議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 石岡市

平成25年決算特別委員会(第3日目) 本文




2013.09.25 : 平成25年決算特別委員会(第3日目) 本文


                平成25年9月25日(水曜日)
                  午前10時00分開会
◯委員長(池田正文君) ただいまから決算特別委員会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 本日の議題は、議案第81号・平成24年度石岡市一般会計歳入歳出決算認定についてのうち都市建設委員会及び教育福祉委員会の所管に係る部分、議案第82号・平成24年度石岡市授産所特別会計歳入歳出決算認定について、議案第85号・平成24年度石岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、議案第86号・平成24年度石岡市駐車場特別会計歳入歳出決算認定について、議案第87号・平成24年度石岡市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について、議案第89号・平成24年度石岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、議案第90号・平成24年度石岡市介護保険サービス事業特別会計歳入歳出決算認定について、以上であります。
 次に、付託案件説明のため、本日、委員長において出席を求めた者の職・氏名は、お手元に配付いたしました説明員名簿のとおりであります。
 なお、本日出席を求めた者のうち教育委員会事務局参事学校教育担当・冨田君から本日の会議を欠席いたしたい旨の申し出があり、委員長においてこれを許可いたしましたので、ご報告申し上げます。
 次に、本日の審査範囲につきましては、過日配付いたしました審査区分表のとおりであります。
 なお、本日の審査は、初めに各会計決算における都市建設委員会所管の範囲についての審査を行い、終了後、説明員を入れ替えまして、教育福祉委員会所管の範囲の審査を行いたいと思いますので、各委員におかれましてはよろしくお願いいたします。
 次に、計数及び事業内容の確認のみを趣旨とする質疑は、本日の各委員会所管の審査において行い、政治的判断を要するものやほかの所管にまたがるものについては、明日の総括審査においてされますようお願いいたします。また、質疑は審査区分に沿って簡潔かつ明瞭に、重複質疑を避けられますようお願い申し上げます。
 次に、執行部に申し上げます。執行部におかれましては、説明員として出席しているわけでありますから、質疑に対しては迅速かつ的確に答弁されますようお願いいたします。
 それでは、これより議事に入ります。
 初めに、本日議題としております平成24年度各会計決算のうち、都市建設委員会所管の範囲に対する質疑を行います。
 村上泰道委員。


◯委員(村上泰道君) おはようございます。村上泰道でございます。本日、都市建設委員会所管に関しまして、2点につきましてお尋ねしたいと思います。決算書198ページ、一般市道整備事業(単独)2億6,454万6,396円につきましてお尋ねしてまいります。事務事業評価シートもあわせて拝見させていただきまして、こちらについてお尋ねしてまいります。
 まず、こちらの事業でございますけれども、事業の概要として、生活道路の整備等が挙げられてございます。平成24年度の道路の排水・舗装整備の目標値、目標箇所数が45か所ということで、まず、目標値が設定されてございますが、目標値の設定方法についてお尋ねしてまいります。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) それでは、村上委員のご質問にご答弁いたします。
 事務事業評価シートの目標値の設定について、45か所と設定しました。こちらの45か所につきましては、毎年、区長をはじめ地域からの要望がございます。ここ数年を平均しますと、年、約35件くらいの地区からの要望がございます。まだまだ過去においても処理されていない件数もございますので、少しでも多く処理できるよう、目標値を平均の35か所よりプラス10か所ほど多く設定を設けまして、地域の要望に応えるため設定をいたしました。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) 毎年の要望平均値よりも少し多目に設定されたということで、実績達成値として、平成24年度は45か所、100%達成できたわけですが、年度のどのあたり、どのぐらいのタイミングで、年度末ぎりぎりで45か所の達成なのか。45か所の達成時期がどのぐらいの時期だったのかお尋ねしたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) 年度始めから、設計、工事、全て完了するまで、約……。中には用地交渉もある箇所もございます。そういったものを含めますと、やはり、年度末、3月で、件数の設定が確保できたと考えております。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) ありがとうございます。一朝一夕にでき上がるものではございませんので、年度末に実績値を達成できたということで、理解いたします。
 予算の執行額、執行率で見てまいりますと、平成24年度では、予算額に対する執行率が83.69%となってございます。先ほど課長がおっしゃったように、要望が多い中で、目標値45か所ということで設定され、目標達成として、年度末45か所ということでございますが、予算としては執行率83.69%ということでございますので、もう少しタイムテーブル的に、工事箇所の全体的なバランスを考えていけば、予算としての余裕はもう少しあった中で、目標達成を超える実績が残せたのではないかなと思うのですが、物理的に無理なのか、まだ今後そういったところで検討する余地があるのかをお尋ねしたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) それでは、ご答弁いたします。こちらは予算ベースで、まださらに件数を、整備箇所の推進ができるというお尋ねです。こちらについては、やはり、どうしても地権者との交渉がございます。そうした中で、年度内の完了を目指しておる中で、なかなか完了ができない部分については、やむを得ず、繰り越しとしております。
 平成24年度分については、繰り越しも含めてございますので、そうした中で、実績値と予算とのバランスが83.6%ということで、100%に至らなかった部分については、繰り越しをしている部分でございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) ありがとうございます。要望の多い事業だと思いますので、市民の方々の要望を早急に対応できるようにしていただきたいと思います。
 続きまして、2点目でございます。次のページ、決算書200ページでございます。中段、橋りょう新設改良事業1,617万円ということで、こちらは天神橋の架け替えに伴う事業だと理解してございますけれども、本年度、平成24年度、予算執行が的確にされたということで理解しておりますが、全体の工事のどの程度を、これで進捗しておるのかお尋ねしたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) ご答弁いたします。東日本大震災により被災を受けた天神橋の架け替え工事をするため、常磐線をまたぐ橋でございますので、JR東日本と震災後から協議を進めてきました。平成24年度より、架け替えするための概略設計業務を、JR東日本にお願いしたところでございます。
 当初予算の負担金の予算額2,500万円に対しまして、決算額1,617万円の負担になってございます。概略設計業務の中で、現地調査や設計業務など、合わせて8項目にわたる業務内容がございます。それぞれの単価が、当初より安価になったため、1,617万円となった次第でございます。
 今後、平成25年度はそれを受けて、現在、詳細設計をお願いしているところでございます。それが終わって、平成26年度から工事着手という予定になってございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) ありがとうございます。東日本大震災の影響を受けましての架け替え工事ということで、平成24年度から概略設計、本年度、詳細設計、平成26年から工事着手ということで、順調に工事が進んでいると理解してよろしいのでしょうか。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) 現在のところ、断続的にJRと協議を進めております。地域からも、早期完成をという声もございますので、今のところ、計画どおりの事業の進捗と思っております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) ありがとうございます。もともと天神橋は通学路としても設定されてございました。そういった意味での生活道路でございますので、しっかりと予定どおり事業が進むようにお願いしたいと思います。
 私のほうから以上でございます。ありがとうございました。


◯委員長(池田正文君) 次の質疑者に移ります。
 岡野孝男委員。


◯委員(岡野孝男君) それでは、決算審査意見書の中に、繰越明許費については、国の財政措置等により、やむを得ない事業を除き、事業実施前の十分な調査や業務執行体制の強化などにより、計画的かつ着実な事業執行に取り組まれたいという意見が出されております。
 都市建設部については、ほかのところよりも、繰越明許費が随分多いと私は思っております。実際、数字的にそうなんですが、繰越明許費についての事業内容と事由についてお尋ねをいたします。私は、項のほうについて数字を挙げますので、事業ごとの内容と繰り越しの事由について答弁を求めます。
 まず最初に、土木費の土木管理費300万円についてお尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) ご質問にお答え申し上げます。土木費の繰越明許費でございますが、これは木の住まい助成事業の実施に伴うものでございます。平成24年度は14件の補助を行いまして、700万円を支出しておりますが、この中に年度内の完成を見込んで受け付けましたが、工事の遅れにより、年度内の完成が難しくなっております6件分、300万円について、平成25年度に繰り越したものでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 工事が遅れたということですね。
 次に移ります。道路橋りょう費1億5,821万7,355円。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) 道路橋りょう費の1億5,821万7,355円の繰越明許費でございます。こちらは、道路の維持修繕、また、地域からの要望がございます一般市道整備また地方道路の整備、先ほど申し上げました天神橋の架け替えの橋りょう新設改良費、排水路整備等を含まれておる事業項目になっております。
 まず1点目の道路維持費の繰越明許額706万6,500円でございますが、こちらについては、国の大型補正により、道路の総点検事業の面の正常化調査の事業でございます。国の大型補正、年度末ということで、市においても3月補正でやったため、繰り越しといたしました。
 次に、地方道路整備事業についてでございます。こちらについては、ジャスコ脇の市道A3111号線の測量・設計委託料。こちらについては、国土交通省と6号国道の交差点に伴う設計協議が思うように進まなかったということで、時間がかかったため、繰り越しとなりました。
 また、高浜地内の恋瀬川左岸堤の道路改良工事についても、工事は発注しましたが、県と交差点付近の時期が重なり、県の工事が2月末完了となったため、工事が着手できなかったということで、繰り越しといたしました。
 また、橋りょう維持費でございます。橋りょう維持費の910万円の繰り越しについては、こちらも同じ国の大型補正を受けて、新規事業として行ったため、3月補正をお願いしました。こちらについては、先ほどの道路維持費のほうでは、道路の路面の正常化ということでございましたが、こちらは橋りょうの総点検でございます。こちらも3月補正のため、やむなく繰り越しといたしました。
 続いて、排水路整備事業でございます。排水路整備事業の1,142万4,000円の繰り越しでございます。こちらについては、大砂地内の排水路整備を平成24年に実施してまいりました。地元から強く整備促進ということで、要望が以前からあったところでございます。12月に補正をお願いしまして、平成25年1月に工事を発注したため、適正工期の確保のため、繰り越しとした次第でございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 内容を聞いていると、それぞれ理由はあるんですが、道路の新設・改良とか、道路維持費もそうなんですが、やはり、そういったものについては、細かくチェックをして、当初予算のときから計上する予算は繰り越しするのではなく、単年度主義なわけですから、そういうことをやっぱり重視をして進めていっていただきたいなと思っております。それは、私の感想です。
 次に、移ります。都市計画費の継続費、逓次繰越1億3,000万円、繰越明許費10億8,117万9,714円についてお尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 駅周辺整備推進室副参事・鶴井君。


◯駅周辺整備推進室副参事駅周辺整備推進室長(鶴井重則君) それでは、都市計画費の逓次繰越、繰越明許費の内容についてご説明させていただきます。
 目で1、都市計画総務費の中で、同じく継続費、逓次繰越1億3,000万円がございます。こちらにおきましては、継続費であります石岡駅橋上化また東西自由通路の工事を、JR東日本水戸支社に委託する金額でございます。
 平成24年度におきましては、こちらの工事に伴います詳細設計が年度末までかかったことによりまして、工事が発注できなかったということで、次年度に逓次繰越をさせていただいたものでございます。
 また、都市計画総務費、200ページの下にあります繰越明許費1億6,883万8,617円について説明させていただきます。こちらにおきましては、石岡駅周辺整備事業の繰越金額でございます。
 202ページのほうに細かい区分けがあるわけなんですけれども、まず、13の委託料としましての繰越明許費433万8,617円におきましては、西口駅前広場拡張に伴います支障となる家屋が2件ございます。こちらの1件の家屋評価、地点修正の業務委託が1件、もう1件のほうの不動産鑑定委託料、また、それに伴います家屋の補償の算定委託とJRの用地の調査の測量の委託料が繰り越しとなってございます。こちらにおいては、2件とも交渉中でございますけれども、1件におきましては、契約に至らなかったということで、繰り越しをさせていただいているものでございます。
 その次の15、工事請負費1億3,000万円におきましては、1件、1億円が、西口駅前広場に工事予定しております電線地中化の工事の繰越明許費でございます。こちらは、入場する業者とのボックスの配置、中の配線の位置といったもので、協議に日数を要したため、工事に至らなかったというものでございます。
 また、1億3,000万円のうちの3,000万円につきましては、こちらは、BRTの専用駅前広場の工事費として計上させていただいたものでございます。こちらにおきましては、JR設計において、BRTに接続する箇所の位置どりの設計に時間を要したため、調整がつかずということで、繰り越しさせていただいたものでございます。
 公有財産購入費の250万円、また、その下にあります補償補填及び賠償金の繰越明許費3,200万円におきましては、西口駅前広場の拡張に伴います支障となる1件分の補償費でございます。こちらにおきましても、交渉の結果、契約に至らなかったということで、繰り越しをさせていただいたものでございます。
 以上が、継続費逓次繰越1億3,000万円、石岡駅周辺整備事業に伴います繰越明許費1億6,883万8,617円の内容でございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 都市建設部参事・福田君。


◯都市建設部参事兼都市計画課長(福田嘉夫君) それでは、お答えいたします。私のほうから、都市計画費、合併市町村幹線道路緊急整備支援事業9億1,234万1,097円の繰越明許についてお答えさせていただきます。
 内訳といたしましては、委託関係の繰越明許費が5,958万8,164円、工事の明許繰越が5億3,064万5,088円、用地費の繰り越しが1億6,068万1,480円、補償補填及び賠償金の繰り越しが1億6,142万6,365円となってございます。
 この内訳でございますけれども、まず最初に、委託料でございます。合併路線、村上・六軒線、上林・上曽線、美野里・八郷線の3路線につきましては、用地取得交渉において、なかなか協力が得られなかったということもございまして、用地測量の発注が遅れたために、繰り越しをしたものでございます。
 駅前・東ノ辻線でございますが、これは茨城県警との交差点協議に時間を要したことから、測量等の発注が遅れたために繰り越しとしたものでございます。
 次に、工事請負費でございます。まず、貝地・高浜線、村上・六軒線、上林・上曽線、美野里・八郷線、駅前・東ノ辻線の5路線ともに、用地取得に時間を要したことから、工事の着工が遅れたために、工事を繰り越しとしたものでございます。
 次に、公有財産購入費でございます。まず、貝地・高浜線でございます。こちらについては、工事の設計に時間を要したことから、用地の交渉が遅れたために繰り越しをしたものでございます。
 村上・六軒線、上林・上曽線、美野里・八郷線につきましては、相続関係で時間を要したために、やむなく繰り越しとしたものでございます。
 駅前・東ノ辻線でございます。こちらは、地権者からの代替地の申し出があり、その調整に時間を要したために繰り越しとしたものでございます。
 最後に、補償補填及び賠償金でございます。まず、貝地・高浜線につきましては、やはり工事の設計に時間を要したことから、用地交渉が遅れたため、繰り越しとしたものでございます。
 次に、村上・六軒線でございますが、こちらは国道6号線バイパスとの関連で、石岡自動車学校の補償協議に時間を要したことから、やむなく繰り越しとしたものでございます。
 上林・上曽線、美野里・八郷線の2路線につきましては、やはり相続関係で時間を要したことから、やむなく繰り越しとしたものでございます。
 最後に、駅前・東ノ辻線でございます。こちらにつきましては、やはり、地権者からの代替地等の要望があり、その調整に時間を要したことから、やむなく繰り越しとしたものでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) よくわかりました。
 次に、205ページの住宅費の繰越明許費3,998万2,000円についてお尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) 住宅費の繰越明許費についてご説明申し上げます。208ページをお開き願います。委託料の繰越明許費30万円でございますが、これは市営住宅長寿命化改修工事におきまして、国の平成25年度の社会資本整備総合交付金の財源措置が厳しいことから、平成24年度中に財源を確保し、前倒しで事業を実施するために繰り越しました長寿命化改修工事に伴います、数量調書作成のための委託料でございます。
 次に、工事請負費の繰越明許費3,968万2,000円でございますが、これにつきましても、委託料と同様に前倒し分として、平成25年度に実施します市営住宅長寿命化改修工事の請負費として繰り越しをしたものでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 土木費についてはわかりました。毎年、土木費については、繰越明許費が20%近くになっていますので、総括にて、また質問をしたいと思っております。
 次に、下水道のほうに移ります。下水道事業の繰越明許についてお尋ねいたします。下水道建設費6,336万1,500円についてお尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 下水道課長・飯田君。


◯下水道課長(飯田修久君) 下水道建設費6,336万1,500円の明許費についてご説明いたします。内容でございますが、流域関連公共下水道整備事業費におきまして、2,879万7,000円となっております。これの内訳といたしましては、流域関連公共下水道整備事業(補助)の管渠埋設工事費で890万4500円、流域関連公共下水道整備事業(補助・ポンプ場)で、機械電気設備更新工事1,979万2,500円となっております。また、繰り越しの事務費といたしまして、10万円を計上しております。
 内容でございますが、流域関連公共下水道整備事業(補助)の管渠埋設工事につきましては、道路埋設物、水道、また、NTTの埋設物がありまして、管理者との協議に不測の時間を要しまして、繰り越しいたしたものでございます。
 また、流域関連公共下水道整備事業(補助・ポンプ場)のポンプ場でございますが、ポンプ場は稼動しておりまして、運転をとめるわけにいきませんので、ポンプの仮設工などの工法に時間を要したことにより、繰り越しいたしたものでございます。
 続きまして、公共下水道整備事業費の790万6,500円の繰り越し工事でございます。これにつきましては、公共下水道整備事業の工事請負費、管渠埋設工事費でございますが、790万6,500円となっております。繰り越し理由といたしましては、集落内の工事施工に伴いまして、道路は狭隘であり、迂回路等の地元との協議に不測の時間を要したため、繰り越しいたしたものでございます。
 続きまして、322ページ、目の流域下水道事業費負担金補助及び交付金事業で2,665万8,000円を繰り越しております。これにつきましては、流域下水道事業負担金といたしまして、県が施工しております、霞ヶ浦流域下水道の霞ヶ浦浄化センター水処理施設第7系列の増設工事におきまして変更が生じ、県のほうで繰り越しいたしましたので、市といたしましても、負担金として繰り越しいたしたものでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 以上で私の質問を終わりにいたします。


◯委員長(池田正文君) 次の質疑者に移ります。
 小松豊正委員。


◯委員(小松豊正君) どうも皆さんおはようございます。日本共産党の小松豊正です。順次、質問をしていきます。
 まず、決算書の192ページ、土木費についてお伺いしていきます。まず1つは、先ほども出ましたけれども、1億3,000万円、逓次繰越、逓次はどういう意味でしょうか。


◯委員長(池田正文君) 駅周辺整備推進室副参事・鶴井君。


◯駅周辺整備推進室副参事駅周辺整備推進室長(鶴井重則君) ただいまの小松委員のご質問にお答えしたいと思います。継続費逓次繰越という逓次の意味でございますけれども、今回、駅周辺整備事業の中で、継続費ということで、平成24年度から平成26年度の3年間で予算を継続費という形で組ませていただきました。逓次というのは、3年間の中で、その金額が使える。通常の繰り越しですと、次年度しか使えないという内容でございますけれども、逓次の内容ですと、その事業の期間の中であれば、予算のものが使えるということで、その辺が繰り越しと違いまして、逓次という言い方をしているものでございます。よろしくお願いいたします。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 先ほどは繰越明許費がかなり多いという同僚、先輩委員の質問があったんですけれども、私は、土木費の予算現額が55億二千四百何がしに対して、最初に出てくるものが、不用額が3億2,360万6,682円となるんです。不用額は、事業をしなければならないものが、いろいろな土地買収とか何かがあって、繰り越すものとは違って、また、別な意味で、予算は与えたんだけれども、使えず、不用額ということになる額があまりにも多いと思うんです。この理由はどういうことでしょうか。説明をお願いします。


◯委員長(池田正文君) 都市建設部長・沼田君。


◯都市建設部長(沼田 耕君) 不用額が多いということでございます。こちらにつきましては、入札差金あるいは平成23年度からの繰越分、事業がなかなか進まないという形で、事故繰越になってしまうようなもの、あるいは、事業本体で予算内で事業そのものは完結したんだけれども、先ほど言いました差金等で出てきているというものが含まれるということでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 昨年の決算委員会でも質問をしたんですけども、ですから、これを見ていると、これからもやる必要があるものは繰越明許費で順次送っていくんだけれども、先ほど言われましたように、不用額が多いということは、予算を立てるときに、見通しが非常に大ざっぱ過ぎて、もう少し正確に予算を出してもらわないと、こういうふうにあまり多いと疑問を感じるんです。その辺は、もっと改善はできないものなんですか。


◯委員長(池田正文君) 都市建設部長・沼田君。


◯都市建設部長(沼田 耕君) この不用額は、それぞれの項目で積み上げた金額が、こういう形になってきているわけでございますけれども、私どもの仕事としましては、生活と非常に関連している事業が大半でございます。そういう中で、先ほど課長のほうからもありましたように、要望等は非常に多うございます。その中で、なるべく多くの要望に応えていきたいという中で、予算計上をしているわけでございます。そういう中で、こういう不用額が出てきているという結果でございますけれども、その辺については、ご理解いただきたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 私も、もう少し研究していきたいと思いますけれども、時間が限られているので、次に移ります。
 次に、決算書の194ページです。木の住まい助成事業700万円とあります。何人に助成したのかなど、この内訳を説明してください。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) 平成24年度は、20件でございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) この中で、700万円の収入といいますか、どこから持ってきて、こういうふうに使うのか。市の持ち出しは700万円の中で幾らですか。県とか、そういう助成があるのか。あったような気がするんですけれども、そのことでお伺いします。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) 20件のうち14件分が国の補助の対象となりまして、2分の1の補助でございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) ですから、そうすると、市の持ち出しは幾らになるんですか。つまり、これが700万円で、県から来て、実際にはもっと多い予算であったということに理解していいんですか。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) 700万円の2分の1、350万円が、補助に対する市の一般財源となります。
 先ほど20件と申しましたけれども、20件のうち14件が国の補助対象、6件が一般財源からの補助で、この6件分につきましては繰り越したということでございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 6件繰り越したから、つまり、14件が対象で、国がどうだと言っていましたけれども、国からは、平成24年度はどれくらいの助成があって、市はどれくらいお金を出して、県はどういう助成があって、やっぱり、そういう総合的な事業なんだということなのかどうか、その辺をはっきり説明してください。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) 木の住まい事業につきましては、1件に当たり50万円の限度額となっております。国の補助対象となります14件に対しまして、1件につき50万円、700万円を支出しております。うち、半分の350万円が国費でございます。残る6件分につきましては、1件につき50万円ですので、300万円になりますが、こちらを繰り越したということでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) だから、聞いていてわからないでしょう。要するに、国が350万円、残りが350万円で、これは市が出したわけでしょう。6件持ち越しとなると、700万円は、どういうふうにつじつまが合うんですか。それを言ってください。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) 平成24年度の木の住まい事業の申請を受けつけましたものが、20件でございます。うち、14件につきまして、国の補助の対象としまして、14件で補助金700万円、うち半分の350万円が国の補助、市からの持ち出しが350万円です。
 残る6件分につきましては、1件につき50万円ですので、300万円ということで、次年度へ繰り越しているということでございます。
 以上でございます。
                    〔私語あり〕


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) だから、これはあんまりやっていてもしようがないから、個々に聞いてもいいから、担当は、そうなるように、はっきり言ってもらわないと困るということです。
 次に行きます。決算書156ページ、災害救助費、建物借上料915万5,772円。どのような建物を、どのようなお金で借り上げたのか、その内容について説明を求めます。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) ご質問にお答えいたします。災害救助費でございますが、東日本大震災により、岩手県、宮城県、福島県の東北3県及び県内から、石岡市に避難されてまいりました方々を対象に、民間賃貸住宅を応急仮設住宅として借り上げ、期間を最長4年として、1世帯4人までの世帯が6万円、5人以上の世帯は9万円を限度に、市が契約を置きかえているものでございます。
 この事業は、100%国の補助によりまして、平成24年度の実績としましては、延べ世帯数で、福島県から10世帯、市内7世帯、市外1世帯の合わせて18世帯に対して、915万5,772円を支出したものでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 次に行きます。決算書の162ページ、合併処理浄化槽設置事業費補助金6,660万円、この説明、事業主体、場所、完成した日、ここを利用したのは、どういうところが利用しているのか、そういう内容について説明を求めます。


◯委員長(池田正文君) 下水道課長・飯田君。


◯下水道課長(飯田修久君) 合併処理浄化槽設置事業費補助金6,660万円でございます。この内容といたしましては、生活排水による公共用水域の水質汚濁防止のため、下水道事業及び農業集落排水区域以外に住んでいる方に、高度処理型合併浄化槽を設置する方に、予算の範囲内で補助を交付している制度ございます。
 内容といたしましては、国の補助金が3分の1、県の補助金が3分の1、市の補助金が3分の1となっております。現在、県の補助金につきましては、森林湖沼環境税が上乗せされております。
 内容といたしましては、5人槽が55基、1基当たり66万4,000円でございまして、3,652万円。7人槽が36基、1基当たり70万2,000円で、2,527万2,000円、10人槽が4基、75万2,000円、300万8,000円。単独槽の撤去費20基、9万円、180万円が合計額となっております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 補助金を受けている対象は、数はどのくらいと考えればいいんですか。


◯委員長(池田正文君) 下水道課長・飯田君。


◯下水道課長(飯田修久君) 先ほど述べました55基が、55戸、1世帯という考えでしていただければと思います。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) わかりました。
 次に、決算書200ページですけども、急傾斜地崩壊対策事業負担金328万8,000円です。これについても、何を、どういうことを、どういう規模で、どのようにやったのか説明をお願いします。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) 急傾斜地崩壊対策事業328万8,000円でございます。こちらの事業につきましては、県で進めております石岡市の北根本地区の崖の整備事業の負担金でございます。毎年、茨城県が事業主体で行っておりまして、その整備事業費の10分の1を市が負担しているものでございます。
 当初予算では300万円を計上しておりましたが、年度内で工事の進捗にあわせて、28万8,000円ほど工事費が増えたものでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) わかりました。
 次に、208ページです。賃貸住宅ストック活用事業補助金633万8,400円。これも、どういう内容などについて、どのように使ったのか説明してください。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) 賃貸住宅ストック活用事業につきましては、公共交通機関の利便性を生かし、石岡市、駅周辺の中心市街地における民間賃貸住宅を活用しまして、高齢者や障害者、子育て世代向けの住宅として提供し、中心市街地における定住人口の増加と確保を目的としまして、家賃の減額補助を行うものでございます。
 平成24年度末の実績としましては、17世帯に対し633万8,400円を賃貸住宅ストック活用事業補助金として支出をしております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 次に移ります。予算書の309ページ、310ページです。下水道事業について質問いたします。歳入の点で、受益者負担、当初予算額が4,898万6,000円となっておりますけれども、調定額になりますと2億2,136万4,750円となっているんです。なぜこんなに食い違うというか、どういうふうなことで、当初考えた予算が、実際の調定額として、こういうふうになってくるのか。この事情について、よくわかるように説明をお願いします。4.5倍になっています。


◯委員長(池田正文君) 下水道課長・飯田君。


◯下水道課長(飯田修久君) 当初予算におきましては、新規に賦課される方につきまして計算をいたしまして、過年度分におきましての調定額が大きくなっております。過年度分の合計が、流域関連公共下水道事業費負担金3,721万7,250円、公共下水道負担金におきまして1億9,733万3,000円、この分の過年度分が加算されますので、調定額として増えるようになっております。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 流域下水道と都市下水道の関係で、こういうふうに増えることは、過年度分が入るからだと理解したんですけども、それは期日の関係で、そうせざるを得ないという事情があるんですか。過年度分の入る時期の計算するのが遅れるから、いつもこういうふうに膨れ上がるということになるんですか。つまり、当初の予算額に個々に推計できないものなんですか。


◯委員長(池田正文君) 下水道課長・飯田君。


◯下水道課長(飯田修久君) 資料が整い次第、お答えしたいと思います。済みません。


◯委員長(池田正文君) 都市建設部長・沼田君。


◯都市建設部長(沼田 耕君) 過年度分と現年度分ということでございます。こちらにつきましては、大まかに現年度分については、もう98%程度の収入があるわけでございますけれども、過年度分、積み残し分でございますけれども、その分について、督促等を含め、回収を行っているわけですけれども、その分が大きいということで、こういう未収入部分が出てきてしまうということでございます。
 この分についての督促を含め、あるいは、訪問等で行っているわけでございますけれども、県外に移住された方、あるいは、アパートが特に多かったですけれども、そちらの方からの収入で、住居がなかなかつかめない、督促を出しても戻ってきてしまうという状況がございます。そういう中で、未収入分が出てきてしまうということでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) だから、結局、督促、つまり、どれだけの人が受益者負担金を払ってないのかわかるわけでしょう。だから、そういう点で、それをどれくらい調定額に見込めるかということは、当然、一定の根拠を持って掲げることができると思うんだけれども、こんなに違うと、一体何をやっているのかなと、そういうことを全く考えていないのかなともなるので、この辺は改善してもらう必要があるのではないかと思うんです。どうでしょうか。


◯委員長(池田正文君) 下水道課長・飯田君。


◯下水道課長(飯田修久君) 過年度分におきましては、4月に調定を起こしまして、過年度の徴収が始まります。それにつきまして、その累積が加算されますので、調定件数が多くなり、調定額が大きくなるものですから、当初予算におきましては、現年度という配分となりますので、あくまでも調定を起こしますので、予算の調定額が、予算書との差が大きくなるということでございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 改善する余地があると私は思います。それだけを言って、次に進みたいと思うんです。
 そういうことで、調定額が2億2,136万4,750円になるわけでしょう。収入済額が7,273万2,830円ということで、収入したものと収入未済額との割合は、3分の1と3分の2と、膨大に収入未済額が多いんです。これは、どうしてこういうふうに収入未済額が多いんですか。説明をお願いします。


◯委員長(池田正文君) 下水道課長・飯田君。


◯下水道課長(飯田修久君) 受益者負担金におきましては、下水道における区域分けされまして、工事が終了した区域におきまして、賦課しております。受益者負担金につきましては、使用する方に対して賦課するものでございまして、通知文等により滞納額を知らせ、納入するようお願いをしているところでございます。また、戸別訪問なども行って、納入するようにお願いしているところでございますが、なかなか納入してくれないという事情がありまして、未収入額となっております。
 以上であります。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) これは、つまり受益者負担ということで、この受益者負担のやり方に納得していない人が、かなり多い、納入のシステムに問題があるのか、単なるこんなに未収額が多いんだということでは済まないと思うので、この辺は、収入未済がこんなに膨れ上がる、もう少し収入済額が増えるというために、どういうことをやらなければならないと考えていますか。


◯委員長(池田正文君) 下水道課長・飯田君。


◯下水道課長(飯田修久君) 受益者負担金におきましては、公共下水道事業、八郷地区の未納、未収入額が大きくなっております。八郷地区におきましては、1億963万3,000円でございます。戸別訪問などによりまして、お伺いしたところによると、接続するときに払えばいいでしょうという考え、そういう部分もございまして、なかなかそのときに払っていただけるということにならないことがあります。そういう事情もございまして、意識の違いもあるのかなと感じております。今後とも戸別訪問等を行いまして、未収入額を減らしていきたいと考えております。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) ですから、今、言われましたように、受益者負担だから、結局、流域都市下水がどんどん増えていくわけなので、そのときに本人がよく納得するように、納得できないところは、納得できるように話し合うとか、最初の段階でよくやらないと、その食い違いがあれば、これが増えると思うんです。やっぱり、その辺での改善点はあるのではないかと思う次第です。
 以上で私の質問を終わります。


◯委員長(池田正文君) 暫時休憩いたします。10分程度といたします。
                  午前11時06分休憩
           ───────────────────────
                  午前11時20分再開


◯委員長(池田正文君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次の質疑者に移ります。
 玉造由美委員。


◯委員(玉造由美君) ありがとうございます。
 私のほうからは、2つほど質問したいと思っておりましたが、先ほどの同僚委員の質問と同じ質問項目になっているんですけれども、162ページの霞ヶ浦浄化対策経費の節19、合併処理浄化槽設置事業費補助金の6,660万円の項目でございます。
 先ほど、国、県、市の補助率が3分の1ずつということで、浄化槽に対しての個人負担はないというお話で、また、平成24年度は5人槽が55基、7人槽が36基、10人槽が4基ということで、合計で95基が取りつけられたということでございますが、こういう合併浄化槽は、どういう方が取りつけることができるのか、そういった設置基準をお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 下水道課長・飯田君。


◯下水道課長(飯田修久君) ご質問にお答えいたします。個人負担でございますが、あくまでもこれは合併処理浄化槽の設置のみで、宅地内の配管、また合併処理浄化槽から排出する管などにつきましては、個人での負担となります。
 合併処理浄化槽につきましては、定額でありまして、それ以上出た場合においては、個人負担となっております。
 また、合併処理浄化槽の設置基準でありますが、建築物の用途別によるし尿浄化槽の処理対象人員、算定基準などを参考にいたしまして、茨城県では一般住宅140平米以下につきましては5人槽、140平米を超えるものにつきましては7人槽、また、台所が2か所以上で、かつ浴室など2か所以上の場合には10人槽となっております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) ただいま、設置基準ということで、台所ですとか、浴槽ですとか、また、土地ですとかで、5人槽であるとか、10人槽であるとかという設置基準が決まるというご説明をいただきました。こういう合併処理浄化槽を個人がつけると、どこに、どのような方が設置できるのかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 下水道課長・飯田君。


◯下水道課長(飯田修久君) 設置される方ですが、下水道事業及び農業集落排水区域外におきまして、設置する方が申請いたしまして、予算の補助金内であれば、申請者に交付しております。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) ありがとうございます。
 公共下水道、農業集落排水の地域以外の地域の方で申し込みがあった場合に、予算内で設置ができるということで理解いたしました。
 次に、194ページの木の住まい助成事業で、この項目に関しましてもダブっているわけなんです。先ほどのご説明で大分理解いたしましたが、何件の申し込みがあったかということで、20件という説明でございましたが、20件ということは、受け付けされた数が20件ということで、申し込みあるいは問い合わせといったものは、どのぐらいの方の問い合わせがあったのかをお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) 申し込み件数については把握しておりますが、問い合わせ件数につきましては、手元に資料がございませんので、後ほどご答弁させていただきます。申し訳ございません。


◯委員長(池田正文君) 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) ありがとうございます。20件の申し込みがあったということで、20件全ての方に支給されたということなのかと思うんですけれども、6件は繰り越された分ということで理解しております。
 この助成は、どういう方が受けられるのかを、もう一度確認をさせていただきたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) それでは、補助の対象となる建物及び対象者についてご説明申し上げます。まず、建物の対象となるものでございますが、在来工法によるもの、土台、柱、壁、小屋組みなど、木造軸組工法であること、茨城県で行っております、いばらき木づかいの家推進事業の補助対象外であること、工事及び設計等の契約を、市内に本社あるいは本店のある事業者と契約をしていること、申請している方、本人が居住する建物であること、延べ床面積が70平方メートル以上であること、また4月1日以降に確認済書が交付されるもので、検査済書が交付されるものであること、これらが建物に関する対象でございます。
 また、その対象者としましては、市税に滞納がない、転入者の方につきましては、子育て世帯、中学生以下の子がいる世帯ということになっております。
 助成内容としましては、建築費用の10%以内で、限度額が50万円でございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) 大変よく理解できました。ありがとうございました。
 以上で私の質問を終わりにいたします。


◯委員長(池田正文君) 次の質疑者に移ります。
 菱沼和幸委員。


◯委員(菱沼和幸君) 公明党の菱沼和幸でございます。平成24年度の歳入歳出決算、都市建設委員会所管の部分において質問させていただきます。
 194ページの道路管理事務費965万9,418円の中の道路台帳補正委託料549万1,500円ということで、これについてお尋ねしますが、昨年、平成23年度の決算では903万円、本平成24年度の予算では955万5,000円ということで、減額された理由なんですけど、入札差金もあるかと思うんですけれども、減額された内容と委託先をお尋ねしたいと存じます。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) お答えします。道路台帳補正委託料につきまして、毎年、市のほうで管理しております、道路台帳の整備でございます。平成23年度より減ということでございますが、道路の改良など道路に変化があったため、減額したものでございます。道路の改良、道路の整備、道路の新設、道路の廃止といったものが、平成23年度より少なかったということで、減額となったものでございます。
 道路台帳補正業務の委託先でございますが、石岡地区については国際興業株式会社、八郷地区については株式会社GIS関東でございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 菱沼委員。


◯委員(菱沼和幸君) 了解しました。
 次に移ります。次に、同ページなんですけれども、建築指導事業の中の木造住宅耐震改修促進事業28万円ということで計上があります。当初予算では、木造住宅耐震改修補助金ということで、500万円が計上されておりました。しかしながら、今回の決算では、この500万円の計上もありませんで、この状況として、市民の方の周知、実際、この事業がなかったというわけでございますが、そういう中で、予算には500万円ということで計上されておりましたけれども、どのような周知を市民の方にされてきて、最終的になかったのかお尋ねしたいと存じます。


◯委員長(池田正文君) 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) 木造住宅耐震改修促進事業につきましては、一般の耐震診断につきましては8件ほど実績がございますが、残念ながら、耐震改修補助のほうにつきましては、ご利用される方がおりませんでした。
 こちらの事業は、精密診断を伴うものということで当初考えておりまして、精密診断の費用がなかなか高いということで、一般診断から耐震計画で、何とかこの事業がつかえないかということで、今現在、検討しているところでございます。
 なお、一般診断を受けられた76人の方を対象に、アンケートをとってございます。この中で、35.53%の方が耐震化を行った、あるいは検討をしているというお答えをいただいておりますので、若干ではございますが、耐震化に、ある程度は結びついているのかなと考えております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 菱沼委員。


◯委員(菱沼和幸君) 現状としまして、今、課長のほうから答弁がありましたけど、一般診断ということで、76人の方が受けられて、アンケート調査も35.53%ということで、そういったアンケートもとられているということにおいては、内容的には了解しました。
 ただ、私が思うには、事業という部分において、せっかく予算化した事業でございますので、そういう意味において、やっぱり、市民の皆さんにしっかりと周知徹底をして、一つ一つの事業をやっていくことが重要なのかなと私は思いますので、そういう部分において、今後しっかりと検討していただいて、事業の効率性、また、市民の方に使っていただけるような事業を展開してもらいたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
 次に移ります。198ページに、土のう製作等委託料ということで、28万1,400円が計上されてございます。最近は、ゲリラ豪雨、集中豪雨ということで、石岡市には危険箇所といいますか、浸水エリアということで、17か所、危険箇所がございます。そういう中で、土のうという部分において、やっぱり非常に重要な役割、雨水対策の部分においては、非常に重要な土のうの製作だと思います。
 そういう中で、土のう製作等委託料ということで、実際、28万1,400円で何個の土のうを使われて、実際、何か所に基本的につくられた土のうをきちんと配って、住民の方に対応したのかお尋ねしたいと存じます。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) お答えします。ただいま委員が述べられた土のう製作委託料でございますが、最近、豪雨がございます。そうした中で、土のうの製作について、随時、市の職員が製作のほうを行って、その都度、住民からの要請に応えているところでございます。
 今回の土のう製作委託料の28万1,400円につきましては、年度当初に碁石沢地内の柵渠水路がございまして、そちらののり方が崩れるということの被害を受けました。田の耕作にも支障があるということで、緊急的に柵渠水路に土のうを設置した製作の委託料でございます。330個ほどの土のうを製作して設置したところでございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 菱沼委員。


◯委員(菱沼和幸君) ありがとうございます。土のうという意味においては、やっぱり、非常に重要でありまして、今、日本でも、さまざまな土のうが開発されております。実は、基本的に、土のうも水につけると、その土のうが膨れ上がって、そういう意味においては、ただ、普通の土を詰めるというだけではなくて、さまざまな土のうのメーカーがありますので、そこら辺もしっかりと調査研究をしていただいて、地域に合った土のうを使っていければ、一番いいのかなと思いますので、今後そこら辺を研究していただければと思います。よろしくお願いします。
 次に移ります。次に、200ページ、交通安全施設整備事業ということで1,364万3,700円ということで、交通安全対策、ガードレールとか、さまざまな部分で使われていると思うんです。今回、1,364万3,700円に対して、主な工事、内容についてお尋ねしたいと存じます。あと、場所です。さまざまな地域で使われていると思いますけど、主な場所とその工事内容をお尋ねしたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) お答えします。交通安全施設整備事業の交通安全対策工事でございますが、児童や生徒等、歩行者や自転車が安全に利用するため、歩道の新設、既設の歩道の改修、安全に通行できる施設の整備を行う事業費でございます。
 今回の1,364万3,700円の内訳でございますが、主に道路のセンターライン、区画線、また、一部、点字シートも設けました。
 石岡地区、八郷地区の内訳でございますけれども、石岡地区については4地区、八郷地区についても4地区、計8地区を整備しました。石岡地区、4地区については、旭台三丁目、府中二丁目、旭台二丁目、2か所、八郷地区については、小幡地区、山崎地区、根小屋地区、宇治会地区でございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 菱沼委員。


◯委員(菱沼和幸君) 今、交通安全対策ということで毎年、各地域からも、さまざまな要望が上がってくると思います。それによっては、交通安全、子どもたちの通学路でもあるし、また、歩行者、自転車も含めて、さまざまな要望も出されてくると思います。安全安心な道路整備においても、非常に重要な交通安全の事業だと思っておりますので、引き続き、継続して、各要望が上がってきた段階で、精査をして、実行に移してもらえればいいかなと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
 同じページです。橋りょう維持費ということで、橋りょう長寿命化修繕計画策定委託料ということで、1,235万1,150円ということで計上がございます。予算書では575万9,000円ということで、659万2,150円の増額になっているわけでございます。当初予算から増額された理由と委託先をお尋ねしたいと存じます。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) 橋りょう維持費の1,235万1,150円でございます。こちらは、市が管理する橋りょうの老朽化増大に対応するため、平成25年度までに橋りょうの長寿命化計画を策定することで、予防的な修繕及び計画的な架け替えを行う事業でございます。
 平成21年から23年度にかけて、計画策定に向けた橋りょうの点検等を行ってきました。平成24年度より橋りょうの長寿命化を策定した次第でございます。今回、補正として743万6,000円を増額したわけでございますけれども、こちらについては、国の大型補正を受けて新規事業となりまして、3月の補正で対応してお願いしたところでございます。道路ストック事業の中の橋りょう点検整備事業でございます。こちらについては、26橋を選定しまして、延長180メーターの点検・整備するための補正増額分でございます。
 また、繰越明許の910万円でございますが、先ほどの補正と同じ内容でございますが、国の大型補正のため、3月議会で承認をいただきましたので、適正な工期を図るため、次年度に繰り越しをいたしました。現在は、この事業について委託を行い、一部、完了しているところもあるところでございます。
                〔「委託先」と呼ぶ者あり〕


◯道路建設課長(額賀 均君) 委託先につきましては、茨城県建設技術公社となっております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 菱沼委員。


◯委員(菱沼和幸君) 了解しました。次に移ります。次に、202ページの国道6号バイパス建設促進事業36万6,088円ということで、これは国道6号バイパス建設促進期成会負担金ということで、30万5,000円ということも掲載されているわけでございます。
 この6バイについては、私も何回も予算、決算で、必ず質問させていただいているわけです。昨年の8月、また、今年においても国交省に行かれていると思うんですけど、そういう中で、今回、6バイの期成会の皆さんが要望しに行っていると思うんですけど、その内容と、今、6バイについて、どのように進捗しているのかをお尋ねしたいと存じます。


◯委員長(池田正文君) 都市建設部参事・福田君。


◯都市建設部参事兼都市計画課長(福田嘉夫君) それでは、お答えをいたします。まず、国道6号バイパス建設促進期成会の活動内容でございますが、昨年度の活動内容につきましては、まず、同年4月、前年の活動内容を記載いたしました同期成会の広報紙等を配付してございます。
 次に、5月15日、石岡プラザホテルにおきまして、29名の出席をいただき、通常総会を開催しております。
 また、6号バイパスの進捗状況や当該年度の予定などにつきましても、常陸河川国道事務所の方から、勉強会という形で報告を受けてございます。
 次に、同年8月7日でございます。第1回目の中央要望を実施してございます。当時、民主党政権下にございました国土交通省や財務省、並びに県選出の国会議員に対しまして、内容説明の上、要望書を提出してきております。参加人数が、総勢21名でございます。
 次に、翌平成25年2月14日、第2回目の中央要望を実施してございます。このときは、前年の暮れに衆議院総選挙が行われたため、自民公明両党による安定政権が発足をしたことにより、閣僚の顔ぶれも一新されたことから、急遽、本事業の要望活動を行った次第でございます。参加者につきましては、総勢22名の参加ということになってございます。
 要望内容につきましては、一般国道6号千代田石岡バイパス、かすみがうら市市川から東大橋までの区間5.8キロの整備促進、また、同じく、国道6号千代田石岡バイパスの未整備区間でございます9.9キロの早期事業化、同じく6号国道美野里バイパスの早期都市計画決定という3項目につきまして、要望をしてきたところでございます。
 その結果、当初予算6億円であった6号バイパス事業費に対しまして、5億6,000万円の大型追加補正がなされ、合計11億6,000万円の事業費となってございます。
 内容といたしましては、用地賠償を含む物件の補償費、また、工事につきましては、現在、東田中地区の常磐線をまたぐ高架橋の建設が進められているところでございます。
 次に、事業の進捗でございますが、平成24年度末で、用地の進捗率が約89%、全体の事業の進捗率が約59%だということで、国交省のほうからお伺いをしてございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 菱沼委員。


◯委員(菱沼和幸君) ありがとうございます。今の6バイについて詳しく説明をいただきましてありがとうございます。
 実際、用地買収においては89%が済んでおりまして、全体の事業に対して59%が進捗されているということであります。現状、反対者の方もいらっしゃるということにおいては、まだ、なかなか難しいという部分もあると思いますし、また、さまざまなことはあると思います。
 しかしながら、6バイは、誰もが望んでいる、また1日も早く開通できるような部分が望ましいと思っております。そういうところにおいて、さまざまな地域の方からも、反対も含めて、なかなか進まないということも、いつになったらできるんだということで、市民の方からも強い要望があるわけですけれども、そういう中で、6バイについて、しっかりと1日も早くバイパスが開通できるような部分で取り組んでいただければと思います。
 太田国交大臣も、6バイについては、しっかりと取り組んでいきたいということで、答弁もされておりますので、そういう意味においては、確かに時間はかかると思うんですけれども、1日も早い状況の中で、開通できるように努力してもらいたいと思います。よろしくお願いします。
 次に移ります。204ページ、先ほど同僚議員のほうからもありましたけれども、合併市町村幹線道路ということで、先ほど、答弁で、用地買収も含めて、なかなか困難である。繰越明許ということで、先ほど答弁があったわけでございます。
 5路線においては、なかなか進んでこないということが現状だと思うんですけれども、そういう中で、合併特例債は。当初10年ということで、平成27年が工期だったんですけれども、国のほうで5年間の延長がありまして、平成32年までに延びているわけでございます。
 そういう中で、この5路線は、実際、なかなか用地買収ができないという状況においては、非常に難しいかと思うんですけれども、その中では、今の現状として、用地買収の各5路線に対して、今、進捗率は何%か。その全事業に対して、何%の進捗をされているのか。わかる範囲の中で、お答えいただきたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 都市建設部参事・福田君。


◯都市建設部参事兼都市計画課長(福田嘉夫君) お答えをいたします。合併特例債事業6路線の進捗についてご説明を申し上げます。
 まず、貝地・高浜線でございますが、事業費のベースの進捗状況で9.5%でございます。こちらにつきましては、用地交渉を平成24年度から行っているところでございます。
 次に、村上・六軒線でございますが、44.8%の進捗率となってございます。こちらにつきましても、平成23年度から用地買収を行っておりまして、一部、工事に着手しておるところでございます。
 次に、上林・上曽線でございますが、58.2%の進捗率となってございます。こちらにつきましては、やはり平成20年度から買収を行っておりまして、工事のほうも着々と進んでおることから、現在の執行状況となってございます。
 次に、美野里・八郷線でございますが、進捗率が73.6%となってございます。こちらも平成20年度から買収を行っておりまして、用地買収がかなり進んでおるとともに、工事の促進が図られるということもあって、この進捗状況となってございます。
 続きまして、駅前・東ノ辻線でございますが、60.1%の進捗率となってございます。こちらにつきましても、用地買収がかなり進んでおりまして、工事のほうも着工しておりますことから、60.1%の進捗率となってございます。
 最後に、新治・八郷線でございますが、工事のほうは完了いたしまして、県への委託事業を残すのみとなってございまして、進捗率が96.9%となってございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 菱沼委員。


◯委員(菱沼和幸君) ありがとうございます。現在、6路線、貝地・高浜線が9.5%。村上・六軒線が44.8%、上林・上曽線が58.2%、美野里・八郷線が73.6%、駅前・東ノ辻線が60.1%、新治・八郷線が96.9%ということで、そういう状況において、特に貝地・高浜線という部分においては、なかなか進んでいないということが現状だと思います。そういう意味において、貝地・高浜線は重要な路線だと思っておりますので、合併特例債事業の中で、進捗率を常にチェックをしながら、市民の皆さんのご理解もいただけるような取り組みをお願いしたいと思います。
 次に移ります。206ページの公園維持管理経費の中の公園長寿命化計画策定委託料308万7,000円についてお尋ねします。予算では467万3,000円ということで、160万円近くの減額になっているわけでございます。先ほどと同じように、入札差金もあるのかと思うんですけれども、この内容について、実際、建物、また遊具関係の長寿命化するための計画だと思うんです。そういう中で、計画策定の委託先、長寿命化計画の内容についてお尋ねしたいと存じます。


◯委員長(池田正文君) 都市建設部参事・福田君。


◯都市建設部参事兼都市計画課長(福田嘉夫君) お答えをいたします。公園長寿命化計画策定委託料でございますが、こちらにつきましては、昨年度、子どもや高齢者をはじめ、誰もが安心して利用できる都市公園の整備を推進するということで、今後進展するであろう遊具の老朽化に対する安全対策の強化及び修繕・更新の平準化を図る観点から計画をしておるわけでございます。
 平成24年度につきましては、その予備調査といいます計画の対象とする公園施設についての現地調査、実際の設置状況や利用状況、劣化や損傷の状況を把握するための調査を行ってございます。金額が308万7,000円、委託先が水戸市城南にございます、昭和株式会社茨城支社でございます。なお、減額理由については、入札差金となってございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 菱沼委員。


◯委員(菱沼和幸君) 公園の長寿命化計画においては、やっぱり、公園も非常に憩いの場ということになりますので、そういうことを含めて、しっかりと長寿命化計画の策定をお願いしたいと存じます。
 最後になります。最後に、272ページ、道路橋りょう施設災害復旧費6,340万4,964円で、工事内容についてお尋ねしたいと存じます。


◯委員長(池田正文君) 道路建設課長・額賀君。


◯道路建設課長(額賀 均君) 道路橋りょう施設災害復旧費の工事の内訳でございます。震災より被災した道路及び排水の災害復旧費でございます。石岡市鹿の子四丁目地内の現場と総社一丁目地内、府中一丁目地内、計3地区の箇所の復旧工事でございます。
 鹿の子四丁目地内は、柏原消防署裏の市道1401号線道路災害復旧工事としまして、地盤改良、道路舗装など、合わせて5,134万464円でございます。また、総社一丁目、市道A1186号線、同じく道路災害復旧工事に861万円。府中一丁目地内の排水路の災害復旧工事345万4,500円、合計6,340万4,964円の内訳となってございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 菱沼委員。


◯委員(菱沼和幸君) ありがとうございました。以上で終わります。


◯委員長(池田正文君) 先の玉造委員の質疑に対し保留いたしました答弁について、その準備が整ったとのことでございますので、ここでその答弁を求めたいと思います。
 建築住宅指導課長・舟橋君。


◯建築住宅指導課長(舟橋 伸君) 先ほど、玉造委員からご質問がございました、木の住まい助成事業の問い合わせ件数でございますが、平成24年12月の時点で71件の問い合わせを受けております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 以上で都市建設委員会所管の質疑を終結いたします。
 暫時休憩いたします。午後1時30分から会議を開きます。執行部はご退席願います。お疲れさまでございました。
                  午前11時58分休憩
           ───────────────────────
                  午後 1時30分再開


◯委員長(池田正文君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 次に、教育福祉委員会所管の範囲の審査を行います。
 説明員の入れ替えを行いましたので、各委員にはご承知おき願います。
 なお、執行部に申し上げます。執行部におかれましては、説明員として出席しているわけでありますから、質疑に対しては迅速かつ的確に答弁されますようお願いいたします。
 それでは、これより、本日議題としております平成24年度各会計決算のうち教育福祉委員会所管の範囲に対する質疑を行います。
 関口忠男委員。


◯委員(関口忠男君) 最初に、84ページの学校給食納付金の過年度分101万9,815円、毎回、決算のときには給食費のことを聞いているんですけど、今回もやはり気になるので、質問をさせていただきます。
 金額的には前年度より半分ぐらいにはなったんですけど、現在でも何世帯ぐらい滞納している人がいるのかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・内田君。


◯教育委員会事務局参事兼学校給食課長(内田栄市君) お答えいたします。学校給食納付金過年度分の101万9,815円の収入額でございますが、現在、未納者数として、世帯数として200世帯ほどございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) そうしますと、平成23年度決算は238万円ぐらいあったんですけど、100万円以上減っているので、多分、納付されたんだと思うんですが、年度が一番古いものを納付された方がいると思うんです。平成20年度の分か、21年度の分か、22年度の分かわからないんですけど、その何年度分の一番古いものが、平成24年度に納付されたかわかりますか。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・内田君。


◯教育委員会事務局参事兼学校給食課長(内田栄市君) お答えいたします。平成24年度で、平成16年度の納付者もございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) 随分前のものも払っていただいたということで、昨年の決算でも、滞納について、どういうことをやっていくんだということをいろいろ話したと思うんですが、答弁もいただきました。その中で、新しく滞納収納のために、何か取り入れたことはあったんですか。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・内田君。


◯教育委員会事務局参事兼学校給食課長(内田栄市君) お答えいたします。新しくと言っては、語弊があるかもしれませんけれども、訪問徴収を、平成24年度において、土曜日も含めまして、年間で15日間ほど実施いたしました。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) 平成24年度未済額2,225万885円を見ますと、前年度より180万円ほど増えているんです。未済額の総額、滞納の総額は幾らになりますか。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・内田君。


◯教育委員会事務局参事兼学校給食課長(内田栄市君) 現年度分と過年度分を合わせますと、2,225万885円でございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) 平成24年度、単年度ではなくて、累計です。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・内田君。


◯教育委員会事務局参事兼学校給食課長(内田栄市君) ただいま申し上げました数字で、累計、過年度分と現年度分を含めまして、2,225万885円です。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) そうすると、平成24年度の金額は累計できているということで説明をもらったんですが、1世帯で、一番多い家庭で、金額はどのぐらいありますか。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・内田君。


◯教育委員会事務局参事兼学校給食課長(内田栄市君) お答えいたします。過年度分で1世帯で、今、一番多い家庭において、53万9,781円でございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) 前に差し押さえも考えているよという答弁をいただいているんですけど、そういう差し押さえをした例はあるんですか。ありましたら、説明をいただきたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・内田君。


◯教育委員会事務局参事兼学校給食課長(内田栄市君) 過去をさかのぼってみましても、差し押さえという部分は実施したことはございません。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) そうしますと、滞納になりますと、額が大きくなりますと、食材に影響するよということですよね。その辺は、業者の努力で、カロリー的、メニュー的に、まだまだ給食センターとしては、やっているという状況なんでしょうか。それとも、もう大変厳しい状況なのか。どちらなのかお伺いをいたします。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・内田君。


◯教育委員会事務局参事兼学校給食課長(内田栄市君) お答えいたします。現在のところ、賄い材料費の中で、現状においてやっていける部分であります。ただ、最近、円安の影響もありまして、主食の値上がり等も若干ございますので、そういう面では厳しいという部分も、最近出てきました。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) 何とか滞納が増えないように対策をしていただきたいと思います。
 次に移ります。これは、介護保険のほうです。決算書の352ページ、認定審査事務費について質問をいたしたいと思います。平成24年度の年度末の時点で、要介護認定者は何人ぐらいいたんでしょうか。よろしくお願いします。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) お答えいたします。トータルで3,881名になっております。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) 済みません、平成24年度中に増えた認定者数、逆に平成23年度でとめて、平成24年度で幾つになったかと聞けばよかったんですけど、平成24年度中に認定者はどのぐらい増えましたか。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) 平成23年度が3,632名、平成24年度が3,881名となっておりますので、以上が増えている件数になります。251名が増となっております。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) その前とか、ずっと資料ばあると思うんです。どうなんですか、平成24年度に急に増えたということはないですか。いつも大体250名ぐらいずつ認定しているということでよろしいんですか。それとも、最近になって増えたとか。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) お答えいたします。新規の部分につきましては、増えているのは、現状でございます。ただ、更新ということで、期間がありまして、半年から1年、最高2年まで、更新時期にかなってくるものですから、一概には言えないですが、新規が増えているという現状でございます。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) 石岡市の傾向を聞いたんですが、介護認定を受けた方が、介護施設に入所している割合というか、平成24年度の現状です。認定を受けて、介護施設に入っている人の数を説明いただきたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) 今、手持ちに資料がございませんので、後ほど答弁させていただきたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) 今わからないのでは、これもわからないかもしれませんが、なおかつ、石岡市内の介護施設に入所された人数も、あわせて後で報告してください。
 以上で質問を終わります。


◯委員長(池田正文君) 次の質疑者に移ります。
 村上泰道委員。


◯委員(村上泰道君) 村上でございます。よろしくお願いいたします。私から、教育福祉委員会所管部分に関しましては4点お尋ねしたいと思います。よろしくお願いいたします。
 まず、決算書132ページでございます。民生委員等経費につきましてお尋ねしたいと思います。評価シートとあわせてお尋ねして参りたいと思います。平成24年度の評価シートを拝見いたしまして、民生委員・児童委員、地域の民生委員の方は、通常、定員が151名、児童委員が11名ということで、合計162名と認識しておりますが、こちらの最終目標、実績値で159名となっております。こちらの数値についてご説明をいただきたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) 実績値のほうが159名ということでございますけれども、現在、定員が162名の中で亡くなれた方、死亡の方が3名おられまして、実績が159名となっております。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) その3名の方は、いずれも民生委員の方ということでよろしいんでしょうか。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) はい、いずれも民生委員・児童委員の方です。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) では、現在、欠員が出ている状態なのか、補充されておるのか確認したいと思います。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) はい、今現在、欠員となっております。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) あわせて、定例会出席率について87%ということで、そうしますと、約20名の方が欠席しておると、こちらで理解できるのですが、そういった方々へのフォローというのは、実際どのようにされておりますでしょうか。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) こちらは、定例会が毎月1回ほどあります。その中で、各1人が全部出れば、12回出席となりますので、それをトータルしますと、皆さんのトータルで87%となったということでございます。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) わかりました。そうしますと、先ほど、現状、3名欠員が出ておるということで、その方々の地域はどのような体制で取り組まれておるんでしょうか。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) 現在は担当地区の両隣といいますか隣接している地区の民生委員で担当をしていただいております。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) 民生委員の方々にやっていただく仕事、活動内容は、大変多岐というか、詳細になるかと思うんですけれども、隣接されている方々がフォローし合うということは、例えば、何か事由があったときに、隣の人が行ってくれるかいいやとか、お見合いしてしまうようなことはないんですか。きちんと、このエリアは誰々と決められているのかどうかお尋ねします。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) 民生委員の地区が幾つかに分かれておりますので、その分かれている地区を、それぞれ担当を区割りしてお願いしている状況です。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) わかりました。そうしますと、先ほどの欠席の部分に関しまして、続きなんですが、こういった情報の伝達は、もちろんきちんとされておると思うんですけれども、欠席した場合とか、こういった欠員が出てしまっている場合の情報の伝達、例えば、引き継ぎ等は、どのようにされておりますでしょうか。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) まず、欠員となっている担当地区の情報に関しましては、それまで持っていた方の福祉票といいますか、個人ごとの情報がありますので、そちらのほうをまず分けるといいますか、持っていっていただいています。
 欠席した場合のそのときの情報は、事務局のほうで、会議資料であるとか、そういうものも持っておりますので、そちらのほうから情報伝達するような形をとっております。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) わかりました。今後の対応につきましては、総括でお尋ねしたいと思います。
 続きまして、2点目、156ページにつきまして、自立支援プログラム推進事業就労支援指導員報酬についてお尋ねしたいと思います。就労支援、平成24年度は週1回の訪問ということで認識しておりますが、まず、そちらの確認をしたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) 就労支援指導員の勤務状況でございますけれども、月に3回から4回の出勤ということで、平成24年度は行っておりました。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) ありがとうございます。こちらも評価シートとあわせてお尋ねしたいんですが、平成24年度の実績値、目標30件に対しまして7件ということで、目標達成が決して高いわけではないんですけれども、平成25年度は予算増額されて、力を入れてきたとは思うんですが、こちらの実績値について、どのように捉えておりますでしょうか。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) こちらにつきましては、就労支援指導員と、それぞれ面接などを行って、これからの企業における面接の仕方であるとか、履歴書の書き方から始まって、面接の仕方、当日の面接の受け方、そういうものについて指導などをいただいているんですけれども、なかなか自分の思ったところに就職できないということもありまして、結果的には7件になっております。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) 詳細につきまして、平成25年度と今後の方針ですので、総括で伺ってまいりたいと思います。
 続きまして、3点目でございます。260ページ、石岡運動公園維持管理経費につきましてお尋ねしたいと思います。こちらなんですけれども、関連して、歳入部分、58ページに石岡運動公園体育館使用料、多目的広場使用料、陸上競技場使用料ということで、平成24年度の数値が表記されております。平成24年度の予算におきまして、これらの各3か所の使用料、予算約620万円で、平成24年度の決算約600万円ということで、収入額は約97%ですので、ほぼ予定どおりかなと思うんですが、やはり評価シートを拝見しますと、利用者数、目標値17万8,000人、実績値14万27人ということで、利用者数が少ない、目標値に達成していない中で、使用料がほぼ達成できたと考えられるかなと思うんですけれども、まず、実績値の14万人の内訳をお尋ねしたいと思います。


◯委員長(池田正文君) スポーツ振興課長・吉川君。


◯スポーツ振興課長(吉川 隆君) それでは、お答え申し上げます。石岡運動公園体育館使用料ですけれども、減免も入れまして10万5,000人になります。多目的広場のほうは1万4,000人、陸上競技場のほうが2万2,000人程度の利用状況になっております。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) ありがとうございます。体育館利用者数が、14万6,000人のところが10万5,000人ということですので、目標数を達成できていなかったと思われます。目標値に達成しないのに、使用料が予定どおり、収入を上げられたということは、予定より使用料が高いと思えるのか、この辺の要因はどのように捉えておりますでしょうか。


◯委員長(池田正文君) スポーツ振興課長・吉川君。


◯スポーツ振興課長(吉川 隆君) 私、来て、まだ1年ですけれども、石岡市の運動公園の使用料が高いという話は聞いておりません。逆に安いのではないかという話は聞いております。ただ、免除の団体が少ないということで、収入のほうは上がってきたと考えております。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) ありがとうございます。そうしますと、利用実績が目標値を達成できますと、収入が高くなると考えられますので、利用実績の向上に向けた活動をぜひしていただきたいと思います。これは、今後の取り組みを総括のほうで伺ってまいりたいと思います。
 続いて、4点目でございます。264ページ、石岡小学校プール開放事業の中のプール管理委託料につきまして、まずは詳細を伺いたいと思います。


◯委員長(池田正文君) スポーツ振興課長・吉川君。


◯スポーツ振興課長(吉川 隆君) 石岡小プールの管理委託料でございますが、年度当初、4月1日から3月31日まで、入札による業務委託契約を結びましたが、施設の故障等がありまして、実際に稼動できたのは9月22日からということで、その間は管理業務のみということでした。当初、契約いたしましたのが1,627万5,000円ということでございましたが、150日間の休館を余儀なくされたため、684万6000円を減額して、942万9,000円という委託契約の内容になっております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 村上委員。


◯委員(村上泰道君) 詳細について伺いました。理解できました。
 以上で私の質問を終わります。ありがとうございました。


◯委員長(池田正文君) 先の関口委員の質疑に対し保留いたしました答弁について、その準備が整ったとのことでございますので、ここでその答弁を求めたいと思います。
 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) 平成24年度認定者数3,380名のうち、施設入居者数については776名でございます。割合につきましては、22.95%となっております。
 市外の数字につきましては、今もう一度、申し訳ありません。


◯委員長(池田正文君) 次の質疑者に移ります。
 岡野孝男委員。


◯委員(岡野孝男君) 56ページです。児童福祉負担金、保育所の保育料について、まずお尋ねいたします。過年度分も含めた調定額と収入済額となっているんですが、調定額3億4,499万8,240円、収入済額が3億3,126万4,450円、過年度分の徴収率はどのくらいになっているのか。ここに過年度分の603万5,770円と明記されておりますが、過年度分の徴収率はどのくらいになっているのか、まずお尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部参事・笹目君。


◯保健福祉部参事兼こども福祉課長(笹目 崇君) 過年度分につきまして、率で37.19%で、調定額は1,622万9,810円となります。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 過年度分については40%近くいっているので、それなりなのかなと思っております。
 不納欠損の120万9,240円は、どういうことで不納欠損をしたのかお尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部参事・笹目君。


◯保健福祉部参事兼こども福祉課長(笹目 崇君) 不納欠損につきまして、合計で7名の方の不納欠損がありました。その中で、生活困窮が2名、居所不明が3名、差し押さえ財産等がなしということで2名、合計7名の不納欠損でございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 今、説明を受けましたが、不納欠損について、保育所の保育料についての時効はどのくらいなのか。どういう時効中断を事務的にしてきたのかお尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部参事・笹目君。


◯保健福祉部参事兼こども福祉課長(笹目 崇君) 保育料につきましては、時効が5年となっておりまして、過年度の滞納者につきましては、電話催告、納税相談ということで、納税者の方に滞納額をお示ししまして、その時点で分納誓約などをお願いしまして、時効の中断をするような形で、現在も行っております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 今回の不納欠損の該当した方々は、過年度分の未納は、何年度の未納について不納欠損をしたのかお尋ねをいたします。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部参事・笹目君。


◯保健福祉部参事兼こども福祉課長(笹目 崇君) 年度でいきますと、平成11年度、1件、平成13年度、1件、平成14年度、1件、平成15年度、1件、平成16年度、1件、平成18年度、19年度と1件すつで7件になります。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) よくわかりました。不納欠損は、時効中断等をしながら、できるだけさせない、しないということで、今後ともお願いをしたい。いろいろ事情があって、保育料を滞納しているということだと思いますが、ただ、やっぱり、しっかり納めている方もいるわけですから、その辺については、十分に注意を払って、今後進めていただきたいと思います。
 次に移ります。次は、教育のほうに移ります。ページ数は30ページです。小学校の小学校費の中の学校建設費は、5億2,701万9,000円の繰越明許をしているわけですが、この内容と事由についてお尋ねをいたします。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・小松崎君。


◯教育委員会事務局参事兼教育総務課長(小松崎隆雄君) それでは、ご答弁を申し上げます。内容といたしましては、杉並、高浜小学校の屋内運動場の耐震化工事、北小の改築工事で、工事請負費5億1,089万7,000円と工事管理委託料1,549万8,000円、建築確認申請手数料62万4,000円を繰り越ししたたものでございます。
 繰り越しの理由としましては、平成25年度に予定しておりました杉並、高浜小学校の屋内運動場の耐震化、北小の改築工事について、国から平成24年度東日本震災復興特別会計予備費に係る学校施設環境改善交付金事業の前倒しの依頼がありまして、平成25年度、国の採択を申請している事業については、採択を約束するとの事務連絡がありましたので、平成24年3月に補正予算として計上したため、繰り越しになったものでございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) わかりました。
 続きまして、やはり、中学校費の中の学校建設費、繰越明許費2,000万円についての内容と事由についてお尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・小松崎君。


◯教育委員会事務局参事兼教育総務課長(小松崎隆雄君) まず、繰越明許の内容でございますけれども、八郷中学校校舎、北側の進入路工事の工事費でございます。繰り越しした理由としましては、武道館やグラウンドなどの外構工事の進入路として使用していたため、工事ができませんので、繰り越し工事を行いました。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) いろいろつながりがあって、まだ、北側の道路が通れないという状況で、これは困ったといえば、困ったことなんですけれども、まだ工事が進めないということで、当初、もう既にできているわけですよね。
 それは保護者の説明とか、あと、機械のほうの答弁等についても、多分、常任委員会でも、そういうことは説明があったと思いますが、結果として、繰越明許にならざるを得なかった。しかも、それ以外の工事が遅延したために、繰越明許になったということなので、今も子どもたち、学校の先生、保護者に、多大な損害といいますか、悪影響を与えているわけですので、これは教育委員会としての責任だと思っておりますので、今後、早急に進入路が完成して、当初の予定どおり使えるようにお願いをしたいと思います。
 次に移ります。344ページです。介護保険料についてお尋ねをいたします。まず、第1号被保険者介護保険料の過年度滞納繰越分調定額が7,124万1,050円、収入済額が558万3,270円という、収納率が7.8%という非常に低い額なんです。これの内容についてお尋ねをいたします。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) お答えいたします。収納率の低い状況でございますが、収納率の低い分につきましては、滞納整理などを行っている状況でございますが、現在のところ7.8%程度の収納率になっているということが現状でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 介護保険料については、多分、年金からの差し引き、振り替えということで処理していると思うんです。そういう形がほとんどだと思うので、でも、なおかつ、そういう滞納繰越という分が多いんですが、それについてはどうですか。どういうことですか。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) お答えいたします。特別徴収は、年金特別徴収のほうで、当然、年金のほうから引き落としということで、毎回引き落としができておりますが、やはり、年金が無給者の方につきましては、普通徴収となってしまうものですから、普通徴収のほうで収入ができないという状況になっております。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 滞納繰越分については、普通徴収ということですか。生保の方からも、介護保険料は徴収するということだと思うんですけど、生保は除いて、普通徴収の方が、これだけの滞納額になっているということですか。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) お答えいたします。生保は社会福祉課のほうにお願いいたしまして、介護保険料のほうはいただいているという状況でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) わかりました。普通徴収の方で、これだけの滞納があるということなんですよね。
 次、その中で、不納欠損は、平成24年度は1,123万4,890円ほどしているわけです。これは、どういうことで、不納欠損をしたのかお尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) お答えいたします。差し押さえできる財産がないことによる停止処分の方、生活困窮による停止処分の方、居所不明の方、その他、時効2年間ということで、その方のそういう事由により不納欠損しております。
 件数につきましては、差し押さえができる財産がない方につきましては40件で476万3,410円、生活困窮者によるものにつきましては49件で204万4,790円、居所不明による停止処分につきましては12件で73万9,120円、その他、時効を迎えた方が45件で387万4,970円となっております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 今の居所不明については、市民課と連携をとって、所在の確認などをしているのでしょうか。お尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) 居所不明につきましては、連携もとりますし、また、滞納整理を年2回実施しております。そのときに、所在地を確認いたしまして、その方がいるか、いないかということを毎年、調整しているという状況でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 介護保険料の第1号被保険者については、高齢ということもあって、確かに徴収の事務は大変だとは思いますが、やはり、これは全体の保険料がアップするということでありますので、今後も十分に努力をしていただきたい。
 還付未済金98万3,570円の内容と今後についてお尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) お答えいたします。還付未済金につきまして、介護保険は、大半が年金特徴のため、年金機構のほうから通知がありまして、返納通知書により還付という形をとっております。
 また、年金機構のほうは、通知までに約半年間かかるという部分がありますので、翌年度の歳出還付を行って対応したいと思っております。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) そういうことならば、還付未済金が残ってしまう。全く返せなくなってしまうということがあるのか。あったとすれば、どういう対応をしているのか、お尋ねいたします。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) 亡くなった方に対しては、一応、通知という形では送っております。その中で、何件かは、その後こちらにご連絡がありまして、細かい内容のほうを説明いたしまして、還付をしているという状況でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) もう一回、確認したいんですが、だから、還付未済金の還付をできなかったものはあるのか、ないのか。あるとすれば、それは、どう処理しているのかお尋ねいたします。ないなら、ないでいいです。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) 還付未済金は、現在あります。還付未済金につきましては、何度かお願いしているという状況です。還付未済金はあるということで、何度も通知のほうをお願いするということが現状でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) どのくらいあって、何年度前から、それはあるんですか。あるいは、どういうふうにして、それは保管しているんですか。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部次長・武熊君。


◯保健福祉部次長兼福祉事務所長(武熊俊夫君) 還付未済金のうち支払われなかったもの、その主なものは、死亡によりまして、なおかつ相続人が見つからない方は、システム上、管理してございます。
 ただ、還付未済金は現金ではなくて、会計の中に含まれて、繰越財源で今もなお保有している状況になっています。
 今後の話は検討させていただきたいと思います。相続人がいない方はどうしようもありませんので、額にすると、大きい額ではないんですが、システム上の処理が、今のところ、未済金の不納欠損という制度をとっていませんので、システム上そのまま残っている状況になっております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野孝男君) 自由にそういうものは使ってはいないと思いますが、しかるべき手続をとって、処理をされるようにお願いしたい。
 以上で私の質問は終わりにいたします。


◯委員長(池田正文君) 休憩いたします。10分程度といたします。
                  午後 2時23分休憩
           ───────────────────────
                  午後 2時36分再開


◯委員長(池田正文君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 初めに、先の関口委員の質疑に対し保留いたしました答弁について、その準備が整ったとのことでございますので、ここでその答弁を求めたいと思います。
 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) お答えいたします。市内の施設入所者の数でございますが、561名となっております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) そうしますと、介護認定を受けた中で、776名が介護施設に入所している。その中で、また561人が石岡市内。残りは、約200名ぐらいいますけど、ほかを希望した人もいると思いますが、石岡市に入れなくて、そちらへ行ったということで理解してもよろしいんですか。その辺の説明をいただきたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) 215名の方につきましては、老健という施設、医療型の施設の方、特別養護老人ホームも、市外の方もありますので、入れないということではなくと感じております。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) そうしますと、平成24年度は、介護認定を受けた方は、ほとんど待つことなく入れるという状況なんでしょうか。その辺は大丈夫ですか。待たずに、ほとんどが入れるんですか。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) 特別養護老人ホームにつきましては、入所判定会議を各施設のほうで行っております。現実にいきますと、入所判定会議の中で順番を決めている状況でございます。待っている方が非常に多いという状況でございますが、ただ、特別養護老人ホームにつきましては、1か所だけではなく、何か所も申し込みができますので、実質的に1つの施設だけに集中するということではなく、既に入っている方がまた違う施設に申し込んでいるという状況もありますので、まるっきり足りないということではなく、入っている状況と思っております。


◯委員長(池田正文君) 関口委員。


◯委員(関口忠男君) 石岡市は、県内の中でも施設が多いということで、そういったことで、保険料も高いです。ですから、当然、希望者は入りやすいのかなと思ったものですから。その辺、他市と比較してはどうなんですか。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課副参事・鈴木君。


◯高齢福祉課副参事兼介護保険室長(鈴木和彦君) 施設も多いということはありますし、他市と比べましては、非常に入りやすいかと思っております。


◯委員長(池田正文君) 次の質疑者に移ります。
 小松豊正委員。


◯委員(小松豊正君) 日本共産党の小松豊正です。順次、質問をしてまいります。
 まず、説明書の21ページです。この中で款ごとの歳出の一覧表の実績が載っているわけですけれども、民生費の場合は約94億円の予算減額で、支出済額が89億円で、予算残高が5億何がし残っている。予算の支出率が94.7%、支出済額構成比が29.9%ということになっております。
 今、高齢化社会に向かう中で、民生費にかかわる、やはり、そういう市民の期待は非常に強い、要望が強いということだと思います。要望があっても、なかなか行政のサービスにあずかれない方も多いということを聞きます。
 そこで、予算残高の5億何がしですけれども、これは決算書の130ページでは、全額、不用額になっております。せっかく予算現額として、こういう仕事をこの中にやろうと考えたのに、結果的には、やはり、残念ながら、これだけの多くの不用額になっている。こういう問題について、どういうことなのか。市民の希望とは相反しているという結果になっていると思うんですけれども、その理由について、明快な答弁をお願いしたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部長・佐藤君。


◯保健福祉部長(佐藤敏明君) ただいまのご質問は、主要施策説明書の21ページの民生費に係る予算残額の件と理解して、ご答弁申し上げたいと思います。
 いわゆる使わなかったお金が非常に多いことは問題ではないかという、ご質問の趣旨かと理解しておりますけれども、私ども、さまざまな事業をやっている中で、それぞれの事情を抱えながら、結果的に不用額を発生することが多うございます。何らかの意図があって、なるべく執行しないとか、そういうことではございません。個々の積み上げた結果として、こういった数字が出ているということが、現状でございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) ですから、予算を決めるときには、やっぱり、それ相応の前提条件の基礎的なデータがあって、それで、正式に予算現額を決めて、議会でも決めているわけです。それが、こういうふうに残るということは、やはり、それだけ予算とか執行の段階での緻密さが足りないといいますか、最初の段階からもっとそういう詳細な状況が必要と私は思うんですけども、この辺のことについては、どのようにお考えですか。


◯委員長(池田正文君) 副市長・田口君。


◯副市長(田口賢寿君) 財政をあずかる担当の立場から、一言ご答弁を申し上げます。当初予算につきましての執行状況につきましては、毎年のように、経費節減について、職員に伝達をしているところでございます。予算があるからといって、満額が使うということはあってはならないということで、当然、初期目的を達した場合の残額については、そのまま留保するようにということで指示してございますので、その辺のところのご理解をいただきたいと思います。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 私はそういうことを言っているわけではありません。税金ですから、それは当たり前のことです。やはり、税金が効率的に使われなくなった場合には、そういうものを正式に挙げて、別なものを使うということなんだけれども、あまりにも多い。ですから、予算を決める段階などにおいて、もう少し正確な対処を求めたいと思います。
 次に行きますけども、支出済額構成比が29.9%、つまり、民生費は、地方自治体として、地方住民の生活と福祉にかかわる行政ですから、この項目が高いのは、至極当然です。これだけの5億円を超える不用額になったために、3割を切るという結果になっております。
 予算に対しても、結果として、割合がどういうふうになっていくのかということが、石岡市の行政として、どれだけ市民の期待に応えているか、いないのか、1つのデータとして、私は注目をするものです。
 そこで、構成比の割合が、この4年間、どういうふうに推移しているのかを質問いたします。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部長・佐藤君。


◯保健福祉部長(佐藤敏明君) 現在、手元に資料がございませんので、整い次第、ご答弁を申し上げたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) その答えがあって、さらに、そのことについて質問したいと思います。
 次の問題に移ります。決算書の116ページ、過誤納還付金という言葉が出てまいります。これは既に報告されていることですけど、改めて行政用語、過誤納還付金と書いてあると思うんですけど、この意味を説明してください。


◯委員長(池田正文君) 暫時休憩いたします。
                  午後 2時47分休憩
           ───────────────────────
                  午後 2時48分再開


◯委員長(池田正文君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 今日は、そういうことなので、全体的な共通認識するために聞いていますけれども、過誤的、つまり、間違って、行政上の誤りがあって納め過ぎたものについて還付するという意味で理解しております。過誤納とありますけども、これを還付した人数について、これは幾つか項目に分けて、ここは社会福祉関係ですから、それに関する項目がずっと出てきますけれども、それぞれ還付した人数、どれくらいの方に、あるいは、過少をお聞きいたします。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) それでは、まず、過誤納還付金の障害者自立支援給付費負担金返還金についてご説明申し上げます。こちらの531万2,783円の内訳ですけれども、平成23年度障害者自立支援給付費負担金の返還金が生じましたので、これを返還するものでございます。当初の交付受入額が3億5,685万7,940円に対して、交付確定額が3億5,154万5,157円でございましたので、差引額の531万2,783円を還付金として戻すものでございます。国からの補助金、国庫負担金としていただいているものですので、国のほうへ返還するものでございます。
 続きまして、生活保護費国庫負担金返還金につきましては、平成23年度生活保護費国庫負担金の返還金でございます。生活保護事業に対する事務費負担金の精算といたしまして、交付の受入額が11億9,602万2,000円、交付確定額が11億2,270万9,273円、差し引きといたしまして、7,331万2,727円を国のほうに返還するものでございます。
 続きまして、118ページの障害者医療費負担金返還金につきましては、平成23年度障害者医療費国庫負担金の返還金が生じたので、国へ返還するものでございます。交付受入額が3,300万7,115円、交付確定額が2,140万495円、差引額として1,160万6,620円を国へ返還するものでございます。
 続きまして、生活保護適正実施推進事業補助金返還金でございます。こちらは平成23年度セーフティネット支援対策等事業費国庫補助金返還金といたしまして、まず交付受入額が273万7,000円、交付確定額が269万円、差引額として4万7,000円を国のほうへ返還するものございます。
            〔「翌年度精算の結果と比べて」と呼ぶ者あり〕


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) 失礼しました。翌年度精算の結果、この金額で返還するものでございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 確認したいんですけども、こういうふうに、つまり、国と石岡市との関係で、石岡市がもらい過ぎたから、国に返す。石岡市は、それを福祉関係者に渡してしまったんでしょう。それは違うんですか。その理解は間違いですか。市の段階でとまっていて、市民の間には、そういう被害はないという理解でいいですか。その辺の理解について質問します。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) 1度、国からいただいた補助金を使いまして、事業を行ったわけですけれども、それについて、確定後に国へ返還したということで、特に市民の皆さんからの返還はございません。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) これは、そもそも私どもに報告があったことは、ある市民の方から、この扱いが間違っているのではないかという指摘を行政側が受けて、そして、真摯に調べてみたらば、確かに間違いだったということで、総務委員会にもこういう間違いがございまして、これを是正しますということで、不幸中の幸いだったんだけれども、だから、行政側が初めから気がついて、自己点検して発見したというよりも、市民のある方から通報があって、それを調べたらば、そうであったというわけでしょう。だから、市民の方は、やっぱり、そういう関係者が、つまり、もらえるお金がもらえなかったとか、その辺のことでおかしいなと思ったことから自己分析が始まったと、文書で私は理解しているんだけど、それは違いますか。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部長・佐藤君。


◯保健福祉部長(佐藤敏明君) ただいまのご質問ですけれども、私ども、日々、いろいろ、さまざまな事業に関する申請などをいただきまして、その内容を精査し、要綱などに従って決定し、支出あるいは措置などをしております。そういった中で、何らかの誤りが発生する可能性もございます。その際には、一つ一つ精査をして、再発防止のために対応を考えまして、反省しながらやらせていただいているわけでございます。
 今回ご質問いただきましたものは、制度的に各年度にこういう予定でお金をいただきたいと申請をし、国からお金をいただいた。その確定した結果に基づいて、翌年度に精算するという仕組みになっております。
 ですから、例えば、3,000万円かかるよということで申請し、当該年度に3,000万円をもらった。しかし、年度確定後に2,500万円であったということで、翌年度に精算をするという仕組みになってございます。直接ご質問いただきました過誤納還付金は、誤解を大変招くかもしれませんけれども、そういった趣旨の予算でありますので、ご理解をいただきたい。個々の誤りに関しましては、真摯に受けとめて、対応してまいりたいと思います。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 続けて、先の小松委員の質疑に対し保留いたしました答弁について、その準備が整ったことでございますので、ここでその答弁を求めたいと思います。
 保健福祉部長・佐藤君。


◯保健福祉部長(佐藤敏明君) 先ほど答弁を保留した件でございますが、過去4年間分の民生費の支出済額構成比の推移についてご答弁申し上げます。平成24年が、先ほどご質問をいただいたとおり、29.9%でございますが、平成23年度は、同じ29.9%でございます。平成22年度は29.3%。平成21年度は28.5%。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 元に戻って、これは、私も、不幸中の幸いで、みずから正して、それはよかったと思っているんです。
 ただ、あの中に出てくる文章では、これが大変な誤りだったということの発端が、やはり、地方行政に携わっている皆さんから出たのではなくて、ある市民から出たと書いてあるでしょう。そのことがどういうことなのか説明してもらいたいんです。それが非常に大事なことなんです。


◯委員長(池田正文君) 暫時休憩します。
                  午後 2時58分休憩
           ───────────────────────
                  午後 3時00分再開


◯委員長(池田正文君) 再開いたします。
 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 次に参ります。総括などではっきりさせたいと思います。
 決算書の134ページ、老人福祉費も、途中、減額補正していますけれども、それでも不用額が六千六百何がし出ております。これもやはりどういう理由なのかを質問いたします。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課長・市塚君。


◯高齢福祉課長(市塚 稔君) 申し訳ありません。手元に細かい資料がございませんので、後ほどお調べ申し上げます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 時間が限られてきておりますので、別なところへ行きます。決算書150ページですけども、保育所費について質問いたします。保育士報酬2,185万1,150円。臨時保育士賃金7,283万4,372円。それぞれの人数と1人当たりの平均報酬または平均賃金の説明を求めます。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部参事・笹目君。


◯保健福祉部参事兼こども福祉課長(笹目 崇君) 保育士等の報酬ということで、報酬につきましては、勤務時間が週29時間以内の嘱託職員27名の方の報酬となります。この報酬につきましては、嘱託保育士が、時間950円、嘱託調理師が、時間900円、嘱託用務員が、時間800円となります。
 臨時保育士の賃金でございますが、勤務時間が、1日7時間45分で、週5日勤務の44名の職員の方に対しての賃金となります。内訳といたしまして、臨時保育士43名、臨時栄養士1名の計44名分でございます。
 賃金につきましては、臨時保育士、1時間当たり950円、臨時栄養士、1,200円、臨時調理員、900円という内訳となります。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 保育士と臨時保育士の福利厚生は、それぞれどういうふうになっていますか。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部参事・笹目君。


◯保健福祉部参事兼こども福祉課長(笹目 崇君) 臨時保育士の場合につきましては、給料面で社会保険が発生しますので、2分の1を市の負担、2分の1を個人負担ということで、社会保険のほうは支出させていただいております。
 また、休暇につきましては、臨時保育士の場合には、年間10日ということで、休暇のほうを取得するということになっております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 角度を変えて、保育士、保育にかかわる正規職員、また非正規職員というふうに変わってきた場合は、人数等、その待遇はどういうふうになると考えられますか。


◯委員長(池田正文君) 保健福祉部参事・笹目君。


◯保健福祉部参事兼こども福祉課長(笹目 崇君) 平成24年度の市役所職員が28名、これは保育士の部分です。臨時の保育士が35名、嘱託職員が18名、計81名の保育士で、平成24年度は行っております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 私は、一般質問の中で、同じ子どもを教育し育てる保育の現場で、同じところに正規と非正規という方がいらっしゃるわけであって、これはやはり正規の方向に是正して、そういう待遇面でも皆さんが連帯して、そういう仕事に当たるようにするべきだと言ったことに対して、市長は、そういうように一遍にはいかないけれども、漸次そのように努力するということが、私の質問に対する答弁でした。
 そういう市長の答弁が、どのように前進して、現在の執行状況になっているのか、副市長に質問したいと思います。


◯委員長(池田正文君) 副市長・田口君。


◯副市長(田口賢寿君) 保育士の確保につきましては、正職員につきまして、毎年、採用をしてございまして、この正職員の確保に努めているところでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) それでは答弁にならないわけです。ですから、そういう正規と非正規の2つあって、同じ場所に、同じ子どもを相手にしているわけで、その待遇などを見て、順次、正規に変えていくという答弁をしているんだけど、それがどのように執行されているかを聞いているんです。明快な答弁をお願いいたします。


◯委員長(池田正文君) 副市長・田口君。


◯副市長(田口賢寿君) 正職員につきましては、当然ながらその責任があるわけでございまして、その責任を全うできるような人員配置に心がけているところでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) これも答弁が非常に不明確です。ですから、また、これもしかるべきところで、総括などに市長が出てきますから、そういう場でもお聞きしたいと考えております。
 240ページです。学童保育指導員報酬8,016万776円とありますけども、学童保育指導員として、報酬を払っている男女別の人数、報酬の基準について説明を求めます。


◯委員長(池田正文君) 生涯学習課長・櫻井君。


◯生涯学習課長(櫻井俊充君) お答えいたします。放課後児童クラブについては、指導員が大体120名ほどおりますが、男子の指導員につきましては約4名、そのほかについては女子でございます。
 報酬につきましては、時間給でございまして、850円となっております。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) これも、やはり、もう少し上げてもらいたいという考えがあります。
 先ほど、石岡小学校プール管理委託料については、同僚議員が質問いたしました。
 八郷運動公園にもプールがありますよね。この管理委託料は330万7,500円ですけれども、管理委託料の内訳といいますか、何人ぐらいに対して、どういう内訳でこれを払っているのか質問します。


◯委員長(池田正文君) スポーツ振興課長・吉川君。


◯スポーツ振興課長(吉川 隆君) お答えいたします。八郷運動公園のプール管理委託料でございますが、これは夏場、去年ですと、7月14日から8月31日までの49日間、営業時間としましては、8時半から5時15分までということで、内容としましては、プール監視員、平日は5名、休日7名、清掃業務、水質検査業務、受付、料金徴収業務、ろ過装置の運転等を委託しているものでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 次に、136ページ、緊急通報システム用備品192万5,375円について、内容等について説明を求めます。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課長・市塚君。


◯高齢福祉課長(市塚 稔君) それでは、緊急通報システムについてご説明申し上げます。緊急通報システムにつきましては、65歳以上のひとり暮らし高齢者及び虚弱高齢者の世帯に、消防署への通報ができます通報装置を設置するものでございます。
 実績としましては、新規設置52台、新規購入35台、転用が17台で、設置52台となってございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 続けて、先の小松委員の質疑に対し保留いたしました答弁について、その準備が整ったとのことでございますので、ここでその答弁を求めたいと思います。
 高齢福祉課長・市塚君。


◯高齢福祉課長(市塚 稔君) 先ほどのページで申しますと、133ページから134ページの中で、老人福祉費で減額519万7,000円ということで上がってございます。これについてのご質問でございましたが、これにつきましては、介護保険特別会計の職員給与費等繰出金の中で、519万7,000円の減額補正が大きな理由でございます。これは、職員の給与分として、当初予算から減額した分の数値となってございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) それも質問しましたけども、6,631万435円が不用額となった理由を聞いております。あわせて聞いていますので、答えてください。


◯委員長(池田正文君) 高齢福祉課長・市塚君。


◯高齢福祉課長(市塚 稔君) これにつきましては、それぞれの事業の中で、不用が生じてございますけれども、大きくは、介護保険特別会計のほうの繰出金で不用ということです。これにつきましては、当初予算の中で推計しました算定数字から、実際の実績額の差が出てきているということで、このように大きな数字の不用が出ているということでございます。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 小松委員。


◯委員(小松豊正君) 一応、説明はわかりましたけども、さらにできるだけ精密な作業をお願いしたい。
 以上で私の質問は終わります。


◯委員長(池田正文君) 次の質疑者に移ります。
 玉造由美委員。


◯委員(玉造由美君) ありがとうございます。公明党の玉造由美でございます。よろしくお願いいたします。
 初めに、132ページの社会福祉等援護事業の節20の災害見舞金等支給費の60万円でございますが、予算額のほうが20万円でしたので、増額されておりますので、内容と理由をお伺いしたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) 災害見舞金等支給費60万円の内訳でございますけれども、平成24年度の実績といたしまして、こちらのほうは全焼の火災発生が10件ございました。こちらについて、1件当たり5万円で、10件で50万円、死亡された方が1名ございまして、そちらのほうに1件10万円ということで、10万円、合計で60万円。こちらのほうを見舞金として支出した次第でございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) ありがとうございました。
 次に、156ページの生活保護適正実施推進事業でございますが、その中の節1、レセプト点検員報酬51万9,000円がございますが、これの内容をお願いいたします。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) こちらは生活保護のレセプト点検員の賃金といたしまして、1人、1日8,000円、交通費として、1日650円をお支払いしております。1名の方で、8,000円掛ける60日で48万円と交通費ということで、合計で51万9,000円の支出となっております。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) ありがとうございました。1名の方で点検ということでございますが、大変申し訳ありませんが、レセプト点検についてお伺いしたいと思います。


◯委員長(池田正文君) 社会福祉課長・小倉君。


◯社会福祉課長(小倉俊彦君) 医療費の診療報酬が回ってきたレセプトのほうを、実際にこの処置でいいか、薬でいいかというものの点検をしていただくものでございます。
 以上です。
                    〔私語あり〕


◯委員長(池田正文君) 玉造委員に申し上げます。あくまでも決算審査でございますので、決算書に基づきまして、質問されますようお願いいたします。
 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) 失礼いたしました。
 次に、158ページの献血推進事業の56万9,682円でございますが、この内容をお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 健康増進課長・笹島君。


◯健康増進課長兼石岡保健センター所長(笹島洋子君) お答えいたします。石岡地区と八郷地区に献血車を日赤の協力のもとに配車しまして、献血を実施しております。
 そのほかに、献血を50回以上受けた方に対しては、記念品を贈呈したりしております。
 また、キャンペーン、広報を行っております。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) ありがとうございます。献血車を出して、献血を実施しているということですが、石岡、八郷で、年に何回ほど実施しているのかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 健康増進課長・笹島君。


◯健康増進課長兼石岡保健センター所長(笹島洋子君) お答えいたします。石岡地区におきましては、41.5日です。八郷地区におきましては6.5日ということで、合わせて48日出しております。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) ありがとうございます。
 最後に、222ページの節19で、茨城朝鮮学園教育助成金5万円についてお伺いいたします。内容をお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・小松崎君。


◯教育委員会事務局参事兼教育総務課長(小松崎隆雄君) それでは、茨城朝鮮学園教育助成金の内容についてご説明申し上げます。学校法人茨城県朝鮮学園に就学する石岡市内在住の児童生徒の教育向上を図ることを目的として、水戸にあります学校法人茨城朝鮮学園に補助するものでございます。
 1名当たり1万円ということで、昨年は5名でございましたので、5万円ということになっております。


◯委員長(池田正文君) 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) ありがとうございます。石岡市内から就学している方が5名いるということでございましたが、通学しているのでしょうかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・小松崎君。


◯教育委員会事務局参事兼教育総務課長(小松崎隆雄君) 石岡市内に居住して、通学している児童生徒に対して補助されるものでございます。


◯委員長(池田正文君) 玉造委員。


◯委員(玉造由美君) ありがとうございます。石岡市内から通学している生徒が5名ということですけれども、そのほかの石岡市以外から通学、あるいは、寮生とかで、現在、学生は何名いるのかお伺いいたします。
                    〔私語あり〕


◯委員長(池田正文君) 玉造委員に申し上げます。決算とは関係が認められませんし、あるいは、茨城県朝鮮学校については、石岡市の所管外でございますので、質問をお受けすることはできません。
                    〔私語あり〕


◯委員(玉造由美君) わかりました。


◯委員長(池田正文君) 次の質疑者に移ります。
 岡野佐工委員。


◯委員(岡野佐工君) 岡野佐工でございます。何点か質問をさせていただきます。
 まず最初でございますが、222ページでございますが、損害賠償示談金の300万円について内容をお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・小松崎君。


◯教育委員会事務局参事兼教育総務課長(小松崎隆雄君) それでは、損害賠償示談金300万円についてご説明いたします。柿岡中学校で昭和57年に起きた事故でございまして、テニス部の部員の方が、放課後、部活動をしていたときに、野球部の部員がフリーバッティングで打った打球が、目に当たってしまったという学校事故がございまして、その示談のほうが昨年整いましたので、示談金として300万円を支払ったものでございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) 学校内での事故ということでございますが、学校では、当然、保険に入っていたと思うんですが、保険会社のほうからの保険金は、300万円の示談金のうち、どのくらい入っているのかお伺いをいたします。


◯委員長(池田正文君) 教育委員会参事・小松崎君。


◯教育委員会事務局参事兼教育総務課長(小松崎隆雄君) 示談金の内訳については、手元に資料がございませんので、後でお答えしたいと思います。
 損害賠償でもらったものとしまして、学校補償のほうで、下に3万1,500円とあると思うんですけれども、学校事故に係る損害賠償金3万1,500円は、眼鏡をつくった部分として、そちらのほうは保険のほうから出ております。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) 後で答弁をいただけるということでございますので、次に移ります。234ページ、心の教室相談員配置事業の116万円について内容をお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 指導室長・宮本君。


◯指導室長(宮本裕美君) 心の教室相談員のことについてお答えいたします。中学校4校におきまして、心の教室相談員という形でカウンセラーを配置しております。週2回、4時間という形でやらせていただいております。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) ただいまの答弁ですと、4校にカウンセラーを派遣して、年12回、相談をしているということでございますが、この相談件数は4校で何件ぐらいあったのかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 指導室長・宮本君。


◯指導室長(宮本裕美君) 4校、平均しますと、まず、大体200件からありまして、800件という形になると思います。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) 1校当たり200件ということでございますので、4校ですので、800件ということでございますが、当然、心の教室に相談に来た方が全部800人あったということでございますが、これらの相談員との相談の結果、ある程度、解決したという事例については、800件のうち何件くらいありましたか。


◯委員長(池田正文君) 指導室長・宮本君。


◯指導室長(宮本裕美君) まず、心の教室相談員の利用状況という形で、一番多いものが友人関係、2番目に多いものが学習、進路についてという形でございます。解決を求めるのではなくて、相談に乗るという形で、中学生の心のケアという形を主に行っておりますので、解決という形ではちょっとお答えできないかと思います。
 以上でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) 私の聞き方が悪かったと思います。相談ということでございますので、解決という言葉を使いましたので、大変失礼しました。心の病、友人関係、進路関係、いじめ問題というようなものも、いろいろあるかと思いますが、当然、この辺の相談業務については、今後も継続して是非やっていただいて、安心安全で学校生活が送れるようにお願いしたいと思います。
 続きまして、254ページ、発掘調査経費についてお伺いいたします。254ページの発掘調査委託料1,141万3,500円について、どういう発掘調査をしたのかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 生涯学習課長・櫻井君。


◯生涯学習課長(櫻井俊充君) それでは、発掘調査委託料1,141万3,500円についてお答えいたします。瓦会地区の県の農免道路の工事の際に、野田館跡発掘調査業務委託として、委託業務で、発掘調査を委託しているものでございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) 当然、発掘調査を終了しているわけでございますが、どのような成果といいますか、発掘したものについては、どのようなものがあったのかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 生涯学習課長・櫻井君。


◯生涯学習課長(櫻井俊充君) 県の委託事業で発掘しておりまして、道路発掘現場の中で物が発見されたとか、そういうことではなくて、調査業務の中で行っておりまして、物については手持ちに資料がございませんので、後ほどお答えいたします。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) では、次に移ります。史跡管理委託料の440万8,300円について、どのような史跡管理の委託料なのかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 生涯学習課長・櫻井君。


◯生涯学習課長(櫻井俊充君) 史跡管理委託料440万8,300円についてお答えいたします。まず、舟塚山古墳見回り監視料、常陸国分寺、国分尼寺見回り監視料、舟塚山古墳除草・清掃委託料、そのほかを含めまして、15件の清掃・除草作業、見回り作業で委託しております。
 金額の多いところから申し上げますと、常陸国分尼寺除草・清掃作業及び植栽管理委託料で213万円ほかになります。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) ただいま舟塚山をはじめとする史跡関係の見回り監視料あるいは除草の委託料だということでお伺いしましたが、石岡市には史跡がいろいろあるわけでございますが、これらのそういう除草、見回り、監視については、何か基準があって、その基準に基づいたものについてのみ、委託料が支払われているのかどうかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 生涯学習課長・櫻井君。


◯生涯学習課長(櫻井俊充君) ただいまのご質問ですが、基準については特に決めておりませんけれども、年間を通じて舟塚山の見回りは何回、清掃、除草については何回という委託の内容をこちらのほうで決めまして、発注しております。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) 次に、借地料で268万510円があるんですが、借地料の268万510円は、どういうところを借りての借地料なのかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 生涯学習課長・櫻井君。


◯生涯学習課長(櫻井俊充君) 借地料268万510円の内訳でございますが、史跡案内看板借地料、石岡駅前に設置してございます借地料、また、常陸国分尼寺用地借地料3,363平米をお借りしておりますが、その金額、舟塚山府中愛宕山古墳の駐車場用地の借地料でございます。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) 史跡関係については、石岡市でかなりの数があるわけでございますが、ただいま速くてちょっとメモをするのを忘れましたが、4か所か5か所が挙がったと思いますが、それらについては借地料を支払っているということでございます。ほかの史跡もかなりあるわけでございますが、これらについても、何か基準があって、その基準に基づいて、借地料は支払われているのかどうかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 生涯学習課長・櫻井君。


◯生涯学習課長(櫻井俊充君) そのほかの借地については、文化財保護の予算の中では予算化しておりませんので、特に市の指定とか、県の指定でありますとか、そういった場合には、指定したものについては、当然、借地料が必要になってくるものも出てくるかと思いますが、そういったものについては、今後、協議しながらということになるかと思います。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) ただいまの答弁ですと、市で指定しているものについても、借地料は支払われているものと、支払われていないものがあるという答弁かと思いますが、私は、やはり、市の指定のものついては、看板とか、そういうものを立てた場合には、借地料を払うということであれば、基準がないとすれば、一律、基準を設けてやるべきだと私は思います。
 次に、指定文化財等保存事業補助金600万4,000円でございますが、これについては、どこの部分の保存の補助金なのかお伺いいたします。


◯委員長(池田正文君) 生涯学習課長・櫻井君。


◯生涯学習課長(櫻井俊充君) 指定文化財等保存事業補助金600万4,000円についてお答えいたします。まず、指定無形民俗文化財補助金としまして、県指定無形民俗文化財5団体、真家みたまおどり保存会ほか4団体でございます。そのほか、市指定無形民俗文化財4団体ございまして、代々十二面神楽ほか3件でございます。合計9件、9団体になります。
 そのほかに、市指定文化財で、昨年、中町の山車の人形を修復事業で修理しておりますが、石岡市中町の町内会の1団体、そのほか国指定史跡佐久良東雄旧宅の母屋の修復と土蔵の災害復旧工事で、補助金として出しております。
 以上です。


◯委員長(池田正文君) 続きまして、先の岡野佐工委員の質疑に対し保留いたしました答弁について、その準備が整ったとのことでございますので、ここでその答弁を求めたいと思います。
 生涯学習課長・櫻井君。


◯生涯学習課長(櫻井俊充君) 先ほどの質問で答弁できなかった部分についてお答えいたします。発掘の調査成果でございますが、16世紀代の館跡、堀跡、土塁が確認されております。
 以上でございます。
           〔「ページを言わないとわからない」と呼ぶ者あり〕


◯生涯学習課長(櫻井俊充君) 失礼いたしました。254ページの13、発掘調査委託料でご質問された件でございます。


◯委員長(池田正文君) 岡野委員。


◯委員(岡野佐工君) もし教育総務課長のほうで、先ほどの答弁が整っておれば、答弁をお聞きしまして、私の質問は終わりにいたします。


◯委員長(池田正文君) それでは、岡野佐工委員の質疑に対し保留いたしました答弁について、その準備が整ったとのことでございますので、ここでその答弁を求めたいと思います。
 教育委員会参事・小松崎君。


◯教育委員会事務局参事兼教育総務課長(小松崎隆雄君) それでは、先ほどご質問がありました、222ページの損害賠償金300万円について、保険のほうからは幾らほど充当があったかという件でございます。この示談金につきましては、保険金の補填のほうはございません。


◯委員長(池田正文君) 以上で教育福祉委員会所管の質疑を終結いたします。
 本日の決算特別委員会は以上をもって閉会とします。
 次回の委員会は、明9月26日午前10時から、平成24年度各会計決算に対する総括的な審査を行い、終了後に討論、採決を行いたいと思います。
 なお、明日の審査において質疑を予定されている委員は、開会時刻までに事務局へその旨を通告されますようお願いいたします。
 長時間にわたりまして、お疲れさまでございました。
                  午後 3時44分閉会