議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 石岡市

平成25年第3回定例会 資料




2013.08.27 : 平成25年第3回定例会 資料


            平成25年第3回石岡市議会定例会一般質問通告書

┌───┬───────┬────────────────────────┬────────┐
│ 順 │ 氏   名 │       質  問  要  旨       │答弁を希望する者│
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 1 │9番     │1.本庁舎建替えについて            │市     長 │
│   │山 本   進│ (1) 現本庁舎は東日本大震災の被災度調査の結  │担 当 部 長 │
│   │       │  果、「中破」=使用禁止と判定されている。そ │        │
│   │       │  れにもかかわらず、現在もなお、職員はもとよ │        │
│   │       │  り一般来庁者の使用に供している。いかなる判 │        │
│   │       │  断のもとにこのような対応がなされているの  │        │
│   │       │  か、職員及び市民のための安全対策と不便の解 │        │
│   │       │  消に対する執行部の考えを伺いたい。     │        │
│   │       │ (2) 本庁舎建替えの基本計画の進捗状況と最終的 │        │
│   │       │  な整備方針の全体スケジュールについて、執行 │        │
│   │       │  部の考えを伺いたい。            │        │
│   │       │ (3) 本庁舎建替えの財源として、国の震災復興特 │        │
│   │       │  別交付税や復旧事業債を充当するための特別財 │        │
│   │       │  政措置は、進んでいるのか。石岡市に対する国 │        │
│   │       │  の交付基準は、固まったのか伺いたい。    │        │
│   │       │2.中心市街地活性化事業について        │市     長 │
│   │       │ (1) 空き店舗等活用支援事業の進捗状況とその成 │担 当 部 長 │
│   │       │  果について伺いたい。平成24年度決算額に比 │        │
│   │       │  べ、平成25年度予算は、4倍を超える大幅増 │        │
│   │       │  となっている。それだけにこの事業にかける執 │        │
│   │       │  行部の意気込み・期待と成算には、大きいもの │        │
│   │       │  があろうかと思う。25年度の予算の執行状況 │        │
│   │       │  と事業の成果の見通しについて伺う。本事業が │        │
│   │       │  中心市街地活性化の起爆剤となりうるものか執 │        │
│   │       │  行部の見解を伺いたい。           │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 1 │9番     │ (2) まちなか魅力賑わいづくり推進事業は、一旦 │市     長 │
│   │山 本   進│  中断したかたちとなったようだが、執行部から │担 当 部 長 │
│   │       │  は、事業は断念したのではなく、繰越したうえ │        │
│   │       │  で「事業を見直して、あらたに調査研究」を行 │        │
│   │       │  い、所期の目的を達成したいとの報告を受けて │        │
│   │       │  いる。その後の調査研究は、どのように進んで │        │
│   │       │  いるのか。「屋台村」にかわる有効な計画の立 │        │
│   │       │  案と実行プランの策定は進んでいるのか現状を │        │
│   │       │  伺いたい。                 │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 2 │19番    │1.事務量調査と人事管理について        │市     長 │
│   │徳 増 千 尋│ (1) 「他市の状況を調査研究しながら、指示をし │副  市  長 │
│   │       │  たい」との答弁をいただいているが、その後、 │担 当 部 長 │
│   │       │  どのように取り組んでいるのか。       │        │
│   │       │ (2) 事務量と職員の適正な配置、能力を連動させ │        │
│   │       │  ているのか。                │        │
│   │       │ (3) 今回の勤勉手当への反映について改善が必要 │        │
│   │       │  と思えるが、改善すべきことは何か。     │        │
│   │       │2.本庁舎建設について             │市     長 │
│   │       │  本庁舎の被災度調査の結果、恒久復旧がなされ │担 当 部 長 │
│   │       │ るまで使用禁止との判定を受け、市民の安全、職 │        │
│   │       │ 員の安全を重要に受け止め、計画を急速に進めな │        │
│   │       │ ければならない。               │        │
│   │       │ (1) 基本計画の業務委託は、年度内に必ず発注と │        │
│   │       │  答弁を受けているが、何が原因で時間を要する │        │
│   │       │  のか。遅すぎる。              │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 2 │19番    │ (2) 基本構想の7項目、1)庁舎建設の背景、2)庁 │市     長 │
│   │徳 増 千 尋│  舎の現状と課題、3)庁舎建設の基本的な考え  │担 当 部 長 │
│   │       │  方、4)新庁舎の機能までは、検討済み、5)新庁 │        │
│   │       │  舎の規模、6)位置、7)事業の進め方の3項目  │        │
│   │       │  は、今年度調査検討とされているが、遅すぎる │        │
│   │       │  のではないか。震災後2年5ケ月、市長は市政 │        │
│   │       │  運営に関する所信と施策概要の冒頭でスピード │        │
│   │       │  感をもって事業に取り組むと明言している。市 │        │
│   │       │  長のスピード感が庁舎建設検討委員会及び幹事 │        │
│   │       │  会の全員に伝わっているのか。        │        │
│   │       │ (3) メリハリのある、効率的な予算配分を考える │        │
│   │       │  とH24年度の余剰金の半分以上は、庁舎建設 │        │
│   │       │  基金に積み立てて欲しいものであるが、いかが │        │
│   │       │  か。                    │        │
│   │       │3.循環型社会形成(ごみ処理施設建設)について │担 当 部 長 │
│   │       │ (1) 一般廃棄物処理基本計画について、     │        │
│   │       │    7月上旬に業務委託済み         │        │
│   │       │    平成26年2月中に完成・・・6月答弁  │        │
│   │       │    広域化による新処理施設の整備体制の手法 │        │
│   │       │   について、平成25年度中に整備検討・・・ │        │
│   │       │   答弁                   │        │
│   │       │   以上を踏まえて、地域計画の原案を本年度内 │        │
│   │       │  策定の進捗状況について問う。        │        │
│   │       │ (2) 新しい組合を組織して行うかについて、茨城 │        │
│   │       │  県の指導や、近年、広域化した処理施設を参考 │        │
│   │       │  にして検討することを6月29日の推進検討会 │        │
│   │       │  で確認済み・・・答弁            │        │
│   │       │   新しい一部事務組合設立の準備に入ってはど │        │
│   │       │  うか。                   │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 3 │11番    │1.随意契約のありかたについて         │市     長 │
│   │関 口 忠 男│ (1) 石岡市の平成24年度における随意契約の件 │担 当 部 長 │
│   │       │  数とその契約金額の合計について、工事等の形 │        │
│   │       │  態別に伺う。また、この随意契約の件数及び契 │        │
│   │       │  約金額が、契約行為全体に占める割合について │        │
│   │       │  伺う。                   │        │
│   │       │ (2) 随意契約の公平性の確保、さらには予定価格 │        │
│   │       │  設定の根拠について、どのように公平性・中立 │        │
│   │       │  性を確保しているのか伺う。         │        │
│   │       │ (3) 随意契約については、競争性が排除されてい │        │
│   │       │  るという問題点からガイドラインを設ける自治 │        │
│   │       │  体があります。石岡市の対応は、どのようにな │        │
│   │       │  っているのか伺います。           │        │
│   │       │2.市長のトップセールスによる企業誘致について │市     長 │
│   │       │ (1) 市長がトップセールスで訪れた企業数及び企 │担 当 部 長 │
│   │       │  業訪問時の石岡市進出への関心の度合いについ │        │
│   │       │  て伺う。また、主にどのような企業に狙いを絞 │        │
│   │       │  って誘致活動をしてきたのか伺います。    │        │
│   │       │ (2) 昨年の第2回定例会で平成22年度、23年 │        │
│   │       │  度の新設企業が2社、拡張企業が4社で新規雇 │        │
│   │       │  用者数110名との報告がありますが、市長就 │        │
│   │       │  任後4年間の企業誘致の取組による成果をどの │        │
│   │       │  ように捉えているか伺います。        │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 4 │15番    │1.介護保険の「要支援1」「要支援2」のサービ │市     長 │
│   │岡 野 孝 男│ ス見直しについて               │担 当 部 長 │
│   │       │  政府の社会保障国民会議報告書によると、介護 │        │
│   │       │ 保険の「要支援」向けサービスを介護保険から市 │        │
│   │       │ 町村が独自に手がける事業に移す案が出ている。 │        │
│   │       │ 本市の「要支援」は、1が209人、2が415 │        │
│   │       │ 人、計624人。これらの方々のサービスを介護 │        │
│   │       │ 保険から切り離し、市町村が受け皿になって、地 │        │
│   │       │ 元のNPOやボランティアも活用してコストを抑 │        │
│   │       │ えるやり方を想定。地域事情に応じて2015年 │        │
│   │       │ 度から段階的に移管していくとのこと。     │        │
│   │       │  この提案の実施にあたっては、地域福祉の充実 │        │
│   │       │ が支援サービス成否の決め手となる。そこで、6 │        │
│   │       │ 月定例会に引き続き、小地域福祉活動の基盤づく │        │
│   │       │ りの必要性について問う。また、市の支援サービ │        │
│   │       │ ス受け皿づくりの考え方を伺う。        │        │
│   │       │2.国民年金保険料納付率向上について      │市     長 │
│   │       │  平成24年度石岡市の国民年金保険料納付率  │担 当 部 長 │
│   │       │ は、56.32%だった。この数字は、茨城県の  │        │
│   │       │ 納付率56.23%より若干高いものの全国の   │        │
│   │       │ 58.99%よりは低い。若者が年金制度に不信  │        │
│   │       │ を抱いたとしても、老後に一定のお金が必要にな │        │
│   │       │ ることに変わりはない。高齢者世帯では、所得の │        │
│   │       │ ほとんどを公的年金が占めている事実がある。未 │        │
│   │       │ 納は何の解決にもならず、ほぼ確実に将来の貧困 │        │
│   │       │ を招く。ひいては生活保護などの増加により基礎 │        │
│   │       │ 自治体への負担となる。            │        │
│   │       │  また、国民年金保険料納入者が持つ機能として │        │
│   │       │ は、けがや病気で十分に働けなくなっても月額約 │        │
│   │       │ 6万5千円から8万2千円の障害者年金が受け取 │        │
│   │       │ れる。                    │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 4 │15番    │  本市は、国民年金保険料納付率向上にむけたP │市     長 │
│   │岡 野 孝 男│ Rや若者に対する教育をどのようにしているのか │担 当 部 長 │
│   │       │ 伺う。                    │        │
│   │       │3.庁舎建設について              │市     長 │
│   │       │  東日本大震災により被災した本庁舎の建設が予 │担 当 部 長 │
│   │       │ 定されている。財政が厳しい中、庁舎建設を進め │        │
│   │       │ るのは大へんな負担増である。         │        │
│   │       │  同じ原因で被災した水戸市、高萩市、城里町の │        │
│   │       │ 庁舎建設にあたっては、震災復興特別交付税の対 │        │
│   │       │ 象となり、地元自治体の負担はほとんどない。  │        │
│   │       │  本市の同交付税対象となるべき取組について伺 │        │
│   │       │ う。                     │        │
│   │       │  これまでの2年5ヶ月の経緯と今後の見通しに │        │
│   │       │ ついて。                   │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 5 │6番     │1.4年間の久保田市政について         │市     長 │
│   │小 松 豊 正│ (1) この4年間(平成21年〜25年)におい  │担 当 部 長 │
│   │       │  て、下記の当市の暮らしにかかわる指標は、ど │        │
│   │       │  のように変化したのか、そして、久保田市政と │        │
│   │       │  してどのように自己分析しているか。     │        │
│   │       │  1)小売業(店舗面積が500平方メートル未  │        │
│   │       │   満)の売上額               │        │
│   │       │  2)農業所得(農家1戸あたり)        │        │
│   │       │  3)雇用者報酬(1人あたりの年間所得金額)  │        │
│   │       │  4)非正規労働者数              │        │
│   │       │  5)当市の借金額               │        │
│   │       │ (2) 4年前の市長選で公約し、いまだに実現の方 │        │
│   │       │  向性が見えない「中学3年生までの医療費助成 │        │
│   │       │  制度」について、実現の見通しはどうか。   │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 5 │6番     │2.市本庁舎の被災実態と対策について      │市     長 │
│   │小 松 豊 正│ (1) 3階部分が「中破」という判定が出て、市民 │担 当 部 長 │
│   │       │  と職員の安全を守るために市長として、どのよ │        │
│   │       │  うな対策を立てているか。          │        │
│   │       │ (2) その場合、八郷庁舎の積極的活用について、 │        │
│   │       │  どのように考えているか。          │        │
│   │       │ (3) 震災復興特別交付税及び被災施設復興関連事 │        │
│   │       │  業債の適用の見通しはどうか。        │        │
│   │       │3.TPP参加撤退について           │市     長 │
│   │       │  当市市議会では、すでに全会一致でTPP参加 │        │
│   │       │ 反対の決議を上げ、政府に要請している。市長も │        │
│   │       │ 反対の意思を表明している。しかし、自民党政府 │        │
│   │       │ は、昨年総選挙における公約をふみにじってTP │        │
│   │       │ P参加を表明し、本格的な交渉が続けられてい  │        │
│   │       │ る。このような情勢のなかで、今度の市議会にあ │        │
│   │       │ らためて、ひたち野農業協同組合とやさと農業協 │        │
│   │       │ 同組合より「国益に反するTPPに参加しないこ │        │
│   │       │ とを求める要請書」が議長に提出されている。市 │        │
│   │       │ 長としてもTPP参加撤退を求める意思を表明  │        │
│   │       │ し、政府に要請するべきと考えるがどうか。   │        │
│   │       │4.生活保護行政について            │市     長 │
│   │       │ (1) 今年の8月から生活保護基準の引下げが強行 │担 当 部 長 │
│   │       │  されたことによって、当市では具体的にどのよ │        │
│   │       │  うな影響がでるか。             │        │
│   │       │ (2) この4年間、当市における生活保護受給世帯 │        │
│   │       │  と人数はどのように変化しているか。     │        │
│   │       │ (3) その原因について、どのように考えている  │        │
│   │       │  か。                    │        │
│   │       │ (4) 当市として、どのような対策が必要と考えて │        │
│   │       │  いるか。                  │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 5 │6番     │5.市営住宅の適切な管理について        │市     長 │
│   │小 松 豊 正│  市営住宅に住む住民から、夏草が伸び放題でご │担 当 部 長 │
│   │       │ みが散乱している市営住宅があるが、いったいど │        │
│   │       │ うなっているか、なんとかならないかという苦情 │        │
│   │       │ が寄せられている。              │        │
│   │       │ (1) 全体の市営住宅のなかで、同様の実態をどの │        │
│   │       │  ように把握しているか。           │        │
│   │       │ (2) 原因は、何か。              │        │
│   │       │ (3) どのように対策を講じているか。      │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 6 │8番     │1.子育て支援事業について           │市     長 │
│   │村 上 泰 道│ (1) 妊娠中の健康診査公費負担制度について、利 │担 当 部 長 │
│   │       │  用状況について伺います。          │        │
│   │       │ (2) 里帰り出産の方に対しての補助の現状につい │        │
│   │       │  て伺います。                │        │
│   │       │2.石岡市教育基本構想制定について       │教  育  長 │
│   │       │  教育基本法の改正を受け、平成20年に、教育 │担 当 部 長 │
│   │       │ に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るた │        │
│   │       │ め教育振興基本計画が策定されました。また、茨 │        │
│   │       │ 城県においては、「いばらき教育プラン」が策定 │        │
│   │       │ され、石岡市学校教育の基礎になっております。 │        │
│   │       │  現在、県内並びに全国の自治体においては、地 │        │
│   │       │ 域の特性を活かした独自の教育基本構想を掲げて │        │
│   │       │ いる自治体も少なくありません。        │        │
│   │       │  そこで、当市において地域の特性を活かした教 │        │
│   │       │ 育基本構想が存在しているのかお伺いします。  │        │
│   │       │3.住まいづくり推進事業について        │担 当 部 長 │
│   │       │  本年度新規事業である住まいづくり推進事業に │        │
│   │       │ ついて、現在の利用実績と広報先の現状をお尋ね │        │
│   │       │ します。                   │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 6 │8番     │4.筑波山地域ジオパーク構想について      │担 当 部 長 │
│   │村 上 泰 道│  昨年8月、石岡市、つくば市、桜川市、笠間市 │        │
│   │       │ と筑波大、筑波神社、産業技術総合研究所の7団 │        │
│   │       │ 体が参加して、筑波山地域ジオパーク推進協議会 │        │
│   │       │ が発足しました。本年7月には、土浦市、かすみ │        │
│   │       │ がうら市も協議会に参加し、地域が拡大しまし  │        │
│   │       │ た。                     │        │
│   │       │ (1) 来年度のジオパーク認定に向けた現在の取組 │        │
│   │       │  について伺います。             │        │
│   │       │ (2) 土浦市、かすみがうら市の協議会加入による │        │
│   │       │  効果と、構想の変化について伺います。    │        │
│   │       │ (3) 筑波山地域ジオパーク・サポーターズクラブ │        │
│   │       │  について、現在の活動内容、会員数、広報方法 │        │
│   │       │  について伺います。             │        │
│   │       │5.石岡市情報戦略指針について         │市     長 │
│   │       │  現在の進捗状況と運用工程について伺います。 │担 当 部 長 │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 7 │20番    │市民を守るための道路整備について        │市     長 │
│   │鈴 木 米 造│(1) 美野里・八郷線の進捗状況、今後の計画につい │担 当 部 長 │
│   │       │ て、また、完成は27年度に完成するのか。   │        │
│   │       │(2) 県道土浦笠間線の大増地区の整備、見通しにつ │        │
│   │       │ いて                     │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 8 │14番    │1.安全で安心なまちづくり構想について     │市     長 │
│   │菱 沼 和 幸│ (1) 災害時要援護者の避難対策について     │教  育  長 │
│   │       │  「災害対策基本法改正案」の成立を受けて   │担 当 部 長 │
│   │       │  1)災害時要援護者の名簿作成状況と消防や民生 │        │
│   │       │   委員など関係機関への情報提供は、どのよう │        │
│   │       │   になっているのか?また、災害時要援護者に │        │
│   │       │   対し、発災時の個別の支援・行動計画を事前 │        │
│   │       │   に細かく決めて訓練する必要があると思いま │        │
│   │       │   すが、如何ですか?内容について伺います。 │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 8 │14番    │  2)東日本大震災でも避難生活者が長期化したこ │市     長 │
│   │菱 沼 和 幸│   とで、病気や体調の悪化などが原因で亡くな │教  育  長 │
│   │       │   る「震災関連死」が相次いでしまいました。 │担 当 部 長 │
│   │       │   福祉避難所の普及・整備について当市でも取 │        │
│   │       │   り組んでおりますが、課題や問題点について │        │
│   │       │   伺います。                │        │
│   │       │ (2) 以前からの質問で「被災者支援システム」に │        │
│   │       │  対し、当市での取組状況を伺います。     │        │
│   │       │ (3) 八郷地域での防災行政無線、戸別受信機の更 │        │
│   │       │  新計画は、どのようになっているのか?また、 │        │
│   │       │  石岡地域での戸別受信機の配置計画の現状につ │        │
│   │       │  いて伺います。               │        │
│   │       │ (4) 防災行政無線整備事業について、6月・7月 │        │
│   │       │  に4地区公民館で地元説明会が開催されました │        │
│   │       │  が、どのような意見要望があったのか伺いま  │        │
│   │       │  す。更に8月20日の防災研修会が開催されま │        │
│   │       │  した。内容と今後の課題を伺います。     │        │
│   │       │ (5) 防災意識を高めるために「シェイクアウト訓 │        │
│   │       │  練」を実施してはどうかと思いますが、所見を │        │
│   │       │  伺います。                 │        │
│   │       │ (6) 公立幼・小・中学校の耐震化事業(非構造部 │        │
│   │       │  材を含む)の進捗状況と今後の整備計画につい │        │
│   │       │  て詳細に伺います。             │        │
│   │       │ (7) 市民の安全を守る道路面下の空洞調査につい │        │
│   │       │  て                     │        │
│   │       │  1)緊急輸送路及び災害時に必要とされる道路に │        │
│   │       │   ついて、その安全の確保と管理の状況を伺い │        │
│   │       │   ます。併せて、路面下の空洞についてどのよ │        │
│   │       │   うに認識しているのか?伺います。     │        │
│   │       │  2)路面下の空洞調査についての認識を伺いま  │        │
│   │       │   す。                   │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 8 │14番    │  3)問題が起こってからの対処する「事後保全  │市     長 │
│   │菱 沼 和 幸│   型」から問題が起こる前に未然に防止をする │教  育  長 │
│   │       │   「予防保全型」へとシフトすべきと考えます │担 当 部 長 │
│   │       │   が所見を伺います。            │        │
│   │       │  4)国の予算(防災・安全交付金)を活用するた │        │
│   │       │   め、早急に路面下の空洞調査、補修計画を立 │        │
│   │       │   てるべきと考えますが、市長の見解を賜りま │        │
│   │       │   す。                   │        │
│   │       │ (8) 東大橋地区内の点滅式信号機設置の交差点で │        │
│   │       │  先日も事故があり、地域の方々は非常に困惑し │        │
│   │       │  ております。様々な施策が講じられております │        │
│   │       │  が、一向に事故が無くなりません。道路管理者 │        │
│   │       │  である市長の見解を賜ります。        │        │
│   │       │2.いじめ防止対策推進法の制定を受けて     │市     長 │
│   │       │  地方自治体に対して同法は、文科省が今後、法 │教  育  長 │
│   │       │ に基づき定める「いじめ防止基本方針」を参酌  │担 当 部 長 │
│   │       │ し、「地域いじめ防止基本方針」の策定に努める │        │
│   │       │ よう求めております。また、関係機関との連携を │        │
│   │       │ 強化するために、学校や児童相談所、警察などの │        │
│   │       │ 担当者で構成する連絡協議会を置くことができる │        │
│   │       │ とされております。              │        │
│   │       │  地方自治体の基本方針が地域の学校の基本方針 │        │
│   │       │ に繋がることからも、地方自治体としては、より │        │
│   │       │ 現場の目線に立った基本方針の策定に努め、関係 │        │
│   │       │ 機関との連携強化を図る必要があるわけです。  │        │
│   │       │  そこで、教育委員会として「地域いじめ防止基 │        │
│   │       │ 本方針」の策定状況と連絡協議会の設置に向けた │        │
│   │       │ 取り組み状況を伺います。また、本年のいじめの │        │
│   │       │ 実態について伺います。            │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 8 │14番    │3.健康都市宣言(健康づくり)について     │市     長 │
│   │菱 沼 和 幸│  急速に超高齢者社会に突き進む中、医療・介護 │担 当 部 長 │
│   │       │ の問題は非常に重要であると思います。これらの │        │
│   │       │ 諸制度の保険者である当市も今後の財政需要の増 │        │
│   │       │ 大は、憂慮すべきものがあります。介護にかから │        │
│   │       │ なくて済む元気なお年寄りを増やす事は、緊急の │        │
│   │       │ 課題であります。市民の皆さんが、いつまでも健 │        │
│   │       │ 康で充実した生活ができるよう願っているわけで │        │
│   │       │ あります。当市において、介護予防のために、シ │        │
│   │       │ ルバーリハビリ体操の充実等の事業に取り組んで │        │
│   │       │ いるわけでありますが、まだまだ、周知徹底がな │        │
│   │       │ されているとは思えません。          │        │
│   │       │  私は、以前に「健康都市をめざして」の質問を │        │
│   │       │ 平成18年12月に行いました。前市長の答弁  │        │
│   │       │ は、健康であることは、市民だれもの願いである │        │
│   │       │ と思っております。そして、子どもから高齢者ま │        │
│   │       │ で、だれもが世代を超えて健康であることが、ま │        │
│   │       │ たそれぞれの生きがいづくりにも通ずると。健康 │        │
│   │       │ はすべての基本であると言っても過言ではないぐ │        │
│   │       │ らい重要であると。そういった、市民が健康であ │        │
│   │       │ ることは、本人はもとより、市にとっても大変効 │        │
│   │       │ 果のある面がたくさんございます。と述べられま │        │
│   │       │ した。                    │        │
│   │       │  そこで、市民の健康づくりの模範となるよう、 │        │
│   │       │ 市役所でラジオ体操を実施してはと思いますが所 │        │
│   │       │ 見を伺います。更に、「健康都市宣言」をすべき │        │
│   │       │ と考えておりますが市長の見解を賜ります。   │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 9 │4番     │石岡市の耐震化の取組について          │市     長 │
│   │勝 村 孝 行│(1) 石岡市耐震改修促進計画がH20.8月に策定 │担 当 部 長 │
│   │       │ されているが、東日本大震災発生後見直しを行っ │        │
│   │       │ たのか伺います。               │        │
│   │       │(2) 耐震改修促進計画で、盛り込んである内容と実 │        │
│   │       │ 際に東日本大震災による被害等の実態を対比し  │        │
│   │       │ て、どのような検証を行ったのか伺います。   │        │
│   │       │(3) 市公共施設の耐震化に向けた取組状況について │        │
│   │       │ 伺います。                  │        │
│   │       │(4) 現行の建築基準法では、安全基準が定められて │        │
│   │       │ いない、つり天井や間仕切り壁などの非構造部材 │        │
│   │       │ の安全対策について伺います。         │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│10 │1番     │1.節電や熱中症予防の為のクールシェアについて │市     長 │
│   │玉 造 由 美│  クールシェアとは、エアコンの需要が高まる夏 │担 当 部 長 │
│   │       │ の暑い日に公共施設などを活用し、みんなで涼し │        │
│   │       │ い場所をシェア(共有)する取り組みです。当市 │        │
│   │       │ におきましてもクールシェアを取り入れてはいか │        │
│   │       │ がでしょうか?お考えを伺います。       │        │
│   │       │2.健康マイレージについて           │市     長 │
│   │       │  健康で長命。これは万人の願いです。その為  │担 当 部 長 │
│   │       │ に、健康についてもっと関心を持ってもらいた  │        │
│   │       │ い。もっと積極的に健康作りに参加してもらいた │        │
│   │       │ い。その為に積極的に健康作りに取り組んだ市民 │        │
│   │       │ の皆様には、特典をつける。この様な取組で、市 │        │
│   │       │ 民の皆様に健康寿命を伸ばして頂く健康マイレー │        │
│   │       │ ジについてのお考えを伺います。        │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│10 │1番     │3.緊急メモ、救急カードの活用・拡充について  │担 当 部 長 │
│   │玉 造 由 美│  現在、全国的に緊急メモ、救急カードあるいは │        │
│   │       │ 救急医療情報キットなどが配備され、独居高齢者 │        │
│   │       │ 世帯など、救急の場合、本人が情報を伝達できな │        │
│   │       │ い時でも、スムーズに連絡がとれるようになって │        │
│   │       │ おりますが、当市の状況を伺います。      │        │
│   │       │  現在、食物アレルギーでの事故が問題になって │        │
│   │       │ おりますが、食物アレルギーも含め、幼児から利 │        │
│   │       │ 活用できるような緊急メモ、救急カードに拡充で │        │
│   │       │ きないか、お考えを伺います。         │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│11 │2番     │1.石岡市の防災の取組について         │市     長 │
│   │岡 野 孝 雄│ (1) 今後の自主防災組織づくりをどのように進め │担 当 部 長 │
│   │       │  る考えか伺う。               │        │
│   │       │ (2) 市内に38箇所ある防災倉庫の増設及び備蓄 │        │
│   │       │  物資の充実について、地域住民の意見をどのよ │        │
│   │       │  うに反映させ、防災計画に位置付けていくのか │        │
│   │       │  伺う。                   │        │
│   │       │ (3) 市内在住の防災士の把握とその役割をどのよ │        │
│   │       │  うに生かす考えがあるのか伺う。       │        │
│   │       │  ・市内在住の防災士の人数          │        │
│   │       │  ・防災計画の中における位置付け       │        │
│   │       │  ・発災時に期待する役割と避難所対応     │        │
│   │       │  ・市職員の資格取得への取組         │        │
│   │       │2.農林水産関係補助事業の積極的な活用について │市     長 │
│   │       │  厳しい農業経営の現実を踏まえ、補助事業の活 │担 当 部 長 │
│   │       │ 用は必須であるが、この補助事業の活用につい  │        │
│   │       │ て、市はどのように支援しているのか伺う。   │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│11 │2番     │3.市職員の倫理観について           │市     長 │
│   │岡 野 孝 雄│ (1) 受動喫煙防止法を踏まえ、喫煙を行っている │担 当 部 長 │
│   │       │  時間、場所、吸い殻等の廃棄について、どのよ │        │
│   │       │  うな配慮がされているのか伺う。さらに、勤務 │        │
│   │       │  中の喫煙について人事管理上どのような指導管 │        │
│   │       │  理がされているのか伺う。          │        │
│   │       │ (2) 公用車運転中のマナー向上について、どのよ │        │
│   │       │  うな取組をしているのか伺う。        │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│12 │21番    │石岡市まちづくり構想について          │市     長 │
│   │山 口   晟│  前回私は、自然、歴史と文化の国際観光都市づ │        │
│   │       │ くりについて質問し、本市は茨城空港とつくばエ │        │
│   │       │ クスプレスを活用して100万都市をつくるべき │        │
│   │       │ であると申し上げましたが、将来の石岡市まちづ │        │
│   │       │ くりは、舟塚山古墳群の整備及び高浜入り干拓を │        │
│   │       │ 利用した観光対策と石岡市の文化の発展の為にも │        │
│   │       │ 広域石岡市文化センターの建設が必要と考えま  │        │
│   │       │ す。さらに広域合併は、さけて通れません。つき │        │
│   │       │ ましては、今回は、文化センターの建設と広域合 │        │
│   │       │ 併について特にお伺いします。         │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│13 │7番     │1.耐震診断結果による本庁舎使用禁止の対応につ │市     長 │
│   │大 槻 勝 男│ いて                     │担 当 部 長 │
│   │       │ (1) 震災後に簡易耐震診断を行っている様です  │        │
│   │       │  が、この時の診断の内容を具体的に説明頂きた │        │
│   │       │  い。                    │        │
│   │       │   診断にかけた期間どの様な資格者が何人で対 │        │
│   │       │  応したのか。                │        │
│   │       │   診断した場所と方法、費用、簡易耐震診断と │        │
│   │       │  した理由について伺います。         │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│13 │7番     │ (2) 震災後、庁舎を使用禁止とした自治体は、庁 │市     長 │
│   │大 槻 勝 男│  舎建設費として震災復興特別交付税が交付され │担 当 部 長 │
│   │       │  るが、今もって人命を軽視している石岡市は、 │        │
│   │       │  残念ながら該当しない。交付金が支給されない │        │
│   │       │  現実をどう受け止め責任をとられるのか伺いま │        │
│   │       │  す。                    │        │
│   │       │ (3) 激しい余震が発生した場合の乳幼児を連れた │        │
│   │       │  方やお年寄りなどの安全対策、避難誘導の対応 │        │
│   │       │  について伺います。また、怪我などされた場合 │        │
│   │       │  の対応についても伺います。         │        │
│   │       │ (4) 使用禁止庁舎に代替は、プレハブ建築ではな │        │
│   │       │  く、未利用の公共施設等だと思うが検討したの │        │
│   │       │  か。                    │        │
│   │       │2.屋台村事業における法令違反との疑いについて │市     長 │
│   │       │ (1) 社会実験事業でなかった場合、建設業法違反 │担 当 部 長 │
│   │       │  となるのか。                │        │
│   │       │ (2) 社会実験事業であっても、建設だけを目的と │        │
│   │       │  した場合には、建設業法違反となるのか。   │        │
│   │       │ (3) 社会資本整備総合交付金における社会実験事 │        │
│   │       │  業の位置付けについて            │        │
│   │       │ (4) 実施主体の定義について、社会資本整備総合 │        │
│   │       │  交付金における、まちなかの魅力賑わいづくり │        │
│   │       │  推進事業の実施主体は誰か。         │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│14 │22番    │1.建設業法違反が明確になった屋台村事業につい │市     長 │
│   │高 野   要│ て                      │担 当 部 長 │
│   │       │ (1) まちなかの魅力・賑わいづくり推進事業=通 │        │
│   │       │  称・屋台村事業に関する業務委託契約に関し、 │        │
│   │       │  茨城県知事名の回答書に「建物の所有がNPO │        │
│   │       │  法人であるならば、建設業法違反にならない」 │        │
│   │       │  と回答が参りました。石岡市が言ったとの記載 │        │
│   │       │  があるのです。本当に委託先のNPO法人の所 │        │
│   │       │  有となるのか。この結論は、いつ、誰が、何の │        │
│   │       │  権限で判断したのか、また、契約書から見て、 │        │
│   │       │  そうできる法的な根拠についても伺いたい。  │        │
│   │       │ (2) 本委託契約について、建設業法違反の疑いが │        │
│   │       │  強い事を県職員からの助言で知っていたにも関 │        │
│   │       │  わらず、何故、市民と議会に対して合法との答 │        │
│   │       │  弁をしたのか伺います。           │        │
│   │       │ (3) 建設業法違反、あるいは地方自治法違反であ │        │
│   │       │  るとの疑いが濃厚になった今、自らも含めて関 │        │
│   │       │  係者の処分をどの様に考えているのか市長の考 │        │
│   │       │  えを伺います。               │        │
│   │       │ (4) 委託の定義、補助の定義について伺います。 │        │
│   │       │2.中心市街地活性化事業における「中心市街地活 │市     長 │
│   │       │ 性化支援業務委託」NPO法人エンジョイントラ │担 当 部 長 │
│   │       │ ボ=後のみらいばとの契約内容について     │        │
│   │       │ (1) 随意契約とした理由、根拠、さらに、石岡市 │        │
│   │       │  財務規則139条の履行状況について伺いま  │        │
│   │       │  す。                    │        │
│   │       │ (2) 随意契約の相手であるNPO法人エンジョイ │        │
│   │       │  ントラボは、随意契約の相手としてどの様な実 │        │
│   │       │  績、技能、特殊性等をもって、一者随意契約に │        │
│   │       │  相応しいとしたのか伺います。        │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│14 │22番    │ (3) 随意契約の起案から契約締結までの意思決  │市     長 │
│   │高 野   要│  定・決裁の流れについて、そして、どの様なチ │担 当 部 長 │
│   │       │  ェック機能が行使されたのか伺います。    │        │
│   │       │ (4) 大変難しい中活事業を担当する職員等は、市 │        │
│   │       │  職員であるという高い倫理観に加え、専門的な │        │
│   │       │  知識を養う研修や職場体制への配慮が必要であ │        │
│   │       │  ったと思いますが、どの様な指導管理・人事的 │        │
│   │       │  な対応をされたのか伺います。        │        │
│   │       │3.中心市街地活性化事業における「まちなかの魅 │市     長 │
│   │       │ 力・賑わいづくり推進事業委託料」(屋台村)の │担 当 部 長 │
│   │       │ 契約内容について               │        │
│   │       │ (1) 随意契約とした理由、根拠について伺いま  │        │
│   │       │  す。                    │        │
│   │       │ (2) これまでの市の対応を考えれば、公設民営  │        │
│   │       │  (建築は市、完成後の管理運営NPO)が常識 │        │
│   │       │  的な取組であると思われるが、何故、建築に関 │        │
│   │       │  する業務また、管理運営その他の業務を一括契 │        │
│   │       │  約としたのか具体的な理由と根拠を伺います。 │        │
│   │       │ (3) 市は、契約金額の委託業務別の積算根拠を誰 │        │
│   │       │  がどのようにして算出したのか伺います。ま  │        │
│   │       │  た、この積算根拠に基づき、NPO法人は事業 │        │
│   │       │  を進めなければならないのか、どの様な協議の │        │
│   │       │  上に契約をしたのか伺います。        │        │
│   │       │ (4) 業務委託契約に、損害賠償関係条項を含めな │        │
│   │       │  かった理由と法的根拠について伺います。   │        │
│   │       │ (5) 委託した業務が契約どおり履行されないにも │        │
│   │       │  関わらず、損害賠償請求等のペナルティーを課 │        │
│   │       │  す事無く、積極的に契約変更(委託業務の一部 │        │
│   │       │  解除)に応じた理由を伺います。この対応は、 │        │
│   │       │  行政として常識的であるのかについて、過去の │        │
│   │       │  事例等も含めて見解を伺います。       │        │
└───┴───────┴────────────────────────┴────────┘


            平成25年第3回石岡市議会定例会議案質疑通告書
┌───┬───────┬────────────────────────┬────────┐
│ 順 │ 氏   名 │       質  疑  要  旨       │答弁を希望する者│
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 1 │6番     │1.議案第75号                │担 当 部 長 │
│   │小 松 豊 正│   平成25年度石岡市一般会計補正予算(第2 │        │
│   │       │   号)                   │        │
│   │       │ (1) 25P 記念品代750(千円)の中身につ │        │
│   │       │  いて質問します。              │        │
│   │       │ (2) 31P 風しん予防接種助成金6,875   │        │
│   │       │  (千円)の内容について質問します。     │        │
│   │       │2.議案第93号                │担 当 部 長 │
│   │       │   石岡市税条例の一部を改正する条例を制定す │        │
│   │       │   ることについて              │        │
│   │       │ (1) 個人市民税の公的年金からの特別徴収制度に │        │
│   │       │  ついて、仮特別徴収額(4・6・8月の上半期 │        │
│   │       │  分)を年金所得者の公的年金にかかる前年度分 │        │
│   │       │  の個人市民税の2分の1に相当する額とするこ │        │
│   │       │  とになるが、これはどのような意味をもってい │        │
│   │       │  るか。年度内の徴収額を平準化することか。  │        │
│   │       │ (2) 地方税制の一部改正を受け継ぎ、株式・証  │        │
│   │       │  券・公社債など多くの金融資産を保有する資産 │        │
│   │       │  家ほど、そのことに伴う所得が個人市民税の対 │        │
│   │       │  象から除外されていることによって税制上の優 │        │
│   │       │  遇を受けることになると考えるがどうか。   │        │
│   │       │3.議案第94号                │担 当 部 長 │
│   │       │   石岡市国民健康保険税条例の一部を改正する │        │
│   │       │   条例を制定することについて        │        │
│   │       │  上場株式の譲渡所得に対する国民健康保険税に │        │
│   │       │ ついて、どのような算定となるのか。      │        │
├───┼───────┼────────────────────────┼────────┤
│ 1 │6番     │4.議案第95号                │担 当 部 長 │
│   │小 松 豊 正│   石岡市医療福祉費支給に関する条例の一部を │        │
│   │       │   改正する条例を制定することについて    │        │
│   │       │ (1) 12歳まで支給対象を拡大するために要する │        │
│   │       │  予算額はいくらか。             │        │
│   │       │ (2) 現行の所得制限の基準について説明を求め  │        │
│   │       │  る。                    │        │
│   │       │ (3) 所得制限を廃止するために要する予算額につ │        │
│   │       │  いて説明を求める。             │        │
│   │       │5.議案第96号                │担 当 部 長 │
│   │       │   石岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の │        │
│   │       │   一部を改正する条例を制定することについて │        │
│   │       │  今回の改正案によって、従来の条例に付け加え │        │
│   │       │ て「事業の範囲の変更の許可を受けようとする  │        │
│   │       │ 者」も市長に申請しなければならないことになる │        │
│   │       │ が、このように改正をする具体的な理由の説明を │        │
│   │       │ 求める。                   │        │
└───┴───────┴────────────────────────┴────────┘



             平成25年第3回石岡市議会定例会 審査結果
■市長提出議案
┌───────┬────────────────────────────────┬─────┐
│ 議案番号  │             件    名             │ 結 果 │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 75号│平成25年度石岡市一般会計補正予算(第2号)          │原案可決 │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 76号│平成25年度石岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)    │原案可決 │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 77号│平成25年度石岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)     │原案可決 │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 78号│平成25年度石岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)  │原案可決 │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 79号│平成25年度石岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)      │原案可決 │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 80号│平成25年度石岡市水道事業会計補正予算(第1号)        │原案可決 │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 81号│平成24年度石岡市一般会計歳入歳出決算認定について       │     │
├───────┼────────────────────────────────┤     │
│議案第 82号│平成24年度石岡市授産所特別会計歳入歳出決算認定について    │     │
├───────┼────────────────────────────────┤     │
│議案第 83号│平成24年度石岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につい  │     │
│       │て                               │     │
├───────┼────────────────────────────────┤     │
│議案第 84号│平成24年度石岡市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定につい  │     │
│       │て                               │     │
├───────┼────────────────────────────────┤継続審査 │
│議案第 85号│平成24年度石岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について  │     │
├───────┼────────────────────────────────┤(決算特別│
│議案第 86号│平成24年度石岡市駐車場特別会計歳入歳出決算認定について    │     │
├───────┼────────────────────────────────┤委員会へ │
│議案第 87号│平成24年度石岡市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定に  │     │
│       │ついて                             │付託し, │
├───────┼────────────────────────────────┤     │
│議案第 88号│平成24年度石岡市霊園事業特別会計歳入歳出決算認定について   │閉会中の │
├───────┼────────────────────────────────┤     │
│議案第 89号│平成24年度石岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について   │継続審査)│
├───────┼────────────────────────────────┤     │
│議案第 90号│平成24年度石岡市介護サービス事業特別会計歳入歳出決算認定に  │     │
│       │ついて                             │     │
├───────┼────────────────────────────────┤     │
│議案第 91号│平成24年度石岡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定につ  │     │
│       │いて                              │     │
├───────┼────────────────────────────────┤     │
│議案第 92号│平成24年度石岡市水道事業会計未処分利益剰余金の処分及び決算  │     │
│       │認定について                          │     │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 93号│石岡市税条例の一部を改正する条例を制定することについて     │原案可決 │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 94号│石岡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例を制定することに  │原案可決 │
│       │ついて                             │     │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 95号│石岡市医療福祉費支給に関する条例の一部を改正する条例を制定す  │原案可決 │
│       │ることについて                         │     │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 96号│石岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例を  │原案可決 │
│       │制定することについて                      │     │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 97号│石岡市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例を制定する  │原案可決 │
│       │ことについて                          │     │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 98号│石岡市営住宅管理条例の一部を改正する条例を制定することについ  │原案可決 │
│       │て                               │     │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第 99号│工事請負契約の締結について(防災行政無線施設整備工事)     │原案可決 │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第100号│備品購入契約の締結について(平成25年度消防団消防ポンプ自動  │原案可決 │
│       │車2台購入                           │     │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第101号│備品購入契約の締結について(平成25年度常備消防ポンプ自動車  │原案可決 │
│       │購入(山崎1号車更新))                    │     │
├───────┼────────────────────────────────┼─────┤
│議案第102号│備品購入契約の締結について(平成25年度高規格救急自動車購入  │原案可決 │
│       │(救急1更新))                        │     │
└───────┴────────────────────────────────┴─────┘

■意見書案
┌──────┬─────────────────────────────────┬────┐
│ 番  号 │              件    名             │ 結果 │
├──────┼─────────────────────────────────┼────┤
│ 意見書案 │                                 │    │
│      │教育予算の拡充を求める意見書                   │原案可決│
│ 第14号 │                                 │    │
├──────┼─────────────────────────────────┼────┤
│ 意見書案 │                                 │    │
│      │地方税財源の充実確保を求める意見書                │原案可決│
│ 第15号 │                                 │    │
└──────┴─────────────────────────────────┴────┘

■請願
┌──┬────────────────┬───────┬────────────┬────┐
│請願│                │       │            │    │
│  │     件    名     │ 付託委員会 │  委員会の審査経過  │ 結果 │
│番号│                │       │            │    │
├──┼────────────────┼───────┼────────────┼────┤
│  │                │       │  平成25年第3回   │    │
│4 │教育予算の拡充を求める請願   │教育福祉委員会│            │採 択 │
│  │                │       │ (採択すべきもの)  │    │
└──┴────────────────┴───────┴────────────┴────┘


意見書案第14号
                教育予算の拡充を求める意見書

 子どもたちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤作りにとってきわめて重要なことである。特に学級規模の少人数化は、保護者などの意見募集でも小学1・2年生のみならず、各学年に拡充すべきとの意見が大多数である。地方は独自の工夫で学級規模の少人数化をすすめてきているが、地方交付税削減の影響や厳しい地方財政の状況などから、自治体が独自財源で学級の少人数化を拡充することは困難の状況になっている。
 また、東日本大震災において、学校施設の被害や子どもたちの心のケアなど教育の早期復興のための予算措置、早期の学校施設の復旧など政府として人的・物的な援助や財政的な支援に継続的に取り組むべきである。
 したがって、教育予算を国全体として、しっかりと確保・充実させるため、次の事項を実現されるよう、強く要望する。

1.きめ細かな教育の実現のために少人数学級を推進すること。
2.教育の機会均等と水準の維持向上をはかるため、その根幹となる義務教育費国庫負担制度を堅持す
 ること。
3.東日本大震災等における教育復興のための予算措置を継続して行うこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

  平成25年9月11日

                                    茨城県石岡市議会議長


意見書案第15号
              地方税財源の充実確保を求める意見書

 地方財政は、社会保障関係費などの財政需要の増加や地方税収の低迷等により、厳しい状況が続いている。こうした中、基礎自治体である市が、住民サービスやまちづくりを安定的に行うためには、地方税財源の充実確保が不可欠である。
 よって、国においては、下記事項を実現されるよう強く求める。

                      記
1 地方交付税の増額による一般財源総額の確保について
 (1) 地方単独事業を含めた社会保障関係費の増など、地方の財政需要を地方財政計画に的確に反映す
  ることにより、一般財源総額を確保すること。
 (2) 特に地方の固有財源である地方交付税については、本来の役割である財源保障機能・財源調整機
  能が適切に発揮されるよう増額すること。
 (3) 財源不足額については、臨時財政対策債の発行等によることなく、地方交付税の法定率の引上げ
  により対応すること。
 (4) 依然として厳しい地域経済を活性化させる必要があることから、地方財政計画における歳出特別
  枠を維持すること。
 (5) 地方公務員給与の引下げを前提として、平成25年度の地方交付税が削減されたが、地方の固有
  財源である地方交付税を国の政策誘導手段として用いることは、避けること。
2 地方税源の充実確保等について
 (1) 地方が担う事務と責任に見合う税財源配分を基本とし、当面、国と地方の税源配分を「5:5」
  とすること。
   その際、地方消費税の充実など、税源の偏在性が小さく、税収が安定的な地方税体系を構築する
  こと。
 (2) 個人住民税は、その充実確保を図るとともに、「地域社会の会費」という基本的な性格を踏まえ、
  政策的な税額控除を導入しないこと。
 (3) 固定資産税は、市町村の基幹税目であることから、その安定的確保を図ること。
   特に、償却資産の根幹をなしている「機械及び装置」に対する課税等については、現行制度を堅
  持すること。
 (4) 法人住民税は、均等割の税率を引き上げること。
 (5) 自動車重量税及び自動車取得税は、代替財源を示さない限り、市町村への財源配分の仕組みを含
  め現行制度を堅持すること。
 (6) ゴルフ場利用税は、ゴルフ場所在の市町村にとって貴重な税源となっていることから、現行制度
  を堅持すること。
 (7) 地球温暖化対策において地方自治体が果たしている役割を踏まえ、地球温暖化対策譲与税を新た
  に創設するなど、地方税財源を確保する仕組みを構築すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

  平成25年9月11日

                                    茨城県石岡市議会議長