議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 常総市

常総市:平成18年第2回定例会(第3号) 名簿




2006.03.09 : 常総市:平成18年第2回定例会(第3号) 名簿


               平成18年第2回
           常総市議会定例会会議録(第3号)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇ ━━━━━━━━━━━━━━━━━
       平成18年3月9日(木曜日)午前10時12分開会
 ─────────────────────────────────────
             議 事 日 程(第3号)
          平成18年3月9日(木)午前10時開議
日程第1  ○一般質問
  ───────────────────────────────────
             一般質問通告書一覧表
┌─────┬─────────┬─────────────────────┐
│受付番号 │議席番号及び氏名 │   質 問 事 項 及 び 要 旨   │
├─────┼─────────┼─────────────────────┤
│  7  │ 9番      │1 公立幼稚園及び小・中学校での発達障害児│
│     │ 篠 崎 静 夫 │  への対応について           │
│     │         │ 1)公立幼稚園及び小・中学校の発達障害児に│
│     │         │  対応するための職員の配置状況は。   │
│     │         │2 地球温暖化防止対策について      │
│     │         │ 1)旧石下町並びに旧水海道市の温室効果ガス│
│     │         │  消滅計画、排出量のパーセント及び金額 │
│     │         │  は。また、今後の計画(予定)は。   │
│     │         │3 土木工事申請箇所について       │
│     │         │ 1)合併前の石下地区における申請箇所の引継│
│     │         │  ぎと計画は。             │
├─────┼─────────┼─────────────────────┤
│  8  │10番      │1 当市における外国人居住者への対応につい│
│     │ 鈴 木 孝八郎 │  て                  │
│     │         │ 1)外国人居住者へのサービスとして、専門的│
│     │         │  窓口の設定や人員の配置はできないか。 │
│     │         │ 2)外国人の幼児、児童、生徒への教育的配慮│
│     │         │  は。                 │
│     │         │ 3)外国人の公共施設の利用状況は。また、公│
│     │         │  共施設における外国語表示の案内及び諸手│
│     │         │  続きのためのマニュアル作成はどのような│
│     │         │  状況か。               │
│     │         │ 4)外国人の生活相談窓口は設置できないか。│
│     │         │2 合併後の表示等について        │
│     │         │ 1)国道、県道、市道、公共施設や学校及び刊│
│     │         │  行物等の表示変更の進捗状況は。    │
│     │         │ 2)表示変更に係る経費は、どの程度なのか。│
├─────┼─────────┼─────────────────────┤
│  9  │33番      │1 地方行政改革の新指針について     │
│     │ 堀 越 道 男 │ 1)住民の求める公務サービスと公務の市場化│
│     │         │  には大きな問題があると思われるが、当市│
│     │         │  としてどのように考えるか。      │
│     │         │2 合併後の県議会議員選挙の区割りに対する│
│     │         │  当市の対応について          │
│     │         │ 1)群馬県では、市長会が是正運動に取り組ん│
│     │         │  でいるが、このような運動をどのように考│
│     │         │  えるか。               │
│     │         │3 官製談合と入札制度について      │
│     │         │ 1)業者の競争意識と力量のつけ方は。   │
├─────┼─────────┼─────────────────────┤
│ 10  │20番      │1 税制と市民生活の関わりについて    │
│     │ 石 川 栄 子 │ 1)個人市民税の伸びをどう見るか。    │
│     │         │ 2)税制改革による市民生活への影響を具体的│
│     │         │  に示せ。               │
│     │         │ 3)障害者特別控除証明書の個別通知はすべて│
│     │         │  行っているか。            │
│     │         │ 4)市民税が増収になる分については、市民生│
│     │         │  活を豊かにするための医療や福祉の充実に│
│     │         │  充てることを求めるがどうか。     │
│     │         │2 障害者福祉制度について        │
│     │         │ 1)障害者医療制度の変更について周知徹底さ│
│     │         │  れたか。               │
│     │         │ 2)精神障害者の小規模共同作業所の今後のあ│
│     │         │  り方は。               │
│     │         │ 3)デイサービスやショートステイができるよ│
│     │         │  うなケアホームの設置を求める。    │
│     │         │ 4)障害のある方の働く場として、市での雇用│
│     │         │  と企業への指導と優遇措置を求める。  │
│     │         │3 農業問題について           │
│     │         │ 1)「経営所得安定対策大綱」についての当市│
│     │         │  の見解は。              │
│     │         │ 2)地域農業を守るための新たな農業振興策へ│
│     │         │  の当市の対応は。           │
├─────┼─────────┼─────────────────────┤
│ 11  │32番      │1 国の進める新たな農業政策における品目横│
│     │山 本 幹 男  │  断的経営安定について         │
│     │         │ 1)集落営農の指導について、具体的にどのよ│
│     │         │  うに進めていくのか。         │
│     │         │ 2)担い手の確保をどのように行っていくの │
│     │         │  か。                 │
│     │         │2 農業委員会の法令に基づく適正運営につい│
│     │         │  て                  │
│     │         │ 1)総会の運営について          │
│     │         │ 2)農業委員会委員の定数について、早期に決│
│     │         │  定すべきと思われるがどうか。     │
├─────┼─────────┼─────────────────────┤
│ 12  │ 6番      │1 旧水海道市、旧石下町のそれぞれの歴史を│
│     │ 秋 田   茂 │  総括し、新市の将来につなげていくための│
│     │         │  企画について             │
│     │         │ 1)早急に「一体感のあるまちづくり」を進め│
│     │         │  ていくために、どのような施策を考えてい│
│     │         │  るか。                │
│     │         │ 2)それぞれ地域の個性を生かしていくような│
│     │         │  施策には、どのようなものがあると考えて│
│     │         │  いるか。               │
│     │         │ 3)記念誌の発行や、旧水海道市や旧石下町の│
│     │         │  記念となるような歴史展示場などを作って│
│     │         │  いく考えはないか。          │
│     │         │2 中学校希望制のその後の展開と、合併によ│
│     │         │  る今後の方向性について        │
│     │         │ 1)平成18年度における中学校希望制につい│
│     │         │  ての取り組みの状況は。        │
│     │         │ 2)大花羽地区から鬼怒川を渡っての鬼怒中へ│
│     │         │  の通学については、その通学路(美妻橋を│
│     │         │  渡ってからの旧国道294号の横断)に大│
│     │         │  きな問題があると思われるが、中学希望制│
│     │         │  によって新たに発生する通学路の整備につ│
│     │         │  いての現状は。            │
│     │         │ 3)合併によって常総市が誕生し、旧水海道市│
│     │         │  と旧石下町が一体となったが、これにより│
│     │         │  個々の地区にとっては、新たな地の利とい│
│     │         │  うものが生まれたところもあると考えられ│
│     │         │  るが、今後の常総市としての中学希望制に│
│     │         │  ついてどのように考えているか。    │
│     │         │3 平成19年度から取り組まれようとしてい│
│     │         │  る、国の進める新たな農業政策である品目│
│     │         │  横断的経営安定対策と、この施策に関わる│
│     │         │  新市の取り組みについて        │
│     │         │ 1)産地づくり交付金が激減し、一般農家の転│
│     │         │  作に対する奨励措置が大きく削減すること│
│     │         │  によって、米の作付け拡大による配分以上│
│     │         │  の過剰生産から過剰米が大量に発生するリ│
│     │         │  スクや、採算がとれず耕作放棄地が拡大す│
│     │         │  るリスクが発生するものと思われるが、こ│
│     │         │  のことについてどう考えているか。   │
│     │         │ 2)認定農業者の確保や、集落営農という組織│
│     │         │  を担い手にということだが、この組織の育│
│     │         │  成に見通しはあるか。         │
│     │         │ 3)農地の耕作権という土地利用の集積を目指│
│     │         │  すという今日的テーマから言えば、第2 │
│     │         │  次、第3次の土地改良こそが将来の土地利│
│     │         │  用の集積を本格的に実現する最大の政策課│
│     │         │  題であると考えるが、農業の生産基盤作り│
│     │         │  をどのように考えているか。      │
└─────┴─────────┴─────────────────────┘

  ───────────────────────────────────
 本日の会議に付した事件
   1 一般質問
  ───────────────────────────────────
 本日の出席議員
                       議 長  鈴 木 恒 義 君
   1番  中 村   博 君       18番  喜見山   明 君
   2番  岡 田 玲 子 君       19番  篠 崎 孝 之 君
   3番  吉 田 栄 一 君       20番  石 川 栄 子 君
   4番  戸 塚 和 男 君       21番  高 橋 光 夫 君
   5番  中 村 博 美 君       22番  中 島 正 則 君
   6番  秋 田   茂 君       23番  風 野 芳 之 君
   7番  岡 野 一 男 君       25番  稲 葉 忠 男 君
   8番  遠 藤 正 信 君       26番  森 田   確 君
   9番  篠 崎 静 夫 君       27番  水 野   昇 君
  10番  鈴 木 孝八郎 君       28番  飯 沼 嶺 静 君
  11番  高 杉   徹 君       29番  中 村 安 雄 君
  12番  吉 原 光 夫 君       30番  岡 田 儀 一 君
  13番  岡 野 政 美 君       31番  倉 持 泰 仍 君
  14番  篠 崎 正 己 君       32番  山 本 幹 男 君
  15番  草 間 正 詔 君       33番  堀 越 道 男 君
  16番  中 島 亨 一 君       34番  五木田 良 一 君
  17番  茂 田 信 三 君       35番    議 長
  ───────────────────────────────────
 本日の欠席議員
  24番  大 滝 藤 雄 君
  ───────────────────────────────────
 説明のため出席した者
    市           長          遠 藤   利 君
    助           役          梅 沢   昭 君
    収     入     役          古 谷   孝 君
    参           与          飯 塚 富 雄 君
    企 画 総 務 部 長            染 谷 淳 一 君
    市 民 生 活 部 長            堀 込   昇 君
    保 健 福 祉 部 長            長 塚 文 彦 君
    産 業 労 働 部 長            柳 田   正 君
    都 市 建 設 部 長            小 磯 光 生 君
    石  下  支  所  長          尾 崎 吉 郎 君
    秘 書 広 聴 課 長            長谷川   誠 君
    企   画   課   長          青 柳 准 市 君
    財   政   課   長          古 谷   裕 君
    総   務   課   長          山 崎   仁 君
    人   事   課   長          染 谷 栄 一 君
    市   民   課   長          堀 越 優 博 君
    納   税   課   長          松 崎 慶 太 君
    社 会 福 祉 課 長            古 谷   隆 君
    介 護 福 祉 課 長            久 松 美三雄 君
    児   童   課   長          岡 野   博 君
    健 康 保 険 課 長            小久保 勝 夫 君
    農   政   課   長          斉 藤 忠 工 君
    建   設   課   長          鈴 木 忠 男 君
    教育委員会教育長               染 谷 保 夫 君
    教育委員会教育次長              山野井 静 雄 君
    農業委員会会長                横 田 恒 夫 君
    農業委員会事務局長              横 島 達 雄 君
  ───────────────────────────────────
 議会事務局職員出席者
     事   務   局   長         猪 瀬   勍 君
     事務局長補佐兼庶務係長           古 池 和 夫 君
     主 査 兼 調 査 係 長         古 谷 克 美 君
     主 査 兼 会 議 係 長         古 谷   篤 君
     書           記         安 田 洋 行 君
  ───────────────────────────────────