議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 つくば市

平成24年 6月26日都市建設常任委員会−06月26日-01号




平成24年 6月26日都市建設常任委員会

                 つくば市議会都市建設常任委員会
            ─────────────────────────
              平成24年6月26日 午前10時16分開会
            ─────────────────────────
 出 席 委 員
                            委員長     吉 葉   茂 君
                            副委員長    ヘイズ ジョン 君
                            委員      田 中 サトエ 君
                              〃     小 野 泰 宏 君
                              〃     市 川 三 郎 君
                              〃     塙   豊 光 君
                              〃     久保谷 孝 夫 君
                            議長      飯 岡 宏 之 君
       ────────────────────────────────────
 欠 席 委 員
                            なし
       ────────────────────────────────────
 出 席 説 明 者
                都市建設部長              大 内 一 義 君
                都市建設部次長             大 橋   功 君
                都市建設部次長             横 田   章 君
                都市建設部都市計画課長         長 島 芳 行 君
                都市建設部建築指導課長         中 山 久 一 君
                都市建設部開発指導課長         豊 島 俊 一 君
                都市建設部都市施設課長         岩 瀬   武 君
                都市建設部主任参事兼TX・まちづくり推進課長
                                    大久保 善 吉 君
                都市建設部道路課長           栗 原 正 治 君
                都市建設部営繕・住宅課長        宮久保 正 美 君
                都市建設部地籍調査課長         猪 瀬   弘 君
                上下水道部長              藤 澤   宏 君
                上下水道部次長             坂 入 良 一 君
                上下水道部次長             大 山 和 一 君
                上下水道部主任参事兼水道総務課長    中 村 良 男 君
                上下水道部業務課長           星 野 成 之 君
                上下水道部水道工務課長         室 町 一 彦 君
                上下水道部配水課長           耒 栖   武 君
                上下水道部下水道管理課長        高 田 祐 一 君
                上下水道部下水道整備課長補佐      澤 邉 義 光 君
       ────────────────────────────────────
出席議会事務局職員
                議会総務課広報調査係長         柳 田 茂 秀
                議会総務課主任主査           柳 田 安 生
       ────────────────────────────────────
                     議  事  日  程
                                平成24年6月26日(火曜日)
                                午前10時16分開会
 1 開会
 2 あいさつ
 3 審査案件
  (1)承認第7号 専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)
           (平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号))関係部分
  (2)議案第46号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)関係部分
  (3)議案第47号 平成24年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第1号)
  (4)議案第55号 つくば市屋外広告物条例について
  (5)議案第56号 工事委託契約の締結について
  (6)議案第59号 工事請負契約の締結について
 4 行政視察について
 5 閉会
       ────────────────────────────────────
                     午前10時11分
○吉葉 委員長  皆さんおはようございます。本日は、都市建設常任委員会を招集したところ、委員各位並びに執行部の皆様方のご出席を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 委員会を開会する前に、委員各位に申し上げます。
 本日の委員会では、今定例会で当委員会に付託された承認1件、議案5件の審査を行いますので、よろしくお願いをいたします。
       ────────────────────────────────────
○吉葉 委員長  それでは、開会に先立ちまして、飯岡議長よりごあいさつをいただきます。
○飯岡 議長 皆さんおはようございます。本日の都市建設常任委員会開会に際し、委員並びに執行部関係者の皆様にはご出席を賜り、御礼申し上げます。
 今定例会も、一般質問、議案等の質疑が終了し、各常任委員会において一般会計補正予算、条例などの審査をお願いしている次第であります。
 都市建設常任委員会には、承認1件、議案5件を付託しているところでありますが、委員各位におかれましては、慎重なる審査の上にもスムーズな運営をお願い申し上げまして、ごあいさつにかえさせていただきます。ご苦労さまです。
○吉葉 委員長  この後、議長は公務がありますので、退席をさせていただきます。
                     〔飯岡議長退場〕
○吉葉 委員長  それでは、本日は、4月1日付の定期人事異動後、最初の定例会でありますので、本日出席されている執行部職員について、各部長より紹介をお願いしたいと思います。
 それでは、都市建設部、上下水道部の順でお願いをいたします。
                    〔執行部職員紹介〕
       ────────────────────────────────────
                    午前10時16分開会
○吉葉 委員長  ただいまの出席委員数は7人であります。
 定足数に達しておりますので、直ちに都市建設常任委員会を開会します。
 これより議事に入ります。
 質疑並びに答弁は、挙手の上、委員長の許可を得てから発言されるようお願いします。
 また、答弁される職員の方は、職名、氏名を名乗った上で答弁されるようお願いします。
 それでは、議事次第に従い審査を進めます。
       ────────────────────────────────────
○吉葉 委員長  初めに、承認第7号 専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)(平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号))の当委員会付託分を議題とします。
 これより承認第7号の当委員会付託分に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 田中委員。
◆田中サトエ 委員  竜巻被害の関係で伺います。災害復旧費です。6ページでしょうか。
 被災住宅応急修理業務委託料と応急仮設住宅賃借料が上げられておりますが、これは国や県の補助はあるのでしょうか。
○吉葉 委員長  大内都市建設部長。
◎大内 都市建設部長  その質問は次の議案です。
○吉葉 委員長  田中委員に申し上げます。ただいまの質問は3号……。
◆田中サトエ 委員  失礼しました。3号と2号を間違えました。2号の方ですね。
 竜巻被害住宅の復旧相談員の謝礼と被災者用市営住宅修繕費というのが上がっております、2号の方で。済みません間違えました。
                 〔「何ページか」と呼ぶ者あり〕
◆田中サトエ 委員  何ページですかね……、6ページですか。
 これらについては、国や県の負担金はないのでしょうか。予算では上がっておりませんが、今後どうなんでしょうか。
○吉葉 委員長  中山建築指導課長。
◎中山 建築指導課長  竜巻被害住宅復旧相談員謝礼ということなんですが、国庫補助はございません。ただ当初、茨城県建築士会による住宅説明会の費用として、今回5月25日から5月31日の7日間、39万9,000円ということで計上したところですが、一応話し合いの結果、ボランティアでやってくれるということで、契約はいたしませんでした。
○吉葉 委員長  ほかに発言はありませんか。
 小野委員。
◆小野泰宏 委員  6ページの災害復旧費の方なんですが、まず、本当に、災害の対応に当たられた皆さん、本当に大変だと思います。敬意と感謝を申し上げます。
 その上でなんですが、確認をさせてください。この11項の災害復旧費の公園、それから、市道、街路灯、大きく分かれると、その三つに分かれると思います。言い方はそれぞれちょっと違いますが、それぞれの被害状況と対応状況について、もう多分終わっている部分が多いと思いますが、その件についてのちょっと確認をさせていただきたいので、よろしくお願いします。
○吉葉 委員長  岩瀬都市施設課長。
◎岩瀬 都市施設課長  公園の災害状況なんですが、倒木とか、場所的には3カ所、筑波北部公園と北原緑地、和台緑地の3カ所です。それで、主に倒木です。本数で言いますと、北部公園で73本、緑地で北原緑地が17本、和台緑地が27本。あと、主なあれで言いますと、公園灯が7基程度やられております。それについては、公園灯については、今補助の関係で、まだ整備というか修繕されておりませんが、その他については全部整備済みでございます。
○吉葉 委員長  ほかに発言ありませんか。
 栗原道路課長。
◎栗原 道路課長  市道と街路灯の災害の状況でございます。
 まず、市道の方につきましては、山木地内で道路約50メートル、幅員3メートルの範囲において、舗装が竜巻によりめくれ上がりました。それにつきましては、既に復旧が完了しております。
 それと、街路灯につきましては、北部工業団地内の交差点のところにある照明灯2基が、樹木の倒木によりまして2基ほど街路灯が根本から折られてしまいました。これにつきましては、現在、発注は終わりまして、材料の手配をしているところでございまして、まだ工事については完了しておりません。
○吉葉 委員長  ほかに発言はありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  なければ、これにて承認第7号の当委員会付託分に対する質疑を終結します。
 続いて、討論に入ります。
 まず、承認第7号の当委員会付託分に対する反対討論の発言を許します。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  賛成討論はありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ないようですので、承認第7号の当委員会付託分に対する討論を終結します。
 これより承認第7号の当委員会付託分を採決します。
 承認第7号の当委員会付託分を承認することにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ご異議なしと認め、承認第7号の当委員会付託分は承認すべきものと決定しました。
       ────────────────────────────────────
○吉葉 委員長  次に、議案第46号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)の当委員会付託分を議題とします。
 これより本案に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 田中委員。
◆田中サトエ 委員  補正予算(3号)ですね。被災住宅応急修理業務委託料、応急仮設住宅賃借料について、国と県の負担金はどの程度を見込んでいるのでしょうか。
○吉葉 委員長  田中委員に申し上げます。ページ番号をよろしくお願いします。
◆田中サトエ 委員  ページ番号……、済みません。9ページ、災害救助費です。
○吉葉 委員長  宮久保営繕・住宅課長。
◎宮久保 営繕・住宅課長  被災住宅応急修理委託並びに応急仮設住宅、いずれも全額国費となっております。
○吉葉 委員長  ほかに発言ありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  なければ、これにて本案に対する質疑を終結します。
 続いて、討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  賛成討論はありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ないようですので、本案に対する討論を終結します。
 これより議案第46号の当委員会付託分を採決します。
 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ご異議なしと認め、議案第46号の当委員会付託分は原案のとおり可決すべきものと決定しました。
       ────────────────────────────────────
○吉葉 委員長  次に、議案第47号 平成24年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。
 これより本案に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  なければ、これにて本案に対する質疑を終結します。
 続いて、討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  賛成討論はありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ないようですので、本案に対する討論を終結します。
 これより議案第47号を採決します。
 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ご異議なしと認め、議案第47号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。
       ────────────────────────────────────
○吉葉 委員長  次に、議案第55号 つくば市屋外広告物条例についてを議題とします。
 これより本案に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 小野委員。
◆小野泰宏 委員  議案第55号につきまして伺いたいのが、現状の課題についての認識について、どのように認識をされているのか。そういうことを改善しよう、誘導しようということでの条例の制定だというふうに理解はするところなんですが、現状の課題については、どのように認識をされているのか。その点について伺いたいと思います。
○吉葉 委員長  長島都市計画課長。
◎長島 都市計画課長  現状につきましては、茨城県の屋外広告物条例、こちらの制度を現在運用して許可を行っております。県条例というのは、茨城県内一律の基準ということですので、つくば市、特に研究学園地区あるいは沿線開発地区という新しい市街地、これらに整合したつくば市独自の基準をつくっていきたいということで、今回独自の条例の提案ということでさせていただいております。
○吉葉 委員長  小野委員。
◆小野泰宏 委員  今まで県の条例が適用されているというようなことを理解してきましたが、そうすると、つくば市としては、非常に景観を大事にしていこうという市全体のトータル的な大きな方針が多分ありますね。そういうことで、もう少しこのあたり今度は逆に目的と成果というところに該当するのかもしれませんが、そういうことをするために、こういうところを規制したり、こういったところを誘引していこうというふうな、現状と課題から、今度は、それを改善するための手法ですとか、考え方ですとか、そういうことについて、もう少し伺いたいと思うんですが。
○吉葉 委員長  長島都市計画課長。
◎長島 都市計画課長  ただいまご質問いただいたように、つくば市というものは、景観行政団体というふうになっておりまして、これまで景観条例というものをつくってきまして、これらに加えて屋外広告物も景観の一つの大きな要素になるということで、総合的な景観行政を進めるという意味で条例の提案をしているところです。
 先ほど、つくば市に合ったということにつきましては、例えば商業地あるいは沿道で店舗などが立地できるような土地というのが、市内に、先ほど言った研究学園地区や沿線開発地区というところにありますので、そういうところでの適正な誘導をしていきたいということで、県条例に基づく基準にはなかった新たな色彩などの基準の導入なども考えているところです。
 これらにつきましては、なかなか制度が一般的になじみが薄い制度というようなところもありまして、周知活動などをして広く守っていただきたいというようにしていきたいと考えております。
○吉葉 委員長  ほかに発言はありませんか。
 田中委員。
◆田中サトエ 委員  適用上の注意というのがありますが、ページは書いていないんですけれども、後ろの方から四、五ページ目ですか。第32条のところで、この条例の適用に当たっては、国民の政治活動等の自由、その他、国民の基本的人権を不当に侵害しないように留意しなければならないとあるんですが、具体的には、どのようなことが想定されて、この条項があるんでしょうか。
○吉葉 委員長  長島都市計画課長。
◎長島 都市計画課長  この条項につきましては、まず、政治活動という部分につきましては、公職選挙法に基づく選挙運動、こういうときに出す広告物というものについては、適用除外として扱うというような規定を設けるということにしております。
 それから、国民の基本的人権という部分につきましては、最小限必要なもの、例えば個人の商店などで小さい看板を出すとか、そういう最小限必要なもの、こういうものについては許可をとらないでも出せる基準など、そういうものをつくっていくということで考えております。
○吉葉 委員長  ほかに発言はありませんか。
 田中委員。
◆田中サトエ 委員  後ろから2枚目のあたりの、料金表が書かれているんですが、電柱などの広告は、これは電力会社だと思うんですけれども、持ち主は。これは市に払うんですか、300円とありますけれども。
○吉葉 委員長  長島都市計画課長。
◎長島 都市計画課長  こちらの手数料につきましては、市が許可を出すという関係上、許可を申請する手数料、市に対する許可の申請の手数料としていただく金額ということになります。
○吉葉 委員長  田中委員。
◆田中サトエ 委員  市が許可をするということで、電力会社との関係はどうなるんでしょうか。
○吉葉 委員長  長島都市計画課長。
◎長島 都市計画課長  電柱等につきましては、例えば電力会社あるいはNTTというようなところで電柱を立てておりまして、そこにつきまして使用するというような使用料に関しましては、直接広告を出す者が電力会社やNTTなどに支払いをするということで、その部分についての手数料に関しましては、市の方ではちょっとわからないというところになります。
 これについては、市に申請するための許可申請手数料ということで、ご理解をお願いしたいと思います。
○吉葉 委員長  ほかに発言ありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  なければ、これにて本案に対する質疑を終結します。
 続いて、討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  賛成討論はありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ないようですので、本案に対する討論を終結します。
 これより議案第55号を採決します。
 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ご異議なしと認め、議案第55号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。
       ────────────────────────────────────
○吉葉 委員長  次に、議案第56号 工事委託契約の締結についてを議題とします。
 これより本案に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 田中委員。
◆田中サトエ 委員  この工事は、中根・金田台の開発地域の建設工事とのことですが、中根・金田台の南側の地域だと思いますが、この地域はオオタカが生息している地域ということで工事が中断しておりましたけれども、その後の経過などを説明していただきたいと思います。
○吉葉 委員長  澤邉下水道整備課長補佐。
◎澤邉 下水道整備課長補佐  中根・金田台地区につきましては、オオタカの営巣が5年前に発見され、現在まで工事の進捗がおくれている状況でございます。
 今後につきましては、区画整理の計画の見直しも予定されているために、事業費や事業期間等について、URと協議、調整を図りながら工事を進めてまいります。
○吉葉 委員長  ほかに発言ありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  なければ、これにて本案に対する質疑を終結します。
 続いて、討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
 田中委員。
◆田中サトエ 委員  TXの沿線開発については、このままでいいのか、見直しをするべきではないかと言ってきました。その理由で、この中根・金田台についても、地元からの見直しの要望もありますので、見直しをするべきだと考えて、この下水道工事に反対するものです。
○吉葉 委員長  賛成討論はありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ないようですので、本案に対する討論を終結します。
 これより、議案第56号を挙手により採決します。
 本案は、原案のとおり可決することに賛成の方の挙手を求めます。
                    〔挙 手 多 数〕
○吉葉 委員長  挙手多数。よって、議案第56号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。
       ────────────────────────────────────
○吉葉 委員長  次に、議案第59号 工事請負契約の締結についてを議題とします。
 これより本案に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 久保谷委員。
◆久保谷孝夫 委員  この請負契約の締結なんですけれども、たしか、この日は、いわゆる耐震工事が何本もあったと思うんですけれども、これは何本ありましたか、お尋ね。
○吉葉 委員長  宮久保営繕・住宅課長。
◎宮久保 営繕・住宅課長  今回8本ほど、中学校、小学校の耐震工事を出したところでございます。
○吉葉 委員長  久保谷委員。
◆久保谷孝夫 委員  どこの学校が、どの業者というようなことは把握していますよね。ちょっと教えていただけますか。
○吉葉 委員長  宮久保営繕・住宅課長。
◎宮久保 営繕・住宅課長  まず、桜中学校の耐震工事につきましては請負が飯岡建設株式会社、続きまして、沼崎小学校の耐震補強工事、こちらにつきましては高塚建設工業株式会社、続きまして、今鹿島小学校耐震補強工事、こちらは常総開発工業株式会社、同じく、手代木中学校、今回の手代木中学校の耐震補強工事がイズミ・コンストラクション、続きまして、小野川小学校の耐震工事、こちらについてもイズミ・コンストラクション、次が、栗原小学校の耐震補強工事、こちらもイズミ・コンストラクション、続きまして、吉沼小学校屋内体育館の耐震補強工事、こちらが株式会社中泉建設、同じく、高山中学校屋内体育館の耐震補強工事については高田工務店となってございます。
○吉葉 委員長  久保谷委員。
◆久保谷孝夫 委員  今、この締結の案件はわかるんだけれども、ほかの案件の金額はわかりますか。いわゆる話に出た今1本は、これ締結しようって出ているわけですけれども、そのほかの7本はわかりますか、金額は。わからなければ結構ですけれども、わかりますか。わかるよね、当然。
○吉葉 委員長  宮久保営繕・住宅課長。
◎宮久保 営繕・住宅課長  まず、桜中学校につきましては1億2,640万9,500円となってございます。沼崎小学校耐震工事、こちらについては1億899万円でございます。今鹿島小学校につきましては1億2,640万9,500円となってございます。続きまして、手代木中学校、こちらについては1億7,535万円でございます。続きまして、小野川小学校、こちらつきましては1億185万円となってございます。栗原小学校の耐震工事につきましては7,035万円でございます。吉沼小学校の屋内体育館耐震につきましては7,029万7,500円、高山中学校屋内体育館につきましては6,615万円となってございます。
○吉葉 委員長  久保谷委員。
◆久保谷孝夫 委員  今、そうしますと、課長からお示しがありましたように、つくば市内本店が3社です、これね。つくば本社以外、いわゆる茨城県ですね、これ。茨城県本店で市外の業者は2社です。今、このイズミ・コンストラクションつくば営業所、この方は、本店はどこですか。
○吉葉 委員長  宮久保営繕・住宅課長。
◎宮久保 営繕・住宅課長  本店は東京になってございます。営業所が、こちら、つくばにございます。
○吉葉 委員長  久保谷委員。
◆久保谷孝夫 委員  営業活動は、つくば営業所でちゃんとやっているんですね、これ吾妻三丁目の17番地で。そうすると、いわゆるこの会社の方は合計3本で幾らですか、8本のうち3本落札しているんですから。
○吉葉 委員長  宮久保営繕・住宅課長。
◎宮久保 営繕・住宅課長  約2億5,000万円になるかと思われます。
○吉葉 委員長  久保谷委員。
◆久保谷孝夫 委員  一つで1億ぐらいだもの、違うだろう、それは。間違いなければいいんだけれども、違っているな。
○吉葉 委員長  宮久保営繕・住宅課長。
◎宮久保 営繕・住宅課長  大変失礼しました。約3億5,000万円になるかと思われます。申しわけございません。
○吉葉 委員長  久保谷委員。
◆久保谷孝夫 委員  わかりました。じゃ、8本のうち、この会社は3本落札しているんだね。
◎宮久保 営繕・住宅課長  はい。
◆久保谷孝夫 委員  よし、わかった。以上。
○吉葉 委員長  ほかに発言はありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ないようですので、これにて本案に対する質疑を終結します。
 続いて、討論に入ります。
 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  賛成討論はありませんか。
                   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ないようですので、本案に対する討論を終結します。
 これより議案第59号を採決します。
 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ご異議なしと認め、議案第59号は原案のとおり可決すべきものと決定しました。
       ────────────────────────────────────
○吉葉 委員長  次に、都市建設常任委員会審査結果報告についてをお諮りします。
 当委員会審査結果報告については、委員長が作成し、本会議において報告したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ご異議なしと認め、当委員会審査結果報告は、委員長が作成し、報告することに決定しました。
 ここで執行部の皆さんは退席していただいて結構でございます。大変お疲れさまでございました。ご苦労さまでした。
                     〔執行部退場〕
       ────────────────────────────────────
○吉葉 委員長  それでは、次に、行政視察についてを議題といたします。
 当委員会の行政視察につきましては、委員会の決定に基づき、5月30日から6月1日までの日程で実施する予定でおりました。
 しかしながら、5月6日に発生した竜巻被害により取りやめた経緯がございます。
 今任期中の当委員会の行政視察を中止するということについて、お諮りいたします。
 今任期中の当委員会の行政視察につきましては、中止することでよろしいでしょうか。
◆久保谷孝夫 委員  不用にしちゃうのか、それじゃ。中止するということは、予算は不用にするんだろう。
○吉葉 委員長  ちょっと暫時休憩します。
                    午前10時48分休憩
              ────────────────────────
                    午前10時56分再開
○吉葉 委員長  それでは、再開します。
 今任期中の当委員会の行政視察につきましては、中止とすることでよろしいでしょうか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○吉葉 委員長  ご異議なしと認め、今任期中の当委員会の行政視察は、中止とすることに決定いたしました。
       ────────────────────────────────────
○吉葉 委員長  以上で、今定例会において当委員会に付託された議案の審査はすべて終了しました。
 これにて都市建設常任委員会を閉会します。
                  午前10時57分閉会


 つくば市議会委員会条例第60条第1項の規定により署名する


   平成24年6月26日


               委 員 長  吉 葉   茂