議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 古河市

議案第88号 議員提出議案第4号




議員提出議案第4号

教育予算の拡充を求める意見書

上記議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

平成25年

古河市議会議長

9月20日











提出者

議会運営委員会委員長









賛成者

議会運営委員会副委員長









議会運営委員会委員























































- 188 -



教育予算の拡充を求める意見書(案)

子どもたちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤作りにとってきわめて重要なことである。
特に学級規模の少人数化は保護者などの意見募集でも小学1・2年生のみならず、各学年に拡充すべ
きとの意見が大多数である。地方は独自の工夫で学級規模の少人数化をすすめてきているが、地方交
付税削減の影響や厳しい地方財政の状況などから、自治体が独自財源で学級の少人数化を拡充するこ
とは困難な状況になっている。
また、東日本大震災等において、学校施設の被害や子どもたちの心のケアなど教育の早期復興のた
めの予算措置、早期の学校施設の復旧など政府として人的・物的な援助や財政的な支援に継続的に取
り組むべきである。
したがって、教育予算を国全体として、しっかりと確保・充実させるため、次の事項を実現される
よう、強く要望する。

1.きめ細かな教育の実現のために少人数学級を推進すること。
2.教育の機会均等と水準の維持向上をはかるため、その根幹となる義務教育費国庫負担制度を堅持
すること。
3.東日本大震災等における教育復興のための予算措置を継続して行うこと。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成25年

9月20日

古河市議会議長

(提出先)
内閣総理大臣

安倍晋三

殿

内閣官房長官



義偉

殿

文部科学大臣

下村博文

殿

財 務 大 臣

麻生太郎

殿

総 務 大 臣

新藤義孝

殿



- 189 -