議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 龍ケ崎市

平成19年 12月定例会(第4回) 12月05日−01号




平成19年 12月定例会(第4回) − 12月05日−01号







平成19年 12月定例会(第4回)





平成19年 第4回
龍ケ崎市議会定例会会議録(第1号)
                                   
平成19年12月5日(水) 午後1時30分 開 会
                                   

議事日程
 第1 会期決定の件
 第2 会議録署名議員の指名
 第3 諸般の報告
 第4 請願及び陳情について
 第5 議案第1号 龍ケ崎市高砂運動広場の設置及び管理に関する条例について
    議案第2号 龍ケ崎市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につい
         て
    議案第3号 龍ケ崎市立保育所設置条例の一部を改正する条例について
    議案第4号 龍ケ崎市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例に
         ついて
    議案第5号 市有財産の譲渡について
    議案第6号 市道路線の認定について
    議案第7号 平成19年度龍ケ崎市一般会計補正予算(第3号)
    議案第8号 平成19年度龍ケ崎市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2
         号)
    議案第9号 平成19年度龍ケ崎市公共下水道事業特別会計補正予算(第3
         号)
    議案第10号 平成19年度龍ケ崎市老人保健事業特別会計補正予算(第3号)
    議案第11号 平成19年度龍ケ崎市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1
          号)
    議案第12号 平成19年度龍ケ崎市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
    議案第13号 平成19年度龍ケ崎市介護サービス事業特別会計補正予算(第1
         号)
    議案第14号 平成19年度龍ケ崎市障がい者自立支援サービス事業特別会計補
         正予算(第2号)
    議案第15号 龍ケ崎市教育委員会委員の任命について
    報告第1号 専決処分の承認を求めることについて
         (和解に関することについて)
    報告第2号 専決処分の承認を求めることについて
         (和解に関することについて)
    報告第3号 専決処分の承認を求めることについて
         (和解に関することについて)
    報告第4号 専決処分の報告について
         (和解に関することについて)
    報告第5号 専決処分の報告について
         (和解に関することについて)
    (市長提案理由説明)

                                   

出席議員
           23番  松 田 高 義  議長
           1番  伊 藤 悦 子  議員
           2番  飯 塚 則 子  議員
           3番  後 藤 敦 志  議員
           4番  萩 原   勇  議員
           5番  小野村   節  議員
           6番  寺 田 寿 夫  議員
           7番  大 塚 弘 史  議員
           8番  山 宮 留美子  議員
           9番  深 沢 幸 子  議員
           10番  山 形 金 也  議員
           11番  石 山 治 男  議員
           12番  鴻 巣 義 則  議員
           13番  近 藤   博  議員
           14番  川 北 嗣 夫  議員
           15番  杉 野 五 郎  議員
           16番  岡 部 洋 文  議員
           17番  桜 井 直 之  議員
           18番  曽 根 一 吉  議員
           19番  大 野 喜 助  議員
           20番  披 田 信一郎  議員
           21番  谷田川 隆 司  議員
           22番  坂 本   守  議員
           24番  桜 井 昭 洋  議員
           25番  大 野 誠一郎  議員
           26番  信 田 東 男  議員

                                   

地方自治法第121条の規定による本日の出席説明員
          串 田 武 久  市      長
          油 原 信 義  副   市   長
          横 田 敦 夫  教   育   長
          長 岡 一 美  総 務  部 長
          木 村   茂  企 画 財 務 部長
          塚 本 将 男  健 康 福 祉 部長
          小 林 如 夫  環 境 生 活 部長
          永 井   賢  都 市 整 備 部長
          石 塚 和 夫  教 育  部 長
          青 木 武 志  秘 書 広 聴 課長

                                   

議会事務局職員出席者
          渡 辺 俊 晟  事 務  局 長
          斉 田 典 祥  次      長
          松 田 浩 行  議 事  係 長
          高 野 雄 次  議 事 係 主 幹

                                   





              午後1時31分開会



○松田高義議長 

 ただいまから平成19年第4回龍ケ崎市議会定例会を開会いたします。



開   議





○松田高義議長 

 本日の欠席議員は,19番大野喜助議員,以上1名であります。

 定足数に達しておりますので,これより本日の会議を開きます。

 地方自治法第121条の規定により,議長において出席を求めた者の職氏名は,お手元に配付の印刷物のとおりであります。



                                    





△日程第1 会期決定の件



○松田高義議長 

 日程第1,会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は,本日から12月18日までの14日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○松田高義議長 

 ご異議なしと認めます。よって,今期定例会の会期は,本日から12月18日までの14日間と決定いたしました。



                                    





△日程第2 会議録署名議員の指名



○松田高義議長 

 日程第2,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第81条の規定により,7番大塚弘史議員,8番山宮留美子議員を指名いたします。



                                    





△日程第3 諸般の報告



○松田高義議長 

 日程第3,この際,諸般の報告を申し上げます。

 まず,報告第1号 出納検査の報告につきましては,地方自治法第235条の2第1項の規定に基づく,平成19年度9月分,10月分の出納検査の報告であり,同条第3項の規定により監査委員より議長に報告があったものであります。

 次に,報告第2号 定期監査の結果報告につきましては,地方自治法第199条第4項の規定に基づく,企画財務部財政課,都市整備部下水道課,農業委員会事務局の監査であり,同条第9項の規定により監査委員より議長に報告があったものであります。

 次に,報告第3号 先に実施されました総務委員会,都市環境委員会の行財政視察の報告であり,各常任委員会の委員長より議長に報告があったものであります。

 次に,報告第4号 議長会関係の会務報告であります。

 いずれも印刷物をもってご報告を申し上げます。



                                    





△日程第4 請願及び陳情について



○松田高義議長 

 日程第4,請願及び陳情についてを議題といたします。

 今期定例会においてご審議をいただきます請願及び陳情につきましては,お手元に配付の文書表のとおりであります。これを所管の常任委員会に付託いたします。



                                    





△日程第5 議案第1号から議案第15号まで,及び報告第1号から報告第5号までについて



○松田高義議長 

 日程第5,議案第1号から議案第15号まで,及び報告第1号から報告第5号まで,以上20案件を一括議題といたします。

 議案の朗読を省略し,提案理由の説明を求めます。

 串田市長。

            〔串田武久市長 登壇〕



◎串田武久市長 

 本日は,平成19年第4回龍ケ崎市議会定例会にお集まりをお願いいたしましたところ,公私ともにご多用中にもかかわらず,そろってご参集をいただき,厚くお礼を申し上げます。

 さて,寒さも一段と身にしみる季節となりましたが,議員各位におかれましては,健康に十分ご留意の上,市勢発展のため,ご活躍いただきますようご祈念申し上げます。

 まずはじめに,中学生の活躍についてうれしいご報告を申し上げます。

 10月に開かれた県南新人大会を制した愛宕中学校野球部ですが,続く県新人大会においても準決勝,決勝と接戦をものにして見事優勝,関東少年新人中学軟式野球大会への出場を果たしました。

 関東大会においても,1,2回戦ともに2点差以内の接戦の末,勝ち進み,栃木県の小山市立桑中学校との決勝戦では,4対3で劇的な逆転サヨナラ勝ちをおさめ,見事優勝に輝いたものであります。

 愛宕中学校は龍ケ崎市内大会から数えて16連勝となり,そのうち9試合が2点差以内と,まさに試合によって強さが磨かれていったのではないか,そんな思いを強くした次第であります。

 選手並びに保護者,学校関係者の皆様には心よりお祝いを申し上げますとともに,選手諸君の今後の活躍に期待を寄せるところであります。

 続きまして,わがまちの誇る流通経済大学の野球部が,東京新大学野球1部リーグにおいて,実に9シーズンぶりの優勝を果たしております。

 10月22日の創価大学との最終戦は,「勝った方が優勝」という緊迫した試合でありましたが,投打にかみ合った流経大が6対0で完封勝利,28回目の優勝を勝ち取ったものであります。

 エースの市田投手が最高殊勲選手と最優秀投手に輝いたのをはじめ,首位打者,最多盗塁,最優秀新人と流経大の選手が主要な個人タイトルを総なめにするなど,優勝に花を添えております。

 また,当市に在住する常総学院高校の清原大貴選手が,プロ野球ドラフト会議で指名を受け,「阪神タイガース」に入団することが内定し,11月9日に,私を表敬訪問してくれております。清原選手は龍ケ崎リトルリーグ,リトルシニアに所属した後,常総学院高校に進み,今夏の高校野球甲子園大会にエースとして出場しました。試合は延長の末,惜しくも敗れましたが,その素質と将来性を大きく評価され,プロ野球からの指名を受けたものであります。ぜひとも龍ケ崎市出身であることに誇りを持っていただき,ご活躍されるよう期待しております。

 もとより,野球熱の盛んなわがまちでありますが,中学,高校,大学とそれぞれの分野で新たな歴史の1ページが加わりました。こうした流れが今後も続き,わがまちの子どもたちの夢をさらに膨らませていただきたいと心から願っております。

 さて,本議会には議案15件,報告5件をご提案いたしておりますが,その趣旨説明に先立ちまして市政に関し,若干のご報告を申し上げます。

 はじめに,「第20回全国健康福祉祭・ねんりんピック茨城2007」についてであります。

 「さわやかな 長寿の風を 茨城に」をテーマに,11月10日から13日の会期で,茨城県を舞台に盛大に開催されました。私も,県市長会長として,また,本市実行委員会会長として参画してまいりました。

 大会初日の10日は,あいにくの天候の中ではございましたが,常陸宮ご夫婦のご臨席を賜り,笠松運動公園において総合開会式が開催され,アトラクションでは,本市の伝統芸能「撞舞」が披露され,その見事な演技に来場者の大喝采をいただいたところであります。また,総合閉会式では,竜ケ崎二高・ダンス部の華麗な舞いが会場を魅了したところでもあります。

 さて,本市担当の大イベント「健康マージャン交流大会」は,今回のねんりんピックにおいて初めて正式種目として採用され,北海道から九州まで全国から50チーム,200人の選手が出場し,11月11日・12日の2日間の会期で,たつのこアリーナにおいて開催されました。

 大会におきましては,全国からお越しの選手の皆様を温かく歓迎しようと,議会をはじめ,小・中学校,社会福祉協議会,ボランティア連絡協議会ほか,多くの市民,関係者の皆様のご協力をいただいたところであります。

 とりわけ,ひまわり園の通所者が,龍ケ崎中央ロータリークラブや福祉ボランティア団体「おりづるの会」の皆様と一緒につくられた草木染めのプレゼントと,市内の小学校6年生から寄らせれた応援メッセージは,選手の心に深く響いたのではないかと思います。

 大会終了後,電話やお手紙でお礼の言葉が寄せられているとの報告も受けております。

 また,わがまち龍ケ崎市に伝わる「龍ケ崎小唄」,「龍ケ崎錦」の披露や城西中学校吹奏楽部の皆さんの演奏等のアトラクション,その他,健康づくり教室,作品展示,地元物産・グッズの紹介・販売等々盛りだくさんで,当市のPRに大いに寄与できたものと考えております。

 全国からのお越しの選手の皆様には,様々な形で選手同士また市民の皆様と交流・ふれあいの輪が大きく広がり,よい思い出をたくさんお持ち帰りいただけたものと思います。今大会が盛会のうちに無事終了することができましたことを,心から御礼を申し上げます。

 次に,11月20日に茨城県南教育事務所との共催により開催いたしました龍ケ崎市教育シンポジウム「『龍の子』の教育を考えよう」についてであります。

 未来のわがまち龍ケ崎市を担う子どもたち「龍の子」の健全育成について考える催しであります。当日のシンポジウムでは,龍ケ崎混声合唱団によるオープンセレモニーに続き,二つのパネルディスカッションと家庭教育カウンセラーの内田玲子先生による講演会が行われました。中学生6人が参加したパネルディスカッション子どもの部では,「将来の夢に向かって,今」をテーマに,将来思い描く自分の姿や夢について,そして夢に向かって今自分が努力していることなどの意見交換が行われました。夢を持たない子どもたちが多いと言われる今日ではありますが,参加されました生徒の皆さんは,しっかりとした自分の夢を持ち,将来に向けて頑張っていることがうかがえ,大変頼もしく感じた次第であります。

 また,大人の部では「未来を担う子どもたちのために,今,私たち大人は何ができるか」をテーマに行われました。子どもたちの健全育成を目指した教育を推進していくために,学校・家庭・地域社会がそれぞれの果たすべき役割について貴重な意見が交わされたものであります。

 次に,去る10月に実施いたしましたJR常磐線「佐貫駅」駅名に関する市民意識調査について,速報値がまとまりましたので,ご報告させていただきます。

 意識調査は,無作為抽出した18歳以上の市民3,000人を対象に郵送により実施いたしましたところ,1,403人の方から回答が寄せられました。

 設問として「佐貫駅」の駅名についてどう思うか,率直なお気持ちを伺ったところ,「変更した方がよい」と答えた市民が468人,33.4%,「佐貫駅のままでよい」と答えた市民が911人,64.9%でありました。

 この速報値については,市公式ホームページなどでお知らせしてまいる予定であります。また,年齢別や地区別などのクロス集計結果や自由意見の分析など,詳細な結果につきましては,まとまり次第公表してまいりたいと考えております。

 次に,市が直営で行っている訪問介護事業についてであります。

 これは,介護保険制度が定着し,民間事業者が訪問介護事業の大半を担うようになり,また障害者自立支援法による障がい者を対象とした訪問介護事業につきましても,民間事業者が行うようになってきておりますことから,市が直営で参入している必要性が希薄になってきたものと判断し,平成21年3月31日をもって廃止いたす方向で事務を進めているものであります。

 今後はサービス利用者への説明,訪問介護員の代替職のあっせん及び関係条例の廃止手続等を適時かつ適切に進めてまいります。

 最後に,流通経済大学との大規模災害時における協力体制に関する協定についてであります。

 当市におきましては,既に静岡県の裾野市と協定を結んでおり,加えて,COOP(生協),コカ・コーラとも物資の調達に関する協定を締結しております。

 今回の流通経済大学との協定につきましては,避難場所への学生ボランティアの派遣や,大学施設の避難所としての利用,備蓄物資の提供等の内容となっており,1月24日に協定締結の調印式を行う予定であります。

 わがまち龍ケ崎におきましては,比較的災害が少ないことから,災害に対する危機意識が希薄になってしまいがちでありますが,市民の方々におかれましても,災害に対し高い意識を持っていただけるようお願いをするとともに,引き続き,意識も体制も災害に強いまちづくり,まち育てを行ってまいりたいと考えております。

 それでは,本日ご提案いたしました各案件の概要につきまして,ご説明いたします。

 はじめに,議案第1号 龍ケ崎市高砂運動広場の設置及び管理に関する条例についてであります。

 これは,市内高砂地区にある体育館,野球場,テニスコートの運動施設を一体的にとらえ,名称を統一するため,「龍ケ崎市運動広場の設置及び管理に関する条例」の題名を含めて条例の全部を改正しようとするものであります。

 なお,今回の条例改正に伴い,付則において「重要な公の施設及び特に重要な公の施設に関する条例」についても所要の改正を行うものであります。

 次に,議案第2号 龍ケ崎市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてであります。

 これは,今年度に示された人事院勧告に基づき,国家公務員の一般職の職員の給与が改正されることに伴い,給料,扶養手当などについて所要の改正を行うものであります。

 次に,議案第3号 龍ケ崎市立保育所設置条例の一部を改正する条例についてであります。

 これは,平成20年4月1日から龍ケ崎市立中央保育所を民営化することに伴い,同保育所の規定を削除するものであります。

 次に,議案第4号 龍ケ崎市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例についてであります。

 これは,「学校教育法等の一部を改正する法律」が平成19年6月27日に公布され,この法律において「学校教育法」の条項の繰り下げなどの改正が行われたことに伴い,本条例において引用している学校教育法の条項等について,改正を行うものであります。

 なお,施行項目でありますが,学校教育法の施行に合わせるため,公布の日から1月を超えない範囲内において規則で定める日からとするものであります。

 次に,議案第5号 市有財産の譲渡についてであります。

 これも,龍ケ崎市立中央保育所の民営化に伴うもので,同保育所の建物及び建物に付帯する設備等を移管先法人であります社会福祉法人「山ゆり会」へ無償譲渡するため,議会の議決を求めようとするものであります。

 次に,議案第6号 市道路線の認定についてであります。

 これは,茨城県が管理する「主要地方道美浦栄線」及び「一般県道河内竜ヶ崎線」の大徳町字上大徳から宮渕町字下組までの路線を市道として認定するため,議会の議決を求めようとするものであります。

 次に,議案第7号から議案第14号までの8件につきましては,平成19年度龍ケ崎市一般会計及び各特別会計の補正予算についてであります。

 議案第7号 平成19年度龍ケ崎市一般会計補正予算(第3号)についてであります。

 これは,既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億9,039万5,000円を追加し,歳入歳出予算の総額をそれぞれ225億4,003万7,000円とするものであります。

 歳入の主な内容であります。

 市税では,退職所得の増加による個人市民税の増額及び償却資産の県配分が増加したことによる固定資産税の増額であります。

 分担金及び負担金では,小児救急輪番制病院運営費の負担金が増額となったことによる構成市町村分担金の増額であります。

 使用料及び手数料では,たつのこフィールドがテレビドラマの撮影に使われたことなどから使用料が増加したものであります。

 国庫支出金では,国民健康保険の基盤安定や,障がい者地域生活支援に対する負担金・補助金,撞舞通り整備事業に対するまちづくり交付金の増額が主なものであります。

 県支出金では,国庫支出金と同様に扶助費関連の補助金の増額のほか,障がい者自立支援特別対策事業に対する補助金の追加などであります。

 財産収入では,預金利子の上昇による基金利子の増額のほか,旧佐貫開発事務所用地の売却による土地売払収入であります。

 諸収入では,出産費資金の貸付件数の増加が見込まれることによる元利収入の増額や,医療福祉制度,マル福にかかります高額療養費の制度改正による増額などであります。

 市債につきましては,事業費の確定による減額や撞舞通り整備事業費の増額によるものであります。

 次に,歳出の主なものについてであります。

 まず,職員給与費においては全体を通して,人事院勧告に基づく職員給与費の補正のほか,勧奨退職者に対する退職手当負担金などを計上しております。

 議会費では,政治倫理調査委員会委員が改選となることから,現在,欠員となっている2名分の増額を計上しております。

 総務費では,現在構築中の住民情報基幹系システムの運用開始時期の調整に伴う関連経費の組み替えや防犯灯の修繕経費の増額,土地売払収入相当額の公共施設維持整備基金への積み立てなどであります。

 民生費では,来年度,たつのこアリーナにオープンを予定している「福祉の店」開設準備費,中央保育所の民営化に当たり,保育環境の変化に配慮した移管事業者との共同保育事業や保育所施設整備に対する補助金を新たに計上しております。そのほか,後期高齢者医療制度に関する経費,本年度の決算見込みにより給付費,扶助費などの増額を計上しております。

 衛生費では,平成20年度から麻疹,風疹の予防接種対象者に中学1年生,高校3年生が加わるため,4月に実施する予防接種のワクチン購入費の増額,合併処理浄化槽の設置申請の増加に対する補助金,原油価格高騰の影響による市営斎場の燃料費及び指定ごみ袋製造委託料の増額などを計上しております。

 農林水産業費では,土地改良整備事業及び生産調整推進対策事業の事業量が確定となることから精算を行うものであります。

 商工費では,茨城県圏央道沿線地域産業・交流活性化協議会が沿線自治体の区域を拡大したことによる負担金を計上しております。

 土木費では,撞舞通り整備事業費の増額,下地内八代線改良事業の用地取得費の精算や実施設計の計上が主なものであります。

 消防費では,自主防災組織の結成に係る補助金の増額であります。

 教育費では,要保護・準要保護の対象児童数の増加に伴う就学奨励費,中央図書館のキュービクル改修工事費,学校給食センター調理場の修繕経費の増額などであります。

 次に,繰越明許費についてであります。

 中央保育所民営化に伴う施設整備事業補助金及び総合運動公園の野球場建設事業費につきまして繰越限度額を設定するものであります。

 次に,継続費補正についてでありますが,障がい福祉計画,高齢者保健福祉計画の改定作業を平成19年度と20年度の2カ年度にわたって実施するため継続費を設定するものであります。

 次に,債務負担行為補正についてであります。

 平成20年4月から実施予定の業務等について適正な契約,準備期間の確保を図るための限度額の設定でありますが,八原小学校及び城ノ内小学校の学童保育ルームに係るリース契約など3件につきましては,複数年契約を予定した設定を行っております。

 次に,地方債補正につきましては,歳入の際にご説明申し上げましたとおりであり,3件の変更をいたそうとするものであります。

 一般会計については,以上であります。

 次に,議案第8号 平成19年度龍ケ崎市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。

 これは,既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,114万2,000円を追加し,歳入歳出予算の総額をそれぞれ70億969万4,000円とするものであります。

 主な内容は,本年度の老人保健医療費拠出金及び介護納付金の確定に伴う精算や保険給付費の増加に対応するための計上であります。

 次に,議案第9号 平成19年度龍ケ崎市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。

 これは,既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ498万7,000円を追加し,歳入歳出予算の総額をそれぞれ23億8,859万円とするものであります。

 主な内容は,下水道事業に係る消費税納付額や下水道管渠等の調査費の増額などであります。

 債務負担行為補正につきましては,平成20年4月からの業務に係る契約に関し,債務負担行為の限度額を設定するものであります。

 地方債補正につきましては,下水道整備支援事業費の皆減に対応するものであります。

 次に,議案第10号 平成19年度龍ケ崎市老人保健事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。

 これは,既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ786万4,000円を追加し,歳入歳出予算の総額をそれぞれ42億5,271万5,000円とするものであり,主な内容は,老人保健医療費の増額であります。

 次に,議案第11号 平成19年度龍ケ崎市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。

 これは,既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ33万1,000円を減額し,歳入歳出予算の総額をそれぞれ4,726万9,000円とするものであり,内容は,職員給与費の減額であります。

 債務負担行為につきましては,平成20年4月からの業務に係る契約に関し,債務負担行為の限度額を設定するものであります。

 次に,議案第12号 平成19年度龍ケ崎市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。

 これは,既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,922万5,000円を追加し,歳入歳出予算の総額をそれぞれ27億8,749万1,000円とするもので,主な内容は,今年度の決算見込みによる保険給付費等の組み替えなどで,居宅介護サービス給付費の増額,地域密着型介護サービス,施設介護サービス給付費の減額などであります。

 債務負担行為につきましては,平成20年4月からの業務に係る契約に関し,債務負担行為の限度額を設定するものであります。

 次に,議案第13号 平成19年度龍ケ崎市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。

 これは,既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6万8,000円を追加し,歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,179万8,000円とするもので,主な内容は,歳入における訪問介護費の収入減に対応するものであります。

 次に,議案第14号 平成19年度龍ケ崎市障がい者自立支援サービス事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。

 これは,既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8万円を追加し,歳入歳出予算の総額をそれぞれ3,290万3,000円とするもので,主な内容は,歳入におけるサービス事業の収入減に対応するものであります。

 次に,議案第15号 龍ケ崎市教育委員会委員の任命についてであります。

 福岡和子さんが,本年10月31日をもって教育委員会委員を辞職されましたことから,新たに高橋容子さんを任命いたそうとするものであります。

 続きまして,報告事項を申し上げます。

 報告第1号から第3号までは,特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであることから,地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分を行ったもので,同条第3項の規定によりこれを報告し,承認を求めるものであります。

 まず,報告第1号についてであります。

 これは,平成19年8月16日に西部出張所の駐車場において,佐貫3丁目在住の方の運転する小型乗用車が,当該駐車場に駐車しようとしたところ,車止めブロックを固定するネジが飛び出ていたため,それに当該小型乗用車が接触し,フロントスポイラーを損傷させてしまった事故に関し,相手方への損害賠償額を1万7,885円と決定し,和解が成立したものであります。

 次に,報告第2号についてであります。

 これは,平成19年4月30日に向陽台の工業団地内の市道において,牛久市在住の方の運転する小型乗用車が当該市道の車道部の陥没した箇所に当該小型乗用車左側前輪を落とし,運転者が背中を打撲するとともに,当該小型乗用車のフロントバンパー,ステアリングギアボックス,左側前輪のタイヤなどを破損してしまった事故に関し,相手方への損害賠償額を85万1,813円と決定し,和解が成立したものであります。

 次に,報告第3号についてであります。

 これは,報告第2号の和解に関連し,事故車両に同乗していた牛久市在住の方が脊椎を打撲してしまった事故に関し,相手方への損害賠償額を43万7,157円と決定し,和解が成立したものであります。

 次に,報告第4号及び第5号についてであります。

 これらは,地方自治法第180条第1項の規定に基づき,専決処分を行ったもので,同条第2項の規定によりこれを報告いたすものであります。

 報告第4号についてでありますが,平成19年8月22日に佐貫町の市道において,公用車が後退した際,後方の安全確認が不十分だったため,停止していた稲敷市在住の方が運転する原動機付自転車の前部に接触し,フロントフォーク,フロントフェンダーなどを破損させてしまった事故に関し,相手方への損害賠償額を9万2,883円と決定し,和解したものであります。

 次に,報告第5号についてであります。

 これは,平成19年7月2日,市内の商工会館駐車場から市道に進入してきた,つくば市在住の方の運転する小型乗用車が公用車に接触し,当該公用車のフロントフェンダー,プレートステップなどを損傷するとともに,当該小型乗用車のフロントバンパー,右側のヘッドランプなどを損傷した事故に関し,相手方への損害賠償額を4万1,025円と決定し,和解したものであります。

 以上が本日ご提案申し上げました各案件の概要であります。

 慎重審議の上,適切な決定をいただきますようお願い申し上げ,提案理由の説明といたします。



○松田高義議長 

 午後2時13分,19番大野喜助議員,出席であります。

 この後,休憩中に第2委員会室において議会運営委員会を開会願います。

 暫時休憩いたします。

              午後2時14分休憩

                                    

              午後2時18分再開



○松田高義議長 

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 休憩中に開かれました議会運営委員会の審議の経過と結果につきまして,委員長よりご報告願います。

 曽根一吉議会運営委員長。

            〔曽根一吉議会運営委員長 登壇〕



◆曽根一吉議会運営委員長 

 休憩中に開かれました議会運営委員会の審議の経過と結果につきまして,ご報告申し上げます。

 ただいま第2委員会室において今期定例会の会期日程について慎重に審議の結果,お手元に配付されました日程表のとおり決定をいたしましたので,よろしくお願いを申し上げます。

 以上で報告を終わります。



○松田高義議長 

 曽根委員長報告のとおり,今期定例会の会期日程は,お手元に配付の日程表のとおりであります。

 次の本会議は12月10日午前10時から本会議場において再開いたします。

 なお,質疑の発言通告は,12月6日午後5時までに議長の手元に提出願います。

 本日は,これをもって散会いたします。

              午後2時20分散会