議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 常総市

常総市:平成23年第4回臨時会(第1号) 本文




2011.07.27 : 常総市:平成23年第4回臨時会(第1号) 本文


             〔議長草間正詔君議長席に着く〕
 開会の宣告
◯議長(草間正詔君) 御報告申し上げます。ただいまの出席議員数は22名であります。
 市広報から議場内の写真撮影の申し出がありましたので、許可をいたしております。
 ただいまから平成23年第4回常総市議会臨時会を開会いたします。
   ─────────────────────────────────
 説明のため議場に出席した者の職名報告について


◯議長(草間正詔君) 地方自治法第121条の規定による議案等説明のための出席者は、別紙により御配付のとおりでありますので、御報告いたします。
   ─────────────────────────────────
                午前11時03分開会


◯議長(草間正詔君) これより直ちに本日の会議を開きます。
 議事日程により議事を進めます。
   ─────────────────────────────────
 日程第1 会議録署名議員の指名


◯議長(草間正詔君) 日程第1に入ります。
 会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において指名いたします。
    7番 中村博美君  8番 岡野一男君  9番 遠藤正信君
 以上の3名を指名いたします。
   ─────────────────────────────────
 日程第2 会期の決定


◯議長(草間正詔君) 日程第2に入ります。
 会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今期臨時会の会期は本日7月27日、1日といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(草間正詔君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日7月27日、1日と決定いたしました。
   ─────────────────────────────────
 日程第3 推薦第3号 常総市農業委員会委員の推薦について


◯議長(草間正詔君) 日程第3に入ります。
 推薦第3号常総市農業委員会委員の推薦について、以上の件を議題といたします。
 本件は、常総市農業委員会委員の任期が平成23年7月30日に任期満了となるため、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定により、常総市長から常総市農業委員会委員として4人以内の推薦依頼があったものであります。
 各地区からの常総市農業委員会委員の推薦者は、古谷ミチ子君、川田静枝君、相山とし子君であります。
 初めに、常総市豊岡町丁62番地、古谷ミチ子君を常総市農業委員会委員に推薦することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕


◯議長(草間正詔君) 起立多数であります。よって、古谷ミチ子君を推薦することに決しました。
 次に、常総市中山町114番地、川田静枝君を常総市農業委員会委員に推薦することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕


◯議長(草間正詔君) 起立多数であります。よって、川田静枝君を推薦することに決しました。
 次に、常総市篠山756番地1、相山とし子君を常総市農業委員会委員に推薦することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕


◯議長(草間正詔君) 起立多数であります。よって、相山とし子君を推薦することに決しました。
   ─────────────────────────────────
             (次の文書は参照のため載録する)

推薦第3号

            常総市農業委員会委員の推薦について

 農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定による議会推薦の農業委員は3人とし、次のとおり推薦する。

平成23年7月27日 提出

                           常総市議会議長 草 間 正 詔

                    記

┌──────────┬────────────────┬───────────┐
│   氏  名   │     住   所      │  生 年 月 日  │
│          │                │           │
├──────────┼────────────────┼───────────┤
│ 古 谷 ミチ子  │常総市豊岡町丁62番地     │昭和21年 7月21日│
│          │                │           │
├──────────┼────────────────┼───────────┤
│ 川 田 静 枝  │常総市中山町114番地     │昭和23年11月 2日│
│          │                │           │
├──────────┼────────────────┼───────────┤
│ 相 山 とし子  │常総市篠山756番地1     │昭和24年 1月 1日│
│          │                │           │
└──────────┴────────────────┴───────────┘
   ─────────────────────────────────


◯議長(草間正詔君) この際、暫時休憩いたします。
                午前11時07分休憩
   ─────────────────────────────────
                午前11時55分再開


◯議長(草間正詔君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 ただいま中村博美文教厚生委員長から「市民の健康被害を防止するための放射線の安全基準と教育現場における防護対策の早期制定を求める意見書」に関する議案が提出されました。
 この際、本議案を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(草間正詔君) 御異議なしと認めます。よって、本議案を日程に追加し、議題とすることに決しました。日程第3−2として追加いたします。
   ─────────────────────────────────
 日程第3−2 議案第44号 市民の健康被害を防止するための放射線の安全基準と教育現
               場における防護対策の早期制定を求める意見書提出について


◯議長(草間正詔君) 日程第3−2に入ります。
 議案第44号市民の健康被害を防止するための放射線の安全基準と教育現場における防護対策の早期制定を求める意見書提出について、以上の件を議題といたします。
               (議案は別冊議案綴参照)


◯議長(草間正詔君) 提案理由の説明を求めます。中村文教厚生委員長。
             〔文教厚生委員長中村博美君登壇〕


◯文教厚生委員長(中村博美君) 議案第44号市民の健康被害を防止するための放射線の安全基準と教育現場における防護対策の早期制定を求める意見書提出について。意見書の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。
         市民の健康被害を防止するための放射線の安全基準と
         教育現場における防護対策の早期制定を求める意見書
 福島第一原子力発電所事故に伴う放射線に関連して、5月27日に文部科学省は福島県教育委員会に対し、「福島県内における児童生徒等が学校等において受ける線量低減に向けた当面の対応について」を公表し、今年度学校において児童生徒等が受ける線量について「当面、年間1ミリシーベルト以下を目指す」とした新たな方針が示されたところである。しかし、茨城県をはじめ放射線の影響を受けている他の県・市町村においては、放射線対策を講じるための基準がなく、手探りの状態で、その対策に追われているのが現状である。
 茨城県の南西部に位置する当市においては、放射線量の高いところもあり、市民は不安を抱え、対応を求める声は日増しに大きくなってきており、また、事故後4ヶ月を過ぎても国からは放射線関連の統一した基準が示されていない状況にある。
 このようなことから、市民(特に幼児・児童生徒等)が安心して生活ができるよう、国においては、下記の措置を早急に講ずるよう強く求める。
1 市民が安心・安全な生活を営む上で必要な放射線に関する安全基準を明確にし、具体的な
 対応策を早急に示し、公表すること。
 1)土壌(公園、校庭及び園庭等)の明確な安全基準と処理方針・処理方法
 2)学校等における生活上の明確な安全基準とその対処方法
 3)放射線量率測定方法の統一したマニュアルの作成
2 安心を得るために放射線被害及び放射線障害に関する検診並びに健康診断を国及び東京電
 力の責任において無償で実施すること。
3 市民の不安を除くため、健康への影響に関する正しい知識について、国による積極的な啓
 発活動を行うこと。
4 これらに要するすべての費用について、福島県と同様の財政支援を行うこと。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成23年7月27日
                                常 総 市 議 会
(提出先)衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、財務大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣
 以上です。


◯議長(草間正詔君) ただいま説明を求めました。
 これより質疑に入ります。質疑ある方の発言を許します。質疑ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(草間正詔君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。
 この際、お諮りいたします。議案第44号、以上の件は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに討論、採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(草間正詔君) 御異議なしと認めます。よって、議案第44号は委員会付託を省略し、直ちに討論、採決することに決しました。
 これより討論に入ります。討論ありませんか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(草間正詔君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。
 これより採決に入ります。
 お諮りいたします。議案第44号、以上の件は原案のとおり決することに御異議ありませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(草間正詔君) 御異議なしと認めます。よって、議案第44号は原案のとおり可決されました。
   ─────────────────────────────────
 議決事件の条項、字句、数字等の整理について


◯議長(草間正詔君) 次に、この際、お諮りいたします。
 今期臨時会に議決されました各事件のうち、その条項、字句、数字、その他の整理を必要とするものにつきましては、会議規則第43条の規定により、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(草間正詔君) 御異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字、その他の整理は、議長に委任することに決しました。
   ─────────────────────────────────
 閉会の宣告


◯議長(草間正詔君) 以上で今期臨時会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。
 平成23年第4回常総市議会臨時会を閉会いたします。
                午後0時02分閉会
   ─────────────────────────────────
 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。
         常総市議会          議 長

           〃    署名議員      番

           〃      〃       番

           〃      〃       番