議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 日立市

平成17年第4回定例会(第1日目) 本文




2005.12.01 : 平成17年第4回定例会(第1日目) 本文


                   午前10時00分開会

◯議長(永山堯康君) 御報告いたします。
 ただいま出席議員は44名であります。
 これより平成17年第4回日立市議会定例会を開会いたします。
 今期定例会の議案は、既に各位のお手元に配布してあります議案第126号から議案第168号までについてであります。
 提出議案の説明員の出席を要求しましたところ、お手元に配布してあります説明員出席表のとおり、それぞれ出席通知がありましたので、御報告いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配布してあります議事日程第1号のとおりであります。
 これより議事に入ります。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第1 会期の決定について



◯議長(永山堯康君) 日程第1 会期の決定を議題といたします。
 初めに、今期定例会の運営について、白土議会運営委員長から委員会での協議の結果を御報告願います。



◯議会運営委員長(白土仙三郎君) ◇登壇◇ 皆さん、おはようございます。議会運営委員長の白土仙三郎です。
 御報告いたします。
 議会運営委員会は、去る11月24日に委員会を開催し、今期定例会の運営について協議をいたしました。その内容につきまして順次申し上げます。
 今期定例会に提案されます議案は、予算関係議案6件、条例関係議案5件、契約関係議案1件及びその他の議案31件の計43件であります。これらの議案審査の方法は、本会議での質疑終了後、各委員会に付託して審査することといたしました。
 会期については、本日・1日から14日までの14日間とし、日程については、お手元の第4回日立市議会定例会日程表のとおりであります。
 また、議事日程につきましては、従来どおり議長に一任することにいたしましたので、御協力をよろしくお願いいたします。
 次に、発言通告書の締切日時について申し上げます。
 市政に関する一般質問は本日・午後1時まで、議案等に対する質疑は12月5日・月曜日・午後1時まで、また、討論につきましては12月13日・火曜日・午前11時までとし、発言の順序につきましては、従来どおり議会運営委員会において抽選により決定することにいたします。
 次に、請願等の締切は12月2日・金曜日までといたしましたので、よろしくお願いいたします。
 以上が今期定例会運営についての委員会の決定事項であります。今期定例会が円滑に運営されますよう各位の御協力をお願い申し上げ、報告を終わります。



◯議長(永山堯康君) ただいまの議会運営委員長の報告に対し、質疑はございませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日・1日から14日までの14日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、会期は14日間と決定いたしました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第2 会議録署名議員の指名について



◯議長(永山堯康君) 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。
 署名議員に
   17番 大和田知裕議員
   18番 岡部 光雄議員
を指名いたします。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第3 諸般の報告



◯議長(永山堯康君) 日程第3 諸般の報告を行います。
 初めに、請願等の処理の経過及びその結果について、市長から報告がありましたので、その写しを本日配布いたしました。
 次に、閉会中の一般報告については、お手元に配布してあります平成17年第3回日立市議会定例会における委員長報告の処理方針について、及び事務報告のとおりであります。
 以上で諸般の報告を終わります。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第4 議案第126号から議案第168号までについて



◯議長(永山堯康君) 日程第4 議案第126号から議案第168号までについてを一括して議題といたします。
 上程議案について、提案者からの説明を求めます。



◯市長(樫村千秋君) ◇登壇◇ 平成17年第4回市議会定例会の開会に当たり、御提案申し上げました案件の概要につきまして御説明を申し上げます。
 まず、補正予算についてであります。
 主なものといたしましては、東滑川海浜地区整備事業につきまして、民間事業者による施設整備に合わせ公共ゾーンを整備するため、実施設計等の経費を計上させていただきました。
 また、認可外保育施設整備費助成事業費につきましては、認可外保育園が児童福祉法に規定する保育所としての認可を受けるために必要となる施設整備に要する経費を補助するため、関係経費を計上させていただきました。
 そのほか、生活保護費や児童手当などの社会保障の増加に対応するため、関係経費を計上させていただきました。
 次に、条例議案であります。
 新たに制定する条例といたしましては、安心して子育てができ、健やかに子供たちが育つ環境の整備として子育て支援施設を設置するため、日立市子育て支援施設の設置及び管理に関する条例を御提案申し上げました。
 また、一部を改正する条例といたしましては、新たに多賀市民プラザ駐車場を設置するための日立市駐車場設置及び管理等に関する条例の一部を改正する条例ほか、関係法令等の改正に伴うもの2件を御提案申し上げました。
 契約議案につきましては、シビックセンター天球改修工事の請負契約を締結するに当たり、議会の議決をお願いするものであります。
 さらに、平成18年4月から68の公の施設につきまして管理に関する業務を指定管理者に行わせるに当たり、指定管理者の指定について議会の議決をお願いするものであります。
 詳細につきましては関係説明員から御説明申し上げますので、何とぞ十分なる御審議を賜りますようお願い申し上げます。
 以上であります。



◯財政部長(庄司勝久君) ◇登壇◇ 予算関連の議案につきまして御説明を申し上げます。
 第1分冊をお開きいただきたいと存じます。
 1ページでございます。議案第126号、平成17年度日立市一般会計補正予算(第6号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額に2億4,803万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ583億7,263万2,000円といたしております。第2条で継続費、第3条で繰越明許費、第4条で債務負担行為の補正をそれぞれ行っております。
 8、9ページを御覧いただきたいと存じます。第2表、継続費補正、変更でございます。事業名のところ、固定資産現況調査業務委託、その下、土地評価システム委託とも、いずれも平成15年度から3箇年継続で平成18年度の固定資産評価見直しのための調査等を実施してまいったものでございます。本年度が最終年度となりますので、事業完了の見通しが立ちまして、実績に基づいて事業費の整理をするものでございます。
 第3表、繰越明許費でございます。事業名、心身障害者スポーツセンター改修事業、3,500万円でございます。後ほど歳出で事業の追加が出てまいりますが、体育館の天井改修を行うものでございまして、施工期間が翌年度にまたがる見込みでございますことから、繰り越しをするものでございます。
 10ページ、11ページでございます。第4表、債務負担行為補正、追加が5件ございます。中ほど、環境調査委託700万円でございます。鞍掛山霊園に新設予定の火葬場の環境影響調査を行うもので、翌年度にまたがりまして調査を実施する必要があるので、翌年度分につきまして債務負担行為を設定するものでございます。この事業につきましても、後ほど歳出補正のところで詳しく御説明を申し上げます。
 続きまして、変更です。これも5件ございまして、2行目、市営駐車場駐車管理機械装置賃借料、それから3行目、本庁舎等清掃業務委託の増額変更でございます。いずれも来年度に開館を予定しております中部合同庁舎関連の経費でございまして、駐車管理機械装置は、施設に附属して新たに設置されます市営駐車場の機械装置5箇年分の賃借料880万円でございます。清掃業務は、同じく中部支所、交流センター、市民会館の清掃に係る5年分の経費など3,030万円を追加してございます。
 次のページ、12、13ページをお開きください。歳入歳出補正予算事項別明細書でございます。まず、歳入、分担金及び負担金。説明欄のところでございます。病院群輪番制病院運営費負担金770万円でございます。この事業は、従来、県の補助を受けて実施しておりました事業でございますけれども、補助金の一般財源化によりまして今年度から単年度で実施することに変更になったものでございまして、構成団体の負担金額を見直しまして増額したものでございます。
 国庫支出金、民生費国庫負担金でございます。節のところを御覧いただきまして、それぞれございますけれども、歳出の補正に合わせまして国が負担するべき額を整理するものでございます。内容につきましては、歳出のところで御説明を申し上げます。
 16、17ページをお開きください。上の欄、県支出金、教育費県補助金でございます。節のところ、青少年育成推進費補助金。説明欄、地域で育てる元気っ子体験村事業費補助60万円でございます。この夏に実施いたしました山中友子隊体験村事業が県の補助事業として採択されたことで、今回、歳入の補正を行うものでございます。
 18、19ページでございます。諸収入、雑入です。説明欄のところ、下から2行目の東滑川海浜地区整備事業保証金2,000万円でございます。当該地区で健康増進施設を設置・運営しようとしている事業者から事業を実施するための保証金として納付されるものでございます。
 20ページ、21ページでございます。ここからは歳出でございます。総務費、一般管理費でございます。説明欄の一番下のところです。分譲団地等管理業務経費、積立金、住宅団地分譲関連保証金及び敷金基金積立764万円でございます。定期借地権付分譲団地の分譲戸数が当初見込みを上回ったことで納付される貸付保証金を基金に積み立てるものでございます。
 22、23ページでございます。中ほど、企画費。説明欄でございます。東滑川海浜地区土地利用検討事業費850万円でございます。当該地区で健康増進施設の運営を予定する事業者が使用する区域以外の区域を市が整備するための経費でございまして、測量調査、土木工事及び温泉くみ上げ設備の実施設計に要する経費でございます。これらの事業は、市と事業予定者との間で締結いたしました基本協定に基づき、市が整備するということになったものでございます。
 少し飛びまして、30ページ、31ページでございます。民生費、児童福祉総務費でございます。説明欄を御覧いただきまして、認可外保育施設整備費助成事業費でございます。保育環境改善等事業補助233万円でございます。認可外保育園が認可を得るのに必要な施設の整備を行うために、その経費の一部を助成するものでございます。続いて、子育て支援施設事業費71万円でございます。現在建設を進め、来年4月に供用開始を予定しております子育て支援施設の開設準備のための経費でございます。
 34、35ページでございます。中ほど、目、児童手当費。説明欄でございます。児童手当支給費2,245万円でございます。支給対象者が見込みを上回ったことによります増額でございまして、平成16年6月の制度改正で支給対象が小学3年生まで拡大されたこともあって、今回補正分も合わせますと総支給額が10億495万円になりまして、初めて10億円の大台を超えたものでございます。
 その下、目、児童扶養手当費でございます。これも説明欄を御覧いただきますと、児童扶養手当支給事業費、扶助費1,512万円でございます。こちらは1人当たりの平均支給額が月4万円余となりまして、これまでに比べ約10%増額したことによる補正増でございます。この給付費の4分の3につきましては、国が負担しているところでございます。
 36、37ページでございます。生活保護費、扶助費。説明欄、生活保護費支給費1億9,966万円でございます。今回の増額は主に医療扶助の増額によるものでございまして、保護世帯数の伸びでございますけれども、これは、全国平均を下回っているものの、ここ数年は伸び率が拡大してございまして、生活保護費支給費総額も今回の補正分を加えまして26億4,000万円余に達しております。
 下の方、衛生費、環境衛生費でございます。説明欄の一番下、(仮称)日立鞍掛山火葬場整備事業費400万円でございます。先ほど債務負担行為のところで触れましたが、環境影響調査経費の本年度分でございます。この調査は、冬と夏、気象条件の異なる時期に2回行いまして、大気、振動、騒音、交通量など、施設の稼働前に把握しまして、施設稼働後の周辺地域の環境と比較して影響の度合いを明らかにするというようなものでございまして、債務負担行為と合わせ全部で1,100万円で実施するものでございます。
 38、39ページでございます。一番下の欄、商工費、目、商工振興費でございます。説明欄、商店街活性化事業費563万円の減でございます。次のページの41ページに説明がございますが、商店街の街路灯の管理費に対する補助を減額するものでございます。街路灯の修繕を希望する商店街が見込みを下回ったことで整理したものでございます。その下、中小企業支援対策事業費でございます。2,150万円の減でございますけれども、これも、自治・振興金融等の融資が見込みを下回ったことで保証料や利子補給補助が少なくて済んだため、整理するものでございます。
 42、43ページでございます。土木費、交通安全施設整備費。説明欄でございます。交通安全対策特別交付金事業費600万円でございます。県支出金でございます当該交付金が当初見込みを上回る予定なので、増額分で道路照明灯などの工事を追加して実施しようとするものでございます。
 48、49ページでございます。公債費、利子でございます。説明欄、公債費利子償還3,765万円減でございます。平成16年度の減税補てん債の借換えで新たに借入れした分の利子が見込みよりも低利で借りられたため、支払額が減額したものでございます。
 一般会計につきましては以上でございます。
 51ページでございます。議案第127号、平成17年度日立市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額に1億5,748万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ137億9,520万4,000円とするものでございます。
 54、55ページでございます。事項別明細書の、まず、歳入でございます。国庫支出金、療養給付費等負担金。節のところ、現年度分3億2,620万円の減でございますが、歳出での給付費が増額したことに伴いまして、本来増額すべきところでございますけれども、国の財政構造改革による税源の移譲に伴いまして、給付等に係る国の負担分、この一部が県に移譲され、国の支出が減ることになったために減額となったものでございます。説明欄に100分の36と国の負担率の記載がございますが、この率は従来100分の40でございました。
 中ほど、県支出金、県財政調整交付金4億6,349万円の増額でございます。歳出で給付費が増額になったこと、また、ただいま御説明申し上げました国の負担分の一部が税源移譲によりまして県支出に振り替えられたということに伴いまして、県負担金が増額になったものでございます。
 繰越金でございます。説明欄、前年度繰越金7,137万円でございますが、歳出の給付費の増額により、保険料で負担すべき部分を繰越金を充てて整理したものでございます。
 56、57ページでございます。歳出です。2つ目の欄、保険給付費。目のところ、一般被保険者高額療養費。それから、その下、退職被保険者等高額療養費でございます。説明欄を御覧いただきますと、いずれも給付費が増額となってございます。
 その下の欄、介護保険納付金でございます。説明欄、介護保険納付金8,634万円の増額でございます。国保に加入しております介護保険の2号被保険者の保険料分の納付金でございまして、これが毎年伸びが大きくて、今回の補正分を加えまして総額で9億5,500万円ほどに膨らんでございます。これが国保財政の圧迫要因となってきております。
 59ページでございます。議案第128号、平成17年度日立市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算(第2号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額に30万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ8,826万3,000円とするものでございます。
 62、63ページをお開きください。事項別明細書、歳入でございます。使用料及び手数料のところでございます。市場使用料、節、施設使用料245万円でございます。過年度滞納繰越しとなっておりました使用料の一部が納入されたものでございます。
 その下、歳出、総務費、一般管理費です。歳入の増額に合わせまして一部事務費の整理を行わせていただいたものでございます。
 65ページでございます。議案第129号、平成17年度日立市滑川山墓地事業特別会計補正予算(第2号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額に809万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億6,440万2,000円とするものでございます。
 68、69ページでございます。事項別明細書の、まず、歳入でございます。繰越金でございますが、節のところ、前年度繰越金771万円でございます。前年度の分譲基数が予定を上回ったことで繰越金が増えたものでございます。
 歳出でございます。墓地事業費、霊園管理費でございます。説明欄、霊園管理費、積立金797万円でございます。歳入が増えた分、日立鞍掛山霊園管理基金に積み立てるものでございます。
 71ページ、議案第130号でございます。平成17年度日立市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額から635万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ84億1,256万5,000円とするものでございます。
 76、77ページをお開きください。歳入でございます。国庫支出金、介護給付費負担金、現年度分133万円の減でございます。給付費の減によるものでございます。以下、支払基金交付金、県支出金、繰入金につきまして、いずれも歳出での給付費が全体で減額になったということで、それぞれ定められた負担区分に基づいて減額としたものでございます。
 78、79ページでございます。歳出の下の方、保険給付費、居宅介護サービス給付費でございます。2,163万円の減でございます。以下、次のページ、特例居宅介護サービス計画給付費まで、いずれも利用実績に基づきます給付費の見込みの減によります整理でございます。
 80、81ページの中ほどの欄、支援サービス等諸費、居宅支援サービス給付費、1行飛びまして、居宅支援サービス計画給付費は、それぞれ3,407万円、それから952万円の増額でございます。また、一番下の欄、高額介護サービス費は、国民健康保険と同様、ここでも1,491万円の増額となってございます。
 85ページ、議案第131号、平成17年度日立市介護サービス事業特別会計補正予算(第3号)でございます。第1条で、歳入歳出予算の総額に111万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ6億3,644万円とするものでございます。
 88、89ページでございます。事項別明細書の歳入でございます。サービス収入、居宅介護サービス費収入は、介護報酬の改定により、説明欄にございますように、各施設でのサービス収入が減額したものでございます。
 一方で、中ほどの欄を御覧いただきますと、自己負担金でございます。制度改正により設けられました居住費や食費の自己負担分でございまして、特に、施設介護分が見込みを上回ったことにより、こちらは増額いたしました。
 90、91ページでございます。歳出でございます。サービス事業費、居宅介護サービス事業費は、説明欄にございますように、燃料費の増額など、サービス事業に係る経費の過不足分の調整を行ったものでございます。
 以上、今回提案申し上げました予算関連議案の御説明を申し上げました。どうぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。



◯総務部長(小川春樹君) ◇登壇◇ 私からは、予算関係以外の議案について御説明申し上げます。
 恐れ入りますが、第2分冊の方でございます。
 第2分冊の1ページをお開き願います。1ページの議案第132号は、日立市子育て支援施設の設置及び管理に関する条例の制定についてでございます。提案説明にございますとおり、新たに日立市子育て支援施設を設置するため、本条例を制定するものでございます。
 次の2ページを御覧いただきます。第1条には目的がございます。第2条は名称及び位置でございまして、名称は日立市子どもすくすくセンターでございます。位置は日立市神峰町1丁目10番1号でございまして、平和通りと市民会館通りの交差する角地に建設されます8階建ての県営住宅の1階部分でございます。第3条は開館時間及び休館日でございまして、これらにつきましては市長が別途規則で定めるということでございますが、現在のところ、開館時間は午前8時30分から午後6時30分までといたします。また、休館日は毎週月曜日、また、12月29日から翌年1月3日までの年末年始を休館と予定いたしております。第5条の事業にございますとおり、子育て支援施設では第1号から第5号までの事業を行いますが、子育てに関する相談及び援助や情報の収集及び提供、そして、交流支援に関することなどの事業を行うものでございます。
 3ページの中ほどでございますが、第8条に使用料がございますが、子育て支援施設の使用料は無料とするものでございます。
 次の4ページをお開き願います。4ページの附則にございますとおり、この条例は市長が規則で定める日から施行するものでございますが、現在のところ、明年4月1日にオープン式典を実施し、供用開始を予定してございます。
 5ページの議案第133号は、日立市駐車場設置及び管理等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。提案説明にございますとおり、新たに日立市多賀市民プラザ駐車場を設置する等のため、本条例を制定するものでございます。
 平成16年度、17年度の2箇年継続事業で整備を進めてまいりました(仮称)中部合同庁舎につきましては、来年4月の供用開始に向けまして工事も順調に進んでおります。この合同庁舎と一体で整備を進めております駐車場につきまして、市営駐車場として位置付けるものでございます。
 次の6ページを御覧いただきます。改正条例がございますが、現在、条例で定める駐車場は7施設ございますが、これに多賀市民プラザ駐車場を加えるものでございます。
 駐車場の概要でございますが、駐車設備はゲート式で、入口、出口、2箇所設置いたします。駐車台数は100台でございますが、このうち四、五台は公用車のスペースとして使用させていただく予定でございます。駐車料金につきましては、他の市営駐車場と同様に30分100円とするものでございますが、なお、中部支所、大久保交流センター、多賀市民会館の施設利用者に限りましては、1時間まで料金免除とするものでございます。
 附則にございますとおり、この条例は平成18年4月1日から施行するものでございます。
 次は、7ページの議案第134号でございます。日立市公設地方卸売市場条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。提案説明にございますとおり、県条例の改正に伴いまして、卸売の業務に係る物品の品質管理の方法について必要な事項を定めるものでございます。
 8ページを御覧いただきます。条例がございますが、中ほど、第3章の2といたしまして、卸売の業務に関する品質管理の定めを新たに加えるものでございます。第49条の2では、物品の品質管理の方法といたしまして、卸売の業務に係る施設ごとに、品質管理の方法といたしまして、第1号から第4号までの施設の取扱品目や施設の設定温度及び温度管理に関する事項などを規則で定めることといたしまして、第2項では、卸売業者、仲卸業者、買受人、買出人及び関連事業者は、規則で定める物品の品質管理の方法に従わなくてはならないとするものでございます。
 なお、附則にございますとおり、この条例は平成18年4月1日から施行するものでございます。
 9ページの議案第135号は、日立市下水道条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。提案説明にございますとおり、ダイオキシン類対策特別措置法施行令の改正に伴いまして、除害施設を設けなければならない汚水に含まれる物質及びその基準に係る規定を改める等のため、本条例を制定するものでございます。
 10ページに改正条文がございますが、第5条の3の改正は、水質基準の対象となる特定施設を追加する改正でございまして、追加により繰り下げられた条項の整理でございます。また、第1号の改正は、今後も同様の改正が想定されるために、対象物質名の条例中の規定の方法を政令で定める基準によると、政令にゆだねたものでございます。
 なお、本条例は公布の日から施行するものでございます。
 11ページの議案第136号は、日立市滑川山公共工事等廃棄物処分場事業特別会計条例を廃止する条例の制定についてでございます。提案説明でございますが、平成14年に建設工事に係る資材の再生資源化等に関する法律、いわゆる建設リサイクル法が施行されて以後、日立市公共工事等廃棄物処分場に搬入される廃棄物の減少等に伴いまして、特別会計を廃止するため、本条例を制定するものでございます。
 次の12ページを御覧いただきますと、12ページの附則にございますとおり、この条例は平成18年4月1日から施行するものでございます。
 続きまして、13ページの議案第137号は、シビックセンター天球改修工事の請負契約の締結についてでございます。予定価格が1億5,000万円以上であるため、条例の定めによりまして議会の議決をお願いするものでございます。工事の概要、下の方に書いてございますが、3番でございますが、天球部止水改修工事一式、天球部周辺軒天改修工事一式、天球内外部メンテナンス用設備設置工事一式などでございます。
 次のページを御覧いただきますと、契約金額が1億8,900万円、契約の相手方は鹿島・山形・茨城日鉱特定建設工事共同企業体、代表者は鹿島建設株式会社でございます。完成の期限が平成18年6月30日、契約の方法は指名競争入札でございます。
 議案資料といたしまして入札結果及び施設図面がございますが、説明は省略させていただきます。
 15ページの議案第138号から67ページの議案第163号までは、指定管理者の指定の議案でございます。9月定例会で条例改正をお願いし、指定管理者制度を導入させていただいた施設につきまして指定管理者を指定するに当たりまして、法の定めに基づきまして議会の議決をお願いするものでございます。施設の設管条例ごとに1議案といたしまして、それぞれの施設の名称と指定管理者、指定の期間を示してございます。全体で26議案、68施設ございます。
 まず、15ページの議案第138号は、日立市市民会館の指定管理者の指定についてでございます。
 次の16ページをお開き願います。日立市民会館及び多賀市民会館の指定管理者を日立市民文化事業団といたしまして、指定の期間を平成18年4月1日から平成23年3月31日までの5年間とするものでございます。
 17ページの議案第139号は、奥日立きららの里の指定管理者の指定についてでございます。奥日立きららの里の指定管理者を日立市公園協会とし、指定の期間を平成18年4月1日から平成21年3月31日までの3年間とするものでございます。
 続きまして、19ページでございます。議案第140号は、日立市女性センターの指定管理者の指定についてでございます。女性センターの指定管理者をらぽーる協会とし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。
 続きまして、21ページの議案第141号は、常陸多賀駅前自転車駐車場の指定管理者の指定についてでございます。常陸多賀駅前自転車駐車場の指定管理者を日立市シルバー人材センターとし、指定の期間を記載の3年間とするものでございます。なお、当該施設につきましては公募をいたした結果となっております。
 次に、23ページでございます。議案第142号は、日立市金沢葬祭場の指定管理者の指定についてでございます。金沢葬祭場の指定管理者を社会福祉法人ひたち育成会とし、指定の期間を記載の3年間とするものでございます。
 次に、25ページをお開き願います。25ページ、議案第143号は、市民運動公園の指定管理者の指定についてでございます。市民運動公園の指定管理者を日立市体育協会とし、指定の期間を記載の3年間とするものでございます。
 続きまして、27ページでございます。議案第144号は、日立市市民広場等の指定管理者の指定についてでございます。
 次の28ページをお開き願います。表がございますが、滑川市民広場及び十王市民広場、高鈴少年広場の指定管理者を日立市体育協会といたしまして、指定の期間をそれぞれ記載の3年間とするものでございます。
 29ページの議案第145号は、日立市市民プールの指定管理者の指定についてでございます。
 次の30ページをお開き願います。表がございますが、かみね市民プールの指定管理者を日立市公園協会といたしまして、指定の期間を記載の3年間とし、また、かねさわ市民プール及びじゅうおう市民プールの指定管理者を日立市体育協会といたしまして、指定の期間を記載の3年間とするものでございます。
 31ページの議案第146号は、日立市地域体育館の指定管理者の指定についてでございます。
 次の32ページをお開き願います。地域体育館の一覧表がございますが、鮎川体育館を除く6館につきましては、平成18年4月から地域活動拠点施設として位置付ける交流センターとの一体的な管理運営を図るため、それぞれの交流センターの運営委員会を指定管理者とするものでございます。なお、鮎川体育館につきましては、隣接する女性センターとの一体的な管理を図るため、らぽーる協会を指定管理者とするものでございます。指定の期間でございますが、鮎川体育館は女性センターの指定期間と同様に5年間、ほかの地域体育館につきましては交流センターと同じ3年間とするものでございます。
 33ページの議案第147号は、日立市交流センターの指定管理者の指定についてでございます。
 次の34ページをお開き願います。一覧表がございますが、平成18年4月から各学区コミュニティの拠点施設として位置付けます交流センターにつきましては、34ページの日立市豊浦交流センターから35ページの日立市久慈交流センターまで21の施設が記載されております。これら21の交流センターの指定管理者につきましては、それぞれの記載の交流センター運営委員会を指定するものでございます。なお、指定の期間は3年間でございます。
 続きまして、37ページの議案第148号は、日立市久慈川日立南交流センターの指定管理者の指定についてでございます。久慈川日立南交流センターの指定管理者を久慈川日立南交流センター運営委員会とし、指定の期間を記載の3年間とするものでございます。
 続きまして、39ページの議案第149号は、日立市ホリゾンかみねの指定管理者の指定についてでございます。ホリゾンかみねの指定管理者を日立市公園協会とし、指定の期間を記載の3年間とするものでございます。
 続きまして、41ページの議案第150号は、日立新都市広場の指定管理者の指定についてでございます。日立新都市広場の指定管理者を日立市科学文化情報財団とし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。
 次に、43ページでございます。議案第151号は、日立シビックセンターの指定管理者の指定についてでございます。日立シビックセンターの指定管理者を日立市科学文化情報財団とし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。
 続きまして、45ページ、議案第152号は、日立市太陽の家の指定管理者の指定についてでございます。太陽の家の指定管理者を日立市太陽の家運営委員会とし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。
 続きまして、47ページの議案第153号は、日立市かねはた短期入所施設の指定管理者の指定についてでございます。かねはた短期入所施設の指定管理者を日立市社会福祉事業団とし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。
 続きまして、49ページの議案第154号は、日立市デイサービスセンターの指定管理者の指定についてでございます。
 次の50ページをお開き願います。一覧表がございますが、3つのデイサービスセンター、萬春園デイサービスセンター及びはまぎく荘デイサービスセンター並びにかねはたデイサービスセンターの指定管理者を日立市社会福祉事業団とし、指定の期間をそれぞれ記載の5年間とするものでございます。
 51ページの議案第155号は、日立市かねはた老人ホームの指定管理者の指定についてでございます。かねはた老人ホームの指定管理者を日立市社会福祉事業団とし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。
 続きまして、53ページの議案第156号は、日立市萬春園の指定管理者の指定についてでございます。萬春園の指定管理者を日立市社会福祉事業団とし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。
 続きまして、55ページの議案第157号は、日立市老人福祉センターはまぎく荘の指定管理者の指定についてでございます。老人福祉センターはまぎく荘の指定管理者を日立市社会福祉事業団とし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。
 57ページの議案第158号は、日立市福祉作業所の指定管理者の指定についてでございます。
 次の58ページをお開き願います。表の一番上、金沢福祉作業所の指定管理者を日立市シルバー人材センターとし、指定の期間を記載の3年間とするものでございます。2段目以下、大みか福祉作業所、桐木田福祉作業所、滑川福祉作業所、十王福祉作業所、4つの福祉作業所の指定管理者をひたち育成会とし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。なお、この一番下の十王福祉作業所につきましても公募をいたしました。
 59ページの議案第159号は、日立市老人いこいの家の指定管理者の指定についてでございます。
 次の60ページをお開き願います。3つの老人いこいの家の指定管理者につきまして、なかさと老人の家は中里地区高齢者福祉推進協議会、東小沢老人の家は東小沢老人の家運営協議会、砂沢老人の家は砂沢老人の家運営協議会とし、指定の期間をそれぞれ3年間とするものでございます。
 61ページの議案第160号は、日立市大みかけやき荘の指定管理者の指定についてでございます。大みかけやき荘の指定管理者を日立市社会福祉事業団とし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。
 続きまして、63ページの議案第161号は、日立地区産業支援センターの指定管理者の指定についてでございます。日立地区産業支援センターの指定管理者を日立地区産業支援センターとし、指定の期間を記載の5年間とするものでございます。
 65ページの議案第162号は、日立市武道館の指定管理者の指定についてでございます。
 次の66ページを御覧いただきます。日立武道館及び多賀武道館の指定管理者を日立市体育協会とし、指定の期間を記載の3年間とするものでございます。
 67ページの議案第163号は、日立市スポーツ広場の指定管理者の指定についてでございます。
 次の68ページを御覧いただきます。表にございますとおり、折笠スポーツ広場、諏訪スポーツ広場、十王スポーツ広場、3つの指定管理者を日立市体育協会とし、指定の期間を記載の3年間とするものでございます。
 指定管理者の指定の議案は以上でございます。
 続きまして、69ページでございます。議案第164号は、茨城県市町村総合事務組合を組織する市町村数の減少に関する協議についてでございます。合併特例法の規定に基づきまして、平成17年8月1日から10月11日までの間に効力を生じた市町村の合併に伴い、茨城県市町村総合事務組合を組織する市町村の数を減少するために、議会の議決をお願いするものでございます。表にございますように、6つの合併によりまして、県内の市町村数が62市町村から52市町村に減少したものでございます。
 続きまして、73ページをお開き願います。73ページの議案第165号は、茨城租税債権管理機構規約の変更に関する協議についてでございます。提案説明にございますとおり、議案第164号と同様、合併特例法の規定に基づき、本年8月1日から10月11日までの間に効力を生じた市町村の合併に伴いまして、茨城租税債権管理機構規約を変更するために、議会の議決をお願いするものでございます。
 74ページを御覧いただきますと、第2条の機構を組織する地方公共団体を別表1のように52市町村名に改め、さらに、第6条第1項の機構議員の選挙区を別表2のとおり改めるものでございます。
 なお、付則にございますとおり、この規約は茨城県知事の許可があった日から施行するものでございます。
 続きまして、77ページでございます。77ページ、議案第166号からは、市道路線関係の議案でございます。
 まず、77ページ、議案第166号は、市道路線の認定についてでございます。提案説明にございますとおり、下記の3件4路線の認定をお願いするものでございます。
 79ページを御覧いただきます。79ページは十王町山部地内の市道路線の認定図でございます。場所は座禅山工業団地の西側、県道日立いわき線に接する路線でございまして、道路の改良工事に伴いまして市道路線の認定をするものでございます。
 次に、80ページでございます。80ページは相田町1丁目地内の市道路線の認定図でございます。場所は市営上相田団地の北西側で、開発行為により設置されました道路の引受けに伴いまして市道路線の認定をするものでございます。10区画の宅地造成でございます。
 81ページは田尻町5丁目地内の市道路線の認定図でございます。場所は県営田尻浜アパートの北側で、開発行為により設置された道路の引受けに伴いまして市道路線の認定をするものでございます。27区画の宅地造成でございます。
 続きまして、83ページ、議案第167号は、市道路線の廃止についてでございます。提案説明にございますとおり、下記の2件5路線の廃止につきまして議決をお願いするものでございます。
 85ページをお開き願います。85ページは川尻町3丁目地内の市道路線の廃止図でございます。場所は豊浦中学校の西側で、開発行為──これは店舗建設予定でございますが──による事業者との土地交換に伴いまして市道路線の廃止をするものでございます。
 続きまして、86ページでございます。86ページは滑川本町5丁目地内の市道路線の廃止図でございます。場所は滑川小学校の東側で、市道の公用廃止申請により市道路線の廃止をするものでございます。廃止後の道路敷は申請者へ有償払下げをするものでございます。
 右側、87ページ、議案第168号は、市道路線の廃止及び認定についてでございます。提案説明にございますとおり、5件12路線の廃止及び8路線の認定をお願いするものでございます。
 図面で御説明申し上げますと、92ページ、93ページでございます。92、93ページは十王町友部東1丁目、十王町友部地内の廃止及び認定でございまして、場所はJR常磐線十王駅の北側でございます。十王駅自由通路の供用開始により駅北側の踏切を廃止したことに伴いまして、市道10004号線の起点を変更するために廃止及び認定をするものでございます。
 続きまして、94、95ページでございます。94、95ページは神峰町2丁目地内の廃止及び認定でございます。場所はこれまでの桐木田市民広場でございます。消防拠点施設の新設に伴いまして2路線を廃止し、1路線を認定するものでございます。
 続きまして、96、97ページでございます。東大沼町3丁目・4丁目地内の廃止及び認定でございます。場所は市営弥平台団地の北側、寺方団地内でございまして、道路の寄附受入れに伴いまして1路線を廃止・認定するものでございます。受入れ部分が既存の6072号線の延長部分であるために、6072号線の終点を変更するものでございます。
 続きまして、98、99ページでございます。水木町2丁目地内の廃止及び認定でございまして、場所はイトヨの里泉が森公園の西側でございます。市道の公用廃止に伴いまして4路線を廃止し、2路線を認定するものでございます。廃止後の道路敷は申請者所有地と交換をするものでございます。
 続きまして、100ページ、101ページでございます。100ページ、101ページは下深荻町地内の廃止及び認定でございまして、場所は西部支所の南側でございます。市道の公用廃止に伴いまして4路線を廃止いたしまして、3路線を認定するものでございます。廃止後の道路敷は申請者所有地と交換をするものでございます。
 予算関係以外の議案の説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 以上で提出議案の説明は終わりました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第5 休会について



◯議長(永山堯康君) 日程第5 休会についてを議題といたします。
 お諮りいたします。明2日から4日までを議案調査等のため休会にいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。よって、明2日から4日までを休会とすることに決しました。
 以上で本日の議事日程全部が終了いたしました。
 次回の日程を申し上げます。次回は、12月5日・月曜日・午前10時、本議場で本会議を開き、市政に関する一般質問を行います。
 次に、発言通告書の締切日時について申し上げます。一般質問は本日・午後1時まで、議案質疑は5日・月曜日・午後1時まで、また、討論については13日・火曜日・午前11時までであります。
 本日はこれをもって散会いたします。御苦労さまでございました。

                  午前10時58分散会