議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 下妻市

平成21年 第1回定例会(第2日 3月 4日)




平成21年 第1回定例会(第2日 3月 4日)





            平成21年第1回下妻市議会定例会会議録(第2号)


         ────────────────────────────────





            平成21年3月4日(水曜日)午前10時01分開会





 
平成21年3月4日(水)午前10時


第1  会議録署名議員の指名


第2  議案第4号ないし議案第36号及び報告第1号


   (質疑)


    議案第4号ないし議案第15号


   (常任委員会付託)


    議案第16号ないし議案第33号


   (予算特別委員会付託)


第3  選挙第1号  茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員一般選挙





              ─────────────────────


本日の会議に付した案件


 〇日程第1  会議録署名議員の指名


 〇日程第2  議案第4号ないし議案第36号及び報告第1号(質疑)


        議案第4号ないし議案第15号(常任委員会付託)


        議案第16号ないし議案第33号(予算特別委員会付託)


 〇日程第3  選挙第1号


              ─────────────────────


出 席 議 員(22名)


  1番 斯 波 元 気 君           12番 谷田部 久 男 君


  2番 廣 瀬   榮 君           13番 中 山 勝 美 君


  3番 小 竹   薫 君           14番 飯 塚   薫 君


  4番 菊 池   博 君           16番 木 村   進 君


  5番 原 部   司 君           17番 平 井   誠 君


  6番 笠 島 道 子 君           18番 山 ? 洋 明 君


  7番 須 藤 豊 次 君           19番 初 沢 智 之 君


  8番 柴   孝 光 君           20番 笠 島 和 良 君


  9番 山 中 祐 子 君           21番 篠 島 昌 之 君


 10番 増 田 省 吾 君           23番 石 塚 秀 男 君


 11番 田 中 昭 一 君           24番 稲 葉 冨士夫 君


              ─────────────────────


欠 席 議 員(2名)


 15番 広 瀬 明 弘 君           22番 礒     晟 君


              ─────────────────────


説明のため出席した者


 市長        小 倉 敏 雄 君   教育部次長兼学校教育課長


                                鈴 木   茂 君


 副市長       稲 葉 本 治 君   秘書課長     中 村 義 雄 君


 教育長       青 柳 正 美 君   総務課長     門 井 敏 雄 君


 総務部長      中 山 春 男 君   企画課長     本 橋 孝 夫 君


 企画財務部長    塚 田 研 一 君   財政課長     飯 島   孝 君


 市民環境部長    山野辺 正 一 君   福祉事務所長   外 山 一 夫 君


 保健福祉部長    藤 本 信 吉 君   委員会事務局長  黒 沢 正 美 君


 経済部長      粟 野 新 也 君   農業委員会事務局長


                                島 田 秀 男 君


 建設部長      寺 田   清 君   水道事業所長   渡 辺 敏 夫 君


 教育部長      石 濱 義 則 君   消防署長     吉 原 好 男 君


 会計管理者兼会計課長


           笠 嶋   明 君





              ─────────────────────


会 議 書 記


 議会事務局長    山 本   誠 君   主幹       杉 山 純 子 君


 議会事務局長補佐  小田部 康 志 君   主事       渡 辺 広 行 君


              ─────────────────────


               午前10時01分 開会


○議長(木村 進君) ただいまから、前日に引き続き会議を開きます。


              ─────────────────────


 出席議員及び欠席議員の報告、開会の宣告


○議長(木村 進君) ただいまの出席議員は22名であります。欠席の届け出は、15番 広瀬明弘君、22番 礒  晟君、以上2名であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。


 これより本日の会議を開きます。


              ─────────────────────


 議会に出席を求めた者の報告


○議長(木村 進君) 地方自治法第121条の規定により、議長において出席を求めた者は、前日のとおりであります。


 会議書記についても、前日のとおりであります。


              ─────────────────────


 議事日程の報告


○議長(木村 進君) 本日の日程は、印刷物をもって配付の日程表のとおりであります。


              ─────────────────────





 【日程第1】 会議録署名議員の指名





○議長(木村 進君) これより本日の日程に入ります。


 日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。


   2番 廣瀬 榮君


   3番 小竹 薫君


 以上2名を指名いたします。


              ─────────────────────





 【日程第2】 議案第4号ないし議案第36号及び報告第1号





○議長(木村 進君) 日程第2 議案第4号 下妻市長の選挙におけるビラの作成の公費負担に関する条例の制定について、ないし議案36号 下妻市固定資産評価審査委員会委員の選任について、及び報告第1号 専決処分の承認を求めることについて「平成20年度下妻市一般会計補正予算(第7号)について」、以上34件を一括議題といたします。


 これより質疑を行います。


 通告順により発言を許します。6番 笠島道子君、登壇願います。


               〔6番 笠島道子君登壇〕


○6番(笠島道子君) 皆さんおはようございます。


 それでは、私からは3点ほど質問させていただきます。


 まず、第1に、議案第7号 下妻市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定についてです。


 介護従事者処遇改善を図るということで、平成21年4月1日から、24年3月31日までに限り、特例基金を設けるとのことですけれども、基金の額はどれぐらい見ているのか伺います。


 2点目に、議案第9号 下妻市医療福祉費支給に関する条例の一部改正についてです。


 まず、1点目は、対象年齢が1年拡大されたことによって、乳幼児、重度心身障害者など、医療費助成対象者はどれぐらいいるのかということ。2点目、この条例の施行が、なぜ21年7月1日からなのか伺います。


 3点目ですが、議案第10号 下妻市国民健康保険条例の一部改正についてです。


 児童福祉法改正によって、小規模住居型児童養育事業が実施されるということなんですが、これはどのようなものなのか、具体的に説明をお願いいたします。


 以上です。


○議長(木村 進君) 笠島道子君の質疑に対する答弁をいたさせます。藤本保健福祉部長、登壇願います。


             〔保健福祉部長 藤本信吉君登壇〕


○保健福祉部長(藤本信吉君) 議案第7号、第9号、第10号のご質疑にお答えいたします。


 初めに、議案第7号について、基金の額は幾らになるかとのことでございますが、第1号被保険者の保険料軽減分として1,733万3,142円、周知等経費として192万5,800円、合計で1,925万8,942円を見込んでおります。


 次に、議案第9号について、1つ目の乳幼児の年齢が拡大されたことによって、それぞれ対象者がどれだけ増えるのかについてでございますが、平成21年度平均受給者数といたしまして、5歳児が450人、就学前の6歳児が280人、合計で730人の増加を見込んでおります。


 2つ目のこの条例の施行日は、なぜ平成21年7月1日からなのかについてでございますが、妊産婦に関する茨城県医療福祉対策実施要領の改正の施行時期が対象となる方々や、医療機関などに対して、制度改正内容の周知を図る必要があることから、平成21年7月1日からの施行となっております。乳幼児の医療費無料化の対象年齢を拡大することにより、医療扶助費が増加することとなりますが、この増加となる財源は、妊産婦の制度見直しに伴い、減となります医療扶助費を充当し、さらに一般財源を補てんして、財源確保を行い、医療費の無料化を実施することから、平成21年7月1日の施行とさせていただきました。


 次に、議案第10号について、第4条の小規模住居型児童養育事業とは、どのようなものかについてでございますが、親の離婚や虐待等により、家庭で暮らすことができない児童が増加しており、これらの児童を擁護するため、できるだけ家庭的な環境の中で、きめ細やかなケアを行うために、小規模住居型児童養育事業が創設されました。この事業は、児童養護施設、乳児院、里親制度などと、措置対象児童、措置方法等は同様でございますが、この事業実施者は、要保護児童の養育に関し、相当の経験を有するもので、その住居において、5ないし6人の要保護児童を養育する事業で、1人から2人をお預かりする里親としての自宅、本市上妻地区にあります児童養護施設数十名規模との中間に位置するものでございます。事業者には、個人でも法人でもなることができますが、この事業は、都道府県または政令都市に届け出が必要となります。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(木村 進君) 以上で、笠島道子君の質疑に対する答弁を終わります。


 再質問はありませんか。


○6番(笠島道子君) ありません。


○議長(木村 進君) 以上で、笠島道子君の質疑を終わります。


 次に、17番 平井 誠君、登壇願います。


               〔17番 平井 誠君登壇〕


○17番(平井 誠君) おはようございます。


 それでは通告しました3点について、質疑いたします。


 議案第11号の中ですが、下妻市介護保険条例の一部改正についてのところで伺います。


 この新旧対照表、ここの3ページから4ページにかけてなんですけれども、保険料率のところで、(5)から(6)、(7)に、アとイがあります。それで、そのイのほうなんですが、伺うのは、要保護者であって、その者が課される保険料額については、この号の区分による額を適用される場合どうのこうのと、ここが何回か読んだんですが、どうもわかりませんので、その説明を、まず1点目はお聞きいたします。


 次に、議案第15号 土地の取得のところです。この議案の中に、県営経営体育成基盤整備事業大宝沼地区の創設換地に関する覚書というのもありまして、そのことから関連ということで伺います。


 1点目は、この換地の問題ですけれども、地権者が何人いて、今の時点で換地に同意していない人は何人いるかということが1つですが、もし同意していない人がいた場合ですけれども、その場合でも、事業を進めることには問題がないのかどうかということで伺っておきます。


 3点目は、報告第1号になります。ここでは補正予算が専決処分されたという内容ですが、昨日の説明でも定額給付金、それから子育て応援特別手当というのが盛り込まれましての補正です。関心の多いところなので伺いますが、定額給付金と子育て応援特別手当が新年度に回すということですけれども、その支給時期ですか、市民の手元にはいつごろ渡るというような見込みで今進めているのかということで、その時期を伺って質疑といたします。


 以上です。


○議長(木村 進君) 平井 誠君の質疑に対する答弁をいたさせます。藤本保健福祉部長、登壇願います。


             〔保健福祉部長 藤本信吉君登壇〕


○保健福祉部長(藤本信吉君) 私からは、議案第11号の質疑にお答えいたします。


 条例用語につきましては、なかなか理解が難しいというのは、私も全く同感でございまして、私自身読んでいても、なかなか内容を理解するのに苦労する次第でございます。今回のご質問の(5)から(6)、(7)のイの条項でございますが、まず、要保護者とは、現に生活を受けているといないとにかかわらず、生活保護を必要とする状態にある者というふうにご理解をお願いいたします。


 次に、イの中の令第39条、第1項、第1号、イ(1)にかかる部分を除くということでございますが、これは、一番最初に出てまいります(1)を指すというふうにご理解をお願いいたします。(1)の2万2,800円という数字のところでございます。これを指すというふうにご理解をお願いいたします。


 例えば、生活保護を必要とする状態にある者の保険料が算出されます。その算出された保険料を適用したならば、生活保護の状態からは抜け出せませんよと。生活保護になってしまいますという方については、生活保護の状態から抜け出せる状態に至る金額まで、保険料を見直すことができますよということで、例えば、一番最後の8で言いますと、保険料が7万9,800円という数字になっております。この7万9,800円という数字では、生活保護を抜け出せませんから、生活保護を抜け出すのには、幾らの金額が必要かということで、試算した結果、例えば(5)の5万4,720円でしたらば、生活保護水準を何とかクリアできると。その場合には、この(5)の5万4,720円で、その年度の保険料を決めましょうと。そういうふうになるということでございます。わかったような、わからないようなでございましょうが、難しい話なので、申しわけないのですが、そのようにご理解いただければというふうに思います。


 以上でございます。


○議長(木村 進君) 次に、粟野経済部長、登壇願います。


              〔経済部長 粟野新也君登壇〕


○経済部長(粟野新也君) 私からは、議案第15号 土地の取得についての質疑にお答えいたします。


 初めに、換地の問題についてでございますが、地権者は436名でございます。3月3日現在での換地の未同意者は28名で、同意取得率は93.6%でございます。


 次に、事業を進めるのに問題はないかについてでございますが、土地改良法第85条の規定で、国や都道府県が土地改良事業を行う場合、地権者の3分の2以上の同意が必要となっておりますので、法律的には問題ないものと考えております。また、今年工事に入りました福田地先の14ヘクタールにつきましては、既に関係する地権者全員の同意を取得しております。この事業の実施がより地権者にとって効果的なものとなり、円満な事業の実施を図るために、今後とも、換地員のご協力をいただきながら、同意取得を積極的に取り組んでまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。


 以上でございます。


○議長(木村 進君) 次に、塚田企画財務部長、登壇願います。


             〔企画財務部長 塚田研一君登壇〕


○企画財務部長(塚田研一君) 私からは、報告第1号のご質疑にお答えいたします。


 定額給付金並びに子育て応援特別手当の支給時期でございますが、申請通知書の発送を3月26日に実施し、申請受付を3月30日とし、申請期限を9月30日として計画を立てており、郵送での申請受付を開始する予定でございます。また、郵送での受付のほか、4月12日(日曜日)には、小学校単位の10地区の市民センター等に出向き、受け付けを行いたいと考えております。受け付けした後、口座振り込みの事務処理を行い、銀行に振り込みでの処理をお願いすることになりますが、金融機関では、金融機関への口座番号の確認に、通常の2倍である2週間ほど時間がかかるとの連絡を受けましたので、実際に個人の口座に入金されるのは、5月連休明けごろになってしまうと想定しておりますが、できる限り前倒しして支給したいと考えております。


 また、原則口座振り込みでの支給になりますが、口座がないなどによる現金支給につきましては、口座振り込みと同時期に、現金支給を実施したいと考えております。


 なお、3月25日発行のお知らせ版に合わせ、定額給付金と子育て応援特別手当に関する事業の概要、申請受付の流れ、注意事項などについて、チラシを配布する予定でございますので、よろしくお願いいたします。


○議長(木村 進君) 以上で平井 誠君の質疑に対する答弁を終わります。


 再質疑ありませんか。


○17番(平井 誠君) なし。


○議長(木村 進君) 以上で平井 誠君の質疑を終わります。


 次に、4番 菊池 博君、登壇願います。


               〔4番 菊池 博君登壇〕


○4番(菊池 博君) おはようございます。


 ただいま議長から許可をいただきましたので、通告に従い質疑をさせていただきます。


 私の質疑は、議案第12号 砂沼サンビーチ及び砂沼広域公園駐車場の管理に関する条例の制定についてのうち、第3条、砂沼サンビーチに必要な職員を置くとあることについて質疑いたします。


 必要な職員とはについてなんですが、具体的には、職員の構成、あるいは人数は。それから新規職員を採用するのか。あるいは今まで採用していた県開発公社の職員はどうするのか。以上について質疑いたします。


 以上です。


○議長(木村 進君) 菊池 博君の質疑に対する答弁をいたさせます。寺田建設部長、登壇願います。


              〔建設部長 寺田 清君登壇〕


○建設部長(寺田 清君) 私からは、議案第12号 砂沼サンビーチ及び砂沼広域公園駐車場の管理に関する条例の制定についての質疑にお答えいたします。


 第3条の職員の関係でございますが、砂沼サンビーチに配置する職員の構成及び人数につきましては、嘱託職員2名、うち1名は所長でございますが、それとパート1名の合わせて3名を配置する予定でございます。


 次に、新規職員を採用するのかにつきましては、一般職員の配置は予定してございません。また、従来の県職員はどうなるのかにつきましては、これまで茨城県開発公社における職員の配置は、所長として正職員1名、嘱託1名、パート2名の4名で対応しておりましたが、3月末日をもって嘱託1名のみを残す配置となる予定と伺っております。これは砂沼サンビーチ及び砂沼広域公園駐車場を除く公園部分について、茨城県からの指定管理に基づく県開発公社が、公園管理を行うための配置と聞いております。なお、砂沼サンビーチの下妻市への譲渡条件として、砂沼サンビーチの円滑な運営のため、茨城県開発公社の砂沼サンビーチ管理運営経験職員が4月中旬から9月中旬までの5カ月間常駐でない出張という形で、指導、助言等の人的協力をしていただくことになっておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(木村 進君) 以上で菊池 博君の質疑に対する答弁を終わります。


 再質問ありませんか。


○4番(菊池 博君) ありません。


○議長(木村 進君) 以上で菊池 博君の質疑を終わります。


 以上で通告順による質疑を終わります。ほかにありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第4号 下妻市長の選挙におけるビラの作成の公費負担に関する条例の制定について、ないし議案第15号 土地の取得について、以上12件については、なお詳細な審査の必要があると思いますので、お手元に配付いたしました議案付託表のとおり、それぞれ関係常任委員会に付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) ご異議なしと認めます。よって、議案第4号ないし議案第15号、以上12件は、議案付託表のとおり、関係常任委員会に付託することに決しました。


 続いてお諮りいたします。


 議案第16号 平成20年度下妻市一般会計補正予算(第8号)について、ないし議案第33号 平成21年度下妻市水道事業会計予算について、以上18件については、議長を除く議員全員を委員とする予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) ご異議なしと認めます。よって、議案第16号ないし議案第33号、以上18件は、議長を除く議員全員を委員とする予算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。


 関係常任委員会及び予算特別委員会は今会期中に審査を了し、その結果をご報告願います。


 暫時休憩いたします。


                午前10時28分 休憩


              ─────────────────────


                午前10時43分 再開


○議長(木村 進君) 休憩前に戻り会議を開きます。


              ─────────────────────





 【日程第3】 選挙第1号





○議長(木村 進君) 日程第3 選挙第1号 茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の一般選挙を行います。


 議場の閉鎖を願います。


                  〔議場閉鎖〕


○議長(木村 進君) 茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員については、平成21年3月19日で任期満了となります。


 平成21年2月10日付で、茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員一般選挙の執行が告示されたことに伴いまして、茨城県後期高齢者医療広域連合を構成する市町村の議会において、議会の議員のうちから1名を選挙するものであります。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条の規定により、投票、指名推選、いずれの方法にいたしましょうか。


               〔「投票」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) ただいま投票によられるとの発言がありましたので、地方自治法第118条第1項の規定により、投票によることに決しました。


 ただいまの出席議員は22名であります。


 これより、投票用紙の配付をいたします。


                 〔投票用紙配付〕


○議長(木村 進君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。


                  〔投票箱点検〕


○議長(木村 進君) 異常なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 点呼を命じます。小田部議会事務局長補佐。


                〔職員 氏名を点呼〕


                  〔各員投票〕


○議長(木村 進君) 投票漏れはありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(木村 進君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


                  〔議場開鎖〕


○議長(木村 進君) それでは、直ちに開票いたします。


 会議規則第31条第2項の規定により、開票立会人に、


 1番 斯波元気君


 2番 廣瀬 榮君


 以上2名を指名いたします。両君の立ち会いをお願いいたします。


                   〔開票〕


○議長(木村 進君) それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数22票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち、


  有効投票 22票


  無効投票  0票


 有効投票中


  木村 進君  19票


  平井 誠君   3票


 以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6票であります。


 よって、私、木村 進が、茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選となりました。


 なお、この選挙の結果につきましては、茨城県後期高齢者医療広域連合議会の議員の選挙に関する規則第5条の規定に基づき、直ちに広域連合議会議員一般選挙選挙長へ文書をもって報告いたします。


 これをもちまして、茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の一般選挙は終了いたしました。


              ─────────────────────


○議長(木村 進君) 以上で本日の日程は終了いたしました。


 次回は3月13日、定刻より本会議を開きます。


 なお、申し上げます。予算特別委員会は、3月6日午前10時より、本庁舎大会議室において招集することにいたします。


 本日は、これをもちまして散会いたします。大変ご苦労さまでした。


                午前10時56分 散会


              ─────────────────────


  会議録署名人


   下妻市議会 議  長 木 村   進





         署名議員 廣 瀬   榮





         同    小 竹   薫