議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 日立市

平成18年第4回定例会(第5日目) 本文




2006.12.14 : 平成18年第4回定例会(第5日目) 本文


                   午後1時00分開議

◯議長(永山堯康君) 御報告いたします。
 ただいま出席議員は41名であります。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配布してあります議事日程第5号のとおりであります。
 これより議事に入ります。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第1 議案第126号について



◯議長(永山堯康君) 日程第1 議案第126号についてを議題といたします。
 ただいま議題といたしました議案の説明、質疑は既に終了しておりますので、討論に入りますが、討論の通告がありませんので直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。人権擁護委員候補者として勝間田菊江氏を推薦することに同意する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。よって、議案第126号は市長提案のとおり同意することに決しました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第2 議案第110号から議案第125号までについて



◯議長(永山堯康君) 日程第2 議案第110号から議案第125号までについてを一括して議題といたします。
 委員会に付託中のこれら一括議題に対する委員会での審査の経過及びその結果の報告を各委員長に求めます。
 最初に、飛田総務委員長に報告を求めます。


                                   平成18年12月14日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                  総務委員長  飛田 謙一
                 総務委員会議案審査報告書
 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。
                       記


┏━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓
┃ 事件の番号 │   件          名   │議決の結果│   摘    要   ┃
┠───────┼──────────────────┼─────┼────────────┨
┃議案第110号│平成18年度日立市一般会計補正予算 │原案可決 │            ┃
┃       │(第5号)中            │     │            ┃
┃       │ 第1条(歳入歳出予算の補正)第1項│     │            ┃
┃       │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予│     │            ┃
┃       │ 算補正」のうち          │     │            ┃
┃       │  歳 入 全 款         │     │            ┃
┃       │  歳 出 第1款 議会費     │     │            ┃
┃       │      第2款 総務費の所管部分│     │            ┃
┃       │      第8款 土木費の所管部分│     │            ┃
┃       │      第9款 消防費     │     │            ┃
┃       │ 第3条(債務負担行為の補正)の所管│     │            ┃
┃       │ 部分               │     │            ┃
┃議案第122号│日立市消防団員等公務災害補償条例の一│原案可決 │            ┃
┃       │部を改正する条例の制定について   │     │            ┃
┃議案第125号│専決処分について(平成18年度日立市│原案承認 │            ┃
┃       │一般会計補正予算(第4号))中   │     │            ┃
┃       │ 第1条(歳入歳出予算の補正)第1項│     │            ┃
┃       │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予│     │            ┃
┃       │ 算補正」のうち          │     │            ┃
┃       │  歳 入 全 款         │     │            ┃
┃       │ 第2条(地方債の補正)      │     │            ┃
┗━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛

◯総務委員長(飛田謙一君) ◇登壇◇ 総務委員長の飛田謙一です。
 御報告いたします。
 本委員会に付託されました議案は3件であります。去る12月7日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしました。その結果はお手元の報告書のとおりでありますが、以下、審査の概要について申し上げます。
 初めに、議案第110号、平成18年度一般会計補正予算の所管部分についてであります。歳入歳出それぞれ6,500万円余の減額であり、歳入の主な内容は、現在ワークスたんぽぽが運営している福祉作業所が障害者自立支援法によりサービス支援施設に移行することに伴う就労移行・就労継続支援負担金として国庫支出金が1,600万円余、県支出金が800万円余それぞれ増額するほか、市民運動公園中央体育館トレーニングルームの天井アスベストを除去するための工事に対する社会体育施設整備費補助として国庫支出金600万円余を増額、また、今回の補正に伴い市債償還基金繰入金の減額を計上するものであります。次に、歳出の所管部分の内容は、常備消防事務経費800万円余を増額するほか、事業経費の一部を構成市町7団体で負担するための財団法人グリーンふるさと振興機構負担金の計上及び職員人件費の整理に伴う補正減などを行うものであります。採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第122号、日立市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定については、消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の改正に伴い、関係する規定を改めるため本条例を制定するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第125号、平成18年度一般会計補正予算の専決処分についての所管部分であります。歳入歳出それぞれ6,100万円余の追加であり、歳入の主な内容は、10月6日から8日にかけての低気圧の影響で被害を受けた市道817号線の災害復旧に対する公共土木施設災害復旧事業費補助として国庫支出金2,400万円余を増額するほか、今回の災害復旧に係る一般財源の不足分として財政調整基金繰入金2,500万円余を計上するなどであり、採決の結果、全会一致をもって原案を承認すべきものと決しました。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対しまして各位の御賛成をお願い申し上げます。



◯議長(永山堯康君) 次に、渡邊正幸産業福祉委員長に報告を求めます。


                                     平成18年12月14日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                産業福祉委員長  渡邊 正幸
                産業福祉委員会議案審査報告書
 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。
                       記

┏━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓
┃ 事件の番号 │   件          名   │議決の結果│   摘    要   ┃
┠───────┼──────────────────┼─────┼────────────┨
┃議案第110号│平成18年度日立市一般会計補正予算(│原案可決 │            ┃
┃       │第5号)中             │     │            ┃
┃       │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予│     │            ┃
┃       │ 算補正」のうち          │     │            ┃
┃       │  歳 出 第2款 総務費の所管部分│     │            ┃
┃       │      第3款 民生費の所管部分│     │            ┃
┃       │      第4款 衛生費の所管部分│     │            ┃
┃       │      第5款 労働      │     │            ┃
┃       │      第6款 農林水産業費  │     │            ┃
┃       │      第7款 商工費の所管部分│     │            ┃
┃       │      第8款 土木費の所管部分│     │            ┃
┃議案第111号│平成18年度日立市国民健康保険事業特│原案可決 │            ┃
┃       │別会計補正予算(第2号)      │     │            ┃
┃議案第112号│平成18年度日立市動物園事業特別会計│原案可決 │            ┃
┃       │補正予算(第1号)         │     │            ┃
┃議案第113号│平成18年度日立市簡易水道事業特別会│原案可決 │            ┃
┃       │計補正予算(第1号)        │     │            ┃
┃議案第114号│平成18年度日立市公設地方卸売市場事│原案可決 │            ┃
┃       │業特別会計補正予算(第1号)    │     │            ┃
┃議案第116号│平成18年度日立市介護保険事業特別会│原案可決 │            ┃
┃       │計補正予算(第2号)        │     │            ┃
┃議案第117号│平成18年度日立市介護サービス事業特│原案可決 │            ┃
┃       │別会計補正予算(第2号)      │     │            ┃
┃議案第123号│茨城県後期高齢者医療広域連合の設立に│原案可決 │            ┃
┃       │ついて               │     │            ┃
┗━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛

◯産業福祉委員長(渡邊正幸君) ◇登壇◇ 産業福祉委員長の渡邊正幸です。
 御報告いたします。
 本委員会に付託されました議案は8件であります。去る12月7日に委員会を開催し、関係箇所の現地調査を行うなど、慎重に審査をいたしました。その結果はお手元の報告書のとおりでありますが、以下、審査の概要を申し上げます。
 初めに、議案第110号、平成18年度一般会計補正予算の所管部分であります。補正の主な内容は、障害者自立支援法の施行により福祉作業所等の一部が就労支援施設に移行することに伴う就労移行・就労継続支援事業費の計上のほか、就学前の子どもに関する教育・保育等を総合的に提供する認定こども園の認定等に伴う私立保育園運営費や、予防接種法の改正により接種対象者が増えたことに伴う予防接種事業費の増額及び日立港の新たな物流誘致促進に向け、現在モータープール化している第5埠頭を開放するため、日立港後背地の北河原地区市有地を整備する工事請負費を計上するものなどであります。採決の結果は、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第111号、平成18年度国民健康保険事業特別会計補正予算については、老人保健事業への今年度の概算拠出額が確定したことや過年度分の精算に伴う老人保健医療費拠出金の減及び国民健康保険に加入している介護保険第2号被保険者の減少や保険者負担率の引下げなどにより1人当たりの負担額が減少したことに伴う介護保険納付金の減などであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第112号、平成18年度動物園事業特別会計補正予算については、動物園事業に対する寄附金により、アカカンガルー4頭の購入費とカンガルー舎の整備費を計上するものなどであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第113号、平成18年度簡易水道事業特別会計補正予算については、水道事業会計に係る人件費の整理に伴う管理委託料の減などであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第114号、平成18年度公設地方卸売市場事業特別会計補正予算については、入場業者が施設使用料の滞納繰越分を納付したことに伴う市場使用料の増、これに伴う一般会計からの繰入金の減及び新たに入場した業者からの入場業者保証金の基金への積立てや退場した業者に対して入場業者保証金を返還するものなどであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第116号、平成18年度介護保険事業特別会計補正予算については、介護サービスから介護予防サービスへ移行する保険給付対象者数が見込みを下回ったことに伴う居宅介護サービス給付費の増や介護予防サービス給付費の減などであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第117号、平成18年度介護サービス事業特別会計補正予算については、介護予防ケアマネジメントの報酬単価の引下げやケアマネジャー1人当たりの委託件数に上限が設けられたことに伴う介護予防ケアマネジメント業務委託料の減などであり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第123号、茨城県後期高齢者医療広域連合の設立については、老人保健法の改正による新たな高齢者医療制度の創設に伴い、75歳以上の者等を被保険者とする後期高齢者医療の事務を処理する茨城県後期高齢者医療広域連合を設立するため、議会の議決を求めるものであり、採決の結果、賛成多数をもって原案を可決すべきものと決しました。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対し、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 次に、椎名文教委員長に報告を求めます。


                                     平成18年12月14日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                 文教委員長  椎名 敦史
                 文教委員会議案審査報告書
 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。
                       記

┏━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓
┃ 事件の番号 │   件          名   │議決の結果│   摘    要   ┃
┠───────┼──────────────────┼─────┼────────────┨
┃議案第110号│平成18年度日立市一般会計補正予算(│原案可決 │            ┃
┃       │第5号)中             │     │            ┃
┃       │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予│     │            ┃
┃       │ 算補正」のうち          │     │            ┃
┃       │  歳 出 第2款 総務費の所管部分│     │            ┃
┃       │      第3款 民生費の所管部分│     │            ┃
┃       │      第4款 衛生費の所管部分│     │            ┃
┃       │      第7款 商工費の所管部分│     │            ┃
┃       │      第10款 教育費     │     │            ┃
┃       │ 第2条(継続費の補正)の所管部分 │     │            ┃
┃       │ 第3条(債務負担行為の補正)の所管│     │            ┃
┃       │ 部分               │     │            ┃
┃議案第115号│平成18年度日立市滑川山墓地事業特別│原案可決 │            ┃
┃       │会計補正予算(第1号)       │     │            ┃
┃議案第120号│日立市戸別合併処理浄化槽の整備に関す│原案可決 │            ┃
┃       │る条例の一部を改正する条例の制定につ│     │            ┃
┃       │いて                │     │            ┃
┃議案第121号│日立市交流センターの設置及び管理に関│原案可決 │            ┃
┃       │する条例の一部を改正する条例の制定に│     │            ┃
┃       │ついて               │     │            ┃
┃議案第125号│専決処分について(平成18年度日立市│原案承認 │            ┃
┃       │一般会計補正予算(第4号))中   │     │            ┃
┃       │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予│     │            ┃
┃       │ 算補正」のうち          │     │            ┃
┃       │  歳 出 第13款 災害復旧費の所管│     │            ┃
┃       │          部分      │     │            ┃
┗━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛

◯文教委員長(椎名敦史君) ◇登壇◇ 文教委員長の椎名敦史です。
 御報告いたします。
 本委員会に付託されました議案は、予算関係議案2件、条例関係議案2件、その他の議案1件の計5件であります。去る12月7日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしました。その結果はお手元の報告書のとおりであります。以下、本委員会における審査の概要を申し上げます。
 初めに、議案第110号、平成18年度一般会計補正予算の所管部分であります。補正の主な内容は、奨学金の貸付けに役立ててほしいとの趣旨で市民からいただきました寄附金を奨学金貸付基金へ繰り出すほか、大沼小学校の校舎大規模改造工事が完了したことに伴う契約差金等の整理などであります。採決の結果は全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第115号、平成18年度滑川山墓地事業特別会計補正予算であります。補正の主な内容は、日立鞍掛山霊園管理基金への積立金の増や契約差金の整理などであり、採決の結果は全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第120号、日立市戸別合併処理浄化槽の整備に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。浄化槽の設置費用に関する国の基準額が改定されたことに伴い、分担金の額を改めるための条例制定であり、採決の結果は全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第121号、日立市交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。十王公民館を廃止して新たに十王交流センターを設置するための条例制定であり、採決の結果は全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第125号、平成18年度一般会計補正予算の専決処分についての所管部分であります。市民運動公園野球場の防球ネットが10月6日から8日にかけて発達した低気圧の強風により破損してしまったため、防球ネットを張り替えるための工事請負費の増であり、採決の結果は全会一致をもって原案を承認すべきものと決しました。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対しまして各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 次に、西川建設委員長に報告を求めます。


                                     平成18年12月14日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                建設委員長  西川 光世
                建設委員会議案審査報告書
 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。
                       記

┏━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓
┃ 事件の番号 │   件          名   │議決の結果│   摘    要   ┃
┠───────┼──────────────────┼─────┼────────────┨
┃議案第110号│平成18年度日立市一般会計補正予算(│原案可決 │            ┃
┃       │第5号)中             │     │            ┃
┃       │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予│     │            ┃
┃       │ 算補正」のうち          │     │            ┃
┃       │  歳 出 第8款 土木費の所管部分│     │            ┃
┃       │第2条(継続費の補正)の所管部分  │     │            ┃
┃議案第118号│平成18年度日立市水道事業会計補正予│原案可決 │            ┃
┃       │算(第4号)            │     │            ┃
┃議案第119号│平成18年度日立市下水道事業会計補正│原案可決 │            ┃
┃       │予算(第3号)           │     │            ┃
┗━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓
┃ 事件の番号 │   件          名   │議決の結果│   摘    要   ┃
┠───────┼──────────────────┼─────┼────────────┨
┃議案第124号│市道路線の認定について       │原案可決 │            ┃
┃       │                  │     │            ┃
┃議案第125号│専決処分について(平成18年度日立市│原案承認 │            ┃
┃       │一般会計補正予算(第4号))中   │     │            ┃
┃       │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予│     │            ┃
┃       │ 算補正」のうち          │     │            ┃
┃       │  歳 出 第13款 災害復旧費の所管│     │            ┃
┃       │          部分      │     │            ┃
┗━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛

◯建設委員長(西川光世君) ◇登壇◇ 建設委員長の西川光世です。
 御報告いたします。
 本委員会に付託されました議案は5件であります。去る12月7日に委員会を開催し、慎重に審査いたしました。審査の結果はお手元の報告書のとおりでありますが、以下、審査の概要を申し上げます。
 初めに、議案第110号、平成18年度一般会計補正予算の所管部分についてであります。補正の主な内容は、地籍調査委託(6次)事業の継続費の変更、人事異動に伴う人件費の整理などの計上であり、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第118号、平成18年度水道事業会計補正予算及び議案第119号、平成18年度下水道事業会計補正予算についてであります。内容は、機構改革に伴う人件費の整理などであり、採決の結果、2議案とも全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第124号、市道路線の認定については、採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第125号、専決処分について(平成18年度一般会計補正予算)の所管部分についてであります。補正の内容は、去る10月6日、7日、低気圧接近に伴い損傷した市道817号線小木津町地内の道路橋梁災害復旧事業費であり、採決の結果、全会一致をもって原案を承認すべきものと決しました。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対し各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 次に、蛭田幹線道路整備促進特別委員長に報告を求めます。


                                     平成18年12月14日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                          幹線道路整備促進特別委員長  蛭田 三雄
              幹線道路整備促進特別委員会議案審査報告書
 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。
                       記

┏━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓
┃ 事件の番号 │   件          名   │議決の結果│   摘    要   ┃
┠───────┼──────────────────┼─────┼────────────┨
┃議案第110号│平成18年度日立市一般会計補正予算(│原案可決 │            ┃
┃       │第5号)中             │     │            ┃
┃       │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予│     │            ┃
┃       │ 算補正」のうち          │     │            ┃
┃       │  歳 出 第8款 土木費の所管部分│     │            ┃
┗━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛

◯幹線道路整備促進特別委員長(蛭田三雄君) ◇登壇◇ 幹線道路整備促進特別委員長の蛭田三雄です。
 御報告いたします。
 本委員会は去る12月12日に委員会を開催し、付託されました議案、すなわち議案第110号、平成18年度一般会計補正予算の所管部分について慎重に審査をいたしました。その結果はお手元の報告書のとおりでありますが、以下、本委員会における審査の概要を申し上げます。
 補正予算の内容は、幹線道路整備費における職員人件費の整理を行うものであります。採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対しまして各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 以上で各委員長からの報告は終わりました。
 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。
 次に、討論であります。討論の通告がありましたので、発言を許します。
 反対討論の大曽根議員に発言を許します。



◯24番(大曽根勝正君) ◇登壇◇ 日本共産党の大曽根勝正です。
 会派を代表して、提案された議案中、議案第123号、茨城県後期高齢者医療広域連合の設立について反対します。以下、要旨を述べ、討論とします。
 後期高齢者医療制度は、75歳以上の高齢者を現在加入している国民健康保険や組合健保などから切り離し、後期高齢者だけを被保険者とする独立した医療保険制度にするものです。これを受け、家族に扶養されている人を含めすべての後期高齢者が、保険料を、年金月額1万5,000円以上の方は年金天引きで徴収されることになります。保険料はまだ決まっていないとのことですが、多くの高齢者は介護保険料と合わせて天引きされることになります。
 この制度改悪は第164回国会で成立した医療制度改悪法の1つです。既に今年10月から、70歳以上で現役並み所得の方は窓口負担が3割に引き上げられました。08年4月からは低所得者も含め1割負担が2割負担に値上げになります。また、入院では、この10月から、療養病床に入院する70歳以上の患者の食費、居住費の負担増が強行されました。病気にかかりやすく治療に時間がかかる高齢者や重症患者への負担増は受診抑制による健康破壊を進め、病気を重症化させ、かえって医療費増大を招くと多くの医療関係者が反対しました。
 提案されている後期高齢者医療制度の最大の問題は、後期高齢者の医療給付費が増えれば後期高齢者の保険料値上げか医療内容の切下げかという、どちらをとっても痛みしかない選択を迫る仕組みになっていることです。また、従来、後期高齢者は障害者や被爆者と同様、短期保険証、資格証明書を発行してはならないとされてきましたが、新制度では保険料の滞納者には国保と同じく短期保険証や資格証明書を発行します。医療保障なしには生きていけない弱者から保険証を取り上げる、ここにも改悪法の情け容赦のなさが現れています。
 今回の広域連合は、国が法律で設置し、全市町村に加盟を義務付けて脱退も認めないなど、真の地方分権にも反するものであり、住民が運営に参加できる仕組みにもなっていません。国が決めたものとはいえ、人生の最も医療を必要とする後期高齢者に新たな負担と不安をもたらすものとして、反対します。
 以上、要旨を述べ、討論とします。



◯議長(永山堯康君) 以上で討論を終結いたします。
 直ちに採決いたします。
 採決方法についてお諮りいたします。今回は、反対討論のありました議案を単独で、続いて予算関係議案、条例関係議案及びその他の議案、以上4つに分けて採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、4つに分けて採決いたします。
 お諮りいたします。最初に、反対討論のありました議案、すなわち議案第123号に対する産業福祉委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立多数であります。よって、議案第123号は委員長の報告のとおり原案可決と決しました。
 続いてお諮りいたします。予算関係議案、すなわち議案第110号から議案第119号までの10件に対する各委員長の報告は原案可決であります。各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。よって、これら10件の議案は各委員長の報告のとおり原案可決と決しました。
 続いてお諮りいたします。条例関係議案、すなわち議案第120号から議案第122号までの3件に対する各委員長の報告は原案可決であります。各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。よって、これら3件の議案は各委員長の報告のとおり原案可決と決しました。
 続いてお諮りいたします。その他の議案、すなわち議案第124号及び議案第125号の2件に対する各委員長の報告は原案可決及び原案承認であります。各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。よって、これら2件の議案は各委員長の報告のとおり原案可決及び原案承認と決しました。


   日程第3 請願等について



◯議長(永山堯康君) 日程第3 請願等についてを議題といたします。
 委員会に付託中のこれら請願等に対する委員会での審査の経過及びその結果の報告を各委員長に求めます。
 最初に、飛田総務委員長に報告を求めます。


                                     平成18年12月14日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                  総務委員長  飛田 謙一
                 総務委員会請願(陳情)継続審査申出書
 本委員会に付託された請願(陳情)は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第103条の規定により申し出します。
                       記

┏━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━┯━━━━━━┓
┃受理│              │請願(陳情)者の│紹介議員 │    │      ┃
┃  │  件        名  │        │     │審査結果│摘    要┃
┃番号│              │住 所 氏 名 │氏   名│    │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼──────┨
┃(17)│「個人所得課税における給与所│日立市幸町2-3-10│     │継続審査│(継続審査 ┃
┃14│得控除の縮小等、勤労世帯への│日本労働組合総連│     │    │中のもの) ┃
┃  │増税に安易に頼った財政施策を│合会茨城県連合会│     │    │なおよく精 ┃
┃  │用いないことを求める」陳情 │県北地域協議会日│     │    │査するため ┃
┃  │              │立地区協議会  │     │    │      ┃
┃  │              │幹事長 児島 強│     │    │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼──────┨
┃(17)│皇室典範改正問題に関する陳情│日立市会瀬町  │     │継続審査│(継続審査 ┃
┃15│              │    2-27-13│     │    │中のもの) ┃
┃  │              │活力あるまちづく│     │    │なおよく精 ┃
┃  │              │りを考える日立市│     │    │査するため ┃
┃  │              │民の会     │     │    │      ┃
┃  │              │代表 石川 清彦│     │    │      ┃
┗━━┷━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━━┛

◯総務委員長(飛田謙一君) ◇登壇◇ 総務委員長の飛田謙一です。
 御報告いたします。
 本委員会で審査いたしました請願等は、継続審査中のもの2件であります。
 初めに、平成17年受理番号14、「個人所得課税における給与所得控除の縮小等、勤労世帯への増税に安易に頼った財政施策を用いないことを求める」陳情については、一部の委員から願意妥当と認め採択すべきとの意見が出されましたが、この件に関し委員会として慎重に審査をした結果、引き続きなおよく精査する必要があるという意見が大半を占め、採決の結果、賛成多数をもって継続審査と決しました。
 次に、平成17年受理番号15、皇室典範改正問題に関する陳情については、引き続きなおよく精査する必要があるとし、採決の結果、全会一致をもって継続審査と決しました。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対しまして各位の御賛成をお願い申し上げます。



◯議長(永山堯康君) 次に、渡邊正幸産業福祉委員長に報告を求めます。


                                     平成18年12月14日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                産業福祉委員長  渡邊 正幸
            産業福祉委員会請願(陳情)審査報告書
 本委員会に付託された請願(陳情)は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第134条の規定により報告します。
                       記


┏━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━┯━━━━━┓
┃受理│              │請願(陳情)者の│紹介議員 │    │     ┃
┃  │  件        名  │        │     │審査結果│摘   要┃
┃番号│              │住 所 氏 名 │氏   名│    │     ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼─────┨
┃4 │JR不採用早期解決に向けた意│水戸市梅香1-5-24│     │採  択│(継続審査┃
┃  │見書採択の陳情       │国鉄労働組合水戸│     │    │中のもの)┃
┃  │              │地方本部    │     │    │(参考) ┃
┃  │              │執行委員長   │     │    │ 意見書の┃
┃  │              │ 高松 義雄  │     │    │議案を別に┃
┃  │              │        │     │    │提出する。┃
┗━━┷━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━┛

◯産業福祉委員長(渡邊正幸君) ◇登壇◇ 産業福祉委員長の渡邊正幸です。
 御報告をいたします。
 本委員会で審査いたしました請願等は、継続審査中の受理番号4、JR不採用早期解決に向けた意見書採択の陳情であります。審査の中では、JR不採用問題については人道的な見地からも早期に解決を図るべきであるとの意見が大半を占め、採決の結果、全会一致をもって採択すべきものと決しました。
 なお、本陳情が本会議において採決と決しましたときは、意見書案を別途提案いたしますので、よろしくお願いいたします。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対し、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 次に、椎名文教委員長に報告を求めます。


                                     平成18年12月14日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                  文教委員長  椎名 敦史
                 文教委員会請願(陳情)審査報告書
 本委員会に付託された請願(陳情)は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第134条の規定により報告します。
                       記

┏━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━┯━━━━━━┓
┃受理│              │請願(陳情)者の│紹介議員 │    │      ┃
┃  │  件        名  │        │     │審査結果│摘    要┃
┃番号│              │住 所 氏 名 │氏   名│    │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼──────┨
┃6 │私学の保護者負担軽減と教育条│日立市大みか町 │蛭田 三雄│採  択│      ┃
┃  │件改善のための請願     │     6-11-1│小野 正之│(執行機│      ┃
┃  │              │茨城キリスト教学│石野 正美│関に送付│      ┃
┃  │              │園       │額賀 俊彦│)   │      ┃
┃  │              │理事長 廣瀬 正│中川 雅子│    │      ┃
┃  │              │    外9,355名│     │    │      ┃
┗━━┷━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━━┛

◯文教委員長(椎名敦史君) ◇登壇◇ 文教委員長の椎名敦史です。
 御報告いたします。
 本委員会で審査いたしました請願は、今回付託されました受理番号6、私学の保護者負担軽減と教育条件改善のための請願であります。慎重に審査した結果、願意を妥当なものと認め、全会一致をもって採択すべきものと決しました。
 なお、本請願が本会議において採択と決しましたときは、執行機関へ送付し、その処理経過及び結果について報告を求めるものであります。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対しまして各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 次に、西川建設委員長に報告を求めます。


                                     平成18年12月14日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                建設委員長  西川 光世
               建設委員会請願(陳情)審査報告書
 本委員会に付託された請願(陳情)は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第134条の規定により報告します。
                       記

┏━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━┯━━━━━┓
┃受理│              │請願(陳情)者の│紹介議員 │    │     ┃
┃  │  件        名  │        │     │審査結果│摘   要┃
┃番号│              │住 所 氏 名 │氏   名│    │     ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼─────┨
┃5 │小木津高磯海岸から東連津川河│日立市小木津町 │芽根 茂彦│採  択│     ┃
┃  │口までの海岸線の離岸堤敷設に│    2-12-17│     │(執行機│     ┃
┃  │関する請願         │日高学区市民自治│     │関に送付│     ┃
┃  │              │会       │     │)   │     ┃
┃  │              │会長 志賀 勝弘│     │    │     ┃
┃  │              │     外2名│     │    │     ┃
┗━━┷━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━┛

◯建設委員長(西川光世君) ◇登壇◇ 建設委員長の西川光世です。
 御報告いたします。
 本委員会は今回付託されました受理番号5、小木津高磯海岸から東連津川河口までの海岸線の離岸堤敷設に関する請願について慎重に審査いたしました。採決の結果は、願意を妥当なものと認め、全会一致をもって採択すべきものと決しました。
 なお、本請願が本会議において採択と決しましたときは、執行機関へ送付し、その処理経過及び結果について報告を求めるものであります。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対しまして各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 以上で各委員長からの報告は終わりました。
 直ちに質疑に入ります。質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。
 直ちに採決いたします。
 採決方法についてお諮りいたします。今回は、分離採決の申出がありました1件を単独で、次に、その他の請願等4件を一括して、以上2つに分けて採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、2つに分けて採決いたします。
 お諮りいたします。最初に、小林議員、渡部源昭議員から分離採決の申出のありました平成17年受理番号14、「個人所得課税における給与所得控除の縮小等、勤労世帯への増税に安易に頼った財政施策を用いないことを求める」陳情に対する総務委員長の報告は継続審査であります。委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立多数であります。よって、平成17年受理番号14の陳情は委員長の報告のとおり継続審査と決しました。
 続いてお諮りいたします。委員会審査で採択及び継続審査となりましたその他の請願等4件について、各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。よって、これら4件の請願等は各委員長の報告のとおり採択及び継続審査と決しました。
 ここで、議案配布のため暫時休憩いたします。

                   午後1時36分休憩

                   午後1時37分再開



◯議長(永山堯康君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第4 議案第127号について



◯議長(永山堯康君) 日程第4 議案第127号についてを議題といたします。
 上程議案について、提案者の渡邊正幸議員から説明を求めます。



◯16番(渡邊正幸君) ◇登壇◇ 渡邊正幸です。
 お手元の第4分冊、議案第127号、JR不採用問題の早期解決を求める意見書の提出について御説明をいたします。
 1ページ、議案第127号の提案説明といたしまして、ILO条約批准国としてILO勧告を受け止め、JR不採用問題の早期解決を求める意見書を関係機関に対し提出するものであります。
 意見書は2ページに記載のとおりであります。
 なお、提出先は内閣総理大臣、総務大臣、厚生労働大臣、国土交通大臣であります。
 以上で説明を終わりますが、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 以上で提案者からの説明は終わりました。
 ただいまの説明に対し、質疑はございませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案につきましては、会議規則第36条第2項の規定により、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、本件については委員会への付託を省略することに決しました。
 次に、討論であります。討論はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で討論を終結いたします。
 直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。議案第127号、JR不採用問題の早期解決を求める意見書の提出について、原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。よって、議案第127号は原案可決と決しました。
 以上で今期定例会に付議されました案件全部が終了いたしました。
 これをもちまして平成18年第4回日立市議会定例会を閉会いたします。

                   午後1時40分閉会


  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。



 議 長


 28番


 29番