を図るため、残された課題等について地方六団体の提案を十分踏まえ、改革案の実現を強く求めるものである。
 記1.地方六団体の改革案を踏まえたおおむね3兆円規模の税源移譲を確実に実現すること。
 2.生活保護費負担金及び義務教育費国庫負担金等の個別事項の最終的な取り扱いは、「国と地方の協議の場」において協議・決定するとともに、国庫負担率の引き下げは絶対認められないこと。
 3.政府の改革案は、地方六団体の改革案の一部しか実現されておらず、地方六団体の改革案を優先して実施すること。
 4.地方六団体の改革案で示した平成19年度から平成21年度までの第2期改革案について政府の方針を早期に明示すること。
 5.地方交付税制度については、地方公共団体の財政運営に支障が生じないよう、法定率分の引き上げを含み地方交付税総額を確実に確保するとともに、財源保障機能、財源調整機能を充実強化すること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成17年6月23日 ひたちなか市議会
 内閣総理大臣、内閣官房長官、総務大臣、財務大臣、経済財政政策・郵政民営化担当大臣、衆議院議長、参議院議長あて
○磯前勝一 議長  これより質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第61号は会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決定しました。
 これより討論を行います。討論ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  討論なしと認め、討論を終了します。
 これより議案第61号を採決します。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、議案第61号は可決されました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第4 議案第62号 地方議会制度の充実強化に関する意見書提出について
○磯前勝一 議長  日程第4議案第62号 地方議会制度の充実強化に関する意見書提出についてを議題とします。
 提案理由の説明を願います。18番打越 浩議員。
         〔18番 打越 浩議員登壇〕
◎18番(打越浩議員) 賛成者高崎修一議員、薄井賢司議員、川崎三郎議員、鈴木勝夫議員、佐々木忠男議員、佐藤良元議員、以上の賛成を得まして、次の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。
 1.議案番号及び件名 議案第62号 地方議会制度の充実強化に関する意見書提出について
 朗読をもって内容の説明にかえさせていただきます。
 地方議会制度の充実強化に関する意見書。
 平成5年の衆参両議院における地方分権推進決議以降、地方分権一括法の施行や市町村合併に伴う地方自治にかかる地勢図の変化など、地方議会を取り巻く環境は、近時大きく変化してきている。また、三位一体の改革などが進められる中で、税財政面での自己決定権が強まれば、それに伴い議会の執行機関に対する監視機能を強化し、みずから住民のための政策を発信していかなければならないのは必然であり、地方議会の役割は一層その重要性を増している。
 一方、各議会においては、みずからの議会改革等を積極的に行っているところであるが、これらの環境に対応した議会の機能を十分発揮するためには、解決すべきさまざまな制度的課題がある。こうした課題は、現行の地方自治法が制定後60年経過し、「議会と首長との関係」等にかかわる状況が変化しているにもかかわらず、ほとんど見直されておらず、議会にかかる制度が実態にそぐわなくなっていることから、議会制度全般にわたる見直しが急務である。
 21世紀における地方自治制度を考えるとき、住民自治の合議体である「議会」が自主性・自律性を発揮して初めて「地方自治の本旨」は実現するものであり、時代の趨勢に対応した議会改革なくして地方分権改革は完結しないと考える。
 よって、国においては、現在、第28次地方制度調査会において「議会のあり方」を審議項目として取り上げ、活発な審議が行われているところであるが、地方議会制度の規制緩和・弾力化はもとより、?議長に議会招集権を付与すること、?委員会にも議案提出権を認めること、?議会に附属機関の設置を可能とすることなど、地方議会の権能強化及びその活性化のため、抜本的な制度改革が図られるよう強く求める。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成17年6月23日 ひたちなか市議会
 内閣総理大臣、総務大臣、衆議院議長、参議院議長あて
○磯前勝一 議長  これより質疑を行います。質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  質疑なしと認め、質疑を終了します。
 お諮りします。ただいま議題となっています議案第62号は会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。ご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決定しました。
 これより討論を行います。討論ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  討論なしと認め、討論を終了します。
 これより議案第62号を採決します。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、議案第62号は可決されました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第5 閉会中の継続審査申し出について
○磯前勝一 議長  日程第5閉会中の継続審査申し出についてを議題とします。
 総務委員長、文教福祉委員長、経済生活委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りします。これを承認することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、総務委員長、文教福祉委員長、経済生活委員長の申出書のとおり、これを承認することに決定しました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第6 閉会中の継続調査申し出について
○磯前勝一 議長  日程第6閉会中の継続調査申し出についてを議題とします。
 議会運営委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りします。これを承認することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員長の申出書のとおり、これを承認することに決定しました。
 ─────────────────────────────────────────
△日程第7 議員派遣の件について
○磯前勝一 議長  日程第7議員派遣の件についてを議題とします。
 議員派遣の件について、地方自治法第100条第12項及び会議規則第159条の規定により、お手元に配付の一覧表のとおり派遣することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○磯前勝一 議長  ご異議なしと認めます。よって、議員派遣の件について、お手元に配付の一覧表のとおり派遣することに決定しました。
 以上で、今期定例会に付議されました案件はすべて終了しました。
 これをもちまして、平成17年第2回ひたちなか市議会6月定例会を閉会します。
          午前10時20分 閉会