議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 下妻市

平成22年 第1回臨時会(第1日 1月20日)




平成22年 第1回臨時会(第1日 1月20日)





            平成22年第1回下妻市議会臨時会会議録(第1号)


         ────────────────────────────────





            平成22年1月20日(水曜日)午前10時04分開会





 
平成22年1月20日(水)午前10時


第1  会期の決定


第2  会議録署名議員の指名


第3  議案第1号  平成21年度下妻市一般会計補正予算(第6号)について


     (上程、説明、質疑)


第4  議案第1号  平成21年度下妻市一般会計補正予算(第6号)について


     (討論、採決)


第5  議長辞職の件


第6  選挙第1号(議長選挙)


第7  副議長辞職の件


第8  選挙第2号(副議長選挙)


第9  常任委員会委員の選任


第10  議会運営委員会委員の選任


第11  議会だより運営委員会委員の決定


第12  議会議員互助会役員の決定


   ─────────────────────


本日の会議に付した案件


 〇日程第1 会期の決定


 〇日程第2 会議録署名議員の指名


 〇日程第3 議案第1号(上程、説明、質疑)


 〇日程第4 議案第1号(討論、採決)


 (追加)


 〇日程第5 議長辞職の件


 (追加)


 〇日程第6 選挙第1号(議長選挙)


 (追加)


 〇日程第7 副議長辞職の件


 (追加)


 〇日程第8 選挙第2号(副議長選挙)


 〇日程第9 常任委員会委員の選任


 〇日程第10 議会運営委員会委員の選任


 〇日程第11 議会だより運営委員会委員の決定


 〇日程第12 議会議員互助会役員の決定


               ─────────────────────


出 席 議 員(24名)


  1番 斯 波 元 気 君           13番 中 山 勝 美 君


  2番 廣 瀬   榮 君           14番 飯 塚   薫 君


  3番 小 竹   薫 君           15番 広 瀬 明 弘 君


  4番 菊 池   博 君           16番 木 村   進 君


  5番 原 部   司 君           17番 平 井   誠 君


  6番 笠 島 道 子 君           18番 山 ? 洋 明 君


  7番 須 藤 豊 次 君           19番 初 沢 智 之 君


  8番 柴   孝 光 君           20番 笠 島 和 良 君


  9番 山 中 祐 子 君           21番 篠 島 昌 之 君


 10番 増 田 省 吾 君           22番 礒     晟 君


 11番 田 中 昭 一 君           23番 石 塚 秀 男 君


 12番 谷田部 久 男 君           24番 稲 葉 冨士夫 君


              ─────────────────────


欠 席 議 員(0名)


              ─────────────────────


説明のため出席した者


 市長       小 倉 敏 雄 君   会計管理者兼会計課長


                               笠 嶋   明 君


 副市長      稲 葉 本 治 君   秘書課長     中 村 義 雄 君


 教育長      青 柳 正 美 君   総務課長     門 井 敏 雄 君


 企画財務部長   粟 野 新 也 君   企画課長     野 中 周 一 君


 市民環境部長   山野辺 正 一 君   財政課長     飯 島   孝 君


 保健福祉部長   柳 橋 正 晴 君   福祉事務所長   山 口 宏 司 君


 経済部長     鈴 木   茂 君   委員会事務局長  黒 沢 正 美 君


 建設部長     寺 田   清 君   水道事業所長   大 月 信 男 君


 教育部長     石 濱 義 則 君   消防署長     吉 原 好 男 君


               ─────────────────────


会 議 書 記


 議会事務局長   小田部 康 志 君   主幹       杉 山 純 子 君


 議会事務局長補佐 倉 持 総 男 君   主幹       磯   和 洋 君


               ─────────────────────


○議長(木村 進君) 改めまして、新年明けましておめでとうございます。議員の皆様、そして執行部の皆様におかれましては、ご隆盛の輝かしい年をお迎えになられたことと存じております。謹んでお喜びを申し上げます。皆々様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げまして、なお本年も何とぞよろしくお願いいたします。


              ─────────────────────


                午前10時04分 開会


○議長(木村 進君) それでは、ただいまから平成22年第1回下妻市議会臨時会を開会いたします。


              ─────────────────────


 出席議員及び欠席議員の報告、開会の宣告


○議長(木村 進君) ただいまの出席議員は24名であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。


 これより本日の会議を開きます。


              ─────────────────────


 議会に出席を求めた者の報告


○議長(木村 進君) 地方自治法第121条の規定により、議長において出席を求めた者は、


 小倉市長


 稲葉副市長


 青柳教育長


 粟野企画財務部長


 山野辺市民環境部長


 柳橋保健福祉部長


 鈴木経済部長


 寺田建設部長


 石濱教育部長


 笠嶋会計管理者兼会計課長


 山口福祉事務所長


 黒沢委員会事務局長


 大月水道事業所長


 吉原消防署長


 門井総務課長


 野中企画課長


 飯島財政課長


 中村秘書課長


 以上であります。


 会議書記は、


 小田部議会事務局長


 倉持議会事務局長補佐


 杉山主幹


 磯主幹


 以上であります。


              ─────────────────────


 議事日程の報告


○議長(木村 進君) 本日の日程は、印刷物をもって配付の日程表のとおりであります。


              ─────────────────────





 【日程第1】 会期の決定





○議長(木村 進君) これより本日の日程に入ります。


 日程第1 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) ご異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。


              ─────────────────────





 【日程第2】 会議録署名議員の指名





○議長(木村 進君) 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。


  3番 小竹 薫君


  4番 菊池 博君


 以上2名を指名いたします。


              ─────────────────────





 【日程第3】 議案第1号





○議長(木村 進君) 日程第3 議案第1号 平成21年度下妻市一般会計補正予算(第6号)について、以上の件を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。小倉市長、登壇願います。


               〔市長 小倉敏雄君登壇〕


○市長(小倉敏雄君) 皆さん、おはようございます。


 改めまして、新年明けましておめでとうございます。皆様方には輝かしい希望に満ちた新春をお迎えのこととお喜びを申し上げます。


 昨年を振り返りますと、合併特例債事業としてのやすらぎの里しもつまの全施設が4月にオープンとなりました。また、敷地面積11ヘクタールと大規模なしもつま桜塚工業団地の企業への売却、さらには新たな取り組みとして、市民の消費者生活全般に関する相談や苦情に対応するための消費生活センターを開設いたしました。


 社会的には、世界的な経済の不況と新型インフルエンザの感染という大変重大な問題が発生し、どちらもいまだ決定的な解決策は見当たらない状況でございます。また、国内では8月に民主党政権が誕生し、国政においてはこれまでの政策が減少されるとともに、地方行政にも国政に合わせて転換が求められてくると考えられます。当市におきましても、このような先行き不透明な社会情勢の中で、計画性を持って施策を判断し、市民生活を根底で支える強い財政基盤の確立と、新しい時代に合わせた組織体制づくりが必要とされております。


 そのような中で、昨年度からの継続事業であります東部中学校建設事業では、平成24年4月の開校に向け、平成22年度に校舎や体育館の建築に着工、また、つくば下妻第二工業団地へのアクセス道路であります南原平川戸線整備事業は、平成27年度完成を目指し、土地の買収や一部道路の改修を進めてまいります。本年も昨年に増して財政状況は大変厳しい中でありますが、市民の皆様のご協力をいただきながら行財政改革を推進し、財源の確保と経費の削減に全力を尽くすため、新たに第4次行財政改革大綱を策定する予定でございます。よりよい下妻市の建設に向け、最小の経費で最大の効果を発揮し、産業の振興、福祉、教育の充実、自然環境の保護、保全等に鋭意努力してまいります。皆様には、迎えました新しい年も市政に対するさらなるご支援と、なお一層のご協力をお願い申し上げます。本臨時会の開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。


 続きまして、議案の説明に先立ち、1件ご報告をさせていただきます。


 国の地域活性化生活対策臨時交付金事業による下妻保育園の耐震診断につきましては、昨年11月に判定会議があり、その結果、地震の震動、衝撃に対し、倒壊、崩壊する危険性が高いとされる耐震指数0.3未満の0.14と判明いたしました。今回の補正予算に耐震補強工事を計上させていただきましたので、よろしくお願いいたします。


 それでは、提案いたしました議案の説明に入らせていただきます。


 議案第1号 平成21年度下妻市一般会計補正予算(第6号)についてでございますが、今回の補正は2,398万円を追加するもので、農業振興地域整備計画総合見直し作業委託事業を平成21年度、22年度の2カ年継続費として設定するもの。経済危機対策臨時交付金を活用した下妻保育園耐震補強工事及びトイレ改修工事を計上したほか、臨時交付金事業において契約確定による請負差金が生じたため、勤労青少年ホーム、働く婦人の家、市民センターの地上デジタル対応テレビ購入費用に活用するために計上するなど、最小限の補正といたしました。


 補正の財源といたしましては、すべて国庫支出金でございます。これにより、本年度予算の総額は148億3,233万8,000円となります。


 以上、説明を終わらせていただきます。


 なお、議案第1号の詳細につきましては粟野企画財務部長より補足説明をいたさせますので、よろしくお願いいたします。


 以上でございます。ありがとうございました。


○議長(木村 進君) 続いて、補足説明をいたさせます。粟野企画財務部長、登壇願います。


             〔企画財務部長 粟野新也君登壇〕


○企画財務部長(粟野新也君) おはようございます。私からは、議案第1号 平成21年度下妻市一般会計補正予算(第6号)について事項別明細書により補足説明を申し上げます。


 8、9ページをお願いいたします。


 初めに、歳入でございますが、13款国庫支出金、2項国庫補助金、1目1節総務管理費補助金2,692万2,000円は、地域活性化・経済危機対策臨時交付金で、今回の補正により昨年6月に国から交付された全額を計上いたしました。


 次に、2目民生費国庫補助金、3節生活保護費補助金12万7,000円は、生活保護の母子加算復活に伴うシステム改修に対するもの。


 次に、5目1節教育総務費補助金306万9,000円の減は、事業費の確定により学校情報通信技術環境整備事業費補助金を減額するものでございます。


 10、11ページをお願いいたします。


 次に、歳出でございますが、3款民生費、2項2目児童福祉施設費、13節委託料484万1,000円、15節工事請負費2,399万8,000円は、ともに経済危機対策臨時交付金による下妻保育園の耐震改修及びトイレ改修工事でございます。


 次に、3項1目生活保護総務費、13節委託料12万8,000円は、生活保護の母子加算復活に伴いシステムを改修するもの。


 次に、5款労働費、1項労働諸費、1目勤労青少年ホーム管理費、2目働く婦人の家管理費及び6款1項農業費のうち、13目市民センター管理費の18節備品購入費は、いずれも学校情報通信技術環境整備事業に計上いたしました経済危機対策臨時交付金が競争入札による請負差金が発生しましたので、地上デジタル対応テレビを各施設に配置するもの。


 次に、6款1項農業費のうち、10目農業振興地域整備促進費、11節需用費70万円の減、13節委託料49万6,000円の減は、ともに農業振興地域整備計画総合見直し作業が地番の突合などに長時間を要するため、平成21年度及び平成22年度を計画期間とする継続費を設定するため、平成22年度に計上する経費を減額するものでございます。


 12、13ページをお願いいたします。


 次に、10款教育費、2項小学校費、1目学校管理費、11節需用費124万円は、各小学校の遊具などを修繕するもの。


 次の15節工事請負費308万円の減、18節備品購入費770万9,000円の減は、いずれも学校情報通信技術環境整備事業関係のLAN工事や地上デジタルテレビ購入が競争入札により請負差金が生じましたので、減額するものでございます。


 次に、13款1項1目予備費は、445万円増額いたしました。


 3ページにお戻りいただきたいと思います。


 第2表、継続費でございますが、歳出でもご説明いたしましたとおり、6款農業費、1項農業費の農業振興地域整備計画総合見直し作業委託を平成21年度、平成22年度の2カ年継続事業とするため継続費を設定するもので、年割り額は平成21年度が95万9,000円、平成22年度が45万9,000円で総額141万8,000円でございます。これにより、平成21年度下妻市一般会計予算は、歳入歳出それぞれ2,398万円増の148億3,233万8,000円となります。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(木村 進君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑のある方の発言を許します。


〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号について、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) 異議なしと認めます。よって委員会付託を省略することに決しました。


              ─────────────────────





 【日程第4】 議案第1号





○議長(木村 進君) 日程第4 議案第1号 平成21年度下妻市一般補正予算(第6号)について、以上の件を議題といたします。


 これより討論、採決を行います。


 議案第1号、本件について討論はありませんか。


〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。


 採決いたします。


 議案第1号、本件について原案のとおり決するにご異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) ご異議なしと認めます。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。


 暫時休憩いたします。


                午前10時20分 休憩


              ─────────────────────


                午前10時31分 再開


○副議長(原部 司君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


 ただいま、休憩中に議長木村 進君から議長の辞職願が副議長に提出されましたので、地方自治法第106条第1項の規定により、議長の職務をとらせていただきます。よろしくお願いいたします。


 お諮りいたします。これからは執行部に関係のない議案でありますので、小倉市長、稲葉副市長、青柳教育長及び各部長以外の課長等につきましては退席させてよろしいかと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。


 それでは、課長等の退席を求めます。


 暫時休憩いたします。


                午前10時32分 休憩


              ─────────────────────


                午前10時33分 再開


○副議長(原部 司君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


 先ほど申し上げましたとおり、議長木村 進君から議長の辞職願が提出されております。


 お諮りいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、日程の順序を変更して、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、議長辞職の件を日程に追加し、日程の順序を変更して、直ちに議題とすることに決しました。


 印刷物配付のため、暫時休憩いたします。


                午前10時34分 休憩


              ─────────────────────


                午前10時35分 再開


○副議長(原部 司君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


              ─────────────────────





 【日程第5】 議長辞職の件





○副議長(原部 司君) 日程第5 議長辞職の件を議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、16番木村 進君の退席を求めます。


〔議長 木村 進君退席〕


○副議長(原部 司君) それでは、その辞職願を議会事務局長より朗読いたさせます。小田部議会事務局長。


○議会事務局長(小田部康志君) それでは、辞職願の朗読をいたします。


 辞職願


 私儀、今般、一身上の都合により議長を辞職したいから、地方自治法第108条の規定により許可されるよう願い出ます。


  平成22年1月20日


 下妻市議会副議長 原 部   司 殿


                            下妻市議会議長 木 村   進


 以上であります。


○副議長(原部 司君) お諮りいたします。木村 進君の議長辞職を許可することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、議長辞職を許可することに決しました。


 木村 進君の退席を解きます。


〔木村 進君入場〕


○副議長(原部 司君) ただいま議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、日程の順序を変更して、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(原部 司君) ご異議なしと認めます。よって、議長の選挙を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに選挙を行うことに決しました。


 印刷物配付のため、暫時休憩いたします。


                午前10時38分 休憩


              ─────────────────────


                午前10時40分 再開


○副議長(原部 司君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


              ─────────────────────





 【日程第6】 選挙第1号





○副議長(原部 司君) 日程第6 選挙第1号 議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条の規定により、投票、指名推選、いずれの方法にいたしましょうか。


               〔「投票」と呼ぶ者あり〕


○副議長(原部 司君) ただいま投票によられたいとの発言がありましたので、地方自治法第118条第1項の規定により、投票によることにいたします。


 議場の閉鎖を命じます。


                  〔議場閉鎖〕


○副議長(原部 司君) ただいまの出席議員は24名であります。


 投票用紙の配付をいたさせます。


                 〔投票用紙配付〕


○副議長(原部 司君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(原部 司君) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                  〔投票箱点検〕


○副議長(原部 司君) 異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 点呼を命じます。倉持議会事務局長補佐。


                〔職員 氏名を点呼〕


                  〔各員投票〕


○副議長(原部 司君) 投票漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(原部 司君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                  〔議場開鎖〕


○副議長(原部 司君) それでは、直ちに開票いたします。


 下妻市議会会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、


 1番 斯波元気君


 2番 廣瀬 榮君


 以上2名を指名いたします。両君の立ち会いをお願いいたします。


                  〔開  票〕


○副議長(原部 司君) それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数24票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち、


  有効投票 24票


  無効投票  0票


 有効投票中


  谷田部久男君 15票


  中山 勝美君  7票


  平井  誠君  2票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、谷田部久男君が下妻市議会議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました谷田部久男君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。


 ここで議長谷田部久男君のごあいさつをお願いいたします。


〔議長 谷田部久男君登壇〕


○議長(谷田部久男君) ただいま、議長に当選させていただき、大変ありがとうございました。 私、もとより浅学非才の身ではございますが、皆様のご協力を得ながら議会運営円滑のために身を粉にして働いてまいりたいと思っておりますので、どうぞ今後とも議員の皆様方のご協力をよろしくお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつといたします。大変ありがとうございました。


○副議長(原部 司君) 以上であいさつを終わります。


 これをもちまして議長選挙は終了いたしました。


 ここで新議長と交代いたします。ご協力ありがとうございました。


 暫時休憩いたします。


                午前10時57分 休憩


              ─────────────────────


                午前11時04分 再開


○議長(谷田部久男君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


 それでは、議長の席に着かせていただきます。よろしくお願いいたします。


 ただいま、休憩中に副議長原部 司君から副議長の辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、日程の順序を変更して、直ちに議題とすることにご異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(谷田部久男君) ご異議なしと認めます。よって、副議長辞職の件を日程に追加し、日程の順序を変更して、直ちに議題とすることに決しました。


 印刷物配付のため、暫時休憩いたします。


                午前11時05分 休憩


              ─────────────────────


                午前11時06分 再開


○議長(谷田部久男君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


              ─────────────────────





 【日程第7】 副議長辞職の件





○議長(谷田部久男君) 日程第7 副議長辞職の件を議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、5番 原部 司君の退席を求めます。


〔副議長 原部 司君退席〕


○議長(谷田部久男君) それでは、その辞職願を議会事務局長より朗読いたさせます。小田部議会事務局長。


○議会事務局長(小田部康志君) それでは、辞職願の朗読をいたします。


 辞職願


 私儀、今般、一身上の都合により副議長を辞職したいから、地方自治法第108条の規定により許可されるよう願い出ます。


  平成22年1月20日


 下妻市議会議長 谷田部 久 男 殿


                           下妻市議会副議長 原 部   司


 以上でございます。


○議長(谷田部久男君) お諮りいたします。原部 司君の副議長辞職を許可することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(谷田部久男君) ご異議なしと認めます。よって、副議長辞職を許可することに決しました。


 原部 司君の退席を解きます。


〔原部 司君入場〕


○議長(谷田部久男君) ただいま副議長が欠員となりました。


 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、日程の順序を変更して、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(谷田部久男君) ご異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、日程の順序を変更し、直ちに選挙を行うことに決しました。


 印刷物配付のため、暫時休憩いたします。


                午前11時10分 休憩


              ─────────────────────


                午前11時11分 再開


○議長(谷田部久男君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


              ─────────────────────





 【日程第8】 選挙第2号 副議長の選挙





○議長(谷田部久男君) 日程第8 選挙第2号 副議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条の規定により、投票、指名推選、いずれの方法にいたしましょうか。


               〔「投票」と呼ぶ者あり〕


○議長(谷田部久男君) ただいま投票によられたいとの発言がありましたので、地方自治法第118条第1項の規定により、投票によることにいたします。


 議場の閉鎖を命じます。


                  〔議場閉鎖〕


○議長(谷田部久男君) ただいまの出席議員は24名であります。


 ここで投票用紙の配付をいたさせます。


                 〔投票用紙配付〕


○議長(谷田部久男君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(谷田部久男君) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                  〔投票箱点検〕


○議長(谷田部久男君) 異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 点呼を命じます。倉持議会事務局長補佐。


                〔職員 氏名を点呼〕


                  〔各員投票〕


○議長(谷田部久男君) 投票漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(谷田部久男君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                  〔議場開鎖〕


○議長(谷田部久男君) それでは、直ちに開票いたします。


 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、


 3番 小竹 薫君


 4番 菊池 博君


 以上2名を指名いたします。両君の立ち会いをお願いいたします。


                  〔開  票〕


○議長(谷田部久男君) それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数24票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち、


  有効投票 24票


  無効投票  0票


 有効投票中


  菊池  博君 16票


  山中 祐子君  6票


  笠島 道子君  2票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、菊池 博君が下妻市議会副議長に当選されました。


 ただいま副議長に当選されました菊池 博君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。


 ここで副議長菊池 博君のごあいさつをお願いいたします。


               〔副議長 菊池 博君登壇〕


○副議長(菊池 博君) このたび議員の多数の皆様のご投票により、副議長の任を仰せつかりました。大役ではありますが、議長を補佐し、円滑な議会運営ができるよう努力いたしますので、皆さんのご協力をよろしくお願いします。


○議長(谷田部久男君) 以上であいさつを終わります。


 これをもちまして副議長選挙は終了いたしました。


 ここで木村 進君から発言の申し出がありますので、これを許します。登壇願います。原部


司君もご一緒に登壇願います。


          〔16番 木村 進君 5番 原部 司君登壇〕


○16番(木村 進君) 一言御礼の言葉を述べさせていただきたいというふうに思っています。


 早いものでちょうど2年という月日がたちまして、皆様方のご協力をいただきまして、つつがなく議長、副議長を務めさせていただきました。いろいろ景気の低迷がありまして、何かと執行部はそれなりの大変な時期を迎えておりましたし、我々議会というものもやはり我々は、執行権はありませんが、議決権というものがありまして、それもひとえに皆様方の絶大なるご協力の賜物と心から感謝を申し上げている次第でございます。


 これから、新しい議長、そして副議長が生まれました。どうか皆様方のご協力をいただきながら、下妻市議会がスムーズにいきますことをご祈念申し上げまして、簡単でございますけれども、御礼の言葉とごあいさつにかえさせていただきます。


 本日はありがとうございました。


○議長(谷田部久男君) 以上で発言を終わります。


              ─────────────────────





 【日程第9】 常任委員会委員の選任





○議長(谷田部久男君) 日程第9 常任委員会委員の選任を行います。


 お諮りいたします。本件については、下妻市議会委員会条例第8条第1項の規定により、議長の指名によるとされておりますが、選考委員を選出し、選考委員会の中で決定していただいた方々を常任委員会委員として指名することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(谷田部久男君) ご異議なしと認めます。よって、本件については、選考委員を選出し、選考委員会の中で決定していただいた方々を常任委員会委員として指名することに決しました。


 さらに、お諮りいたします。選考委員については議長において指名することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(谷田部久男君) ご異議なしと認めます。よって、選考委員は議長において指名することに決しました。


 それでは、選考委員を指名いたします。


 斯波元気君


 小竹 薫君


 増田省吾君


 飯塚 薫君


 木村 進君


 初沢智之君


 礒  晟君


 稲葉冨士夫君


 以上8名であります。


 選考委員は議員図書室において直ちに選考をお願いいたします。


 暫時休憩いたします。


                午前11時31分 休憩


              ─────────────────────


                午前11時49分 再開


○議長(谷田部久男君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


 稲葉選考委員長より選考の結果を報告いたさせます。稲葉選考委員長、登壇願います。


〔常任委員選考委員長 稲葉冨士夫君登壇〕


○常任委員選考委員長(稲葉冨士夫君) ただいま別室におきまして常任委員会の希望に沿った選考を行った結果、次のとおり決まりましたので、ご了承をお願いいたします。


 それでは、申し上げます。


 総務委員会


 廣瀬 榮君


 谷田部久男君


 中山勝美君


 平井 誠君


 山?洋明君


 篠島昌之君


 以上6名です。


 次に、文教厚生委員会


 原部 司君


 笠島道子君


 柴 孝光君


 山中祐子君


 笠島和良君


 稲葉冨士夫君


 以上6名です。


 次に、産業経済委員会です。


 斯波元気君


 菊池 博君


 田中昭一君


 飯塚 薫君


 木村 進君


 初沢智之君


 以上6名です。


 次に、建設委員会です。


 小竹 薫君


 須藤豊次君


 増田省吾君


 広瀬明弘君


 礒 晟君


 石塚秀男君


 以上6名です。


 以上のように常任委員会の構成が決まりましたので、報告いたします。ご協力よろしくお願い申し上げます。


○議長(谷田部久男君) ただいまの選考委員長報告のとおり常任委員会委員を選任いたします。


 それでは、各常任委員会は、委員会条例第9条第2項の規定により、正副委員長の互選をお願いいたします。


 総務委員会は議員図書室で、文教厚生委員会は第2会議室で、産業経済委員会は第3会議室で、建設委員会は中会議室で、それぞれ正副委員長の互選をお願いいたします。


 暫時休憩いたします。


                午前11時52分 休憩


              ─────────────────────


                午後12時00分 再開


○議長(谷田部久男君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


 正副委員長の互選の結果が報告されましたので、ご報告いたします。


 総務委員会


 委員長  中山勝美君


 副委員長 廣瀬 榮君


 文教厚生委員会


 委員長  柴 孝光君


 副委員長 山中祐子君


 産業経済委員会


 委員長  田中昭一君


 副委員長 斯波元気君


 建設委員会


 委員長  須藤豊次君


 副委員長 小竹 薫君


 以上のとおりであります。


 昼食のため、暫時休憩いたします。


午後12時01分 休憩


              ─────────────────────


                午後 1時01分 再開


○議長(谷田部久男君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


              ─────────────────────





 【日程第10】 議会運営委員会委員の選任





○議長(谷田部久男君) 日程第10 議会運営委員会委員の選任を行います。


 本件については、下妻市議会委員会条例第8条第1項の規定により、議長の指名によるとされております。


 お諮りいたします。各常任委員会より2名ずつ選出いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(谷田部久男君) ご異議なしと認めます。よって、そのように決しました。


 各常任委員会は2名を選出の上、議長までご報告をお願いいたします。


 総務委員会は議員図書室で、文教厚生委員会は第2会議室で、産業経済委員会は第3会議室で、建設委員会は中会議室でそれぞれお願いいたします。


 暫時休憩いたします。


                午後 1時02分 休憩


              ─────────────────────


                午後 1時08分 再開


○議長(谷田部久男君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


 それでは、議会運営委員会委員の氏名を申し上げます。


 総務委員会 篠島昌之君、山?洋明君


 文教厚生委員会 稲葉冨士夫君、笠島和良君


 産業経済委員会 初沢智之君、木村 進君


 建設委員会 石塚秀男君、礒 晟君


 以上のとおりであります。


 議会運営委員会は、委員会条例第9条第2項の規定により、議員図書室において正副委員長の互選をお願いいたします。


 暫時休憩いたします。


                午後 1時09分 休憩


              ─────────────────────


                午後 1時14分 再開


○議長(谷田部久男君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


 議会運営委員会より正副委員長の互選の結果が報告されましたので、ご報告申し上げます。


 委員長  篠島昌之君


 副委員長 初沢智之君


 以上のとおりであります。


              ─────────────────────





 【日程第11】 議会だより運営委員会委員の決定





○議長(谷田部久男君) 日程第11 議会だより運営委員会委員の決定について申し上げます。


 本件は、下妻市議会だより発行規程第6条の規定により、副議長及び各常任委員会委員長並びに議会運営委員会委員長を充てることになっておりますので、そのように決定いたします。


 議会だより運営委員会は、下妻市議会だより発行規程第7条第1項の規定により、議員図書室において正副委員長の互選をお願いいたします。


 暫時休憩いたします。


                午後 1時15分 休憩


              ─────────────────────


                午後 1時18分 再開


○議長(谷田部久男君) 休憩前に戻り、会議を開きます。


 議会だより運営委員会より正副委員長の互選の結果が報告されましたので、ご報告申し上げます。


 委員長  菊池 博君


 副委員長 中山勝美君


 以上のとおりであります。


              ─────────────────────





 【日程第12】 議会議員互助会役員の決定





○議長(谷田部久男君) 日程第12 議会議員互助会役員の決定について申し上げます。


 本件は、下妻市議会議員互助会会則第6条の規定により、会長は議長、副会長は副議長、理事は各常任委員会委員長及び議会運営委員会委員長を充てることになっておりますので、そのように決定いたします。


              ─────────────────────


○議長(谷田部久男君) ここで稲葉副市長より発言を求められておりますので、これを許します。稲葉副市長、登壇願います。


〔副市長 稲葉本治君登壇〕


○副市長(稲葉本治君) 貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。


 このたび、私の一身上の都合により、小倉市長に辞表を提出し、今月末をもちまして辞職をさせていただくことになりましたので、ご報告を申し上げます。


 議員の皆さんには、平成18年の1月に下妻市と旧千代川村の合併以来、4年と1カ月にわたりご指導、ご鞭撻を賜りました。参与、助役、副市長の職務に携わらせていただきましたことに深く感謝を申し上げる次第でございます。引退に当たり、議員皆様のご健勝とこれからの下妻市のご発展をお祈り申し上げまして、御礼のあいさつといたします。


 ありがとうございました。


○議長(谷田部久男君) 以上で稲葉副市長からの発言を終わります。


              ─────────────────────


 閉会宣告


○議長(谷田部久男君) 以上で本臨時会の日程は全部終了いたしました。


 これをもちまして平成22年第1回下妻市議会臨時会を閉会いたします。長時間にわたり大変ご苦労さまでございました。


                午後 1時21分 閉会


              ─────────────────────


  会議録署名人


   下妻市議会 議  長 木 村   進





         副議長  原 部   司





         議  長 谷田部 久 男





         署名議員 小 竹   薫





         同    菊 池   博