議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 日立市

平成18年第4回定例会(第1日目) 本文




2006.11.30 : 平成18年第4回定例会(第1日目) 本文


                   午前10時01分開会

◯議長(永山堯康君) 御報告いたします。
 ただいま出席議員は41名であります。
 これより平成18年第4回日立市議会定例会を開会いたします。
 今期定例会の議案等は、既に各位のお手元に配布してあります議案第110号から議案第125号まで並びに報告第20号及び報告第21号であります。
 提出議案の説明員の出席を要求しましたところ、お手元に配布してあります説明員出席表のとおりそれぞれ出席通知がありましたので、御報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配布してあります議事日程第1号のとおりであります。
 これより議事に入ります。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第1 会期の決定について



◯議長(永山堯康君) 日程第1 会期の決定を議題といたします。
 初めに、今期定例会の運営について、白土議会運営委員長から委員会での協議の結果を御報告願います。



◯議会運営委員長(白土仙三郎君) ◇登壇◇ 皆さん、おはようございます。議会運営委員長の白土仙三郎です。
 御報告いたします。
 議会運営委員会は、去る11月22日に委員会を開催し、今期定例会の運営について協議をいたしました。その内容につきまして順次申し上げます。
 今期定例会に提案されます議案等は、予算関係議案10件、条例関係議案3件、その他の議案3件及び報告2件の計18件であります。また、会期中に人事案件の追加提案が予定されております。これらの議案審査の方法は、本会議での質疑終了後、人事案件を除き各委員会に付託して審査することといたしました。
 なお、議案等の説明に先立ち、議会運営委員会委員及び幹線道路整備促進特別委員会委員の補欠選任を行います。
 会期については本日11月30日から12月14日までの15日間とし、日程についてはお手元の第4回日立市議会定例会日程表のとおりであります。
 また、議事日程につきましては従来どおり議長に一任することにいたしましたので、御協力をよろしくお願いいたします。
 次に、発言通告書の締切日時について申し上げます。市政に関する一般質問は本日午後1時まで、議案等に対する質疑は12月4日・月曜日・午後1時まで、また、討論につきましては12月13日・水曜日・午前11時までとし、発言の順序につきましては従来どおり議会運営委員会において抽選により決定することにいたします。
 次に、請願等の締切は12月1日・金曜日までといたしましたので、よろしくお願いいたします。
 以上が今期定例会運営についての委員会の決定事項であります。今期定例会が円滑に運営されますよう各位の御協力をお願い申し上げ、報告を終わります。



◯議長(永山堯康君) ただいまの議会運営委員長の報告に対し、質疑はございませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり本日11月30日から12月14日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、会期は15日間と決定いたしました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第2 会議録署名議員の指名について



◯議長(永山堯康君) 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。
 署名議員に
   28番 佐々木武道議員
   29番 長内 正路議員
を指名いたします。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第3 諸般の報告



◯議長(永山堯康君) 日程第3 諸般の報告を行います。
 初めに、閉会中における議員の辞職許可についてであります。去る11月17日、根本陽一議員から議員辞職願が提出されました。地方自治法第126条の規定により11月20日付けで議長において辞職を許可いたしましたので、御報告いたします。
 次に、閉会中における議会運営委員会委員の辞任についてであります。去る11月21日、小林真美子議員から議会運営委員会委員の辞任願が提出されました。委員会条例第13条の規定により同日付けで議長において辞任を許可いたしましたので、御報告いたします。
 次に、閉会中の一般報告については、お手元に配布してあります平成18年第3回日立市議会定例会における委員長報告の処理方針について及び事務報告のとおりであります。
 以上で諸般の報告を終わります。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第4 議会運営委員会委員の補欠選任について



◯議長(永山堯康君) 日程第4 議会運営委員会委員の補欠選任についてを議題といたします。
 議会運営委員会委員の構成は12名でありますが、現在、1名欠員となっております。
 お諮りいたします。委員会条例第7条第1項の規定により、この際1名を補欠選任することとし、井上 清議員を議会運営委員会委員に指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました井上 清議員を議会運営委員会委員に選任することに決しました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第5 幹線道路整備促進特別委員会委員の補欠選任について



◯議長(永山堯康君) 日程第5 幹線道路整備促進特別委員会委員の補欠選任についてを議題といたします。
 幹線道路整備促進特別委員会委員の構成は12名でありますが、現在、1名欠員となっております。
 お諮りいたします。委員会条例第7条第1項の規定により、この際1名を補欠選任することとし、大和田知裕議員を幹線道路整備促進特別委員会委員に指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました大和田知裕議員を幹線道路整備促進特別委員会委員に選任することに決しました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第6 議案第110号から議案第125号まで並びに報告第20号及び報告第
        21号について



◯議長(永山堯康君) 日程第6 議案第110号から議案第125号まで並びに報告第20号及び報告第21号についてを一括して議題といたします。
 上程議案等について、提案者からの説明を求めます。



◯市長(樫村千秋君) ◇登壇◇ 平成18年第4回市議会定例会の開会に当たり、御提案申し上げました議案の説明と御報告を申し上げます。
 まず初めに、御報告を申し上げます。
 去る9月29日、国民保護法及び茨城県国民保護計画に基づく国民保護訓練を、原子力発電所がテロ攻撃されたものとの想定のもと、国、県、その他関係市町村とともに実施いたしました。訓練には市民の皆様や小中学生の児童・生徒を含め2,800人余の参加をいただき、避難住民等救済訓練などを行ったところでございます。今回の訓練を通じて得た緊急対策事態時における住民の安全確保の在り方などの成果を現在策定中の日立市国民保護計画に盛り込むとともに、今後とも茨城県その他関係機関との連携強化に努めてまいります。
 次に、低気圧通過による被害についてであります。10月6日午後から強まった風の影響により、市内では倒木や停電等が相次ぎ、7日未明には、波浪・高潮による瀬上川の水位上昇により、久慈町3丁目地内において床上浸水7件、床下浸水26件となったほか、東連津川河口付近においては道路陥没による全面通行止めが1箇月以上続くという大きな被害となりました。被害に遭われました市民の皆様にお見舞いを申し上げますとともに、今後の災害防止に向け関係機関と連携を図ってまいります。
 次に、全国生涯学習フェスティバルの開催についてであります。10月6日から8日にかけて、多賀市民プラザをメイン会場とした第18回全国生涯学習フェスティバル「まなびピアいばらき2006」日立地区事業が開催され、悪天候にもかかわらず延べ4万7,000人に上る人々でにぎわいました。今後とも、学びのきっかけづくりとなるような事業、将来を担う子供たちにスポットを当てた事業、本市の特徴である活発な青少年団の活動状況を広く全国に発信するような事業、ものづくり・科学・伝統文化が体験できる事業及び郷土日立の産業・歴史を探訪する事業など、幅広く生涯学習活動を支援してまいります。
 引き続きまして、今定例会に御提案申し上げました案件の概要につきまして御説明申し上げます。
 まず、補正予算についてであります。
 主なものといたしましては、地籍調査委託事業につきまして、県補助を追加で受け、平成19年度に予定しておりました入四間地区の測量を前倒しで実施するなど、継続費の変更を計上させていただきました。
 また、私立保育園運営につきまして、新たに認定こども園の認定を受ける施設がありますので、運営や事業実施に係る経費を計上させていただきました。
 そのほか、国民健康保険事業、介護保険事業及び介護サービス事業の特別会計におきまして、拠出金や給付金などの整理をするため、関連する歳入とともに計上させていただきました。
 次に、条例議案であります。
 戸別合併処理浄化槽の設置にかかる分担金の額を改定するための日立市戸別合併処理浄化槽の整備に関する条例の一部を改正する条例、十王交流センターを設置するための日立市交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例のほか1件につきまして御提案申し上げました。
 また、茨城県後期高齢者医療広域連合の設立につきましては、75歳以上の者を被保険者とする後期高齢者医療の事務を処理する茨城県後期高齢者医療広域連合を設置するに当たり、議会の議決をお願いするものであります。
 なお、今定例会中に人事案件を追加提案させていただく予定であります。
 詳細につきましては関係説明員から御説明申し上げますので、十分なる御審議を賜りますようお願い申し上げます。
 以上でございます。



◯財政部長(庄司勝久君) ◇登壇◇ 予算関連の議案につきまして御説明を申し上げます。
 まず、第1分冊でございます。
 第1分冊の1ページを御覧いただきたいと存じます。議案第110号、平成18年度日立市一般会計補正予算(第5号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額から6,575万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ615億7,695万3,000円としております。第2条で継続費の補正、第3条で債務負担行為の補正を行っております。
 8、9ページを御覧ください。第2表、継続費補正、変更でございます。土木費、事業名、地籍調査委託(6次)事業は平成16年度から20年度までの継続事業でございますが、既に実施済みの事業費を整理する中で、翌年度以降に予定しております事業を今年度前倒しして実施しようとするものでございます。この結果、総額では2,774万8,000円減となりましたが、今年度の年割額を374万2,000円増やしております。
 教育費、大沼小学校校舎大規模改造事業は2箇年継続の事業でございまして、今年度完了いたしますので、契約差金等の整理をし、事業費総額を3,177万5,000円減額いたしまして6億6,622万5,000円とするものでございます。
 第3表、債務負担行為補正、追加でございます。2行目、交流センター管理委託でございます。平成19年4月に十王交流センターが新たに設置されますので、その管理運営を行う指定管理者を指定するため、その下、廃棄物処分場管理業務委託は、現在直営で行っております滑川山一般廃棄物最終処分場の管理運営を来年4月から業者委託に変更するため、それぞれ今年度中に契約事務を行えるよう債務負担行為を設定するものでございます。
 変更でございます。本庁舎等清掃業務委託の限度額変更でございます。博物館が休日開館を実施することに伴いまして清掃業務を追加委託いたしますが、その分につきまして限度額を増額するものでございます。
 次のページ、10ページ、11ページを御覧ください。以下、歳入歳出補正予算事項別明細書で御説明を申し上げます。まず、歳入、1つ目の欄、交通安全対策特別交付金、補正額200万円でございます。これにつきましては、交付金の増額通知がございましたので増額するものでございまして、交通安全施設整備の経費に充てるため、歳出で増額を追加補正しております。
 分担金及び負担金、民生費負担金、私立保育園費負担金1,529万円でございますが、今年12月から新たに認可保育所が1園増えることなどにより保育料が増額するものでございます。
 中ほど、国庫支出金、教育費国庫補助金、補正額633万5,000円でございます。説明欄、社会体育施設整備費補助でございますが、当初に歳出予算を計上済みの池の川中央体育館のトレーニングルーム天井等改修工事が補助対象となったものでございまして、ここでは歳入のみの補正でございます。
 次のページ、12、13ページを御覧ください。県支出金、民生費県補助金、節のところでございます。一番上の欄、障害者福祉費補助金303万円の減でございますが、障害者自立支援法の施行に伴いまして、障害者福祉ワークス運営事業から国庫負担事業でございます就労移行・就労継続支援事業へ一部の受託事業者が移行したので、金額を減額するものでございます。後ほど歳出のところで改めて御説明を申し上げます。
 寄附金、教育費寄附金110万円でございます。説明欄にございますように、奨学金貸付事業へということで御寄附がございました。歳出で奨学金貸付基金へ積み立てるための繰出しをいたしております。
 一番下、繰入金、市債償還基金繰入金1億5,330万円の減でございますが、今回の補正で生じました剰余金をもちまして、当初予算において財源不足分を手当てした基金繰入金の減額を行ったものでございます。
 ちょっと飛びまして、20ページ、21ページをお開きください。ここからは歳出でございますが、総務費、企画費、説明欄でございます。地域振興事業費83万7,000円でございます。財団法人グリーンふるさと振興機構が実施いたします事業の経費の一部を構成市町7団体で負担するものでございます。
 28ページ、29ページでございます。民生費、障害者福祉費でございますが、自立支援法の施行に伴う事業の組替え等による補正がございます。まず、説明欄の中ほど、精神障害者援護活動費761万円でございます。精神障害者からの相談等に対し指導・助言を与える業務を行います精神障害者地域活動支援センター運営事業は、これまで県が事業主体となりまして生活支援センターとして実施をしていた事業でございますけれども、法の施行後、県事業は廃止され、市町村の事業として位置付けられることとなりました。今年度に限り移行措置といたしまして10月以降は県が代行運営をする形をとることとなりましたので、新たに負担金の支出を求められたものでございます。翌年度以降の具体的な事業の実施方法につきましては県、関係市町村と協議を進めているところでございます。
 説明欄を下へ2つ飛んでいただきまして、障害者福祉ワークス運営事業費759万円の減でございます。先ほど歳入で少し説明を申し上げましたが、法の施行によりまして福祉作業所の委託事業者の一部が10月から次に説明いたします就労移行・就労継続支援事業による事業実施に移行したことに伴いまして、10月以降分の委託経費を減額するものでございます。
 次のページでございます。一番上の欄でございます。説明欄を御覧ください。就労移行・就労継続支援事業費3,585万円でございます。福祉ワークス運営事業から当該事業に移行して、サービスを提供いたします事業者が運営する施設に対する扶助費でございます。事業内容の基本的な部分に変わりはございませんが、移行後は施設の管理運営者が事業主体となりまして定められた基準に基づいて事業を実施することになるため、より充実した事業展開が図れるようになるものでございます。
 34ページ、35ページでございます。中ほど、私立保育園費、補正額4,334万円でございます。これも説明欄を御覧いただきますと、私立保育園運営費(基準分)、同じく運営費(市独自加算分)、特別保育事業費、保育対策強化事業費でございますけれども、新たに私立保育園1園が認定こども園に認定されまして12月から認可保育所として運営される予定なので、規定の委託費を計上したものでございます。その下、広域入所保育事業費でございますが、市外の保育所でサービスを受ける児童の数が見込みを上回ったために委託料を増額するものでございます。
 40ページ、41ページをお開きください。衛生費、予防費1,913万円でございます。説明欄にございますように、予防接種事業費でございますが、麻疹・風疹の混合接種2期分につきまして法改正がございまして、小学校入学前児童全員が接種することになったということのために増額をするものでございます。
 48、49ページでございます。商工費、商工振興費、説明欄、産業団地整備事業費2,586万円でございます。北河原の日立港後背地を整備いたしまして、ただいま第5埠頭にございますモータープールを移設することによりまして第5埠頭を開放し、新たな物流機能の誘致促進を図ろうとするものでございます。
 52ページ、53ページでございます。土木費、地籍調査費、説明欄でございます。地籍調査(6次)事業費でございます。継続費のところで御説明申し上げましたように、翌年度以降に計画している事業を前倒し実施するための増額でございます。あわせて特定財源も増額補正をいたしております。
 58ページ、59ページでございます。一番下の欄を御覧いただきますと、下水道費4,480万円の減でございます。下水道事業会計の人件費の整理等によりまして一般会計からの繰出金が減ったものでございます。
 70ページ、71ページでございます。教育費、中ほど、図書館費、説明欄でございます。図書館新情報システム事業費2,639万円の減でございますが、システム構築にかかります委託経費の契約差金等の整理をいたしたものでございます。
 一般会計につきましては以上でございます。
 77ページを御覧ください。ここからは特別会計でございますが、議案第111号、平成18年度日立市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額から2億944万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ148億3,902万8,000円とするものでございます。
 80ページ、81ページでございます。事項別明細書で説明を申し上げます。まず、歳入でございます。国庫支出金、療養給付費等負担金、現年度分9,491万円の減、以下、歳出で医療費の拠出金や介護保険納付金等の減があったためにそれぞれ財源の整理を行ったものでございます。
 これに伴いまして、一番下の欄、繰入金、説明欄でございます。国民健康保険事業財政調整基金繰入金でございますが、今年度収支不足分を補てんしたものでございまして、この繰入額を8,363万円ほど減額することができました。
 次のページ、82ページ、83ページでございます。歳出でございます。3つ目の欄、老人保健拠出金、老人保健医療費拠出金、補正額2億1,773万円の減でございますが、老人保健事業におきまして今年度の概算拠出額が確定したことと併せて過年度分の精算を行った結果、医療費の減などにより拠出額が減額となったものでございます。
 また、その下の欄、介護保険納付金9,751万円の減でございますが、国保に加入している2号被保険者の数が減ったこと、また、保険者負担率の引下げによりまして1人当たり負担額も減となったために納付額を減額するものでございます。
 87ページでございます。議案第112号、平成18年度日立市動物園事業特別会計補正予算(第1号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額から168万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億7,750万4,000円とするものでございます。
 90ページ、91ページをお開きください。事項別明細書の歳入でございます。2つ目の欄、寄附金、動物園費寄附金200万円でございます。説明欄にございます企業から御寄附がございました。
 歳出では、寄附者の御意向によりまして、動物園に展示いたしますアカカンガルー4頭の購入費とカンガルー舎の整備費を計上したところでございます。
 93ページでございます。議案第113号、平成18年度日立市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額から25万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ8,299万5,000円とするものでございます。
 96、97ページをお開きください。事項別明細書でございます。説明が逆になりますが、歳出で人件費を整理いたしておりまして、そのことに伴います委託料の減、歳入では、その財源でございます一般会計繰入金の減額を行っております。
 99ページでございます。議案第114号、平成18年度日立市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算(第1号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額に200万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6,905万4,000円とするものでございます。
 102、103ページをお開きいただきたいと存じます。事項別明細書の歳入でございます。使用料及び手数料、市場使用料335万円でございますが、過年度滞納繰越しとなっておりました使用料の一部が納入されたものでございます。
 1つ飛びまして、繰入金、保証金基金繰入金100万円でございます。入場業者のうち2業者が退場したことによりまして、保証金を返還するために取崩しをするものでございます。歳出で償還金に充てるものでございます。
 その下、諸収入、雑入50万円でございます。こちらは、新たに入場する業者が1社ございましたので、そこからお預かりする保証金でございまして、歳出で公設地方卸売市場保証金基金へ積立てをするものでございます。
 歳出でございます。総務費、一般管理費でございます。説明欄、一般管理費、需用費、修繕料50万円でございますが、青果等の保冷庫の修繕工事でございます。
 105ページを御覧いただきたいと存じます。議案第115号、平成18年度日立市滑川山墓地事業特別会計補正予算(第1号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額に157万5,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億3,158万7,000円とするものでございます。
 108、109ページでございます。事項別明細書の歳入でございますが、繰越金、説明欄、前年度繰越金157万円でございます。前年度の償還金が少なくて済んだこと、分譲基数が予定を上回ったことなどによりまして繰越金が増えたものでございます。
 歳出では、人件費等の整理を行うとともに、歳入増によりまして生じました111万円につきまして、日立鞍掛山霊園管理基金に積立てをいたしております。
 111ページでございます。議案第116号、平成18年度日立市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額から2億3,919万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ87億7,589万3,000円とするものでございます。
 116ページ、117ページでございます。まず、事項別明細書の歳入を御覧いただきたいと存じます。2つ目の欄、国庫支出金、介護給付費負担金、現年度分2億4,672万6,000円の減でございますが、歳出での給付費の減と、国、県の負担割合の変更によりまして、施設介護分に対する国の負担率がこれまでの20%から15%に減ったというようなことによる減でございます。
 このため、2つ欄を飛びまして、県支出金、介護給付費負担金でございますが、これまで県の負担率が12.5%だったものが17.5%に増え、1億7,353万円の増となったものでございます。
 120ページ、121ページでございます。歳出でございますが、中ほど、保険給付費、居宅介護サービス給付費7億6,295万円の増、恐れ入ります。次のページを御覧ください。次のページの一番上、居宅介護サービス計画給付費9,389万円増と、それから、2つ目の欄、介護予防サービス給付費5億5,254万円の減から、その下ずっとでございますが、特例介護予防サービス計画給付費66万3,000円の減のところまで、これらを並べて御覧いただきますと、介護サービス給付費を増やして介護予防サービス給付費を減らしているのがおわかりいただけると存じます。この主な理由は、介護サービスから介護予防サービスへ移行すると見込んだ高齢者の割合が計画値を大きく下回ったこと、法改正によりまして、元は要支援者に分類されるべき経過的要介護者が要介護者として扱うことになったことなどによるものでございます。
 恐れ入ります。また前のページに戻っていただきまして下の方でございますけれども、介護サービス等諸費のうち下から3つ目の施設介護サービス給付費でございます。3億2,670万円ほどの減となってございますが、新たに設置されます施設のオープンが予定よりも遅れたことなどによりまして減額したものでございます。以上、保険給付費全体では2億2,519万円ほどの減となっております。
 124、125ページでございます。地域支援事業費、介護予防事業費、補正額、計の行でございます。128万7,000円の減でございますが、要支援予備軍とされます特定高齢者の数が見込みを下回ったことによります減でございます。
 ただいま御説明申し上げましたことは、いずれも上半期の実績等に基づきまして給付費等の見込額を整理したものでございます。
 127ページでございます。議案第117号、平成18年度日立市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額から1億4,007万8,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6億9,933万1,000円とするものでございます。
 132、133ページをお開きいただきたいと存じます。事項別明細書の歳出でございますが、サービス事業費、介護予防支援事業費1億3,916万9,000円の減でございますが、説明欄の一番下、介護予防ケアマネジメント業務委託経費につきまして、介護予防ケアマネジメントの報酬単価が見込みの半額程度に決定されたこと、それから、ケアマネジャー一人当たりのマネジメント件数に上限が設けられたということで民間事業者への委託が困難になったということによります減額でございます。
 135ページでございます。議案第118号、平成18年度日立市水道事業会計補正予算(第4号)でございます。第2条で、収益的収支の補正予定額のうち、収入を25万9,000円、支出を4,496万4,000円それぞれ減額いたしまして、第3条では、資本的収支の支出予定額を85万2,000円減額するとともに、収支不足額の補てん財源の整理を行っております。
 136、137ページでございます。補正予算実施計画の収益的収支及び次のページの資本的収支でございますが、いずれも人件費の整理による補正でございます。
 145ページでございます。議案第119号、平成18年度日立市下水道事業会計補正予算(第3号)でございます。第2条で、主要な建設改良事業の事業費のうち、中央処理区改良費を7億9,501万5,000円に、流域下水道建設費を4億4,454万4,000円に、雨水対策費を1億5,991万円にそれぞれ改め、第3条では、収益的収支の補正予定額のうち、収入を2,498万5,000円、支出を2,574万4,000円それぞれ増額しております。また、第4条では、資本的収支の補正予定額のうち、収入を8,539万1,000円、支出を1,496万4,000円それぞれ減額するとともに、収支不足額の補てん財源の整理を行っております。
 次のページ、146ページでございます。第5条を御覧いただきますと、公共下水道建設費の起債の限度額を6億6,740万円に改め、第7条では一般会計からの補助金の額を13億3,213万6,000円に減額してございます。
 150ページ、151ページでございます。資本的収支、支出でございますが、下水道事業資本的支出、真ん中の行でございます。流域下水道建設費でございますけれども、管渠が未布設の地域におけます新築計画の中止または延期などによりまして管渠築造工事の施工を取りやめたため、1,974万円減額となったものでございます。
 今回御提案申し上げる補正予算議案のうち、第1分冊の説明は以上でございます。
 恐れ入ります。続きまして、第2分冊をお開きいただきたいと存じます。
 第2分冊の31ページでございます。議案第125号、専決処分について(平成18年度日立市一般会計補正予算(第4号))でございます。次のページに専決処分書がございますが、法の規定に基づきまして10月31日付けで一般会計補正予算の専決処分を行いましたので、御承認をいただくべく御報告するものでございます。
 33ページをお開きください。平成18年度日立市一般会計補正予算(第4号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額に6,157万1,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ616億4,270万5,000円といたしております。第2条では地方債の補正を行っております。
 36ページ、37ページをお開きください。第2表、地方債補正、追加、道路橋梁災害復旧事業費1,210万円でございます。御承知のように、10月6日から8日にかけまして異常な低気圧による暴風・波浪によりまして市内各所に災害が発生いたしました。大部分は緊急対応を済ませておりますが、規模の比較的大きな災害2件につきまして災害復旧費を計上いたしまして災害対策を行うものでございます。これらの事業のうち1件につきまして補助災害の認定を受けることができましたので、その補助うら分の起債を行うものでございます。
 38ページ、39ページでございます。事項別明細書でございますが、歳入でございます。国庫支出金、災害復旧費国庫補助金、補正額2,438万円、以下、市債まで災害復旧費の財源の補正でございます。
 なお、特定財源を除きました市負担分につきましては、2つ目の欄、繰入金のところを御覧いただきたいと存じますけれども、説明欄でございますが、財政調整基金の災害引当から繰入れをいたしたものでございます。
 40ページ、41ページでございます。歳出でございます。災害復旧費、道路橋梁災害復旧費4,657万円でございますが、説明欄にございますように、小木津町の市道817号線にかかる災害復旧事業費でございます。東連津川河口付近の川沿いの市道・護岸が波浪によりまして崩壊し、道路地盤の土砂が流出いたしました災害の復旧費を計上いたしたものでございます。
 保健体育施設災害復旧費1,500万円でございます。市民運動公園野球場の防球ネットが強風で破損したもので、復旧するものでございます。正面スタンドと1塁側の2面の改修を行う予定でございます。
 以上が専決処分を行いました補正予算の概要でございます。
 第1分冊、第2分冊と続けて今回御提案申し上げました予算関連議案につきまして御説明申し上げました。どうぞよろしくお願い申し上げます。



◯総務部長(梶山隆範君) ◇登壇◇ 私からは、予算関係以外の議案について御説明をさせていただきます。
 引き続き、第2分冊をお願いいたします。
 第2分冊の1ページをお開きいただきたいと思います。1ページの議案第120号は、日立市戸別合併処理浄化槽の整備に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。国の補助を受けまして日立市が実施主体となって進めております中里地区の戸別合併処理浄化槽の設置事業につきましては、設置申請者に国が示す基準額の10分の1を分担金としていただくこととしておりますが、提案説明にございますとおり、国の基準額が改定されたことに伴いまして、分担金の額を改めるものでございます。
 次の2ページをお開き願います。2ページに一部を改正する条例がございます。6行目、別表第1には改正後の分担金の額を規定しております。5人槽につきましては現行より2,700円引き下げまして8万6,100円に、6、7人槽につきましては逆に1,200円引き上げて10万3,800円に、また、8人から10人槽につきましても同様に5,600円引き上げまして13万5,200円にそれぞれ改正するものでございます。なお、11人槽以上につきましては変更はございません。
 附則にございますように、本条例は平成19年4月1日から施行するものでございます。
 次に、右側、3ページでございます。議案第121号は、日立市交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。提案説明にございますとおり、新たに日立市十王交流センターを設置するため、本条例を制定するものでございます。
 次の4ページをお開きいただきたいと存じます。4ページに一部を改正する条例がございます。5行目、別表に交流センターの名称及びその位置を規定しておりますが、新たに日立市十王交流センターを追加するものでございます。日立市におきましては、これまで公民館、コミュニティセンター及びふれあいプラザの各施設におきまして施設機能あるいは名称を含めた管理運営形態を統一しまして、市民にとってわかりやすく利用しやすい施設としてこれまでに22の地域交流センターの設置をしてきたところでございますが、今般、十王地域におきましても準備が整ってまいりましたので、交流センターに移行するものでございます。
 附則にございますように、施行期日は平成19年4月1日とするものでございます。
 また、今回の条例改正によりまして公民館はすべて廃止されますことから、附則の第2項にございますように日立市公民館設置及び管理等に関する条例を廃止し、また、5ページにございますように公民館運営審議会の委員の報酬についての規定を削除するため、附則の第3項にございますように、日立市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正も併せて行うものでございます。
 次に、7ページをお開きいただきたいと存じます。7ページの議案第122号は、日立市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。提案説明にございますとおり、消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の改正に伴いまして、関係規定を改めるものでございます。
 少し飛びますが、13ページをお開き願います。13ページに改正要旨がございます。今回の改正は2点ございます。1点目は、消防団員等が消防作業等に従事しましたことによって負傷し、疾病にかかり、もしくは障害の状態となった場合など、傷病補償年金や障害補償などの支給の対象となる障害について、これまでの政令引用から省令を引用して規定するということとしたものでございます。また、2点目は、障害者自立支援法の施行に伴いまして、介護補償の支給を受けることができなくなる入所施設の種類について、政令の改正によりまして身体障害者療護施設から障害者支援施設に改めるというものでございます。
 本条例は公布の日から施行するものでございます。
 次に、15ページをお開き願います。15ページの議案第123号は、茨城県後期高齢者医療広域連合の設立についてでございます。提案説明にございますとおり、老人保健法の改正によりまして平成20年4月から新たな高齢者医療制度が創設されることに伴いまして、75歳以上の高齢者を被保険者としますいわゆる後期高齢者医療事務を広域にわたって処理するために、規約を定め茨城県後期高齢者医療広域連合を設立するに当たりまして、議会の議決をお願いするものでございます。
 次の16ページをお開き願います。16ページに広域連合規約がございます。第2条で、広域連合は県内全市町村をもって組織することとしております。第4条の広域連合の処理する事務でございますが、(1)の被保険者の資格の管理に関する事務のほか、次の17ページの(2)から(5)に定める事務を処理するものでございます。
 処理事務に関連いたしまして、恐縮でございますが、23ページをお開き願います。23ページの別表第1に記載の6つの窓口事務につきましては、広域連合を設立した後も引き続き市町村において行うこととされている事務でございます。
 恐縮でございます。17ページにお戻りいただきたいと思います。17ページ、第5条では、地方自治法の規定に基づきまして、広域連合が作成する広域計画に記載する項目を定めております。また、第6条で広域連合の事務所の位置を水戸市に置くこととしております。第7条は広域連合の議会の組織についての規定でございます。第1項で議員の定数を22人とし、第2項では議員の構成とその区分に応じた定数を定めております。第1号で市長の定数を8人とし、第3号で市議会議員の定数を8人としております。
 18ページをお開き願います。18ページ、第8条は広域連合議員の選挙の方法について規定をしております。第1項ではそれぞれの構成区分に応じた組織団体又はそれぞれ一定数の推薦があった者を候補者とし、第2項では、選挙による場合は、市長、市議会議員については県内各市議会で、町村長、町村議会議員については県内各町村議会において選挙する旨を規定しております。
 次に、19ページの中ほどから下でございます。第11条からは広域連合の執行機関の組織についての規定でございまして、広域連合に広域連合長及び副広域連合長を各1人置くこととしております。第12条では、広域連合長は関係市町村の長のうちから関係市町村の長が投票によって選挙することとしております。
 20ページでございます。20ページの中ほど、第14条では執行機関に会計事務をつかさどる会計管理者を置くこととし、第16条では選挙管理委員会の設置について、さらに、21ページの第17条では監査委員2人をそれぞれ置くということとしております。また、第18条では、広域連合の経費について、関係市町村の負担金、事業収入、国及び県の支出金などをもって充てることとしております。
 23ページでございます。23ページの中ほど、別表第2において、市町村の負担金の額を共通経費、医療給付に要する経費及び保険料その他の納付金に区分し、それぞれ負担割合を定めております。
 戻りますが、左側、22ページでございます。22ページの附則にございますとおり、この規約は平成19年1月24日から施行するものでございます。ただし、第14条の会計管理者に関する規定は、地方自治法の改正に合わせまして平成19年4月1日から施行するものでございます。
 冒頭にも申し上げましたが、この新たな高齢者医療制度は平成20年4月1日から創設されます。附則第2項にございますように、平成20年3月31日までの間は広域連合の処理する事務についての準備行為を行うものでございます。このたびの制度改正に伴いまして、すべての都道府県におきまして同様の広域連合が今年度中に設立される運びとなるわけでございます。
 次に、25ページをお開き願います。25ページの議案第124号は、市道路線の認定についてでございます。提案説明にございますとおり、道路法の規定に基づきまして、下記のとおり3件3路線の認定につきまして議会の議決をお願いするものでございます。
 27ページ以降の図面で説明させていただきます。27ページは十王町伊師地内の市道路線の認定図でございます。常磐線をまたぐ国道461号線の改良工事に関連して、閉鎖いたしました関平踏切の代替施設として県が整備をいたしました常磐線の下をくぐる道路、延長31.3メートルの移管に伴う路線の認定についてでございます。
 続きまして、28ページをお開き願います。28ページは十王町伊師本郷地内の道路新設に伴う市道路線の認定図でございます。十王駅の東側、伊師本郷地内に新設予定の本郷前線、延長1,000メートルの路線の認定についてでございます。工事完了予定年度は平成23年度でございます。
 右側、29ページでございます。29ページは大みか町及び石名坂町地内の道路新設に伴う市道路線認定図でございます。県道日立港線から北へ延びる都市計画道路石名坂多賀線の新設に伴う延長520メートルの路線の認定についてでございます。工事完了予定年度は平成23年度でございます。
 少し飛びますが、43ページをお開き願います。43ページ以降は報告でございます。まず、報告第20号は、損害賠償の額を定めることについての専決処分でございます。損害賠償額を定めることにつきまして専決処分をさせていただきましたので、法の規定に基づきまして御報告をするものでございます。
 44ページをお開き願います。44ページには専決処分書がございます。本年10月3日に専決処分をさせていただきました。事故の概要でございますが、記以下にございますように、本年8月17日午後2時ごろ、平和町1丁目15番地先平和通り歩道橋付近の日立停車場線路上におきまして市有車が田尻町にお住まいの方の自動車に接触し、物損を与えましたので、この損害に対します賠償の額を20万7,900円と定めるものでございます。公用車の事故につきましては誠に申し訳なく思っております。今後も引き続き全庁的取組をもちまして安全運転及び事故防止の徹底に努力してまいりますので、よろしくお願いを申し上げます。
 続きまして、右側、45ページでございます。45ページの報告第21号は、訴えの提起についての専決処分についてでございます。法の定めに基づきまして御報告をするものでございます。
 次の46ページをお開き願います。本年11月13日に専決処分をさせていただきました。訴えの内容についてでございますが、市営住宅の下記10名の長期家賃滞納者に対しまして滞納家賃の納付及び明渡しを求める訴えを提起したものでございます。
 予算関係以外の議案についての説明は以上でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



◯財政部長(庄司勝久君) ◇登壇◇ 先ほどの説明の中に誤りがございましたので、訂正をさせていただきます。
 第1分冊の10ページ、11ページでございます。分担金及び負担金、私立保育園費負担金でございます。先ほど、私立保育園費負担金につきまして、認可保育所が1園増えたことによる増と申し上げましたが、平均保育料が増えたために増額となったものでございます。誤りをおわび申し上げて、謹んで訂正させていただきます。



◯議長(永山堯康君) 以上で提出議案等の説明は終わりました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第7 休会について



◯議長(永山堯康君) 日程第7 休会についてを議題といたします。
 お諮りいたします。明12月1日から3日までを議案調査等のため休会にいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、明1日から3日までを休会とすることに決しました。
 以上で本日の議事日程全部が終了いたしました。
 次回の日程を申し上げます。次回は12月4日・月曜日・午前10時、本議場で本会議を開き、市政に関する一般質問を行います。
 次に、発言通告書の締切日時について申し上げます。一般質問は本日午後1時まで、議案質疑は12月4日・月曜日・午後1時まで、また、討論については12月13日・水曜日・午前11時までであります。
 本日はこれをもって散会いたします。御苦労さまでございました。

                   午前11時07分散会