議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 つくば市

平成24年 6月26日環境経済常任委員会−06月26日-01号




平成24年 6月26日環境経済常任委員会

                 つくば市議会環境経済常任委員会
            ─────────────────────────
              平成24年6月26日 午前10時10分開会
            ─────────────────────────
 出 席 委 員
                            委員長     大久保 勝 弘 君
                            副委員長    浜 中 勝 美 君
                            委員      五十嵐 立 青 君
                              〃     瀬 戸 裕美子 君
                              〃     木 村 倉ノ助 君
                              〃     高 野   進 君
                              〃     矢 口 一 雄 君
                            議長      飯 岡 宏 之 君
       ────────────────────────────────────
 欠 席 委 員
                            なし
       ────────────────────────────────────
 出 席 説 明 者
                 市民部長               酒 井 泰 寿 君
                 市民部次長              林   孝 男 君
                 市民部次長              久 松   近 君
                 市民部企画監             山 田 英 人 君
                 市民部市民課長            松 本 三枝子 君
                 市民部市民課長補佐          星 野 雄 司 君
                 市民部つくばメモリアルホール斎場長  小神野   功 君
                 市民部市民活動課長          岡 野 一 穂 君
                 市民部市民活動課長補佐        田 島 敏 男 君
                 市民部市民活動課参事兼男女共同参画室長飯 島   宏 君
                 市民部市民活動課地域改善対策室長   沼 尻   武 君
                 市民部消費生活センター所長      岡 田 高 明 君
                 市民部働く婦人の家館長        寺 平 春 美 君
                 市民部国際・文化課長         鈴 木 一 男 君
                 市民部生涯学習課長          菊 地 秀 之 君
                 市民部生涯学習課長補佐        田 口 一 彦 君
                 市民部スポーツ振興課長        中 村   平 君
                 環境生活部長             山 王 一 郎 君
                 環境生活部次長            小 泉 邦 男 君
                 環境生活部企画監           飯 島   浩 君
                 環境生活部環境都市推進課長      松 本 玲 子 君
                 環境生活部環境都市推進課長補佐    高 野 正 美 君
                 環境生活部環境保全課長        木 本 美 昭 君
                 環境生活部環境保全課放射線対策室長  谷 内 俊 昭 君
                 環境生活部廃棄物対策課長       小神野 一 巳 君
                 環境生活部廃棄物対策課参事兼クリーンセンター南分所長
                                    木 村 修 寿 君
                 環境生活部クリーンセンター所長    酒 井   茂 君
                 環境生活部クリーンセンター参事兼副所長野 沢   修 君
                 環境生活部危機管理課長        長   卓 良 君
                 環境生活部危機管理課長補佐      松 田 明 悦 君
                 経済部長               中 山   薫 君
                 経済部次長              直 江 常 夫 君
                 経済部次長              石 濱 光 輝 君
                 経済部企画監             中 山 由 美 君
                 経済部農業課長            福 田   滋 君
                 経済部農業課長補佐          稲 川 正 明 君
                 経済部主任参事兼土地改良課長     岡 野 好 雄 君
                 経済部産業振興課長          小神野 洋 一 君
                 経済部産業振興課長補佐        白 井   稔 君
                 経済部産業振興課参事補        永 田 悦 男 君
                 経済部産業振興課技術開発支援室長   飯 村 通 治 君
                 経済部観光物産課長          浅 野 洋 子 君
                 経済部豊里ゆかりの森所長       村 野 仁 志 君
                 経済部筑波ふれあいの里所長      皆 川 一 男 君
                 農業委員会事務局長          中 泉 信 幸 君
                 農業委員会農業行政課長        勝 村   操 君
       ────────────────────────────────────
出席議会事務局職員
                 議会事務局次長            河 田 一 男
                 議会総務課主任主査          榊 原 輝 昭
       ────────────────────────────────────
                    議  事  日  程
                                平成24年6月26日(火曜日)
                                午前10時10分開会
 1 開会
 2 あいさつ
 3 審査案件
  (1)承認第7号 専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)
           (平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号)関係部分)
  (2)議案第46号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)関係部分
  (3)議案第51号 つくば市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部を改正する条例について
  (4)議案第52号 つくば市と茨城県信用保証協会との損失補償契約に基づく回収返還金の返還を受ける権利の放棄に関する条例の一部を改正する条例について
  (5)議案第54号 外国人登録法の廃止に伴う関係条例の整理に関する条例について
  (6)(閉会中の継続審査分)
     請願24第4号 「市民総合活動センター(仮称)の設立を求める請願」について
 4 行政視察について
 5 委員会審査報告について
       ────────────────────────────────────
                    午前10時04分
○大久保 委員長  おはようございます。
 本日は、環境経済常任委員会を招集いたしましたところ、委員各位並びに執行部のご出席を賜り、厚く御礼申し上げます。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  それでは、開会に先立ちまして、飯岡議長よりごあいさつをいただきます。お願いいたします。
○飯岡 議長 皆さんおはようございます。
 本日は、環境経済常任委員会の開催に際しましては、委員各位並びに執行部の方々にはご出席を賜り御礼申し上げます。
 さて、本定例会も、一般質問、議案質疑が終了し、各常任委員会の審査が始まりました。当委員会におきましては、承認1件、議案4件、継続審査中の請願1件の審査と相なるわけです。
 委員各位におかれましては、慎重なる審査の上にもスムーズな運営をお願いしまして、簡単ですが、私のあいさつといたします。ご苦労さまです。
○大久保 委員長  この後、飯岡議長は公務がございますので、退席します。
                    〔飯岡議長退場〕
○大久保 委員長  本日の委員会では、承認1件、議案4件、継続審査中の請願1件を審査しますので、よろしくお願いいたします。
 また、4月1日付の定期人事異動後、最初の委員会でございますので、本日出席されております課長級以上の職員については、自己紹介をお願いしたいと思います。
 それでは、市民部、環境生活部、経済部、農業委員会事務局の順でお願いをいたします。
                    〔執行部職員紹介〕
       ────────────────────────────────────
                   午前10時10分開会
○大久保 委員長  ただいまの出席委員数は7名でございます。
 定足数に達しておりますので、直ちに環境経済常任委員会を開会します。
○大久保 委員長  これより議事に入ります。
 質疑並びに答弁は、挙手の上、委員長の許可を得てから発言されますようお願いいたします。
 なお、答弁される執行部の方は、所属及び職氏名を名乗ってから簡潔明瞭に答弁くださいますようお願いいたします。
 それでは、議事次第書に従いまして審査を進めてまいります。
 初めに、承認第7号 専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第12号)(平成24年度つくば市一般会計補正予算(第2号))の当委員会付託分についてを議題といたします。
 なお、詳細については、お手元にお配りしてございます議事次第書をごらんください。
 審査方法につきましては、歳入歳出を一括して行います。
 発言の際には、ページ数を示しくださいますようお願いいたします。
 これより承認第7号の当委員会付託分に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  10ページの災害廃棄物処理委託料の、先日いろいろ見せていただいたわけなんですけれども、詳細をまずお願いします。民生費、4項1目13災害廃棄物撤去委託料、何かざわめいちゃいました。違うのかな。ここに入っている。
              〔「議案じゃない承認です」と呼ぶ者あり〕
◆五十嵐立青 委員  ごめんなさい、承認です。済みません。承認7号の方です。だから、こっちだ。そうです、そうです。6ページです。失礼しました。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  ご質問の災害廃棄物撤去委託料は、解体した瓦れきを仮置き場まで運ぶ運賃になります。
○大久保 委員長  五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  そうすると、先日、仮置き場等を拝見したんですけれども、あそこに持ってきた際の、あそこで関所のようにしてチェックをされて、後々まとめて費用をお支払いするような形というふうに伺ったんですけれども、そのような理解でよろしいですか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  そのとおりで結構です。
○大久保 委員長  五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  そうすると、委託先は建設業協会のつくば支部ということでよろしいですか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  そのとおりで、つくば分会窓口ということで。
○大久保 委員長  五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  それ以外には委託されている場所というのは、どこかありますか。特にないですか。
○大久保 委員長  長危機管理課長。
◎長 危機管理課長  現時点では、今のところ分会を窓口として契約をしております。
◆五十嵐立青 委員  わかりました。
○大久保 委員長  そのほかありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、承認7号の当委員会付託分に対する質疑を終結いたします。
 続いて、討論に入ります。
 まず、承認第7号の当委員会付託分に対する反対討論の発言を許します。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、承認第7号の当委員会付託分に対する討論を終結いたします。
 これより承認第7号の当委員会付託分に対する採決を行います。
 承認第7号の当委員会付託分については、原案のとおり可決することに異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議なしと認め、承認第7号の当委員会付託分については、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  次に、議案第46号 平成24年度つくば市一般会計補正予算(第3号)の当委員会付託分についてを議題といたします。
 なお、詳細については、お手元にお配りしてございます議事次第書をごらんください。
 審査方法については、歳入歳出を一括して行います。
 発言の際には、ページ数を示しくださいますようお願いいたします。
 これより議案第46号の当委員会付託分に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  10ページ、環境衛生費、衛生費のところで、26番公共施設再生可能エネルギー導入に要する経費、この内容についてお願いいたします。
○大久保 委員長  松本環境都市推進課長。
◎松本 環境都市推進課長  こちらは、国の平成23年度の補正予算を県の支出金として、またそれから補助金をいただくものでございまして、3年間、3年度をかけまして市内の防災拠点の強化ということで小中学校や市庁舎、消防本部の方に、再生可能エネルギー太陽光パネルと、それから、蓄電池を入れていく事業でございまして、今年度は市庁舎の方に太陽光パネルと、それから、蓄電池、さらに、設計としまして小中学校関係の設計関係を入れているものでございます。
○大久保 委員長  瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  3年間かけてということで、9キロワットというふうに聞いたんですけれども、庁舎にプラスするにしては案外小さいような……、もともと庁舎についていますよね。その目的については、どういうふうに考えたらいいですか。
○大久保 委員長  松本環境都市推進課長。
◎松本 環境都市推進課長  市庁舎につきましては、2階の上のところで今架台が乗せられる分が9キロ分残っておりまして、そこにつけさせていただきます。あと、さらに、バッテリーの方ちょっと高価になりますので、バッテリーの方をつけていくわけですが、防災用に。通常は街路灯等に電気を使いますが、いざというときは201の会議室の方が震災のときに避難民の避難所になっておりましたので、そちらへの電気の供給を考えていきたいと思っております。
○大久保 委員長  いいですか。
 瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  3年間、今後続けていくということなので、予定だけお願いいたします。
○大久保 委員長  松本環境都市推進課長。
◎松本 環境都市推進課長  今年度は、小中学校の一部の設計に入ります。来年度は、中学校関係の施行をいたしまして、また、吾妻小学校と消防関係は設計の方に入りたいと思っております。さらに、平成26年度に消防庁舎と吾妻小学校の方の施行の方に入りたいというふうに考えております。
○大久保 委員長  瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  細かくて済みません。中学校を避難所にするという前提で設計をしているということをちょっと前に担当者にお聞きしたんですけれども、100万円程度を設計料として考えているようなお答えだったんですけれども、全体の工事費としては幾らぐらいを考えていらっしゃるんでしょうか。
○大久保 委員長  松本環境都市推進課長。
◎松本 環境都市推進課長  全部で1億6,700万円を限度額として、つくば市の方に全額支給になるというふうなことになっております。
○大久保 委員長  そのほかありませんか。
 五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  10ページ、これ大丈夫ですよね。保健衛生費は大丈夫ですよね。その下の放射線対策に要する経費の放射線除去管理システム購入費の、このシステムの具体的なもの、中身を教えてください。
 もう1点あるんですが、11ページの農業経営対策に要する経費で、人・農地プラン策定検討会、どのような人選を今考えられているかということをお願いします。
○大久保 委員長  谷内放射線対策室長。
◎谷内 放射線対策室長  汚染状況調査や除染実施計画の詳細調査を実施するに当たりまして、汚染状況調査では500メートルメッシュまたは1.5キロ掛ける2キロメッシュで合計800カ所ほど測定をいたします。また、詳細調査に関しましては、学校など敷地を10メートルまたは20メートル程度のメッシュで区切り、放射線量を測定します。これらの膨大な計測結果を一括管理するために導入するものです。具体的に言いますと、GPSと連動させまして、測定ポイントの情報を携帯電話回線を通してPCに送付した上で、それを地図上にプロットして計測測定のポイントを選定し、データの平均化、そういったものを簡単にできるようにしていきたいというふうに考えております。
○大久保 委員長  福田農業課長。
◎福田 農業課長  マスタープラン作成のメンバーでございますけれども、農業再生協議会、旧水田農業推進協議会、大穂庁舎に事務局を置いてあるものでございますが、現在、経済部長が会長となっておりまして、メンバーとしまして、農業推進員であったり、農協の組合長、あと、議会からも高野議員とか須藤議員にもなっていただいて、あとは、土地改良区の理事長、あとは、農業代表者、こういう方を中心としたメンバーで行っていく予定となっております。
○大久保 委員長  五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  放射線の方なんですが、具体的に、どういう会社さんは、もう決まっているなり、どの程度の工法になっているのかとか、そのあたりのこともしあれば教えてください。
○大久保 委員長  谷内放射線対策室長。
◎谷内 放射線対策室長  まだ……、数社、同じようなシステムをつくっているようなところがございます。具体的に特定の業者さんを決めているということでは、現時点ではございません。
○大久保 委員長  五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  その決定方法としては、どういう形の何で決めていくんですか。仕様で決めていくのか、その契約方法としては。
○大久保 委員長  谷内放射線対策室長。
◎谷内 放射線対策室長  契約金額が150万円程度ということですので、今後システムをよく検討した上で、契約方法については、ちょっと検討させていただきたいというふうに考えております。
○大久保 委員長  五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  人・農地プランの方なんですが、これ相当大変なプランじゃないかなという認識をしていまして、自治体にかかる労力というのは、かなりしっかりつくらないと、なかなか実効を伴ったものにはなっていかないという認識をしているんですが、今回その検討会がつくられて、いろいろと検討していくんだと思いますが、どの程度のスパンでマスタープランを今つくっていかれる予定かというのをちょっとお知らせ願います。
○大久保 委員長  福田農業課長。
◎福田 農業課長  現在までに、人・農地プランについての周知ということで、2月から始めさせていただいているところで、農業推進員を通しまして地域の農家の方々に、その地域の担い手となる農家の方、または農地を集積してもいいという方、または農地を手放したいという方、そういう方々からのアンケートを今行っているところで、その集計作業に入っているところです。
 今後の予定としまして、まず、つくば市全体を23地区に分けまして、これ農業センサスで言います昔の町村、旧桜で言うと、栗原、栄、九重、その三つぐらいになるんですが、そういう全体の23地区に分けまして、その中で新規就農者が現在いる11地区、これをまず最初に、地域マスタープランを作成しようと思っております。そのマスタープランに入らないと、青年就農給付金、年間150万円もらえるやつがもらえませんので、集落の協力を得ながら進めていきたいと思っておりますが、具体的には、7月以降、早急に進めていきたいと考えております。
○大久保 委員長  そのほかありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第46号の当委員会付託分に対する質疑を終結いたします。
 続いて、討論に入ります。
 まず、議案第46号の当委員会付託分に対する反対討論の発言を許します。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  賛成討論ありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第46号の当委員会付託分に対する討論を終結いたします。
 これより議案第46号の当委員会付託分に対する採決をします。
 議案第46号の当委員会付託分については、原案のとおり可決することに異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議なしと認め、議案第46号の当委員会付託分については、原案のとおり可決すべきものと決しました。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  次に、議案第51号 つくば市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。
 これより議案第51号に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 ありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第51号の質疑を終結します。
 続いて、討論に入ります。
 まず、議案第51号に対する反対討論の発言を許します。
 ありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  賛成ありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第51号の討論を終結いたします。
 これより議案第51号を採決します。
 議案第51号 つくば市住民基本台帳カードの利用に関する条例の一部を改正する条例は、原案のとおり可決することに異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議なしと認め、議案第51号は、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  次に、議案第52号 つくば市と茨城県信用保証協会との損失補償契約に基づく回収返還金の返還を受ける権利の放棄に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。
 これより議案第52号に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 ありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第52号に対する質疑を終結いたします。
 続いて、討論に入ります。
 まず、議案第52号に対する反対討論の発言を許します。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第52号に対する討論を終結いたします。
 これより議案第52号について採決をいたします。
 議案第52号 つくば市と茨城県信用保証協会との損失補償契約に基づく回収返還金の返還を受ける権利の放棄に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決することに異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議なしと認め、議案第52号は、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  次に、議案第54号 外国人登録法の廃止に伴う関係条例の整理に関する条例についてを議題といたします。
 これより議案第54号に対する質疑を行います。
 順次発言を許します。
 ありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第54号に対する質疑を終結いたします。
 続いて、討論に入ります。
 まず、議案第54号に対する反対討論の発言を許します。
 ありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、議案第54号に対する討論を終結いたします。
 これより議案第54号について採決をいたします。
 議案第54号 外国人登録法の廃止に伴う関係条例の整理に関する条例については、原案のとおり可決することに異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議なしと認め、議案第54号は、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
 暫時休憩をいたします。
 市民生活部以外の職員の皆様には大変ご苦労さまでございました。退席していただいて結構でございます。
                   午前10時31分休憩
              ────────────────────────
                   午前10時33分再開
○大久保 委員長  それでは、再開いたします。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  次に、閉会中の継続審査となっていた請願24第4号 「市民総合活動センター(仮称)の設立を求める請願」についてを議題といたします。
 これより各委員のご意見を伺います。
 順次発言を許します。
 高野委員。
◆高野進 委員  3月に、執行部の方で、どういう状況だかっていうのを調べてくださいということで継続審議にしたと思います。その後、執行部は、どういう施設、その場所とか調べたんですか。
○大久保 委員長  岡野市民活動課長。
◎岡野 市民活動課長  高野委員のご質問のとおり、請願にございますセンタービルもしくはその周辺ということでございますので、センタービル、その周辺の調査をいたしました。その調査結果を申し上げたいと思います。
 まず、センタービルなどを管理する筑波都市整備株式会社等の調査をさせていただきました。センタービル、それから、管理いたします竹園、松代、並木ショッピングセンター等の状況調査をいたしました。その結果でございますが、筑波都市整備株式会社が管理するセンタービル、それから、先ほど申し上げました各ショッピングセンターなどでは、ある一定の小規模な施設のあきはございますが、市民活動センターを移転するほどのある一定以上の面積を有するスペースはございませんでした。
 次に、市が所有する施設等の調査でございますが、次に、西武百貨店の西側に位置する管路輸送センター、これは昭和58年に設置されまして平成21年度に稼働が終了した施設でございます。この管路輸送センターについて調査をいたしました。その結果でございますが、駐車場も備え、施設的な規模等については、市民活動センター等の施設を誘致するには非常に理想的な施設ではございましたが、施設の老朽化、それから、3.11の震災による被害等がございまして、大規模な修繕工事が伴う。それから、施設の性格上だと思うんですが、管路輸送センターの機器等、大規模にまだ残っておりまして、機器類の撤去工事が必要だということでございます。したがいまして、課題がかなりあるということで、財政的な問題も含めて利用は困難であるというふうに判断いたしました。
 次に、その他、市が管理する旧庁舎等も含めてでございますが、それぞれ調査いたしました。ただ、いずれも、それぞれ課題がございまして、市民活動センターを誘致するほどのスペースがないというような結果でございまして、以上の調査の結果を申し上げました。よろしくご審議のほどお願いいたします。
○大久保 委員長  高野委員。
◆高野進 委員  それでは、今のところ適当な施設がないということですね。
○大久保 委員長  岡野市民活動課長。
◎岡野 市民活動課長  調査の結果から申し上げますと、現在、市民活動センターを誘致するにふさわしい施設は今のところないということでございます。
○大久保 委員長  木村委員。
◆木村倉ノ助 委員  市民総合活動センターというのは、これつくるんですか。部長でいい、部長に聞く。
○大久保 委員長  酒井市民部長。
◆木村倉ノ助 委員  中心部につくるんですか、これ。
◎酒井 市民部長  つくる計画自体はないですけれども、現在の今の状態では狭いということは重々認識しておりますので、新たなところに……、総合的なものというのは、ちょっと今言ったように難しいかもしれないんですけれども、どこかに設けたいというふうには考えております。計画自体は今あるわけではございません。
○大久保 委員長  木村委員。
◆木村倉ノ助 委員  近い将来、そういうものを設置してくれるということでは進んでいるんですね。
○大久保 委員長  酒井市民部長。
◎酒井 市民部長  設置したいと思いまして、今検討しているところでございます。
◆木村倉ノ助 委員  そうですか、わかりました。
○大久保 委員長  五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  島名もいいんですけれども、やっぱりこれ中心部にないと、なかなか活用されにくいのかなという認識がありまして、今場所ないという話だったんですけれども、いろいろなお話はありながら、駅前で5億円も出して土地を買って今度ビルを建てるという話をしていますよね。そういう部分でも審議会も検討委員会も始まっていますが、そういうところとの連携等はとられていらっしゃいますか。
○大久保 委員長  岡野市民活動課長。
◎岡野 市民活動課長  今おっしゃられた審議会等との連携というお話でございますが、具体的にはされておりません。
○大久保 委員長  五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  委員の皆さんも結構困っているようなんです。わかりませんけれども、一体本当にあんなところに旧態依然のビルを建てて、人が、にぎわいが生れるなんていう安直な発想が、そもそも違うという認識はかなり広く共有されていて、議会でも当然もめて、私は、買うこと自体に反対したんですが、一致しているのは、買ってしまって、そういう動きで進んでいる以上、少しでもいいものにしたいよねというのが関係者の総意だと思っていまして、そういう中で、わかりませんけれども、もし今まさに市民活動を活発にするために、あるいは、それこそ分厚い市民社会をつくっていくためにこういうものが必要だと部長、課長初め皆様はっきりと認識をされていると思いますので、そういった提案を先方に投げていくことで、具体的な検討材料にも入れていっていただくような動きができると、いろいろな意味で、いい方向に進むんじゃないかなといったようなことを考えますが、いかがでしょうか。
○大久保 委員長  酒井市民部長。
◎酒井 市民部長  そうですね。そういうご提案もひとつかなとは考えております。うちの方で考えているのは、今現在ないという答弁しましたけれども、さらに今後二、三年しますと、例えば春日庁舎、今筑波大が借りております。それが、平成26年度で契約が切れるというふうなことがございます。それから、もう一つ、消防庁舎、あれの移転も今計画して、こちらにというふうな話がありますので、そうすると、あの辺もあきができるのかなと。建物の老朽化という問題あるかもしれませんが、その辺の課題をクリアできれば、ああいうところに、もしかしたらひとつ総合的なものができるのではないかなというふうなことで、その辺を今現在検討しているところでございます。
○大久保 委員長  五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  いいですか。ということで、市も……、請願についてですけれども、ありがとうございました。私の考えとしては、市としてはつくりたいと、ただ、今なかなか場所は見つかっていないけれども、つくりたいと。さまざまな可能性もあると、少し。ということですので、今議論要らないとしますと乱暴ですけれども、何も反対する余地が見つからない、今すぐにこれは採択をされるといいのかなと、そのように思っております。
○大久保 委員長  ありますか。
 木村委員。
◆木村倉ノ助 委員  五十嵐委員と同じ意見なんですけれども、もう執行部はこれをつくるという方向性で進んでいるんで、この請願書は議論も何も要らないと思います。質疑とか、そういうのも一切要らないと思います。
○大久保 委員長  酒井市民部長。
◎酒井 市民部長  済みません。つくりたいというのは先ほど申し上げました。ただし、総合的なという部分が、うちの方としては、これが難しさがちょっと今現在残っているというようなことはお伝えしたいかなというふうには思っております。
○大久保 委員長  高野委員。
◆高野進 委員  この市民総合センターというのは、敷地も大分要ると、必要だと。敷地ばかりじゃなく、今度、駐車場も必要でしょう、これ三つの中で。今それ部長がお話ししたとおり、敷地がないと、場所がないという中で今言った、私も消防関係は常に消防署へも行っていますけれども、あそこも26年に、ここに中央署の消防が建つとなっていますよね。そういう中で、それを利用して、あそこも主要な中心地ですから、もしそういうできたら、あそこは3階ありますから、3階まであるんです。そうしたら、それを再利用して、ちょっと待ってもらって、それでやってもらうような形を、これは可能でしょう。
○大久保 委員長  岡野市民活動課長。
◎岡野 市民活動課長  今、高野委員おっしゃられたとおり、消防本部でございますが、中央消防署の方は昭和50年、それから、消防本部については平成3年、それぞれ消防本部については新耐震の基準であるというような建造物でございます。先ほどお話しされたとおり、現在27年度以降についての利用については検討できるというようなこともございますので、先ほど部長がおっしゃいましたとおり、総合という部分では、なかなか難しい部分はあるかと思うんですが、市民活動センターあるいは請願にあります男女共同参画センター等々のことであれば、検討できる施設だろうというふうに考えております。
○大久保 委員長  そのほかありませんか。
 浜中副委員長。
◆浜中勝美 委員  設立の方向性で検討され、計画も含めて検討しているっていうことであり、また、春日庁舎また消防署の話も出ましたけれども、そういう部分で、ただ先の話の部分があるんで、まだまだ解決するには問題も多い部分もあるかと思いますので、今後、設立に向けて検討されていっていただけるということで、私は、趣旨採択の方がいいのかなと、そういうふうには思います。
○大久保 委員長  ほかにありませんか。
 高野委員。
◆高野進 委員  これも採択すると、それなりの時期等、当然決まるということで、そういうところで執行部もやると思います。でも、これは26年度から27年度にかけてやってくれるという中だったら、趣旨採択して、それで、ぜひそこへ設置してくれれば私はいいと思います。執行部は……。済みません、採択では……。
                〔「質疑」「意見」と呼ぶ者あり〕
◆高野進 委員  意見を言っているんだよ。
 執行部はどうですか、その考えは。
○大久保 委員長  酒井市民部長。
◎酒井 市民部長  そのようにしていただければありがたいなというふうには思います。
○大久保 委員長  五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  申しわけないんですが、その部分については議会での議決の部分ですので、執行部に聞く部分ではないんじゃないかと思うんです。執行部がどういう意向かということは判断材料には当然なりますけれども、議会が議決をしていくわけですから、議決機関としてのやっぱり職責を私ども果たしていかなくちゃいけないと思うんです。
 そういったことを踏まえて、どこにも時期なんて書いていないんです、この請願には。あしたつくってくださいなんて書いていないし、あるいは今議会で、あるいは委員会で、これを採択したからといって、あしたすぐ計画を立て始めるわけじゃないわけです。請願って、そういうものですよね。議会として市民総合活動センターに対して、どういう思いを持つかということを示すことが今求められているわけですから、これをやったから、すぐやらなくちゃいけなくなるから趣旨採択だとかっていうのは、ちょっと、どういう論理構成なのかわからないので、ぜひ通常の採択でお願いできれば。
○大久保 委員長  高野委員。
◆高野進 委員  今、五十嵐委員がお話しした中で、それなら、趣旨採択だって、採択だって同じ意味じゃないですか、言っていることが。
◆瀬戸裕美子 委員  それなら、採択だっていいんじゃないですか。
◆高野進 委員  私は趣旨採択って言っているんですよ。あなたが言うことじゃないでしょう。こっちはこっちで話しているんですから。
◆五十嵐立青 委員  だから、ぜひ採択をしてくださいって。
○大久保 委員長  瀬戸委員。
◆瀬戸裕美子 委員  ここにやっぱり、五十嵐委員に私は賛成なんですけれども、時期のことは書いてありませんし、計画の中に既にそういうものをつくっていくという約束があるわけです。それを果たしてくださいということですので、しかも、今執行部の方のお話を聞けば、考えていると、検討中だということですので、敷地は結構あるんです。聞いておりましたら3カ所ぐらいはあるようですし、それから、つくばセンタービルの中で、たとえ狭かろうと、今の市活センターよりも狭いとは思えないところが幾つかあいております。そういうところも検討にも入るんだろうなと思いますし、選択肢はたくさんありますので、ぜひ採択でお願いしたいと思っております。
○大久保 委員長  矢口委員。
◆矢口一雄 委員  これ趣旨採択と意見分かれているようですが、私は、執行部の今の答弁だと、やはりまだ中の計画というようなことではないんで、やはり余裕を持ってあげた方が、そして、ここでこれだけの審議をしたんですから、執行部の方もやるという方向は間違いないようですが、少し負担が重いから趣旨採択にしてやった方がいいかと思うんです、私の考えはね。だから、今ちょっと、いろいろ、これ審議の中だから、様子を見たり、いろいろ審議している中でも、後で負担が重過ぎても困るんで、ただ2年間ぐらいの間に何らかの形で結論出るような形をしていただきたいということは私の意見であります。
○大久保 委員長  答弁はいいですか、ここは。
◆矢口一雄 委員  答弁はいいです。
○大久保 委員長  いいですか。
 ちょっと暫時休憩して……。
 いいですか。
               〔「いいよ、暫時休憩」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  暫時休憩します。
                   午前10時52分休憩
              ────────────────────────
                   午前10時55分再開
○大久保 委員長  それでは、再開いたします。
 これより討論に入ります。
 趣旨採択との意見がありましたので、まずは、本請願の趣旨採択に対する反対討論の発言を許します。
 五十嵐委員。
◆五十嵐立青 委員  趣旨採択としての趣旨がわからないというか、そもそも、この請願自体が、つくば市中心部に市民総合活動センターを設立するということが趣旨ですので、それを趣旨採択というのは一体何だろうなと。結果として、それよりは、私は、はっきりと議会が採択をして、執行部の皆さんにますます頑張っていただいて準備を進めていただくという、そういう方向に動くのが市民の負託にこたえる形だと思っていますので、趣旨採択には反対をします。
○大久保 委員長  そのほかありませんか。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  ないようですので、請願24第4号の趣旨採択に対する討論を終結いたします。
 これより請願24第4号の採決に入りますが、趣旨採択とした旨の意見、討論がありましたので、趣旨採択とすることをお諮りいたします。その結果、可決されれば趣旨採択すべきものとなります。また、趣旨採択が否決された場合は、不採択とすべきものではありません。改めて請願24第4号の採決することをお諮りすることになりますので、お知らせいたします。
 請願24第4号 「市民総合活動センター(仮称)の設立を求める請願」についてを採決いたします。
 請願24第4号は、趣旨採択することにご異議ありませんか。
                 〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議ありますので、請願24第4号を挙手により採決いたします。
 請願24第4号を趣旨採択することに賛成の方の挙手を求めます。
                    〔挙 手 同 数〕
○大久保 委員長  3対3ですね。これ、挙手同数。
 挙手の結果、請願24第4号に対して賛成反対が同数であります。したがいまして、つくば市議会委員会条例第48条の既定により、委員長が請願24第4号に対して採決をいたします。
 請願24第4号に対しては、趣旨採択と決定をいたします。
 それから、もう1点、お諮りいたします。
 ちょっと暫時休憩いたします。
 執行部、退席いただいて結構でございます。
                   午前10時59分休憩
              ────────────────────────
                   午前11時00分再開
○大久保 委員長  それでは、再開いたします。

○大久保 委員長  次に、行政視察について議論をいたします。
 当委員会の行政視察につきましては、委員会の決定に基づき、5月29日から5月31日までの日程で実施する予定でございました。しかしながら、5月6日に発生した竜巻被害により取りやめた経緯がございます。
 本年度の当委員会の行政視察を中止することについてお諮りいたします。
 本年度の当委員会の行政視察については、中止することでよいでしょうか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議なしと認め、本年度の当委員会の行政視察は、中止とすることに決定をいたしました。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  次に、環境経済常任委員会審査結果報告についてお諮りいたします。
 当委員会審査結果報告書につきましては、委員長が作成し、報告したいと思いますが、これに異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○大久保 委員長  異議なしと認め、当委員会審査結果報告書につきましては、委員長が作成し、報告することに決定いたしました。
       ────────────────────────────────────
○大久保 委員長  当委員会付託分は議了いたしました。よって、環境経済常任委員会を閉会いたします。
                   午前11時02分閉会


 つくば市議会委員会条例第60条第1項の規定により署名する


   平成24年6月26日


               委 員 長  大久保 勝 弘