議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 土浦市

平成16年 第1回 定例会 03月17日−05号




平成16年 第1回 定例会 − 03月17日−05号











平成16年 第1回 定例会



平成16年第1回土浦市議会定例会会議録(第5号)

========================



平成16年3月17日(水曜日)



議事日程(第5号)

 平成16年第1回土浦市議会定例会

 平成16年3月17日・午前10時

第 1        請願・陳情について

第 2 議案第 1号 土浦市税条例の一部改正について

第 3 議案第 2号 土浦市国民健康保険税条例の一部改正について

第 4 議案第 3号 土浦市保育所条例の一部改正について

第 5 議案第 4号 土浦市心身障害者福祉センター条例の一部改正について

第 6 議案第 5号 土浦市障害者自立支援センター条例の一部改正について

第 7 議案第 6号 土浦市医療福祉費支給に関する条例の一部改正について

第 8 議案第 7号 土浦市風致地区内における建築行為等の規制に関する条例の制定について

第 9 議案第 8号 土浦市都市計画法の規定による開発行為の許可の基準に関する条例の制定について

第10 議案第 9号 土浦市烏山一・二丁目地区地区計画の区域内における建築物等の制限に関する条例の制定について

第11 議案第10号 土浦市手数料条例の一部改正について

第12 議案第11号 平成16年度土浦市一般会計予算

第13 議案第12号 平成16年度土浦市公共用地先行取得事業特別会計予算

第14 議案第13号 平成16年度土浦市駐車場事業特別会計予算

第15 議案第14号 平成16年度土浦市国民健康保険特別会計予算

第16 議案第15号 平成16年度土浦市老人保健特別会計予算

第17 議案第16号 平成16年度土浦市介護保険特別会計予算

第18 議案第17号 平成16年度土浦市下水道事業特別会計予算

第19 議案第18号 平成16年度土浦市公設地方卸売市場事業特別会計予算

第20 議案第19号 平成16年度土浦市農業集落排水事業特別会計予算

第21 議案第20号 平成16年度土浦市水道事業会計予算

第22 議案第21号 市道の路線の認定について

第23 議案第22号 土浦市勤労者総合福祉センター「ワークヒル土浦」の指定管理者の指定について

第24 議案第23号 平成15年度土浦市一般会計補正予算

第25 議案第24号 平成15年度土浦市公共用地先行取得事業特別会計補正予算

第26 議案第25号 平成15年度土浦市駐車場事業特別会計補正予算

第27 議案第26号 平成15年度土浦市国民健康保険特別会計補正予算

第28 議案第27号 平成15年度土浦市老人保健特別会計補正予算

第29 議案第28号 平成15年度土浦市介護保険特別会計補正予算

第30 議案第29号 平成15年度土浦市下水道事業特別会計補正予算

第31 議案第30号 平成15年度土浦市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算

第32 議案第31号 平成15年度土浦市農業集落排水事業特別会計補正予算

第33 議員提出議案第1号 土浦市議会議員の政治倫理に関する条例の一部改正について

第34 諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦について

第35        閉会中の事務調査について

  ――――――――――――――――――――――――――――

本日の会議に付した案件

 日程第1  請願・陳情についてないし日程第33 議員提出議案第1号

 日程第34 諮問第1号

 追加日程第1 議員提出議案第2号

追加日程第2 議員提出議案第3号

追加日程第3 議員提出議案第4号

 日程第35 閉会中の事務調査について

  ――――――――――――――――――――――――――――

出席議員(32名)

   1番  吉田千鶴子君

   2番  荒井 武君

   3番  小林幸子君

   4番  福田一夫君

   5番  田中?介君

   6番  古沢喜幸君

   7番  久松 猛君

   8番  入江勇起夫君

   9番  海老原一郎君

  10番  盛 良雄君

  11番  中田正広君

  12番  吉田博史君

  13番  小坂 博君

  14番  寺内 充君

  15番  柏村忠志君

  16番  金塚 功君

  17番  川原場明朗君

  18番  勝田 煦君

  19番  坂本喜久江君

  20番  竹内 裕君

  21番  内田卓男君

  22番  廣瀬昭雄君

  23番  中井川功君

  24番  矢口迪夫君

  25番  豊島一男君

  26番  川口玉留君

  27番  折本 明君

  28番  沼田義雄君

  29番  松本茂男君

  30番  井坂信之君

  31番  本橋道明君

  32番  中島政雄君

  ――――――――――――――――――――――――――――

欠席議員(なし)

  ――――――――――――――――――――――――――――

説明のため出席した者

  市長      中川 清君

  助役      藤本明人君

  助役      砂田 元君

  収入役     瀧ケ崎洋之君

  市長公室長   五頭英明君

  総務部長    山田和也君

  市民生活部長  日下部和宏君

  保健福祉部長  藤咲 馨君

  産業部長    中川茂男君

  建設部長    坂入 勇君

  都市整備部長  神戸信洋君

  水道部次長   宮本 昭君

  教育長     冨永善文君

  消防長     飯田雅男君

  財政課長    桜井久夫君

  ――――――――――――――――――――――――――――

事務局職員出席者

  局長      長南幸雄君

  次長      市村秀雄君

  主査      宮本 一君

  主査      矢口幸男君

  係長      川上勇二君

  主幹      瀬古沢秀光君

  ――――――――――――――――――――――――――――

   午前10時12分開会



○議長(豊島一男君) ただいま出席議員は32名で,議会は成立いたしました。

 よって,これより本日の会議を開きます。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△欠席議員の報告



○議長(豊島一男君) 本日は,全員御出席でございます。

  ――――――――――――――――――――――――――――



○議長(豊島一男君) 本日の議事日程につきましては,お手元にお配りしてございます議事日程(第5号)のとおり議事を進めたいと存じますので,御了承願います。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△各委員会の審査の経過並びに結果の報告



○議長(豊島一男君) それでは,これより議事日程に入ります。

 日程第1請願・陳情についてないし日程第33議員提出議案第1号土浦市議会議員の政治倫理に関する条例の一部改正についてを一括して議題といたします。

 これより順次各委員長から委員会の審査の経過並びに結果の報告を求めます。

 なお,委員長の報告は議長において順を追って御指名いたします。

 まず,総務委員長より報告をお願いいたします。



△1.総務委員長の報告

  〔総務委員長 久松猛君登壇〕



◆総務委員長(久松猛君) それでは,総務委員長報告を行います。

 御報告申し上げます。本定例会におきまして当総務委員会に付託されました議案3件,陳情1件及び継続審査中の陳情1件につきましては,去る3月10日及び11日に委員会を開催し,執行部から詳細なる説明を求め,慎重に審査いたしました。以下,その審査の経過と結果について申し上げます。

 議案第1号土浦市税条例の一部改正について。本案は,税の公平性を保つ観点から,相続税に係る物納資産の減免など,固定資産税に係る減免基準を追加するため本条例の一部を改正するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第11号平成16年度土浦市一般会計予算〜歳入全部,歳出中第1款議会費,第2款総務費,ただし第1項総務管理費中第12目市民活動費,第13目地区コミュニティ活動推進事業費,第14目防犯対策費,第15目交通安全対策費,第16目交通災害対策費,第17目支所及び出張所費及び第3項戸籍住民基本台帳費中第1目戸籍住民基本台帳費を除く,第8款消防費,第10款公債費,第11款諸支出金,第12款予備費,第2表債務負担行為中市勢要覧作成委託料,市政広報ビデオ作成委託料,第3表地方債。

 まず,歳入につきましては,地方財政の厳しい状況の中での財源確保は容易でないと思考されますが,都市計画税の公平性の確保を含め,市財政の根幹をなす市税の確保については鋭意努力されることを強く要望するものであります。

 歳出につきましては,主なものとしまして,総務費において,第6次土浦市総合計画後期基本計画の策定に係る基礎調査委託料,総合行政ネットワーク関連負担金,税務地図情報システム業務委託料,参議院議員選挙費などを計上し,消防費において,通信指令棟建築工事費,通信指令システム購入費,高規格救急車等車両2台の購入費などを計画して,計上しております。第10款公債費につきましては,市債に係る元利償還金の計上であります。第2表債務負担行為につきましては,期間及び限度額を定めるものであります。第3表地方債につきましては,起債の限度額,方法,利率及び償還の方法を定めるものであります。

 これらにつきましては,2名の反対がありましたが,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第23号平成15年度土浦市一般会計補正予算〜歳入全部,歳出中第1款議会費,第2款総務費,ただし第1項総務管理費中第12目市民活動費及び第3項戸籍住民基本台帳費を除く,第8款消防費,第4表債務負担行為補正中平成15年度における地方債証券の共同発行により生じる連帯債務(平成15年度茨城県市町村共同公募債),第5表地方債補正。

 本案は,国,県支出金及び起債の決定並びに事務事業費の確定などに伴う歳入歳出決算見込みに基づき,所要の更正を行うものであります。

 歳入につきましては,市税,利子割交付金,地方消費税交付金,地方交付税,財産収入などを増額し,分担金及び負担金県支出金などを減額するものであります。

 歳出につきましては,主なものとしまして,総務費において財政調整基金ほか5基金への積立金を増額し,消防費において非常備消防費の報酬の減額及び財源更正をしております。第4表債務負担行為補正につきましては,平成15年度における地方債証券の共同発行により生じる連帯債務の追加をするものであります。第5表地方債補正につきましては,(仮称)れんこんの里「土浦」建設事業費債の廃止のほか,地域総合整備資金貸付事業費債など10件の限度額の変更,総合窓口設置事業費債及び国民宿舎浴室新設事業費債の2件の新規計上であります。

 これらにつきましては,原案どおり可決すべきものと決しました。

 次に,陳情について申し上げます。

 受理番号3消防点検報告(寄宿舎,下宿,共同住宅)の促進をにつきましては,なお引き続き調査研究の必要があると認め,継続審査とすべきものと決しました。

 最後に,継続審査中の陳情について申し上げます。受理番号6「清潔で公正・公平な国民奉仕を貫く公務員制度の確立を求める陳情書」につきましては,なお引き続き調査研究の必要があると認め,継続審査とすべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△2.文教厚生委員長の報告



○議長(豊島一男君) 次に,文教厚生委員長より報告をお願いいたします。

  〔文教厚生委員長 小坂博君登壇〕



◆文教厚生委員長(小坂博君) 御報告申し上げます。

 本定例会において当文教厚生委員会に付託されました議案13件,請願1件及び陳情1件につきましては,去る3月10日及び11日に委員会を開催し,執行部から詳細なる説明を求め,慎重に審査いたしました。以下,その審査の経過と結果について申し上げます。

 議案第2号土浦市国民健康保険税条例の一部改正について。本案は,国保事業の円滑な運営を図るため,被保険者の過度な負担を回避しつつ,国民健康保険税に係る基礎分及び介護分の税率改正等所要の改正を行うものであり,2名の反対がありましたが,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第3号土浦市保育所条例の一部改正について。本案は,児童福祉法の一部を改正する法律が平成15年11月29日から施行され,保育士資格が法定化されたことから,保育所運営の中心的役割を担う中堅職員として主任保育士を制度化するため,本条例の一部を改正するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第4号土浦市心身障害者福祉センター条例の一部改正について。本案は,つくし第一作業所及びつくし第二作業所において,これまで茨城県の補助事業で実施していた障害者福祉ワークス運営事業が支援費制度の支給対象事業となることから本条例の一部を改正するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第5号土浦市障害者自立支援センター条例の一部改正について。本案は,土浦市障害者自立支援センターにおいて,これまで茨城県の障害者福祉ワークス事業として実施していた授産事業が支援費制度の支給対象事業となることから本条例の一部を改正するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第6号土浦市医療福祉費支給に関する条例の一部改正について。本案は,乳幼児の健康の保持増進と福祉の向上に資するため,医療費を助成する対象を現行の5歳未満児から未就学児までに引き上げるため本条例の一部を改正するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第11号平成16年度土浦市一般会計予算歳出中,第2款総務費中第1項総務管理費中第12目市民活動費,第13目地区コミュニティ活動推進事業費,第14目防災対策費,第15目交通安全対策費,第16目交通災害対策費,第17目支所及び出張所費及び第3項戸籍住民基本台帳費中第1目戸籍住民基本台帳費,第3款民生費,第4款衛生費,第9款教育費。

 まず,第2款総務費につきましては,安心安全な地域社会を創出するための自主防犯組織育成補助金や戸籍交付事務の迅速化により,市民サービスの向上を図る戸籍電子情報システム導入委託料などの計上であります。

 第3款民生費につきましては,支援費など制度の改正や社会情勢の変化に対応すべく,障害者プランの見直しを図るための障害者計画策定委託料,在宅の重度精神障害者に対する福祉タクシー利用料金一部助成費,つくし作業所等の支援費支給事業所に対する知的障害者デイサービス支援費,老人保健福祉計画及び介護保険事業計画を見直すための調査委託料,生きがい対応型デイサービス事業補助金,未就学児医療扶助費,人にやさしいまちづくり事業費,次世代育成支援行動計画策定委託料,(仮称)南部地区児童館整備工事費,生活保護費など,いずれも市民福祉に係る経費の計上であります。

 第4款衛生費につきましては,各種予防接種委託料,生活習慣病検診委託料,骨粗しょう症の検診の機会拡大を図るための骨密度測定装置借上料,霊園管理費,今泉霊園の土地開発公社からの買い戻し経費,衛生センターの施設運転管理業務委託料,太陽光発電や風力発電を動力とした排水路水質浄化施設設置工事費など,保健医療や生活環境に係る経費の計上であります。

 第9款教育費につきましては,英語指導助手派遣委託料,真鍋小学校校舎改築事業費,第五中学校の屋内運動場改築工事費,市立幼稚園の運営費及び維持管理費,私立幼稚園保護者助成金,新図書館基本設計委託料,土浦城址・塀復元整備工事費,中学生の海外派遣事業補助金,下高津小学校児童クラブ整備工事費,青少年の家施設整備調査委託料,全国中学校体育大会バドミントン大会運営費補助金,川口運動公園野球場の改修工事費,東部地区市民運動広場のダッグアウト設置工事費など教育文化に係る経費の計上であります。慎重審査の結果,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第14号平成16年度土浦市国民健康保険特別会計予算。本案は,国民健康保険事業に係る保険給付費,老人保健拠出金及び介護納付金等の計上であります。歳入につきましては,国民健康保険税,国,県支出金,療養給付費交付金及び一般会計繰入金等を計上するものであり,2名の反対がありましたが,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第15号平成16年度土浦市老人保健特別会計予算。本案は,老人保健に係る医療給付費及び事務費等の計上であります。歳入につきましては,支払基金交付金,国,県支出金及び一般会計繰入金等を計上するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第16号平成16年度土浦市介護保険特別会計予算。本案は,介護保険に係る介護認定審査会費,要介護者の介護サービス等諸費及び支援サービス等諸費その他審査支払手数料などの計上であります。歳入につきましては,保険料,国,県支出金,支払基金交付金,一般会計繰入金,介護給付費準備基金繰入金などを計上するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第23号平成15年度土浦市一般会計補正予算,歳出中第2款総務費中第1項総務管理費中第12目市民活動費及び第3項戸籍住民基本台帳費,第3款民生費,第4款衛生費,第9款教育費,第2表継続費補正,第4表債務負担行為補正中,平成6年度今泉霊園拡張用地取得事業について土浦市土地開発公社と委託契約を締結する,平成8年度今泉霊園拡張事業について土浦市土地開発公社と委託契約を締結する。平成9年度今泉霊園拡張事業について土浦市土地開発公社と委託契約を締結する,平成9年度荒川沖西口自転車駐車場用地取得事業について土浦市土地開発公社と委託契約を締結する。本案は,国,県支出金及び起債の決定並びに事務事業費の確定などに伴う決算見込みに基づき所要の更正を行うものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第26号平成15年度土浦市国民健康保険特別会計補正予算。本案は,国保医療費の決算見込みに基づき療養諸費を増額するほか,高額医療費共同事業医療費拠出金を減額するものであります。歳入につきましては,国民健康保険税及び国庫補助金を減額し,一般会計繰入金を増額するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第27号平成15年度土浦市老人保健特別会計補正予算。本案は,老人医療費の決算見込みに基づき,医療諸費の減額及び平成14年度分の医療費精算に伴う国,県負担金の返還金及び一般会計繰出金を計上するものであります。歳入につきましては,支払基金交付金及び国,県支出金を減額し,一般会計繰入金を増額するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第28号平成15年度土浦市介護保険特別会計補正予算。本案は,介護保険給付費の決算見込みに基づき,介護サービス等諸費などを減額し,介護給付費準備基金積立金や平成14年度保険給付費の精算に伴う一般会計繰出金を増額するものであります。歳入につきましては,国,県支出金,支払基金交付金及び一般会計繰入金の減額であり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 次に,請願,陳情について申し上げます。

 受理番号2「容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書」提出を求める請願につきましては,3名の採択の意見がありましたが,なお引き続き調査研究の必要があると認め,継続審査とすべきもの決しました。

 受理番号4事業系ゴミの収集禁止の徹底についてにつきましては,1名の不採択の意見がありましたが,なお引き続き調査研究の必要があると認め,継続審査とすべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△3.産業経済委員長の報告



○議長(豊島一男君) 次に,産業経済委員長より御報告をお願いいたします。

  〔産業経済委員長 沼田義雄君登壇〕



◆産業経済委員長(沼田義雄君) 御報告申し上げます。

 本定例会において当産業経済委員会に付託されました議案8件及び継続審査中の陳情1件につきましては,去る3月10日に委員会を開催し,執行部から詳細なる説明を求め,慎重に審査いたしました。以下,その審査の経過と結果について申し上げます。

 議案第11号平成16年度土浦市一般会計予算,歳出中第5款農林水産業費,第6款商工費。

 まず,第5款農林水産業費,第1項農業費は,作業の省力化と消費拡大を図るためのいばらき農業元気アップチャレンジ事業費補助金,花き,果物及び野菜の産地育成,拡大に対する補助金,かんがい排水及び農道整備工事費,県営地域用水環境整備事業鶴沼地区負担金,手野地区県営圃場整備事業負担金等の計上であります。第3項水産業費は,霞ケ浦北浦水産資源増大対策事業補助金等の計上であります。

 次に,第6款商工費につきましては,自治振興金融保証料補給金,SOHOつちうら運営委託料,また新規事業として,食によるまちづくりを推進するための(仮称)土浦カレーコンテスト開催委託料,中心市街地の活性化を図る活性化バスの試験運行に対する補助金等の計上であります。慎重審査の結果,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第18号平成16年度土浦市公設地方卸売市場事業特別会計予算。本案は,夏季において,卸売場内の温度を低下させ,生鮮食品の鮮度及び品質の維持を図るための青果卸売場屋根改修工事費等の計上であります。これら歳出に対する歳入は,市場使用料,一般会計繰入金及び諸収入等の計上であり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第19号平成16年度土浦市農業集落排水事業特別会計予算。本案は,西根地区の実施設計委託料及び管路施設工事費等の計上であります。これら歳出に対する歳入は,受益者負担金,使用料,県支出金,市債及び一般会計繰入金の計上であり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第20号平成16年度土浦市水道事業会計予算。本案は,平成16年度の業務予定量を給水戸数4万7,600戸,年間総給水量1,420万立方メートル,1日当たりの平均給水量を3万8,904立方メートルと見込んだ予算措置であり,主な建設改良事業として,送配水施設整備事業費等の計上であります。

 収益的収入では,給水収益及び受託工事収益等の計上であり,支出は浄水費や配水及び給水費等の管理運営費,減価償却費及び企業債の利息等の計上であります。また,資本的収入では,企業債,加入金等の計上であり,支出は配水管設備費及び企業債償還金,営業設備費等の計上であり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第22号 土浦市勤労者総合福祉センター「ワークヒル土浦」の指定管理者の指定について。本案は,土浦市勤労者総合福祉センター条例が平成16年4月1日から施行されることに伴い,「ワークヒル土浦」の管理運営を行う指定管理者に,財団法人土浦市産業文化事業団を指定するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第23号平成15年度土浦市一般会計補正予算,歳出中第5款農林水産業費,第6款商工費,第4表債務負担行為補正中第27期生,土地改良施設維持管理適正化事業負担金。

 まず,第5款農林水産業費から申し上げますと,農業集落排水事業特別会計繰出金,(仮称)れんこんの里「土浦」整備事業費,全員参加の生産調整推進事業補助金,かんがい排水及び農道整備工事費,霞ケ浦北浦水産資源増大対策事業費補助金の減額であります。

 次に,第6款商工費では,自治振興金融保証料補給金の増及び国民宿舎浴室新設工事費の減額であり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第30号平成15年度土浦市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算。本案は,水産卸売場屋根改修工事費などの減及び市場使用料の減額に伴う財源更正であり,また歳入につきましては,市場使用料及び諸収入の光熱水費等の減額のほか繰越金を計上するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第31号平成15年度土浦市農業集落排水事業特別会計補正予算。本案は,西根地区の管路施設工事費等の減額に伴う県補助金,一般会計繰入金,市債の減額であり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 次に,継続審査中の陳情について申し上げます。

 受理番号12商店街顔づくり補助事業のうち法律違反の危険な看板の是正についてにつきましては,是正を求められた看板のうち3件につきましては既に是正済みであり,また1件につきましては改修中,残り1件につきましても是正する旨の確約をしておりますことから,不採択とすべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△4.建設委員長の報告



○議長(豊島一男君) 次に,建設委員長より報告をお願いいたします。

  〔建設委員長 寺内充君登壇〕



◆建設委員長(寺内充君) 御報告申し上げます。

 本定例会において当建設委員会に付託されました議案13件及び請願1件につきましては,去る3月10日に委員会を開催し,執行部から詳細なる説明を求め,慎重に審査いたしました。以下,その審査の経過と結果について申し上げます。

 議案第7号土浦市風致地区内における建築行為の規制に関する条例の制定について。本案は,平成13年5月に施行された風致地区内における建築物の規制に係る条例の制定に関する基準を定める政令の改正に伴い,本市は亀城公園及び桜川河川敷の2カ所の風致地区を有することから本条例を制定するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第8号土浦市都市計画法の規定による開発行為の許可の基準に関する条例の制定について。本案は,地方分権の一環として,市街化調整区域内における開発許可等の事務を,これまで5ヘクタール未満の範囲で県から事務の権限委譲を受けておりましたが,5ヘクタール以上についても委譲されることから本条例を制定するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第9号土浦市烏山一・二丁目地区地区計画の区域内における建築物等の制限に関する条例の制定について。本案は,烏山一・二丁目地区地区計画の区域内において良好な環境を維持するため,計画地区に定められた建築物の用途や敷地及び構造に関する制限等についてより確実なものとするため本条例を制定するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第10号土浦市手数料条例の一部改正について。本案は,租税特別措置法の一部を改正する法律が平成15年4月から施行され,市街化調整区域内の5ヘクタール以上の開発許可等に係る事務の権限が県から委譲されること,また烏山一・二丁目地区計画の区域内における建築物等の制限に関する条例の制定に伴い,手数料の区分及び金額等を定めるものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第11号平成16年度土浦市一般会計予算,歳出中第7款土木費,第2表債務負担行為中市勢要覧作成委託料,市政広報ビデオ作成委託料を除く。

 本案は,都市基盤整備を図るための事業費の計上であります。第7款土木費の主な内容の,まず第1項の土木管理費は,各施設補修等工事設計委託料などの計上であります。第2項道路橋梁費の道路維持費は,市民の生活道路であります市道の維持補修及び清掃,道路新設改良費は市道の整備における改良及び排水工事費等の計上,橋梁維持費は並木地内にかかる常磐道跨道橋の壁高欄補修及び常磐線7号橋(神立人道橋)の改修工事委託料等の計上,また新規事業として神立跨線橋の転落防止柵設計委託料等の計上であります。第3項河川費につきましては,神立菅谷都市下水及び小規模排水路整備事業費等の計上であります。第4項都市計画費の都市計画総務費につきましては,神立駅地区事業計画策定委託料ほか旧中城地区をエリアとする景観形成計画策定調査委託料や歴史の小径整備工事費等の計上,また新規事業として,土浦・つくば間の公共交通の整備を検討する土浦・つくば間公共交通連携方策検討調査委託料や真鍋地区及び荒川沖地区等の一部用途地域変更に伴う決定図書作成委託料等の計上,街路路業につきましては,都市計画道路川口・田中線など4路線の計上,公園費では市内の都市公園等の整備工事費のほか,水と緑の里公園整備工事費等の計上,霞ケ浦総合公園整備事業費は,霞ケ浦総合公園への案内看板設置工事費やテニスコート改修工事費等の計上,総合運動公園建設費は,埋蔵文化財発掘調査委託料等の計上,開発費では土浦駅周辺のまちづくりのため,土浦駅前北地区再開発推進業務委託料や土浦駅東口周辺第一地区優良建築物等整備事業基本設計委託料及びまちづくりコーディネート委託料等の計上であります。第5項住宅費の住宅管理費は,新規事業として住宅政策の基本方針等を定める住宅マスタープラン及びストック総合活用計画策定委託料等の計上であります。以上が土木費の主な計上であります。

 第2表債務負担行為につきましては,風車地区花壇設置及び管理委託料など4件の計上であります。

 以上慎重に審査した結果,第4項都市計画費,公園費の水と緑の里公園整備工事費につきましては,今年度末までに土地の売買契約を締結し,締結内容について再度委員会へ報告するものを条件とするものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第12号平成16年度土浦市公共用地先行取得事業特別会計予算。本案は,総合運動公園建設用地取得事業に係る長期債の元金及び利子の償還金であります。歳入は,一般会計繰入金の計上であり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第13号平成16年度土浦市駐車場事業特別会計予算。本案は,駅東及び駅西駐車場などの管理運営費及びパーキングメーターの保守点検委託料等の計上であります。歳入は,駐車場使用料及び一般会計繰入金の計上であり,原案どおり可決すべきものと決しました。

議案第17号平成16年度土浦市下水道事業特別会計予算。本案は,下水道の維持管理費,建設費及び公債費の計上であります。管理費につきましては,市内9カ所のポンプ場の運転管理委託料や亀城ポンプ場の改築設計委託料及び霞ケ浦湖北流域下水道維持管理負担金等の計上,また建設費は汚水管渠布設工事費等や合流式改善雨水滞水池整備工事費,また虫掛地区,常名地区,大岩田地区の特定環境保全公共下水道整備事業費では,汚水管渠布設工事費等の計上であります。

 歳入は,受益者負担金,下水道使用料,国庫補助金及び一般会計繰入金等の計上であります。また,第2表地方債は,公共下水道整備事業ほか2件の起債の限度額を定めるものであります。これらにつきましては,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第21号市道の路線の認定について。本案は,4路線の認定であります。まず,2級21号線につきましては,都市計画道路土浦新治線の一部開通に伴い,国道354号線の旧道区間について認定,荒川沖東二丁目25号線は,都市計画道路荒川沖寺子線が供用開始を予定していることから認定,また滝田一丁目16号線及び千束7号線は,宅地造成のために新設された道路の寄付受け入れに伴い認定するものであります。これらにつきましては,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第23号平成15年度土浦市一般会計補正予算歳出中第7款土木費,第3表繰越明許費,第4表債務負担行為補正中,平成15年度都市計画道路常名虫掛線道路用地取得事業について土浦市土地開発公社と委託契約を締結する。平成15年度総合運動公園外周道路用地取得事業について土浦市土地開発公社と委託契約を締結する,平成4年度総合運動公園外周道路用地取得事業について土浦市土地開発公社と委託契約を締結する。平成5年度都市計画道路常名虫掛線道路用地取得事業について,土浦市土地開発公社と委託契約を締結する。

 本案の第7款土木費は,事務事業費等の確定などに伴うものであります。まず,第2項道路橋梁費は,測量等委託料などの減額,第3項河川費は排水路整備工事費などの減額,第4項都市計画費は公共用地先行取得事業特別会計繰出金等が増額,下水道事業特別会計繰出金や宍塚大池周辺地区散策路等整備基礎測量委託料が減額,また都市計画街路事業は都市計画道路5路線の減額及び財源更正,以上が主なものであります。

 第3表繰越明許費は,年度内完成が見込めない事業8件の繰り越し措置,第4表債務負担行為補正は2件の廃止,また2件の期間及び限度額の変更であります。これらにつきましては,第4項都市計画費,土地区画整理費の宍塚大池周辺地区散策路等整備基礎測量委託料の減額補正については,今後散策路整備または開発事業や自然公園等の整備を早急に検討した上で事業手法を定めること,また第6次基本計画を中心に推進することを条件とするものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第24号平成15年度土浦市公共用地先行取得事業特別会計補正予算。本案は,総合運動公園建設用地の買い戻し費の増額に伴い,一般会計繰入金を増額するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第25号平成15年度土浦市駐車場事業特別会計補正予算。本案は,財源調整基金積立金などの減額に伴う財源更正であります。歳入は駐車場使用料を減額し,一般会計繰入金などを計上するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 議案第29号平成15年度土浦市下水道事業特別会計補正予算。本案は決算見込みに基づき,所要の更正に伴い,公共下水道整備事業費及び流域下水道事業費などを減額するものであります。歳入は,受益者負担金などを増額し,一般会計繰入金を減額するものであります。第2表繰越明許費は年度内完成を見込めない公共下水道整備事業など2件の繰り越し措置であります。第3表地方債補正は,公共下水道整備事業など3件の起債の限度額の変更であります。これらにつきましては,原案どおり可決すべきものと決しました。

 最後に,請願について申し上げます。

 受理番号1水と緑の里公園に釣り場の設置を求める請願につきましては,執行部から現在の状況説明を受け,慎重に審査いたしました。その結果,要望内容の趣旨が理解でき,かつ暫定的に整備を図ることは実現可能であることから,採択すべきものと決しました。

 以上で御報告を終わります。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△5.議会運営委員長の報告



○議長(豊島一男君) 次に,議会運営委員長より報告をお願いいたします。

  〔議会運営委員長 中井川功君登壇〕



◆議会運営委員長(中井川功君) 御報告申し上げます。

 本定例会において当議会運営委員会に付託されました議案1件につきましては,去る3月12日に委員会を開催し,慎重に審査いたしました。以下,その審査の経過と結果について申し上げます。

 議員提出議案第1号土浦市議会議員の政治倫理に関する条例の一部改正について。本案は,政治倫理審査委員会委員の報酬及び費用弁償について,地方公務員法上の非常勤特別職として支給対象とするため条例の一部を改正するものであり,原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△質疑



○議長(豊島一男君) 以上で各常任委員長及び議会運営委員長の報告は終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。御質疑はございませんか。

 6番。

  〔6番 古沢喜幸君登壇〕



◆6番(古沢喜幸君) 産業経済委員長にお伺いをいたします。

 水道事業についてであります。私は,一般質問でしたことに関連しますけど,昨年の12月議会,皆さん御承知のように,1万600名余りの水道料金の引き下げを求める署名を添えて請願が提出されました。そして,そのところで水道部の方から,表面上は黒字であっても総合的に見ると赤字なんだという説明を受けて,産業経済委員会では,全会一致でその水道料金引き下げを求める署名が不採択という結果になったのは御承知のとおりだと思いますが,しかし今議会の私の一般質問に対して,水道部の赤字であったという説明は不適切であったと,これは反省しなければならないということでありました。水道部の説明が重大な影響を各委員にもたらした結果であったということからすれば,今度の委員会で,何らかのそれに関連する議論がされたのかと思いますが,その内容を御紹介していただきたいと思います。

 あと1点なんですけど,しかしながら,長い期間にわたってそのような同じような説明が繰り返し,繰り返し産業経済委員会で水道部からなされてきたと思うんですよ。ですから,この短い間の去年の12月,今度の議会の中での限られた情報の中では,そうは言ってもやっぱり赤字じゃないのではないかという疑問を持っている委員の方も多いのではないかと思います。もし赤字という認識を今でも持っているのであれば,やはり水道事業,何が問題で赤字になっているのか。私は,やはり一般質問でもこの問題,来年度予算でまた1年限りで,1年間無駄な,必要のない配管工事,これがお休みということであったんですから,また来年度復活する。もちろんそういったところにも踏み込んだ議論がなされていると思うんですが,いかがでしょうか,お伺いをいたします。



○議長(豊島一男君) 28番。

  〔産業経済委員長 沼田義雄君登壇〕



◆産業経済委員長(沼田義雄君) 古沢議員の産業経済委員長に対する質問に対してお答えいたします。

 先ほどいわゆる収益的収支においては収入になっているけども,貸借対照表上の資本的収支については赤字であると,そういうことは12月の議会で申し上げたわけですが,その件について今回産業経済委員会で議論をしたのかと,こういう問題かと思うんですが,この件につきましては,実際産業経済委員会の方では討議をしておりません。といいますのは,3月10日に委員会を開いたわけですが,先ほども申し上げましたように,議案第20号,平成16年度の業務予定量の給水戸数が4万7,600戸,そして年間の総給水量1,420立方メートル,そして1日の平均給水量が3万8,904立方メートルと,これは先ほど委員長報告で答弁したわけですが,その件について執行部からの説明についてのみ審議をし,委員会としては認めたと,こういうようなことであります。

 以上でございます。



○議長(豊島一男君) 4番。

  〔4番 福田一夫君登壇〕



◆4番(福田一夫君) 4番の福田でございます。駐車場特別会計について御質問をいたします。

 まず,15年度補正予算でありますけれども,駐車場会計におきまして,一般会計から4,634万円の繰出金,財調基金からは1,387万円の繰出金ということになりますけども,一般会計で総額6,700万円,財調基金からは8,000万円,合計しますと1億4,700万円ほどの繰出金がございます。また,16年度予算で言いますと,一般会計から8,800万円の繰出金があるわけでありますけれども,この辺の経緯につきましてどのような説明があったのか,また建設委員会におきましてどのような議論があったのか,お願いいたします。



○議長(豊島一男君) 14番。

  〔建設委員長 寺内充君登壇〕



◆建設委員長(寺内充君) ただいま4番の福田議員の方から建設委員長に質問になった件に関して御説明申し上げます。

 建設委員会の方も,駐車場のやつのあれを一般財源から繰り出すのはおかしいだろうということになったのですが,やはり丸井さんの撤退とか,大型店の撤退のために,今まであった収入が激減してしまったということで,執行部の方もどのようにして駐車場運営を図っていくかということで,今試行錯誤しているということですので,当委員会の方で結論をなかなか導き出すことができなかったと。試行錯誤して,一生懸命売り上げを上げることに今努力しておりますので,御理解のほどをお願いしますという答弁がありました。そこで,委員の皆さんが,それではなるべく早いうちに,どんどん,どんどん財源を繰り入れるんじゃなくて,早いうちに事業が成り立つようにということで,極力努力してくださいということで,委員会としまして可決することに至りました。

 以上です。



○議長(豊島一男君) ほかに御質疑はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御質疑もないようでございますので,これをもって質疑を終結いたします。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△討論



○議長(豊島一男君) それでは,これより討論に入ります。

 発言通告がありますので,発言を許します。

 7番久松猛君。

  〔7番 久松猛君登壇〕



◆7番(久松猛君) 日本共産党を代表して,議案第2号土浦市国民健康保険税条例の一部改正について,議案第11号平成16年度土浦市一般会計予算について,議案第14号平成16年度土浦市国民健康保険特別会計予算について,最後に議案第20号平成16年度土浦市水道事業会計予算について,いずれも反対の意を表明し,討論を行います。

 まず,若干順不同になりますが,議案第11号平成16年度土浦市一般会計予算でありますが,歳入では小泉内閣のいわゆる三位一体改革により,税源移譲として所得譲与税が創設され,2億2,000万円の新たな歳入が見込まれるものの,国庫,県負担金が3億2,540万円の削減,地方交付税が昨年度当初予算と比べて6億2,000万円の削減となり,差し引き7億2,540万円の歳入の減,あるいは法人市民税で一定の増収となるものの,個人市民税では市民の所得減少傾向に歯止めがかからず,依然として前年比3億2,000万円の減であり,財政調整基金から15億円の取り崩しをするなど,厳しい財政事情のもとでの予算編成となっております。

 このような中で編成された一般会計予算では,土木費を全体の14.7%と前年以上に圧縮し,民生費を21.6%確保いたしました。個別の施策では,民生費の乳幼児医療費の就学前までの医療費助成は画期的であり,南部地区への二つ目の児童館の建設とあわせて,少子対策として積極的役割を果たすものであります。総務費では,防犯灯補助金交付事業あるいは休日窓口開庁,衛生費ではマイクロバブルによる水質浄化事業,商工費では循環バス運行助成など,積極的面について評価するものであります。

 しかし,新年度予算編成で最大の重大な案件は,国保税の増税の問題であります。議案第2号土浦市国民健康保険税条例の一部改正について及び議案第14号平成16年度土浦市国民健康保険特別会計についてでありますが,本案は保険給付費の伸びなど,およそ5億2,000万円の財源不足が生じ,一般会計から3億2,000万円を繰り入れ,残りの2億円を増税によって賄おうとするものであります。政府は84年の国保法改正で,国庫負担率を医療費の45%から38.5%へ引き下げ,その後も国の責任を次々と後退させました。そして,その結果,84年から2000年までの間に,市町村国保の収入に占める国庫支出金は49.8%から34.9%へと大幅に削減されました。国保の現在の危機的状況は,ここに最大の問題があります。市長は,市長会等を通じて,国庫負担をもとに戻すよう国に強く働きかけるべきであります。

 さて,今回の増税は前年度に続くものであり,加入者にとって,所得が減少している中での2年続きの増税は耐え難いものであります。生活費を削って負担しなければならない状況にあり,滞納の一層の増大につながるものであります。一般会計から一定の繰り入れを行い,増税の縮減が行われましたが,市民の目線から見たときに,あるいは生活実感から見たときに,さらなる増税は容認できるものではありません。2年連続の増税を避けるためには,一般会計からの繰り入れは不足分全額を措置すべきであります。

 議案第16号平成16年度土浦市水道会計予算でありますが,高過ぎる水道料金の引き下げを求める市民世論は極めて大きいものがあります。しかし,本予算でも黒字分を市民に還元してほしいという当然の要望に対して答えようとしておりません。一方で,独立採算制を否定する配管布設工事を復活させております。無駄な経費の削減を含めた水道事業の抜本的な改革を強く要求するとともに,改めて料金引き下げを求め,反対の意を表明するものであります。

 以上で討論を終わります。



○議長(豊島一男君) ほかには討論はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) それでは,これにて討論を終結いたします。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△全議案の採決



○議長(豊島一男君) それでは,これより採決いたします。

 日程第1請願・陳情についてを採決いたします。

 本件は,いずれも各委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。

 よって,請願・陳情はいずれも各委員長報告のとおり決しました。

 次に,日程第2議案第1号を採決いたします。

 議案第1号土浦市税条例の一部改正については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第1号土浦市税条例の一部改正については原案どおり決しました。

 次に,日程第3議案第2号を採決いたします。

 議案第2号土浦市国民健康保険税条例の一部改正については,原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(豊島一男君) 起立多数であります。よって,議案第2号土浦市国民健康保険税条例の一部改正については原案どおり決しました。

 次に,日程第4議案第3号を採決いたします。

 議案第3号土浦市保育所条例の一部改正については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第3号土浦市保育所条例の一部改正については原案どおり決しました。

 次に,日程第5議案第4号を採決いたします。

 議案第4号土浦市心身障害者福祉センター条例の一部改正については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第4号土浦市心身障害者福祉センター条例の一部改正については原案どおり決しました。

 次に,日程第6議案第5号を採決いたします。

 議案第5号土浦市障害者自立支援センター条例の一部改正については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第5号土浦市障害者自立支援センター条例の一部改正については原案どおり決しました。

 次に,日程第7議案第6号を採決いたします。

 議案第6号土浦市医療福祉費支給に関する条例の一部改正については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第6号土浦市医療福祉費支給に関する条例の一部改正については原案どおり決しました。

 次に,日程第8議案第7号を採決いたします。

 議案第7号土浦市風致地区内における建築行為等の規制に関する条例の制定については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第7号土浦市風致地区内における建築行為等の規制に関する条例の制定については原案どおり決しました。

 次に,日程第9議案第8号を採決いたします。

 議案第8号土浦市都市計画法の規定による開発行為の許可の基準に関する条例の制定については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第8号土浦市都市計画法の規定による開発行為の許可の基準に関する条例の制定については原案どおり決しました。

 次に,日程第10議案第9号を採決いたします。

 議案第9号土浦市烏山一・二丁目地区地区計画の区域内における建築物等の制限に関する条例の制定については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第9号土浦市烏山一・二丁目地区地区計画の区域内における建築物等の制限に関する条例の制定については原案どおり決しました。

 次に,日程第11議案第10号を採決いたします。

 議案第10号土浦市手数料条例の一部改正については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第10号土浦市手数料条例の一部改正については原案どおり決しました。

 次に,日程第12議案第11号を採決いたします。

 議案第11号平成16年度土浦市一般会計予算は,原案どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

  〔賛成者起立〕



○議長(豊島一男君) 起立多数であります。よって,議案第11号平成16年度土浦市一般会計予算は原案どおり決しました。

 次に,日程第13議案第12号ないし日程第20議案第19号を採決いたします。

 議案第12号平成16年度土浦市公共用地先行取得事業特別会計予算ないし議案第19号平成16年度土浦市農業集落排水事業特別会計予算は,原案どおり決することに賛成の諸君の起立をお願いいたします。

  〔賛成者起立〕



○議長(豊島一男君) 起立多数であります。よって,議案第12号平成16年度土浦市公共用地先行取得事業特別会計予算ないし議案第19号平成16年度土浦市農業集落排水事業特別会計予算は原案どおり決しました。

 次に,日程第21議案第20号を採決いたします。

 議案第20号平成16年度土浦市水道事業会計予算は,原案どおり決することに賛成の諸君の起立をお願いいたします。

  〔賛成者起立〕



○議長(豊島一男君) 起立多数であります。よって,議案第20号平成16年度土浦市水道事業会計予算は原案どおり決しました。

 次に,日程第22議案第21号を採決いたします。

 議案第21号市道の路線の認定については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第21号市道の路線の認定については原案どおり決しました。

 次に,日程第23議案第22号を採決いたします。

 議案第22号土浦市勤労者総合福祉センター「ワークヒル土浦」の指定管理者の指定については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第22号土浦市勤労者総合福祉センター「ワークヒル土浦」の指定管理者の指定については原案どおり決しました。

 次に,日程第24議案第23号を採決いたします。

 議案第23号平成15年度土浦市一般会計補正予算は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第23号平成15年度土浦市一般会計補正予算は原案どおり決しました。

 次に,日程第25議案第24号ないし日程第32議案第31号を採決いたします。

 議案第24号平成15年度土浦市公共用地先行取得事業特別会計補正予算ないし議案第31号平成15年度土浦市農業集落排水事業特別会計補正予算は,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議案第24号平成15年度土浦市公共用地先行取得事業特別会計補正予算ないし議案第31号平成15年度土浦市農業集落排水事業特別会計補正予算は原案どおり決しました。

 次に,日程第33議員提出議案第1号を採決いたします。

 議員提出議案第1号土浦市議会議員の政治倫理に関する条例の一部改正については,原案どおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,議員提出議案第1号土浦市議会議員の政治倫理に関する条例の一部改正については原案どおり決しました。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△日程第34.諮問第1号



○議長(豊島一男君) 次に,日程第34諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。

 市長より説明をお願いいたします。

  〔市長 中川清君登壇〕



◎市長(中川清君) ただいま上程されました諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦につきまして御説明を申し上げます。

 本件は,人権擁護委員の永井進氏,清水千恵子氏がそれぞれ平成16年3月31日をもちまして任期満了となりますので,改めて委員の候補者を推薦するに当たり,議会の御意見を賜るものでございます。

 永井進氏におかれましては,1期3年,誠意を持ってその職務を遂行され,今後も人権思想の普及高揚はもとより,基本的人権の擁護のために御尽力をいただける適任者として,再度推薦いたしたいと存じます。

 また,清水千恵子氏におかれましては,人権擁護委員として3期9年にわたり,豊かな識見のもと,広く市民の人権擁護のために御尽力をいただきましたことに対しまして,ここに深く感謝の意を表する次第でございます。

 つきましては,後任の委員として岡田美枝子氏を推薦いたしたいと存じます。岡田美枝子氏は,現在土浦市青少年相談員を始め,土浦市女性センター相談員,土浦市生涯学習推進協議会委員としても活躍されているなど,経験豊かで識見も高く,信望も厚い方でございますので,市民の人権の擁護のために御尽力をいただく委員として適任であると存じます。

 よって,永井進氏,岡田美枝子氏の両氏を委員として推薦することにつきまして,議会の賛意を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

 以上です。



○議長(豊島一男君) 本案について御質疑はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 質疑なしと認め,質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については,委員会への付託を省略して議事を進めたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認め,さよう取り運びます。

 それでは,これより討論に入ります。討論はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 討論もないようでございますので,討論を終結して,これより採決いたします。

 諮問第1号は,市長説明のとおり同意することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,諮問第1号人権擁護委員候補者の推薦については,市長説明のとおり同意することに決しました。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△追加日程第1.議員提出議案第2号



○議長(豊島一男君) お諮りいたします。

 本日,中井川功君ほか4名から市町村合併調査特別委員会の設置についてが提出されました。この際,これを日程に追加し,議題といたしたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,本案を日程に追加し,議題とすることに決しました。

 それでは,本案を議題といたします。

 提出者より提案理由の説明をお願いいたします。

 23番。

  〔23番 中井川功君登壇〕



◆23番(中井川功君) ただいま上程されました議員提出議案第2号市町村合併調査特別委員会の設置について御説明申し上げます。

 本案は,新治村においては,2月19日に開会した村議会の冒頭に,土浦市との単独合併を目指すべきだとの市町村合併特別委員会委員長の最終報告があり,これを全会一致で了承しました。

 そして,同日,新治村の完賀村長と中川議長が本市を訪れ,中川市長と豊島議長に2市村合併の申し入れがなされました。このような状況の中,市議会といたしましては,今後の市町村合併について,市議会独自の立場から調査研究の必要があるので,8名の委員による市町村合併調査特別委員会を設置し,閉会中も調査を行っていくよう求めるものであります。

 以上よろしく御審議の上,御承認くださいますようお願い申し上げます。



○議長(豊島一男君) 提案理由の説明が終わりました。

 本案について,御質疑はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御質疑もないようでございますので,質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については,委員会への付託を省略して議事を進めたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認め,さよう取り運びます。

 それでは,これより討論に入ります。討論はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 討論もないようでございますので,討論を終結して,これより採決いたします。

 本案は,提出者説明のとおり,8名の委員をもって構成する市町村合併調査特別委員会を設置し,これに付託の上,目的達成までこれを閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,本案は提出者説明のとおり,8名の委員をもって構成する市町村合併調査特別委員会を設置し,これに付託の上,目的達成までこれを閉会中の継続審査とすることに決しました。

 ただいま設置されました市町村合併調査特別委員会委員の選任については,委員会条例第8条の規定により,4番福田一夫君,5番田中介君,6番古沢喜幸君,11番中田正広君,20番竹内裕君,22番〓瀬昭雄君,27番折本明君,31番本橋道明君,以上8名を指名いたしたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました8名の方を市町村合併調査特別委員会委員に選任することに決しました。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△追加日程第2.議員提出議案第3号



○議長(豊島一男君) お諮りいたします。

 本日,中井川功君ほか4名から交通体系調査特別委員会の設置についてが提出されました。この際,これを日程に追加し,議題といたしたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,本案を日程に追加し,議題とすることに決しました。

 それでは,本案を議題といたします。

 提出者より提案理由の説明をお願いいたします。

 23番。

  〔23番 中井川功君登壇〕



◆23番(中井川功君) ただいま上程されました議員提出議案第3号交通体系調査特別委員会の設置について御説明申し上げます。

 本案は,本市を取り巻く交通体系は,常磐線,常磐自動車道,国道6号,国道125号などにより,首都東京や周辺主要都市と連結されております。

また,県南地域における広域基幹交通として重要な基盤となるつくばエクスプレス並びに首都圏中央連絡自動車道の開通及び百里飛行場民間共用化,そして広域幹線道路である国道6号牛久・土浦バイパス,千代田・石岡バイパス,国道125号バイパスが計画されております。

 そのようなことから,今後土浦駅とつくば駅とを結ぶ新交通システムを含んだ協議の必要があると考えるものであります。

 よって,市議会といたしまして,新交通システムの導入状況などを含め,市議会独自の立場から調査研究の必要があるため,8名の委員による交通体系調査特別委員会を設置し,閉会中も調査を行っていくよう求めるものであります。

 以上,よろしく御審議の上,御承認くださいますようお願い申し上げます。



○議長(豊島一男君) 提案理由の説明が終わりました。

 本案について,御質疑はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御質疑もないようでございますので,質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については,委員会への付託を省略して議事を進めたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認め,さよう取り運びます。

 それでは,これより討論に入ります。討論はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 討論もないようでございますので,討論を終結して,これより採決いたします。

 本案は,提出者説明のとおり,8名の委員をもって構成する交通体系調査特別委員会を設置し,これに付託の上,目的達成までこれを閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,本案は提出者説明のとおり,8名の委員をもって構成する交通体系調査特別委員会を設置し,これに付託の上,目的達成までこれを閉会中の継続審査とすることに決しました。

 ただいま設置されました交通体系調査特別委員会委員の選任については,委員会条例第8条の規定により,12番吉田博史君,13番小坂博君,14番寺内充君,16番金塚功君,17番川原場明朗君,21番内田卓男君,26番川口玉留君,30番井坂信之君,以上8名を指名いたしたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,ただいま指名いたしました8名の方を交通体系調査特別委員会委員に選任することに決しました。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△追加日程第3.議員提出議案第4号



○議長(豊島一男君) お諮りいたします。

 本日,久松猛君ほか4名から談合疑惑の解明と再発防止に関する決議案が提出されました。この際,これを日程に追加し,議題といたしたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,本案を日程に追加し,議題とすることに決しました。

 それでは,本案を議題といたします。

 提出者より提案理由の説明をお願いいたします。

 7番。

  〔7番 久松猛君登壇〕



◆7番(久松猛君) それでは,ただいま上程されました議員提出議案第4号談合疑惑の解明と再発防止に関する決議(案)について御説明を申し上げます。

 決議(案)を朗読することによりまして,提案理由の説明にかえさせていただきます。

 談合疑惑の解明と再発防止に関する決議(案)

 本市発注の工事については,談合疑惑等により入札を中止または延期せざるを得ないような極めて異例の事態が生じている。こうした事態は,公正な競争であるべき入札の執行に対する市民の信頼を大きく損なうものである。よって,土浦市議会は談合疑惑の解明と再発防止に向け,より透明性を高めた公正,公平な入札方法の改善を行うよう強く求めるものである。

 以上決議する。

 平成16年3月17日,土浦市議会。

 以上よろしく御審議の上,御賛同くださいますようお願いをいたします。



○議長(豊島一男君) 提案理由の説明が終わりました。

 本案について,御質疑はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御質疑もないようでございますので,質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案については,委員会への付託を省略して議事を進めたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認め,さよう取り運びます。

 それでは,これより討論に入ります。討論はございませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 討論もないようでございますので,討論を終結して,これより採決いたします。

 本案は,提出者説明のとおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,本案は提出者説明のとおり決しました。

 お諮りいたします。

 ただいま決議が議決されましたが,字句その他の整理を要するものにつきましては,その整理を議長に委任されたいと存じますが,御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認めます。よって,字句その他の整理は議長に委任することに決しました。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△日程第35.閉会中の事務調査について



○議長(豊島一男君) 次に,日程第35閉会中の事務調査についてを議題といたします。

 本件は,お手元に配付してありますとおり,各委員会から閉会中の事務調査について申し出があったものであります。本件は,それぞれ各委員会の申し出のとおり決することに御異議ございませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(豊島一男君) 御異議なしと認め,さよう決しました。

  ――――――――――――――――――――――――――――



△閉会



○議長(豊島一男君) 以上で本定例会に提案されました全議案を議了いたしました。

 これにて平成16年第1回土浦市議会定例会を閉会いたします。慎重なる御審議をいただきまして,まことにありがとうございました。

   午前11時37分閉会