議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 古河市

目次 09月12日−審査事件・議案質疑・採決−02号




平成25年  一般会計決算特別委員会 − 09月12日−審査事件・議案質疑・採決−02号









平成25年  一般会計決算特別委員会





      平成25年古河市一般会計決算特別委員会会議録 第2号

平成25年9月12日(木曜日)
                                     
議 事 日 程
  平成25年9月12日(木曜日)午前10時開議         
? 開議                             
? 審査事件                           
1、認定第9号 平成24年度古河市一般会計歳入歳出決算認定について
     (質疑、討論省略、採決)                
? 閉会                             
                                     
出 席 委 員
   委 員 長   高 橋 秀 彰 君   │   委  員   生 沼   繁 君
   副委員長   堀 江 久 男 君   │   委  員   渡 辺 松 男 君
   委  員   柳 田 隆 志 君   │   委  員   園 部 増 治 君
   委  員   ? 見 久美子 君   │   委  員   舘 野 洋 二 君
   委  員   大 島 信 夫 君   │   委  員   赤 坂 育 男 君
   委  員   秋 庭   繁 君   │   委  員   増 田   悟 君
                                     
説明のため出席した者
   企 画 部
   企画部長   川 上 幸 男 君   │   名崎工業   田 中 光 大 君
                      │   団  地            
                      │   推 進 室            
                      │   課  長            
                      │                   
   参 事 兼   綾 部 敏 明 君   │   秘 書 課   尾 花   仁 君
   企 画 課               │   副参事兼            
   課 長 兼               │   広 報 室            
   道 の 駅               │   室  長            
   推 進 室               │                   
   室  長               │                   
                                     
   総 務 部
   総務部長   鈴 木 一 雄 君   │   参 事 兼   香 取   勲 君
   兼 危 機               │   総 務 課            
   管 理 監               │   課  長            
                      │                   
   総 務 課   中 田 昌 宏 君   │   交通防犯   塚 原   明 君
   副参事兼               │   課 課 長            
   法務対策               │                   
   室 室 長               │                   
                      │                   
   参 事 兼   間 下 良 一 君   │   参 事 兼   知 久   昇 君
   行政管理               │   消防保安            
   課 課 長               │   課 課 長            
                      │                   
   情報管理   辻   佳 伸 君   │   消防保安   土 堂 文 雄 君
   課 課 長               │   課副参事            
                      │                   
   参 事 兼   渡 沼   博 君   │                   
   危機管理               │                   
   課 課 長               │                   
                                     
   財 政 部
   財政部長   大 出   豊 君   │   市民税課   倉 持 義 寛 君
                      │   副 参 事            
                      │                   
   財 政 課   秋 山   稔 君   │   資産税課   知 久 文 雄 君
   課  長               │   課  長            
                      │                   
   収 納 課   植 田 勝 己 君   │   参 事 兼   落 合 秋 男 君
   課  長               │   管 財 課            
                      │   課  長            
                      │                   
   収 納 課   鶴 見 義 隆 君   │   参 事 兼   秋 山 哲 男 君
   副 参 事               │   契約検査            
                      │   課 課 長            
                      │                   
   参 事 兼   金 澤   正 君   │                   
   市民税課               │                   
   課  長               │                   
                                     
   生活環境部
   生活環境   落 合 清 一 君   │   参 事 兼   玉 井   究 君
   部  長               │   市  民            
                      │   サービス            
                      │   課 課 長            
                      │                   
   自治振興   福 島 正 浩 君   │   参 事 兼   金 谷 哲 哉 君
   課 課 長               │   環 境 課            
                      │   課  長            
                      │                   
   人権推進   斉 藤 利 雄 君   │   環 境 課   舘 野 義 勝 君
   室 室 長               │   副参事兼            
                      │   環境施設            
                      │   管 理 室            
                      │   室  長            
                      │                   
   市 民 課   染 野 政 一 君   │                   
   課  長               │                   
                                     
   市民学習部
   市民学習   塚 原 幸 雄 君   │   三和図書   村 田 恭 子 君
   部  長               │   館 館 長            
                      │                   
   参 事 兼   刈 部 俊 一 君   │   文 化 課   三 田 久 男 君
   生涯学習               │   課  長            
   課 課 長               │                   
                      │                   
   参 事 兼   生 沼 輝 男 君   │   文 化 課   長 浜 行 雄 君
   施設管理               │   副参事兼            
   課課長兼               │   古河歴史            
   中央公民               │   博 物 館            
   館 館 長               │   館 長 兼            
                      │   三和資料            
                      │   館 館 長            
                      │                   
   施設管理   赤 澤 英 夫 君   │   文 化 課   臼 井 公 宏 君
   課副参事               │   篆刻美術            
                      │   館館長兼            
                      │   古河街角            
                      │   美 術 館            
                      │   館  長            
                      │                   
   施  設   小 倉 英 雄 君   │   文 化 課   伊 藤 俊 行 君
   管 理 課               │   古河文学            
   副参事兼               │   館 館 長            
   古河図書               │                   
   館館長兼               │                   
   古 河 東               │                   
   公 民 館               │                   
   館  長               │                   
                      │                   
   施  設   森 田   馨 君   │   参 事 兼   古 谷 芳 和 君
   管 理 課               │   スポーツ            
   副参事兼               │   振 興 課            
   生涯学習               │   課  長            
   センター               │                   
   総和館長               │                   
                      │                   
   施  設   染 野 哲 生 君   │   スポーツ   初 見   卓 君
   管 理 課               │   振 興 課            
   副参事兼               │   副参事兼            
   ユーセン               │   中央運動            
   ター総和               │   公園所長            
   館  長               │                   
                      │                   
   施  設   塚 原   昇 君   │                   
   管 理 課               │                   
   副参事兼               │                   
   地域交流               │                   
   センター               │                   
   館  長               │                   
                                     
   健康福祉部
   健康福祉   岩 崎 登 一 君   │   参 事 兼   植 竹 英 世 君
   部  長               │   生活保護            
                      │   課 課 長            
                      │                   
   参 事 兼   田 沢 道 則 君   │   障 が い   是 枝 慶 郎 君
   福祉総務               │   福 祉 課            
   課 課 長               │   課  長            
                      │                   
   参 事 兼   宇都木 洋 子 君   │   参 事 兼   柿 沼   章 君
   高齢福祉               │   健  康            
   課 課 長               │   づくり課            
                      │   課  長            
                      │                   
                      │                   
   地域包括   関   眞智子 君   │   健  康   直 井 浩 子 君
   支  援               │   づくり課            
   センター               │   副 参 事            
   課  長               │                   
                      │                   
   介護保険   森 口 光 司 君   │   国保年金   塚 原   栄 君
   課 課 長               │   課 課 長            
                                     
   子ども部
   子 ど も   遠 藤   操 君   │   子 育 て   笠 島 文 彦 君
   部  長               │   支 援 課            
                      │   副参事兼            
                      │   子 ど も            
                      │   政 策 室            
                      │   室  長            
                      │                   
   参 事 兼   森   良 明 君   │                   
   子 育 て               │                   
   支 援 課               │                   
   課  長               │                   
                                     
   産 業 部
   産業部長   高 橋   操 君   │   農 政 課   山 中 啓 治 君
                      │   課  長            
                      │                   
   商工政策   尾 花 栄 子 君   │   農 政 課   山 中 幸 一 君
   課 課 長               │   副参事兼            
                      │   農  業            
                      │   活 性 化            
                      │   推 進 室            
                      │   室  長            
                      │                   
   観光振興   渡 辺 誠 一 君   │   参 事 兼   長 瀬 仁 八 君
   課 課 長               │   土地改良            
                      │   課 課 長            
                      │                   
   観光振興   羽 部   寿 君   │                   
   課副参事               │                   
   兼 物 産               │                   
   振 興 室               │                   
   室  長               │                   
                                     
   建 設 部
   建設部長   並 木 準 一 君   │   建築指導   安 田 茂 也 君
                      │   課 課 長            
                      │                   
   参 事 兼   秋 葉 邦 之 君   │   参 事 兼   永 塚 敬 之 君
   都市計画               │   道 路 課            
   課 課 長               │   課  長            
                      │                   
   道 路 課   鈴 木 照 夫 君   │   参 事 兼   今 泉   誠 君
   副 参 事               │   営繕住宅            
                      │   課 課 長            
                      │                   
   道 路 課   山 中 正 美 君   │   地籍調査   関   保 夫 君
   副 参 事               │   課 課 長            
                      │                   
   道 路 課   児矢野   茂 君   │   地籍調査   山 田 芳 弘 君
   副 参 事               │   課副参事            
                                     
   上下水道部
   上下水道   三 田 秀 宏 君   │   参 事 兼   新 井   実 君
   部  長               │   下水道課            
                      │   課  長            
                                     
   教 育 部
   教育部長   伊 藤 勝 之 君   │   指 導 課   倉 持   功 君
                      │   課  長            
                      │                   
   参  事   永 盛 清 二 君   │   学校給食   飯 田   明 君
                      │   保 健 課            
                      │   課  長            
                      │                   
   教育総務   鈴 木   博 君   │   学校給食   木 村 堅 一 君
   課 課 長               │   保 健 課            
                      │   副参事兼            
                      │   古河学校            
                      │   給食共同            
                      │   調 理 場            
                      │   場  長            
                      │                   
   教育総務   野 口 ヒデ子 君   │   学校給食   生 沼 伸 明 君
   課副参事               │   保 健 課            
                      │   副参事兼            
                      │   三和学校            
                      │   給食セン            
                      │   ター所長            
                      │                   
                      │                   
   教育総務   青 木 秀 夫 君   │                   
   課副参事               │                   
                                     
   農業委員会
   事務局長   岩 瀬 孝 夫 君   │   事 務 局   宇都木 利 之 君
                      │   次  長            
                                     
   監査、選管、公平委員会
   事務局長   張 替 康 則 君   │                   
                                     
議会事務局職員出席者
   事務局長   永 塚 一 夫 君   │   次  長   阿久津   守 君
                      │                   
   次長補佐   小野里 美由紀 君   │   主  事   須 田 祐 介 君
   兼 議 会               │                   
   総務係長               │                   
                      │                   
   議事調査   斉 藤 恭 嗣 君   │   主  事   菊 地 美奈子 君
   係  長               │                   
                      │                   
   主  幹   梅 本 俊 明 君   │                   
                                     





平成25年9月12日(木曜日)午前10時 1分開議

          〔委員長高橋秀彰委員、委員長席に着く〕

                                     



△開議の宣告



○委員長(高橋秀彰君) 皆さん、おはようございます。ただいまの出席は12名、欠席はありません。よって、定足数に達しておりますので、これより昨日に引き続き一般会計決算特別委員会を開きます。

 なお、説明のため各所管部課長の出席を求めてありますので、御了承願います。

                                     



△審査事件

認定第9号 平成24年度古河市一般会計歳入歳出決算認定について



○委員長(高橋秀彰君) これより審査に入ります。

 昨日に引き続き、認定第9号 平成24年度古河市一般会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。

 これより質疑並びに御意見を承ります。

 9款消防費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔発言希望委員挙手〕



○委員長(高橋秀彰君) 2名と確認いたします。

 順次発言を許します。

 初めに、秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) では、消防について1点だけお伺いします。

 決算書324ページ、ここの下のほうに水防演習等事業ということで次ページにわたって水防演習の関係が出ている。実は古河市の危機管理課主催で群馬大学の教授を呼んで学習会をしました。古河市における災害で最も予期せぬものは何か、大事なものは何かという点で、やっぱり渡良瀬川と利根川の氾濫について、シミュレーションも使って学習会等もさせていただきました。

 この水防の関係で、いざ警戒水域ということになると消防団の方たちも出動してその任に当たっていただくわけですが、聞くところによると水防の装備というのがほとんどないと。一昨年ですか、ライフジャケットが配られた程度というふうに伺っている。今年度この水防演習に関し、水防に対する装備、あるいは今後どのような連絡手段とか、水防に関する必要なものについて考えているのか、その辺についてだけ1点お伺いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 知久総務部参事兼消防保安課課長。



◎総務部参事兼消防保安課課長(知久昇君) 今質疑いただいている事業については、消防団員の方に近隣市町村と輪番で訓練を開催しまして、実施もしくは計画中ということで、水防の技術を習得していただくということで実施しているものです。今秋庭 繁委員が言われているように、水防活動における装備等については、当然消防から水防活動していただく場合の安全確保の面もありますので、団本部と協議をしながら、装備の必要なものについては検討していきたいと考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 昨年度はこれとあわせて国土交通省で、水防の訓練、それから壮大な準備もやられたようですけれども、団員の中から、今まではライフジャケットがなかった、それから連絡手段について個人の携帯電話を使ってくださいということだったので、これではうまくないと、もう少しきちんとしてほしいという声があった。今知久総務部参事兼消防保安課課長のほうから、今後については団員の意見も聞いてということでありましたので、ぜひそういう点では充実したものにしてほしいと意見を申し上げて、終わります。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 次に、生沼 繁委員の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) 私は2点ほどお伺いしたいと思います。

 まず、1点目でありますけれども、決算書の320ページの下段、それと評価書では192ページ、193ページですか、この消防団活動事業について。消防団活動事業の中で非常勤特別職報酬2,325万円が決算書に上がっておりますけれども、階級によってそれぞれの年間の報酬が違うと思いますが、団員の年間の報酬は幾らか。

 あとは出場回数ですか、訓練、火災、また水防を含めて、おおむねで結構なのですけれども。それとこの報酬の単価、県の平均単価とか、また近隣の団員の平均の報酬と比較して高いのか低いのか、その3点についてちょっとお伺いします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 知久総務部参事兼消防保安課課長。



◎総務部参事兼消防保安課課長(知久昇君) 生沼 繁委員の質疑にお答えをさせていただきます。

 まず、団員の報酬の件ですけれども、階級によって報酬は違います。古河市の場合は、団員の士気を高めるということで、消防団員としては県内のトップレベルにあります。その上の分団長、団長等の報酬もあるのですけれども、こちらについては県の中位よりちょっと上ぐらいだと思います。とにかく、頑張っていただく団員のために、年額5万円という金額で今報酬を出しています。この金額は県内でトップクラスということでありますので、御理解をいただきたいと思います。

 それと、消防団の出場回数の御質疑ですけれども、評価書のほうにも書いてありますように、昨年度86件の出場をしていただいております。これは、火災、水害、それから場合によっては誤報とかいたずらなど当然あるのですが、緊急という判断で出場要請をかけておりますので、そういうことを含めて86回の出場をしていただいております。よろしくお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 生沼 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) この86回というのは1人の団員の出場回数でしょうか。これを確認したいのですけれども。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 知久総務部参事兼消防保安課課長。



◎総務部参事兼消防保安課課長(知久昇君) 今お話しした出場回数、これは済みません、消防団としての回数です。評価書のその上に団員数が入っていると思うのですが、3,530名の団員が86回出場していただいているというふうなことで、御理解をいただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 生沼 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) なぜこの報酬とかそういうのを聞くかといいますと、今団員が15名で27個分団で組織されているわけでありますけれども、各分団とも団員確保というのが非常に難しいというか、厳しい。また、団員はそれぞれ一番血気盛んでもあるし、また働き盛りでもあるわけです。そんな中で、ここの評価書にもありますけれども、休日出動とかそういうことで、家族を持っている方はある意味家族を犠牲にしたり休日返上で、消防団活動に携わっているわけなのです。少しでも団員がやりやすい環境というか、そういうのをこれからもっともっと考えていかなくてはならないと思います。また、昔は、その地に生まれて健全な男子であれば大体が自営業であれ、農業をやっている方はほぼ入ったのですけれども、近年はサラリーマン化して、自由に自分の時間がとれない。そんな中でやっているわけでありますので、これからいろんな面で待遇が少しでもよくなるように、何かいい方策があれば、また皆さんと知恵を絞り合いながら、団員が活動しやすい環境をつくってやりたいと思っております。この改善については、今後前向きないろいろ意見とか考えがありましたら、よろしくお願いしたいと思います。

 以上、1点につきましては質疑を終わりにいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 知久総務部参事兼消防保安課課長。



◎総務部参事兼消防保安課課長(知久昇君) 先ほどの質疑に対してお答えしたいと思います。

 生沼 繁委員がおっしゃるように、最近団員の確保は大変厳しい現状にはあります。昔は、団員が声をかけて団員が集まったという時代もありましたけれども、今はなかなか厳しい。行政としても地域の行政自治会の方々と連携をしていただくような流れとか、消防団活動をPRするということで、いろいろ模索しております。

 ことしからホームページにも消防団を紹介して消防団の活動をPRするものを入れさせていただいております。そういった形で団員が活動していただけるように、行政としても助言していきたいと思います。

 あと、生沼 繁委員が言われるように、どうしてもこの団員活動というのは、地域のことを考えて、みずからの地域はみずから守るというような郷土愛も必要だと思います。そういったことで、市民の方にも防災に対する意識を高めていただけるような施策等も今後検討していきたいと思いますので、御助言をいただきたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 生沼 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) それでは、決算書の324ページです。上段のほうになりますけれども、消防施設整備事業の中で防火水槽設置設備工事663万3,900円が計上されております。この防火水槽は毎年度どれぐらい要望があって、設置場所はどんなところを主にやっているのか。例えば、民地であるとか、あるいは公園であるとか、その辺をちょっと伺います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 知久総務部参事兼消防保安課課長。



◎総務部参事兼消防保安課課長(知久昇君) 防火水槽の件ですけれども、平成24年度は三和地区東山田に1基建設いたしました。防火水槽については、土地を半永久的に使用するということで、用地の確保等の問題も結構あります。今のやり方としては、当然消防水利の基準に従いまして、水利が不足しているところを優先的に考えておりますけれども、地域の要望があったところに対して土地を確保していただく。そこに市が防火水槽を建設するというようなことで事業を実施しております。年度によって基数は若干違いますけれども、年一、二基は建設をしていると思いますので、よろしくお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 生沼 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) なぜこの防火水槽設置に前向きかといいますと、消火栓設備等は、ある程度水道管が入れば設置できるわけでありますけれども、いざ大災害が起きたとき、例えばポンプの電源がとまってしまったときには、この消火栓というのは全く役に立たないわけですよ。そんな中で火災等が発生した場合に、防火水槽あるいは川の水、これが有効な水利として水量をとれるわけでありますので、ある程度公園とか公民館の駐車場であるとか、そういう公のところにも、必要であればこれらの防火水槽を設置していく考えが、これからもあるのかどうかちょっとその辺をお伺いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 知久総務部参事兼消防保安課課長。



◎総務部参事兼消防保安課課長(知久昇君) 生沼 繁委員がおっしゃるように、消火栓については断水、漏水等があったときには全く使用できない。行政といたしましても防火水槽は絶対的水利であるということで、確保に努めていきたいというようなことで考えております。

 先ほどお話ししたように、どうしても民地の場合、土地の確保がなかなか難しいという課題もあります。国が定めている消防水利の基準というようなものもございますので、その基準と、あと地域の要望等を加味しながら、水利が不足しているところには公共用地等を活用できれば、積極的に整備は考えていきたいというふうなことで御理解をいただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 生沼 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) 今設置されているこの防火水槽でありますけれども、これらは全て耐震型の防火水槽を設置ということで理解してよろしいのか、その1点だけちょっと確認させていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 知久総務部参事兼消防保安課課長。



◎総務部参事兼消防保安課課長(知久昇君) 耐震について御質疑いただきました。

 消防水利の基準では、40トン以上の防火水槽が基準になっております。当然耐震性というようなことも基準にうたわれておりますので、今古河市では先ほど言いました地元要望、あと市が建設する場合はいろいろな状況を踏まえながら、40トン以上の耐震性の防火水槽を整備するというようなことで事業に取り組んでおりますので、御理解ください。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、生沼 繁委員の発言は終了いたしました。

 以上で、挙手による通告の発言は終了いたしました。

 ほかに発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で9款消防費についての発言は終了いたしました。

 次に、10款教育費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔発言希望委員挙手〕



○委員長(高橋秀彰君) 6名と確認いたします。

 順次発言を許します。

 初めに、柳田隆志委員の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) 私からは1カ所質疑させていただきます。

 決算書340ページ、評価書の200ページの英語教育推進事業についてお聞きしたいと思います。201ページの公平性のところで、ALTの配置、英語サポーター派遣と書いてあるのですけれども、このALTの人数と、どこの国籍の方がいらっしゃるのか。あと、英語サポーターの人数とどういった方がこのサポーターになられているのか、まず2点をお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) 柳田隆志委員の御質疑にお答えをさせていただきます。

 英語教育推進事業についてですけれども、平成24年度はALTを13名雇用いたしました。それで、国籍については、アメリカ国籍、それからオーストラリア国籍、それとフィリピン国籍のALTを雇用してございます。

 また、英語サポーターにつきましては、平成24年度につきましては11名雇用いたしました。基本的に英語サポーターは、中学校英語の普通免許状を所有している方で、中学校の放課後補習の中で英語サポーターに活躍していただいております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の2回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。結構採用されているということで、ALTが13名、英語サポーターは11名ということですが、英語教育推進事業の意図のところで、聞くこと、話すこと、読むこと、書くことの4領域のコミュニケーション能力の基礎を養うと書いてあるのです。今なぜ国籍を聞いたかといいますと、答弁にあったのは、アメリカの方、オーストリラリアの方、フィリピンの方ということですけれども、英語といっても、皆さん御存じのとおり、厳密にはイギリス、クイーンズイングリッシュからアメリカンイングリッシュ、フィリピンの方が入っているのでアジアンイングリッシュだと思うのです。そうなると、この英語教育という観点で見てしまうと、発音という部分では、例えばアメリカでは「エレベーター」と言ってもイギリスでは「リフト」と言ったり、地下鉄のことをアメリカでは「チューブ」と言っても、イギリスだと「アンダーグラウンド」と言ったりとか、そういうふうに単語が違ってきたりとか、文化も違えば発音も違ってくるわけです。そういった中で、1つの国籍ではなくて、いろんな国籍がある中で、例えばここの中学校の方はアジアンイングリッシュを学んでいます、あそこの中学校ではアメリカンイングリッシュを学んでいますとなると、ちょっとばらばらなのかなという気がします。私自身はどちらかというと英語教育推進事業というのは、英語教育という語学の部分も大切なのですけれども、例えば文化の多様性だったりとか、価値観の多様性だったりとか、そういった意味で学ぶべきものはすごく多いと思うのです。先ほど言ったようなその辺の国籍の違いによる言語の違い、そういった部分をどのように考えていらっしゃるのか、お聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) 今柳田隆志委員御指摘のように、国籍が違うと文化あるいは言語に若干違いが出てくるわけです。基本的にALTにつきましては派遣会社と委託契約いたしまして、派遣していただいています。実は、その派遣会社では、指導に当たってトレーニング期間を設けて、日本の小学校あるいは中学校における英語というものを学ぶと同時に、その統一したカリキュラムで指導しているところでございます。そういう意味では、多少ネーティブな発音における違いは出てしまうと思うのですけれども、日本の現状に合わせた指導をしてもらうという契約でやっていただいております。

 また、ALTは1年契約、1年ごとに学校をかえておりますので、例えばアメリカ国籍のALTが派遣された学校には次の年は違った国のALTという形です。固まらないように配慮して派遣しているところでございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の3回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。

 実は、私も総和町時代に、英語教育推進事業だと思うのですけれども、ALTの方に学んだ経験があります。正直、その時代は中学校に、ある意味日本人しかいない中で、本当に肌の色が違ったりとか、髪の毛の色が違う人が来るだけで、やっぱり文化とかそういうものの価値観の物すごい違いに、私は衝撃を受けた記憶があります。そういう中でそこから自分の人生も変わっていったりとか、いろんな方向性が、やっぱり多感な時期なので、変わっていくと思うのです。

 先ほど聞いて安心したのは、トレーニング期間を設けてそういう意味ではある程度平準化して、どこの中学校でも同じような学習が学べる。いいとは思うのですけれども、あくまでもこの英語教育推進事業というのは、いわゆるテクニカルな部分、要するに語学の部分でしか述べられていないので、ぜひともそういった、どちらかといえば中学生が感じるものというのは、英語教育、発音もさることながら、文化だったりとか、肌の色だったりとか、向こうではどういう生活をしているのだろうとか、そういうことにすごく興味を持つ生徒は多いと思うので、そういうものもこの事業の中に含めていただいて、トータル的なものを子供たちに学んでもらえたらと思うのです。最後にそこだけお考えを聞かせていただければと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) 現在ALTにつきましては、現行の学習指導要領に基づいて小学校にも派遣しております。小学校の場合には、外国語に親しむということと同時に外国の文化に親しむということもございまして、例えばハロウィーンであるとかクリスマスであるとか、そういった外国の文化のいわゆるイベントを教室に持ち込んで、それぞれの児童に触れさせているという現状でございます。

 中学校におきましても、教科書に基づくネーティブの発音をただ聞かせるだけではなくて、その間、間で自国の文化等を説明していただいて、触れさせるようなALTの雇用を、今後とも努めていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、柳田隆志委員の発言は終了いたしました。

 次に、?見久美子委員の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 決算書の334ページ、下のほうの小中学校不審者等情報システム事業について1点お伺いしたいと思います。まずこちらは、システムということなのですが、まず1点目、どのような使い方をしているのか、その内容を教えていただきたいと思います。

 それから、2つ目に、年に何回この不審者情報があるのか。

 それから、この「不審者等」とありますけれども、不審者以外どのような情報があるのかお教え願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 鈴木教育総務課課長。



◎教育総務課課長(鈴木博君) ただいまの御質疑にお答えいたします。

 まず、不審者情報システムでございますが、学校等で不審者情報が発生した場合には教育委員会に情報が入ってきます。入ってきましたら、教育委員会からパソコンを使いまして、不審者情報システムに登録されている保護者また教職員関係に一斉に送信をします。ということで運用しております。

 発生件数でございますが、平成24年度の発信数は45件でございました。発信につきましては、いち早く情報を知らせるということもありまして、45件の内訳としましては、教育総務課からは26件、学校からは19件を発信してございます。

 不審者等ということで、どういったものがあるかということでございます。教育委員会からは主に不審者の情報、学校から流す場合は、そのときの状況によりまして、登下校の際の何か危険とかそういったものがあった場合に流すということで、「等」というふうな表現をしております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 今結構不審者が多いということで、県のほうからも「ひばりくん」という不審者情報なんかもあって、古河地区で登録してあると古河地区でというふうに携帯電話等に入ってきます。今の流れだと、パソコンへのあれなのでしょうか。それとも、携帯電話に流れるようになっているのでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 鈴木教育総務課課長。



◎教育総務課課長(鈴木博君) 基本的には携帯電話への登録を募集といいますか、毎年度学校で募集しまして、登録を希望された方の携帯電話に発信をしております。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の3回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) ありがとうございます。保護者はお勤めしている方が多いので、登下校をすごく心配される方が多いと思います。携帯電話へ登録をされる人数も多いと思いますけれども、できれば皆さんに登録していただいて、いち早く情報が流れるように御指導していただきたいと思い、意見としてお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、?見久美子委員の発言は終了いたしました。

 次に、秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) では、私から1点だけお聞かせいただきたいと思います。

 1つは、決算書の348ページの図書購入費の下に小学校要保護及準要保護児童援助事業とあります。これの要保護及準要保護の内訳、数だけ教えてください。

 それから、もう一つは、356ページ、中学校の要保護及準要保護児童援助事業ということで、この両方の数だけ教えていただけますか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 鈴木教育総務課課長。



◎教育総務課課長(鈴木博君) 要保護、準要保護者の人数ということで、小学校につきましては要保護94人でございます。準要保護児童につきましては200人です。(秋庭 繁委員「200人」と呼ぶ)200ちょうどです。(秋庭 繁委員「200ちょうどね」と呼ぶ)中学校でございますが、要保護者86名、準要保護生徒131名でございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 日本の生活保護世帯が200万人を超えるという状況の中で、古河市においても平成23年度、平成24年度を見て、ふえているのかどうか。確かにふえてきてはいると思うのですが、これに対して教育委員会としてはどういう考えでいるのか、その辺について2回目ちょっとお伺いしたいのです。

 ことし初めて子ども貧困対策支援法というような法律ができたという深刻な事態が日本の中にある。OECD諸国の中でも貧困率で見ると40番を超えているという状況なわけです。教育委員会としてはこの問題をどう捉えているのか、それについて伺います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 鈴木教育総務課課長。



◎教育総務課課長(鈴木博君) まず、要保護者、準要保護者を前年度と比較しますと、要保護者につきましては前年度から若干減っております。97人から94人と減っております。準要保護についても、たまたま平成24年度は231名から200人と減少しております。中学校につきましては、前年度65人に対して86人とふえております。また、準要保護につきましては、前年度159名に対して133人、前年度と比較しますと中学校の要保護以外は減少しているという傾向でありますが、たまたま平成24年度は減少傾向にあったということであります。恐らく経済状況から考えまして、まだまだ上昇していくというふうなことは予想されるかと思いますので、この制度を通しまして、そういった方にはなるべく補助を受けられるよう周知をしていきたいというふうに思います。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 教育支援として非常に大事なことだと思うのです。

 前に、支援法に基づく学力の差がないようにと教育委員会にもお伺いしたところ、教育の公平性の観点からというふうな答弁をいただきましたけれども、日常の学校教育と、受験をして高校に進むという中で、小中学校での教育というのは大事だと思います。そういう点では、貧富の差が学力の差に、そして学力の差がその後の生活の差になっていくという、貧困の連鎖が起きるということを政府自身心配をしているというのが現状だと思うのです。ですから、古河市における小学校、中学校のこの分野について、教育委員会としても今御答弁いただきましたが、学力の差、あるいは生活の差に陥らないような支援策をぜひお願いしたいと思います。

 意見を申し上げて、終わります。



○委員長(高橋秀彰君) 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) もう一点は、360ページ、社会教育総務費の補助金、部落解放運動団体支部啓発助成金147万6,456円。これが決算に出ているのですが、前年度は社会教育部にこの項目はなかったと思うのですが、なぜ社会教育部にこの補助金が来たのか。それから何支部へ、そしてこの使途はどういう形で使われたのか、その辺について伺います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 刈部市民学習部参事兼生涯学習課課長。



◎市民学習部参事兼生涯学習課課長(刈部俊一君) 秋庭 繁委員の質疑にお答えいたします。

 まず1問目、昨年度はこの補助金がなくて、今回出てきたという御質疑ですけれども、昨年度もこれは生涯学習課の予算として計上されております。しかしながら、平成25年度につきましては、人権推進室の予算として、そちらへ移行になったということでございます。

 それと、どういう使われ方をしたかということでございますけれども、団体につきましては4団体でございます。本事業につきましては、部落解放団体の支部内外に対する啓発活動の活発化により、住民の同和団体に対する正しい認識の向上を図ることを目的として使われてございます。具体的には、解放運動のための諸集会、支部集会、交流会、学習会、図書購入、人権啓発映画ビデオ上映会などに充てられているものでございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) では、失礼しました。昨年度も計上されていたということであれば、私が間違っていたのかなと思いますので、それは撤回いたします。

 この団体の集会や学習会などについて、それぞれ回数、それから場所、参加人数などについてはきちんと報告がされているのかどうか、その辺を伺いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 刈部市民学習部参事兼生涯学習課課長。



◎市民学習部参事兼生涯学習課課長(刈部俊一君) それぞれどういったものに使われたのかという御報告は受けてございますけれども、細かい回数等については個別には出ていないところもございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 昨日も別な項目で申し上げたのですが、同和団体の1カ所の代表から私は直接手紙をいただきました。茨城県内のそれぞれ同和団体に各市町村が年間幾ら補助金を出しているかという明細書まで添付していただきました。その資料のお手紙の中に、補助金の内容を学習、研修事業に限定すること、組織の大会、会議、行動分担金は含まない社会的な常識の範囲で、市民の納得の得られる額にすること、目的に沿って利用すること、使途を明らかにすること、領収書は第1元的資料の添付に努める、これは最低の条件だというお手紙をいただきました。古河市の場合、県内市町村の中で一番額が多いのです。年間600万円を超えるという点では、市民にきちんと説明する上で大事な資料だと思います。基本的に私は廃止という立場でいるのですが、支出した場合はその人がきちんと市に説明できると、そういう資料の添付を求めてほしい、そのことを意見として申し上げたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 刈部市民学習部参事兼生涯学習課課長。



◎市民学習部参事兼生涯学習課課長(刈部俊一君) 今年度からこの予算につきましては人権推進室で予算を計上してございますので、人権推進室のほうに委員からの御意見を伝えて、明朗な支出にしたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 次に、渡辺松男委員の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) それでは、評価書の198ページ、理科教育推進事業なのですが、事業の目的と成果のところの2番目で、手段「6名体制で、各小学校に週1〜2日ずつ派遣し」とございます。この6名というのは、どういう経歴の方が支援員として採用されているのかをまず1つ伺いたいと思います。

 それから、他の自治体の動向というところに、「理科教育支援補助指導員(サイエンスアドバイザー)として東京都港区で導入している」と、こういうふうにあります。古河市では1,230万円で手厚く支援員を採用して、事業をしているわけですけれども、この近隣市町村ではこういうのはなくて、どのように対応しているものなのでしょうか、その辺を伺いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) 渡辺松男委員の御質疑にお答えしたいと思います。

 理科教育推進事業において理科教育支援員を6名雇用しておりますけれども、経歴につきましては、特に理科の中学校、高等学校の免許を保有しているということではございません。理科教育、理科に造詣の深い人物ということで、6名を雇用しているところでございます。

 他市町村の様子ですけれども、県西管内10市町ございますが、本市のような形で理科支援員を雇用しているところにつきましては、ちょっと正確には数字は申し上げられないのですが、本市以外には2市町がこういった理科支援員という形で雇用しているというふうに聞いております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の2回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 理科に造詣の深い方ということですが、年齢的にはどういう年代の方が多いのでしょうか。

 また、効率性のところに、「1日7.5時間勤務で1時間目から6時間目までの授業に対応でき」と、「放課後は実験の準備や薬品庫の管理にあてる時間も確保できるので効率性は高い」とありますけれども、他市町村ではこれがないとなると、これは理科教育推進員という形ではなくて、ほかの何かでサポートされているのでしょうか。結構この時間というのはすごい時間なので、これをある程度担当教員がカバーするというのは大変なことであると思いますが、その辺はどう考えていらっしゃいますか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) お答えいたします。

 この理科教育支援員につきましては、特に小学校における理科教育の充実というものを願って配置しているものです。例えば、実験、観察の準備でございますけれども、学級担任がその準備等にかかわってきますが、小学校の場合は全ての教科を担当するという中で、理科について非常に時間がかかる。だから、こういった支援員が配置されていない場合、若干準備等が充実したものにできないということなので、本市のような形で支援員が入りますと、学級担任以外に、授業の前にそういった実験器具であるとか、あるいは植物、動物等の準備をしてくださるので、非常に充実した理科教育が推進できるということでございます。

 年齢ですけれども、平均38歳ぐらいの方を雇用しております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の3回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 古河市としては理科教育に十分に予算を投入し、力を入れてやっているということであろうかと思います。これが具体的な数字とか、そういう形で出るということはなかなか難しいのではないかと思いますが、理科教育に力を入れていくということは、資源のないところとしては非常に大事なことであると思います。そういう目に見えた効果というのはあるのかどうなのか、ちょっと厳しいのかもしれませんけれども、教育に使われることは、それ自体非常にいいことだと考えておりますが、そういうのがあったら教えていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) そういった支援員の配置による効果はございます。渡辺松男委員のおっしゃるとおり、具体的な数字等にあらわれているということはございませんが、先ほど申し上げましたように、学級担任ができないような細かいところの準備、例えば授業を始める前に、児童の前で演技的にやる実験が充実していれば、そのことでその授業に対する興味関心が湧いて、より充実した授業内容になるということでございます。より興味関心を引く、そして具体的な準備によってもっと実践的な実験観察ができるということで、興味関心を持って実験が好きになったという児童がふえているというのは、報告を受けております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の次の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 評価書の208ページでございます。自然科学研究推進事業、この評価書を読ませていただきました。3番、事業の目的と成果のところで、「郷土「古河」に誇りをもち、科学する心で生活する児童・生徒の育成を図る」とあります。それから、4番のところに、「市内小中学校21校で事業を実施し、郷土に対する関心及び児童生徒の科学への興味・関心・意欲の向上が見られた」とございます。自然科学研究推進事業ということで、純粋に科学的なものをやるのか。郷土というのと一緒になっておりますので、具体的にどういう形でこの事業を展開されて、どのような効果があったかを伺いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) 古河市自然科学研究推進事業につきましては、昨年度から実施している事業でございます。科学する心を育てる、現行学習指導要領にも実践教育の充実というふうにうたわれています。もう一方で、郷土古河に対する愛情を育てるということもございます。例えば実践的な取り組みの事例といたしまして、わたらせ未来プロジェクトといったものがございます。ずっと住み続ける地域を目指したいということで、渡良瀬川を教材としました観察あるいは調査活動をしまして、例えば自然保護、あるいは自然の活用といったものを研究することによって科学の芽を育てる、そして地域に対する愛情を育てる、そういった授業を展開しているのが一つの事業でございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の2回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 古河市の自然を観察しながら、科学も一緒にやっていらっしゃるということであるというお話でした。これは、古河市独自の取り組みであるということでございますが、近隣、また他市でこういうのはあるのでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) 現状は、県西管内10市町において本市のような取り組みをしているという市町はありません。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の3回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 郷土に誇りを持って、またその郷土の自然観察をしっかりとして深めていくという事業であるということでございます。わかりました。結構です。



○委員長(高橋秀彰君) 渡辺松男委員の次の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 次に、評価書の226ページ、青少年健全育成事業です。これの事業の目的と成果のところに、子どもを守る110番の家の登録推進数3,154軒とございます。これは現状生きているものなのか、それとも累計なのか、また今それをどう掌握されているのかということと、これに対する駆け込み件数とか、わかりましたら教えていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 刈部市民学習部参事兼生涯学習課課長。



◎市民学習部参事兼生涯学習課課長(刈部俊一君) 渡辺松男委員の御質疑にお答えします。

 子どもを守る110番の家の登録世帯数ということでございますけれども、3,154軒という数字は生きている数字ということです。保険を掛けておりますので、保険の実数、実態がこの数字というふうに御理解いただきたいと思います。

 それと、駆け込み件数ということでございますけれども、実質的には子どもを守る110番の家というシール、パネルというか、それを家の前に飾ることによって犯罪の抑止効果を狙ったものがこの110番の家でございます。事件に巻き込まれて実際にそこに駆け込んだという数字は今のところございません。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の2回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 犯罪の抑止ということであるということで、駆け込みはないほうが一番いいわけでございますけれども、このシールとかは前から同じものがずっと使われているのでしょうか。例えば、年数がたつと色があせてきたり、そういうこともあるかと思います。メンテナンスのほうはどういう形でやっていますか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 刈部市民学習部参事兼生涯学習課課長。



◎市民学習部参事兼生涯学習課課長(刈部俊一君) 劣化してしまって用をなさないというものにつきましては、張りかえとかというふうな対応はしてございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の3回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) わかりました。

 110番の家の登録推進は、やはりこれが張ってあると子供たちも安心して通学等ができると思いますので、さらに推進していっていただきたいと思います。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、渡辺松男委員の発言は終了いたしました。

 次に、園部増治委員の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 私のほうからは、まず決算書の336ページの一番下段になりますが、教育指導事業の中に13節委託料、諸検査・学力診断等委託料というのがあります。この内容につきまして、対象者とか、また委託先はどんなふうになっているのか教えていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) 教育指導事業費で各種検査の委託料でございます。まず中学校総合学力調査、小学校教研式標準学力検査、それから就学児健康診断、要するに知能検査等でございます。委託先は、それぞれの調査会社、例えばベネッセコーポレーション等に委託しているところでございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の2回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) これは中学校、小学校それぞれ全児童生徒が対象ということになるのでしょうか。

 それから、この学力診断等の結果と、その結果を受けまして今後の指導についてどのように対応していくか、どのように生かしていくかについてお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) お答えいたします。

 それぞれの調査につきましては、対象が小学生、中学生でございます。委託した業者からそれぞれの素点、得点が返ってきます。それが個票になって返ってきまして、それぞれの教科について、いわゆる分析した結果が書かれています。それが保護者にも、それから各学校の担任にも戻されるということでございます。ただ御存じのように、現在茨城県では学力診断のためのテスト、それから全国においては全国学力・学習状況調査を実施しておりまして、今年度からこの委託料における調査については、小中学校のそういった調査についてはなくなっております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 倉持指導課長、園部増治委員の質疑の中の全員対象かどうかについて。



◎指導課課長(倉持功君) (続) これは全員対象でございます。よろしくお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終了しました。

 園部増治委員の3回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) その結果を受けた今後の対応ですか、どのようにその結果を生かしていくかということをお伺いしたのですけれども、お答えがありませんでした。3回目でお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) 大変失礼いたしました。

 それぞれの調査をいたしますと、各調査の対象となった児童生徒に個票が渡ります。その個票をもとに、まず学校のほうで個別指導を行うということをお願いして、また学校としての傾向も出ますので、その学校における指導の課題というものを見出して、学力向上対策について、それぞれの各学校でそういった組織を持っておりますので、検討して指導に当たるということ。また、市といたしましても、こういったデータをもとに、例えば計画訪問であるとか行政訪問の際に、それぞれの学校に応じた指導をしているところでございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。



◆委員(園部増治君) ありがとうございました。どうぞ御指導のほうをよろしくお願いしたいと思います。

 それでは、次いいですか。



○委員長(高橋秀彰君) 園部増治委員の次の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 決算書の344ページ、小学校施設管理事業の中に、一番下段でありますけれども、土地借上料というのがあります。4,130万9,313円でありますけれども、どこの小学校でどのぐらいの面積の土地を借り上げているのか。平米当たり幾らぐらいで借り上げているのか教えていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 鈴木教育総務課課長。



◎教育総務課課長(鈴木博君) 学校用地の借上料でございます。まず、古河第一小学校でございますが、5名ほどおります。土地の面積が合計で2,763.61平米、単価にしますと1,475円となっております。

 次に、古河第二小学校でございます。古河第二小学校につきましては、2名の方から借地しております。借地面積につきまして1万1.09平米でございます。単価については2,148円でございます。古河第五小学校は、1名でございます。借地面積925平米、単価につきましては1,227円でございます。釈迦小学校は6名おりまして、1万191.12平米でございます。単価につきましては、512円でございます。上大野小学校は9名おりまして、6,739.08平米、単価は496円でございます。小堤小学校は1名、773.55平米、509円でございます。

 次に、西牛谷小学校は1名でございます。466平米、695円でございます。上辺見小学校は1名で565.07平米、798円でございます。次に、大和田小学校は1名でございます。1,775平米、600円でございます。駒込小学校は1名でございます。9,611.5平米、395円でございます。

 三和中学校は3名でございます。5,981平米、364円でございます。三和北中学校は3名でございます。1万8,491平米、571円でございます。三和東中学校は2名でございます。6,453平米の477円でございます。

 以上、中学校が3校、小学校につきましては10校でございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の2回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 中学校施設管理事業のほうは、後で聞こうかと思っていたのですけれども、答えていただきまして、ありがとうございました。

 それでは、次に進ませていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 園部増治委員の次の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 350ページの小学校教室扇風機設置事業についてお伺いしたいと思います。そのほか358ページに中学校教室扇風機設置事業もあるわけでありますけれども、それぞれの小学校のどのような教室、普通教室と特別教室とありますが、どのような教室に、学校ごとでなくてもいいのですけれども、小学校は全部で何基、中学校は何基設置されたかということをお伺いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 鈴木教育総務課課長。



◎教育総務課課長(鈴木博君) まず、小学校の扇風機設置工事でございます。

 室名につきましては、普通教室及び特別支援教室に設置しております。全部で23校、室数が340室でございます。台数につきましては、1,298台を設置しております。

 次に、中学校の扇風機設置でございます。中学校につきましても普通教室及び特別支援教室ということで、室数にしますと148室、562台を設置いたしました。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の3回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) この扇風機を設置しまして、児童生徒の感想とか先生方の感想はどのようなことが聞こえているか教えていただければと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 鈴木教育総務課課長。



◎教育総務課課長(鈴木博君) 改めてアンケート等の調査はしていないのですが、学校等に行った際お伺いしますと、余り強風にしてしまうと教科書とかページがめくれてしまうとか、資料が飛んでしまうということがあるのですが、効果はそれなりにあったと学校からそういうお話はいただいております。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。



◆委員(園部増治君) ありがとうございました。次よろしいですか。



○委員長(高橋秀彰君) 園部増治委員の次の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 1点だけお伺いしたいと思います。

 決算書の367ページ、公民館費、この中にそれぞれ中央公民館、さくら館、ふれあい館、東公民館、中田公民館、三和公民館、つつみ館とあるわけです。それぞれの公民館の職員の数、また非常勤特別職、非常勤一般職の方が勤務されておりますが、この人数について教えていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 生沼市民学習部参事兼施設管理課課長兼中央公民館館長。



◎市民学習部参事兼施設管理課課長兼中央公民館館長(生沼輝男君) 公民館の職員の人数ということでございますが、中央公民館が職員が7名、非常勤が1名でございます。それと、次にさくら公民館でございますが、非常勤が3名でございます。ふれあい公民館につきましても、同じく非常勤が3名です。東公民館でございますが、4名おりまして、非常勤が2名でございます。中田公民館につきましては、非常勤が4名です。三和公民館につきましては、非常勤は3名です。つつみ公民館につきましては、非常勤が4名です。

 公民館については以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の2回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) この公民館の中で、平成25年度にかわりまして、館長がかわったところはどことどこでしょうか。それをお聞きして終わりにしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 生沼市民学習部参事兼施設管理課課長兼中央公民館館長。



◎市民学習部参事兼施設管理課課長兼中央公民館館長(生沼輝男君) 館長が平成25年度にかわった館につきましては、さくら公民館とふれあい公民館と中田公民館、三和公民館、つつみ公民館でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、園部増治委員の発言は終了いたしました。

 次に、舘野洋二委員の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 私のほうからは2点お願いします。

 まず1点目は、決算書の340ページ、一番下の段の障害児介助事業で、成果に関する説明書は204ページと205ページ。できましたら三、四年前、平成21年度から平成24年度までの対象児童数ですか、介助員数はここに平成22年度から30名、32名、35名とありますけれども、対象児童数、ここに書いている平成22年度からで結構なのですけれども、その人数を教えていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) 学習障害児介助員でございます。介助員につきましては今年度は37名おりまして、平成22年度からの対象児童生徒数についてはちょっと把握しておりませんが、今年度につきましては66名対象になっております。これは4月当初。前年度末にそういった依頼を受けて調査をしまして、4月から配置しております。年度途中であっても状況を2回、3回見させていただいて、介助が必要という場合には配置をしているところでございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 舘野洋二委員の2回目の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 成果に関する204ページの一番下の段で、事業の環境変化ということで、下のほうの段に「就学指導委員会から教育措置を受けた児童生徒の数は、過去2年間で200名程増加し、学校障害児介助員配置のニーズが高まっている」とあります。その割には、平成23年度からしますと介助員数が3名ほどしかプラスされていないわけです。これできめ細かいサポートができる体制かどうかについてお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 倉持指導課課長。



◎指導課課長(倉持功君) 今舘野洋二委員のおっしゃったように、ここ数年、いわゆる特別支援の必要な児童生徒が増加しているところです。これにつきましては、特別支援教育の見方、考え方が平成19年度から変わりまして、通常学級におけるそういった課題のある児童生徒には厚く保護しようということで、介助員については配置されております。ただ、他市町村等におきましても、これだけの数の介助員が配置されているところはございません。各市町村からも、これはすばらしい事業だと言われております。

 実際にそういった支援の必要な児童生徒につきましては、学校体制の中で特別支援指導委員会であるとか、あるいはその特別支援学級の担任の先生たちが協力して、介助員が置けない場合には、そういった方が学校体制として対応しているところです。

 また、県の事業でスクールソーシャルワーカーという、学校におけるそういった課題のある児童生徒について指導を行う、あるいはその指導に対する指導のためのケース会議を開くというか、そういったコーディネーションをしてくださる方もおります。そういった方への派遣をお願いして、対応に当たっているところでございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 舘野洋二委員の3回目の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 先ほど足りているというようなお答えをいただきましたけれども、実際現場ではかなり手が不足しているということを耳にします。よく現場を見ていただいて、対応していただくということを意見として申し述べます。

 次の質疑に移ります。



○委員長(高橋秀彰君) 舘野洋二委員の次の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 決算書の368ページ、中段の市内遺跡発掘調査事業について、現在登録されている古河市内の遺跡は400カ所ぐらいあるということですけれども、現在調査中の遺跡数はどれぐらいなのかお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 三田文化課課長。



◎文化課課長(三田久男君) 現在進捗している遺跡の調査はございません。今年度につきましては、三和高等学校の東側にあります本田遺跡第3次発掘調査を今後予定しております。

 もう一つは、川戸台遺跡の調査範囲ということで、こちらは1万平米程度、8カ所程度調査いたしまして、範囲の確定をしたいと思っております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 舘野洋二委員の2回目の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 先ほど答弁の中で川戸台遺跡の話が出てきたのですけれども、この川戸台遺跡に関しましては、大規模な製鉄の鋳造遺跡ということで、非常に新聞等でも話題になったところです。今後ここを古河市の目玉とするようなことが大事だと私は考えるのですけれども、それについてどのような方向で考えているか、お聞かせ願いたいと思います。

 いろいろな課題ということでホームページでは、インターネットでも出ていますけれども、その辺の課題等も踏まえてお願いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 三田文化課課長。



◎文化課課長(三田久男君) 川戸台遺跡につきましては歴史的にも製鉄場跡地ということで、非常に大規模であったということが専門家の所見の中でも述べられております。文化課におきましても、この貴重な遺跡を目に見える形で後世に保存していきたいと思っておりますので、今後そのような計画を立てながら進めていきたいと思っています。よろしくお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、舘野洋二委員の発言は終了いたしました。

 以上で、挙手による通告の発言は終了いたしました。

 ほかに発言はありませんか。

 秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 図書館と古河歴史博物館のことについてちょっとお伺いしたい。決算書の388ページから408ページにわたってしまうのですが、まず図書館の関係からです。図書館は、三和図書館と古河図書館とあるわけですが、そのほかにも中央公民館の中、あるいは中田公民館とあるわけです。財産管理上、データベース化されているのはこの中でわかるのですが、三和図書館に行きましたら、あそこはきちんと管理されて、持ち出しができない、そういうふうにされているのです。ほかはないようですので、年間の不明図書は何冊ぐらいで、どのぐらいの損害になっているのか、この辺をちょっとお聞かせいただきたい。それから三和資料館、古河歴史博物館を見ますと、古河歴史博物館も408ページ、委託料としてマイクロフィルム撮影委託料、あるいは薫蒸、資料梱包とかいろんな形で保管されているのですが、これがデータベース化されているのか、分類されているのか、この点についてお伺いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 初めに、生沼市民学習部参事兼施設管理課課長兼中央公民館館長。



◎市民学習部参事兼施設管理課課長兼中央公民館館長(生沼輝男君) 不明図書の数字については、資料がちょっとありませんので、若干お時間をいただきたいと思います。よろしくお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 次に、三田文化課課長。



◎文化課課長(三田久男君) 古河歴史博物館の資料のデータベース化でございますが、これはリストとして載っております。先ほどのお話の中で、マイクロフィルム撮影委託料に関しましては、鷹見泉石資料がございまして、そのデジタル化を図ったということでございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 不明図書の関係については、後でお願いします。

 貴重な市の財産ですので、三和図書館へ何回か行って、県内で何番目と言われる図書館ですから、その管理がきちんとされているというのはわかりました。そういう点では、ほかの図書館についても同じような措置をすることが大事なのではないかと思いますので、ぜひそこは取り組んでほしいと思います。

 それから、三和資料館、それから古河歴史博物館、特に三和資料館も歴史的に重要な資料がたくさんある。前にも、もっと宣伝をして市民の皆さんに知らせたほうがいいのではないかと提起した記憶があるのですが、ぜひここの資料もきちんと管理すると。保管管理、データベース化が大事だと思います。

 先ほど答弁いただきましたように、鷹見泉石の部分については、ことし末裔の方から本もいただきまして、重要な資料として古河市としても残されているというふうに思いますが、この博物館の中のほかの資料について、今のうちにきちんと保管あるいはデータベース化しておくことも大事だと思います。その辺の今後の分類とか考え方があるのかどうかお聞かせいただきたい。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 三田文化課課長。



◎文化課課長(三田久男君) 先ほどの古河歴史博物館、三和資料館等の資料についてお話がありまして、データベース化につきましては順次図ってまいりたいと思います。

 それから、貴重な資料の保存につきましては、現在国の補助金を受けまして、順次保存のための修理を行っていると。保存のための保存箱等の作成も行っておりますので、今後ともそのような形で進めてまいりたいと思っております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 国の補助もあるということですので、ぜひこの貴重な資料を順次残して、市民の皆さんあるいは市外から来る方たちにもこれが展覧できるように、古河市の重要な文化遺産ということですので、管理、保管、それからデータベース化をお願いしたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 以上で、10款教育費についての発言は終了いたしました。

 暫時休憩いたします。

          午前11時28分休憩

                                     

          午前11時41分開議



○委員長(高橋秀彰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、11款災害復旧費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で11款災害復旧費についての発言は終了いたしました。

 次に、12款公債費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で12款公債費についての発言は終了いたしました。

 次に、13款諸支出金について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で13款諸支出金についての発言は終了いたしました。

 次に、14款予備費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔発言希望委員挙手〕



○委員長(高橋秀彰君) 1名と確認いたします。

 秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 平成24年度は相当予備費があるわけですけれども、ここにありますように選挙だとか解職請求審査だとかというやむを得ない部分はわかるのですが、その他の部分については、本来予算との絡みも含めて、補正で対応できないで予備費支出ということになったと思うのです。こういう形は財政部が最後には認めたと思うので、財政部としてはこの予備費についてどういう考え方でいたのか、その辺についてお伺いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 秋山財政課課長。



◎財政課課長(秋山稔君) 本来予備費につきましては、緊急的に必要なものに充てるための予算でございます。補正予算で対応するのが原則でございますので、予備費をなるべく使わず、補正予算で対応できるものにつきましてはそのような形で執行していきたいと思っております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) わかりました。先ほど申しましたように、予算との絡みを含めて補正が何回も行われるわけですから、そういう点では補正で対応できるものはしてほしいということでお願いいたします。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 以上で、挙手による通告の発言は終了いたしました。

 ほかに発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で14款予備費についての発言は終了いたしました。

 暫時休憩いたします。

          午前11時45分休憩

                                     

          午後 1時30分開議



○委員長(高橋秀彰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、歳入について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔発言希望委員挙手〕



○委員長(高橋秀彰君) 3名と確認します。

 順次発言を許します。

 初めに、大島信夫委員の発言を許します。



◆委員(大島信夫君) よろしくお願いします。決算書の16ページ、この中の不納欠損額についてお伺いしたいと思います。まず、この不納欠損額というのは、納税されないで時効にかかってしまうものが大部分だと思うのです。たしか国税の時効が7年で、地方税は5年だったと記憶しておりますけれども、もし違っていましたら御指摘ください。

 この不納欠損額なのですけれども、時効がかかってしまった以外に、何か不納欠損額になるような要因がありましたら、教えていただきたいと思います。

 あともう一点、この収入未済額の中で、長期間にわたって納付されないでいて、不納欠損額になってしまうおそれのあるものは大体どのくらいのパーセンテージでしょうか。これは、正確な数字でなくて結構です。

 以上、お願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 植田収納課課長。



◎収納課課長(植田勝己君) 大島信夫委員の質疑に対しましてお答えしたいと思います。

 不納欠損の消滅時効のことでございますけれども、市税の場合、地方税法で定められております。地方税法第18条によりますと、5年の消滅時効がございます。それと、執行停止後3年の消滅時効、もう一点が即時欠損による欠損があります。

 収入未済額につきまして、今後どのくらいかということでありますけれども、今のところ調査を完全にしておりませんので、幾らあるかということは申し上げられません。御了承願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 大島信夫委員の2回目の発言を許します。



◆委員(大島信夫君) ありがとうございます。収入未済額については、これはわからないということで、結構です。

 それで、不納欠損額にならないような回収の努力はされているのですけれども、具体的にどんな努力をされているのでしょうか。

 例えば差し押さえみたいなちょっと強行手段というのですか、こういうものも中にはやられているのでしょうか、お願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 植田収納課課長。



◎収納課課長(植田勝己君) 不納欠損にならないような取り組みということでございますけれども、例えば平成24年度の取り組みといたしましては、早期通知を実施するということ。それと、納税環境の整備ということで、口座振替や当初の納付書のコンビニ収納を今まで実施してきました。また、新たに納期が過ぎた税金もコンビニ収納ができるように、まずは納めやすい、実施できやすいような取り組みをしました。

 それと、差し押さえも、もちろんやっております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 大島信夫委員の3回目の発言を許します。



◆委員(大島信夫君) 徴収のために努力されているということを今お聞きいたしました。確かにこの徴収というのは大変な作業だと思いますけれども、今後とも力を入れて取り組んでいただきたいと思います。以上で、答弁は結構です。

 以上で終わります。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、大島信夫委員の発言は終了いたしました。

 次に、秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 評価書の1ページですが、各会計決算の概要というところで、本会議でも説明を受けました。下のほうに、地方交付税は対前年度比1億3,179万3,000円から始まって増収となった。その後に、「これは、合併特例債や臨時財政対策債の償還額の増加に伴う基準財政需要額の増加によるものです」というふうに書かれているのですが、確かに合併特例債、平成23年度末だと175億円、それに伴う20年の償還が25億円ぐらいになるのではないかというふうに思うのです。合併特例債の償還に伴う部分がどのぐらい来ているかという点は、財政部として把握をした上でこういう報告になったのかどうか、その辺だけお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 秋山財政課課長。



◎財政課課長(秋山稔君) 平成24年度の普通交付税に算入されます合併特例債の金額は8億1,800万円ということで、昨年に比べまして2億円ほどふえているような計上になってございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終了いたしました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 合併特例債は有利な債券とはいえ、66.5%は国から保証されても、使えば使っただけ、その残りの部分は古河市の負債として残るわけです。その辺をきちんと毎年度つかんで、返済額をつかんだ上で、執行してほしいというふうに思います。特に合併10年を過ぎた場合に、交付税が5年かけて半減していくという時代になると、非常に大変な事態になってくるかと思うので、その辺も含めた上での財政運営をひとつお願いしたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 次に、園部増治委員の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 私のほうからは、3件ほどお伺いしたいと思います。

 決算書の31ページ、32ページ。国庫補助金、その中の民生費国庫補助金の中に社会資本整備総合交付金というところで、それ以下衛生費国庫補助金の中にもありますし、次のページに行って商工費国庫補助金、土木費国庫補助金というふうに社会資本整備総合交付金というのがあります。これは国のどういった省庁から、これを見ますといろんな目的で使えるような交付金ということで出ているようでありますけれども、どんな目的で使える交付金なのか。また、それぞれどのような事業に充当されているのかお伺いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 秋山財政課課長。



◎財政課課長(秋山稔君) 32ページから社会資本整備総合交付金が何件か歳入にございますが、基本的に国土交通省のほうでいろいろな交付金をまとめたものが、この社会資本整備総合交付金というものでございます。自治体等が、例えば地域住宅支援分野とか、それから狭あい道路整備等促進事業とか、そのような事業計画を立てた中で、使い勝手のいいような形で交付されるというふうな交付金でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の2回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 国土交通省からの補助金ということでありますけれども、その中で1点ちょっとお伺いいたします。土木費国庫補助金の中の一番下の段にあります都市下水路事業1,532万5,554円、これはどこのどういった事業に充当されているものでありますか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 新井上下水道部参事兼下水道課課長。



◎上下水道部参事兼下水道課課長(新井実君) 先ほどの園部増治委員の質疑にお答えいたします。

 この社会資本整備総合交付金の都市下水路事業につきましては、磯部都市下水路の整備に使っております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の3回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) わかりました。

 今回国土交通省からの国庫補助金ということで取りつけられているようでありますけれども、国の各省庁からの補助金はたくさんあると思います。ぜひアンテナを高くしていただきまして、なるべく取りつけられるものは事業の中に取り入れていただいて、市民の負担がこれから少なくなるような取り組みをお願いしたいと思います。意見でございます。

 次、よろしいでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 園部増治委員の次の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 37ページ、38ページ、県補助金であります。総務費県補助金の中に重点分野雇用創出事業補助金と新市町村づくり支援事業補助金という補助金をいただいているわけであります。この補助金はどんな事業に充てられているものかお伺いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) この雇用創出補助金につきましては、前年度までは緊急雇用という、さまざまな雇用を生みながら経済を活性化させていくという経済対策として、国が設けた事業でございます。それに対して県が基金を設けまして、その基金から県が支出しております。

 中身としましては、例えば保育所の運営に関して、臨時職員を雇うものに充てているとか、教育関係に充てているとかさまざまで、歳出関係では2款の歳出の雇用創出事業として、さまざまな事業に充てております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 新市町村づくり支援事業補助金についての答弁を。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) これに関しましては、県が合併に関してつくっていただいた補助金で、古河市の場合には今回道の駅に充てている補助金でございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の2回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) この補助金につきましては、県と市の負担割合はどんなふうになっているでしょうか。お伺いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) これは県から100%来る補助金でありまして、合併の中で古河市に一定の割合がありまして、その割合の中で充てておる補助金でございます。ですから、県のほうから100%出ていて、その一部というか、それを今回は道の駅推進事業の中に充てているということでございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の3回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) わかりました。

 先ほどの国庫補助金と同じように、こういった有利な補助事業があるわけでありますので、ぜひ市民の負担が少なくなるような取り組みを今後ともお願いしたいと思います。意見でございます。

 もう一点いいでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 園部増治委員の次の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 決算書の58ページ、中ほどなのですが、古河市公共交通活性化会議負担金精算金というのがあります。この精算金の内容につきまして教えていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) 昨日もご説明申し上げましたが、デマンド交通、それからぐるりん号、それから市の公共交通活性化会議の負担金の精算でございます。

 内訳を申し上げますと、デマンド交通が972万3,581円、ぐるりん号関係の精算金が279万2,017円、それから公共交通活性化会議の事務費の残りが36万5,333円でございます。そのほかに預金利子が若干ありまして、合計で1,289万1,255円となっております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の2回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 結構でございます。ありがとうございました。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、園部増治委員の発言は終了いたしました。

 以上で、挙手による通告の発言は終了いたしました。

 ほかに発言はありませんか。

 柳田隆志委員の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) 済みません。1点だけちょっとお聞きしたいと思います。

 決算書46ページの財産収入のところの利子及び配当金のところの株配当金2万4,000円なのです。配当金の規模からするとそれほど大きくはないと思うのですが、どういった株を保有されているのか、何株ぐらいあるのか教えていただければと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 辻情報管理課課長。



◎情報管理課課長(辻佳伸君) 柳田隆志委員御質疑の配当金2万4,000円でございますが、これにつきましては総和町時代、昭和58年に茨城計算センターの株、1株500円を600株、30万円ほど所有しております。その配当金、8%の配当金で2万4,000円ということです。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の2回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。

 そうすると、昭和58年から保有しているということですから、売買目的の有価証券というよりは、保有目的の有価証券という、ずっと保有していくという考えでよろしいのでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 辻情報管理課課長。



◎情報管理課課長(辻佳伸君) 今、柳田隆志委員御指摘のとおり、古河市が所有ということで、それで株式会社茨城計算センターは、現在古河市の電算業務を委託している会社ということで御理解いただきたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。



◆委員(柳田隆志君) 以上です。ありがとうございました。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、柳田隆志委員の発言は終了いたしました。

 以上で、歳入についての発言は終了いたしました。

 以上で、質疑並びに御意見を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 認定第9号を採決いたします。

 お諮りいたします。本件は、原案のとおり認定すべきものと決することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり認定すべきものと決しました。

 次に、ただいま認定すべきものと決しました認定第9号に対する附帯意見の取り扱いについてであります。

 委員長より申し上げます。決算審査の中で委員の皆様からいただきました質疑並びに御意見をもとに、委員会としての附帯意見を付して本会議で報告をいたします。

 なお、附帯意見の作成につきましては、正副委員長に御一任いただきたいと存じます。御承知おきください。

 ここで執行部の退席を求めます。お疲れさまでございました。

 暫時休憩いたします。

          午後 1時52分休憩

                                     

          午後 2時23分開議



○委員長(高橋秀彰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 委員長より申し上げます。先ほど正副委員長に御一任いただきました附帯意見については、配付いたしましたとおりとさせていただきます。御一読ください。

          〔各委員黙読〕



○委員長(高橋秀彰君) それでは、これを本会議で委員長報告とあわせて報告いたしますので、御了承願います。

 以上で、一般会計決算特別委員会に付託された事件の審査は全て終了いたしました。

                                     



△閉会の宣告



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、一般会計決算特別委員会を閉会いたします。

          午後 2時25分閉会