議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 下妻市

平成19年 第1回臨時会(第1日 1月16日)




平成19年 第1回臨時会(第1日 1月16日)





              平成19年第1回下妻市議会臨時会会議録(第1号)


         ────────────────────────────────


             平成19年1月16日(火曜日)午前10時19分開会





 
平成19年1月16日(火)午前10時


第1  会期の決定


第2  会議録署名議員の指名


第3  議案第1号  下妻市心身障害者福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の設定について


    議案第2号  公の施設の指定管理者の指定について


    議案第3号  平成18年度下妻市一般会計補正予算(第4号)について


    議案第4号  平成18年度下妻市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について


    議案第5号  下妻市監査委員の選任について


    報告第1号  専決処分の報告について「損害賠償について」


     (上程、説明、質疑)


第4  議案第1号


     (討論、採決)


第5  議案第2号


     (討論、採決)


第6  議案第3号


     (討論、採決)


第7  議案第4号


     (討論、採決)


第8  議案第5号


     (討論、採決)


第9  報告第1号


     (報告のみ)


          ─────────────────────


本日の会議に付した案件


 〇日程第1 会期の決定


 〇日程第2 会議録署名議員の指名


 〇日程第3 議案第1号ないし議案第5号及び報告第1号(上程、説明、質疑)


 〇日程第4 議案第1号(討論、採決)


 〇日程第5 議案第2号(討論、採決)


 〇日程第6 議案第3号(討論、採決)


 〇日程第7 議案第4号(討論、採決)


 〇日程第8 議案第5号(討論、採決)


 〇日程第9 報告第1号(報告のみ)


          ─────────────────────


出 席 議 員(34名)


  1番 小 竹   薫 君           18番 飯 塚   薫 君


  2番 松 田 利 勝 君           19番 広 瀬 明 弘 君


  3番 菊 池   博 君           21番 中 山 静 夫 君


  4番 原 部   司 君           22番 倉 田 憲 三 君


  5番 笠 島 道 子 君           23番 ? 橋 節 雄 君


  6番 粟 野 英 武 君           24番 木 村   進 君


  7番 須 藤 豊 次 君           25番 野 村 賢 一 君


  8番 柴   孝 光 君           27番 池 田   博 君


  9番 中 山 政 博 君           28番 平 井   誠 君


 10番 山 中 祐 子 君           29番 山 ? 洋 明 君


 11番 増 田 省 吾 君           30番 初 沢 智 之 君


 12番 田 中 昭 一 君           31番 笠 島 和 良 君


 13番 番 澤 孝 雄 君           32番 内 田 誠一郎 君


 14番 鈴 木 秀 雄 君           33番 篠 島 昌 之 君


 15番 谷田部 久 男 君           34番 礒     晟 君


 16番 中 山 勝 美 君           35番 石 塚 秀 男 君


 17番 大 月 詮 雄 君           36番 稲 葉 冨士夫 君


          ─────────────────────


欠 席 議 員(1名)


 20番 小 倉 道 男 君


          ─────────────────────


説明のため出席した者


 市長       小 倉 敏 雄 君   保健福祉部次長  番 澤 幸 治 君


 助役       稲 葉 本 治 君   建設部次長    鈴 木   茂 君


 収入役      中 川 行 雄 君   教育部次長    笠 嶋   明 君


 教育長      本 橋 利 美 君   秘書課長     寺 田   清 君


 総務部長     山 口   衛 君   総務課長     門 井 敏 雄 君


 企画財務部長   塚 田 研 一 君   企画課長     斉 藤   恒 君


 市民環境部長   山野辺 正 一 君   財政課長     飯 島   孝 君


 保健福祉部長   藤 本 信 吉 君   福祉事務所長   柳 橋 正 晴 君


 経済部長     飯 塚 忠 博 君   委員会事務局長  黒 沢 正 美 君


                      農業委員会事務局長


 建設部長     鯨 井 五 美 君            渡 辺   純 君


 教育部長     渡 辺 幸 治 君   水道事業所長   渡 辺 敏 夫 君


 総務部次長    粟 野 新 也 君   消防署長     栗 原 三 郎 君


 市民環境部次長  石 濱 義 則 君


          ─────────────────────


会 議 書 記


 議会事務局長   山 本   誠 君    主幹      杉 山 純 子 君


 議会事務局長補佐 小田部 康 志 君    主事      渡 辺 広 行 君


          ─────────────────────


                午前10時19分 開会


○議長(山?洋明君) ただいまから平成19年第1回下妻市議会臨時会を開会いたします。


          ─────────────────────


 出席議員及び欠席議員の報告、開会の宣告


○議長(山?洋明君) ただいまの出席議員は34名であります。欠席の届け出は20番 小倉道男君、以上1名であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。


 これより本日の会議を開きます。


          ─────────────────────


 議会に出席を求めた者の報告


○議長(山?洋明君) 地方自治法第121条の規定により、議長において出席を求めた者は、


 小倉市長


 稲葉助役


 中川収入役


 本橋教育長


 山口総務部長


 塚田企画財務部長


 山野辺市民環境部長


 藤本保健福祉部長


 飯塚経済部長


 鯨井建設部長


 渡辺教育部長


 粟野総務部次長


 石濱市民環境部次長


 番澤保健福祉部次長


 鈴木建設部次長


 笠嶋教育部次長


 渡辺純農業委員会事務局長


 柳橋福祉事務所長


 寺田秘書課長


 門井総務課長


 斉藤企画課長


 飯島財政課長


 黒沢委員会事務局長


 渡辺敏夫水道事業所長


 栗原消防署長


 以上であります。


 会議書記は、


 山本議会事務局長


 小田部議会事務局長補佐


 杉山主幹


 渡辺主事


 以上であります。


          ─────────────────────


 議事日程の報告


○議長(山?洋明君) 本日の日程は、印刷物をもって配付の日程表のとおりであります。


          ─────────────────────





 【日程第1】 会期の決定





○議長(山?洋明君) これより本日の日程に入ります。


 日程第1 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) ご異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。


          ─────────────────────





 【日程第2】 会議録署名議員の指名





○議長(山?洋明君) 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。


  10番 山中祐子君


  11番 増田省吾君


 以上2名を指名いたします。


          ─────────────────────





 【日程第3】 議案第1号ないし議案第5号及び報告第1号





○議長(山?洋明君) 日程第3 議案第1号 下妻市心身障害者福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の設定について、ないし議案第5号 下妻市監査委員の選任について及び報告第1号 専決処分の報告について「損害賠償について」、以上、6件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。小倉市長、登壇願います。


               〔市長 小倉敏雄君登壇〕


○市長(小倉敏雄君) 皆さん、おはようございます。


 改めまして、新年明けましておめでとうございます。平成19年第1回市議会臨時会を招集しましたところ、議員の皆様方には新年早々の大変お忙しい中、ご出席をいただき、まことにありがとうございます。また、皆様方にはご家族おそろいで希望に満ちた新春を健やかにお迎えのこととお喜びを申し上げます。


 昨年は、新下妻市が誕生し、新たな歴史がスタートした記念すべき年であるとともに、また、私も皆様のご支援をいただき、無投票当選の栄に浴し、2期目の市政をスタートさせた年でもあります。「公平・公正・誠実」並びに「決断と実行」を市政運営の基本方針として、市民の皆様方の負託にこたえるべく、お互いの歴史と伝統と文化を尊重しながら、新市の速やかな一体性の醸成と、それぞれの地域特性を生かしたまちづくりに鋭意努めてまいりました。おかげさまで、市議会議員の皆様方をはじめ、多くの市民の皆様の温かいご支援とご協力を賜り、市政運営も順調に進展することができましたことを、改めまして厚く御礼を申し上げる次第であります。


 また、新年を迎え、行財政改革の推進をはじめ、保健、医療、福祉の充実や、教育、文化、スポーツの推進、農、商、工の基幹産業と観光の振興、そして都市基盤の整備等々の行政課題が山積する中、市政運営の重責に身の引き締まる思いをしているところでございます。気持ちを新たにし、新市建設計画に定められた「都市と自然が共生し、安全で快適なまち下妻市」「人と人が活き活きかがやくまち下妻市」づくりに誠心誠意取り組んでまいる決意であります。


 顧みて昨年は、全国的に児童・生徒を対象とした凶悪な犯罪や、親の子供に対する虐待事件が少なからず発生し、また、いじめが原因とされる児童・生徒の自殺問題などが発生するなど、幸せな出来事よりも胸が痛むような事件が多く、命の大切さが改めて問われた年でもありました。子供たちをとりまく環境は、私たちの子供のころとは大きく変化しており、現代の子供たちの意識や行動にもさまざまな影響を及ぼしているものと考えております。特に、家族の変化として、1950年代と比較し、三世代世帯は45%から9%に激減するなど、核家族化や少子化の著しい進展などにより家庭環境が大きく変わり、子供たちにとって一番の心のよりどころとしての家庭環境の危機に憂慮しているところでございます。


 こうした暗い世相ではありましたが、幸い本市におきましては、全国中学校軟式野球大会に東部中学校と千代川中学校の2校が出場、全国中学校選抜水泳競技大会には千代川中学校が、そして東日本学校吹奏楽大会には下妻中学校がそれぞれ出場いたしました。また、騰波ノ江小学校・幼稚園が優良PTAとして、下妻中学校が職業、勤労教育の優良学校として、それぞれ文部科学大臣表彰を受賞いたしました。さらに、豊加美小学校が全校で取り組む読書活動において、読売教育賞最優秀賞を受賞いたしました。このように、21世紀を担う本市の子供たちの輝かしい活躍は頼もしく、心強く思いました。


 また、国にあっては、秋篠宮悠仁親王殿下のお誕生という、まことにおめでたい、心が和む出来事があり、親王殿下のお健やかなご成長と幾久しいご皇室のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。


 さて、西暦2007年いの年への期待と抱負でありますが、国内経済は企業収益が好転し、雇用情勢も改善傾向にあることなどから、戦後最長といわれたいざなぎ景気を超えた景気の拡大期に入っているとされております。しかしながら、地方においては景気回復を実感できるまでに至っていないのが実情かなと思っております。景気回復の恩恵を一日も早く享受できるような、元気の出る年であってほしいと期待をしております。


 また、地方自治体におきましては、著しく進展する少子高齢化への対応をはじめ、国が進める構造改革に伴う地方分権の推進や三位一体の改革など、さまざまな制度改革が行われ、大きな転換期を迎えております。特に三位一体の改革では、地方自治体に対する税源移譲が思うように進んでいないことから、本市におきましては、最も基幹的な歳入である地方交付税の大幅削減などにより、現在、平成19年度の当初予算を編成中でありますが、大きな歳入不足が生じ、大変厳しい行財政運営を余儀なくされているところでございます。そのため、庁内に行財政改革推進本部、財政健全化調査委員会を設置するとともに、市民代表者から成る行政改革懇談会や財政健全化検討委員会などを設置し、多くのご意見、ご提言をいただく中で、よりスリムで効率的な行財政運営に取り組み、かつ多岐多様化する市民ニーズへの対応や、市民サービスの維持向上を図るためにも、財政体質の健全化と財政基盤の強化に向けた第三次下妻市行政改革大綱に基づく行財政改革をさらに推進してまいりたいと考えております。


 また、厳しい財政状況下ではありますが、これからは地域間競争の時代とも言われており、いかに自治体の活力を生み出していくかが問われているところであり、こうした課題に対応するためにも、新市建設計画に定められた各種事業について、合併特例債の有効活用なども図りながら、さらなる市政の発展と市民福祉の向上に努めてまいる決意でありますので、議員の皆様方のなお一層のお力添えをお願い申し上げます。


 続きまして、提案いたしました議案の説明に入る前に、下妻温泉入浴券の贈呈についてご報告を申し上げます。


 平成19年度から、新たな高齢福祉事業の一環として、株式会社ふれあい下妻の協力のもと、80歳以上の方が住民登録されている世帯を対象に、1世帯2枚の下妻温泉入浴券を贈呈することにいたしました。対象世帯は当該年度末までに80歳に達する方のいる世帯で、平成19年度は約2,600世帯、5,200枚を見込んでおります。入浴券は有効期限を平成20年3月31日とし、平成20年度以降も株式会社ふれあい下妻の協力をいただき、毎年新たな入浴券を贈呈する予定でございます。また、入浴券には、ご家族どなたでもご利用になれますと表示をし、有効活用していただこうと考えております。


 なお、入浴券の配付は、民生委員、児童委員のご協力をいただき、4月中に実施したいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。


 以上で報告を終わります。


 続きまして、議案の説明に入らせていただきます。


 初めに、議案第1号 下妻市心身障害者福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の設定についてでございますが、本案は、下妻市「福祉ふれあいハウス」で実施しております県の補助事業である障害者福祉ワークス運営事業が、本年3月をもって廃止されることから、平成19年4月から下妻市心身障害者福祉センター「ひばりの」の分館として、「ひばりの」と同様の事業を行うため、改正するものでございます。


 なお、あわせて下妻市福祉ふれあいハウスの設置及び管理に関する条例を廃止するものでございます。


 次に、議案第2号 公の施設の指定管理者の指定についてでございますが、本案は、市内大園木地区の仮称やすらぎの里公園内に建設いたしました、やすらぎの里しもつま農産物千代川直売所の管理について、常総ひかり農業協同組合を指定管理者として指定することについて議決をいただきたく提案するものでございます。


 なお、指定管理者は、旧千代川村における常総ひかり農業協同組合との協議の経緯並びに地域農家との連携により、生産組織体制を容易に構築できるなどの施設の効率的運営が図られること及び地域農業の振興と活性化が期待できることなどとした、指定管理者選定委員会の選定結果を受けて指定するものでございます。


 次に、議案第3号 平成18年度下妻市一般会計補正予算(第4号)についてでございますが、今回の補正は合併に伴う市町村合併推進体制整備費補助金が国の補正予算により大幅に増額されたため、旧市村間をつなぐ市道109号線の道路改良工事や、千代川幼稚園の屋上改修、総合体育館の照明設備改修工事などの計上、並びに各種施設の浄化槽や消防設備の維持及び保守管理委託、広報などの印刷製本費等、32件について、入札により2年契約を結ぶための債務負担行為を設定するものでございます。


 今回の補正は、1億5,453万9,000円を追加するもので、補正財源は国庫支出金1億4,630万円と前年度繰越金823万9,000円を見込み計上しました。これにより、予算の総額は144億9,724万9,000円となります。


 次に、議案第4号 平成18年度下妻市下水道事業特別会計補正予算(第2号)でございますが、一般会計と同様に、流量計保守点検管理業務委託とマンホールポンプ点検管理及び水質検査業務委託の2件の2年契約を結ぶため、債務負担行為のみを設定するもので、予算額に変更はございません。


 次に、議案第5号、下妻市監査委員の選任についてでございますが、本案は笠島前監査委員の退職に伴い欠員となっております議員からの選任監査委員として、野村賢一議員を選任したく提案するものでございます。ご同意くださいますよう、よろしくお願いいたします。


 次に、報告第1号 専決処分の報告についてでございますが、本案は平成18年11月5日、市道1481号線黒駒地内を走行中の車が道路と橋との段差で車体の一部を破損した事故について、示談が成立したことから、賠償金の支払いを専決処分したものでございます。


 なお、賠償金につきましては、道路賠償責任保険より全額補填されております。


 以上で、説明を終わらせていただきます。


 なお、詳細につきましては担当部長より補足説明をいたさせますが、議案第4号 平成18年度下妻市下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、債務負担行為だけを設定したものでございますので、補足説明は省略させていただきます。


 以上です。よろしくお願いを申し上げます。


○議長(山?洋明君) 続いて、補足説明をいたさせます。藤本保健福祉部長、登壇願います。


             〔保健福祉部長 藤本信吉君登壇〕


○保健福祉部長(藤本信吉君) おはようございます。私からは、議案第1号についての補足説明を申し上げます。


 議案第1号 下妻市心身障害者福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の設定についてでございますが、本案は下妻市福祉ふれあいハウスで実施しております県の補助事業である障害者福祉ワークス運営事業が、障害者自立支援法の施行に伴い平成19年3月をもって廃止されることから、平成19年4月から下妻市心身障害者福祉センター「ひばりの」の分館として、「ひばりの」と同様の事業を行っていきたいと考えております。これにより、心身障害者の社会適応訓練はもとより、生活介護、就労移行支援などを行い、今後とも千代川地区において在宅心身障害者へのきめ細やかなサービス提供を図ってまいります。なお、ふれあいハウスは指定管理者制度に基づき、管理者を指定していく考えでございます。


 新旧対照表をごらんいただきたいと思います。


 第2条第2項の名称及び位置について、表中のように名称下妻市心身障害者福祉センターに「ひばりの」を入れ、その下に、下妻市心身障害者福祉センター「福祉ふれあいハウス」、位置下妻市別府1265番地1を加えるものでございます。


 前のページに戻っていただきまして、付則2では、今までの下妻市福祉ふれあいハウスの設置及び管理に関する条例を廃止するものでございます。なお、施行期日は平成19年4月1日からでございます。


 以上で、補足説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(山?洋明君) 次に、山口総務部長、登壇願います。


              〔総務部長 山口 衛君登壇〕


○総務部長(山口 衛君) 私からは、議案第2号及び報告第1号について、補足説明を申し上げます。


 初めに、議案第2号 公の施設の指定管理者の指定についてでございますが、本案は、やすらぎの里しもつま農産物千代川直売所の管理者として、常総ひかり農業協同組合を指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をいただきたく提案をするものでございます。


 なお、管理者の指定に当たりましては、旧千代川村と常総ひかり農業協同組合との協議の経緯を尊重したこと、地域農家との連携により、生産組織体制を容易に構築できるなど、施設の効率的運営が図られること、及び地産地消運動を展開することによって地域農業の振興と活性化が期待できることなどを考慮いたしました。


 また、指定の期間につきましては、市民サービスの面からも事業計画、事業内容を簡便に変更することは好ましくないこと及び施設に働くこととなる従業員等の処遇についても考慮し、平成19年4月1日から平成24年3月31日までの5年間としたものでございます。


 次に、報告第1号 専決処分の報告についてでございますが、本案は、道路管理における損害賠償を専決処分したものでございまして、平成18年11月5日午後0時50分ごろ、市道1481号線黒駒地内において、平方から黒駒方面に向けて走行中のワゴン車が、市道と橋とのつなぎの段差で車体の一部を破損した事故について、示談が成立し、市が相手方車両の修理代金の8割、14万2,932円を支払ったものでございます。


 なお、支払いいたしました賠償金につきましては、道路賠償責任保険より平成18年12月27日に全額補填されております。


 以上で、補足説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(山?洋明君) 次に、塚田企画財務部長、登壇願います。


            〔塚田企画財務部長 塚田研一君登壇〕


○企画財務部長(塚田研一君) 私からは、議案第3号について、補足説明を申し上げます。


 議案第3号 平成18年度下妻市一般会計補正予算(第4号)について、事項別明細書により歳入から主なものについてご説明申し上げます。


 予算書の10ページ、11ページをお開きください。


 初めに、13款国庫支出金、2項5目総務費国庫補助金、1節総務管理費補助金1億4,630万円は、市町村合併推進体制整備費補助金が、国の補正予算により大きな増額が見込めるため計上したものでございます。今回、歳出の各項目に計上いたしました金額は、すべて補助金の対象として見込みましたが、発注により金額が下がることを考慮し、予算では次の18款繰越金、1項1目1節前年度繰越金を823万9,000円計上いたしました。


 次に、12、13ページからの歳出でございますが、初めに2款総務費、1項3目財産管理費、13節委託料500万円と、6目電算費、13節委託料680万円は、事務処理の効率化を図るため、財産台帳及び備品台帳の電算システムを導入するもので、3目財産管理費、15節工事請負費1,100万円と、10目千代川庁舎管理費、15節工事請負費700万円は、本庁舎南側の駐車場の改修及び千代川庁舎の屋上笠木修繕を実施し、利用者の利便性や安全確保を図るものでございます。また、財産管理費と千代川庁舎管理費の18節備品購入費30万円は、心臓停止などの緊急時の対応のため自動除細動器を購入するものでございます。


 次に、8款土木費、2項1目道路橋梁総務費、18節備品購入費130万円は、道路パトロールを実施するため老朽化しましたパトロール車を更新するもので、3目道路新設改良費、13節委託料300万円及び15節工事請負費4,500万円は、二本紀からクリーンポート・きぬに向かう市道109号線の有効幅員の拡幅工事を実施するもので、延長は約650メートルでございます。


 次の、9款消防費、1項3目消防施設費、15節工事請負費700万円は、電動式ホース乾燥塔4カ所の設置工事を実施するもので、これにより8分団に1カ所ずつの設置工事は完了いたします。


 次に、10款教育費、2項小学校費、1目学校管理費、13節委託料400万円は、各小学校の昭和56年以前の体育館8棟の耐震化優先度調査を実施するもので、次のページ、15節工事請負費370万円は、大形小学校の老朽化しました単独浄化槽を合併浄化槽に改修するものでございます。


 次に、3項中学校費、1目学校管理費、13節委託料190万円は、下妻中学校校舎7棟の耐震化優先度調査を実施するもので、15節工事請負費950万円は、下妻中の給食室・校舎の下水道接続工事と、下妻中、東部中の防火シャッター9カ所に安全装置を取り付けるものでございます。


 次に、4項1目幼稚園費、13節委託料50万円と15節工事請負費950万円は、千代川幼稚園の屋上防水を改修するもので、5項社会教育費、2目公民館費、15節工事請負費390万円は、千代川公民館舞台吊物ワイヤーの改修、3目市民文化会館費、15節工事請負費123万9,000円は、舞台のドロップ幕を改修するものでございます。


 次に、6項保健体育費、2目体育施設費、13節委託料300万円と、次のページ、15節工事請負費3,000万円は、老朽化しました総合体育館の照明設備を全面改修するもので、18節備品購入費30万円と5目運動公園管理費、18節備品購入費30万円は、緊急時の対応のため自動除細動器を購入するものでございます。


 4ページ、5ページにお戻り願います。


 第2表、債務負担行為でございますが、記載されております32件は、公共施設の浄化槽、消防用設備、空調設備等の保守管理の委託業務や、広報しもつまと議会だよりの印刷製本及び議会の会議録調製委託を入札を実施し、複数年の契約を締結するため、平成19年度、20年度の2年間の限度額を設定するものでございます。


 なお、今回計上いたしました国庫補助金1億4,630万円は、国の補正予算により補助限度額の3分の2以上を申請するようにとの県の指導により計上し、補助申請をするものでございますが、すべてが認められるとは限りません。内示は2月上旬になると見込まれておりますが、内示の状況により3月の補正予算で整理したいと考えており、また、年度末の予算計上のため、計上いたしました大部分につきましては、年度内の完了は困難でありますので、3月の補正予算で繰越明許の設定をする考えでございます。


 以上で、私からの補足説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(山?洋明君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑のある方の発言を許します。28番 平井 誠君、登壇願います。


               〔28番 平井 誠君登壇〕


○28番(平井 誠君) 皆さん、おはようございます。それでは、議案第1号について質疑いたします。


 先ほどの説明で、福祉ふれあいハウスが、下妻市心身障害者福祉センター「福祉ふれあいハウス」というふうになるわけですけども、そこで2点伺います。


 1つは、今までこの福祉ふれあいハウスで働いていた職員さんについては、今後どのような待遇になっていくかについて、まず1点目です。


 それから、先ほどの説明でも、県のワークス事業が廃止されたために、今回のこういう議案となって出されているということですが、そうしますと、障害者自立支援法の対象となるというふうにも説明されました。そこで伺うわけですが、今までは、このふれあいハウスを利用していた方たちの利用料は無料だったというふうに聞いていますけども、その方たちの負担がどういう程度増えていくのかという点で伺っておきます。


 以上です。


○議長(山?洋明君) 平井 誠君の質疑に対する答弁をいたさせます。藤本保健福祉部長、登壇願います。


             〔保健福祉部長 藤本信吉君登壇〕


○保健福祉部長(藤本信吉君) ただいまご質疑のありました職員の問題と、利用者利用料負担金についての問題について、お答えをいたしたいと思います。


 初めに、現在、ふれあいハウスで働いている職員についてでございますが、基本的には、現在の職員を継続していきたいというふうに考えておりますが、先ほどご説明で申し上げましたように、今後につきましては指定管理者制度に基づいて管理者を指定していきたいというふうに考えておりますので、その指定管理者制度のもとで、管理者がどこの事業所になるかは現在のところ未定でございますので、その経緯を踏まえて、現在働いている職員についての処遇は考えさせていただきたいというふうに思っております。


 続きまして、利用者の利用料についてでございますが、障害者自立支援法につきましては、基本的に原則自己負担が1割でございます。したがいまして、「ひばりの」と同様に事業を実施した場合に、生活介護の事業を利用される方については1日650円、就労移行支援事業を利用される方については1日736円の負担となります。これまで無料であったことを考慮し、当面、激変緩和として初年度は3分の2を軽減していきたい、次年度は3分の1を軽減していきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。


 以上でございます。


○議長(山?洋明君) 以上で平井 誠君の質疑に対する答弁を終わります。再質疑ありませんか。28番 平井 誠君。


○28番(平井 誠君) 1点なので自席でお願いします。


 福祉ふれあいハウスでこれまでやってきた事業の内容ですけども、今後、その事業内容については変更はないということでいいでしょうか。その点だけ伺っておきます。


○議長(山?洋明君) 平井 誠君の再質疑に対して答弁をいたさせます。藤本保健福祉部長。


             〔保健福祉部長 藤本信吉君登壇〕


○保健福祉部長(藤本信吉君) お答えいたします。


 福祉ふれあいハウスにつきましては、作業所でなく、これまではワークス事業ということで社会適応訓練事業を行ってまいりました。ということで、これまで行ってまいりました具体的な内容につきましては、例えば農作業の訓練とか紙細工、だるまとかひな人形とか、そういうものを紙でつくる訓練。あるいはまた、ろうそくの使い捨てといいますか、使い残ったものをクリスマス用のキャンドルにするとか、そういう訓練をしてまいりました。言ってみれば「ひばりの」と違い、千代川地区の特性を生かした、その地域の中で周りの方からの支援を受けながらやってきた事業、そういった特性を今後とも残してまいりたいというふうに考えておりますので、同様の内容で進めさせていただきたいというふうに考えております。


 以上でございます。


○議長(山?洋明君) ほかにありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号ないし議案第5号、以上5件について、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) ご異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。


          ─────────────────────





 【日程第4】 議案第1号





○議長(山?洋明君) 日程第4 議案第1号 下妻市心身障害者福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の設定について、以上の件を議題といたします。


 これより討論、採決を行います。


 議案第1号について、討論はありませんか。28番 平井 誠君。


               〔28番 平井 誠君登壇〕


○28番(平井 誠君) 議案第1号 下妻市心身障害者福祉センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の設定について、当議案の質疑の中でも明らかなように、福祉ふれあい


   ハウスを利用していた人たち──障害者の方ですけども──に対し、来年度からは新たに利用料


負担を強いることになります。その要因となっている障害者自立支援法というのは、一昨年の国会で共産、民主、社民の反対、自民、公明の賛成で成立したものでした。その内容は、障害者団体などからは障害者自立阻害法ではないかと反対の声が強いものでした。


 下妻市の財政は厳しいと言われておりますけども、一連の地方税制の改定により、平成19年度の市民税は、平成18年度比で約3億6,000万円増収が見込まれていると聞いています。その一部を障害者の利用料負担分に回して、福祉ふれあいハウスを利用している障害者やその家族に新たな負担をさせないことを求めます。そのような施策もないまま提案されました当議案には、私は反対いたします。


 以上です。


○議長(山?洋明君) ほかにありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。


 採決いたします。


 議案第1号、本件について、原案のとおり決するに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(山?洋明君) 起立多数であります。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。


          ─────────────────────





 【日程第5】 議案第2号





○議長(山?洋明君) 日程第5 議案第2号 公の施設の指定管理者の指定について、以上の件を議題といたします。


 これより討論、採決を行います。


 議案第2号について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。


 採決いたします。議案第2号、本件について、原案のとおり決するにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) ご異議なしと認めます。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。


          ─────────────────────





 【日程第6】 議案第3号





○議長(山?洋明君) 日程第6 議案第3号 平成18年度下妻市一般会計補正予算(第4号)について、以上の件を議題といたします。


 これより討論、採決を行います。


 議案第3号について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。


 採決いたします。議案第3号、本件について、原案のとおり決するにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) ご異議なしと認めます。よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。


          ─────────────────────





 【日程第7】 議案第4号





○議長(山?洋明君) 日程第7 議案第4号 平成18年度下妻市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、以上の件を議題といたします。


 これより討論、採決を行います。


 議案第4号について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。


 採決いたします。議案第4号、本件について、原案のとおり決するにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) ご異議なしと認めます。よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。


          ─────────────────────





 【日程第8】 議案第5号





○議長(山?洋明君) 日程第8 議案第5号 下妻市監査委員の選任について、以上の件を議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、25番 野村賢一君の退席を求めます。


               〔25番 野村賢一君退席〕


○議長(山?洋明君) これより討論、採決を行います。


 議案第5号について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。


 採決いたします。議案第5号、本件について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(山?洋明君) ご異議なしと認めます。よって、議案第5号は原案のとおり同意することに決しました。


 25番 野村賢一君の退席を解きます。


               〔25番 野村賢一君入場〕


○議長(山?洋明君) ここで、野村賢一君より発言を求められておりますので、これを許します。野村賢一君、登壇願います。


               〔25番 野村賢一君登壇〕


○25番(野村賢一君) 一言、ごあいさつ申し上げます。


 ただいま、下妻市監査委員に、不肖、私、ご同意いただきましてまことにありがとうございました。大変身に余る光栄に存じます。これからは任務の遂行に微力を尽くしてまいる所存でございますので、どうか皆様のご指導、ご鞭撻、賜りますよう切にお願い申し上げまして、簡単でございますが、御礼のごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)


○議長(山?洋明君) 以上で野村賢一君の発言を終わります。


          ─────────────────────





 【日程第9】 報告第1号





○議長(山?洋明君) 日程第9 報告第1号 専決処分の報告について「損害賠償について」、本件については、報告のみといたします。


          ─────────────────────


 閉会宣告


○議長(山?洋明君) 以上で、臨時会の日程は全部終了いたしました。


 これをもちまして平成19年第1回下妻市議会臨時会を閉会いたします。大変ご苦労さまでした。


                午前11時12分 閉会


          ─────────────────────


  会議録署名人


   下妻市議会 議  長 山 ? 洋 明





         署名議員 山 中 祐 子





         同    増 田 省 吾