議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 つくば市

平成23年12月定例会−12月16日-付録




平成23年12月定例会

△会議資料等配付一覧
  平成23年12月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第1号)
                                       平成23年11月30日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │正誤表(議案第88号 字の区域及び名称の変更について)          │ 正 誤 表 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成23年12月つくば市議会定例会議事日程(第1号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │平成23年12月つくば市議会定例会会期日程表                │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │議員派遣書                               │ 諸般の報告 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 5 │平成22年度つくば市財務書類4表(普通会計、概要版)           │ 行政報告 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 6 │平成23年12月つくば市議会定例会一般質問発言通告書            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 7 │平成23年12月つくば市議会定例会議案等審査付託表・資料          │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 8 │平成23年12月つくば市議会定例会請願文書表                │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 9 │平成23年12月つくば市議会定例会陳情文書表                │ 参考資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│10│景観緑地への街灯設置に対する要望書                   │ 要 望 書 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│11│教育関連事項に関する要望と依頼                     │ 要 望 書 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│12│つくば市東京事務所運営方針                       │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│13│つくば市 FACT BOOK 2011                   │ 配付資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│14│平成23年9月つくば市議会定例会会議録                  │ 会 議 録 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│15│議会報編集委員会招集通知                        │ 招集通知 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘


          平成23年12月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第2号)
                                       平成23年12月7日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成23年12月つくば市議会定例会議事日程(第2号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成23年12月つくば市議会定例会質疑発言通告書              │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │一般質問資料  田中サトエ 議員                    │ 資  料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │議会報一般質問掲載申出書(一般質問発言通告議員)            │ 申 出 書 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘


          平成23年12月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第3号)
                                       平成23年12月8日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成23年12月つくば市議会定例会議事日程(第3号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │執行部からの一般質問答弁資料 小野議員(科学技術振興課)        │ 資  料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │一般質問資料  田宮 直子 議員                    │ 資  料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │一般質問資料  瀬戸裕美子 議員                    │ 資  料 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘


          平成23年12月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第4号)
                                       平成23年12月9日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成23年12月つくば市議会定例会議事日程(第4号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成23年決算特別委員会会議録                      │ 会 議 録 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 3 │各常任委員会招集通知                          │ 招集通知 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘


          平成23年12月つくば市議会定例会会議資料等配付一覧(第5号)
                                       平成23年12月16日
┌──┬────────────────────────────────────┬──────┐
│番号│           資      料      名           │ 備  考 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 1 │平成23年12月定例会追加議案(市長提出議案)               │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 2 │平成23年12月つくば市議会定例会議事日程(第5号)            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│  │閉会中の継続審査申出書(環境経済常任委員会)              │      │
│ 3 │(東海第二原子力発電所の再稼働を認めず、廃炉を求める意見書提出する請願書)│ 会議資料 │
│  │(「東海第2原発の廃炉を求める意見書」採択を求める請願書)       │      │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 4 │決算特別委員会・各常任委員会議案等審査結果一覧表            │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 5 │意見書案第3号 「子ども・子育て新システム」導入に関する意見書     │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 6 │意見書案第4号 TPP交渉への参加方針に抗議し、撤回を求める意見書   │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 7 │決議案第5号 遺伝子組換え実験に関する安心安全の確保を求める決議    │ 会議資料 │
├──┼────────────────────────────────────┼──────┤
│ 8 │教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価の結果報告書     │ 配付資料 │
└──┴────────────────────────────────────┴──────┘



△議員の派遣について
  議員の派遣について

 地方自治法第100条第13項及びつくば市議会会議規則第98条ただし書の規定により、下記のとおり議員を派遣する。

                         記

1 平成23年度茨城県市議会議長会第1回議員研修会への派遣
 (1)派遣目的  上記研修会へ議員4名を派遣し、情報交換等を図る。
 (2)派遣場所  常陸大宮市
 (3)派遣期間  平成23年11月15日(火)〜11月16日(水)
 (4)調査項目  講演会 「今こそ地方自治の力を」
          視 察 「御前山ダム」
 (5)派遣議員  古山和一、小野泰宏、鈴木富士雄、金子和雄
 (6)派遣経費  出席者負担金  10,000円×4名

 平成23年10月20日 決定

                              つくば市議会議長  飯 岡 宏 之



                     議員の派遣について

 地方自治法第100条第13項及びつくば市議会会議規則第98条ただし書の規定により、下記のとおり議員を派遣する。

                         記

1 中国深セン市人民代表大会常務委員会への表敬訪問
 (1)派遣目的  第13回中国国際高新技術成果交易会の開催に伴い、深セン市からの招待を受け同市を訪問することにより,両市の議会間の相互理解と友好を深めるとともに、各領域の実務的な協力を進めながらつくば市の発展に資することを目的とする。
 (2)派遣場所  中華人民共和国深セン市
 (3)派遣期間  平成23年11月15日(火)〜11月18日(金)
 (4)調査項目  ?深セン市人民代表大会常任委員会表敬訪問
          ?第13回中国国際高新技術成果交易会視察研修
          ?歴史及び工業等視察研修
          ?市内日本企業視察研修
 (5)派遣議員  松岡嘉一、吉葉 茂、安井 茂、久保谷孝夫
 (6)派遣経費  125,670円×4人

 平成23年10月20日 決定

                              つくば市議会議長  飯 岡 宏 之



△一般質問通告
   一 般 質 問 発 言 通 告
                   (平成23年12月定例会)
        ┌──────┬───────────────────────────┐
        │ 質問順位 │        氏         名        │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   1  │  11番  大 久 保   勝   弘  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   2  │  30番  塩   田       尚  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   3  │  26番  今   井       孝  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   4  │  19番  安   井       茂  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   5  │  24番  須   藤   光   明  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   6  │   4番  浜   中   勝   美  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   7  │   6番  田   中   サ ト エ  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   8  │  12番  橋   本   佳   子  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │   9  │   7番  五 十 嵐   立   青  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │  10  │   1番  塚   本   洋   二  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │  11  │  16番  小   野   泰   宏  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │  12  │  31番  金   子   和   雄  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │  13  │  23番  田   宮   直   子  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │  14  │  10番  瀬   戸   裕 美 子  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │  15  │   9番  永   井   悦   子  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │  16  │   3番  ヘ イ ズ   ジ ョ ン  議 員  │
        ├──────┼───────────────────────────┤
        │  17  │   2番  山   本   美   和  議 員  │
        └──────┴───────────────────────────┘


                 11番   大久保 勝 弘 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 TPP(環太平洋戦│(1)TPPの発足時は、「小国同士の戦略的提携によってマー│経済部長  │
│ 略的経済連携協定)に│  ケットにおけるプレゼンスを上げること」であったが、2006│      │
│ ついて       │  年5月に4か国の経済連携協定がなされ、2010年10月よりア│      │
│           │  メリカ主導の下に急速に推し進められることになりました。│      │
│           │  2015年までに加盟国間の貿易を、工業、農業、知的財産権、│      │
│           │  金融、医療サービスなど、10年以内に全品目の関税を原則全│      │
│           │  面撤廃することにより、貿易自由化の実現を目指すFTA │      │
│           │  (自由貿易協定)を包括するEPA(経済連携協定)が目標│      │
│           │  となりますが、政府は、国益を基準に判断する旨の考え方で│      │
│           │  す。加盟と反対の場合での連携協定の対象の主な9議題での│      │
│           │  内容について、(メリット、デメリット等)また、貿易バラ│      │
│           │  ンスは、今後どのような課題が考えられますか。さらに、つ│      │
│           │  くば市はTPP問題をどのように評価しますか、お伺いいた│      │
│           │  します。                       │      │
│           │(2)加盟したときは、農産物で、コメが中心ですが、野菜、果│      │
│           │  物などの価格はどのように変化するか、また、そのほか工 │      │
│           │  業、農業、知的財産権、金融、医療サービスなどで大きく変│      │
│           │  化するものについて、さらに、つくば市の考え方についてお│      │
│           │  伺いいたします。                   │      │
│2 農業政策について │(1)農業政策については、9月議会一般質問でも、3つの提案│経済部長  │
│           │  (新規就農者特別支援策、耕作放棄地再生の団体に支援策・│      │
│           │  企業誘致による耕作放棄地対策などの再生について、また、│      │
│           │  地産地消・都市と農村のコミニケーションの共存で、新しい│      │
│           │  まちづくり)をしてまいりましたが、市民ファーマー制度に│      │
│           │  より、新規就農者が参加しやすくなり、耕作放棄地の解消に│      │
│           │  つながり、また、農産物の販売もできる制度は、魅力的であ│      │
│           │  りますが、具体的な内容について(契約関係・期間・金額・│      │
│           │  その他の約束など)、また、中・大規模農家が地産地消の中│      │
│           │  心となりますので、しっかりと支援をしなければなりませ │      │
│           │  ん、支援策について、将来の農業経営の在り方についてお伺│      │
│           │  いいたします。                    │      │
│3 高齢者の健康づくり│(1)政府は、社会保障制度(年金・医療・介護・生活保護な │保健福祉部長│
│ 対策について    │  ど)を検討されるとともに消費税などの話題もでてきており│      │
│           │  ますが、経済状況や超高齢化時代を考えますと、医療や介護│      │
│           │  等の総費用の増大が予測されます。           │      │
│           │   国民が健康で安心して暮らせる社会環境が確立出来ること│      │
│           │  が重要と思います。それには、高齢者の健康づくりが中心に│      │
│           │  なります。基本は健康診断です。健康診断の推進状況につい│      │
│           │  て(特に60歳以上・40歳以上・20歳以上)、また、これから│      │
│           │  の予防対策の総合的な取り組みについてお伺いいたします。│      │
│           │(2)地域高齢者の健康づくり(自治会・集落など)特に65歳以│      │
│           │  上の方、遠方に歩いて行けない方への現状の推進内容につい│      │
│           │  て(体操・グランドゴルフ・ゲートボール・輪投げなど)、│      │
│           │  また、今後の取り組み政策についてお伺いいたします。  │      │
│4 結婚支援対策につい│(1)少子化対策の基本は、結婚からであると考えます。私は県│市長    │
│ て         │  の委嘱を受けマリッジサポーターとして活動しております │保健福祉部長│
│           │  が、市内研究機関等には、県外からの独身者が多くおりま │      │
│           │  す。つくば市で結婚して定住していただくために、行政政策│      │
│           │  の支援事業として各研究機関の総務部門に、ご提案すること│      │
│           │  も、つくば市の役割であり発展につながるものと考えます。│      │
│           │  今後の考え方をお聞きいたします。また、9月議会一般質問│      │
│           │  で結婚支援を検討しますとご答弁をいただいておりますが、│      │
│           │  その後の検討状況についてお伺いいたします。      │      │
│5 小田城跡整備につい│(1)小田城跡整備は、今までにも一般質問をしておりますが、│教育委員会 │
│ て         │  整備等も順調に進んでおるように感じます。現在までの発掘│事務局長  │
│           │  調査の状況について、整備状況について、また、今後の整備│      │
│           │  計画などの内容についてお伺いいたします。       │      │
│6 つくバス・つくタク│(1)つくバス・つくタクの運営について、これまでの運営と費│企画部長  │
│ 利用について    │  用、利用者数はどう変化しておりますか。また、10月1日よ│      │
│           │  りバス停も新設し運行して頂いておりますが、運行の現状に│      │
│           │  ついてお伺いいたします。               │      │
│           │(2)つくタクの運行で高齢者の皆様が利用しやすく便利になっ│      │
│           │  たと思います。利用者について(利用者数・年齢・自宅から│      │
│           │  の登録者・目的地・時間帯など)、また、自宅からの登録者│      │
│           │  は、健康に配慮して自宅前から目的地の玄関前まで利用でき│      │
│           │  るシステムにする事について、つくば市の考え方をお伺いい│      │
│           │  たします。                      │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 30番   塩 田   尚 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 北方領土返還運動に│(1)直近の国際会議に於けるロシア大統領の発言をどう受け止│市長    │
│ ついて       │  めるか                        │      │
│           │(2)2月7日の「北方領土の日」へ向けて市長が市民へメッセ│      │
│           │  ージを発するべきではないか              │      │
│2 給食センターの跡地│地域活性化のための有効利用を検討してはどうか       │教育委員会 │
│ 利用について    │                             │事務局長  │
│3 自治基本条例につい│(1)市長の考える目的は                 │市長    │
│ て         │(2)「市民」の定義はどう考えているか          │      │
│4 一般競争入札導入に│議会の再議決をどう受けとめているのか           │市長    │
│ ついて       │                             │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 26番   今 井   孝 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│           │? 平成23年度市政運営に対する重点施策要望書を提出し、その│      │
│           │ 回答をいただいておりますが、その中から6点について、現在│      │
│           │ の進捗状況を伺います。                 │      │
│1 周産期医療体制の整│ 周産期医療体制の整備促進について要望いたしましたが、その│保健福祉部長│
│ 備促進について   │要望に対し、周産期を含めた医療環境の充実向上を推進していく│      │
│           │こと、整備に関する構想の検討・新たな基金の設置との回答をい│      │
│           │ただいております。現在の進捗状況を伺います。       │      │
│2 高齢者用の遊具につ│ 高齢者用の遊具を身近な場所で使えるように配慮をおねがいい│保健福祉部長│
│ いて        │たしましたが、今年度は大穂・豊里・谷田部西地区に設置を予定│      │
│           │している旨の回答をいただいております。現在の進捗状況をご報│      │
│           │告ください。                       │      │
│3 防犯灯など施設整備│ 防犯灯など施設整備の積極的な推進について要望いたしまし │環境生活部長│
│ の積極的な推進につい│た。安全安心なまちづくりの環境整備の一環として年間約300  │      │
│ て         │灯の防犯灯整備を進めていること、LEDの実証実験の検討を進│      │
│           │めるとの回答をいただいておりますが、その中から今年度LED│      │
│           │の実証実験の取り組みを伺います。             │      │
│4 消防本部庁舎と一体│ 消防力強化のための積極的な取り組みについて要望をさせてい│消防長   │
│ 化した防災拠点の整備│ただいたが、中央消防署老朽化を踏まえ、消防本部庁舎と一体化│      │
│ について      │した防災拠点の整備に取り組むとの回答をいただいております。│      │
│           │本年度、消防庁舎整備基本計画の取組を伺います。      │      │
│5 研究学園駅への快速│ TXの増便と研究学園駅への快速列車停車については、昨年10│都市建設部長│
│ 列車停車について  │月のダイヤ改正で増便されたこと、平成24年秋を目途に車両の増│      │
│           │強が行われる予定との回答をいただいております。また快速列車│      │
│           │の研究学園駅への停車についても昨年同様取り組んでいただいた│      │
│           │かと思います。やり取りの詳細と実現可能性について、お伺いし│      │
│           │ます。                          │      │
│6 総合教育研究所の運│ 総合教育研究所の効果的・効率的な運営について要望しました│教育長   │
│ 営について     │が、今年度の取組の中から、教育における諸問題の調査・研究の│      │
│           │推進について、また効果的な運営という点について、現在の活用│      │
│           │状況・特にどのような方々に活用されているか、またそのねらい│      │
│           │について伺います。                    │      │
│? TX沿線開発の整備│ つくばの魅力を十分に発揮し、都市間競争に勝ち抜く街を創っ│都市建設部長│
│ 進捗と計画人口定着に│ていかなければなりません。つくばの魅力を抽象的な表現でな │      │
│ 向けた市の取り組みに│く、具体的にどこが優れているのか、比較してどのような点が魅│      │
│ ついて       │力なのかを示していく必要があると思いますが、市の考えを伺い│      │
│           │ます。住宅購入予定者がどのような公共サービスを求めている │      │
│           │か、都市環境を求めているか、把握するための取組を伺います。│      │
│? 平成24年度の予算編│ 2008年の金融危機以降、持ち直しつつあった日本経済も、3月│      │
│ 成方針について   │の東日本大震災、世界経済の不安定要因を抱え、楽観できない現│      │
│           │状にあります。国・地方の財政状況と先日示された平成24年度予│      │
│           │算編成方針について伺います。               │      │
│           │ 経常経費の抑制・総人件費について・自主財源の確保に向けた│財務部長  │
│           │取り組みなど、また平成22年度から26年度までの5か年計画で進│企画部長  │
│           │められているつくば市行政改革実施計画(行政改革マニフェス │      │
│           │ト)の進捗を含め、今後のつくば市が自立した自治体運営を進め│      │
│           │ていくための考えを伺います。               │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 19番   安 井   茂 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 東日本大震災を経験│ 東日本大震災は大きな爪あとを残し、あらためて大自然の恐ろ│      │
│ してのつくば市の対応│しさを実感しました。原発の人災も安全神話をことごとく覆しま│      │
│ について      │した。つくば市も震災に見舞われ、放射能の汚染に振り回され、│      │
│           │やっと復旧の目途がついたようです。今後、こうした災害にいつ│      │
│           │見舞われるか分かりません。震災において経験した反省、今後の│      │
│           │課題についてお伺いします。                │      │
│           │(1)市長は、震災、放射能汚染について何かを学び、習得した│市長    │
│           │  事と思います。今後の対処方、感想についての思いを述べて│環境生活部長│
│           │  欲しい。                       │      │
│           │(2)6月の私の一般質問で提示していただいた被害状況の調査│企画部長  │
│           │  表の中で、まだ復旧出来てない箇所と今後の見通しについて│      │
│           │  教えて欲しい。                    │      │
│           │(3)震災による税収の見込み額について教えて欲しい。   │財務部長  │
│           │(4)3月の本予算において震災の影響で執行が遅れたり、断念│財務部長  │
│           │  したりしたものは無いのか。例年に比較して、予算の執行率│      │
│           │  はどうか。年度末に工事による渋滞や多額の繰越金が出ない│      │
│           │  ように今のうちに明示して下さい            │      │
│2 つくば市東京事務所│ 東京事務所の存続については、二年前に一般質問で意見を述べ│市長公室長 │
│ の役割、意義について│させていただきました。その後、東日本大震災も起こり、東京事│      │
│ お伺いします    │務所のあり方にも変化があったことと思います。東京から50キロ│      │
│           │圏内にあるつくば市のつくば市東京事務所の役割、意義について│      │
│           │詳しく教えて欲しい。                   │      │
│           │(1)スタッフ並びにルーチン業務について教えて欲しい   │      │
│           │(2)本庁の各部所との連携はどうしているのか       │      │
│           │(3)企業誘致の実績とつくば市に進出してくれた企業へのフォ│      │
│           │  ローと対応について                  │      │
│           │(4)ビルからの退去が多いときくが実際にはどうなのか。  │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 24番   須 藤 光 明 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 市政運営について │(1)市開発公社を活用して小規模工業団地を造成し、企業を誘│市長    │
│           │  致することに対する市の考えについて          │      │
│           │(2)産業振興について、特に国や民間研究機関との連携による│市長    │
│           │  市内企業の具現化について               │      │
│           │(3)財源確保の土地利用について、特に市街化調整区域の活用│企画部長  │
│           │  は                          │      │
│2 公共施設について │ 吉沼交流センターの建設計画の方針、併せて吉沼出張所の早期│市民部長  │
│           │開設の考え方について                   │      │
│3 道路行政について │(1)県道つくば古河線とつくば千代田線の接点である今鹿島十│都市建設部長│
│           │  字路の整備現状と経過について             │      │
│           │(2)県道谷田部赤浜線の現状と今後の整備計画について   │      │
│4 観光振興について │ 西高野地区ため池整備後の活用と周辺整備事業の考えについ │経済部長  │
│           │て、特に池整備と併せて計画した補助事業の経過と現状は   │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  4番   浜 中 勝 美 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 非常勤職員について│ パートタイムや派遣、契約社員といった非正規労働者は約1800│総務部長  │
│           │万人、2010年10月の時点で全労働者に占める非正規労働者の割合│      │
│           │は38.7%に及ぶとのことです。非正規労働者が社会で果たす役割│      │
│           │はますます大きくなっており、待遇改善策等が緊急課題となって│      │
│           │おります。市でも多くの非常勤職員の方々がおられます。そこで│      │
│           │非常勤職員についての取り組みについてお伺いします     │      │
│           │(1)市の非常勤職員数(部署別、勤務時間別の人数)    │      │
│           │(2)非常勤職員に対して、賃金・休暇等の待遇改善策の取り組│      │
│           │  みについて                      │      │
│2 セーフティーネット│ 全国の雇用情勢は、緩やかな改善の動きがみられるも、依然厳│      │
│ について      │しい状況にあり失業者の3人に1人は1年以上の長期失業者とな│      │
│           │ってしまっており、また生活保護受給者が205万人を超えたと  │      │
│           │のことですのでセーフティネットについてお伺いします    │      │
│           │(1)つくば市ふるさとハローワークの相談件数等が減少してい│経済部長  │
│           │  るようですが、推移及びその要因、改善策について    │      │
│           │(2)ハローワークの誘致について             │経済部長  │
│           │(3)生活保護受給世帯の状況について、(65歳以上の高齢者世│保健福祉部長│
│           │  帯、傷病・障害者世帯、母子家庭、その他世帯別に)   │      │
│           │(4)ハローワークと福祉事務所との連携による、自立支援プロ│保健福祉部長│
│           │  グラムの基本的な方針とスタートしての実績について   │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  6番   田 中 サトエ 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 こどもを放射線被害│ 乳幼児、児童、妊産婦は放射能の影響を受けやすいので、特別│環境生活部長│
│ から守るために   │の対策が必要です。健康調査を希望する子どもについて、尿検査│      │
│           │などの実施について見解を伺います。            │      │
│2 避難者の借り上げ住│(1)借り上げ住宅の状況について             │総務部長  │
│ 宅と寒さ対策について│(2)暖房器具の支給状況について             │      │
│3 「子ども・子育ての│ 国は、保育制度を根本から変えようとしています。規制緩和で│保健福祉部長│
│ 新システム」について│企業の参入を広げ、細切れの預かり保育になるために、保育の質│      │
│           │が低下することが心配されます。これまで父母の要望や保育者の│      │
│           │研修努力によって、保育条件を改善し、保育内容を充実してきた│      │
│           │積み重ねが崩されます。子どもの命を守り、豊かな育ちを保障す│      │
│           │ることが国・自治体の責任です。新システムではなく、保育制度│      │
│           │の充実を進めるべきと考えます。市の見解を伺います。    │      │
│4 葛城小学校と春日小│(1)葛城小と春日小のどちらを選ぶのかについて、親も子ども│教育長   │
│ 中一貫校について  │  も悩み翻弄されています。施設一体型の春日小中一貫校の建│      │
│           │  設が事態をこのように複雑にした原因です。基本に立ち返 │      │
│           │  り、学区に沿って就学することが良いと考えるが見解を伺い│      │
│           │  ます。                        │      │
│           │(2)葛城小の耐震化を早急に実施することについて。    │教育委員会 │
│           │                             │事務局長  │
│5 TX駅前の駐輪場に│(1)TXつくば駅前の駐輪場は相変わらず不足しています。5│都市建設部長│
│ ついて       │  億円で購入したつくば駅前の空き地を当面の間、無料の駐輪│      │
│           │  場としてはどうですか。駅ビルの建設の際には地下に駐輪場│      │
│           │  を作ることについて見解を伺います。          │      │
│           │(2)万博記念公園駅の駐輪場の整備について        │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 12番   橋 本 佳 子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 放射能汚染について│(1)除染計画を立てるために測定器を増やし、測定する職員を│市長    │
│           │  雇用すること。                    │環境生活部長│
│           │(2)事故がおきてから、すでに8ケ月も経過している。1日も│市長    │
│           │  早い除染作業に入ること。その為には、市が主体的に実測を│環境生活部長│
│           │  進め市民からの情報提供のお願いをすること。      │      │
│           │(3)除染のための手引書と生活手引書を全戸に配布すること。│市長    │
│           │                             │環境生活部長│
│           │(4)計画実行の裏付けになる24年度予算を確保すること。  │市長    │
│           │                             │環境生活部長│
│           │(5)23年度は、補正予算を組み高い地域の除染に取り掛かり費│市長    │
│           │  用は東電に請求すること。               │環境生活部長│
│           │(6)給食食材の測定器を増やしすべての給食センターの毎日の│教育委員会 │
│           │  測定結果を公表すること。               │事務局長  │
│           │ 以上について見解を求めます。              │      │
│2 震災被害からの復興│(1)一部損壊家屋の修繕費補助を社会資本整備交付金活用の再│保健福祉部長│
│ について      │  検討で実施すること。                 │      │
│           │(2)液状化対策推進事業の活用で液状化被害地域の復興を支援│都市建設部長│
│           │  すること。                      │      │
│           │ 以上について見解を求めます。              │      │
│3 国民健康保険につい│(1)保険税の値下げをすること              │市長    │
│ て         │(2)国保医療費負担3割について、低所得者に対する一部負担│保健福祉部長│
│           │  金減免要綱を作ること                 │      │
│           │ 以上について見解を求めます。              │      │
│4 介護保険の制度改変│(1)来年予定されている保険料の値上げに対して「財政安定化│保健福祉部長│
│ と介護保険事業につい│  基金」や「介護給付費準備基金」を取り崩し保険料の値上げ│      │
│ て         │  を抑えること。                    │      │
│           │(2)保険料や、利用料の減免を復活させること。      │      │
│           │(3)介護保険事業計画策定は、全高齢者を対象にした「悉皆調│      │
│           │  査」を実施し生活実態や介護ニーズをつかみ直し反映させる│      │
│           │  こと。                        │      │
│           │(4)介護予防・日常生活支援総合事業の導入はせず、現行の施│      │
│           │  策の充実を行うこと。                 │      │
│           │ 以上について見解を求めます。              │      │
│5 TPPについて  │(1)参加すべきでないと考えるが市の見解は。       │市長    │
│           │(2)参加をしないよう国に対し意見を出すこと。      │経済部長  │
│           │ 以上について見解を求めます。              │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  7番   五十嵐 立 青 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 世界都市戦略につい│ グローバリゼーションがあらゆる業態・地域において進展する│      │
│ て         │中、地方自治体もその影響から無関係であることはあり得ない。│      │
│           │グローバリゼーションに戦略的に対応をする中でつくば市にとっ│      │
│           │てメリットのある環境を自ら創り出すことが求められる。今議会│      │
│           │においてはその環境づくりの視点から2点質問を行う。    │      │
│           │? 戦略的都市交流について                │      │
│           │  従来の自治体間交流は姉妹都市・友好都市の形を取ることが│      │
│           │ 多かった。市民交流・文化交流という点で多様性への影響等プ│      │
│           │ ラスの面も多く見られたが、具体的な成果物が可視化されてい│      │
│           │ ないため、費用対効果も含め一部自治体では再検討の声も聞か│      │
│           │ れ始めている。しかし、都市間交流の重要性は今後も増大する│      │
│           │ と考えられ、戦略的に行うことで多くのメリットを生み出し得│      │
│           │ るものである。具体的メリットとして想定されるものはまず世│      │
│           │ 界都市つくばとしてのプレゼンス向上である。自治体としての│      │
│           │ 存在感を示すことそれ自体がブランディングにつながる。さら│      │
│           │ には、モノ・カネ・ヒトの流れを生み出すきっかけにもつなが│      │
│           │ る。アジアを中心とした成長都市との自治体間ネットワークに│      │
│           │ おいて新しい販路開拓・観光客誘致・人的資源の流動が進むこ│      │
│           │ とはつくばにとって有為な成長資源となり得る。以上の問題意│      │
│           │ 識を踏まえ:                      │      │
│           │(1)つくば市が結んでいる姉妹都市・友好都市についての市長│市長    │
│           │  の評価・課題認識                   │      │
│           │(2)姉妹都市・友好都市に対する拡大・縮小を含めた今後の方│市長    │
│           │  針                          │      │
│           │(3)広域な自治体間ネットワークである CITYNET 加入等を  │市民部長  │
│           │  含めた戦略的都市交流の拡大              │      │
│           │ について伺います。                   │      │
│           │? インターナショナルスクールについて          │      │
│           │  つくばを一流の世界都市とするためには、外国企業・研究者│      │
│           │ にとって居住性・利便性といった生活環境を高めていく必要が│      │
│           │ ある。本年5月に策定されたつくば市国際化基本指針において│      │
│           │ も「インターナショナルスクール等の充実」が掲げられてい │      │
│           │ る。インターナショナルスクールの存在は単に現在いる外国人│      │
│           │ 子弟に対する生活環境の向上に留まらず、居住を選択する際に│      │
│           │ 大きな条件となる教育に対して積極的な意味付けを与えるもの│      │
│           │ である。そこで:                    │      │
│           │(1)つくば市国際化基本指針の「インターナショナルスクール│市民部長  │
│           │  等の充実」について検討されている具体的内容      │      │
│           │(2)「つくば市立」としてのインターナショナルスクールの設│市長    │
│           │  立の可能性と上郷高校の利用              │教育長   │
│           │ について伺います。                   │      │
│2 「学生が起業するま│ つくばは研究学園都市であり、学生が多く集うまちでありなが│      │
│ ち」へ向けた起業支援│ら、これまでまちづくりに対する学生の参加は部分的に留まって│      │
│ 策について     │きた。逆に学生街のゴミ問題・騒音問題・駐車問題といったモラ│      │
│           │ルに関する問題が指摘されることが多く、まちづくりに主体的に│      │
│           │関わることは少なかった。しかしながら、全国から集まる「情報│      │
│           │の請負人」である学生の柔軟なアイディア・行動力を積極的なま│      │
│           │ちづくりの担い手として育成していくことは、つくばが都市とし│      │
│           │て新しいステージに進む際に意義あることであると考える。その│      │
│           │ための具体策として今回提案をするのが学生の起業支援のための│      │
│           │ビジネスプランコンテストを軸とした「学生起業支援のまち」と│      │
│           │してのつくばの位置づけである。学生が起業をするために必要な│      │
│           │資金・情報・オフィス・コンサルティング等を包括的に支援する│      │
│           │仕組みをつくばの企業や大学、関係各機関との連携によって構築│      │
│           │することで、学生の目をつくばに向け、実際に事業を行うリーダ│      │
│           │ーを育成することで学生がつくばに主体的に関わる起爆剤として│      │
│           │いくことが期待される。以上を踏まえ:           │      │
│           │(1)市長のつくば市の学生に対するまちづくりについての考 │市長    │
│           │  え、期待                       │      │
│           │(2)「(仮)学生起業ビジネスプランコンテスト」の関係各機│市長    │
│           │  関との連携による開催                 │      │
│           │ について伺う。                     │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  1番   塚 本 洋 二 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 東日本大震災で被害│ 9月定例会で質問いたしました、屋根瓦の無料搬入の延長につ│環境生活部長│
│ を受けた屋根瓦の無料│いてですが、その後の状況について伺います。        │      │
│ 搬入について    │                             │      │
│2 市内小・中学校及び│(1)現在の対策状況について               │教育委員会 │
│ 幼稚園、保育所の敷地│                             │事務局長  │
│ 内の防犯対策について│(2)今後の対策について伺います。            │保健福祉部長│
│           │                             │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 16番   小 野 泰 宏 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 科学技術振興につい│ つくば市においては、科学技術の振興は、その課せられた使命│市長    │
│ て         │からいっても、他の都市にはない重要性があります。以下の観点│企画部長  │
│           │について、伺います。                   │      │
│           │(1)現在策定をしている科学技術振興に関する指針の策定状況│      │
│           │  (目的・目標、参加メンバー、経過)、今後の展開について│      │
│           │(2)先ごろつくば市が共同申請した国際戦略総合特区の概要と│      │
│           │  今後の見通しについて                 │      │
│2 地域における防災力│ 東日本大震災の発生を受けて、様々な施策の見直し・対策が必│市長    │
│ 向上を目指すことにつ│要ですが、その中の一つに地域における防災力向上の取り組みが│環境生活部長│
│ いて        │あると考えます。                     │保健福祉部長│
│           │ 平常時からの体制作りが欠かせませんが、これまでこうした取│消防長   │
│           │り組みを数年前から社会福祉協議会が主催し、関係者の協力を得│教育委員会 │
│           │て進めてきました。                    │事務局長  │
│           │ 今年度も、すでに取り組みが進められていますが、当日の地域│      │
│           │防災訓練の前に、地域防災活動ワークショップ「地区組織リーダ│      │
│           │ーワークショップ」「防災地域連携ワークショップ」などの非常│      │
│           │に重要な示唆に富む取り組みも予定されています。      │      │
│           │ こうした取り組みに、つくば市としてもより積極的に参加する│      │
│           │べきと考えますが、この取り組みに関するつくば市のかかわり方│      │
│           │について、伺います。                   │      │
│3 来年度予算編成方針│ 来年度の予算編成に関する方針・基本的な考え方が先ごろ示さ│財務部長  │
│ と予算管理について │れました。様々な社会情勢の中、どのような認識で編成をしてい│環境生活部長│
│           │くのか、伺います。                    │      │
│           │ また、今後の予算管理についての考えについても、伺います。│      │
│           │(1)来年度の歳入の見通しについて、震災の影響や企業業績の│      │
│           │  影響について、どのように考えるか           │      │
│           │(2)来年度の歳出見通しについて、震災の対応や放射線対策な│      │
│           │  どを含めどのように考えているか            │      │
│           │(3)編成にあたっての基本的な考え方について       │      │
│           │(4)事業の結果・成果に対しより動機づけが働く連動した予算│      │
│           │  管理を行う考えについて                │      │
│4 施策評価について │ 先ごろ試行した施策評価の概要と今後について、伺います。 │企画部長  │
│           │(1)試行の趣旨・施策の選定・評価の視点について     │      │
│           │(2)行政経営懇談会による外部評価の内容について     │      │
│           │   指摘事項・感想など                 │      │
│           │(3)今後の方向性・展開について             │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 31番   金 子 和 雄 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 放射線量対策につい│ 市内の調整池で放射線量の高い数値が測定されたが、対応とそ│環境生活部長│
│ て         │の後について市の対策を伺いたい。             │      │
│2 東海第二原発につい│ 村上東海村長は東海第二原発の廃炉を国に求めているが、国の│市長    │
│ て         │原子力安全委員会では緊急防護措置区域を30キロに拡大してきて│      │
│           │います。取り巻く状況に変化がありますが、東海第二原発の廃炉│      │
│           │について市の考えを伺いたい。               │      │
│3 文化財について  │(1)小田城跡の進捗状況と来期の取り組みを伺いたい。   │教育委員会 │
│           │(2)東日本大震災で破損した国・県・市指定の文化財の修復や│事務局長  │
│           │  国登録、個人所有等々の文化財の復旧について伺いたい。 │      │
│           │(3)開発や調査などの遺跡で発掘された出土遺物について伺い│      │
│           │  たい。                        │      │
│4 電力自由化と電気の│ 先の議会で検討をするとしたが、予算編成期を迎えどのような│総務部長  │
│ 入札について    │取組みが進められているのか伺いたい。           │      │
│5 特別支援学校を震災│ 東日本大震災発生を受け、避難施設となった特別支援学校もあ│環境生活部長│
│ 時に避難場所とするこ│ると聞きますが、障がい児・者など特別な配慮を必要とする災害│      │
│ とについて     │弱者への支えとなります。市内の特別支援学校を避難施設として│      │
│           │関係機関に要望してはいかがか伺います。          │      │
│6 (独)農業・食品産│ 作物研究所において、拡散防止対策が不十分のまま遺伝子組み│経済部長  │
│ 業技術総合研究機構作│換え実験が行なわれていたことが判明しました。しかも問題発生│      │
│ 物研究所の不適切実験│から二ケ月も過ぎての市への報告と聞きますが、その実験内容と│      │
│ について      │市への報告、今後の対応について伺いたい。         │      │
│7 (独)産業技術総合│ つくばセンター第三事業所内で無届けの核燃料物質が長く保管│環境生活部長│
│ 研究所における核燃料│されていたことについて市に報告があったと聞きますが、その内│      │
│ 物質の保管について │容と対応について伺いたい。                │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 23番   田 宮 直 子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 つくば市の新形態産│ 新産業の育成は、雇用や経済の活性化の点からも大変貴重であ│経済部長  │
│ 業育成に対する支援と│ると考えるので、下記の点について見解を伺う。       │      │
│ 方策について    │(1)新産業を活用した観光ルートの開発について      │      │
│           │(2)広報・宣伝について                 │      │
│           │(3)流通・販売ルート開拓について            │      │
│2 平成24年度からの中│ 24年度の文部科学省の学習新指導要領中学校保健体育では、 │教育長   │
│ 学校保健体育について│中1・中2は「武道」は必修。               │      │
│           │  中3は「武道」と「球技」から選択(男女共)      │      │
│           │ 「武道」は「柔道」「剣道」「相撲」のどれかを選択して各学│      │
│           │校が計画するという。                   │      │
│           │(1)けがの心配はないのか                │      │
│           │(2)女子の場合、相撲はどのようになるのか        │      │
│           │(3)中学校の計画の進捗状況と指導する体育教師などの育成・│      │
│           │  配置・対応など大丈夫か伺う。             │      │
│3 北条の街づくりにつ│ 北条の街づくり振興会は発足後4年余りが過ぎ、イベントがあ│経済部長  │
│ いて        │る時は人手が多く、歴史探訪と相まって活動が着実に進んでいる│      │
│           │事に会員の一人として、役員・スタッフ・ボランティアの方々に│      │
│           │敬意を表する。                      │      │
│           │ しかし、従来の商店街の店舗の売上は、なかなか向上していな│      │
│           │いように見受けられるが、                 │      │
│           │(1)市として商店街の売上向上の為、どのような指導・支援を│      │
│           │  しているか                      │      │
│           │(2)トイレの設置をすべきではないか           │      │
│           │(3)北条の魅力を伝えるパンフレットにお薦め品や作文・感想│      │
│           │  文などを掲載することについて見解を伺う。       │      │
│4 3月11日の東日本大│ 3月11日の大震災以来、倒れていた灯籠や垣根などの大部分は│保健福祉部長│
│ 震災以後の史跡や記念│復旧した。しかし、子供が遊ぶ公園や神社などで、コンクリート│教育委員会 │
│ 碑について     │の劣化や倒壊の危険性のある史跡や記念碑などが存在する。そこ│事務局長  │
│           │で、人命尊重の観点から見て市の負担で修繕・復旧を行うことに│      │
│           │ついて見解を伺う。                    │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 10番   瀬 戸 裕美子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 生涯学習推進基本計│ つくば市生涯学習推進基本計画が平成18年度から推進されてい│      │
│ 画について     │ます。10年の計画ということで、前期計画を平成18年から22年、│      │
│           │後期計画を23年から27年と位置づけ、今年度は後期計画の見直し│      │
│           │を検討しているところと理解しております。         │      │
│           │ そこで以下の質問をします。               │      │
│           │(1)計画の進捗状況、現状、課題について         │市民部長  │
│           │(2)諮問を受け、生涯学習審議会がこの計画について検討して│市民部長  │
│           │  いますが、その中で指摘されていること、議論していること│      │
│           │  はどのようなことでしょうか。             │      │
│           │(3)地域交流センターに設置されていた市民開放端末(市民用│企画部長  │
│           │  インターネットパソコン)が引き上げられましたが、その経│市民部長  │
│           │  過と今後の予定について。               │      │
│2 放射能対策について│(1)放射線対策について、市長の話を視聴しました。市民が求│市長    │
│           │  める安全について、市の対策や現状などが話され、今後計測│      │
│           │  をドンドンやっていく、検査品目を増やしたい、市民が放射│      │
│           │  線についての知識を深めるための専門家による講演会の開催│      │
│           │  などが述べられました。9月議会の答弁から変化したように│      │
│           │  感じられましたが、何か新たな知見が得られたのでしょう │      │
│           │  か。                         │      │
│           │(2)11月11日に放射能対策懇話会が開かれました。     │環境生活部長│
│           │   学校給食や放射線対策における市独自の基準値設定につい│      │
│           │  て、懇話会の意見を今後の対策にどのように生かしていくの│      │
│           │  でしょうか。                     │      │
│           │(3)現在、つくば市が国や県に要望している内容をお聞かせく│環境生活部長│
│           │  ださい。                       │      │
│           │(4)今後の除染について(除染計画の内容、調査方法)   │環境生活部長│
│           │(5)放射性物質汚染対処特措法における除染では、私有地、県│環境生活部長│
│           │  道、市道の扱いはどのようになりますか         │      │
│           │(6)今回の福島原発事故の影響は、低線量被曝といわれていま│環境生活部長│
│           │  すが、今後健康への影響を追跡する必要があります。健康調│      │
│           │  査についての市の考えをお聞きします。         │      │
│           │(7)測定器の貸出しについて               │環境生活部長│
│           │   貸出時間が3時間程度と短いので、筑波・茎崎方面など市│      │
│           │  役所から遠い地域では使いにくい状況です。各窓口センター│      │
│           │  や地域交流センターなどに置くことはできないでしょうか。│      │
│3 障害者福祉について│(1)福祉相談機能の改善                 │保健福祉部長│
│           │   移動に困難を伴う障害者にとって、身近で気軽に相談でき│      │
│           │  る地区ごとの相談所がほしい。相談に乗れる職員の配置など│      │
│           │  も合わせ、地域交流センターの活用など考えられないでしょ│      │
│           │  うか。                        │      │
│           │(2)自立支援懇談会の提言は、施策にどのように生かされてい│保健福祉部長│
│           │  るのでしょうか。例えば移動支援の不足については当初より│      │
│           │  懸案になっていたが、改善に向けての取り組みはいかがです│      │
│           │  か。                         │      │
│           │(3)自立支援懇談会や各部会の議事録(特に課題の洗い出し、│保健福祉部長│
│           │  提言の内容など)は、より多くの市民に共有できるように公│      │
│           │  開することが必要だと思いますが、これについてどう考えま│      │
│           │  すか。                        │      │
│           │(4)安心してサービスを受けられる事業者を増やすための施策│保健福祉部長│
│           │  が必要です。自立支援サービスができる事業所の数、ヘルパ│      │
│           │  ーの人数を伺います。                 │      │
│           │(5)障害者の社会参加を支援するために、作業所や、作品、製│保健福祉部長│
│           │  品を販売できる場所を市が提供することについてお聞きしま│      │
│           │  す。                         │      │
│           │(6)バリアフリーについて                │保健福祉部長│
│           │  ア 現在つくタクは折りたためない電動車椅子では利用でき│      │
│           │   ませんが、該当する人は何人いますか。        │      │
│           │  イ 公共施設のバリアフリーの進捗状況について。    │      │
│           │(7)特別支援教室は、現在3人以上の希望者が集まらないと新│教育委員会 │
│           │  規に設置されない様に聞いていますが、特別な支援を必要と│事務局長  │
│           │  する生徒がいる限り、学級の設置は必須と考えます。どのよ│      │
│           │  うな根拠で3人以上と決めているのでしょうか。     │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                  9番   永 井 悦 子 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 自治基本条例策定に│ 自治基本条例策定は、骨子案のたたき台作りにとりかかってい│      │
│ ついて       │ます。今後骨子案提案、策定会議立ち上げと続きますが、現状な│      │
│           │どを伺います。                      │      │
│           │(1)策定作業の現状及び今後の進め方           │総務部長  │
│           │(2)自治基本条例制定の「目的と効果」について      │市長    │
│           │(3)二元代表制に基づく意思決定と執行のあり方は     │市長    │
│           │   予算決定、決算認定、条例づくり、行政チェック……議会│      │
│           │  事務事業の執行……市長・行政、特に市長は強い権限を持っ│      │
│           │  ています。この前提は、市民が選挙を通じて議会を構成する│      │
│           │  議員と市長を選ぶ「負託」に基づくものであると考え、まち│      │
│           │  づくり(市政)の主体は市民であり、主権は市民にあると規│      │
│           │  定することへの市長の考えをお聞かせ下さい。      │      │
│2 決算と予算編成につ│ 平成24年度予算編成方針が公表されています。それには五つの│財務部長  │
│ いて        │重点政策の着実な推進とともに、市民が真に求めているものを重│      │
│           │点的に施策化すると示されています。以下の点を伺います。  │      │
│           │(1)税収規模と歳入概要について             │      │
│           │(2)地方交付税、補助率などの変更、各種制度改正情報につい│      │
│           │  て                          │      │
│           │(3)主な新規、継続事業について             │      │
│           │(4)事業評価、行政改革はどのように反映されますか    │      │
│           │(5)市民に分かりやすい予算と決算の情報提供について   │      │
│3 地球温暖化対策につ│ つくば市の法定計画である地球温暖化対策地方公共団体実行計│環境生活部長│
│ いて        │画がつくられました。これまで市は、つくば環境スタイル計画に│      │
│           │そって温暖化対策を進めて来ていますが、温暖化対策実行計画に│      │
│           │ついて伺います。                     │      │
│           │(1)計画の方針と概要について              │      │
│           │(2)推進体制、進捗管理はどのようになりますか      │      │
│           │(3)実践クラブの内容について              │      │
│           │(4)つくば環境スタイル計画・行動計画との関係、地球温暖化│      │
│           │  対策地方公共団体実行計画の追加施策について      │      │
│4 関係機関との協定に│ つくば市内には、多くの民間や公的事業所・研究所が存在し、│      │
│ ついて       │市民の日常生活と深く関係しています。これ等は、市民生活にど│      │
│           │のような影響があり、市との取り決めはどのようになっているの│      │
│           │か伺います。                       │      │
│           │(1)基本協定、個別協定締結の現状と今後の締結予定について│企画部長  │
│           │(2)防災・安全管理に関する協定について         │企画部長  │
│           │(3)一元的情報管理体制、市民への情報提供について    │市長公室長 │
│5 教育への取組につい│ 来年度予算編成の基本方針に掲げられている教育への取組につ│      │
│ て         │いて以下の点を伺います。                 │      │
│           │(1)春日小中学校開校について              │教育長   │
│           │  ア 開校準備会だよりの内容について、どのような話し合い│      │
│           │   が行われ、どのような方針・計画から決定されたのでしょ│      │
│           │   うか                        │      │
│           │  イ 地域、保護者へ直接の説明は行ないますか      │      │
│           │  ウ 葛城小の現状、今後の対応について         │      │
│           │(2)中部豊里学校給食センターについて          │教育委員会 │
│           │  ア 建設計画の進捗状況について            │事務局長  │
│           │  イ 残渣処理について                 │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 3番   ヘイズ ジョン 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 新しい住宅地の交通│ 新しい住宅地が発展するにつれ、管理が主な交差点ではなく、│都市建設部長│
│ 事情について    │信号のないロータリー(ラウンドアバウト)の使用を市は検討し│      │
│           │てはいかがですか                     │      │
│2 エネルギー政策につ│ 石油がだんだん少なくなり、原発事故による反核気運も高まり│環境生活部長│
│ いて        │つつある現在。市はこれからの新エネルギーの創造の発展を勘案│      │
│           │し、長期的なエネルギー政策を持っていますか        │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘
                 2番   山 本 美 和 議員
┌───────────┬─────────────────────────────┬──────┐
│  質 問 事 項  │         要         旨         │ 答 弁 者 │
├───────────┼─────────────────────────────┼──────┤
│1 つくば環境スタイル│ 『他地域のモデルとなるべく低炭素社会づくりを目指す「つく│市長    │
│ について      │ば環境スタイル」』の取り組みの状況について伺います。   │環境生活部長│
│           │ 『「市民等の協働の実践体制の構築」と「二酸化炭素削減技術│      │
│           │の開発・実験」とを統合して、国内・世界への発信・普及を図る│      │
│           │ことをコンセプトにしている』とのことですがここ近年、産・ │      │
│           │学・官連携による環境・次世代エネルギーなどの実証の取り組み│      │
│           │が他地域でも盛んになってきている現状があります。     │      │
│           │ つくばのイニシアチブを発揮するためにも今後の具体的な取り│      │
│           │組み等について市の考えを伺います。            │      │
│           │(1)伊藤忠商事との低炭素交通社会システムの共同実証プロジ│      │
│           │  ェクトの実施結果と総括、今後の展開について      │      │
│           │(2)全員参加のモニタリングシティ(実験タウンA)の状況と│      │
│           │  課題について                     │      │
│           │(3)低炭素環境モデルタウン(実験タウンB)の状況と課題に│      │
│           │  ついて                        │      │
│           │(4)近未来エネルギー(実験タウンC)の状況と課題について│      │
│           │(5)モニタリングシステムの稼働状況とCO2 削減状況につい│      │
│           │  て                          │      │
│           │(6)CO2 削減の見える化、スマートグリッドの導入について│      │
│           │  の考え                        │      │
│2 地域を支える情報拠│ 平成18年3月に文科省委託のこれからの図書館の在り方検討協│教育長   │
│ 点としての図書館のあ│力者会議が報告した提言「これからの図書館像」は、平成13年文│教育委員会 │
│ り方について    │科省告示の「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準」施行│事務局長  │
│           │後の社会や制度の変化、新たな課題等に対応して、これからの図│企画部長  │
│           │書館運営に必要な視点や方策等についての提言です。この基準・│市民部長  │
│           │提言の考え方について、市の図書館の現状と今後のあり方につい│      │
│           │て伺います。                       │      │
│           │(1)空間(施設)・人(職員配置)・資料(蔵書)、そしてレ│      │
│           │  ファレンスサービス・リクエストサービスという基本につい│      │
│           │  て現状と課題の認識について              │      │
│           │(2)図書館法第2条で、図書館の目的として、教養・調査研究│      │
│           │  ・レクリエーションの3つが挙げられ、すべての図書館で市│      │
│           │  民の調査研究を支援することが求められています。また、第│      │
│           │  3条7号では、図書館が時事に関する情報や、参考資料を作│      │
│           │  成して利用者に紹介することを定めていますが、この役割に│      │
│           │  ついての現状と今後のあり方についての考えを伺います。 │      │
│           │(3)新たな図書館の設置が困難な経済状況の中で、図書館サー│      │
│           │  ビスを充実させ、地域格差を解消するためにもネットワーク│      │
│           │  化・電子化の更なる充実が求められています。高齢者をはじ│      │
│           │  めとするインターネット接続環境にない住民がもっと気軽に│      │
│           │  利用できるようなシステムの検討について伺います。   │      │
│           │(4)図書館の管理は教育委員会ですが、社会教育機関であり、│      │
│           │  生涯学習政策の中で図書館運営の方向を示す必要もありま │      │
│           │  す。生涯学習の観点からの図書館のあり方、連携について考│      │
│           │  えを伺います。                    │      │
│           │(5)学校図書館との資源共有・連携が各地で進んでいますが、│      │
│           │  図書館事業の視点からの考えについて伺います。     │      │
│           │(6)電子書籍の普及に伴い、今後ニーズは高まると思います │      │
│           │  が、印刷資料と電子情報の両方を統合して利用できるハイブ│      │
│           │  リッド図書館の導入についての考えについて伺います。  │      │
└───────────┴─────────────────────────────┴──────┘



△質疑発言通告
  質 疑 発 言 通 告
                  6番   田 中 サトエ 議員
┌───────┬─────────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │           要         旨           │ 答 弁 者 │
├───────┼─────────────────────────────────┼──────┤
│ 議案第78号 │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第4号)           │      │
│       │(1)16P 諸収入・放射性物質測定事業受託事業収入について、どこか│環境生活部長│
│       │     らの収入か。                      │      │
│       │(2)21P 民生費・アイラブつくばまちづくり活動支援補助金につい │市民部長  │
│       │     て、どのような内容か。                 │      │
│       │(3)24P 衛生費・放射線測定器購入費について、購入の内容と財源。│環境生活部長│
│       │(4)36P 災害復旧費・地震災害廃棄物処理委託料について、減額の理│環境生活部長│
│       │     由は何か                        │      │
└───────┴─────────────────────────────────┴──────┘
                 12番   橋 本 佳 子 議員
┌───────┬─────────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │           要         旨           │ 答 弁 者 │
├───────┼─────────────────────────────────┼──────┤
│ 議案第78号 │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第4号)           │      │
│       │(1)P26 (款)5労働費 (項)1労働諸費           │経済部長  │
│       │      緊急雇用創出に要する経費についての委託内容について  │      │
│       │(2)P35 (款)10教育費 (項)6保健体育費          │都市建設部長│
│       │      体育施設整備に要する経費・土地購入についての内容   │      │
│ 議案第86号 │つくば茎崎こもれび六斗の森条例の一部を改正する条例について    │経済部長  │
│       │多目的ホールの利用状況は                     │      │
└───────┴─────────────────────────────────┴──────┘
                  9番   永 井 悦 子 議員
┌───────┬─────────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │           要         旨           │ 答 弁 者 │
├───────┼─────────────────────────────────┼──────┤
│ 議案第92号 │つくば市立ノバホールの指定管理者の指定について          │市民部長  │
│       │選考過程・選定理由について                    │      │
│       │(1)選定検討会議の開催状況(開催時間、出席者、主な意見・検討など)│      │
│       │(2)管理運営内容および事業計画が市民にどのように評価されているか│      │
│       │  はどのように測ったか。                    │      │
│ 議案第93号 │つくばカピオの指定管理者の指定について              │市民部長  │
│       │選考過程・選定理由について                    │      │
│       │(1)選定検討会議の開催状況(開催時間、出席者、主な意見・検討など)│      │
│       │(2)管理運営内容および事業計画が市民にどのように評価されているか│      │
│       │  はどのように測ったか。                    │      │
└───────┴─────────────────────────────────┴──────┘
                 31番   金 子 和 雄 議員
┌───────┬─────────────────────────────────┬──────┐
│  発言事項  │           要         旨           │ 答 弁 者 │
├───────┼─────────────────────────────────┼──────┤
│ 議案第78号 │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第4号)           │      │
│       │(1)22P 地域交流センター施設に要する経費           │市民部長  │
│       │(2)23P 原発避難者救助に要する経費              │総務部長  │
│       │(3)24P 放射線対策に要する経費                │環境生活部長│
└───────┴─────────────────────────────────┴──────┘



△請願文書表
 平成23年12月つくば市議会定例会
                     請 願 文 書 表
┌──┬────┬────────────┬─────────────┬──┬─────┬────┐
│受理│    │            │  提 出 者 の 住 所   │請願│ 紹介議員 │ 付 託 │
│  │受理月日│   件    名   │             │  │     │    │
│番号│    │            │  氏       名  │要旨│ 氏  名 │ 委員会 │
├──┼────┼────────────┼─────────────┼──┼─────┼────┤
│H23.│ 11.18│東日本大震災による各地区│つくば市******   │別紙│久保谷孝夫│文教福祉│
│14│    │の忠魂碑の修理復元の実現│つくば市遺族会連合会   │  │     │    │
│  │    │に関する請願書     │ 会長 *****    │  │     │    │
│  │    │            │         外348名 │  │     │    │
├──┼────┼────────────┼─────────────┼──┼─────┼────┤
│15│ 11.22│50kW以上の高圧契約をする│つくば市*****    │別紙│金子和雄 │総  務│
│  │    │市内施設について特定規模│千年先の未来・ツクろーかる│  │     │    │
│  │    │電気事業者も交えた電力供│ 代表 *****    │  │     │    │
│  │    │給契約の入札実施に関する│             │  │     │    │
│  │    │請願書         │             │  │     │    │
├──┼────┼────────────┼─────────────┼──┼─────┼────┤
│16│ 11.24│東海第二原子力発電所の再│つくば市*****    │別紙│金子和雄 │環境経済│
│  │    │稼働を認めず、廃炉を求め│脱原発ネットワーク茨城  │  │永井悦子 │    │
│  │    │る意見書提出する請願書 │ 世話人 *****   │  │     │    │
├──┼────┼────────────┼─────────────┼──┼─────┼────┤
│17│ 11.24│子ども・子育て新システム│つくば市******** │別紙│橋本佳子 │文教福祉│
│  │    │の導入に反対し、現行保育│新しいつくばを創る市民の会│  │田中サトエ│    │
│  │    │制度の拡充を求める意見書│ 代表 *****    │  │瀬戸裕美子│    │
│  │    │提出を求める請願書   │        外7団体 │  │永井悦子 │    │
├──┼────┼────────────┼─────────────┼──┼─────┼────┤
│18│ 11.24│「東海第2原発の廃炉を求│つくば市*******  │別紙│橋本佳子 │環境経済│
│  │    │める意見書」採択を求める│      ****** │  │田中サトエ│    │
│  │    │請願書         │新日本婦人の会つくば支部 │  │永井悦子 │    │
│  │    │            │ 代表 *****    │  │田宮直子 │    │
│  │    │            │             │  │金子和雄 │    │
└──┴────┴────────────┴─────────────┴──┴─────┴────┘



△請願23第14号
請願23第14号
 平成23年11月18日

 つくば市議会議長
     飯 岡 宏 之 様

                              請願者  市内各地区遺族会長
                               代表者 つくば市遺族会連合会会長
                                   住所 つくば市******
                                   氏名 *******

                                   つくば市谷田部地区遺族会長
                                   住所 つくば市******
                                   氏名 *******

                                   つくば市大穂地区遺族会長
                                   住所 つくば市****
                                   氏名 *******

                                   つくば市豊里地区遺族会長
                                   住所 つくば市******
                                   氏名 *******

                                   つくば市茎崎地区遺族会長
                                   住所 つくば市*****
                                   氏名 *******

                                   つくば市桜地区遺族会長
                                   住所 つくば市*****
                                   氏名 *******
                                           外署名者343名

                              紹介議員 久保谷 孝 夫


          東日本大震災による各地区の忠魂碑の修理復元の実現に関する請願書

 過去の大戦から66年が過ぎました。私達遺族は今日平和に生活していられるのも私達が最も信頼している父親、最も頼りにしていた子、最も愛し平和な生活を求めていた妻を残してお国の為とは言えども戦地に行かなければならなかった事実をだれがわかっていただけるだろうか。
 現在戦争を知らない国民が半数以上いるという現状を踏まえ、あの悲惨な戦争の教訓を次の世代に語り継ぎ、恒久の平和の願いを国民に向けさらに国際社会に向けて発信して行く事が私達の責務だと考えております。この悲劇を風化させることなく後世に伝承するためには只一つの形のあるものとして各地に建立されている忠魂碑だと考えております。
 この忠魂碑についてふれてみたいと思います。
 旧、旧町村で作られております。場所の公共用地、又それらに準ずる神社・寺など町村民が所有する場所に建立されております。碑の裏側には町・村名又は村民一同等記されております。各町村は相次合併により現在のつくば市になっている現状だと思います。
 私達が考えているものに建立60年以上過ぎるとコンクリートの役目も終わるようなお話しを聞いております。そこで公共用地である場所等で万が一忠魂碑が原因で怪我等があった場合どこに請求が行くのか心配をしております。市民を守るという点から危険性が高まり、不安感が広がる中にあって、東日本大震災により破損された従前のように住民が安全かつ安心して慰霊ができるようにする為、速やかに忠魂碑の修理・復元が実現されますよう各地区代表者の署名を添えて請願します。
 この忠魂碑は各地区の人々もちろん町村の人々が郷土出身の戦没者の慰霊顕彰の為に町・村が建立されたので責任はそれを受け継いだ市にあるものと考えます。
 この忠魂碑も今回の東日本大震災により被災しております。修理又は移転に関してご負担を頂きたく特別の取り扱いをお願い申し上げたくご請願いたします。
 県内での各市町村の修理に関して参考までに申し添えます。
 茨城町、東海村、城里町、那珂町、かすみがうら市が全額負担で修理されております。(平成23年8月1日現在)
 当つくば市関係では
      筑波地区     7碑の内5ケ所
      大穂地区     2碑の内2ケ所
      豊里地区     2碑の内2ケ所
      谷田部地区    5碑の内5ケ所
      茎崎地区     2碑の内2ケ所
      桜 地 区    3碑の内3ケ所
 が修理が必要となっております。
  参考書類として大阪府の箕面市が公費で移転されましたが、裁判の結果最高裁で合憲の判決が出ております。



△請願23第15号
請願23第15号
 平成23年11月22日

 つくば市議会議長
     飯 岡 宏 之 様

                               請願者  千年先の未来・ツクろーかる
                                     代表 *******
                                    住所 つくば市*****

                               紹介議員 金 子 和 雄


               50kW以上の高圧契約をする市内施設について
          特定規模電気事業者も交えた電力供給契約の入札実施に関する請願書

〔請願趣旨〕
 平成17年4月1日の電気事業法の改正により電力の自由化が行われ、50kW以上の高圧契約をする施設は、一般電気事業者(関東では東京電力、以下東電)だけでなく、全国に約50社ある特定規模電気事業者(以下PPS)とも電気供給契約を結ぶことができるようになりました。
 最近の新聞報道等で、PPSと電気契約を結ぶことで、電気料金を低減したという自治体や中央官庁の事例が多く聞かれるようになりました。切り替え時の初期費用も、ほとんどの場合で必要ありません。電力供給の安定性に関しては、「託送供給約款」により、東電がバックアップ電源として位置付けられておりますし、送配電は東電が所有する設備を使用しますので、全く心配ありません。
 つくば市においても、福島第一原発事故による放射能汚染の影響は深刻であり、多くの市民が、原発にたよらない町づくりを望んでいます。過去の政府や東電の試算によると、原子力発電のコストは低いとされていますが、日本の電気料金は、国際的に見て比較的高額であるのが現実です。自社では原発を持たないPPSを入札参加企業に加えることで、税金の無駄遣いを削減すると同時に、脱原発依存につなげることもできます。そして、電気料金の削減分は、新たな自然エネルギー導入の推進に活用して頂きたいと希望します。
 私たちは、つくば市、及び、つくば市議会対し、市内の50kW以上の高圧契約をする施設について、PPSも参加した電気供給契約に関する入札を実施することを請願します。

〔請願事項〕
 一般電気事業者だけでなく、特定規模電気事業者も参加した電力供給の入札を実施し、電気料金の低減を行うこと。



△請願23第16号
請願23第16号
 平成23年11月24日

 つくば市議会議長
     飯 岡 宏 之 様

                                請願者  脱原発ネットワーク茨城
                                      世話人 *******
                                     住所 つくば市*****

                                紹介議員 金 子 和 雄
                                     永 井 悦 子


        東海第二原子力発電所の再稼働を認めず、廃炉を求める意見書提出する請願書

請願主旨
 平成23年3月11日、東日本大震災を契機に起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故は、「五重の壁」と言われた安全対策をも吹き飛ばす、あってはならない原発事故となり、茨城県下の自治体も福島原発に由来するセシウムなど放射線物質の汚染地帯とされてしまいました。
 しかも、末だに完全な収束もなしえず、このまま安定したとしても事故処理、廃炉とするために30年以上の歳月が必要だと原子力安全委員会から示されてもいます。そして、現実に起きうる事故対策として、新たに30キロ圏内での住民避難計画の策定を、さらに50キロ圏内の市町村で放射性ヨウ素対策の確立が必要であるとされることになりました。
 茨城県には東海村に日本原子力発電会社による東海原子力発電所が存在し、その二号機が、建設から33年となる老朽化となりながら操業を続けてきました。今回の震災では、福島第一原発と同じく、地震と津波に見舞われて外部電源は切れ、非常用電源も被害を受けながら、破損しなかった非常電源の一部を使用して冷却を続け、三日目にようやく冷温停止となるという、間一髪の事態となり、現在はそのまま定期点検に入って、地震の被害であるタービン損傷の修理、定期点検、新たな安全対策の追加工事が進められています。
 今までこのような重大事故は起きないとされてきた「安全神話」は崩れ去りました。すでに原子力安全委員会で30キロ圏内に広げることとされた事故時の立ち入り禁止区域ともなる地域に、この茨城県の東海原発の場合100万人、20キロ圏内でも75万人が生活している人口稠密地帯を抱える東海原発は、これ以上の操業を認めることはできません。さらに、この間だけでも老朽化に伴うと思われるダクトの腐敗による穴あきや人為的ミスの多発など、県民、市民の安全性を確保することはかなわぬものとなっています。
 以上のことから、地方自治法第99条の規定に基づき、東海第二原子力発電所の再稼働を認めず廃炉を求める意見書をつくば市議会で採択していただき、内閣総理大臣ほか関係大臣、衆参議長並びに茨城県知事に対して提出していただけるよう請願いたします。

請願事項
 請願に盛り込んでいただきたい項目東海第二原子力発電所の
1 東海第二原子力発電所の定期点検中の調整運転の自粛を事業者に求めること。
2 東海第二原子力発電所の再稼働を認めないこと。
3 東海第二原子力発電所の廃炉を事業者に求めること。
4 廃炉に伴う事業所、周辺自治体、周辺経済などへの影響に十分な配慮をすること。
5 茨城県の原子力災害対策を見直し、30キロ圏内100万人県民の安全対策や避難計画、また新たな50キロ圏内を策定すること。
                                             以 上



△請願23第17号
請願23第17号
 平成23年11月24日

 つくば市議会議長
     飯 岡 宏 之 様

                          請願者  住所 茨城県つくば市********
                                             ***
                               氏名 新しいつくばを創る市民の会
                                   代表 *******
                                             外7団体

                          紹介議員 橋 本 佳 子  瀬 戸 裕美子
                               田 中 サトエ  永 井 悦 子


         子ども・子育て新システムの導入に反対し、
                 現行保育制度の拡充を求める意見書提出を求める請願書

【請願趣旨】
 国は、2011年7月29日に少子化社会対策会議において「子ども・子育て新システムの中間とりまとめについて」(以下、新システム)を決定しました。今後必要な検討をふまえて、社会保障・税一体改革とともに2011年の通常国会で法改正を行い、2013年度から新制度の施行をめざすとしています。
 この新システムは、直接契約、利用者補助、保育料の応益負担などを柱とするしくみであり、待機児童解消を名目に、多様な事業者の参入を図るとして事業者指定制度を導入し、保育を市場化、産業化することがねらいです。
 現行保育制度は、国と自治体の公的責任、最低基準の遵守、公費による財源保障と応能負担を制度の柱にしており、すべての子どもの保育を受ける権利を保障してきました。しかし、新システムは、国の責任を市町村に委ねるだけでなく、児童福祉法24条にもとづく市町村の保育実施責任を大幅に後退させるものであり、子どもの福祉よりも経済効率が優先され、保育の地域格差が広がるだけでなく、家庭の経済状況により子どもが受ける保育のレベルにも格差が生じることになりかねません。
 子どもの貧困や子育て困難が広がるなかで都市部では保育所の待機児童が急増しており、過疎地では保育の場の確保が困難になっています。被災地の保育所の復旧・整備も遅々としてすすんでいません。いま必要なことは、新システムの導入ではなく、国と自治体の責任で保育・子育て支援施策を拡充し、充分な財源を確保することなど、すべての子どもに質の高い保育と支援を保障するための公的保育制度の拡充・改革です。
 ついては、つくば市議会より、国に対して、「子ども・子育て新システムの導入に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書」を採択し、提出していただけるよう請願いたします。

【請願事項】
1 国に対して、
  「子ども・子育て新システムの導入に反対し、現行保育制度の拡充を求める意見書」を提出してください。



△請願23第18号
請願23第18号
 平成23年11月24日

 つくば市議会議長
     飯 岡 宏 之 様

                            請願者  氏名 新日本婦人の会つくば支部
                                     代表 *******
                                 住所 つくば市*******
                                          ******

                            紹介議員 橋 本 佳 子  金 子 和 雄
                                 田 中 サトエ  永 井 悦 子
                                 田 宮 直 子


            「東海第2原発の廃炉を求める意見書」採択を求める請願書

〈請願趣旨〉
 新日本婦人の会は、1962年にいわさきちひろ(画家)などのよびかけによってつくられ今年は創立49年になります。子どもや女性のしあわせを願って、全国でさまざまな運動をしています。2003年には国連NGOに認証されました。
 私たちは1999年のJCO臨海事故を決して忘れることができません。600人余が被ばくし、2人の尊い命が失われました。
 あの日、正確な情報や指示がない中、保育所では子どもたちが外で遊び、学校では放課後部活動が行なわれ、夕方から降り出した雨に濡れて帰宅した子ども達もいました。妊娠していた女性は子どもを産んでいいのかどうか迷い、被ばくした嫁は貰えないと婚約廃棄された女性もいました。
 「原子力事故はどんなことがあっても2度と起こしてはならない」これは私たちの強い思いです。
 福島原発事故は7ケ月を過ぎても今だ収束の見通しがたっていません。ふるさとに帰れない人、高い放射線の中でおびえながら暮らす人、先祖からの農地を手離さなければならない人などどれだけ多くの人々が苦しんでいることでしょうか。
 過酷事故を経験した国民に「安全な原発」ということはもはや通用しなくなりました。
 東海原発は運転開始から32年が経過し老朽化が著しくなっています。私たちは原発事故を心配しながら生活するのはもういやです。事故をくりかえさないために、これ以上の被ばく者をつくらないために、未来をになう子どもたちに安心と希望を保障するために今こそ政治の決断がせまられている時と考えます。

〈請願項目〉
 「東海第2原発の廃炉を求める意見書」を貴議会で採択し、茨城県と国に意見書を上げて下さい。



△陳情文書表
   平成23年12月つくば市議会定例会
                     陳 情 文 書 表
┌──┬────┬─────────────────┬─────────────┬────────┐
│受理│    │                 │    提出者の住所    │        │
│  │受理月日│     件     名     │             │  陳 情 趣 旨 │
│番号│    │                 │   氏     名   │        │
├──┼────┼─────────────────┼─────────────┼────────┤
│H23.│ 10.31│「緊急事態基本法」の早期制定を求め│茨城県取手市*****  │  別  紙  │
│ 4 │    │る意見書提出に関する陳情     │ *****   他26名 │        │
├──┼────┼─────────────────┼─────────────┼────────┤
│ 5 │ 11.22│安全・安心な国民生活実現のため、防│埼玉県さいたま市***  │  別  紙  │
│  │    │災・生活関連予算の拡充と国土交通省│      ****** │        │
│  │    │の出先機関の存続を求める陳情書  │さいたま新都心合同庁舎2号│        │
│  │    │                 │館            │        │
│  │    │                 │国土交通省管理職ユニオン関│        │
│  │    │                 │東支部          │        │
│  │    │                 │ 委員長 *****   │        │
└──┴────┴─────────────────┴─────────────┴────────┘
 ──────────────────────────────────────────────────
△陳情23第4号
陳情23第4号
 平成23年10月31日

 つくば市議会議長
     飯 岡 宏 之 様

                               陳情者 住所 茨城県取手市*****
                                   氏名 *******
                                              他26名


           「緊急事態基本法」の早期制定を求める意見書提出に関する陳情

〔要旨〕
 地方自治法第99条の規定により、本議会から、国会及び政府において、「緊急事態基本法」を早急に制定するよう要望する「意見書」を提出していただきたい。

〔理由〕
 今回の東日本大震災における我が国の対応は、当初「想定外」という言葉に代表されるように、緊急事態における取り組みの甘さを国民と世界に広く知らしめる結果となった。世界の多数の国々は今回のような大規模自然災害時には「非常事態宣言」を発令し、政府主導のもとに震災救援と復興に対処しているのである。
 我が国のように平時体制のまま国家的緊急事態を乗り切ろうとすると、前衛部隊の自衛隊、警察、消防などの初動態勢、例えば部隊の移動、私有物の撤去、土地の収用などに手間取り、救援活動にさまざまな支障を来し、その結果さらに被害が拡大するのである。
 また原発事故への初動対応の遅れは、事故情報の第一次発信先が国ではなく、事故を起こした東京電力当事者というところに問題がある。さらに言えば、我が国の憲法はその前文に代表されるように平時を想定した文面となっており、各国に見られるように外部からの武力攻撃、テロや大規模自然災害を想定した「非常事態条項」が明記されていない。
 平成16年5月にはその不備を捕捉すべく、民主、自民、公明三党が「緊急事態基本法」の制定で合意したが、今日まで置き去りにされている。昨年来、中国漁船尖閣事件、ロシア閣僚級のたび重なる北方領土の訪問、北朝鮮核ミサイルの脅威など、自然災害以外にも国民の生命、財産、安全を脅かす事態が発生している。
 よって、国会及び政府において、「緊急事態基本法」を早急に制定するよう要望する「意見書」を本議会から、提出していただきたい。



△陳情23第5号
陳情23第5号
 平成23年11月16日

 つくば市議会議長
     飯 岡 宏 之 様

                         陳情者 住所 埼玉県さいたま市*********
                                さいたま新都心合同庁舎2号館
                             氏名 国土交通省管理職ユニオン関東支部
                                 委員長 *******


         安全・安心な国民生活実現のため、
         防災・生活関連予算の拡充と国土交通省の出先機関の存続を求める陳情書

                   陳情の趣旨【要旨及び理由】
 平成22年6月22日「地域主権戦略大綱」が閣議決定され、国民不在・住民不在の「地域主権」が着々と進められようとしています。決定された「大綱」は、第1の「地域主権改革の全体像」第4の「国の出先機関の原則廃止」など10項目からなり、改革の全体像では、「住民に身近な行政は、……地域住民が自らの判断と責任において地域の諸課題に取り組むための改革」と位置付け、この改革が進めば「おのずと地方公共団体間で行政サービスに差異が生じてくる」として、「首長や議員を選ぶ住民の判断と責任は極めて重大」と格差が生じるのは住民の責任にしています。
 さらに、こうした立場から、国が国民に責任を持つ福祉や教育、保育などの基準(ナショナルミニマム)を地方を縛る「義務付け、枠付け」だとして見直し、制度的に国が地方にお金を出さない仕組みに道を開いています。
 国の出先機関については「アクションプラン〜原則廃止に向けて〜」が昨年の12月28日に閣議決定され、?新たな広域行政制度を整備?全ての事務・移譲すること?対象機関の職員の身分取扱等に……そして?平成24年度通常国会に法案提出を目指しています。
 私たちは、今進められようとしている「地方分権(地域主権)」に対し、自治体首長や地方議会、多くの建設関係の労働者から意見が寄せられています。その中で、自治体首長からは、国土の均衡ある発展を目指すには国、県、市町村の役割分担をまず明確にし議論すべき、道州制や広域連合が導入されたら今の機能は維持できない、自治体の財政状況によって社会資本の整備・管理に地域間の格差が生じる、近年の異常気象による局地的豪雨・台風の大型化や頻発する地震などの災害から国民の安全・安心が守られないのでは等の強い危惧が寄せられています。
 私たちは、住民自治、国と地方の適切な役割分担、財源とその配分・使途など、改善すべき課題はたくさんあると認識していますが、憲法第25条では、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進を国の社会的使命としており、国民の安全・安心を守る社会資本の整備・管理は、国が責任を持って行うことが憲法上の責務と考えています。
 憲法を遵守する立場である私たち国家公務員労働者は全ての国民の健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を守る義務があり、現在進められようとしている「地方分権(地域主権)」に賛同できるものではありません。よって国民の生命と財産を守ることは「国の責務」として継続するよう以下の項目について採択されるよう陳情します。
                         記
1 「地方分権(地方主権)」については拙速に結論を出すことを避け、国民生活に対するメリット、デメリットなどの情報を事前に開示し、充分な時間を確保した議論を経た後に結論を出すこと。
2 防災、生活・環境保全、維持関連公共事業予算の確保・拡充を図ること。
3 現在直轄で整備・管理している道路・河川行政は国の責任を明確にし、安易な地方整備局、事務所、出張所の廃止や地方移譲は行わないこと。

                      陳 情 事 項
 地方自治法第99条に基づき国会及び陳情の主旨に基づいた関係機関へ意見書を提出してください。

  内閣総理大臣、総務大臣、国土交通大臣、茨城県知事



△議案等審査付託表
  平成23年12月つくば市議会定例会議案等審査付託表
                                       (平成23年12月9日)
┌─────────┬───────┬──────────────────────────────┐
│ 付 託 委 員 会 │ 議案等番号 │         案     件     名         │
├─────────┼───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第78号 │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第4号)関係部分    │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│総務常任委員会  │       │50kW以上の高圧契約をする市内施設について特定規模電気事業者も│
│         │ 請願23第15号 │                              │
│         │       │交えた電力供給契約の入札実施に関する請願書         │
├─────────┼───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第78号 │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第4号)関係部分    │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第79号 │平成23年度つくば市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)  │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第81号 │平成23年度つくば市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)  │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第84号 │つくば市立保育所条例の一部を改正する条例について      │
│文教福祉常任委員会├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第85号 │つくば市障害者センター条例の一部を改正する条例について   │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │       │東日本大震災による各地区の忠魂碑の修理復元の実現に関する請願│
│         │ 請願23第14号 │                              │
│         │       │書                             │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │       │子ども・子育て新システムの導入に反対し、現行保育制度の拡充を│
│         │ 請願23第17号 │                              │
│         │       │求める意見書提出を求める請願書               │
├─────────┼───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第78号 │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第4号)関係部分    │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │       │つくば市戸籍法、住民基本台帳法等関係手数料条例の一部を改正す│
│         │ 議案第83号 │                              │
│         │       │る条例等の一部を改正する条例について            │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第86号 │つくば市茎崎こもれび六斗の森条例の一部を改正する条例について│
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第87号 │つくば市暴力団排除条例について               │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│環境経済常任委員会│ 議案第88号 │字の区域及び名称の変更について               │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第92号 │つくば市立ノバホールの指定管理者の指定について       │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第93号 │つくばカピオの指定管理者の指定について           │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │       │東海第二原子力発電所の再稼働を認めず、廃炉を求める意見書提出│
│         │ 請願23第16号 │                              │
│         │       │する請願書                         │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 請願23第18号 │「東海第2原発の廃炉を求める意見書」採択を求める請願書   │
├─────────┼───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第78号 │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第4号)関係部分    │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第80号 │平成23年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第3号)   │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第82号 │平成23年度つくば市水道事業会計補正予算(第2号)      │
│都市建設常任委員会├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第89号 │市道路線の変更について                   │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第90号 │市道路線の廃止について                   │
│         ├───────┼──────────────────────────────┤
│         │ 議案第91号 │市道路線の認定について                   │
└─────────┴───────┴──────────────────────────────┘



△閉会中の継続審査申出書
 平成23年12月13日
 つくば市議会議長
     飯 岡 宏 之 様
                                      環境経済常任委員長
                                         大久保 勝弘
                                           (公印省略)


                   閉会中の継続審査申出書

 本委員会は、審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続審査を要するものとしたから、つくば市議会委員会条例第36条の規定により申し出ます。

                         記

1 事  件

   (1)請願23第16号 東海第二原子力発電所の再稼働を認めず、廃炉を求める意見書提出する請願書

   (2)請願23第18号 「東海第2原発の廃炉を求める意見書」採択を求める請願書


2 理  由

   精査が必要なため



△決算特別委員会議案等審査結果一覧表
  決算特別委員会議案等審査結果一覧表
                 (平成23年12月つくば市議会定例会)
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬────┐
│議案等番号│        案      件      名        │付託委員会│審査結果│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│認定第1号│平成22年度つくば市一般会計歳入歳出決算認定について      │ 決算特別 │ 認 定 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│認定第2号│平成22年度つくば市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について│ 決算特別 │ 認 定 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│認定第3号│平成22年度つくば市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について │ 決算特別 │ 認 定 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│認定第4号│平成22年度つくば市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について  │ 決算特別 │ 認 定 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│     │平成22年度つくば市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定につい│     │    │
│認定第5号│                               │ 決算特別 │ 認 定 │
│     │て                              │     │    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│認定第6号│平成22年度つくば市作岡財産区特別会計歳入歳出決算認定について │ 決算特別 │ 認 定 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│認定第7号│平成22年度つくば市等公平委員会特別会計歳入歳出決算認定について│ 決算特別 │ 認 定 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│認定第8号│平成22年度つくば市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について│ 決算特別 │ 認 定 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│認定第9号│平成22年度つくば市病院事業会計決算認定について        │ 決算特別 │ 認 定 │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│認定第10号│平成22年度つくば市水道事業会計決算認定について        │ 決算特別 │ 認 定 │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴────┘



△各常任委員会議案等審査結果一覧表
 各常任委員会議案等審査結果一覧表
                 (平成23年12月つくば市議会定例会)
┌─────┬───────────────────────────────┬─────┬────┐
│議案等番号│        案      件      名        │付託委員会│審査結果│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│     │                               │ 総  務 │原案可決│
│     │                               ├─────┼────┤
│     │                               │ 文教福祉 │原案可決│
│議案第78号│平成23年度つくば市一般会計補正予算(第4号)         ├─────┼────┤
│     │                               │ 環境経済 │原案可決│
│     │                               ├─────┼────┤
│     │                               │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第79号│平成23年度つくば市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)   │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第80号│平成23年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第3号)    │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第81号│平成23年度つくば市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)   │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第82号│平成23年度つくば市水道事業会計補正予算(第2号)       │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│     │つくば市戸籍法、住民基本台帳法等関係手数料条例の一部を改正する│     │    │
│議案第83号│                               │ 環境経済 │原案可決│
│     │条例等の一部を改正する条例について              │     │    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第84号│つくば市立保育所条例の一部を改正する条例について       │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第85号│つくば市障害者センター条例の一部を改正する条例について    │ 文教福祉 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第86号│つくば市茎崎こもれび六斗の森条例の一部を改正する条例について │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第87号│つくば市暴力団排除条例について                │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第88号│字の区域及び名称の変更について                │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第89号│市道路線の変更について                    │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第90号│市道路線の廃止について                    │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第91号│市道路線の認定について                    │ 都市建設 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第92号│つくば市立ノバホールの指定管理者の指定について        │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│議案第93号│つくばカピオの指定管理者の指定について            │ 環境経済 │原案可決│
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 23│                               │     │    │
│     │「子ども達を放射線から守る対策を求める」請願書        │ 環境経済 │趣旨採択│
│第 11 号│                               │     │    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 23│つくば市での災害・非常事態の避難時において伴侶動物(犬・猫・小│     │    │
│     │                               │ 環境経済 │趣旨採択│
│第 13 号│動物等のペット)同伴避難の容認を求める請願          │     │    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 23│                               │     │    │
│     │東日本大震災による各地区の忠魂碑の修理復元の実現に関する請願書│ 文教福祉 │採  択│
│第 14 号│                               │     │    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 23│50kW以上の高圧契約をする市内施設について特定規模電気事業者も交│     │    │
│     │                               │ 総  務 │採  択│
│第 15 号│えた電力供給契約の入札実施に関する請願書           │     │    │
├─────┼───────────────────────────────┼─────┼────┤
│請 願 23│子ども・子育て新システムの導入に反対し、現行保育制度の拡充を求│     │    │
│     │                               │ 文教福祉 │不 採 択│
│第 17 号│める意見書提出を求める請願書                 │     │    │
└─────┴───────────────────────────────┴─────┴────┘



△意見書案第3号
意見書案第3号

 「子ども・子育て新システム」の導入に関する意見書

 上記の意見書案を次のとおり提出します。

  平成23年12月16日

                           提出者 文教福祉常任委員長 古 山 和 一
──────────────────────────────────────────────────
             「子ども・子育て新システム」の導入に関する意見書

 政府は、7月29日の少子化社会対策会議において「子ども・子育て新システムに関する中間取りまとめ」を決定し、「平成23年度中に必要な法制上の措置を講ずることとされている税制抜本改革とともに、早急に所要の法律案を国会に提出する」との方針を示した。
 新システムの導入は、保育現場に市場原理が持ち込まれることになり、福祉としての保育制度が維持されないことや、保護者の負担増につながる制度見直しとなるなどの懸念があり、国の責任で福祉として行われてきた保育制度の根幹が大きく揺らぐ恐れがある。また、新システム導入に必要な約1兆円の財源は明確になっておらず、現状では新システムの導入は極めて不透明な情勢となっている。このままでは、平成24年度からの保育施設がどのような方向性になるのか明確でなく、保育現場での無用な混乱や不安に拍車がかかることになる。
 よって、政府及び国会においては、以下の項目について早急に実現を図り、誰もが安心して利用できる保育制度を維持・拡充されることを強く求める。
                         記
1 子ども・子育て新システムについて財源的な見通しが立たない中での移行は困難であり、「今年度中の法案提出」との方針を撤回すること。
2 保育制度の見直しにあたっては、保護者、保育現場等の意見を十分尊重し、慎重に検討すること。
3 来年度に向けて、「安心子ども基金」の拡充等、保育の充実に向けた地方の創意工夫が生かされる予算編成を行うこと。
 以上、地方自治法第99条の規定により提出する。
  平成23年12月16日
                                     つ く ば 市 議 会
(提出先)
  衆議院議長 様
  参議院議長 様
  内閣総理大臣 様
  財務大臣 様
  厚生労働大臣 様
  内閣官房長官 様
  国家戦略担当大臣 様
  少子化対策担当大臣 様



△意見書案第4号
意見書案第4号

  TPP交渉への参加方針に抗議し、撤回を求める意見書

 上記の意見書案を次のとおり提出します。

  平成23年12月16日

                            提出者 つくば市議会議員 大久保 勝 弘
                            賛成者 つくば市議会議員 永 井 悦 子
                                    〃     橋 本 佳 子
                                    〃     小 野 泰 宏
                                    〃     柳 沢 逸 夫
                                    〃     塩 田   尚
                                    〃     金 子 和 雄
                                    〃     久保谷 孝 夫
──────────────────────────────────────────────────
             TPP交渉への参加方針に抗議し、撤回を求める意見書

 野田首相は、先に開かれたAPEC首脳会合の際に「TPPへの参加に向けて関係各国との協議に入る」との方針を表明しました。そして、アメリカ政府は、日米首脳会談で首相が「全ての物品やサービスを貿易自由化交渉のテーブルにのせる」と表明したことを発表しています。
 これをめぐって、首相の発言は「TPP参加が前提でない」などと釈明しています。しかし、こういう言い訳は、国民や民主党内のTPPに反対ないしは慎重な対応を求める勢力への「配慮」ではあっても、国際的には通用するものではありません。
 ロイター通信は、「野田首相は、金曜日(11月11日)、日本が米国主導の貿易協定(TPP)への協議に参加する意思がある旨、明らかにした」と報道しています。首相の全ての物品やサービスを自由化交渉の対象にするか否かの発言をめぐって、アメリカ政府の発表を否定しながら、訂正さえ要求していません。さらには、APEC首脳会合から帰国後の記者会見で首相は、「昨年11月に政府が決めた『包括的経済連携基本方針』に基づいて進める」としていますが、「包括的経済連携に関する基本方針」(2010.11.6)では、「政治的・経済的に重要で、我が国に特に大きな利益をもたらすEPAや広域経済連携については、センシティブ品目について配慮を行いつつ、すべての品目を自由化交渉対象とし、交渉を通じて、高いレベルの経済連携を目指す」と明記しています。そして、何より日米首脳会談では、日本がTPPに参加するために必要なアメリカ議会の承認に向けた二国間の「事前協議」を行うことで一致しています。
 このように、今回のTPPに対する方針は、明確にTPP交渉参加を前提にしたものであって、TPPへの参加に反対する多くの国民や、これまで議決されている44道府県議会、市町村議会の8割を超える反対ないし慎重な対応を求める意思を踏みにじるもであり、断じて許されるものではありません。
 これまでの議論を通じて、TPPは農業などの第1次産業への壊滅的な影響にとどまらず、医療など国民生活の根幹に影響が及ぶ懸念が広く指摘されていますが、政府の説明は「国益を守る」などと抽象的な説明にとどまっています。国益に重大な影響をもたらすTPPについて、国民的コンセンサスもなく、多くの反対世論を無視して参加を強行することは許されるものではありません。
 よって、下記のとおり対応することを強く望むものであります。

                         記

 「TPPへの参加に向けて関係各国との協議に入る」とした方針を撤回し、国民的議論もないままのTPP参加に向けた協議は中止すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により提出します。

  平成23年12月16日
                                     つ く ば 市 議 会
(提出先)
  内閣総理大臣 様
  農林水産大臣 様
  経済産業大臣 様



△決議案第5号
決議案第5号

  遺伝子組換え実験に関する安心安全の確保を求める決議

 上記の決議案を次のとおり提出します。

  平成23年12月16日

                           提出者 環境経済常任委員長 大久保 勝 弘
──────────────────────────────────────────────────
             遺伝子組換え実験に関する安心安全の確保を求める決議

 筑波研究学園都市は、国家事業として建設され、現在、国や独立行政法人の研究機関の約3割となる32機関が集積し、民間の研究所等を含めるとその集積は300以上となり、科学技術創造立国を目指す日本の代表的な研究開発拠点になっております。つくば市では、市民の理解と協力の下で研究機関の試験研究を積極的に支援しているところであります。
 しかしながら、このたび独立行政法人農業・食品産業技術総合機構作物研究所において、平成19年1月から平成23年5月までの期間実施された「拡散防止措置を執らない遺伝子組換え実験」は、決して軽視することができないものであります。
 また、8月の事実判明後2カ月余り経過してからつくば市へ報告があったと聞いており、これは、最先端研究に対する国民の期待と信頼を揺るがすばかりでなく、市民の不信感を招き、平穏な生活をも脅かすもであり、誠に遺憾であります。
 よって、つくば市議会は、下記の事項を要望します。

                         記

 今後、このような事態を二度と起こさないよう再発防止を徹底されるとともに、将来において万一不可避の事故や災害が発生した場合には、つくば市をはじめとする関係機関に迅速かつ的確に連絡し、その内容や影響の有無、原因となる再発防止対策等を説明されるよう強く申し入れます。

 平成23年12月16日
                                    つ く ば 市 議 会



△議案等議決結果
 議 案 等 議 決 結 果
                                        平成23年12月定例会
 報告案件
┌──────┬─────────────────────────────────────────┐
│ 報告番号 │           案        件        名           │
├──────┼─────────────────────────────────────────┤
│報告第18号│専決処分事項の報告について(専決処分第10号)                   │
├──────┼─────────────────────────────────────────┤
│報告第19号│専決処分事項の報告について(専決処分第11号)                   │
└──────┴─────────────────────────────────────────┘

 会議事項
┌────┬─────────────────────────────────┬────┬────┐
│議案番号│          案     件     名          │議決月日│審議結果│
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│認  定│                                 │    │    │
│    │平成22年度つくば市一般会計歳入歳出決算認定について        │ 12.16│認  定│
│第 1 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│認  定│                                 │    │    │
│    │平成22年度つくば市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について  │ 12.16│認  定│
│第 2 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│認  定│                                 │    │    │
│    │平成22年度つくば市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について   │ 12.16│認  定│
│第 3 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│認  定│                                 │    │    │
│    │平成22年度つくば市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について    │ 12.16│認  定│
│第 4 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│認  定│                                 │    │    │
│    │平成22年度つくば市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について │ 12.16│認  定│
│第 5 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│認  定│                                 │    │    │
│    │平成22年度つくば市作岡財産区特別会計歳入歳出決算認定について   │ 12.16│認  定│
│第 6 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│認  定│                                 │    │    │
│    │平成22年度つくば市等公平委員会特別会計歳入歳出決算認定について  │ 12.16│認  定│
│第 7 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│認  定│                                 │    │    │
│    │平成22年度つくば市介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について  │ 12.16│認  定│
│第 8 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│認  定│                                 │    │    │
│    │平成22年度つくば市病院事業会計決算認定について          │ 12.16│認  定│
│第 9 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│認  定│                                 │    │    │
│    │平成22年度つくば市水道事業会計決算認定について          │ 12.16│認  定│
│第10号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │つくば市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について   │ 11.30│原案可決│
│第77号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │平成23年度つくば市一般会計補正予算(第4号)           │ 12.16│原案可決│
│第78号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │平成23年度つくば市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)     │ 12.16│原案可決│
│第79号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │平成23年度つくば市下水道事業特別会計補正予算(第3号)      │ 12.16│原案可決│
│第80号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │平成23年度つくば市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)     │ 12.16│原案可決│
│第81号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │平成23年度つくば市水道事業会計補正予算(第2号)         │ 12.16│原案可決│
│第82号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│つくば市戸籍法、住民基本台帳法等関係手数料条例の一部を改正する条例│    │    │
│    │                                 │ 12.16│原案可決│
│第83号│等の一部を改正する条例について                  │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │つくば市立保育所条例の一部を改正する条例について         │ 12.16│原案可決│
│第84号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │つくば市障害者センター条例の一部を改正する条例について      │ 12.16│原案可決│
│第85号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │つくば市茎崎こもれび六斗の森条例の一部を改正する条例について   │ 12.16│原案可決│
│第86号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │つくば市暴力団排除条例について                  │ 12.16│原案可決│
│第87号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │字の区域及び名称の変更について                  │ 12.16│原案可決│
│第88号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │市道路線の変更について                      │ 12.16│原案可決│
│第89号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │市道路線の廃止について                      │ 12.16│原案可決│
│第90号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │市道路線の認定について                      │ 12.16│原案可決│
│第91号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │つくば市立ノバホールの指定管理者の指定について          │ 12.16│原案可決│
│第92号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │つくばカピオの指定管理者の指定について              │ 12.16│原案可決│
│第93号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│議  案│                                 │    │    │
│    │つくば市税条例の一部を改正する条例について            │ 12.16│原案可決│
│第94号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│諮  問│                                 │    │    │
│    │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて         │ 12.16│適  任│
│第 5 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│諮  問│                                 │    │    │
│    │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて         │ 12.16│適  任│
│第 6 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│諮  問│                                 │    │    │
│    │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて         │ 12.16│適  任│
│第 7 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│諮  問│                                 │    │    │
│    │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて         │ 12.16│適  任│
│第 8 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│諮  問│                                 │    │    │
│    │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて         │ 12.16│適  任│
│第 9 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│諮  問│                                 │    │    │
│    │人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて         │ 12.16│適  任│
│第10号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│意見書案│                                 │    │    │
│    │「子ども・子育て新システム」の導入に関する意見書         │ 12.16│原案可決│
│第 3 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│意見書案│                                 │    │    │
│    │TPP交渉への参加方針に抗議し、撤回を求める意見書        │ 12.16│原案可決│
│第 4 号│                                 │    │    │
├────┼─────────────────────────────────┼────┼────┤
│決議案 │                                 │    │    │
│    │遺伝子組換え実験に関する安心安全の確保を求める決議        │ 12.16│原案可決│
│第 5 号│                                 │    │    │
└────┴─────────────────────────────────┴────┴────┘



△請願議決結果
 請 願 議 決 結 果
                                        平成23年12月定例会
┌─────┬────────────────────────────────┬────┬────┐
│ 受理番号 │          件          名          │議決月日│審議結果│
├─────┼────────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 23│                                │    │    │
│     │「子ども達を放射線から守る対策を求める」請願書         │ 12.16│趣旨採択│
│第 11 号│                                │    │    │
├─────┼────────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 23│つくば市での災害・非常事態の避難時において伴侶動物(犬・猫・小動│    │    │
│     │                                │ 12.16│趣旨採択│
│第 13 号│物等のペット)同伴避難の容認を求める請願            │    │    │
├─────┼────────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 23│                                │    │    │
│     │東日本大震災による各地区の忠魂碑の修理復元の実現に関する請願書 │ 12.16│採  択│
│第 14 号│                                │    │    │
├─────┼────────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 23│50kW以上の高圧契約をする市内施設について特定規模電気事業者も交え│    │    │
│     │                                │ 12.16│採  択│
│第 15 号│た電力供給契約の入札実施に関する請願書             │    │    │
├─────┼────────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 23│東海第二原子力発電所の再稼働を認めず、廃炉を求める意見書提出する│    │    │
│     │                                │ 12.16│継続審査│
│第 16 号│請願書                             │    │    │
├─────┼────────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 23│子ども・子育て新システムの導入に反対し、現行保育制度の拡充を求め│    │    │
│     │                                │ 12.16│不 採 択│
│第 17 号│る意見書提出を求める請願書                   │    │    │
├─────┼────────────────────────────────┼────┼────┤
│請 願 23│                                │    │    │
│     │「東海第2原発の廃炉を求める意見書」採択を求める請願書     │ 12.16│継続審査│
│第 18 号│                                │    │    │
└─────┴────────────────────────────────┴────┴────┘



地方自治法第123条第2項の規定により署名する


  平成23年12月16日


              つくば市議会議長


              つくば市議会議員


              つくば市議会議員


              つくば市議会議員