議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 日立市

平成17年第2回定例会(第5日目) 本文




2005.06.22 : 平成17年第2回定例会(第5日目) 本文


                   午後1時00分開議

◯議長(永山堯康君) 御報告いたします。
 ただいま出席議員は44名であります。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配布してあります議事日程第5号のとおりであります。
 これより議事に入ります。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第1 議案第56号及び議案第57号について



◯議長(永山堯康君) 日程第1 議案第56号及び議案第57号についてを一括して議題といたします。
 ただいま議題といたしました議案の説明、質疑は既に終了しておりますので、討論に入りますが、討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。
 最初に、議案第56号について採決いたします。
 お諮りいたします。
 日立市監査委員として、渡邉昌美氏を選任することに同意する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。
 よって、議案第56号は、市長提案のとおり同意することに決しました。
 ここで、ただいま日立市監査委員に選任同意されました渡邉昌美氏からごあいさつがございます。



◯監査委員(渡邉昌美君) ◇登壇◇ 一言ごあいさつ申し上げます。
 このたび樫村市長の御推挙をいただき、ただいま市議会の皆様から監査委員選任の御同意を賜りまして、まことに光栄に存じます。改めて監査に対する市民の期待とその責務の重さを考えますと、身の引き締まる思いでございます。この上は、今までより以上に効果的で実効性の高い監査の実施に努力をいたしていく所存でございます。どうか変わらぬ御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げましてごあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。(拍手)



◯議長(永山堯康君) 次に、議案第57号について採決いたします。
 お諮りいたします。
 人権擁護委員候補者として、皆川悠美子氏、鈴木秀雄氏、沼田憲宏氏、石川あや子氏及び根本仲子氏を推薦することに同意する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。よって、議案第57号は、市長提案のとおり同意することに決しました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第2 議案第48号から議案第55号までについて



◯議長(永山堯康君) 日程第2 議案第48号から議案第55号までについてを一括して議題といたします。
 委員会に付託中のこれら一括議題に対する委員会での審査の経過及びその結果の報告を各委員長に求めます。最初に、飛田総務委員長に報告を求めます。



                                     平成17年6月22日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                  総務委員長  飛田 謙一
                 総務委員会議案審査報告書
 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。
                       記

┏━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃事件の番号 │   件         名    │議決の結果│   摘      要   ┃
┠──────┼──────────────────┼─────┼──────────────┨
┃議案第48号│平成17年度日立市一般会計補正予算 │原案可決 │              ┃
┃      │(第1号)中            │     │              ┃
┃      │ 第1条(歳入歳出予算の補正)第1項│     │              ┃
┃      │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予│     │              ┃
┃      │ 算補正」のうち          │     │              ┃
┃      │  歳 入 全 款         │     │              ┃
┃      │  歳 出 第9款 消防費     │     │              ┃
┃議案第49号│日立市印鑑条例の一部を改正する条例の│原案可決 │              ┃
┃      │制定について            │     │              ┃
┗━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛

◯総務委員長(飛田謙一君) ◇登壇◇ 総務委員長の飛田謙一です。
 御報告いたします。
 本委員会に付託されました議案は、2件であります。去る6月16日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしました。その結果はお手元の報告書のとおりでありますが、以下、審査の概要について申し上げます。
 初めに、議案第48号、平成17年度一般会計補正予算の所管部分についてであります。
 歳入歳出それぞれ1,100万円余の追加であり、歳入の主な内容は、国庫支出金では、文化少年団を中心とした子供たちの各種文化活動支援、あるいはこども文化体験見本市開催のための文化芸術による創造のまち支援事業負担金が900万円余の計上、また、県支出金では、地域の人材を活用し、学校教育の充実を図る学校教育推進事業委託金を計上するほか、諸収入では、財団法人自治総合センターからのふるさと消防団活性化助成金100万円を受けて消防団員の応急手当、普及推進のための救命講習用資機材を整備するなどであります。
 また、歳出の所管部分の内容は、消防団運営経費といたしまして、財団法人自治総合センターからのふるさと消防団活性化助成金を、心肺停止患者に対する蘇生訓練用人形ほか一式の備品購入経費に充てるものであります。
 採決の結果は、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第49号、日立市印鑑条例の一部を改正する条例の制定については、性同一性障害者が置かれている状況にかんがみ、印鑑登録原票及び印鑑登録証明書の性別記載を廃止するため本条例を定めるものであり、採決の結果は、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対しまして、各位の御賛成をお願い申し上げます。



◯議長(永山堯康君) 次に、渡邊正幸産業福祉委員長に報告を求めます。



                                     平成17年6月22日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                産業福祉委員長  渡邊 正幸
                産業福祉委員会議案審査報告書
 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。
                       記

┏━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃事件の番号 │   件         名    │議決の結果│   摘      要   ┃
┠──────┼──────────────────┼─────┼──────────────┨
┃議案第50号│日立市国民健康保険条例の一部を改正す│原案可決 │              ┃
┃      │る条例の制定について        │     │              ┃
┃議案第55号│専決処分について(平成17年度日立市│原案承認 │              ┃
┃      │老人保健事業特別会計補正予算(第1 │     │              ┃
┃      │号))               │     │              ┃
┗━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛

◯産業福祉委員長(渡邊正幸君) ◇登壇◇ 産業福祉委員長の渡邊正幸です。
 御報告いたします。
 本委員会は、去る6月16日に委員会を開催し、付託されました2件の議案について慎重に審査をいたしました。
 その結果はお手元の報告書のとおりでありますが、以下、審査の概要を申し上げます。
 初めに、議案第50号、日立市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてであります。
 内容は、国民健康保険法施行令の改正に伴い、一般被保険者に係る基礎賦課総額及び介護納付金賦課総額の算定方法を改めるため、改正するものであります。
 採決の結果、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第55号、平成17年度老人保健事業特別委会計補正予算の専決処分については、平成16年度の歳入の不足分を平成17年度の予算から繰上充用するものであり、採決の結果、全会一致をもって原案を承認すべきものと決しました。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対し、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 次に、椎名文教委員長に報告を求めます。



                                     平成17年6月22日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                 文教委員長  椎名 敦史
                 文教委員会議案審査報告書
 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。
                       記

┏━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃事件の番号 │   件         名    │議決の結果│   摘      要   ┃
┠──────┼──────────────────┼─────┼──────────────┨
┃議案第48号│平成17年度日立市一般会計補正予算 │原案可決 │              ┃
┃      │(第1号)中            │     │              ┃
┃      │ 第1条第2項の「第1表 歳入歳出予│     │              ┃
┃      │ 算補正」のうち          │     │              ┃
┃      │  歳 出 第2款 総務費     │     │              ┃
┃      │      第10款 教育費     │     │              ┃
┃議案第51号│(国)大沼小学校校舎大規模改造事業建│原案可決 │              ┃
┃      │築主体工事の請負契約の締結について │     │              ┃
┗━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛

◯文教委員長(椎名敦史君) ◇登壇◇ 文教委員長の椎名敦史です。
 御報告いたします。
 本委員会に付託されました議案は、2件であります。去る6月16日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしました。その結果はお手元の報告書のとおりでありますが、以下、本委員会における審査の概要を申し上げます。
 初めに、議案第48号、平成17年度一般会計補正予算の所管部分であります。
 補正の主な内容は、地域と学校の連携を強化するために、地域の方にコーディネーターとしての役割を担っていただき、学校教育の充実を図る「地域で支える学校づくり事業」を櫛形小学校と十王中学校で実施するほか、文化少年団に対する活動支援や、こども文化体験見本市の開催など、地域における文化芸術活動の環境づくりを行う「文化芸術による創造のまち支援事業」に係る関係諸費の計上などであります。
 採決の結果は、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 次に、議案第51号、大沼小学校校舎大規模改造事業建築主体工事の請負契約の締結についてであります。採決の結果は、全会一致をもって原案を可決すべきものと決しましたが、本議案に関連して、要望を1点申し上げます。
 各位御承知のとおり、大沼小学校は交通量の多い市道9号、通称通勤道路に面しているため、日ごろから登下校時の安全対策については、特段の注意が必要とされているところであります。
 今回の工事では、敷地の形状などを考慮した結果、工事車両の出入口は正門にせざるを得ないため、児童はそれ以外の通用門を利用することになりますが、これまで正門を利用していた児童の一部にとっては、通学の際に遠回りを余儀なくされることも考えられます。
 審査の中で、委員からは、「通学路の変更を認めるなど、柔軟に対応していくことが必要ではないか。」との意見が出されました。
 したがいまして、執行部におかれましては、工事期間中における児童の負担を抑えるように十分配慮した上で、児童の安全確保には細心の注意を払い、万全の体制で工事に臨まれることを要望するものであります。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対しまして、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 次に、西川建設委員長に報告を求めます。



                                     平成17年6月22日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                 建設委員長  西川 光世
                 建設委員会議案審査報告書
 本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第102条の規定により報告します。
                       記

┏━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃事件の番号 │   件         名   │議決の結果│   摘      要   ┃
┠──────┼─────────────────┼─────┼──────────────┨
┃議案第52号│市道路線の認定について      │原案可決 │              ┃
┃      │                 │     │              ┃
┃議案第53号│市道路線の廃止について      │原案可決 │              ┃
┃      │                 │     │              ┃
┃議案第54号│市道路線の廃止及び認定について  │原案可決 │              ┃
┃      │                 │     │              ┃
┗━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛

◯建設委員長(西川光世君) ◇登壇◇ 建設委員長の西川光世です。
 御報告いたします。
 本委員会に付託されました議案は、議案第52号、市道路線の認定について、議案第53号、市道路線の廃止について、及び議案第54号、市道路線の廃止及び認定についての3件であります。去る6月16日に委員会を開催し、慎重に審査いたしました。
 審査の結果はお手元の報告書のとおりでありますが、以下、審査の概要を申し上げます。
 内容は、開発行為や寄附受入れ、公用廃止や道路新設などに伴う市道路線の認定及び廃止であります。中でも、市道10096号については、議案質疑でも取り上げられましたが、当委員会でも活発な論議が行われました。市道10096号は、都市計画道路十王北通り線と一部重複している路線であり、国道6号から常陸太田市北部を通る計画交通量6,000台の県北交通網の骨格をなす幹線道路、県道十王里美線の一部でもあります。
 委員の中からは、「十王北通り線は旧十王町時代からの念願の道路であり、早期開通に向けて努力をお願いしたい。」との要望がありました。さらには、「道路新設に伴い、国道6号との交差部分に信号機を新たに設置することになるが、更に交通渋滞が発生するのではないか。」との質問が出されました。これに対し、執行部からは、「県公安委員会など関係機関と協議の上、円滑な交通を確保するため、信号機を連動させるなどを視野に置いて調整したい。」との答弁がありました。
 これらの論議を踏まえ、3件の議案について採決した結果、いずれも全会一致をもって原案を可決すべきものと決しました。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対し、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 以上で各委員長からの報告は終わりました。
 直ちに質疑に入ります。
 質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。
 次に、討論でありますが、今回は討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。
 採決方法についてお諮りいたします。
 今回は、予算関係議案、条例関係議案、契約関係議案、及びその他の議案、以上4つに分けて採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。
 よって、4つに分けて採決いたします。
 お諮りいたします。
 最初に予算関係議案、すなわち、議案第48号に対する各委員長の報告は原案可決であります。各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。
 よって、議案第48号は、各委員長の報告のとおり原案可決と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 条例関係議案、すなわち、議案第49号及び議案第50号に対する各委員長の報告は原案可決であります。各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。
 よって、議案第49号及び議案第50号は、各委員長の報告のとおり原案可決と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 契約関係議案、すなわち、議案第51号に対する文教委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。
 よって、議案第51号は、委員長の報告のとおり原案可決と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 その他の議案、すなわち、議案第52号から議案第55号までの4件に対する各委員長の報告は原案可決及び原案承認であります。各委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。
 よって、これら4件の議案は、各委員長の報告のとおり原案可決及び原案承認と決しました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第3 請願等について



◯議長(永山堯康君) 日程第3 請願等についてを議題といたします。
 委員会に付託中のこれら請願等に対する委員会での審査の経過及びその結果の報告を各委員長に求めます。
 最初に、渡邊正幸産業福祉委員長に報告を求めます。



                                     平成17年6月22日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                産業福祉委員長  渡邊 正幸
              産業福祉委員会請願(陳情)審査報告書
 本委員会に付託された請願(陳情)は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第134条の規定により報告します。
                       記

┏━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━┯━━━━━━┓
┃受理│              │請願(陳情)者の│紹介議員 │    │      ┃
┃  │  件        名  │        │     │審査結果│摘    要┃
┃番号│              │住 所 氏 名 │氏   名│    │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼──────┨
┃(16)│政府米の買い入れと、備蓄を充│多賀郡十王町伊師│小林真美子│不採択 │(継続審査 ┃
┃11│実させる意見書提出を求める請│      3026│     │    │中のもの) ┃
┃  │願             │農民運動茨城県連│     │    │      ┃
┃  │              │合会      │     │    │      ┃
┃  │              │県北農民センター│     │    │      ┃
┃  │              │代表 根本 陽一│     │    │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼──────┨
┃(16)│アメリカ産牛肉の輸入解禁に反│多賀郡十王町伊師│小林真美子│採  択│(継続審査 ┃
┃12│対する意見書提出を求める請願│      3026│     │    │中のもの) ┃
┃  │              │農民運動茨城県連│     │    │(参考)  ┃
┃  │              │合会      │     │    │ 意見書の ┃
┃  │              │県北農民センター│     │    │議案を別に ┃
┃  │              │代表 根本 陽一│     │    │提出する。 ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼──────┨
┃(16)│「食料・農業・農村基本計画」│日立市南高野町 │     │採  択│(継続審査 ┃
┃13│見直しにする陳情      │     1-23-8│     │    │中のもの) ┃
┃  │              │食とみどり、水を│     │    │      ┃
┃  │              │守る県北地区労農│     │    │      ┃
┃  │              │市民会議    │     │    │      ┃
┃  │              │会長 山田 耕市│     │    │      ┃
┗━━┷━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━━┛
┏━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━┯━━━━━━┓
┃受理│              │請願(陳情)者の│紹介議員 │    │      ┃
┃  │  件        名  │        │     │審査結果│摘    要┃
┃番号│              │住 所 氏 名 │氏   名│    │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼──────┨
┃(16)│WTO・FTA交渉に関する陳│日立市南高野町 │     │採  択│(継続審査 ┃
┃14│情             │     1-23-8│     │    │中のもの) ┃
┃  │              │食とみどり、水を│     │    │      ┃
┃  │              │守る県北地区労農│     │    │      ┃
┃  │              │市民会議    │     │    │      ┃
┃  │              │会長 山田 耕市│     │    │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼──────┨
┃5 │「米国産牛肉の拙速な輸入再開│日立市南高野町 │     │採  択│(参考)  ┃
┃  │に反対し、BSEの万全な対策│1-23-8     │     │    │ 意見書の ┃
┃  │を求める」陳情       │食とみどり、水を│     │    │議案を別に ┃
┃  │              │守る県北地区労農│     │    │提出する。 ┃
┃  │              │会議      │     │    │      ┃
┃  │              │会長 山田 耕市│     │    │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼────┼──────┨
┃6 │「社会保障制度の抜本改革を求│日立市幸町2-3-10│     │採  択│(参考)  ┃
┃  │める」陳情         │日本労働組合総連│     │    │ 意見書の ┃
┃  │              │合会茨城県連合会│     │    │議案を別に ┃
┃  │              │県北地域協議会 │     │    │提出する。 ┃
┃  │              │議長 藤 直之 │     │    │      ┃
┃  │              │     外1名│     │    │      ┃
┗━━┷━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━━┛

◯産業福祉委員長(渡邊正幸君) ◇登壇◇ 産業福祉委員長の渡邊正幸です。
 御報告いたします。
 本委員会で審査いたしました請願等は、継続審査中のもの4件、今回付託されたもの2件の計6件であります。
 初めに、継続審査中の平成16年受理番号11、政府米の買い入れと、備蓄を充実させる意見書提出を求める請願につきましては、一部の委員から農家育成を推進するためにも採択すべきとの意見が出されましたが、生産者の保護だけではなく、消費者の立場に立った考え方も必要ではないかとの意見が大半を占め、採決の結果、賛成少数をもって不採択すべきものと決しました。
 次に、継続審査中の平成16年受理番号12、アメリカ産牛肉の輸入解禁に反対する意見書提出を求める請願、平成16年受理番号13、「食料・農業・農村基本計画」見直しに関する陳情、平成16年受理番号14、WTO・FTA交渉に関する陳情、及び今回付託されました受理番号5、「米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求める」陳情につきましては、願意を妥当なものと認め、採決の結果、いずれも全会一致をもって採択すべきものと決しました。
 次に、今回付託されました受理番号6、「社会保障制度の抜本改革を求める」陳情につきましては、一部の委員から引き続きなおよく精査する必要があり、継続審査すべきとの意見が出されましたが、願意妥当と認め採択すべきという意見が大半を占め、採決の結果、賛成多数をもって採択すべきものと決しました。
 なお、平成16年受理番号12の請願、受理番号5の陳情、及び受理番号6の陳情が本会議において採択と決しましたときは、意見書案を別途提案いたしますが、平成16年受理番号12の請願及び受理番号5の陳情の意見書案につきましては、願意が同趣旨のため、1件で提案をいたします。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対し、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 次に、椎名文教委員長に報告を求めます。



                                     平成17年6月22日
 日立市議会議長  永山 堯康 殿
                                 文教委員長  椎名 敦史
                 文教委員会請願(陳情)審査報告書
 本委員会に付託された請願(陳情)は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第134条の規定により報告します。
                       記

┏━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃受理│              │請願(陳情)者の│紹介議員 │     │      ┃
┃  │  件        名  │        │     │審査結果 │摘    要┃
┃番号│              │住 所 氏 名 │氏   名│     │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼─────┼──────┨
┃(16)│中学校歴史教科書採択の改善に│水戸市大町3-4-13│蛭田 三雄│採  択 │(継続審査 ┃
┃20│関する請願         │日本会議茨城  │大和田知裕│(執行機関│中のもの) ┃
┃  │              │会長 横山 亮次│石野 正美│に送付) │      ┃
┃  │              │        │佐々木武道│     │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼─────┼──────┨
┃1 │北朝鮮による拉致事件について│日立市会瀬町  │     │不採択  │(継続審査 ┃
┃  │最も詳しく記述している中学校│     2-27-13│     │     │中のもの) ┃
┃  │公民教科書の採択を求める陳情│北朝鮮に拉致され│     │     │      ┃
┃  │              │た日本人を救出す│     │     │      ┃
┃  │              │るための全国協議│     │     │      ┃
┃  │              │会       │     │     │      ┃
┃  │              │救う会いばらき │     │     │      ┃
┃  │              │幹事 吉村 進 │     │     │      ┃
┠──┼──────────────┼────────┼─────┼─────┼──────┨
┃4 │中学校教科書採択に関する陳情│日立市日高町  │     │不採択  │(継続審査 ┃
┃  │              │     1-31-16│     │     │中のもの) ┃
┃  │              │子どもと教科書茨│     │     │      ┃
┃  │              │城ネット21   │     │     │      ┃
┃  │              │ 羽根坂 尚武 │     │     │      ┃
┗━━┷━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

◯文教委員長(椎名敦史君) ◇登壇◇ 文教委員長の椎名敦史です。
 御報告いたします。
 本委員会で審査しました請願等は、継続審査中の3件であります。
 初めに、平成16年受理番号20、中学校歴史教科書採択の改善に関する請願についてであります。一部の委員からは、「継続して審査をしてはどうか。」との意見や、「教科書の採択に関し、議会が働きかけを行うことは、教育への政治介入に当たるのではないか。」との意見もありましたが、請願事項の内容は妥当なものとする意見が大半を占め、採決の結果、賛成多数をもって採択すべきものと決しました。
 なお、本請願が本会議において採択と決しましたときは、執行機関へ送付し、その処理経過及び結果について報告を求めるものであります。
 次に、受理番号1、北朝鮮による拉致事件について最も詳しく記述している中学校公民教科書の採択を求める陳情についてであります。一部の委員からは、「継続して審査をしてはどうか。」との意見もありましたが、「本陳情は特定の教科書の採択を求めている内容であり、公平・公正な教科書採択の観点にそぐわないところがあるため、不採択とすべき。」との意見が大半を占め、採決の結果は、全会一致をもって不採択すべきものと決しました。
 次に、受理番号4、中学校教科書採択に関する陳情についてであります。一部の委員からは、「継続して審査をしてはどうか。」との意見や、「願意妥当と認め採択すべき。」との意見もありましたが、先ほど報告いたしました「中学校歴史教科書採択の改善に関する請願に相反する内容であり、不採択とすべき。」との意見が大半を占め、採決の結果、賛成少数をもって不採択すべきものと決しました。
 以上で報告を終わりますが、本委員会の決定に対しまして、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 以上で、各委員長からの報告は終わりました。
 直ちに質疑に入ります。
 質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。
 直ちに採決いたします。
 採決方法についてお諮りいたします。
 今回は、分離採決の申し出のありました2件をそれぞれ単独で、次に委員会審査で不採択となりました3件をそれぞれ単独で、続いてその他の請願等4件を一括して、以上6つに分けて採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。
 よって、6つに分けて採決いたします。
 お諮りいたします。
 最初に、伊藤智毅議員、小林議員から分離採決の申し出のありました平成16年受理番号20、中学校歴史教科書採択の改善に関する請願に対する文教委員長の報告は採択であります。委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立多数であります。
 よって、平成16年受理番号20の請願は、委員長の報告のとおり採択と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 小林議員から分離採決の申し出のありました受理番号6、「社会保障制度の抜本改革を求める」陳情に対する産業福祉委員長の報告は採択であります。委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立多数であります。
 よって、受理番号6の陳情は、委員長の報告のとおり採択と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 委員会審査で不採択となりました平成16年受理番号11、政府米の買い入れと、備蓄を充実させる意見書提出を求める請願について、産業福祉委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立多数であります。
 よって、平成16年受理番号11の請願は、委員長の報告のとおり不採択と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 委員会審査で不採択となりました受理番号4、中学校教科書採択に関する陳情について、文教委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立多数であります。
 よって、受理番号4の陳情は、委員長の報告のとおり不採択と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 委員会審査で不採択となりました受理番号1、北朝鮮による拉致事件について最も詳しく記述している中学校公民教科書の採択を求める陳情について、文教委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。
 よって、受理番号1の陳情は、委員長の報告のとおり不採択と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 委員会審査で採択となりましたその他の請願等4件について、産業福祉委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。
 よって、これら4件の請願等は、委員長の報告のとおり採択と決しました。
 ここで、議案配布のため暫時休憩いたします。

                  午後1時29分休憩
            ───────────────────────
                  午後1時30分再開



◯議長(永山堯康君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第4 議案第58号から議案第61号までについて



◯議長(永山堯康君) 日程第4 議案第58号から議案第61号までについてを一括して議題といたします。
 最初に、議案第58号について、提案者の佐藤三夫議員から説明を求めます。



◯45番(佐藤三夫君) ◇登壇◇ 日立市政クラブの佐藤三夫でございます。
 議案第58号、地方六団体改革案の早期実現に関する意見書の提出について御説明いたします。
 議案第58号の提案説明といたしまして、地方六団体が政府に提出した国庫補助負担金等に関する改革案の早期実現を求めるため、関係機関に対し意見書を提出するものであります。
 意見書は2ページ以下に記載のとおりでありますが、朗読を省略させていただきます。
 なお、意見書の提出先は衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣官房長官、総務大臣、財務大臣、郵政民営化・経済財政政策担当大臣であります。
 以上で説明を終わりますが、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 次に、議案第59号について、提案者の伊藤芳等議員から説明を求めます。



◯30番(伊藤芳等君) ◇登壇◇ 申亥至誠クラブの伊藤芳等であります。
 お手元の第4分冊、議案第59号、地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出について御説明いたします。
 5ページ、議案第59号の提案説明といたしまして、地方議会の権能強化、及びその活性化のため、抜本的な制度改正が図られるよう、地方議会制度の充実強化に関する意見書を関係機関に対し提出するものであります。
 意見書は6ページ以下に記載のとおりですが、朗読を省略させていただきます。
 なお、意見書の提出先は衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣であります。
 以上で説明を終わりますが、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 次に、議案第60号及び議案第61号について、提案者の渡邊正幸議員から説明を求めます。



◯16番(渡邊正幸君) ◇登壇◇ 渡邊正幸です。
 お手元の第4分冊、議案第60号及び議案第61号の2件につきまして御説明をいたします。
 最初に9ページ、議案第60号、米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求める意見書の提出であります。日本国民の食に対する安全や安心を確保する観点から、米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対するとともに、引き続きBSE問題への万全な対策を求めるため、関係機関に対し意見書を提出するものであります。
 意見書は、10ページから11ページに記載のとおりであります。
 なお、提出先は内閣総理大臣、厚生労働大臣、農林水産大臣、食品安全担当大臣であります。
 次に、13ページ、議案第61号、社会保障制度の抜本的改革を求める意見書の提出であります。
 国民が生涯を通じて安心して暮らせる社会保障制度を創設するため、社会保障制度の抜本的改革を求める意見書を関係機関に対し提出するものであります。
 意見書は、14ページに記載のとおりであります。
 なお、提出先は衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣であります。
 以上で説明を終わりますが、各位の御賛成をお願いいたします。



◯議長(永山堯康君) 以上で提案者からの説明は終わりました。
 ただいまの説明に対し、質疑はございませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております4件の議案につきましては、会議規則第36条第2項の規定により、委員会への付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) 御異議なしと認めます。
 よって、これら4件の議案については、委員会への付託を省略することに決しました。
 次に、討論であります。
 討論はありませんか。大曽根議員。



◯24番(大曽根勝正君) ◇登壇◇ 日本共産党の大曽根勝正です。
 議案第58号、地方六団体改革案の早期実現に関する意見書について反対します。
 地方六団体改革案、すなわち国庫補助負担金等に関する改革案は、今回の意見書の5に記されているような地方交付税制度については、地方公共団体の財政運営に支障が生じないよう、法定率分の引上げを含み、地方交付税総額を確実に確保するとともに、財源保障機能、財源調整機能を充実強化することのようにすべての地方団体が一致できる内容のものもありますが、御承知のように、義務教育費国庫負担金については意見が分かれました。昨年8月の知事会での取りまとめは賛否両論が飛び交い、難航の末、知事会としては初めてとなる採決を行って補助負担金の削減案を決定しました。
 改革案には7県の知事が反対し、このほか、3都県の知事が義務教育費国庫負担金の廃止に反対との意見を附し、3県が同負担金の廃止に慎重な検討を求める意見を付記し、あわせて13都県が異論を唱える形になりました。
 この問題は、現在、義務教育費国庫負担金の存廃を検討している中央教育審議会でも審議中のものであります。国庫負担金を廃止して一般財源化を求める地方代表委員と、一般財源化して税源委譲すると都道府県によって貧富の差が出る。将来交付税が下げられたときに、教育予算を減らすところも出てくると、一般財源化に反対の意見も出され、新聞報道でも溝は埋まらずと報道されています。私どもとしましては、不一致点を持ち込むのではなく、一致点での協働を広げるという立場から、今回の意見書については反対いたします。
 以上要旨を述べ、討論とします。



◯議長(永山堯康君) ほかに討論はございませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◯議長(永山堯康君) ないようですので、以上で討論を終結いたします。
 直ちに採決いたします。
 お諮りいたします。
 最初に、議案第58号、地方六団体改革案の早期実現に関する意見書の提出について、原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立多数であります。
 よって、議案第58号は、原案可決と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 議案第59号、地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出について、原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。
 よって、議案第59号は、原案可決と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 議案第60号、米国産牛肉の拙速な輸入再開に反対し、BSEの万全な対策を求める意見書の提出について、原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立全員であります。
 よって、議案第60号は、原案可決と決しました。
 続いてお諮りいたします。
 議案第61号、社会保障制度の抜本的改革を求める意見書の提出について、原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立多数であります。
 よって、議案第61号は、原案可決と決しました。

  ──────────────────────────────────────────
   日程第5 議員の派遣について



◯議長(永山堯康君) 日程第5 議員の派遣についてを議題といたします。
 お諮りいたします。
 会議規則第157条の規定に基づき、お手元に配布してあります議員の派遣一覧表のとおり、議員を派遣することに賛成する諸君の起立を求めます。

                    〔賛成者起立〕



◯議長(永山堯康君) 起立多数であります。
 よって、一覧表のとおり議員を派遣することに決しました。
 以上で今期定例会に付議されました案件全部が終了いたしました。
 これをもちまして、平成17年第2回日立市議会定例会を閉会いたします。

                   午後1時43分閉会


  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。



 議 長


 11番


 12番