議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 つくば市

平成24年 2月20日議会運営委員会−02月20日-01号




平成24年 2月20日議会運営委員会

                    つくば市議会運営委員会
              ────────────────────────
                平成24年 2月20日 午後1時40分開会
              ────────────────────────
 出 席 委 員
                            委員長      柳 沢 逸 夫 君
                            副委員長     小 野 泰 宏 君
                            委員       大久保 勝 弘 君
                            〃        古 山 和 一 君
                            〃        吉 葉   茂 君
                            〃        安 井   茂 君
                            〃        市 川 三 郎 君
                            〃        鈴 木 富士雄 君
                            〃        塩 田   尚 君
                            〃        久保谷 孝 夫 君
                            議長       飯 岡 宏 之 君
       ────────────────────────────────────
 欠 席 委 員
                            なし
       ────────────────────────────────────
 出席説明者
                            市長       市 原 健 一 君
                            総務部長     飯 島   革 君
                            財務部長     久 松   孝 君
       ────────────────────────────────────
 出席議会事務局職員
                            事務局長     中 野   保
                            事務局次長    中 嶋 美 雄
                            議会総務課長   渡 辺 倉 充
                            議会総務課議事係長川 崎   誠
                            議会総務課主任主査秋 田 恵 子
                            議会総務課主事  原   弘 紀
       ────────────────────────────────────
                   議  事  日  程
                               平成24年2月20日(月曜日)
                               午後1時40分開会
 1 開会
 2 あいさつ
 3 協議事項
  (1)平成24年3月つくば市議会定例会の会期について
  (2)平成24年3月つくば市議会定例会における議案等の所管常任委員会への付託について
  (3)会派代表質問について
  (4)行政視察について
       ────────────────────────────────────
                     午後1時36分
○柳沢 委員長  どうも皆さんご苦労さまでございます。議会運営委員会委員並びに市原市長初め執行部の皆様には、お忙しい中、ご出席を賜り御礼申し上げます。
 平成24年3月つくば市議会定例会が2月22日に招集されることに伴い、議会運営委員会を開催するものでございます。
 本日は、案件第1、平成24年3月つくば市議会定例会の会期について、案件第2、平成24年3月つくば市議会定例会における議案等の所管常任委員会への付託について、案件第3、会派代表質問について、案件第4、行政視察についての以上4件についてご協議をいただくものでございます。
       ────────────────────────────────────
○柳沢 委員長  それでは、開会に先立ちまして、飯岡議長からごあいさつをお願いします。
○飯岡 議長  平成24年3月つくば市議会定例会が招集されることに伴い、本日、議会運営委員会を開催していただくことになり、委員並びに執行部の皆様には、ご参集を賜り御礼申し上げます。
 今期定例会には、承認1件、議案37件が提出されることになっておりますので、円滑な議会運営への協力をお願いいたします。
 また、2月16日までに受理した請願5件を今期定例会にあわせて付議いたします。
 なお、一般質問は、16日に締め切りまして、通告者は16人でありますので、会期の決定には、ただいま申し上げましたことを考慮されまして、ご協議をお願いいたします。
 議案の所管常任委員会への付託でございますが、議案第1号及び議案第2号 物品購入契約の締結については、委員会への付託を省略して即決したいと思います。
 また、承認第1号、議案第3号から議案第37号まで及び2月16日までに受理した請願5件の所管常任委員会への付託につきましては、平成24年3月つくば市議会定例会議案等審査付託表及び平成24年3月つくば市議会定例会請願文書表のとおり付託し、ご審議いただきたいと思います。
 続きまして、3月5日に予定されております会派代表質問について申し上げます。会派代表質問は、一般質問とは区別して大局的見地から政策や施政方針についての政策上の問題について質問するものであります。会派代表質問を行う4会派におかれましては、会派代表質問実施要項7の規定により、会派構成員の多い順に行いますので、よろしくお願いいたします。
 以上、議会運営委員会の開会に当たり、あいさつといたします。ご苦労さまです。
       ────────────────────────────────────
○柳沢 委員長  続きまして、市原市長からごあいさつをお願いします。
◎市原 市長  それでは、議会運営委員会の開催に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 委員の皆様には、大変お忙しい中、まことにご苦労さまでございます。
 平成24年3月市議会定例会の提出議案でございますが、行政報告といたしまして、小型風力発電機設置事業に係る住民訴訟の上告棄却等の決定について1件を報告させていただきます。報告案件といたしまして、専決処分事項の報告について2件報告させていただきます。承認案件といたしましては、専決処分事項の承認を求めることについて1件の承認を求めるものでございます。議案といたしましては、物品購入契約の締結についてを2件、平成23年度各会計補正予算についてを7件、平成24年度各会計予算について9件、条例の一部改正についてを10件、条例の制定についてを5件、条例の廃止についてを1件、字の区域及び名称の変更についてを1件、市道路線の廃止についてを1件、市道路線の認定についてを1件、合わせて37件を提案させていただきます。
 それぞれの内容につきましては、総務部長から説明をさせますので、よろしくご協議いただきますようお願いを申し上げます。
以上、簡単ではございますが、議会運営委員会の開催に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。
       ────────────────────────────────────
                    午後1時40分開会
○柳沢 委員長  ただいまの出席委員数は10人であります。
 定足数に達しておりますので、ただいまから議会運営委員会を開会します。
       ────────────────────────────────────
○柳沢 委員長  初めに、執行部から今期定例会に提案されます議案の内容についてご説明をお願いします。
 飯島総務部長。
◎飯島 総務部長  ご説明申し上げます。行政報告1件、それから、37件の議案のうち、先議していただく議案が2件、報告2件、承認1件、そして、残りの35件の議案でございます。
 まず、行政報告1件につきましては、小型風力発電機設置事業に係る住民訴訟の上告棄却等の決定についてということで、平成24年の1月19日に最高裁判所において、小型風力発電機事業に係る損害賠償請求控訴事件の判決に対する上告をしていたものについて、上告棄却の決定があったものを、これを報告するものでございます。
 この上告棄却の決定に基づきまして、平成22年2月4日に東京高等裁判所で出された判決が確定をするということで、元助役に対して465万9,300円、当時の担当職員に対して310万6,200円をそれぞれ賠償命令をせよという判決が確定したものでございます。これに基づき、平成24年1月31日付で、これらの者に請求をしたところでございます。
 続きまして、議案2件、先議をしていただくものでございますが、議案第1号物品購入契約の締結について、平成24年4月開校予定の春日学園、春日小中学校ですけれども、の整備する施設の備品、机とか、いす、書架等でございます。を購入するもので、契約の方法として一般競争入札で、金額が6,772万5,000円でございます。相手方が、株式会社ホサカ筑波営業所でございます。
 議案第2号につきましては、物品購入契約の締結について、同じく春日学園の、今度は教材の備品に関するもので、小学校分については、世界地図、地球儀など、それから、中学校分につきましては、英語発音図、人体模型などを購入するものでございます。同じく契約の方法は一般競争入札で、契約の金額が2,412万9,000円となっております。契約の相手方は、株式会社アキラでございます。
 この議案第2号に関しましては、議案のうち誤記がありましたものですから、訂正をするということで差しかえをさせていただく予定になっております。間違ったところは、代表者氏名の「粟野 亮」とするところを「栗野 亮」と誤記をした「粟」と「栗」の間違いでございますので、これを訂正させていただく予定となっております。
 続きまして、報告2件でございます。
 報告第1号は、専決処分の報告についてということで、平成23年12月28日に専決処分をしたもので、損害賠償の和解ということですが、施設管理上の瑕疵に係る事故ということで、障害者センター桜の敷地内の駐車場に駐車をしようとしたところ、欠けていた側溝の縁を踏んで、その側溝のふたがはね上がり車両を損壊したということで、相手方に2万6,366円を支払うというものでございます。
 続きまして、報告第2号でございますが、同じく専決処分事項の報告についてで、平成24年1月4日に専決処分をしたものでございます。これは公用車の事故の損害賠償の和解でございますが、公用車で市役所の敷地内から市道に出る際に、前にいた相手方の車が一時停止したところに追突をしまして、相手方の車両の後部を損傷させたということで、相手方に10万4,276円支払うというものでございます。
 続きまして、承認1件でございますが、専決処分事項の承認を求めることについてということで、平成24年1月6日に専決処分をしたものでございます。これは公共下水道の境田ポンプ場の建設工事の工事請負契約の変更でございますが、都市再生機構が施行する区画整理事業内の境田中継ポンプ場について、地質調査の結果、底盤改良工事を追加する必要が生じたため、専決処分したものでございます。契約前の金額が4億950万円でございました。そこへ底盤工事の増額分3,601万5,000円を増額して、4億4,551万5,000円とするものでございます。契約の相手方は、鈴縫工業株式会社でございます。
 続きまして、議案35件についてご説明申し上げます。
 議案第3号は、平成23年度つくば市一般会計補正予算(第5号)についてでございます。歳入歳出予算を21億7,152万7,000円追加して、総額を678億2,529万9,000円とするものでございます。あわせて、継続費の追加1件、継続費の廃止9件、継続費の変更3件、繰越明許費の追加15件、債務負担行為の廃止6件、債務負担行為の変更20件、地方債の追加3件、地方債の変更14件等を行うものでございます。
 主な歳入内訳につきましては、法人市民税の現年課税分が5億616万円の増、特別交付税2億円の増、復興まちづくり支援交付金1億1,100万円の増、財政調整基金繰入金1億683万円の減、小中学校耐震補強工事事業債6億8,520万円の増、豊里学校給食センター建設工事事業債4億9,100万円の増などでございます。
 主な歳出内訳につきましては、小中学校建設事業費に係る繰上償還金5億767万円の増、小中学校耐震補強工事等の建築工事が10億1,580万9,000円の増、中部豊里学校給食センター建設工事6億8,568万円の増などとなっております。
 議案第4号 平成23年度つくば市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてでございます。歳入歳出予算を5億6,925万1,000円減額しまして、総額を172億9,831万3,000円とするものでございます。
 主な歳入の内訳といたしましては、療養給付費負担金が8,822万4,000円の減、普通調整交付金2億7,579万3,000円の減、保険財政共同安定化事業交付金1億9,780万6,000円の減などとなっております。
 主な歳出内訳としまして、一般被保険者療養給付費が4億1,826万4,000円の減、保険財政共同安定化事業拠出金が1億545万2,000円の減となっております。
 続きまして、議案第5号でございます。平成23年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第4号)でございます。歳入歳出予算に8,246万2,000円減額しまして、総額を98億6,042万円とするものでございます。あわせて、継続費の変更1件、繰越明許費の追加3件、繰越明許費の変更2件、債務負担行為の廃止1件、地方債の変更5件を行うものでございます。
 主な歳入内訳としまして、災害復旧事業国庫補助金が7,378万2,000円の減、災害復旧事業分の一般会計繰入金が1億4,250万9,000円の増、下水道事業基盤繰入金が1億4,592万6,000円の減でございます。
 主な歳出内訳は、下水道施設災害復旧工事で1億1,208万7,000円の減となっております。
 続きまして、議案第6号でございます。平成23年度つくば市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)でございます。歳入歳出予算2,722万円を追加しまして、総額を12億1,109万3,000円とするものでございます。
 主な歳入内訳としまして、特別徴収保険料が1,164万9,000円の増、普通徴収保険料が552万9,000円の増、保険基盤安定繰入金790万円の増となっております。
 主な歳出内訳は、後期高齢者医療保険料負担金が1,928万円の増、保険基盤安定負担金が794万円の増などとなっております。
 議案第7号 平成23年度つくば市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)でございます。歳入歳出予算に1億5,879万5,000円を追加いたしまして、総額を93億9,750万4,000円とするものでございます。
 主な歳入内訳は、支払基金交付金が4,800万円の増、介護給付費準備基金繰入金が3,171万5,000円の増、県の負担金が2,800万円の増でございます。
 主な歳出内訳は、施設介護サービス給費金が1億5,000万円の増となっております。
 議案第8号 平成23年度つくば市病院事業会計補正予算(第2号)でございます。収益的収入予算を890万2,000円減額しまして総額を944万2,000円とし、収益的支出予算を100万円減額して総額を6,662万円とするものでございます。
 収益的収入といたしましては、一般会計への補助金が890万2,000円の減、収益的支出としては、修繕費として100万円の減ということでございます。
 議案第9号 平成23年度つくば市水道事業会計補正予算(第3号)についてでございます。収益的収入予算を1億1,717万8,000円減額しまして、総額を42億6,262万4,000円とするものでございます。
 収益的支出予算を3,204万1,000円減額して総額を47億6,985万円とし、また、資本的収入予算を3億9,586万7,000円減額して総額を12億7,602万9,000円とします。
 資本的支出予算を4億9,949万9,000円減額して、総額を23億2,288万3,000円とするものでございます。
 主な収益的収入につきましては、使用水量の減少に伴うものとして1億4,791万3,000円の減、主な収益的支出については、使用水量の減少に伴うものとして3,387万8,000円の減。
 主な資本的収入は、TX沿線開発地区の造成スケジュールの延伸、入札差金等に伴うものとして、企業債1億900万円の減、分担金2億800万円の減などとなっております。
 主な資本的支出については、TX沿線開発地区の造成スケジュールの延伸、入札差金に伴うものとして4億9,948万9,000円減ということでございます。
 続きまして、議案第10号 平成24年度つくば市一般会計予算についてでございます。歳入歳出の総額を650億7,200万円とし、前年度比、これは0.6%の増、金額にして4億1,100万円の増でございます。これに、継続費1件、債務負担行為32件、地方債26件などでございます。
 議案第11号 平成24年度つくば市国民健康保険特別会計予算についてございます。歳入歳出の総額を173億6,616万6,000円とします。前年度比は1.1%の増、金額にして1億9,562万3,000円の増額でございます。
 議案第12号 平成24年度つくば市下水道事業特別会計予算についてでございます。歳入歳出の総額を86億9,594万3,000円とします。前年度比では13.5%の減、金額にして13億5,145万2,000円の減で、継続費1件、債務負担行為1件、地方債6件などを行うものでございます。
 議案第13号 平成24年度つくば市後期高齢者医療特別会計予算について、歳入歳出の総額を12億3,834万1,000円とし、前年度比、これは5.6%の増、金額にして6,533万3,000円の増でございます。
 議案第14号 平成24年度つくば市作岡財産区特別会計予算について、歳入歳出の総額を12万2,000円とするものでございます。前年度比では0.8%増、金額にして1,000円ということでございます。
 議案第15号 平成24年度つくば市等公平委員会特別会計予算についてですが、歳入歳出の総額を100万2,000円、前年度比1.5%の増、金額にして1万5,000円の増でございます。
 議案第16号 平成24年度つくば市介護保険事業特別会計予算について、歳入歳出の総額を95億7,548万9,000円とするものです。前年度比4.6%の増、金額にして4億1,905万2,000円の増でございます。
 議案第17号 平成24年度つくば市病院事業会計予算でございますが、収益的収入及び支出について、収入は803万円、支出は2,317万1,000円とするものでございます。
 議案第18号 平成24年度つくば市水道事業会計予算についてでございます。収益的収入及び支出が、収入として42億6,781万3,000円、これは前年度比で2.6%の減、金額にして1億1,198万9,000円の減でございます。支出は、47億3,486万5,000円で、前年度比で1.7%の減、金額にして8,139万8,000円の減でございます。
 資本的収入及び支出につきましては、収入で21億8,494万7,000円で、前年度比で30.7%の増、金額にして5億1,305万1,000円の増でございます。支出が34億7,255万5,000円で、前年度比30%の増、金額にして6億4,829万6,000円の増でございます。
 これらの不足分については、過年度分の損益勘定留保資金、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんすることとしております。
 議案第19号 つくば市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてでございます。これは、国会議員の選挙時の執行経費の基準に関する法律、これに準じて選挙長等の報酬を引き下げるものでございます。また、広域隣保活動事業生活指導員とか、スポーツ基本法の制定、家庭相談員の任用の見直し、交通安全指導員の廃止等々に絡んだものを所要の改正を行うものでございます。
 議案第20号 つくば市税条例の一部を改正する条例について、これは、二つの法律、一つ目は、経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税等に関する暫定措置法の一部を改正する法律、それから、もう一つは、東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律、これらが平成23年12月2日に公布されたことに伴いまして、所要の改正を行うものでございます。
 改正の主な内容としましては、個人の市民税の均等割の税率を平成26年度から平成35年度まで500円引き上げるというもの。それから、二つ目としては、平成25年1月1日以後に支払われる退職所得に係る分離課税の所得割の税額控除、これは10%今あるわけですが、これが廃止されるということ。それから、三つ目として、平成25年4月1日以後において、道府県たばこ税から市町村たばこ税の移譲がございますが、それで市たばこ税の税率を引き上げるというものでございます。
 続きまして、議案第21号 つくば市危険物規制事務手数料条例の一部を改正する条例についてでございます。これは、危険物の規制に関する政令の改正に伴いまして、浮きふたつき特定屋外タンク貯蔵所の設置許可の申請に関する審査手数料について改めて定めるものでございます。
 議案第22号 つくば市東日本大震災に伴い被災した住宅の復旧に要する資金の利子補給に関する条例の一部を改正する条例について、これは、茨城県が被災住宅復旧支援事業としまして、市町村が行う利子補給事業に対して、財政支援を行う事業を創設したことに伴いまして、利子補給金の限度額を改正するものでございます。
 改正前は利子額の2分の1の額、1世帯当たり5万円を限度としておりましたが、これを改正後は6万4,000円、液状化被害等により宅地復旧工事があった場合は10万3,000円までの限度額とするものでございます。
 議案第23号 つくば市介護保険条例の一部を改正する条例についてですが、第5期介護保険事業計画に基づきまして、第1号被保険者、これは65歳以上の者ですが、の保険料を見直すものでございます。月額4,125円を月額4,850円にするというものでございます。
 議案第24号 つくば市産業活性化促進条例の一部を改正する条例について、これについては、市内の雇用情勢、経済情勢を考慮しまして、企業立地の促進による市内産業活動の活性化及び雇用機会の創出を引き続き図る必要があることから、条例の効力を平成27年3月31日まで3年間延長するものでございます。
 議案第25号 つくば市の地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例について、これは、竹園第一地区地区計画、それから、並木第一地区の地区計画の決定に伴いまして、それぞれ当該区域を地区整備計画に基づく建築物の制限を行っている区域に追加するものでございます。
 議案第26号 つくば市市営住宅条例の一部を改正する条例について、公営住宅法の改正に伴い、入居者資格のうち同居親族要件について定めるものでございます。
 議案第27号 つくば市立図書館条例の一部を改正する条例についてでございます。図書館法の改正に伴いまして、図書館協議会委員の任命基準を定めるものでございます。
 続きまして、議案第28号 つくば市火災予防条例の一部を改正する条例についてでございます。危険物の規制に関する政令の改正がございまして、炭酸ナトリウム過酸化水素付加物、これが危険物の品名に追加されることに伴いまして、当該危険物を取り扱う場所に係る設備の技術上の基準の適用について、経過措置を設けるものでございます。
 議案第29号 つくば市スポーツ推進審議会条例について、これにつきましては、スポーツ振興法がスポーツ基本法というものに改正されまして、当然、中身としてはスポーツ振興審議会がスポーツ推進審議会、こういうふうにかわったことに伴いまして、名称変更等の所要の改正を行うものでございます。
 議案第30号 つくば市復興まちづくり基金条例について、これは、東日本大震災の復興事業に対しまして、茨城県から交付される交付金を受け入れるため、基金を設置するものでございます。
 議案第31号 つくば市環境都市推進基金条例について、これについては、環境問題に対応した底炭素な環境都市づくりの推進に要する経費の財源に充てるための基金を設置するものでございます。
 議案第32号 つくば市墓地等の経営の許可等に関する条例については、墓地、埋葬等に関する法律、これの改正に伴いまして、墓地、納骨堂、それから、火葬場の経営等の許可に係る基準、手続等について定めるものでございます。
 議案第33号 つくば市と茨城県信用保証協会との損失補償契約に基づく回収返還金の返還を受ける権利の放棄に関する条例について、これは、東日本大震災による中小企業の二重債務対策としまして、茨城県が茨城県産業復興機構を創設いたしまして、債権買い取りを行うに当たりまして、つくば市が茨城県信用保証協会に対して損失補償を行っている債権につきましては、当該協会の代位弁済前に、当該協会からの回収返還金を受け取る権利の一部を放棄する必要があるということで、また、中小企業の早期の再生を支援するため、必要な条例を制定するものでございます。
 議案第34号 つくば市環境保全基金条例を廃止する条例について、これは、アイラブつくばまちづくりの寄附基金に一本化するために、環境保全基金を廃止するものでございます。
 議案第35号 字の区域及び名称の変更について、これは葛城一体型特定土地区画整理事業が施行されたことに伴いまして、字の区域及び名称を変更するものでございます。
 議案第36号 市道路線の廃止について、これは、春日学園建設などによりまして5路線を廃止するものでございます。
 議案第37号 市道路線の認定について、同じく、春日学園建設により建設される1路線を認定するものでございます。
 以上、議案のご説明でございますが、今の段階で議案として最終日に、人事案件、固定資産評価審査委員会委員の選任、あるいはオンブズマンの任命、作岡財産区管理委員会の選任について、議案5件ほどを予定しております。よろしくお願いします。
○柳沢 委員長  それでは、議事に入ります。
 案件第1、平成24年3月つくば市議会定例会の会期についてを議題とします。
 お配りしてございます資料ナンバー3をごらんください。平成24年3月つくば市議会定例会会期日程(案)でございます。2月22日から3月15日までの23日間とするものです。参考にしていただきたいと思います。
 なお、先ほど議長のごあいさつにもありましたように、一般質問の通告者は16人であります。資料ナンバー4が一般質問発言通告書でございますので、ごらん願います。
 それでは、委員各位からご意見をお伺いします。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○柳沢 委員長  ないようですので、以上で発言を終結します。
 お諮りします。
 平成24年3月つくば市議会定例会の会期日程については、2月22日から3月15日までの23日間とし、お手元に配付の会期日程(案)のとおりとすることにご異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○柳沢 委員長  ご異議なしと認めます。よって、平成24年3月つくば市議会定例会の会期は、2月22日から3月15日までの23日間と決定しました。
 次に、案件第2、平成24年3月つくば市議会定例会における議案等の所管常任委員会への付託についてを議題とします。
 まず、議案第1号 物品購入契約の締結について、議案第2号 物品購入契約の締結については、先ほど議長のごあいさつにもありましたように、委員会への付託を省略して即決するとのことであります。皆様方のご意見をお伺いします。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○柳沢 委員長  以上で発言を終結します。
 お諮りします。
 議案第1号及び議案第2号は、委員会への付託を省略して即決することでよろしいでしょうか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○柳沢 委員長  ご異議なしと認め、議案第1号及び議案第2号は委員会への付託を省略して即決することに決定いたしました。
 次に、承認第1号、議案第3号から議案第37号まで及び2月16日までに受理した請願の委員会への付託でございますが、お手元にお配りしてございます資料ナンバー5が、平成24年3月つくば市議会定例会議案等審査付託表です。資料ナンバー6が、平成24年3月つくば市議会定例会請願文書表でございますので、参考にしていただきたいと思います。
 それでは、ご意見をお伺いします。
                  〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○柳沢 委員長  以上で発言を終結します。
 お諮りします。
 承認第1号、議案第3号から議案第37号まで及び2月16日までに受理した請願の所管常任委員会への付託については、お手元に配付の平成24年12月つくば市議会定例会議案等審査付託表及び平成24年12月つくば市議会定例会請願文書表のとおり付託することにご異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○柳沢 委員長  ご異議なしと認め、そのように決定いたしました。
 ここで、市原市長は公務のため退席します。また、執行部も退席されて結構であります。
                  〔市原市長・執行部退場〕
○柳沢 委員長  済みません、訂正がございます。
 承認第1号、議案第3号から議案第37号まで及び2月16日までに受理した請願の所管常任委員会への付託については、お手元に配付の平成24年3月つくば市議会定例会議案等審査付託表及び平成24年3月つくば市議会定例会請願文書表のとおり付託することにご異議ありませんか。で、訂正させていただきます。
 次に、案件第3、会派代表質問についてご協議をお願いします。
 本件は、会派代表質問の発言の順位を確定するものでございます。
 つくば市民政策研究会とつくばクラブが6名で同数でありましたが、会派間において調整されまして、会派代表質問の発言順番は、1番、親政の会、2番、つくばクラブ、3番、つくば市民政策研究会、4番、公明党と決定しました。
 次に、案件第4、行政視察についてを議題とします。
 議会運営委員会行政視察につきましては、例年実施しているわけですが、平成24年度も実施することでご異議ありませんか。
                  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○柳沢 委員長  ご異議なしと認めます。よって、行政視察を実施することに決定しました。
 また、行政視察の期日及び視察先等、並びに経費、派遣委員について、ご協議をお願いします。
 委員長から提案させていただきます。
 実施時期は、4月中旬の2泊3日を予定しております。
 視察場所及び視察事項については、正副委員長一任とさせていただければと思います。
 経費は、旅費規程の範囲により、派遣委員は議会運営委員全員としたいと思います。
 委員各位のご意見を伺います。順次発言を許します。
 塩田委員。
◆塩田尚 委員  16日が主でしょうか、予定として。
○柳沢 委員長  予定として、次にお諮りしたいと思いますので。
◆塩田尚 委員  そうですか。
○柳沢 委員長  以上で発言を終結します。
 お諮りします。
 実施時期は、4月18日から20日の2泊3日、視察場所及び視察事項については、正副委員長に一任、経費は、旅費負担の規程の範囲により、派遣委員は議会運営委員全員としたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○柳沢 委員長  ご異議なしと認めます。よって、そのように決定しました。
 経費の個人負担金につきましては、2万円を3月議員報酬から差し引かせていただきますので、ご了承願います。
 なお、行政視察の詳細が決まり次第、ご案内を差し上げたいと思います。
       ────────────────────────────────────
○柳沢 委員長  以上で、本日予定の案件は全部終了しました。よって、議会運営委員会を閉会します。
                    午後2時11分閉会


 つくば市議会委員会条例第60条第1項の規定により署名する


   平成24年2月20日


               委 員 長  柳 沢 逸 夫