議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 古河市

目次 09月11日−審査事件・議案質疑−01号




平成25年  一般会計決算特別委員会 − 09月11日−審査事件・議案質疑−01号









平成25年  一般会計決算特別委員会





      平成25年古河市一般会計決算特別委員会会議録 第1号

平成25年9月11日(水曜日)
                                     
議 事 日 程
  平成25年9月11日(水曜日)午前10時開議
? 開会・委員長挨拶
? 議長挨拶
? 市長挨拶
? 審査事件
1、認定第9号 平成24年度古河市一般会計歳入歳出決算認定について
     (質疑)
? 散会
                                     
出 席 委 員
   委 員 長   高 橋 秀 彰 君   │   委  員   生 沼   繁 君
   副委員長   堀 江 久 男 君   │   委  員   渡 辺 松 男 君
   委  員   柳 田 隆 志 君   │   委  員   園 部 増 治 君
   委  員   ? 見 久美子 君   │   委  員   舘 野 洋 二 君
   委  員   大 島 信 夫 君   │   委  員   赤 坂 育 男 君
   委  員   秋 庭   繁 君   │   委  員   増 田   悟 君
                                     
説明のため出席した者
   企 画 部
   企画部長   川 上 幸 男 君   │   参 事 兼   鈴 木   誠 君
                      │   秘 書 課            
                      │   課  長            
                      │                   
   参 事 兼   綾 部 敏 明 君   │   秘 書 課   尾 花   仁 君
   企 画 課               │   副参事兼            
   課 長 兼               │   広 報 室            
   道 の 駅               │   室  長            
   推 進 室               │                   
   室  長               │                   
                      │                   
   名崎工業   田 中 光 大 君   │                   
   団  地               │                   
   推 進 室               │                   
   課  長               │                   
                                     
   総 務 部
   総務部長   鈴 木 一 雄 君   │   情報管理   辻   佳 伸 君
   兼 危 機               │   課 課 長            
   管 理 監               │                   
                      │                   
   参 事 兼   香 取   勲 君   │   参 事 兼   渡 沼   博 君
   総 務 課               │   危機管理            
   課  長               │   課 課 長            
                      │                   
   総 務 課   中 田 昌 宏 君   │   交通防犯   塚 原   明 君
   副参事兼               │   課 課 長            
   法務対策               │                   
   室 室 長               │                   
                      │                   
   総 務 課   黒 須 美 樹 君   │   参 事 兼   知 久   昇 君
   男女共同               │   消防保安            
   参 画 室               │   課 課 長            
   室  長               │                   
                      │                   
   参 事 兼   間 下 良 一 君   │   消防保安   土 堂 文 雄 君
   行政管理               │   課副参事            
   課 課 長               │                   
                      │                   
   職 員 課   落 合 昇 平 君   │                   
   課  長               │                   
                                     
   財 政 部
   財政部長   大 出   豊 君   │   市民税課   倉 持 義 寛 君
                      │   副 参 事            
                      │                   
   財 政 課   秋 山   稔 君   │   資産税課   知 久 文 雄 君
   課  長               │   課  長            
                      │                   
   財 政 課   小 林 政 光 君   │   資産税課   ? 砂 公 宏 君
   副 参 事               │   副 参 事            
                      │                   
   収 納 課   植 田 勝 己 君   │   参 事 兼   落 合 秋 男 君
   課  長               │   管 財 課            
                      │   課  長            
                      │                   
   収 納 課   鶴 見 義 隆 君   │   参 事 兼   秋 山 哲 男 君
   副 参 事               │   契約検査            
                      │   課 課 長            
                      │                   
   参 事 兼   金 澤   正 君   │                   
   市民税課               │                   
   課  長               │                   
                                     
   生活環境部
   生活環境   落 合 清 一 君   │   自治振興   小野里 昌 吉 君
   部  長               │   課副参事            
                      │   兼 市 民            
                      │   活動支援            
                      │   室 室 長            
                      │                   
   自治振興   福 島 正 浩 君   │   人権推進   斉 藤 利 雄 君
   課 課 長               │   室 室 長            
                      │                   
   市 民 課   染 野 政 一 君   │   市  民   鮎 川 喜 代 君
   課  長               │   サービス            
                      │   課副参事            
                      │   兼 市 民            
                      │   相  談            
                      │   センター            
                      │   室  長            
                      │                   
   市 民 課   綾 部 忠 夫 君   │   市  民   青 木   馨 君
   副参事兼               │   サービス            
   古河庁舎               │   課副参事            
   市民窓口               │   兼 古 河            
   室 室 長               │   庁舎市民            
                      │   サービス            
                      │   室 室 長            
                      │                   
                      │                   
                      │                   
   市 民 課   三 村 英 雄 君   │   参 事 兼   金 谷 哲 哉 君
   副参事兼               │   環 境 課            
   三和庁舎               │   課  長            
   市民窓口               │                   
   室 室 長               │                   
                      │                   
   参 事 兼   玉 井   究 君   │                   
   市  民               │                   
   サービス               │                   
   課 課 長               │                   
                                     
   健康福祉部
   健康福祉   岩 崎 登 一 君   │   地域包括   関   眞智子 君
   部  長               │   支  援            
                      │   センター            
                      │   課  長            
                      │                   
   理  事   鈴 木 正 幸 君   │   介護保険   森 口 光 司 君
                      │   課 課 長            
                      │                   
   参 事 兼   田 沢 道 則 君   │   参 事 兼   柿 沼   章 君
   福祉総務               │   健  康            
   課 課 長               │   づくり課            
                      │   課  長            
                      │                   
   参 事 兼   植 竹 英 世 君   │   健  康   直 井 浩 子 君
   生活保護               │   づくり課            
   課 課 長               │   副 参 事            
                      │                   
   障 が い   是 枝 慶 郎 君   │   国保年金   塚 原   栄 君
   福 祉 課               │   課 課 長            
   課  長               │                   
                      │                   
   参 事 兼   宇都木 洋 子 君   │                   
   高齢福祉               │                   
   課 課 長               │                   
                                     
   子ども部
   子 ど も   遠 藤   操 君   │   参 事 兼   長 浜   忍 君
   部  長               │   子ども課            
                      │   課  長            
                      │                   
   参 事 兼   森   良 明 君   │   子 育 て   笠 島 文 彦 君
   子 育 て               │   支 援 課            
   支 援 課               │   副参事兼            
   課  長               │   子 ど も            
                      │   政 策 室            
                      │   室  長            
                      │                   
                      │                   
                                     
   産 業 部
   産業部長   高 橋   操 君   │   農 政 課   山 中 啓 治 君
                      │   課  長            
                      │                   
   商工政策   尾 花 栄 子 君   │   農 政 課   山 中 幸 一 君
   課 課 長               │   副参事兼            
                      │   農  業            
                      │   活 性 化            
                      │   推 進 室            
                      │   室  長            
                      │                   
   観光振興   渡 辺 誠 一 君   │   参 事 兼   長 瀬 仁 八 君
   課 課 長               │   土地改良            
                      │   課 課 長            
                      │                   
   観光振興   羽 部   寿 君   │                   
   課副参事               │                   
   兼 物 産               │                   
   振 興 室               │                   
   室  長               │                   
                                     
   建 設 部
   建設部長   並 木 準 一 君   │   道 路 課   鈴 木 照 夫 君
                      │   副 参 事            
                      │                   
   参 事 兼   秋 葉 邦 之 君   │   道 路 課   児矢野   茂 君
   都市計画               │   副 参 事            
   課 課 長               │                   
                      │                   
   参 事 兼   中 川 保 夫 君   │   参 事 兼   今 泉   誠 君
   区画整理               │   営繕住宅            
   課 課 長               │   課 課 長            
                      │                   
   建築指導   安 田 茂 也 君   │   地籍調査   関   保 夫 君
   課 課 長               │   課 課 長            
                      │                   
   参 事 兼   永 塚 敬 之 君   │   地籍調査   山 田 芳 弘 君
   道 路 課               │   課副参事            
   課  長               │                   
                                     
   上下水道部
   上下水道   三 田 秀 宏 君   │   下水道課   斉 藤   清 君
   部  長               │   副 参 事            
                      │                   
   参 事 兼   新 井   実 君   │                   
   下水道課               │                   
   課  長               │                   
                                     
   会 計 課
   会計課長   阿久津 和 弘 君   │                   
                                     
   教 育 部
   教育部長   伊 藤 勝 之 君   │   指 導 課   倉 持   功 君
                      │   課  長            
                      │                   
   教育総務   鈴 木   博 君   │   学校給食   飯 田   明 君
   課 課 長               │   保 健 課            
                      │   課  長            
                                     
   監査、選管、公平委員会
   事務局長   張 替 康 則 君   │                   
                                     
議会事務局職員出席者
   事務局長   永 塚 一 夫 君   │   主  幹   梅 本 俊 明 君
   次  長   阿久津   守 君   │   主  事   須 田 祐 介 君
                      │                   
   次長補佐   小野里 美由紀 君   │   主  事   菊 地 美奈子 君
   兼 議 会               │                   
   総務係長               │                   
                      │                   
   議事調査   斉 藤 恭 嗣 君   │                   
   係  長               │                   
                                     





平成25年9月11日(水曜日)午前10時 零分開議

          〔委員長高橋秀彰委員、委員長席に着く〕

                                     



△開会・委員長挨拶



○委員長(高橋秀彰君) それでは、皆さん、おはようございます。去る9月6日の本会議において、一般会計決算特別委員会の委員長に私高橋秀彰、また副委員長に堀江久男委員が選任されました。つきましては、当特別委員会の審査がスムーズに行われますよう皆様の御協力をお願い申し上げまして、挨拶といたします。

 ただいまの出席は12名、欠席ゼロであります。よって、定足数に達しておりますので、これより一般会計決算特別委員会を開会いたします。

 なお、説明のため各所管部課長の出席を求めてありますので、御了承願います。

                                     



△議長挨拶



○委員長(高橋秀彰君) ここで、渡邊議長より御挨拶をいただきます。



◆議長(渡邊澄夫君) 皆さん、おはようございます。一般会計決算特別委員会開催に当たりまして、委員の皆様、そして関係者の皆さんにはお忙しいところお集まりいただきまして、まことにありがとうございます。決算委員会でありますので、使ってしまったこととはいえ、来年度の予算に反映できるもの、そして費用対効果を考えていただき、慎重審議、慎重審査をお願い申し上げまして、挨拶といたします。



○委員長(高橋秀彰君) ありがとうございました。

                                     



△市長挨拶



○委員長(高橋秀彰君) 次に、菅谷市長より御挨拶をいただきます。



◎市長(菅谷憲一郎君) おはようございます。特に委員の皆様には、お忙しい中、決算特別委員会ということでお集まりいただきまして、ありがとうございます。本委員会は認定第9号に関する審査をお願いするものであります。よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) ありがとうございました。

 ここで、市長、議長は退席となります。

                                     



△審査事件



○委員長(高橋秀彰君) これより審査に入ります。

 審査の方法についてお諮りいたします。まず、審査の方法については、お手元に配付してあります一般会計決算特別委員会審査方法(案)のとおり、認定第9号の歳出を本日と明日の午前10時より行い、認定第9号の歳入をあすの午後1時30分より行いたいと存じます。

 次に、決算審査の手順について説明いたします。まず、認定第9号に関する提案理由の説明については、既に9月4日の本会議において聴取済みでありますので、本特別委員会においてはこれを省略いたしたいと存じます。

 次に、質疑については、さきに申し上げましたとおり歳出を先に行い、その後歳入に入ります。認定第9号における歳出は、1款議会費から14款予備費まで1款ごとに質疑をいただきます。

 次に、質疑の方法は、一問一答方式で行います。質疑に入った時点で挙手により質疑の希望を確認いたします。希望人数を確認した後、質疑を行います。質疑は3回までとし、挙手により確認した質疑者が全て終了した後、再度発言者の確認をいたします。再度質疑を希望される方の質疑の内容につきましては、前者の挙手による質疑の事件とは別のものに限ることといたしますので、御承知おきいただきたいと思います。

 なお、本特別委員会は、質疑とあわせて意見を述べられます。ただし、その発言においては簡潔明瞭に願います。また、執行部における答弁につきましても同様にお願いいたします。

 また、討論については、本会議において行っていただきますようお願いいたします。

 採決は、簡易採決といたします。

 最後に、採決後、委員の皆様からの質疑並びに御意見をもとに、正副委員長で附帯意見を作成し、本会議で委員長報告とあわせて報告したいと存じます。

 以上、審査の方法について申し上げましたが、ただいま申し上げましたとおり進めさせていただきたいと存じます。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 御異議なしと認めます。よって、さよう取り運びます。御協力を願います。

 なお、執行部におかれましては、答弁の際に所管課名、役職名、氏名を必ず述べてください。

                                     



△認定第9号 平成24年度古河市一般会計歳入歳出決算認定について



○委員長(高橋秀彰君) これより認定第9号 平成24年度古河市一般会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。

 これより質疑並びに御意見を承ります。

 1款議会費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で1款議会費についての発言は終了いたしました。

 次に、2款総務費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔発言希望委員挙手〕



○委員長(高橋秀彰君) 7名と確認いたします。

 順次発言を許します。

 初めに、柳田隆志委員の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) 私からは7件とちょっと多いので、簡潔に質疑させていただきます。

 まず1つ目が、84ページのパスポート発給事業についてお聞きします。過去3年間の利用者数を教えていただければと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 青木生活環境部市民サービス課副参事兼古河庁舎市民サービス室室長。



◎生活環境部市民サービス課副参事兼古河庁舎市民サービス室室長(青木馨君) 柳田隆志委員の質疑に答えさせていただきます。

 まことに申しわけないのですが、資料が平成24年度と今年度の途中までしかないのですが、平成24年度につきましては申請件数が3,456件、交付件数が3,481件。今年度は、4月から8月までなのですが、申請件数が1,281件、交付申請が1,275件になっております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の2回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。前年度対比をちょっと見させていただければと思いますので、ぜひ資料を配付していただければと思います。

 これは意見ということで、次に進めさせていただいてよろしいでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 柳田隆志委員の次の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) では、2つ目なのですが、86ページの市民相談事業で、評価書の50ページになります。私が質疑をしたいところは、市民相談センターについての相談受け付けということで、市民の声がメール、窓口等とありまして、1,092件あるということです。いろんな方法で相談受け付けをされているということですが、その受けたものは公表されているのか。あと、具体的にどのような相談を受け付けされているのか、2点お聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 玉井生活環境部参事兼市民サービス課課長。



◎生活環境部参事兼市民サービス課課長(玉井究君) 柳田隆志委員の御質疑なのですけれども、内容については公開しておりません。

 それから、相談内容ですけれども、大半は苦情といってよろしいかと思います。担当課と直接話し合ったけれども結論が出ない、何とかしろというような内容が大半でございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の2回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。非公開ということなのですけれども、できる限り、どういったものが古河市に寄せられて、どういったものが今、そういう意味では苦情受け付けとか、それは民間のスーパーとかお店とかでもよくやられていることだと思います。ぜひ差し支えない程度でホームページ等で公開されてみるのも、古河市のこれからの一層の市民サービスの向上という観点ではいいのかなと思います。

 もう一点お聞きしたいのは、いろんな苦情等という話がありましたが、市民の意見をどのように職員に反映させているのか、その点をお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 玉井生活環境部参事兼市民サービス課課長。



◎生活環境部参事兼市民サービス課課長(玉井究君) 職員につきましては、内部のイントラを使いまして、公表できるものについては随時報告をしています。

 それと、先ほど市民に対してお知らせできないかという御意見でしたけれども、大半は公表できないような内容なので、検討いたしまして、中身によっては出せる方向で検討してまいりたいと考えております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の3回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) いろいろプライバシーの問題とかあるのかもしれませんが、ぜひその辺は踏まえていただいて、できる限り透明性の高い形で、苦情を内にとどめておくのではなくて、外にもオープンにしていただければと思います。また、そういった意味では、職員の方が大勢いらっしゃるので、この苦情については皆さんが共有していただいて、市民サービスの向上に努めていただければと思います。意見とさせていただきます。



○委員長(高橋秀彰君) 柳田隆志委員の次の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) では、次の3つ目に行きたいと思います。

 94ページの庁舎改修事業、それと120ページの復興まちづくり支援事業の庁舎改修整備事業についてお聞きしたいと思います。これについて、具体的にどの庁舎のどういった改修工事をされているのか。あと、この2つについては、これは同じものというか、事業として捉えているのか、その点についてお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 落合財政部参事兼管財課課長。



◎財政部参事兼管財課課長(落合秋男君) 質疑にお答えいたします。

 まず、庁舎改修事業と庁舎管理事業との違いということなのですが、庁舎の管理事業の修繕費につきましては、一般的な軽易なものについて予算を計上しております。庁舎改修事業につきましては、大きな改修部分について予算化をしていくというふうなところです。

 庁舎改修事業の主な内容でございますけれども、修繕費、修繕料につきましては、全部総和庁舎、古河庁舎、三和庁舎、それぞれの修繕費がこの中に含まれております。

 まず、古河庁舎につきましては、修繕料で中庭のインターロッキングの修繕、あるいは熱電源室内の給水ポンプの修繕、こちらが約123万円ほどかかっております。それに空調機の自動制御設備更新工事、こちらが約280万円支出しております。それに205会議室の空調機が壊れたというふうなことで、こちらについて約60万円の支払いというようなことです。こちらが古河庁舎の内容でございます。

 総和庁舎につきましては、会議室の放送設備の修繕ということで約300万円ほど出ております。続いて、加圧給水ポンプユニット更新工事ということで約70万円、本庁舎新館1、2階の窓枠のサッシが危険というふうなことで約100万円ほど出ております。

 続いて、三和庁舎につきましては、空調機の自動制御盤の修繕ということで約50万円ほど出ております。それに、資材ユニットの修繕というようなことで約50万円。古河、三和庁舎の両方なのですが、自動ドアの修繕ということで140万円ほど出ているということです。

 工事につきましては、古河庁舎の空調機の改修工事ということで、こちらがかなり腐食をして、壊れてはいないのですが、交換をしなくてはならないというようなことで、3台ほど交換しております。こちらで約1,300万円ほど出ているというふうなことでございます。よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の2回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) 丁寧な説明ありがとうございました。

 では、次の質疑に進めさせていただいて、よろしいでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 柳田隆志委員の次の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) 次は、98ページのデマンド交通ぐるりん号運行事業です。評価書が60ページになります。評価書を見させていただきますと、今現在デマンド交通の利用者数が2万9,174名いると、ぐるりん号の利用者数が12万人以上いらっしゃるということですか、大変多くなっていると思うのです。その中の質疑で、効率指数というものが61ページに載っていますが、この中の循環バス利用者1人当たりの運行経費というところで平成24年度は345.67円ということで、大体140円ぐらいですか、前年度に比べて上がっています。その理由についてお聞きしたいのと、あとこのぐるりん号自体が今古河地区で活用されているということで、友愛記念病院で愛・あい号と乗り継ぎすることは可能なのですが、本庁舎での乗り継ぎというのが今はないわけですね。私は古河市の中心というのは総和地区の本庁舎だと思っているのですけれども、これは本庁舎に利用者のニーズがなくて、どちらかというと、友愛記念病院だったりとか、そういう病院関係に利用者のニーズが多いので、今こういった形のぐるりん号の運行の仕方をされているのか。本来ならば本庁舎を通るべきなのではないのかなと私は思ってしまうのですけれども、その2点をお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) まず、単価の差ですけれども、平成24年度からは今までの直営方式からバス会社への委託方式に変わったため、経費が上がったということで単価も上がったということがございます。

 それから、乗り継ぎでございますが、柳田隆志委員のお見込みのとおり、乗り継ぎ者というのは今も非常に少なくてございます。利用者につきましても、約8割ぐらいは通院のお年寄りといいますか、そういう方が多いかと思いますので、その辺で友愛記念病院になったかと思います。よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の2回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。このぐるりん号の路線についてはいろいろと今試行錯誤されている段階なのかと思います。私がすごくありがたかったなと思ったのは、運行地図を手づくりでちゃんとつくってバス停に張っていただいたということで、やはりそういったところで、年輩の方がぱっと行って時刻表があるだけだと、どこに行くのか、どういう路線を走っているのかが全くわからないという状況だった。そういった意味では少しずつ、利用者の利便性の向上という観点では頑張られているのだと思うのですが、より一層の努力をされて、利用者数が、現在は横ばいぐらいですか、徐々に上がっていけるようなそういう事業にしていただければと思います。もし答弁等があったらお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) 柳田隆志委員には先日もルートの地図の件で御要望いただきまして、早速手配させていただきました。大変ありがとうございます。

 それと、人数につきましては、微増ではございますが、毎年増加しております。トータルにつきましては、先ほどちょっとありましたけれども、61ページの上から3行目の12万7,685人、これが平成24年度の3コースのトータルでございますので、御了承願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の次の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。済みません、多いので、さくさくと質疑させていただきます。

 それにつながるのかもしれないのですが、102ページの市内横断バス運行事業、評価書の66ページ、こちらについて質疑いたします。運行状況が平成23年度、平成24年度と利用実績が載っています。これを見ますと、平成23年度は計6本走っていまして、21.6人、1日平均の利用者です。これ、単純に平均すると、バスを走らせて、三、四名しか乗っていない。ほとんど空気と言えます。平成24年度も、1日の平均利用者数は28.3人ということで、9本走っています。ふえてはいるのですが、割ると大体3名程度ということで、私が聞きたいのは、3番の意図というところで「主に通勤・通学者の利便性の向上」と書いてあるのですが、この通勤、通学者はどこにターゲットを絞ってこの運行事業をされているのかが1点。あとその運行が早朝4本と書いてあるのは、これは片道の分で言っているのか、それとも往復の分で言っているのか、そこもちょっとお聞きしたいのと、あと5番目の事業の環境変化のところで、「平成25年7月オープンの道の駅への暫定的な乗り入れを行う予定」と書いてあるのですが、これは早朝、夜間をこの道の駅に暫定的に乗り入れるということでよろしいでしょうか。そうすると、このターゲットは、道の駅に勤めている方へのバス運行事業になっていくということなのでしょうか。その辺をお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) 早朝6本というのは往復で、三和地区からと古河駅発と3本、3本で、6本でございます。

 それから、利便性ということですが、一応三和方面から古河駅を利用して東京都、埼玉県方面への通学、通勤者を目標として発足したものと思っております。

 それから、道の駅への暫定的乗り入れですが、先週の9月5日から開始しました。まだ人数がちょっと十分ではないということで、来週ですか、広報15日号で広報する予定でございます。現在は二、三名の利用があるようでございますが、まだ認知度が低いものですから、道の駅でおりる方、乗る方はちょっと、二、三人かなと思います。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の2回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。この運行事業に関しては、440万円程度予算がついているわけです。決して少なくない予算だと思います。これは、利用者数が少ない理由というのは市民の皆様の認知不足なのか、それともそもそもニーズがないのか。

 平成23年度から始まっている事業でありますが、とてもそういう意味では、ちょっと今の状況だと非効率的な事業なのかなと私は思わざるを得ないのですけれども。早朝の10名程度を古河駅に送るための事業になってしまっているのではないのかなと、正直そういう感じに思っているのです。なので、これを今後どのように改善していこうと思われているのか、2回目の質疑とします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) 柳田隆志委員御指摘のとおり、現在試行運行でございまして、ことし25年度が3年目ということでございます。3年目に入るときもやはり委員と同じような意見が多数ございましたが、2年間でやめるのもということで、とりあえず3年目も予算を通していただきました。ことしも、来年をどうするかという問題が委員の御指摘のとおり残っております。これから実施計画並びに予算編成のヒアリングとありますので、存続するか廃止するか十分に検討させていただきたいと思いますので、御理解を賜りたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の3回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございました。やはり市内横断バス事業は、先ほど最初に言ったようにターゲットをどこに絞っているのかというのが、やっぱり明確ではなくなってきてしまっているのではないのかなと思うのです。道の駅に暫定的に乗り入れするということであれば、なかなか三和地区まで出られない古河地区の高齢者の方を乗せるようなそういう形に、例えばこの横断バスを道の駅と活用をしていくという考え方も一つあります。ただここでは事業内容としては通勤、通学者の利便性向上となっているわけですから、要するに対象者が本当に必要としているのかという、そういうところに、3年目ですから今までの実績を踏まえて今後どうしていくのかというのが、古河市のこれからの課題だとは思うのです。ぜひベストではなくても、ベターな選択をしていただければと思いまして、私の意見とさせていただきます。もし答弁等があったらよろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) 今後の実施計画並びに予算ヒアリングに際しましては、柳田隆志委員の御意見を十分に踏まえまして決定してまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の次の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。

 次は、102ページ、古河鍛冶町創造的運営管理事業で、評価書が70ページになります。実は私が鍛冶町のみらい蔵をやっているということを知ったのが、すごく遅くなってしまって、私自身もそういう意味ではまだまだ古河市のことについて知らないことというか、認識不足で、自分の中でも大変反省している点ではあるのです。この事業については御存じのとおり国土交通省の支援事業の補助金で始まった事業だと思います。この事業を古河市で把握した時期、またこの事業を始めるに至った経緯について、2点お聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) まず、この鍛冶町の創造的運営管理事業の中身についてですが、この管理運営は調査事業であります。これにつきましては、国土交通省の100%補助という形での調査事業でありまして、その調査事業の中身としましては、あそこに、今柳田隆志委員御指摘のように、みらい蔵という蔵が1つあります。それから、もう一つ、古河市が保存を目的とした酒井蔵、それから今富岡蔵というのを本年度引き家をしながらあそこに持っていこうというふうな考え方を持っているのですが、この2つの蔵が挟んだ間に県道があるわけです。これを一体的な形でどう管理運営できるかという基本的な調査事業、モデル事業として国でちょっとやってみたいと国のほうから話がありました。これは東京大学と一緒になって少し研究をしました。これについては民営というか、まちづくり会社を、民間の活力を使いながら、どういう方向でできるかという基本的な調査をしました。

 これにつきましては、先ほども言いましたように、民間のまちづくり会社がみらい蔵という形で御自分たちで立ち上げたと。それから、たまたま古河市は古河市で蔵の保存という考え方がありまして、これについてはまちづくり交付金で西口全体をどういうふうなまちづくりをしていこうかと。その拠点として坂長というのを1つ整備はいたしましたけれども、今年度富岡蔵と酒井蔵を引き家を行いながら、将来的にどう使っていくかというところを考えておりました。国土交通省から、では今後の管理運営について、全体的な動線を使いながら、どういうふうな方向であそこが発展できるかという調査をしてみないかという話がありましたので、東京大学と研究をして、一応の成果をまとめたということになっております。それがこれまでの経過ということでございます。

 以上です。(柳田隆志委員「把握した時期は。要するにみらい蔵が始まって、把握した時期ですね、国交省の。それは、もうそのときにばちっと」と呼ぶ)失礼いたしました。これにつきましては、平成21年度に富岡蔵、それから酒井蔵の保存という話がありまして、それからみらい蔵につきましては、ほとんど同じような時期に、民間であそこをやろうという話がありまして、その後、古河市として、ではどうしようかと、二、三年のそこらで話をしながら進めてきた事業だというふうに考えていただければと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の2回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) 実は、私もみらい蔵についてはすごく最近まで知らなかった。平成22年度、23年度、東京大学と連携して、このまちなか再生総合プロデュース事業ということでやっていて、では平成21年度のときには、もうこの事業自体は把握されていて、それで一体型ということで今回運営管理をしていこうということになったということでよろしいのでしょうか。

 それが1点と、あともう一つ。このみらい蔵のことになってしまうのですが、みらい蔵は資金を出し合って自立でやっている、そういう民間を活用してやっている事業だと思うのです。これは創造的運営管理ということで、みらい蔵だけではなくて、酒井蔵、富岡蔵等を一体として管理していくという事業でよろしいのでしょうか。その辺は全く別個ということで考えてよろしいのかお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) 先ほどお答えを申し上げましたけれども、この事業につきましては、あくまでも調査事業でありまして、管理運営の方法について決定をしていくということではなくて、国土交通省のほうから、民間を活用した調査方法を研究してみないかという形で、一つの調査研究事業として始まったものであります。この調査研究を受けて、古河市として今後どうしていこうかということをこれから決定していくということであります。ですから、まだ事業として、例えばみらい蔵を活用しながら酒井蔵、それから富岡蔵等を一体的にどう管理していこうかという方針というか、方向についてはまだ決定をしているものではありません。あくまでも今回はまだ調査事業の段階だということで御理解をいただければと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の3回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) よくわかりました。ありがとうございます。

 では、最後の質疑、発言をしたいので、お願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 柳田隆志委員の次の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) 先ほどに関連するのかもしれないのですが、100ページ、酒井蔵・富岡蔵整備事業のところで、平成24年度の予算書だと1,388万5,000円を計上しているのですが、この決算書を見ますと28万460円の計上ということで随分金額が変わっていると思うのです。その1点だけちょっとお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) まず、この平成24年度の決算につきましては、柳田隆志委員御指摘のとおり、基本的にほとんど使われておりません。具体的なことを申しますと、あそこの電線地中化の事業を平成24年度に行っておりました。この電線地中化が済まないと、先ほど私が申し上げました富岡蔵の移設というか、蔵を引っ張って動かすのですが、その事業ができないということで、平成24年度は事業はできませんでした。この金額につきましては、平成25年度のほうに明許繰り越しをしてございます。

 現在これは平成25年度に今引き家をしようと、地元の説明会にも入っておりまして、おおむね11月の中旬に富岡蔵は引き家ができるという形で、今作業を進めております。この件につきましては、広報9月15日号で交通規制等の周知を行いながら、11月中旬には引き家をして、そこで耐震ぐらいはやろうかなというふうな考え方を現在持っております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の2回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) 丁寧な説明ありがとうございます。よくわかりました。

 ちょっと長くなったのですが、以上で質疑を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○委員長(高橋秀彰君) 先ほど柳田隆志委員のパスポート発給事業について答弁漏れがありましたので、ここで答弁を求めます。

 青木生活環境部市民サービス課副参事兼古河庁舎市民サービス室室長。



◎生活環境部市民サービス課副参事兼古河庁舎市民サービス室室長(青木馨君) 先ほど柳田隆志委員の質疑で答弁漏れがありましたので、お答えをさせていただきます。

 まず、平成22年度なのですが、申請件数が3,678件、交付件数が3,689件。平成23年度なのですが、3,453件が申請です。交付件数が3,421件でございます。これらの誤差があるのは、3月に申請をして、交付は4月と年度がまたがっている関係がありますので、誤差が生じております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、柳田隆志委員の発言は終了いたしました。

 次に、?見久美子委員の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 6件の質疑をさせていただきます。初めに、決算書の82ページ、非核平和都市推進委員会補助金について質疑させていただきます。これは70万円ということで、委員会の方からちょっとお話を伺ったところ、年1回ビデオとか映写会をやっている。新しい映画にすると費用がかなりかさんでしまうということで、若干古い映画を選ばざるを得ない状況に今なっているというふうにお伺いしておりますけれども、その辺についてどのようにお考えかお伺いいたします。

 あと、できれば、もし最新の映画を1回上映するのには予算がどれぐらいかかるか、わかったら御提示願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) 非核平和都市推進委員会でございますが、補助金70万円で運営しております。その中の非核映画会、幼児、小学生ぐらいが対象でございますが、ことしは約17万円くらいの16ミリフィルムの映画です。確かに御指摘のとおり、古いフィルムでございまして、今はDVDとか大分最新型の映画がございますが、今回「ぞう列車がやってきた」というのを入れたかったのですが、そのDVDというのがなかったものですから、古いフィルムでやりました。最新型のDVDもありますけれども、大体倍ぐらいの価格になる予定でございます。ただ、70万円ほどいただいていますので、何とかその中でやりくりいたしまして、映写会を続けてまいりたいと考えております。御理解をお願いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) ありがとうございます。確かに古い映画がDVD化されたりしていますけれども、例えば最新の映画の内容とかというのを見たい場合に、やっぱりかなり高いかと思いますので、予算がかなり足りないのではないかなと思うのです。

 それからあと、以前は児童生徒を広島市に派遣したりしていたこともあったというふうに伺っております。戦争の悲惨さとか平和のとうとさを学ぶ機会がやはりあったらいいと思いますので、機会がつくれるかどうか。この予算の中ではかなり難しいとは思うのですけれども、この非核平和都市推進委員会は、大事な方向性を持っていると思いますので、ちょっとその辺のお考えを聞かせていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) ?見久美子委員御指摘のとおり、合併前の補助金は数百万円いただいていたということで、広島市とかいろんな事業をされていたと聞いております。ただ、現在は、御承知のとおり70万円という範囲内でやりくりしております。映画につきましても、作品についてなかなか、推進委員会の中で検討しまして作品を選ぶわけなのですが、選んだものがたまたま古いフィルムだったと。DVDもあるにはあるのですけれども、値段もかなりかかるということで、その中でやりくりしております。

 ただ、非核平和都市推進委員会の中でも広島市に中学生を連れていったというようなこともありまして、検討はされております。あくまでも予算の範囲内ということで考えておりますので、その辺を踏まえまして、委員の意見も踏まえまして、推進委員会の中でさらに検討してまいりたいと思います。御理解よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の次の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 評価書の69ページ、(仮称)古河マラソン大会開催準備調査事業なのですが、この内容的には「調査事業」というふうにはなっておりますけれども、1回目の開催で、全員協議会でもいろいろ苦情等が多かったというふうにお話を聞きました。ここで手段・方法のところで、「マラソンイベントのノウハウを有する(株)産業経済新聞社(サンケイスポーツ)及び市内の各種団体、各ボランティア等との協働による適切な手段で実施している」というふうにありますけれども、開催してみて、やはり問題等も出てきたと思います。そこで、市民の声をどのように拾っているかお聞かせ願いたいと思います。また、参加者、役員、市民の声をまとめた資料などはあるのかお伺いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) まず、このマラソン大会の実行に当たりましては、古河市としては全く初めてでしたので、そういう意味ではノウハウというものを所有しておりませんでした。サンケイスポーツさんと共同、それからあとJCさんが事前に谷中湖でマラソンをやられていたおかげで、いろいろな協力を得ながら行ったということがあります。

 実際行った中で、例えばボランティアの中からの苦情とか、そういうものにつきましては、まず開催前に、実行委員会という大きな組織の下に運営委員会というのがございまして、JCとか各種団体の実際に動く委員たちがいましたので、その人たちの声を聞きながら実際の運営を行い、声を拾ってきたということがございます。

 それから、終わった後にまた実行委員会、運営委員会を数回開いております。その中でも反省会という形で、じかにアンケート調査を行ったわけではないのですが、さまざまな苦情をいただきましたので、その声を委員からお聞きして、今後に生かしていこうと。実行委員会の中ではこういう苦情がありましたと、議会の中でもこういう声がありましたという形で御報告はさせていただき、まとめた経緯がございます。

 ただ、実際それが資料としてどういう形で残っているかというと、運営委員会の資料しかございませんので、具体的に何件でどうだというきちんとした形でまとめているわけではございません。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) ありがとうございます。今年度も開催されるということですので、それらの声というのはとても大切だと思います。多分マニュアルに沿って給水所なんかも設置したのだと思いますが、やはり今マラソンブームですので、皆さんあちこちのマラソン大会に参加されて、とてもいいところを見てきていると思うのです。給水所なんかもやっぱりもっと多くしてほしかったとかという声も出ていますので、しっかりそういう声を大事にしていただいて、今後に生かしていただきたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) ?見久美子委員の次の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 評価書の70ページ、古河鍛冶町創造的運営管理事業、柳田隆志委員とちょっと若干かぶるのですが、私は単純に、先ほど言った調査事業ということでお話しされていましたので、事業の目的と成果の4番、結果というところで1、2、3と示されていますが、具体的にどういった内容なのか詳しく教えていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) それでは、検討の経過の基本的な考え方というところで、官民連携手法、中身でいいますと業務委託、指定管理、それからPFI、PPPとさまざまな手法があるのですが、これの適用可能性の検討を行いました。その場合、将来的な公共的セクターにおける負担あるいは事業のオリジナリティーをどういうふうに維持していくかという管理運営上の柔軟度とか、また事業の収益性の検討が今回一番重要になったのですが、本事業において多岐にわたる性格を有する空間の構成要素を総合管理した官民連携の管理手法については、まちづくり会社という、これからまた幾つかつくっていく、それからつくられているところもあるのですが、パッケージのような管理型の、一体的にあそこの管理を委託する方法が、やっぱり一番いいのではないかというような簡単な結論というか、一つの手法論を幾つかまとめながら方向性を打ち出した事業報告にはなってございます。ただ、実際問題として古河市の事業としてどういう形でこれから反映させていくかというのは、例えば条例の整備とか規則の整備とかさまざまな障害も出てきますので、そこら辺のことは今後検討する、かなりの課題をクリアしていく必要性もあるのかなというふうには感じております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 済みません、ちょっと難しくてよくわからなかったのですが、結局この結果の3つの事業モデルを提示されて、これに古河市を当てはめていくということになるわけでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) 基本的にはそういうことです。当てはめていきながら、あとどういう形が一番いいか検討を重ねていく。ただその中でメリット、デメリット、それからリスクがいっぱい出てきますので、そのリスクを、課題を解消できるかという方向性を出しながら、最終的には今言ったような一体型のパッケージで少しやってみるのがいいのかなという形で、調査報告書にまとめられております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の3回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) わかりましたと言っていいのか。では、当てはめたものというのは、これからしっかりと調査をしながら、よりよい鍛冶町になるようにぜひよろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) ?見久美子委員の次の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 評価書の74ページ、自治組織運営事業なのですけれども、ここで事業費の比較ということで決算額が平成23年度と平成24年度で5,000万円ほどの差額がある。それはどうして5,000万円減ったのかということと、それから事業の目的と成果で、4の結果の真ん中あたりに「自治会・行政区集会施設補助については、老朽化した施設の修繕で1件、賃借料補助で27件の補助金を交付した」ということで、修繕費、それから補助金、限度額というのはあるかどうか、上限があるのかどうかお聞かせください。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 福島自治振興課課長。



◎自治振興課課長(福島正浩君) 自治組織の運営事業で5,000万円ほど減りました理由につきましては、自治組織の事業自体が少なかったということで減らしてございます。集会施設の新設がなかったということで、実際に集会施設の新設が1件だけだったものですから、それで減りました。

 自治会行政区施設補助金につきましては、賃借関係のところで27件ございまして、土地の補助等を行っております。修繕に関しましては、実際よりも経費対象としまして、200万円が限度で昨年度はやりまして、3分の1というものでしたが、それが37万円ということでありました。(?見久美子委員「上限」と呼ぶ)



○委員長(高橋秀彰君) 補助金の上限額があるのないのかということです。



◎自治振興課課長(福島正浩君) 修繕は上限が200万円でございますけれども、新築、改築につきましては500万円ということでございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) ありがとうございます。コミュニティー活動というのは特に力を入れている事業だと思います。75ページの効率性のところで「平成22年度を以って、旧組織が解散し行政自治会として一本化したため、重複した事業の見直しを行った」ということと、「今後も継続して見直しを図っていく。また、行政自治会及び地区は補助金に頼らず自己財源による自立した自治組織運営を目指す」というふうにあるのですが、なかなか行政自治会組織が自己財源でというのはやっぱり難しいかと思うのです。特に三和地区はコミュニティーが本当に活発ですので、いろんな行事をやっております。それなので、できれば補助金も削減せずに、コミュニティー活動等が活発にできるようにしていただきたいと思っておりますが、お考えをお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 小野里自治振興課副参事兼市民活動支援室室長。



◎自治振興課副参事兼市民活動支援室室長(小野里昌吉君) ?見久美子委員の質疑にお答えしたいと思います。

 ?見久美子委員が今質疑されているのは、行政区に関しての補助金の関係ですね。それと、もう一つ1点、その質疑の中にコミュニティーという話が出ました。評価書の中では「自立」という言葉が出ましたけれども、なかなか行政区運営に関しては、その会費とか行政区費とか、字費とか自治会費とかいろいろあるのですが、それだけでは賄えないというのは当然でございます。ですから、行政区運営に関しましては、今行政区運営交付金等の支援をしておりまして、この交付金に関しましては、その金額について議論はあるところなのですけれども、そういったものを全部なくして行政区で自立しなさいよという話にはならないかと思います。

 それともう一点、コミュニティーに関しましては、これは行政組織とはまた違った任意団体であります。これは?見久美子委員も御存じかと思います。これは皆さんが地域の課題は地域で解決しましょうというふうな基本的な考え方のもとで、行政にも頼らない、地域のことは自分たちで解決していくのだということで、当然その活動資金等もいろんなイベント等で資金を稼いだりして、その事業は展開していくようになります。

 ただし、全額コミュニティー活動ができるというところまで至っておりませんので、やはり別の補助項目でコミュニティー補助金というのがございます。そういったことで、行政とコミュニティーの関係、また今後の考え方、補助金の考え方は一体的にやっていければなというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の3回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 本当によく説明していただいて、ありがとうございます。本当に自治組織の運営のほうを見ていただきながら、補助金等のほうもぜひよろしくお願いしたいと思います。

 次の質疑に行かせていただきます。



○委員長(高橋秀彰君) ?見久美子委員の次の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 評価書81ページ、防犯灯整備事業ですが、有効性のところで、「暗がりを解消し、市民が安心して生活ができる環境づくりの一つの手段として有効であり、その結果、犯罪も減少傾向にある」とあるが、確かに実績値のところで平成23年度と平成24年度を比べると、犯罪発生件数が1,778件から920件、犯罪増減率も89.6%から51.7%、それから犯罪発生状況も12.34件から6.47件と、本当にかなり減少しております。といいながらも、この効率性のところで、「事業費が足りない状況のため、設置の方策を変更していくなどの改善を考慮していく」というふうにありますけれども、どのような考慮を、設置の方策を考えているのかお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 塚原交通防犯課課長。



◎交通防犯課課長(塚原明君) 茨城県におきまして犯罪が平成23年、平成24年と大変多くなりましたので、県として撲滅活動ということで平成24年度にキャンペーン等を行いまして、県一丸となったキャンペーン運動、また古河市におきましても防犯キャンペーン、防犯パトロール、あとは防犯カメラですか、あと警察、市と防犯協会におきまして地道な活動のもと、920件ということで半数近くまで落ちたということが現状でございます。

 あと、防犯灯につきましては、今現在1万3,000基ほどの防犯灯があるわけなのですが、まだ自治会からの要望等が多々あります。予算的にも年間五、六十件ほどの要望に対して四、五十、30からその辺のところの設置がされているというところでございます。防犯灯につきましてはまめに細かくやればいいという基準ではなくて、市の基準で、60メートル間隔をもって防犯灯という基準でやっております。それに基づいて予算等が毎年同じような金額になってしまうのですが、少しでも防犯灯設置ができるような予算措置をこれからしていきたいと考えておりますので、よろしくお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) なかなか1基を立てるのに相当お金がかかると思うのですが、ここで1つ、ちょっと御提案ということでさせていただきたいのです。コスト削減、また設置が高いということで、今リースという方法も、県内市町村でやっているところもあります。設置には最初にちょっとお金がかかるかもしれないのですけれども、リースということですごくコストが削減されているという例もありますので、リースというお考えはあるのか、ちょっとお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 塚原交通防犯課課長。



◎交通防犯課課長(塚原明君) 防犯灯につきましては、リースとか自己資金でLEDという方向性が最近騒がれております。それに基づいて、総務省から、LED化推進の一環でESCO事業という話、ESCO事業というのは、民間の資金を利用して、一時的に全部民間に委託してLEDに取りかえるということで、それは電気料の軽減と維持管理費で、プラス・マイナス・ゼロだというようなことで考えている事業でございます。その辺のところを今度検討しまして進んでいきたいというふうに考えております。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の3回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) ESCO事業ということで検討していただきたいと思いますし、リースという方法もあるので、いろんな方法を考えていただいて、一番いいコスト削減になる方法をよろしくお願いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) ?見久美子委員の次の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 評価書の86ページ、復興まちづくり支援事業・地域防災強化整備事業というところで、事業の目的と成果の2番、手段、「市民の生命や財産を守るため新たな防災行政無線等の整備に向けた調査業務」ということなのですけれども、東日本大震災から、一般質問でも本当に何人もの議員が質問されております。この整備について成果指標では調査業務が100%というふうになっておりますけれども、これは調査業務が終わったということなのでしょうか。また、100%ということで、何がわかったか教えていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 渡沼総務部参事兼危機管理課課長。



◎総務部参事兼危機管理課課長(渡沼博君) ?見久美子委員の質疑にお答えをさせていただきます。

 防災行政無線調査の結果どのようなことがわかったのかを含めて、御説明いたします。既存の三和地区の防災行政無線、また移動系の行政無線というのがございます。これは現場での車や、現場での対応に使う小型の無線でございます。平成24年度では、主に電波状況の調査及び確認事業をいたしました。

 三和地区の防災行政無線、いわゆるラッパと言われているものにつきまして、どの程度まで電波が、音が拾えるのか、またふくそう、音がダブルですね、そういうところを含めまして確認させていただきました。

 また、そのほかの総和地区、古河地区につきましても、同じように音の聞こえやすさ、音のふくそう、また音がどこまで届くかということまで確認させていただきました。その事業が平成24年度の防災行政無線等の調査確認事業でございます。

 ただ、これ「等」としております。これは防災行政無線だけをこの年度で調査したわけではなくて、一番重要であるのは、災害が起こった場合、市民の皆様にいかに情報を伝達するか、情報伝達手段にどのようなものがあって、どのようなものが一番いいかという調査を含めました。この時点で既存の三和地区の防災行政無線の電波の音の伝わりとかを含めまして、結果的にそれが結果報告になったわけでございますが、その過程では、そのほかの情報伝達手段、いろいろな手段を確認してございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) ありがとうございます。確かに三和地区には防災行政無線があるということなのですが、やはりダブったり、聞こえが悪いということも本当にあります。ただ、今回8月から特別警報というのが義務づけになりまして、この特別警報が発表されたら市町村は直ちに住民に対する周知の措置をとるようにしてくださいというふうにあります。これに対してどこまで本当に検討されているのか。また、いつまでに全市民への周知方法を整備できるかお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 渡沼総務部参事兼危機管理課課長。



◎総務部参事兼危機管理課課長(渡沼博君) 今年、特別警報が出ました。それ以降テレビなどでよく、「みずからの命を守る行動をとってください」と。非常に最近では想定外の災害というのがふえてございます。そのために、既存では先ほど言いました防災行政無線、これはやはり非常に重要な情報伝達手段となっております。ただし、近年におきましては、東日本大震災の結果を踏まえまして、総務省のほうでもいろいろな検討を行いまして、その結果、新たな情報伝達手段、いわゆる人がどこにいようが、どういう状況にあろうが、状況報告、情報を伝達できないかと。それプラス早くそれが伝達できないかということで、今公共情報コモンズというツールを総務省が開発し、一部の県では運用が始まっております。このように近年新たな情報伝達手段、これはテレビとかラジオとかインターネット、あと携帯電話等にも情報が行くようになります。そちらのほうを総務省では今進めているところでございます。当市といたしましても、こちらのほうも含めまして多様な情報伝達手段を研究してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の3回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) ありがとうございます。いろんな手段を検討していただくのも本当にいいですけれども、いつ本当に想定外のものが起きるかわかりません。デジタル式の防災行政無線等個別に設置とかもありますので、やはり早急に手を打つということをお願いして、私の意見としたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、?見久美子委員の発言は終了いたしました。

 暫時休憩いたします。

          午前11時16分休憩

                                     

          午前11時26分開議



○委員長(高橋秀彰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 質疑者、答弁者の方に申し上げます。発言は極力簡潔にお願いをいたします。

 次に、大島信夫委員の発言を許します。



◆委員(大島信夫君) よろしくお願いいたします。

 では、簡単に2つだけ質疑させていただきます。これは評価書86ページ、87ページになるのですが、地域防災組織なのですけれども、先日総務常任委員会で古河地区の茶屋西町という自治会の防災倉庫を視察させていただいたのです。非常にすばらしい防災の道具というのですか、そろっていまして、とてもびっくりしたのです。今古河市の施策としてどんどん地域に防災組織というのが生まれていると思うのですけれども、その際に新規に立ち上げる防災組織について、例えばそういう装備品なんかについてはどのような情報を執行部としては与えているのかという点と、あとその防災組織自体もたくさん今生まれていますけれども、防災団体同士の、先ほど言ったそういう装備品なんかの、そういういい情報を共有できるような、そういうシステムはあるのでしょうか。

 その2点をお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 渡沼総務部参事兼危機管理課課長。



◎総務部参事兼危機管理課課長(渡沼博君) 大島信夫委員の御質疑にお答えいたします。

 自主防災組織の現在組織率は59.9%でございますが、現在のところでは、それが立ち上がるとき個別に御相談させていただいて、こういう装備品が考えられるということで交渉させていただいております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 大島信夫委員の2回目の発言を許します。



◆委員(大島信夫君) 先ほど申し上げたようないい情報を、これから新規で立ち上げるところとか、既存のものに対して情報を共有できるような働きをされていく予定はありますか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 渡沼総務部参事兼危機管理課課長。



◎総務部参事兼危機管理課課長(渡沼博君) 自主防災組織の組織率の向上については、努力していきたいと思いますので、さまざまな情報、データの提案をしていきたいと考えております。

 以上でございます。



◆委員(大島信夫君) ありがとうございました。次よろしいですか。



○委員長(高橋秀彰君) 大島信夫委員の次の発言を許します。



◆委員(大島信夫君) 評価書の84ページ、85ページ、コミュニティ推進事業なのですけれども、担当部局にお聞きしたいのですが、コミュニティーがある地区には同時に区長会という組織があるわけです。執行部としてはこの区長会と地域コミュニティー組織、これはどちらを上位の組織として位置づけているのか、それをお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 福島自治振興課課長。



◎自治振興課課長(福島正浩君) コミュニティーとその地区ですね、地区長、それぞれにその地域を構成する団体ということで考えております。確かに地区がなければコミュニティーは存在しないということになりますが、縦軸と横軸のような関係でそれぞれが地区を盛り上げていただくのが地区とコミュニティーかと思います。ですから、基本的には地域の中に地区があって、そこにコミュニティーがあるわけなのですけれども、どっちが完全に上だということでは現在考えてはいないのです。どうしても縦軸というものを考えるのはちょっと苦しいところがございまして、どちらも重要な組織ということで認識しております。御理解いただければと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 大島信夫委員に申し上げます。決算委員会でございますので、決算という観点からこの評価書等を見ていただきながら、かかわる部分での質疑としていただきたいと思います。



◆委員(大島信夫君) それはそうなのですけれども、ちょっと現状を踏まえて、このコミュニティー組織をもっとよりよくしていくためにお聞きしているので、御容赦願いたいと思います。よろしいですか。



○委員長(高橋秀彰君) 大島信夫委員の2回目の発言を許します。



◆委員(大島信夫君) 今コミュニティーの組織と区長会の組織がしっくりいっていない、そういう地域があるわけです。同じ夏祭りとか、そういうものを同時に一緒に企画して盛り上げていかなければならないのですけれども、そういうところで実際支障が出ているところがあります。これは執行部としても、例えば明文化することはできないにしても、例えば区長会のほうは住民全体を代表している組織であり、コミュニティーは簡単に言うとボランティア組織ですから、そういうところで、例えば区長会の組織のほうがリーダーシップをとるのが望ましいとか、何かそんな見解を出していただければ、今後新しくコミュニティーもどんどん生まれてきますので、いろんなあつれきを未然に防ぐことができるのではないかと考えております。ぜひその点を御検討願えればと思います。これは意見でこれを終わりにします。済みません。あとは結構です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、大島信夫委員の発言は終了いたしました。

 次に、秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) どうも御苦労さまです。私も何点かありますので、簡潔にお伺いしたいと思います。

 1つは、82ページ、行政改革推進事業についてです。評価書の44ページにこの施策体系ということで、一番上に効率的で効果的な行財政運営の推進、行財政改革の推進と市民サービスの向上、持続可能で透明性の高い行財政基盤の確立というふうにあって、45ページでは、効果として市民1人当たりの人件費が、だんだん少なくなりましたよというふうになっているのですが、それでは市民にとって、この行財政改革の中身がどのように変わっているのかという点でちょっとお伺いしたいのです。

 市民サービスの向上というふうになっているのですが、結果的にこの間、合併以降、議員も減りましたけれども、職員の皆さんはどんどん減る。そして、正職員から非正規、臨時、パートに置きかえられる。仕事量はどんどんふえる。私たち市民にとったら、公共料金は、安いほうに倣うのではなくて高いほうに。例えば、水道料金なんか2度の値上げで高くなってしまった。こういうのを見ると、この行政改革推進委員会で決められて、いろいろ判断をされてきていると思うのですが、最初のこの項目に逆行しているのではないかというふうに私自身考えるのです。ここの担当部課としてはどのように考えているのか、その点をお聞かせいただきたい。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 間下総務部参事兼行政管理課課長。



◎総務部参事兼行政管理課課長(間下良一君) 秋庭 繁委員の御質疑にお答えしたいと思います。

 先ほど行財政改革ということで秋庭 繁委員のほうからいろいろございました。担当課といたしましては当然行財政改革ということで財政の健全化、それと組織等の見直しということでやってございます。

 組織につきましては今回を含めまして3部4課減ということで、組織のスリム化ということでしてございます。ただ、今後、当然事業等の見直し等も行財政改革の中で進めておりまして、当然市民に対してのサービスの向上ということで進めていきたいということで考えているところでございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) ぜひ、先ほど言いましたように、3部4課削減して12部56課というふうになって、私から見ると皆さん非常に大変だと思うのです。例えば、建設部長の話を聞けば、100名の職員がいる、これを名前もわからない中で一括して運営していくというのは、ちょっと大変だと思うのです。やはり今まで長い間機能的につくられていた部課をどのように効率的に動かすかというのは、寄せ集めをして小さくするのではなくて、効率的にどううまく運用するかというのが大事だと思う。ぜひこの行財政改革の議論は、菅谷市長の提案を議論して、削減ありきという形になるのではなくて、このことを通していかに市民サービスあるいは働く人たちの労働条件が確保されるのかということもぜひ議論していただきたい。そのことを私の意見として、この点で1つ申し上げさせていただきたいと思います。

 次に移らせてもらいます。



○委員長(高橋秀彰君) 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 次は、道の駅の関係です。事業評価書の58ページ、59ページ、それで予算書の中の98ページ、真ん中辺に道の駅の中で土壌分析委託料というのがあるのですが、道の駅建設のときに、どんな土壌分析をしたのか。ここが埋立地だったのかどうか、その辺をひとつお聞かせいただきたい。

 それが1つと、道の駅は、7月7日から始まってまだ2カ月なわけですけれども、古河市のこの評価書の中では文化、歴史、名所、特産物というふうにある。その辺がオープンして以降どのような形で生かされているのか、あるいは具体化されているのかどうか。私は2時間ほどぐるっと回ったのですが、ちょっとそのようなことが見受けられなかったというか、あちこちにある道の駅というよりも、ドライブイン的な感覚の様相を呈していた。その辺はどのような形で、あるいは今後どういう運営をしていくのか、そこら辺についてお聞かせいただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) まず、土壌分析の委託料に関してですが、道の駅造成に関して盛り土、土を搬入してございます。その盛り土の土壌分析を環境27項目について一応分析をいたしましたので、その費用となっております。

 それからあと、ほかの道の駅との差別化というか、ドライブイン化をしているのではないかという話ですが、基本的には古河の特徴を生かしながら、なるべく滞在型の、お客様がゆっくりできるような道の駅を目指していきたいというふうな考え方を持っております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 私自身は、もともと後出しの道の駅には賛成という立場ではなかったのですが、お隣の大島信夫委員が議会の中で、せっかくやるならきちんと人が集まる、あるいは成功させる、そのための差別化にどう取り組むのかと質疑されていたと思うのです。今答弁でありましたように、コンセプトとして居心地がいい、あるいは滞在型ということだとすれば、やはりそれにふさわしいような仕組みというか、そういう雰囲気あるいは景観、こういうものが必要だと思うのです。せっかく動き出したものですから、それに合うような、やっぱりもう少し知恵を出して、あるいは周りの人たちのニーズ、それから交通アクセスですね。北のほうから来たときにどういうふうに入っていくのか、あるいは南から来たときに、どこに看板があって、どういうふうに入るのかと。さまざまな形で、もう少し工夫や何かが必要なのではないかなというふうに思うので、その辺をどう考えているのかだけお聞かせいただきたい。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) 我々のところにも、例えば動線に関してとか、サイン表示のあり方とかさまざまな御意見はいただいております。これらの御意見を反映しながら、今申し上げましたように、当初我々も考えていたようなコンセプトに基づいて道の駅をよりよいものにしていきたいというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 次ですが、先ほども出ましたように、98ページのデマンド交通、ぐるりん号の関係です。同じになると思うのですが、1つは、この評価書60ページ、61ページなのですが、ぐるりん号の利用率が減っているわけですが、それでも12万人と。この12万人の利用者の収入はまず幾らだったのですか、これをお聞かせいただきたい。

 もう一つは、福祉タクシーに取り組んでいると思うのですが、これはどのような形になっているのか。その辺についてまずお聞かせいただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) ぐるりん号の運賃収入でございますが、平成24年度から有料化しまして、1,262万7,756円でございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) この1,262万7,000円というのは、障害福祉課からの繰り入れ、九十何万円も入った額なのかどうか、その辺について。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) これは純粋に運賃、100円の運賃でございます。福祉部門については入っておりません。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 3回目になるので、意見も含めて申し上げたい。このぐるりん号が有料化になるときに私は反対をしました。なぜかというと、先ほどの古河駅から三和庁舎までのバス、これは400万円、500万円近いお金が出ているわけです。それから、このぐるりん号の関係も、シルバー人材センターから茨城急行バスへと委託をしたわけです。私もあのとき指摘をしたと思うのですが、福祉という名でなくて、結果的に茨城急行へ仕事そのものを売り渡した形になるのではないか。例えば、今お伺いしましたように1,200万円、あるいは福祉を含めて1,300万円の収入を、同種の補助金を含めてこの部分がかかってくるわけですから、そういう点では市民から料金を取って、茨城急行がもともと廃止しようとしていたバス事業そのものを、古河市が助けてやったような感じがするのです。その辺について私の意見と違うのかどうか。

 それからもう一つ、ぐるりん号の関係で、要望として、先ほど柳田隆志委員からもありましたように、もう少しいろんなところへ拡大できないかという点で、例えば野木町から栗橋町、今は久喜市へ乗り入れているのですね。野木町から友愛記念病院を利用したいという声もあると。そういう場合は、野木町からそういう要請があった場合には、古河市として検討できるのかどうか。そういうことについて幾つかお尋ねをして、このぐるりん号のことについては終わりたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) 路線バスの委託方式ですけれども、平成24年から有料化とともに、今までの俗にいう白バスから緑ナンバーに変わったということであります。これは安全、安心という問題と、それから国土交通省のほうの指導があったと聞いております。そういうことで、緑ナンバーで市民の安全、安心、より安全な交通機関ということで委託方式に切りかわったと聞いております。

 それから、野木町まで運行コースの変更ということでございますけれども、一応コース変更につきましては何年かごとに見直しをしておりますので、その中で、古河市公共交通活性化会議の中で検討させていただきたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) この問題は別なところでまた。いろいろな別な観点からお伺いさせていただきます。

 次は、企業立地促進奨励事業の関係なのですが、102ページ、企画費の市内横断バス運行事業の下です。ここに822万5,100円と出ているのですが、この内訳と、これはどこへ支払ったのか、この内容だけ教えてください。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 田中名崎工業団地推進室課長。



◎名崎工業団地推進室課長(田中光大君) こちらは、日野自動車でございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 日野自動車1社だけでいいのですね。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 田中名崎工業団地推進室課長。



◎名崎工業団地推進室課長(田中光大君) 1社だけでございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 次は、交通事故防止対策事業、108ページ、この後、これを含めて交通安全施設整備事業とかずっとあるわけですけれども、新しい道路が開通をすると。例えば、昨年度ですと桜町ですね。それから、筑西幹線道路というか新4号国道から日野自動車へという新しい道路が開通するときに、本来ならば開通前に信号機が設置されなければいけない。そういう信号機がつかずに開通したために事故が起きて、あるいは危険な状態になっていると。こういうことについてどう考えているのか、その辺について。例えば、警察との話し合いはどのような状態になっているのか。それから、住民から随分いろんな意見が出ていると思うのです。そこら辺について把握しているのかどうかお伺いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 塚原交通防犯課課長。



◎交通防犯課課長(塚原明君) 信号機の設置の件なのですが、一応事業課のほうから計画路線が上がりましたら、交通防犯課が市としてまとめて、信号機の設置要望を毎年出させてもらっているわけでございます。道路協議の中で信号機ありきということで行動されている交差点について、要望しても供用開始のときにはついていないというのが多々あるかと思います。交通防犯課としましては、市の要望をまとめて所轄の古河警察署を通じて公安委員会のほうに前もって出しているわけでございますが、県の公安委員会の交通量、現地調査等々に基づき信号機設置の決定がされるということでございます。交通防犯課としましては、要望は随時古河警察署にお願いをしているということでございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 要望はしているけれども、いつになってもつかないということになると、危険な状態がそのまま放置されているという事態なのです。残念ながら、古河市は交通安全宣言都市でありながら、もう既に6.2キロメートルの日野自動車へのアクセス道路で5件を超える交通事故ですか、渋滞そして死亡事故が発生する事態となっているのです。そこを市としてはどういう認識をしているのか。単なる要望だけではなくて、どういう対策あるいは今後の問題も含めてとっているのか、その辺についてお聞かせいただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 塚原交通防犯課課長。



◎交通防犯課課長(塚原明君) 筑西幹線道路等につきましては、信号機設置がされていないところが何カ所かありまして、その交差点につきましてはセンターライン、横断位置とか、道路課等々と協議しまして、その辺のところで対応を随時行っているわけでございます。あと、警察署の現状把握、死亡事故があった場合には交通防犯課と警察署等々で現場原因を確認して、それに伴って標識設置をどうしたらいいかというふうなことで、今現在できる範疇の対応ということで交通防犯課のほうではやっているというのが現状でございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 事故が起きて、大変な災害になってからでは遅いのです。ぜひそういう点では新設道路を開通する場合は、やっぱり行政自治会あるいは利用者にきちんと周知徹底を図るとか、安全上の配慮を最大限するということを要望して、この問題を終わりたいと思います。

 もう一点、次に112ページの防犯対策事業、それから防犯灯整備、先ほどありましたが、防犯対策の関係で、昨年鴻巣地区で火事が多発したのです。その前兆として、ビニールハウスの中のわらに火がつけられる。それから、その前の公園のごみ捨て場に、ごみ集積場ですね、ここにも火がつけられる。その結果、空き家になっていた納屋が放火されて燃えてしまったという状況なのです。前兆があるわけなので、ぜひ地域で、こういうことが多発しているというのは、防犯対策上やっぱりきちんとつかんでもらうことが大事だと思うのです。この事故が起きた、事件が起きた後、消防団がずっと夜警をして回っていただいたということで、住民の人たちは一安心をしたわけなのですけれども、そういう点で防犯対策事業もいろんな形で広げていってほしいと思います。

 それから、中田駐在所のニュースが回覧で回ってくるのですが、最近盗難が多いのです。こういうのが頻発しているというのが、今古河市内のあちこちの状況だと思う。その辺について市としてはつかんでいるのかどうか。

 それから、もう一つ、この防犯灯整備事業なのですが、私も旧市内だけ何回か夜中歩いてみたのです。防犯灯が切れているところもあるのですが、特に市内、商店街が寂しくなっているところは、市の防犯灯ではなくて商店街の明かりを頼りにしている、あるいはもう一つは自動販売機の明かりで何とか保っていたというのが現状、実情だったのです。商店街の球が切れてるものをそのままにしておくのでなくて、市が補助することができるのか、その辺について検討ができるかどうか、ひとつお願いをしたい。

 それからもう一つ、小中学校の関係もずっと見て歩いて、夜一番明かりがきちんとしているなというのは古河第一小学校だけなのです。ほかの小中学校は、表で何かやっているときにはついていますから明るいのですが、終わると真っ暗になってしまうという点では、やっぱり公共施設の学校が暗いというのはうまくないので、その辺について市としてつかんでいるのかどうか。それをどう考えているのか、ちょっとお聞かせいただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 塚原交通防犯課課長。



◎交通防犯課課長(塚原明君) まず、1点目の防犯対策の件なのですが、防犯については、犯罪等に絡むものですから、未然にというのはなかなか、防犯カメラとか、市ができる範疇というのは限定されてくるかと思います。生活安全課を事務局とする防犯協会の会合が年に何回かやられて、市のほうでできる範疇、防犯カメラの設置を警察署のほうから要望があれば、それについてどの辺につけたほうがいいだろうとか、あと防犯灯はどこに、暗いからということで現場を確認しながらつけると。市の防犯対策としては、その犯罪の程度、未然ということが対策かなということであります。

 あと、2番目の防犯灯ですか。(赤坂育男委員「球切れが、補助できるかというんだよ」と呼ぶ)失礼しました。実際に現状が街路灯、商工会とか個人的なネオン等が防犯灯の役目をしているのではないかと。その辺のところで球切れ等についても市のほうの対応はどうなのかということにつきましては、現在あくまでも防犯灯の要望は区長、自治会長を通じて申請されて、現場を確認して、必要というところには全部つけるということで進んでおります。あくまでも個人のものについては、商店街のもの、あとは個人がつけている街路灯、ネオン灯については、市の対応は今のところできかねるということでお願いしたいと思います。

 あとは、小学校関係については、ちょっと私のほうではつかんでおりませんので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 防犯対策の関係では、ぜひアンテナを高くして、いろんな状況をつかんでいただきたい。それで、広報や何かを通じて市民にお知らせをしてもらうということにひとつ取り組んでほしいと思います。

 それから、防犯灯の関係は、やはり商店街がにぎやかなとき、あるいは活性化していたときは商店街のそれぞれの街路灯が役目を果たした。新しく防犯灯をつけるにはそれなりの金がかかるのですが、球切れだけ何とか市のほうで、商店街と話し合う、あるいは個人の防犯灯、個人の家でつけてくれというのではなくて、商店街がそういう役割をしていて、そこに防犯灯がないと。先ほどありましたように、60メートルに1カ所という、60メートルでも100メートルでも全然市の防犯灯がないという場合には、その球切れについて商店街と話し合うとか何かして、市として補助はできないのかどうかということなので、その辺の幅があるのかどうか、もう一度お聞かせいただきたい。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 塚原交通防犯課課長。



◎交通防犯課課長(塚原明君) 今現在、今までの話ではないということしか、私のほうではお答えはできないと思います。よろしくお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) では、ちょうどお昼にもなりましたので、以上で終わります。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 ここで暫時休憩いたします。

          午後 零時 2分休憩

                                     

          午後 1時00分開議



○委員長(高橋秀彰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 渡辺松男委員の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) それでは、決算書86ページのインターネット広報事業192万7,800円、評価書の48ページです。こちらで新市合併当初から去年までで、合併当初24万件、翌年度が39万件アクセス、昨年度が74万件ということで、ホームページを進化させて、古河市の情報がやはり周りからも非常に求められているということではないかと思います。

 それから、事業の環境変化ということで、CMSの導入ということが一番最後のところに書かれております。また、効率指標のところで平成22年度が9,296円、それから平成24年度が5,282円ということでコストが非常に減になっておりますが、この辺はどうなっているのか。あとその他、CMS導入が必要とありましたけれども、市長報告にも「ホームページによる、より迅速な情報の発信を目指し、12月中のリニューアルに向けた準備を進めています」とありました。どのようなリニューアルをするつもりなのかを伺いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 尾花秘書課副参事兼広報室室長。



◎秘書課副参事兼広報室室長(尾花仁君) 渡辺松男委員の御質疑にお答えいたします。

 まず、CMSの導入についてお答えをさせていただきます。リニューアルにつきましては内部のシステムでございまして、現在広報室がバッチシステムで全ての情報をホームページ上にアップしております。それを各課ごとに迅速にアップできる仕組みを現在導入中でございます。

 続きまして、コストパフォーマンスの関係でございますが、平成22年度におきましてはサーバーの購入等で一時費用がかかりました。それをアクセス数で割ったものですから、若干高目になっております。それからしますと、通常の管理業務委託費のみを今回アクセス数で割っておりますので、だんだん下がっているという状況でございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の2回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) はい、わかりました。

 そのリニューアルに関して、フェースブックとかラインとか、そういうSNS関係のほうも導入されるのかどうなのか、その辺をお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 尾花秘書課副参事兼広報室室長。



◎秘書課副参事兼広報室室長(尾花仁君) ソーシャル・ネットワーキング・サービス、ツイッターあるいはフェースブックにつきましては、ホームページのリニューアル完了後、平成26年度以降に導入に向けた検討を考えております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の3回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 平成26年度以降ということでのお答えでございました。全体の予算が192万円ということで、効果を考えると非常に安いのではないかなと思います。また、今後とも多少この予算をふやしてでも、より全国にアピールできるような、そういうホームページ事業を進めていただきたいと思います。

 では、以上で終わります。



○委員長(高橋秀彰君) 渡辺松男委員の次の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 96ページ、先ほどもいろいろ質疑がございました。4億2,193万5,000円の道の駅整備事業でございます。まだ2カ月しかなりませんけれども、いろんな要望等があると思います。こういう要望をどういうふうに吸い上げて、どういう検討会議とかを持たれているのか、その辺を伺いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) まず、さまざまな要望についてですが、1点は道の駅で、お客様の声という形でアンケート調査を実施しようと考えております。来たお客様のさまざまな声をその場で吸い上げていきたい。

 それから、それとは別に、例えばお客様のニーズ、対象、それからどういうふうな方がいらっしゃっているか、年代別とか性別とか、そこら辺を含めたリサーチ、基礎調査を行いたい。これを市でも行いたいというふうに考えております。それらをもとに、基本的には今後第三者委員会というのを立ち上げようと考えております。その第三者委員会に報告を上げながら、今後どんな方向でやっていくかという形をとっていければというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の2回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) この第三者委員会のお話は、今初めて伺ったのですが、いつごろ、どういうメンバーでやるつもりなのか。済みません、ちょっとこれはまた新たなあれなのですが、現在の開店してからの目標と達成率状況というのはどうなのでしょうか。その辺をちょっと伺いたいのですが。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) まず、第三者委員会の構成についてですが、現在まだ立ち上げの中身を練っているところでございます。ただ、一応現段階では弁護士、それから学識経験者、それから市民等を交えた形での第三者委員会を12月とか1月までには立ち上げたいというふうに考えております。

 それからあと、現行のお客様の、まずは来場者ですが、来場者の定義づけがまだ古河市の道の駅としてはできてございません。どういうことかといいますと、当然その日のレジ通過者は把握できるのですが、実際の来場者数をどのように定義づけをしながら、例えば2人連れ、3人連れで来ながらレジは1人で通過する場合もございますし、そこら辺の定義づけを今どういうふうにしようか、評価基準をどんなふうにしようか、今策定をしていくところでございますが、なかなか評価の方法についてまだ定まっていないところでございます。

 それから、当初、初年度は年間売り上げ目標は8億円ぐらいを目標としてございます。8月の月間売り上げとして、一月でおおむね7,600万円ぐらいの売り上げがございました。ただ冬場とか売り上げの伸びがどのぐらいあるかというのはまだよく把握できていないのですが、年間8億円ぐらいという初年度の目標は達成するのではないかというような考えを持っております。

 また、来場者数についても、かなりのお客様がいらっしゃることの目標は達成できるのかなというふうな考えを持っております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の3回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 市民の方からいろんな要望、意見とかも伺います。それをなるべく吸い上げて、道の駅に反映していただいて、まだ2カ月しかたっておりませんが、ぜひよりよい道の駅を進めていってもらいたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 渡辺松男委員の次の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 次は、98ページ、デマンド交通・ぐるりん号運行事業ということで、これもちょっと先ほどとダブりますが、ちょっと観点が違いますので、お願いいたします。

 デマンド交通運行事業負担金4,719万円と、それからぐるりん号運行事業負担金が3,592万円というふうになっております。この金額なのですけれども、これは例えば受益者負担というのは売り上げではないのだけれども、収入になる金額なのですが、これから経費を引いた金額がこの負担額になっているのかどうなのか。ぐるりん号もそうですけれども、受益者負担が先ほどのお話だと1,262万円あるということでございました。この辺は指定管理者に委託されているので、またちょっと違ってくるのかもしれませんが、ちょっとこの辺の数字の関連を伺いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) 先ほど申し上げましたぐるりん号は1,262万円です。それから、デマンドタクシーにつきましては、チケット売り上げが約987万円ほどございました。市の補助金につきましては、当初計画で一応交付することになっております。年度末に全てを精算しまして、歳入の部にありますけれども、ことしは1,200万円ぐらいだったと思いますが、精算金として市のほうにお返しいただくというような方法をとっておりますので、御了解をお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の2回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) それを最終的には市のほうに返してもらう分と、あと別にこの負担金があるわけでしょうか。最終的にデマンド交通の受益者負担金、それからぐるりん号の負担金は別に入ってきて、この事業の負担金は別にあるということですね。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) 負担金、補助金の流れでございますけれども、古河市から直接バス会社やタクシー会社に交付するのではなくて、古河市から一旦古河市公共交通活性化会議に負担金を交付します。そこから、ぐるりん号につきましては委託先の茨城急行バスのほうに委託契約ごとに委託金を支払う。それから、デマンド交通につきましては、今度は古河市商工会に委託するわけでございます。そこからさらに古河市商工会がタクシー会社に委託すると、そういった事業形態をとっております。

 ですので、売り上げにつきましては、デマンド交通は商工会がチケットの売り上げを管理しております。それから、ぐるりん号は、バス会社のほうに運賃収入が入ります。精算につきましても、公共交通活性化会議の事務費も含めた全てを精算しまして、歳入のほうになりますけれども、市に公共交通活性化会議から歳入するというような方法をとっております。

 以上であります。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の3回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) わかりました。

 このデマンド交通に関してなのですが、これから高齢化がさらに進展していきます。中田とか大山のほうとか、古河地区といいましても結構駅に遠い地区なのですが、例えば古河赤十字病院とか友愛記念病院に行くとしても、一旦駅のほうまで行って、さらにそのバスが向こうへ向かっていくというような、非常に時間がかかるという話を伺います。そういう意味では、向こうのほうは古河地区ではありますけれども、ある意味非常に駅に遠い地域でございます。そういう意味では、ぐるりん号と併用して、福祉だけに、例えば病院に行くということだけに特化した福祉デマンドという形ができないかなと考えますけれども、その辺はいかがでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 香取総務部参事兼総務課課長。



◎総務部参事兼総務課課長(香取勲君) 福祉部門でのタクシーということでよろしいかと思うのですけれども、私どものほうでは一応古河市内の公共交通全般に関する考え方ということで運営しておりまして、福祉部門につきましてはまた別な方面になろうかと思います。

 公共交通につきましては、路線バスや民間タクシー、デマンド交通、ぐるりん号全てをまとめまして公共交通活性化会議の中で検討しておりますので、渡辺松男委員の御意見を踏まえまして今後検討させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の次の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 同じ98ページの企業誘致推進事業3,429万円なのですが、これは評価書の62ページの5番目、事業の目的と成果のところの5番目に、「雇用機会の拡大や市内企業との取引促進、従業員及び家族の市内定住促進等を積極的に展開していく必要がある」というところがございます。また、63ページの他の自治体の動向のところに、「関連企業誘致のための工業団地の造成や従業員の定住促進のための助成金制度の創設などの動きがある」、こういうふうにございます。そういうのを踏まえまして、古河市は具体的にはどのような手を打っているのかということを伺いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 田中名崎工業団地推進室課長。



◎名崎工業団地推進室課長(田中光大君) 1つには、従業員の定住促進についてという御質疑がございました。これについては、一昨年でございますが、日野自動車の社員向けにDVDとか、また古河市のいいところを見ていただこうということで、日野自動車向けの古河市のパンフレットの作成をさせていただいております。また、日野自動車の従業員を対象に、古河市の案内を3回ほどさせていただいております。

 また、関連企業の誘致でございますが、関連企業も、今、日野自動車の工場の中には岡本物流とホンダロジコム株式会社、日野ヒューテックという、こういう関連会社が来ております。こういう方々にもぜひ古河市に住んでいただきたいということで、4回ほど、岡本物流には古河市の観光とか中心市街地の商業とか、いろんな公共施設とか、そういうところの御案内もさせていただいております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の2回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 日野自動車関連の業者のほうに、定住に関していろいろと広報活動をされているということでございました。また、企業誘致に関してちょっと、ここだけではないですが、古河市自体にもう誘致する場所が、誘致する土地が余りないような話を伺っております。例えば八俣送信所の状況とか、そういうのも把握はされているのでしょうか。その辺はいかがですか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 川上企画部長。



◎企画部長(川上幸男君) 先ほどKDDI八俣送信所のお話がありました。内々で県のほうに、何か立ち話程度ですが、ちょっとお話があったとは聞いております。その際、現状のまま八俣送信所のほうは使っていくというようなお話もあったそうですが、いつごろまでとか、そういう形の話はございません。ただラジオジャパンという放送を八俣送信所でしているものですから、それが終わらない限りはなかなか難しいのかなというふうな感じは持っております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の3回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 八俣送信所のことはわかりました。

 それから、あと、今現在三桜工業さんが古河地区に工場を構えておりますけれども、非常に手狭になっていて、一部他市に移転も検討中というような話も伺っております。その辺の情報収集と対応策等も考えていらっしゃるのかどうか、お伺いします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 川上企画部長。



◎企画部長(川上幸男君) 三桜工業さんの話につきましては、伺っております。

 それで、これから担当部課と協議をさせていただきまして、内容等を確認して、できるものについては進めていきたいというふうに考えています。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、渡辺松男委員の発言は終了いたしました。

 次に、園部増治委員の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 私のほうからは2件お伺いいたします。

 まず、成果に関する説明書の46ページ、47ページになりますが、広報・お知らせ版発行事業というのがあります。先ほど渡辺松男委員のほうからも御質疑がありましたが、この広報・お知らせ版発行事業は、インターネット広報事業、ホームページと並んで市民に対する行政の情報伝達手段として大変重要なものであると思っております。成果の指標を見てみますと、行政情報伝達率ということで平成22年度からの成果が載っております。わずかずつではありますが、減少傾向にあるわけであります。この原因と、それから今後この伝達率アップについてどのように考えているか御質疑したいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 尾花秘書課副参事兼広報室室長。



◎秘書課副参事兼広報室室長(尾花仁君) 園部増治委員の御質疑にお答えします。

 この情報伝達率につきましては、イコール、自治会、町内会、行政区の加入率とほぼ同じでございます。御承知のとおり、広報紙につきましては自治会、町内会、行政区を通して配布しております。当然加入率が低くなれば、その分については下がるという形になります。それを補完することといたしまして、未加入者に対しましては、各公共施設に広報紙を置きまして、「御自由におとりください」という形でやっております。

 では、今後どのような形で情報伝達率を上げていくかということでございますが、例えば新聞への折り込みということも一時考えましたが、新聞購読率というものも恐らく全国的には6割程度ということも伺っており、自治会加入率より低いという形になってしまいますので、効果はないだろう。それから、ポスティングというシステムもございます。これについては一軒一軒ポスティングをするのですが、時間的には恐らく一月から二月かかって、しかも経費的にはかなりかかるであろうということも言われておりますので、これもどうやら現実的ではない。したがいまして、当面公共施設にいろいろ置くということ、それから広報紙につきましてはインターネット、ホームページ上でも見ることができるということ。それから、さらに自治会、行政区等の加入率を上げることによってそれを補完していくのが正しい道ではないかと、現状では考えています。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の2回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) ありがとうございました。自治組織を活用して配布しているということでありますので、自治組織の加入率、これに関連していると思いますので、転入者への自治組織への加入等も推進していただきまして、加入率アップにこれからも取り組んでいただきまして、この広報等の配布、これは議会だよりにもリンクしておりますので、ぜひ伝達率アップに取り組んでいただきますようお願いしたいと思います。

 次の質疑よろしいですか。



○委員長(高橋秀彰君) 園部増治委員の次の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 決算書の114ページであります。上段のほうに新駅関連事業というのがあります。342万2,161円の決算額となっておりますが、この決算内容と成果についてお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) この決算の内容につきましては、1つは土地改良区に、新駅関連という形で、市が直接管理しているポンプの修繕費用と、それからもう一点は、新駅の代替地という形で幾つか土地を管理しております。それの除草費用という形でこの費用はかかっております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の2回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) もう一つ、この負担金の中に東北本線「南古河駅」設置促進期成同盟会負担金5万円というのがあります。この負担金につきまして同盟会の構成メンバーと、それからどこにどういった形で要望をしているのか、これをお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) まず、同盟会の構成市町ですが、古河市それから境町、五霞町、それから坂東市ということになっております。活動としましては、JR東日本大宮支社に要望活動を行ったという形でございます。平成24年度では1回要望活動を行っております。

 それから、東北新幹線のほうの構成市町につきましては、今の市町に加えまして常総市、下妻市、筑西市、結城市、それから野木町が入っております。これに関しても同じような形で、同じ日なのですが、JR東日本大宮支社のほうに要望活動を行っております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の3回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 要望の内容について、どういった要望をされたかということと、またJR東日本大宮支社に要望されたということでありますけれども、JR東日本大宮支社のほうから逆に、こんなふうにしたらいいのではないですかとか、そういったことでの回答、そういったものはありましたでしょうか、お聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) 要望活動時にお話はしておりますが、文書での回答というのはございません。ただ、その要望活動時に我々の要望に対してお答えをいただいているのは、基本的には乗客、乗降者数が総体的にふえる見込みがないとなかなか難しいですよというお話はいただいております。在来線に南古河駅をつくった場合には、例えば古河駅とか栗橋駅の乗降客を合わせた上に、プラス何千人、何万人という形での乗降客が見込めないと、なかなか新設というのは考えにくいという話はされてございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。



◆委員(園部増治君) 先ほどの答弁の中で、何千人、何万人とちょっとアバウトなお答えだった。何千人と何万人ではかなり差があるわけですので、その辺のところをきちんと精査して、後でお答えください。



○委員長(高橋秀彰君) 質疑について精査して、後ほど委員のほうに御報告をお願いいたします。

 よろしいですか。



◆委員(園部増治君) では、終わります。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、園部増治委員の発言は終了いたしました。

 次に、舘野洋二委員の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 私のほうからは2点ほどお願いいたします。

 決算書の102ページ、古河青年企画提案事業40万9,975円とありますけれども、この内容と、今年はどうなのか、それをまずお聞かせください。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) この青年企画提案事業につきましては、古河市在住、在勤の若者が、町並みとか市の活性化につながるようなイベントを行う場合に、市が5万円を上限に補助して、お手伝いをしていくというような事業で、予算額としては40万円を限度に予算を編成させていただきました。

 平成24年度の実績としましては、8件申請がございまして、全部補助いたしまして、8件のグループがこの事業を行ったという形になっております。また、今年度につきましては、同じような形で募集を開始いたしまして、現状では5件のグループが申し込みをして、実質的に何件か実施しております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 舘野洋二委員の2回目の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) これを単発事業というのではなくて、どういうふうにつなげていくかということなのですけれども、小学生、中学生までは結構市のいろいろな行事で手厚くされているところもあるのです。高校生それから青年になると、どうもそういうものがなくなってしまうというふうなことを聞きます。そういう意味で、これも青年企画提案事業ということで、今8件ほどあったということなのですけれども、内容もいろいろあると私のほうも聞いています。ただ、内容によっては、これを次の年に続けていくのか、そういう見きわめみたいなのはどのようにして、また次をどういうふうに育てていこうとしているのか、その辺のところをお聞きいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) まず、基本的な考え方としましては、そういうような若者が何かを行いたいというときのきっかけづくりとして、5万円以下の資金を提供し、我々企画サイドが持っている、市が持っているノウハウを、こういうものができますよというアイデアを提供しながら、イベントを行っていきたい。その中で事業の進め方を学んでいただきたいという考え方を持っております。ということで、次年度以降の開催につきまして、例えば同様の事業を行う場合には、基本的には自立をしていただくというような考え方を持っております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 舘野洋二委員の3回目の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 育ってきたら自立をさせるということだと思うのですけれども、どのようにしてそれが育ったかどうかという見きわめは非常に難しいと思うのです。ただそのときだけ上限5万円というお金を出して、その行事を単発的にやるのではなくて、それを継続してやってもらうことが重要だと思います。意見としまして、それを育てるようなそういう見守りというか、そういう体制も必要なのではないかと思います。これは意見ですが、お聞きいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 綾部企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長。



◎企画部参事兼企画課課長兼道の駅推進室室長(綾部敏明君) ただいまの御意見を参考にしながら、来年度以降の取り組みについて考えていきたいというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 舘野洋二委員の次の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 次は、決算書の106ページ、下のほうの市民活動支援センター事業、それから成果のほうは76ページになります。まず、お聞きするのは、活動状況を見ますと、平成23年度から平成24年度、右側のページなのですけれども、415団体から519団体、100団体ほど利用がふえているということです。非常にいいことだと思うのです。ただ、せっかく活動している情報をどのように広めるかということなのですけれども、団体同士の情報というのはどのようにして行っているのか、その辺をお聞きいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 小野里自治振興課副参事兼市民活動支援室室長。



◎自治振興課副参事兼市民活動支援室室長(小野里昌吉君) 舘野洋二委員の質疑にお答えしたいと思います。

 市民活動支援センターでございますが、これは平成21年8月に庁舎の空きスペースを活用しまして、市民にいろいろな活動をその場所でしていただいたらどうかというようなことで、市内3カ所にございます。御存じのとおり、古河庁舎につきましては3階に今パネルを展示させていただいております。総和地区につきましては、コミュニティセンター総和、これは下辺見小学校の隣にございます。三和地区につきましては、三和庁舎の第3庁舎を活用してございます。

 それで、質疑の内容でございますが、利用団体は年々この成果のとおりふえております。その利用団体の主なものは、8割が行政区、自治会、また町内会。こういった行政組織の会議資料、総会資料等の印刷、この利用で8割以上を占めてございます。残りの2割が各種団体。これは、多岐にわたっております。悠歩の会、歩け歩けの会ですね、それとかいろんなコーラスグループとか、そういった各種団体がいろんな資料をつくるときに使っております。

 コミュニティーを構築するときに、行政と自治会と各種団体をどうリンクさせていくかというのが問題だと思うのです。この点についてどのように市側が情報を提供しているのかという話でございますが、その活動団体が印刷すればそれで終わりというようなことで今までやってきております。しかし、それでは情報の共有ができない、そのコミュニティー団体のネットワークもできないということから、現在は、コミュニティー団体、また行政区のほうに、こういう団体がこういうおもしろい活動をしていますよ、コミュニティー活動をやるときにはこういう団体が協力をしてくれますよというふうなことで、市を通して情報の提供を行っているというのが現状でございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 舘野洋二委員の2回目の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 市側でそのような情報というものを伝えているということなのですけれども、できましたら、例えば使う方同士でネットワークをつくるには、まとめ役みたいな人がいたら、交流も、ネットワークづくりもできると思うのです。また、もしもそれが無理だとすれば、やはり連絡用の黒板みたいなものを置いて、うちのところはこうなのですけれども、これについて何かいい方法はありますかと、そういうものも必要なのではないかと思うのです。

 また、もう一つは、その活動自体を、広報紙でこういう活動をしているのだと。これは広報紙のことになってしまうかもしれないですけれども、広報紙でもそういう取り扱いをしてもらう、その辺が重要だと思うのですけれども、その辺についてお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 小野里自治振興課副参事兼市民活動支援室室長。



◎自治振興課副参事兼市民活動支援室室長(小野里昌吉君) 舘野洋二委員御指摘のとおり、当然情報の共有、これが一番大事だと思います。これがなければ、ネットワークづくりはできません。そういったことから、今後はその市民活動支援センターの中に掲示板、また各種団体のいろいろ募集要項等もございます。パンフレット、チラシもございます。そういったものをできる限りいただいて、皆さんの目にとまるような形をとっていければというようなことで考えております。そういったことで御理解願いたいと思います。

 それと、広報紙に載せたらどうかというような御提案でございますが、コミュニティー団体につきましてはあくまでも任意団体ということになります。こういったことから、一般的な公共的な紙面を使って募集とかその活動の報告、内容をお知らせするということは、現在はやっていないのが現状であります。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 舘野洋二委員の3回目の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 広報紙関係については私もちょっとあるのですけれども、これは広報紙のほうでまた取り上げたいと思います。

 では、以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、舘野洋二委員の発言は終了いたしました。

 以上で、挙手による通告の発言は終了いたしました。

 ほかに発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で2款総務費についての発言は終了いたしました。

 執行部の入れかえをお願いいたします。

 次に、3款民生費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔発言希望委員挙手〕



○委員長(高橋秀彰君) 2名と確認いたします。

 順次発言を許します。

 初めに、?見久美子委員の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) よろしくお願いします。

 評価書の101ページです。高齢者世帯救急医療情報キット配布事業で1点だけ質疑させていただきます。前年度93.99%まで配布されたということですが、これから継続していただくということになっていますけれども、中に入れてある情報の更新というのはどのようにお考えになっていますでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 宇都木健康福祉部参事兼高齢福祉課課長。



◎健康福祉部参事兼高齢福祉課課長(宇都木洋子君) 中の情報の更新という御質疑ですけれども、年1回その設置世帯の方に市のほうから、中身を見直してくださいというような御案内の通知を差し上げる予定になっております。10月、11月くらいで予定したいと思っております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。 



◆委員(?見久美子君) ありがとうございます。10月、11月、かなりの人数になると思いますけれども、ぜひよろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) ?見久美子委員の次の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 評価書の103ページ、ひとり暮らし高齢者把握事業なのですけれども、有効性のほうで、「新たなひとり暮らし高齢者が発掘することができ、見守り体制の構築ができた」というふうにあります。新たなひとり暮らし高齢者の発掘ということでアンケート等を郵送したり、それから訪問して回答を求めてその人数が把握できたということかと思います。それから、あと見守り体制の構築ということで、その把握ができて、新たにまたどのような構築ができたのか、お教え願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 宇都木健康福祉部参事兼高齢福祉課課長。



◎健康福祉部参事兼高齢福祉課課長(宇都木洋子君) 今までこの調査をいたす前は、地域の民生委員の地道な調査活動、それから市に寄せられた御相談から民生委員につなげるという、いわば受け身の形での把握だったのです。平成24年度に、住民基本台帳上ひとり暮らしと登録された方々を基本に全戸数、既に把握している方々は除きましたけれども、3,515世帯に調査をかけて把握したわけです。

 民生委員の訪問に同意していただけますかという質問事項を入れましたので、同意していただいた方が約75%おりました。同意していただいた方については、民生委員にこちらから、こういう方がいるので訪問していただけますかということでお願いをしましたので、より身近な民生委員の見守りという形で構築できたというふうに考えております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) この見守り体制ということは、民生委員に対しての見守り体制の構築ということでよろしいですか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 宇都木健康福祉部参事兼高齢福祉課課長。



◎健康福祉部参事兼高齢福祉課課長(宇都木洋子君) つけ加えさせていただきますと、昨年度この事業の中でひとり暮らし高齢者の台帳を管理するシステムを構築しました。その中で、把握しました方々を全てシステムの中に入れまして、民生委員から御相談があったとき、あるいは災害時などに地図情報システムにも落としていくことができますので、そういった面での構築ということも捉えることができると思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の3回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) ありがとうございます。台帳によってシステムの構築ができたということで、これからさらに高齢化が進むと思いますので、さらなる見守り体制等の充実をよろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、?見久美子委員の発言は終了いたしました。

 次に、秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) では、私のほうから3点だけ。

 1つは176ページの10目隣保館費、この真ん中の人権推進事業、この下のほうに補助金、部落解放運動団体支部研修会等出席助成金426万2,112円とある。この研修会の内容は、何回やられて、1回どのぐらい出席しているのか、その辺についてお聞かせいただきたい。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 福島自治振興課課長。



◎自治振興課課長(福島正浩君) こちらの出席助成金につきましては、3団体4支部、人権に関する研修につきまして17回開催しまして、参加者171名への助成でございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) そうすると、17回の研修内容というのはつかんでいるのか。その回ごとに何名ずつ参加しているのかという資料なんかはあるのですか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 福島自治振興課課長。



◎自治振興課課長(福島正浩君) 17回開催した内容につきましては、基本的には全て人権問題、同和問題等の研修でございます。個々の内容を取りまとめてあるのが今現在持っておりませんので、後ほどお知らせできればと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) これだけ420万円からの支出ですから、ぜひ補助金の内容、学習、研修事業、これらについてきちんと公表をしていただきたい。これはなぜかといいますと、私は初めて5月28日に人権団体の代表、1団体の代表からお手紙をいただきました。お手紙の内容は、茨城県内の各市町村にいろんな団体が幾ら補助しているかと金額まで全部入っています。この手紙の中で、各議員にはきちんとこの補助金の内容、学習、研修事業に限定すること、組織や会議、行動、分担金は含まない、社会的常識の範囲で市民の納得の得られる額にすること、目的に沿って利用する、使途を明らかにできること、領収書は第1元的資料の添付に努める。最低の条件だというふうな手紙なのです。このことをきちんと明らかにして市民に公表してくださいというのが人権団体の代表からのお手紙なので、菅谷市長にもこれのコピーをお渡ししました。そういう点では、この四百数十万円が、今まで私が議員になってから3回質疑するのですが、今回が初めて、何回、何名でというのを聞かせていただいた。この詳しい内容については後でお聞かせいただきたいと思います。そういう点から質疑させていただきました。

 それから、もう一つは、この事業そのものがもう終結した事業だと。埼玉県では幾つかの市町村で、もうこれは終結をしているという自治体があるわけです。そういう点では、そういう方向で進んでもらうことが大事だと思いますので、その辺も担当課としてもきちんと議論を始めてほしいということを要望しておきます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 184ページから222ページにかけて児童福祉の関係で、上辺見保育所、関戸保育所、それから第一保育所から第五保育所までそれぞれ載っているわけですが、1点だけ。私は今度文教厚生常任委員にさせていただいて、視察もさせていただきました。やはり公立保育所がきちんとあるというのは大事なことだと思う。ただ古河地区と総和地区にしかなくて、三和地区に一カ所もないのです。そういう点では、市が補助して、私立の保育所がそれなりに整備はされていると思うのですが、三和地区に公立の保育所をつくる計画、あるいはそういう検討をされているのかどうか、その一点だけお聞かせください。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 森子ども部参事兼子育て支援課課長。



◎子ども部参事兼子育て支援課課長(森良明君) 秋庭 繁委員の御質疑にお答えします。

 三和への公立保育所の設置予定があるかというお話でございますけれども、合併後古河地区に5つ、総和地区に2つという公立保育所がございまして、これを合併後も運営している状況でございます。

 これからの公立保育所のあり方も含めて、今内部ワーキング等で検討しているところでございます。これから認定こども園制度等、新しい子ども・子育て支援制度が平成27年4月から始まるのですね。それに向けたニーズ調査等を今年度やって、来年度新しい子ども・子育て支援事業計画ですか、これをつくっていこうという段取りでやっております。その中で公立保育所のあり方についても検討してまいりたいと考えております。

 その結果において保育所がどうあるべきか、また今古河地区、総和地区にしかないが三和地区にも必要か。それとももうちょっと縮小して民間にその部分の負担をしていただくのかとか、いろんな議論を重ねてまいりたいと思っております。

 そういう状況でございます。よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 今答弁にありましたように、これからのあり方が縮小あるいは民間にということになっていくとすると、本来は行政が努めなければならない子育てというのが置きかえられるという懸念。この間の文教厚生常任委員会で、新しい条例をつくるときにもお伺いしましたけれども、消費税を原資としてそれなりの条例をつくっていく、検討会議もできて充実させなければならないのに、充実しない方向に行くというのは逆に問題ではないかというふうに私としては感じているのですね。そういう点では、介護保険制度や何かを含めて、守るべき基準から参酌すべき基準に緩和されていって、その責任放棄がされていってしまうということになると、やはり大事な子育て、特にゼロ歳から3歳までの期間というのは、その人間形成で重要だと言われているときに、行政がそこで手を抜くというのはちょっとあり得ないと思うので、ぜひそこは外さずに議論をしていただきたい。あるいは、そういう議論ができる場をきちんと確保していただきたいという要望と、もう一つ、古河市立第四保育所を視察させてもらった。子育て支援センター、新しいお母さんたちがいろんな子育てで悩んでいる点を周りと、あるいはそこの相談員と一緒に順調に子育てできるという点で大事なわけですけれども、そういうものも三和地区の中にきちんと位置づけてつくるべきだと思うのですが、そういう検討や何かをしているのかどうか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 森子ども部参事兼子育て支援課課長。



◎子ども部参事兼子育て支援課課長(森良明君) 先ほどの保育所等の充実した子育ての内容を進めていくというのは重要なことでございます。これからの検討の中でもそういう市のあり方、方向性、それらを十分踏まえて検討を進めていきたいと思います。

 また、子育て支援センターにつきましては、今民間4カ所、公立で2カ所、今年度始めたわけですけれども、現在のところバランスとしては多分地区ごとに、7カ所ですね、古河地区が3つで、総和地区、三和地区で2カ所ずつ、済みません、ちょっと子育て支援センターの数があれですけれども、ちょっとごめんなさい。



○委員長(高橋秀彰君) 明確に答弁をお願いします。



◎子ども部参事兼子育て支援課課長(森良明君) (続) 済みません。公立は2つで、古河地区で古河市立第三保育所、古河市立第四保育所、それから民間のあさひ保育園で古河地区は3つです。それから、総和地区で2つ、三和地区で1つという状況でございます。一通り3地区にはあるという状況でございますけれども、これは民間の方々に手を挙げていただいて、それだけの需要があると見込まれれば、市のほうで検討させていただくというような方向で考えております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) どこに住んでいても古河の市民であれば、あるいは生まれてくれば、同じように保障がされる、そういうことが大事だと思うのです。ぜひそういう点では、同じような条件の中で子供たちは育てる。そういう観点から、きちんと整備するものは整備してもらうということをひとつお願いをして、この問題については終わりたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 226ページの生活保護の関係です。上から6行目ですか、生活保護基準改定委託料とあるのですが、この基準を改定した内容について、どんなものなのか教えてください。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 植竹健康福祉部参事兼生活保護課課長。



◎健康福祉部参事兼生活保護課課長(植竹英世君) 31万5,000円の内訳を説明いたします。

 北日本コンピューターサービスへ31万5,000円を支払っております。レセプトの関係になります。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 生活保護の基本的な基準を変えるということではないのですね。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 植竹健康福祉部参事兼生活保護課課長。



◎健康福祉部参事兼生活保護課課長(植竹英世君) そういうわけではありません。大丈夫です。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。



◆委員(秋庭繁君) 了解です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 以上で、挙手による通告の発言は終了いたしました。

 ほかに発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で3款民生費についての発言は終了いたしました。

 暫時休憩いたします。

          午後 2時 7分休憩

                                     

          午後 2時21分開議



○委員長(高橋秀彰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、4款衛生費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔発言希望委員挙手〕



○委員長(高橋秀彰君) 7名と確認します。

 順次発言を許します。

 初めに、?見久美子委員の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 決算書の242ページ、畜犬対策事業について1点お伺いしたいと思います。

 犬猫不妊去勢手術補助金なのですが、毎年4月から7月で大体終わってしまうということに対して市民からの声はどのように上がっているか、お聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) 畜犬対策事業の不妊去勢手術補助が早く終了してしまうけれども、その点について市民の反応はどうかというような御質疑でございます。

 昨年度の場合は、4月1日から始まりまして6月20日で終了しております。終了したということをお伝えすると、やっぱり残念だなというようなことで、一応感想をお聞きしております。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 締め切った後で何件ぐらいの申し込み申請というのはありましたでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) 細かくデータとしてはとっていないのですけれども、締め切った当初というのは変ですけれども、締め切って一、二週間はやっぱりそういった問い合わせがあったと思っています。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の3回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) やはり犬、猫に関しては、実は私も去年猫を避妊しようと思ったのですが、多分補助金がないだろうなと思って自己負担したのです。やはりかなり皆さんもペットを大事にされていると思いますので、できればこの補助金に対してもう少し出していただけるよう意見として述べさせていただきます。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) 私は、執行権者ではないので、ここで確約というのはできないのですけれども、担当課としましては金額をふやすようにということで要望していきたいというふうに考えています。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、?見久美子委員の発言は終了いたしました。

 次に、秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 決算書の236ページ、4目の成人保健推進費、ここの真ん中にあります特定健康診査、評価書は122ページになります。特定健康診査事業ということで、がんだとかさまざまな取り組みをしていただいているのですが、特にこの特定健康診査は、勤めているときは健康診断が毎年ありましたからよかったのですが、退職してからはここにかかるのが一番という、簡単に診査して、一定の検査をしてもらえる。かかった私自身の経験からいうと、緑内障だとか白内障だとか、いろんなのがわかって、ちょっとがっかりもしているのですけれども、受診率が横ばいで非常に低いのです。がんなんかも健康診査受診率が低いというので、これをどのような形で受診率を上げるか。そういう周知やいろんな方法についての検討をしているのかどうか、その辺についてお伺いします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 塚原国保年金課課長。



◎国保年金課課長(塚原栄君) 特定健康診査の受診率の関係につきましてお答えしたいと思います。

 この対策ということかと思いますが、年度当初におきましては年間の特定健康診査及びがん検診日程表を全戸配布しております。また、古河市のホームページや「広報古河」お知らせ版等を活用して周知、勧奨しているところでございます。それと、保険証発送時にパンフレット等も同封しておるところでございます。また、今年度公共施設や医療機関等へポスターを掲示いたしまして、少しでも受診率が上がるように努力しているところでございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 今お伺いして、それなりに努力はされていると思うのですが、年度当初にはがきが1回だけということになると、健康な人というのは忘れてしまうのですね。はがきがどこかに行って、はがきがなくてもかかれるわけなのですけれども、そういう点では期間を決めて、今おっしゃっていただいたような形で、国民健康保険の加入者について何とか受診率が上がるような取り組みをもう一工夫していただけないか、要望を申し上げてこの問題については終わりたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 次は、244ページ、評価書の134ページです。廃棄物の不法投棄の関係です。この産業廃棄物不法投棄の防止・処理事業として、いろいろ努力をされているのはわかるのですが、これのもう少し対策というか、広範な地域ということなので非常に大変だとは思うのですが、そこの工夫をしていただければいいのかなというふうに思うのです。ただ、もう一つは、日本のリサイクル法にも大きな問題があるのです。ヨーロッパのリサイクル法は拡大生産者責任ですから、つくった人が回収して処理する。日本の場合はユーザーが処理する。車でもリサイクル券をユーザーに買わせて、それがぐるぐる回って歩くというシステムにしたために、こういう大きな不法投棄が後を絶たない、あるいは違法業者によってあちこちに捨てられるということだと思うのです。そういう法律そのものを変える意見書というか、市としても国や県にきちんと意見を上げる必要があると思うのです。その辺の矛盾、問題点を考えているのかどうか、お願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) 不法投棄の問題でございますけれども、大きく産業廃棄物と一般廃棄物と2通りのパターンがあるかなというふうに考えています。産業廃棄物の場合は一度に多量の投棄がされるという事例が多くございまして、特にほかの自治体との行政界、市との境といった山の中の道路とかに2トン車で2台ぐらいぼんと捨てられるなんていうことが結構ございます。対策としましては、今回稲宮地内であった不法投棄につきましては、回収の後、地権者、それと道路課と連携をとりまして、とりあえずロープを張って、中に入っていけないように不法投棄防止の看板等を立てています。

 それと、一般廃棄物のポイ捨て系のごみでございますけれども、地権者のほうに処分していただくというのが基本でございます。ただし、やはり捨てやすいところに、どうしても捨てられてしまうという現実がございます。中にはこれが積もり積もって多量になったり、あるいは周辺の環境に悪影響を与えるような、例えば仏壇とか、そういったものが投棄される場合もございます。そういった場合は、その後の土地の管理をしっかりしてくださいということで、市が引き揚げまして、そこに看板を立てていただいて、ロープ等を張っていただくというような指導をさせていただいております。

 確かに市だけでは限度がございますので、今のところは県の県西県民センターの方、あるいは県の廃棄物対策課の方と、年に2回ですか、ランドパトロールということで、特に産業廃棄物関係の投棄をされたところ等について、現場を見ながらその対応について、連携をどういうふうにとろうかということでやっております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 産業廃棄物の大量な不法投棄というのは、監視が強くなって、それから罰則も厳しくなったので、非常に少なくはなっていると思うのです。しかし、ここにあるように、家電4品目だとか、軽トラックあるいは乗用車で来て、ぽっと捨てていってしまうというのが後を絶たないという実情だと思うのです。ですから、市民に対する、ここにある啓蒙活動や何かというのは、もう少しいろんな工夫をしていただきたいというのを私の要望として出しておきます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 次に、渡辺松男委員の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 決算書の246ページ、斎場管理事業のところでございます。古河市の斎場に待合室が大体3部屋ありまして、30人前後が入れるわけです。例えば今斎場の炉は3つの炉を全部使用したとしますと、その遺族の方がここで待機するわけですが、やっぱり家族によって状況は違いますが、30人では足りない方もいらっしゃるわけです。これは2時間近く大体火葬の時間というのは平均的にかかるそうでございます。そうすると、ここで30人を超えてしまいますと、やっぱり2時間近い待機というものがありますので、そういう意味ではもっと広くならないのかという要望が私のほうにも出ております。多分斎場のほうにも行っているのではないかと思いますが、そのあたりに対応する計画等はあるのでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) 古河市の斎場につきましては、合併いたしまして総和地区の方の利用がふえております。合併後300件近く利用がふえているという現状がございます。

 その中で、指定管理者であります古河市地域振興公社から駐車場の舗装、並びに今渡辺松男委員がおっしゃいました待合室の拡張というような要望をいただいております。これらについては指定管理者であります古河市地域振興公社と調整をとりながら、優先順位をつけていただいて対応をする方向で、今検討している最中であります。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の2回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) スペース的に見ると中庭が一番いいのではないかと素人目には考えますが、建築基準法等いろいろとその辺はどうクリアしていくのかわかりません。この要望はかなり前から出ておりますので、どのぐらいの期間でこれをされるつもりなのか、その辺がわかりましたら教えていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) 今渡辺松男委員のおっしゃったとおり、建物の強度、中庭に拡張するという1つの案がございます。そうするとどのような方法がいいのかということで、営繕住宅課等と今調整を図っているところでございます。それらを踏まえまして、この拡張の問題と、それと駐車場の舗装、こういったものの優先順位を地域振興公社につけていただく中で、予算づけのほうに入っていければなと、まだ検討中なので、いつごろということは明言できないという状態でございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 渡辺松男委員の3回目の発言を許します。



◆委員(渡辺松男君) 市民の利便性を考えて、なるべく早く実施計画をよろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、渡辺松男委員の発言は終了いたしました。

 次に、園部増治委員の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 先ほど秋庭 繁委員のほうからも質疑がありましたが、決算書の244ページ、成果に関する説明書の130ページにある産業廃棄物不法投棄の防止・処理事業というところでお伺いしたいと思います。

 結果を見てみますと、この不法処理事案件数6件で36トン、134万6,000円ということで決算が出ておりますが、括弧書きの中に「県による硫酸ピッチ処理代執行負担金を含む」というふうになっております。この件に関しまして御説明をしていただきたいと思います。

 それと、ほかの件数は、どんな産業廃棄物が捨てられていたかということ。また、先ほども回答がありましたが、この産業廃棄物、一般廃棄物を含めまして、未然防止を図ることにつきましてお伺いしたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) まず、硫酸ピッチの件なのですけれども、これは昨年の3月補正でお願いしました東山田にございます硫酸ピッチのドラム缶9本を撤去するということで、この経費が51万3,000円かかります。そのうちの4分の1を市が負担し、県がその処理をして、後で原因者に請求するというようなものでございます。

 次に、不法投棄の内容ということでございますけれども、場所としましては上和田、稲宮、恩名というところでございます。捨てられている物ですけれども、やっぱり建築廃材の類いが一番多かったように思います。家を壊した後一番最後に残ったような廃材が投棄されているというようなものでございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の2回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) こういった不法投棄の未然防止を図る方法は、先ほども秋庭 繁委員への答弁の中にもありましたが、もう一度その点についてもお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) なかなか難しい命題でございまして、不法投棄については菅谷市長からも、県と連携して何か対策をとるようにということは、重々言われております。県との合同パトロールのほかに、不法投棄に対してシルバー人材センターにお願いしまして、週何回か回っていただいているということをやっております。不法投棄のある場所につきましては、重点的に回っていただくようにということでお願いをして、対応しているということでございます。

 また、我々職員も、外に出たときは、不法投棄のあった場所について、この近辺をちょっと見て回るなんていうことも一応やっております。今のところではそういった対応ということでございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の3回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 一般の市民も含めまして、不法投棄防止に協力していただくような形で、未然防止も図っていただくようお願いしたいと思います。意見として申し上げさせていただきます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、園部増治委員の発言は終了いたしました。

 次に、舘野洋二委員の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 決算書の252ページ、ごみ減量化事業についてお願いします。

 成果に関する説明書の139ページです。ごみ減量化事業ということで、ことしから古着を別に回収すると。生ごみと古着を分けているわけなのですけれども、古着は量的にどれぐらい見込んでいるのかお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

          〔「事業そのものが今年度の事業、24年度の決算です」と呼ぶ者あ

            り〕



◆委員(舘野洋二君) では、それはちょっとキャンセルさせてもらいます。今年度、成果に関する説明書で、生ごみ処理機購入件数が、平成23年度から平成24年度は39件から25件と14件ほど減っています。この手段・方法のところに、「生ごみ処理機器購入に対する補助を行うことは適正な手段である。ただし、事業の継続にあたっては、補助金事業以外の方策も検討する必要がある」というふうにあります。そこで、生ごみを減らすということでは、うちの会派から、各小学校に生ごみ処理機を置いて、給食の生ごみを減らすと同時に、地域からの生ごみも小学校で引き取るようにすれば生ごみが減るのではないかということが出た。小学校で生ごみ処理機をということに関して、ちょっとお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) 生ごみ処理機がなかなか浸透していないという話と、それから学校で行ったらどうかという話でございます。各学校というのがどうなのか私もちょっとよくわからないのですけれども、一つの考えとして、生ごみ処理機等を使って、そこで堆肥化して、それを農家の方にお分けして、また作物をつくっていただいて、その作物を給食に供するという、ある意味環境教育の面ではすてきなことだなというふうに考えています。

 実現に向けて可能かどうかというのは、検討させていただきたいと考えております。よろしいでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 舘野洋二委員の2回目の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) 生ごみを減らすという方法は、確かに生ごみ処理機というのもあるのですけれども、小学校関係でいいますと、段ボールのコンポストで、その菌を使うと本当に見る見るうちに生ごみ等が減っていく。その堆肥になったものを、例えば花壇なんかにも使える、そういう自治体をちょっと前に見たことがあるのです。そういう方法といいますか、もうちょっとこうすれば生ごみが減らせるという、その辺の周知をしたらいいのではないかと考えるのですけれども、その辺はどうかお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) 環境保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関する法律というのが施行されております。これらを受けまして環境教育のためのエコスクール事業等をやっているわけでございます。子供にわかっていただければ、その親も意識改革になるというようなことを私どもは考えております。特にそういったエコスクール関係の事業につきましては、生ごみの例はないのですけれども、昨年度でいいますと牛乳パックを使って紙すきをしたり、廃油を使いましてロウソクづくりをしたりというような、環境面の教育をしております。今回舘野洋二委員から御提案のありました生ごみの堆肥化等につきましても、何らかのそういった環境教育等に絡めてできればなというふうに考えております。

 また、市民への広報についても検討していきたいというふうに思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 舘野洋二委員の3回目の発言を許します。



◆委員(舘野洋二君) では、最後なのですけれども、先ほどここに書いてありました補助金事業以外の方法も検討する必要があるという、何かそれ以外の方法というのは、今現在ありましたらお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) ことしから生ごみ処理機のレンタルといいますか、市民の皆さんに使っていただいて御意見をいただくというようなことで、当初からいきなり購入というのもなかなか難しいのかなというので、電動式のものを2台買いまして、それをお貸しして、モニター的に使ってどうだったかというのをいただきながら、できれば購入につなげたいなというような事業を展開しております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、舘野洋二委員の発言は終了いたしました。

 次に、赤坂育男委員の発言を許します。



◆委員(赤坂育男君) よろしくお願いします。

 歳入歳出決算書の252ページ、し尿処理事業についてお伺いさせていただきます。

 桜町の施設は開設してもう50年以上も経過しているわけですけれども、近郊近在の施設については寿命は大体どのぐらいであるものか、そこのところをお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) 一般的には、25年から30年と言われていると聞いております。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 赤坂育男委員の2回目の発言を許します。



◆委員(赤坂育男君) 近郊近在のし尿処理施設より倍長く使っているわけでありますけれども、この年間修理費と維持費はどのぐらいかかっているのかお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 金谷生活環境部参事兼環境課課長。



◎生活環境部参事兼環境課課長(金谷哲哉君) 昨年度の場合1,042万620円でございます。内容としましては、各機器のオーバーホール並びに部品等の交換でございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 赤坂育男委員の3回目の発言を許します。



◆委員(赤坂育男君) 桜町のし尿処理センターは、もう50年以上地域住民との葛藤があったかと思うのです。現在は従来の3分の1か4分の1の処理しかしていないというようなことを聞きました。できればあそこをスクラップにして、下水処理センターに一括して処理ができないか、処理をしていただく方向で検討していただければと思います。よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 落合生活環境部長。



◎生活環境部長(落合清一君) ただいまの赤坂育男委員の御質疑につきましては、一般質問等の絡みもございますけれども、下水道のほうでの処理につきましては、下水道の関係に直接投入するというのは現時点ではできないという回答をいただいております。全員協議会等でもお話ししましたとおり、古河地区のごみ、し尿も含みますけれども、これらにつきましては早急に内容を見直し、施設が老朽化しているために、いつ何どきとまるかわからないという状況でもありますので、担当部としては今後早急にこれらの対応について検討を加えていきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、赤坂育男委員の発言は終了いたしました。

 次に、増田 悟委員の発言を許します。



◆委員(増田悟君) それでは、決算書の238ページの三和メディカルセンター施設管理事業の46万3,690円について伺います。三和メディカルセンターは医療機関として使用されていたと思いますが、建物の老朽化ということで、三、四年前からですか、閉鎖されていると思います。この施設の敷地はかなり広いと思いますので、建物は老朽化だから解体か何かしなくてはならないと思いますが、何か有効利用の考えがあるかについて伺いたいと思います。よろしくお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 柿沼健康福祉部参事兼健康づくり課課長。



◎健康福祉部参事兼健康づくり課課長(柿沼章君) 現在のところ、その有効利用についてはまだ検討していない状況でございます。ただ、解体費用については約3,500万円程度かかると言われておりますので、今後どうするか検討を加えていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 増田 悟委員の2回目の発言を許します。



◆委員(増田悟君) 今のところ有効利用について考えていないということであります。解体費用が3,500万円もかかるということもあると思いますが、それでも何年もそのままで何の利用もしないで、この維持管理費ですか、毎年三十二、三万円かかっているということであります。何にも使わずに維持管理費だけがかかってしまうということは、本当にもったいないと思いますので、早く解体して、支出ではなくて、収入が入るようなお考えがあるのか、もう一度伺いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 柿沼健康福祉部参事兼健康づくり課課長。



◎健康福祉部参事兼健康づくり課課長(柿沼章君) この有効利用でございますが、どういう活用がいいのか、早目に方向性をお出ししたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 増田 悟委員の3回目の発言を許します。



◆委員(増田悟君) 有効利用について考えているということでありますが、なるべく早くいい方向で利用するようにお願いいたしまして、終わります。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、増田 悟委員の発言は終了いたしました。

 以上で、挙手による通告の発言は終了いたしました。

 ほかに発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で4款衛生費についての発言は終了いたしました。

 次に、5款労働費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で5款労働費についての発言は終了いたしました。

 次に、6款農林水産業費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔発言希望委員挙手〕



○委員長(高橋秀彰君) 4名と確認します。

 順次発言を許します。

 初めに、柳田隆志委員の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) 2点ほど質疑させていただきます。よろしくお願いいたします。

 1点目が260ページ、青果物銘柄産地育成事業です。評価書は140ページになります。ここでお聞きしたいのは、この事業について読み込み方が足りないのかもしれないのですが、幾つかありまして、例えば3の意図のところに「古河市産の農産物のブランド化を目指し」と書いてあるのですが、下の結果を見ますと「県銘柄産地指定」、「県銘柄推進産地指定」となっているのです。この場合、古河市独自で銘柄指定をされているのかどうか、茨城県イコール古河市が銘柄産地指定ということになってしまっているのかどうかというのを1点。

 あと、上のほうの施策体系のところで、「農業・農産物による古河のブランドづくりと体験・交流の促進」と書いてあるのですが、この「体験・交流の促進」という具体的なものがちょっとこの中には載っていなさそうなので、どのような事業をやっているか、その辺を教えていただきたいのが2つ目。

 もう一つが、5の事業の環境変化で「作れば「売れる」から「安心・安全」への転換により」というふうに入っているのです。この場合の「安心・安全」というのは、要するに銘柄を指定して、それをノウハウとしてやっていくということではなくて、例えば減農薬だったりとか、無農薬であったりとか、いわゆるオーガニックなものをつくっていくという意味の銘柄産地の育成をされているのか。それとも、特定の産物を、要するにニンジンだったりとかレタスだったり、その育成方法のみのノウハウをやることによって古河のブランドづくりをされているのかどうか、その3つについてお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 山中農政課課長。



◎農政課課長(山中啓治君) 銘柄産地指定は、県の銘柄の指定なのか、古河市の指定なのかという御質疑ですが、これにつきましては茨城県の銘柄産地指定及び推進産地の指定ということでございます。それによりましてブランド化を図っていくということでございます。

 2つ目のブランドづくりと体験交流、この体験と交流の促進ということについて何をやっているのかという御質疑ですが、これについては現在特に策はございません。

 最後の「「安心・安全」への転換」ということで、どういったことをしているのかという御質疑ですが、エコファーマー制度等により、減農薬等の制度を利用しまして、安全、安心の農産物の生産ということで行っております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の2回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。この事業は、答弁にあったように具体的に書いてあるようで、何かちょっと曖昧な感じが物すごくするのです。この産地育成事業の目的というのは、この意図が古河市産の農産物ブランド化を目指すと書いてありますけれども、先ほどの答弁だと、古河市独自のものはないということですよね。だから、茨城県の産地銘柄指定されているものがイコール古河市のブランド化ということですから、本来ならもっと独自のものを私はやってもいいのかなと思うのです。みやこ南瓜とか、ここにも県の銘柄でカボチャとありますけれども、古河市独自のものをやっていいと思うのですけれども。

 さっきも「「安心・安全」への転換」というところで、エコファーマー制度を使っているということでしたけれども、これも、例えば無農薬やそういうものでまず育成事業としてやるという明確なものがあれば、それに付随していろいろ出てくると思うのです。これはあくまでもそういう減農薬とかで魅力ある農産物をつくるというよりは、要するに特定の農産物をピックアップして、それを銘柄指定して古河市の農産物にしていこうということだと思うのです。私は何か焦点がすごくあやふやに感じてしまうのですけれども、その辺のお考えをちょっとお聞きできればと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 山中農政課課長。



◎農政課課長(山中啓治君) 古河市独自の銘柄はないのかというようなことでございますが、先ほど私は、県の銘柄指定というのがあって、古河市独自の銘柄指定はしていないという意味で申し上げました。古河市独自の作物ということで、現在はカボチャとニンジンが古河市独自のブランドとして県の銘柄指定を受けている、そういう意味で申し上げました。よろしいでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の3回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございます。わかりました。

 あとは、先ほど体験と交流の促進がないということでしたので、ぜひともその辺も。せっかくこの施策体系の中に載っているわけですから、その辺の事業内容を盛り込んだ中で進めていただければと思います。

 では、特に答弁は要りませんので、もう一点、次に進めさせていただきます。



○委員長(高橋秀彰君) 柳田隆志委員の次の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) 次が評価書の146ページで、決算書266ページの地域農業担い手育成事業について、これは簡単にお聞きしたいと思います。

 この右側のページの活動指標にある新規認定農業者数が平成22年度から10名、7名、8名という推移をしております。この認定農業者の方というのは市内の方なのか、それとも市外から来てやられている方なのか。あるいは、前職でサラリーマンをやられた方が申請をされてやられているのか。

 また、この事業を続けていく上で離農率という、やっぱりやめたという方がいらっしゃるのかどうか、その辺をお聞きしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 山中農政課課長。



◎農政課課長(山中啓治君) この平成24年度の8名の方につきましては、全て市内の方でございます。

 それと、サラリーマンからの就農があるかという御質疑でございますが、何名か手元に資料がございませんが、数名来られたということでございます。(柳田隆志委員「あと離農率。農業を10名、7名、8名とありますけれども、全てこの方はいまだに続けられているのか、それともやめられている方がいらっしゃるのか」と呼ぶ)全て現在も就農されております。



○委員長(高橋秀彰君) 先ほどの人数につきましては、明確なものを後ほどお示しいただきたいと思います。

 答弁は終わりました。

 柳田隆志委員の3回目の発言を許します。



◆委員(柳田隆志君) ありがとうございました。農業をやめられた方がいないということで、受けられている方が満足されたかどうかは別物として、この事業というのはうまくいっていると私は認識したいと思っています。

 その中で、やはり市内の方と、例えば前の職業がサラリーマンの方とか、別な方にも、こういう地域の農業というのが疲弊する中で、ぜひいろんな方に門戸を広げて、それで多くの方に農業に携わっていただければと思います。何かお考え等があれば、いただければと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 山中農政課課長。



◎農政課課長(山中啓治君) 新規就農者の制度といたしましては、青年就農給付金というものがございます。これは45歳以下の新規就農者に年間150万円を最初の5年間給付するという制度でございますが、こうした制度によりましてサラリーマンからの新規就農者を掘り起こしていきたいというふうに考えております。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、柳田隆志委員の発言は終了いたしました。

 次に、秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 決算書の264ページ、土地改良事業費の湛水防除施設負担金事業とあります。ここの2番目に大山沼湛水防除施設管理費負担金143万3,353円とあるのですが、実は集中豪雨や何かで水がふえて、利根川の水位が上がると向堀川が利根川に排水できなくなってしまうのです。そうすると、中央排水路のほうに、大山沼の湛水防除のほうに来るのです。そのときのごみが物すごい量なのです。理事長がいますけれども、このごみの処理とごみを排出するコンベヤー、この設備が大変なのです。そういう点では、国の1級河川の向堀川でこの処理のために大山沼の湛水防除というか、機場の維持管理が大変ということなので、その辺の負担が、県や国に要望できるのかどうか、その辺についてお伺いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 長瀬産業部参事兼土地改良課課長。



◎産業部参事兼土地改良課課長(長瀬仁八君) 先ほどの質疑なのですが、湛水防除施設については、市は全面的にフォローしていこうという考えの趣旨でございます。

 施設の中には湛水防除施設、そのほかに簡易排水の施設もございます。簡易排水については土地改良区の負担もお願いしているところでありますが、湛水防除については改良区に負担をかけないように今は対応している次第でございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) わかりました。そういう点で、昨年ごみが非常にたくさん来て、コンベヤーが壊れて、その処理で困ったということがあったものですから。

 それから、昨年の大雨のときは逆流して、田んぼに水がずっと上がってくるのです。そういう点では、ダムの役割というか、今の時期に上がると米が困ってしまうのですけれども、そういう機能も片方であるわけなので、利根川の水位との関係で、果たしている役割は非常に大事かなと思っているので、そこの設備がきちんと維持管理されるようにぜひ負担をお願いしたいと思います。

 以上です。答弁いただければ、お願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 長瀬産業部参事兼土地改良課課長。



◎産業部参事兼土地改良課課長(長瀬仁八君) 先ほどのごみということでありますが、まず湛水防除というのはどういう施設かということで改めて説明したいと思います。たまった水の水位を下げるために機械的に排除するというような施設でございます。確かに利根川の水位が上がると自然流下は当然できないということで、逆流を下流化。特にそれを災害につながらないように緩和するための施設ということです。

 あと、昨年度のごみなのですが、たまたま除草の時期とかみ合ってしまいまして、一般のごみもそうですが、除草した草も一緒にのみ込んでいって、施設の付近に集まってしまった。このごみに対して悪い手助けをしてしまったという状況にあったという報告があります。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 次に、生沼 繁委員の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) よろしくお願いします。決算書の270ページ、市民農園施設管理事業、それと272ページ、交流農園事業、このことについてちょっとお聞きしたいと思います。

 市民農園施設管理事業でありますけれども、この中で除草委託料126万円、それと交流農園事業の94万6,000円、管理委託料ですか、除草委託料と管理委託料が占める割合が非常に大きいのですが、どうしてこのような状況なのか教えていただきたいと思います。

 それと、この農園数の利用者と、あと面積、区画数等がわかればちょっと教えていただきたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 山中農政課課長。



◎農政課課長(山中啓治君) 市民農園施設管理事業の除草委託料126万円でございますが、これについては除草のみの委託ということでございます。

 次の交流農園事業の委託料でございますけれども、除草作業及び維持管理料を含めての金額でございます。

 次に、市民農園の区画数でございますが、古河地区の鳥喰農園、これが124区画、三和地区の仁連農園が27区画、長左エ門新田農園が24区画、尾崎農園が38区画。

 年間使用料でございますが、古河地区の鳥喰農園につきましては年間使用料が1平米120円、1区画36平米でございますので、年間4,320円でございます。三和地区の3つの農園につきましては、1区画30平米、年間使用料がいずれも1,000円でございます。

 以上でございます。(生沼 繁委員「利用者数」と呼ぶ)

 現在古河地区の鳥喰農園を利用されている方が107区画、107名の方です。三和地区については64区画、利用者数が64名ということでございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 生沼 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) それぞれ結構利用率がいいわけでありますけれども、なぜこのように除草費がかかるのか、その辺の状況をちょっと教えていただきたいのですが。

 あと、こちらの交流農園事業のほうも、ちょっと教えていただきます。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 高橋産業部長。



◎産業部長(高橋操君) 市民農園の除草委託料がかなり高いのではないかという御指摘かと思います。これは古河地区の市民農園につきましては、耕作できない土地というのがかなりあります。6,000平米。管理だけしているところがあります。基本的に市民農園として提供している箇所と、市で持っているのですけれども、市民農園として提供できない、いわゆる残土的なものが入っているというふうな経緯は聞いております。そこにつきましては、管理上、年に数回除草作業をしなければなりませんので、その関係で除草の委託料が出てまいります。

 交流農園につきましては、農業者団体の管理委託料ということで、市民農園の耕作者はなかなか管理ができませんので、近くの農業者あるいはそういった団体に管理を委託している、その料金でございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 生沼 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) 大変ありがとうございました。

 そうしますと、圃場として、農園として使えない箇所があるために、この除草費の割合が高いということで、結局圃場として使えない部分を他に利用することは考えているのか。ずっとこのまま、毎年度この除草費として120万円からのお金を投入していくのか、その辺の考えを伺いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 高橋産業部長。



◎産業部長(高橋操君) 今手元に資料等がございませんので、その耕作できない土地というのがいかほどあるかというのは、明確にはお伝えできません。ただ、私も4月から担当することになりまして、現地のほうは1回見てございます。多分五、六反ぶりぐらいはあるのかなというふうに見ております。

 ここの土地につきましては、今市民農園で利用している土地についても、かなり排水が悪いとか、土壌もちょっと余り好ましくないような現況になっております。現在農園として提供できないところにつきましては、かなりの土の入れかえとか、そういった処理費がかかるのではないかというふうに考えております。あと、水道施設等もございません。排水等もちょっとどうなのかということもございます。市民農園の利用度というのが今後どれほど生まれるかによりましては、耕作できない土地、あるいは別なところにその農園をという考え方もあるかなというふうには考えております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、生沼 繁委員の発言は終了いたしました。

 次に、園部増治委員の発言を許します。



◆委員(園部増治君) 先ほど柳田隆志委員からも質疑がありましたが、補足的にちょっと質疑をしたいと思います。

 成果に関する説明書の140ページ、青果物銘柄産地育成事業でありますけれども、この事業につきましては市場調査、消費宣伝活動、組織強化活動、産地体制確立、生産栽培対策、品質向上運動等を実施するということで事業を実施していただいております。銘柄産品の出荷数に応じて生産奨励補助を行うということで、助成していただいていると思います。カボチャ、バラ、ニンジンの銘柄産品につきまして、それぞれ出荷数がどのぐらいで、助成額が幾らかということをお伺いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 山中農政課課長。



◎農政課課長(山中啓治君) まず、カボチャにつきましては、出荷数量が352トン、販売額が6,380万円。その次に、バラでございます。バラが109万本、販売額が8,355万円。ニンジンでございますけれども、出荷数量が98トン、販売額が1億3,777万円でございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の2回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) この出荷額に応じて奨励補助金を出していると思いますが、この出荷奨励補助金の額についてお伺いしたのですけれども、これについてお答え願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 山中農政課課長。



◎農政課課長(山中啓治君) 銘柄作物推進助成金でございますが、平成24年度につきましてはニンジンの助成ということで390万円でございました。

 以上です。(園部増治委員「それだけで、ほかには出していないのですか」と呼ぶ)



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 園部増治委員の3回目の発言を許します。



◆委員(園部増治君) ニンジンについての助成ということでありますが、ほかの産品については平成24年度は出していないということで理解してよろしいのでしょうか。

 ちょっと意見として申し上げたい。特にみやこ南瓜が銘柄産地に指定されているわけでありますけれども、みやこ南瓜は味はいいのですが、非常につくりづらくて収量も上がらないということで、農業協同組合の系統出荷数が激減しているような状態だと思うのです。その辺につきましても、品種の検討等も含めまして、農業協同組合の園芸部会あるいは農業改良普及センターと連携をとっていただきまして、また面積の拡大等についてもこれから取り組んでいただければと考えております。

 消費宣伝活動ということでは、自治体によりましては東京の大田市場等でトップセールス等も行っているところもありますので、ぜひ市長を先頭に立ててトップセールス等も行っていただき、有利販売ができるようにこれからも進めていただくようお願いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 山中農政課課長。



◎農政課課長(山中啓治君) 銘柄作物推進助成金につきましては、銘柄の指定から2年間助成するということでございます。昨年度につきましては、カボチャとバラにつきましては、銘柄の助成期間2年間が終了したために、ニンジンの390万円のみとなっております。

 先ほど園部増治委員も言われましたカボチャの銘柄推進でございますけれども、市場関係者のお話ですと、やはりみやこ南瓜は味、質ともよいということで、今後ともみやこ南瓜の出荷をお願いしたいというような市場関係者の意向もございます。総和地区のかぼちゃ部会の皆様もみやこ南瓜を今後も育成させていきたいという考えでおるようです。

 現在出荷数が減少しているということでございますが、三和地区でももちろんカボチャを生産しておりますので、今後農業協同組合等の関係者と連携しまして、一元出荷というような方向で検討していくことを考えております。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、園部増治委員の発言は終了いたしました。

 先ほどの柳田隆志委員の地域農業担い手育成事業の中で答弁漏れがありますので、ここで答弁を求めます。

 山中農政課課長。



◎農政課課長(山中啓治君) 先ほどは失礼をいたしました。新規就農者8名、そのうち親元就農の方が6名、サラリーマンの就農者2名でございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、挙手による通告の発言は終了いたしました。

 ほかに発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で6款農林水産業費についての発言は終了いたしました。

 暫時休憩いたします。

          午後 3時35分休憩

                                     

          午後 3時47分開議



○委員長(高橋秀彰君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次に、7款商工費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔発言希望委員挙手〕



○委員長(高橋秀彰君) 3名と確認します。

 順次発言を許します。

 初めに、?見久美子委員の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 評価書の156ページ、消費生活センター運営事業についてお伺いいたします。

 平成24年度相談件数として751件、苦情が633件、問い合わせ118件ということでありますけれども、これについてデータの公表等のお考えがありますでしょうか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 尾花商工政策課課長。



◎商工政策課課長(尾花栄子君) 先ほど?見久美子委員のほうから御質疑がございました、平成24年度の相談実績751件という相談件数の公表ということでございます。消費生活センターという県の組織がございまして、そちらに毎日の相談状況を報告しまして、月の集計を出しているところでございます。そちらのホームページ等を開いていただければ、状況は見ていただけると思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の2回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) ホームページ等を開けばということなのですが、例えば市に対する相談等がほとんどだと思います。例えば実例集だとか、それから対応集などをつくっていただいて事前に告知等をしていただけると、未然に防げたり、苦情等の解決になるのではないかと考えますが、どのようにお考えかお聞かせ願えますか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 尾花商工政策課課長。



◎商工政策課課長(尾花栄子君) いろんな例の公表ということでございます。今市では相談員が2人いるのですけれども、地域の行政自治会とか、あとは敬老会ですか、そういうところに派遣いたしまして、出前講座をしているところでございます。そのほかに県のほうでも、出前講座は各種行っております。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 ?見久美子委員の3回目の発言を許します。



◆委員(?見久美子君) 出前講座ということなのですけれども、この出前講座は要請があった場合行われますよね。そうすると、要請がない限りは、いろんなお話を聞くことも、自分から話すこともあれだと思います。できれば市の対応としてそういう実例集、対応集をつくっていただきたいというふうに私自身は考えておりますので、ぜひ検討していただけるよう意見としてお願いいたします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 尾花商工政策課課長。



◎商工政策課課長(尾花栄子君) 事件の内容等を事例として出していただきたいということでございますので、こちらのほうを参考にさせていただきたいと思います。

 あと、広報紙とか市のホームページでも、気をつけましょうということでいろいろ啓発活動とか行っておりますし、古河くらしの会の皆様方に御協力をいただいて、古河地区、総和地区、三和地区で街頭キャンペーンも行っております。そちらの事例のほうにつきましては今後検討させていただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、?見久美子委員の発言は終了いたしました。

 次に、秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 1つは、274ページ、商工振興費です。住宅リフォーム資金助成事業351万6,000円ということで、前に一般質問でもお聞きしたが、この事業は残念ながら前年度で終わってしまったということなのです。そのときに耐震診断に特化したというふうにあったのですが、耐震診断のほうを見ますと10件ということです。この事業にかわるものかといったらちょっと疑問なので、耐震診断を今後どのような形でこの事業にかわるものとしていこうとしているのか。

 それから、この住宅リフォームを新たな事業として創設していくという菅谷市長の答弁があったのですが、どのような方向で考えているのか、その辺だけ1点お聞かせいただきたい。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 高橋産業部長。



◎産業部長(高橋操君) 住宅リフォームにつきましては、3月定例会の中でもいろいろ御質疑等がありました。この事業につきましては、十数年、地域経済の活性化というような位置づけで事業を継続してきたところです。1度受けた方につきましては、再度この助成金を受けることができないような制度になっておりまして、徐々に件数等は減ってきておりました。片や行政としましては、震災を経験しまして、対市民の安心安全をいかに確保するかという命題も出てきたところです。そういった中で、やはり生命、財産を守るという観点から、一般住宅の耐震という事業のほうも需要としてありました。そういった状況で、予算編成の中では、とりあえず住宅リフォームにつきましては、ある程度の目的は達成できたのではないかという観点から、また新たなそういった財政需要もあるということで、とりあえず終了という形をとったわけでございます。

 今後のリフォーム的な事業の新たな展開ということなのでしょうけれども、地域経済の活性化という視点であれば、この前も菅谷市長から答弁がありましたけれども、例えば高齢者対策にもつながるような2世帯住宅、こういったものの改築なんかは、場合によってはなんていうお話があったかと思います。いずれにしましても、その辺につきましては、市の財政状況にもよろうかと思います。そういった状況を見ながら、場合によっては今後検討する余地はあるのではないかというふうに考えています。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 3.11の震災を受けて耐震診断というか、耐震住宅というのはわからないではないのですが、もう一回補強するなり建てかえるなりということになると、相当な費用がかかるということで、耐震診断はするけれども二の足を踏んでしまうというのが、現状だと思うのです。そういう点では、今出ましたように、2世帯住宅あるいは親と一緒に新しく住むというときにも援助ができるという点で、住宅リフォームにかわる新たな制度というのは早急に検討していただきたいと思うのです。

 午前中の議論の中でも、古河駅から三和庁舎までの四百数十万円かけたバスも、毎日21人ぐらいしか乗っていないと。この500万円を回すことだって可能だと思うのです。施策上の問題ですから高橋産業部長には答弁できないかと思うのですが、金の問題ではなくて、やはり地域の活性化をどうするのかと。金が動く、人が動く、物が動くという地域活性化の観点から、どういう形で住宅リフォームにかわる制度というものをつくっていくのかがやっぱり大事だと思う。その辺の検討は、ぜひ今年度が終わる前に一定の方向を出していただきたい。その要望というか、意見を申し上げて、この件については終わりとします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 高橋産業部長。



◎産業部長(高橋操君) 先ほどの御提言につきましては、やはり財政状況にもよろうかと思います。いろんな財政需要というのも片やございます。そういった中で、その財源をどうするか、これも非常に大きな課題になっているかと思います。行財政改革、あるいは事業の見直しをやりながら、財源が出てきた段階で、財政需要のある事業をその重要度なんかに応じて実施していくというのが、基本的な流れかと思います。そういった作業の中で、先ほど秋庭 繁委員がおっしゃったようなリフォームにかわるような事業というのが、実施できればいいかなと思いますけれども、今この段階で私はそこまでしかちょっとお答えできませんので、この辺で御容赦いただきたいと思います。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 276ページの商工業団体等助成事業ということで、古河市は古河よかんべまつり、古河関東ド・マンナカ祭り、三和産業祭とあるわけです。この負担金、補助金の額が相当アンバランスで、それぞれの祭りに私も参加させてもらいましたけれども、やはりもう少し古河よかんべまつりを見習うというか、参加者あるいは出店者がみずからテントを立てたり、畳んだりとかという協力なんかをしていただければ、この大きな差というのはなくなると思う。ぜひ祭りをやるときの実行委員会などでそういう議論ができないかどうか、その辺についてお伺いしたいのですが。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 尾花商工政策課課長。



◎商工政策課課長(尾花栄子君) 先ほどの商工団体の助成金のお話でございますけれども、こちらの助成金は、古河市商工会、古河市工業会、古河商工会議所に均等割と、商工会加入の店舗数によって……(「違う、祭りの補助金」と呼ぶ者あり)お祭りの負担金の差が大きいということで、済みませんでした。(赤坂育男委員「もう一回聞いてやれば、聞いていなかったんだから」と呼ぶ)



○委員長(高橋秀彰君) 高橋産業部長。



◎産業部長(高橋操君) 秋庭 繁委員御指摘のように、確かにこの3つのお祭りというのは、補助金の額に差があります。まず、実施主体が違うというところもございますし、例えば古河よかんべまつりにつきましては、古河商工会議所から200万円ほど、多分これは記憶の中なのですけれども、古河商工会議所から200万円ほど補助金が出ているというのもございます。

 古河よかんべまつりと古河関東ド・マンナカ祭りと三和産業祭なのですけれども、これは合併前からそれぞれの市町で行われていたのですけれども、実施団体も違いますし、祭りのあり方も若干違っております。この辺を考慮しながら、ちょっと整理をしたいというふうに今考えております。

 例えば、古河よかんべまつりにつきましては、古河商工会議所青年部が実行委員会をつくりまして実施しております。三和産業祭は1日だけしかやっておりません。古河よかんべまつりと古河関東ド・マンナカ祭りは2日間やっておりますけれども、三和産業祭は1日しかやっておりません。これは古河市商工会なんかがある程度主体になっております。

 古河関東ド・マンナカ祭りにつきましては、基本的には市で実行委員会をつくって、市長が実行委員長ということで、全面的に市主催というような扱いをしております。姉妹都市の議員方とか首長方もここには御招待して、参加いただいております。ですから、今後市の中心的な秋まつりは、古河関東ド・マンナカ祭りという位置づけで、補助金の整理なんかもするのがいいのかなというふうに、個人的には考えています。今後その辺の整理の仕方につきましても、菅谷市長等に相談しながら考えていこうとは思っています。

 現段階で整理できるものといたしましては、出店者の負担金、これが古河よかんべまつりと古河関東ド・マンナカ祭り、三和産業祭、それぞれ出店者の負担金が違う状況になっています。その辺につきましては、最低限同じようなイベントに出るのであれば同じような負担ということで整理するのが妥当ではないかということで、今年度につきましては出店者の負担金につきましても、ある程度同じような負担額になるような形で整理をしたいというふうに考えております。

 全体的な補助金につきましては、先ほど申しましたように、市以外の補助金等もイベントによっては入っているというような状況もございますので、単純に比較できない部分がございます。その辺を見比べて、今後ちょっと時間をかけながら、もう一度精査しながら補助金のあり方を考えていきたいというふうに考えておりますので、御理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) それぞれの祭りの特徴というか、成り立ちも違うとは思うのです。特に古河関東ド・マンナカ祭りの場合は共催だとか、あるいは山崎製パンだとか、いろんな事業者も参加するという点から見て、そこのPR、宣伝だとすれば、そういうところには応分の負担をしてもらうということも必要かと思う。これから検討するときには、同じような祭りで補助金に大差がつくということのないような検討の仕方をひとつお願いしたいと思います。位置づけはいろいろあろうかと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 次に、増田 悟委員の発言を許します。



◆委員(増田悟君) それでは、住宅リフォーム資金助成事業です。先ほど秋庭 繁委員からも御質疑があったと思いますが、この住宅リフォーム資金助成事業ですか……



○委員長(高橋秀彰君) 274ページですか。



◆委員(増田悟君) (続) ええ、274ページです。事業評価書は150ページになります。

 この事業ですけれども、先ほど高橋産業部長から事業は達成したという答弁であったと思います。住宅リフォーム資金助成事業が達成したので、今年度は予算は盛らなかったというふうな答弁だったと思います。達成したというより、だんだん助成金の応募が少なくなったということは、平成22年度当初予算が1,200万円あって、決算額が1,160万7,000円ですか。平成23年度は1,300万円の当初予算で877万9,000円ですか、だんだん少なくなってくるのです。平成24年度は当初予算が1,100万円で、決算額が351万6,000円。ということは、その前の平成21年度は当初予算が幾らで、決算額が幾らだったのか。それというのも、その前は助成金が、100万円以上で限度額が10万円だったと思うのです。平成22年度ぐらいからですか、100万円以上で限度額が5万円に、半分になったことも決算額が少なくなったということで考えられると思いますので、その件についても答弁をお願いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 尾花商工政策課課長。



◎商工政策課課長(尾花栄子君) 平成21年度の予算額でございますけれども、1,200万円に対しまして助成額は1,048万円でございました。平成18年度、合併当時でございますけれども、10万円以上の工事費を対象に補助率を10%、限度額は10万円となっておりました。平成20年度から対象物件を同じといたしまして、10万円以上の工事費を対象に補助率を5%、限度額を5万円にしております。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 増田 悟委員の2回目の発言を許します。



◆委員(増田悟君) 先ほどの答弁でありましたが、耐震補強工事もですけれども、住宅リフォーム資金助成と兼ねても安いと思いますが、その辺について答弁をお願いしたい。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 高橋産業部長。



◎産業部長(高橋操君) 先ほどの秋庭 繁委員の質疑の中でもお答えさせていただきました。今後の財政状況あるいは今後いろんな財政需要等が出てきます。そういった中で、財政状況を勘案し、施策の順位づけをしながら事業を展開するというような流れになっております。そういった中で、新たな事業としてこのリフォーム事業以外の事業ができるかどうか、検討はさせていただきたいと思います。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 増田 悟委員の3回目の発言を許します。



◆委員(増田悟君) それでは、今部長からの答弁がありましたが、住宅リフォーム資金助成補助金ですか、それとあわせて耐震補強工事も、予算の関係もあると思いますが、前向きな考えでやっていただきたいと思います。

 以上で終わります。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、増田 悟委員の発言は終了いたしました。

 以上で、挙手による通告の発言は終了いたしました。

 ほかに発言はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(高橋秀彰君) 質疑なしと認め、以上で7款商工費についての発言は終了いたしました。

 次に、8款土木費について発言を希望する委員の挙手を求めます。

          〔発言希望委員挙手〕



○委員長(高橋秀彰君) 3名と確認します。

 順次発言を許します。

 初めに、大島信夫委員の発言を許します。



◆委員(大島信夫君) これは決算書の306ページから308ページなのですけれども、公園管理事業、その中でふるさとの森事務所管理委託料と警備委託料で、大体これが230万円ぐらいの実績がある。片や古河総合公園とネーブルパークではかなり、数千万円の事業実績が上がっています。これはこういう決算ですので仕方ありませんけれども、平成25年度につきましては、ふるさとの森の整備事業について何か計画がありましたらお聞かせ願いたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 大島信夫委員、決算についての質疑ですので、平成25年度の事業ですよね。



◆委員(大島信夫君) (続) 何かあって、もし差し支えなければ、お聞きしたいと。



○委員長(高橋秀彰君) 答えられるところがありますか。

 では、執行部の答弁を求めます。

 秋葉建設部参事兼都市計画課課長。



◎建設部参事兼都市計画課課長(秋葉邦之君) ふるさとの森の事業で平成24年度決算よりほかに事業が予定されているかということでございますが、現予算ではそういう事業は計上されておりません。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 大島信夫委員の2回目の発言を許します。



◆委員(大島信夫君) 以前にふるさとの森については、諸川の隅のほうにありますので治安が悪いので、防犯カメラの設置を一般質問でお願いしたことがあるのですけれども、現状の防犯カメラの設置台数と、今後設置の予定でもありましたらお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 秋葉建設部参事兼都市計画課課長。



◎建設部参事兼都市計画課課長(秋葉邦之君) 現状の防犯カメラの設置台数ですが、大変申しわけございません、把握しておりません。後で御報告させていただきたいと思っております。

 確かに、木が生い茂って見通しがきかないとか、夜暗いとかといろいろお話は聞いております。そういう意味では、ふるさとの森公園について、都市計画課としては今後十分に安全対策、整備をしていく必要はあるのかなということで、検討材料とさせていただきたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 大島信夫委員の3回目の発言を許します。



◆委員(大島信夫君) 防犯カメラについては、後で結構ですから、資料のほうをいただきたいと思います。

 あと、このふるさとの森というのは、三和地区を代表する公園であると位置づけられておりますので、こちらの整備についてもぜひ前向きに取り組んでいただきたいと思います。

 以上で終わります。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、大島信夫委員の発言は終了いたしました。

 次に、秋庭 繁委員の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 決算書の290ページ、真ん中辺に街路樹管理事業というのがあります。街路樹管理委託料の中に防虫作業なんかも入っていると思うのですが、街路樹の防虫についてはどういう形でやるような契約になっているのか、ちょっとお聞かせいただきたい。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 永塚建設部参事兼道路課課長。



◎建設部参事兼道路課課長(永塚敬之君) 街路樹管理委託でございますけれども、その回数等がちょっと今手元にございません。管理委託内容は、全体で24件ほどありまして、延長約49キロメートル程度でございます。これも調べまして、後日ちゃんと、時間をいただければと思います。調べます。済みません。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) なぜこれをお聞きしたかというと、本来街路樹一本一本防虫作業をする場合は、車でタンクを運んできて、そこでとまってやるのが普通だと思うのですけれども、道路側を走りながら防虫していったと。犬の散歩をしている人にかかってしまって、その苦情が私のところに来たのです。そういうことがあるはずないだろうと思うが、その場で言えなかったと。こんなことがあるのかという怒りの電話が入ったのです。これは茶屋新田なのですが、そこを担当した業者がいるとしたら、どういう契約になっているのかをきちんと調査した上で、また回答いただきたい。私も付近の住民の人には説明しなければいけないので、そんなことがあったということだけちょっとあれしていただきたい。24件、約49キロメートルだとすれば、その中でこれはちょっと問題だと思うのです。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 永塚建設部参事兼道路課課長。



◎建設部参事兼道路課課長(永塚敬之君) 先ほどの御質疑の苦情でございますけれども、今秋庭 繁委員がお話になった内容につきましては、きょう初めてでございます。歩行者に大変御迷惑をかけることがないように、今後業者等を指導して、もちろん仕様書等もそんなやり方が仕様にあるわけございませんので、後で具体的に内容を教えていただければありがたいかなというふうに思います。よろしくお願いします。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) では、そういうことのないようにひとつお願いいたします。

 次に、いいですか、もう一点。



○委員長(高橋秀彰君) 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 308ページの総合公園整備事業です。古河総合公園がメリナ・メルクーリ国際賞を受賞したわけです。このコンセプトは、人、文化、歴史、自然、これを大事にということが基本だと思うのですが、いろんな形で相当お金をかけて、いろんな工事をやられていると、古河総合公園利用者や何かから心配の声が上がっているのです。本来自然を生かした公園なのに、随分いろいろな事業をやっているではないかという、当初の目的が失われてしまうのではないかと危惧する声が寄せられているのです。その辺がきちんと守られるというか、そういう方向でやっているのかどうか、その辺だけお聞かせいただきたい。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 秋葉建設部参事兼都市計画課課長。



◎建設部参事兼都市計画課課長(秋葉邦之君) 総合公園のメリナ・メルクーリ国際賞ということで、当初の目的ということでの御質疑かと思います。

 ユネスコ世界の文化景観の保護と管理ということで、大変名誉ある賞を受賞しているところでございます。ただいま都市計画課としては、パークフロント事業ということでエントランスの部分の整備を行わせていただいておりますが、景観に十分配慮して、今後とも工事を進めていきたいというふうに考えています。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) わかりました。当初の総合公園の持っているよさは大事にしていただいて、利用者が不安に思うようなことのないように、工事概要の説明の看板でも立てておいていただければいいのではないかと思うので、ぜひよろしくお願いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 秋庭 繁委員の次の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) それと、次は評価書の168ページ、道路新設改良事業ということで、ここは生活道路優先にというのが市長報告の中でもありました。生活道路は、いろんな形で工事に着手していただいているのはわかっているのですが、現在古河市全体で何件ぐらい出ているのかということ、その辺についてちょっとお伺いしたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 永塚建設部参事兼道路課課長。



◎建設部参事兼道路課課長(永塚敬之君) 現在、平成25年度に8件ほど出ておりまして、今現在で182件でございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 平成25年度8件ということになると、既に出ている170件ほどの部分というのは、何年ぐらいかかるか。その辺の見通しですね。予算との絡みもあると思うのですが、年間何件ぐらいずつ進捗しているのか、その辺をちょっとお聞かせいただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 永塚建設部参事兼道路課課長。



◎建設部参事兼道路課課長(永塚敬之君) 事業評価書に件数等は載っているかと思うのですが、工事の件数につきましては、平成24年度は21件ほど完了いたしました。工事延長につきましては、3,560.2メートルでございます。

 このうちの3件につきましては、平成23年度からの繰り越し分も含まれてございますけれども、工事につきましては21件ということです。場所によりましては要望路線の距離が長いもの、1路線500メートルを超えるものなんかございます。その年度件数で1路線が全部終了するかといいますと、長いものではやっぱり2年、3年というふうなものもございますので、思うように件数が消化できないというような部分もございます。

 当初予算のときにもいろいろ御質疑をいただいたと思うのですが、全体の170件を超える要望件数を全部終了するのにはということで、菅谷市長からも施政方針等で話はあったかと思うのですが、約60億円程度という試算をしているものでございます。ですから、年間6億円を投入したとしても、今たまっているのを消化するには10年ということで。ただ、道路課としてもなるべく早目にその要望がたまらないように、累積しないように、減っていくように努力をしているところでございますけれども、財政事情との絡みがありまして。予算的には平成25年度は5億4,000万円近く全体ではいただいているところでございます。ですから、5億円、6億円程度の推移で10年で減っていくような形での考え方を持ってございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) わかりました。そういう点では、生活道路の整備というのは非常に今重要な問題を抱えていると思うのです。特に都市部の集中豪雨や何かのときは、道路に側溝もきちんと整備されていないという中で冠水がどんどんふえてくるという事態も片方ではある。生活道路整備のときとあわせて、そういう対策なども今後ぜひお願いを、同時にできるわけですから、そのことについても要望しておきたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 次に、生沼 繁委員の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) それでは、決算書の288ページをお願いします。道路補修事業の中で欠損部補修委託料3,215万円が計上されておりますけれども、この欠損部の主たる要因というのですか、なぜこのような欠損が起きてしまうのか、その原因というか、それがわかればちょっと教えていただきたいのですけれども。伺います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 永塚建設部参事兼道路課課長。



◎建設部参事兼道路課課長(永塚敬之君) その欠損が起きる主たる原因という御質疑でございます。アスファルトの寿命というのが通常で10年程度というふうに言われておるのですが、もう既に10年を経過した道路というのがたくさんあります。市内に認定道路が1,800キロメートルございますけれども、そのうちの約60%程度が舗装されているという実績はあるのですけれども、舗装の寿命が10年程度。交通量が少なければ、20年ぐらいはもつのではないかというふうに言われています。

 交通量の激しいところは、場所によっては10年未満でもひび割れをしたり、暑さによってわだちができたりというふうな部分があります。そういう部分がかなり多いということで、今回市の政策提言にもそういう維持管理、今後は道路が延びると同時に、道路の維持管理も重要な課題になってくるということで、提言をしたところでございます。穴があいてしまったり、あるいはへこんでしまったりというような部分がありまして、これはアスファルトの穴の補修、それとパッチングといいまして、ある程度の広い範囲を整備して、そこへまたアスファルトを乗せて、ある程度の範囲をパッチングしていくという工法でやってございます。今回は218カ所の実績でございますけれども、アスファルト道路にしまして、499トンの実績でこのような額になったわけでございます。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 生沼 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) 交通量とか、あるいは水がたまりやすい道路とか、いろいろその道路の条件によってアスファルトの傷みというのが出てくるかと思います。気がつくのは、宅地開発されたときに、水道あるいは下水道で取り出して、すぐにそこが1年か2年で穴があいてしまうという、そういう状況は何カ所か確認をしております。その辺の取り出したときの補修の瑕疵担保期間というのですか、そういったものはあるのかないのか、ちょっとその辺を伺います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 永塚建設部参事兼道路課課長。



◎建設部参事兼道路課課長(永塚敬之君) 通常の開発行為とか道路位置指定等で民間が開発した部分の瑕疵担保につきましては、軽量なもので2年、重大な過失で10年というのがあるのです。そこに占用で入っている市の水道あるいは下水道等から取り出した部分につきましては、ちょっと今資料がございませんので。管理は実質的に、その部分につきましては水道課とか下水道課、取り出したほうの工事業者ですね、それぞれその管理する部門になりますので、私どもとしては、そこが欠損した場合は水道課あるいは下水道課にお願いしているところでございまして、その担保期間があるかどうかはちょっと調べますので、時間をいただきます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 生沼 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(生沼繁君) いずれにしても、市内には相当の道路延長の距離数があろうかと思います。そんな中で、管理上いろんな面で大変な補修箇所もあろうかと思いますけれども、やはり道路を掘削したり何かするときには、下水道課ですか、または道路課でよく指導して、掘削とかそういうのがあった場合には、復旧は完全にもとに戻るよう指導をして、補修して半年か1年でまた穴があいてしまう、そんなようなことがないように今後指導していただけるかどうか、その辺をお伺いします。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 永塚建設部参事兼道路課課長。



◎建設部参事兼道路課課長(永塚敬之君) 先ほどの取り出しの部分、その部分の瑕疵は同じように2年、10年というような担保で、事業者に指導しているところでございます。

 そのようなことで、今後そういう部分が1年、2年程度で壊れないように道路課としても今後は指導をしていきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。また、そういう部分が見つかった際には、議員あるいは地元の方から声をいただければすぐに対応するようにしたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上です。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 以上で、生沼 繁委員の発言は終了いたしました。

 先ほどの公園管理事業及び街路樹管理事業に対しての答弁漏れにつきまして答弁できますか。大丈夫ですか。

 執行部の答弁を求めます。

 秋葉建設部参事兼都市計画課課長。



◎建設部参事兼都市計画課課長(秋葉邦之君) 答弁漏れで、大変申しわけございませんでした。

 防犯カメラにつきましては、ございません。ゼロ基でございます。園路灯が11基ということで、  防犯関係は以上の施設となっております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 街路樹のほうは答弁できますか。(「もうちょっと」と呼ぶ者あり)では、後ほどよろしくお願いします。

 以上で、挙手による通告の発言は終了いたしました。

 ほかに発言はありませんか。

 秋庭 繁委員。



◆委員(秋庭繁君) 済みません。ちょっと落としてしまって。

 決算書の312ページ、地籍調査のところで真ん中に三和地区再地籍調査事業とある。これは一回やったやつをまた調査するから「再」となっていると思うのですが、前回はいつごろやって、どんな状況だったのか、何でもう一回やらなくてはいけないのか、その辺をちょっと説明いただきたいと思います。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 関地籍調査課課長。



◎地籍調査課課長(関保夫君) 質疑でございますけれども、三和地区の再地籍調査事業につきましては、昭和の時代なのですけれども、昭和38年から昭和55年の間に地籍調査を当時の三和町で行いました。その地籍調査を行ってから大体40年たちまして、今度は相続とかの地権者から、14条地図には地番があるけれども、地籍簿はない。さらに、一例ですけれども、地籍簿はあるけれども、14条地図に地番がないという、そういう問い合わせがたくさんございました。そして、これは登記簿とか地籍図と照合して調査してはどうかということで、2年間かけて調査をしたものでございます。ですから、先ほど申し上げましたけれども、40年前に一度調査をしたのですけれども、そういうことがありましたものですから、2年間をかけて再度調査いたしました。そして、その調査した結果940件という不整合箇所が見受けられたということでございます。その箇所を平成25年度からは少しでも減らしていこうということで事業をしたいなと考えているところでございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の2回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) 古い時代のものだというのがわかりました。今年度以降、具体的にこれをもう一度公図に合わせていくということなのですか。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 関地籍調査課課長。



◎地籍調査課課長(関保夫君) いわゆる14条地図というものがありまして、その14条地図と地籍簿に修正をかけていくという事業になります。そうすると、1年や2年で終わるものではなくて、相当長い年月がかかる。10年先以上の時間がかかるのではないか、当然予算もかかるということでございます。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 答弁は終わりました。

 秋庭 繁委員の3回目の発言を許します。



◆委員(秋庭繁君) わかりました。了解です。



○委員長(高橋秀彰君) 執行部の答弁を求めます。

 永塚建設部参事兼道路課課長。



◎建設部参事兼道路課課長(永塚敬之君) 先ほど答弁漏れがありまして、申しわけございませんでした。

 街路樹管理事業の防虫の回数ということ、基本的に年4回ほど行っております。

 以上でございます。



○委員長(高橋秀彰君) 以上で、秋庭 繁委員の発言は終了いたしました。

 以上で、8款土木費についての発言は終了いたしました。

 本日の審査はこの程度にとどめ、9款以降については、あす午前10時より一般会計決算特別委員会を再開し、審査を行いたいと存じます。

                                     



△散会の宣告



○委員長(高橋秀彰君) 本日は、以上をもって散会いたします。

          午後 4時40分散会