議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 つくば市

平成24年 6月定例会−06月29日-付録




平成24年 6月定例会

△会議資料等配付一覧
 平成24年6月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第1号)
                                       平成24年6月13日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │議案差し替え(議案第46号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号))│ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成24年6月つくば市議会定例会議事日程(第1号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │平成24年6月つくば市議会定例会会期日程表                │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │平成24年6月つくば市議会定例会一般質問発言通告書            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 5 │平成24年6月つくば市議会定例会議案等審査付託表・資料          │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 6 │平成24年6月つくば市議会定例会陳情文書表                │ 参考資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 7 │議会報編集委員会招集通知(議会報編集委員)               │ 招集通知 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 8 │つくば市男女共同参画に関する市民意識調査報告書             │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 9 │男女共同参画に関する市民意識調査結果(概要版)             │ 配付資料 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘


         平成24年6月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第2号)
                                       平成24年6月20日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成24年6月つくば市議会定例会議事日程(第2号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成24年6月つくば市議会定例会質疑発言通告書              │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │一般質問資料  橋本 佳子 議員                    │ 資  料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │議会報 一般質問掲載申出書(一般質問通告議員)             │ 申 出 書 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘

           平成24年6月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第3号)
                                       平成24年6月21日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成24年6月つくば市議会定例会議事日程(第3号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │一般質問資料  永井 悦子 議員                    │ 資  料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │一般質問資料  小野 泰宏 議員                    │ 資  料 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘


           平成24年6月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第4号)
                                       平成24年6月22日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成24年6月つくば市議会定例会追加議案(市長提出議案)         │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │議第1号議案 つくば市審議会等の会議の公開に関する条例について     │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │平成24年6月つくば市議会定例会議事日程(第4号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │平成24年6月つくば市議会定例会議案等審査追加付託表           │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 5 │一般質問資料  五十嵐立青 議員                    │ 資  料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 6 │各常任委員会招集通知                          │ 招集通知 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘

          平成24年6月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第5号)
                                       平成24年6月29日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成24年6月つくば市議会定例会追加議案(市長提出議案)         │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成24年6月つくば市議会定例会議事日程(第5号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │閉会中の継続審査申出書(総務常任委員会)                │ 会議資料 │
│  │(議第1号議案 つくば市審議会等の会議の公開に関する条例について)   │      │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │各常任委員会議案等審査結果一覧表                    │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 5 │委第1号議案 つくば市議会会議規則の一部を改正する規則について     │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 6 │委第2号議案 つくば市議会委員会条例の一部を改正する条例について    │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 7 │議第2号議案 つくば市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一│ 会議資料 │
│  │部を改正する条例について                        │      │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 8 │意見書案第3号 障害者自立支援法にかわる新たな障害者福祉施策を講ずる「障│ 会議資料 │
│  │害者総合支援法」の施行に係る意見書                   │      │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 9 │意見書案第4号 大飯原発再稼働の中止を求める意見書           │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 10 │決議案第3号 竜巻被害に関する決議                   │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 11 │平成23年度 政策課題研究研修                      │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 12 │平成24年度 研修概要                          │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 13 │つくば市総合都市交通体系調査報告書                   │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 14 │つくば市高齢者福祉計画(第5期)(平成24年度〜平成26年度)       │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 15 │つくば市障害福祉計画(第3期) 平成24年度〜平成26年度         │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 16 │つくば市障害福祉計画(第3期) 平成24年度〜平成26年度 概要版     │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 17 │2012 つくばの教育概要                         │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 18 │平成24年度 学校教育指導方針                      │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 19 │平成23年度 つくば市オンブズマン活動状況報告書             │ 配付資料 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘

△一般質問通告
   一 般 質 問 発 言 通 告
                    (平成24年6月定例会)
        ┌──────┬───────────────────────────┐
        │ 質問順位 │        氏         名        │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   1   │   28番  塙       豊   光  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   2   │   11番  大 久 保   勝   弘  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   3   │   22番  市   川   三   郎  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   4   │   19番  安   井       茂  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   5   │   30番  塩   田       尚  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   6   │   14番  古   山   和   一  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   7   │   6番  田   中   サ ト エ  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   8   │   4番  浜   中   勝   美  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   9   │   12番  橋   本   佳   子  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   10   │   9番  永   井   悦   子  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   11   │   16番  小   野   泰   宏  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   12   │   5番  松   岡   嘉   一  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   13   │   1番  塚   本   洋   二  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   14   │   2番  山   本   美   和  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   15   │   24番  須   藤   光   明  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   16   │   31番  金   子   和   雄  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   17   │   23番  田   宮   直   子  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   18   │   10番  瀬   戸   裕 美 子  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   19   │   7番  五 十 嵐   立   青  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   20   │   32番  久 保 谷   孝   夫  議 員   │
        └──────┴───────────────────────────┘

                 28番   塙   豊 光 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 市の竜巻災害支援金│ 現在の支援金では、被災者の生活支援には、程遠いと思いま │保健福祉部長│
│ の拡充について   │す。手厚い見舞金を支給してみては、どうでしょうか。    │      │
│           │ 市の見解をお聞かせ下さい。               │      │
│2 つくバス運行につい│ 依然として、利用率が低い状態が続いています。運行路線やバ│企画部長  │
│ て         │ス停の設置場所・数などに問題があると思います。      │      │
│           │ 市はどのように考えているか。              │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                 11番   大久保 勝 弘 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 竜巻被害対策につい│(1)今回の竜巻は、国内最大級の巨大積乱雲スーパーセルF2│市長    │
│ て         │  からF3ともいわれる規模の竜巻が原因といわれ、北条地区│保健福祉部長│
│           │  を中心に吉沼から大砂・山木・北条・平沢地区まで、その距│      │
│           │  離は広範囲で約9.0キロにわたり、大きな被害を受けました │      │
│           │  。人的被害は、死者1名、負傷者37名、住家1,015棟の損壊 │      │
│           │  と田畑・山林・みかん園・ゴルフ場まで極めて甚大でした。│      │
│           │  1ケ月半が過ぎますが、これまでに災害対策本部・現地対策│      │
│           │  本部、消防・警察・社協・業者・ボランティアの皆様方の機│      │
│           │  敏な対応と支援・住民説明会等により、少し落ち着いてきま│      │
│           │  した。一方各党政治関係者の現地調査もあり、支援の輪も広│      │
│           │  がり義援金も市で頂いておりますが、市長のこれまでの総括│      │
│           │  (対策〜被災総額まで)と今後の方針についてお伺いします│      │
│           │  。                          │      │
│           │(2)竜巻被害状況を政府に、報告し支援策のご要望を内閣府・│環境生活部長│
│           │  防衛・環境大臣・衆議院・参議院委員会に致しましたが、そ│      │
│           │  の内容と現況や結果についてお伺いします。       │      │
│           │(3)つくば市は、被災者へ支援制度・支援金・見舞金等を、ご│保健福祉部長│
│           │  説明頂いておりますが、現況の取り扱い推移、また、今後の│      │
│           │  支援対策についてお伺いします。            │      │
│           │(4)北条まちづくり再生計画に、筑波大学・商店街の皆さんか│経済部長  │
│           │  ら江戸・明治期の北条のまち並みにしたいと、お聞きしてお│      │
│           │  りますが、支援策は、地域商業再生事業の国庫補助での対応│      │
│           │  になりますが、現況(商店街)の計画・つくば市の取り組み│      │
│           │  方についてお伺いします。               │      │
│           │(5)ガレキの撤去・支援については、市長の受け入れ決断が早│環境生活部長│
│           │  く、被災された皆様も安心して自家用車で運搬したり、被災│      │
│           │  者が処理出来ないところは、業者・ボランティア皆様方の支│      │
│           │  援で解決しています。今後の課題は、4箇所仮置き場の約1│      │
│           │  万トンをどのように解決するかです、方針をお伺いします。│      │
│           │(6)竜巻後、初期での決定事項の情報が、被災者まで伝わるの│環境生活部長│
│           │  に時間がかかったが、対応について、また、危機管理のマニ│      │
│           │  ュアルは、どのようになっているのですか、お伺いします。│      │
│           │(7)緊急速報は、茎崎地域に防災無線が整備され、他の地域は│環境生活部長│
│           │  災害通知メール等での連絡となりますが、現況について、ま│      │
│           │  た携帯電話のエリアメール、防災無線などの総合的な計画対│      │
│           │  策はどのように考えていますか、お伺いします。     │      │
│           │(8)竜巻被害に約6,000名以上の支援をいただいた多くの団体 │環境生活部長│
│           │  ・個人に対し心からの感謝をこめて、お礼状を出していただ│会計管理者 │
│           │  きたい、また、義援金も同様です。合わせて、東日本大震災│      │
│           │  での義援金についても、差し上げたらいかがでしょうか、お│      │
│           │  伺いします。                     │      │
│2 介護予防対策事業に│(1)これまでも一般質問をいたしておりますが、全国の介護認│保健福祉部長│
│ ついて       │  定者は、約522万2千名と北海道の人口に近くなりました。 │      │
│           │  茨城県の22年度は、介護認定者約98,000名、給付費は約1,45│      │
│           │  0億円、平成23年度つくば市の介護認定者は5,577名、給付費│      │
│           │  は、85億6,108万です、介護保険料の収入は40歳以上3億9,9│      │
│           │  01万円(15,226名)65歳以上16億6,441万円(33,378名)合 │      │
│           │  計20億6,342万円、差引き年間マイナス、64億9,766万円、4│      │
│           │  月から第5期(H24〜26)月平均4,850円(第4期対比アッ │      │
│           │  プ17.6%)県平均4,528円(21.8%)県内で安いのは、結城 │      │
│           │  市・城里町3,900円です。参考までに、全国一は新潟県関川 │      │
│           │  村の6,880円、安いところは、北海道奥尻町・鹿児島県三島 │      │
│           │  町2,800円、課題は、高齢者65歳以上の市民34,619名(平成2│      │
│           │  4年度)の介護予防対策です。現状で推移すると3年後、介 │      │
│           │  護保険料は20%以上の値上げが予測されます。私は、シルバ│      │
│           │  ーリハビリ体操などの積極的な推進や“健康つくば21”の│      │
│           │  周知徹底を図り、総合的な予防対策を市民の皆様と共有して│      │
│           │  、計画を立てることについて、お伺いします。      │      │
│           │(2)高齢者健康遊具をH21年から23年にわたり公園を中心に7│      │
│           │  か所整備いただきましたが、利用現況について、また、これ│      │
│           │  からの取り組みについてお伺いいたします。       │      │
│           │(3)介護予防に関するアンケート「基本チェックリスト」を市│      │
│           │  民の皆様から回収されましたが、その結果について、また、│      │
│           │  対策について、どのような活用をされますか、お伺いいたし│      │
│           │  ます。                        │      │
│3 茎崎地区の放射線量│(1)つくば市内では、茎崎地区の放射線量が心配されておる中│環境生活部長│
│ 測定器の貸出について│  で、子供を持つ保護者をはじめ法人・団体の方に、放射線量│      │
│           │  測定器を無料で貸出しするとのこと、平日だけの茎崎窓口セ│      │
│           │  ンターで対応とのことですが、利用者は休日に使用したいと│      │
│           │  思いますが、休日の対応について、周知徹底について、一部│      │
│           │  は、つくば市の責任で測定することはできませんか。お伺い│      │
│           │  いたします。                     │      │
│4 つくば市観光基本計│(1)つくば市は、筑波山を中心とした山麓に自然・歴史・文化│経済部長  │
│ 画について     │  、そして科学技術を持ち地域資源は、豊富にあります。  │      │
│           │   資源を最大に活用した観光振興戦略をすることが出来ます│      │
│           │  。「つくば市観光基本計画」を総合的に作成していただいて│      │
│           │  おりますが基本方針・重点ポイント・独自の施策などについ│      │
│           │  て、お伺いいたします。                │      │
│5 つくば市総合運動公│(1)総合運動公園計画については、今までにも質問しておりま│都市建設部長│
│ 園計画について   │  す、石岡市の体育館を基本にした整備についても紹介しまし│      │
│           │  たが、現在、日立市においては、国際・全国大会を想定した│      │
│           │  県北最大の日立市民運動公園が計画されておるようです。メ│      │
│           │  ーンアリーナ観客3,000名、災害時には、約2,000名の避難者│      │
│           │  受け入れを想定とのことです。             │      │
│           │   スポーツのまちとして、子供達のスポーツ教育をはじめ市│      │
│           │  民のスポーツ増進・健康意識の高揚、施設の規模により産業│      │
│           │  振興などによる経済効果も大きく、市制30年へむかっての方│      │
│           │  針、つくば市総合運動公園計画についてお伺いいたします。│      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                 22番   市 川 三 郎 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 竜巻被害について │(1)被害家屋の緊急救済について             │保健福祉部長│
│           │  国、県、つくば市の対応についてお伺い致します。    │      │
│           │(2)家屋建設等の資金援助についてお伺い致します。    │      │
│2 防災無線の設置につ│(1)この度の竜巻や昨年の大震災後の広報についてお伺い致し│環境生活部長│
│ いて        │  ます。                        │      │
│           │(2)以上のような緊急時の早急な情報伝達や、通常の市の広報│      │
│           │  伝達に防災無線の設置を考えてはどうかお伺い致します。 │      │
│3 緊急時の水、食糧の│(1)緊急時の水、食糧の備蓄についてお伺い致します。   │環境生活部長│
│ 備蓄について    │                             │      │
│4 仮設住宅について │(1)被害者の住宅確保についてお伺い致します。      │都市建設部長│
│           │(2)仮設住宅建設用地確保についてお伺い致します。    │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 19番   安 井   茂 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 東日本大震災におけ│(1)東日本大震災における今までの具体的な復旧、復興支援と│財務部長  │
│ る国、茨城県、東京電│  補助金の内容、金額についてお伺いします。       │企画部長  │
│ 力のつくば市への援 │(2)つくば市の東京電力への損害賠償請求についてはどのよう│環境生活部長│
│ 助、補償について  │  に考えているのか。請求内容、最終の総請求金額についても│経済部長  │
│           │  教えて欲しい。                    │      │
│           │   民間企業、農家、個人の補償に対するつくば市の今後のサ│      │
│           │  ポート体制についてお伺いします。           │      │
│2 つくば市の竜巻災害│ つくば市の竜巻災害については、国や県からの視察団が随分見│環境生活部長│
│ に対して      │受けられたようですが、今までに具体的に決まった復旧援助、今│      │
│           │後の予想される援助、補償についてお伺いします。      │      │
│3 通学路の安全確保、│ つくば市は通学路の安全確保については、優先事項として充分│      │
│ 点検について    │配慮していることと思いますが。              │      │
│           │(1)現在要望のある通学路の整備、補修箇所と実施予定につい│都市建設部長│
│           │  て                          │      │
│           │(2)通学路の危険箇所等の把握状況について        │教育長   │
│           │(3)登下校時対策の保護者との連携について        │教育長   │
│           │(4)通学時の児童への指導についてお伺いします。     │教育長   │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                 30番   塩 田   尚 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 竜巻被害の支援体制│(1)建設業者等が作業をしているボランティア活動の内容。 │環境生活部長│
│ について      │(2)被災した神社仏閣等への援助はあるのか。       │保健福祉部長│
│           │                             │環境生活部長│
│2 つくばクリーンセン│(1)余熱を利用した電力を東電に売電していたとの事だが、開│環境生活部長│
│ ターの運営状況につい│  業時から平成23年度までの年度別売電量と今後の見込みは。│      │
│ て         │(2)電力供給先であるつくばウェルネスパーク内のヘルスプラ│      │
│           │  ザが現在休業している理由について           │      │
│3 風車裁判の結果につ│(1)違法な一括下請負契約があったと判決文で指摘されたが、│総務部長  │
│ いて        │  業者への賠償請求と県知事への届け出義務について。   │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 14番   古 山 和 一 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 道路事業     │(1)市道1−71号線について              │都市建設部長│
│           │  (県道館野・牛久線から国道408号線迄の新設道路事業)│      │
│           │  ア 過日、実施して頂いた、同路線建設の地元説明会の状況│      │
│           │   について                      │      │
│           │  イ 現状と今後の事業進展の見通しについて       │      │
│           │(2)国道6号牛久・土浦バイパスについて         │      │
│           │  ア 6号バイパス現事業区(牛久市内)の進捗状況と完成供│      │
│           │   用の目途                      │      │
│           │  イ 早期事業着手区間として要望の出されている、県道谷田│      │
│           │   部・牛久線から国道408号までの約1.9km間の事業化 │      │
│           │   の見通しについて                  │      │
│           │(3)県道野田・牛久線バイパス事業について        │      │
│           │  ア 牛久市側事業の進捗状況と完成に向けた今後の事業見通│      │
│           │   しについて                     │      │
│           │  イ その延伸としてつくば市側予定区の事業化について  │      │
│2 旧上・下水道施設の│ 茎崎地区住宅団地に存在する旧上・下水道施設の撤去について│上下水道部長│
│ 撤去について    │(1)これまでの経緯と現状について            │      │
│           │(2)今後とり組まれる撤去計画について、その概要と計画の見│      │
│           │  通しを伺います。                   │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  6番   田 中 サトエ 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 竜巻被害の対策につ│(1)応急修理補助額52万円のさらなる増額について伺います。│都市建設部長│
│ いて        │(2)家屋の解体撤去費用の負担軽減について伺います。   │保健福祉部長│
│           │(3)経済的な理由で家の建て替えが出来ない人への対策につい│都市建設部長│
│           │  て伺います。                     │      │
│           │(4)農家、商店への支援をどの様にするのか伺います。   │経済部長  │
│           │(5)北条商店街の復興について特別の手だてについて伺います│経済部長  │
│           │  。                          │      │
│           │(6)危険な状態になっている空き家についての対応について伺│都市建設部長│
│           │  います。                       │      │
│           │(7)義援金の金額と使途について伺います。        │保健福祉部長│
│2 道路の安全対策と改│(1)大白硲・水堀方面からTX万博記念公園駅へ向かう道路は│都市建設部長│
│ 善について     │  、橋の部分も含め歩道がないために大変危険です。歩道整備│      │
│           │  の計画について伺います。               │      │
│           │(2)交通量が増えている取手つくば線のイーアス・とりせん前│      │
│           │  の交差点を立体交差にする計画について伺います。    │      │
│3 春日小学校と葛城小│(1)今年度、春日小中一貫校が開校し、葛城小学校の児童数は│教育長   │
│ 学校の学区と就学につ│  56人に激減しました。父母をはじめ、市民の間に大きなとま│      │
│ いて        │  どいと疑問が生まれているかと思いますが、来年度の学区方│      │
│           │  針について伺います。                 │      │
│4 春日小学校区につい│(1)通学路の安全について伺います。           │教育長   │
│ て         │(2)春日小学校区に児童館を設置することについて伺います。│保健福祉部長│
│5 消防本部移転につい│(1)学園地区の防災の拠点として、本部移転後は春日に分署を│消防長   │
│ て         │  設置してはどうかと考えるが、見解を伺います。     │      │
│           │                             │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  4番   浜 中 勝 美 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 「事業継続計画」 │ 自然災害の多い我が国では、行政はもちろん企業、市民がそれ│経済部長  │
│ (BCP)について │ぞれ協力して、災害に強いまちづくりを目指していく必要があり│      │
│           │ます。特に大規模災害が地域経済に大きく影響を及ぼすことは昨│      │
│           │年の東日本大震災・この度の竜巻被害がものがたっております。│      │
│           │「事業継続計画」(BCP)とは、企業が災害・事故にあった際│      │
│           │、重要な業務を早期に復旧することで企業を存続させようとする│      │
│           │計画であり、県でも企業の策定支援をしております。そこでお伺│      │
│           │いします。                        │      │
│           │(1)市でも、市の業務や施設を管理している委託業者や指定管│      │
│           │  理者及び市内企業に対して策定を支援すべきと考えるが、市│      │
│           │  の見解をお伺いします。                │      │
│2 特定健診について │ 特定健診は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)及│保健福祉部長│
│           │びその予備群の発見に着目した検査内容で、内臓脂肪型肥満に加│      │
│           │え、高血糖・高血圧・脂質異常のうち2つ以上当てはまる状態で│      │
│           │あり、放っておくと動脈硬化を進行させ生活習慣病の原因ともな│      │
│           │ります。これらの慢性的な疾病の増加は医療費増加の要因の一つ│      │
│           │にもなっております。第一期目(H20〜24年度)の最終年度が本│      │
│           │年度になり、次の第二期の5年間の見直しの年度でありますので│      │
│           │、取り組みについてお伺いします。             │      │
│           │(1)24年度の目標値特定健診受診率65%、特定保健指導実施率│      │
│           │  45%、メタボ該当者・予備群の減少率(H20年度比)10%減│      │
│           │  少の目標値がありますが                │      │
│           │  ア 特定健診の対象者の数、受診率、受診者数を年度別に │      │
│           │  イ 特定保健指導の対象者の数、実施率、実施者数を年度別│      │
│           │    に                        │      │
│           │  ウ メタボ該当者・予備群の減少率(H20年度比)    │      │
│           │  エ 24年度の目標値達成のためどのような方策を実施してい│      │
│           │   ますか                       │      │
│           │(2)次年度以降、第二期目の取り組みについて       │      │
│3 周産期医療体制の整│ 少子化と並行して、出産年齢が上昇したことで、高齢になるほ│保健福祉部長│
│ 備について     │ど周産期のリスクは大きく、周産期医療体制の整備が必要となり│      │
│           │、安心してお産ができる体制づくりがのぞまれています。つくば│      │
│           │市でも昨年9月に市内で不足する産科医療機関の充実にむけて「│      │
│           │市周産期等医療体制懇談会」を設立しました。そこで周産期医療│      │
│           │体制整備の取り組みについてお伺いします。         │      │
│           │(1)22年度、23年度の出生数(市内、市外別に)及び出産での│      │
│           │  搬送件数                       │      │
│           │(2)現在の医療体制と、今後の体制の整備について     │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                 12番   橋 本 佳 子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 放射能から地域と子│(1)除染計画は、汚染前の環境にできるだけ戻すことが基本。│環境生活部長│
│ どもの健康を守るため│(2)除染計画区域の子どもが利用する施設は、地表5センチメ│環境生活部長│
│ に         │  ートルを測定値にする。                │      │
│           │(3)学校給食の食材検査は、より精密なゲルマニウム半導体を│教育委員会事│
│           │  使う。民間に依頼する方法や行政区を超えて共同で購入する│務局長   │
│           │  ことも検討する。                   │      │
│           │(4)子どもの健康調査について、牛久市や我孫子市は独自策に│      │
│           │  取り組んでいる。不安や子どものリスクを回避するため、市│環境生活部長│
│           │  が積極的な対応策をとる。               │      │
│           │(5)国の対応を待つのではなく、まず市が取り組み、かかった│      │
│           │  費用は国や東電に求める。               │環境生活部長│
│           │ 以上について見解を伺います。              │      │
│2 公共交通の改善につ│(1)牧園につくバスのバス停が増設された。        │      │
│ いて        │   池向・樋の沢地域の通学時の利用を可能にするため、朝夕│企画部長  │
│           │  の時間だけこの地域につくバスを停める。        │      │
│           │(2)つくタクの回数券をつくタク車内でも販売する。    │      │
│           │(3)診療所やクリニックのバス停を増設する。       │      │
│           │ 以上について見解を伺います。              │      │
│3 国民健康保険税につ│ 非正規雇用で働く世帯の滞納者が増加している。暮らしを支え│      │
│ いて        │るため、国保税の一世帯1万円の引き下げで負担の軽減をはかる│保健福祉部長│
│           │。                            │      │
│           │ 以上について見解を伺います。              │      │
│4 小型風力発電機設置│(1)外部の市民や専門家で構成する調査検討委員会を設置し、│市長    │
│ 事業の総括について │  事業計画から入札、工事の執行から終了までの事業の進捗過│市長公室長 │
│           │  程を丹念に掘り下げた検証をする。           │      │
│           │(2)行政執行上の誤りはどこにあったのか、改善すべき点はど│      │
│           │  こにあるのか総括すること。              │      │
│           │(3)客観的に問題点を総括し改善策を市民に公表する。   │      │
│           │ 以上の見解を伺います。                 │      │
│           │ また具体的な総括があるのならばお聞かせ下さい。     │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  9番   永 井 悦 子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 防災対策について │(1)竜巻対策について                  │      │
│           │   発生から1カ月が過ぎ検証の結果、国内最大級で最大風速│      │
│           │  100m/s以上の状況だったことが明らかとなり、対策が急が│      │
│           │  れます。                       │      │
│           │  ア 初動体制について                 │環境生活部長│
│           │   (ア)今回の竜巻は、発生から被害発生まで非常に短時間│      │
│           │     で、第一報の広報は難しい問題です。サイレンなどの│      │
│           │     同報系無線で知らせる必要があると考えますが、整備│      │
│           │     計画の現状を伺います。             │      │
│           │   (イ)発生当初から翌日は、被災情報の収集が行われまし│      │
│           │     たが、その間の被災者への対応はどのように行われま│      │
│           │     したか。                    │      │
│           │  イ ボランティア受け入れについて           │保健福祉部長│
│           │    発生後、直ちにボランティアセンターが立ち上がりまし│      │
│           │   たが、受け入れはどのように行われましたか。     │      │
│           │(2)地域防災計画について                │環境生活部長│
│           │  ア 平成22年度の見直しについて            │      │
│           │    3.11の東日本大震災後配布された地域防災計画は、パブ│      │
│           │   リックコメントを実施せず策定されましたが、その理由に│      │
│           │   ついてお聞かせください。              │      │
│           │  イ 今後の見直しについて               │      │
│           │    国、県の見直しを受けてつくば市地域防災計画の見直し│      │
│           │   が行われると聞いていますが、現状をお聞かせください。│      │
│2 風車問題について │ 広報つくば5月号に掲載された市長の「小型風力発電機設置事│市長    │
│           │業について」の内容について以下の質問にお答えください。  │総務部長  │
│           │(1)「落札業者に対しても厳重に注意するとともに、建設関係│      │
│           │  団体に対してコンプライアンス(法令遵守)の徹底について│      │
│           │  厳重指導した」とあります。どのように行いましたか。  │      │
│           │(2)「(これまでの入札制度改革の)検証を行い、一般競争入│      │
│           │  札の全面実施も含めた条件整備や、第三者等による監視機能│      │
│           │  の強化などを図り、より公平公正で適切な入札制度を確立」│      │
│           │  と述べられていますがどのような対策が行われていますか。│      │
│3 脱原発政策について│ 3.11東日本大震災の福島第一原発事故後のエネルギー政策は、│市長    │
│           │本年夏の対策が喫緊の課題として先行し、本来の議論がなされな│      │
│           │いまま大飯原発の再稼働が検討されるという大変憂慮すべき状況│      │
│           │にあります。                       │      │
│           │ 福島原発大事故によって、住民の生命、財産を守る点から地球│      │
│           │規模の環境を守ることまで、行政、議会ともに地方行政に携わる│      │
│           │ものとして、大きな責任を負っていることを再認識させられまし│      │
│           │た。                           │      │
│           │ つくば市議会では、平成23年6月議会で東京電力・福島第一原│      │
│           │発事故の早急な収束とエネルギー政策の転換を求める意見書を国│      │
│           │へ提出しました。本年3月議会では、老朽化が進む東海第二原発│      │
│           │の廃炉を求める意見書提出を全会一致で採択しました。    │      │
│           │ 4月7日の朝日新聞朝刊に、東海第二原発に関する県内45首長│      │
│           │アンケートの結果が掲載され、「『東海第二』再稼働と脱原発依│      │
│           │存政策への賛否」について、つくば市の姿勢が次のように示され│      │
│           │ています。                        │      │
│           │・再稼働は「反対」                    │      │
│           │・「東海第二の施設の安全性が客観的に証明されない限り、再稼│      │
│           │ 働すべきでない」                    │      │
│           │・脱原発依存は「賛成」                  │      │
│           │でした。                         │      │
│           │ また、3月議会の一般質問で市長は「原発に頼らない社会とい│      │
│           │うものを考えていく必要がある」と発言されています。    │      │
│           │ ここで再度「脱原発」政策についての市長の考えをお聞きしま│      │
│           │す。                           │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 16番   小 野 泰 宏 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 竜巻対策を含めたつ│ 昨年発生の東日本大震災、そして今年の5月6日に発生した竜│市長    │
│ くば市の更なる防災体│巻において、つくば市においては、多くの被害が発生しました。│      │
│ 制構築について   │被災された方々に、心からお見舞いを申し上げますとともに、対│      │
│           │応にあたられた多くの方々に感謝と敬意を表する次第です。  │      │
│           │ 以上の二つの災害を教訓に今後のつくば市の更なる防災体制構│      │
│           │築のため、以下の点について、考えや取り組み、課題等について│      │
│           │伺います。                        │      │
│           │(1)竜巻被災者対応について、以下の点について、確認も含め│      │
│           │  て、伺います。                    │      │
│           │  ア 発生直後のがれき処理の費用負担や災害救助法に基づく│環境生活部長│
│           │   「住宅の応急修理制度」の竜巻発生段階にさかのぼっての│都市建設部長│
│           │   運用についての考えについて             │      │
│           │  イ 竜巻被害に対応した罹災判定基準の見直しについての考│財務部長  │
│           │   えと対応について                  │      │
│           │  ウ 被災した農業者への支援についての方策について   │答弁なし  │
│           │  エ 発生後の様々な健康相談などについての対応について(│保健福祉部長│
│           │   介護相談・うつ病・認知症など)           │      │
│           │(2)竜巻で被害を受けた「まちづくり再生」の観点から、以下│答弁なし  │
│           │  の点について、伺います。               │      │
│           │  ア 北条地区の今後のまちづくりについての行政としての支│      │
│           │   援方策について                   │      │
│           │  イ 中小企業等の復旧についての行政としての支援方策につ│      │
│           │   いて                        │      │
│           │(3)更なる防災対策についての具体論について       │      │
│           │  ア 地域防災計画の中に、今回の「竜巻」に対応した計画内│環境生活部長│
│           │   容を盛り込むなど、更なる計画の見直しを行うことについ│      │
│           │   て                         │      │
│           │  イ 現在ある公共施設の「対風害対策」についての点検など│教育委員会事│
│           │   を含めた「施設総点検」を行うことについて      │務局長   │
│           │  ウ 避難所の初動受け入れ体制の連携、非常用電源の整備な│      │
│           │   ど、避難所対応策について              │環境生活部長│
│           │  エ これまで社会福祉協議会が率先して行ってきた「地域防│教育委員会事│
│           │   災訓練」の早期の市内各地への水平展開を図ることについ│務局長   │
│           │   て                         │環境生活部長│
│           │                             │      │
│           │  オ 災害時要援護者の対策について、市役所内の関係部署・│保健福祉部長│
│           │   社会福祉協議会と地域が一体となった取り組みを進めるこ│      │
│           │   とについて、そして情報の共有化(ICT活用を含め)と│      │
│           │   見守りNWの仕組み構築を図ることについて      │      │
│           │  カ 上記の災害弱者への対策や防災教育の導入などの施策を│環境生活部長│
│           │   進めるにあたっては、より現場に近い視点が必要ではない│      │
│           │   かと考える。そのような観点から、地域防災計画の策定や│      │
│           │   見直し、防災会議の中などに、より「女性の視点」導入や│      │
│           │   「女性の参画」を図ることについて          │      │
│           │  キ 今後の災害対応のために、市内にある研究所と更なる連│企画部長  │
│           │   携・協力を図るなど、様々な知見に基づいた対策を行って│      │
│           │   いくことについて                  │      │
│           │  ク 災害情報の集約・共有化を図ることは、災害対策本部の│企画部長  │
│           │   適切な意思決定や早期の被災者支援体制の構築に密接に関│      │
│           │   係する。そのための行政の災害対応活動に関する情報支援│      │
│           │   の仕組みについて東日本大震災や今回の竜巻を教訓に、早│      │
│           │   期に構築を図ることについて、情報のデジタル化・クラウ│      │
│           │   ド化・プログラム化について             │      │
│2 つくば市危機管理指│ 平成22年3月に策定した「つくば市危機管理指針」について、│環境生活部長│
│ 針について     │以下の点について伺います。                │      │
│           │  ア 策定してから現在までの進捗状況と課題、今後の対応に│      │
│           │   ついて                       │      │
│           │  イ 危機管理意識向上のために、現在行っている方策につい│      │
│           │   て(日常レベル・異動時などにおいて)        │      │
│           │  ウ 危機管理意識・体制の向上のための推進組織として昨年│      │
│           │   の6月議会で全庁的指示を行える「危機管理室」の創設を│      │
│           │   提案した経緯から、今年度組織編成された「危機管理課」│      │
│           │   の位置づけと役割について              │      │
│3 遊休農地活用と農産│ 現在、つくば市で行っている遊休農地活用事業と農産物「ブラ│経済部長  │
│ 物「ブランド品」づく│ンド品」づくりへの対応策と課題、そして今後の解決策について│      │
│ りについて     │の考えなどについて、伺います。              │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  5番   松 岡 嘉 一 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 郵便局設置について│ 研究学園駅周辺に郵便局設置を望む多くの住民のために郵便局│総務部長  │
│           │が必要であると考えるが、市の考えをうかがいます。     │      │
│2 児童館・児童クラブ│ 葛城小学校の空き教室を利用しての児童館の設置や児童クラブ│保健福祉部長│
│ の運営について   │の運営について、市の考えをうかがいます。         │      │
│3 総合運動公園につい│ 茨城国体(2019)に向けて、つくば市の震災や竜巻からの復旧│市民部長  │
│ て         │、復興に市民が心を一つにして、スポーツをとうしたまちづくり│      │
│           │を図る絶好の機会である。また、東京オリンピック(2020)に向│      │
│           │けて再度、東京都が立候補しています。           │      │
│           │ 総合運動公園の建設について、市の考えをうかがいます。  │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  1番   塚 本 洋 二 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 防犯対策について │ 街頭(街角)防犯カメラの設置・運用について、市の考えをお│環境生活部長│
│           │伺いします。                       │      │
│2 新規就農者支援につ│(1)青年就農交付金と新規就農者経営支援補助金の利用状況と│経済部長  │
│ いて        │  その後の成果について                 │      │
│           │(2)市民ファーマー制度の利用状況について        │      │
│           │ 以上についてお伺いします。               │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  2番   山 本 美 和 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 災害時・緊急時にお│ 23年6月議会、24年3月議会と防災行政無線の必要性について│      │
│ ける市民への情報伝達│取り上げてまいりました。                 │      │
│ について      │ このたびの竜巻災害においても、災害時における情報伝達のあ│      │
│           │り方が、大きな課題となりました。             │      │
│           │ 災害発生時に、いち早く正確な災害情報や避難場所、ライフラ│      │
│           │インについての情報を地域住民などに伝え、安心感を与えるとい│      │
│           │うことが最も重要であることは、2度の災害で、明確になってい│      │
│           │ることです。                       │      │
│           │ その上で、災害時・緊急時における市民への情報伝達について│      │
│           │の市の考えを伺います。                  │      │
│           │(1)このたびの2度の災害から、市民または地域住民に対して│環境生活部長│
│           │  の情報伝達に関する検証について            │      │
│           │(2)防災行政無線を導入している他自治体の実態と課題をどの│環境生活部長│
│           │  ように把握していますか                │      │
│           │(3)合併前から導入している茎崎地域の防災行政無線のランニ│環境生活部長│
│           │  ングコスト、維持管理費、地域住民の評価、課題について │      │
│           │(4)市内全域に防災行政無線を導入した場合の、導入経費、ラ│環境生活部長│
│           │  ンニングコスト、設置計画について、どのように検討・検証│      │
│           │  されていますか                    │      │
│           │(5)つくば市には近隣自治体にはないACCSやラヂオつくば│環境生活部長│
│           │  などがあり、それを活かすべきと思うが、前回の答弁以降の│      │
│           │  協定についての進捗状況について            │      │
│           │(6)災害時の情報入手の手段として、一般的にもラヂオの必需│市長    │
│           │  性は浸透しているが、自治体の政策としての、防災ラヂオの│環境生活部長│
│           │  導入についての評価と検討について           │市長公室長 │
│2 各種予防ワクチンの│ 各種予防ワクチンの接種については、自治体の財政状況や取り│保健福祉部長│
│ 接種事業について  │組み意識の差による、自治体間格差が問題視されている現状があ│      │
│           │る中、つくば市においては、子宮頸がんワクチン、小児用肺炎球│      │
│           │菌ワクチン、ヒブワクチンの一部公費助成を実施していただいて│      │
│           │います。                         │      │
│           │ かねてから公明党として推進してきたこれら3ワクチンの定期│      │
│           │接種化、接種費用の公費助成についても示唆する「予防接種制度│      │
│           │の見直しについて(第二次提言)」が取りまとめられるなど、最│      │
│           │近、国の動きも見えてきたところです。           │      │
│           │ その上で、今後のつくば市の予防接種事業について伺います。│      │
│           │(1)子宮頸がんワクチンの23年度接種率と、その数値に対する│      │
│           │  評価と見解について                  │      │
│           │(2)3ワクチンの定期接種化に向けての、市の情報の有無と今│      │
│           │  後の対応について                   │      │
│           │(3)高齢者肺炎球菌ワクチンの公費助成導入自治体(県内)に│      │
│           │  ついての現状掌握について               │      │
│           │(4)つくば市の高齢者肺炎球菌ワクチンの公費助成に対する検│      │
│           │  討の進捗状況について                 │      │
│           │(5)高齢者肺炎球菌ワクチンの公費助成導入をした場合の、仮│      │
│           │  定条件での対象者数、費用について           │      │
│3 通学路の安全対策に│ 登下校時の児童が死傷する事故が立て続けに発生しています。│教育長   │
│ ついて       │警察庁の統計によれば、登下校中の交通事故で死傷した全国の児│      │
│           │童数は昨年1年間で2,485人に上ります。惨事を回避するために │      │
│           │は、通学路に危険・盲点はないか点検し、より一層安全対策を強│      │
│           │化しなければなりません。                 │      │
│           │ 先月27日、学校が保護者や地域住民、関係機関と協力して通学│      │
│           │路の定期点検を行う「学校安全推進計画」の閣議決定に伴い、各│      │
│           │地域の学校、警察、道路管理者等に対し、通学路の安全点検や安│      │
│           │全確保に努めることを要請する文部科学大臣メッセージが出され│      │
│           │ました。                         │      │
│           │ その上で、つくば市の現状と、対応、考えについて伺います。│      │
│           │(1)今回の「通学路の交通安全の確保」についての通達は、文│      │
│           │  部科学省、国土交通省、警察庁から5月30日付けで出されて│      │
│           │  いますが、関係部課の現状と見解について        │      │
│           │(2)通学路の指定の工程、指定情報の周知について     │      │
│           │(3)現状の危険箇所についての情報集約と対処について   │      │
│           │(4)農道等の通学路の安全対策について          │      │
│           │(5)安心安全調査特別委員会では、21年度22年度と市内全小中│      │
│           │  学校の通学路危険箇所点検と対応を行いました。継続対応と│      │
│           │  した箇所のその後の進捗状況について          │      │
│           │(6)通学路の緊急合同点検の実施と取り組みの考えについて │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                 24番   須 藤 光 明 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 竜巻災害対策につい│(1)竜巻発生に伴う対策本部の設置及び対応について    │環境生活部長│
│ て         │(2)つくば市としての災害地区への対応について      │環境生活部長│
│           │(3)被害状況について                  │環境生活部長│
│           │(4)つくば市が行った国及び県に対する被災者支援の要望、陳│環境生活部長│
│           │  情の経過と結果について                │      │
│           │(5)被災者への見舞金・支援金等の交付について      │保健福祉部長│
│           │(6)今後の対応について                 │市長    │
│           │ 以上、お伺いいたします。                │      │
│2 観光行政について │ 国道408号線沿いの筑波地区に道の駅を設置することに対する │経済部長  │
│           │つくば市の考えと今後の対応について            │      │
│3 道路行政について │(1)県道谷田部赤浜線の整備促進について         │都市建設部長│
│           │  ア 田倉地区の一部供用後の県道土浦境線までの現状と今後│      │
│           │   の対応は                      │      │
│           │  イ 田倉地区より北部の吉沼、安食地区の現状と今後の対応│      │
│           │   は                         │      │
│           │(2)県道つくば千代田線とつくば古河線との接続点である、今│      │
│           │  鹿島交差点整備の進捗状況は              │      │
│           │ 以上、お伺いいたします。                │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                 31番   金 子 和 雄 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 竜巻被害と防災につ│(1)市内で発生した竜巻は未曾有の被害であり、つくば市では│環境生活部長│
│ いて        │  これまでにない大惨事となりましたが、多くの関係者やボラ│      │
│           │  ンティアの人々による支援の輪も広がり、被災者への対応・│      │
│           │  支援や被災地域の対応・支援など、課題の解決はこれからと│      │
│           │  言うところではないかと思います。今回の竜巻被害の全容は│      │
│           │  もとより、被災者説明会でも多くの要望が出されているが、│      │
│           │  被災者が行政に直接要望していることも多いと思いますので│      │
│           │  、市が実施する全ての支援策について伺いたい。     │      │
│           │(2)竜巻の発生における情報の提供状況と竜巻被害の情報の収│      │
│           │  集状況についてはどのような現状であったか伺いたい。  │      │
│           │(3)竜巻被害は防災対策に大きな影響を与えたと思いますが、│      │
│           │  今後の防災計画にはどのように反映されていくのか伺いたい│      │
│           │  。                          │      │
│2 福祉行政について │(1)障がい者への政策として、障がい者自立支援法があります│保健福祉部長│
│           │  が、制度の廃止論から様々に議論がありますけど、つくば市│      │
│           │  はこの状況をどのようにとらえているのか伺いたい。   │      │
│           │(2)児童の健全育成に係わる重要な児童福祉法が改正されると│      │
│           │  聞きますが、つくば市はこの状況をどのようにとらえている│      │
│           │  のか伺いたい。                    │      │
│           │(3)児童館での子育て支援で開館時間の延長を求める声が多い│      │
│           │  と聞きますが、それらの声に市としての考え方を伺いたい。│      │
│           │  また、現在の支援スタッフについて十分な体制になっている│      │
│           │  のか伺いたい。                    │      │
│           │(4)人口減少社会と高齢化人口の増加に伴う、元気を保つ高齢│      │
│           │  者政策をこれまで質問をしてきているが、その展望について│      │
│           │  伺いたい。                      │      │
│3 つくタクの利用につ│ つくタクは希望の時間帯に予約することで、自宅近くから目的│企画部長  │
│ いて        │地まで利用できるもので利用できる範囲は同一地区内と中心地区│      │
│           │にあらかじめ設定した乗降場所のみであり、利用の際は予約が必│      │
│           │要とされています。                    │      │
│           │ 利用時間は平日9時台〜16時台で予約受付時間は利用希望日の│      │
│           │7日前から当日利用希望時間帯30分前までとなっています。登録│      │
│           │が必要ですが自宅前から利用することもできるようになっていま│      │
│           │す。利用できる範囲は同一地区内および中心地区のみですとなっ│      │
│           │ていますが、このつくタクの利用範囲が旧態依然の同一地区内と│      │
│           │中心地区のみです。旧町村単位の発想は理解できませんし、これ│      │
│           │では利用者のニーズに応えきれていません。市内全域に対応する│      │
│           │ように改めるべきだと思いますが、市の見解を伺います。   │      │
│4 通学路の安全対策に│ 新学期早々、集団登校中の児童の列に自動車が突っ込む事故が│教育委員会事│
│ ついて       │相次ぎ、幼い命が次々に奪われる痛ましい事故にやりきれない気│務局長   │
│           │持ちです。事故発生の報を聞くたびに、またかという思いを強く│      │
│           │しますが、学校や教育委員会、警察、市町村などは直ちに通学路│      │
│           │を点検し安全確保に本腰を入れている状況と聞きます。京都府亀│      │
│           │岡市の通学路で起きた事故は、小学生ら10人の列に無免許運転の│      │
│           │18歳少年の軽乗用車が後ろから突っ込み、小学2年の女児と付き│      │
│           │添いの母親が死亡し、8人が重軽傷を負った。母親のおなかにい│      │
│           │た7カ月の胎児も亡くなるという痛ましさでありました。事故を│      │
│           │起こした少年の無免許運転は言語道断だが、友人らと徹夜で走り│      │
│           │回った末の居眠り運転だったというから悪質極まりなく、しかも│      │
│           │定員4人の軽乗用車に6人で乗り、定員オーバーだった。無謀な│      │
│           │暴走行為が一瞬にして人命を奪う凶器と化すことを、あらためて│      │
│           │思い知らされたものでありました。そこで伺いますが、この事件│      │
│           │後につくば市では、通学路を点検し安全確保について、どのよう│      │
│           │な対応を取られたのかをお知らせ下さい。          │      │
│5 今年の夏の電力使用│ 昨年に続き夏の電力使用での節電対策が叫ばれていますが、迎│総務部長  │
│ における市の節電対策│える夏場の電力消費対策いわゆる節電対策について伺いたい。私│      │
│ とその後のPPSの取│はこれまで、つくば市の電力使用についてPPS会社に切り替え│      │
│ り組みについて   │て対応することを提言し、執行部は県内最初につくば市役所と大│      │
│           │穂庁舎でPPS会社と電力使用の契約を結びました。さらにクリ│      │
│           │ーンセンターの売電についてもPPS会社と売電契約を成立させ│      │
│           │ました。使用電力は以前の購入先の東電より安く、売電は東電よ│      │
│           │り高く売ることにより大きな節約ができてきていますが、今後の│      │
│           │PPS会社との契約についての動向を伺いたい。       │      │
│6 除染実施計画につい│ パブリックコメントによる意見を求めてきたが、実施に向けた│環境生活部長│
│          て│                             │      │
│7 春日小中学校と葛城│作業工程と仮保管対策、記録保存について伺いたい。     │      │
│ 小について     │ 開校された春日小中学校の学校概要と葛城小学校の学校概要、│教育委員会事│
│           │来年度入学児童の動向や両校の学区概要などについて伺いたい。│務局長   │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                 23番   田 宮 直 子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 TPPについて  │ 環太平洋連携協定拡大交渉を進めている米国、オーストラリア│経済部長  │
│           │など9か国が目標としていた年内の交渉妥結を事実上断念する見│      │
│           │通しとなった。年内の妥結断念は、労働・農業などの分野で各国│      │
│           │の意見の隔たりが埋まらないため。             │      │
│           │ 経済産業省は、TPPに参加した場合、2020年迄で10.5兆円の│      │
│           │国内総生産の増加、又、農林水産省ではTPPに参加した場合、│      │
│           │農業生産額4.1兆円が減少すると試算するなど分析されているが │      │
│           │つくば市において、TPPに参加した場合、地域経済に与える影│      │
│           │響・農業・商工業、又は、市民生活にどのような影響が想定され│      │
│           │るか伺う。                        │      │
│2 西高野山林の土砂堆│ つくば市西高野の物流会社近くで、県の親水公園建設地にも近│環境生活部長│
│ 積問題について   │い山林の中に、土砂の堆積物が高く積み上げられている。   │      │
│           │ 高さや面積など状況について伺いたい。更に、市としてどのよ│      │
│           │うに対応(行為者への注意等)しているのか伺う。      │      │
│3 倉掛地区の産廃堆積│ 3月議会でも質問させていただきましたが、        │環境生活部長│
│ 問題について    │(1)行為者への継続的な撤去指導を行ったとは、どのような指│      │
│           │  導をどの程度行ったのか。               │      │
│           │(2)地元説明会の開催状況について伺いたい。改善が進まない│      │
│           │  のは、行政側の努力不足ではないかと地元住民から指摘があ│      │
│           │  るが、市のどのように考えるのか。           │      │
│           │(3)強靭な撤去指導はできないのか。3月議会での答弁で、現│      │
│           │  場の状況変化等に応じ必要な措置を講じているとのことであ│      │
│           │  るが、具体的にはどのような措置を講じているのか。   │      │
│4 セシウム134の高線 │ つくば市稲岡地区などの側溝の線量が高く、市民は不安がって│環境生活部長│
│ 量を出している地域に│いる。市の対応について伺う。               │      │
│ ついての対策は   │                             │      │
│5 食育に対する取組み│ 生活習慣病で医療費の高騰(35兆円にも及ぶ)が懸念されてい│保健福祉部長│
│ について      │る。予防策としての具体的な食育への取組みについて伺う。  │      │
│6 一般競争入札全面導│ 平成23年6月以降1,500万円以上(つくば市本店対象)の一般 │総務部長  │
│ 入後の基本的参加条件│競争入札の基本的参加条件及び落札状況について       │      │
│ について      │                             │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                 10番   瀬 戸 裕美子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 地域交流センターに│ 条例を改正し、名称をかえて、新たな基本計画のもとに運営を│市民部長  │
│ ついて       │はじめて1年が経過しました。現在の状況について伺います。 │      │
│           │(1)利用状況の推移について               │      │
│           │(2)利用の目的は変わってきていますか          │      │
│           │(3)基本計画に記されている新たな実施計画について各々の進│      │
│           │  捗状況を伺います。                  │      │
│           │  ア 市民の学びを促す                 │      │
│           │  イ 地域の活力を促す                 │      │
│           │  ウ 世代間交流を促す                 │      │
│           │  エ 地域間交流を促す                 │      │
│           │  オ 市民が利用しやすい施設を目指して         │      │
│           │(4)23年度の利用料収益について伺います。        │      │
│           │  また、各地域交流センター毎に利用料収益が利用者にわかる│      │
│           │  ように公表することについて伺います。         │      │
│           │(5)利用料の減免について、対象団体を広げたことを評価しま│      │
│           │  す。この減免基準はどこで話し合い、決定されたのでしょう│      │
│           │  か。                         │      │
│           │(6)施設設備の改善状況について             │      │
│2 公共交通     │(1)つくバス、つくタクの利用状況について        │企画部長  │
│           │(2)新たに設けたつくバスの停留所の利用状況はどうでしょう│      │
│           │  か。                         │      │
│           │(3)今後予定している改善点について           │      │
│           │   うまくいっていないつくタクとつくバスの乗り継ぎをどの│      │
│           │  ように考えますか。                  │      │
│           │(4)地域毎のニーズを集める(調査する)方法をどのように考│      │
│           │  えますか。                      │      │
│           │(5)地域毎に違うニーズをどのように活かしていくのでしょう│      │
│           │  か。                         │      │
│           │(6)広く知られているとはいえないつくタクの使い方等のPR│      │
│           │  をどのように進めますか。               │      │
│           │(7)地域交流センターなどの公共施設で、つくバスでは行けな│      │
│           │  いところがありますが、改善する考えはありませんか。  │      │
│3 遺伝子組換え作物の│ スギ花粉症治療イネ、害虫抵抗性及び除草剤耐性トウモロコシ│経済部長  │
│ 栽培実験について  │、除草剤耐性ダイズに加え、今年新たに始まる複合病害耐性イネ│      │
│           │の栽培についての説明会が、5/14つくば市遺伝子組換え作物栽培│      │
│           │連絡会及び4/26、6/2独立行政法人農業生物資源研究所で行われ │      │
│           │ました。                         │      │
│           │ 複合病害耐性イネについては、すでに新潟で屋外実験栽培に対│      │
│           │し、地元の生産者初め研究者らが環境影響及び人体への危険が懸│      │
│           │念されるとして裁判まで起きています。           │      │
│           │ 組換え遺伝子は異なるとはいえ、複合病害耐性という点では新│      │
│           │潟と同様の実験が、つくば市の施設で行われようとしています。│      │
│           │ 農産物の生産地であり、特にお米はブランド米の生産もしてい│      │
│           │るつくば市です。私たちはこの様な実験栽培が行われ続けること│      │
│           │を、たいへん危惧しています。               │      │
│           │ また、野外実験ほ場では開花前後は、鳥よけのためのネットで│      │
│           │周囲を覆うと聞いていますが、竜巻対策は特に設けていないとい│      │
│           │うことでした。                      │      │
│           │ 今回の竜巻で農場用ビニールハウスも大きな被害を受けたと聞│      │
│           │いております。竜巻などによって施設が破壊され、遺伝子組み換│      │
│           │え作物が飛散するようなことも考える必要があると思いますが、│      │
│           │つくば市からそういった事態への対策の申し入れはどのようにし│      │
│           │ていますか。                       │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  7番   五十嵐 立 青 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 市民社会と新しい公│ 市民社会(civil society)とは、古典的には国家共同体と近 │      │
│ 共について     │似の意味を持ち構成員としての市民によって成り立つ市民社会(│      │
│           │アリストテレス)、ほぼ資本主義と同義とされる経済活動の主体│      │
│           │としての市民による社会(ヘーゲル)、討議型民主主義の主体と│      │
│           │しての市民による新しい公共圏である市民社会(ハーバーマス)│      │
│           │と、古代より現代に至るまで「市民」の政治の中における位置づ│      │
│           │けの変遷に相俟って変化を続けつつ、政治において重要な役割を│      │
│           │果たしてきた。                      │      │
│           │ 現代の政治・行政においても市民、そして市民社会をどのよう│      │
│           │に捉えていくかは、政治のあり方・行政のあり方の根幹に関わる│      │
│           │部分である。以上を踏まえて市民、市民社会について:    │      │
│           │(1)市長は24年3月議会において市民の存在をどのように捉え│市長    │
│           │  ているかという質問に対して「行政としての立場で市民とい│財務部長  │
│           │  うことになれば、制度的なことでやっぱりとらえるしかない│      │
│           │  」と答弁している。あらためてこの解釈、        │      │
│           │(2)市長が考える「市民社会」の定義、          │市長    │
│           │(3)「新しい公共」の時代における行政のあり方、政治的リー│市長    │
│           │  ダーシップのあり方、                 │      │
│           │(4)上記視座からの震災や竜巻災害におけるボランティア活動│市長    │
│           │  に対する評価、                    │      │
│           │(5)新しい公共の担い手の育成にも通ずるソーシャルメディア│市長    │
│           │  を活用した寄付制度の構築、              │      │
│           │ 以上5点について伺う。                 │      │
│2 社会的包摂について│ 社会的包摂(social inclusion)とは、従来の貧困問題に対す│      │
│           │る考え方をさらに進めた概念であり、社会に包み込むことで誰も│      │
│           │が社会的に排除されることのない状態のことである。「貧困」が│      │
│           │生活水準を維持するための経済的欠如を表現することに対して「│      │
│           │社会的排除」とは対人、対物含め社会におけるあらゆる関係性を│      │
│           │失うことを意味する。一般的に弱者、経済的困窮者、障害者等は│      │
│           │排除されやすい状況を強いられ、相対的貧困の増大と格差の拡大│      │
│           │が指摘される中、社会的包摂は政治・行政が目指すべき方向性と│      │
│           │しての重要性を増している。このような背景を踏まえ:    │      │
│           │(1)市長は貧困について平成21年12月議会において「個人の貧│市長    │
│           │  困というのは、個人の意識の問題だというふうに思っている│      │
│           │  」と答弁している。あらためてその解釈、        │      │
│           │(2)社会的包摂についての市長の考え、          │市長    │
│           │(3)貧困について:つくば市において生活保護を希望しても受│保健福祉部長│
│           │  給とならない割合とその主な理由について、       │      │
│           │(4)障害についての事例:障害児について、現在市内幼稚園に│教育長   │
│           │  おいて障害を持つ保護者が付添を求められている。社会的包│      │
│           │  摂の視点からの現状の認識と、障害児の就園全体を含めた今│      │
│           │  後の対応について、                  │      │
│           │(5)社会的排除をなくし包摂に向けた第一歩とするための市に│保健福祉部長│
│           │  よる包括的な現状調査の実施、             │      │
│           │ 以上5点について伺う。                 │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                 32番   久保谷 孝 夫 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 竜巻の災害対策と復│(1)市民の防災意識の啓発についてお尋ねします。     │ 市長    │
│ 興支援について   │(2)ボランティアの協力についてつくば市はどのように考えて│ 副市長   │
│           │  いるのかお尋ねします。                │      │
│           │(3)建設業者の協力についてつくば市は、どのように考えてい│ 副市長   │
│           │  るのかお尋ねします。                 │      │
│           │(4)対策と今後の課題についてお尋ねします。       │ 市長    │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘


                    質 疑 発 言 通 告
                 12番   橋 本 佳 子 議員
┌───────┬───────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │          要         旨          │ 答 弁 者 │
├───────┼───────────────────────────────┼──────┤
│議案第46号 │平成24年度つくば市一般会計補正予算              │経済部長  │
│       │P11 2.商工業復興費の13.産業創出支援に要する経費     │      │
│       │ 顧問(産業復興担当)報酬・費用弁償について説明して下さい  │      │
│議案第55号 │つくば市屋外広告物条例について                │都市建設部長│
│       │(1)県屋外広告物条例と市の今回の条例との関係はどのようになる│      │
│       │  のか                           │      │
│       │(2)つくば市屋外広告手数料条例の一部改正とつくば市景観条例の│      │
│       │  一部改正も提案されたと言うことなのか           │      │
│       │(3)条例に出てくる規制とはどのようなものなのか       │      │
│議案第56号 │工事委託契約の締結について                  │上下水道部長│
│       │ 場所はどこになるのか                    │      │
└───────┴───────────────────────────────┴──────┘

                  6番   田 中 サトエ 議員
┌───────┬───────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │          要         旨          │ 答 弁 者 │
├───────┼───────────────────────────────┼──────┤
│承認第 7号 │平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号)         │財務部長  │
│       │P6 民生費 災害救助費 竜巻災害救助に要する経費      │      │
│       │ 災害廃棄物撤去委託料、災害弔慰金等、災害見舞金、災害擁護資金│      │
│       │貸付金における国県支出金の内訳金額について          │      │
│議案第46号 │平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)         │      │
│       │(1)P9 民生費 災害救助費 竜巻災害救助に要する経費   │財務部長  │
│       │      ・特定家庭用機器再商品化手数料、災害廃棄物処理委託│      │
│       │       料、竜巻被害集会所施設復旧費助成金、竜巻被害農業│      │
│       │       施設復旧費助成金、災害援護資金貸付金における国県│      │
│       │       支出金の内訳金額について            │      │
│       │(2)P12 教育費 教育総務費 学校教育研究支援に要する経費 │教育委員会事│
│       │      ・研究内容と財源について             │務局長   │
│       │(3)P13 教育費 社会教育費 つくばサイエンスラボに要する │      │
│       │      経費                       │市民部長  │
│       │      ・内容について                  │      │
└───────┴───────────────────────────────┴──────┘

                 10番   瀬 戸 裕美子 議員
┌───────┬───────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │          要         旨          │ 答 弁 者 │
├───────┼───────────────────────────────┼──────┤
│議案第57号 │財産の取得について                      │企画部長  │
│       │(1)利用について検討状況                  │      │
│       │(2)利用計画の詳細                     │      │
│       │(3)地元からの要望はどのようなものか            │      │
└───────┴───────────────────────────────┴──────┘
                  9番   永 井 悦 子 議員
┌───────┬───────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │          要         旨          │ 答 弁 者 │
├───────┼───────────────────────────────┼──────┤
│議案第55号 │つくば市屋外広告物条例について                │都市建設部長│
│       │(1)つくば市独自の内容は考えていますか。          │      │
│       │(2)第15条 管理者の設置について規則で定める内容はどのような│      │
│       │  ものを考えていますか。                  │      │
└───────┴───────────────────────────────┴──────┘

△陳情文書表
 平成24年6月つくば市議会定例会
                 陳 情 文 書 表
┌──┬────┬─────────────────┬─────────────┬────────┐
│受理│    │                 │    提出者の住所    │        │
│  │受理月日│     件     名     │             │  陳 情 趣 旨 │
│番号│    │                 │   氏     名   │        │
├──┼────┼─────────────────┼─────────────┼────────┤
│H24.│ 4.13│地球社会建設決議に関する陳情書  │横浜市********  │  別  紙  │
│ 2│    │                 │****         │        │
├──┼────┼─────────────────┼─────────────┼────────┤
│ 3│ 5.28│市民後見人の育成及び活用の推進に関│水戸市********* │  別  紙  │
│  │    │する陳情書            │**********   │        │
│  │    │                 │特定非営利活動法人茨城成年│        │
│  │    │                 │後見サポートセンター   │        │
│  │    │                 │理事長 ****     │        │
└──┴────┴─────────────────┴─────────────┴────────┘
 ──────────────────────────────────────────────────
△陳情24第2号
陳情24第2号
 平成24年4月8日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                             陳 情 者 住所 ***********
                                  氏名 ****

                地球社会建設決議に関する陳情書

             世界の前提が変われば、戦争のない世界が実現します。
        その前提を変える為の決議を要請します。貴議会の義務であり、責任です。

                  地球社会建設決議草案
               (戦争のない世界実現への基本原則)

1)すべての人間が地球で共同生活しているのが世界である。この共同体社会をより安全に、より豊かにしようとする思い、努力、行動こそ、市民としての人間の義務・責任である、とする決議。
2)人道・人権は世界法である、とする決議。
3)地球防衛隊を創設しよう、とする決議。
4)空・陸・海・地下の空間、石油・鉱物等の資源は、地球に現存するすべての市民の共有、とする決議。
5)内政干渉は地球市民の基本的権利、とする決議。
6)生存の基本的権利である人間の尊厳を守るのは民主社会主義社会である、とする決議。
7)社会の主権者は市民であり、その確立の為に民主主義技術を高めよう、とする決議。
8)地球社会の柱は、最高意思決定機関の創設である、とする決議。
9)より安全で、より豊かな地球社会建設には更なる社会技術の向上が必要である、とする決議。
 戦争のない世界の実現は、人類の生存の絶対条件です。
 自治体議会の地球社会建設決議こそ、戦争のない世界実現への道を開く前提です。この決議は戦争のない世界実現への基本原則です。この決議の陳情を、700余りの自治体議会に送付し、議員達に配布した旨を受けました。およそ数万人の自治体議会議員が目を通した事と存じます。この事を4回繰り返してきました。しかし、具体的な進展はありません。この原因を私なりに分析しました。
 およそ、ほとんどの人々が、「世界の危機的状況に目を瞑っている」からです。勿論、目を瞑る事は、ある意味、仕方のない事です。世界の危機的状況は、文字を読める人間なら、ほとんどが知っている事であり、感じている筈です。終末時計も語っています。しかし、その問題を自分のものとして捉える事は、ほとんど不可能なのでしょう。自分に何が出来る?考えてどうにかなるのか?自分の立場は?そんな事より身近なあの問題はどうする?・・・どうする事も出来なければ、目を瞑るしかないだろう。そんな事を真剣に考える方がどうかしているのだ。・・という所でしょう。
 しかしながら、世界の危機的状況は、目を瞑ったら無くなるという事ではありません。着実に悪化しているのです。貴方自身も、子供達も、友人も危機に曝されているのです。貴方がこの危機的状況から脱却する為には、貴方自身が努力しなければならないのです。逃げる事は許されないのです。
 私は35年前に、世界の危機的状況を明確に認識しました。その時に感じたのは、「愚劣さ」です。その愚劣さから脱却するにはどうしたらいいのだろう、と真剣に考えるようになり、私の人生のテーマになりました。貴方は、あの第二次世界大戦を愚劣だと感じた事はありませんでしたか。戦争は愚劣そのものだと感じた事はありませんか。ある筈です。
 私は昭和18年3月に生まれました。記憶にありませんが、昭和20年3月10日の東京大空襲の真っただ中にいたようです。戦後の焼け野原の中で、大人達の戦争中の話を聞きながら幼児期を過ごしました。戦争の悲惨、非道な軍隊生活に対する恐怖が沁み込んで育ちました。国力に絶対的な違いがあり、対米戦争に勝ち目はゼロなのに、奇襲を仕掛け、結果、玉砕・空襲・特攻・原爆・・とただただ、人間が殺戮され、社会が破壊され、非道・悲惨な世界を現出したのみです。この戦争は愚劣そのものではなかったでしょうか。太平洋戦争だけではありません。あらゆる戦争が愚劣そのものではないでしょうか。
 水野広徳氏。日露戦争の日本海海戦の立役者秋山真之氏の松山中学、海軍の後輩で、日露戦争を題材とした本を著し、ベストセラーとし、その印税で第一次世界大戦後のヨーロッパ、特に敗戦国ドイツを視察しました。その視察から、戦争をいうものが日露戦争のような軍人と軍人の闘いから国民を巻き込んだ国家と国家の総力戦争に、質的に変化しており、対米戦争がいかに悲惨な状況を招くか、を強く警告し続けました。しかし、この警告は役に立ちませんでした。何故か、社会の下地は一般市民達です。現在と同様、この下地が愚劣さに支配されていれば愚劣さがまかり通るのは必然です。水野氏の警告が社会の下地に沁み込んでいれば、対米戦争はあり得なかったでしょう。水野氏の警告が下地に沁みとおる為には、メデイア・有識者の、警告を下地に沁みとおらせる努力が物理的に必要でした。しかし、その努力が為されませんでした。メデイア・有識者自身が、愚劣さに負けていたのでしょう。現時点、私の陳情が無視されているのは、自治体議会議員・メデイア・有識者の皆様が、愚劣さに負けている為である、と申し上げます。
 私は、35年前、世界の危機的状況を明確に認識した時、愚劣さに殺されてたまるか、愚劣さに負けてたまるか、と心底、思いました。1980年、世界は共有の世界だと考えました。1998年、地球市民の立場を発見しました。2007年、国際社会は自滅システムだと確信しました。たっぷりと思考を重ねてきて、今、戦争のない世界の実現に確信を持っています。愚劣さをやっつける事が出来る、と確信しています。
 世界の危機的状況に目を瞑っている方々は、愚劣さに負けている方々です。というより、愚劣さの一員として、その愚劣さを推進し、加速させ、自らの首を締めている方々です。愚劣さに負けないで下さい。愚劣な戦争を滅ぼす為の基本原則が、地球社会建設決議です。この決議が公的なものになれば、地球社会建設は始まり、戦争のない世界へと進む事になるのです。
 愚劣さに殺されてはなりません。愚劣さに負けてはなりません。
 現時点の世界の愚劣さを感じ、理解し、知悉し、世界を戦争のない世界へ導く道筋を考察する方で、世界へ発信する立場、力を有していれば、世界を指導し、戦争のない世界へ方向づける事が出来ます。メデイアを動かす事が出来る人物ならば、どのような立場の方でもできる事です。自治体市長、自治体議会議長、大学の学長、政・財の著名人、有名人、その他どのような立場の方でもできる事です。
 貴方は戦争を考える時、愚劣さを感じませんか。何の為に殺し合うのか分からずに殺し合いをするなどは愚劣そのものではありませんか。世界の危機的状況の本質は、その愚劣さと同一です。国際社会という主権国家の連合体という仕組み、システムが、愚劣さの根源です。主権国家が持つ「国を守らねばならない絶対責任」が、国家権力に「国民という市民に犠牲を強要出来る権限」を与え、さらに国家権力に「常に戦争を想定させ、軍拡を強要する」事になり、国家権力群をして、世界に殺戮兵器を溢れさせ、地球を守る事よりも戦争の準備を優先させてしまう、という世界にして、人類の危機的状況を現出させているのです。この思考、仕組みを利用して非道を為す悪徳な国家権力者が如何に多い事か。この悪徳な人間を、今の世界ではどうする事も出来ないでいます。地球社会が見えない、見ようとしない貴方の責任です。貴方が悪徳な国家権力者を野放しにしているのです。
 貴方は、今、愚劣さに負けている為に、地球社会建設決議に消極的なのです。
 この愚劣さは巨大に膨張しており、その巨大さに貴方は負けています。弱点を一押しすれば、この愚劣さは萎んでしまいます。その弱点が地球社会建設決議という戦争のない世界を実現する基本原則を公的なものにする事なのです。この戦争のない世界実現への基本原則が公的になれば、戦争のない世界実現の為の要請が世界に対し、為されるようになります。この決議を実践した議会の議長、行政の長は、世界に「地球防衛隊の設立の為の会議」を提案する資格を有することになります。世界中に、戦争のない世界にする為の要請を出来る資格を有する事になります。この資格は、世界に発信できる力を持っている方で、この決議を自治体議会に強く促し、決議させたならば、獲得することが出来ます。
 地球防衛隊の設立会議は、地球防衛隊をどう創るかというアイデアを出す人材を結集する事で開催する事が出来ます。それこそ、質量ともに莫大なアイデアが集まってくる事が予測されます。そのアイデアを整理していけば、大きな柱が浮かびあがってくる筈です。そして、この会議の中から、新しい安全で豊かな地球共同体社会の形が見えてくる筈です。
 戦争のない世界にする事は、地球を守る為の、人類の生存の為の絶対条件です。その為の要請は、人類全体の要請であり、絶対正義の要請です。この要請を拒絶する人間は、どのような立場にあろうと、人類への敵対行為者となり、地球の破壊者になってしまうのです。
 例えば、今、アメリカは超軍事力を持っています。その軍事力をアメリカの国益、つまり国家エゴの為に誇示しています。世界は、すべての人間が地球で共同生活をしている場です。この共同体社会の中で、アメリカの利益だけの為に存在する軍隊は、不公平そのものの存在です。アメリカの軍事力は、地球共同体社会全体の安全と、豊かさの為に存在すべきです。その為に、地球防衛隊に進化しなければなりません。その要請をアメリカ国民という立場にある地球市民に要請しなければなりません。その代表として、オバマ氏に要請したら、オバマ氏はどう対応するでしょうか。拒絶、消極的対応ならば、オバマ氏を人類への敵対行為者と決めつける事が出来るのです。
 この事はすべての国家権力に対して指摘する事です。すべての国家権力が、地球を、人類を守るという思考よりも、自分達の国家を、自分達の国民を守る、という思考を優先させているのです。愚劣さの根源です。部分の安全だけを考え、全体の危機を放置しているのです。極めて愚劣であり、その愚劣さに何の疑問も持たずに、毎日を過ごしている貴方を発見して下さい。軍事力という凄まじい破壊力が、愚劣さに支配されているのです。その危険が如何に巨大で恐ろしいものか、認識していますか。
 国家は「国を守るという絶対責任」を有している、と錯覚しているのが、現時点の世界です。すべての国家が、すべての人間が守られなければならないのが社会の絶対責任です。すべての人間が地球で生活しており、この共同体社会の安全をより高める為の努力が、地球で生きているすべての人間の義務であり、責任です。
 先日、川崎市議会の委員会で、「地球社会建設決議案の陳情」が討議される、という連絡があり、傍聴してきました。「地球防衛隊だとか、500万人ぐらい規模の自治体を基本単位として、その代表者1400人ぐらいが一堂に会せば、世界最高意思決定機関になり得る等は、荒唐無稽な戯言である」「思いは理解するが、論理が上滑りしている」「この決議をして、それから何をすればいいのか」「この陳情は当市議会にはなじまない」などの意見が飛び交い、簡単に「不採択」になりました。この経過を、別紙、チラシのお問い合わせ窓口を引き受けて下さった、**氏に話したところ、「私の地元のさいたま市でも、はじめはそんな感じでしたが、今、変わってきました。良く考えて貰えば、如何に荒木さんの提案しかない、という事が判る筈です」と返ってきました。軍隊が別々の組織に所属する形態であれば、その形態自体が戦争状態である事を理解しなければなりません。軍隊は一体化されねばならないのです。人間を守る。地球を守る。「守るという軍人の責務を果たす」為には、軍人が「地球防衛隊」として、一体化される他に道はありません。地球防衛隊は地球の外からの敵に備えるのではなく、人間の弱さ、未熟さから発生する愚劣さという内からの敵に備える為のものです。
 現在、民主主義を標榜している大国の国家運営が、どこも行き詰っています。民主主義運営の適正規模をはるかに超えていれば、社会運営が鈍くなり、行き詰まるのは必然です。スイス・デンマーク・北欧諸国など、適正規模の社会は、良く機能しています。社会は、強い事よりも賢い事が大切です。有益・有効な社会運営には、適正規模の大きさが大切です。荒唐無稽と感じる方は、もっと深く考える事が必要です。
 沖縄の那覇市議会からは、陳情は当市議会になじまない、と何回も返答がありました。
 戦争のない世界が実現しない限り、沖縄の基地問題は解決しないのに、です。(戦争をなくす努力を放棄して、反基地を叫ぶのはタカリでは?)この陳情が自治体議会になじまない、と感じる方は、民主主義の根源の哲理が身についていません。一人一人の市民の思いが根底となって、社会の方向、運営が定まってくるのです。社会の下地こそ社会の根源です。自治体議会は、その社会の下地を表す場です。市民達が戦争のない世界の実現への思いを持つならば、その方向づけをするうってつけの場です。重大な事は決議したあとの事ではなく、決議する事なのです。
 決議した後、何をするかは問題ではありません。この決議は、地球に生活する全市民に対し、「戦争のない世界を実現しなければならない、と考えるかどうか」を問いただす事を意味するのです。この決議は、地球社会の下地を構成している厖大な市民達に浸透していき、未来を建設できる思考に、社会の下地を染めていくのです。
 この陳情に対し、ほとんどの自治体議会議員の方々が「常識外」という感覚を持ち、その為に深く考える事をしないようです。後々、これらの方々が「見識が浅い」と云われても仕方がないのではないでしょうか。
 「この決議をした」という歴史的偉業は歴史を画する偉業として、それこそ、人類史に燦然と輝き続ける事になります。世界を見つめ、よくよく深くお考えになって下さい。

                      2012年4月吉日
                        ****

△陳情24第3号
陳情24第3号
 平成24年5月27日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                  陳 情 者 住所 茨城県水戸市*********
                          **********
                          特定非営利活動法人茨城成年後見サポートセンター
                          理事長 ****

              市民後見人の育成及び活用の推進に関する陳情書

陳情の趣旨
 高齢者の生活上の安全・安心・健康を確保するための様々な生活支援サービスが日常生活の場で適切に提供される地域全体での体制作りが円滑に進むよう、市民後見人の育成及び活用を推進するための措置を講じるよう陳情するものです。
陳情事項
 介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律(平成23年法律第72号。第177回通常国会にて平成23年6月15日に可決成立、同年6月22日に公布。)により老人福祉法が改正され、平成24年4月1日に施行されたところです。これにより、
 ○後見、保佐及び補助の業務を適正に行うことができる人材として、いわゆる市民後見人を育成すること。
 ○こうした人材の活用を図るために必要な措置を講ずること。
が市町村の努力義務として法律上位置づけられることとなりました。
より具体的には、
 1)市民後見人を育成するための研修の実施
 2)市民後見人の家庭裁判所への推薦
 3)その他必要な措置(研修を修了した者を登録する名簿の作成、市町村長が推薦した後見人等を支援することなど)
が市町村の努力義務とされたところです。
 超高齢化社会を迎えて久しい我が国においては、高齢者の生活上の安全・安心・健康を確保するための様々な生活支援サービスが日常生活の場で適切に提供されるよう、地域全体で取り組んでいく体制作りが求められています。
 こうした社会的要請並びに自己決定権の尊重及び残存能力の活用といった成年後見制度の基本理念に照らして、地域における成年後見等の担い手として市民が果たす役割が今後ますます強くなると考えられることに鑑み、市民後見人の育成及び活用を推進するための措置を御市にて速やかに講じられるよう陳情するものです。

【参考:老人福祉法(抄)】
(審判の請求)
第三十二条 市町村長は、六十五歳以上の者につき、その福祉を図るため特に必要があると認めるときは、民法第七条、第十一条、〔中略〕、第十五条第一項、〔中略〕に規定する審判の請求をすることができる。
(後見等に係る体制の整備等)
第三十二条の二、市町村は、前条の規定による審判の請求の円滑な実施に資するよう、民法に規定する後見、保佐及び補助(以下「後見等」という。)の業務を適正に行うことができる人材の育成及び活用を図るため、研修の実施、後見等の業務を適正に行うことができる者の家庭裁判所への推薦その他の必要な措置を講ずるよう努めなければならない。
2 都道府県は、市町村と協力して後見等の業務を適正に行うことができる人材の育成及び活用を図るため、前項に規定する措置の実施に関し助言その他の援助を行うように努めなければならない。


△議案等審査付託表
 平成24年6月つくば市議会定例会議案等審査付託表
                                     (平成24年6月22日)
┌─────────┬───────┬────────────────────────────┐
│ 付 託 委 員 会 │ 議案等番号 │        案     件     名        │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│総務常任委員会  │承認第7号  │専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)│
│         │       │(平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号)関係部分)│
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │承認第8号  │専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第13号)│
│         │       │(平成24年5月6日の竜巻被害に係る証明書交付手数料の徴収│
│         │       │の特例に関する条例)                  │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第46号  │平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)関係部分  │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第48号  │つくば市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関│
│         │       │する条例の一部を改正する条例について          │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第49号  │つくば市税条例の一部を改正する条例について       │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第53号  │つくば市火災予防条例の一部を改正する条例について    │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第57号  │財産の取得について                   │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│文教福祉常任委員会│承認第7号  │専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)│
│         │       │(平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号)関係部分)│
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第46号  │平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)関係部分  │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第50号  │つくば市障害者センター条例の一部を改正する条例について │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│環境経済常任委員会│承認第7号  │専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)│
│         │       │(平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号)関係部分)│
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第46号  │平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)関係部分  │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第51号  │つくば市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部を改正│
│         │       │する条例について                    │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第52号  │つくば市と茨城県信用保証協会との損失補償契約に基づく回収│
│         │       │返還金の返還を受ける権利の放棄に関する条例の一部を改正す│
│         │       │る条例について                     │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第54号  │外国人登録法の廃止に伴う関係条例の整理に関する条例につい│
│         │       │て                           │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│都市建設常任委員会│承認第7号  │専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)│
│         │       │(平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号)関係部分)│
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第46号  │平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)関係部分  │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第47号  │平成24年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第1号) │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第55号  │つくば市屋外広告物条例について             │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第56号  │工事委託契約の締結について               │
└─────────┴───────┴────────────────────────────┘

            平成24年6月つくば市議会定例会議案等審査追加付託表
                                     (平成24年6月22日)
┌─────────┬───────┬────────────────────────────┐
│ 付 託 委 員 会 │ 議案等番号 │        案     件     名        │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│総務常任委員会  │議第1号議案 │つくば市審議会等の会議の公開に関する条例について    │
│         │       │                            │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│文教福祉常任委員会│議案第58号  │つくば市竜巻災害に伴い被災した住宅の復旧に要する資金の利│
│         │       │子補給に関する条例について               │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│都市建設常任委員会│議案第59号  │工事請負契約の締結について               │
│         │       │                            │
└─────────┴───────┴────────────────────────────┘

△閉会中の継続審査申出書
 平成24年6月25日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                                      総務常任委員長
                                         安 井   茂
                                          (公印省略)

                    閉会中の継続審査申出書

 本委員会、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものとしたから、委員会条例第36条の規定により申し出ます。

                        記
1 事  件

   議第1号議案 つくば市審議会等の会議の公開に関する条例について


2 理  由

   精査が必要なため


△各常任委員会議案等審査結果一覧表
 各常任委員会議案等審査結果一覧表
               (平成24年6月つくば市議会定例会)
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬────┐
│議案等番号│      案      件      名       │付託委員会│審査結果│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│     │                            │ 総  務 │承  認│
│     │                            ├─────┼────┤
│     │専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)│ 文教福祉 │承  認│
│承認第7号│                            ├─────┼────┤
│     │(平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号))    │ 環境経済 │承  認│
│     │                            ├─────┼────┤
│     │                            │ 都市建設 │承  認│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│承認第8号│専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第13号)│ 総  務 │承  認│
│     │(平成24年5月6日の竜巻被害に係る証明書交付手数料の徴収│     │    │
│     │の特例に関する条例)                  │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│     │                            │ 総  務 │原案可決│
│     │                            ├─────┼────┤
│     │                            │ 文教福祉 │原案可決│
│議案第46号│平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)      ├─────┼────┤
│     │                            │ 環境経済 │原案可決│
│     │                            ├─────┼────┤
│     │                            │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第47号│平成24年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第1号) │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第48号│つくば市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関│ 総  務 │原案可決│
│     │する条例の一部を改正する条例について          │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第49号│つくば市税条例の一部を改正する条例について       │ 総  務 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第50号│つくば市障害者センター条例の一部を改正する条例について │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第51号│つくば市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部を改正│ 環境経済 │原案可決│
│     │する条例について                    │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第52号│つくば市と茨城県信用保証協会との損失補償契約に基づく回収│ 環境経済 │原案可決│
│     │返還金の返還を受ける権利の放棄に関する条例の一部を改正す│     │    │
│     │る条例について                     │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第53号│つくば市火災予防条例の一部を改正する条例について    │ 総  務 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第54号│外国人登録法の廃止に伴う関係条例の整理に関する条例につい│ 環境経済 │原案可決│
│     │て                           │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第55号│つくば市屋外広告物条例について             │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第56号│工事委託契約の締結について               │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第57号│財産の取得について                   │ 総  務 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第58号│つくば市竜巻災害に伴い被災した住宅の復旧に要する資金の利│ 文教福祉 │原案可決│
│     │子補給に関する条例について               │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第59号│工事請負契約の締結について               │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議第1号 │つくば市審議会等の会議の公開に関する条例について    │ 総  務 │継続審査│
│議案   │                            │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 24│障害者総合福祉法(仮称)の制定を求める国への意見書につい│ 文教福祉 │趣旨採択│
│第 1 号│ての請願                        │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 24│「社会保障と税の一体改革」による消費税の増税は行わないこ│ 総  務 │不 採 択│
│第 2 号│とを求める意見書提出に関する請願            │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 24│「市民総合活動センター」(仮称)の設立を求める請願書  │ 環境経済 │趣旨採択│
│第 4 号│                            │     │    │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴────┘


△委第1号議案
委第1号議案

 つくば市議会会議規則の一部を改正する規則について

 上記の議案を次のとおり提出する。

  平成24年6月29日

                             提出者 議会運営委員長 柳 沢 逸 夫
 ──────────────────────────────────────────────────
               つくば市議会会議規則の一部を改正する規則

 つくば市議会会議規則(昭和62年つくば市議会規則第1号)の一部を次のように改正する。
 第10条第2項中「議会により」を「議決により」に改める。
 第47条中「休憩のための」を「休憩のため」に改める。
 第62条第2項及び第63条第3項中「第57条及び」を削る。
 第63条の次に次の2条を加える。
 (質問応答)
第63条の2 質問応答は、一問一答形式で行う。
 (質問議員への反問)
第63条の3 法第121条の規定により議場に出席した者は、質問した議員に対して議長の許可を得て反問することができる。
   附 則
 この規則は、公布の日から施行する。


△委第2号議案
委第2号議案

 つくば市議会委員会条例の一部を改正する条例について

 上記の議案を次のとおり提出する。

  平成24年6月29日

                              提出者 議会運営委員長 柳 沢 逸 夫
 ──────────────────────────────────────────────────
               つくば市議会委員会条例の一部を改正する条例

 つくば市議会委員会条例(昭和62年つくば市条例第58号)の一部を次のように改正する。
 第2条第1項第1号中「9人」を「7人」に改め、同項第2号から第4号までの規定中「8人」を「7人」に改め、同条第2項中「10人」を「8人」に改める。
 第6条第1項中「議会の」を「議員の」に、「懲罰特別委員会が」を「懲罰特別委員会を」に改める。
 第18条第1項ただし書中「第16条」を「第28条」に改める。
 第22条中「次条」の次に「及び第42条の2」を加える。
 第28条の見出し中「排斥」を「除斥」に改める。
 第32条中「及び経費について」を「、経費その他の必要事項を」に改める。
 第35条第2項中「調査中」の次に「の事件」を加える。
 第42条の次に次の1条を加える。
 (質疑委員への反問)
第42条の2 第22条に規定する要求に応じ委員会に出席した関係機関は、質疑した委員に対して委員長の許可を得て反問することができる。
   附 則
 この条例は、公布の日から施行する。ただし、第2条の改正規定は、平成24年11月30日から施行する。


△議第1号議案
議第1号議案

 つくば市審議会等の会議の公開に関する条例について

 上記の議案を次のとおり提出する。

  平成24年6月22日

                            提出者 つくば市議会議員 永 井 悦 子
                            賛成者 つくば市議会議員 瀬 戸 裕美子
                                    〃     金 子 和 雄
 ──────────────────────────────────────────────────
               つくば市審議会等の会議の公開に関する条例

 (目的)
第1条 この条例は、審議会等の会議を公開することで、広く市政に関する市民の知る権利を保障することにより、市政に対する市民の参加を促進し、開かれた市政を推進することを目的とする。
 (対象とする会議)
第2条 この条例の対象とする会議は、次の各号に掲げるものとする。
 (1)地方自治法(昭和22年法律第67号)第138条の4第3項の規定により、執行機関の附属機関として設置した審査会、審議会、調査会その他の調停、審査、諮問又は調査のための機関の会議
 (2)前号に掲げるもののほか、執行機関が、市民、学識経験者等から、意見、知見等を聴取し、市政に反映させることを主な目的として、要綱、規則等により設置した審議会、検討委員会、懇話会等の機関(以下本号の機関及び前号の機関を「審議会等」という。)の会議
 (会議の公開の原則)
第3条 審議会等の会議は、これを公開する。
 (不服申立て等に係る会議の非公開)
第4条 前条の規定にかかわらず、不服申立て等に係る会議は、非公開とする。ただし、当該会議における口頭審理等(審議会等が不服申立人等から意見等を聴取する審理等をいう。)について当該申立人等から公開の申立てがある場合においては、審議会等は、会議に諮り、当該口頭審理等を公開することができる。
 (非公開とすることができる会議)
第5条 第3条及び前条ただし書の規定にかかわらず、審議会等は、会議に諮り、審議等の内容が次の各号に掲げる事項のいずれかに該当するおそれがあると認めるときは、その会議の全部又は一部を非公開とすることができる。
 (1)個人に関する事項であって、特定の個人が識別され、又は識別され得るもの。ただし、次に掲げる事項を除く。
   ア 事業を営む個人の当該事業に関する事項
   イ 公務員の職務の遂行に係る事項に含まれる当該公務員の職に関する事項
   ウ 法令又は他の条例(以下「法令等」という。)の規定により行われた許可、免許、届出その他これらに相当する行為に関する事項であって、公開することが公益上必要なもの
 (2)法人(国及び地方公共団体を除く。)その他の団体(以下「法人等」という。)に関する事項又は事業を営む個人の当該事業に関する事項であって、当該法人等又は当該個人にとって明らかに不利益を与えるもの。ただし、次に掲げる事項を除く。
   ア 事業活動によって生ずる危害から人の生命、身体又は健康を保護するため、公開することが必要な事項
   イ 法人等又は事業を営む個人の違法又は著しく不当な事業活動によって生ずる支障から市民の生活を保護するため公開することが公益上必要な事項
 (3)公開することにより、人の生命、身体、財産等の保護その他公共の安全の確保及び秩序の維持に支障が生ずる事項
 (4)国、他の地方公共団体又は公共的団体(以下「国等」という。)からの協議、依頼等に関する事項であって、公開することにより国等との協力関係又は信頼関係が著しく損なわれるもの
 (5)実施機関内部若しくは実施機関相互又は実施機関と国等の機関との間における審議、検討、調査研究等の意思決定過程における事項であって、公開することにより当該審議、検討、調査研究等に支障が生ずるもの
 (6)実施機関又は国等が行う監査、検査、契約、交渉、争訟、試験、職員の身分取扱い、その他の事務事業に関する事項であって、公開することにより、次のいずれかに該当するもの
   ア 当該事務事業の目的が阻害されるもの
   イ 特定のものに明らかに利益又は不利益を与え、公平を害するもの
   ウ 関係当事者間の信頼関係が著しく損なわれるもの
   エ 当該事務事業の公正又は円滑な執行に著しい支障が生ずるもの
 (7)法令等の定めるところにより、公開することができない事項
 (会議開催の事前公表)
第6条 実施機関(審議会等が設置されている市長その他の執行機関をいう。以下同じ。)は、次の各号に掲げる事項をあらかじめ公表しなければならない。ただし、緊急に審議会等の会議が開催されるときは、この限りでない。
 (1)開催日時
 (2)開催場所
 (3)議題及びその概要
 (4)公開又は非公開の別
 (5)非公開の理由(会議を非公開とした場合に限る。)
 (6)前各号に掲げるもののほか、実施機関が必要と認めた事項
 (会議の傍聴)
第7条 何人も、第4条又は第5条の規定により審議会等の会議が非公開とされたときを除き、実施機関の定めるところにより、審議会等の会議を傍聴することができる。
2 傍聴人は、会場の秩序維持に関し審議会等の長の指示に従わなくてはならない。
 (会議資料の提出)
第8条 審議会等の会議が公開されるときは、当該会議に付する会議資料(つくば市情報公開条例(平成10年つくば市条例第20号)第9条各号に該当する情報が記載されているものを除く。)を傍聴人に配付又は閲覧に供しなければならない。
 (会議録の作成)
第9条 実施機関は、審議会等の会議について会議録を作成しなければならない。
 (会議録の写しの閲覧及び公開)
第10条 実施機関は、その定めるところにより、公開された審議会等の会議に係る会議録の写しを閲覧に供しなければならない。
2 前項の会議録は、市のホームページで公開するものとする。
 (実施状況の公表)
第11条 市長は、毎年1回審議会等の公開状況をとりまとめ、議会に報告するとともに、一般に公表するものとする。
 (特別の定めがある場合の取扱い)
第12条 審議会等の会議の公開について法令に特別の定めがあるときは、その定めるところによるものとする。
 (委任)
第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、実施機関が別に定める。

   附 則
 この条例は、平成24年12月1日から施行し、会議の公開に関しては、同日以後に第6条の規定に基づき公表する審議会等の会議から適用する。


△議第2号議案
議第2号議案

 つくば市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について

 上記の議案を次のとおり提出する。

  平成24年6月29日

                            提出者 つくば市議会議員 塩 田   尚
                            賛成者 つくば市議会議員 塚 本 洋 二
                                    〃     大久保 勝 弘
                                    〃     木 村 倉ノ助
                                    〃     市 川 三 郎
                                    〃     塙   豊 光
                                    〃     矢 口 一 雄
 ──────────────────────────────────────────────────
      つくば市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例

 つくば市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例(昭和62年つくば市条例第14号)の一部を次のように改正する。
 別表を次のように改める。

別表(第2条、第5条関係)
      ┌─────┬─────────┬─────────┬───────┐
      │区分   │  議員報酬月額  │  相当する職  │ 費用弁償額 │
      ├─────┼─────────┼─────────┼───────┤
      │議長   │     465,000円│市長       │    2,000円│
      ├─────┼─────────┼─────────┤       │
      │副議長  │     408,000円│副市長      │       │
      ├─────┼─────────┼─────────┤       │
      │議員   │     380,000円│副市長      │       │
      └─────┴─────────┴─────────┴───────┘

   附 則
 この条例は、平成24年11月30日から施行する。


△意見書案第3号
意見書案第3号

 障害者自立支援法にかわる新たな障害者福祉施策を講ずる「障害者総合支援法」の施行に係る意見書

 上記の意見書案を次のとおり提出します。

  平成24年6月29日

                           提出者 文教福祉常任委員長 古 山 和 一
 ──────────────────────────────────────────────────
   障害者自立支援法にかわる新たな障害者福祉施策を講ずる「障害者総合支援法」の施行に係る意見書

 障害者自立支援法にかわる新たな障害福祉施策として「地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律」いわゆる「障害者総合支援法」が、今第180通常国会参議院本会議において、平成24年6月20日可決、成立され、平成25年4月1日施行されることとなった。
 「障害者総合支援法」の施行にあたっては、「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」を尊重し、新たな制度へ円滑に移行して行くことが重要であると考える。
 ついては、つくば市議会として以下の事項について要請する。

1 障害者総合支援法の施行にあたり、実施主体である市町村や障害当事者並びに事業者等へ不用な混乱を招かないよう、十分な制度周知と準備期間を設けること。
2 障害者総合支援法の施行にあたり、国は、制度を円滑に進めるための地方自治体への財源を十分に確保し財政支援を行うこと。
3 障害者総合支援法の施行にあたり、国及び地方自治体の役割を明確にし、実施主体となる地方自治体の意見を制度設計に取り入れること。

以上、地方自治法第99条の規定により提出します。

 平成24年6月29日
                                    つ く ば 市 議 会
(提出先)
  衆議院議長 様
  参議院議長 様
  内閣総理大臣 様
  厚生労働大臣 様


△意見書案第4号
意見書案第4号

 大飯原発再稼働の中止を求める意見書

上記の意見書案を次のとおり提出します。

 平成24年6月29日

                            提出者 つくば市議会議員 永 井 悦 子
                            賛成者 つくば市議会議員 瀬 戸 裕美子
                                    〃     金 子 和 雄
 ──────────────────────────────────────────────────
                 大飯原発再稼働の中止を求める意見書

 福島第一原発の事故によって、我が国における原発の安全性には大きな問題があることが明らかになりました。国、東京電力、専門家の対応は、原発に対して、十分な危機管理の体制が整っていないことを露呈する結果となりました。
 同時に、事故後の処理はまだまだ先が見えず、使用済み核燃料プールがむき出しの状態で、地震が頻発する中、更なる放射能汚染のリスクが危惧されます。
 このような中、野田首相は、関西電力大飯原発を「国民生活を守る」ために、再稼働すると決定し、準備が進んでいます。
 福島第一原発事故の原因究明も終わっていない現在、この判断は「国民の生命、財産を守る」立場の国政の責任者として許されないものです。
 原子力安全保安院が廃止され、原子力規制庁が設置されるとのことですが、これもまだ実現していない状況です。日本国内のどこにおいても、東日本大震災クラスの地震や津波が発生しないとは誰にも約束できません。
 このように、大飯原発の再稼働は多くの問題を残したままの見切り発車であり、国民の生命、財産を守る立場から、以下のことを求めます。

                         記

1 安全性の確保の観点から、大飯原発の再稼働を中止する。

以上、地方自治法第99条の規定により提出します。

 平成24年6月29日
                                    つ く ば 市 議 会

(提出先)
  衆議院議長 様
  参議院議長 様
  内閣総理大臣 様
  経済産業大臣 様
  環境大臣 様
  総務大臣 様



△決議案第3号
決議案第3号

 竜巻被害に関する決議

 上記の決議案を次のとおり提出します。

  平成24年6月29日

                            提出者 つくば市議会議員 安 井   茂
                            賛成者 つくば市議会議員 永 井 悦 子
                                    〃     橋 本 佳 子
                                    〃     小 野 泰 宏
                                    〃     柳 沢 逸 夫
                                    〃     田 宮 直 子
                                    〃     塩 田   尚
                                    〃     久保谷 孝 夫
 ──────────────────────────────────────────────────
                    竜巻被害に関する決議

 5月6日に発生した竜巻により、中学生一人が死亡し、37名が負傷したほか、千棟を超える住宅等に甚大な被害が発生した。
 また、北条商店街では、多くの店舗が壊滅的な打撃を受け、商店街の存続が危ぶまれている。さらに、農業施設や農作物の被害に加え、ガレキ等が散乱する水田の問題など、極めて深刻な状況にある。
 昨年の東日本大震災に続く被災により、市民が多くの困難に直面している現状を踏まえ、市においては、下記の事項について特段の措置を講じられるよう強く求めここに決議する。

                         記

1 竜巻被害については、家屋全体の損傷に占める屋根等の損傷割合が高く、居住し難い状況になっている特殊性を考慮し、住家の被害認定基準の柔軟な運用を図り、被災者生活再建支援法の対象とするよう、国に働きかけること。また、災害救助法による住宅の応急修理制度についても、同様とすること。
2 財政負担の軽減を図るため、災害廃棄物の処理に関する費用の全額を国が負担するなど、東日本大震災並みの財政支援措置を講じるよう、国に働きかけること。
3 被災を受けた商店街や中小企業の復旧・復興が長期化することが予想されるため、資金の調達に関する支援措置を講じること。あわせて、当該商店街等への助成制度の創出を国や県に働きかけること。
4 被災を受けた農業用ハウス、農業用倉庫、農業用機械等の修繕費用の助成や被災農地の災害復興事業について、被災者が利用しやすくなるよう、支援措置を講じるとともに、国や県に働きかけること。
5 竜巻に関する災害対応を地域防災計画に位置づけ、竜巻発生時の適切な対応を図るとともに、市民に対し、竜巻に対する防護の訓練や知識の普及に努めること。

 平成24年6月29日
                                    つ く ば 市 議 会


△議案等議決結果
 議 案 等 議 決 結 果
                                      平成24年6月定例会
 報告案件
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 報告番号 │          案        件        名          │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第7号 │ 平成23年度つくば市一般会計予算継続費繰越計算書について            │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第8号 │ 平成23年度つくば市一般会計予算繰越明許費繰越計算書について          │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第9号 │ 平成23年度つくば市一般会計予算事故繰越し繰越計算書について          │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第10号 │ 平成23年度つくば市下水道事業特別会計予算継続費繰越計算書について       │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第11号 │ 平成23年度つくば市下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書について     │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第12号 │ 平成23年度つくば市水道事業会計予算繰越計算書について             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第13号 │ つくば市土地開発公社の経営状況を説明する書類について             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第14号 │ 平成23年度情報公開の実施状況について                     │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第15号 │ 平成23年度個人情報の開示及び訂正等の実施状況について             │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

 会議事項
┌────┬───────────────────────────────┬────┬────┐
│議案番号│          案     件     名        │議決月日│審議結果│
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│承  認│専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)   │ 6.29│承  認│
│第 7 号│(平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号))       │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│承  認│専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第13号)   │ 6.29│承  認│
│第 8 号│(平成24年5月6日の竜巻被害に係る証明書交付手数料の徴収の特例│    │    │
│    │に関する条例)                        │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)         │ 6.29│原案可決│
│第 46 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第1号)    │ 6.29│原案可決│
│第 47 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条│ 6.29│原案可決│
│第 48 号│例の一部を改正する条例について                │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市税条例の一部を改正する条例について          │ 6.29│原案可決│
│第 49 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市障害者センター条例の一部を改正する条例について    │ 6.29│原案可決│
│第 50 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部を改正する条│ 6.29│原案可決│
│第 51 号│例について                          │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市と茨城県信用保証協会との損失補償契約に基づく回収返還金│ 6.29│原案可決│
│第 52 号│の返還を受ける権利の放棄に関する条例の一部を改正する条例につい│    │    │
│    │て                              │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市火災予防条例の一部を改正する条例について       │ 6.29│原案可決│
│第 53 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│外国人登録法の廃止に伴う関係条例の整理に関する条例について  │ 6.29│原案可決│
│第 54 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市屋外広告物条例について                │ 6.29│原案可決│
│第 55 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│工事委託契約の締結について                  │ 6.29│原案可決│
│第 56 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│財産の取得について                      │ 6.29│原案可決│
│第 57 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市竜巻災害に伴い被災した住宅の復旧に要する資金の利子補給│ 6.29│原案可決│
│第 58 号│に関する条例について                     │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│工事請負契約の締結について                  │ 6.29│原案可決│
│第 59 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│作岡財産区管理委員の選任について               │ 6.22│同  意│
│第 60 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│作岡財産区管理委員の選任について               │ 6.22│同  意│
│第 61 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│作岡財産区管理委員の選任について               │ 6.22│同  意│
│第 62 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│作岡財産区管理委員の選任について               │ 6.22│同  意│
│第 63 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市一般会計補正予算(第4号)         │ 6.29│原案可決│
│第 64 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│諮  問│人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて       │ 6.29│適  任│
│第 1 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│委第1号│つくば市議会会議規則の一部を改正する規則について       │ 6.29│原案可決│
│議  案│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│委第2号│つくば市議会委員会条例の一部を改正する条例について      │ 6.29│原案可決│
│議  案│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議第1号│つくば市審議会等の会議の公開に関する条例について       │ 6.29│継続審査│
│議  案│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議第2号│つくば市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を│ 6.29│否  決│
│議  案│改正する条例について                     │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│意見書案│障害者自立支援法にかわる新たな障害者福祉施策を講ずる「障害者総│ 6.29│原案可決│
│第 3 号│合支援法」の施行に係る意見書                 │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│意見書案│大飯原発再稼働の中止を求める意見書              │ 6.29│原案可決│
│第 4 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│決 議 案│竜巻被害に関する決議                     │ 6.29│原案可決│
│第 3 号│                               │    │    │
└────┴───────────────────────────────┴────┴────┘


△請願議決結果
 請 願 議 決 結 果
                                      平成24年6月定例会
┌────┬───────────────────────────────┬────┬────┐
│受理番号│          件          名         │議決月日│審議結果│
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 24│障害者総合福祉法(仮称)の制定を求める国への意見書についての請│ 6.29│趣旨採択│
│第 1 号│願                              │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 24│「社会保障と税の一体改革」による消費税の増税は行わないことを求│ 6.29│不 採 択│
│第 2 号│める意見書提出に関する請願                  │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 24│「市民総合活動センター」(仮称)の設立を求める請願書     │ 6.29│趣旨採択│
│第 4 号│                               │    │    │
└────┴───────────────────────────────┴────┴────┘