議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 土浦市

平成17年 第3回 臨時会 11月14日−01号




平成17年 第3回 臨時会 − 11月14日−01号











平成17年 第3回 臨時会



土浦市告示第185号

  平成17年第3回土浦市議会臨時会の招集について

 平成17年第3回土浦市議会臨時会を次のとおり招集する。

  平成17年11月7日

  土浦市長 中川  清

   記

 1 招集の日時  平成17年11月14日 午前10時

 2 招集の場所  土浦市議会議場

 3 付議事件

   (1)専決処分の報告について(和解について)

   (2)専決処分の報告について(和解について)

   (3)専決処分の報告について(和解について)

   (4)土浦市職員の給与に関する条例の一部改正について

   (5)平成17年度土浦市一般会計補正予算

   (6)平成17年度土浦市国民健康保険特別会計補正予算

   (7)平成17年度土浦市老人保健特別会計補正予算

   (8)平成17年度土浦市介護保険特別会計補正予算

   (9)平成17年度土浦市下水道事業特別会計補正予算

   (10)平成17年度土浦市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算

   (11)平成17年度土浦市農業集落排水事業特別会計補正予算

   (12)平成17年度土浦市水道事業会計補正予算



平成17年第4回土浦市議会定例会日程

月日曜日開議時間会議摘要11月14日月午前10時本会議1 会期の件2 報告案件の上程及び説明3 質疑4 議案の上程及び説明5 質疑6 常任委員会付託7 常任委員会の審査の経過及び結果の報告8 委員長報告に対する質疑9 討論・採決

平成17年第3回土浦市議会臨時会会議録(第1号)

========================

 平成17年11月14日(月曜日)

議事日程(第1号)

 平成17年第3回土浦市議会臨時会

 平成17年11月14日・午前10時

第 1         会期の件

第 2 報告第 20号 専決処分の報告について(和解について)

第 3 報告第 21号 専決処分の報告について(和解について)

第 4 報告第 22号 専決処分の報告について(和解について)

第 5 議案第138号 土浦市職員の給与に関する条例の一部改正について

第 6 議案第139号 平成17年度土浦市一般会計補正予算

第 7 議案第140号 平成17年度土浦市国民健康保険特別会計補正予算

第 8 議案第141号 平成17年度土浦市老人保健特別会計補正予算

第 9 議案第142号 平成17年度土浦市介護保険特別会計補正予算

第10 議案第143号 平成17年度土浦市下水道事業特別会計補正予算

第11 議案第144号 平成17年度土浦市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算

第12 議案第145号 平成17年度土浦市農業集落排水事業特別会計補正予算

第13 議案第146号 平成17年度土浦市水道事業会計補正予算

  ――――――――――――――――――――――――――――

本日の会議に付した案件

 日程第1  会期の件

 日程第2  報告第20号乃至日程第4 報告第22号

 日程第5  議案第138号乃至日程第13 議案第146号

  ――――――――――――――――――――――――――――

出席議員(30名)

   1番  吉田千鶴子君

   2番  荒井 武君

   3番  小林幸子君

   4番  福田一夫君

   5番  田中?介君

   6番  古沢喜幸君

   7番  久松 猛君

   8番  入江勇起夫君

   9番  海老原一郎君

  10番  盛 良雄君

  11番  中田正広君

  12番  吉田博史君

  13番  小坂 博君

  14番  寺内 充君

  15番  柏村忠志君

  16番  金塚 功君

  17番  川原場明朗君

  18番  勝田 煦君

  19番  坂本喜久江君

  20番  竹内 裕君

  21番  内田卓男君

  22番  廣瀬昭雄君

  23番  中井川功君

  24番  矢口迪夫君

  25番  豊島一男君

  26番  川口玉留君

  27番  折本 明君

  28番  沼田義雄君

  29番  松本茂男君

  31番  本橋道明君

  ――――――――――――――――――――――――――――

欠席議員(2名)

  30番  井坂信之君

  32番  中島政雄君

  ――――――――――――――――――――――――――――

説明のため出席した者

  市長      中川 清君

  助役      瀧ケ崎洋之君

  収入役     五頭英明君

  市長公室長   古渡善平君

  総務部長    円城寺和則君

  市民生活部長  石神進一君

  保健福祉部長  市川 昇君

  産業部長    久保田正美君

  建設部長    山田和也君

  都市整備部長  神戸信洋君

  水道部長    石毛一美君

  教育長     冨永善文君

  教育次長    日下部和宏君

  消防長     篠崎民雄君

  財政課長    桜井久夫君

  ――――――――――――――――――――――――――――

事務局職員出席者

  局長      長南幸雄君

  次長      宮本義憲君

  副参事     宮本 一君

  副参事     矢口幸男君

  係長      瀬古沢秀光君

  係長      野口智巳君

  ――――――――――――――――――――――――――――

   午前10時18分開会



○議長(内田卓男君) ただいま出席議員は30名で議会は成立いたしました。

 よって,これより平成17年第3回土浦市議会臨時会を開会いたします。

 それでは,これより本日の会議に入ります。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△欠席議員の報告



○議長(内田卓男君) 本日の欠席議員を申し上げます。

  30番 井 坂 信 之 君

  32番 中 島 政 雄 君

 以上,2名の方が欠席でございます。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△会議録署名議員の指名



○議長(内田卓男君) 次に,会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は,会議規則第81条の規定により

   7番 久 松   猛 君

  17番 川原場 明 朗 君

  28番 沼 田 義 雄 君

 以上3名の方を指名いたします。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△出席説明員の報告



○議長(内田卓男君) 次に,本臨時会に地方自治法第121条の規定により,議長において出席を求めました者の職氏名は,お手元にお配りしてあります文書表のとおりであります。

  ――――――――――――――――――――――――――――



○議長(内田卓男君) 次に,本日の議事日程につきましては,お手元にお配りしてございます文書表の日程どおり議事を進めたいと存じますので,御了承を願います。

  ――――――――――――――――――――――――――――



○議長(内田卓男君) 次に,土浦記者クラブ,土浦市広報広聴課から,本臨時会の本会議の写真撮影を行いたい旨の申し出があり,傍聴規則第8条の規定により許可いたしておりますので,御報告をいたします。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△日程第1.会期の件



○議長(内田卓男君) それでは,これより議事日程に入ります。

 日程第1会期の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期につきましては,去る9月21日,議会運営委員会を開き,御審議を願っております。よって,会期は1日といたしたいと存じますが,これに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって,本臨時会の会期は1日と決しました。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△日程第2.報告第20号乃至日程第4.報告第22号



○議長(内田卓男君) 次に,日程第2報告第20号専決処分の報告について乃至日程第4報告第22号専決処分の報告についてを一括して議題といたします。

 この際,報告案件の説明を願います。市長。

  〔市長 中川清君登壇〕



◎市長(中川清君) ただいま上程されました報告案件につきましては,専決処分3件でございます。

 それでは,順次御説明申し上げます。

 報告第20号専決処分の報告について。

 本件は,本年4月17日午後,土浦市粟野町地内の市道において発生した車両損害事故について和解したものでございます。

 事故の概要につきましては,当該車両が市道通過時において,路肩崖地から転落し,車両の一部が損壊したものでございます。

 なお,損害賠償額につきましては,車両修理費のうち,11万3,988円を支払うこととしたものであり,地方自治法第180条第1項の規定により,専決処分をしたものでございます。

 報告第21号専決処分の報告について。

 本件は,本年8月24日午後,土浦市神立中央五丁目地内の市道において発生した車両損害事故について和解したものでございます。

 事故の概要につきましては,当該車両が市道通過時において,下水道のマンホール鉄蓋に接触し,車両の一部が損壊したものでございます。

 なお,賠償額につきましては,車両修理費のうち,10万3,257円を支払うこととしたものであり,地方自治法第180条第1項の規定により,専決処分をしたものでございます。

 報告第22号専決処分の報告について。

 本件は,本年9月19日午後,土浦市天川二丁目地内の市道交差点において発生した車両損害事故について和解したものでございます。

 事故の概要につきましては,交差点部分に埋設してある雨水排水管の破損により,地中が空洞化していたことから,当該車両が通過時において,前輪部が舗装内に埋没し,車両の一部が損壊したものでございます。

 なお,賠償額につきましては,車両修理費7万6,650円を支払うこととしたものであり,地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をいたしましたので,御報告を申し上げます。

 以上で,報告案件の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(内田卓男君) ただいまの報告について,御質疑はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御質疑もないようでございますので,質疑を終結いたします。

 報告第20号専決処分の報告乃至報告第22号専決処分の報告については,この程度といたします。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△日程第5.議案第138号乃至日程第13.議案第146号



○議長(内田卓男君) 次に,日程第5議案第138号土浦市職員の給与に関する条例の一部改正について乃至日程第13議案第146号平成17年度土浦市水道事業会計補正予算を一括して議題といたします。

 この際,提出議案の説明を願います。市長。

  〔市長 中川清君登壇〕



◎市長(中川清君) ただいま上程されました議案につきましては,条例1件,補正予算8件,計9件でございます。

 それでは,順次御説明申し上げます。

 議案第138号土浦市職員の給与に関する条例の一部改正について。

 人事院は,去る8月15日,国会と内閣に対し,本年度の国家公務員の俸給月額の引き下げ及び勤勉手当を引き上げること,また,給与構造の抜本的な改革を実施することなどを勧告いたしました。

 これを受けまして,国では,「一般職の職員の給与に関する法律」等の一部が改正されたところでございます。

 本案は,本市におきましても,国家公務員の給与改定に準拠いたしまして,職員の給料月額の引き下げなどを実施するため,土浦市職員の給与に関する条例の一部を改正するものでございます。

 改正の内容でございますが,職員の給料月額については,一律0.3%の引き下げを行うものでございます。

 勤勉手当につきましては,年間で0.05月分を引き上げるものでございますが,本年度は12期の勤勉手当を引き上げるものとし,平成18年度以降は,当該引き上げ分を6月期,12月期で,それぞれ0.025月引き上げるものでございます。

 扶養手当につきましては,配偶者に係る支給月額を500円引き下げ,1万3,000円とするものでございます。

 なお,本年4月からの給与について,官民の均衡が図られるよう,12月期の期末手当において所要の調整を行うものでございます。

 この条例は,平成17年12月1日から施行するものでございます。

 ただし,平成18年度以降の勤勉手当の支給率の規定は,平成18年4月1日から施行するものでございます。

 次に,給与改定関係の補正予算について御説明申し上げます。

 議案第139号平成17年度土浦市一般会計補正予算乃至議案第146号平成17年度土浦市水道事業会計補正予算につきましては,いずれも前議案で御説明申し上げました,土浦市職員の給与に関する条例の一部改正に伴う人件費の補正でございます。

 まず,1ページの議案第139号平成17年度土浦市一般会計補正予算につきましては,給与改定及び職員の異動等に伴いまして,歳入歳出それぞれ4,606万9,000円を減額するものでございます。

 次に,3ページをお開きいただきたいと存じます。

 第1款議会費から,次のページの第9款教育費までの款項別補正予算額の明細につきましては,記載のとおりでございますので,よろしくお願いをいたします。

 なお,歳入につきましては,繰越金を同額減額するものでございます。

 次に,37ページ,議案第140号平成17年度土浦市国民健康保険特別会計補正予算につきましては,給与改定及び職員の異動等に伴いまして,223万円を減額するものでございます。

 なお,歳入につきましては,一般会計繰入金を同額減額するものでございます。

 次に,53ページ,議案第141号平成17年度土浦市老人保健特別会計補正予算につきましては,給与改定及び職員の異動等に伴いまして,13万6,000円を減額するものでございます。

 歳入につきましては,一般会計繰入金を同額減額するものでございます。

 次に,67ページ,議案第142号平成17年度土浦市介護保険特別会計補正予算につきましては,給与改定及び職員の異動等に伴いまして,148万円を増額するものでございます。

 歳入につきましては,一般会計繰入金を同額増額するものでございます。

 次に,81ページ,議案第143号平成17年度土浦市下水道事業特別会計補正予算につきましては,給与改定及び職員の異動等に伴いまして,888万5,000円を減額するものでございます。

 歳入につきましては,一般会計繰入金を同額減額するものでございます。

 次に,97ページ,議案第144号平成17年度土浦市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算につきましては,給与改定及び職員の異動等に伴いまして,410万1,000円を減額するものでございます。

 歳入につきましては,一般会計繰入金を同額減額するものでございます。

 次に,111ページ,議案第145号平成17年度土浦市農業集落排水事業特別会計補正予算につきましては,給与改定に伴いまして,10万9,000円を減額するものでございます。

 歳入につきましては,一般会計繰入金を同額減額するものでございます。

 次に,125ページ,議案第146号平成17年度土浦市水道事業会計補正予算につきましては,給与改定等に伴いまして,454万3,000円を増額するものでございます。

 その内容につきましては,水道事業費用において412万9,000円,資本的支出で41万4,000円をそれぞれ増額するものでございます。

 以上で上程されました議案の説明を終わります。よろしく御審議の上,御承認を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(内田卓男君) 以上で議案の説明は終わりました。

 これより,ただいま上程されました全議案に対する質疑を行います。

 御質疑はございますか。15番柏村忠志君。

  〔15番 柏村忠志君登壇〕



◆15番(柏村忠志君) 職員の給与に関する条例の一部改正について,何点か伺います。

 まず,地方自治法第202条の2によって,人事委員会を各市町村は設けることができますけれども,これをほとんどしていなくて,国の人事院勧告に従っていますが,どういう位置付けなんでしょうか。本来であれば,土浦の人事委員会をちゃんと作ってやるべき性格なものですけれども,国の勧告に対し,直接に自分たちでどれだけ調査をし,解釈をしていたのか全くわからず,その説明だけで済んでおります。

 例えば,民間の格差では,土浦においての格差,何十名以上の会社を対象にして,そういう点がはっきりしないと,この給与が高いのか低いのかわからないですね。土浦のこれの証拠に,何名の会社を単位にして,どのくらいを参考にしてやったのかということを説明していただきたい。

 それから,今回の予算は,全部人勧に伴っての遡及をする,遡ってやる,調整ということにもなっておりますけれど,4月から前年の11月ですか,最後の12月の調整をするということになっておりますけれども,そもそも遡及をするということができるのかどうか。これはプラスであれマイナスであれですよ。その点について伺います。

 それから,3点が,退職金で,例えば一般の方で申し上げますと,退職手当として,定年退職及び勧奨退職にかかる退職手当,1つの事例として,一般としては34ページに書いてありますけれども,これは加算の措置ですね,1年に2%の加算。それから,退職時においては勤続20年以上は2号給ですね。そうしますと,先ほどの基本ベースを下げるということでありますけれども,こういう形で上がっていた場合,実質的な増減というのはどうなるんでしょうね。あるいは,“渡り”という制度がありますよね。そうしますと,級を年功に応じて上げるわけですね。ベースが低くても,1給上がればそれだけで問題にならない金額になってしまう,その辺を含めて説明をいただきたい。



○議長(内田卓男君) 総務部長。

  〔総務部長 円城寺和則君登壇〕



◎総務部長(円城寺和則君) 柏村議員の御質問にお答えをいたします。

 何点かございましたので,1つずつお答えしたいと思います。

 最初に,人事委員会の問題がございました。人事委員会につきましては,都道府県あるいは政令指定都市,そういう大きい自治体においては設置がされております。ただ,市町村においては,人事委員会を設置する義務まではございませんので,設置していないのが実状でございます。人事院勧告あるいは県の人事委員会の勧告,それらを踏まえて,給与の取り扱いをどうするか,それは土浦市あるいは議会の皆様と御協議申し上げて決定すると,そういうようなことになります。

 それから,人事院勧告の位置付けというお話がございましたが,御案内のとおり,人事院勧告は,労働基本権がない公務員の1つの代償措置として,国の独立機関として設置をされておると。ですから,そこから出された給与を始めとする勤務条件の勧告は,非常に重いものだと受け止めております。

 それから,土浦市における民間給与との格差について調査しているかというようなお話でございましたが,土浦市の職員の給与と土浦市内における民間給与との格差ですか,そこまでの調査はしておりません。調査もなかなか難しいというのが実態でございます。

 それから,議案の中に,今年の4月から11月まで遡って調整する内容が含まれているけれども,そういうことができるのかというお話がございました。実は2年前にも同じ問題が発生しまして,マイナス改定の場合に,4月から遡って給与を調整すると。これは,法律,条例の中では,12月期に支給するボーナスから,実質4月から遡ることになりますけれども,今回は4月から11月までの分を調整させていただく。遡及して差し引くということではなくて,調整という言葉を使っております。法律上も認められるという内容でございます。

 それから,退職金のお話がございました。退職金については,国の方で現在,支給基準の見直しを進めております。それが明らかになって,市町村の場合は総合事務組合で退職手当の支給事務をやっております。条例もそちらで措置しておりますので,内容が固まってまいりますれば条例改正が行われるだろうというふうに思っております。

 それから,1年に2%というお話がございましたが,これにつきましては,定年を待たずして早期に退職される方については,1年につき2%の加算措置がございます。

 それから,退職するに当たって2号給上がるとかいうお話がございました。これにつきましては,定年退職時のいわゆる特別昇級,勤務年数の長い方については2号俸ありましたが,これが既に廃止をしております。それから,定年前早期退職,いわゆる勧奨退職については,現在特別昇級が残っております。これについてもどうするか,今検討課題となっているところでございます。

 それから,渡りという問題がございました。これにつきましては,給与制度の運用上,ある程度の勤続年数あるいは年齢によって,職務の格付けとは違った給与の運用をしておるというのが実態でございますが,これについても,今回の人事院勧告の中で給与構造の抜本的改革ということが打ち出されております。それを踏まえて,市としては是正していきたいと考えておりますので,御理解のほどをよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(内田卓男君) 15番柏村忠志君。

  〔15番 柏村忠志君登壇〕



◆15番(柏村忠志君) 人事院勧告は重いものであると。労働基本権が奪われているから,それの代弁という形で,それはわかります。基本的には,先ほどの給与関係の問題では,踏まえてとおっしゃいましたね。国なり県を踏まえて。人勧は基本的に参考にしてということになるんですよね。踏まえるんではないんですね。「踏まえる」というのと「参考にする」というのは。給与の一番実態を知っているのはそこの市町村なわけですね。そうしますと,先ほど,民間でどのくらいになっているのか,高いのか安いのかというのがよくわからないわけです。それで聞いているわけですね。土浦の場合は基本給の10%が,国に準ずるなら給与アップするという形になりますね。そうすると,これが全体をならした場合,私,高いか低いかわからないからこれを申し上げているんですね。

 給与に関して,御存じのように,公債費の償還と人件費というのは支出の中で最大の位置を占めているわけですね。だから,そこをどういうふうに合理的にメスが入るのかということも,当然のことながら考えなくてはならないと思うんですね。しかし,行革の中にはそれがのっていないですよね,今のところ。いずれにしても,独自な調査というか,それをベースにしないで,「踏まえて」とか云々されても,どんなものなんでしょうね。

 それから,できないとおっしゃいましたね。できないんですか。例えば,商工会議所でもとっていますし,幾つかあると思うんですね。それをどの辺をベースにしてやるのかということ。少なくともそういう行政技術的なことについては,できないということはあり得ないことであって,その辺の説明を願います。



○議長(内田卓男君) 総務部長。

  〔総務部長 円城寺和則君登壇〕



◎総務部長(円城寺和則君) 柏村議員の再質問にお答えをいたします。

 人事院勧告を踏まえてというお話,参考にしてというものがございましたけれども,人事院勧告は,法律上は強制力を持ったものではございません。ただし,最初に申し上げましたように,いわゆる労働基本権が公務員には与えられておりませんので,その代償措置として給与についても勧告をされる。それを尊重することは非常に,公務員の給与問題については大きいと思います。そういう意味で重いというふうに言いました。

 それから,国の公務員に対する人事院勧告,それから,都道府県職員に対する各都道府県人事委員会の勧告,それらを踏まえてという意味は,法律上,いわゆる情勢適用の原則というのがございます。バランスをとれというような意味だと思います。高く突出してもまずいし,余りにも低くてもまずいんだろうと思います。情勢適応の原則という法律の一項がございます。それらに基づいていると。

 それから,民間給与の実態を調査できないことはないのではないかというお話がございましたが,民間給与の実態を調査する場合に,範囲をどういうふうに特定するか,まずそれが1つ大きな問題になってまいります。それから,各会社の課長の職にある方の給与,あるいは課長補佐の職にある方の給与,同じように係長さん,あるいは主任とか係員とか,役所の職制と同じような職制を持った会社の,それぞれの職にある方の個人別の給与実態を調べなくてはならないと。そういうことが出てまいりますので,なかなか議員さんがおっしゃるように簡単ではないというふうに思っております。

 それから,民間給与の場合に,転勤のある会社と転勤のない会社とございます。転勤のある会社の給与は,その地域における民間給与の平均よりも大きいというようなことで,国ではそういう措置も人事院勧告の中に盛り込んでおりますけれども,それらも含めてどの程度の範囲で調査をするか,それが問題になってくると。それから,個々の市町村でそれぞれ民間の給与実態調査をして,市町村職員の給与を決めなくてはならないのかということになれば,またそれは別の考え方が出てくるかと思います。それは,茨城県内でも,この前,県の人事院勧告が出ましたけれども,その中で地域手当は一律3%というようなことが出ておりました。それらを考えてみれば,土浦市だけ,あるいはつくば市だけをとらえての給与ということでなくてもいいのかなとも思います。

 それから,今朝の茨城新聞にも地域手当の問題が出ておりましたですね。どういうふうにするのか,県内で11市,地域手当の勧告が出ておりますけれども,一番高いのは取手市さん,つくば市は12%,土浦市は10%,その勧告どおりにするのか,あるいは県の勧告なんかも踏まえてどういうふうにするのか,それは先ほどお話ししましたように,別途協議をして御相談したいと。必ずしも,そういう意味では人事院勧告どおりということにもならないのかなとも思います。ですから強制力はないと。それは内容によって,各地域あるいは各市町村の考え方で取り入れていくということになろうかと思います。

 以上でございます。



○議長(内田卓男君) ほかにございますか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御質疑もないようでございますので,質疑を終結いたします。

 それでは,ただいま上程中の議案は,なお詳細なる調査研究の必要があると存じますので,これを議案付託区分表のとおり,各委員会に付託し,休憩中に御審査願いたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって,ただいま上程中の議案は議案付託区分表のとおり,それぞれ所管の委員会に付託いたしました。

 暫時休憩いたします。

   午前10時54分休憩

  ――――――――――――――――――――――――――――

   午前11時51分再開



○議長(内田卓男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△各委員会の審査の経過並びに結果の報告



○議長(内田卓男君) これより順次各委員長から委員会の審査の経過並びに結果の報告を求めます。

 なお,委員長の報告は議長において順を追って御指名いたします。

 まず,総務委員長より御報告願います。



△1.総務委員長の報告

  〔総務委員長 中田正広君登壇〕



◆総務委員長(中田正広君) 御報告申し上げます。

 本臨時会において,当総務委員会に付託されました議案2件につきましては,本会議休憩中に委員会を開催し,執行部から詳細なる説明を求め,慎重に審査いたしました。

 以下,その審査の経過と結果について申し上げます。

 議案第138号土浦市職員の給与に関する条例の一部改正について。

 本案は,人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準拠し,職員の給料月額については,一律0.3%の引き下げを行い,勤勉手当については,年間で0.05月分を引き上げるなど,本条例の一部を改正するものであり,2名の反対がありましたが,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第139号平成17年度土浦市一般会計補正予算,歳入全部,歳出中第1款(議会費),第2款(総務費),ただし第3項(戸籍住民基本台帳費)を除く,第8款(消防費)。

 本案は,前議案の条例改正による給与改定及び職員の異動等に伴う所要額を補正するものであり,1名の反対がありましたが,原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△2.文教厚生委員長の報告



○議長(内田卓男君) 次に,文教厚生委員長より報告願います。

  〔文教厚生委員長 小林幸子君登壇〕



◆文教厚生委員長(小林幸子君) 御報告申し上げます。

 本臨時会において,当文教厚生委員会に付託されました議案4件につきましては,本会議休憩中に委員会を開催し,執行部から詳細なる説明を求め,慎重に審査いたしました。

 以下,その審査の経過と結果について申し上げます。

 議案第139号平成17年度土浦市一般会計補正予算,歳出中第2款(総務費)中第3項(戸籍住民基本台帳費),第3款(民生費),第4款(衛生費),第9款(教育費)。

 議案第140号平成17年度土浦市国民健康保険特別会計補正予算。

 議案第141号平成17年度土浦市老人保健特別会計補正予算。

 議案第142号平成17年度土浦市介護保険特別会計補正予算。

 以上4議案につきましては,いずれも市職員の給与に関する条例の一部改正や,職員の異動等に伴う所要経費の補正措置が主なものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△3.産業経済委員長の報告



○議長(内田卓男君) 次に,産業経済委員長より御報告願います。

  〔産業経済委員長 金塚功君登壇〕



◆産業経済委員長(金塚功君) 御報告申し上げます。

 本臨時会において,当産業経済委員会に付託されました議案4件につきましては,本会議休憩中に委員会を開催し,執行部から詳細なる説明を求め,慎重に審査いたしました。

 以下,その審査の経過と結果について申し上げます。

 議案第139号平成17年度土浦市一般会計補正予算,歳出中第5款(農林水産業費),第6款(商工費)。

 議案第144号平成17年度土浦市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算。

 議案第145号平成17年度土浦市農業集落排水事業特別会計補正予算。

 議案第146号平成17年度土浦市水道事業会計補正予算。

 以上4議案につきましては,市職員の給与に関する条例の一部改正や職員の異動等に伴い,所要額を補正するものであり,いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△4.建設委員長の報告



○議長(内田卓男君) 次に,建設委員長より報告願います。

  〔建設委員長 吉田博史君登壇〕



◆建設委員長(吉田博史君) 御報告申し上げます。

 本臨時会において,当建設委員会に付託されました議案2件につきましては,本会議休憩中に委員会を開催し,執行部から詳細なる説明を求め,慎重に審査いたしました。

 以下,その審査の経過と結果について申し上げます。

 議案第139号平成17年度土浦市一般会計補正予算,歳出中第7款(土木費)。

 議案第143号平成17年度土浦市下水道事業特別会計補正予算。

 以上2議案につきましては,いずれも土浦市職員の給与に関する条例等の一部改正及び職員の人事異動等に伴い所要額を補正するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。



○議長(内田卓男君) 以上で各委員長の報告は終わりました。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△質疑



○議長(内田卓男君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 御質疑はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御質疑もないようでございますので,これをもって質疑を終結いたします。

 それでは,これより討論に入ります。

 討論はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) それではこれにて討論を終結いたします。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△全議案の採決



○議長(内田卓男君) それではこれより採決いたします。

 日程第5議案第138号を採決いたします。

 議案第138号土浦市職員の給与に関する条例の一部改正については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって議案第138号土浦市職員の給与に関する条例の一部改正については,原案どおり決しました。

 次に,日程第6議案第139号を採決いたします。

 議案第139号平成17年度土浦市一般会計補正予算は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって議案第139号平成17年度土浦市一般会計補正予算は,原案どおり決しました。

 次に,日程第7議案第140号を採決いたします。

 議案第140号平成17年度土浦市国民健康保険特別会計補正予算は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって議案第140号平成17年度土浦市国民健康保険特別会計補正予算は,原案どおり決しました。

 次に,日程第8議案第141号を採決いたします。

 議案第141号平成17年度土浦市老人保健特別会計補正予算は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって議案第141号平成17年度土浦市老人保健特別会計補正予算は,原案どおり決しました。

 次に,日程第9議案第142号を採決いたします。

 議案第142号平成17年度土浦市介護保険特別会計補正予算は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって議案第142号平成17年度土浦市介護保険特別会計補正予算は,原案どおり決しました。

 次に,日程第10議案第143号を採決いたします。

 議案第143号平成17年度土浦市下水道事業特別会計補正予算は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって議案第143号平成17年度土浦市下水道事業特別会計補正予算は,原案どおり決しました。

 次に,日程第11議案第144号を採決いたします。

 議案第144号平成17年度土浦市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって議案第144号平成17年度土浦市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算は,原案どおり決しました。

 次に,日程第12議案第145号を採決いたします。

 議案第145号平成17年度土浦市農業集落排水事業特別会計補正予算は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって議案第145号平成17年度土浦市農業集落排水事業特別会計補正予算は,原案どおり決しました。

 次に,日程第13議案第146号を採決いたします。

 議案第146号平成17年度土浦市水道事業会計補正予算は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内田卓男君) 御異議なしと認めます。よって議案第146号平成17年度土浦市水道事業会計補正予算は,原案どおり決しました。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△閉会



○議長(内田卓男君) 以上で,本臨時会に提案されました案件は全部議了いたしました。

 これにて平成17年第3回土浦市議会臨時会を閉会いたします。慎重なる御審議をいただきまして,誠にありがとうございました。

   午後 0時07分閉会