議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 つくば市

平成24年 9月定例会−08月31日-01号




平成24年 9月定例会

                     平成24年9月
                つくば市議会定例会会議録 第1号
            ─────────────────────────
                平成24年8月31日 午前10時06分開会
            ─────────────────────────
 出 席 議 員
   議 長 25  番   飯 岡 宏 之 君     17  番   吉 葉   茂 君
   副議長 26  番   今 井   孝 君     18  番   木 村 倉ノ助 君
       1  番   塚 本 洋 二 君     19  番   安 井   茂 君
       2  番   山 本 美 和 君     21  番   柳 沢 逸 夫 君
       4  番   浜 中 勝 美 君     23  番   田 宮 直 子 君
       5  番   松 岡 嘉 一 君     24  番   須 藤 光 明 君
       6  番   田 中 サトエ 君     27  番   鈴 木 富士雄 君
       9  番   永 井 悦 子 君     28  番   塙   豊 光 君
       10  番   瀬 戸 裕美子 君     29  番   矢 口 一 雄 君
       11  番   大久保 勝 弘 君     30  番   塩 田   尚 君
       12  番   橋 本 佳 子 君     31  番   金 子 和 雄 君
       14  番   古 山 和 一 君     32  番   久保谷 孝 夫 君
       16  番   小 野 泰 宏 君
       ────────────────────────────────────
 欠 席 議 員
       3  番   ヘイズ ジョン 君
       7  番   五十嵐 立 青 君
       15  番   馬 場 治 見 君
       20  番   高 野   進 君
       22  番   市 川 三 郎 君
       ────────────────────────────────────
 出 席 説 明 者
   市長           市 原 健 一 君   環境生活部長       山 王 一 郎 君
   副市長          岡 田 久 司 君   保健福祉部長       野 尻 正 博 君
   副市長          細 田 市 郎 君   経済部長         中 山   薫 君
   教育長          柿 沼 宜 夫 君   都市建設部長       大 内 一 義 君
   代表監査委員       山 内   豊 君   上下水道部長       藤 澤   宏 君
   市長公室長        稲 葉 祐 樹 君   会計管理者        石 山   克 君
   総務部長         沖 田   浩 君   消防長          北 嶋   清 君
   企画部長         石 塚 敏 之 君   教育委員会事務局長    大 里 吉 夫 君
   主幹兼科学技術振興監兼国際戦略総合特区推進室長  農業委員会事務局長    中 泉 信 幸 君
                梅 原 弘 史 君   選挙管理委員会事務局長  南   文 男 君
   財務部長         久 松   孝 君   監査委員事務局長     大 野   勝 君
   市民部長         酒 井 泰 寿 君
       ────────────────────────────────────
 出席議会事務局職員
   事務局長         中 嶋 美 雄     議会総務課議事係長    川 崎   誠
   事務局次長        河 田 一 男     議会総務課主任主査    柳 田 安 生
   議会総務課長       宮 本   任     議会総務課主任主査    榊 原 輝 昭
   議会総務課庶務係長    秋 田 恵 子     議会総務課主事      原   弘 紀
       ────────────────────────────────────
                  議 事 日 程 第 1 号
                                    平成24年8月31日(金曜日)
                                    午前10時06分開会
 開会
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期の決定について
      諸般の報告
      行政報告
 日程第3 (一括報告)
      報告第16号 平成23年度つくば市一般会計継続費精算について
      報告第17号 平成23年度つくば市健全化判断比率及び資金不足比率について
      報告第18号 財団法人つくば都市振興財団の経営状況を説明する書類について
      報告第19号 専決処分事項の報告について(専決処分第14号)
      報告第20号 専決処分事項の報告について(専決処分第15号)
      報告第21号 専決処分事項の報告について(専決処分第16号)
 日程第4 (一括上程説明)
      認定第1号 平成23年度つくば市一般会計歳入歳出決算認定について
      認定第2号 平成23年度つくば市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
      認定第3号 平成23年度つくば市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
      認定第4号 平成23年度つくば市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について
      認定第5号 平成23年度つくば市作岡財産区特別会計歳入歳出決算認定について
      認定第6号 平成23年度つくば市等公平委員会特別会計歳入歳出決算認定について
      認定第7号 平成23年度つくば市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
      認定第8号 平成23年度つくば市病院事業会計決算認定について
      認定第9号 平成23年度つくば市水道事業会計決算認定について
      議案第65号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第5号)
      議案第66号 平成24年度つくば市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
      議案第67号 平成24年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第68号 平成24年度つくば市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
      議案第69号 平成24年度つくば市等公平委員会特別会計補正予算(第1号)
      議案第70号 平成24年度つくば市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第71号 平成24年度つくば市水道事業会計補正予算(第1号)
      議案第72号 つくば市認定国際戦略総合特別区域計画の推進に関する条例について
      議案第73号 つくば市空き家等適正管理条例について
      議案第74号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更に関する協議について
      議案第75号 工事請負契約の締結について
      議案第76号 工事委託契約の変更について
      議案第77号 物品購入契約の締結について
 日程第5 決算特別委員会の設置について
      (決算特別委員会委員の選任について)
      (正・副委員長の互選)
 日程第6 休会について

1.本日の会議に付した事件
  日程第1 会議録署名議員の指名について
  日程第2 会期の決定について
       諸般の報告
       行政報告
  日程第3 (一括報告)
       報告第16号から報告第21号
  日程第4 (一括上程説明)
       認定第1号から認定第9号
       議案第65号から議案第77号
  日程第5 決算特別委員会の設置について
       (決算特別委員会委員の選任について)
       (正・副委員長の互選)
  追加日程 五十嵐立青君の議員の辞職について
  日程第6 休会について
       ────────────────────────────────────
                      午前10時05分
○議長(飯岡宏之君) 皆さんおはようございます。開会前にお知らせいたします。
 本日の会議資料は、9月定例会会議資料等配付一覧表のとおりであります。
 次に、議会報編集委員長から招集通知の配付依頼がありましたので、机上に配付しておきました。
 次に、写真撮影の申し出がありますので、傍聴規則第9条の規定によりこれを許可いたします。
       ────────────────────────────────────
                     午前10時06分開会
△開会の宣告

○議長(飯岡宏之君) ただいまの出席議員数は23人であります。
 馬場治見議員、高野 進議員、市川三郎議員から欠席届が出ております。定足数に達しておりますので、平成24年9月つくば市議会定例会を開会いたします。
       ────────────────────────────────────
△開議の宣告

○議長(飯岡宏之君) 直ちに、本日の会議を開きます。
       ────────────────────────────────────
△会議録署名議員の指名

○議長(飯岡宏之君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、つくば市議会会議規則第78条の規定により、議長において、23番議員田宮直子君、24番議員須藤光明君、26番議員今井 孝君を指名いたします。
       ────────────────────────────────────
△会期の決定について

○議長(飯岡宏之君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 会期の決定につきましては、先日、議会運営委員会を開催しておりますので、その結果について議会運営委員長から報告を求めます。
 柳沢議会運営委員長。
                 〔議会運営委員長 柳沢逸夫君登壇〕
◎議会運営委員長(柳沢逸夫君) おはようございます。議会運営委員会から、平成24年9月つくば市議会定例会の会期日程についてご報告を申し上げます。
 平成24年9月つくば市議会定例会が招集されたことに伴い、去る8月29日午後1時30分より議会運営委員会を開催しまして、今期定例会の会期日程について審査をしました。
 その結果、議案数及び一般質問者数などを考慮の上、本日8月31日から9月21日までの22日間とすることに出席委員全員異議なく決定した次第であります。
 議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げ、議会運営委員会からの報告を終わります。
○議長(飯岡宏之君) お諮りいたします。
 議会運営委員長の報告のとおり、今期定例会の会期は、本日8月31日から9月21日までの22日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(飯岡宏之君) ご異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日8月31日から9月21日までの22日間と決定いたしました。
       ────────────────────────────────────
△諸般の報告

○議長(飯岡宏之君) この際、諸般の報告をいたします。
 平成24年6月つくば市議会定例会において議決されました障害者自立支援法にかわる新たな障害者福祉施策を講ずる「障害者総合支援法」の施行に係る意見書、大飯原発再稼働の中止を求める意見書につきましては、平成24年6月29日付をもちまして関係行政庁へ送付いたしました。
 以上、ご報告いたします。
       ────────────────────────────────────
△行政報告

○議長(飯岡宏之君) 次に、市長から行政報告の申し出がありましたので、発言を許します。
 市原市長。
                   〔市長 市原健一君登壇〕
◎市長(市原健一君) つくば国際戦略総合特区の進捗状況についてご報告を申し上げます。
 つくば国際戦略総合特区については、先ごろ行われた規制の特例措置や財政支援に関する国との協議の結果を踏まえ、国際戦略総合特別区域計画の変更認定申請を行いました。このたび、内閣総理大臣から変更認定がされ、国による支援措置等が新たに盛り込まれました。今後は、国、茨城県、筑波大学、地域協議会等と連携、協力しながら計画を確実に推進をしてまいります。
 また、最近の動きとしては、日本経団連が特区に関するシンポジウムを開催するなど、経済界を初め、各方面から特区指定後の進捗に関して高い関心が寄せられております。
 以上、ご報告申し上げます。
 なお、これらの詳細につきましては、国際戦略総合特区推進室長から説明をさせますので、よろしくお願いをいたします。
○議長(飯岡宏之君) 梅原国際戦略総合特区推進室長。
              〔国際戦略総合特区推進室長 梅原弘史君登壇〕
◎国際戦略総合特区推進室長(梅原弘史君) つくば国際戦略総合特区の進捗状況についてご説明いたします。
 お手元のつくば国際戦略総合特区の進捗状況と書いております紙をごらんいただければと思います。
 総合特区の制度と申しますのは、「はじめに」のところにもございますが、まず、地域指定をしてから国と具体的な支援内容についての協議を行っていくという、少し特殊な制度でございますので、昨年12月末に地域指定をいただいて以来、これまで関係者と協議を重ねてまいりました。
 実際のところ、現在も財政支援などにつきまして国と協議を継続している事項はございますけれども、国と折り合えたというところにつきましては、順次、内閣総理大臣の認定をいただいているところでございます。それを踏まえまして、実質上、本年度が初年度となりますけれども、事業を推進していくという体制をとってございます。
 先ほど市長からもご報告ございましたけれども、今週の月曜日に経団連が国際戦略総合特区の7地域を招きまして、産業界ですとか、海外の大使館の方々、そういった方々を聴衆としてシンポジウムが行われました。その終了後にアンケートがとられましたけれども、ほかの地域は、東京ですとか福岡ですとか、ずらりと政令市以上が並ぶ中でつくばが実現可能性の高そうな特区ということで、7地域中、第1位の評価をいただいたところでございます。そのような産業界ですとか、世界の方々からの期待にこたえられるように、取り組みをいち早く本格化していきたいと考えてございます。
 それでは、時間の都合もございますので、内容に簡単に触れさせていただきますと、1点目につくばを変える新しい産学官連携システムの構築という項目がございます。これにつきましては、現在、国と財政支援に関する最終的な詰めを行っております。これらが整い次第、まさにつくばの指令塔でございますけれども、「つくばグローバル・イノベーション推進機構」の機能を整えて新たに設立し、活動を本格化させたいと考えてございます。
 2点目以降の四つのプロジェクトに関しましては、それぞれ上の部分に枠囲いをしておりまして、そこに年度ごとの大まかな計画を書かせていただいております。特に今年度は実質の初年度でございますので、まずはしっかりとスタートを切りたいと考えてございます。
 時間の都合上、すべてについてご説明はできませんけれども、2点目の次世代がん治療(BNCT)の開発実用化、これを一つの例としてご説明いたしますと、ここでいうBNCTという治療法は、筑波大学が世界を大きくリードしておるものでございます。これを平成27年度に先進医療の認定を受けるということを大目標といたしまして、本年度中に拠点を稼働させ、平成26年度までに病院に設置できるような小型の装置を開発するという計画を組んでおります。
 その間に並行して実際の臨床研究などを積み重ねまして、患者さんの臨床の症例を150例ほど積み上げるという予定にしております。
 そのために、下にございますような規制緩和などの協議も行っておりまして、現在、このBNCTのかぎとなる薬剤、ホウ素薬剤と言っておりますけれども、これが薬事法の制限上、東京と京都でしか措置できない、投与できないということになっておりましたが、こういったものも厚労省と協議いたしまして、茨城の特区内で使用ができるような措置をいただいてございます。
 他のプロジェクトの取り組みもそうですが、我々、単なる緊急プロジェクトということを意としているわけではございません。つくばにおいて、これまで実用化されてこなかった世界でトップにあるような、まさにつくばの宝というものがたくさんございます。これらを総合特区という道具を使って、市民、行政一体となってこのまちぐるみで育てていくということで、新しいベンチャー企業ということはもちろんのこと、製造業を含む企業の集積でありますとか、そしてまたつくばが先進医療の拠点になれば市民に直接のメリットもございますし、世界的なすぐれた医療拠点ということであれば、世界じゅうから治療を受けにやってくるといったような、いわゆるメディカルツーリズムとでも言いましょうか、そういういろいろな周辺の関連産業などといったところにも効果が期待されます。
 繰り返しになりますが、このような単なる研究ではなくて、そういう市民生活全般に波及効果のあるまちづくりと一体となった取り組みを進めてまいりたいと考えてございます。
 ほかの三つのプロジェクトにつきましては、ちょっと時間の都合上、詳細は割愛させていただきます。
 それで最後に1点だけ、2ページ目、4点目にございます藻類バイオマスエネルギーの実用化というところをごらんいただけますでしょうか。
 こちらについて、これはいわゆる藻からオイルをつくるという、これも筑波大学の渡邉先生がその世界最高の能力を持つ藻を発見されたことによりまして、世界じゅうから大変注目を受けている取り組みではございますけれども、農水省といろいろ法令上の協議が整いましたので、枠囲いの年度計画にございますように、本年度よりその農地を活用した実証というものを進めさせていただければと考えております。
 3ページ目、最後のページでございますけれども、現在考えております候補地は、3ページの地図にありますように、筑波大学に隣接する栗原の農地ということで調整をさせていただいておりまして、現在、地権者の方々ですとか、区長初め近隣の地域の方々にお話をさせていただいているという段階でございます。何分新しい取り組みではございますので、9月中旬以降に説明会なども複数回にわたりさせていただきたいと考えております。9月に入りましたら、近隣の柴崎地区を中心に回覧板等でもちろん周知させていただきますし、近隣以外の方々にも、つくば市、筑波大学、それぞれのホームページなどを通じまして説明会のご連絡ということはさせていただきたいと考えてございます。
 このような取り組みを通じまして、ぜひつくばにしかできない産業というものをしっかりと育てていきたいと考えてございます。今後ともいろいろ取り組み等でご相談させていただくことございますけれども、引き続きご理解とご支援をよろしくお願いいたします。
       ────────────────────────────────────
△報告第16号 平成23年度つくば市一般会計継続費精算について
△報告第17号 平成23年度つくば市健全化判断比率及び資金不足比率について
△報告第18号 財団法人つくば都市振興財団の経営状況を説明する書類について
△報告第19号 専決処分事項の報告について(専決処分第14号)
△報告第20号 専決処分事項の報告について(専決処分第15号)
△報告第21号 専決処分事項の報告について(専決処分第16号)

○議長(飯岡宏之君) 日程第3、報告第16号 平成23年度つくば市一般会計継続費精算についてから報告第21号 専決処分事項の報告について(専決処分第16号)までの6件について、市長から報告を求めます。
 市原市長。
                   〔市長 市原健一君登壇〕
◎市長(市原健一君) 今定例会に提出をいたしました議案等のうち報告6件について、ご説明を申し上げます。
 報告第16号 平成23年度つくば市一般会計継続費精算については、平成22年度に設定いたしました第5期高齢者福祉計画策定業務委託、つくば総合都市交通体系調査業務委託、(仮称)春日小学校・春日中学校建設事業小学校分及び中学校分、以上4件の継続費設定事業が平成23年度に終了したことに伴い、地方自治法施行令第145条第2項の規定に基づき報告するものであります。
 報告第17号 平成23年度つくば市健全化判断比率及び資金不足比率については、平成23年度決算に基づき算定した実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率からなる健全化判断比率とつくば市水道事業会計、つくば市病院事業会計及びつくば市下水道事業特別会計の資金不足比率について、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づき報告するものであります。
 報告第18号 財団法人つくば都市振興財団の経営状況を説明する書類については、平成23年度決算報告書及び平成24年度予算書が提出されましたので、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき報告をするものであります。
 報告第19号から報告第21号 専決処分事項の報告については、道路管理上の瑕疵に係る事故の和解3件について、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したものであります。
 以上、ご報告申し上げます。
       ────────────────────────────────────
△認定第1号 平成23年度つくば市一般会計歳入歳出決算認定について
△認定第2号 平成23年度つくば市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
△認定第3号 平成23年度つくば市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
△認定第4号 平成23年度つくば市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について
△認定第5号 平成23年度つくば市作岡財産区特別会計歳入歳出決算認定について
△認定第6号 平成23年度つくば市等公平委員会特別会計歳入歳出決算認定について
△認定第7号 平成23年度つくば市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について
△認定第8号 平成23年度つくば市病院事業会計決算認定について
△認定第9号 平成23年度つくば市水道事業会計決算認定について
△議案第65号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第5号)
△議案第66号 平成24年度つくば市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
△議案第67号 平成24年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
△議案第68号 平成24年度つくば市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
△議案第69号 平成24年度つくば市等公平委員会特別会計補正予算(第1号)
△議案第70号 平成24年度つくば市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
△議案第71号 平成24年度つくば市水道事業会計補正予算(第1号)
△議案第72号 つくば市認定国際戦略総合特別区域計画の推進に関する条例について
△議案第73号 つくば市空き家等適正管理条例について
△議案第74号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更に関する協議について
△議案第75号 工事請負契約の締結について
△議案第76号 工事委託契約の変更について
△議案第77号 物品購入契約の締結について

○議長(飯岡宏之君) 日程第4、認定第1号 平成23年度つくば市一般会計歳入歳出決算認定についてから認定第9号 平成23年度つくば市水道事業会計決算認定についてまで、議案第65号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第5号)から議案第77号 物品購入契約の締結についてまでの22件を、つくば市議会会議規則第36条の規定により一括して議題といたします。
 提案者から、提案理由の説明を求めます。
 市原市長。
                   〔市長 市原健一君登壇〕
◎市長(市原健一君) それでは、今定例会に提出をいたしました議案等のうち、認定9件についてご説明を申し上げます。
 認定第1号 平成23年度つくば市一般会計歳入歳出決算認定については、歳入総額が702億6,736万1,000円、前年度比13億3,680万2,000円、1.9%の増、歳出総額は652億822万8,000円、前年度比11億1,255万9,000円、1.7%減の決算となりました。
 また、歳入総額から歳出総額を差し引いた形式収支は50億5,913万3,000円となり、このうち翌年度へ繰り越すべき財源4億4,569万8,000円を差し引いた実質収支は46億1,343万5,000円となっております。
 認定第2号 平成23年度つくば市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定については、歳入総額が171億8,028万7,000円、前年度比4.0%の増、歳出総額は169億8,173万9,000円、前年度比2.9%増の決算となっております。
 形式収支及び実質収支とはともに1億9,854万8,000円となっております。
 認定第3号 平成23年度つくば市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定については、歳入総額100億8,726万6,000円、前年度比10.1%の減、歳出総額は98億1,885万5,000円、前年度比11.5%減の決算となっております。
 形式収支は2億6,841万1,000円、実質収支は2億2,399万6,000円となっております。
 認定第4号 平成23年度つくば市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定については、歳入総額が12億1,154万円、前年度比2.2%の増、歳出総額が11億9,345万9,000円、前年度比1.9%増の決算となっております。
 形式収支及び実質収支はともに1,808万1,000円となっております。
 認定第5号 平成23年度つくば市作岡財産区特別会計歳入歳出決算認定については、歳入総額が12万1,000円、前年度比14.2%の増、歳出総額が5万1,000円、前年度比1.9%減の決算となっております。
 形式収支及び実質収支はともに7万円となっております。
 認定第6号 平成23年度つくば市等公平委員会特別会計歳入歳出決算認定については、歳入総額が115万2,000円、前年度比7.8%の減、歳出総額が72万3,000円、前年度比16.3%減の決算となっております。
 形式収支及び実質収支ともに42万9,000円となっております。
 認定第9号(後刻「認定第7号」に訂正) 平成23年度つくば市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定については、歳入総額が91億6,243万5,000円、前年度比4.5%の増となっております。歳出総額は90億4,792万5,000円、前年度比3.8%の増の決算となっております。
 形式収支及び実質収支ともに1億1,451万円となっております。
 認定第8号 平成23年度つくば市病院事業会計決算認定については、収益的収入及び支出において、事業収益が986万66円で、事業費用が6,385万9,926円であり、5,399万9,860円の損失となったものであります。これにより翌年度繰越欠損金は6億3,213万22円となっております。
 認定第9号 平成23年度つくば市水道事業会計決算認定については、収益的収入及び支出においては、水道事業収益が42億6,525万695円で、水道事業費用が47億4,492万6,725円であります。この結果、平成23年度は4億7,967万6,030円の損失となっております。
 次に、資本的収入及び支出においては、収入総額が11億7,738万3,816円に対して、支出総額は22億8,465万9,257円であり、不足する額11億727万4,441円(後刻「11億727万5,441円」に訂正)につきましては、損益勘定留保資金及び消費税資本的収支調整額で補てんをしております。
 以上、主要施策の成果及び予算執行の実績報告書、基金運用状況調書及びつくば市監査委員の意見書を付して認定を求めるものであります。
 なお、監査委員の意見書内容につきましては、後ほど代表監査委員から説明がありますので、よろしくお願いをいたします。
 続きまして、議案13件についてご説明を申し上げます。
 議案第65号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第5号)につきましては、歳入歳出予算に24億5,487万7,000円を追加し、総額を695億920万8,000円といたします。そのほか、繰越明許費の追加を3件、債務負担行為の追加を2件、地方債の変更を2件、廃止を1件行うものであります。
 今回の補正予算の主なものといたしまして、歳入においては、前年度決算に伴う繰越金の増額、固定資産税及び都市計画税の減額などを計上しております。
 また、歳出においては、障害福祉サービス給付費、道路新設改良事業、災害復旧事業などの増額、財政調整基金や医療環境整備基金等への積立金を計上しております。
 議案第66号 平成24年度つくば市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に9億2,407万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を182億9,024万3,000円とするものであります。
 主なものといたしましては、拠出金の確定に伴う国庫負担金や繰越金等の精算をするものでございます。
 議案第67号 平成24年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算総額から9,380万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を86億1,296万5,000円とするものであります。
 主なものといたしまして、つくばエクスプレス関連公共下水道事業の確定に伴う減額及び平成23年度事業における消費税の増額等に伴うものであります。
 議案第68号 平成24年度つくば市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に980万円を追加し、歳入歳出予算の総額を12億4,814万1,000円とするものであります。
 主なものといたしましては、平成23年度会計決算確定に伴う精算金といたしまして、一般会計への繰出金となっております。
 議案第69号 平成24年度つくば市等公平委員会特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に24万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を125万1,000円とするものであります。
 議案第70号 平成24年度つくば市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に1億116万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を96億7,665万4,000円とするものであります。
 主なものとしては、前年度会計決算確定に伴う精算金として、一般会計への繰出金と国庫支出金等返還金を計上しております。
 また、議案第66号から議案第70号の特別会計のうち、議案第69号を除き、4月の人事異動に伴う一般職給及び職員手当等の補正を計上しております。
 議案第71号 平成24年度つくば市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、収益的支出予算を690万7,000円減額し、総額を47億2,795万8,000円とするものであります。
 また、資本的支出予算を135万5,000円減額して、総額を34億7,120万円とするものであります。
 議案第72号 つくば市認定国際戦略総合特別区域計画の推進に関する条例については、つくば国際戦略総合特区内において、特定国際戦略事業を実施する者等に対し、固定資産税及び都市計画税の軽減措置を講じることにより、当該事業の産業化及びその主体となる企業の立地促進を図り、もって本特区が目指す国際競争力のある産業拠点の形成に貢献することを目的として条例を制定するものであります。
 議案第73号 つくば市空き家等適正管理条例につきましては、空き家等の管理の適正化を図り、倒壊などの事故及び犯罪等を防止することにより、市民の安全で安心な生活を確保することを目的として条例を制定するものであります。
 議案第74号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更に関する協議につきましては、住民基本台帳法の改正により、外国人住民が新たに住民基本台帳法の適用対象となったことに伴い、地方自治法第291条の3第3項の規定により、茨城県後期高齢者医療広域連合規約の一部を変更することについて、同法291条の11の規定により議会の議決を求めるものであります。
 議案第75号 工事請負契約の締結については、葛城地区における住環境の向上と災害時の一時避難所を確保し、安全で安心して暮らせるまちづくりを図るため、近隣公園を整備するものであります。
 議案第76号 工事委託契約の変更については、島名・福田坪一体型特定土地区画整理事業及び上河原崎・中西特定土地区画整理事業において、下水道事業量の増加に伴い、茨城県との平成24年度工事委託契約を変更するものであります。
 議案第77号 物品購入契約の締結につきましては、つくば市消防団茎崎支団第1分団及び谷田部支団第3分団及び第9分団の消防ポンプ自動車3台について、経年劣化が著しく消火活動に支障が生じるため買いかえるものであります。
 以上、提案理由のご説明を申し上げましたが、お手元の議案書等によりご審議の上、議決を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(飯岡宏之君) 市原市長。
                   〔市長 市原健一君登壇〕
◎市長(市原健一君) 一部訂正を申し上げます。
 認定第6号の次に認定第7号を9号と読み違えましたので、ご訂正をお願いいたします。
 もう1カ所、認定第9号における箇所で、不足する額11億727万5,441円の5,441円の五千が漏れてしまいましたので、正式には11億727万5,441円でございます。ご訂正、よろしくお願いいたします。
○議長(飯岡宏之君) 次に、監査委員から、平成23年度つくば市各会計決算審査について報告を求めます。
 山内代表監査委員。
                 〔代表監査委員 山内 豊君登壇〕
◎代表監査委員(山内豊君) 平成21年度、平成22年度に続きご報告いたします。
 平成23年度分の一般会計・特別会計歳入歳出決算並びに基金運用状況審査及び公営企業会計決算審査の結果等は、本年8月17日に市長あて提出いたしました意見書のとおりです。また、健全化判断比率及び資金不足比率並びにその算定の基礎となる事項を記載した書類の審査の結果等も意見書のとおりです。
 いずれも、記載されている金額、数値は適切かつ妥当に集計、計算、表示されているものと認めました。
 私ども監査委員は、毎年度ごとに監査計画に従い、例月出納検査、定期監査、工事監査、財政援助団体等監査、決算に伴う審査など、市の事務事業の広範囲にわたり、年間を通じて事務局とともに広い意味での監査を行っております。
 このような監査作業を通し検出された事項のうち、特に財政面から今後の事務事業の執行や予算編成、事業計画等に重要な影響を与えると思われるものについて、以下ご報告申し上げます。
 まず、財政全般については、財政健全化比率及び資金不足比率につきましては、実質公債比率と将来負担比率は良好な状態にあり、また、資金不足はないため、問題はありません。また、一般会計市債残高は約570億円ですが、平成21年度末の残高601億円をピークに減少する方向にあります。下水道特別会計の市債残高は約493億円で、これも平成22年度末残高との比較で約10億円の減少となっています。財政は全般として改善の方向にあります。
 次に、公営企業会計につきましては、一つには病院事業があります。平成22年度末での休院により、財政上の負担は著しく少ないものとなりました。今後は、適切な施設の維持管理及び新たな事業の展開を期待しています。
 水道事業につきましては、平成23年度実質赤字額9億500万円で、前年度比較で5,000万円悪化しています。ここ数年赤字が続いています。平成23年度末現在の資金残高25億円は、今後約5年から6年で枯渇します。今後の事業継続のための方策を検討する必要があります。
 下水道事業も、平成23年度末借入金残高593億円、一般会計繰入金26億円で、収入の事業規模はほぼ水道事業並みとなっており、市の負担は大きなものとなっております。下水道事業についても水道と同じように十分な検討と対策を望みます。
 上下水道事業は、一体とした“水”にかかわる市民生活に直結する重要なインフラです。今後、財政上に重要影響を与える問題でもあり、十分検討していただきたいと思います。
 一般会計につきまして、まず歳入についての事項を申し上げます。
 市税、保険税等については、収納率は徴収の一元化などの諸施策により改善されましたが、引き続き滞納の事前防止、回収強化に努めてもらいたいと思います。
 市営住宅使用料の収入未済額は、平成23年度末2億4,000万円と、年々着実に件数、金額ともに増加しております。つくば市が行う住宅政策はどうあるべきか、基本に戻って再点検していただきたいと思います。
 保育所利用料収入未済額は、平成23年度末1億4,800万円と高い水準です。保育所の整備充実が保育料の滞納増加になってはなりません。現場での一層の回収努力を続けていただき、悪質な滞納者への対策も検討していく必要があると思います。なお、幼稚園授業料の収入未済額はありません。
 次に、歳出についての事項を申し上げます。8項目指摘いたします。
 1、市全般の物品の管理については、各課が年度末作成する「重要物品出納簿」でなされていますが、本年度8月より新管理システムが導入されることに伴い、一層現品の管理が充実することを期待しております。
 2、人事課については、臨時職員に要する経費が約1億700万円と増加しています。臨時職員等と正規職員のバランスに留意した上で退職職員の活用を含め、適切な非正規職員の活用を望みます。
 3、企画課及びつくばサイエンスインフォメーションセンター等に関する件、センター地区の活性化にかかわる費用が若干増加しております。関連する部署が多いため経費が各部署に分散していますが、実際の活動は幅広い参加者による一つのプロジェクトとして取り組む必要があります。
 4、社会福祉課の生活保護対策に要する経費は約17億3,000万円で、平成22年度より約10%増加しています。世帯、人員数ともに増加しています。その中でも56%が医療扶助です。他の市等より受給割合が低いとはいえ、不正な受給への対策は常に怠れません。
 5、クリーンセンターは、特に経費が増加しているわけではありませんが、一般家庭用のごみ等について、指定ごみ袋への課金など何らかの有料化の検討もごみの減少や環境問題への対策からも必要と思います。
 6、産業振興課の産業創出支援に要する経費は5,300万円でした。産業の創出は、都市経済の最重要項目の一つです。あらゆる世代の意欲のある起業者が営利、非営利を問わずあらゆる業種で活躍できるよう、多面的な支援が総合的に行えるプラットホームの早期の確立を望みます。
 7、消防本部については新消防本部と中央消防署の計画が着実に進んでいますが、あくまで強靱で機能性に富む施設となることを望みます。
 8、教育委員会事務局の中央図書館運営に要する経費は6,800万円でした。従来より教育の機能を中心とする普通の図書館の大規模版として運営されています。今後、図書館に求められる多様な機能を整理し、基本に返って検討してもらいたいと思います。
 次に、決算監査委員の結果に追加して、工事監査についてご報告いたします。
 昨年5月に春日小中学校の建設工事について、また、本年1月真瀬の下水道工事について実施いたしましたが適切に実施されております。
 最後に、例月の監査についてご報告いたします。
 毎月の出納状況は適切に執行されておりますが、課長以上の各管理職が基本に立ち返り、日々部下の諸活動の管理を一層適切に実施されることを強く望みます。
 以上、ご報告させていただきました。今後の決算の審議並びに来年度の予算の審議のご参考にしていただければありがたいと思います。
       ────────────────────────────────────
△決算特別委員会の設置について

○議長(飯岡宏之君) 日程第5、決算特別委員会の設置についてを議題といたします。
 お諮りいたします。
 つくば市議会委員会条例第5条の規定により、今期定例会に上程されております認定第1号から認定第9号までを審査するため、12人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置したいと思います。これにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(飯岡宏之君) ご異議なしと認めます。よって、12人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置することに決定いたしました。
 ここで、つくば市議会先例集220により委員の推薦をいただきましたので、その名簿を配付いたします。
                 〔事務局決算特別委員会名簿配付〕
○議長(飯岡宏之君) ただいま設置されました決算特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において、お手元に配付しました名簿のとおり、塚本洋二君、松岡嘉一君、大久保勝弘君、古山和一君、小野泰宏君、吉葉 茂君、安井 茂君、柳沢逸夫君、須藤光明君、今井 孝君、矢口一雄君、塩田 尚君、以上12名を指名いたします。
 これより決算特別委員会を開催し、正副委員長を互選願います。
 暫時休憩いたします。
                     午前10時49分休憩
            ──────────────────────────
                     午前11時02分再開
○議長(飯岡宏之君) 休憩前に引き続き再開いたします。
 先ほど設置されました決算特別委員会の正副委員長が決まりましたので、就任のごあいさつをお願いいたします。
 初めに、吉葉 茂決算特別委員長のごあいさつをお願いいたします。
                 〔決算特別委員長 吉葉 茂君登壇〕
◎決算特別委員長(吉葉茂君) ただいまの決算特別委員会におきまして、委員長に選任をいただきました吉葉でございます。
 微力ではございますが、皆様方のご協力をいただきながら、スムーズな委員会運営に努めてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いを申し上げたいと思います。
 簡単ですが、ごあいさつにさせていただきます。(拍手)
○議長(飯岡宏之君) 続いて、今井 孝決算特別副委員長のごあいさつをお願いいたします。
                〔決算特別副委員長 今井 孝君登壇〕
◎決算特別副委員長(今井孝君) 先ほどの委員会で副委員長に指名をいただきました今井でございます。
 委員長を補佐しながら、スムーズな委員会の運営に努めていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。(拍手)
○議長(飯岡宏之君) 先ほど五十嵐立青君から議員辞職の願い出がありましたので、本件についてを日程に追加し議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(飯岡宏之君) ご異議なしと認めます。よって、五十嵐立青君の議員の辞職についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
       ────────────────────────────────────
△五十嵐立青君の議員の辞職について

○議長(飯岡宏之君) 五十嵐立青君の議員の辞職についてを議題といたします。
 辞職願を朗読させます。
                 〔議会事務局長 中嶋美雄君登壇〕
◎議会事務局長(中嶋美雄君) 五十嵐立青君の辞職願を朗読いたします。
                                         平成24年8月31日
 つくば市議会議長飯岡宏之様
                                   つくば市議会議員 五十嵐立青
                     辞職願
 今般、一身上の都合により議員を辞職したいので許可されるよう願い出ます。
 以上です。
○議長(飯岡宏之君) お諮りいたします。
 五十嵐立青君の議員の辞職を許可することにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(飯岡宏之君) ご異議なしと認めます。よって、五十嵐立青君の議員の辞職を許可することに決定いたしました。
       ────────────────────────────────────
△休会について

○議長(飯岡宏之君) 日程第6、休会についてを議題といたします。
 お諮りいたします。
 つくば市議会会議規則第10条第1項及び第2項の規定により、あす9月1日から9月6日までの6日間を休会にしたいと思います。これにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(飯岡宏之君) ご異議なしと認めます。よって、9月1日から9月6日までの6日間を休会とすることに決定いたしました。
       ────────────────────────────────────
△散会の宣告

○議長(飯岡宏之君) 以上で、本日予定されました案件はすべて終了いたしました。
 議員各位に申し上げます。
 議案等の質疑発言通告は9月4日の正午までとなっておりますので、発言される場合は通告をお願いいたします。
 次に、任期満了に伴う記念写真の撮影を、次の本会議開催日の9月7日に行いますので、午前9時20分までに市役所玄関前に集合願います。
 次に、本会議散会後にTX沿線整備調査特別委員会が第1委員会室で、観光開発推進特別委員会が第2委員会室で、安心・安全調査特別委員会が全員協議会室1でそれぞれ開催されますので、ご参集のほどよろしくお願いいたします。
 本日は、これにて散会いたします。
                     午前11時06分散会