議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 下妻市

平成17年 第2回臨時会(第1日 1月18日)




平成17年 第2回臨時会(第1日 1月18日)





              平成17年第2回下妻市議会臨時会会議録(第1号)


         ────────────────────────────────


             平成17年1月18日(火曜日)午前10時01分開会





 
平成17年1月18日(火)午前10時


第1  会期の決定


第2  会議録署名議員の指名


第3  議案第 6号  下妻市・千代川村合併協議会の設置について


    議案第 7号  平成16年度下妻市一般会計補正予算(第6号)について


     (上程、説明、質疑、討論、採決)


          ─────────────────────


本日の会議に付した案件


 〇日程第1 会期の決定


 〇日程第2 会議録署名議員の指名


 〇日程第3 議案第6号及び議案第7号(上程、説明、質疑、討論、採決)


          ─────────────────────


出 席 議 員(22名)


  1番 原 部   司 君           12番 中 山 静 夫 君


  2番 笠 島 道 子 君           13番 木 村   進 君


  3番 粟 野 英 武 君           14番 野 村 賢 一 君


  4番 須 藤 豊 次 君           15番 平 井   誠 君


  5番 山 中 祐 子 君           16番 山 ? 洋 明 君


  6番 増 田 省 吾 君           17番 初 沢 智 之 君


  7番 鈴 木 秀 雄 君           18番 笠 島 和 良 君


  8番 谷田部 久 男 君           19番 篠 島 昌 之 君


  9番 中 山 勝 美 君           20番 礒     晟 君


 10番 飯 塚   薫 君           21番 石 塚 秀 男 君


 11番 広 瀬 明 弘 君           22番 稲 葉 冨士夫 君


          ─────────────────────


欠 席 議 員(0名)


          ─────────────────────


説明のため出席した者


 市長       小 倉 敏 雄 君   経済部長     飯 塚 忠 博 君


 助役       横 瀬 靖 彦 君   建設部長     鯨 井 五 美 君


 収入役      中 川 行 雄 君   教育次長     渡 辺 幸 治 君


 教育長      本 橋 利 美 君   秘書課長     寺 田   清 君


 総務部長     山 口   衛 君   企画課長     斉 藤   恒 君


 市民部長     鳩 貝 太 一 君   総務課長     粟 野 新 也 君


 福祉部長     藤 本 信 吉 君   財政課長     塚 田 研 一 君


          ─────────────────────


会 議 書 記


 議会事務局長   山 本   誠 君   主幹       杉 山 純 子 君


 議会事務局長補佐 小田部 康 志 君   主事       渡 辺 広 行 君


          ─────────────────────


                午前10時01分 開会


○議長(野村賢一君) ただいまから平成17年下妻市議会第2回臨時会を開会いたします。


          ─────────────────────


 出席議員及び欠席議員の報告、開会の宣告


○議長(野村賢一君) ただいまの出席議員は22名であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。


 これより本日の会議を開きます。


          ─────────────────────


 議会に出席を求めた者の報告


○議長(野村賢一君) 地方自治法第121条の規定により、議長において出席を求めた者は、


 小倉市長


 横瀬助役


 中川収入役


 本橋教育長


 山口総務部長


 鳩貝市民部長


 藤本福祉部長


 飯塚経済部長


 鯨井建設部長


 渡辺教育次長


 寺田秘書課長


 斉藤企画課長


 粟野総務課長


 塚田財政課長


 以上であります。


 会議書記は、


 山本議会事務局長


 小田部議会事務局長補佐


 杉山主幹


 渡辺主事


 以上であります。


          ─────────────────────


 議事日程の報告


○議長(野村賢一君) 本日の日程は、印刷物をもって配付の日程表のとおりであります。


          ─────────────────────





 【日程第1】 会期の決定





○議長(野村賢一君) これより本日の日程に入ります。


 日程第1 会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(野村賢一君) ご異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。


          ─────────────────────





 【日程第2】 会議録署名議員の指名





○議長(野村賢一君) 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。


  6番 増田省吾君


  7番 鈴木秀雄君


 以上2名を指名いたします。


          ─────────────────────





 【日程第3】 議案第6号及び議案第7号





○議長(野村賢一君) 日程第3 議案第6号 下妻市・千代川村合併協議会の設置について及び議案第7号 平成16年度下妻市一般会計補正予算(第6号)について、以上2件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。小倉市長、登壇願います。


               〔市長 小倉敏雄君登壇〕


○市長(小倉敏雄君) 皆さん、おはようございます。


 本日は、平成17年第2回市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には、大変お忙しい中ご出席を賜り、まことにありがとうございます。


 本臨時会に提案いたしました案件は、千代川村との合併に関する議案2件でございます。


 初めに、議案第6号 下妻市・千代川村合併協議会の設置についてでございますが、本案は、千代川村と同時に議会に提案いたします合併協議会設立議案でございまして、法に基づく合併協議会を設置し、法期限内に知事に申請できる合併を進めるために、協議会運営に関する規約を付して提案するものでございます。


 次に、議案第7号 平成16年度下妻市一般会計補正予算(第6号)についてでございますが、本案は、議案第6号にご提案申し上げました下妻市・千代川村合併協議会の運営費を下妻市と千代川村で均等に負担するため、負担金350万円を補正計上するものでございます。


 今回の補正により、補正後の予算総額は115億9,256万5,000円となります。


 以上で説明を終わります。


 なお、詳細につきましては総務部長より補足説明をいたさせますので、よろしくお願いいたします。


○議長(野村賢一君) 続いて、補足説明をいたさせます。山口総務部長、登壇願います。


              〔総務部長 山口 衛君登壇〕


○総務部長(山口 衛君) 議案第6号及び議案第7号につきまして、補足説明を申し上げます。


 初めに、議案第6号 下妻市・千代川村合併協議会の設置についてでございますが、本案は、地方自治法第252条の2及び市町村の合併の特例に関する法律第3条第1項の規定に基づき合併協議会を設立するものでございます。


 添付いたしました「下妻市・千代川村合併協議会規約」をごらんいただきたいと思います。


 規約は、全20条及び付則で構成をされております。


 第1条では、下妻市、千代川村は法の定めるところにより合併協議会を置くと定め、第2条で協議会の名称を、第3条で協議会の行う事務を、第4条で事務所の位置を両市村の長が協議して定めることとしており、協議の結果、事務所の位置は下妻市役所内に内定をしております。


 また、第5条では協議会の組織を、第6条では会長及び副会長の選任方法とその職務を定めており、1月7日の両市村の首長及び議長による協議の結果、会長に下妻市長、副会長に千代川村長がつくことで合意されております。


 次に、第7条は委員構成を定めておりまして、第3項以降は人数を定めておりませんが、1月14日の基本合意書締結時において、第3項の議長及び議員から選出される委員は議長及び議員4名、第4項の学識経験者は商工及び農業団体から1名、住民代表から1名、女性代表1名の計3名及び県職員3名を選出していくことが確認されております。


 第8条は顧問の規定でございまして、会議のオブザーバーとして両市村選出の県議会議員が会議に出席できるよう規定したものでございます。


 第9条は会議の招集を定めたもので、通常の会議の招集のほか、本協議会の構成は下妻市と千代川村となっておりますので、第2項で2分の1以上の委員の請求により会議が開催できることといたしております。


 次に、第10条では会議運営の方法を、第11条では会議へ関係職員が出席し説明できる規定を定め、第12条では多岐にわたる協議会の審査事項を効率的に処理できるように小委員会の設置を定め、第13条では提案事項の協議・調整機関として幹事会を設置することができると定めております。


 第14条は事務局の規定、第15条は経費の負担の規定で、両市村で均等に負担すると定め、第16条では監査の規定を定めたもので、選出する監査委員は代表監査委員に決定をしております。


 また、第17条の協議会の財務に関する規定及び第18条の報酬及び費用弁償は、下妻市の規定を準用することといたしており、第19条で協議会解散の場合の措置を定め、第20条で補則の規定を定めております。


 なお、施行期日は平成17年1月18日からでございます。


 次に、議案第7号 平成16年度下妻市一般会計補正予算(第6号)についてでございますが、本案は合併協議会の運営費用に関する補正でございまして、議案第6号でご説明を申し上げました合併協議会規約第15条で、経費の負担は均等割とすることが決定されておりますので、平成16年度協議会運営の経費について関係予算を補正するものでございます。


 6ページ、7ページをごらんいただきたいと思います。


 初めに、歳入でございますが、18款繰越金、1項1目繰越金、1節前年度繰越金350万円は、今回補正の財源として計上したものでございます。


 次に、8ページ、9ページの歳出でございますが、2款総務費、1項4目企画費、19節負担金補助及び交付金350万円は、均等割で支払うことになりました合併協議会への負担金でございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(野村賢一君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 質疑のある方の発言を許します。15番 平井 誠君、登壇願います。


               〔15番 平井 誠君登壇〕


○15番(平井 誠君) 皆さん、おはようございます。


 私は、議案第6号について3点ほど質疑の通告をしておりましたが、その質疑に先立ちまして一言申し上げたいと思います。


 といいますのは、15日の賀詞交歓会の中で小倉市長があいさつをしましたけども、そのあいさつの中では、「14日の合併に関する基本合意書の調印のときに全議員が出席していました」という内容の発言がありました。私、平井 誠と笠島道子議員は出席しておりませんでしたので、一言申し述べおきます。


 では、質問に入ります。


 1点目は、15、16日に市民説明会がありました。たくさんの議員さんも参加していましたけども、2日間での参加人数についてまず伺っておきます。


 それから、2点目。「基本合意書(案)」というのを前にいただきましたけども、この案の中では「合併方式は対等合併・編入方式とする」というふうにありましたけども、14日に締結された基本合意書ではこの部分は記されていないということでした。ということは、この合併方式は白紙から進めるということなのかということで伺っておきます。


 3点目は、基本合意書では「新庁舎は千代川村内のフィットネスパーク付近に建設する」とありましたけども、市民からは、これは説明会のときにもありましたけども、市役所が遠くなるという声が出ています。不満の声もあります。特に高齢者からの声がありますが、そういう点では、現庁舎を支所あるいは出張所として残すというふうな予定があるのかどうかについて、その3点を伺っておきます。


 以上です。


○議長(野村賢一君) 平井 誠君の質疑に対する答弁をいたさせます。山口総務部長、登壇願います。


              〔総務部長 山口 衛君登壇〕


○総務部長(山口 衛君) 議案質疑にお答えを申し上げます。


 初めに、住民説明会の参加人数についてでございますけれども、住民説明会に参加された方は、1月15日が153名、1月16日が135名の計288名でございます。


 次に、基本合意書に合併方式が示されなかった理由でございますけれども、下妻市と千代川村との合併の方式につきましては、合併協議会の中で協議をしていくとされましたので、1月14日の基本合意事項とならなかったものでございます。


 最後に、新庁舎建設後に既存の庁舎を支所あるいは出張所のような形で残すのかというご質問でございますけれども、まだ合併協議会が発足をされておりませんので具体的には検討はしておりませんが、市民生活に身近な住民票謄抄本や印鑑証明書の交付事務など窓口サービス部門につきましては、残すようにしてまいりたいと考えております。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(野村賢一君) 以上で平井 誠君の質疑に対する答弁を終わります。


 再質疑ありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(野村賢一君) 再質疑なしと認めます。


 ほかにありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(野村賢一君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第6号及び議案第7号、以上2件について、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(野村賢一君) ご異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決しました。


 これより討論、採決を行います。


 議案第6号 下妻市・千代川村合併協議会の設置について、討論はありませんか。15番 平井 誠君、登壇願います。


               〔15番 平井 誠君登壇〕


○15番(平井 誠君) 議案第6号 下妻市・千代川村合併協議会の設置について、討論いたします。


 小倉市長は、4市町村合併を進めるに当たっても、一昨年の1世帯1枚のアンケートの結果が「合併は積極的に進めるべき」と「合併は将来的には必要」とを合わせて70%程度になるので進めるというようなことでした。今回の千代川村との2市村合併についても、「市民意識調査は、2年前のこのアンケートの結果が、合併相手を千代川村とした回答が一番多かったからという15日の住民説明会での市長の答弁でした。


 私は一貫して、市町村合併という下妻市にとってあるいは下妻市民にとっての最重大課題をどうするのかは、住民投票を実施してその是非を決めるべきではないか、それが市民本位の民主市政であると主張してきました。住民投票実施が時間的に無理があるならば、少なくとも全有権者対象の市民意識調査をするよう何度も求めてきました。


 昨年9月の第3回市議会定例会では、議会が合併に関する市民意識再調査を決議しています。それでも市民意識調査はやられないままです。まさに市民置き去りの下妻市・千代川村合併協議会の設置についての議案です。


 合併の基本合意書に調印してしまった後の住民説明会では、本来やり方があべこべではないでしょうか。その住民説明会は2日間で288名の出席者ということでした。それも、市会議員や市職員数十名も含まれておりました。下妻市の有権者のわずか1%前後の説明では、市民の声が反映されたとは到底言い切れません。


 私は、市民こそ主人公の民主的で公平な市政が必要と考えております。市民多数の声も聞かず新庁舎建設を千代川村内へと決めてしまったことに、市民の不満も出ております。今回の合併協議会設置は時期尚早です。そういう点で反対を表明するものです。


 以上です。


○議長(野村賢一君) ほかにありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(野村賢一君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。


 採決いたします。


 議案第6号について、原案のとおり決するに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(野村賢一君) 起立多数であります。よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。


 次に、議案第7号 平成16年度下妻市一般会計補正予算(第6号)について、討論はありませんか。15番 平井 誠君、登壇願います。


               〔15番 平井 誠君登壇〕


○15番(平井 誠君) 議案第7号 平成16年度下妻市一般会計補正予算(第6号)について。


 この今回の補正予算の内容は議案第6号の下妻市・千代川村合併協議会の設置に関するものでありますので、その関連から、私は、反対理由も議案第6号と同様の理由で反対いたします。


 以上です。


○議長(野村賢一君) ほかにありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(野村賢一君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。


 採決いたします。


 議案第7号について、原案のとおり決するに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(野村賢一君) 起立多数であります。よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。


          ─────────────────────


 閉会宣告


○議長(野村賢一君) 以上で臨時会の日程は全部終了いたしました。


 これをもちまして平成17年下妻市議会第2回臨時会を閉会いたします。大変ご苦労さまでした。


                午前10時25分 閉会


          ─────────────────────


  会議録署名人


   下妻市議会 議  長 野 村 賢 一





         署名議員 増 田 省 吾





         同    鈴 木 秀 雄