議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 つくば市

平成24年 3月定例会−03月15日-付録




平成24年 3月定例会

△会議資料等配付一覧
  平成24年3月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第1号)
                                       平成24年2月22日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │議案差し替え(議案第2号 物品購入契約の締結について)         │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成24年3月つくば市議会定例会議事日程(第1号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │平成24年3月つくば市議会定例会会期日程表                │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │議員派遣書                               │ 諸般の報告│
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 5 │平成24年3月つくば市議会定例会一般質問発言通告書            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 6 │平成24年3月つくば市議会定例会議案等審査付託表・資料          │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 7 │平成24年3月つくば市議会定例会請願文書表                │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 8 │平成24年3月つくば市議会定例会陳情文書表                │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 9 │議会改革に関する調査特別委員会招集通知(特別委員)           │ 招集通知 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 10 │議会報編集委員会招集通知(議会報編集委員)               │ 招集通知 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 11 │つくばの学び舎                             │ 配付資料 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘


         平成24年3月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第2号)
                                        平成24年3月5日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成24年3月つくば市議会定例会議事日程(第2号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成24年3月つくば市議会定例会会派代表質問発言通告書          │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │平成24年3月つくば市議会定例会質疑発言通告書              │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │議会報 会派代表質問掲載申出書(会派代表者)              │ 申 出 書 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 5 │議会報 一般質問掲載申出書(一般質問通告議員)             │ 申 出 書 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘


         平成24年3月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第3号)
                                        平成24年3月6日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成24年3月つくば市議会定例会議事日程(第3号)            │ 会議資料 │
│  │                                    │      │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘



         平成24年3月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第4号)
                                        平成24年3月7日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成24年3月つくば市議会定例会議事日程(第4号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │一般質問資料  橋本 佳子 議員                    │ 資  料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │一般質問資料  田中サトエ 議員                    │ 資  料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │一般質問資料  瀬戸裕美子 議員                    │ 資  料 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘



         平成24年3月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第5号)
                                        平成24年3月8日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成24年3月つくば市議会定例会追加議案(市長提出議案)         │ 会議資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成24年3月つくば市議会定例会議事日程(第5号)            │ 会議資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │一般質問資料  山本 美和 議員                    │ 資  料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │平成24年3月つくば市議会定例会議案等審査(追加)付託表         │ 会議資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 5 │各常任委員会招集通知                          │ 招集通知  │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘


         平成24年3月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第6号)
                                        平成24年3月15日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成24年3月つくば市議会定例会追加議案(市長提出議案)         │ 会議資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成24年3月つくば市議会定例会議事日程(第6号)            │ 会議資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │請願訂正願                               │ 会議資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │閉会中の継続審査申出書(文教福祉常任委員会)              │ 会議資料  │
│  │(請願24第1号 障害者総合福祉法(仮称)の制定を求める国への意見書につい│      │
│  │ ての請願)                              │      │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 5 │閉会中の継続審査申出書(総務常任委員会)                │ 会議資料  │
│  │(請願24第2号 「社会保障と税の一体改革」による消費税の増税は行わないこ│      │
│  │ とを求める意見書提出に関する請願)                  │      │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 6 │閉会中の継続審査申出書(環境経済常任委員会)              │ 会議資料  │
│  │(請願24第4号 「市民総合活動センター」(仮称)の設立を求める請願書) │      │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 7 │各常任委員会議案等審査結果一覧表                    │ 会議資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 8 │意見書案第1号 東海第二原子力発電所の廃炉を求める意見書        │ 会議資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 9 │意見書案第2号 容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進する│ 会議資料  │
│  │ための法律の制定を求める意見書                     │      │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 10 │決議案第1号 風車事業の総括について市民へ説明を求める決議       │ 会議資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 11 │決議案第2号 つくば市長に対する問責決議                │ 会議資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 12 │東日本大震災の記録                           │ 配付資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 13 │つくば市交通安全計画(平成23年度〜平成27年度)             │ 配付資料  │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 14 │暮らしと放射線 ‐放射線と上手につきあうために‐            │ 配付資料  │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘


△議員の派遣について
  議員の派遣について

 地方自治法第100条第13項及びつくば市議会会議規則第98条ただし書の規定により、下記のとおり議員を派遣する。

                         記

1 平成23年度第2回茨城県南市議会議長会定例会への派遣
 (1)派遣目的  上記定例会へ副議長を派遣し、情報交換等を図る。
 (2)派遣場所  守谷市役所
 (3)派遣期間  平成24年1月17日(火)
 (4)調査項目  協議
          ?各市提出議案について
          ?各市調査研究事項について
          ?平成24年度正副会長及び各種役員選出(案)について
          ?平成24年度事業計画(案)について
 (5)派遣議員  今 井   孝
 (6)派遣経費  なし

平成24年1月5日決定

                              つくば市議会議長  飯 岡 宏 之


                     議員の派遣について

 地方自治法第100条第13項及びつくば市議会会議規則第98条ただし書の規定により、下記のとおり議員を派遣する。

                         記

1 多摩市議会への派遣
 (1)派遣目的  議会基本条例の制定までの経緯及び制定後の議会運営などについての状況を調査する。
 (2)派遣場所  東京都多摩市議会
 (3)派遣期間  平成24年1月18日(水)
 (4)調査項目  議会基本条例について
 (5)派遣議員  柳 沢 逸 夫
 (6)派遣経費  1,200円

平成24年1月5日決定

                              つくば市議会議長  飯 岡 宏 之


                     議員の派遣について

 地方自治法第100条第13項及びつくば市議会会議規則第98条ただし書の規定により、下記のとおり議員を派遣する。

                         記

1 群馬県吉岡町議会及び埼玉県熊谷市議会への派遣
 (1)派遣目的  市民に親しまれ、わかりやすい議会広報について調査研究し、当市議会だより編集・発行の参考に資する。
 (2)派遣場所  群馬県吉岡町議会、埼玉県熊谷市議会
 (3)派遣期間  平成24年2月7日(火)〜2月8日(水)
 (4)調査項目  議会だよりの編集及び発行について
          ?編集方法について
          ?掲載内容について
          ?広報委員会について
          ?配布方法について
          ?予算について
 (5)派遣議員  塚 本 洋 二、浜 中 勝 美、松 岡 嘉 一、大久保 勝 弘、小 野 泰 宏、
          飯 岡 宏 之、今 井   孝、金 子 和 雄
 (6)派遣経費  123,900円

平成24年2月1日決定

                              つくば市議会議長  飯 岡 宏 之


                     議員の派遣について

 地方自治法第100条第13項及びつくば市議会会議規則第98条ただし書の規定により、下記のとおり議員を派遣する。

                         記

1 茨城県市議会議長会平成23年度第2回議員研修会への派遣
 (1)派遣目的  上記研修会へ議員3名を派遣し、資質向上を図る。
 (2)派遣場所  つくば市
 (3)派遣期間  平成24年2月8日(水)
 (4)調査項目  講演会 茨城県内建物の耐震化について
 (5)派遣議員  山 本 美 和、ヘイズ ジョン、田 中 サトエ
 (6)派遣経費  15,000円

平成24年2月1日決定

                              つくば市議会議長  飯 岡 宏 之


△会派代表質問通告
  会 派 代 表 質 問 通 告
                   (平成24年3月定例会)
       ┌─────┬──────────────┬───────────────┐
       │ 質問順位 │    会  派  名    │    発  言  者    │
       ├─────┼──────────────┼───────────────┤
       │  1  │  親政の会        │  塚 本 洋 二  議員  │
       ├─────┼──────────────┼───────────────┤
       │  2  │  つくばクラブ      │  今 井   孝  議員  │
       ├─────┼──────────────┼───────────────┤
       │  3  │  つくば市民政策研究会  │  高 野   進  議員  │
       ├─────┼──────────────┼───────────────┤
       │  4  │  公明党         │  小 野 泰 宏  議員  │
       └─────┴──────────────┴───────────────┘




 親政の会 塚 本 洋 二 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 災禍の教訓をいか │(1)公共施設やインフラ設備の既存ストックの計画的な長寿命│答弁なし  │
│ し、つくばを再生する│  化対策を進め、災害に強い街を造るとありますが、具体的な│      │
│ について      │  内容をお伺いします。                 │      │
│     (2ページ)│(2)除染実施計画の進め方についてお伺いします。     │      │
│2 つくばの取り組みが│(1)日本政府の債務残高が約1千兆円となりましたが、市長の│市長    │
│ 日本の再生を牽引する│  感想をお伺いします。                 │      │
│ について      │                             │      │
│     (3ページ)│                             │      │
│3 安全で安心な地域を│(1)環境生活部生活安全課を改め、危機管理課として機能を拡│市長    │
│ つくるについて   │  充しますとありますが、拡充の内容と、また、人員について│      │
│     (5ページ)│  ですが、警察や自衛隊関係者の登用は考えていますか、お伺│      │
│           │  いします。                      │      │
│           │(2)公共施設の耐震化の耐震補強工事と耐震診断の計画内容に│市長    │
│           │  ついてお伺いします。                 │      │
│           │(3)旧耐震基準の戸建て木造住宅の耐震補強設計及び補強工事│市長    │
│           │  に要する費用の一部を助成するとありますが、市内の旧耐震│      │
│           │  基準の戸建て数と、今後の予算枠についてお伺いします。 │      │
│           │(4)新消防庁舎の機能・設備についてお伺いします。    │消防長   │
│4 高齢化への対応につ│(1)一人暮らしの高齢者等に貸与される、緊急通信機器につい│市長    │
│ いて  (7ページ)│  てお伺いします。                   │      │
│           │(2)認知症地域支援推進員の配置とありますが、どのような配│      │
│           │  置になるのかお伺いします。              │      │
│5 地球環境を守るため│(1)つくば環境スタイルサポーターズの会員の自主的な行動と│市長    │
│ について(8ページ)│  は、どのようなものかお伺いします。          │      │
│           │(2)自転車利用ルールの条例化検討とありますが、どのような│      │
│           │  内容を考えているのかお伺いします。          │      │
│           │(3)電気自動車購入の補助の内容についてお伺いします。  │      │
│           │(4)リサイクルセンター施設の概要についてお伺いします。 │      │
│6 活力ある自律都市を│(1)つくばの特産品農産物の販路拡大を支援の具体的な案につ│市長    │
│ つくるについて   │  いてお伺いします。                  │      │
│   (8〜9ページ)│(2)青年就農給付金や新規就農者経営支援補助金の交付につい│      │
│           │  てお伺いします。                   │      │
│           │(3)県立上郷高校跡地を取得後の、地域復興のための活用を検│      │
│           │  討とありますが、どのような活用になるかお伺いします。 │      │
│7 総合特区指定を契機│(1)(仮称)つくばグローバル・イノベーション推進機構の今│市長    │
│ としたオールつくばの│  後の行動計画についてお伺いします。          │      │
│ 連携システムの構築に│                             │      │
│ ついて       │                             │      │
│   (10〜11ページ)│                             │      │
│8 国際化の推進につい│(1)インターナショナルスクールへの支援の具体的な内容につ│市長    │
│ て (11〜12ページ)│  いてお伺いします。                  │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
 つくばクラブ 今 井   孝 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 「次の世代につない│(1)筑波研究学園都市の建設には多大な費用を要しました。そ│市長    │
│ でいく、変革元年」 │  の中で市の債務負担の総額と残高の今後の推移について。 │      │
│ 「この半世紀の歳月、│(2)公務員宿舎跡地の売却が進められています。豊かな緑・ゆ│      │
│ 研究学園都市とともに│  とりある空間が研究学園都市らしさを形成しているが、緑の│      │
│ 歩み、成長してきた歴│  保全や土地活用について。また科学技術の情報発信・企業立│      │
│ 史」「科学技術立国を│  地の促進など市の将来ビジョンについて。        │      │
│ 目指す国策として建設│(3)筑波研究学園都市の新たな魅力として、つくばエクスプレ│      │
│ された」ことについて│  スが加わった。街づくりの進捗とインフラ整備・魅力の創出│      │
│     (1ページ)│  策について。                     │      │
│2 「東日本大震災、被│(1)一部地域での停電や飲料水の確保について、震災時の状況│市長    │
│ 災者の救護・救援」 │  と今後の改善策。駅に近接した小学校には、帰宅困難者が殺│      │
│ 「災害に強い街を造 │  到したが、そこから見えてきた都市特有の課題と今後の対策│      │
│ る」について    │  について。                      │      │
│     (2ページ)│                             │      │
│3 「防災活動拠点の整│(1)消防庁舎建設計画の内容、消防救急無線のデジタル方式へ│消防長   │
│ 備・充実を図るため、│  の移行に伴う、市の対応と庁舎設備について。      │      │
│ 消防庁舎建設の調査・│(2)救急隊の現場到着時間・病院収容時間の状況について。 │      │
│ 設計」について   │(3)市内の出火原因の動向と今後の対策について。     │      │
│     (5ページ)│                             │      │
│4 「公共施設の耐震化│ 特に小・中学校など特定建築物の耐震改修について。つくば市│教育長   │
│ を一層促進」について│耐震改修促進計画の見直しは、当初計画よりどの程度前倒したの│      │
│     (5ページ)│か。                           │      │
│5 全小中学校での小中│ これまでの小中連携・一貫教育の研究の結果、「つくばスタイ│教育長   │
│ 一貫教育の本格実施と│ル科」という次世代カリキュラムを通して、どのような人間形成│      │
│ 次世代カリキュラム │を目指すのか。                      │      │
│ 「つくばスタイル科」│                             │      │
│ について      │                             │      │
│     (6ページ)│                             │      │
│6 「施設一体型の小中│ 適正規模の学校運営がより良い教育環境をつくると思うが、教│教育長   │
│ 一貫校」「春日学園」│育委員会の考え方は。またTX沿線など人口増加が見込まれるエ│      │
│ について(6ページ)│リアへの対応も求められるが、今後の小中一貫校の建設予定につ│      │
│           │いて。                          │      │
│           │ 4月スタートする春日学園の学校の概要(生徒数・クラス)、│      │
│           │小中施設一体型のメリットについて。            │      │
│7 「教科担任制の充 │ 人事面の課題はどう克服するのか。主要教科の教員がそろわな│教育長   │
│ 実」「確かな学力の │い場合に、どのような工夫をしていくのか。市内での教科担任制│      │
│ 向上を図る」ことにつ│の実施状況について、情報公開に努めることについての教育委員│      │
│ いて  (6ページ)│会の考え方について。                   │      │
│8 「周産期医療環境の│ 市が抱えている医療環境の課題と今年度の検討内容について。│市長    │
│ 充実に向けた検討」に│                             │      │
│ ついて (7ページ)│                             │      │
│9 「新たなリサイクル│(1)リサイクルセンターの必要性、現在の施設の修繕費用の推│市長    │
│ センター施設の整備」│  移は。啓発施設を中心部にも設置することは具体化するの │      │
│ について(8ページ)│  か。                         │      │
│           │(2)リサイクルセンター基本計画、計画処理量の概要につい │      │
│           │  て。                         │      │
│           │(3)事業費として32億円程度と示されているが、その根拠につ│      │
│           │  いて。                        │      │
│10 「2030年までにCO2│(1)つくば環境スタイル実行計画を確実に推進することについ│市長    │
│ 排出量50%削減を目指│  て。行動計画(5年計画4年目)の実施予定を4本の柱ごと│      │
│ した諸施策を実施」に│  に説明してください。行動計画実施3年間の評価、進捗率に│      │
│ ついて (8ページ)│  ついて。                       │      │
│           │(2)既存集落へのLED防犯灯の設置促進、環境家計簿の全市│市長    │
│           │  民活用に向けた検討について。             │      │
│           │(3)校庭の芝生化・緑のカーテンを全学校で整備していくこと│教育長   │
│           │  について。                      │      │
│11 「強い地域力、強い│(1)不納欠損処分の推移、市税滞納等の現状と対策の強化につ│市長    │
│ 経済力、強い財政力を│  いて。                        │      │
│ 生み出し、活力ある自│(2)公共施設の適正な規模の配置、維持管理の民営化。公有財│      │
│ 律都市の構築」につい│  産の有効活用について、現状と売却等の方針について。  │      │
│ て (8〜9ページ)│(3)利率の高い市債の借り換えや繰上償還に対する今後の方針│      │
│           │  について。                      │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
 つくば市民政策研究会 高 野   進 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 市長の政治姿勢につ│ 市長就任2期目最終年度を迎え、これまでの取り組みに対する│市長    │
│ いて        │総括的評価とつくば市の将来像への思いを伺います。     │      │
│2 予算編成について │ 予算編成に当たり、基本構想に掲げる『健康で健全なまち・つ│市長    │
│       (総括)│くば』の創造に向けて、平成24年度は、どのような点を重視して│      │
│           │編成されたのか伺います。                 │      │
│3 快適な市民生活を確│                             │      │
│ 保するための地域づく│                             │      │
│ りについて     │                             │      │
│(1)安全で安心な地域│(1)誰もが安全に、安心して暮らせる地域づくりを進める中 │市長    │
│  づくりについて  │  で、『地域防災計画の抜本的な見直し』を図るとあります │      │
│     (5ページ)│  が、市民の生命及び財産を守る観点から何が最も重要なの │      │
│           │  か、『見直し』について基本的な考え方を伺います。   │      │
│           │(2)公共施設の耐震化事業については、大幅に予算計上されて│市長    │
│           │  おりますが、事業の内容及び耐震化事業全般の進捗状況につ│教育長   │
│           │  いて伺います。また、これらの公共施設のあり方については│      │
│           │  、つくば市の将来像を見据えた計画的な再配置等の検討が必│      │
│           │  要と思われますが、市長の基本的な考え方を伺います。  │      │
│(2)「教育日本一を目│ つくば市の未来を担い、世界で活躍する子どもたちを育てる教│教育長   │
│  指して」について │育日本一のまちづくりについて伺います。          │      │
│     (6ページ)│ いよいよ本年4月、施設一体型の小中一貫校「春日学園」が開│      │
│           │校されますが、同時に、市内一斉に小中一貫教育がはじまります│      │
│           │。この小中一貫教育について、改めて、つくば市の教育の現況及│      │
│           │び課題等について伺います。                │      │
│(3)「地球環境を守る│ つくば市は、次世代に誇れる環境先進都市の構築を目指すため│市長    │
│  ために」について │に、2030年までに市民一人当たりのCO2排出を50%削減するこ│      │
│     (8ページ)│とを目標に掲げた「つくば環境スタイル」を打ち出しています。│      │
│           │ 低炭素社会づくり推進事業として『住宅用太陽光発電システム│      │
│           │設置補助枠の拡大』や『家庭用エネルギー管理システム設置、太│      │
│           │陽光利用機器設置、電気自動車購入の補助』などの助成が創設、│      │
│           │拡充の提案がされておりますが、これまでの事業の進捗状況及び│      │
│           │これらの助成以外での目標達成までの事業展開について伺いま │      │
│           │す。                           │      │
│(4)「活力ある自律都│(1)平成17年に開業したつくばエクスプレスによって、『つく│市長    │
│  市をつくる」につい│  ば』のイメージは一変したと言っても過言ではありません。│      │
│  て(8〜9ページ)│  産業や観光振興の原動力となるつくばエクスプレスの東京駅│      │
│           │  延伸や快速列車駅の増設は、新たなつくばブランドの創出に│      │
│           │  欠かせないものと期待されます。            │      │
│           │   つくばエクスプレスを活用した自律都市つくばの新たな施│      │
│           │  策について伺います。                 │      │
│           │(2)『自律都市つくば』を目指すために、行政改革大綱を基に│      │
│           │  、コスト縮減や職員数の適正管理、さらには特例市の指定を│      │
│           │  受け『市の権限』を強化するなど行政サービスの効率化や向│      │
│           │  上を図ってきたことは大きな成果であります。      │      │
│           │   『強い地域力、経済力、そして財政力を支える自律都市つ│      │
│           │  くば』を飛躍的に高めるために、改めて市長の強い決意と今│      │
│           │  後の取り組み姿勢について伺います。          │      │
│4 日本経済の活力を生│                             │市長    │
│ み出す研究学園都市づ│                             │      │
│ くりについて    │                             │      │
│(1)総合特区指定を契│ 茨城県及び筑波大学と連携し、国に申請された『つくば国際戦│      │
│  機としたオールつく│略総合特区』が、昨年末に全国7地域の1つに指定されました。│      │
│  ばの連携システムの│東日本大震災における被害や未だに心配される放射能汚染問題な│      │
│  構築について   │ど厳しい情勢が続く中、前途に光明を見出す明るいニュースであ│      │
│   (10〜11ページ)│りました。                        │      │
│           │ この特区の指定は、つくばの科学技術の集積を活用し、つくば│      │
│           │モデルを構築して、新事業や新産業を生み出すことで、地域振興│      │
│           │や企業誘致等に大きな期待が寄せられています。       │      │
│           │ 環境整備事業費として新年度予算が計上されておりますが、事│      │
│           │業費を通してつくば市が担う役割について、どのようなものがあ│      │
│           │るのか伺います。また、「5年、10年先のつくば」の成長をどの│      │
│           │ようなイメージとして捉えているのか伺います。       │      │
│(2)国際化の推進につ│ 国際化の推進については、『つくば国際化基本指針』等に基づ│      │
│  いて       │き整備していくとのことですが、この国際化指針の中では、「多│      │
│   (11〜12ページ)│文化共生社会の形成、世界的な科学技術の国際戦略拠点の構築を│      │
│           │目指す」とあります。公共空間における外国語表記等の推進やイ│      │
│           │ンターナショナルスクールへの支援は、その目的を達成する施策│      │
│           │の一つであるものと思われますが、今後の国際化に向けた中長期│      │
│           │的な取り組みや施策等について伺います。          │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

 公明党 小 野 泰 宏 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 地域ガバナンスのあ│ つくば市にとって節目の年である平成24年度。あらためてつく│市長    │
│ り方について    │ば市の成り立ち経緯を振り返って、「地域ガバナンスの一体性欠│      │
│     (1ページ)│如」について述べられていますが、この面での認識を踏まえた上│      │
│           │での今後のつくば市のガバナンスについての考えや構想、展望に│      │
│           │ついて、更に詳しく伺いたいと思います。          │      │
│2 変革元年の年にあた│ 都市機能の一体性を高め、都市の成熟に向けたまちづくりのた│市長    │
│ り市職員に望むこと │めに、特に市職員に期待すること、そして望むことはどのような│      │
│     (1ページ)│ことでしょうか、考えについて、伺います。         │      │
│3 災害に強い街づくり│ 研究学園都市の建設に伴い整備された社会インフラの老朽化対│市長    │
│ について(2ページ)│策については、かねてから指摘してきたことであります。今後の│      │
│           │方針と対策について、伺います。また、公共部門だけでなく、広│      │
│           │くつくば市全体においても、その意識向上・まちづくりへの取り│      │
│           │組みは、必要不可欠と思いますが、今後のあり方・考えについて│      │
│           │、伺います。                       │      │
│4 放射能汚染対策につ│ 放射性物質汚染対処特措法に基づく「汚染実施計画」の概要と│市長    │
│ いて  (2ページ)│必要な除染措置等を進めるにあたっての課題等について、伺いま│      │
│           │す。                           │      │
│5 つくばを再生するこ│ 単に震災前の状態に戻すのではなく、より安全で快適な、活力│市長    │
│ とについて     │ある都市つくばの復興に向けた取り組みにおける視点や構想等に│      │
│   (2〜3ページ)│ついて、更に詳しく伺いたいと思います。          │      │
│6 基本方針・快適な市│ 高齢社会に向けた取り組みとして、コミュニティの重要性につ│市長    │
│ 民生活を確保するため│いて再認識されておりますが、つくば市の「地域づくり」におけ│      │
│ の地域づくりについて│る「共助」の考え方について伺います。           │      │
│     (4ページ)│ またその方策については、市民生活の視点で見た場合、組織の│      │
│           │枠を超えた発想の転換と連携が必要であると考えます。そのため│      │
│           │には、具体的な計画や組織がないと進展は困難と考えますが、こ│      │
│           │うした基本方針を具現化する取り組み・ロードマップについて、│      │
│           │伺います。                        │      │
│7 教育日本一の取り組│ 教育日本一のまちづくりを進めているつくば市の教育について│教育長   │
│ みについて     │、「つくば市教育振興基本計画」の初年度終了にあたり、この計│      │
│     (6ページ)│画に対する、以下の点について、伺います。         │      │
│           │・今年度の「施策評価」と今後の課題について        │      │
│           │・つくば市は広く学校数が多いために、つくば市全体の運動も市│      │
│           │ 内各地域や学校単位でみた場合、バランスがとれたキメの細か│      │
│           │ い取り組みが必要と考えるがこうしたことへの考えや支援・配│      │
│           │ 慮について                       │      │
│           │・総合教育研究所の役割と今後の展開について        │      │
│8 高齢者が安全に生き│ 高齢者が、住み慣れた地域で生きがいを持ち、安心して自立し│市長    │
│ 生きと暮らせる社会の│た生活を送ることができる「支えあう社会づくり」を目指すべき│      │
│ 構築について    │と考えます。新しい高齢者福祉計画のスタートにあたり、この施│      │
│     (7ページ)│策に対する、以下の点について、伺います。         │      │
│           │・前計画に対する評価と今後の課題について         │      │
│           │・以上の評価・課題の中から、新しい計画において目指そうとし│      │
│           │ ている具体的な成果について               │      │
│           │・地域ごとに特色あるつくば市の高齢者の課題を着実に解決して│      │
│           │ いくためには、地域における「福祉の足場」が必要と考えるが│      │
│           │ 、こうしたことへの考え・展望について          │      │
│9 少子化対策について│ 「子育てに不安を感じることがなく、だれもが安心して子ども│市長    │
│     (7ページ)│を産み育てることができるまちづくり」のために、以下の点につ│      │
│           │いて、伺います。                     │      │
│           │・主要な課題と解決するための平成24年度の取り組みについて │      │
│           │・つくば市の地域性を考慮した場合の今後の地域ごとの対応方針│      │
│           │ とその内容について                   │      │
│10 地球環境を守るため│ 「つくば環境スタイル」取り組みの一つとして行う市民や企業│市長    │
│ に   (8ページ)│、大学や研究機関が参加する「つくば環境スタイルサポーターズ│      │
│           │」の組織化の取り組みは、広く市民に参加を呼び掛けていく意味│      │
│           │から、大変重要と認識しております。この取り組みの以下の点に│      │
│           │ついて、伺います。                    │      │
│           │・取り組みの位置づけ、概要、目標について         │      │
│           │・つくばならではの取り組み内容について          │      │
│           │・市民参加の手法について(PIと階層別の取り組み)    │      │
│           │・地域との連携手法について(区会や学校区との連携)    │      │
│11 活力ある自律都市を│ 社会を取り巻く環境が大きく変化を遂げる中で、農業に対する│市長    │
│ つくる・農業振興につ│関心は高まってきております。               │      │
│ いて  (9ページ)│ 構造的な問題もあり、多方面から総合的な農業振興を図ってい│      │
│           │くことが重要と思われますが、特に今、新しい時代にあった手法│      │
│           │を取り入れてつくば農業に対する価値を高めていく必要があると│      │
│           │感じています。農業振興に対するつくば市のビジョン・基本的な│      │
│           │計画について、伺います。                 │      │
│12 活力ある自律都市を│ 観光を取り巻く環境は、厳しさを増しています。的確・効果的│市長    │
│ つくる・観光振興につ│な情報発信とあわせ、よりつくば市全体で取り組んでいく体制の│      │
│ いて  (9ページ)│整備が求められていると考えます。             │      │
│           │ これまで、計画的な観点から観光振興に対する提言も行って参│      │
│           │りましたが、観光振興に対するつくば市のビジョン・基本的な計│      │
│           │画について、伺います。                  │      │
│13 活力ある自律都市を│ つくば駅前の顔である「つくばターミナル施設」の整備につい│市長    │
│ つくる・つくばターミ│ては、現在どのような現状にあるのか。そして、今後の計画・展│      │
│ ナル施設の整備検討に│開については、どのようになっていくのか、論点や課題も含めて│      │
│ ついて (9ページ)│、伺います。                       │      │
│           │ また、中心市街地の賑わい創出についての構想についても、手│      │
│           │法の検討や経過を含めて、伺います。            │      │
│14 総合特区指定を契機│ オールつくばの連携システムの構築から環境、防災、福祉、教│市長    │
│ としたオールつくばの│育、文化への貢献など、総合特区指定と今後の市民生活の質の向│      │
│ 連携システムの構築に│上については、市民の関心も高く、またより広く理解向上も目指│      │
│ ついて       │さなければならない点であると考えます。          │      │
│   (10〜11ページ)│ 「オールつくばの連携システム構築」の概要と連携システムに│      │
│           │関するつくば市のかかわり方、市民生活の質向上への取り組み計│      │
│           │画について、更に詳しく伺いたいと思います。        │      │
│15 平成24年度予算の概│ 来年度予算の歳入・歳出の特徴と予算編成の考え方、施策優先│市長    │
│ 要について     │順位についての考え方、そして今後の5年間で必要とされる投資│      │
│     (12ページ)│的経費の額、将来減額となる地方交付税への対応を踏まえた上で│      │
│           │のつくば市中長期財政見通しの展望について、伺います。   │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘


△一般質問通告
   一 般 質 問 発 言 通 告
                    (平成24年3月定例会)
        ┌──────┬───────────────────────────┐
        │ 質問順位 │        氏         名        │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   1   │   19番  安   井       茂  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   2   │   21番  柳   沢   逸   夫  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   3   │   30番  塩   田       尚  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   4   │   14番  古   山   和   一  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   5   │   11番  大 久 保   勝   弘  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   6   │   4番  浜   中   勝   美  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   7   │   15番  馬   場   治   見  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   8   │   23番  田   宮   直   子  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   9   │   12番  橋   本   佳   子  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   10   │   6番  田   中   サ ト エ  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   11   │   31番  金   子   和   雄  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   12   │   10番  瀬   戸   裕 美 子  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   13   │   9番  永   井   悦   子  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   14   │   24番  須   藤   光   明  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   15   │   2番  山   本   美   和  議 員   │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   16   │   7番  五 十 嵐   立   青  議 員   │
        └──────┴───────────────────────────┘

                  19番   安 井   茂 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 市原市長、二期8年│ 市原市長、二期目は多難な時期でありました。政権交代による│市長    │
│ の総括と今後のつくば│混乱、リーマンショックによる景気の後退、そして昨年3月11日│      │
│ 市の課題と対応につい│の東日本大震災による被害、いまだに懸念される放射能汚染と激│      │
│ て         │動の任期でした。震災にすばやく対応できた財政調整基金の積み│      │
│           │立てや耐震化されたつくば市の新庁舎と市長の政策によって被害│      │
│           │を免れた面もあったことは、認めるところです。しかしながら、│      │
│           │まだ、つくば市には、懸案の事項や、復旧途上の箇所や政策課題│      │
│           │が残っています。新規に指定されたつくば国際戦略総合特区への│      │
│           │挑戦もあります。                     │      │
│           │ こうした現状を踏まえ、二期8年の総括と今後の対応について│      │
│           │お伺いします。                      │      │
│           │ 震災と原発事故によりつくば市の政策にも少なからず影響があ│      │
│           │ったことと思います。下記の案件について対策、タイムスケジュ│      │
│           │ールについてお伺いします。                │      │
│           │(1)今後のつくば市の人口動向と税収見込み        │企画部長  │
│           │                             │財務部長  │
│           │(2)人事政策(職員の適正配置、労務対策、男女共同参画社会│総務部長  │
│           │  への取り組み)                    │市民部長  │
│           │(3)東日本大震災による復興見込みと放射能汚染対策について│企画部長  │
│           │                             │環境生活部長│
│           │(4)教育日本一への取り組み(学校耐震化、小中一貫教育、学│教育長   │
│           │  区制、学校の統廃合)について             │      │
│           │(5)低炭素社会実現を目指すつくば環境スタイルの進捗状況に│環境生活部長│
│           │ついて                          │      │
│           │(6)つくば国際戦略総合特区の進め方について       │国際戦略総合│
│           │                             │特区推進室長│
│           │(7)賑わいのある中心市街地の形成(つくば駅前に購入した土│都市建設部長│
│           │  地、上郷高校跡地の有効活用)について         │企画部長  │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  21番   柳 沢 逸 夫 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 国道牛久土浦六号バ│ 昨年3月議会において、質問いたしました国道408号線より│都市建設部長│
│ イパス及び圏央道につ│南側、県道谷田部―牛久線までの一部先行しての事業化見通しに│      │
│ いて        │ついて。                         │      │
│           │ 圏央道、県内区間の進捗状況と、今後の整備見通しについて。│      │
│           │ 有料化決定に伴う、つくば真岡バイパスへのスマートインター│      │
│           │の取り組みについてそれぞれお聞きいたします。       │      │
│2 小中学校のトイレの│ 市内学校のトイレ改修計画の内容と工事完了時期についてお伺│教育委員会事│
│ 改修及び耐震工事につ│いします。                        │務局長   │
│ いて        │ また、耐震工事、完了見通しについてもお伺いします。   │      │
│3 小野川小学校の防犯│ 小野川小学校には、正門の他に4箇所の出入り口があります。│      │
│ 対策について    │ 防犯上問題と思いますが、市の考えをお聞きいたします。  │教育委員会事│
│           │                             │務局長   │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  30番   塩 田   尚 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 学校給食について │ 「もっと変な給食」という本に、つくば市の学校給食が名指し│教育長   │
│           │されているが、市はどのように考えるか。          │      │
│2 風車住民訴訟の判決│(1)一連の裁判の判決がすべて確定し、市が事実上の敗訴とな│市長    │
│ 確定について    │  ったが市長はどのように責任を取るのか。        │      │
│           │(2)一連の風車裁判に要した裁判費用(弁護士費用)は総額で│環境生活部長│
│           │  いくらになったのか。すべて市民の税金でまかなうのか。 │      │
│           │(3)風車撤去費用も含め、市が被った損害金は総額でいくら │総務部長  │
│           │  か。                         │環境生活部長│
│3 談合防止策について│(4)市民への説明責任はどのように果たすのか。      │市長    │
│           │ 県の談合事件が公正取引委員会により明らかにされているが、│総務部長  │
│           │市は談合防止策をどのように考えているか。         │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  14番   古 山 和 一 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 市の教育行政小・中│ 今4月小・中一貫校「春日学園」が開校します。本市のみなら│市長    │
│ 一貫教育について  │ず県下のモデル校として大きな注目を集め、新たな時代への対応│教育長   │
│           │として、まさに本市教育の転換を告げるものです。      │      │
│           │ この春日学園を皮切りに市内全域での小・中一貫教育に取り組│      │
│           │まれる訳ですが、改めて本市教育の置かれている現状と課題、そ│      │
│           │れを受けての小・中一貫への考え方、更には今後のめざす進め方│      │
│           │について御説明をお願い致します。             │      │
│2 市内の空き家(住 │(1)本市の現状について                 │企画部長  │
│ 宅)について    │  近年、社会人口の高齢化に伴い、空き家住宅が増加している│      │
│           │ 。特に市南部の住宅団地での増加が目立ち、地域の防災、防犯│      │
│           │ 等治安の危惧に加え、近隣の生活環境にも少なからず影響を及│      │
│           │ ぼしている。                      │      │
│           │  この空き家の現状について、その数と地域性、増減の現況と│      │
│           │ 近年の傾向を伺います。                 │      │
│           │(2)今後の行政対応について               │      │
│           │  その対策として隣接牛久市では、今3月議会に「空き家条例│      │
│           │ 」を提案するとのことですが、他にも千葉県、埼玉県内の自治│      │
│           │ 体で同様の条例制定の動きが広がっている様です。     │      │
│           │  本市の現状をふまえ今後の対応をお伺いします。     │      │
│3 農業政策について │(1)国の進める農地集約5年計画について         │経済部長  │
│           │  地域農業マスタープランを作成するための取り組みに対し、│      │
│           │ 今後5年間で農地を手放す離農手当てとしての農地集積協力金│      │
│           │ をはじめ青年就農交付金など様々な施策展開をするとされてい│      │
│           │ ますが、その概要を御説明下さい。            │      │
│           │(2)市の新規就農者経営支援補助金について        │      │
│           │  市の支援のしくみと活用状況を御説明下さい。      │      │
│4 放射性物質の汚染対│(1)市南部地域の除染実施計画について          │環境生活部長│
│ 策         │  ア 放射性物質汚染対処特措法に基づく除染実施計画のしく│      │
│           │   みについて                     │      │
│           │  イ 除染に当っての汚染度の実施基準とその目標値    │      │
│           │  ウ 除染実施計画の概要                │      │
│           │   (ア)実施スケジュール                │      │
│           │   (イ)除染の区域と実施対象となる具体的な場所     │      │
│           │   (ウ)除染作業の具体的方法              │      │
│           │   (エ)実施作業者は                  │      │
│           │   (オ)除染作業によって生じる汚染土壌等の処置、保管場 │      │
│           │     所、方法、安全対策               │      │
│           │(2)放射能測定器の市民貸し出しについて         │      │
│           │  ア 現在の台数と利用状況               │      │
│           │  イ 貸出し測定器の性能                │      │
│           │  ウ 今後、台数の増設と貸し出しの場所等、利便を高める考│      │
│           │   えは                        │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  11番   大久保 勝 弘 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 つくば市の将来展望│(1)市政25年を迎え、国際戦略総合特区の指定を受け、“世│市長    │
│ について      │  界のつくば”へ大きく発展することが期待される中で、日本│都市建設部長│
│           │  の人口は、2060年8,674万人(2010年対比67.7%)高齢者人 │環境生活部長│
│           │  口3,464万人(39.9%)生産年齢人口4,418万人(50.9%)年│消防長   │
│           │  小人口791万人(9.1%)と発表され、超高齢人口減少社会と│保健福祉部長│
│           │  なることは、大きな社会問題です。このような社会環境で、│市長公室長 │
│           │  つくば市の将来像、また、中長期的展望をどのように目指す│      │
│           │  のか、中期財政見通しの中での(平成25年〜29年)考え方、│      │
│           │  10年後の(2022年)人口の変化と政治・経済・環境・雇用・│      │
│           │  福祉等について、お伺いいたします。          │      │
│2 「地域分権」制度に│(1)「地域分権」については、国政でも議論されておりますが│企画部長  │
│ ついて       │  、市民が自主的・自立的に新しいまちづくりを企画・事業計│      │
│           │  画を立て、“自分たちのまちは自分たちでつくろう”の進め│      │
│           │  方をする社会です。各学校区に「地域まちづくり推進協議会│      │
│           │  (仮称)」を設立し予算提案権(予算提案事業・予算の基準│      │
│           │  )の枠等を設定して、市と市民が協働でまちづくりを行うこ│      │
│           │  とにより、個性豊かで活力ある地域社会の実現ができると考│      │
│           │  えます。つくば市の方針についてお伺いいたします。   │      │
│3 小中一貫校の考え方│(1)春日学園の小中一貫校の取り組み現状について(教育方針│教育長   │
│ と食材の放射能測定に│  /運営体制/児童数/総合的な進め方)また、今後のつくば│      │
│ ついて       │  市の小中一貫校整備計画方針についてお伺いいたします。 │      │
│           │(2)小中一貫教育研究つくば市大会を吾妻小・筑波西中・竹園│教育長   │
│           │  小中学校等で公開授業を開催いたしましたが、計画から内容│教育委員会事│
│           │  、結果、成果、課題などについて、また、2月1日より新し│務局長   │
│           │  い食品放射能測定システムを導入し学校給食の食材を放射性│      │
│           │  物質の新基準(飲料水/牛乳・乳児用食品/一般食品)を適│      │
│           │  用、さらに、検査品目を拡充していますが、放射能測定の目│      │
│           │  的・内容・結果についてお伺いします。         │      │
│4 北条団地の整備計画│(1)これまでも一般質問をいたしておりますが、県住宅供給公│      │
│ について      │  社が売却し、民間企業が購入して、新たな事業展開を計画し│都市建設部長│
│           │  ていると聞いております。地域の発展に貢献できることを期│      │
│           │  待しておりますが、現状までの状況と今後の推移についてお│      │
│           │  伺いいたします。                   │      │
│5 ACCS放送と市内│(1)ACCS放送の中で、つくば市のニュースやイベントなど│市長公室長 │
│ 全地域放送計画につい│  市民の皆様に情報発信をしている内容、放送時間、視聴率、│企画部長  │
│ て         │  受信世帯数、受信世帯率、未放送地域について、また、今後│      │
│           │  の市内全地域放送計画について、つくば市の考え方をお伺い│      │
│           │  いたします。                     │      │
│6 つくば国際戦略総合│(1)国際戦略総合特区は、政府の成長戦略の1つであります。│国際戦略総合│
│ 特区について    │  特区により規制緩和され、税制・金融・財政上の特例措置が│特区推進室長│
│           │  総合的に講じられます。今回全国で7地域が指定されました│      │
│           │  が、今後「総合特区計画」認定を受け、筑波大学、研究機関│      │
│           │  、企業、市民と行政が連携し、つくばグローバル・イノベー│      │
│           │  ション推進機構を核に「つくばを変える新しい産学官連携シ│      │
│           │  ステム」を構築すると思いますが、総合的にオールつくばが│      │
│           │  どのようになるのか、組織体制(推進室/地域協議会/総合│      │
│           │  特別区域推進本部など)・計画、運営(総合特区計画のまと│      │
│           │  め等)スケジュールと費用(年度別計画など)の現状と今後│      │
│           │  についてお伺いいたします。              │      │
│           │(2)つくば市は、1963年閣議了解により都市建設が行われ来年│      │
│           │  50年、国の32研究機関(1/3)、2万人を超える研究者(│      │
│           │  8千人の博士号取得者、5千人を超える外国人研究者)がお│      │
│           │  り、世界最先端の設備を持ちながら、基礎研究等が多く新事│      │
│           │  業・新産業の創出に結び付きが少ないようですが、次の4つ│      │
│           │  の課題の計画から目指す研究目標、新事業・新産業の創出、│      │
│           │  ベンチャー企業との連携、支援策についてお伺いします。 │      │
│           │  ア 次世代がん治療(BNCT)の開発実用化      │      │
│           │  イ 生活ロボットの実用化               │      │
│           │  ウ TIA‐nano世界的ナノテク拠点の形成     │      │
│           │  エ 藻類バイオマスエネルギーの実用化         │      │
│           │(3)つくば市は、つくば国際戦略総合特区により、国内外の人│      │
│           │  々が多くなることにより、国際拠点都市となり環境整備も整│      │
│           │  い、地域の資質が高まり企業や人材・投資をつくばにの声も│      │
│           │  集中でき期待できます。つくば市が目指すべき4つの方向、│      │
│           │  基本目標実現のための3つの戦略、経済効果などについてお│      │
│           │  伺いいたします。                   │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  4番   浜 中 勝 美 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 地域包括ケアシステ│ 診療報酬と介護報酬との6年ぶりの同時改定で、政府は「地域│保健福祉部長│
│ ムについて     │包括ケア」の構築を掲げました。そこで「地域包括ケアシステム│      │
│           │」の取り組みについてお伺いします。            │      │
│           │(1)「地域包括支援センター」の体制整備の取り組みについて│      │
│           │(2)「24時間対応の定期巡回・随時対応型訪問介護・看護サー│      │
│           │  ビス」のニーズと取り組みについて           │      │
│           │(3)地域包括ケアシステムには、医療や介護など専門家以外に│      │
│           │  も地域などから幅広い支援が欠かせない、広く理解してもら│      │
│           │  う意識改革が必要であると考えるが、「地域包括ケア会議」│      │
│           │  等の取り組みについて                 │      │
│2 広域農道アグリライ│ 東光台地域から金村地域にかけての広域農道アグリラインが供│経済部長  │
│ ンについて     │用開始されましたが、一部通行止めになっております。全面供用│      │
│           │開始の見通しについてお伺いします。            │      │
│3 上郷地区道角、木俣│ この件につきましては、昨年の3月定例会で、安井議員が質問│都市建設部長│
│ 間の信号機について │したところですが、その後の進捗状況についてお伺いします。 │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

15番   馬 場 治 見 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 冠水対策について │(1)茎崎地域森の里団地内における、冠水対策の進捗状況と今│都市建設部長│
│           │  後の方針をお伺いします。               │      │
│           │(2)東日本大震災の時に起きた、森の里団地内の液状化現象は│環境生活部長│
│           │  、一部ではあったが大変な出来事であった。その事によって│都市建設部長│
│           │  、次に又地震が起きて液状化がさらに進んだらどうなるのか│      │
│           │  と、不安を抱えながらの生活をされているが、現在の液状化│      │
│           │  の現状と今後抜本的な対策が大事であると思うが、この事に│      │
│           │  対して市はどのような対策を考えているのかをお伺いします│      │
│           │  。                          │      │
│           │(3)平成22年3月16日付につくば市、牛久市との協定書、つま│      │
│           │  り。                         │      │
│           │  ア 牛久市、つくば市行政界における雨水排水対策に関する│都市建設部長│
│           │   全体協定書。                    │上下水道部長│
│           │  イ 牛久市猪子町及びつくば市高見原地区における雨水排水│都市建設部長│
│           │   対策事業に関する協定書。              │      │
│           │  以上については、もう約2年が経過しているが、現在の状況│      │
│           │  と、今後の予定と、工事完了の予定をお伺いします。   │      │
│2 買い物弱者施策につ│(1)現在の進捗状況をお伺いします。           │経済部長  │
│ いて        │(2)買い物環境に関するアンケート調査は、茎崎ひまわりまつ│経済部長  │
│           │  り、又団地等で行ったと思いますが、その結果に対しての主│      │
│           │  な内容を、お伺いします。               │      │
│           │(3)今後どのような形態で実行されていくのか。      │経済部長  │
│           │  例えば。                       │      │
│           │  ア 車による、移動販売。               │      │
│           │  イ 区会内のボランティア、又、団地内のボランティア等を│      │
│           │   集って、各商店から、個人のお宅への配達になるのか。 │      │
│           │  ウ 買い物バスを、運行するのか。           │      │
│           │  エ 商工会独自に行うのか、又、個人商店が直接個人宅へ配│      │
│           │   達するのか。                    │      │
│           │  等、様々な手法があるが、市の考えをお伺いします。   │      │
│           │(4)運営の事業主体は、何処が行うのか、市が直接行うのか、│経済部長  │
│           │  商工会、又は、区会、団地、等のボランティアが行うのか、│      │
│           │  それともいずれの団体も合わせて、複数で運営していくのか│      │
│           │  をお伺いします。                   │      │
│           │(5)産業戦略推進会議第二部会での協議の内容は、どのように│経済部長  │
│           │  進んでいるのかをお伺いします。            │      │
│           │(6)車の利用車両に対して、今後、買い物バス、又車による移│環境生活部長│
│           │  動販売、又、ボランティアによる商品の配達車に対して、つ│      │
│           │  くば市は、CO2削減の為につくば環境スタイル実現の施策│      │
│           │  の一つとして、電気自動車(EV車)を、市民、又は企業等│      │
│           │  への普及施策として、取り入れたらどうかと考えるが、市の│      │
│           │  考えをお伺いします。                 │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  23番   田 宮 直 子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 つくば市の公有地 │(1)早稲田大学医学部を茨城県内に誘致する署名活動が行われ│企画部長  │
│ (解体後の旧谷田部庁│  ているが、当市に誘致すべきだと思うが市の見解を伺う。 │      │
│ 舎、旧上郷高校跡地)│(2)看護師不足の現況の中、専門学校経営の方々に働きかけ、│      │
│ 利活用について   │  看護学校を誘致したらどうかと思うが見解を伺う。    │      │
│2 北部工業団地内の相│ いくつかの企業が撤退したようだが、撤退を防止する為に市は│経済部長  │
│ 次ぐ企業の撤退につい│どのような対策を講ずるのか。               │      │
│ て         │                             │      │
│3 英語指導助手につい│(1)効果的な活用がなされていますか。          │教育長   │
│ て         │(2)今、何カ国から来ていますか。            │      │
│           │(3)今、何人いますか。                 │      │
│           │(4)母国語は何ですか。                 │      │
│4 上郷小付近(道角、│(1)十字路の芝畑の公図を市はとって調べたのかどうか伺う。│都市建設部長│
│ 木俣間)の信号設置に│(2)市は右折車線をつくりたいのか伺う。         │      │
│ ついて       │(3)用地買収の状況はどのようになっているか。      │      │
│5 不法投棄について │(1)竹園・倉掛地区のゴミ山の撤去は進んでいるのか伺う。 │環境生活部長│
│           │(2)上郷台宿の農地(田・畑)、山林、雑種地の埋立ては、数│      │
│           │  年前から建設残土が運び込まれ、数mの高さとなり、隣地と│      │
│           │  の境界や市道との境界もわからなくなってしまったとの事で│      │
│           │  あるが、今までの経過を伺う。             │      │
│           │(3)上の行為者に対して、どのような注意や警告をしてきたの│      │
│           │  か伺う。                       │      │
│6 敬老祝商品券につい│ 使用期限が12月31日までとなっているが、買い物難民の高齢者│保健福祉部長│
│ て         │にとっては、せめて1年間位の期間を設けてほしいが市の見解を│      │
│           │伺う。                          │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  12番   橋 本 佳 子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 放射能対策について│(1)除染計画地域の除染の進め方と区域以外のホットスポット│市長    │
│           │  の対応について                    │環境生活部長│
│           │(2)除染計画地域の児童公園を選び除染モデルにして作業に入│市長    │
│           │  り検証をする。                    │環境生活部長│
│           │(3)学校給食食材の放射性物質測定の変更が前倒しで行われた│教育委員会事│
│           │  が、不検出(30ベクレル以下)ではなく、変更の範囲ならば│務局長   │
│           │  出すということなのか。                │      │
│           │(4)少なくとも計画区域の子供や妊産婦の健康調査をする。 │      │
│           │ 以上について見解を伺います。              │環境生活部長│
│2 大規模学校給食セン│(1)(仮称)中部豊里給食センターの調理部門は、直営にする│      │
│ ターについて    │  こと。                        │教育委員会事│
│           │(2)(仮称)中部谷田部給食センター建設は急がず大規模給食│務局長   │
│           │  センターの検証をすること。              │      │
│           │ 以上について見解を伺います。              │      │
│3 障害者計画について│(1)入所・短期入所・居住系サービスの施設不足についての見│      │
│           │  通しと考え方について。                │      │
│           │(2)施設を増やすためには、市独自の支援策が必要。    │保健福祉部長│
│           │ 以上について見解を伺います。              │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  6番   田 中 サトエ 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 福島からの避難者の│ いまだ、原発事故は収束せず、ふるさとに帰れない被災者が約│総務部長  │
│ 生活支援について  │400人、つくばで生活しておられます。帰る見通しは見えてきま │      │
│           │せん。これらの方々が、つくばに滞在される間、安心して暮らし│      │
│           │、新しい生活へと足を踏み出して行けるまで、つくば市としてさ│      │
│           │まざまの支援が必要となります。公務員住宅入居者でまわりに知│      │
│           │りあいがなく孤独になっている人がいます。廃止予定の公務員住│      │
│           │宅の1区画を有効活用して、転居希望を認め、避難者のつながり│      │
│           │を強めるようにしてはどうですか。             │      │
│2 子どもの医療費無料│ 小学校卒業まで、さらに中学校卒業までと無料化を進める計画│保健福祉部長│
│ 化について     │について伺います。                    │      │
│3 春日小中一貫校の開│ 今年4月に、施設一体型の春日小中一貫校が開校し、同時に他│      │
│ 校と小中一貫教育につ│の学校でも小中一貫教育が進められます。学校教育が変わる事で│      │
│ いて        │、子ども達も地域も大きな影響を受けます。どの子も元気に登校│      │
│           │し、等しく義務教育を受け、生きる力を身につける学校をめざし│      │
│           │て質問します。                      │      │
│           │(1)春日小中学校の入学式・卒業式・運動会などの行事の在り│教育長   │
│           │  方について                      │      │
│           │(2)春日小の学童保育の体制と放課後の子どもの安全について│保健福祉部長│
│           │(3)教科担任の実行体制について             │教育長   │
│           │(4)小学一年生から英語教育を取りいれる意義について   │教育長   │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  31番   金 子 和 雄 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 つくば国際戦略総合│ 全国で7箇所指定を受けたが、どのように総合特区制度を生か│国際戦略総合│
│ 特区について    │した取り組みを想定するのか伺いたい。           │特区推進室長│
│2 つくば市の高齢社会│ 人口減少社会の到来と高齢者人口の増加、元気を保つ高齢者政│保健福祉部長│
│ への対応について  │策について伺いたい。                   │      │
│3 東京電力の電気料金│ 電気料金の値上げが表明されているが、自治体でも大きな影響│総務部長  │
│ 値上げに対する対応策│が予想されるが、対応策やPPSなど新たな取組みについて伺い│      │
│ について      │たい。                          │      │
│4 放射線量対策につい│ 汚染状況重点調査地区の先行調査地域の測定結果に関する今後│環境生活部長│
│ て         │の計画はどのように取組まれるのか伺いたい。        │      │
│5 防災について   │ 東日本大震災から1年、指定避難所、予備避難所など多くの教│環境生活部長│
│           │訓から得た避難施設における対応と地域の自主防災組織への支援│      │
│           │について伺いたい。                    │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  10番   瀬 戸 裕美子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 障害福祉計画   │ 障害者計画策定懇談会が開催され、ここでつくば市障害福祉計│保健福祉部長│
│           │画(第3期)の策定に向けて話し合いが行われています。これま│      │
│           │で6回開かれ、1月には計画案についてのパブリックコメントの│      │
│           │募集が行われました。今後の計画策定作業についてお聞きします│      │
│           │。                            │      │
│           │(1)パブリックコメントの結果と主な意見はどのようなもので│      │
│           │  したか。                       │      │
│           │(2)策定懇談会での議論の内容について(議事録)の公開がさ│      │
│           │  れていないようですが、その理由についてお聞きします。 │      │
│           │(3)策定懇談会ではどのような意見がでましたか。それらの意│      │
│           │  見はどのように計画に反映されていきますか。      │      │
│           │(4)機能訓練、生活訓練など、アンケートでは希望が多いにも│      │
│           │  かかわらず、実際の利用が少ないというものについては、希│      │
│           │  望しても使いにくい理由があるのだと推測します。聞き取り│      │
│           │  などの調査はしましたか。使いやすくする改善点についてど│      │
│           │  う考えますか。                    │      │
│           │(5)相談支援体制に関して                │      │
│           │   基幹相談支援センター・指定一般相談支援事業所・指定特│      │
│           │  定相談支援事業所と3つの相談機関が設置されることになり│      │
│           │  ますが、それぞれの関係性や役割と、対象となる相談内容、│      │
│           │  事業所名を伺います。また今後事業者をふやす予定はありま│      │
│           │  すか。その資格要件について伺います。         │      │
│2 学校図書館の充実に│(1)学校図書館司書教諭補助員配置事業について      │教育長   │
│ ついて       │   現行の配置事業によりその成果は、22年度実績に対する「│      │
│           │  教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価の結│      │
│           │  果報告書」によれば、「各校の図書館司書教諭補助員配置事│      │
│           │  業で、優れた人材が配置され、学校で活躍している。読書好│      │
│           │  きな子が育っている。」と高い評価となっています。しかし│      │
│           │  小学校では年間配置日数が、20学級以上の10校に135日、20 │      │
│           │  学級未満の27校には70日の配置となっていることについては│      │
│           │  再検討の余地があると指摘されています。このような指摘を│      │
│           │  どのように活かしていくのか見解をお聞きします。また配置│      │
│           │  日数の違いによる図書室の充実度についてどのように把握し│      │
│           │  ていますか。                     │      │
│           │(2)中学校への配置について今後の考えをお聞きします。  │      │
│           │   現在、一部の小中学校に学校図書館協力員が配置されてい│      │
│           │  ますが、これを全中学校に広げていく予定はありますか。 │      │
│           │(3)春日小中学校の学校図書館について          │      │
│           │   新しい学校に望ましい形の図書館を設置することについて│      │
│           │  、構想をお聞きします。                │      │
│           │(4)地域活性化計画交付金(住民生活に光を注ぐ交付金)は図│      │
│           │  書及び視聴覚教育資料購入のために交付されたものです。執│      │
│           │  行状況についてお聞きします。             │      │
│3 つくばスタイル科の│(1)つくばスタイル科を設置するに至った背景、設置の理由は│教育長   │
│ 設置について    │  なんですか。                     │      │
│           │(2)各学校の新しい科に対する準備態勢はどうなっています │      │
│           │  か。                         │      │
│           │(3)参加しているインテルの役割について         │      │
│4 放射線対策    │(1)公共施設、公園、学校施設の測定状況、除染状況について│環境生活部長│
│           │(2)学校施設、公園等の除染後の土の保管について     │環境生活部長│
│           │(3)除染計画策定の進捗状況               │環境生活部長│
│           │(4)食品の放射線量測定の現状              │経済部長  │
│           │                             │環境生活部長│
│           │                             │上下水道部長│
│           │(5)学校給食食材の測定状況と、情報提供について     │教育委員会事│
│           │(6)こどもの健康調査の実施について           │務局長   │
│           │(7)東海第二原発の廃炉について市長の考えを伺います。  │環境生活部長│
│           │                             │市長    │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  9番   永 井 悦 子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 市政運営について │ 2期8年間の市原市政について、達成した政策と課題となって│市長    │
│           │いる政策について具体的に市長のお考えをお聞かせ下さい。  │      │
│2 自治基本条例制定に│ 2年あまりの自治基本条例制定作業は、35回に及ぶ市民ワーキ│      │
│ ついて       │ングチームの話し合いや複数回のワークショップを重ね、3月末│      │
│           │には骨子案が示される予定となっています。市民参加のもと進め│      │
│           │られてきている条例作りですが、現状と今後の進め方についてお│      │
│           │聞きします。                       │      │
│           │(1)策定委員会の開催予定と委員の構成はどのようになるのか│総務部長  │
│           │  お聞きします。                    │      │
│           │(2)12月議会で自治基本条例制定の必要性や効果について検証│総務部長  │
│           │  を行なうと答えていますが、これまでどのような検証を行な│      │
│           │  ったのかお聞かせください。              │      │
│           │(3)市長が自治基本条例制定をマニフェストに掲げたのはなぜ│市長    │
│           │  か、考えをお聞かせください。             │      │
│3 風車裁判と入札制度│ 住民訴訟で1月最高裁がつくば市の上告を棄却したため、当時│      │
│ 改善について    │の新エネルギー推進室長と元助役に賠償させるよう命じた二審判│      │
│           │決が確定しました。内容については、特殊な技術を要する工事に│      │
│           │経験の無い市内の電気工事者を携わらせるなど、重大な過失があ│      │
│           │ったこと、落札業者が一括下請負(丸投げ)を行なったことを認│      │
│           │め、これらにより市は約3,100万円の損害を被ったというもので │      │
│           │す。風車事件全体の市民の損害額は3億円を超えると思われま │      │
│           │す。談合事件や請負工事の欠陥ならば、施設などは残り市民の財│      │
│           │産となりますが、本件は一切市民の財産としては残らず、負担だ│      │
│           │けを押し付けられました。つくば市の職員の不祥事を市民が税金│      │
│           │で補填するのは、全く不合理です。この結果と、今後の入札制度│      │
│           │改善について以下の質問にお答えください。         │      │
│           │(1)早稲田大学との裁判、住民訴訟の結果を受け、風車事業全│市長    │
│           │  体の総括、改善点について市長の考えをお聞かせください。│      │
│           │  また市民への説明はどのように行なうのかお聞かせくださ │      │
│           │  い。                         │      │
│           │(2)丸投げの調査、罰則は茨城県が法律により行うこととされ│環境生活部長│
│           │  ていますが、つくば市は、証拠(判決文や関係業者名など)│      │
│           │  を添えて、県に調査を速やかに求めるべきと考えます。市長│      │
│           │  が報告しない場合、市民が報告できることになっています。│      │
│           │  市長が報告すべきと考えますが、いかがでしょうか。   │      │
│           │(3)市は、総額3億円の風車設備工事において当時3,000万円 │市長    │
│           │  以上の電気工事は一般競争入札にすべきでしたが、地域経済│      │
│           │  の活性化を目的に工事を分割し、5共同企業体を指名競争入│      │
│           │  札で選び発注しました。しかし全ての受注企業体は特殊技術│      │
│           │  を持っておらず、風車設置の経験がある電気事業者に一括下│      │
│           │  請負を行ったという経緯が、裁判結果で確定しました。今後│      │
│           │  このようなことが起こらないよう議会では、条件付一般競争│      │
│           │  入札の全面導入を決議しましたが、未だ実現されていません│      │
│           │  。判決結果を受け、一般競争入札の早急な導入が必要だと考│      │
│           │  えますが、市長の考えをお聞かせください。       │      │
│           │(4)風車の撤去作業の進め方、費用をお聞かせください。  │環境生活部長│
│4 防災対策について │ 3.11の大震災から1年が経過しましたが、復興課題は山積し、│環境生活部長│
│           │福島第1原発事故についても不安定な状況が続いています。国で│      │
│           │は大震災の検証が始まろうとしていますが、具体的な検証方法は│      │
│           │明らかになっていません。しかし基礎自治体は常に最前線で市民│      │
│           │の安全を確保せねばならず、大きな責任を負っています。市の防│      │
│           │災対策についてお聞きします。               │      │
│           │(1)大震災、原発事故をうけ、どのような検証を行なってきた│      │
│           │  のか、現状の課題はどのようなことかお聞かせください。 │      │
│           │(2)活動要領マニュアル見直しの進捗状況をお聞かせくださ │      │
│           │  い。                         │      │
│           │(3)放射線対策はどのように考えていますか。お聞かせくださ│      │
│           │  い。                         │      │
│5 つくば環境スタイル│ つくば環境スタイル行動計画2010年の報告では、3R・ゴミ削│教育委員会事│
│ 行動計画について  │減について「ゴミ減量化プロセスを発生抑制、飼料化、堆肥化、│務局長   │
│           │燃料化として各段階で減量化をはかり、学校給食の残飯処理から│      │
│           │モデル的に発展させる」とし、小田小、松代小を食べ残しゼロモ│      │
│           │デル校に指定し残渣調査を行っています。2011年方針は「調査と│      │
│           │ともに食べ残しの減量化をはかる」となっています。     │      │
│           │(1)残渣調査、減量化の進捗状況をお聞かせください。   │      │
│           │(2)今後の推進計画についてお聞かせください。      │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  24番   須 藤 光 明 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 平成24年度当初予算│(1)厳しい経済状況の中では、特色のある自治体経営が望まれ│市長    │
│ について      │  ますが、平成24年度当初予算の編成において主眼を置いた事│      │
│           │  業について伺います。                 │      │
│           │(2)一般会計予算の中で市税が構成比59.8%でありますが、予│      │
│           │  算編成上市政に対する所感をお聞かせ下さい。      │      │
│2 都市計画について │(1)つくば国際戦略総合特区を活用し、市街化調整区域の土地│国際戦略総合│
│           │  を利用して企業誘致をすることについて考えを伺います。 │特区推進室長│
│           │(2)つくば市総合運動公園の現状について考えを伺います。 │市民部長  │
│           │  総合特区制度は政府の特例支援措置に加えて、地方自治体の│      │
│           │  独自措置等が認められますので、国際基準をクリア出来る施│      │
│           │  設をと考えますが如何ですか。             │      │
│3 環境行政について │ 下水道未整備地区における合併浄化槽利用者の法定検査料の一│環境生活部長│
│           │部助成について伺います。                 │      │
│4 農業行政について │ つくば芝の販売戦略について伺います。          │経済部長  │
│           │ つくば市は日本一の芝の生産地ですが、福島原発被害により、│      │
│           │風評被害で販売が難しい状況です。市長を中心に茨城県つくば芝│      │
│           │生協議会、業者による協同事業組合が一同に東京電力株式会社に│      │
│           │損害賠償をお願いし、放射能除染を実施した圃場に賠償金を頂け│      │
│           │ることが出来ました。今後、風評被害の影響が続くと思いますが│      │
│           │市の考えを伺います。                   │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  2番   山 本 美 和 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 女性の視点からの防│ 東日本大震災から1年が経とうとしています。被災地では本格│      │
│ 災対策について   │的な復旧・復興が急がれる一方、全国各地では今回の震災の教訓│      │
│           │を踏まえ、既存の防災対策の見直しが活発化しています。   │      │
│           │ 国の災害対策の根幹をなす防災基本計画には、2005年に「女性│      │
│           │の参画・男女双方の視点」が初めて盛り込まれ、2008年には「政│      │
│           │策決定過程における女性の参加」が明記されました。     │      │
│           │ 女性は地域に人脈を築き、地域のことをよく知っています。介│      │
│           │護や子育てといった具体的な経験を通じて、子どもや高齢者、生│      │
│           │活者の視点を持っています。こうした女性たちが災害時の担い手│      │
│           │として、その力が発揮できるような仕組みが必要です。    │      │
│           │ そこで、女性の視点からの防災対策について、市の考えを伺い│      │
│           │ます。                          │      │
│           │(1)女性の意見を普段から防災対策にしっかりと反映できるよ│市長    │
│           │  うにすべきではないでしょうか。女性の意見を積極的に地域│環境生活部長│
│           │  防災計画に反映させるような仕組みについて       │      │
│           │(2)避難所運営に女性または、女性職員を配置するように事前│環境生活部長│
│           │  に決めておくべきではないでしょうか。         │      │
│           │(3)災害時の後方支援や高齢者宅訪問等のきめ細やかな支援を│消防長   │
│           │  実現するため女性消防団員を積極的に登用すべきではないで│      │
│           │  しょうか。                      │      │
│           │(4)避難所運営訓練(HUG等)を取り入れ、地域と連携した│環境生活部長│
│           │  (災害時要援護者の参加を含む)防災訓練をもっと積極的に│      │
│           │  実施すべきではないでしょうか。            │      │
│           │(5)災害時の緊急物資の中に、女性や子ども、高齢者、障がい│環境生活部長│
│           │  者に配慮した物資が備蓄されているでしょうか。     │      │
│           │(6)被災者支援システムを活用し、災害時要援護者リストを作│環境生活部長│
│           │  成・活用すべきではないでしょうか。          │      │
│           │(7)防災教育を充実させ、災害時の地域の窓口となる各小中学│教育長   │
│           │  校に防災担当職員を配置すべきではないでしょうか。   │環境生活部長│
│           │(8)広報・告知体制は、女性や子ども、高齢者、障がい者に配│環境生活部長│
│           │  慮した検討がなされているでしょうか。         │      │
│2 地域を支える情報拠│ 市民にとっての「教育環境」である図書館には、地域の課題解│教育長   │
│ 点としての図書館のあ│決を支援し、地域の発展を支える情報拠点であることを認識し、│教育委員会事│
│ り方について    │図書館行政の一層の充実と推進を図ることが求められています。│務局長   │
│           │教育日本一を掲げるつくば市としての図書館のあり方、図書館環│      │
│           │境の整備について市の考えを伺います。           │      │
│           │(1)つくば市立図書館の望ましい基準を策定すべきではないで│      │
│           │  しょうか。                      │      │
│           │(2)各小中学校、地域交流センター、生涯学習課、大学、各研│      │
│           │  究機関等との連携については、具体的に中央図書館に図書館│      │
│           │  支援センター的な役割を与えるなど、明確にすべきではない│      │
│           │  でしょうか。                     │      │
│           │(3)図書資源共有ネットワークの構築について推進すべきでは│      │
│           │  ないでしょうか。                   │      │
│           │  ア 学校図書館                    │      │
│           │  イ 地域交流センター図書室              │      │
│           │(4)学校図書館の活性化を更に推進すべきではないでしょう │      │
│           │  か。                         │      │
│           │(5)電子図書館の導入について早急に検討をすべきではないで│      │
│           │  しょうか。                      │      │
│3 子育て総合支援セン│ 東日本大震災の被災の中、子育て総合支援センターがオープン│保健福祉部長│
│ ターについて    │してまもなく1年になります。               │      │
│           │ 子育ての不安の軽減・解消を図るため、全市的な子育て支援に│      │
│           │向けたネットワーク構築の要として設置された支援センターの現│      │
│           │状と課題について伺います。                │      │
│           │(1)市内における子育て・子育ち関連情報の収集・活用につい│      │
│           │  て                          │      │
│           │(2)いつでもだれでもすぐにわかるような情報提供、子育て支│      │
│           │  援を考えたり、かかわったりするきっかけとなる情報提供に│      │
│           │  ついて(子育て支援のワンストップサービス)      │      │
│           │(3)子育て支援者の育成について             │      │
│           │(4)子育て・子ども相談総合窓口としての役割について   │      │
│           │(5)地域や子育て支援団体とのコーディネートの役割について│      │
│           │(6)研究学園地区における子育て支援拠点の整備について  │      │
│4 各種予防ワクチンに│(1)国の「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業」の延長が│保健福祉部長│
│ ついて       │  決まりましたが、つくば市の現状と対応について伺います。│      │
│           │  ア・子宮頸がん予防ワクチン              │      │
│           │   ・ヒブワクチン                   │      │
│           │   ・小児用肺炎球菌ワクチン              │      │
│           │ 3種の対象者数と費用、市独自の対応状況について     │      │
│           │  イ 対象者への告知・広報の方法について        │      │
│           │(2)子宮頸がん予防ワクチン薬の「サーバリックス」と昨秋承│      │
│           │  認された「ガーダシル」の2種類の告知についての考え  │      │
│           │(3)ポリオワクチンの「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の│      │
│           │  切り換え、選択についての考え             │      │
│           │(4)高齢者への肺炎球菌ワクチンの公費助成に対する検討につ│      │
│           │  いて                         │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘

                  7番   五十嵐 立 青 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 Facebookに│ ソーシャルメディアの活用については23年3月議会の社会起業│      │
│ よるオープンガバメン│家の広報支援の文脈、6月議会での地域コミュニティ形成のため│      │
│ トへ向けて     │の提示、9月議会ではFacebookの決済機能を含めたまち│      │
│           │づくり・観光面での利用としての提案と繰り返し行ってきた。つ│      │
│           │くば市市民活動の広場がFacebook上で形成されたことを│      │
│           │評価し、今議会では次のステップについての提案を行う。   │      │
│           │ 従来のインターネットにおける匿名性とは逆に、名前、居住地│      │
│           │、経歴、顔写真といったことが実名制をベースにFaceboo│      │
│           │kはユーザー数を増やしており、全世界で8.5億人を超え、日々 │      │
│           │増加を続けている。ネットコミュニティで見られたような誹謗中│      │
│           │傷、根拠ない批判というものが生まれにくいネットワークである│      │
│           │Facebookは、行政との親和性も高い。顔が見える市民と│      │
│           │の直接的なコミュニケーション構築を可能にすることは、市民満│      │
│           │足度向上にも寄与すると同時に、オープンガバメントへの動きを│      │
│           │加速させるものである。そのような背景を踏まえて      │      │
│           │(1)オープンガバメントへ向けた市長の考え        │市長    │
│           │(2)つくば市役所公式HPのFacebookページ開設  │企画部長  │
│           │(3)地域産品を扱うF&B良品の開設           │経済部長  │
│           │(4)市役所へのFacebook上での寄付を可能にするシス│企画部長  │
│           │  テム構築                       │      │
│           │について伺う。                      │      │
│2 世界のリーダー育成│ リーダー育成は組織の成長、まちの発展、社会の変化、全てに│      │
│ 拠点として     │おいて最重要なテーマである。これまでの議会では      │      │
│           │・次代を担うこどもたちに対して:スクールボランティア制度 │      │
│           │(17年6月議会、以後複数回)、つくばにおける理科教育・科学│      │
│           │人材のロードマップ(平成21年6月議会)          │      │
│           │・市民・若者に対して:地元密着長期実践型インターンシップ │      │
│           │(17年3月議会)、社会起業家育成(23年3月議会)、学生起業│      │
│           │都市(23年12月議会)                   │      │
│           │・市役所職員に対して:職員の政策提案制度とそれに合わせた人│      │
│           │事異動システム(21年3月議会)、民間企業との人事交流(21年│      │
│           │6月議会)                        │      │
│           │といった形で提案してきた。大学生によるチューター制度の全学│      │
│           │校への広がりによる子どもへの新しい成長機会提供、市内企業と│      │
│           │のコンソーシアム設立によるインターンシップ実施、インテル社│      │
│           │との人事交流による組織内外へのインパクトと連携推進等歓迎す│      │
│           │べき成果が見られる。今議会ではこのような議論を踏まえて  │      │
│           │Co−Create Tsukubaから生まれた提案を行う。│      │
│           │ つくばはイノベーションを生み出すまちであると同時に、社会│      │
│           │に求められるリーダーを生み出すまちとしての可能性を秘める。│      │
│           │リーダーをつくば市全体が育てることを目指し、そのためのリー│      │
│           │ダーシップ開発を進めていくことを政策アプローチとして進める│      │
│           │ことで、世界都市としてのプレゼンス向上につなげていくことも│      │
│           │期待される。そのような背景のもと             │      │
│           │(1)市長が考えるリーダーシップの定義          │市長    │
│           │(2)国際戦略総合特区における目指す人材像とそのための取組│国際戦略総合│
│           │  み、想定される課題                  │特区推進室長│
│           │(3)つくばスタイル科における目指す人材像とそのための取組│教育長   │
│           │  み、想定される課題                  │      │
│           │(4)市役所職員としての目指す人材像とそのための取組み、現│市長    │
│           │  在の評価と今後の課題                 │      │
│           │について伺う。                      │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘


△質疑発言通告
  質 疑 発 言 通 告
                 12番   橋 本 佳 子 議員
┌───────┬───────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │          要         旨          │ 答 弁 者 │
├───────┼───────────────────────────────┼──────┤
│議案第 3号 │平成23年度つくば市一般会計補正予算              │保健福祉部長│
│       │P19 社会福祉協議会補助金減の理由              │      │
│       │P20 日常生活の援助に要する経費の減の理由と経済効果はどのくら│      │
│       │  いあるのか                        │      │
│       │P21 自立訓練等給付費・旧法施設支援給付費・特別対策給付費減の│      │
│       │  理由                           │      │
│議案第 5号 │平成23年度下水道事業特別会計補正予算             │上下水道部長│
│       │P58 一般会計繰入金・下水道事業基金繰入金の増・減の理由   │      │
│議案第10号 │平成24年度つくば市一般会計予算                │      │
│       │P92 災害救助に要する経費の算出の根拠            │保健福祉部長│
│       │P118 身近なみどり整備推進事業の内容             │経済部長  │
│議案第22号 │つくば市東日本大震災に伴い被災した住宅の復旧に要する資金の利子│保健福祉部長│
│       │補給に関する条例の一部を改正する条例について         │      │
│       │ 市が独自にはじめた事業との関係は              │      │
│議案第23号 │つくば市介護保険条例の一部を改正する条例について       │保健福祉部長│
│       │ 介護保険料の段階について                  │      │
│議案第24号 │つくば市産業活性化促進条例の一部を改正する条例について    │経済部長  │
│       │ 失効日を延長することの効果について             │      │
└───────┴───────────────────────────────┴──────┘
                  6番   田 中 サトエ  議員
┌───────┬───────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │          要         旨          │ 答 弁 者 │
├───────┼───────────────────────────────┼──────┤
│議案第 3号 │平成23年度つくば市一般会計補正予算              │財務部長  │
│       │P12 法人市民税増(50億6,160万円)の原因について       │      │
│       │   地方特別交付税増(20億円)の理由について        │      │
│議案第10号 │平成24年度つくば市一般会計予算                │      │
│       │(1)P11 市税の伸びの背景について             │財務部長  │
│       │(2)P12 市税の伸び率が4%に対し歳出合計が0.6%になってい │財務部長  │
│       │      るが、なぜか。                  │      │
│       │(3)P145 消防庁舎建設について               │消防長   │
│       │      ・現庁舎周辺の地元は合意しているのか。      │      │
│議案第27号 │つくば市立図書館条例の一部を改正する条例について       │教育委員会事│
│       │ 改正の理由について                     │務局長   │
└───────┴───────────────────────────────┴──────┘
                  9番   永 井 悦 子 議員
┌───────┬───────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │          要         旨          │ 答 弁 者 │
├───────┼───────────────────────────────┼──────┤
│議案第31号 │つくば市環境都市推進基金条例について             │環境生活部長│
│       │(1)設置理由をお聞かせ下さい                │      │
│       │(2)財源と財源の継続性についてお聞かせ下さい        │      │
└───────┴───────────────────────────────┴──────┘


△議案等審査付託表
 平成24年3月つくば市議会定例会議案等審査付託表
                                     (平成24年3月8日)
┌─────────┬───────┬────────────────────────────┐
│ 付 託 委 員 会 │ 議案等番号 │        案     件     名        │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│総務常任委員会  │議案第3号  │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第5号)関係部分  │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第10号  │平成24年度つくば市一般会計予算関係部分         │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第14号  │平成24年度つくば市作岡財産区特別会計予算        │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第15号  │平成24年度つくば市等公平委員会特別会計予算       │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第19号  │つくば市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関│
│         │       │する条例の一部を改正する条例について          │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第20号  │つくば市税条例の一部を改正する条例について       │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第21号  │つくば市危険物規制事務手数料条例の一部を改正する条例につ│
│         │       │いて                          │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第28号  │つくば市火災予防条例の一部を改正する条例について    │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第30号  │つくば市復興まちづくり基金条例について         │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │請願24第2号 │「社会保障と税の一体改革」による消費税の増税は行わないこ│
│         │       │とを求める意見書提出に関する請願            │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│文教福祉常任委員会│議案第3号  │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第5号)関係部分  │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第4号  │平成23年度つくば市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)│
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第6号  │平成23年度つくば市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)│
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第7号  │平成23年度つくば市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)│
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第8号  │平成23年度つくば市病院事業会計補正予算(第2号)    │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第10号  │平成24年度つくば市一般会計予算関係部分         │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第11号  │平成24年度つくば市国民健康保険特別会計予算       │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第13号  │平成24年度つくば市後期高齢者医療特別会計予算      │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第16号  │平成24年度つくば市介護保険事業特別会計予算       │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第17号  │平成24年度つくば市病院事業会計予算           │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第22号  │つくば市東日本大震災に伴い被災した住宅の復旧に要する資金│
│         │       │の利子補給に関する条例の一部を改正する条例について   │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第23号  │つくば市介護保険条例の一部を改正する条例について    │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第27号  │つくば市立図書館条例の一部を改正する条例について    │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │請願24第1号 │障害者総合福祉法(仮称)の制定を求める国への意見書につい│
│         │       │ての請願                        │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │請願24第3号 │介護保険料引き上げをやめる請願             │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│環境経済常任委員会│議案第3号  │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第5号)関係部分  │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第10号  │平成24年度つくば市一般会計予算関係部分         │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第24号  │つくば市産業活性化促進条例の一部を改正する条例について │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第29号  │つくば市スポーツ推進審議会条例について         │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第31号  │つくば市環境都市推進基金条例について          │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第32号  │つくば市墓地等の経営の許可等に関する条例について    │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第33号  │つくば市と茨城県信用保証協会との損失補償契約に基づく回収│
│         │       │返還金の返還を受ける権利の放棄に関する条例について   │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第34号  │つくば市環境保全基金条例を廃止する条例について     │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第35号  │字の区域及び名称の変更について             │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │請願24第4号 │「市民総合活動センター」(仮称)の設立を求める請願書  │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │請願24第5号 │「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進す│
│         │       │るための法律の制定を求める意見書」の採択を求める請願  │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│都市建設常任委員会│承認第1号  │専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第2号)│
│         │       │(工事請負契約の変更について)             │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第3号  │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第5号)関係部分  │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第5号  │平成23年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第4号) │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第9号  │平成23年度つくば市水道事業会計補正予算(第3号)    │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第10号  │平成24年度つくば市一般会計予算関係部分         │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第12号  │平成24年度つくば市下水道事業特別会計予算        │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第18号  │平成24年度つくば市水道事業会計予算           │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第25号  │つくば市の地区計画の区域内における建築物の制限に関する条│
│         │       │例の一部を改正する条例について             │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第26号  │つくば市市営住宅条例の一部を改正する条例について    │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第36号  │市道路線の廃止について                 │
│         ├───────┼────────────────────────────┤
│         │議案第37号  │市道路線の認定について                 │
└─────────┴───────┴────────────────────────────┘


△議案等審査追加付託表
 平成24年3月つくば市議会定例会議案等審査追加付託表
                                        (平成24年3月8日)
┌─────────┬───────┬────────────────────────────┐
│ 付 託 委 員 会 │ 議案等番号 │        案     件     名        │
├─────────┼───────┼────────────────────────────┤
│都市建設常任委員会│議案第38号  │つくば市建築関係手数料条例の一部を改正する条例について │
└─────────┴───────┴────────────────────────────┘


△請願文書表
 平成24年3月つくば市議会定例会
                   請 願 文 書 表
┌──┬────┬──────────┬───────────┬──┬─────┬────┐
│受理│    │          │ 提 出 者 の 住 所  │請願│ 紹介議員 │ 付 託 │
│  │受理月日│  件    名  │           │  │     │    │
│番号│    │          │ 氏       名 │要旨│ 氏  名 │ 委員会 │
├──┼────┼──────────┼───────────┼──┼─────┼────┤
│H24.│ 2.13│障害者総合福祉法(仮│つくば市*****  │別紙│橋本佳子 │文教福祉│
│ 1 │    │称)の制定を求める国│           │  │田中サトエ│    │
│  │    │への意見書についての│つくば市福祉団体等連絡│  │瀬戸裕美子│    │
│  │    │請願        │協議会        │  │永井悦子 │    │
│  │    │          │代表 *****   │  │五十嵐立青│    │
├──┼────┼──────────┼───────────┼──┼─────┼────┤
│ 2 │ 2.16│「社会保障と税の一体│つくば市****** │別紙│田中サトエ│総  務│
│  │    │改革」による消費税の│           │  │金子和雄 │    │
│  │    │増税は行わないことを│土浦民主商工会    │  │     │    │
│  │    │求める意見書提出に関│会長 *****   │  │     │    │
│  │    │する請願      │  外2団体      │  │     │    │
├──┼────┼──────────┼───────────┼──┼─────┼────┤
│ 3 │ 2.16│介護保険料引き上げを│つくば市****** │別紙│橋本佳子 │文教福祉│
│  │    │やめる請願     │           │  │田中サトエ│    │
│  │    │          │年金者組合つくば支部 │  │     │    │
│  │    │          │代表 *****   │  │     │    │
│  │    │          │ 外1団体      │  │     │    │
├──┼────┼──────────┼───────────┼──┼─────┼────┤
│ 4 │ 2.16│「市民総合活動センタ│つくば市*****  │別紙│金子和雄 │環境経済│
│  │    │ー」(仮称)の設立を│           │  │     │    │
│  │    │求める請願書    │ポコ・ア・ポコつくば │  │     │    │
│  │    │          │代表 *****   │  │     │    │
├──┼────┼──────────┼───────────┼──┼─────┼────┤
│ 5 │ 2.16│「容器包装リサイクル│つくば市****   │別紙│永井悦子 │環境経済│
│  │    │法を改正し、発生抑制│           │  │     │    │
│  │    │と再使用を促進するた│「容器包装リサイクル法│  │     │    │
│  │    │めの法律の制定を求め│を改正し、発生抑制と再│  │     │    │
│  │    │る意見書」の採択を求│使用を促進するための法│  │     │    │
│  │    │める請願      │律の制定を求める意見 │  │     │    │
│  │    │          │書」の採択を求める請願│  │     │    │
│  │    │          │実行委員会      │  │     │    │
│  │    │          │実行委員長 *****│  │     │    │
│  │    │          │  外407筆      │  │     │    │
└──┴────┴──────────┴───────────┴──┴─────┴────┘


△請願24第1号
請願24第1号
 平成24年2月13日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                              請願者 つくば市福祉団体等連絡協議会
                                  代表 *******
                                  住所 つくば市*****

                              紹介議員 橋 本 佳 子
                                   田 中 サトエ
                                   瀬 戸 裕美子
                                   永 井 悦 子
                                   五十嵐 立 青


         障害者総合福祉法(仮称)の制定を求める国への意見書についての請願

【趣旨】
 2009年9月、民主党を中心とする連立政権は「障害者自立支援法は廃止する」と言明しました。その後、2010年1月に国(厚生労働省)と障害者自立支援法違憲訴訟原告団・弁護団との間で締結した「基本合意文書」において「平成25年8月までに障害者自立支援法を廃止し新たな総合的な福祉法を実施する」と約束しました。
 そして2011年8月30日、内閣府に設置された障がい者制度改革推進会議・総合福祉法部会において「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」(以下、骨格提言)が取りまとめられました。
 2010年4月の同部会発足以来1年4か月、障害者、障害者の家族、事業者、学識経験者等55人の部会員による真摯な討議を経て、その総意を持ってこの骨格提言が取りまとめられたものです。
 その骨格提言では、2006年12月に国連が採択した「障害者権利条約」と2010年1月に国(厚生労働省)と障害者自立支援法違憲訴訟原告団・弁護団との間で結ばれた「基本合意文書」をベースとして、障害者自立支援法廃止後の総合福祉法がめざすものとして、障害のない市民との平等と公平、谷間や空白の解消、格差の是正等6つの点を掲げております。
 さらに総合福祉法の理念、目的において憲法等に基づく基本的人権の行使を支援することを確認し、支援の対象から排除されることのない障害(者)の範囲をはじめ、障害程度区分の廃止と新たな支給決定の仕組み、利用料負担における応益負担との決別や報酬制度の日額・月額払いの総合案が組み込まれました。また、地域活動支援センターを含む小規模作業所問題の解決に向けた方向性が、就労・日中活動支援体系の改編を通して示されました。さらに、地域生活の資源整備等の充実を求めています。
 この幅広い障害者・関係者の意見が反映された「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」に基づいて、「障害者総合福祉法」(仮称)が平成24年の通常国会において成立し制定されることは当つくば市の障害者に関する施策と暮らしの向上等につながるものです。
 以上の状況に鑑み、次の事項について請願します。

【請願項目】
1、国および国会に対して「障害者総合福祉法の骨格に関する総合福祉部会の提言」に基づき、新たな「障害者総合福祉法」(仮称)の制定を求める意見書を提出してください。


△請願24第2号
請願24第2号
 平成24年2月16日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                              請 願 者 土浦民主商工会
                                   会長 *******
                                   住所 つくば市******

                                   新日本婦人の会つくば支部
                                   代表 *******
                                   住所 つくば市******

                                   新しいつくばを創る市民の会
                                   代表 *******
                                   住所 つくば市******

                              紹介議員 田 中 サトエ
                                   金 子 和 雄


   「社会保障と税の一体改革」による消費税の増税は行わないことを求める意見書提出に関する請願

 各議員の皆様におかれましては、東日本大震災・原発事故からの復興支援、地域経済回復と住民の生活を守るため、昼夜を分かたぬご奮闘をいただいておられることに敬意を表します。
 長期化する不況の出口が見えないまま発生した東日本大震災により、国民の生活はますます困難な状況におかれています。こうした状況のなか、国民には税金が重い負担となってのしかかり、本県でも国税・地方税を問わず税金滞納と差押えが増加しています。
 政府は、「税と社会保障の一体改革」「震災復興財源」の両面から増税論議を行い、「10年代なかばまでに段階的に10%」まで引き上げるとの方針にもとづき、消費税増税法案を、今通常国会に提出するかまえです。
 しかしながら、消費税はもともと低所得者ほど負担が重い逆進性の強い税金であり、この不況下で消費税増税を行なえば庶民の生活を直撃し、さらなる景気低迷という悪循環をもたらします。また、生活再建のため住宅建設や家財道具の購入が必要な被災者には最も厳しい税金です。
 日本商工会議所など経済4団体の実態調査でも、小規模企業の7割が消費税を転嫁できないと回答されているように、消費税は地域の中小業者にとって価格に転嫁することが困難で、少なからず自腹を切って納税するという実態があります。消費税増税が行なわれれば、中小事業者の経営をさらに困難なものとし、そこに勤める方々の賃金抑制と雇用不安にもつながり、地域経済に深刻な打撃を与えます。
 もともと消費税は「高齢化社会を支えるため」「福祉の財源にする」という説明で導入されましたが、年金保険料の大幅値上げ、支給開始年齢の引き上げ、医療費の負担増など、その後の経過を見れば明らかなように福祉は年々悪くなる一方です。また、財政再建という点でも、国と地方の債務残高は900兆円を超えるところまで悪化し、消費税が国家財産に貢献しないことは明らかです。また、消費税が増税されれば、1997年、3パーセントから5パーセントへの消費税増税で、好転していた日本経済が大きな不況に陥ったように、国民の消費は落ち込み、地域経済は大きな打撃を受けるのは必須といえます。今後の少子高齢化社会を踏まえ、社会保障財源の確保及び国の財政を再建するには、税金の使い方を改革し、不要不急の予算を削減するなど、税金の使い道を福祉と国民の暮らし優先に変えていくことが必要です。
 財政再建、震災復興の財源としては、消費税導入以来、数次にわたって引き下げられた法人税、所得税などの税率を導入当時の水準まで担税力のある大企業、高額所得者、資産家に応分の負担を求めること、不要不急の公共事業の見直し、米軍への思いやり予算、政治家が分け取りする政党助成金など税金の無駄遣いを見直すことで充てるべきだと考えます。
 よって、つくば市議会におかれましても、庶民の生活、地域経済に深刻な打撃を与える安易な消費税増税に強く抗議する意見書の採択・送付をお願いさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


△請願24第3号
請願24第3号
 平成24年2月16日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                              請 願 者 年金者組合つくば支部
                                   代表 *******
                                   住所 つくば市******

                                   つくば生活と健康を守る会
                                   代表 *******
                                   住所 つくば市****

                              紹介議員 橋 本 佳 子
                                   田 中 サトエ


                  介護保険料引き上げをやめる請願

 つくば市は、来年度から始まる第5期介護保険計画で、第1号被保険者(65歳以上)の介護保険料を、現在の基準年額49,500円から58,200円へと引き上げて、8,700円(17.5%)の大幅アップとすることを決め、市議会に条例改正案を提出しました。
 年金引き下げが予定され、後期高齢者医療保険料も値上げが予想されます。
 さらに介護保険料の大幅引き上げは、高齢者の生活破壊につながります。
 そもそも介護保険制度は、国の負担が2割という低率にされ、高齢者に負担がしわ寄せされる構造になっています。国の負担率をあげさせることが必要です。当面の打開策として?財政安定化基金の国と県分のとりくずしと市町村への支給を要求すること。?介護給付費準備基金の全額取り崩しと一般会計からの繰り入れの増額をすること。これらの措置により、介護保険料の引き上げの条例改正はおこなわないよう請願するものです。

請願項目
1.介護保険料の値上げをやめること。


△請願24第4号
請願24第4号
 平成24年2月16日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                              請 願 者 ポコ・ア・ポコつくば
                                   代表 *******
                                   住所 つくば市*****

                              紹介議員 金 子 和 雄


            「市民総合活動センター」(仮称)の設立を求める請願書

〈請願趣旨〉
 つくば市は、行政と市民との「協働」によるまちづくりを市政の中心に掲げ、地域コミュニティーの活性化を図ることを表明しています。そのため、「市民協働ガイドライン」を策定、現在は市民協働による「つくば市自治基本条例」制定に向けて討議を進めているとのことです。2011年4月からは、市内17の公民館を「つくば市地域交流センター」に転換、従来の生涯学習活動に加えて「市民協働」による地域内交流・世代間交流活動を活性化し、地域力の向上を目指すとの方針を明らかにしました。
 TXの開通で新たな住民が参入、つくば市の人口は20万人を超えました。市民が自律的に活動を進め、多様な市民団体が独自の活動を行いつつ、他の市民団体との交流を深めることがつくば市全体としての「地域力」を向上する上で重要だと思われます。そのためには各地域の交流センターや各種市民団体の活動を活性化するとともに、これらのセンターや団体を横断的につなぐ「活動拠点」が必要です。つくば市の「地域交流センター基本計画」の中でも、「産学官民」の力を結集した活動のための施設の必要性が謳われていますが、これはまさに「活動拠点」の役割と言えるでしょう。
 現在、つくば市には「活動拠点」といえるものは「市民活動センター」1つだけです。しかし、「市民活動センター」には独立した会議室はなく、作業スペースも狭く、パソコンは2台しかありません。
 国際都市つくば、といわれながら外国人が相談したり、日本語や日本文化を学んだり、ともに楽しみ、あるいは気軽に市民と交流する場はありません。
 県内の多くの市が設置している「男女共同参画センター」(仮称)もありません。つくば市は、その総合計画の中でも、男女共同参画基本条例、同行動計画(アップルプログラム)でも、センターの設置を公式に約束していますが、いまだ実現への動きは見られません。
 以上のことから、私たちは、市民活動センター、国際交流センター(仮称)、男女共同参画センター(仮称)の3つの活動ができるよう、「市民総合活動センター」(仮称)の設立を要望します。場所は、多くの人が利用できるよう、つくばセンタービルかその周辺を要望いたします。

〈請願項目〉
 つくば市中心部に「市民総合活動センター」(仮称)を設立すること。


△請願24第5号
請願24第5号
 平成24年2月16日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                       請 願 者 「容器包装リサイクル法を改正し,発生抑制と
                            再使用を促進するための法律の制定を求める
                            意見書」の採決を求める請願実行委員会
                            実行委員長 *******
                            住   所 つくば市****

                       紹介議員 永 井 悦 子


         「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための
              法律の制定を求める意見書」の採択を求める請願

〇請願趣旨
 国に対して以下の内容を求める「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書」を提出してください。

 1.容器包装リサイクル法の役割分担を見直し、分別収集・選別保管の費用を製品の価格に内部化する。
 2.リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)を促進するため、次のような様々な制度を法制化する。
   ?レジ袋など使い捨て容器の無料配布を禁止し、リユース容器の普及を促す。
   ?リサイクルできる分別収集袋やクリーニング袋等も、容器包装リサイクル法の対象に加える。
 3.製品プラスチックのリサイクルを進める仕組みを新たに法制度化する。

〇請願事項
 容器包装リサイクル法(「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」)は、1995年に容器包装ごみをリサイクルするために制定されました。その後、法附則第三条に基づいて、2006年に一部改正されたのですが、衆議院環境委員会で19項目、参議院環境委員会で11項目もの附帯決議が採択されたことに示されるなど、多くの課題を抱えたままの成立となりました。このため、ごみ排出量は“高止まり”のまま、環境によいリユース容器が激減し、リサイクルに適さない塩素系容器包装が未だに使われているのが実態です。
 根本的な問題は、自治体が税金で容器包装を分別収集しているため、リサイクルに必要な総費用のうち約9割が製品価格に内部化されていないことにあります。このため、容器包装を選択する事業者には、真剣に発生抑制や環境配慮設計に取組もうとするインセンティブ(誘因)が働かず、ごみを減らそうと努力している市民には、負担のあり方についての不公平感が高まっているのです。
 今日、地球温暖化防止の観点からも、資源の無駄遣いによる環境負荷を減らすことが求められています。諸外国の先進的な取組みでは、「ホテル等での使い捨て用品の無償提供禁止」や「ペットボトル入の飲料水の調達を禁止」する自治体が登場しています。
 我が国においても、一日も早く持続可能な社会へ転換するため、上記の事項について請願致します。

 地方自治法第99条の規定に基づき、国へ意見書を提出していただきたく請願します。


△陳情文書表
 平成24年3月つくば市議会定例会
                   陳 情 文 書 表
┌──┬────┬───────────────┬─────────────┬────────┐
│受理│    │               │    提出者の住所    │        │
│  │受理月日│    件     名    │             │  陳 情 趣 旨 │
│番号│    │               │   氏     名   │        │
├──┼────┼───────────────┼─────────────┼────────┤
│H24.│ 2.15│東海第2原子力発電所の再稼働を│土浦市*****     │  別  紙  │
│ 1 │    │認めず、廃炉を求める意見書の提│茨城県母親大会連絡会   │        │
│  │    │出を請願します        │会長 *****     │        │
└──┴────┴───────────────┴─────────────┴────────┘
 ──────────────────────────────────────────────────
△陳情24第1号
陳情24第1号
 平成24年2月13日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                             陳 情 者 茨城県母親大会連絡会
                                  会長 *******
                                  住所 土浦市*****

       東海第2原子力発電所の再稼働を認めず、廃炉を求める意見書の提出を請願します

 平成23年3月11日、東日本大震災を契機に起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故は、これまで言われてきた安全神話の欺瞞性を誰の目にも明らかにしました。茨城県のほとんど全域が福島原発に由来する放射性物質の汚染地帯となりました。とくに県南地域にはホットスポットと呼ばれる高度汚染地域が点在し、子どもを持つ母親や妊産婦に計り知れない不安を与えています。チェルノブイリ原発事故は、子どもへの被曝がいかに深刻であるかを明白に示しているからです。
 福島原発事故から10カ月を経た今になってもまだ、完全に収束しているわけではなく、放射能は毎日、空へ、海へ、地下へと放出され続けています。しかも、たとえこのまま安定したとしても、事故処理を終え、完全に廃炉とするまでには40年以上の歳月が必要だと東京電力が公表しています。政府は、現実に起きうる事故対策として、新たに原発から30キロ圏内での住民避難計画の策定を、さらに50キロ圏内の市町村には放射性ヨウ素対策の確立を指示しました。
 茨城県には東海村に日本原子力発電会社による東海原子力発電所が存在し、その2号機が、建設から33年と老朽化しているにも拘わらず操業を続けてきました。今回の震災では、福島第一原発と同じく、地震と津波に見舞われて外部電源は切れ、非常用電源も被害を受けました。破損しなかった、ただ1台の非常電源で冷却を続け、3日半後にようやく冷温停止となるという、まさに間一髪の危機的状況であったと言われています。現在はそのまま定期点検に入り、地震で被害を受けたタービン損傷の修理、新たな安全対策の追加工事が進められています。
 今回の事故で政府の原子力安全委員会は、原発事故時の立ち入り禁止区域を30キロ圏内に広げることにしました。茨城県東海原発の場合、30キロ圏には100万人、20キロ圏内でも75万人が生活しています。国内の原発の中で、最も人口稠密地帯を抱える東海原発です。首都圏までわずか120キロしかありません。この東海原発にこれ以上の操業を認めることはできません。
 以上のことから、地方自治法第99条の規定に基づき、東海第2原子力発電所の再稼働を認めず廃炉を求める意見書を貴議会で採択していただき、内閣総理大臣ほか関係大臣、衆参議長並びに茨城県知事に対して提出していただきますよう請願いたします。

 請 願 事 項

1.東海第2原子力発電所の再稼働を認めないこと。
1.東海第2原子力発電所の廃炉を事業者に求めること。
1.廃炉に伴う雇用、周辺自治体、周辺経済などへの影響に十分な配慮をすること。
1.茨城県の原子力災害対策を見直し、30キロ圏内100万人県民の安全対策や避難計画、また新たな50キロ圏内の原子力災害計画を策定すること。


△閉会中の継続審査申出書
 平成24年3月9日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                                      文教福祉常任委員長
                                         古 山 和 一
                                          (公印省略)

                   閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、委員会条例第36条の規定により申し出ます。

                        記

1 事  件
   請願24第1号 障害者総合福祉法(仮称)の制定を求める国への意見書についての請願


2 理  由
   精査が必要なため



                                      平成24年3月9日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                                      総務常任委員長
                                         安 井   茂
                                          (公印省略)

                    閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものとしたから、委員会条例第36条の規定により申し出ます。

                        記
1 事  件
   請願24第2号 「社会保障と税の一体改革」による消費税の増税は行わないことを求める意見書提出に関する請願


2 理  由
   精査が必要なため


                                      平成24年3月12日
つくば市議会議長
    飯 岡 宏 之 様

                                      環境経済常任委員長
                                         大久保 勝 弘
                                          (公印省略)

                    閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものとしたから、つくば市議会委員会条例第36条の規定により申し出ます。

                        記

1 事  件
   請願24第4号 「市民総合活動センター」(仮称)の設立を求める請願書


2 理  由
   精査が必要なため


△各常任委員会議案等審査結果一覧表
 各常任委員会議案等審査結果一覧表
               (平成24年3月つくば市議会定例会)
┌─────┬────────────────────────────┬─────┬────┐
│議案等番号│      案      件      名       │付託委員会│審査結果│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│承認第1号│専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第2号)│ 都市建設 │承  認│
│     │(工事請負契約の変更について)             │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│     │                            │ 総  務 │原案可決│
│     │                            ├─────┼────┤
│     │                            │ 文教福祉 │原案可決│
│議案第3号│平成23年度つくば市一般会計補正予算(第5号)      ├─────┼────┤
│     │                            │ 環境経済 │原案可決│
│     │                            ├─────┼────┤
│     │                            │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第4号│平成23年度つくば市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)│ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第5号│平成23年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第4号) │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第6号│平成23年度つくば市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2 │ 文教福祉 │原案可決│
│     │号)                          │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第7号│平成23年度つくば市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)│ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第8号│平成23年度つくば市病院事業会計補正予算(第2号)    │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第9号│平成23年度つくば市水道事業会計補正予算(第3号)    │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│     │                            │ 総  務 │原案可決│
│     │                            ├─────┼────┤
│     │                            │ 文教福祉 │原案可決│
│議案第10号│平成24年度つくば市一般会計予算             ├─────┼────┤
│     │                            │ 環境経済 │原案可決│
│     │                            ├─────┼────┤
│     │                            │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第11号│平成24年度つくば市国民健康保険特別会計予算       │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第12号│平成24年度つくば市下水道事業特別会計予算        │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第13号│平成24年度つくば市後期高齢者医療特別会計予算      │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第14号│平成24年度つくば市作岡財産区特別会計予算        │ 総  務 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第15号│平成24年度つくば市等公平委員会特別会計予算       │ 総  務 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第16号│平成24年度つくば市介護保険事業特別会計予算       │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第17号│平成24年度つくば市病院事業会計予算           │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第18号│平成24年度つくば市水道事業会計予算           │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第19号│つくば市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に │ 総  務 │原案可決│
│     │関する条例の一部を改正する条例について         │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第20号│つくば市税条例の一部を改正する条例について       │ 総  務 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第21号│つくば市危険物規制事務手数料条例の一部を改正する条例に │ 総  務 │原案可決│
│     │ついて                         │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第22号│つくば市東日本大震災に伴い被災した住宅の復旧に要する資 │ 文教福祉 │原案可決│
│     │金の利子補給に関する条例の一部を改正する条例について  │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第23号│つくば市介護保険条例の一部を改正する条例について    │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第24号│つくば市産業活性化促進条例の一部を改正する条例について │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第25号│つくば市の地区計画の区域内における建築物の制限に関する │ 都市建設 │原案可決│
│     │条例の一部を改正する条例について            │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第26号│つくば市市営住宅条例の一部を改正する条例について    │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第27号│つくば市立図書館条例の一部を改正する条例について    │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第28号│つくば市火災予防条例の一部を改正する条例について    │ 総  務 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第29号│つくば市スポーツ推進審議会条例について         │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第30号│つくば市復興まちづくり基金条例について         │ 総  務 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第31号│つくば市環境都市推進基金条例について          │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第32号│つくば市墓地等の経営の許可等に関する条例について    │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第33号│つくば市と茨城県信用保証協会との損失補償契約に基づく回 │ 環境経済 │原案可決│
│     │収返還金の返還を受ける権利の放棄に関する条例について  │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第34号│つくば市環境保全基金条例を廃止する条例について     │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第35号│字の区域及び名称の変更について             │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第36号│市道路線の廃止について                 │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第37号│市道路線の認定について                 │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第38号│つくば市建築関係手数料条例の一部を改正する条例について │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 23│東海第二原子力発電所の再稼働を認めず、廃炉を求める意見書│ 環境経済 │採  択│
│第 16 号│提出する請願書                     │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 23│「東海第2原発の廃炉を求める意見書」採択を求める請願書 │ 環境経済 │採  択│
│第 18 号│                            │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 24│介護保険料引き上げをやめる請願             │ 文教福祉 │不 採 択│
│第 3 号│                            │     │    │
├─────┼────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 24│「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進す│ 環境経済 │採  択│
│第 5 号│るための法律の制定を求める意見書」の採択を求める請願  │     │    │
└─────┴────────────────────────────┴─────┴────┘


△意見書案第1号
意見書案第1号

 東海第二原子力発電所の廃炉を求める意見書

 上記の意見書案を次のとおり提出します。

  平成24年3月15日

                            提出者 つくば市議会議員 大久保 勝 弘
                            賛成者 つくば市議会議員 浜 中 勝 美
                                    〃     五十嵐 立 青
                                    〃     瀬 戸 裕美子
                                    〃     高 野   進
                                    〃     矢 口 一 雄
 ──────────────────────────────────────────────────
               東海第二原子力発電所の廃炉を求める意見書

 福島第一原子力発電所の事故は、避難住民をはじめ農・漁業など多方面に甚大な被害を及ぼし、原発の危険性を国民の前に明らかにしました。原発で過酷事故は起きないという「安全神話」は崩れました。
 東海村にある東海第二原子力発電所では、3月11日の東北地方太平洋沖地震により、原子炉が自動停止しました。その後2日間外部からの電源を失い、非常用ディーゼル発電機3台のうち1台は津波の影響で動きませんでした。6.1mの防護壁に5.4mの津波が押し寄せたのです。もし、津波があと少し高かったら、電源をすべて失い、福島第一原子力発電所と同じような深刻な事態になるところでした。
 福島第一原子力発電所から半径20km圏内は警戒区域(立ち入り禁止)とされ、住民は避難生活を余儀なくされています。東海第二原子力発電所から20km圏内には福島の10倍の71万人が暮らしており、国内一の人口密集地です。茨城県庁もこの中に含まれます。
 東海第二原子力発電所は運転開始から32年が経過し、老朽化によるトラブルも頻繁におきています。
 以上をふまえて、下記の事項について強く求めます。

                        記

1 東海第二原子力発電所の定期点検中の調整運転の自粛を事業者に求めること。
2 住民合意のないままに東海第二原子力発電所の再稼働を認めないこと。
3 東海第二原子力発電所の廃炉を国と事業者に求めること。
4 廃炉に伴う事業所、周辺自治体、周辺経済などへの影響に十分な配慮をすること。
5 茨城県の原子力災害対策を見直し、30キロ圏内100万人県民の安全対策や避難計画、また新たな50キロ圏内を策定すること。

以上、地方自治法第99条の規定により提出します。

 平成24年3月15日
                                    つ く ば 市 議 会
(提出先)
  衆議院議長 様
  参議院議長 様
  内閣総理大臣 様
  経済産業大臣 様
  環境大臣 様
  茨城県知事 様


△意見書案第2号
意見書案第2号

 容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書

上記の意見書案を次のとおり提出します。

 平成24年3月15日

                           提出者 環境経済常任委員長 大久保 勝 弘
 ──────────────────────────────────────────────────
    容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための法律の制定を求める意見書

 容器包装リサイクル法(「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」)は、1995年に容器包装ごみをリサイクルするために制定されました。その後、法附則第三条に基づいて、2006年に一部改正されたのですが、衆議院環境委員会で19項目、参議院環境委員会で11項目もの附帯決議が採択されたことに示されるなど、多くの課題を抱えたままの成立となりました。
 このため、ごみ排出量は“高止まり”のまま、環境によいリユース容器が激減し、リサイクルに適さない塩素系容器包装が未だに使われているのが実態です。
 根本的な問題は、自治体が税金で容器包装を分別収集しているため、リサイクルに必要な総費用のうち約9割が製品価格に内部化されていないことにあります。このため、容器包装を選択する事業者には、真剣に発生抑制や環境配慮設計に取組もうとするインセンティブ(誘因)が働かず、ごみを減らそうと努力している市民には、負担のあり方についての不公平感が高まっているのです。
 今日、地球温暖化防止の観点からも、資源の無駄遣いによる環境負荷を減らすことが求められています。諸外国の先進的な取組みでは、「ホテル等での使い捨て用品の無償提供禁止」や「ペットボトル入の飲料水の調達を禁止」する自治体が登場しています。
 我が国においても、一日も早く持続可能な社会へ転換するため、以下の事項について強く要望します。

1 容器包装リサイクル法の役割分担を見直し、分別収集・選別保管の費用を製品の価格に内部化する。
2 リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)を促進するため、次のような様々な制度を法制化する。
 (1)レジ袋など使い捨て容器の無料配布を禁止し、リユース容器の普及を促す。
 (2)リサイクルできる分別収集袋やクリーニング袋等も、容器包装リサイクル法の対象に加える。
3 製品プラスチックのリサイクルを進める仕組みを新たに法制度化する。

以上、地方自治法第99条の規定により提出する。

 平成24年3月15日
                                    つ く ば 市 議 会
(提出先)
  衆議院議長 様
  参議院議長 様
  内閣総理大臣 様
  内閣府特命担当大臣(消費者) 様
  経済産業大臣 様
  厚生労働大臣 様
  環境大臣 様
  農林水産大臣 様
  財務大臣 様


△決議案第1号
決議案第1号

 風車事業の総括について市民へ説明を求める決議

 上記の決議案を次のとおり提出します。

  平成24年3月15日

                            提出者 つくば市議会議員 永 井 悦 子
                            賛成者 つくば市議会議員 五十嵐 立 青
                                    〃     瀬 戸 裕美子
                                    〃     橋 本 佳 子
                                    〃     塩 田   尚
 ──────────────────────────────────────────────────
              風車事業の総括について市民へ説明を求める決議

 平成23年6月9日、つくば市が早稲田大学に損害賠償を求めた民事訴訟に関し、最高裁第一小法廷がつくば市の上告を棄却する決定をし、早稲田大学の賠償額を8,958万円とした二審判決が確定しました。この判決内容では、つくば市が「発電量が小さく売電事業の見込みも厳しいとの情報を得ていた」と指摘し「環境省のモデル事業で交付金が得られることが判明すると、詳細な検討もせず事業に応募し推進した」と市のずさんな事業執行を批判しています。
 また、平成24年1月19日には、小型風力発電機設置事業に係る住民訴訟に関し、最高裁第一小法廷がつくば市の上告を棄却し、「つくば市長は、元助役に対して465万9,300円、当時の新エネルギー推進室長に対して310万6,200円を、それぞれ賠償命令をせよ」という二審判決が確定しました。
 この二つの結果は、明らかに風車事業執行に問題があるという指摘です。
 議会は、予算、風車の選定、工事入札など各段階で審議し、監視を行なうという本来の役割を果たしていたか猛省し、今後の教訓を導き出す必要があります。
 また、市長は、風車機種選定と工事から携わっており、最高裁の判決を真摯に受け止めるべきです。風車事業の計画から完成検査まで、事業執行の過程を精査して総括し、教訓を導き出し、再発を防ぐことが市民へ対する責務と考えます。
 あわせて、「回らない風車」として全国版の特集番組でも報じられた経緯があり、これまでに何度か風車事業の顛末について市民へ明快な説明をと求めてまいりました。
 昨年、早稲田大学との損害賠償請求訴訟が結審した後、9月議会でも市民への説明を求め質問させていただきました。その折は市長自ら「住民訴訟の結果が出てから、改めて市民の皆さんに市報等でご説明をするということを考えております。」と答弁されています。
 改めて、市報を通じて市民へ説明責任を果たすことを求めここに決議します。

 平成24年3月15日
                                    つ く ば 市 議 会


△決議案第2号
決議案第2号

 つくば市長に対する問責決議

 上記の決議案を次のとおり提出します。

  平成24年3月15日

                            提出者 つくば市議会議員 塩 田   尚
                            賛成者 つくば市議会議員 五十嵐 立 青
                                    〃     瀬 戸 裕美子
                                    〃     橋 本 佳 子
 ──────────────────────────────────────────────────
                   つくば市長に対する問責決議

 つくば市が平成21年9月に発行した「つくば市における入札・契約(建設工事)の現状と改善の方向」において、入札制度改善が市の重要な課題であることを示されています。
 そのような背景のもと、つくば市議会でも入札制度改革に向けた動きが進んで参りました。端緒となったのは平成22年3月に提出された決議案「一般競争入札への全面移行を求める決議」です。この際は賛成少数で否決されましたが、その後内容を修正し同年6月に提出された「条件付一般競争入札への全面移行を求める決議」は賛成多数で可決されました。決議に盛り込まれた内容は、?一般競争入札とする、?つくば市に本社のある業者に参加資格を認める条件付一般競争入札を行う、?細かいランク制を導入する、?電子入札制度を徹底して入札事務の簡素化と迅速性を高める、?公契約条例の制定に向け検討する、の5つであります。同日つくば市議会では「入札制度調査特別委員会」設置が可決され、入札制度改革について議論を進めていくことが確約されました。
 入札制度調査特別委員会においては5回にわたる協議と行政視察の中で、担当課と実務レベルの課題、セーフティーネットの確認、国・地方の経済状況と全面実施した場合の地場産業への影響等といった議題が出され議論が進みました。
そして、平成22年12月の委員会において条件付一般競争入札の全面導入が可決され、議会においても報告がなされました。その内容は「今後、条件付き一般競争入札における条件の設定にあたっては、地元企業の優遇・受注本数の制限・低入札価格調査制度・最低制限価格制度・ランク制などの検証を重ねながら、より効果的な条件のもと、入札が実施されることを求める。全面実施の時期については、6カ月以内に条件付き一般競争入札の全面実施ができるよう環境整備を進めることとの結論に至った。」というものでありました。
 この委員会の結論を元に、入札制度改革の大きな前進が期待されたところですが、条件付一般競争入札導入の期限とされた平成23年6月議会において市長より「金額は1,500万円以上の入札案件とすること」が示されました。この内容は議会での議決や入札制度調査特別委員会での決定内容をほとんど反映しないものであり、この内容のまま従来の指名競争入札が大部分において継続されれば、永きに亘って続く入札制度を温存することに他なりません。一例で言えば、1,500万円以上の入札案件は件数ベースで2割程度しか満たしておりません。このような市長の対応を受け、議会は平成23年9月議会において「条件付一般競争入札導入を再度求める決議」を可決しました。しかし、入札制度はその後も変更されておりません。
 二度に亘る議会での議決を受入れることなく、実質的に従来の制度を温存する市原市長には、長年改革の必要性が指摘されてきたつくば市の入札制度を公平・公正・透明なものへと改善していく姿勢が希薄なのは非常に残念です。市長が議会の議決の重さを認識し、議会がこれまで議決した形での制度改革を早期に実施することを求め、問責を決議するものです。

 平成24年3月15日
                                    つ く ば 市 議 会


△議案等議決結果
 議 案 等 議 決 結 果
                                      平成24年3月定例会
 報告案件
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 報告番号 │          案        件        名          │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第1号 │専決処分事項の報告について(専決処分第12号)                 │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│報告第2号 │専決処分事項の報告について(専決処分第1号)                 │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

 会議事項
┌────┬───────────────────────────────┬────┬────┐
│議案番号│          案     件     名        │議決月日│審議結果│
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│承  認│専決処分事項の承認を求めることについて(専決処分第2号)   │ 3.15│承  認│
│第 1 号│(工事請負契約の変更について)                │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│物品購入契約の締結について                  │ 2.22│原案可決│
│第 1 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│物品購入契約の締結について                  │ 2.22│原案可決│
│第 2 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成23年度つくば市一般会計補正予算(第5号)         │ 3.15│原案可決│
│第 3 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成23年度つくば市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)   │ 3.15│原案可決│
│第 4 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成23年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第4号)    │ 3.15│原案可決│
│第 5 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成23年度つくば市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)  │ 3.15│原案可決│
│第 6 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成23年度つくば市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)   │ 3.15│原案可決│
│第 7 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成23年度つくば市病院事業会計補正予算(第2号)       │ 3.15│原案可決│
│第 8 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成23年度つくば市水道事業会計補正予算(第3号)       │ 3.15│原案可決│
│第 9 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市一般会計予算                │ 3.15│原案可決│
│第 10 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市国民健康保険特別会計予算          │ 3.15│原案可決│
│第 11 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市下水道事業特別会計予算           │ 3.15│原案可決│
│第 12 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市後期高齢者医療特別会計予算         │ 3.15│原案可決│
│第 13 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市作岡財産区特別会計予算           │ 3.15│原案可決│
│第 14 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市等公平委員会特別会計予算          │ 3.15│原案可決│
│第 15 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市介護保険事業特別会計予算          │ 3.15│原案可決│
│第 16 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市病院事業会計予算              │ 3.15│原案可決│
│第 17 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│平成24年度つくば市水道事業会計予算              │ 3.15│原案可決│
│第 18 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する │ 3.15│原案可決│
│第 19 号│条例の一部を改正する条例について               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市税条例の一部を改正する条例について          │ 3.15│原案可決│
│第 20 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市危険物規制事務手数料条例の一部を改正する条例について │ 3.15│原案可決│
│第 21 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市東日本大震災に伴い被災した住宅の復旧に要する資金の利 │ 3.15│原案可決│
│第 22 号│子補給に関する条例の一部を改正する条例について        │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市介護保険条例の一部を改正する条例について       │ 3.15│原案可決│
│第 23 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市産業活性化促進条例の一部を改正する条例について    │ 3.15│原案可決│
│第 24 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市の地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の │ 3.15│原案可決│
│第 25 号│一部を改正する条例について                  │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市市営住宅条例の一部を改正する条例について       │ 3.15│原案可決│
│第 26 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市立図書館条例の一部を改正する条例について       │ 3.15│原案可決│
│第 27 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市火災予防条例の一部を改正する条例について       │ 3.15│原案可決│
│第 28 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市スポーツ推進審議会条例について            │ 3.15│原案可決│
│第 29 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市復興まちづくり基金条例について            │ 3.15│原案可決│
│第 30 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市環境都市推進基金条例について             │ 3.15│原案可決│
│第 31 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市墓地等の経営の許可等に関する条例について       │ 3.15│原案可決│
│第 32 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市と茨城県信用保証協会との損失補償契約に基づく回収返還 │ 3.15│原案可決│
│第 33 号│金の返還を受ける権利の放棄に関する条例について        │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市環境保全基金条例を廃止する条例について        │ 3.15│原案可決│
│第 34 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│字の区域及び名称の変更について                │ 3.15│原案可決│
│第 35 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│市道路線の廃止について                    │ 3.15│原案可決│
│第 36 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│市道路線の認定について                    │ 3.15│原案可決│
│第 37 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市建築関係手数料条例の一部を改正する条例について    │ 3.15│原案可決│
│第 38 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市長等の給料の特例に関する条例について         │ 3.15│原案可決│
│第 39 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市固定資産評価審査委員会委員の選任について       │ 3.15│同  意│
│第 40 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市固定資産評価審査委員会委員の選任について       │ 3.15│同  意│
│第 41 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市オンブズマンの任命について              │ 3.15│同  意│
│第 42 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市オンブズマンの任命について              │ 3.15│同  意│
│第 43 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│作岡財産区管理委員の選任について               │ 3.15│同  意│
│第 44 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│意見書案│東海第二原子力発電所の廃炉を求める意見書           │ 3.15│原案可決│
│第 1 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│意見書案│容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するための│ 3.15│原案可決│
│第 2 号│法律の制定を求める意見書                   │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│決 議 案│風車事業の総括について市民へ説明を求める決議         │ 3.15│原案可決│
│第 1 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│決 議 案│つくば市長に対する問責決議                  │ 3.15│否  決│
│第 2 号│                               │    │    │
└────┴───────────────────────────────┴────┴────┘


△請願議決結果
 請 願 議 決 結 果
                                      平成24年3月定例会
┌────┬───────────────────────────────┬────┬────┐
│受理番号│          件          名         │議決月日│審議結果│
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 23│東海第二原子力発電所の再稼働を認めず、廃炉を求める意見書提出す│ 3.15│採  択│
│第 16 号│る請願書                           │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 23│「東海第2原発の廃炉を求める意見書」採択を求める請願書    │ 3.15│採  択│
│第 18 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 24│障害者総合福祉法(仮称)の制定を求める国への意見書についての請│ 3.15│継続審査│
│第 1 号│願                              │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 24│「社会保障と税の一体改革」による消費税の増税は行わないことを求│ 3.15│継続審査│
│第 2 号│める意見書提出に関する請願                  │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 24│介護保険料引き上げをやめる請願                │ 3.15│不 採 択│
│第 3 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 24│「市民総合活動センター」(仮称)の設立を求める請願書     │ 3.15│継続審査│
│第 4 号│                               │    │    │
├────┼───────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 24│「容器包装リサイクル法を改正し、発生抑制と再使用を促進するため│ 3.15│採  択│
│第 5 号│の法律の制定を求める意見書」の採択を求める請願        │    │    │
└────┴───────────────────────────────┴────┴────┘