議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 つくば市

平成24年 8月31日観光開発推進特別委員会−08月31日-01号




平成24年 8月31日観光開発推進特別委員会

                 つくば市議会観光開発推進特別委員会
              ────────────────────────
                 平成24年8月31日 午前11時13分開会
              ────────────────────────
 出 席 委 員
                            委員長     矢 口 一 雄 君
                            委員      松 岡 嘉 一 君
                            〃       瀬 戸 裕美子 君
                            〃       大久保 勝 弘 君
                            〃       田 宮 直 子 君
                            〃       久保谷 孝 夫 君
       ────────────────────────────────────
 欠 席 委 員
                            副委員長    高 野   進 君
       ────────────────────────────────────
 出席議会事務局職員
                        議会総務課議事係長   川 崎   誠
                        議会総務課主任主査   柳 田 安 生
       ────────────────────────────────────
                    議  事  日  程
                                  平成24年8月31日(金曜日)
                                  午前11時13分開会
 1 あいさつ
 2 審査案件
  (1)中間報告について
       ────────────────────────────────────
                     午前11時13分
○矢口 委員長  本日は本会議散会後に特別委員会を招集いたしましたところ、委員各位のご出席を賜りまして厚く御礼申し上げます。
 当特別委員会は、筑波山及び牛久沼周辺、並びに市内における観光開発、観光産業の育成を推進するため調査研究を行うことを目的に設置されました。
 今定例会が委員の任期中最後の定例会になることに伴いまして、本会議において中間報告を行い、今後の観光行政の発展に寄与できればと考えております。
 以上のことから、本日の委員会では中間報告についてご協議をお願いいたします。
       ────────────────────────────────────
                   午前11時13分開会
○矢口 委員長  ただいまの出席委員数は6人であります。高野委員から欠席届が出ております。
 定足数に達しておりますので、直ちに観光開発推進特別委員会を開催いたします。
       ────────────────────────────────────
○矢口 委員長  これより議事に入ります。
 特別委員会の中間報告についてを議題といたします。
 お手元に配付してあります中間報告書をごらんいただきたいと思います。これまでの審査経過等を報告するために、委員会条例第35条第2項の規定により、本会議における中間報告を申し出るものです。
 事務局から朗読をお願いいたします。
◎柳田 議会総務課主任主査  それでは、朗読させていただきます。
              観光開発推進特別委員会中間報告(案)
 観光開発推進特別委員会は、平成22年12月22日に、筑波山及び牛久沼周辺並びに市内における観光開発、観光産業の育成を推進するため、調査研究を行い、これらを推進することを目的に8名の委員をもって設置されました。
 これより当委員会の活動経過について報告をさせていただきます。
 委員会活動として、まず、平成23年3月4日の委員会で、特別委員会の基本となる活動方針及び活動計画を決定いたしました。その後、執行部から筑波山周辺観光整備の進捗状況などを中心に説明をいただきました。その内容につきましては、平成23年度から始まる筑波山梅林駐車場整備事業、筑波山山頂水道整備事業の進捗状況、また、周辺整備の状況として、ポケットパーク駐車場整備、登山道への案内板整備、梅林施設の整備等についてであります。
 また、その後、現地調査として、筑波山梅まつり開催状況を視察調査しました。
 平成23年10月27日から28日にかけて、静岡県沼津市及び富士市を訪問し、行政視察を実施しました。
 沼津市では、伊豆半島の玄関口として、国内外から静岡県東部・伊豆地域への観光交流の核となる個性ある拠点都市を目指した観光振興ビジョンの概要について学びました。
 富士市では、富士山の南に位置しながら観光認知度が低迷している現状を打開し、観光立市の実現に向けた取り組み等について学ぶことができました。
 どちらにおいても、新たな観光施策への取り組みの視点を伺うことができ、今後のつくば市における取り組みに大いに参考になりました。
 次に、平成24年7月10日の委員会では、筑波山梅林駐車場進入路整備事業、山頂水道整備事業の進捗状況について、つくば市観光基本計画についてを中心に、執行部から説明をいただきました。委員からは、今整備中の駐車場を含めても、駐車場の絶対数が足らない。さらなる整備が必要ではないかとの意見が出され、執行部から、ピーク時を考えて駐車場を整備すると、用地の問題など、大変大きな整備になってしまう。筑波山ろく周辺を含めどのようにしていくのか、早急に検討していきたいとのことでありました。
 また、委員から、おもてなしを大切にした観光体制づくりについて意見が出され、執行部から、引き続き観光コンベンションセミナー等を開催し、おもてなし意識の形成に努めていくとのことでありました。
 その後、つくばサイエンスツアーの現地調査として、筑波宇宙センターの視察調査を行いました。
 今期定例会の8月31日の特別委員会では、ただいま報告をさせていただいております当特別委員会中間報告について協議を行い、本日の中間報告と相なった次第であります。
 最後に、つくば市におけるこれまでの観光は、研究学園都市建設、つくば科学万博開催、TX開業など、外的要因に支えられてきた側面が大きくあります。今後はそういった要因に頼らない、つくば市独自の観光のあり方を考える必要があるといえます。つくば市には、筑波山や牛久沼周辺に代表される自然、歴史、文化や研究・教育機関の集積など数多くの魅力的な資源が存在します。それらを活用、発掘し観光産業の育成を推進する余地は、まだ多々あるものと感じております。今後とも継続的に調査研究してまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げ、ご報告といたします。
 平成24年9月21日
観光開発推進特別委員会
委員長  矢口一雄
 以上でございます。
○矢口 委員長  どうもありがとうございます。
 それでは、委員の皆様のご意見をいただきます。
 発言の際には、挙手の上、委員長の許可を得てから発言するようお願いいたします。
 順次、発言を許します。
 ないですか。
                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○矢口 委員長  ないようですので、発言を終結いたします。
 お諮りいたします。
 当特別委員会の中間報告については、案文のとおりとし、今定例会に報告することにご異議ありませんか。
                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○矢口 委員長  ご異議ないと認め、案文のとおり今定例会に報告することに決定いたしました。
       ────────────────────────────────────
○矢口 委員長  以上で、本日の案件は終了いたしました。
 なお、今回が任期中、最後の委員会となります。委員の皆様のご協力により委員長の大役を果たすことができましたことを、副委員長ともどもこの場をおかりいたしまして御礼申し上げます。
 これにて観光開発推進特別委員会を閉会いたします。
                   午前11時21分閉会


 つくば市議会委員会条例第60条第1項の規定により署名する


   平成24年8月31日


               委 員 長  矢 口 一 雄