議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 つくば市

平成24年 9月18日環境経済常任委員会−09月18日-01号




平成24年 9月18日環境経済常任委員会

                つくば市議会環境経済常任委員会
            ────────────────────────
               平成24年9月18日 午前10時05分開会
            ────────────────────────
出 席 委 員
                            委員長     大久保 勝 弘 君
                            副委員長    浜 中 勝 美 君
                            委員      瀬 戸 裕美子 君
                            〃       木 村 倉ノ助 君
                            〃       高 野   進 君
                            〃       矢 口 一 雄 君
                            議長      飯 岡 宏 之 君
       ────────────────────────────────────
欠 席 委 員
                            なし
       ────────────────────────────────────
出 席 説 明 者
              市民部長                  酒 井 泰 寿 君
              市民部次長                 林   孝 男 君
              市民部次長                 久 松   近 君
              市民部企画監                山 田 英 人 君
              市民部市民課長               松 本 三枝子 君
              市民部つくばメモリアルホール斎場長     小神野   功 君
              市民部主任参事兼市民活動課長        岡 野 一 穂 君
              市民部市民活動課参事兼男女共同参画室長   飯 島   宏 君
              市民部市民活動課地域改善対策室長      沼 尻   武 君
              市民部消費生活センター所長         岡 田 高 明 君
              市民部働く婦人の家館長           寺 平 春 美 君
              市民部国際・文化課長            鈴 木 一 男 君
              市民部生涯学習課長             菊 地 秀 之 君
              市民部スポーツ振興課長           中 村   平 君
              環境生活部長                山 王 一 郎 君
              環境生活部次長               小 泉 邦 男 君
              環境生活部企画監              飯 島   浩 君
              環境生活部環境都市推進課長         松 本 玲 子 君
              環境生活部環境保全課長           木 本 美 昭 君
              環境生活部環境保全課放射線対策室長     谷 内 俊 昭 君
              環境生活部廃棄物対策課長          小神野 一 巳 君
              環境生活部危機管理課長           長   卓 良 君
              経済部長                  中 山   薫 君
              経済部次長                 直 江 常 夫 君
              経済部次長                 石 濱 光 輝 君
              経済部企画監                中 山 由 美 君
              経済部農業課長               福 田   滋 君
              経済部土地改良課長             岡 野 好 雄 君
              経済部産業振興課長             小神野 洋 一 君
              経済部産業振興課技術開発支援室長      飯 村 通 治 君
              経済部観光物産課長             浅 野 洋 子 君
              経済部豊里ゆかりの森所長          村 野 仁 志 君
              経済部筑波ふれあいの里所長         皆 川 一 男 君
              農業委員会事務局長             中 泉 信 幸 君
              農業委員会農業行政課長           勝 村   操 君
              企画部主任参事兼企画課長          相 澤 高 史 君
       ────────────────────────────────────
出席議会事務局職員

              議会事務局次長               河 田 一 男
              議会総務課主任主査             榊 原 輝 昭
       ────────────────────────────────────
                 議  事  日  程
                                  平成24年9月18日(火曜日)
                                  午前10時05分開会
1 開会
2 あいさつ
3 審査案件
(1)議案第65号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第5号)
(2)議案第73号 つくば市空き家等適正管理条例について
4 委員会審査報告について
       ────────────────────────────────────
                   午前10時03分
○大久保 委員長  おはようございます。
 本日は、環境経済常任委員会を招集いたしましたところ、委員各位並びに執行部のご出席を賜りまして厚く御礼申し上げます。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  それでは、開会に先立ちまして、飯岡議長よりごあいさつをいただきます。お願いいたします。
○飯岡 議長  皆さん、おはようございます。
 本日は、環境経済常任委員会の開催に際しましては、委員各位並びに執行部の方々にはご出席を賜り厚く御礼申し上げます。
 また、8月31日に開会しました本定例会も、一般質問、決算特別委員会と皆様のご協力によりまして、会議等もスムーズな運営を得ていることに対しまして、重ねて御礼を申し上げます。
 ご承知のとおり、10月下旬に我々議員は市民の審判を仰ぐわけであります。この場をおかりしまして、この4年間、環境経済常任委員会の運営が円滑に本日までまいりましたことは、委員各位並びに市原市長を初めとする執行部の皆様方のご協力のたまものと重ねて御礼を申し上げます。
 今後、ますます健康に留意され、市勢発展のためご尽力されることを切にお願い申し上げまして、私のあいさつといたします。ご苦労さまです。
○大久保 委員長  ありがとうございました。
 この後、飯岡議長は公務がありますので退席いたします。
                  〔飯岡議長退場〕
○大久保 委員長  本日の委員会では、議案2件を審査しますので、よろしくお願いいたします。
       ────────────────────────────────────
                  午前10時05分開会
○大久保 委員長  ただいまの出席委員数は6名でございます。
 定足数に達しておりますので、直ちに、環境経済常任委員会を開会いたします。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  これより議事に入ります。
 質疑並びに答弁は、挙手の上、委員長の許可を得てから発言されますようお願いいたします。
 なお、答弁される執行部の方は、所属及び職氏名を名乗ってから簡潔明瞭に答弁くださいますようにお願いいたします。
 それでは、議事次第書に基づきまして審査を進めてまいります。
 初めに、議案第65号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第5号)の当委員会付託分についてを議題といたします。
 なお、詳細については、お手元にお配りいたしております議事次第書をごらんください。審査方法については、歳入歳出を一括して行います。発言の際には、ページ数を示してくださいますようお願いいたします。
これより議案第65号の当委員会付託分に対する質疑を行います。
順次発言を許します。
 瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  じゃ、お願いします。2点あります。26ページ、農林水産業費の12番林業振興に要する経費、身近なみどり整備推進事業委託料と、それから調査委託料ですね、ここの詳細をお願いしたいと思います。
 それから、もう1点は、27ページです。商工費の商工業振興に要する経費、北条ふれあい館再整備活用事業費補助金、ここのところをお願いします。この復興の状況ですね。損傷の状況とそれからどれぐらい復興しているのか、復旧がどれほど進んでいるかということをお聞かせいただきたいと思います。
○大久保 委員長  福田農業課長。
◎福田 農業課長  身近なみどり整備、ここに書いてある整備委託料960万円、これにつきましては、当初、身近なみどり整備事業、20ヘクタールを予定しておりましたけれども、3月までの申請申し込み期間を終えた時点で、28ヘクタールほどの申請がありました。追加分の8ヘクタールの整備委託料として960万円、それとその8ヘクタール分の調査費等の委託、これが76万8,000円となっております。以上です。
○大久保 委員長  小神野産業振興課長。
◎小神野 産業振興課長  北条商店街の被災状況につきましては、90店舗ありまして、そのうち73店舗が被災してございます。復旧でございますが、4カ月になりますけれども、67店舗が仮店舗とか、それなりの復旧をしております。残り6店舗につきましては、高齢であったりとか、居宅の方に費用を投じて、まだ商店の再開をしていないという状況にございます。
 今回の補正予算で上げさせていただいております事業費につきましては、復興のシンボルになるということで、北条ふれあい館そのものが被災しまして使えなくなっておりますので、それを復興するためということで、県と市がお互い5分の2ずつ出し合いまして、5分の1につきましては、商工会さんの方の負担をいただいて、シンボルとなる北条ふれあい館を復興するということで、今回、上げさせていただいております。以上でございます。
○大久保 委員長  瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  ありがとうございます。林業振興のところなのですけれども、竜巻の被害を受けたところが今回入っているというように聞いているのですけれども、そうでしょうか。
○大久保 委員長  福田農業課長。
◎福田 農業課長  竜巻被害につきましては、農林水産業費予算区分として、農林水産業費じゃなくて、民生費の災害救助の方の予算に計上しています。節的には、款項目節でいくと030401の13の方に掲載してございます。
○大久保 委員長  瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  ありがとうございます。
 これはどういうふうに違うのか、ちょっと聞きたかったので、今、質問させていただいたのですけれども、わかりました。それとあと、北条の方なのですが、整備活用の計画が、もしできているようでしたらば、お教えいただきたいと思います。
○大久保 委員長  小神野産業振興課長。
◎小神野 産業振興課長  北条のまち全体の復興ということでよろしいですか、復興に当たりましては、6月15日に、北条復興まちづくり協議会というのを立ち上げまして、これまで2回協議を進めてきてございます。その中で、北条のまちをどのように復興していくかという協議を進めてございます。3回目につきまして、9月26日を予定してございます。ここに、県の経産省の担当課の方も来ていただきまして、ご意見を賜りながら復興に向けて協議している段階でございます。以上でございます。
○大久保 委員長  そのほかありませんか。
 浜中委員。
◆浜中勝美 委員  23ページの環境衛生費の中で14番の新エネルギー導入に要する経費の中の太陽光発電設備等設置事業補助金について、ちょっと教えていただければと思います。
○大久保 委員長  松本環境都市推進課長。
◎松本 環境都市推進課長  太陽光発電設置補助につきましては、当初予算で330件分の補助金を予定させていただきまして、そちらについてはすべて終了しております。今後、今年度中に、プラス500近くまた申請があるものというふうに推測されますので、その分の3,000万円を計上させていただきました。
○大久保 委員長  そのほかありませんか。
                〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第65号の当委員会付託分に対する質疑を終結いたします。
 続いて、討論に入ります。
 まず、議案第65号の当委員会付託分に対する反対討論の発言を許します。
                〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第65号の当委員会付託分に対する討論を終結いたします。
 これより議案第65号の当委員会付託分についての採決を行います。
 議案第65号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第5号)の当委員会付託分については、原案のとおり可決することに異議ありませんか。
               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議なしと認め、議案第65号の当委員会付託分については、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  次に、議案第73号 つくば市空き家等適正管理条例についてを議題といたします。
 これより議案第73号に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 浜中委員。
◆浜中勝美 委員  条例案をちょっと読んでみたのですけれども、具体的な部分については規定で定めるという形でなっておると思うのですけれども、条例の案では、所有者が特定できない空き家に関しての対策というか、そういう部分については、どのように考えていらっしゃるのか、条例の方では、すべて所有者を特定して、解体とかいろいろな費用、もしかしてかかったときには、所有者の方に請求するというふうに書かれておりますけれども、特定できない空き家があるんじゃないかと思われるのですが、もし、そういう空き家があった場合にどのように対処されるのか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  今後、規約それからガイドラインを進めていく中で整理したいと思うのですが、基本的には、なるべく所有者を特定していくような方向で進めさせていただいて、どうしても特定できないものについては、そういうものも何らかの対応ができるような、そんなことを考えたいと思います。
○大久保 委員長  浜中委員。
◆浜中勝美 委員  それは、来年の4月1日施行ということになっていますけれども、それまでに大体その辺の部分というのは、でき上がるというふうに解釈してよろしいのでしょうか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  4月1日運用開始ですので、そこまでにはある程度整理したいと思います。
○大久保 委員長  瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  済みません、基本的なことをお聞きするのですけれども、市内の空き家の状況なのですけれども、持ち主との連絡が不能だとか、持ち主不明の空き家というのは一体どれぐらいあるのでしょうか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  過去に調査した中では、市内に空き家といわれているものが、総務省の統計では3,220軒ほど、平成20年度の総務省の調査では3,220軒、そういうふうな報告が上げられております。
○大久保 委員長  瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  それは、空き家というだけで、持ち主がわからないというようなのは把握されていますか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  正確な数字は、今後の調査になると思うのですが、過去に、廃屋に近いような状態というようなもので把握しているのは130軒ということで、過去の議会で答弁していると思います。
○大久保 委員長  瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  そうすると、これまでは、危険と判断、130軒を危険というふうに判断したかどうかはわからないのですけれども、その措置は、どのようなものが可能だったのでしょうか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  済みません。過去はどう対応したかというのは、私はちょっと担当していなかったものですから、はっきりしたことは言えないのですが、現時点で言わせていただければ、所有者が特定できないものは、平常時ですと、何の手だてもできないという状況です。
○大久保 委員長  瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  そうすると、この条例によって、幾つかいろいろな対処の方法が順番に挙がっているのですけれども、これによって、そういう危険なものや何かの解決が望めるということで、こういうものが出てきたということでよろしいですか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  基本的に、この条例が適正管理を進めるような条例でございまして、ただ、それでもどうしてもというような場合には、今までよりは少し前進できるような、そんなふうにしていきたいと思います。
○大久保 委員長  木村委員。
◆木村倉ノ助 委員  これ担当の方で、3,000空き家があると、危険箇所も100何十カ所あるという話を聞いたので、なぜ、この条例が急に必要になったのか、ちょっとその理由聞きたいのですけれども。この条例を定めなくちゃならない理由。今までそういうふうに把握していたにもかかわらず、なぜ急にこういう条例が必要なのか、ちょっとお聞きしたいのですけれども。
○大久保 委員長  相澤企画課長。
◎相澤 主任参事兼企画課長  この条例制定のことですので、これまでの経緯ということで。実は、空き家並びにその敷地につきましては、苦情、要望のたぐいというのは、かなり前から寄せられておりましたけれども、関係する課が多課にわたるということで、その調整が必ずしも順調に進んではおりませんでした。そのため、私ども企画課の方で、昨年から、関係課との調整をとりまして、今回、条例案ということでお示しすることができたという状況です。以上です。
○大久保 委員長  木村委員。
◆木村倉ノ助 委員  例えば、この条例を制定したとしても、今ざっとしか読んでいないので、何か矛盾しているような、立ち入れないような、ただやっているだけの条例みたいな、私も、農業委員会の方でいろいろ農地法のやりましたけれども、全くその条例が権限に合わないというような条例じゃないのかなと。もっと検討して、やるのだったらもうちょっと強いものに変えた方がいいのじゃないのかなと私は思うのですが、その辺はどうなのですか。この条例で本当にやれるのですか、個人の財産を。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  その辺のところ、4月1日までの施行の中で、個人の財産というところに踏み込みますので財産性ですとか危険性、そういったものを少し整理していって、できるだけ踏み込んで入れるような形にしていきたいと思います。
○大久保 委員長  木村委員。
◆木村倉ノ助 委員  そういうふうに改正していって、最終的に、行政の中に判断できる人間がいるのですか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  なかなか、財産性ですとか危険性に関しては、専門的な知識も必要になってきますので、その辺のところは、専門的な方のアドバイスを受けるような形でもっていければなと考えております。
○大久保 委員長  木村委員。
◆木村倉ノ助 委員  これ個人の財産を、行政が、危険だからといって壊せるかどうかというのはちょっと疑問なのですが、もうちょっと改正して、弁護士ですか、そういったものもやはり弁護士使わないと、個人の財産壊すというのは行政ではできないのかなと私は思うのですが、その辺はどうですか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  今後、4月1日の施行までの間に、その辺のところを少し整理いたしまして、先ほども答弁いたしましたように、専門的な知識が必要になってくると思いますので、その辺のアドバイスを受けるような、そういうシステムをつくっていきたいと思います。
○大久保 委員長  ほかにありませんか。
                〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ほかに発言がないようでございますので、議案第73号の質疑を終結いたします。
 続いて、討論に入ります。
 まず、議案第73号に対する反対討論の発言を許します。
 ありませんか。
                〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第73号の討論を終結いたします。
 これより議案第73号を採決いたします。
 議案第73号 つくば市空き家等適正管理条例については、原案のとおり可決することに異議ありませんか。
               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議なしと認め、議案第73号は原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  次に、環境経済常任委員会審査結果報告について、お諮りいたします。
 当委員会審査結果報告書につきましては、委員長が作成し、報告したいと思いますが、これに異議ありませんか。
               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議なしと認め、当委員会審査結果報告書を委員長が作成し、報告することに決定をいたしました。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  以上、当委員会付託分の審査は議了しました。
 ここで、閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 本日の委員会が最終の環境経済常任委員会になるのではないかと思いますが、振り返って、この2年間、考えてみますと、本委員会に付託されました議案は重要なものがたくさんございました。その間、委員各位には、常に熱心に紳士的な態度でご審議を賜り、また、議事運営に特別のご協力をいただき、円滑かつ効果的に委員会を進められましたことにつきまして、副委員長ともども、深く感謝と御礼を申し上げます。
また、執行部の皆様におかれましては、常に親切丁寧な答弁をいただきましたことに対しまして感謝をするわけでございます。各位のご協力、ご指導に厚く感謝申し上げ閉会のごあいさつといたします。
これにて環境経済常任委員会を閉会いたします。
大変ご苦労さまでございました。
ありがとうございました。
                  午前10時25分閉会


 つくば市議会委員会条例第60条第1項の規定により署名する


   平成24年9月18日


               委 員 長  大久保 勝 弘